2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【こわされた】ゲド戦記 第5巻【アースシーの夢】

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 20:45:37
ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに

宮崎駿監督の息子が「ゲド戦記」で監督デビュー
http://www.eiga.com/buzz/051213/index.shtml
2006年7月29日(土)全国東宝洋画系(日劇3〜)で公開
スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/
宮崎吾朗監督のブログ
http://www.ghibli.jp/ged_02/

児童書板
ゲド戦記とアーシュラ・K・ル=グウィン 第3章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1153560891/

映画作品・人板
【ル=グウィン】 「ゲド戦記」第35章 【怒りと失望】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1155546373/
【影(パヤオ)との】宮崎吾朗(ゴロー)のゲド戦記14【戦い】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1154433448/

アニメ漫画業界板
ジブリ新作『ゲド戦記』の監督は宮崎息子9
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/iga/1155545810/

ル・グウィン本スレ
☆★アーシュラ・K・ル・グィン 2冊目★☆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1135092560/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 20:46:51
◆過去ログ
【さいはての】ゲド戦記 第4巻【映画との戦い】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1154367263/
【ジブリ】ゲド戦記 第3巻【アニメ映画化】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1150224562/
【ジブリ】ゲド戦記 第2巻【アニメ映画化】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1138891234/
【ジブリ】ゲド戦記【アニメ化決定!】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1134485776/

◆予告編
画像
http://www.catsuka.com/interf/icons/gedosenki_trailer.jpg
動画
http://www.catsuka.com/videos/files/gedosenki_trailer.zip

◆ドラマ版公式HP http://www.scifi.com/earthsea/

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 20:49:57
原作者、ゴローが私的なコメントを日誌に勝手に書いたこと含めて
マジ切れ。「映画のことは記憶の彼方くに置いてください」だって。
ttp://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html


4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 20:55:56
雑誌『インビテーション』4月号採録 「鈴木プロデューサー ゲド戦記を語る(1)」
http://www.ghibli.jp/20special/000457.html

原作者ル・グィンにジブリから送られたシノプシス

Google[ このページを訳す BETA ]
ttp://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiSynopsis.html&prev=/search%3Fq%3Dwww.ursulakleguin.com/GedoSenkiSynopsis.html%26hl%3Dja%26lr%3D%26sa%3DG
Yahoo!翻訳
ttp://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL3d3dy51cnN1bGFrbGVndWluLmNvbS9HZWRvU2Vua2lTeW5vcHNpcy5odG1s,f20060427220559-0,caXNvLTg4NTktMQ==,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 20:57:16
朝日新聞の夏アニメ映画特集より

父を刺した王子アレンが魔法使いゲドに導かれ、「世界の均衡」が乱れた原因を探る。
ル・グィンの名作が原作の「ゲド」は29日公開。スタジオジブリの新作を担う「2代目」の
実力やいかに?
 「アレンのダークな感情表現などで前半は期待させたが、後半は敵のやろうとしている
ことが見えず、ドラマが失速した」とアニメ評論家の氷川竜介さん。
 監督の原作への愛着と誠実さは画面から確かに伝わる。だが、映画評論家2氏の評価
はいま一つ。
 品田雄吉さんは「長い原作を消化しきれず、人物の背景や人間関係が説明不足」と語り、
渡辺祥子さんも「父を殺しても反省の色がない主人公に感情移入しづらい。絵も雑でムラ
があるように見える」と指摘する。
 アニメ評論家の藤津亮太さんはさらに厳しく、「監督が素人なので、こんなところかな」。
 話題性とブランド力でヒット確実とされているが、今回の評価は「ゲド苦戦記」か。
 駿監督の作品に似たシーンも目立つ。「あそこまで多いとは・・・。『お家芸確立』と言った
らきれい過ぎかな」と氷川さんは苦笑する。

日経ビジネス特別編集版 ブランド進化論
ブランド頼みの甘え断て 徹するは良い作品作り(鈴木敏夫氏)
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20060705/105742/

ttp://para-site.net/up/data/13641.jpg
「技術や芸は父から子に受け継がれる。多くの人が宮崎駿のアニメもいつかは終わると
思っているだろうが、ご安心下さい、と言うことです」

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 21:00:21
>>1 乙彼

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 21:05:22
児童書板でやってた>>3の訳がほぼ完成したよ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1153560891/651-

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 21:34:48
前スレ>>976
ありがとう
とりあえず今4巻読み直しているので、その後外伝→5巻読み直ししてみます


9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 21:40:06
俺も映画観たのを機に原作読み直してる
やっぱええわぁ原作

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 22:49:32
>ご安心下さい

ジブリ程度でこんなにのぼせ上がれるなら、キムさんや、ましてやブッシュさんなんて、
もう何をしでかそうと責められないね。
指輪はあなたのものです。鈴P。

11 :1:2006/08/14(月) 22:52:41
原作スレでのルグィンの映画についてのコメント訳のまとめです。
推敲訂正あればお願いします。訳者神おつかれさまでした。
原文はこちら
ttp://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html



"Gedo Senki"への、ファースト・レスポンス
映画について手紙をくれた日本のファンのみなさんへ、
また、日本以外の、これについて気になっているファンのみなさんへ

前書き
自分の本が映画化されることについて、その使用を管理できる作者はほとんどいません。
原則的には、いったん契約が結ばれれば、その本の作者は全く関わりません。
"クリエイティブ・コンサルタント"なんて全く無意味に等しいのです。
フィルムの脚本家以外のどんなライターにも責任はないと思ってください。
その本の作者に "Why did they…?" と尋ねてはいけません、彼女だって不思議に思ってるんですから。

12 :2:2006/08/14(月) 22:53:28
概要
20年ほど前、宮崎駿氏から Earhsea books (当時はまだ3巻)をもとに、アニメ映画を作りたいと
私に手紙が来ました。 私は彼の仕事を知りませんでした。私はディズニー・タイプの映画しか知らず、
それは嫌いでした。私は断りました。
6、7年前私の友人Vonda N. McIntyreが となりのトトロ のことを教えてくれて、それを一緒に見ました。
私は一度で、また永遠にミヤザキのファンになりました。私は彼にはクロサワやFelliniに匹敵する
才能があると思います。
数年後、Earthsea booksの、すばらしい日本の翻訳家、清水真砂子さんが宮崎駿氏をご存知だと知り、
彼女に、宮崎さんに伝えてく れるよう頼みました。もしあなたがまだEarthseaに興味があれば、
映画の件について喜んでお話したいです、と。
スタジオジブリの鈴木敏夫氏からは快い返事がありました、私たちのやり取りの中で、
私は、ストーリーや キャラクターへを激しく変えてしまう愚行を警戒して―
この本は日本もその他の国も含め、多くの読者に知 られているので―私は宮崎氏に、最初の2冊の間の
10〜15年くらいの期間を使っては、と提案しました。
:私たちは、その頃ゲドがどうしていたのか、大賢人になったということ以外には知りません、
宮崎さんは いくらでも好きなように作っていいですよ、と。
(他の監督に対してだったら、こんな提案はしません。)

13 :3:2006/08/14(月) 22:54:24
2005年8月、スタジオジブリの鈴木敏夫氏が宮崎駿氏と一緒に、私と私の息子
(Earthseaの著作権を持つトラスト を管理している)と話しに来ました。
ハヤオ氏はフィルム・メイキングからはリタイアしようと思っていること、そしてその家族とスタジオは
ハヤオ 氏の息子、ゴロー―今まで全く一度も映画を作ったことのない―にこの映画を作らせたい、
という説明をされまし た。私たちはとてもがっかりし、不安になりましたがこう説得されました―
勿論絶対に[indeed assured]、 この企画は常にハヤオ氏の認定のもとにすすめます―。
この了解によって、私たちは合意をしました。
その時点で、映画作成はすでに動き出していました:子供と竜の、一枚のポスターを私たちへの
ギフ トとして受け取り、また、ハヤオ氏のスタジオ・アーティストとしての最後のものとして、
ホートタウンのスケッチももらいました。
それから映画の企画はものすごい速さで進んでいきました。私たちはすぐに、ハヤオ氏は映画の
どの 部分にも全く関わっていないのだと気付きました。
私はとても感動的な手紙を彼から、また後にゴロー氏からも受け取りました。
私はできる限りの範囲で返事をしました。
私は太平洋を越えた両サイドでのこの映画作りに怒りと失望が伴ってしまったことを残念に思います。
私は、ハヤオ氏はリタイアなんて全然しておらず、今は別の映画を作っているところだと聞きました。
これは私の失望に追い討ちをかけました。私は、そんなことは知りたくなかった。

14 :4:2006/08/14(月) 22:55:11
映画
私と息子が映画の試写会のために東京へ行く、というのは無理だったので、 ジブリは親切にも
コピーを持ってきてくれ、2006年8月6日にダウンタウンの映画館で個人的な上映会を開いてくれました。
わくわくするイベントでした。多くの友人達が子供を連れてきました。
子供達の反応を見るのは楽しかったです。 怖がったりとまどったりしている小さい子供もいましたが、
もう少し大きい子供達はクールでした。映画のあと、私たちは。息子の家に夕食に行きました。
コージー犬のElinorは非常に礼儀正しく振る舞い、一方トシオ・スズキさんは芝生で逆立ちしていました。
ゴロー・ミヤザキさんは、私が帰ろうとした際に聞いてきました。「映画は気に入りましたか」
これは簡単に答えられる質問ではありません、この状況では。
「はい。これは私の本ではないです。あなたの映画です。いい映画です」
私は、彼と周りの数人以外の人達にも話していることには気づいていませんでした。
私はプライベートな質問にたいするプライベートな返事は、公開しないほうがよいと思っています。
ここでこのことを話したのは、ゴロー氏がblogでこれを話したからです。
さて、わずか15分間で全てを公開しましょうという考えにのっとり、 映画に対する第一印象を
述べることにしましょう。そのほとんどは綺麗でした。しかし、この急いで作られたアニメーションからは、
多くの陰影がカットされていました。
「トトロ」の微細な正確さや「千と千尋の神隠し」の力強く輝かしい豊かな細部はありません。
イメージは効果的でしたが、大抵はありきたりです。
そのほとんどには興奮させられました。この興奮は主に暴力からくるもので、
この本の精神からは全く間違っていると私が考えたほどです。

15 :5:2006/08/14(月) 22:56:10
そのほとんどには、思うに矛盾がありました。これは、自分の小説と同じ名前をもちながら、
全く違う気質や生い立ちや運命を持つ登場人物が、ややこしく演じる全く別のストーリーを見ていながら、
自分の本のストーリーを見つけてたどろうとしたせいもあるでしょう。
もちろん、映画が小説のストーリーを正確になぞる必要はありません。異なる芸術であり、
物語の形式として大きく異なっています。だから大きく変化させねばならないでしょう。
しかし、40年以上も前から出版されてきている小説に基づいているとされ、
その名前を冠しているという映画においては、キャラクターや一般的なストーリーについて
それなりの忠実さを望むことは、当然のことと思います。
日本とアメリカの映画会社は両方とも、3冊の本を、単に名前と少しのアイデアだけが私の物のように扱い、
文脈から欠片や小片をとりだし、つながりや一貫性を欠いた全く違った筋のストーリーで置き換えました。
小説だけでなく、読者に対しても示されたことになる、この尊敬のなさには疑問を感じます。
この映画の「メッセージ」は高圧的すぎるように思います。なぜなら生や死やバランスなどについての言葉は、
本からの引用によく似ていますが、本の中でそうだったような、行動や性格に従っていません。
どのように取り繕われていても、ストーリーやキャラクターに暗示されていません。
「獲得」したものではないのです。説教として降ってきます。
アースシーシリーズの初期三部作にあった言葉もいくつか使われていますが、
これほど大声で示してあったとは思いません。

16 :6:2006/08/14(月) 22:56:55
本の道徳観は映画では混乱させられています。例えば、映画におけるArrenの父殺しは動機づけられておらず、
恣意的です。 ダーク・シャドウや第二の自我によるという説明があとに述べられ、説得力はありません。
なぜ少年が二つに分かれたのでしょう。手がかりはありません。
このアイデアは「アースシーの魔法使い」からとられていますが、この本では、 ゲドがシャドウに
つきまとわれるようになった経緯は私たちにわかりますし、その理由もわかり、 そして最後には
そのシャドウが誰なのかも分かります。
私たちの裡にある闇は魔法の杖を一振りしただけでは追い払えないのです。
しかし、映画では、悪は都合良く悪党の魔法使いクモのうちにあらわれ、 あっさりと殺すことができ、
そして全ての問題が解決します。現代の(文学的な、あるいは政治的な)ファンタシーでは、
いわゆる悪と善の間の戦争において、 人を殺すことは良くある解決策です。
私の本はそのような戦争には関連しておらず、単純すぎるほどの問いに たいして単純な答えを出していません。
私のアースシーのドラゴン達はもっと美しいと思っていますが、ゴローのドラゴンが翼を折りたたむ
気品あるやり方には感心しました。彼の想像の動物は非常に優しそうに見えます。
私は馬―ラマの大きい耳は好きです。
耕したり、水を描いたり、動物を馬屋に入れたりするようなシーンは気に入りました。
この映画に現実的で実際的な静けさを与えています。単調な葛藤と「アクション」からの見事なペースの変化です。
その中に、ようやく、私は自分のアースシーを見いだしました。

17 :7:2006/08/14(月) 22:57:43
カラーの問題
私がアースシーのほとんどの人々を有色人種にし、白人を辺境のより後進的な人々とした理由は、
もちろん教訓的なもので、ヨーロッパやアメリカの若い読者を対象としていました。
ヨーロッパの伝統的な ファンタシーの英雄は、大抵は白人で、1968年にはそれが普遍的で、
皮膚の色の黒さは邪悪と関連していることが 多かったのです。単に予想を裏切るだけで、
ただの小説家が偏見を揺るがせることができました。
米のTV版の制作者達は、色に関しては関知しないと大声で宣言していながら、アースシーの
有色人種達の人口を1.5人に減らしました。 私はアースシーの白色洗浄化を糾弾しており彼らを許しません。
この問題は日本では異なります。私は日本における人種問題についてはほとんど知らないので
述べることはできません。しかし、あるアニメ映画がこのジャンルのほとんど不変のしきたりに
突っ込んだことを知っています。
アニメの人物はほとんどが、欧米人の目には、白人に見えます。
私は、日本の観客は登場人物を違ったように認識すると言われました。
このゲドを、私が感じるよりもっと黒いように受け止めるだろうと聞きました。そうであるように望みます。
ほとんどの登場人物は私には白人に見えますが、しかし少なくとも微妙なタンやベージュのヴァリエーションは
見られます。また、テナーのブロンドの髪[fair hair]、青い目なのは公正と言えるでしょう―
彼女はカルガド出身で、マイノリティである点から。

18 :8:2006/08/14(月) 22:58:49
合衆国での「ゲド戦記/テイルズ・フロム・アースシー」公開はいつ?
TV版とその権利に関する契約が切れるまで。少なくとも2009年よりあと。
ああ! いじきたない話!

注:私の見た「ゲド戦記」は字幕版で、吹き替え版ではありません。
スタジオジブリの吹き替えはすばらしいですが、私はとりあえず一度は日本語の音声で聞けて嬉しいです。
ゲドの暖かく暗い声は特によかった。
テルーの歌う綺麗な歌が吹き替え後も原形をとどめたままでいることを願います。


以上です。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 22:59:08
なぜ少年が二つに分かれたのでしょう。手がかりはありません。
このアイデアは「アースシーの魔法使い」からとられていますが、この本では、 ゲドがシャドウに
つきまとわれるようになった経緯は私たちにわかりますし、その理由もわかり、 そして最後には
そのシャドウが誰なのかも分かります。
私たちの裡にある闇は魔法の杖を一振りしただけでは追い払えないのです。
しかし、映画では、悪は都合良く悪党の魔法使いクモのうちにあらわれ、 あっさりと殺すことができ、
そして全ての問題が解決します。

これも自分も感想で書いたぞ!
影をゲドの影からぱくってるのはストーリーとしておかしいって。
でもピックルに邪魔されたんだよな。

20 :名無しさん:2006/08/14(月) 23:06:31
>>19

影の由来に関しては単に文化の違いだから、アメリカの婆さんには判らなくても
ゴロー版のターゲットである日本の若者なら(受け入れられるかどうかは別として)判りはするだろ。



21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:10:23
日本語でおk

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:11:10
>>20
え、どんな経緯と理由?

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:15:34
 直接、間接に何度も手紙を送って、「やりたいやりたいやりたい」と言っていた。
そのたびにル・グインさんはエージェントを通して、もしくは本人から「ニホンのアニメなんかに
「ゲド戦記」はできませーん」という無礼千万な返事を送りかえしてきていた。

 こう書いてあるんだけど、これが本当ならル・グインさんには同情の余地は無い。
 だって彼女は日本のアニメを馬鹿にしたわけだ。それなのにそのかって馬鹿にしたものがアカデミー賞を取ったりして
有名になったら、手のひらを返して自分の作品を映像化して欲しいと擦り寄った。
 だとしたら、今回の事は彼女の傲慢さが引き起こした当然の結果ですよ。
 彼女は日本のアニメを馬鹿にした。今度は日本のアニメが彼女を馬鹿にした。それだけ。

24 :名無しさん:2006/08/14(月) 23:17:17
>>22
理想と現実の乖離。

要するに「将来の夢はミュージシャン。今は深夜のコンビニで働くフリーターの31歳」的な皆さんの焦燥。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:22:34
>>23
コピペうざい。
反論も散々既出。


・ル=グウィンのアニメに対する偏見
 彼女は当時、アニメはみんな(大嫌いな)ディズニーと似たり寄ったりだと思い込んでいた
・パヤオの明らかな力不足
 パヤオは当時カリオストロとナウシカしか作っていない
 仮にこの二作を作者に見せたとして、評価が得られたかは疑問

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:24:29
>>23
マルチ乙。
悪いが、岡田の暴言を鵜呑みにして、独りよがりの脳内シナリオを書き殴るような君は、味噌汁で顔を洗いたまえ。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:25:32
>>25
ナウシカ作ってない。コナン。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:26:34
馬鹿にして駄作を作って「しっぺがえしやーいやーい」と言うのでは徒のアフォでわ

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:28:02
>パヤオは当時カリオストロとナウシカしか作っていない
コナンとカリオストロ

ゲドを断られて作ったのがナウシカ

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:28:04
>>23は岡田斗司夫の文章だよな。
あの人は「面白ければいいや」とガンガン誇張しまくり、
かなり怪しい噂でも尾ひれ背びれつけた挙句断言するような
タチだから、全く信用に値しない。

>>25
ナウシカはまだ無かったんじゃないか?
ゲドの代わりとして作ったわけだから。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:29:39
まあ「ゲドの代わりのナウシカ」を見せたとしても反応は微妙だったのかも知れずw

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:31:44
人が厨房だからなあ>>オカダ

33 :名無しさん:2006/08/14(月) 23:35:54
監督作はコナンとカリ城だけだが、
名劇とか見せれば印象は違っただろうね。

どっちにしてもルグィンは「見ないで断った」わけで、
ここは意見の分かれる部分だと思う。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:38:44
誰もが自分の知っていることを知っていて当然だと思うのは傲慢だと思う

35 :25:2006/08/14(月) 23:38:58
間違えたスマソ
>>27
>>29
×ナウシカ
〇コナン
の訂正ありがとう

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:41:27
>>33
すでにアメリカの大手映画制作会社やTVのドラマ化等
様々なオファーが来ていて、それすら片端から断っていた状態なのに、
なんで無名の監督のアニメ化を断ったらいけないんだ?
生まれた時からアニメに浸かりきってる日本のヲタク文化を基準に考えるなよw

37 :名無しさん:2006/08/14(月) 23:43:41
>>36
お前本当にルグィンの読者?

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:47:15
読んでいれば36のようなカキコは有り得ないのだろうかw
所で岡田ってル・グイン読んでるのかしら

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:51:04
まあ、指輪ファンであるアーシュラ女史は
爆死版指輪アニメの評判を耳にしていない筈はないし。
もしかしたら運悪く目にしているかもしれない。
それによってアニメに対する印象が一層悪く
なっていたってこともありうる。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:51:43
>>24
そんなもんで人刺すなよぉ

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:56:56
カリ城も制作当時、向こうで上映した時は微妙な反応だったとか聞いたような希ガス

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:57:45
グウィンさんがルネ・ラルーでも見てたらどう思っただろうか?

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:57:57
「ロード・オブ・ザ・リング」見てやっと映像化に軟化して
同じ脚本家と言う条件で実写化OKしたのに
完成したらその脚本家は降ろされてた。

ここでそこそこのものが作られていたらアニメ化の話もなかったかも。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:58:47
まぁ、実際実行はしないにしても、
親の事「殺してぇ」とか言う奴なんてごまんと居るからなぁ。

しかも、映画公開にあわせたかの様に、
大した理由もなくガキが親を殺す事件が続出してたから、
そこに関しては俺はあまり批判するつもりがない。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/14(月) 23:59:42
まぁ、アメリカに住んでみれば、数十年前にアーシュラ女史が
断るのは無理もないとわかるよ。
そもそも日本ほどアニメや漫画も一般に普及していない土壌だし
当時アニメ漫画といえばディズニーとアメコミしかない。
日本製のアニメなんて言っても全くピンと来ないだろう。
最近になってようやく少しずつ浸透はしてきたが、基本的に
アニメは子供と極限られたマニアのものって感じだし。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 00:01:23
つくづく気の毒

フィリッパ・ボウエンが脚本やると思って実写化OKしたのに、
宮崎駿がやると思ってアニメ化OKしたのに

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 00:01:29
NHK総合で「宇宙へ」の再放送が始まった、とこんなところにカキコ

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 00:02:25
>>44
出来がよかったら(親殺しを単に「なんとなく」で済ませるんじゃなく、
監督が真摯に親殺しする子供について考え、自分なりの方向性を打ち出せていたら)、
現実のガキの親殺しと絡めて語られることもあったかもしれないなぁ

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 00:02:26
>>42
あれはあれで特殊なような希ガスw

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 00:38:33
>>この本は日本もその他の国も含め、多くの読者に知 られているので―私は宮崎氏に、最初の2冊の間の
10〜15年くらいの期間を使っては、と提案しました。

こんな好条件を原作者側から提案されてエンドプロダクトがこれかよ・・・。
私は一ファンにしか過ぎないけれど、残念で泣けてくるね。
彼女が認めてた駿も鈴木もゴローも三者三様に裏切った様なもんだな。実際詐欺みたいだ。
今まで本人たちが出した鈴木やゴローのコメントを見ても駿が最終的に決定するって原作者と会った時は確約してたのに、駿は蚊帳の外だったみたいだし。
本人たちがブログで公開してるんだから始末におえんな。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 00:50:08
                  おれは今やつの「ゲド戦記」を一通り体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|    あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|     『おれは宮崎駿に映画化の指揮を託したと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ      思ったらいつのまにかド素人が監督していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ     おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ     頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    玄室に生埋めだとかたれながしのばばだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 01:00:17
>6、7年前私の友人Vonda N. McIntyreが となりのトトロ のことを教えてくれて、それを一緒に見ました。

「トトロ」を一緒に見るル・グィンとヴォンダ・マッキンタイア…。
なんかスゲぇ。

「太陽の王と月の妖獣」まだ積ん読のままだ…。


53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 01:27:34
>>50
だよなぁ・・・ファンからすると垂涎の申し出だよ、これ。
もっとも実現するのは恐ろしく骨が折れそうだが。

ルグィンが宮崎駿に寄せる信頼が伝わってくるだけに、只々残念で悔しい。
もう終わったことと思うしかないか。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 01:45:57
あと10年、せめて5,6年前だったら・・・・と思うしかないのか。

トトロっていつの作品だっけ?
ル・グィンさんがもっと早くあれを見ていればな。

55 :名無しさん:2006/08/15(火) 01:51:12
もののけの前にオーダーがあったら間違いなく受けてたでしょ。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 02:06:33
女史の感想を受けての、吾朗さんの見解を待ちたい。‐やがて監督日誌で語られるだろう。

それと、皮肉で犬と比較されている鈴木プロデューサーは、どういう風に受けとめたのかも知りたい。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 02:12:02
>>24
……で、おまえは夢に賭けるだけの勇気も度胸もなかったカス野郎か。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 02:15:09
鈴木プロデューサーは売る為なら何と言われても平気な人のような気がするがw

59 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/15(火) 02:17:14
砕けた夢、剥がされた物語、
崩れた想い、捨てられた思い。

こわされた物語、泣きながら拾い集めて、
こわされたページ、こわされた言葉を涙を糊にして繋ぐ。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 02:52:03
消されるなこの想い 忘れるな我が痛み

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 02:54:09
>>59
あんたのポエム読んで「感傷的だ」と茶化す元気は今の俺には無い
寧ろ泣けてきた

>泣きながら拾い集めて
いるよ、まさに今。チクショウ
原作読み返してくる

62 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/15(火) 02:55:55
人生なんかそんなことの繰り返し、常に零からの出発だ。気にすんな

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 02:58:43
零てか、
むしろマイナスな件・・・・。(TへT)

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 03:26:40
壮大な茶番だったな
ファンもル=グウィンも商業主義の渦中で踊らされたよ
ペットボトルのおまけ見るたび引きつけ起こしそうだ

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 04:13:40
ちょ・・・なにこのスレタイ。泣く!

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 05:12:29
夜勤明け今北産業
映画板の祭りにびびったんだが、作者コメントが出たからか。訳した人乙。
訳読んでレス追ってたら確かに泣ける。
もう作者が他界するまで映像化はねえな…。
そして他界されたらされた後でまた酷いものが作られる悪寒。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 06:07:47
ヒント:
Fが死んだ後のドラえもん
石ノ森正太郎が死んだ後の仮面ライダー

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 06:56:58
>>55
もののけ作って、まるで4巻のゲドのように力を使い果たしちまったもんなぁパヤオ


しかしゲドにはまだ熊手があった。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 07:09:35
>>68
熊手噴いたwwww
まあ、千ちひは『熊手』じゃまいか?
ハウルはゲフンゲフン


マルチでスマソだが
映画板で纏めてくれたひとがいる

ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

>編集がうまくできないのと、書き込みをただまとめただけなんで、ごちゃごちゃになっちゃった。
誰か、きれいにまとめていただけたら助かります。


との事。お手すきな方、手伝ったって。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 07:28:18
>>60
ゼーガファンハケーンw
>>69
もうこんなに訳されてんだ凄ぇ
俺の原文初見、誤読だらけだww
訳者さんアリガトー

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 07:35:46
なんか訳によって内容が変わるな。批判的なのは同じだが。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 08:38:03
>>68
ゲドにはテナーとテルーがいたが、ハヤオには鈴木とゴローがorz

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 10:19:05
出来た脚本を一回原作者に送っとけば良かったのにね。
ここで大幅な改稿、訂正が入れば惨劇は防げたのに。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 10:23:51
>>71
とくに「意訳」のほう、かなり悪意で訳してるね。これじゃル・グインの真意は伝わらないと思うけど。



75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 10:49:31
wiki、直訳が朝より短くなってるな。

>>73
元々初期の段階では、原作に近いラフも挙がってたのに 全 部 没にして
敢えて違う方向に突っ走った訳だから、原作者のチェックなんて無意味だよ。
それにしても、もう一人の監督候補だったアニメーターって誰なんだろ。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 10:51:45
>>74
そうだな。これはちょっと…。
映画板ではこの訳をベースに話がされてるんだろ?
これが「ゲド戦記wiki」という形をとっているものに置かれてしまった以上、
さらに影響力のあるものが作用しない限りは、
日本におけるル=グィンの"公式見解"になっちゃうわけだし、困ったな。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 10:53:56
>>74
そう言う指摘は他の人もしていて、
最初意訳だけをwikiに載せていたが、
直訳の方も載せることになった。

読みやすい文体でもっとニュートラルな
訳があると良いんだけどね。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:15:39
ゴローの日記に書かれたあの3行だけよりはよほどマシな状況だけどな。
今見るとあの日の日記は姑息なイメージ操作にしか見えん。実に詐術的。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:21:08
詐術じゃなくて魔術

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:40:36
ふん、そんなどこぞの村のまじない女にも劣るような魔術など・・・。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:45:31
1回synopsis

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:47:35
>>73
1回synopsis送られてる。
作者のHPに置いてある

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:53:32
妹から電話がかかってきて
「ゲド戦記面白かった。ぜひ見て」
妹よ・・・

以下感想
・風景がきれい
・セリフがいい
・ゲド頭がいい
・農作業なごむ
・アレンの親父は新でない。アレンは分○病だろう。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:54:58
ゴロー以外の部分は、大体良く出来ている。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 12:56:10
>>82
それは散々既出。
シノプシスについての作者自身のコメントも既出。
そして脚本とシノプシスは全然違う。
意味合いとしても、言うまでも無く内容的にも。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:02:18
吾朗と鈴木がスクリプトを持っていこうとしたら
駿に止められたとかなんとか。

アレの脚本を作者に見せようっていう神経も信じられないが
駿の意図もはっきりしない、ただの八つ当たりか。

87 :児童書板より:2006/08/15(火) 13:03:37
829  なまえ_____かえす日   sage Date:2006/07/15(土) 09:32:30 ID:fis2Y5+H
ttp://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiSynopsis.html
を訳してみた。
これがルグィンが知ってる全情報なのか……

近ごろ、スタジオジブリと宮崎吾郎氏が彼らの最新作「ゲド戦記」のシノプシスを送ってきました。
「ゲド戦記」は2006年7月に日本公開予定です。シノプシスの訳文を私のサイトに掲載していいか、
と問い合わせたところ、ありがたくお許しを頂きました。
すべての質問はスタジオジブリあてにお願いします。私あてではなく。
私はこの映画についてはこのシノプシス以上のことは知らないからです。
当然ながら、私は映画を見るまではこれについて論じるつもりはありません。

830  829   sage Date:2006/07/15(土) 09:34:09 ID:fis2Y5+H
荒れた海、帆船がうねりに突きあげられている。
船長は風使いに海を鎮めるように命じるが、風使いは海と風の真の名をどうしても思い出せない。
突然、2匹の竜が暗雲から現れる。竜たちは互いに食いつきあい争っている。
西海域の果てに棲む竜たちが人間の住む東の大洋に現れたり、またお互いに食い合うなど、
竜としては考えられないことだ。世界の均衡が崩壊しつつある。
ゲドは旅をしている。世界を乱す悪の手がかりを求めているのだ。
かつて激しく傲岸な羊飼いの少年だったゲドは、今は成熟した男であり、
もっとも偉大な魔法使い「大賢人」と呼ばれている。
旅にあいだにゲドはエンラッドの王子アレンと会う。この若者は「影」に追われている。
世界の均衡を破壊し人々を狂気に追いやっている恐るべき力が、やはりアレンにも迫っている。

影から逃げ、自分自身の内なる闇と対決できないアレンは、ゲドの若いころにとてもよく似ている。
二人は谷を下り、山を過ぎ、たくさんの荒れた家々を通って旅をする。
どこを通っても、農夫たちは畑を捨ててしまっている。二人は首府ホートタウンに着く。
通りは人であふれているが、職人たちは彼らの技を忘れ、売られている品々はまがいもので、
奴隷たちが市に並び、裏通りはハジア中毒者でいっぱいだ。
人々はあちこちと急ぎ歩いているが、何のためにそうしているのか解っていないようだ。
彼らの目は夢か、死か、どこかの別世界だけに据えられている。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:04:56
東洋の魔男を舐めるな!

89 :児童書板よりシノプシス訳:2006/08/15(火) 13:05:09
831  829   sage Date:2006/07/15(土) 09:36:18 ID:fis2Y5+H
旅の途中、二人はゲドの古い知人テナーのところに避難する。
少女のころ、テナーはアチュアンの闇の墓所を守る巫女だった。
エレス・アクベのこわれた腕輪をゲドが元通りにしたとき、
テナーはゲドによって光あふれる自由な外界に連れ出されたのである。
テナーの家にはもうひとり、顔に火傷あとのあるテルーという少女が住んでいた。
両親に捨てられたテルーは、内なる闇を持ち時々絶望にかられるアレンを避けている。
アレンは畑で働き、自然に触れながら日々を過ごす。
ゲドはアレンに宇宙のすべての被造物がいかにして均衡を保っているかを教え、アレンを導く。
テルーはしだいにアレンに心を開くようになる。
しかしいまだにアレンの影に対するおびえは大きくなりつづけ、影に追われる悪夢がアレンを悩ます。

ゲドはコブという魔法使いを見つけだす。コブは生の世界と死の世界のあいだの扉を開いてしまい、
それが世界の均衡が崩れるきっかけとなったのだ。かつて「ハブナーのコブ」と呼ばれたこの男は、
パルンが残したペルニッシュの呪文を使い、金さえ払えばどんな死者でも呼び出した。
ゲドは若いころ、ゲドの師を呼び出したコブに怒り、
泣き叫びあらがうコブを力ずくで死者の地へと連れて行き、
コブを恐怖の底へ突き落としたことがあった。そうしてコブは悔い改めると誓い、西海域へと去った。
しかし実は、コブはゲドに対する復讐を誓っていたのだった。

凶暴な「もうひとりの自分」を押さえられないのではないかと恐れていたアレンは、
テナーの家から逃げ出す。影から逃げ、気絶したアレンはコブの城にいた。
コブは永遠の命を得るために生の世界と死の世界のあいだの扉を開く。
そうして邪魔をするゲドを殺そうと計画する。
眼前にせまった影におびえるアレンはハジアを与えられて正気を失い、
ついに彼の真の名前をコブに教えてしまい、囚われの身となる。

ゲドとテルーはアレンを呼びもどすために命を危険にさらす。
そのおかげでアレンは永遠の命への誘惑に打ち勝ち、魔法で鍛えられた剣を抜いて、コブと対決する。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:08:36
>>85
映画も、おおすじこんな感じじゃなかったっけ
(父殺しが明記されてないが…)

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:12:55
今年の春ごろサイトに載ったんだっけ?
昨日のコメントからするとハヤオが監督しないと分かった後だろうな。
本当はもっと書きたいことがあっただろうに。

92 :83:2006/08/15(火) 13:13:44
妹は原作未読です。(設定はある程度知ってる)

私は見たら血管ぶちきれになると思ったので
あえて見ないつもりだったんですけどどうなんでしょうね>映画

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:19:54
>>92
妹さん、もしかしてアレン萌えなんじゃないかね?
もしくはジャニオタ。

94 :83:2006/08/15(火) 13:27:33
>>93
ジャニや萌えには多分興味ないと思います>妹

荒んだ気持ちで見て農作業の場面で癒されたそうです
アレンの二重人格(?)な気持ちがわかるといってました(汗
字ブリが嫌いなので(汗)かえってこの映画はよかったといってました
原作が読みたいと(汗
えーと

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:30:04
ゲド戦記と別物としてみれば言いと思える人がいても不思議じゃない。
感想は人それぞれだし。
ただし殆ど別物なのに「ゲド戦記」とはこれ如何に?

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:31:21
>>94
姉さん汗拭いてwww
そりゃ「えーと」としか言えんわなw

妹さんは10代?

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:32:45
今からこのスレは「妹が、『ゲド戦記』を読みたいと言ってきます」スレになりますた。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 13:33:53
過去自分の好きな作品がアニメ化やドラマ化されて、
腹がたったりがっかりすることはあった
が、こんなに悲しかったことは今までなかった

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:20:14
>>94
原作をそーっと渡しときなさいね。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:25:12
>>94
基本的にひとそれぞれの感想だからいいジャマイカと思う

…が、原作をそーっと(ry

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:26:32
ル=グウィンのコメント読んでふと思ったんだが、駿は、20年前に映画化を断られたことを、実は根に持っていて、
向こうから言ってきた監督してくれって話を、引退を口実にして断ろうとしてたんじゃないだろうか?
そこで慌てたのが快い返事とやらを勝手にしてしまった鈴木で、ゲドのアニメ化という世界的にも商売に
なりそうな話を手放したくなかった奴は、仕方ないから他の監督をかつぎだそうとしたが、
駿でやるといったのに他の監督では断られるのが眼に見えているし駿も激怒するだろう。
そこで、駿もグウィンも結局渋々認めざるえなかった息子をかつぎだすという策に出たんじゃないだろうか。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:39:07
>>97
「それよりうちの妹が原作読みたがってさー」

80年代末にタイムリープして、女史にトトロを観せたい…
そうしたら、まだ余力の残っていた頃のパヤオが自分でゲドを作っていた
可能性もあったのに…


103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:43:45
映画板のこれが笑えた

892 :名無シネマ@上映中 :2006/08/15(火) 14:35:25 ID:/kbMTf6U
>>887
もちろん>>885にとってはそういうことなんだろう。
俺は、この映画は単に不出来な駄作ってだけだと思うよ。
原作もスタジオも監督も、誰が何がどうでも俺にはあんま関係ないしさ。
>>890
つか、テルー=竜ってことなの?(そうみたいだが…)
映画館で見たとき、あれはイメージシーンなのかと思ってたよ。
アニメで番長とかが虎とか龍とか背負ってる、ああいう感じのw
実は、そこが一番気に入っているシーンだったりする。
イメージの龍に乗って、面倒事から逃げ出すダメ少年。
あのシーンは何か悲しくてちょっと胸に来た。

896 :名無シネマ@上映中 :2006/08/15(火) 14:40:39 ID:G8KNgmLB
>>892
/kbMTf6Uはデフォルトが補完体質なんだなあw



104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:50:24
もう原作を捻じ曲げられすぎているから、映画での疑問点をどうこたえてやればいいのか
おいらにはわからんよ。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:57:13
ル・グインのコメント、中立的に訳してみた。

http://read.kir.jp/file/read55531.txt

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 14:59:54
>>103
>イメージの龍に乗って、面倒事から逃げ出すダメ少年。
>あのシーンは何か悲しくてちょっと胸に来た。

ああ確かに。そんなイメージで読み取るのが案外正しいかも。w


107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 15:05:51
原作ではゲドがアレンにむかってこういう台詞を言う。
「そなたは無垢だ。勇気もある。向こう見ずだ。
忠誠心にも富む。だからこそ、わしの道案内と頼むのだ。
わしは、人が自分の足元を照らすためにろうそくを燃やすように
そなたの愛を使わせてもらっている。」
つまりハヤオ作品ではコナンやパズー系の真っ直ぐ少年なんだろうな。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 15:10:00
>>105
読みやすかっです。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 15:13:49
>>105
わかりやすい訳だと思う
少なくとも今まで読んだ中では一番穏便だ
(“「色は気にしない〜ほざいて”を除くw)

良ければwiiの細部を訂正してもらえないだろうか
あれ、「カルガド」が意味不明の単語になってたりしてガックリ。

110 :109:2006/08/15(火) 15:15:30
wiiってorz

Wikiね

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 15:50:59
>>109
原作読んでない人が訳したんだろうね

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 15:51:42
>>105
ってか並行訳として全文載せれば?

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 15:58:56
>>109
今三田
カルガドは直ってたがコーギー犬がコルギ犬になってた。ワロス

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 16:06:25
>>113
コーギー飼ってない人が(ry

ルグィンといえば猫で、なんか猫使いの魔女なイメージだったんだが、
なんとコーギー飼ってたのか。
以前より持論の「コーギーは翼と鱗を失った竜の末裔」論が強化された形だな
もさもさー

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 16:34:51
>>112
全文載せてみました。wikiに編集入れたのってはじめてだ。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 16:35:52
>>109
カルガドが分からないってことは
原作読んでない人が翻訳して、原作読んでない人が読んで
「原作と原作ファンへの誠実さを欠く」'
みたいなセリフに狂喜してゴローをバッシングしてるのかね
それはちょっとなあ

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 16:37:21
>>115

もしかしたらそのうち淘汰されちゃうかもだけど、
穏やかで良い訳なので残るといいね

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 17:05:02
分裂頭王グィンも手嶋マジックにかかったのか・・・

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 18:44:22
>>45
どうでもいいことだけど、
当時のアメリカにもディズニー以外のアニメがたくさんあったし、
アメコミでもオルタナ系がメインストリームに少しずつ食い込み始めた時代。

ル=グィンがそんな細かい事情まで考慮できるべきだったとは思わないけどね。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 18:54:54
>>118
豹頭王の話はここじゃないよ?

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 19:09:30
翻訳文を紹介してるサイトが変なスクリプトしこんでるようだな

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 19:25:57
鈴木プロデューサーのインタビューとあわせると
どうも話がどこかで歪曲されたっぽいな。

>二つ目は「あなたは吾朗さんが作るであろうスクリプトに対して全責任を持つと言いましたが、それはどういう意味ですか」
今回の記事とあわせるとこれは不安だったから具体的に確認したくて聞いているだけ。


>あ、三つ目もありました。「駄目だったらやめさせるとはどういうことですか。今日、あなたは映像化の許諾を取りに来たのではないのですか」。
この質問を見る限り、宮崎氏が吾郎監督に反対しているということはちゃんと伝わっていないように思われる。

国家ら先は推測だが、ル=グィンがそれを察して「ひょっとして宮崎氏は映像化に反対で、許諾を取りに来たのではないのでないか?」と推測。
それを確認しようとしたのかもしれない。


でも、このインタビューだけ読むと、「駄目だったらやめるなんて、それでもプロですか?」と問い質してるように見えるけど。

>鈴木 僕は「全責任を持つというのは、つまりこの映画のプロデューサーをやるんですかって聞いているんです」と答えました。
>そうしたら宮さんはル・グウィンさんの前で突然、大きな声を出して、「冗談じゃない! 親子で一本の映画に名前を並べるなんてみっともないことはできない」って。
これが英語に訳されてなくても、「名前は出さない」としか伝わらないよな。


123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 19:37:38
>今度は事前に送っておいた2枚の絵についての話になった。一つはポスターになっている吾朗君が描いた竜とアレンが向き合った絵。
>もう一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが、宮さんが突然、吾朗君の描いた絵を指して、
>「これは間違っていますよね」と言い出したんです。それで今度は自分の絵を指して、「これが正しいと思います」って。

>――何しに行ったのか分からないじゃないですか(笑)。

>鈴木 あんまり面白おかしく聞こえたら問題ですが、事実ですよ。そこから、なぜ間違っているかという説明が始まった。
>「このポスターのように、竜とアレンが目を合わせているのはおかしいじゃないですか。そうでしょう、ル・グウィンさん」と。

>――決裂の危機ですね。

ここは全く伝わってないな。
>一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが
これは宮崎駿がちゃんと関わってますよ、という形で解釈された模様。
鈴木氏の言ってることに歪曲があるかもしれない。

あるいは鈴木氏がいってることが全くの創作でないにしても

親子の確執?とやらを知らない、宮崎駿が内容チェックするとだけ伝えられてる原作者に、
ただ自分の描いた絵ともうひとつの絵を見せて、その片方を、これは間違いですよね?と確認する行為だけをした場合、

普通の人なら「こうやって細かいところもちゃんとチェックします」と解釈するのであって、
「何しに行ったのか分からないじゃないですか(笑)」、つまり、吾郎の絵が間違ってるから断ってください、とは解釈しないだろう。

>彼女はしばし沈黙した後、彼女の前に座っていた宮さんの手をとって「吾朗さんにすべてを預けます」と言いました。
>それを聞いた宮さんは、「うぅ…」と泣いていました。彼は激情家ですからね。冗談っぽく聞こえるかも知れませんが、本当の話です
冗談っぽくというか、あなたがそこまで責任を持つつもりならゴローに任せるということだろう。

宮崎駿ではなく、吾郎を選んだという印象を与えるようにうまく作られた語りだわ。
すげえよ、鈴木P。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 19:53:51
>>121
「竹島は日本固有の領土」と言うメッセージをどこぞに書き込んでいる様子

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:11:42
>>123
ようするにグインが勝手に勘違いしただけだろ?

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:25:35
同意。
ル婆さんが自分の都合のいいように解釈したというだけ。

地獄に突き落とされた上に、文句まで言われるパヤオが哀れだわ

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:28:04
すべてゴローに任せるといったのはルグインだしな。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:30:12
鈴木が自分に都合が悪くなるようなこというわけないじゃん
まあ、薮の中だな

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:32:45
>>125-127
一人で書き込んでいるのを誤魔化すために
原作者の名前を書き分けているつもりでしょうが…

いや、皆まで申すまい

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:36:29
鈴木pなら自分の都合のいいように事実を捻じ曲げるぐらい
どーってことないだろ。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:36:40
>>124
ジブリ叩きもゴロー叩きもネットの総意だから問題ないか

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:38:33
・・・・・・もう次は高畑氏にサイバラか近藤ようこの中世ものでもアニメ化して頂きましょう・・・・・・・



・・・・・・・・・て、何書いてるんだ漏れ(゜д゜:)。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:40:22
>>129
クネクネはこのスレ荒らしたいだけで
ルグィンもジブリもどうでもいいんだから
ほっとけばいいと思うよ

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:44:56
酷い自演を見た

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:50:37
原作信者は原作が好きでこのスレに住んでるんだぜ
クネクネちゃんがここで吠えたって
益々映画を貶めるだけなのにバカだな…
なんかもう、色々かわいそうに

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:51:46
たぶんその場に居合わせたアーシュラ婆ちゃん、息子、駿、鈴木の全員が、
双方の言い分を正しく理解できていたかどうか怪しいだろうな。
全貌を把握している可能性があるのは通訳担当者だけなんじゃないか。
誰が通訳したのかわからんが。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:52:41
児ぶりサイドは最後は「言葉の問題」や「通訳の責任」にして
うやむやにして逃げそうですね。

勿論世界的な信頼も失いましたが。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 20:56:15
他のインタビューで「スクリプトのチェック」を約束した鈴木が言ってるから
ゴローにすべてを任せる=「スクリプトのチェック」がいらない
ではないことはガチ。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:05:57
>>125-127
この論調、ゲドスレでよくみるよ。
もしかして、電2に雇われたピックルさんがきてるのかな。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:07:01
ごめん、sage忘れた・・・

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:10:20
>>125-127
お、今夜も突撃ktkt
実は皆のウィットに富んだやり返しを読むのがチョトだけ好きw

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:11:01
鈴木氏は土下座までしたらしいのに
逆立ち呼ばわりされたんだってね。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:15:57
>>142
人を馬鹿にするにもほどがあるな。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:16:11
原作者が逆立ちと言ってるから逆立ち。
文句があるならソースをはっきりさせろ。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:17:02
いやいや あばれはっちゃくのごとく名案を出そうとしたという説も


しかしあの対比で出てくるエリノアに萌えた

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:18:39
>>122-123が指摘しているように原作者は明らかに経緯を歪曲してるわけだが。

不謬の権威のように扱うのはどうかと。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:21:12
原作者が白と言ったら灰色ぐらいは白になるんだよ
それが原作モノを扱うって事だ

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:22:23
経緯を歪曲したのは鈴木Pの方だ

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:23:31
たしかに

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:24:24
太平洋の両岸で怒りって
アメリカでも評判悪いのかw

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:24:25
>>148
ソース

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:25:02
>>148
何を根拠に

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:26:09
>>151
ル=グウィンと鈴木Pの信用度の差


154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:26:35
なになに、工作員来てるの?

俺は絶対観に('(゚∀゚ ∩イカナイヨ!
映画には一銭も落とさないよ
原作で満足してるし、グウィン婆さんのコメント読んだらお腹いっぱい

その代わり批判もできないけどなwざんねーん。

ピックルたんがんがってねww

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:27:45
インタビューを見る限り、ル=グィンが勝手に勘違いしたと考えるのが自然だと思うが。
>>122-123がこの部分を勘違いしてるんだろうという点を細かく指摘してるし。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:30:00
鈴木pはいつも自分の都合のいい方向に話を捻じ曲げてるからな
鈴木pのインタビューの話をそのまま受け取るのは疑問

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:32:11
歪曲「している」ととるのは146による歪曲じゃないの。

ルグィンにはあのコメントの通り、駿のバックアップの元で
映画化が進められるという「印象を与えられ( we were given the impression)」、
「その理解の下同意した(With this understanding, we made the agreement.)」
どこに謬があると考えればいいんだか。

ただ、「すべてをお任せします」と言って、それだけで契約締結となるわけじゃないだろうし、
そのあと細かい点を詰めなかったとは普通ありえないように考えられないんだけどな。
何がどう間違ってこんなことに。

158 :157:2006/08/15(火) 21:33:33
なんか3つ目のセクションぐにゃぐにゃだゴメン

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:33:49
>>155
自演うぜえなあwwww

作者コメにしろ鈴p発言にしろ、どっちも俺たちにとっちゃ伝聞にすぎないんだぜ?
どっちが正確、とかナンセンス

で、俺は原作者を信じるよ

意味わかるかな、自演くん?
日本語読めないみたいだから無理かな

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:35:05
パヤオがゴローの監督に反対してるのは事実だろ。
何が歪曲なんだかわからん。

>もう一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが、宮さんが突然、吾朗君の描いた絵を指して、
>「これは間違っていますよね」と言い出したんです。それで今度は自分の絵を指して、「これが正しいと思います」って。
>「このポスターのように、竜とアレンが目を合わせているのはおかしいじゃないですか。そうでしょう、ル・グウィンさん」と

いかにもパヤオのいいそうなことだと思うが。

これをパヤオがちゃんと関わってく宣言に解釈したグウィンの方が問題だろ。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:36:33
>>157
歪曲ではないにせよル=グィンの誤解だったのは間違いないでしょ?

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:36:44
みんな
>>146>>155は朝から複数の板、スレに張り付いて仕事をしてたんだよ
もう目の前のモニターに何が書いてあるのか読めないし
そも自分が何を書いているのかもわからなくなっているんだよ
勤労者には(それがどんな仕事であっても)乙といってあげよう

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:39:16
鈴木Pのインタビューの中でさえ、駿が「責任を取る」と言ってるんだよ。
責任とってくれると思うさ。
それにしてもビックルさんはがんばってるね。
鈴木Pは原作者に責任をなすりつけろと頼んだんだね。そうかそうかw

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:39:16
そうなんか

じゃとりあえず>>161


165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:43:57
誤解だったのか詐欺だったのか。


基本的に、映画に反対する人間が話し合いの場にやってくるのがあり得ない。
ましてや、20年来ラブコール送ってきていた相手だ。
駿が設定画ばら撒いたのがここまで厳しく監修しますよ、ととられたのが
誤解だと言うが、実際のところ駿は「スクリプトに責任を持つ」と発言しているわけだ。

これをルグィンに責任のある「誤解」と言うのか?
これはもう、「詐欺」の範囲だと思うがな。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:48:24
>>161
>湾曲ではないにせよル=グィンの誤解だったのは間違いない

ほう、<間違いない>んだ?wwwwww
最早言葉の意味が通らなくなってまいりました
wktk

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:48:32
その為のピックルです。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:53:57
>>165
ゴローに任せるといった時点でそれを拒否したも同じだろ。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:54:49
鈴木インタビューの駿の発言をまとめると

・自分はあなたの長年の大ファンです!
・ゲドをアニメ映画化させて下さい!
・でも自分は歳なので監督はうちの息子がやります!息子はド素人です!
・シナリオは自分がチェックします!自分が全責任をとります!
・プロデューサーには絶対なりません!
・うちの息子はなにもわかっていません!

以上
この意味不明の申し出に対して、唯一整合の取れる解釈が
「原作を熟知している駿の責任監修下での息子監督に任せてほしい」
となったのは、あったりまえじゃないか?
ル=グウィンは駿の言葉をそのとおり受け取った。
だが駿はそれを実行しなかった。
それだけのことだろう。


170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:55:03
ピックルさんはスレ住民のいいオモチャですね。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:56:39
鈴木Pはこれ以外に会話のやりとりはなくて

原作者の発言に対しては相手が誤解していたと言明した訳なのか?

なあピックル、その辺のソース持ってない?

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 21:58:40
>>169
>・プロデューサーには絶対なりません!
これは向こうに訳されて伝わったかどうか不明だし(鈴木パヤオのやりとりだし)、

鈴木インタビューの引用文そのままが訳されてたとしても
「名前を出すのが嫌だ」以上のことは言ってない。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:00:13
>>168
なんで拒否になるんだよ。吾朗担ぎ上げるために説得しにきた人間が
吾朗に任せるって言われてなんで憔悴しなきゃなんないんだよ馬鹿じゃないの
というかホントに駿は馬鹿だな!

この場で「吾朗に任せる」と言ったのはそちらの提案を呑むということ。
「吾朗を監督にしたい人たち」に同意したことがなんで拒否になるんだよ
自分の言ってること分かってるのか?

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:04:00
映画板と同じ流れになってるなー

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:04:21
>>173
>この場で「吾朗に任せる」と言ったのはそちらの提案を呑むということ。
グウィンはそのつもりだったんだろうけどね。

不幸な誤解が積み重なっただけ。

誰が悪いって問題じゃないでしょ。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:07:39
駿の「責任を取る」という言葉を信用して提案を呑んだ
しかし何のチェックもしなかったんだから詐欺だ

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:10:13
>>176
自分の言ったことを守らなかった宮崎父も悪いが
宮崎息子にすべて任せると言ってしまったグウィンの責任も大きいんでは?

どっちもどっちだと思う。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:11:26
原作者は映画の製作にそこまで口出せるのか?

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:11:27
>>177
「どっちもどっち」では絶対ない。


無意味な火消しご苦労だなホントに。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:12:55
ルグインもまさか
儒教の影響下にある東洋人の父子が同じ原作を愛読しているのに
制作に関して口も利かないくらい仲が悪いなんて
想像もしてなったのではないか?

日本でも「素人が監督でも自ぶりだから映画もある程度の出来だろう」と
期待して見に行ってあぼーんな人いっぱいいた。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:13:06
「私(駿)が責任持ちます」→「実際駿はチェックなんてしなかったしwww」
のどこが「誤解」なのかと。
それ以前の問題だ。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:14:18
>>179
そこまでってどこまでさ。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:15:56
>>182
契約したら口出せないんじゃないのか
その契約の段階で騙されたんだからル=グウィンは被害者

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:18:42
>>181
彼女はしばし沈黙した後、彼女の前に座っていた宮さんの手をとって「吾朗さんにすべてを預けます」と言いました。それを聞いた宮さんは、「うぅ…」と泣いていました。
彼女はしばし沈黙した後、彼女の前に座っていた宮さんの手をとって「吾朗さんにすべてを預けます」と言いました。それを聞いた宮さんは、「うぅ…」と泣いていました。
彼女はしばし沈黙した後、彼女の前に座っていた宮さんの手をとって「吾朗さんにすべてを預けます」と言いました。それを聞いた宮さんは、「うぅ…」と泣いていました。
彼女はしばし沈黙した後、彼女の前に座っていた宮さんの手をとって「吾朗さんにすべてを預けます」と言いました。それを聞いた宮さんは、「うぅ…」と泣いていました。

脚色はあるかもしれないが「吾朗さんに託す」と言って
パヤオではなくゴローに任せたのは事実だろう。

もし事実でないなら映画化自体がありえない。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:20:01
駿が「責任を取るから」というのを何故そんなに省くんだ

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:24:10
>>184
都合のいいところだけ抜き出して何言ってるんだ?

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:24:11
「吾朗さんにすべてを預けます」
ってのは、
「監督は駿さんじゃなくてもいいですよ」
ってことだろ?
交渉の流れから読みとれば。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:24:17
鈴木Pの話なんてどれも嘘っぽくって信じられないが
パヤオが責任をとると言ったのだけは真実だな

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:25:58
>「吾朗さんにすべてを預けます」

鈴木Pのインタビューの内容だからまともに信じない方がいい。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:27:37
>>189
>脚色はあるかもしれないが「吾朗さんに託す」と言って
>パヤオではなくゴローに任せたのは事実だろう。

>もし事実でないなら映画化自体がありえない。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:29:52
駿がチェックしてくれると信じてたんだから
全てを託したわけじゃない。
ところでビックルさんも相当混乱してるねw

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:30:59
>>190
もう、ピックル乙としかいいようがない。
たかが30スレぐらいよめないのか?

>165 名無しは無慈悲な夜の女王 sage New! 2006/08/15(火) 21:43:57
>誤解だったのか詐欺だったのか。

>基本的に、映画に反対する人間が話し合いの場にやってくるのがあり得ない。
>ましてや、20年来ラブコール送ってきていた相手だ。
>駿が設定画ばら撒いたのがここまで厳しく監修しますよ、ととられたのが
>誤解だと言うが、実際のところ駿は「スクリプトに責任を持つ」と発言しているわけだ。

>これをルグィンに責任のある「誤解」と言うのか?
>これはもう、「詐欺」の範囲だと思うがな。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:31:29
>>190 鈴木Pにいくらもらってるの?


194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:31:39
>>191
それ以前に絵を二枚見せてパヤオかゴローかどっちかを選んでくれ

と迫っているんだから、その上で「ゴローに任せる」と言ったのは

パヤオチェックイラネといってるのも同然。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:33:30
老人焼き殺した後は
今度は老いた原作者たたきか
リアルでも老人に手厳しい作品だな。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:33:45
勝手に決め付けるな。
それでチェックは要らないということにはならない。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:34:26
>>194
ほんとに50スレぐらい読み返したら?
ピックルどころか、ただの読解力のない奴なのか?

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:34:55
ル=グウィンはヤックルが(廃墟と化した映画の中では)好き

スレ住人はビックルを(からかうのが)好き

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:35:49
>>187
「責任とるから!」
「それなら結構ですよ」
っていう流れだよな。
そうじゃないなら単に「ゴローちゃんがやるお( ^ω^)」
と伝えた時点で了承しているだろうし。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:35:54
ビックル混乱中
上手くやらないと金がもらえないのに形勢はどんどん不利w

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:40:58
>>199
>もう一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが、
>宮さんが突然、吾朗君の描いた絵を指して、「これは間違っていますよね」と言い出したんです。
>それで今度は自分の絵を指して、「これが正しいと思います」って。
>鈴木 あんまり面白おかしく聞こえたら問題ですが、事実ですよ。
>そこから、なぜ間違っているかという説明が始まった。
>「このポスターのように、竜とアレンが目を合わせているのはおかしいじゃないですか。
>そうでしょう、ル・グウィンさん」と。

いかにも宮崎駿らしい行動で完全な捏造ではないだろう。
何かしら似たような事は言ったんだろう。
原作者コメントでも二枚の絵のことは触れられてるし。

この上でゴローに任せると言ったんだよ?
そこんとこわかってる?

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:42:36
>>201
はいはいわかった。それではパヤオはちゃんと責任を取るんだよね?


203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:43:49
パヤオがゴローのわかってなさを指摘した上で
あえて許可出されたんだもんな。


パヤオが泣くのもしょうがない。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:45:14
>>202
ル・グィンはパヤオでなくゴローを選んだの。
わかりまちゅか?

責任は取るかもしれないけど、ある種の高潔さって奴だろうね。
法的にはともかく道義的責任はないのに。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:47:29
パヤオという保護者つきでね
パヤオが一切の責任を負うってことで決まりかな?
ビックルはどうしても思い出したくないらしいけどさw

206 :122-123:2006/08/15(火) 22:47:45
俺はジブリ側が誤解させるような行動をとったと言ってるんだが
何で宮崎氏擁護にされてるの?

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:48:17
分かってないのは201だ。自分の言ってること分かってる?


作者のコメント見ても二枚の絵は同等のギフト程度にしか
考えられてないと思うがな?
二枚の絵並べてさあどっちか選んでくれって?そりゃあ分けわかんないわ。
「映画の許可を取りに来たのではないのですか?」ってなるわな。

誰が「駿と吾朗どちらかを選んでくれ」って言った?
鈴木たちは「吾朗が監督する映画の許可を取りに行った」。
「駿を選ぶ」なんて選択肢は初めから用意されてない。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:49:17
>>205
>>201

パヤオかゴローか迫られた上でゴローを選んだ。


209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:49:35
>>207
なんでだろうな。
火消し屋の脳内は計り知れない

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:50:08
>>208
迫ってねえよ

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:52:09
流れを完全に無視ですまん、原作者のホームページの更新にやっと気づいた
ル婆ちゃんは俺と感想が似ていて、なんか安心したよ
・アニメとしては、トトロや千尋にはまったくおよばない
・原作はずたずた、もともとのテーマはまったく生かされてない
・しかも、オリジナルのテーマは、うまく扱いきれていない
・画面的によいところもいくつかあった(シュナの旅から来てることは知らないっぽいけどw)
・文太の声はよかった、テナーの歌もよかった

しかし、怒っているという感じは受けなかったな
なんというか、映像化というのはこういう物だと言う諦観のようなものを感じたよ
あとは、制作者に対する呆れかな。良識のある人だったらこうするんじゃないかしらと
思っていたんだけれど全然違った、みたいな

212 :122-123:2006/08/15(火) 22:52:39
>>207
>作者のコメント見ても二枚の絵は同等のギフト程度にしか
>考えられてないと思うがな?
>二枚の絵並べてさあどっちか選んでくれって?そりゃあ分けわかんないわ。

鈴木インタビューを丸まる信用しても、「どっちかを選べ」とは一言も言ってない。
「こっちは間違ってて、こっちは正しい。なぜならこうこうだからです」としか言ってないんだよね。

こういわれたら普通は「ゴローは理解してない部分が大きいけど、ちゃんと監修します」と言う意味にとる。

どっちか選べって意味には普通はとらないだろう。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:52:48
アンカ違い。>>209>>206でした。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:53:10
>>201
それは、ゴローが監督になるけどいい?
という交渉では?
どっちを監督にしたいですか?という
段階ではないだろう。
前提から間違ってる。
そこで駿が「責任とる」と言ったわけだ。
意図的にミスリードすんな。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:55:46
あと、
>そうしたら宮さんはル・グウィンさんの前で突然、大きな声を出して、「冗談じゃない! 
>親子で一本の映画に名前を並べるなんてみっともないことはできない」って。率直な人なんです。

あと、これはとりようによっては、
「公的に名前を並べることは恥ずかしいから許してください。
チェックすると言っても非公式な形です」

と取れるかも。

もしそう解釈したら、契約書に宮崎駿の名前を入れない形で進めやすくなるな。

これは勝手な推測だが。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:56:01
>>208 鈴木Pのインタビューを読み直せよ
>そして宮さんは「今回のありがたいお話ですが、これが20年前ならすぐに自分がやりたかった。
>しかし残念ながら、自分は年をとりすぎている。
>どうしようかと困っていた時期に、自分の息子とスタッフがやると言い出した。
>彼らならこの本から新しい魅力を発見して、いい映画を作ってくれるかもしれない。
>スクリプトに関しては自分が責任を持ちますから、映像化を許諾してもらえませんか?」と、
>非常に感動的に言いました。

「スクリプトに関しては自分が責任を持ちますから、映像化を許諾してもらえませんか?」

「スクリプトに関しては自分が責任を持ちますから、映像化を許諾してもらえませんか?」

「スクリプトに関しては自分が責任を持ちますから、映像化を許諾してもらえませんか?」

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 22:57:23
原作者はこれから映画祭や全世界の公開が予定されている作品に
否定的感想はいわないもの。
それをここまで言ったってことはものすごく激怒して失望してるって
ことだろう。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:00:38
>>206
貴方の言ってることは中立的に要約すると


「ゴローは駄目だ」→「ちゃんと監修するから安心して」
とル・グィンが勝手に勘違いしたとしかならない。


219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:02:15
ピックルはル・グウィンがどういう人なのか、10年くらい勉強してから出直せ。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:02:22
>>214
違うよ。
どうすればそうなるんだ。


「吾郎は僕と違ってゲド戦記のことをぜんぜんわかってない。僕と吾郎のどっちを選びますか?」ということだろ。
吾郎と駿の絵を並べて、是非を迫ってるのだから。



221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:03:05
>>216
そのあとの行動があるだろ。
都合のいいところだけ抜き出すなよ。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:03:12
どこが中立的な要約なんだか

あたらしい切り口ないのか?

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:11:00
>>220
もとより、ジブリ側には駿が監督するという道はない。
駿は文字通りゴロー監督承諾を呑ませる説得の道具に
なったわけで、そういった行為は一般的には詐術的とみなされる。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:11:13
>>220
先に駿は「監督は息子にやらせます、自分が責任持ちます」
って言ってるんだよ?何が悲しくてそのあとで
「僕と吾郎のどっちを選びますか?」って迫らにゃならんのだよw

>>194
原作者に手を取ってもらって「あんたのチェックは要りませんよ」って、
駿はそう解釈したとおっしゃりたいわけですかw
で、それで駿がよよよと涙を流したと。
どんなコントだよっwww

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:12:25
>僕と吾郎のどっちを選びますか?
だからなんでこうなるんだよ。
最初から「駿を選ぶ」なんて選択肢は提示されてないんだよ。

1.吾朗はゲド戦記を全く分かってない。
2.だから吾朗に映画を作らせるのは間違いだ

それくらいのことが言いたかったんだろうよ駿は。
だけど、「吾朗を監督に映画化の許可を取りに来た」と言う時点で
2の部分は存在し得ない部分になってるんだよ。

反対してる人間連れてこうって鈴木は頭がおかしいとしか思えないが
反対してるくせにそんな話し合いに混乱したまま同行する駿のとった行動が
ルグィンの印象操作に貢献してる。ひどい話だ。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:13:06
「吾郎は僕と違ってゲド戦記のことをぜんぜんわかってない。僕と吾郎のどっちを選びますか?」ということだろ。
吾郎と駿の絵を並べて、是非を迫ってるのだから。

ごめん。これのソースは?

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:13:24
>>224
>先に駿は「監督は息子にやらせます、自分が責任持ちます」
>って言ってるんだよ?何が悲しくてそのあとで
>「僕と吾郎のどっちを選びますか?」って迫らにゃならんのだよw
それをやるのがパヤオです。


>原作者に手を取ってもらって「あんたのチェックは要りませんよ」って、
>駿はそう解釈したとおっしゃりたいわけですかw
>で、それで駿がよよよと涙を流したと。
>どんなコントだよっwww
どこをどうすれば嬉し涙に見えるんだ?
よく考えろ。



228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:17:03
>>225
>1.吾朗はゲド戦記を全く分かってない。
>2.だから吾朗に映画を作らせるのは間違いだ

>それくらいのことが言いたかったんだろうよ駿は。
>だけど、「吾朗を監督に映画化の許可を取りに来た」と言う時点で
>2の部分は存在し得ない部分になってるんだよ。

勝手に第三の選択肢「3.だからわかってる私がチェックします」という意味に都合よく解釈した人の責任はどうなる?

息子のテオがそう誘導したという噂もささやかれてるしな。
何で悪いのは全部ジブリ側なの?

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:18:30
1.テオがルばあさんに映画化をすすめた
2.パヤオはアースシーの映画化を阻止するためにルばあさんと会見した
3.鱸が推すゴローには映画化する力はない
4.パヤオ以外にはアースシーを映画する者は世界中探してもいない
5.ルばあさんは、映画化をあきらめるはず
6.ところが、ルばあさんは「ゴロー」で映画化を強行する
7.テオが映画化のために、ルばあさんを操った

これが真相だろう

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:18:40
>>227
>それをやるのがパヤオです。
えーと、つまりハヤオの頭がヘンになっていると言いたいのですね?

>どこをどうすれば嬉し涙に見えるんだ?
>>194のように「ゴローに任せる」の意味を無茶苦茶に解釈すると
涙の意味もいろいろと変わってくるでしょうねw

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:20:19
完全にジブリがアースシーなみにおかしくなってますね。
クモは鈴木P?

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:20:47
>>228
「スクリプトをチェックする」
と 駿 自 身 が 言 っ て い ま す が。
この発言の時点で吾朗が監督という前提に立ってる。
なんで吾朗と駿の二択を迫ったなんて脳内補完に至れるのかが本当に不思議。

なんで都合よく解釈したことになるんだ。
都合が良いのは228の解釈だろ。

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:21:19
都合のよい解釈ではない。
ハヤオはル=グウィンの対して「チェックします」と明言した。
それなのに、日本に帰ってから、「やりたくない」とゴネだした。
鈴木は約束があることを認識していたが、反故にしても構わないと判断して、ハヤオにチェックをさせなかった。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:22:41
テオ氏の名前を出したのは新しい切り口か?
どう広げてくるんだろうな

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:23:10
>>227
言うに事欠いてそれかよwww
何だか可哀相になってきた(´・ω・`)

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:25:06
こんな夜にもセコセコ働かなきゃいけないなんて、ピックルも大変だな。3交替か?

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:27:57
テオさんまで出てキタ━(゚∀゚)━!!
必死すぎバロスwwwww

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:31:01
>今度は事前に送っておいた2枚の絵についての話になった。
>一つはポスターになっている吾朗君が描いた竜とアレンが向き合った絵。
>もう一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが、
>宮さんが突然、吾朗君の描いた絵を指して、「これは間違っていますよね」と言い出したんです。
>それで今度は自分の絵を指して、「これが正しいと思います」って。

>――何しに行ったのか分からないじゃないですか(笑)。

>鈴木 あんまり面白おかしく聞こえたら問題ですが、事実ですよ。
>そこから、なぜ間違っているかという説明が始まった。
>「このポスターのように、竜とアレンが目を合わせているのはおかしいじゃないですか。そうでしょう、ル・グウィンさん」と。

>――決裂の危機ですね。

――何しに行ったのか分からないじゃないですか(笑)。
――決裂の危機ですね。
このインタビュアーの台詞を読めば、パヤオが「許可しないで欲しい」という意味でやってることが普通の人にはわかることがわかる。
パヤオがチェックしますという意味で絵を見せたとインタビュアーが解釈したならこんな発言は出てこない。
鈴木も訂正してないのだから、この解釈は間違いないんだろう。

つまり、パヤオが絵を見せて「ゴローは間違っていて、パヤオは正しい」と言ったのは
こうやって間違いを正すと言う意味ではない

>なんで吾朗と駿の二択を迫ったなんて脳内補完に至れるのかが本当に不思議。
どうみても「吾郎に任せる」か「パヤオの忠告に従ってやめさせるか」のどちらかを選ぶ用迫ったもの。


パヤオを選ぶ=パヤオに監督させると言うことではないよ。当たり前だが。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:32:32
ゲド戦記の版権は息子の会社が持ってるんだろ?

テオさんにしてみれば、少なからず、ゴローへの同情心が沸くってもんだ。
天才の才能から生まれた仕事で、おまんま食ってる者同士だからな。


240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:33:38
>>237
テオって結構曲者。
ジブリで、途中までのフィルム見て、これはいい!とかいったんでしょ?


241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:34:57
つーか
俺らルグィンでもジブリの中の人でもないのに、
なんでクネクネにつきあってまで責任の押し付け合いをせにゃならんのだ。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:35:42
>>238
>「吾郎は僕と違ってゲド戦記のことをぜんぜんわかってない。僕と吾郎のどっちを選びますか?」ということだろ。
>吾郎と駿の絵を並べて、是非を迫ってるのだから。




>普通の人にはわかることがわかる。
だ か ら ね。
鈴木たちは「映画化の許可を取りに来た人たち」なんだよ。
その一員が「スクリプトに責任を持つ」と言ってる。

>「パヤオの忠告に従ってやめさせるか」のどちらかを選ぶ用迫ったもの。
こんな選択肢は、「映画化の許可を取りに来た人たち」から出されるものだなんて
それこそ「普通の人にはわからない」

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:37:18
>>211
> ル婆ちゃんは俺と感想が似ていて、なんか安心したよ
同感だ。安心ってのも変かもしれないけど。
>怒っているという感じは受けなかった
確かにあれは怒りというより呆れだろうね。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:37:19
>>242
じゃあ何でインタビュアーにはわかったんだ?

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:38:29
ル婆ちゃんと同じことを何度も書いたのに
工作員扱いされたんだよなあ。。。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:39:15
>>244
立場が違うからだよ。当たり前だろ

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:40:28
>>244
インタビュアーだけに神の声が聞こえたんじゃねーの?
鈴木神とか

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:41:18
>>242
宮崎氏やジブリや今回の対立のことについてそれなりにわかってることを前提として読んでしまうと
いきなり前言を翻して、反対するなんて宮崎氏は相変わらずわけわからん、となるけど。

普通の人がああいわれたら普通は「間違ってる部分はチェックします」と解釈するよな。

あのインタビュアー(や多くの読者)はあまりに外部性ってもんがない。

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:42:08
いまが旬だから流れが早いな〜

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:42:58
ここ100レスくらい一気に読んだが、
ルグィンを悪者にするのがすげー面倒臭い作業であることだけはわかった

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:43:00
>>248
あー、最初あのインタビュー読んだとき
このへんのやり取り意味わかんなかったんだよな。
インタビュアーは普通に受け答えしてるし疑問に思ってたんだけど、そういうことか。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:43:51
>>246
立場って何だよ?
>>247
このスレや他のスレでも「あれはチェックするって意味だ」なんていわれてなかったぞ。
インタビュアー以外の人間もそう解釈したってことだ。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:44:53
ハヤオが大好きで影響をうけてきた作品の原作者を傷つけたことは事実だ。
それでもまだ作品を作りつづけられるのか?

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:45:43
>>253
論破されて話を変えだしたか。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:46:05
>>252
オーケー
そうであるとして結論はなんだ?
どうせ双方譲らないんだから、結論だけ言って選ばせてくれ。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:47:13
>>252
いやどう見たって言葉どおり
「スクリプトに責任を持つ」「チェックする」ってことだろ。

どうしてインタビュアーに伝わったかより
252の解釈がどうしてルグィンに伝わらなかったか
の方を理解した方がいいんじゃないか?
ここしばらくのレス費やしてそればっかりやってるんだから目の前のログ読めよ

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:47:39
>>252
ようするに外部性、というか宮崎氏の行動ばかりに注目して
(自分たちと違って先入観のない)ル・グィンがどう解釈するかに思考が及んだ人が少なかったと言うことだろう。

>>251はちゃんと理解できてたっぽいけど。

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:48:11
パヤオのリスペクトって
イマジネーションの源としてパクらせてくれてありがとうとか
息子の練習台にさせてくれてありがとう
くらいなもんだろう。

尊敬とか尊重なんて気持ちないんじゃないか。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:49:00
>>256
二つの絵を見せたことが「チェックする」という意味に解釈したレスが昨日以前にあるなら教えてくれ。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:50:27
よそから見たらそんな感じだけど、
パヤオ自身はルグィンを神とも崇める気持だったろうね。
そんなルグィンに結果的とはいえああいう仕打ちをできてしまうのもまたパヤオだが。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:51:15
>>257
要するにルグィンが外人で日本の?常識が欠けてるってことがわからなかった奴が多かったってことか。

実は自分もだが。

ルグィンが「間違った奴は訂正するから」と解釈した可能性は今日指摘されてはじめて気づいた。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:54:39
常識に欠けてるのは今回のジブリであって、外人とか関係ないでしょ。
日本の一般的な商業的ルールが今回のジブリ並だったらヤバイ

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:54:40
?259はどういう解釈にしたいの?

駿自身が「スクリプトをチェックする」と言い、
自分の設定画を見せて自分がどれだけアースシーについて理解しているかを解いた。
これはルグィンから見て「駿によるチェックのバックアップが付いている」
と理解したことのどこに無理があるというのか?

>「チェックする」という意味に解釈した
事に関する分析ならここしばらくの流れで散々やってるじゃないか。
昨日と言わずここ100レス見るだけでもかなり出てるだろ?

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:55:43
>>261
ル・グィンはパヤオの永遠のファンなんだからパヤオの奇行くらい知ってて当然だと思うが。

ましてや、息子のテオは日本で色々やってたんだからそれくらい知ってて当然だと思うが。

そのあとテオと色々相談したのだろうし、誤解したとしたらテオが印象操作していた可能性は非常に高い。


パヤオファンのル・グィン、その息子で日本通でジブリとの交渉役のテオ

この二人を外部性で免罪できると思うか?

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:56:49
>>264
>知ってて当然だと思うが

思わない

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:57:02
>>263
↓これに答えるつもりがないらしいから、

255 名前:名無しは無慈悲な夜の女王 メェル:sage 投稿日:2006/08/15(火) 23:46:05
>>252
オーケー
そうであるとして結論はなんだ?
どうせ双方譲らないんだから、結論だけ言って選ばせてくれ

>に関する分析ならここしばらくの流れで散々やってるじゃないか。
をこれからも散々やりたいということだと思うよ。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:57:34
>>263
自分もずっとそう捉えてたよ。普通そうだろ。
ル=グウィン女史に親子の確執なんて関係ない。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:58:15
>>263
>昨日と言わずここ100レス見るだけでもかなり出てるだろ?
だから今日になっていきなり、「駿がどうチェックするか実演して見せた」とか言う珍解釈をした説が出てきたからだろ?

この解釈が出てくる以前は「駿がいきなり反対しだした奇行」という解釈が主流だった。

だから昨日以前といってるんじゃないか。

機能といわずここ100レスって頭おかしいの?

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:58:25
>>264
免罪できないとして、そんでどうなの?
結論は?

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:59:34
>ル・グィンはパヤオの永遠のファンなんだからパヤオの奇行くらい知ってて当然だと思うが。
>ましてや、息子のテオは日本で色々やってたんだからそれくらい知ってて当然だと思うが。
当然て、、、ヲタの常識が世間に通用すると思うなよw

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:59:43
>>264
たしかになル・グィンやテオが宮崎親子の確執なんてわかるはずがない

なんてのはル・グィン親子を馬鹿にした考え方だよな。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:59:47
>>264
>ル・グィンはパヤオの永遠のファンなんだからパヤオの奇行くらい知ってて当然だと思うが

パヤオは何様ですか…
比較するのはおかしいけれど、
世界的SF作家が、日本のアニメ監督の奇行を熟知しているべきなんですか
そうですか

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/15(火) 23:59:59
> 機能といわずここ100レスって頭おかしいの?

そろそろルグィンの本題から離れていつもの「妄想」よばわりが始まるぞ
でその次はコピペ荒らし

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:00:43
なんか話が妙な方向にズレだしたな。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:00:45
1.テオがルばあさんに映画化をすすめた
2.パヤオはアースシーの映画化を阻止するためにルばあさんと会見した
3.鱸が推すゴローには映画化する力はない
4.パヤオ以外にはアースシーを映画する者は世界中探してもいない
5.ルばあさんは、映画化をあきらめるはず
6.ところが、ルばあさんは「ゴロー」で映画化を強行する
7.テオが映画化のために、ルばあさんを操った

この説の信憑性がますます高まってきました。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:01:49
>>273
いままでパヤオの奇行と捉えるレスばっかだったのは確か。

チェックの実演説なんてなかった。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:01:58
>>264
最近パヤオのアニメが好きになったというだけのこと。知ってるはずがない。
それにアメリカ人に暗黙の了解なんてことを押し付けるな。


278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:02:07
うんうん
まったくだよな
ルグィンがパヤオの性格を熟知していなかったのが悪い
ついでにテオが腹黒いのも悪い
君の言うとおりだ
まったくけしからんことですよこれは

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:03:01
>>268
なんで「珍解釈」とやらが以前に出てた証明をしなきゃならんの?
昨日、ルグィンのコメントが出ただろう?
ルグィンにとってはそういうことだった。

以前から駿が「チェックをする」といった発言に対して
その約束を反故にしたことについては言及されてるじゃないか。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:03:04
>>277
あんたクネクネに鼻面引き回されてるぞ
ほっときなさい

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:04:01
パヤオ信者ウゼー

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:04:17
ピックルを雇った奴は、採用試験のレベルを
大幅に上げるべきだなw

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:04:44
結論は>>275ってことでオーケー?
みごとな結論だね
でも俺はあんたの結論には賛成しないよ

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:06:06
>>279
信じられない馬鹿だね。

>以前から駿が「チェックをする」といった発言に対して
>その約束を反故にしたことについては言及されてるじゃないか。
話のすり替えですか?

以下の部分について、パヤオがちゃんとチェックするというつもりで述べたという解釈を問題にしてるんです。
チェックする発言はその前です。

>今度は事前に送っておいた2枚の絵についての話になった。
>一つはポスターになっている吾朗君が描いた竜とアレンが向き合った絵。
>もう一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが、
>宮さんが突然、吾朗君の描いた絵を指して、「これは間違っていますよね」と言い出したんです。
>それで今度は自分の絵を指して、「これが正しいと思います」って。

>――何しに行ったのか分からないじゃないですか(笑)。

>鈴木 あんまり面白おかしく聞こえたら問題ですが、事実ですよ。
>そこから、なぜ間違っているかという説明が始まった。
>「このポスターのように、竜とアレンが目を合わせているのはおかしいじゃないですか。そうでしょう、ル・グウィンさん」と。

>――決裂の危機ですね。

――何しに行ったのか分からないじゃないですか(笑)。
――決裂の危機ですね。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:06:19
>>275はスルーしとけ。ビックルが調子にのる。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:07:39
>>282
原作読者だらけのSF板にまでバイトを送りこむとは熱心なことだが、
おそらく意味がないなw

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:07:41
>>284
ル=グィンは「チェックの実演」だと思ったと考えるのは自然。

駿の意図を正確に読み取れた方が特殊。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:09:09
このスレもIDだしてくれりゃ、
おばあちゃんを悪者にしてるのが一人だけだってのが
一発でわかるのにな。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:09:26
>>287
何で正確に読み取れた方が悪くて
勘違いした奴がむ無辜の被害者なんだよ?

わけわかんねwwwwww

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:10:38
ここはIDが出ないからビックルが粘着してるんだな

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:10:48
で?>284
>パヤオがちゃんとチェックするというつもりで

軽はずみな発言だから、本気で言ったんではないから
その発言に責任はないと?その言葉を信じる方が間違ってると?

いやホントに、どういう結論に持ってきたいのこの人は。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:10:59
はい、>>289さんありがとうございました
えーでは
次の方どうぞ

はい、どういう質問でしょう。え?
「ルグィンの死後、遺族がルグィン作品の映像化を認めるかどうか」
うーんこれは難しい問題ですね。
50年くらい待てばなんとかなるんじゃないでしょうか。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:12:19
>>292
生きてるうちに見られるかな・・・

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:12:51
>>279
>昨日、ルグィンのコメントが出ただろう?
>ルグィンにとってはそういうことだった。
ルグィンにとってどうだったかが証明になるとでも?

パヤオのコメントで「ちゃんとチェックしますという意味で、ゴローの絵を批判した」とでも出てくるなら別だが。
ル・グィンがどう解釈しようとパヤオの真意には関係ないだろ?

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:13:03
正直ハイニッシュユニバース系の話はすでに古びてるから、
3度目のゲド戦記以外の映像化の話はないと思う。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:13:32
ジブリを擁護するのはもう無理だから
ハヤオの評判だけでもなんとかしようとしている
って状況なんだね。大変だね。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:13:48
そろそろビックルと遊ぶの飽きてきた。
こいつレベル低いもん。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:14:13
「オルシニア国物語」の「モーゲの姫君」なんか高畑アニメにぴったりじゃないか

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:14:17
>>294
その解釈の元に映画化の話を契約したのだから大いに問題がある。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:14:45
「オルシニア国物語」いいなあ。

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:16:06
>>291
意味がわからん。


>もう一つは宮さんが描いた第3巻のホートタウンの町の設定の絵なんですが、
>宮さんが突然、吾朗君の描いた絵を指して、「これは間違っていますよね」と言い出したんです。
>それで今度は自分の絵を指して、「これが正しいと思います」って。

どう考えても吾郎はわかってないから映画化をやめさせろといってるんだろ。

パヤオがゴローが監督することに反対してたのを知らないのか?

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:16:45
なあなあ、ルグィンが言ってた好きに使っていい15年て、
2巻と3巻の間じゃないかなあ。
なんか1巻と2巻の間って言われたたのを見たけど。
「大賢人になるまでの間」でしょ?

いいねコレ。
旅の途中でテナーを思い出したりオジオンを思い出したり出来るわけだ。


夢に終わったけど・・・

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:16:53
チェックの実演説ってのはよくわからんなぁ。
俺は駿が「自分のほうが息子よりあなたの作品を理解している」事を示威したかっただけで
それが先走って束の間交渉を忘れてしまっただけだと解釈してるんだけど。
まぁ「俺と息子のどっちを監督に選ぶか?」説や「息子には監督をさせないでくれ」説は
もしそうだとしたらあまりに駿が異常過ぎで、いくらなんでもそこまではと思うな。
事実はどうか知らないしどっちでもいいんだけど。


304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:17:38
SFガジェットやファンタジー要素はないけど、オルシニアは良質なストーリーが多い。
ロシア文学の短編集みたい。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:18:15
>>301
ルグィンが知ってるわけないじゃん。

知ってたとしても駿は吾朗監督のゲド戦記映画化の許諾を取りに来た
人間なんだから、最初からそのつもりで見てるだろ。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:18:27
もうなにが論点になってるのかよくわからない。誰か整理してくださいませんか。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:19:09
>>298
そう!
オルシニアいいよね。大好きだ。
実写にも向いているんじゃないかなと思う。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:19:10
>>303
そうかもね。

どっちにしろ、ル・グィンがそれをチェックの実演と解釈してしまったとしたら
その解釈はル・グィンの自己中心的解釈としか言いようがないよね。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:19:46
>その解釈はル・グィンの自己中心的解釈としか言いようがないよね。



310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:20:09
オルシニアの映画化いいぞ!原作者しだいで実現しそうだ

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:20:25
>>302
一巻と二巻の間だと、実質的に「ゲドのいさおし」部分になるのかね?
もしそうなら好きなだけ活劇できたように思うが・・・
二巻と三巻の間ならローク内の政争とかでぐっちょんぐっちょんだぞ。きっと。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:21:41
>>305
ようするに思い込みで判断したってこと?


だとしたらル・グィンには「くもりなき眼で見定めよ」という言葉を送りたいと思う。

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:22:14
Q.映画がヒドスな件について

A.
>原作がつまらないせい
>ル=グウィンのせい
>テオのせい
>鱸たんは悪くないやい!


うはwwwwwwピックルwwwwwwwwwwwww
次は誰のせいだろ。wktk

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:22:26
>どっちにしろ、ル・グィンがそれをチェックの実演と解釈してしまったとしたら

妄想乙。

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:22:51
>>311
そういえば、「ゲドのいさおし」って、本来はなんて呼ばれてるんだ?
ゲドって真の名がついてるわけじゃないんだよね
それとも、ゲドの死後になって、真の名を知ってる誰かがその名前にしたのか?

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:23:21
共産体制下オルシニアの「田舎での一週間」をIGにやらせると
田舎は暗くなり
警察は凶悪になり
ブルーナは無口になるだろう

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:23:45
コピペ嵐が来る前になんか書いとくか。

 先ほどまで深刻な表情をしていた駿が急に立ち上がった。
「この絵では……いけないんです!」
「父さん!」
 鈴木は駿の突然の奇行に眉を吊り上げた。彼はなんと自分の描いたスケッチを持参していたのだ。
 駿は次々とアースシーへの思い入れの強さをアピールし、今回の契約がいかに無謀な事であるかをル=グィンに伝えようとした。
 言葉では通じなくとも、絵でこの思いだけは伝わる筈だ。駿の作品と息子の作品は全く違うのだと。
「この通り、息子には全く才能がないのです、このままではプロデューサーのいいように改悪されてしまう! スタジオジブリの作品はこんなのじゃだめなんです! こんなのはゲドじゃない!」
 しかし熱弁も虚しく、彼の思いは鈴木の翻訳なしでは通じなかった。ル=グィンは駿の手を取ると聖母のような微笑みを浮かべて言ったのだ。
「心配なさらずとも五郎さんに、全てを任せます」
 このとき駿の目から初めて大粒の涙がこぼれ落ちた。
 鈴木は端からそれを見ながら、全てを見透かしたような薄い笑みを浮かべていた。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:24:18
うわ、容易に想像できるけど、みたいようなみたくないような。>316

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:24:19
>>315
ジェスト・オブ・ゲドじゃなかったか

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:25:21
>>315 そうi言われればそうだw

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:25:32
>>316
それ違う

ブルーナの顔は人形のようになり、
登場人物全員しゃべりまくるだろう

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:25:43
>>302
それは自分もちょっと思った。
2巻の段階で20代半ばあたりとされていたと
記憶しているので。15年も経ってなくね?と。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:25:56
>吾朗君の描いた絵を指して、「これは間違っていますよね」と言い出したんです。
>そこから、なぜ間違っているかという説明が始まった。
>「このポスターのように、竜とアレンが目を合わせているのはおかしいじゃないですか。そうでしょう、ル・グウィンさん」と

どう見ても吾郎ゲドに対する宮崎氏の「チェックの実演」を原作者にデモってるようにしか見えません。
こうやってチェックしてくれるならとル=グィンも安心したことでしょう。


宮崎氏の意図は正反対だったろうとは思うが、その誤解をちゃんと解くのが鈴木氏の仕事です。


324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:27:13
>>314
チェックの実演と誤解せずに正しく解釈したということ?
じゃあパヤオは全く悪くないじゃん。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:27:28
>>315
死後は真の名が残るんじゃなかったっけ。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:27:36
>だとしたらル・グィンには「くもりなき眼で見定めよ」という言葉を送りたいと思う。

なるほど。「もののけ姫」から引用することにより、
自分は金もらってやってる社員じゃなくて、一介の駿信者に過ぎないとアピールする作戦なのですね。
なかなか手が込んでいますが、底が浅い。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:28:12
>>315
>それとも、ゲドの死後になって、真の名を知ってる誰かがその名前にしたのか?
そうでしょ?

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:28:26
>>302  でも1巻と2巻の間もいいよ。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:29:07
「ゲドのいさおし」は語り落とされてるのが技巧っぽくてかっこよかったのに、
話作られちゃうとちょっと萎えるなー

それを契機にアースシー作品群がデューン化したりな

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:29:32
>>323
>宮崎氏の意図は正反対だったろうとは思うが、その誤解をちゃんと解くのが鈴木氏の仕事です。

テオの仕事だろ。
あれはチェックの実演なんかじゃないことを伝えるのは。

そのためのエージェントであり、孝行息子だろうが。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:29:56
>>323
その必死の熱意がそのまま「任せてください!大丈夫です!」に見えたんだろうな。

まあ、映画化の許可取りに来た人間がそれやれば、そう取るよな。
素人の監督に任せるのは不安だけれどこの人が付いてるなら・・・と

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:30:06
>>312
おまえ、そんないきがった台詞を書いていい気になる前に、
このスレせめて200から読み直せ。

ところで、自分も1巻と2巻の間のストーリーを見てみたかった。
2巻と3巻の間でもいいんだ・・・。

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:31:24
>>329
テオ氏がオスキル公家やエンラッド公家の内紛・対立とかを書き継ぐわけかw

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:32:27
しかし、このスレに関しては
ピットクルーの工作員さえいなきゃ、
普通に原作の話か、創られなかった1巻と2巻の間の物語に
スレが戻ってたと思うのにな。

ピックルさんの目的がスレを伸ばすことだったら、いまのとこ大成功か?。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:32:30
>>332
駿がもう力の限りにはっちゃけてすごいの作るんだよ。
で、それ見てルグィンも絶賛、原作者公認の外伝に・・・



・・・・・orz

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:33:27
じゃあ俺はカルガド大王が野武士から成り上がって天下を取るまでを見たい

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:34:12
>>336 ゲドが出てこなくちゃいやだ!

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:36:26
>>331
>ただしプロジェクトはつねに駿氏の承認を受けながら進められるという印象があり、
>また実際、先方もそのように保証していました。

こうやって実際の保障と、印象の二つにわざわざ分けたのは
熱意を持って「細かいところまで一々チェックしてみせる」(かのように見える)宮崎氏の姿勢が
ル=グィンに強い感銘を与えたのかもね。



339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:36:40
本スレでもピックル活動しているパヤオ狂信者がいるんだが
こちらでも激しく工作してるんだw
で、ル・グインに擦り付けが出来なくなったら、今度は息子のテオ氏黒幕説かw
すごいな、ここまでジブリを守ろうとする姿は。
ある意味感動した!

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:37:00
オームとエレス・アグベの話を

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:37:55
>>330
言われてみればそうだよな。

テオは何やってるんだか。

342 :315:2006/08/16(水) 00:38:05
そうか! 死後になって「ゲドのいさおし」なのか
ってことは、生きてる間は「ハイタカのいさおし」で通ってたのかな

年を取ってからの「湿原で」みたいなのもいいが、宮崎映画にするならやっぱり
若き日の大冒険がよかったかな
カラスノエンドウとノコギリソウを出してくれたら文句なしだ

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:39:31
>>338
いつまでもそんなくだらないこと言ってないでみんなの話題に加わったら?
読んでないから無理だろうけどさwww

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:39:48
僕は、エルファーランちゃん!

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:40:26
俺が読んでみたいのは、

ゲドの死とテナーの死
それに対するテハヌーのリアクション(一時帰省するのか?)
レバンネンとセセラクのその後
ロークのその後

できれば4巻くらいのテンションで。
期待してますよ、ル=グィン先生。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:41:11
ここは映画化によって壊された夢をみんなで紡ぐスレです。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:42:10
>>343
は?
何で俺に言うわけ?

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:42:11
じゃあやっぱり2巻と3巻の間、テーマは大賢人の座をめぐる学院内の政争で

「だが、わたしにはまったくわからない。
しかも、評議会の主力な長たちは君も知ってのとおりだ。
アイハルは死んだも同然、クレムカムレクは実質的に公に告訴をしているに等しいーー
どうもうまくないようだな」
「ハブナーでそのことをお伝えすることもできたのですが」

やだなあ……w

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:42:17
糞映画の責任を取ってパヤオが新たに作り直せ

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:42:37
>>338
気にすんなや。


竜がぐばーっと出てきて喋って背中に乗っけてくれるとこ見たかったなあ。
アレン竜の手に乗っかるんだもんな。竜の関節階段の表現好きなんだけど。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:43:20
>>347
工作員乙

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:43:38
とある時代のロークの院生を軸にした
話なんかも見てみたいな

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:43:56
オーム・アイリアンとアズバーのその後の話っ!

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:44:09
>(一時帰省するのか?)
なんかいらんところがリアルで受けた

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:45:17
>>353 それもいいw

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:45:19
>>354
いいなあ。法事の菓子折、爪にぶら下げて飛んでくるの。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:45:40
>>347
チェックの自演説唱えてる奴だろ?

氏んでいいよ。

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:46:34
>>356 ワロタ

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:46:54
2巻、砂州に置き去りにされた王子王女の若い頃
王女様はフィービー・ケイツのイメージで

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:47:58
>>359 
そのイメージが理解できる自分がこわいw

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:48:05
>>357
反論がないところを見ると図星だったみたいだな。



362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:51:22
テナーの嫁入りまで



>>343>>351>>357>>361

くねくね
もう寝ようよ。




363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:51:36
一本で4巻分を表現ということ自体もそもそも無理だった。
とりあえず、普通に1巻から撮ってくれればよかったのに。もちろん父宮崎で。
ハリポタその他にやられているからなんて言わずに、元祖の貫禄を表現して欲しかった。

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:52:47
ん?あれ?
>>347は「ジブリ詐欺くせーことすんなよ」と
いう意味と取ったんだが違うのか…

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:53:17
こないだテレ東で「青い珊瑚礁」やってたのちょっと見たんだよなあ。
アレはもさもさ魚取れるしかなり豊かな島だったけど。微妙にエロかった。

あのイメージ。でもこっちの王女は見つかったときには小さな老婆・・・哀れ

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:53:35
こうなったら押井守監督で。

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:55:06
>>347 
スマン!>>343は自分だ。レス番を間違えた。その後のは自分じゃないよ。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:55:22
>>364
ジブリ叩きのアホはもう寝たみたいだな…
ありがたい。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:55:23
押井の「青い珊瑚礁」は嫌だぞ

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:56:09
>>367
便乗荒らしがいるようですね。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:57:14
ジブリ叩きのアホ?

ルグィンに責任押し付けたい努力家ならいたと思うけど

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:57:28
>>363
しかし、1巻だけを映画化したとして…
冒頭、いきなり父を殺すゲド、エルファーランを呼び出す前からドッペルゲンガーと分裂するゲド、
ラストは分身の光と合体してパワーアップして、悪の竜を倒しておしまい
とかいう超駄作になってたかと思うと、今回の作りでまだよかったかも orz

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:57:40
未読の方が、話に入れないのでネタに走りだしたようですな

>>362
テナーの(最初の)嫁入りなんかやったら切なすぎて死んでしまう…

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 00:59:01
自分もテナーの嫁入りは見たくない・・

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:00:43
いや、テナーの最初の旦那は何だかんだ言ってもいい奴だと思うけどな。

あれはあれでいい選択だったと思うよ。
女魔法使いもいいけど。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:01:12
×テナーの最初の旦那は何だかんだ言ってもいい奴だと思うけどな。
テナーの最初の旦那は何だかんだ言ってもいい奴だったんだろうと思うけどな。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:01:19
オジオンが寿ぎの言葉を送ってくれるんだよ・・・
でも、オジオンが与えてくれる知恵を遠ざけたことで
ちょっとかたくなになってしまうテナー

でも最後には心を開いて・・・

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:01:43
>>368
え?
俺を巻き込もうとしないでくれ。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:02:14
>>371
責任ゼロということはないと思うけど
全面的にル・グィンが悪いってのは言いすぎだよね。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:02:46
全然「アースシー」の話じゃない映画の筋立てだって、見せ方というものが…

タガの外れた世界(海は干上がり(!)嵐は絶え間なく、家畜は病に…etc)
その原因を探る旅に出た大賢人は、怯え、ボロ布のようになった若者に出会う
彼は何者で、いずこから、何に追われて逃げているのか そして何故?

と、導入部と視点人物を変え、サスペンスを設定すれば
観客のストレスはずっと下がると思うのだけど

で、若者は晴れやかな顔で自らの運命を引き受けるために旅立って幕、とか

もちろん、上映時間は一時間半以内で

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:04:27
>>377
それなんてエロg(ry

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:04:27
>>377
そうか。テナーの嫁入りにはオジオンがいっぱい出てくるんだよな。
並行してゲドの話も入れてくれればOK

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:05:59
>>379
たしかに「チェックの実演」と誤解させた側にも隙の甘さはあっただろうな。
ここのパヤオ擁護の人は言いすぎ。

テオとか鈴木とか海千山千の商売人に乗せられちゃったという面が大きいだろうね。

合掌。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:07:24
唐突で悪いが、やっぱり俺はなんとしてもパヤオによる2巻が見たかった

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:07:32
>>379
誤解したルグィンは悪い。だからルグィンが悪い。だもんな。
そら反論したくもなるわ

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:07:51
>>382
テナーの結婚を知った時のゲドって、どんな心境だったんだろうな
魔法使いたちはセックスはしないらしいが、恋愛もしないのか?

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:08:41
テオさんと吾郎は境遇が似てるからついつい同情しちゃうのもわかるな。

テオさんが悪人だとは思わないけどやっぱりゴローに好意的に運ぼうとしちゃうのかも。

責任は鈴木≧テオ>ゴロー>>>パヤオ=ル・グィンって感じかな。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:09:27
>>377
花嫁衣装に身を包み、夫の手を取りながら
ふと空を見上げ、ほんの一瞬ハイタカに想いを馳せるゴハ

場面変わって
同じ空を見上げるハイタカ…

せつねえええええ

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:09:27
>>384
正直に言え、パヤオのテナー(少女時代)が見たかったとな

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:09:31
>>385
そうそう。
誤解したル・グィンも悪いけど全責任を押し付けるのはおかしい。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:10:20
がっかりした、って言ってたね。>>386
学ぶことを放棄したと聞いて。

人間的な愛情の部分は足りてると思うけど、
心の部分ではどうなんだろう。
肉体的に触れることにのみプロテクトがかかっているんだろうか。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:12:14
結婚したのを知ったゲドは「怒った」みたいだけど
見てみたいねw

恋に関してはダイヤモンドの例があるけど
見習いだしなー

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:12:16
誤解というか普通は「チェックの実演」と解釈すると思うけどな。
それ以前にスクリプトをチェックするといってるんだから。

>>386
怒った。
男に対する嫉妬ではないけど。


394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:13:49
>>384
パヤオは悪女が描けないので原作通りのアルハは結局期待できなかったと思う。
もちろんセレットも難しいはず。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:14:15
>>387
テオと吾郎はぜんぜん違う。

ル=グィンはちゃんと母親(という言い方は少し性差別的で語弊があるが)として、子供たちの面倒を見てる。

そういう面で共感したってことはないと思うよ。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:14:45
>>390>>393
あんたの工作は完膚なきまでに失敗したから、もう巣に戻れ。むなしいだけだ。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:15:49
>>396
何で>>393まで?

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:15:52
>>394
駿にはセレットは難しそうだがアルハは本物の悪女じゃないから
描けるんじゃないか?

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:15:54
ウン、ルグィンの立場ならその解釈で自然だと思う。>393

>>388
それ、いい。すごく、いい。美しいテナー見たかったなあ。
今では結構楽しく読めるけど、やっぱり4巻でのテナーはショックだったしな。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:17:05
>セックス禁止
確か倫理的・秩序保守の問題で、実際に魔力には影響しないんだよな
ロークが女性を締め出した理由にも関わるんだっけか

ゲドが結果的に、その慣習を揺るがせたんだが
切ない話だよな・・・
色々不満はあるが、3巻で離れ離れな二人が再会できただけでも、
4巻があって良かったとオモタよ

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:17:06
>>391,392,393
d。そんな描写だったんだっけ、読み直さなくては
還俗した魔法使いの話が出てこないから、たいていは恋愛自体もしないのかなぁ
下世話な話だが、性欲もなくなるのだろうか、それとも賢人様たちもご自分で処理なされるのだろうか…

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:18:19
>>394
悪女は無理でもいわゆるツンデレは描けるんじゃないか。
漫画ナウシカのケチャとかそういう感じだしきっとアルハも

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:18:46
>>396は「チェックの実演」って単語に脊髄反射してるんじゃないか?

少し落ち着け。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:20:39
>>396はルグィンに全責任がある
「チェックの実演」なんて解釈は不自然

といいたいジブリ信者では?

ほっとけ。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:22:18
三巻の最後の「テナーに会いたい」は切なかったなあ。

カレシンを主役にした話も読みたいなあ。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:22:22
>>401
性欲、なくなってるんじゃない?力を失ってガックリしたゲドに関して
まじないばあさんが「15の小僧の様な気分になるのは不安だろう」、とかなんとか言ってたような。
これは、性欲に関しての失ってた衝動が戻ってきて戸惑ってるってことだと思ったが

>>404
「ジブリ叩き」ってそういうことか。しょーもな

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:22:49
>>401
これは学院追放の身だけど、ゾウゲは
下半身直結厨っぽいところがある。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:23:50
作中では描かれませんが、賢人たちは自在に夢精できます。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:24:34
>>400
こうしてみると4巻の存在は大きいな。
3巻までだったら全部バラバラのままだが
最終的にゲドとテナーが一緒になるんだから。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:25:02
ああ主題歌にも、心ry

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:25:08
>>391>>393
>がっかりした
>怒った

ゲドめ、理屈をつけてるけど、単に嫉妬したんじゃ…
と思わず苦笑した初読時。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:26:20
>>395
テオはゴロー的立場でつらい育ちだからわかってやれとよく擁護されてるが

実際には主婦業の母に恵まれて育ってたんだね。

同情の余地がないな。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:27:56
>主婦業の母

はぁ?

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:28:36
A級 テオ 鈴木
B級 ゴロー 清水
C級 パヤオ ル・グィン

映画の責任の重さで言うとこうか。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:28:40
>>412
うへえ、今度はテオさん叩きwwwwww

ちょっwwww面白wwwwwwww

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:28:43
>>411
嫉妬心が全くなかったとは今も思えんw

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:29:35
>>413
もう反応すんな。
今の論題は魔法使いの性欲とその処理についてだ。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:29:35
>>413
兼業主婦だったんじゃないの?

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:30:07
>415
オールスターだねえ。

でもな!エリノアたんを叩くことだけは許さん!!

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:30:25
>>400
そう言えばカワウソの奴は、モエサシと関係を持ってもバリバリ魔法使ってたな。
なるほどね。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:30:48
>>408,410
おwまwえwらwwwww

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:31:03
S級 コギ犬のエレノア
A級 テオ 鈴木
B級 ゴロー 清水
C級 パヤオ ル・グィン

映画の責任の重さで言うとこうか。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:31:18
オジオンはテナーに全く触れなかった、んだっけ?
頭撫でたりとかも駄目なんだろうか

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:32:12
超黒幕 お行儀のいいエレノア?

425 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:33:45
夜の言葉「石斧とジャコウウシ」の中で、
SF界における「男」と「女」、文系とエンターテイメント系などの
分化を”石垣”に例えてて、しかも、それを「壊すべきだ」とのたまう。

…なんとなくだけど、彼女の「表明」という感じがする。
映画に携わった人たちはまず確実にこれを読んでないことだけは
よ〜〜〜っくわかったが、ジブリ叩きしてる輩も読んでないんだから
なにも言えまい

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:34:06
映画板にこんなのあった。エレノアもかよ!
344 :名無シネマ@上映中:2006/08/15(火) 22:14:24 ID:lAzX0jne
>>301
駿 =原作大好きで激情家。映像化するなら自分でやりたいと思うつつも
    年齢による限界を感じ、辛い思いをしている。

吾郎=天才アニメーターを父に持ち、同じ道に怖くて進めなかった正直者。 
    ゲド戦記はそこそこ好きだし、今は子供の頃から知っている鈴木おじさんの後ろ立て
    もあるので、この機会に、アニメをやってみたいと思っている。
    
グウィン=信念の人。映像化した作品でも、自分の主張が通っているか、常に心配する。
      20年以上前、ある極東の天才アニメーターに自作のアニメ化を持ちかけられるが、
      アニメをあまり知らない女史は、その申し出を拒否。
      その後、そのとき断ったアニメーターは非常に才能のある人物だったことを知り、
      後悔しつつも、偶然縁あって映画化許諾の話を持ち込むことが出来た。
      ぜひ、その人物の下で映像化してほしいと強く願っている。

テオ =信念の人の息子。子供の頃から、意志の強い母の下で苦労を経験。
     現在は、母の作品の版権を管理する会社の代表。
     立場上、今回映画監督をするといってきた吾郎氏に親近感を感じている。

エリノア=テオ家の犬。コーギー犬。
      ホームパーティーで、多少の人数が集まっても、興奮したり騒いだりしないように
      躾られている。今回のパーティーでも粗相はなし。
      特に、奇異な日本人が逆立ちをしたが、それにも動じることがなく、
      グウィンの大のお気に入り。

これらの人物が、それぞれに弱いところを鈴木に握られ、
上手く利用されたものと推測され。

鈴木氏の弁(推測)
「そう、私はプロフェッショナル。みんなの期待に応えます!」

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:34:30
モエサシとカワウソの間に子供はできなかったんだね。
ロークの暁についての資料は伝わっていなかったんだろうか。
それとも、一番ありそうなのは封じられて人の目から隠されてるってとこか。

428 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:37:25
っていうか、ル=グィン世界では子供は一人か二人で大家族が想定されてない描写が多くある。
なんでだろう?

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:38:01
>>420
魔法の修行を捨てて恋と音楽に生きたダイヤモンドみたいなやつもいるからな
「女性に惑わされて〜」と悪意を抱いたやつもいたんだろ

良い悪いは別としてな>ダイヤの生き様
作者は肯定的に書いてたし
だがローズたんは小悪魔系でちょっとヒドスだよ、グウィン婆さん・・・www

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:38:08
▼・ェ・▼「エ"リ"ノアだ…間違えるな…」

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:38:49
>>428
言われてみれば。
後進的な世界を描くなら子沢山の人が描写されてもいいのにね

432 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:40:10
思うに、子育てを経験した女性は子供の数が少ないほうがいいに決まってる!
という思いがあるんだろうけど、種としての存続にかなり危機感があるわけだが。

ギフト読んでて特にそう思った

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:40:10
>>431
ゲドは兄貴がたくさんいたような

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:40:43
>>431
ハイタカからして、兄弟多いはずなのに末っ子で他の兄弟の描写がないね。
「九つの命」は兄弟が多いのとは違うな。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:41:20
考えてみれば不思議だよな
物理的にセックスと魔法に関係がないなら、魔法使いの中にヤりまくる奴が一人でもでてくれば
それは単なる神話だったとわかってしまうはずなのに…

それとも、そういうヤツは闇に葬られてきたのだろうかw

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:42:32
>>432
ギフトって面白い?ゲドには似てない?

437 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:43:18
過去には必要だった風習も
その意味が廃れてしまって意義を失った後も
惰性で続けられる、つまり「魂のスターリン」を受け入れてしまった人間たちに
本当の意味の「自由」は受け入れがたいと

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:43:25
確かに、二親揃って子供がたくさんいて一家団欒、とか
そういうのないなあ。ハイタカのうちは早くに片親になってたようだし
カラスノエンドウのうちも若いのにもう両親いないし
テナーのうちも子供は独立してどっか行っちゃったあとだったし。

ふむ?

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:43:55
>>435
宗教でいう『戒律』みたいなもんだろう
おそらく

440 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:44:34
>>436
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1142818206/503

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:45:39
人物紹介図

テオ=孝行息子に見せかけ、母親の作品を金のために売る会社の社長。したがって、二度の映像化を推進した張本人。
    日本に来たこともありジブリの内情には通じているはずだが、双方のコミュニケーションギャップ?をなぜか放置。別に子供の頃母の愛情が薄かったということはない。

鈴木=ジブリ設立の立役者。ゴローを抜擢した張本人。
    テオとともに誤解をうまく利用して映画化を推進。

ゴロー=パヤオの息子。天然で鈴木の操り人形。父の愛情が足りていない

清水=ジブリとル・グィンの橋渡しをした上、監修を断る無責任人間。

パヤオ=世界的天才監督。この映画化には一貫して反対したが、
      鈴木に操られ原作者に誤解を招かせる行動をとらされる

ル・グィン=アメリカの文豪。ジブリファンながら希望的観測で宮崎のメッセージを読みそこね。
       安直に映画化にOKを出してしまう。

エリノア=お行儀のいい犬。

マックインティアー=ル・グィンの気を変えさせた張本人。トトロ好き

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:46:50
>>441
マックインテアってああた、マッキンタイアと言ってくれ。

マッキンタイアとル・グウィンが並んでトトロ見てる図って凄いなあ。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:48:21
人物紹介図

テオ=孝行息子に見せかけ、母親の作品を金のために売る会社の社長。したがって、二度の映像化を推進した張本人。
    日本に来たこともありジブリの内情には通じているはずだが、双方のコミュニケーションギャップ?をなぜか放置。別に子供の頃母の愛情が薄かったということはない。

鈴木=ジブリ設立の立役者。ゴローを抜擢した張本人。
    テオとともに誤解をうまく利用して映画化を推進。土下座か逆立ちをした模様。

ゴロー=パヤオの息子。天然で鈴木の操り人形。父の愛情が足りていない

清水=ジブリとル・グィンの橋渡しをした上、監修を断る無責任人間。

パヤオ=世界的天才監督。この映画化には一貫して反対したが、
      鈴木に操られ原作者に誤解を招かせる行動をとらされる

ル・グィン=アメリカの文豪。ジブリファンながら希望的観測で宮崎のメッセージを読みそこね。
       安直に映画化にOKを出してしまう。

エリノア=お行儀のいい犬。逆立はできない。

マッキンタイア=ル・グィンの気を変えさせた張本人。トトロ好き

444 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:48:31
トトロの破壊力はもの凄く、旧ユーゴの難民経験のある子供たちをあっという間に癒してしまったという。



445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:48:34
身も蓋もない話だけど、両親とか兄弟の設定をいちいち考えてるときりがないから
作劇上の都合であえて端折ってる、という裏事情もあるような気がする。
特に兄弟関係は、「長男がこういう性格なら次男は・・・」とか、凝り出すと果てしない。

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:48:39
>>441
坊や、いい加減もうおかえり

447 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:49:31
>>445
まさにRRRRマーヴィンの逆だな

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:50:07
ハンノキとユリも子供は居なかったなあ。
確かにそういう幸せ家族的な描写少ない。
アレン一家、ダイヤモンド一家くらいかなあ。
ちょっと家庭がイキイキしてそうなのは。

>>441>>443
色々アレだけどとりあえず紹介「図」じゃない

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:50:44
ああ、そうだ
ヴォンダがジブリにシナリオを持って来ればいい

いや、罰ゲームってわけじゃありませんのことよ

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:51:22
有名人なのか?マッキンタイア

451 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:51:29
「オールウェイズ〜〜」もそうだった。大家族の描写もあるにはあるが
よその家であんまり詳しくない。


452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:52:09
アーシュラ女史は、ジブリファンじゃないだろwwwww
駿作品が好きなだけ。

453 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 01:54:10
渡る世間は鬼ばかりみたいな家族ゲームを描くのが苦手なんだろうな女史

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:54:38
せっかく“空白の期間”を妄想して盛り上がってんのに水を差すんだもんなあ

あ、それが狙い?
ちいせぇー嫌がらせだなオイwwww
業者を必死ぶりカワイソスww

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:55:06
関係人物紹介

テオ=孝行息子に見せかけ、母親の作品を金のために売る会社の社長。したがって、二度の映像化を推進した張本人。
    日本に来たこともありジブリの内情には通じているはずだが、双方のコミュニケーションギャップ?をなぜか放置。別に子供の頃母の愛情が薄かったということはない。

鈴木=ジブリ設立の立役者。ゴローを抜擢した張本人。
    テオとともに誤解をうまく利用して映画化を推進。土下座か逆立ちをした模様。

ゴロー=パヤオの息子。天然で鈴木の操り人形。父の愛情が足りていない

清水=原作の訳者。ジブリとル・グィンの橋渡しをした上、監修を断る無責任人間。

パヤオ=世界的天才監督。この映画化には一貫して反対したが、
      鈴木に操られ原作者に誤解を招かせる行動をとらされる

ル・グィン=アメリカの文豪。パヤオファンながら希望的観測で宮崎のメッセージを読みそこねたのか
       安直に映画化にOKを出してしまった上、パヤオに誤解を招かせかねない行動をとる。

エリノア=お行儀のいい犬。逆立はできない。

マッキンタイア=ル・グィンの気を変えさせた張本人。トトロ好き。実はSF作家

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:55:29
>>450
「夢の蛇」でヒューゴー、ネビュラの両賞受賞したのが有名だとおもう
二人でトトロを見てる図が想像できんw

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:56:52
ティプトリーも一緒に観てたらしいね。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:57:44
濃すぎる空間だw
化学反応起こして、なんか変な気体が発生してそう

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:58:50
イメージ的には魔女の釜の底のようだな。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:59:09
>>457
サルマン・ラシュディも一緒だったんだよな。


てか、ラシュディのデビュー作を絶賛してるんだよな>ル・グィン

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:59:11
もう>>455関係はスルーでいい?飽きたウザス。

>>453
ル=グウィンと渡鬼www噴いたwwww
想像もつかんね!

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 01:59:38
でも、ちょっとした映画館借り切って
親しい人集めてプレミア上映会なんていいよなあ。
コアな面子も居たかもしれない

途中でトトロの上映会に変更すれば良かったんだ。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:00:50
>>457-460

マジで?

てかラシュディって誰?


464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:01:06
ちょ、もの凄いメンツでトトロ鑑賞したことになってゆくw

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:01:13
>親しい人
>コアな面子

それ考えると、今後のゴロー・ジブリにとっては、
最悪のアメリカお披露目だね…

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:01:53
ラシュデイといえば・・・まだ無事に生きてるんだね。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:02:09
タニス・リーとニール・ゲイマンとクライヴ・バーカーもいたんだってな。


素人監督でもバーカーみたいなできる奴はいるんだよな…。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:02:46
日本の翻訳者は殺されたけどな。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:02:56
スゴイ面子だ!w

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:03:08
>>467
トールキンもいたけど、気に入らなかったらしいね。

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:03:37
吾朗たちが気付かなかっただけで
あるいはマッキンタイアのような人も居たのかもしれないな。試写。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:03:46
>>457
本当か(((( ;゚Д゚)))
上級魔女集会

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:03:49
>>466
五十嵐助教授もと書こうとして不謹慎だからやめた。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:04:01
>>467
呼ばれてないスティーブン・キングが可哀想

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:04:37
>>472
C.L.ムーアとメアリー・ノートンもいたってさ。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:04:47
濃いよー

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:06:08
わざわざスリランカから駆けつけたクラークはどうなる。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:06:19
>>475
マキャフリイとムアコックもいたらすぃぞw

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:06:33
その集まりでみんなに飲み物をついでまわってたのが、J・K・ローリングなんだけどね。

480 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:07:04
マッキンタイヤさん「ねぇーねぇーねぇー!たいへんたいへん!」
ル=グインさん「なになに??」
マッキンタイヤさん「これがね、すっごいカワイイのよ!もう観て観て!
             あ、ティプちゃん、おひさ!いっしょ観ましょうよ!」
ティプトリーさん「あたしは後づけかい」
ル=グインさん「??ビデオ?しかもアニメ??ウェー、あたしディズニーが嫌いなの知ってるでしょ」
マッキンタイヤさん「これはそんなヤワなもんじゃありません!エッヘン!」胸を張る
ティプトリーさん「理由のほどはよくわからないけど、凄い自信ね」
ル=グインさん「…まあいいわ、あなたが言うんだから。」
                  ・
                  ・
            それから約二時間後
ル=グインさん「…」
ティプトリーさん「…ま、まーまーね。」
マッキンタイヤさん「どうよ!」
ル=グインさん「えーっとね。普通に凄いわ。日本人って。でもちょっと気になったんだけどパッケージ貸して」
マッキンタイヤさん「なんざんしょ!!?」
ル=グインさん「…あ、やっば。この監督知ってるわ。
          あたしに『アニメ作らせてくれ』って言ってきた人よ。きっと」
マッキンタイヤさん「ほー!!」
ティプトリーさん「…まあアーシュラのことだから断ったんでしょうね」
ル=グインさん「…はい」
マッキンタイヤさん「もったいねー!!」
ティプトリーさん「今からでも遅くはないから話してごらんなさいよ、
           彼以外きっと無理よ。あんたの作品の映画化なんて」
ル=グインさん「そこまで言うか」

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:07:13
ラッカーとベアとブリンとベンフォードとホーガンもいたのか?

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:07:23
猫見たさにPKディックが座席の後を漂っていた。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:07:29
名前が挙がっている人々のうち、誰が生者で誰が死者だかわからなくなってきた
さすが「さいはての島へ」の映画化だけのことはあるw

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:07:52
>>470
ルイスは喜んでたらしいよ。

ダンセイニとラブクラフトとステープルドンも

ウェルズとベルヌは若い奴の完成はわからんだってさ。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:08:02
い、一応、野暮だけど注釈入れとく

ジャムの名前の人は87年没
土々呂は88年作

いやもちろん、ジャングルの国のアリスで、Cで始まる国家機関に勤め
博士論文執筆のプレッシャーから傑作SFを書いちゃい
最後の最後まで数奇な人生を送った人だから
その後も凄いかもしれないんだけど

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:09:12
>>481
3Bはアシモフとは離れて座ってたって。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:09:24
>>480
笑た


そして後に泣けてきた orz

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:09:43
一方ウォルポールは「銀の仮面」の映画化を夢想していた。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:10:09
>>483
誰がうまいこと言えとw

今夜、Gobが黄泉の扉をこじ開けたwwww

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:12:01
>>486
>アシモフと離れて座ってた

バロスwwwwwwwww

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:12:02
しかし、そんな面子が本当に来ててもゴローは堂々としてるんだろうな。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:12:26
>>486
A+3B で、ゲドを見た後、「いかに原作付きの作品を手がけるか」
という話をしたらすごかったろうなw

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:12:51
>>491 誰が誰だかわからないからねw

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:13:29
恐いもの知らずの子供は火の中にさえ手を突っ込むのだ

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:14:01
>>492
They're not my books.
They're your books.
They're good books.

496 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:14:56
火中の栗

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:15:24
>>491
フランク・ハーバートはゴローを見て悲しげだけど温かい目で微笑んだって。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:15:45
>>495
綺麗にオチがついたな。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:15:51
>>495
wwwwwwwwwwwwwwww

500 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:16:32
SF界の人間碾臼機、エリスンが居ない。
やはり地球を動かすのに忙しいんだろうか?

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:18:45
バラードは映画を見たあと「内宇宙への道」宣言を撤回したらしいね。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:19:26
>>495
ヤボだが
my でなく our books の方がよいのでは

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:20:06
エリスンは犬バスが出ないことに怒って
飲み物に毒を入れたり散弾銃を乱射したりするのに忙しかったんだよ。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:20:45
theyなのもthoseとかでなかったっけと中学英語を思い出してみる

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:20:51
>>502
アシモフは一人だろ。
そこはmyでOK。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:21:46
>>503
そこはエリノアになだめてもらわねば

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:23:00
>>504
itの複数形はthey
thatの複数形がthose

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:25:00
素晴らしい
粘着撃退に、数多のSF-FTの生霊と英霊が集ったwwww

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:26:22
>>508
すばらしい!
素晴らしいけど・・・

大丈夫なのかこの瘴気でも発生しかねない濃さは?ww

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:26:24
レムは辛辣だったらしいね。

スピンラッドとヒトラーも来てたよ。

511 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:27:06
>>510
>スピンラッドとヒトラー

同一人物です

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:27:51
ラファテイは酔っぱらって、エリノアにたしなめられてたって
ベスターは、もっとひっぱるトトロトトロと歌っていたよ

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:29:17
原作読者層の恐ろしさを知った・・・
俺せいぜい、アシモフ・ルイス・トールキンくらいしか知らね
修行するわ・・・

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:30:46
よくわからんが、ゲド映画上映会にはそのトトロ上映会の面子が集まったのか?

ル・グィン以外は楽しそうだったとあったよな。
偉い人たちに好評ってのはわかる奴にはわかるってことだよな?

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:31:55
日本通のスターリングとデイビッドスンは今頃トトロかよって感じだったそうな。

ギブスンは喜んでたって。

516 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:32:10
じゃなくて、子供会の上映会だったようだが
でも「字幕」。

…読む行為は漫画ですら惜しむメリケン人が字幕の映画観てる絵なんて想像つかん

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:32:51
>>514
この面子の前で逆立ちする鈴木Pワロス

と釣られないよう頑張る。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:32:56
>>514
まだいたのかおまい

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:33:47
>>516
子供含む親しい人間が集まったんだろ?

>>517
権威なんて気にしない人ですから。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:34:07
ウィルヘルム夫妻は猫好きだよな。

521 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:34:29
>>515
スターリングの娘さんは大の日本アニメファン。

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:35:02
>>521
まじでスターリング親子来てたりな。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:35:12
>>514 一人ズレてるなと思ったらおまいかw

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:35:33
>>519
過去だけじゃなくて未来からも来てたんだな。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:36:10
>>513
心配するな、『ゲド戦記』シリーズを楽しむ分には問題ないよ。
ネタだから気楽にしてくれww

ただ読んでおくと楽しいべや。
彼らが有名な理由がわかる。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:36:35
>>514
あの面子の中でも、一度でも原作を映像化された人ならば
「これよりはましだった」と楽しい気分になったろうなw
っていうか、トールキンだったら、ルグウィンと比較して自分の幸運に涙したかもしれん

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:37:14
スターリング宛に千葉市長から花輪が送られてたよな。

528 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:37:21
今度はエラゴンも映画化されるようだし、
しばらくはエセファンタジアブームが続くな。

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:39:00
>>526 
自分の幸運を確認するトルーキンか・・ル=グウィン女史カワイソス

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:39:27
ゲド映画未見だが、指輪ってそんなにいい気しないな。

サウロンが指輪パワーでヘンな衝撃は出してる時点で萎えた。
眼とホビット庄はよかったが。

こんな偏狭な俺はゲド映画見に行かない方がいいですか?

531 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:40:29
>>530
ぜひ「時かけ」でも

あ、観に行ったんだが、簡素はあとでな

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:41:13
>>526
アイ、ロボットより酷いのか?

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:41:26
名前半分もわからないのだけどこの流れは楽しかったw
SFもっとたくさん読もう

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:41:40
>>529
そこでヴァーリーにミレニアムの話をして、バランスをとる。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:42:22
>「エリノアもいい子だったし、プロデューサーは逆立ちまでしてみんなを楽しませてくれたんですよ」
>作品の内容や制作体制は批判しても、個人の人格批判に結びつかないように配慮して

こういう説が出てるんだが。
ル・グィンは動物を人間より下劣なものという考えの持ち主ではないと聞く

逆立ちも批判ではないのではないか?

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:42:32
>>513
トールキンが読めるんならマキャフリイあたりは軽いぜ
お試しあれ

いい加減スレ違いかなww

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:44:19
>535
まだいたのかおまい

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:44:30
>>535
単に微笑ましいものを列挙しただけかもな

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:45:15
犬と無邪気に遊ぶ人をみてルグインが否定的なことを言うことはない。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:45:47
犬と鈴木pは無関係

541 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:46:00
少年は犬を愛するものさ

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:47:53
本当にこの面子と一緒にトトロ観られたら俺死んでもいいわwwwwww
楽しかったww

このすげぇ面々と肩を並べるル=グウィンのゲド戦記がKONOZAMA.
落涙を禁じ得ませんよ

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:49:13
ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに

ことばは沈黙にと書き
沈黙のオジオンを大魔法使いと描き
ゲドを寡黙な男に描いた作者が
沈黙をやぶって、あからさまに批判したんだな。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:49:56
空気の読めないビックル


545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:50:08

言葉は沈黙の中に「発せられる」ものだから意味があるんだが?

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:51:41
ゲドはわりと雄弁だと思うけどなあ

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:51:57
>>535 >>538
Elinor the corgi behaved with great propriety, while Mr Toshio Suzuki did headstands on the lawn.
上映後、私たちは私の息子の家で夕食をとりました。鈴木敏夫氏が芝生でさか立ちをしている間、コルギ犬のエリノアはとても行儀よくしていました。

この「直訳」では"while"が「間」と訳されてるけど、2の意味と考えるのが自然。
つまり、コギ犬のエレノアがすばらしく行儀よくしていたが、一方、鈴木氏は(ry
という文章。
ここは「直訳」や「中立的な訳」より「意訳」の方が直訳になってる。

while /(h)wl|wl/→
/(h)wl|wl/
1a …する間,…するうち,…と同時に 《★【用法】 「動作や状態の継続している時間[期間]」を表わす副詞節をつくる; while の節中に進行形が多く用いられる; cf. →when 1a 【用法】》.→
b …する限り.→
2a [文頭に置いて,譲歩の従属節を導いて] …とは言え,…としても.→
b [主節の後方に置き,対照を表わして] ところが一方,しかるに; 同時に.→







ところで、ウォーターシップダウンのリチャード・アダムスとル・グィンはヤックルで盛り上がったんだってね。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:52:01
>>543
嘆き悲しむファンの為に。
己の信念を貫く為に。

老体に鞭打って。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:53:02
>>542
その面子とジブリゲド戦記なら?

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:55:04
>>547
おお?そうなんか。原文読み返してこよ

リチャード:「あの耳の動きたまりませんね」
アーシュラ:「もふもふ具合もね」

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:55:49
>>549
俺だったら、逆に死にたくなるなwww

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:56:00
>>542
それだけの面子を感動させたパヤオはやっぱり天才でFA?

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:57:14
>>549
我慢できるな。

554 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:57:32
>>543
「沈黙」のオジオンといいながらも、
語るときはかなり語るけどな

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:57:47
>>552
トールキンは気に入らなかったってよ?www






ヤベーシンジテルコイツバロスwwwwwww

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:58:01
>>552
空気読めないって言われないか?

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:58:09
スレが伸びてるからなにかあったのかと思ったら、すごくおもしろいことしてるじゃないの。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:58:41
>>552
子供は寝なさいね^^^^;

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 02:58:43
>>551
あれか。
同じ日本人ってことでサイクリングに行ってこの場にいないゴローと間違えられるのかw



560 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 02:58:51
あと、今回の「表明」の中でルーグィン女史の中の「竜」っていうのが
「トンボ」に近いそれだったのには驚いた。羽根畳まないでそのまま下ろすって…。

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:00:56
>>559
で、ニコニコしながらゴローが「皆さん、僕のゲド戦記はいかがでした?」と帰ってくるわけか。
鈴木が逆立ちで入ってきて。

>同じ日本人ってことで
オクテイヴィア・バトラーとかディレイニーとか有色人種作家が、原作改変に憮然とした表情してたりね。
星新一が苦笑してたり。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:01:37
>>560
あっそれ俺も思った

あと、ちょっとだけ「良かった探ししたんかな?」ともオモタヨww

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:03:20
>>547
でも、アダムスはウサギの扱いにちょっと不満だったらしいよ。

>>552
天才だね。
でも、ゴローのを見た感想は悪評だったらしいよ。


564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:04:52
>>536
遅レススマソ...ってかスレ流れ早すぎ!
アン・マキャフリイぐぐってみた
竜騎士の話か、読んでみるわトンクス

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:05:06
観客話は捏造ってことか?

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:05:16
>>552 
ゴローが来ると感想を求められないように皆引いてったみたいだねw
タニス・リーは顔しかめてたw
ルイスもそっぽ向いてたしね。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:06:12
>>565
ちょっと脚色はあるけど本当のことだよ?

なあ、みんな?

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:06:40
>>560
そんなこと書いてあった?
ゴロー版の羽のたたみ方が高貴で気に入った、とは書いてあるけど
自分のイメージで羽をたたまないとは書いてないような気がするんだが。
個人的には、動物だと羽はからだにそうようにたたむから、ああやって立ち上がったかたちで
たたむのが新鮮だったと解釈しているわけだが

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:07:03
>>565
バカ、マジだって
宇宙ヤバイだろ?

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:07:11
>>566
レムはどうどうと批判してゴローを泣かせちゃったってさ。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:07:18
>>401
遅レスだけど
魔法使いの性欲に関しては
4巻に、「魔法使いは自分たちに“くくりの術”をかける」と
コケババが言ってたから、魔法で性欲は抑えられているんだと思う。
その抑制が魔法の力にも繋がるとも書かれていたような。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:08:11
捏造ってオイ




ああ、ものすごい濃い面子が実現したもんだなあ。
ぜひともその場の空気を味わいたかった。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:09:54
>>570
バトラーが人種を変えた理由を聞いたら
「ユパがそうだから、そっちの方がかっこいいってスタッフが言ったんです」と答えて面食らわせたらしいね。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:09:59
>>565
はぁ?
どうしてそうなるんだ?
本当に頭カワイソスなんだな。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:10:23
その上映会に小松左京はいたでしょうか?

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:10:51
クソッもっと読書しとくんだった
この流れ加わりてえw翻弄してえww

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:12:10
>>575
日本人は星新一と小松左京と筒井の三人しかいなかったって。
小松だけ何か思い出したように頭を抱えてたらしいよ。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:12:45
>>571
くくりの魔法って便利(?)だな。
しかしよく読み込んでおられる。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:12:59
ちょwww

>999 :名無シネマ@上映中 :2006/08/16(水) 03:10:36 ID:L6TgpIJC
>ゲド戦記上映会にどんな面子が来たかわかる奴いる?

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:13:07
ムアコックが原作関係なくファンタジー論をぶちかまそうとしたのをエディングスが羽交い絞めにして止めたらしい。
まあエディングスがそこにいたことも謎だが。
どうもマキリップが気を利かせたらしいよ。業界に耐性のある人間も必要だって。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:13:44
>>579 自分もそれ見つけて大笑いしてたw

582 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:14:05
>>568
直後の犬の耳発言からちょっと察しただけなんだが

思うに、アースシー世界の「竜」は

「燕雀安んぞ、鴻鵠の志を知らんや」

の鴻鵠をイメージしてんじゃないかしらね?


583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:14:44
>>577
「何か」wwwwww
日本人3人で、ル=グウィンと痛みを分かち合えるのは小松だけってことかw

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:14:53
ディックがアオイ・テシマの歌にはまっちゃって
ぼろ泣きどころかどろどろになって大変だったという噂は俺も聞いた

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:15:21
>>577
>何か思いだしたように

日本珍没のことか──────!!!!
いい原作だったんだぞ──────!!!!

586 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:16:04
>>583
映像化で自画自賛するほど恵まれてる筒井が呼ばれるわけがない。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:16:24
苦しい なんだこの流れwww

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:16:25
>>579
ピックルバロスwwwww
これはひどいwwwww

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:16:29
アラン・ムーアはル・グィンにクレジットはずすように助言したらしいね。

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:17:12
>>579
うはwwwwwwww今日このスレ来てヨカタwwwwwwwww
タノシスwwwwwwwwwww

591 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:18:38
…なんだなんだ?よその板でここが晒されてるのか?

逆襲しちゃおうかな?」

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:20:26
>>589
ちょww

この板住人にはわかりにくいネタ乙

ヒューゴー賞とってるけどな。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:21:22
>>591
映画ゲドの次スレって?
まだ建ってないの?

594 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:21:44
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1155628550/999
【唖然・呆然】宮崎吾朗(ゴロー)のゲド戦記15【原作者激怒】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1155569041/


595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:22:17
小松のじいちゃんは日本沈没初版や復活の日でいい目を見てるけど
ジュピや消失で耐性も出来てるから、今更苦しむことは、、、、

多分慢性記憶障害で、思い出せない古い記憶と感情に頭抱えてんじゃない?

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:23:37
ここはやっぱイーガンやテッド・チャンの感想が知りたいw

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:24:12
ミヒャエル・エンデもこの上映会のお陰で
『ネバエン1』の傷が癒えたとか癒えないとか

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:25:10
エンデにとっては「幸運な」上映会だったな。

599 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:25:46
イーガンの専門は脳科学とか物理学だとかのサイエンス・ライター系で
テッドちゃんも同じ方向だから、まったく別次元のル=グィンさんには遠慮すると思われる

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:26:25
>>597
あとでルグィンに自分みたいにやれってけしかけてたらしいよ。
酒が入ると意外とタチが悪いねあの人

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:26:44
>>597
ギュンター・グラスも「私もナチスに騙されたからル・グィンの気持ちはわかる」って言ってたよ

ティプトリーは「親の人格が破綻してるいうけど、うちの親に比べりゃまし」だって。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:27:01
いや、「V」は未だマシの方じゃないか?
興行的には成功しているレベルだし、映像も一応美しい。世界観はアレだが。



補足:「V」はビジターではありません。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:27:05
上映会を欠席したハインラインから
時節柄、ル=グインと対立することが多いのに
自分のハリウッド経験をユーモラスにだしにして彼女を慰める手紙が届いたとか
紳士だ

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:27:10
>>579
このスレと映画スレに >>441,443,445 を貼ったやつなんだなw

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:27:36
すげーなトトロ上映会
ザ・レジェンド・オブ・トトロショウww

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:29:07
>>602
ムーア、周りから責められたらしいね。
コンスタンティンにせよ、Vにせよ、お前まだ恵まれてるぞって。

607 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:29:37
ときどきでいいからコードウェナー・スミスのことも思い出してあげてださい

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:31:50
>>571
おー、そうだったのか、謎が一つ解けた
しかし、くくりの術と言えば言葉はいいが、インポの呪いかw

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:31:50
>>596
鈴木Pはテッド・チャンに「バビロンの塔」をジブリでアニメ化しないかって勧誘し立って自慢話してたよ。
鈴木Pによるとゲドの映像美を絶賛して前向きに検討してくれてるらしい。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:32:37
部屋の片隅に神林長平が居たとか居なかったとか・・・

611 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:33:37
映像化で優遇されている神林長平が招待される以下略

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:33:42
>>497
ハーバートの微妙な態度の理由は
リンチのせい?
それともゴローがブライアンに重なって見えたから?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:34:33
>>610
このメンツの中じゃまだまだ茶坊主じゃのう
(俺は好きだぜw)

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:34:43
>>610
メイヴちゃんを見せれば、ルグウィンも自分の不運にさらに下があることを知ったかもなw

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:34:55
>>612
後者なんじゃないかな。
リンチ相手なら暖かくはないんじゃないか?

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:34:57
キングとバーカーが後ろの方の暗がりでニヤニヤしてたって。

617 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:35:50
>>614
本人(神林長平)は大喜びだったようですが…、

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:36:18
スレの伸びが速すぎてついてけないよ

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:37:11
オールディスが「千兆年の宴」の「いかにして恐竜になるか2」にパヤオとゴローのこと(ry「

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:37:23
>>617
「雪風」本体は?

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:38:31
>>618
ゲドのみのファンならスマソな
ピックルたんならお休みwwwww

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:39:01
>>619
オールディスは隣に座ってたスピルバーグに言い過ぎたって謝罪してたよ。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:41:48
>>603
さすがハインライン
痺れる憧れる

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:42:20
>>609
レナルズは見る前は、自作のジャパニメ化を売り込めないか考えてたらしいけど
見終わったあとはそそくさと距離を置いたって。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:42:31
クライトンにも招待状きた行ったけど参加メンバーの名前見て
「くだらねえ会だな、貧乏人には付き合ってらんねーぜ」って
ゴミ箱に捨てたって噂が。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:42:47
あの行儀のいいエレノアが突然HPLに噛み付いてちょっと困ったふいんきになったって言うじゃないw。
さすがに御大も紳士だから例の有名な仕込杖を振り回したりはしなかったそうだけど、何だか噛まれた手を妙に
隠す素振りだったんで、周りの人は何となく落ち着かなかったって。

627 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:44:20
とりあえず、もちつけ。
知ってる作家の名前挙げるスレじゃないんだぞ。
世代も時制もぜんぶバラバラじゃないか。

きょうびSF大会でもそれだけの作家は集まらんぞ。

それはともかく、スティーヴンスンは動くシロみて
パイプオルガン式普遍チューリング計算機を発明したそうだぞ

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:44:24
ルイスはル・グィンにディズニーを紹介しようとしてたよ。
ル・グィンさんも困ってたなw

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:45:27
いつの間にやらトトロ上映会がジブリゲド上映会になっとるが
まあいいかwww

>>625
恵まれ杉クライトン来んな!w

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:46:05
>>628
まあ騙されたと思って、ってか
しょうがないな自分はマシだったと思ってからに。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:47:13
>>629
なんかさらにハウルまで上映されてるくさいぞ(>>627

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:48:07
>>629
トトロ上映会は伝説だったからねぇ。
招待されてない人まで飛び入り参加してたし。

来なかったクライトンも悔しがってジブリゲド上映会には来たってさw

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:49:20
会場外でイーガンと踊るぜ

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:50:42
>>630
グリム兄弟は原作改変しすぎと言って「オマエモナー」と小声で突っ込まれたらしいよ。

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:51:49
ジュール・ヴェルヌはどの映画から話し始めるか最後まで考え込んでいたそうな

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:52:39
>>635
ガイナックスでナディア観てたってもっぱらの噂

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:53:25
http://www.geocities.jp/makidontstop2/hayao.htm

http://www.geocities.jp/makidontstop2/gedousenki.htm

今の流れとは関係ないけど、この人のパロ漫画面白いよな〜
なんかゲド戦記見に行きたくなるよ。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:54:24
流れを大切にしない奴なんか大嫌いだ!

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:54:37
>>636
あのずーっと居眠りしてた爺さんかー!
くそっ、サインもらっとくんだった。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:54:44
>>637
空気嫁

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:54:57
>>634
アンデルセンはル・グィンに雪の女王の例を挙げて以下の文の気持ちがよくわかると言ったそうだ。

>わたしの本を原作と称し、文脈をあちこちつまみ食いし、
>物語をまったく別の、統一性も一貫性もないプロットに置き換えました。
>これは本に対する冒涜というだけでなく、読者をも冒涜していると言えるのではないでしょうか。


642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:55:51
レムが、日本映画なのに何故赤坂の高速道路を出さないのかって言ってた。
わけわかんね。

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:56:13
>>635-636>>639

テラワロスwwwwwwwww

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:58:49
沙翁は文太の演技を褒めてたよ。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 03:59:09
>>634
でもあいつらギリアムには寛容だったじゃんwww

646 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 03:59:20
>>637
そんなのはどーでもいいがカンガさん萌え

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:00:17
>>645
アーサー王はギリアムをエクスカリバーで突いてたぞ。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:01:50
>>632
ドイルが飛び入り参加して驚かれたらしいね。
探偵小説ばっか有名で恐竜好きなのは知られてないから。


ゴローの竜の解剖学的話をしてマキャフリィと盛り上がったらしいよ。

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:02:48
コナン・ドイルなんて、ロストワールドの映画版やホームズのドラマ版なんか迄は
未だ我慢して見てたけど、犬が2足歩行して人間の言葉使い出した辺りからは
近くの奴にバリツ使って八つ当たりしてたぞ。


650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:03:06
>>647
切ストなんて十字架投げてた。

651 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 04:04:30
さあ、そろそろ早くもネタ切れになった厨がなんでもよくなってきました。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:04:50
>>649
トトロの監督を知ったら途中で帰っちゃったんだよなw

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:05:28
>>650
ミュンヒハウゼン男爵なんてホラ吹いてたぞ

>>651
えっ

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:05:43
ガチャ…

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:06:34
>>652
ゴローゲドで唯一溜飲を下げたのが彼だったらしいね。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:07:46
おお、原作ファンのユーモアに栄光あれwww
こんだけ愛されりゃル=グウィンも頑張って
アースシーの小品やらギフトの続きやら書いてくれるよ
そう祈る

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:08:33
ピックル999のユーモアにはかなわないけどな

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:08:40
>>654
扉が・・・

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:08:56
最後はシェークスピアが出てきて閉めたらしいね
「真夏の夜の(ry

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:09:33
>>650
だれだっけ、ローズインタイドランドの原作者、
ギリアム捕まえて、自分の原作を映画化して貰ってどんなに幸せかを
滔々とまくし立ててる最中に、エリノアに襲いかかられて骨だけになってたって。
まあ、噂だけどな。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:10:11
スタジオジブリ最新作 「ゲド戦記」宮崎吾朗監督 スペシャルインタビュー(ノーカット完全版)
http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/interview/gedo/

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:10:37
そろそろ上映終了?

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:11:24
こんな面子に囲まれたんじゃ
さしものゴローもそれくらい思う…わきゃないか


664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:11:29
>>651
調子に乗りすぎたスマソwパイソン厨のスレ汚し失敬
腐ってもSFスレ住人ですよ、ピックルと一緒くたは勘弁

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:12:29
>>662
うん、そろそろゲドが瀕死になる頃だ

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:12:33
>>663
やらなきゃよかった?

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:13:57
それではカレシン殿にピックル999を焼いて貰っておひらきに

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:14:01
さて、どれだけの英霊wがこの上映会に参加したのやら

お疲れさんでした

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:14:20
>>662
>>658-659で落ちちゃったからな。

死の国の扉が…


ピックルがあまりに暴れたら石垣が壊れることもあるかも。

とこれでピックルの元ネタってヤックルのこと?

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:15:28
上映会が終わったあと、夜の街に解き放たれた作家連中が破壊の限りを尽くして
州軍が出動する騒ぎになったんだが、その一件はエリア51送りになったらしいな。

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:16:28
いわゆる工作業を生業とする企業の名がビットクルーと言うらしいよ。
略してヤックル。じゃなくてビックル。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:17:03
そっか。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:17:08
>>669
おいおいw
ピットクルー(実際に存在する、情報操作専門業者)ですよ
てか書いたらまた呼びそうでイヤン

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:19:27
>>603
> 上映会を欠席したハインラインから
> 時節柄、ル=グインと対立することが多いのに
> 自分のハリウッド経験をユーモラスにだしにして彼女を慰める手紙が届いたとか
> 紳士だ
さすがはハインライン。最近の新保守とは違って懐が深い。

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:22:31
スピルバーグとか書いてる時点でだいぶ胡散臭いけどな

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:23:27
別に胡散臭くないぞ。

石垣のこっち側に帰ったけど。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:24:10
>>671
bitじゃなくてpitな。
ピットクルー。

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:26:00
>>482 >>584
ル・グィンスレ読んではじめて知ったが同級生だったのかw

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:32:38
        ???

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:38:17
パヤオの一連の謎行動に整合性を見つけてみる。

パヤオはゲド戦記を絶対やりたくなかった。もちろん吾朗にやらせるなんてもってのほか。
鈴木Pはパヤオにゲド戦記をやらせたかった。過去のドタバタの経験上、
他のやつが作ってればパヤオがしゃしゃり出てきて奪って作ってくれると期待した。
それで吾朗に。

原作者宅に同行したパヤオの目的は「原作者にOKを出させないようにする」ため。
それで、自分はやれないと言ったり、吾朗の絵をけなしたり、吾朗にはできるわけが
ないと言って原作者を困惑させた。
ゲド戦記をやるなら自分しかない。だから他のやつにもやらせたくない。
しかし今の自分はやりたくない。

一方鈴木Pはなんとしてもこの話をまとめたかった。パヤオの目的とは正反対に、
パヤオを連れて行くことによって原作者の信用を得ようとした。

こうだとしたら、パヤオの気持ちもわからないではない。
自分が直々に原作者に断らせ鈴木Pを納得させ、この企画が無しになっていれば、
パヤオもゲド戦記の制作期間を使って自分の作品が作れたわけだし。
それが関係者全員にとって一番良かった。


宮崎駿はこの企画を壊す明確な意志を持ってアメリカにまで行ったのだ。

しかし「いい人」の「原作者の息子」の勘違いおせっかいによってそのもくろみは
崩れ去った。


681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:38:43
>>678
知らんかったー。誘導ありがd。
もしほんとに同じクラスだったら、ディックはル=グィン委員長の頭痛の種だったんだろうなw。

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:39:25
21 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/08/16(水) 04:38:26 ID:hVt1dmyM
原作者コメントはテオが書いたんだろ

1.映画を見終えたルばあさんは、テオをたしなめる
  「あなた、すこし気をつかってくれてもよかったじゃないの?」
2.テオは母親の小言をかわすため、母親の名を騙り自ら原作者コメントを書き丸投げする
3.ルばあさんも、パヤオじいさんも、それぞれ息子のすることに「やめろ」とは言えなかった

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:46:00
ピックルの生き様を見たwまさに修羅ww
ガンガレ、俺は寝るが

今宵の宴は素晴らしかった
皆さん乙鰈

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 04:52:25
楽しかったなw

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 05:09:56
>原作者の方のサイトで載せられていたコメントも読みました。
>辞書片手なのでうまく訳しきれていない面もあると思いますが、非常に暖かいコメントだったと思います。
>確かにご自身の原作とは話の内容や登場人物の造詣が大幅に変更されている点や
>映画の冒頭のアレンの行動の動機の不明瞭さなど批評されているところはありました。
>しかし、アレンの馬やテナーの小屋での静謐な光景など、彼女の造形したアースシーの世界の一端が垣間見えたとありました。
>菅原文太さんのゲドの声やテルーの歌も気に入ってらっしゃるようで、
>アメリカで後悔されるときは英語の吹き替えではなく、字幕で見たいとありました。
>これはこれで気に入っていらっしゃると感じました。

こういう解釈もあるわな。
批判ばかりではない。


686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 05:18:21
ピックル乙。
上映会の面子の疑問は解けた?

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 05:20:02
公式BBSか?
無理ありすぎw
どう考えても工作員です、ありがとうございました

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 05:30:26
ピックルじゃないんだけどな。
マジで。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 05:31:12
http://www.ghibli.jp/20special/000457.html
日本に帰ってきてから、宮さんは「あんなこと、言わなきゃよかった。」なんて言いだしました。
 それはスクリプトのことなんです。こちらとしてもシナリオを宮崎駿に読ませる約束をしていたし、
彼も原作者の前で責任を持つと言った。でも、息子が作る作品といっても、他の監督が作る映画
に変わりはないでしょう。自分だったらこうするという思いは絶対に出てくる。作家というのは大なり
小なり、他人が作るものには納得できない人が多いんです。
 そのことでは悩んでいましたね。結局、シナリオのチェックはしなかったんです。


690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 05:59:56
>>689
読むことには読んだんだからOKだろ。
原作者には駄目だったらやめる、責任持つとしか言ってないんだから

細かい修正をする約束はしてない

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:05:13
ハイハイピックル乙

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:07:04
パヤオはその上映会に行ってもル・グィンより存在感溢れてるらしいですよ?

原作信者さんたちwwwwwww

109 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/08/16(水) 06:05:25 ID:tU1mp0a5
もしパヤオが監督やってそのパーティーに出席していたら、
すごく盛り上がるパーティーになっていただろうな。
たぶんパヤオは存在感ありまくりで場の中心になっていたはず。
吾朗は軽く見られてほとんど無視されていたのだろう。
かわいそうに。


693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:08:45


何言ってんのこの人・・・
ホントに燃料選びが見境なくなってきたな

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:16:02
スレ幾つ幾らの給料制なんだろ

ほっといてもいいんちゃう?

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:18:04
>>693
上映会の出席者を教えてもらえなかったことが
ショックで、脳が壊れちゃったんですよ><

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:24:21
>>690
そういうのを一般的に詐欺と言うわけだが

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:25:23
詭弁のガイドライン
1.事実に対して仮定を持ち出す
「パヤオがル・グィンの提案を受け入れたいたらどうなっただろうか?」
2.ごくまれな反例をとりあげる
「パヤオファンでもパヤオの奇行を知らない奴がいる」
3.自分に有利な将来像を予想する
「ジブリオワタ」
4.主観で決め付ける
「ル・グィンは全否定してるに違いない」
5.資料を示さず持論が支持されていると思わせる
「世界では、パヤオよりル・グィンのほうが偉いという見方が一般的だ」
6.一見、関係がありそうで関係のない話を始める
「ドラマ版は人種差別」
7.陰謀であると力説する
「鈴木が全てを画策した陰謀だ」
8.知能障害を起こす
「上映会にはグリム兄弟まで来てたんだぞ、バーカバーカ」
9.自分の見解を述べずに人格批判をする
「ジブリ信者気もい」
10.ありえない解決策を図る
「パヤオがちゃんと反対しとけばよかったんだよ」
11.レッテル貼りをする
「ピックル」
12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す
「「チェックの実演」と勘違いさせたパヤオが悪い」
13.勝利宣言をする
「パヤオはチェックすると約束したけどしなかったと鈴木が言った。おしまい」
14.細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
「コーギーといっても尻尾のあるのからないのまである。もっと勉強しろよ」
15.新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
「原作者のご託宣を認めない限り生物学に進歩はない」

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:27:24
>>690
微妙なところだな。
責任はルグィン1割パヤオ1割ゴロー2割鈴木3割テオ3割ってところか?

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:28:13
>>698
テオはエージェントならパヤオを監視する責任があったということだな。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:30:51
>>699
そりゃそう。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:31:05
>>697
こんなのを面白いと思うなんてかわいそう・・・

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:34:10
ちょwwwwピックルたんカワユスwwwwwww

141 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/08/16(水) 06:32:29 ID:L6TgpIJC
>>137
確認しとくがスピルバーグが来たってのも妄想だよな?

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:34:48
>>132
・・・・・・・次改作は鳥図明児でもよいぞ・・・・・・作品殆ど絶版だし・・・。

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:38:39
>>702
マジでキチガイ死ね

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:39:20
スピルバーグもキューブリックも居たよね。
ティムバートンは遅れて来た。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:40:08
>>705
横レスだけどそれは本当?

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:41:07
>>704
m9(^Д^)プギャー!!

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:44:19
>>706
グリム兄弟とかネタの部分だけに反応して全部嘘だと思い込んじゃってるんだな>ピックル


709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:45:44
ありえないのはグリム兄弟だけかよw
どうしようもないなホント

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:45:48
>>702
スピルバーグまでネタ扱いかよwwww

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:47:32
原作者が当惑し
原作読者が激怒し
ジブリファンが絶句しても、
大ヒット。製作者側はホクホク。これが現実。

映画はビジネス。儲けたモノの勝ち。
そして「そうか、有名原作で有名タレント使えば、アニメはOK」とか信じ込んだ奴らがどんどん……

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:47:53
マジレスすると、グリム兄弟云々あたりはギリアム関連のモンティパイソンネタ

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:47:53
なんつーか、一個がネタ=全部ネタだと思っちゃうあたり、
よっぽどの世間知らずなんだなw
本当に馬鹿…いえいえ、可愛い子ですねwww

153 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2006/08/16(水) 06:42:54 ID:L6TgpIJC
>>151
祭りじゃなくて病院大会だろ?
少なくともグリム兄弟はありえん。



【こわされた】ゲド戦記 第5巻【アースシーの夢】
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1155555937/

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:49:48
アンデルセンとかシェイクスピアとかありえんだろ
歴史上の人物じゃん

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:50:34
いやいや
生死両界の扉をもってすれば・・・

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 06:52:27
>>714
ネタ(の部分)をネタと見抜けない人に2ch利用は難しい。

その背後には”真実”も大量に混じってますよ?

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 07:21:08
まぁ、死者を呼び出しても何の役にも立たんがな

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 07:37:55
>>122-123

喜べ、お前もピックル認定されたぞw

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 07:54:45
999 名無シネマ@上映中 sage 2006/08/16(水) 03:10:36 ID:L6TgpIJC
ゲド戦記上映会にどんな面子が来たかわかる奴いる?

ビックルって世間知らずだねえw

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 08:05:48
ル・グイン、マッキンタイアと来て、ティプトリーが出てるのに。
その時点で気づけよな……

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 08:07:51
>>720
無理無理。
ここがSF板だということすら気付いてないみたいだから。

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 08:25:24
ピックルは日本の象徴ニダ

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 08:41:42
なあ、ジョブズとP・ジャクソンが後ろのほうに座ってて
パーティーでル=グインと3人でなにか話してたとかはデマだよな?
PJには作家連中がサインねだってたけど、それを見た鈴木Pが逆立ちしはじめたとか。
ゴローがずーっと庭のすみにいたのはPJがいたからだとか聞いたよ。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 08:48:43
結局スピルバーグは来たのか?

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 08:56:33
>>547
遅レスすいません……(コーギーと逆立ちの部分の訳について)

While Elinor the corgi behaved... となっていれば明らかに
「コーギーはおとなしくしてるのに、人間は逆立ちなんかして」という意味ですが、
ル・グインの文章は while があとに来ています。
この場合はほぼ while = and という感じになります。
「コーギーはおとなしく、人間は逆立ちをした」という、事実を列挙する表現です。

ル・グインの文章は非常に神経を使って書かれていて、個人攻撃になるような表現は
ほとんど使われていません。ここも同様で、単に事実を述べているだけという書き方
ですから、「意訳」の訳文は行き過ぎだと思います。

この部分を「みんなで楽しんだ」と取るか「逆立ちなんて無礼」と取るかは、読み手次第でしょう。


726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:19:04
くくりの魔法って自分でかけるのかな?
それともローグに行ったときに長の誰かにかけられるのかな?

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:30:03
>>725
個人的な感想だけど、文章全体の構成から見ると、いいことと悪いことの
両方の側面を見ようとしているように感じられるし、逆立ちしたから無礼なんて
バカみたいな批判方法をとる人ではないと信じたいので、この一文は褒めてるんだと思う。
「一緒にいると楽しいが、ビジネスの相手としては信用ならない」という感想の方が
「ビジネスもダメだし、人間的にも無礼千万」よりもUKLらしくないか?

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:40:00
駿は天才だがル=グィンは違うらしい。
スリーナインによるとw

729 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 09:42:25
>>726
比喩だよ。実際の魔法じゃない

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:45:26
「彼は天才だと思う」とウィン・ジョーンズは言う。
「多くの日本人のように、彼は背が低いけど、その部屋にいた誰よりも二倍大きく見えました。
大きなケーキを囲んで座って、私たちはとても素晴らしい会話をしました。
かわいそうに通訳はケーキを一口も食べられなかったの。
自分と同じように考える人に会えるのは、とても稀なことです」

ハウル程度の出来でもダイアナさんとはわかりあえたんだが・・・

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:47:03
>>724
来てたよwwww一緒にジブリゲド見たらしいよwwwwww

な、みんなw

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:48:18
>>731
あれ? スピルバーグはトトロの上映会でしょ?
ゲドの方にも来てたの? 混乱して来ちゃった。

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 09:49:58
>>731
あまり釣るのもよくない。

>>730
DWJが羨ましく思えるな。
何という落差・・・

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:07:29
>>703
みてぇ!!
光を見た男とか水蓮運河でもなんでもいいや。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:09:20
>>725
>ル・グインの文章は while があとに来ています。
>この場合はほぼ while = and という感じになります。

そうでない例なんて辞書になんぼでもみつかるが

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:23:22
>>735
この文脈では、ということです。辞書にあるのはあくまでも「例文」なので。
この文脈というか、この一文については文脈が「ない」ので、基本的な解釈をするしかないわけです。
>>547 にある辞書の定義どおりの読み方です。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:33:01
>アニメの人物はほとんどが、欧米人の目には、白人に見えます。

白人崇拝のジブリと日本人視ね

738 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 10:33:44
…なんだか銀英スレ並にSF板からなくなって欲しいスレになってきてるわけだが

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:35:40
>>738
しゃーない。所詮隔離すれ。
映画騒ぎが終われば、またルグィンスレに格納でいいんでないの?

原作を密に語りたければ児童書行くし。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:36:24
まあガチャよりは面白いスレだ。
銀英伝はガチャより詰まらんが。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:39:10
SF板にこんなに人がいたのにびっくり。

742 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 10:40:25
違う

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:43:23
>>730

最近は自粛してるけど、ハヤオが自作の解説するとすげー面白いからな。
そんな細部にまで配慮して作ってるのかよ的な話がゴロゴロ出てくる。

「作品内で全て分からない映画なんて糞」という奴の気持ちも分かるけど、
そういう風に自分で壁を作っちゃうのはもったいないくらいの面白さ。

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 10:59:57
>>741
SF好きだけど、普段はSF板には常駐していないからね。
たまに来る程度。
好きな作家は寡作だったり、絶版になっちゃったり・・・

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:00:37
意味消失技術はまだまだ黎明期だねぇ。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:16:59
指輪の映画のときもすごい勢いで回っていた。
そのときは映画の賛否でまわっていたが、
今回は映画の否と原作者のコメントに対する思いやらなにやらで回っているからなあ…。

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:20:00
PJはもしトールキンが存命だったら脚本チェックしてもらったかな。
そもそも映画化にOKがでるかわからないけど。

748 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 11:23:44
PKDん時も、スティーブンキングん時もそうだが
映画化という別の作品を作るのに原作者は介入しないほうが
いい作品になる率は高いね。

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:32:46
>アニメの人物はほとんどが、欧米人の目には、白人に見えます。

ちゃんとDVD化される時は赤くなる様に計算されているんだから
素人は困る

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:34:17
だから、今回の映画が良い映画だったらここまで叩かれないだろう。
せめて駿が手掛けていたら、どんなに原作から離れてしまっても
ル・グィンもそれほど文句はいわなかったと思う。

要は、ジブリ側に担がれた事を冷静に批判しているんだと思うんだが>公式

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:38:35
同じ原作読むにしても動機が違うからな

映画が面白かった→原作も読もう(うきうき)
映画つまんなかった→原作読めばわかるかな(しぶしぶ)

752 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 11:41:06
本との出会いは運命だ。

とはいえ…

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:49:34
>>743
メイキングのほうが面白いというのは
本当は良くない

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 11:57:29
そういう常識を疑ってみると、世界は意外とまだまだ面白くなる可能性があるという話

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 13:56:13
年に数回SF板に訪れる「名状しがたい盛り上がり」が昨夜あらわれたようですな

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 14:29:25
>>755
考えてみれば、昨晩はお盆だったわけだな
そりゃ、死者がやまほどやってきて大変な祭りになったわけだw

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 14:41:45
クモが現世と幽世の境に亀裂を作っちゃったんだよ

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 14:45:30
>>748
それを分かった上で、ルグィンも1巻と2巻の間を作ったらと提案していたんだろうに。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 14:48:09
>>756
SFで鬼籍といえば、他にもたくさんいるような。
星新一とか、藤子F不二雄とか石ノ森正太郎とかって脱線しすぎだなw

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 14:54:12
ウン、女史が駿に自作のアニメ化を打診してきたと聞いて
えっ、ほんとに良いの?原作クラッシャーだよ?と思ったわけだけど、
今回空白期間を使った公認外伝という話を聞いて、なるほどと思った。

想像していた以上に、ルグィンはちゃんと駿のことを理解していたんだな。
原作があったとしても、駿がそれに忠実に創作できる人間ではなくて、
むしろ壊す勢いで独自のイマジネーションを広げて良さが出る作家だと。

本当に見込まれてたんだなあと、やるせない気持ちになった。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:00:45
アクションとしては1と2の間のほうがいいかもしれないが、ドラマ的には2と3の間のほうが
面白い話が出来そうにおもえる。若いテナーのその後やゲドが大賢人になるまでのエピソード


762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:15:43
>>760
パヤオ個人がそうだってだけじゃなくて、優れた作家は誰であっても他人の作品を
自分の物にするときは大幅な改編をしてしまうってことじゃないかな

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:26:24
今回の話は原作者が介入したことになるのか?
まあ、介入しなくてもひどいものはひどい。結局作り手の問題だわな

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:26:57
>>762
原作小説(の魂)に忠実な上に傑作になる映画もあるよ。
そういう映画は概して脚本が良い。
「ブロークバック・マウンテン」とか原作者のお墨付きだ。

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:36:22
>>756
そうか、お盆だったからかww

昨夜のログ読ませてもらったが傑作だった。
ティプトリーやムアコック参加、アシモフと3Bで爆笑。
スチーブンソンがハウルを、ヴェルヌがナディア見てたとかムチャクチャ。
しかし極めつけは
>結局スピルバーグはきたのか?
死ぬかと思った……!wwww
理想的な玩具に恵まれたな。ちょっと裏山だ。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:46:31
>>764
あれはいい出来だった
原作の短編小説を、テーマを壊さず丁寧に広げてあって感心した

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:47:38
>>764
あれって原作あったんだ
見たけどそれは知らんかった

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 15:53:00
ゴッドファーザー

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:03:28
>>736
WHILEがあとにある「から」andと同義だなんて無茶苦茶

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:22:58
ルグウィンさんの映画評、読みました。

うーん、なにを言ってるの?
わるいのは契約を誤解したルグウィンさんでしょ?
あるいは彼女の息子のテオさん!
すずきさんは悪くない!
ごろうさんは悪くない!
いい加減なこと言わないでください!
おそろしいくらい一方的な決め付けですね!
これが私の感動した映画の原作者かと思うとがっかりです!
っとに傲慢ですね、アメリカ人って!
テルーの唄は良かったって、それだけですか?
るんるんするような映画だったじゃないですか!
!全く、何なんですか!

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:25:15
ははは、またピックルか
ゲド戦記持ち上げるのいい加減やめたら?
どう足掻いたって無駄な努力だよ
ウリナラマンセー

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:25:28
ビックル999がもう起きてきたのか?w

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:33:45
志村 縦!縦!

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:34:53
たてたてよこよこ

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 19:37:07
縦だったのか・・


776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 20:02:03
縦とか、映画板でやってろ

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 20:08:55
んだな

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 20:16:47
とりあえず、ねこ大好き。

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 21:31:31
アニメ化する力が残ってないなら漫画化でヤパオがんばれよ
漫画ナウシカのようなタッチでたのむ
俺はそれでもいい

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 22:00:15
漫画こそ体力あるのかと。

原作者直々オリジナルストーリーのお許しを得て、それが却ってプレッシャーで
逃げを打ったんじゃないのか?

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 22:05:03
パヤオはもうほっとけ、また昨日の999が涌く

もうパヤオ親子もジブリもゲド戦記には関わってほしくない

782 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 22:07:57
真面目な話、漫画化から先が正しかったが、
どっちゃかっつーと今サンデーで連載始まった
「垂れるじゃん」の形にして欲しかった

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 22:09:06
今日見てきたけどルグインもっと怒っていいと思った。
これは詐欺のレベルですよ。

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 22:46:40
>>782
漫画化は嫌だよ。
とっつきにくくても、ゲド戦記はこれからも本として読まれてほしい。
少年週刊誌で人気を集められるような内容に改変された「ゲド戦記」なんて想像もつかん。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 22:54:42
しかし、ル・グィンもファンも原作大事にし過ぎだよ。
そんな事ばかり言われたら誰も今後アースシーを映像化しよう、とか思わなくならない?
ド素人に演出させればこんなモンだろう。
オマイらジブリ作品だからって過去の栄光にしがみついててどうするんだ?
此れが今のジブリの現実なんだよ。
サイファイ版の世界観無視捲りでもう耐性できてなかったのか?
あっちはファミコンの駄作RPGシナリオレベルだぞ。
やっぱアレだな。
全世界的にヒットさせる為には映像化が簡単で、深い哲学的意味なんか
作中に含んでちゃあ駄目って事だな。
スパイスとして、観客に哲学的な表層を齧らせて解った気にさせるのが一番だね。

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 22:59:34
>ド素人に演出させればこんなモンだろう。

だから児振りを信じて作品預けてるのにあの出来はないだろう。
深夜アニメよりひどい出来だよ。
たとえば制作マッドハウス・監督出崎統なら
もっとずっといいものが出来てたはず。


787 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 23:00:31
それはヘルシングのことを念頭に置かない発言ですね?

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:12:13
ジャーナリスト兼劇作家兼詩人兼小説家兼なんだかわからない
K・チャペック氏は熱心にメモを取っていたそうだが?

789 :788:2006/08/16(水) 23:15:06
失礼、>>788>>700あたりにつなげて欲しい

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:15:22
続けざまに駿が「王と鳥」やるから当面大丈夫そうだけど、
数年中にジブリ潰れるんじゃないかな。

「潰れろ〜潰れろ〜」っていう怨念でもの言ってるんじゃないよ。(そういう怨念はあるけど)
ジブリは劇場用映画頼りの経営だから、映画のクオリティ低下が会社の命運を左右するし。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:19:06
>>785
>ル・グィンもファンも原作大事にし過ぎだよ。
>そんな事ばかり言われたら誰も今後アースシーを映像化しよう、とか思わなくならない?
もうそれでいいんだ。
読者によってだいぶ解釈が変わる本なんだから、監督(誰だろうと)の解釈でファン全員が納得するわけがない。
それに少なくとも、俺と俺の周りの原作ファンは映像化なんて望んじゃいなかった。

>ド素人に演出させればこんなモンだろう。
それは原作ファンに失礼な言い種。
自分の愛してる作品でやられても我慢できるか?

>オマイらジブリ作品だからって過去の栄光にしがみついててどうするんだ?全世界的にヒットさせる為には映像化が簡単で、深い哲学的意味なんか
>作中に含んでちゃあ駄目って事だな。
ジブリは好きでも嫌いでもなかった(今は言わずもがな)
本としては世界中で読まれているよ。
深い哲学的意味が売りの作品だよ。

>スパイスとして、観客に哲学的な表層を齧らせて解った気にさせるのが一番だね。
ヒットさせるにはそうだろうね。

ただ今はもう、「ゲド戦記」に目をつけられた不運を嘆くばかり。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:25:32
>>791
いやあ、もうサイファイ作品で耐性出来てるんで、「ああ、股か」って感じで

一応、20年来のファンのツモリだけどね。

次は西尾維新辺りに目をつけて欲しいね、腹も立たんし。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:27:30
ほんとどーでもいい組み合わせだなそりゃ

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:35:53
>>791
なんかおまい馬鹿丁寧だけどかなり腹に据えかねてんなカワイソス
ゴロたんも鱸Pもヒドスだな・・・
俺一巻しか読んでねーから立場が微妙


>>792
そーいうどうでもいいのに限って深夜枠とかでカルトな人気が出たりする罠

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:46:50
まあそういうのはそれでいいんだよ>深夜番組

でも、ジブリってもうトップランナーじゃなくなったね。
時代遅れ感がひしひしと……
ハウルはハウルで老人の悪あがきだったが、
ゲドは10年前ですら「よくできました」と言われたかどうか

796 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/16(水) 23:47:32
栄枯盛衰は世の定め

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:51:57
>>795
20年前だって「よくできました」とは絶対言われないだろ
84年のナウシカと並べて見ても、純粋にアニメとしての出来だけで天と地の差がある

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:52:41
いや、最初からそういう深夜枠とかでそのレベルの作品経験させてっから
普通はこういう大舞台に送り込むのが普通だろう。
それを人身御供というか、実験材料みたいにゴロたんを御輿に乗せちゃった
鱸Pがヒドイのよ。
ル・グィンの前で鱸Pがパヤオ殴りたかったとか書いてあったけど、
多分、ゴロたんのオカンは2人とも殴りたかったと思うよ。

まあ、ゴロたんは天然の人いうか、どんなパッシングにも動じない、
穏やかな心を持ちながら鱸Pによって登場した精神的パンチドランカー
だから心配ないでしょうけど。

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:00:50
台風来てんのに都会帰りの素人息子を漁に出しちゃうんだもんな>鱸P

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:02:30
俺が一番腹が立つのは、
ジブリ(この場合は鱸Pか)が、どれだけ大変な作品の映像権を手に入れたかを
きちんと理解していない事だわな。
今までどれだけの映画会社やTVドラマ制作会社が断られて臍を噛んできたか…
それらを押しのけて手に入れた名作の映像権を、駿の次作へのつなぎ&短期間
低コストでの映画作製への実験台&素人監督の習作扱い…
考えるだけではらわたが煮えくり返るとはこの事だな。
もう、二度とジブリ作品には金を払わないと思ったぐらいだ。

801 :783:2006/08/17(木) 00:02:34
栄枯盛衰というより技術が退行している>字ぶり

何にも関係ない原作厨の自分が見て寿命縮んだ気がした。
まして原作者は。
指輪の爆死版をリアルで体験した気分。



802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:02:39
アタイこそが 800へとー

803 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 00:04:36
っていうか隣の山田くんやっちまった時点でみんな気づけよな

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:04:57
>>802
ちょ、空気嫁w

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:07:41
>>785
791と同じで別にゲドの映像化は望んでないよ。
自分の周囲のゲドファンは皆、ゲドの映像化を嫌がってる。
でも駿はゲドファンで作品への思い入れも強いからギリギリ許せた。
ゴローの練習台にされるなんて問題外だ。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:08:03
ジブリのアニメの中でも、ハヤオと高畑、それ以外の作品、
とぜんぜん別物として認識してるから山田君はべつにって感じ。
でもすべての歴史の中で今回のが一番ひどい作品だと思う。
原作関係なく、アニメとして、単純に絵として。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:09:58
>>800
鈴木Pを「経営者としては辣腕」とか持ちあげる向きもあるけど、
その事を考えるととんでもない過大評価だよね。
世界市場という点で見ても計り知れない価値を持ったコンテンツを
自転車操業のひと漕ぎだけに使ってしまった。
しかも「ジブリの創作姿勢は不誠実」というマイナス評までおまけについてきちゃった。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:14:27
「これ」を世界公開するなんて信じられない。
韓国でもびっくりされていると思う。
「時かけ」とさしかえたいくらい。

809 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 00:17:05
いや、だから時かけと競合させて、並べて品評させてみればいいんだよ。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:24:26
2つ位前のグィンスレ(もしもジブリで映画化されたらね〜って皆で夢想してた幸せな時代)
で、ゲド戦記を語り合ってた頃は幸せだったんですよ。
時々、「サイファイ物に絶望した。こんなのアースシーじゃない」なんてカキコもあったけど。

きっと、そこはかとなく日に焼けたアスベルとかが丸っこいテトと一緒に旅して
もっとこんがり焼けたユパ様が「愛しきハイタカよ」とかのたまって、
第一巻を舞台にしたら、「なんだ、パヤオの癖に美少女の出番ないのかよ」
とか、批判されちゃうんだろうなあ〜

なんて、語りあってたよな、、、、ああ、何もかもが懐かしい。

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:27:21
>>790
>続けざまに駿が「王と鳥」やるから当面大丈夫そうだけど、

ん? リメイクやるの?

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:31:45
「王と鳥」ロートルファンには元ネタとして有名だけど
それ知らなかった世代が「カリ城はパクリだった」って幻滅してたり
するみたいだし、ゲド戦記との相乗効果でマイナス要素になるかもね。

813 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 00:32:39
知識断層の問題のほうがよほど大問題だよなぁ…

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:34:04
まじで「これ」は字ぶりだけでなく
日本のアニメを滅ぼす「ひとつの指輪」だよ。

815 :名無しさん:2006/08/17(木) 00:34:32
今渋谷単館でやってるヤツの勘違いでしょ。

ハヤオは昔から「やぶにらみの暴君」バージョンしか評価してないし。

816 :名無しさん:2006/08/17(木) 00:38:03
http://www.ghibli.jp/15diary/000848.html

王と鳥のリメイク作るのに、関西の港町をロケハンしてるとしたら相当すごいギャグだな。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:40:17
PCがどんどん能力UPしてるこのご時世だ。
2、3年のうちに
誰かが自主制作版をようつべにうp→お婆ちゃん激賞→公式認定→ジブリ黒歴史
とかなっても驚かねえぜ。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 00:42:40
宮崎吾朗=源実朝

819 :千年うんこ ◆UNKOg/MQDY :2006/08/17(木) 01:02:28
やっぱり、碇ゲンドウ=宮崎駿だったんだなって
改めて納得

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 01:08:29
そんじゃゴローは誰の乳見ながらオナニーを?

ああ、何となくわかった気がする

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 01:18:19
まあ、マスコット的キャラのガチャたんはともかく、
トリップ付けて、自らの個性を主張しようと言う人はエライね。
下手な論説を打てば、自分の名前とトリップの価値は下がり、
誰もがスルーするようになる。
まったり板で叩く人は少数派だけど、温かい目で見守りたいものだ。
ただ、まともな意見を発したい、その個性をリスペクトされたいと思うなら、
そのハン名は如何な物かと、老人は思う。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 01:20:11
千年うんこも結構前からいたような気がする

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 01:20:52
>>820
ナウシカだな

824 :名無しさん:2006/08/17(木) 01:24:30
シンジと勘違いしてると思うが、そこはスルーでいいのか?

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 01:31:03
お前に見せる乳なんかねえっ!

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 03:27:24
CDのゲド戦記歌集を友人から押し付けられた
あの映画の関連商品なんか知らん! と言ったが
まぁ、何も言わずに聴いてみ? と言われ
しぶしぶ聴いたのだが  驚いた

いい! 原作のゲド戦記の世界の風を感じた
数え歌から始まって竜の歌、
そしてハイタカを歌ったのであろう旅人の歌
原作の第一巻の冒頭から忠実に作られた
テレビシリーズのOPが目に浮かんだ

谷山浩子の曲がいい
手蔦葵の歌がいい
そしてなにより宮崎吾郎の歌詞がいい


なぬーっ! あいつの詞なのかー!なんでだー
なんでこういうものが書けるのにああなるんだろう?

ひょっとして吾郎はわかっていて、あの映画を作ったんだろうか
以上、釣りやボケではなく、本当に不思議に思ったので
ゴースト作詞家がいたのだろうか? 
だとしたら誰だろう



827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 03:37:07
×お前に見せる乳なんかねえっ!
○あ、あんたに見せる乳なんかないんだからねっ!


828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 05:12:33
見てきた。あれは記憶の彼方に押しやりたい。
欝だ死のう

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 07:45:14
>>826
鱸pから谷山俊太郎の詩をパ…いや参考にするよう言われたようです。

……ハァ……

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 07:54:16
>>829
詳しくは知らないんだけど、心オナニー以外の
他の歌も作詞しているらしい。
それも谷川氏をパ…じゃなくて参考にしているのか
どうかは不明だけど。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 08:12:13
>>826
ゴーストか、もしくは名前だけ吾朗で本当は、
ゲドファンである谷山浩子が書いていたりしてwww



832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 09:50:48
谷川俊太郎?
萩原朔太郎の間違いだろう?

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 09:54:13
単純に、おもんなかったんだろ?


834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 12:28:21
王と鳥って(細々っぽいけど)ゲドと同日公開してるんだよな?
よかったとかどうとか聞こえてこないけど、どうなんだろうな。

爆笑太田にゲドつぶしですか?とか言われてたけど。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060731-00000033-flix-ent

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 12:45:53
ゲドの1、2巻を駿が映画化すればいいじゃない

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 13:09:18
その話題はもう出涸らしだよ、結論は「無理」
理由はたくさんある
例えば、ナウシカで1・2巻のギミックを色々使っちゃってる

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 13:09:57
>>834
ロートルには「やぶにらみの暴君」としておなじみだから今更かも。
カリ城が話題になった頃、大学SF研とかの上映会の定番だった。

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 13:17:56
俺明日ゲド見にいくんだけど
なんか覚悟みたいなのは必要?

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 13:21:57
悪評賞賛含め、ネットでまったく情報得てない状態で観に行って感想を聞かせてくれ。
既に読んでしまってたらタイムリープして。もちろん原作も読んでいない状態で。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 13:26:40
>>839
了解
自分原作読んでないんで映画みてから読んでみますね;

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 14:24:34
俺、殆ど何も知らないで行った。
原作は1・2巻だけ読んでた。

感想。
つまらんかった。悪役弱すぎ。人数少なすぎ。Aチームに出てくる悪の組織並み。
キャラの掘り下げ出来てない。説明がセリフに頼りすぎ。ストーリーが緩々で緊迫感全くなし。
いいところもある。
映像と音楽。スタッフの技術の高さが伺える。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 14:27:04
あの映像に満足できたあなたは幸いだ。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 14:42:19
映像というか、作画な。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 17:55:06
クモの手下のあれ、もう少し何とかならなかったか?

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 18:17:02
そうだな、もうちよっと人間的魅力を付け加えて
家弓家正とかに声をやってもらえれれば
見苦しくなかったのにな
あれじゃあ誰も感情移入できないよ

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 21:16:29
Aチームって特攻野郎か。
懐かしいなコレ

847 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 21:32:57
以前勤めてた会社にAチームがきた

名刺に書いてあったので間違いないんだが、普通のサラリーマンだった

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 21:35:07
づ 潜入捜査


              ・・・の途中?

849 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 21:45:57
いや、名刺に「Aチーム」って書いてある普通の営業



850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 21:52:24
て、一目見て「あ、Aチームの中の人だ!」ってコングくらいじゃねえの?
しkし盆休みも尽き、人も尽き、ネタも尽き、情熱も尽きたな、どこのスレも。

851 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 21:57:03
>>850

   しkし   


切れ痔にみえた

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 22:04:05
faist responseということはsecondがあるのかな、
とかなんとかレス書こうとしてサイト覗いたら
新しい記事が来てる。

ルグィンサイト。

853 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 22:12:14
【論説】ネットで酷評「ゲド戦記」 なぜ客入り良好?大衆的な大ヒットはネットの盛り上がりとは別の方法
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155815641/


854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 22:12:37
特別重い内容ではないみたいだね。

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 22:40:42
ttp://www.ursulakleguin.com/EmailEx.html

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 22:54:32
>>853
これまでの評判食いつぶしてるだけでしょ
次はない

857 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 23:00:34
>>856
いや、そもそも同じ土俵に立ってないしね。全国で44館の上映数とジブリの興行数とでは。

だからそのスレでも指摘したが、ネット批評の真価はDVD売上げで決まるだろう

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:15:33
ゲドの1/44でも「時かけ」に客が入ってやっといい勝負ってことか。
しかもジブリは大型館が多いから実際は1/44どころか1/200くらいかもしれない

859 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 23:17:46
だいたいやね、夏の映画なのに、なんで「時かけ」うちらの地域では
9月になってから上映すんのよ、おかしいやんけ。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:18:39
1日の上映回数も倍以上違うしな

861 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 23:20:04
>>860
ハット神戸、夕方しかやってなかった。

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:20:43
>>859
山口なんて11月だぞw

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:21:21
一応映画に関係ありそうなトコだけ訳してみた

"Email Experiment: What's Happened So Far"
「Eメール実験:近況報告」

The experiment has been successful and interesting so far.
A lot of mail has come from Japan, from people who have seen
Goro Miyazaki's Earthsea film "Gedo Senki"
— some lamenting that the film departs so far from the books,
others vigorously defending the film, and others simply
describing and discussing it. I thank all these writers.

「実験」は今のところ、上手くいっており、中々興味深いです。
日本から沢山のメールが来ました。
宮崎吾朗のアースシー映画、『ゲド戦記』を観た方々からです。
いく人かは映画が本から大きく逸脱している事を嘆き、
またいく人かは精力的に映画を擁護し、
その他の人はただ(このsimplyは上の2タイプに比べ非感情的だったという
意味が含まれると思います)、説明・吟味していました。
これらすべての(メールの)書き手に感謝します。

以下はビジネス関係はこのアドレスには送らないでねーとか
全部読むけど返事はだせません、でも質問によってはWeb上で答えようと思いますとか
個人宛お礼とかです。

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:26:52
しっかし、こんなところにもビックル出張してるんですね・・・。
英文メール書けるってのは意外だな。2ch担当が英語出来ないだけ?

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:30:04
>>865
やっぱり、実験でいいのかな?
実験とか試みって単語だもんな。



866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:45:42
「時かけ」は脚本がプロの仕事、美術が(ゲドの100倍)すばらしい。
内容も万人向け。

ルグインもこういうアニメを期待してただろうに。

867 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 23:54:30
重ね重ね言わせて貰えば、筒井はホントに映像化に関しては恵まれてる

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/17(木) 23:55:38
>>865
アンカーちがうけど私であってる??

無意識に「実験」にしてしまったよ。
「試み」の方が訳として自然ですな!!!
ギャグっぽく「実験」と大げさに言っているという気もするけれど、
そもそも英語ネイティブがこういう場合に普通Experimentを使うのかどうかが
分からないですごめんなさい。

869 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/17(木) 23:58:10
昔電磁場で戦艦包んだSFがあったな

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 00:11:16
>メール
いろいろ考えたんだけどさ。

「彼らはベストを尽くさなかった。
私はスタジオジブリと宮崎吾郎氏にいまからでもベストを尽くす("Gedo-Senki"を作り直す)よう要求するし、
あなたが同じように行動してくれれば嬉しい。

というのは、彼らが"Gedo-Senki"を作り直すようなことが実際には望めなくても、
あなた自身が『彼らはベストを尽くさなかった』と表明することで、
将来すばらしい『ゲド戦記』の映像化作品が誕生する契機になるかもしれないからだ。

私は『ゲド戦記』『オルシニア国物語』をはじめとするあなたの作品をとても愛しているので、
それらをもとにした良質な映像作品を見たいと今でも心から願い続けている」

最終的にこういう感じのメールになった。

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 00:49:25
>>868
映画本スレにこういう訳があったのですが、これが適切かもしれませんね

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1155778774/627
E-mail設置の試み:ここまでの出来事
この試みはうまくいっているようで、今のところ興味深く感じています。



872 :863=868:2006/08/18(金) 01:16:05
>>871
おおー映画スレにもあったのですね。
私のよりもずいぶんこなれた日本語でお恥ずかしい限りです。

でも細かいことですが一応
>この試みはうまくいっているようで、今のところ興味深く感じています。
「so far」は「successful」と「interesting」両方にかかると思います。

ってスレ違いですね。ごめんなさい

873 :BLACKBIRD ◆J9VTR9kM3Y :2006/08/18(金) 06:21:51
竜頭蛇尾。何も竜が出るからって、そんな落ちにしなくても。
序盤の壮大な主題提示の盛り上がりは結局スルーでした。
問題解決に成らないと言うのはもののけ姫もそうでしたが、
此の映画は問題理解が違う気もします。
後、説教臭いと言うか、下手な翻訳みたいな説明的な台詞回しが
変ですな。物語に台詞が全く馴染んで無い感じです。
悪役がステレオタイプでしょぼいと言うのは同意。倒して
御仕舞いと言うのも、世界の危機の解決には全く関係無し。
作画では過去の宮崎駿作品からの引用で済まして、新しい表現
をしてないのが残念ですね。
テルーは流行のツンデレですな。コミュニケーション能力を
取り戻した理由の提示が全く無し。
菅原文太兄貴のハイタカ(ゲド)の声と演技とテルーの唄を楽しむ
映画ですな。
ジブリ映画に狂気を持ち込んだ意欲作なんでしょうが、狂気の
描き方が薄っぺらいですな。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 08:18:30
>>859
単館系にはよくあること

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 14:38:39
>>873
ゲドの声と唄は原作者も気に入ってくれたようですね。
救いはそれくらいか?

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 16:26:44
谷山浩子の歌う、空飛び猫の歌とか美しいクモの巣の歌とかを
聞きたいような聞きたくないような

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 18:11:27
ジブリにはライラの冒険あたりがお似合いなんではないかと

幼女出るし

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 18:30:26
エラゴンでいいんじゃない?工房がかいた小説を
素人監督が映像化。

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 18:51:21
ライラはディズニーで映画化
クライヴ・バーカーのアバラットも映画化進行中

これらが成功したとしたらもうジブリ>ディズニーはなりたたないなw

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 18:56:39
ライラは、ニューラインシネマだろ

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 20:17:32
ゴローはずっと枕元にゲドをおいて何度も読み返してたんだろ?


読み返してるうちに脳内アースシーが一人歩きしだしたのかね?


882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 20:25:35
どっちにしても残念だな
なんだってこんな事に

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 20:56:29
3巻と4巻をただくっつけてみました

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 20:59:23
ただくっつけただけよりひどいと思うけどなぁ。
くっつけたうえにだだもれした、だろう。

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 21:03:25
くくりの魔法は所詮まじないに過ぎないのよ

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 21:05:13
56の私怨でコーティングされてたもんな
アレンが自殺願望のある自暴自棄な少年になってた

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 21:09:14
それゴローじゃないw
鈴木Pがこうしろと言ったとおりにやっただけ、らしい。
ゴローの言うことが真実なら。

「どう作っていいか悩んでたら、鈴木さんがこうしたらどうか?とおっしゃったので
さすが鈴木さんの案は素晴らしいと思いそうしました」
と、何で親殺ししたetcの質問には毎回こう答えてる。

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 21:30:15
(自分の好きな)仕事ばかりしている(「ゲド戦記」の映画化を引き受けない)国王(パヤオ)
それをさくっと殺ったアレン王子(監督を押し付けられた?56)
それを導く(ふりして操る)ゲド(金の亡者鱸P)
ゲドに昔の因縁があるクモ(原作者?)
クモの部下ウサギ(原作厨?)
アレンの影(56の良心?)
テナー&テルー(56の妻子?)

ジャンキーのアレン(56)の目を通してみた世界だから
終始支離滅裂な話なんだよ

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 23:52:17
全部の巻をくっつけてみて何も参考にしませんでした

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 00:11:19
>>889でFAだな
あちこちに各巻の要素はあるが全く生きてない

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 02:57:09
つ【シュナの旅】

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 04:38:38
実は仲良し親子のパヤオゴロたん。
辞めたいと何年も嘆いている父を手助けしようとゴロは考えた。
まずはルグィンとの会見でパヤオが作らないでゴロたんが作ると念押し。
しかし断られるどころかゴロでお願いしますと頼まれ、パヤオが責任取ると約束。
パヤオゴロは鱸の性格をわかっているので、意見や方針に逆らわず進めた。
ゴロたんは、制作ブログにて鱸の発言を赤裸々に記していく。
パヤオは自分が作らないとゲドにはならないと放置

短期で完成した作品には、参考/シュナの旅
国内上映は評論家・招待客・原作儲ジブリ儲が非難の嵐。

そして届いたルグィンの言葉…
これから世界公開された後にくるだろう、もっと辛辣な意見。
ジブリの評価は下がる。
ブログに出ている鱸の指示からの改変。

責任を取るとパヤオはジブリ辞任。
ゴロたんも辞める。
残ったジブリ帝国の鱸では支えきれずジブリ崩壊。

という自作自演含めた親子愛の話でした。

お し ま い



だったら許す。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 04:39:32
>>881
それはパヤオのエピソードじゃね?

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 04:39:50
いいや許さん

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 05:04:54
宮崎は今までもやるといった仕事を途中で放り出して、逃げ出した事が何度もある。
師匠格の大塚・高畑に不義理をして来てる。

今までは、その類い稀なる才能の御陰でなんとか許されて来たけど、
今回はそうは行かない。



896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 05:27:36
ライフワークを投げたようなもんだからなあ
この先の仕事には期待できない
ハウルで映像の引き出しは尽きたな、と思ったし

897 :BLACKBIRD ◆J9VTR9kM3Y :2006/08/19(土) 08:10:47
朝のニュースで、ゲド戦記が一番動員数が有ると流れてました。
他に話題作が無いのか、ぐだぐだの評判が却って怖い物見たさ
の観客動員を増やしているのか、他に夏休みの家族映画が無い
のか、理由は分かりませんが、頑張ってるみたいですね。
観た人をジブリ映画、ル・グイン映画として失望させたりしなけりゃ
いいんだけど。ネット、2chを利用しない普通人の反応は如何
なんでしょうね。
作品の質の評価はDVDの売り上げ待ちですかな。
DVDでは「男たちの大和」が売れてるみたいですから、いい加減
の様な気もします。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 10:08:19
歌うシーンが唐突だったな。
動画もなんかおかしかった。

899 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/19(土) 10:10:27
ニュースで「ゲドセンキ」ネタになったら速攻でチェンジしてるので
よくわからない。

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 14:01:14
>>897
やつらに映画の出来不出来なんてわかりゃしないよ、ジブリってだけで名作と決めてかかる
全てが鱸Pの思う壺

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 15:45:46
>>895
具体的に挙げてみそ。
思い当たるなら
「長靴下のピッピ」企画がおじゃんになって、作り変えた「パンダコパンダ」。

「赤毛のアン」では途中までレイアウトに参加していたが、「カリオストロ」監督の為に
降りた。これは大塚康夫に引っ張られたせい。また”静のアン””動のルパン”なら
駿がどちらを取るかは明らか。

「ニトルニモ」に関しては散々、高畑が米プロデューサー・ゲイリーカーツと
やりあった挙句に、カーツの馬鹿垂れが独善ぶりを通して話を無茶苦茶にした訳。
こりゃついていけんわで高畑が降りた。駿も演出の師が降りるならと一緒に降りただけ。
(*大塚康夫著「リトルニモの野望」より)

後にこのエネルギーが原作「ナウシカ」から映画への変わる訳だ。
誰が逃げてんだ?。適当抜かしてんじゃねぇ。


902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 15:56:46
>>901
まさその通り。

アンを途中で逃げ出した件、ニモを放りだした件。

カリオストロに行ったのもアンがやりたくなかったから。
宮崎が自分からやらせろと言ったのはそう言う理由。

ニモは高畑が降りたから自分も降りたって?
宮崎は高畑の舎弟か?関係ないだろ。
そんな演出の師の作品を途中で放り出すか?

奇麗事に言い換えても事実は変わらない。

適当抜かしてるのはオマエだ。ヴォケ

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 16:50:23
>>896
それは言い過ぎ…というかライフワークとはまた別の話だろ。

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 17:20:12
パヤオタうぜー

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 20:14:21
『ゲド戦記』がああいう形になった以上
ここで何をどう弁護しようとウゼーよな。

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 20:25:22
これ言っていいのかわからんけど


ゲド戦記ってSFか?


板違いじゃね

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 20:32:24
ものすごい釣り師ktkrwwwwwwwwww

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 20:32:37
>>906
ここは「SF・FT・ホラー板」ですが?

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 20:33:29
おっとw脊髄反射してしまうところだった。

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 20:38:46
もう、夏は基本スルーでしょ
       ∩___∩
. \     | ノ      ヽ
   \  /  ●   ● |
     \|    ( _●_)  ミ  そんなエサでおれが釣られるかクマー!
      彡、   |∪| ,/..
       ヽ   ヽ丿/  /⌒|
       / \__ノ゙_/  /  =====
      〈          _ノ  ====
       \ \_    \
        \___)     \   ======   (´⌒
           \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
             \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 22:46:42
私は反論する。息子が能無しであることは、息子の問題だ。
『もののけ姫』はわりと良い作品だった。
『となりのトトロ』は秀作と呼ばれるべき作品だったのではなかったか。
そして『風の谷のナウシカ』は名作と呼ばれたアニメだった。
宮崎駿は「20世紀」を代表する偉大なクリエイターだった。
手塚治虫と並ぶ「20世紀」の天才であったのだ。
息子の悪行でその「20世紀の偉業」を汚してはならないのだ。

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 23:23:15
>>904-905
>>904-905
>>904-905
>>904-905


失せろ

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 23:27:05
>911
だいたいにおいて異論はない。
今回の件にまったく父がからんでないならな。
ハヤオも引き受ける気ないんなら、息子やpといっしょに、
ル・グインのところなんぞにいかなきゃよかったのに。
過去作品のよさは不滅だ。

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/19(土) 23:56:52
どうでもいいが、パヤオ話は映画板でやれや


部屋を片付けてたら古い洋書の1〜4合巻本が出てきた。持ってたのかorz
新版を密林で注文、既に発送済…
一冊誰かにやろう…

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 00:01:30
ちょーだい

916 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/20(日) 00:03:38
よこせ

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 00:03:40
>>914
半分ジブリスレみたいなもんだし

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 00:11:08
テルーが竜になった理由がさっぱりわかりません。
なにか複線ありましたか?
(最初の喧嘩してる竜の片方がテルー?)

誰かわかる人教えてください。

919 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/20(日) 00:11:49
原作読め

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 00:21:17
>>918
映画板本スレのテンプレにQ&Aが貼ってある

ていうか原作嫁

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 00:26:39
>>920
サンクス。見てみます。

922 : ◆GacHAPiUUE :2006/08/20(日) 00:29:04
くどいようだが原作読め

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 01:38:08
ハヤオはもう自分には映画を作る力が無いと言いたかったんじゃなく、
ゲドを作る力が無いと言いたかったんだろうな

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 01:52:57
ゲド戦記Wiki「原作者のコメント」編集者の人まだここ見てるかな?

「中立的な訳」は十分良い出来だから、もう「仮」の字は取って、
あれを↑「全文訳」として最初に置いてほしい。
素人な「直訳」と感情的な「意訳」は、消さないまでも途中経過資料として
最後のほうに置けばいいんじゃないでしょうか。

それから「中立的な訳」をしてくれた>>115さんへ
18日付けで多少の修正加えたのは自分です。今日、このスレが出どころと知り
やって来ました。もし変更されて納得のいかない点があれば言ってください。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 02:41:17
水を差すようなんだが…
映画作品・人板でみたブログからとんで見つけたんだけど
ttp://d.hatena.ne.jp/yahara/20060814/1155543703

>ル・グウィンさんのコメントの全訳を掲載しているサイトがある。もちろんこの行為は、著作権法違反である。

著作権法には疎いんだけど、一言いれとくとかしとくべきなんじゃない?

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 02:51:30
>>925
作品ならともかく”声明”なんだから、きちんと訳されていれば感謝されこそすれ
訴えられる事は無いよ

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 03:17:44
>第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。
>この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
>かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で
>行なわれるものでなければならない。

>第四十三条 次の各号に掲げる規定により著作物を利用することが
>できる場合には、当該各号に掲げる方法により、当該著作物を当該
>各号に掲げる規定に従つて利用することができる。

>一 第三十条第一項、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、
>第三十四条第一項又は第三十五条 翻訳、編曲、変形又は翻案

>二 第三十一条第一号、第三十二条、第三十六条、第三十七条、第三十九条第一項、
>第四十条第二項、第四十一条又は第四十二条 翻訳

>三 第三十七条の二 翻案(要約に限る。)

>(平四法一〇六・一号一部改正、平十一法四三・二号一部改正、平十二法五六・三号追加、平十五法八五・一号一部改正)

四十三条の二号にある三十二条の規定により引用利用することができる場合
四十三条の二号に掲げる方法(翻訳)により利用できる
ってことかな?
で、三十二条の引用とは、
公表はされてるので、
引用として公正な慣行に合致するか、
目的上の正当な範囲か、
によるのか。
別に一部だから抄訳だから良いとかそういうものではない様子。
ところで、というかよく考えたらこの著作権法でよいのだろうか。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 03:22:18
いや、それ以前に著作権侵害ってのは親告罪だから、ル・グィンが訴えなければ
そもそも罪でもなんでもない
そして声明の性格上、翻訳した事は彼女の意思に沿うと考えられるだろう

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 03:24:40
実際の予測としてはそうだろうけど。白黒言うなら該当部はここだよね。と。日本のでいいのかなあ。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 03:32:57
ル=グウィンに直接許可とれば?
メールは読んでくれるらしいから。
ていうか、もう、誰かが知らせているんじゃないかな。
それでもしル=グウィンがイヤだったら、翻訳やめれとコメントを出すか、ウィキ板の管理人に連絡があるだろう。

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 03:35:18
まあ、ほとんどどうでもいいね。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 03:46:10
15分間の注目ってなんだ?

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 04:02:26
映画と比較するために本を読んで、原作にケチつけるやつも出てきたな

くだらねえ・・・

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 04:58:31
>>933
kwsk

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 05:25:15
原作が聖域ってこともないししょうがない

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 08:27:29
>>920
大体想像つくから俺は聞かないでいいよ。
マジくだらねえ……

あれだな、この世のすべての事象を特定対象の叩き材料としてしか見ない点、
脳内の回路が嫌韓と一緒だな

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 08:57:12
>>936
日本語でOK

938 :936:2006/08/20(日) 09:08:26
>>933へのリンクだった。
変なのが来るとヤだから内容については気にしないでくれスマン

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 09:18:52
映画の出来が良かろうが悪かろうが、その原作が良かろうが
悪かろうが、そういうのは決まって出てくるもんだし
気にしないことだよ。

940 :933:2006/08/20(日) 10:06:14
>>934-938
騒がせてすまんかった
要するに「映画擁護のため原作内容を叩いているとしか思えない」コメントを見つけたんだわ。
悲しかったよ

>>939
そうだな、ちょっと過敏になってるな俺

941 :名無しさん:2006/08/20(日) 10:36:59
次のスレタイにはゴローを揶揄する文より

【原作既読者向き】とでも入れたほうがいいと思う。

942 :924:2006/08/20(日) 10:37:05
>>930
勝手ながら昨日もうメールに書いた。要旨は
「あなたのコメントの日本語訳には私も一部参加しました。
日本の読者が誰でも読めるように、全訳がすでにウェブ上に
(Wikipedia Japan他、個人サイトや掲示板に)掲載されて
います。あなたのお気遣いと、落ち着いた大人の対応に
感銘を受け、私の嘆きと怒りも慰められたほどでした。
ありがとうございました」

>>932
つ ttp://en.wikipedia.org/wiki/15_minutes_of_fame
アンディ・ウォーホールが最初に言った、てのは今回知った。
解釈と訳は難しいとこだが、「中立的な訳」のでいいと思う。

943 :942:2006/08/20(日) 11:43:09
翻訳談義スレじゃないのにスマソ、この回で終わるから許してくれ

>>942書いた後に確認に行ったらちょうど「15分」の前後が変えられてたんだが
the spirit of the age/times 「時代精神」
辞書にもあるこの表現の、「時代」の部分を“everything being public for 15 minutes”
に置き換えてるのが明らかなんで、時代性を補って訳すのは必要なことなんだ。
というわけで消された分を戻しといた(all the timeの解釈はまた別だけど)

ル=グインは、最近まで「メールお断り・手紙は郵便で」の人だったくらいだし
自分のサイトを持ってるとはいっても、日々更新なんてずっとしてなくて動きは
少なかったんだ。だからブログで即公表された、に対する今回の反応「15分」には
「(A.W.の有名な予言通りの)こういう時代だと痛感した」が含まれてる、と思うんだ。

(まあゴローの軽率のおかげで、彼女のまとまった感想が見られたわけだけど)

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 12:04:50
>>932-933
乙です。
おかげ様で、齟齬が少なく作者の意図を汲めたと思う。
メールまで出されたとは恐れ入る。


しかしまあ、Eメールの設置を「試みはうまくいっている」
とのたまうル=グウィン女史の気概に、励まされることしきり。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 12:57:20
>>943
代弁してくれてありがとう。
>>944
ほんとだね。やっぱたくましいよ。尊敬する。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 14:26:06
>>736
whileの基本的な意味(原義)は「対比」で「列挙」ではないし、
コーパス使って用例頻度の低いものを除外した学習用英英辞典に至っては列挙の意味は載ってなかったりするよ。

原義においても用例においてもandは基本的な意味とはいいがたい。

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 14:27:40
>>736
>>547 にある辞書の定義どおりの読み方です。

そもそも>>547の辞書には(メジャーな)対比的用法しか載っていないぞ。

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 15:03:31
>>736じゃないんだが、

まず>>947は誤り。>>547の辞書引用の最初にある1a が、
対比でなく単に時間的に同時である用法だから。
>>946の意見はもっともだ。しかし自分としては、>>725

>ル・グインの文章は非常に神経を使って書かれていて、個人攻撃になるような表現は
ほとんど使われていません。ここも同様で、単に事実を述べているだけという書き方
ですから、「意訳」の訳文は行き過ぎだと思います。

に基本的には賛成。「なんと」と感嘆詞まで入れることはない。まあ中間とって、
「(犬は)〜ましたが、」「一方(鈴木氏は)」のどちらかを使うにとどめて
あとは読み手に任せる、が妥当ではないかな。

ル=グイン読者一個人としては、非難皮肉未満で淡々と書いてはいるが、
日本人のくせにまるきりアメリカ人的な錫Pのふるまいを女史は好ましくは
思わなかった、だから犬のお行儀をほめた後に並べたんだろうと「想像」するけど

翻訳としては、行き過ぎよりは不足のほうが無難、という原則支持なもので。

949 :なまえ_____かえす日:2006/08/20(日) 16:57:24
>>948
>翻訳としては、行き過ぎよりは不足のほうが無難
そう思う。

ル=グウィンサイト更新されてる。
メールで届いた感想が見れるようになったみたい。前からあったかも?

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 17:02:06
ここな
ttp://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiCorrespondents.html

951 :本文が長すぎ(1):2006/08/20(日) 17:38:21
「自分が興し、自分が育てた会社で、自分がやりたいことをやった。その結果
失敗したとしても、損害をうけるのは自分なのだから、他人の目を気にする
必要はない」鈴木社長などはそう思っているかもしれませんね。「つまらなかった
と言われるのはともかく、自分のやり方についてどうこう言われたくはない」と。
実際、私もゲド戦記に対する自分自身の「義憤」の大きさにとまどっています。
しかし今のジブリは「スタジオジブリの...」という一種のブランド戦略によって
観客を集めているのですから、期待が裏切られた時の批判が厳しくなるのは当然
でしょう。全力を尽くしたにもかかわらず失敗した、というなら擁護することも
できますが、長編のためには力のある人を他のプロダクションから借り受ける
ことさえある業界で、素人に監督をさせたのでは言い訳のしようがありません。
今回の問題は宮崎駿さん、吾郎さん、鈴木社長の誰か一人が「No!」を貫けば
避けられたわけですが、個人的にはもっとも罪が重いのは鈴木社長ではないかと
思います。

952 :本文が長すぎ(2):2006/08/20(日) 17:39:04
アニメーターを父に持つ人が長編アニメの制作という仕事の大きさを
十分理解していなかったというのは不思議ですが、素人が自分の力を見誤るのは、
ある意味しかたのないことです。宮崎駿さんの罪はもっと重いと思うけれど、
宮崎さんが社長に逆らえなかったのは、もしかすると宮崎さんの業かもしれません。
これは私の想像にすぎませんが、ジブリの若手には昔の宮崎さんのように監督や
演出に噛みついて自分のアイディア通せるような意欲と才覚のある人材がおらず、
本当はそろそろ若手に押し切られる役をしたいと思いつつ、駿監督はいまだに
どなりつけることしかできなかったのかもしれません。もともと頑固で思いこみの
激しい性格なのに、監督になってからは、かっての高畑監督のように手綱をとって
くれる人もいないとなると、自分の自信過剰な性格もさすがに心配になってくるし、
全員がいつも怒鳴られていると、スタッフにも怒鳴られるだけのことはあるという
ことが実感できなくなる。だから宮崎氏は作品の内容に直接影響を与えずにすみ
そうな鈴木プロデューサーを自分の「重し」とすることにしたのではないか、と。
妙な理屈と思われるかもしれませんが、宮崎さんは作品の質を守るために会社
経営陣と戦った世代のアニメーターなわけで、いくら立場が逆転したとはいえ、
特に経営難でもないジブリの経営を預かる人の言葉に従わねばならない理由は
ないはず。鈴木社長のインタビューなどを読んでいると、作品そのものの宣伝と
言うよりも、自分がその作品の成立にいかに深くかかわっているかの宣伝のように
感じられて、違和感を感じることが多かったのですが、残念ながら、今回の件で
鈴木社長が作品の質そのものにはさして関心がないことははっきりしたような気が
するのです。プロデューサーという仕事がいくら重要でも、鈴木さんのかわりになる
人はいるわけで、世間の人は宮崎監督の方がエライと思う。その宮崎さんの反対を
押し切って自分の意思を通せたことは、鈴木氏にとってはとても嬉しいことなの
かもしれません...。(T_T)

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 17:42:34
言いたいことは分かるが、もうちょっと読みやすくしろ

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 17:57:36
950の翻訳かと思って読んだけど、違ったのね

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 18:47:22
>>950
情報thx! 8/19更新だね
日本人にしては見事すぎるほどよく書けた英文だ。内容も鋭い(と思う。自分は
映画絶対観ないぞ派なんで、ル=グイン以外の映画感想も追っていないんだ)
また誰かちゃんと和訳してくれる事を期待しつつ、乱暴に要点を書いとくと

ル=グイン:日本からのたくさんのEメールの中に、映画熱烈擁護派と批判(失望)派の
二極化分裂状態について、面白い考察をした一通があったので、承諾を得て公開する。

メール内容:日本のネットで起きている議論のことはもうご存知かと思うが、
とにかく意見ははっきり二つに分かれている。(ニュアンス違うのだが、
devastatedとelatedをここでは見慣れた「批判派と擁護派」とする:訳者)
奇妙な事に、擁護派は敵意むき出しで批判派に噛みつくが、その逆はあまりない。

単純化して言えば、今回のジブリ映画は、理由もなく父を殺して逃げた少年が
なぜか他の人物たちみなに助けられ、最後には罪も消えて救われる話だ。
これに感動し、生きる力を与えられたと感じている人たち(擁護派)は、
暗い迷路で迷っていたところで出口と思える扉をやっと見つけたようなもの、
映画を貶されることは、「その扉の向こうは行き止まりだよ」と言われた
ようなもので、逆上するのも道理だろう。ある意味もっともナイーブな層で
あって、作者コメントに動揺し、考え直そうとする者もいなくはないが、
悲しいかな一切の批判を受けつけず、監督を擁護し原作が悪いとまで言い出す
者もいるのが現状。

ラスト「それでも、彼らもみな被害者なのである。大きすぎる責任が、それを負う力を備えていない肩に
負わされた時に始まった、一連の連鎖反応の。」

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 19:41:00
>>955
>擁護派は敵意むき出しで批判派に噛みつくが、その逆はあまりない。

そんな感想は持たなかった。

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 19:54:15
>>955
>監督を擁護し原作が悪いとまで言い出す者もいるのが現状。

これに当たる一文が見つけられないんだけど。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 20:08:47
>>957
yahooにたくさんいるよ
あとブログでも、映画板のスレとかに張られたのでそういうのあったが

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 20:11:40
>>956

意見が合わない時に議論を拒絶して相手に噛みつく人はどこにでも
いますが、今重要なのはどちらの側により非常識な発言が多いかの
議論を新たにはじめることではなく、冷静に話せる人間だけで意見を
交換することかと。罵詈雑言と場外乱闘は2ちゃんの華とは言え、
ゲド問題は大きすぎて脱線するに忍びないです。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 20:22:41
敵意むき出しで擁護派にかみつく批判派の人達も某所には大勢いるしね。
しかもたいてい原作未読なんだこいつらが

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 20:23:52
>>958
じゃあ、読者からの手紙にはそれに当たる一文はなかったってことか。

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 20:33:01
>>955
>日本人にしては見事すぎるほどよく書けた英文だ。

掲載にあたってネイティブチェック(BYグゥイン本人かも)入ってるっつーの

963 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/08/20(日) 20:46:51
>>961
監督擁護&原作非難は見当たらなかった。
ないことを証明するのはあることを証明するより難しいw>>955はどこを参考に?

>>962
チェックは入ってるかもしれないけど、断りなく言葉遣い変えたりはしないんじゃ
ない?失礼だし。"quote"って日本語の"引用"とはニュアンス違ってるんだ?

964 :955:2006/08/20(日) 21:02:27
>>957>>961>>963
---and sadly some can't abide any criticism of the movie,
*protecting the director and blaming its incoherence on the books*
これだけど?
この前が、Some are…, some are…, だし。「現状」としたのは単に
要約文体の体言止めで、ネット界での議論の状況説明だから使った。

同じ筆者による2通のメールをまとめて要約したんだが。

965 :963:2006/08/20(日) 21:15:35
>>964
あー、そっか1通目だけだと思ってた、悪い!
ともあれ要約ありがたいです、さんきゅ

966 :955:2006/08/20(日) 21:52:55
>>965
話が通じてよかったけど、質疑応答やってるより、全部訳した方が早いか…
どっかのスレで既にやっているだろうから、と思っていたんだけどね。
今の時点でどこにもやる人がいないなら、始めます。投稿できるのは
日付変わってからになると思うけど。

967 :955:2006/08/20(日) 22:32:56
ttp://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiCorrespondents.html

Gedo Senki: Responses from Correspondents
映画「ゲド戦記」:メールをくれた人たちの反応

I am receiving many emails from Japan about "Gedo Senki," some passionately
defending the film, some very disappointed in it. A correspondent in Japan
sent a thoughtful, interesting letter about this division of opinion,
and has allowed me to quote from it.
映画「ゲド戦記」について、日本からたくさんのメールがきています。熱をこめて
映画を弁護しているものもあれば、非常に失望したというものもあります。意見が
このように分かれていることについて、日本にいる一人の書き手が、よく考え抜かれた
興味深い便りをくれた上、引用を許してくれました。

— UKL 8/19 2006

968 :955:2006/08/20(日) 22:36:49
From a Correspondent in Japan
ある日本の投稿者から

I saw your comments on the Ghibli film today, after having watched it some days ago.
I suspect many have already written to you about the discussion on the Japanese Internet sites.
There is a distinct division, and while many are devastated by the movie, there are also
many who are elated with it. Strangely enough, those who are elated often respond
with hostility to the ones who are devastated, while the opposite is rarely seen.
私は数日前に例のジブリの映画を観て、今日あなたのコメントを見ました。日本のインターネットの
サイトにおける議論のことは、すでに多くの人があなたに書き送っているのではないかと思います。
あの映画に激しく失望した(呆れた)人たちも多い一方で、映画に歓喜した(元気づけられた)
人たちもまた、数多くいます。奇妙なのは、喜んだ人たちはしばしば、失望した人たちに対して
敵意をもって反応するのに比べ、その逆はめったに見られないことです。

969 :955:2006/08/20(日) 22:44:57
Simply put, the Ghibli movie is a story of a boy who kills his father without cause,
and of what happens to him after he then runs away. The other characters trust and
succor him despite the fact, saving him whenever it seems everything is lost.
Apparently, many in the elated group find the film gives them will to live.
The fervor with which they defend it brings to mind someone lost in a maze
who has just found an engraving of an arrow on a door, only to be told by
another traveler that the corridor behind it is a dead end.
あのジブリ映画は簡単に言えば、理由もなく父を殺した少年が逃げ出し、
その後彼に何が起こったかという物語です。他の登場人物たちはみな、
(父殺し・逃亡という)その事実にもかかわらず、彼を信用し、何もかも
失われたと思える時にはいつも彼を助けてくれます。
彼ら(=映画に歓喜した人たち)がこの物語を弁護する真剣な熱情は、
迷路で道を見失った者が矢印の彫り込まれた見つけたばかりのところで
他の旅人から「その扉の向こうにある通路は行き止まりだよ」と言われたら
こうもあろうかと思わせるものです。

970 :955:2006/08/20(日) 22:48:37
Between the two sides there are people who try to bridge the divide,
responding to the accusations and pain with logic and compassion.
The entire situation feels eerily like some scenes in the books themselves
- e.g. where the mages of Roke are divided about the creeping change,
or Dragonfly, or the wall.
分裂した二派の間にあって、橋をかけようと努める人たちもいて、
非難と苦痛に対し論理と同情をもって応答しています。この状況全体が
不気味な感じで、原作にある場面に似ています――たとえばロークの賢人
たちが、トンボを迎えあるいは壁のことで、恐ろしい変化に直面して
二派に分裂した時のようです。

— A Correspondent from Japan
― 日本からの通信

971 :955:2006/08/20(日) 22:57:56
(And more recently the same correspondent observed of those who most ardently defend the movie:)
(さらにもっと最近、同じ筆者が、最も熱烈に映画を弁護している人たちをこう見ています)

The ones affected the most are in a sense the most open and innocent.
They only know that they have been moved, are happy and relieved when
the boy lays aside his guilt and anxiety at the end, and so hurt by the more
objective viewpoints that they tend to go on the offensive.
Some are still willing to think, some are swayed by your comments (which
they read with a dictionary) — and sadly some can't abide any criticism
of the movie, protecting the director and blaming its incoherence on the books.
Even so, they all are victims of the chain reaction which started when
too much responsibility was shouldered by someone not equipped for it.
(映画に)最も影響を受けた人たちは、ある意味いちばん無防備で無垢な人たちです。
彼らに分かっているのはただ、自分が感動したということ、主人公の少年が最後に
罪と不安の重荷を下ろしたところで、救われ幸福な気持ちになったということだけです。
だからこそ、より客観的な視点(の意見)に傷つけられ、攻撃的になりがちなのです。
まだ考える意志のある人もいれば、あなたのコメント(辞書を使って読んだ)によって
気持ちが揺らいでいる人もいますが、――悲しいことに、一切の批判を受けつけず、
監督を擁護して、つじつまの合わない点は原作のせいにする人たちもいます。
それでもなお、彼らはみな被害者なのです。大きすぎる責任が、それを負うだけの力を
備えていない肩に負わされた時から始まった、その連鎖反応の。

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:01:53
終りです。correspondentって単語自体が、自然に訳すの難しいので適宜訳し分け
ましたが、もっと良いアイデアがあればお願いします。

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:14:39
>>972
乙です。

明らかに別ものとなった映画版が受け入れがたい作品であり、
それ見せられて感動する観客のことが理解できない、
という戸惑いがその文章から感じられるかな。
だから、このように解釈してみましたと。

その思いを原作者も持っているから、その人の文章を公開したんだろうね。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:17:47
映画はそもそも見る気にならないライト原作ファンだが
映画批判者が映画擁護者に敵意を持ってるかのように振舞っていない、ってのはアンフェアな言い分な気が。

この文の投稿者自身が侮蔑的な態度を取ってるわけで
Strangely enough, those who are elated often respond
with hostility to the ones who are devastated, while the opposite is rarely seen.

ちょっとこの文章はな…。

975 :955:2006/08/20(日) 23:19:33
>>969
この一行が訳抜けしていた

Apparently, many in the elated group find the film gives them will to live.
明らかに、感動した派はこの映画を、生きる意志を与えてくれるものだと思っている。

976 :974:2006/08/20(日) 23:20:09
そういえば以前に「異文化」での映画化にたいしては
ル・グィンはむしろ自分の偏見を気にして、素直に批判的に見ることができないかもという意見があったけど、

日本のファンからメールはル=グィンに安心感を与えてそうな予感。

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:20:55
>>973
理解できるからこう書いたんだろう。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:26:22
>>974
敵意と軽蔑は違うってことじゃね?
自分も映画見ない組だが、カンドー!って聞いて「はあそうですか、よかったね」
とは思っても、殴りたいとは思わないな。

で実際「原作信者氏ね」なんじゃないの、擁護派は。

979 :974:2006/08/20(日) 23:31:20
>>978
映画板のやり取りとか見てるとそうもいえない気がした…が

そう感じるのは自分が2ちゃんねらだからで、yahooは見てないが、
blogとかの非匿名領域では投稿者が言う傾向がある気もする。



980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:39:17
あのさ、映画板でも指摘されてたけど、
この1通目と2通目って書いた人別じゃない?

文体が違う気が・・・

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:40:41
なるほどね。
映画観て原作読みました〜、とか言ってたら、
ずっと昔から原作を読んだ人からは軽蔑の眼差しで見られそうだね。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:42:05
>>980
「the same correspondent」とあるから、同じ投稿者という意味だと思ってた。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:47:25
>>982
いや、確かにグウィンはそう書いてる。
だけど、英語の書き方が全然違う気がする。

まあ、もっとも、英訳した人が別なだけかもしれんが。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:51:16
初心者の英文の文体なんて、機械翻訳を使ってそれを推敲したりするからがらっと変わるよ。


と、英文書くときには機械翻訳に直訳調の文章を打ち込んで推敲してる馬鹿が語ってみる。

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:52:47
>>981
>映画観て原作読みました〜、とか言ってたら、
>ずっと昔から原作を読んだ人からは軽蔑の眼差しで見られそうだね。

ハァ?なんでそうなるん?
過去スレ見てみ、「読者が増えるのが救い」って意見が大多数だぞ

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/20(日) 23:59:51
955さん乙でした!
すごい丁寧でわかりやすい…

>>983
あ、同じ風に思ってる人発見。文の雰囲気がなんかね…?
普通にあり得る範囲ではあると思うけど。2個目の方がなんか激しいからかもなあ。

関係ないけどあのサイトへのメールって日本語で出せるのかな、そういえば。


987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 00:02:52
>>984
あのメールの文章は少なくとも初心者じゃない気がする。

988 :955:2006/08/21(月) 00:18:34
Wikiにも入れてきました。
アラとかの修正、できる人慣れてる人、どうぞお願いします。
(改行入れてもスペース空けられずくっつくとか、色字とか、処理できなかった)

>>986さんねぎらいのお言葉ありがとう。これで名無しに戻ります。

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 00:23:04
>>988=955さん
wiki まであげて、乙でした。

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 01:15:31
>>936
ル=グウィンさんは日本語は読めない。
鈴木Pが、原作者との遣り取りのメールは英語だと言っていたよ。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 01:23:37
>>990
そのレス番>>986だよね?

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 01:31:23
>>974
同意。グィンは日本での反応を直接見聞きできる訳じゃないから
こういった手紙を送るなら、できるだけ偏りなくやって欲しいな。
これじゃ都合のいい情報操作みたいだ。
取り合えず、映画への憤りと映画を肯定的に見てる人への感情は分けて欲しい。

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 01:39:46
>>992
映画板では、ル・グィンにジブリだけじゃなくて
肯定派を非難して欲しい、非難するよう嘆願するメールを出したいってことまで主張する人がいて驚いた。

さすがに突込みが一人入っただけで、のっかる奴は出なかったが。

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 01:51:26
>>993
ええ?そんなのただの言論統制じゃないか。
何だろう…そういうのは本気で言ってるのか、
ただ単に事を大袈裟にして面白がりたいのか、理解に苦しむ。
とにかく冷静さを忘れないように、この騒ぎで原作の価値を貶めるようなことは控えて欲しい。



995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 01:51:46
>>992
てか、公式サイトに「映画に失望した人達・映画を力強く擁護する人達から
沢山のメールを貰った。」と書いてあるわけで、その中からこれをピックアップ
したということは、あのメールが一番原作者の心情に近いものだったんじゃないの?

擁護する内容を送った人達、どんな気持ちだろうね。

996 :名無しさん:2006/08/21(月) 02:21:47
俺としては試写で見てからいい加減時間もたったので、
そろそろ良いところ探しをしてやっても良いかなと思ってるんだが、
現状ではそういうのを書いても、あの兇人達に餌をやるだけにしかならないからなぁ・・・。

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 02:39:26
>>993
>肯定派を非難して欲しい、非難するよう嘆願するメールを出したい

そんなに肯定派の意見にストレス感じてたんだ。
自分はネットを巡回していて肯定派ブログも一定の割合であると思ったけど、
批判派を攻撃してるブログとかってあったのかな?

998 :名前はいらない :2006/08/21(月) 02:40:58
余裕で998

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 04:25:24
ル=グィンが映画に対する不満を公開したことについて非難している
”自称原作ファン”のブログはあったな
映画板のスレだったかで張られてた

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/21(月) 04:33:33
>>999
ttp://d.hatena.ne.jp/renkonn/20060801
つっこみどころは多々あるが、
作者名を「グィン」と表記しているのにとりあえずつっこんでおく。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

278 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)