2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君のセンスを5段階で評価するよ!☆カスタム2☆

1 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 00:44:37 ID:YxXzakBL
ここではセン5方式で御好きな評価人に評価をお願いできます。

A:プロ並み。出版社にもってけ。
B:言葉の狩人。
C:光るモノを感じる。
D:素人。
E:まずは日本語の勉強を。

作品を投稿する際、評価人を指名します。(原則として一人)
指名された人は評価を辞退することもでき、その場合投稿者は再度指名することになります。
指名がない、指名された評価人が来ない、等の場合は、誰かが評価します。
アドバイスをもとに推敲した作品や、再評価はお気軽に。
多重評価推奨。

指名料はあなたの詩ネ!
皆様奮って御投稿なさってネ。

煽り、荒らし、粘着は【華麗にスルー】でお願いします。

2 :田中 ◆CeJ6D/I4qE :2006/09/17(日) 00:47:09 ID:mL93O2NY
2!!get

3 :天才ゆっくん ◆CeJ6D/I4qE :2006/09/17(日) 01:04:04 ID:mL93O2NY
「やわらかい詩 謙遜ver」

俺はあんたを愛してる 
明日の事は知らないが
とにかく今は愛してる

あんたも俺を愛していてくれ
せめて今だけは 明日なんていらないから

愛 希望 言ってみただけ
自由 平和 言わせてくれ

知ってるよ わかってるんだ
そんなもんハナからないって

理屈ばかりの俺だけど誰かにあんたに
伝えられたら愛を与えられたら
意味なんてなくていいから

本当のものなんて初めからねえんだよ
だから俺らはただ進み ただ愛を唄うんだよ
幻でいいから 本当じゃなくていいから
ただ ただ 愛を与える それだけでいいから

4 :ゴイチ:2006/09/17(日) 01:04:56 ID:ctwpHbZA
         揺れる方舟
                  written by ゴイチ
拡がる空間の海を ひたすら流され続けてく難破船
太陽の風をうけて ゆらゆら波間を漂う

あちこち穴ぼこだらけの 沈みかけたこの方舟は
僕らの重さに耐えながら どこまで持つのだろう

揺れる時間の波を 揺られる揺りかごのように
人は様々な夢と想い この船にのせて
 
舵の奪い合いが続く 互いに信じる神の名の下に
争いを繰り返す 互いの正義の都合の下に

こんなに小さな方舟のあらゆる物を喰い潰し
垂れ流す白アリのようなことばかりしている僕ら

黒い煙を吐きながら 徐々に崩壊は進む
修復はいまだおぼつかず コンパスの針は乱れたまま
 
揺れる・・・揺れる・・・揺れる未来・・・この船の上に

航海日誌を紐解いて そこに書き連ねられたものに
僕らは未来を探して 何を描き記せるのだろう?

どんな未来でもきっと今を積み重ねたもの
きっと僕らが望めば・・・どんな未来でもきっと・・・

揺れる・・・揺れる・・・揺れる未来・・・この船の上に




5 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/09/17(日) 01:05:46 ID:mL93O2NY
ごめん指名忘れてた…
208+さん評価お願いします!!

6 :ゴイチ:2006/09/17(日) 01:09:25 ID:ctwpHbZA
僕もお願いします

7 :ゴイチ:2006/09/17(日) 01:35:10 ID:ctwpHbZA
多重評価でお願いします

8 :月穿潭底水無痕 ◆dead.vzZho :2006/09/17(日) 02:06:49 ID:RmDnNnm7
新(2)スレ、おめでとうございます。
めでたいのでヒッソリ参加。

>>4
センスなんて評価できないので感想だけもっさりくっつけときます。
評価はきっとどなたかが付けてくれる筈。

 少々贅肉が多いように見受けられます。不要な言葉は削ぎ落とすと切れ味鋭く仕上がるらしいですよ。
例えば、1行目「の海」(その後船の話をしているので、なくても十分伝わります)、
「難破」(2連目で詳細があるので不要。その分「流され続けて『い』く」と省いてしまった『い』を
加えては如何。リズムもスーっといきます。)
その後も「揺られる揺りかご」(揺られない揺りかごをイメージする読み手は少ないでしょうに)や
「互いに信じる神の名の下に」(互いの神の名の下にで良いんじゃないでしょうか)
「互いの正義の都合の下に」(「都合」の存在は然程大きくないと思いました)等々
重複やもたつきが気になってスムーズに読み進めづらい作りになっていました。
 しかし、この小さな世界でいがみ合う事の愚かしさや、そこから脱却するための希望を指し示す
そのストーリーは良いなぁと思いました。
次回は「ひたすら」や「ゆらゆら」、「あちこち」、「穴ぼこだらけ」「沈みかけた」「徐々に」などの
ありふれた安易な形容ではなく、もっと個人的な―――私的な、特徴的なというか、
ご自身から出た味のある、そのシーンに肉薄した形容にチャレンジしてみて欲しいなぁと思いました。
 &三点リーダーに逃げないつくり、が課題ですかね。

9 :名前はいらない:2006/09/17(日) 02:12:42 ID:/0pSNQma
やさしいあくまさん、208+さん、お願いします。

「吸血蟲」

さぁ、おいで
生きるためには仕方がないことだろう
そろりと目を閉じ 右腕を差し出した

とくり とくり とくり

さぁ、おいで
生きとし生けるものはすべて平等なはずだ
僕の汚れた命 欠片くらいはくれてやる

とくり とくり とくり



かゆい

ぱちん

10 :ゴイチ:2006/09/17(日) 02:22:30 ID:bnmTGB4h
月穿潭底水無痕 さま、心あるご指摘ありがとうございます。
率直なご意見参考にさせて頂きます

11 :369:2006/09/17(日) 02:28:28 ID:7sN8qdFe
タイトル「アラシ」

スクリプト書き込みをする度に
君の信頼がどんどん落ちてゆくよ
はじめは皆とお話したかっただけなのに
気が付いたらまたいつもと同じように君の周りから
誰も居なくなってしまったネ

 またいつもと同じように

どうしてこうなってしまうんだろう?
みんな君を置いて避難所へ行ってしまった
君から遠く逃げ出すためにネ
君は悔しくて悲しくて誰も居なくなったスレで今日もスクリプト書き込みをする
メル欄のつぶやきはもう誰ひとり受け入れてくれないね
君はフト気が付くこれは現実世界の君の状況と同じだと
窓の外では君から遠く離れたところでは皆が楽しそうにしている

 そして君は誰も居ない世界でひとりアラシ続ける
 誰も君を
  
         救 っ て は く れ な い


12 :名前はいらない:2006/09/17(日) 02:39:05 ID:bnmTGB4h
>>11
個人的には君じゃなくて僕だったらグっとリアルさが増したようにおもいます。
でも核心をついた非常によい詩だとおもいます

13 :名前はいらない:2006/09/17(日) 02:48:23 ID:Dw2cI0Yg
368 NO MUSIC NO NAME New! 2006/09/17(日) 02:14:36 ID:2+y62vwc
>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1

369 NO MUSIC NO NAME New! 2006/09/17(日) 02:15:53 ID:jBoD6ESc
スクリプト書き込みをする度に
君の信頼がどんどん落ちてゆくよ
はじめは皆とお話したかっただけなのに
気が付いたらまたいつもと同じように君の周りから
(以下略します)

374 369 なんなら俺がポエム板に行ってコピぺしてきてやるよw New! 2006/09/17(日) 02:21:18 ID:2+y62vwc
>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1>1

375 369 どう評価されるか楽しみだ New! 2006/09/17(日) 02:35:34 ID:2+y62vwc
>>http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1158421477/l50

(君のセンスを5段階で評価するよ!☆カスタム2☆ )

http://music5.2ch.net/test/read.cgi/musicjm/1158319054/

14 :13:2006/09/17(日) 03:10:00 ID:Dw2cI0Yg
どうも>>13です
浜田省吾のスレ
http://music5.2ch.net/test/read.cgi/musicjm/1158319054/

でスクリプト荒らしがしつこくて>>11の内容で説教したのですが
ご覧のとおりこちらのスレへその荒らしである>>11が貼り付けたところ
>>12さんにお褒めいただいたと
更にはアラシである>>11を逆に「君じゃなくて僕だったらグっとリアルさが増したようにおもいます」
というまさにズバリとしか言いようのないご指摘でwww
何でしょうこの綺麗過ぎるコントはw
とても面白かったです
更にはその浜省スレでこちらを誘導したので僕の目にもその顛末が触れたとw
爆笑させていただきました


15 :ゴイチ:2006/09/17(日) 03:12:21 ID:bnmTGB4h
多重評価でお願いします

『grow』
そんな彼女の生まれは、鏡の中の光の国、
秘密の扉の向こう、不思議の国
太陽も月も星もこの大地も、彼女の周りを回る銀河系

神様はニッコニコ、降り注ぎ続ける100万ワットスマイル
大きな愛に育つように、力強い命となるように

夕焼けが青空をにじませて、群青色の闇が降りてきて
松明をかざし集う、人の群れ、笑顔がそんな彼女を包むのさ

鳴り響く、お祈りの鐘 世界中に祝福のBon Night
豊かな稔りをもたらす 尊い知恵を授かるように、、、

大地を激しく揺るがす精霊の歌とディジュリジュのリズム
焚き火の煙はやがてこの星を包む 僕たちは嬉しすぎて踊り、狂う
夜空の星が全て降り尽きるまで 焚き火を取り囲み
生命は、友達の輪となって 炎を見つめながら、煙に撒かれながら
迎えに、迎えにゆくんだぁ、神様からの贈り物
この地上に安らぎを この僕らに安らぎを!


16 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 09:46:38 ID:YxXzakBL
【語ろう】スレにも書きましたがこちらにも貼っておきます。重要ですので一読お願いします。

カスタムについての補足

え〜っとカスタムに投稿していただき誠にありがとうございます。満員御礼ありがとうございます。
ですが【多重評価】について少し誤解をされておられる方がいらっしゃいますので説明させていただきます。

【多重評価】というのは「評価人が指名されていない作品に自由に評価することができる」
つまり「評価人が気に入った作品であれば指名がなくても評価できる自由」を意味しています。
投稿者が「1作品につき2人、評価人を指名することができる」という意味ではありません。
その補足として【原則として一人】を付け加えました。

例えば『208+さん、優しいあくまさん、評価お願いします』と依頼したとします。
これは【評価依頼は原則として一人】に接触してしまいます。(この場合、どちらか一方の評価が貰えた時点でもう片方への依頼は無効となります)

また、誤解を招かないように【原則として一人】についても説明します。
ご存知の通り、評価人にも当たり前のように生活があります。その合間をぬって評価をこなしておられるわけですが、
毎日来られる方もいれば中々来られない方もおられます。それは仕方の無いことです。
しかし、中には「早く評価を貰いたい方」もいらっしゃるでしょう。これはそういう人のために作りました。
言うまでも無く評価人に負担をかけすぎることを未然に防ぐ意味もあります。

評価を急いでいる場合であれば『208+さん、優しいあくまさん、どちらでも構いませんので評価お願いします』と依頼してください。
この場合、【原則として一人】には接触しません。(この場合もどちらか一方の評価が貰えた時点でもう一方への依頼は無効になります)
ただし『208+さん、優しいあくまさん、蝶のおならさんetc』といった具合に手当たり次第、評価を依頼するのはやめてください。
【カスタム】スレの主旨に反します。

このほとんどが私の独断です。
ですので誤解を生じさせてしまった私に責任があります。
私の力量不足です。すいませんでした。
ホンマ仕切りくさくて申し訳ない。

【カスタムルール】何卒、ご理解・ご協力のほう宜しくお願いします。

17 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 12:01:09 ID:YxXzakBL
評価デスカ。僕、評価忍ジャナイんだけどな。
実力は無いくせに口は悪いのでご了承ください。
とりあえず新スレ記念ってことで。

>>3
字数も揃えてあり読みやすい。詩も素直に書いてあって俺好み。
印象としては「愛」だけに寄りかかった詩だと思う。こういうのは良くない。
「愛」とは実に使いやすく、意味も分かりやすく、多くの人に好まれる。
しかし、その反面「人によって理解が異なる」ものだ。諸刃の刃というのかな。あまり使わないほうがよいだろう。
3連目から話が飛び付いていけなくなる。愛の幻といわれても困る。そもそも愛に実体はあるのか?って話なわけで。
2連の「愛してくれ」が6連には「ただ 愛を与える」に変わってる。どっちだよ!と思う。
愛の詩が書きたいなら「愛」を使わないで書いてみて欲しい。「愛」の代わりの表現なんていくらでもあるだろう?
それを上手く表現してこそ詩の価値があると思うんだ俺はね。長くなったな、評価D

>>4
先ず、三点リーダ、コレはよくない。沈黙や静寂なんかを表したかったら別の表現を探すこと。
難破船を地球に見立ているわけね。意味は分かりやすくて良い。
でもいきなり難破船は唐突。なぜそのような状況なのか説明がほしい。
5連の「垂れ流す白アリ」がいまいち。海の上でなんで白あり?陸の表現はないのに白アリだけいるのっておかしくない?
最後的に頑張れば未来は大丈夫だよって言ってる。希望の詩だね。嫌いじゃない。
でも大きな欠点を一つ。
航海日誌は何時からある?今しがたできたてほやほやの日誌ではないはずだ。
航海日誌はずっと昔からある。そこには過去の人の「未来への教訓」が書かれているはずだ。
しかし、我々はそれを知っても変わらない。そこには貴重な教訓があるのにも関わらずだ。
もしかしたら、書き込めないのかもしれない。何もかいてないかもしれない。なら未来には何も伝えることなどできない。
あるいは「我々にできないことを未来に押し付けている」だけかもしれない。だとすれば無責任な話だ。
簡単に言えば、「未来だけみて過去をみてない」んだ。設定が甘い、否定する考えを持ったほうがいい。評価D

つーーーか、ナゲェww震度いよ。

18 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 12:29:59 ID:YxXzakBL
とりあえずガンバリングww

>>9
分かりやすくてよい感じ。
突っ込みスタイルで攻めてみる。
1連目 右腕を差し出したからといって右腕に噛み付くとは限らんよね。
3連目 「平等なはずだ」 平等じゃないっていう考えがあって「汚れた命」につながってんだね。
2・4連目 「とくり」はどちらかというと血が流れる音だね。
オチ  刺されてる最中に痒くなるものかどうか。俺は刺されても気づかないから痒くもならないから良くわかんない。
     「ぱちん」は叩く音。でも殺せたかどうかははっきりしない。多分、逃げただろう。

総評、タイトルこそ「吸血蟲」となっているが、読んでいれば「吸血蟲」との話だとわかるので、もう少し捻りがあっても良かったと思う。
ただ手の届かないところ刺されたらぱちんってできないよね。右腕に刺すとはかぎらないからね。
でもよく推敲されてると思う。評価D+

疲れた。休憩しまつ。再開予定は未定でつ。

19 :名前はいらない:2006/09/17(日) 15:37:13 ID:oiYA69xP
自分が創ったのではないのですが、個人的にとても気に入った詩なので、見識のある方に評価してもらいたくて持ってきました。
よろしくお願いします。

1:名無しさん@実況で競馬板アウト :2006/09/13(水) 19:17:24 ID:hXHU3jYiP
9月だというのに
たくさん汗をかいた シーザリオ
またがっていた(またがっていた!)僕の手にはびっしょりシーザリオの汗
両手を広げて吹かれる 時間を忘れた
手にできた結晶を
僕はおひつを開けて おにぎりを握った
おいしいね シーザリオ

20 :名前はいらない:2006/09/17(日) 17:26:52 ID:/0pSNQma
>9です
>16
げ・・・そうだったんですかすいません。

>18
208+さん、評価ありがとうございました。
なるほど。確かにおっしゃる通り。すごく勉強になります。

21 :名前はいらない:2006/09/17(日) 17:27:21 ID:aUAoSumY
↑タイトルは、『汗かいちゃったね、シーザリオ』

22 :名前はいらない:2006/09/17(日) 17:39:25 ID:+eaQpVmw
補足説明をすると「シーザリオ」とは物凄く強かったメスの競走馬のことです。

23 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 18:36:35 ID:YxXzakBL
>>20
分かりにくくてごめんなさい。
そういうことなので宜しくお願いします。
評価もあんなものしかかけませんけどお役に立てたなら嬉しいです。

>>15
作者の意図通り理解できた自信はない。
1連目、「そんな彼女」といきなり言われても唐突すぎる。それに続く単語も同様。理解できないので放置。
2連目、ここで神様光臨。「太陽」のイメージにつながるがはっきりしない。
3連目、「そんな彼女」再び。まだ「彼女」が何かさえ不明。
4連目、「Bon Night」わからないのでググッてみた。どうやら記念日らしい。しかし、関係性は不明。
     どうやら、めでたいことのようであることが分かる。
5連目前半、「ディジュリジュ」はオーストラリアの民族楽器。精霊の歌、大地を揺るがす、ここでやっと状況がよく分かる。
     
これらのことをつなぎ合わせれば「彼女」、つまり「新生児」を祝福する宴なのだろうと推測。
1連目の「星」の表現は「球体」を想像する。だとすれば「鏡の中の〜国」の表現は「子宮」のことではないか。
とすると、「太陽」は母親だろう。ただ、太陽にワットという単位はそぐわないだろうと思う。

5連目後半、この最後の3行が全く脈絡のない文になっている。ここだけがこの詩のなかで明らかに異様であろう。
「生命は、〜迎えにゆくんだぁ」の文は全く必要ないと思う。説明しないのに書いてしまっては消化不良を起こす。
最後の最後で「彼女」がほったらかしなのだ。最後は「僕らに安らぎを」で終わっているため「結局、お前のことかよ!!」ってなってしまわないか?
勿論、「僕ら」の中に「彼女」が含まれているのは分かっているが、「僕」が主張しすぎているのだ。
最初に「彼女」と書いた以上、最後まで貫くべきであろう。テーマは絞ったほうがいい。
評価D

24 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 18:59:10 ID:YxXzakBL
悪いけど見識なんてありませんよww
>>19
シーザリオ。馬。了解。
主人公は騎手なのだろうか。設定がなく関係性もはっきりしないので推測するしかない。
とりあえず騎手ということで話を進める。
気になったのは「手にシーザリオの汗がついた状態で風に吹かれたので汗が乾いて結晶になった」とこぐらい。
馬がおにぎりを食べるかどうかは不明だが、特に何も感じるところはなかった。
「9月なのに」っていうのは必要なのか?汗をかいたのは私ではなく馬のほうだ。
馬のことなど全くわからないけどね。どことなく夢オチのような気がしないでもない。
評価D

以上、208+の(無理矢理)新スレ記念評価でした。

25 :名前はいらない:2006/09/17(日) 20:26:47 ID:nY+3uD1J
題名【ギター】

ひとたび音色を奏でれば

ぼくは全てを忘れる

嫌なことはもちろん、楽しいことも

ギターって楽しい

ギターが楽しいことは忘れないよ

26 :名前はいらない:2006/09/17(日) 20:35:23 ID:oiYA69xP
>>24
ありがとうございました。
素人が場違いな詩でスレ汚ししたことをお詫びいたします。

27 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/17(日) 20:45:53 ID:YxXzakBL
>>26
いやいや、全然スレ汚しなんかとんでもない。気を悪くなさらないで下さい。
ここにいる人は皆、素人なんですからいいんです。全く問題ありませんので安心してください。
僕は評価の時、口調を変えてしまうので怒ってるように見えましたかね?スイマセン。
ただ凛とした態度で評価に臨むために変えているのです。区別をつけたいのです。
ですので、お気になさらずに。

28 :ゴイチ:2006/09/17(日) 20:55:46 ID:wCKRpJA0
208+さま
なるほど、参考になります
きちんとした評価ありがとうございました

29 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/09/17(日) 21:09:29 ID:mL93O2NY
>>17
ハヤトくん評価ありがとうね。
またDか…ガーン
でも意外と真面目な評価で勉強になったよ!

30 :名前はいらない:2006/09/18(月) 04:08:33 ID:iq7WUy2q
>>19
私はポエム板ではなく、2ちゃん全体に詩を感じることがある。
コピペやAA、煽りに叩き。
「宇宙ヤバイ」なんかは名作ポエムだと思う。
そしてこの作品も名作に値する。
詩は、理解や知識のある人だけが楽しめるものではない。
面白いか面白くないか、それが評価である。もちろん、笑えるという意味ではない。

“キモい”“意味不明”と一蹴する人もたくさんいるだろう。
実際、非常にキモい。

ぱっと読んだところ、シーザリオへの偏愛をうたったものだ。
その愛情は半端ではない。
描かれた表現はあまりにも粗く、想像して補わなければならない。そこで必要なのが、読み手のイマジネーションだ。
読み手を刺激する単語の選び方にセンスがある。凍った泥水の塊をぶつけられたような、いやな、しかしひんやりとした衝撃がある。
使われた単語や言い回しをいちいち解説はしない。それは非常に野暮だ。
深読みしたところで、意味は持たないと思われる。
作者はおそらく、想像させた世界そのものによって、読み手に表現を投げ掛けている。
何を投げ掛けたかったか、というのは人によりけりだろうが、私は“胸糞悪さ”だと感じた。
この作品のすごいところ(そして、一番の山場)は、わざわざ、汗でおにぎりを握るという変態的なキモさを演出していることである。
読み手によって完成される作品であり、行き着くところはおそらく“キモい”であろう。

ネタにしても、ガチにしても、このセンスは評価したい。
マジでBを。

31 :名前はいらない:2006/09/18(月) 07:34:42 ID:iq7WUy2q
>>30
補足しておきたい。
特徴として、このキモさの演出は、非常に巧みなものである。
押し付けがましくなく、そしてわざとらしくない。
普通、キモさを醸そうとすれば、自ずと下品なキーワードを選びがちで、大抵はつまらないものとなる。
説明しすぎてしまうのもよくあるケースだ。
だが、何故かこの作品ではさわやかさが際立つ。すがすがしいほど気持ちが悪い。
いくら変態的だとは言え、シーザリオへの深い愛情を前提としているからに他ならない。
愛情あまってキモい、とも言える。
何気ない言い回しや、強引なまでに力強い誘導(馬に向かって「おいしいね」とはまさに勝手極まりないフレーズである)で、スレスレのところで愛情を含ませている。
語り口はライトだが、心構えに軽さを感じさせない。
このセンスこそが、評価したい才気である。

>>19氏、よければ元スレを教えて頂きたい。他の作品も読みたい。
ちなみに私はシーザリオは知らないが、ティコティコタックなら知っている。

32 :名前はいらない:2006/09/18(月) 10:41:36 ID:og4YxmXx
汗かいちゃったね、シーザリオ
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1158142644/

19氏ではないですが貼っておきますね。

33 :名前はいらない:2006/09/18(月) 12:48:51 ID:MJV1D5Up
「いとこ」

(1/2)
祖父の法事で集まった
叔父叔母は白髪が増え
いとこたちとも久しぶり

彼女は二年前結婚したという
ぴったりとした喪服が似合う
焼香する後ろ姿
うなじ
見てはいけないような
お経に目を落とす

墓参りの途中
雑談などをする
皆立派に生きている

34 :名前はいらない:2006/09/18(月) 12:50:36 ID:MJV1D5Up
(2/2)
昼飯を食う
彼女とは離れて座った
いとこ同士の気安さがあったのに
今は、なんとなくぎこちない

笑っている
彼女の横顔
面影は探すまでもない
とてもまぶしくて
綺麗にみえるほどに
寂しい

思い出に
置き去りにされる
自分

もう一度
彼女を見る
俺も結婚してみようか




やさしいあくまさん、お願いします。

35 :やさしいあくま:2006/09/18(月) 13:06:41 ID:JdZKRQOx

えっと、前スレ982からでよかったんだっけ?前スレはあとで全部書きまする。


36 :名前はいらない:2006/09/18(月) 13:38:46 ID:r0BUlIQt
すいません、これもお願いします。


1 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[] 投稿日:2005/11/28(月) 12:03:53 ID:bXief6Cf0
空けない。絶対に空けない。
缶詰めを眺めながら(たまにはプルタブに指をかけて)シーザリオちゃんの残り香を愉しみたい。
ハー、スガスガ、スーハスーハァ、う、麗しの。


37 :名前はいらない:2006/09/18(月) 17:26:08 ID:YYIjM5v/
ってか人の作品ありにしたらまずいだろ?

38 :名前はいらない:2006/09/18(月) 17:35:22 ID:JxeTZn4G
>>37 テンプレのどこにそんなことが書いてあった?

39 :やさしいあくま:2006/09/18(月) 18:33:01 ID:7c8llW/r
>>38スレタイに君のって書いてあるさ。


40 :名前はいらない:2006/09/18(月) 18:43:44 ID:JxeTZn4G
君の(選んだ詩)のセンスを〜 とも読める

41 :名前はいらない:2006/09/18(月) 18:49:04 ID:htQEnBys
「時代の変わり目」

あんたは鉛筆を持って部屋に入る
裸のやつを見つけ“あいつは誰?”って言う
あんたは一生懸命なんだが、理解しちゃいない
うちに帰った時になんていえばいいのか

何かが起こりつつある。でもあんたにはわかんないだよな

あんたは頭を上げて尋ねる
“これって、どこなのか?”
誰かがあなたを指差して答える
“それは彼のだよ”
そして、あんたは“私のは何なのか?”
すると、別のやつが“どこに何が?”
そして、あんたは言う“なんてことだ!
私はここでたった一人なのか?”

何かが起こりつつある。でもあんたにはわかんないんだよな

あんたはチケットを手渡し、見世物を見に行く
そいつは直接あんたに近づき、あなたの話を聴く
そして、彼は言う“どんな気分だい
そんな変人になっちゃって?”
あんたは言う“できない!”
彼から骨を手渡された時に

何かが起こりつつある。でもあんたにはわかんないんだよな




42 :名前はいらない:2006/09/18(月) 18:49:33 ID:kjFU9P96
アーティストが世界を歌うなら

僕を歌うのは当然だと思う

前兆つまりソレなのか

43 :前田です。:2006/09/18(月) 19:53:18 ID:CVsIqRwo
沢山評価ください!

「ロナウジーニョということ」

ある狂気、狂気とし

限られた時間の渦としなびかせ

例えば、おもむろにたかり絡めたその葦で突き抜けるんだよー

クインテットマジコ

44 :前田です。:2006/09/18(月) 19:55:38 ID:CVsIqRwo
>>42
おー!また君だ!
いいセンスだなー

45 :名前はいらない:2006/09/18(月) 19:58:35 ID:kjFU9P96
>>44 誰だあんた?むしろ何派ですか?

46 :  ◆UnderDv67M :2006/09/18(月) 20:04:26 ID:FLOgszKV
本スレがわけのわからん流れになっているのはこのパクリスレが出来たからか 今の日本人はなんでもありだな

47 :前田です。:2006/09/18(月) 20:12:28 ID:CVsIqRwo
>>45
君のセンスにひかれた前田です。という者ですよ。

何派と言われても、詩とうまくやれない俺にはよくわからないけど、君がそれを聞いてくれたのは嬉しいかな。
そして、それに答えられないのは残念ですよ。

48 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/18(月) 20:19:02 ID:kSvxTZMu
>>40
正直、その発想はなかった。
一応、君のセンスだから、ね。
でも迂闊に評価しちゃった俺の責任だね。ごめん。
>>36
私が責任もって評価します。ですがここは人様の作品を評価する場ではなく、
ご本人で書かれた詩を評価する場ですのでご理解ください。お願いいたします。

評価
以前のよりも危なさが増してる印象。缶詰を開けるか開けないかの興奮。こんなことで盛り上がるのはよほどの変態。
缶詰についた残り香。全く意味不明。中味はなにか?おそらく考えるだけ無駄。
特に面白いと感じない。
評価D-
怒ってるわけじゃありませんので。

49 :名前はいらない:2006/09/18(月) 21:15:40 ID:bUFwgEU9
CHARAも僕を唄っているのか…
愕然とした


UAも好きなんた゛



しかし僕に何ができるのか…

50 :やさしいあくま:2006/09/18(月) 22:55:26 ID:7c8llW/r
前スレ>982-983「バックシート」

ユルい評文残ってるんで。
説明的すぎる詩もうまくないが。これは逆に自分だけがわかる設定内容で、こちらとしては何を、なんのことを言っているのか、話自体が理解できなかった。
そこが一番痛い。
 叙情詩であってもまず人に伝わる思いというのを書いてください。
 多分感慨深く綴ったとは思いますが、深すぎて読み手は思いの断片しか頭に入ってきませんでした。
 メリハリ、高まる部分もほしい。D−


51 :名前はいらない:2006/09/18(月) 23:53:55 ID:oz/C5i4y
クジラ

くじらがざぶん くじらがびちゃん
くじらが溺れたら くじらを助けるのは だれ

くじらがどぼん くじらがばちゃん
くじらが飛び込んだら くじらは泳いでいけるのに

くじらがびたん くじらがくたり
くじらが死んだならば くじらを助けられる人 いないでしょ

くじら死ぬな くじら起こせ
くじら白目をむく くじらにまぶたはあるのか ないのか

くじら 手遅れ


52 :やさしいあくま:2006/09/19(火) 00:18:55 ID:r3qP1uYq
PCの調子が悪いです。右のカーソル動かなくなった。突然いなくなったら、PC壊れたと思ってください。

>>986 そんなこと言っても
詩は投稿するんだね。





53 :名前はいらない:2006/09/19(火) 02:16:56 ID:oV4iT1Na
コンビニ

角のコンビニ あったかい
からあげ コーヒー おべんとう
にくまん おでん あの子の笑顔

54 :名前はいらない:2006/09/19(火) 06:19:35 ID:DwbeNbSB
「2ちゃんねるの皆様へ」

あなたたちのレスはあなたたち自身を映す鏡
ご自分のレスにご自分のすべてあり
ご自分の姿とくとご覧あれ

55 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/09/19(火) 21:37:00 ID:mmNJg1+D
本スレ>68-69氏
ニュースで海外の残虐に涙するのは別に日本人特有というわけじゃない。
そこからあーだこーだと関心無関心に問わず、一個人としての意見を言えることが
切磋琢磨しているようだなぁ・・・と感じたんですよ。文章に突っ込まれたのかね?
そこまで食いつかれるとはおもわなんだw

>言葉にしてしまえば残酷なものだなぁ。君のここの観点はすごい所をついたと思います。
の一文は、ちょっと恥ずかしい。言葉にしたのはその前の面倒だという文章に対して。
自分の言葉で言い表すと、実に汚い奴だなぁと。自己レスしちゃってるな。
「麻痺」の作者に対してではなかった。勘違いさせてスイマセンなぁ。
君の〜は3連目に対して、ね。言葉足らず度々スマン。

>麻痺された心痛の叫びが聞こえてくるようでした。
ここも「麻痺」の作者が麻痺したんではなく、この詩に出てくる感情そのものに対してだ。
作者はその無関心な人間に対して「麻痺」という言葉を使ったのだろう?
その思いの内が伝わるようだ、ということだったわけですが。

評価の説明って詩の種明かしより恥ずかしいわいw
人間の盾になるのもまた日本人特有なのかもな。私は行かないが。
>68-69氏、感謝するよ。こういう意見どんどんください。

56 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/09/19(火) 21:39:28 ID:mmNJg1+D
うあ、誤爆。
スイマセン(´・ω・`)

57 :阿漕な世界で:2006/09/19(火) 22:56:10 ID:54rwDFFH
目を閉じて。
紡いでいたつもりの、言葉とか。夢とか。
外に出せば絡んで、無惨に。笑われてしまう。
ああ、それで結局こんなもんさって。
悪くはないさ、始めから期待なんてしてなかったことにすればさ。世の中は厳しいって言えるようになればきっと大人。
それでも…ガラクタと呼んでしまうには何か惜しくて。わかってはいるけど。
外に出さないで守ってようかって、このまま終わりにしちゃおうかって何度も思ったよ。
昔、気に入っていたTシャツが雑巾になっていた。
昔、編んだセーターが猫を暖めていた。
昔、書いた日記がもう一回頑張れと背中を押した。
昔、撮った写真の祖父がオレの頭を撫でていた。
カーテンを開けると、そこには美しい太陽が…っていうのはなかった。光化学スモッグに覆われた濁った空だった。
捨てなきゃいけないモノもあるよ?捨てなきゃいけない想いもあるよ?
けど、どっかでソイツは生きている。無駄じゃないって聞こえないけど叫んでる。
オレはコイツをそっと押し入れに入れてとりあえずバンドマンの端くれとしてthank youと綴って。
ああ、結局こんなもんさって。けど、そんなもんじゃないかもって。bad じゃなくて but だって。
うん…thank you。おまえを bad にしないため。
バンドマンの端くれだったから声を聞くのは得意だよ。待っててくれよ。
阿漕な世界で。



58 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/20(水) 17:37:01 ID:2Uu59UWa
結構長い間評価されてない詩があるようなので指名がないもの評価します。
ではイキマス

>>25
短い詩にしては何も浮かんでこない。
「音色を奏でる」「全てを忘れる」など特に言葉を選んでいるわけでもない。
それにギターにする必要もない。ベースでもタンバリンでもカスタネットでもいける。
なぜ『ギター』にしたのか全く不明。その必要性だけでも書けるとよくなる。
評価D-

>>42
書かれてあるのだから評価する。
別にどうってことない。評価D-

>>43
タイトルに固有名詞。早速減点。
特に目立った表現はない。文も主語がなく何言ってるのか不明。
「突き抜けるんだよー」とかいわれても知らん。勝手に言ってろ。
最後「クインテットマジコ」だけ推測。クインテット=五重奏 マジコ=魔法ぐらいが妥当か。
ロナウジーニョありきの詩。はっきり言ってつまらない。評価D-

>>49
書いてあるから。
知るか。樹海で首でもつってこい。評価E

59 :竹石 ◆Fh4oVmVAdY :2006/09/20(水) 17:58:41 ID:VTF6x0BL
おくむら樣にお願いします 

  
  「_に捧げるうた-」改定版02 

   美わしい_、哀れにも純朴なる_よ
   レイゾンデイト、詩を探究する 巡礼の乙女よ
   水晶のごとき透明の時を求め苛立ち
   夜ごと暗い板の扉を開く眼光は 厳めしさを増していく
   水は風に逆らう その熱病に浮かされた足取りが
   波紋をつくれば ささやかな満足もあるのか
      お前の歌は鷹揚さに欠くぞ 
   墓守りの曲った声も木枯らしとなり
   ただ気高き乙女の髪をなびかせるばかり
   瞳を紅に染め、虫を愛でる姫なれば

60 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/20(水) 18:02:40 ID:2Uu59UWa
続き。

>>51
くじら。つっこみスタイルで。
1連 誰も助けなくていいじゃね?野生動物だし。
2連 飛び込んだらってことは岸に打ち上げられてると予想。
3連 完全に死んでしまった生き物を助けられるものなんてありませんよ。
4連 多分、あるんじゃない?知らんけど。
5連 南無南無。
良かったところを挙げてみる。
「ざぶん」「びちゃん」などの擬音がおもしろい。もがいているような様子が伝わる。
主人公はくじらをみていのだろうが、どこか冷ややかな印象がする。死ぬ間際に「まぶた」のことを考えてる辺りとか。
そして最後の分かりきったような言葉。感情と興味が薄れていくような表現である。上手い。
D+ or C- どうしようか迷った結果・・・・評価C-

>>53
ありきたりな内容である。特に目立ったところもない。
が、コンビニの商品はあたたかいものを選んでいる。
あの子の笑顔もあたたかいのだろう。それはよく分かる。次はもっと違う着眼点を探してみて。評価D

>>54
突っ込みスタイル。
先ず、タイトル。この詩に当てはまるのは「2ちゃんねる」だけだろうか?ココだけがそうだ、とは言い切れまい。
「自分のレスが自分の全て」というには早急すぎる。何故?どうして?が必要であろう。
だが、言いたいことはよく分かる。まぁ特別すごいことを言ってるわけでもないのだが。
評価D

>>57まで行こうかと思ったんだけど長さが足りないのでここまで。もし評価がほしければ指名してください。
ついでに皆さん、ここは指名しなきゃ大した意味ありませんよ?
相変わらず長い文を書いてしまう208+でした。

61 :前田です。:2006/09/20(水) 19:05:27 ID:ngVIIyrt
>>58
208+さん、詩評価してくれてありがとー。

早速、題で減点されてしまった。。というか減点法だと知って少し意外 。評価人は、感覚で評価するのかと思ってたから。細かい識別があったのかー
あーでも、きっと俺の詩は常に題でハンデを抱えてからのスタートを強いられることになりそうw
でも、クインテットマジコの意味よく知ってましたね!
ここは指名した方がいいのかー、それなら少しでも上手い人に見てほしいから、また書いたら君に評価お願いしよっと!

62 :前田です。:2006/09/20(水) 22:13:12 ID:ngVIIyrt
えーと、208+さんの評価希望です!もしダメなら蝶のおならさん、それもダメならおくむらさん、これまたダメならやさしいあくまさん、さらにダメなら自分で評価するからもういいです。。

『右向けガウーショ』

ロナウジーニョは言った
「ロナウジーニョは嘘つきだ」

僕はガウーショと二人で、柔らかい頬を落として笑った

右向け、右!

63 :水無月 琴葉:2006/09/20(水) 22:35:57 ID:Pz89VTpf
初参加ですが、208+様に評価して頂きたいなと思います。

『狐面』

僕の仰いだ空を
不自由な翼で戦闘機が堕ちてゆく
ビルの隙間から覗く地平線は
仰いだ空が嘘のように
血が溢れ出しそうな紅色

幼き日の僕は子狐の仮面を
今の僕は狐の仮面を
視界の右半分を覆う絶望と
醜い傷跡を覆い隠して

瞳を閉じる
漆黒の闇の中に浮かぶ焔
地獄から這い上がる灼熱の焔
幼き僕の笑顔が歪む
空には堕ちる戦闘機

今日もまた何処かで
仮面の下に隠したくなるような
醜い傷跡が世に出でる

64 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/20(水) 22:52:18 ID:2Uu59UWa
まいどありがとうございます。即レスで評価です。
指名いただいてありがたいのですがかなりの酷評です。
>>62
タイトルで減点。でもこれがあなたのスタイルなら文句は言わない。
私はサッカー選手をあまり知らない。「ロナウジーニョ」ぐらいなら分かるが、「ガウーショ」はしらない。ってかサッカー選手?
正直、さっき読んだものと受ける印象は変わっていない。つまらない。
内容もいまいち伝わってこない詩。
嘘つきのロナウが「右向け、右」と言って僕と彼を騙そうとしたから笑ってるのか?少し描写が足りない。
それに外国人に「右向け、右」なんて言うものか?いかにも日本風なところが外国人にはそぐわない。
コレが本スレにあっても私は読まないでスルーするだろう。(ほとんどそうだけど)
評価D-

補足・詩の中に固有名詞を入れるのはお勧めしない。というか入ってる詩を他に見たことがない。
ストーリー性もない・ギャグでもない・言葉の上手さもない・読み手(私)に伝わるものがない ゆえに評価が低い
ロナウが好きならもっと情熱的に訴えるとか、いっそのこと錯乱してるぐらいに書いてみるとか、やってみればいいと思う。
ただ、それで高評価につながるという保障はないが。酷評にくじけず頑張ってほしい。

ちなみに俺よりあくまさんのほうが的確なアドバイスを頂けますよ。では。

リロードしてよかった。
>>63
また、明日評価させていただきます。すいません。では ノシ

65 :前田です。:2006/09/20(水) 23:23:11 ID:ngVIIyrt
>>64
素早い!!

これは「クレタ人の矛盾」を単純にロナウジーニョで表現してみた。
ロナウジーニョが嘘つきなら、「嘘つきです」と言ったことも嘘なので、本当は嘘つきではないという矛盾。
ロナウジーニョが嘘つきでなければ、嘘つきではないのに「嘘つきです」と嘘を言っているという矛盾。どちらにしろ、この文は矛盾していて成立しない。その面白さ

ロナウジーニョ・ガウーショ(本名ロナウド・ジ・アシス・モレイラ)
全部ロナウジーニョのことです。

本スレにも投下してみる!208+さんアリガトー!!!頑張ります!

66 :ゾクゾクワクワク:2006/09/21(木) 00:02:53 ID:heZvsOGJ
全部おれにやらせるのかといわれて
執行役員が動き出す

67 :おくむら:2006/09/21(木) 00:11:36 ID:r1MHxhn7
本スレの方でレスがきてなく、寂しかったのでちょっと覗いてみたら
僕の名前が出ててびっくりしました。
こっちのスレの方はあまり見てなかったので危ない所でした。
折角のご指名なので、評価させて頂きますね。
こちらでもやはり返レス推奨です。できる限り返します。

68 :おくむら:2006/09/21(木) 00:12:21 ID:r1MHxhn7
>>59
_←このように匿名にすることで、言葉の潔い明確さが出てて、僕はこれは成功しているな、
と思いました。もしかしたら、この表現でただ女性の具体性を
取り払っただけでなく(智恵子、美恵子)、
女性性そのものも(女であることをも)、取り払おうとしたんでしょうか?
その点に関しては後述します。
全体の描写は、抽象度が高い割りに共感する所が多かったです。
ミューズが降りてくる瞬間は、詩を書いている人間にとって至福の体験です。
できればこの体験を多くの人に共有してもらいたいですね。
個性的ですし、あとは「美しさ」でしょうか。意味の美しさではなく、純粋に表現上の
美しさがもっと欲しいかも?でした。ちょっと残念(結構高い要求出してます)です。

細かい所で気になったのは、「鷹揚さに欠く」というのは
言葉的にこの乙女には合わない気がした所でしょうか。
むしろ俗世を切り捨て、己個人との対決を志向している点で、
「死に誘われている」とか、うーんいい表現が思いつきませんが、その点
改良の余地があるように感じました。

後述すると言っていた点なんですが、それはこの詩の印象ですね。
乙女に対する偏愛性が変に出てきてしまっていて、
それがこの作品を損なっていると感じました。
乙女とは思えない描写をはさむなど、乙女の比喩のレベルをあげて、
単純に詩を探求する女性を語るのではなく、
もっと広く、女でも男でもなく詩を愛する人間の描写を
イメージとしての乙女に託す方が私の個人的好みには適います(個人的ですみません)。
ちょっと確かめてなくて、どうだったかはっきり言えないのですが、
作品に対する志向性は違うとしても、鈴木志郎康さんのかの有名な詩などが、
乙女という言葉を、よりイメージの世界に近づけるために、
参考になるのかな、と思います。現実の対象(乙女)から離れたり近づいたり、
そこら辺の上手い表現を見ることができると思います。B-

69 :竹石 ◆Fh4oVmVAdY :2006/09/21(木) 02:43:40 ID:ozh/UeUh
>>68   
アー、アハハ、流石。なんだか色々な意味で感激しました。えー、っと。まず、
「_」と表記したところに任意の女性の名前を当てはめてることも出来るだろう、
という御指摘はまさにそうした効果も狙ってもいたので、スンナリ理解してもら
たみたいで本当に嬉しかったです。だけど。別の見方も可能で、たんに
「_」→「下線棒」→「アンダーバー」と考えてもらっても結構だったんですよ。
つまり、この詩に描かれた乙女のモデルは◆UnderDv67M であったという風に。
「夜ごと暗い板の扉を開く」の「板」とは、この詩板のことだし。
「波紋をつくれば」とは、傍迷惑と私の目には映る荒しのことだし。
「虫を愛でる姫」が「瞳を紅に染め」るのも、青虫のAAを好む◆UnderDv67M
がまさに怒りぽっくて、まるで目を攻撃色にした風谷のナウシカじゃん、って連想が
働いていたからでした。なんで◆UnderDv67Mが乙女として描かれる必要があったか
というと、そこはそれ。真実と陰謀の隙間を狙うプロパガンダってヤツででありまて。
私は◆UnderDv67Mへのささやかな愛情と、それを上回る悪意を否定しません。
この詩が書かれたきっかけは、「休憩雑談 69」スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1158593388/l50
で読むことが出来るので、良かったらそちらを覗いて頂くことにして。
あと「鈴木志郎康」って固有名詞が出てきたことも、なんだか、ゲッ、ゲッ、ゲー、
って感じに感激しました。いいえ、たまたま彼の詩集を読んだことがあるって以外に、
深い理由はないのですが。B- って評価もオイラにゃ、もったないくれーでしただよ。
急いで書き加えますが、どうか気を悪くしないで下さいね。少しふざけたダブル
ミーティング?を試みたことは認めますが、詩作自体は真剣になされたものです。
ともかく、ありがとう。

70 :名前はいらない:2006/09/21(木) 11:28:47 ID:SC9C9805
どうしても名前が書き込めないやさしいあくまです。ごめん忙しくて評価してる暇がなかった。
前スレ>>987
「テディベア」
これギャグかな。ベアクロウって。今非常にメンタル値が落ちてて、普段だったらこれスケー面白いとか言うかもしれないが、えぇそういうわけで笑えるところも笑えませんでした。

「ベアクロウで死にたいか」あぁ詩にてーよ。こりゃ評文じゃないな。ごめん。いい加減な僕で。
 第1連のリフレインの効果があまりないのと、最後のオチまでオトすのがうまく繋がっていないため、ただのオヤジギャグに聞こえました。
あ、別に前のレスでへこんてるわけじゃないから。心配しないで!(しねーよ)D




71 :やさしいあくま:2006/09/21(木) 11:35:54 ID:SC9C9805
前スレ>988「ゴーツーホーム」
 
 トゥーじゃないの?ッテツッコミはいらないか。
あーあったまいてー。家?帰ってるよもー。なのになんでPC開いて評価なんかしてるかね。
 帰りたいって言ってるのにゴーツーホームノニュアンスでよいのかね。
 ハッハー!壊れ具合が今の俺にはここち良いね。でも評価基準はズレマセーン。D

つーか誰だこの人みたいになってきた。




72 :やさしいあくま:2006/09/21(木) 11:42:27 ID:m8tedU38
前スレ>989「恋のはじまりは〜」

ユルい評文いきます。
 「この空は〜求めている」が大雑把で、読み手に理解を任せすぎている感あり。
 「仰向いた」って言葉あんまり使ったことない正直言うと変に感じた。でも仰向いたって言葉はちゃんとあるねぇ。よく知ってたね。
 二人の関係がどのくらいの距離にいるものなのかわからないため、読んでるこっちが距離感をつかめず。(つまりどういった関係なのかっていう大雑把な設定までのことをさします)
あとは言葉が思い当らない。D


73 :やさしいあくま:2006/09/21(木) 11:45:26 ID:m8tedU38
前スレ>990「キチガイ死ね〜」からはじまるタイトルなし。

 やくたたずとは随分な言い草やね。自分勝手と思われるよ。
 感情のはけ口。それ以外に何が。D−





74 :やさしいあくま:2006/09/21(木) 12:02:33 ID:m8tedU38
前スレ>991 タイトルなし「まじで意味なくねー?〜」からはじまる思付ボエム。

 「自分を特別視〜」あぁーいるよねー。だいたいそういうやつは何もないことを知るのを恐れるから自分で性格を捩じ曲げるんだよ。また、そういう偏見を人に向ける奴も事実を捩じ曲げて
もともとの自分を否定するんだ。
 誰宛のはけ口にされてるのかわかりませんが、言葉に表せない、また活字でも表現できない感情のモヤモヤを詩にぶつけるのも、他人を害さないかぎりは、
人に晒すのもいいでしょう。
 僕はそれを評価スレに載せる行為も不快には思わない。多分、他人の気持ちの消化など僕にはできませんから。
しかしそうして生まれた詩のほとんどは誰かを感動せしめる言葉のひとつにもなれないことを自覚できるかと言ったらそれもまた一部であるのだ。
 。D−この評価に感情的な物は含まれない。次はよいコンディションで詩作に望まれたほうがよいと思います。
     



75 :やさしいあくま:2006/09/21(木) 12:23:27 ID:m8tedU38
前スレ1000 お前幸せになれよーー。

前スレ終了?
あーあった>913 これもタイトルなし。
基本的にタイトルのないものは興味もったものしか評価しない方針だ。この作者さんは僕がタイトル付けてくださいと言いましたが、ノーレスでした。
 詩作や評価されることにどれだけ意欲があるかはタイトル不備だけではわからないが、こちらの受け取りとしては、不備があるものは、適当、なんとなく書
いたとかそんなマイナス面でしか受け取れないのだ。事情があろうがなかろうが、放置に至る扱いは事実、そう予測するしかできず評文は載せませんでした。 
実際、タイトルや題名を付けきれないだけの理由がある作品を僕はみたことがないからだ。


76 :やさしいあくま:2006/09/21(木) 12:42:29 ID:m8tedU38
そんなわけだが前スレ>913タイトルなしを評価するとしよう。

内容、粗筋を説明してと言われたら説明できるだろうか。それだけ言いたいことの核が伝わってこない。
 未来は何をさらってどんな淋しさを残してゆくのか。喪失感をなんとなく漂わせるが、その輪郭しか浮かんできません。ですから、作品のなかに読み手が
詩の中からどんな意味や真実が込められているのかを受け取れるかと言ったら皆無なのです。
      最終連も雰囲気だけで、表現の芯の部分に命がない作品だと思いました。
 主題がないままイメージを流すのではなく、もっと明確な主張なり話なりを置いてそこに何をイメージさせていくのか、まず主題が重要だと思う無念D−。


77 :やさしいあくま ◆Nco3ElKEVE :2006/09/21(木) 12:59:36 ID:SC9C9805
おまたせしました。
>>9「吸血蟲」

指名受けました。吸血中だったらある意味新境地が開けたな、とwあんまりおもしろくなくて御免。
 プチ面白かったです。こういうのは内容と文体のギャップに面白さが出るんだが、その文体のかたさをもう少しいれてもよかったんじゃないかなーと思う。
まぁそれは好き好きかもしれない。
 タイトルなくても1連だけで十分ネタバレしているとこが残念だ。
 この1連に入る前に関連性のあるまったく別の話で感慨深く導入してから、さぁおいで」にはいったほうが、いい意味でもったいぶっててよかったと思う。
 こう書くと僕の考えみたいに聞こえるな。えー、つまり、本題に入る前に間を入れて話を構築するってこと。ややもったいなく感じました。D
あれっこの評文のせたっけ?かぶってたらごめん。


78 :やさしいあくま ◆Nco3ElKEVE :2006/09/21(木) 13:06:13 ID:SC9C9805
>>53「コンビニ」
 リズムよく、みじかいなりに端的なよさがでている。
 ありがちな内容だが、その子に会うのに毎日いろいろ買ってるんだなぁと思うといいなって。
 ストレートな表現は、読者をどれだけ引き込めるかで感動の度合いが違う。ストレートな表現しかできない人は、それを極めて使いこなすのもいいと思う。D+


79 :やさしいあくま ◆Nco3ElKEVE :2006/09/21(木) 13:24:12 ID:SC9C9805
>>62「右むけガウーショ」/前田です。さん

 これはナンセンスものかな。ガウーショって誰かわからない時点で評価やめたほうがいいなと思ったけど、あとででてました。
 最初に感じた事を書いていきます。
 名前でイコールするイメージは多々あって、作品にいれるときはそれを考慮して作らなくちゃいけない。この人=OOみたいなね。
 でもそれに頼りすぎて作品の質、というか、表現力を落としてはならない。それで本文。説明するものはなく、すべてのつながりが意味を成さない。
 こんな風に感じました。それであとから説明を読んだわけだけれども、作者の意図したことは説明のあと詩を読んでも受け取れるものがなかった。
 ロナウジーニョである必要もなければ、彼にかかった内容でもない。つまり他の誰かでも代用できる表現であるなら、固有名詞は必要ないものだという
結論になります。インパクトや意外性を追求する前に意味があり、人が読んでわかるという基本的なところから目指してほしい。D−
また個性を活かしながら試行錯誤するのも個人のやり方で自由だと思います。


80 :名前はいらない:2006/09/21(木) 13:26:45 ID:/szAj4Kb
「パンスト」

足裏を包む 仄かな感触
スリ…スリ…スリ…
性器を這わせ 薄らかを知る
伝わる記憶 大地の温もり
包まれたつま先が しっとりしている

つま先…パンストで蒸れてるね

おてんとさまが 日本晴れ

温もりに 照らされて
弾けた実から 種が散る
雪覆う大地 豊穣の大地

パンストの足裏が汚れた彼女を抱き締め
大地を犯した罪に浸る僕

81 :名前はいらない:2006/09/21(木) 16:01:01 ID:7+Ikxz79
『モノクロ』

今日から色が失われた
街も人も皆一斉に溶け合う
捧げられた神の息吹すら
モノクロに侵されて腐敗した

昨日は二本足の怪物が
坊やを連れ去っていった
僕はそれに気付きながらも
タバコの煙にむせていた

昼間のバスで見かけた彼は
頭皮を掻きむしって泣いた
僕はそれを傍観しながら
まともじゃないなと思ってた

夜なのに空が明るい
ああ またやっちまった
シラフになってもまだ明るい
ああ もう終わっちまった

今日から光が失われた
脳も体もドロドロに溶け出す
差し出された暗黙の了解
モノクロは僕と一体化した


評価はどなたでも結構です
よろしくお願いします

82 :前田です。:2006/09/21(木) 17:32:46 ID:Qd5b3M6l
>>79
やったぜ!やさしいあくまさんからも評価もらったぜベイビー!
そういえば君には前に他の話題でレスしたことがあったね!

俺は、ロナウジーニョの詩だけを書いてます
正しくはロナウジーニョの詩ではないけど。
俺の詩は伝わらないんですよ。100人読んだら100人がロナウジーニョばかりを見てしまって。詩を書いているのはロナウジーニョではなく俺なのに。
それでも書いているときは楽しいから、俺も質が悪いw

結局、俺はまだ詩にもロナウジーニョにも負けてるんです。

沢山アドバイスありがとー!!やさしいあくまさん!

83 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/21(木) 18:24:54 ID:gvxMIOrv
まいどありがとうございます。厄介事の多い208+です。評価させていただきます。ちょっとだけ口調を変えてみます。

>>63
1連 「戦闘機が堕ちてゆく」は場面が何かしらの戦闘状態にあることを示し、それを受けて「ビル〜地平線」となる。
    つまり辺りが瓦礫の山・あるいは廃墟のような状況であると推測。 
    ただ、二度「仰いだ空」はくどい。2回目は変えたほうがすっきりする。
    それと「嘘のように」も少し違和感。『前者と後者を比べて』という前提が足りていないと思う。

2連 仮面と傷跡の描写。仮面を被る理由が明らかにされている。
    「幼き日の僕は〜」「今の僕は〜」の部分。2度も「僕」をとしないほうが読みやすい。

3連 回想だろうか。おそらく2連の「傷跡」を描写しているのだろう。戦火に巻き込まれた「僕」の記憶。
   もういちど戦闘機がでてくる。過去と現在の状況に変化がないことを表しているのは分かるが、別の表現のほうがよい。

4連 『なおも戦争は続く』と。

総評 全体的に少々読みづらい。タイトルの『狐面』であるがいまいち伝わってこなかった。
傷を面で隠すというのはごく普通の発想であるし、狐はなんだったのか?というのが正直なところ。
選び抜かれた言葉、というわけではない。例えば「醜い、絶望、漆黒、地獄」である。いわば「既製品」なのだ。
「絶望」という言葉を「別の言葉」で表現できないほど日本語は不便な言葉ではない、と誰かが言ってた。
多種多様な日本語を自分自身の言葉で紡ぎだすところにセンスが求められ、そこにセンスを感じるのだろう。
といっても俺個人としての考えだからあまり影響されないほうが吉。
お待たせしました。というわけで評価D 

俺、ナゲェーーーーwwwビックリしちゃった。でも中味は薄いの。ゴメンネ。
壊れ気味のあくまさん評価乙です。

84 :水無月 琴葉:2006/09/21(木) 19:56:39 ID:jQe40wqU
>>83
評価、有難う御座いました。
確かに、色々と改善すべき点は多いようです。
まだまだ精進しないといけないようですね……。

また機会があれば頼みたいと思いますので、その時は宜しくお願いします。

85 :水無月 琴葉:2006/09/21(木) 20:21:01 ID:jQe40wqU
ほぼ連続投稿状態ですが……。
今回も再び、208+様、御願い致します。

『ステラバイムーア』

君のためにバラを買ったんだ
ダースどころじゃなくって
とにかく手に余るくらい沢山さ
でも行かなきゃいけなかったんだ
あの日は随分な雨だった
煙草になかなか火がつかなかった

今もフラッシュバックする
悪夢みたいな記憶達
撃ち殺されたフリして
トンヅラしてるだけだろう

遠い遠い教会の鐘の音
天国まであと2マイルはある

灰が落ちて水たまりを濁す
黒いコートが似合わないのは分かってた
でもあの時の僕には丁度良かったのさ
自分を偽って殺すには丁度ね
バラが一輪落ちたことに
僕は最後まで気付かなかった
花束は随分綺麗だったよ
もちろん君には負けてたけど

(次レスに続きます)

86 :水無月 琴葉:2006/09/21(木) 20:21:32 ID:jQe40wqU
(前レス続きです)

乱雑な銃声を叩きつけて
誰のかも分からない血が飛び散るのを
さすがに楽しいとは思わなかった
でもいろいろ考えてたら
ついうっかり撃たれちまったみたいで
僕は少しだけ笑ってたんだ
煙草の煙と硝煙が目に痛かった
僕は花束を静かに空に投げだした

そして僕にさよならを言う
くわえた煙草がスローで落ちていく
その時はただ君への花束が惜しかった

87 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/21(木) 20:56:18 ID:gvxMIOrv
>>85
指名どうもです。僕は評価に時間がかかりますので、また明日にやらせていただきます。
また明日のこのくらいの時間にするつもりです。すいません。

88 :水無月 琴葉:2006/09/21(木) 21:02:15 ID:jQe40wqU
>>87
了解しました。
時間のある時で結構ですので、宜しく御願い致します。

89 :名前はいらない:2006/09/21(木) 22:50:26 ID:kkDPpPv+
分かってるようでわかってない
知ってるようで知らない

すべては自己愛護

やめたろかやめたろか

90 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/09/21(木) 22:59:36 ID:vy9+0LIX
『少年』 やさしいあくまさんか蝶のおならさん、何方でもいいので宜しくです。

壁に吊るしたカレンダーにお日様の落書き
普通の朝はいつ来るんだろうとか思いながら
ステルス迷彩を買えるぐらいのお金と
毎日ステーキ食べれるぐらいの幸せならいらない

ニュースが足元に飛び込んでくる
海の遥か彼方 旅客機が墜落しました
日本人は乗っていませんでした 日本人は乗っていませんでした
それ見て良かったと言ってる奴ら
みんな豆腐にぶつかって死んじまえ

僕からみた世界の全ては-1と1で表現される
鳥人間は戻ってこない ガードレールを突き破る
総裁選の間 道路標識盗んでる
悪いことしてのうのうと生きてる奴ら
ソーメンで首つって死んじまえ

91 :名前はいらない:2006/09/21(木) 23:02:26 ID:kkDPpPv+
全部自分に跳ね返る

だから受け身でいいんじゃないか?

そろそろやめにしないか

92 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/22(金) 19:23:17 ID:mAblpKKU
どうもこんばんわ。昨日の依頼作品評価します。
昨日の評文を見直せば、まだまだだなと自分の力量不足を思い知らせれる次第です。頑張ります。

>>85-86
作品の完成度は高く感じるが、気になる点がいくつかある。
2連 逃亡しようとしていたのは誰か?それが何故、悪夢なのかが不鮮明。
4連 全体的に分かりにくい印象。例えば「黒い〜丁度ね」の展開についてけない。少なくても話の説明が必要だ。
読みきれなかった点を3つ。
1つは4連の「灰」。そのままの意味なのかそれとも何かの比喩なのか分からなかった。

2つ目。多分コレが一番重要だと思う。『主人公の設定』である。
彼は何故か戦場にいる。持っているのは花束。君に届ける途中で死んでしまう。と言う設定。
おそらく彼は「兵士」なのだろう。3連はそれを補足していると推測した。
私には彼の設定が弱く感じた。このような状況にいながらもいまひとつ正体がはっきりしないからだ。
民間人、軍人、何かのボランティア、彼の設定には「どれでも当てはまる」のだ。
(これから下は私見なので、評価には関係してません。)
例えば彼に「カメラ」を持たせる。すると彼は「戦場カメラマン」、君に花束を届ける途中で死んでしまう。
私個人の意見で言えば「設定ははっきりしていたほうが(読み手が)想像しやすい」と思うのだ。
ごく私的な意見で申し訳ない。

最後、「ステラバイムーア」タイトルである。聞き覚えがあるのだが私は知らない。
場所だったか、教会の名前だったかそんな感じ。ググッてみたが分からなかった。できれば種明かしが聞きたい。

総評、前述したとおり完成度は高い。読み手を意識していることも分かる。
容易に難解な言葉を使ってないのもイイ。私の好みです。
ただもう少しはっきりと(読み手が)イメージできるためにはもう少し設定が必要だと思う。
評価D+

また長くなりましたwwちょっとだけ意識して分かりやすい評文を心がけたつもりです。
またのお越しを。 

93 :水無月 琴葉:2006/09/22(金) 20:29:00 ID:PlvCKYRA
>>92
やはり説明不足が目立つみたいですね……。
参考にしつつ、また頑張ってみます。

有難う御座いました。

94 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/09/23(土) 00:49:05 ID:G9qwmIng
>90
私には手に負えないと言っているでしょうにw
ワクテカしつつ寸評だけさせていただきます。
というかカスタムでと本スレでと評価の仕方は変えるべきか?
よく分からんので、そのまま+詳しく+文体について突っ込んどきますね。


2連目の3行目。
「乗客に日本人は いませんでした いませんでした いませんでした」
イエモンのJAMによく似ています。
そして3連目の「-1」「1」は申し訳ない。_壁氏の詩とシンクロさせてしまいました。
ポエジーが似ていたのでしょうなあ。
話し言葉とら抜けはスルーするとして。。。

やはり、九泊氏のブラックジョークというか汚い言葉に混じった苦笑してしまう
ユーモアさが私には面白いのう。
「死んでしまえ」と望みながらも、そうではなくもっと考え直すべきだ。と思う部分が
豆腐だとかソーメンに表れている気がするなあ。
ニュースで起きている事柄を取り入れる所は比喩がかっているのかそうでないのか。
どちらにしても、作者の伝えんとしていることと少年の思いは少し曖昧に見えました。

なんというか、世間の事柄と自分の幸せは結びつくものかどうか?を見たときに
私とは反対の方向を向いている気がしたわけですよ。その時点でこの詩に
共感はできないわけで。それは優劣の意味ではなく、対一でのぶつかり合いなのだから
あまり深くは考えないで欲しい所。そんな私に面白いと思わせたのだから
「センス」とひとくくりするとしたら、納得せざる得ないだろうなあ。

うあ、詩についてあまり触れてない予感。まぁ、いいかw
やさしいあくま氏、バトンタッチでヽ( `・ω・´)ノ

95 :名前はいらない:2006/09/23(土) 10:06:20 ID:X2Q95b4P
(´・ω・`) >33-34スルーされちゃったのかなあ?やさしいあくまさんorどなたかお願いします。

96 :名前はいらない:2006/09/23(土) 10:55:56 ID:Vkw9IUd0
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| はいはいわろすわろす |
|___________|
      ∧_∧ ||
      ( ・ω・)||
      /  づΦ


97 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/09/23(土) 11:23:16 ID:eCFEOrM6
>>94
あー、何か片隅にそんなフレーズがあったから使ってみたんだけど
イエモンかー
友達がよくカラオケで歌うんですよ

ら抜けとかは頭が悪いのでよくわからんです
でも頭が悪くても詩はかけるからええんですよ

汚い言葉を使わないで詩を書くとただの中二病患者になるだけなのです
誰かたつけて

98 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/23(土) 11:33:13 ID:hujxRWdy
休みだってのにここにいる私です。ちょっとだけ簡単に評価します。
おそらくあくまさんから評価していただけると思うのでもうしばらくお持ちください。
リストは作らない習慣ですので忘れてしまったみたいで、すいません。
>>95
詩はいい感じです。
3連の「皆〜生きている」だけが詩の中で浮いてるように見えた。
「私といとこ」だけの視点からいきなり「みんな」としてしまうとぼやけて見える。
詩は分かりやすく読みやすい。
感じるのも「後悔」というようなものでもなく、清々しいのが気持ちいい。
前進しようと決意する姿がイイね。上手い。
今日は高めで評価C-

99 :名前はいらない:2006/09/23(土) 15:09:57 ID:ve/RGDlo
三冠に挑戦する二冠馬メイショウサムソンについて書いた詩です


中京に秋がきた
二冠馬がやってきた
ついでにオマケもついてきた(石橋守)
欲しいものは菊の花
神戸新聞なんて読んだこともない
始まりの合図はファンファーレ
もう手の震えが止まらない
僕のムスコがおっきした


100 ::2006/09/23(土) 16:06:58 ID:nfl2d88/
「陽光」
 
寒冷の朝焼けに燃えるきみをみた
湯気を昇らせ
恍惚の頬が光のもと、顕になる
 
窓際でソファにもたれるきみは誰よりも気怠く
誰よりも精根尽き果て
そして誰よりも美しい
 
微睡んだ瞳からは
退廃した雌の香りが漂ってきて
俺の胸を締め付けた
 
輝く陽光に照らされて
きみは柔らかく目蓋を閉じ寝息をたてる
 
燃える朝焼けを
背負ったまま
きみは静かに眠り続けた
 
俺を一人ここに残して

101 : ◆notePDkbPQ :2006/09/23(土) 17:29:27 ID:Y2wPBOuE
>>98 208+さん、ありがとうございます。3連目は時系列的にそのままで書いたのですが、
工夫が足りませんでした。書き方はストレートです。内容的にも、もうまんまですね。
208+さんには、清々しさを感じていただけました。自分はそうだったのかな?
気持ちを書きとめて置いてよかったです。

102 :名前はいらない:2006/09/24(日) 00:53:35 ID:YRuOaub7
「エスプレッソ」

水に溶けた
青い砂を
見つめながら

僕は見た
君の中の
甘くない砂糖
甘い気がするだけ

ただ黒い水に濡れるだけ
わけもわからないまま朝を迎える

満員電車に
君の砂を見た

懐かしい香りがした

103 :102:2006/09/24(日) 00:56:46 ID:YRuOaub7
評価してくださる方は、どなたでも結構です。

104 :やさしいあくま:2006/09/24(日) 10:49:33 ID:Lafu6gEw
すいません。PC壊れてしまって、ケータイから初カキコです。
えー、評文80#81#89#90#91#100までできていて書き込む暇がなくためてしまっているんですが、何分文章が長いのでちょっとあきらめモードです。
ケータイ見づらいし使いづらいすね;
買い替える金もねーし。
修理するにしてもいろいろガタがきてるので多分すぐ壊れるなぁ。コードも猫にかじられて接続悪くなってる。困った。

105 :やさしいあくま:2006/09/24(日) 10:58:14 ID:Lafu6gEw
そんなわけでしばらく指名しないでください。


残ってる指名だけでもやっていくんで、どなたか>>アンカー付けてまとめてくれませんか。
なるべく短くしたいけど。



106 :名前はいらない:2006/09/24(日) 10:58:24 ID:ZKRshzAM
秋空の下
つないだ君の手が あまりにも暖かく
僕を 暗闇から救い出してくれたんだ

誰も信じられなくなっていた僕だけど
その温もりが 優しく包み込んでくれたから
君を信じてみようと思った

こんな僕でも 愛してくれる君に
不器用だけど 答えてみたいんだ

107 :やさしいあくま:2006/09/24(日) 10:59:35 ID:Lafu6gEw
この書き込みの後にでるエラーってなんだろう。

108 :あくま:2006/09/24(日) 11:01:21 ID:Lafu6gEw
あっ今間違って変なリンク先に飛んだ。。雑談スマン。

109 :名前はいらない:2006/09/24(日) 11:07:00 ID:ScFxzp4q
疑いに疑いを重ねて
すこしの常識と掛け合わせた結果
できたのは紛れも無い真実

110 :らら ◆X7/d.TmciY :2006/09/24(日) 11:11:46 ID:oQY5/k1b
初めましてですwららと申します。
さっそく詩書きましたぁ
評価お願いしますUU


人は皆 同じ人生(みち)を歩む
ー生きている今
ーいつかは死ぬ未来・・

人は皆 同じ迷路(みち)に迷う
ー何かを得られた光
ー何かを無くす闇に包まれ・・

人は皆 同じ感情(みち)を持つ
ー出会いという喜び
ー別れという悲しみ・・

人はそれぞれ 
違う手段(みち)を選ぶ

111 :208+まとめの人 ◆DpeXsA0SaE :2006/09/24(日) 12:15:24 ID:wJpouGuR
>あくまさん
未評価、以下の通りです。

>>80 >>81 >>89 >>90 >>91
>>100 >>106 >>100 

>>33-34にあくまさんへ依頼されてる作品があります。
一応、僕がやっておきましたが時間があればおねがいします。
ご無理されないように。料金も大変ですので(^^;)

112 :名前はいらない:2006/09/25(月) 01:01:44 ID:KqhOeNX0
>60
もしよかったら>57の感想お願いします。

113 :おくむら:2006/09/25(月) 01:16:11 ID:vWMsq/GO
>>69
アンダーちゃんの描写でしたか。
僕の彼に対する印象と、詩から受けた印象は違いますね・・・。

ダブルミーニング(の間違いだと思うのですが、、)は詩にとって重要なことです。
むしろ、僕が思ったのは、詩を作る際の意図として、
詩を道具にしている作品は、作品とは認められないということです。
(「社会思想」を入れ込んだ、ほぼすべての作品を僕が嫌いな理由のひとつです。)
真摯に求めても得られないものなのに、最大の努力でかかっても、
到達しえないものなのに、探求する(探求していないのかも)方向性がずれています。
せめて、他人に読んでもらいたいと考える以上、真摯に書くべきだと思いますし、
かつ僕はそのような前提のもとに作品を読みます。
自分にとって芸術とは何か、詩とは何かをよく考えることをお勧めします。

僕が、B-とつけたのは、途中の比喩の流れがのってないと考えたからでした。
乙女の心象風景をイメージとして描いたのであれば、
イメージの構築がうまくできていない。
それがアンダーちゃんの描写の部分であったと考えるとすんなりいきますが、
そう、あなたが曲がった(と僕には思えるのです)意図を入れることによって、
あなたは自分の作品の価値を(少なくとも僕にとっては)貶めたのです。
何度も言いたいのですが、芸術は求めても求めても手に入らないものです。
いつまでも「満足」のない態度で臨んで欲しいと思います。

114 :名前はいらない:2006/09/25(月) 01:48:42 ID:9uzcVwBO
指名はしませんので、>>102をお願いします。

115 :名前はいらない:2006/09/25(月) 01:51:28 ID:pvNNncEP
>>113 あらまぁ「詩を道具にしている作品は、作品とは認められない」ですって。
詩はその目的性からも解放されて純粋であるべし、ぼくは芸術のための芸術を信じる!
って訳ですね。へー、なんとなく分かる気もするけど。そうだなあ。たとえばさ、
この夏。「いいんだよ、グリーンだよ」ってフレーズが流行ったよね。この詩板でも、
そのまんまの文字が書込まれたりしてたけど、早い話あーいうのは全然、作品にあらず
って訳だよね。そのコピーはビールを沢山売るために書かれた訳だし、まったくもって
詩作品とはいいがたい!おっけ。まーそういう考え方もあるかな。
ロシアアバンギャルドも、ウィリアム・モリスも基本的に駄目だよね。
じゃ、一枚のラブレターは? 詩が恋を成就させようとする任務に忠実であるかぎり
やはり詩作品とは呼べない。詩が具体的な求愛行動から離脱し、恋人が理念的に
観念されたときに、はじめてその恋文は作品となる可能性がある?かもしれない。
確かに誰かの生なラブレターを額縁に収めて眺めるのは趣味の良いことでは
なさそうだしね。あはは。

116 :名前はいらない:2006/09/25(月) 02:13:18 ID:pvNNncEP
いや、そんな事が書きたかった訳じゃなくて、
作者がその意図を説明したとたんに、それでは作品とは認められない、って云うのは
なんかおかしくない?これは詩を受け取る側の問題だ。
一度、詩が作品として示されたなら、それは誤解の余地が大きく開かれたって事だ
ぼくらには大胆に誤解する権利があるとすら言えると思う。
あとから作者が出てきて、あれはこう意味だったんですよ、と云ってもそれが正解と
いう事にはならない。作者である貴方が何と云おうと、こう見方も出来ますって応え
れば、いいんじゃないかなぁ。

117 ::2006/09/25(月) 02:21:00 ID:Z/OLIXpf
よろしくお願いします。



『ひがんばな』


ひがんばなは 訴えている 

訴えるような 赤いいろ

空までも焼き尽くす 炎のいろ

幼子から噴き出る 血潮のいろ

終わらない 慟哭のいろ



はるか遠く
憎しみの夏の終わりから
今を生きる ぼくに

ひがんばなは 訴えている


118 :名前はいらない:2006/09/25(月) 02:25:34 ID:bsjagbk/
スレ汚し、恐縮です。評価いただけますと幸いです。

----------------------------------------------------------
『嘘』

次で降りるよ 各駅停車に乗って帰る

や、わかってるって
このまま急行でその先まで行って
一駅折り返した方が早いっていうことぐらいは

各停で二つ先の駅にね、この時期になると
ツリーが出るんだ しょぼいツリーなんだけど
たまにそういうのを見て帰りたい気分に
なる日もあるってことさ

違う違うって、彼女とか
そういうんじゃなくて ていうかいるわけないでしょ?
「お互い寂しいねー」じゃないっしょ
よく言うよ、しらじらしい いい加減アタックしとけって

まあいいや、駅着いたし 帰るね
夜も遅いし 君も帰り気をつけて、寒くなってきたしね
それじゃまた来週 バイバイ


119 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/25(月) 02:44:55 ID:Dv9AU13M
>>102
失礼ですが、性的異常者の臭いがあります
というのは

>満員電車に
>君の砂を見た

>懐かしい香りがした

ここですね。砂というのは「体臭」に近いものだと思うのですが
前段から推してもっと強く、「本人の欠片」という意味合いが察せられます
おそらく語り手が一人で乗った「満員電車」に「砂を見た」というのであれば
この詩世界に描かれたのはある種超常的な舞台でしょう
そういった超常的な詩世界を端的に短くまとめて結んであること
さらに、段落を空けて「懐かしい香りがした」と思い入れを結びに当てていることなど
高められた感受性による実際得られた情感の誇張とか、独自の世界の創造と言うよりも
等身大が等身大でないような、異様な構造を持っていると考えた方が
適当だろうと思われます。この作品を読むのに当てる目は常人のものではないというか
少なくとも俺は、読み手の共感なり共意識(造語)を拒む作品だと感じました。D

120 :お願いします:2006/09/25(月) 07:46:02 ID:9e0GxCpr
[川の中]

学校なんかあるわけない
言葉が話せなくても
知恵を自分で学んで行くんだ

兄弟?誰がそうかわからない
どうやって生まれたかなんて関係ない
大切なのは生まれてからだ

そっと覗いても逃げて行くよ
連れ添っているのは敵から身を護っているだけ
今を生きていくため

大きくなっても鯉にはならない
僕らは僕らだ
未来なんて考えたことない
毎日太陽が射せばそれでいい

身を護る方法をしらないで
孤独だって嘆く生物が地上に?

いるわけないじゃないか
だれかがいなきゃ生まれないんだ
春がなけりゃ暮らせない
敵がいなきゃ強くなれない

孤独はこの世にありえないんだ

121 :やさしいあくま:2006/09/25(月) 11:31:39 ID:rZUTcdVw
>>33 いとこ
これアップしたと思ったら載せてませんでした。_| ̄|〇ノート1ページ分くらいあるのに…
テキストメモに書いてコピれるかな。試しに

122 :やさしいあくま:2006/09/25(月) 11:34:42 ID:rZUTcdVw
やったできる。(ノ゚O゚)ノ顔文字機能使える(前のPCも顔文字機能ついてたけど)しかしケータイだとどこでも見れて便利だな。
では後ほど

123 :ぼく。:2006/09/25(月) 12:09:59 ID:SmwJsZrG
綿アメか否か。問題点はそこにある。
もしこのふわふわして甘いにおいのする物体が綿アメならば、
子供は一瞬にして綿アメの虜となり、
家畜として売り飛ばされていくだろう。
しかしながらこの物体が綿アメ以外の何かであれば、
問題は無いわけで。
こうした思いを張り巡らせている自分を見て
子供は不思議に思うだろう。
綿アメは綿アメ以外の何ものでもないということを
知っているからである。
それをそれと決めつけてしまうのはいかがなものかと思えど、
この信じやすい子供の純粋さをを見つめてしまえば、
勝ち目など最初から無いのである。
あぁ子供よ。なぜ物事を知ってしまうのか。
興味という虚像の真実にめり込んでゆくお前を見ると、
どうしても違うんだよと言いたくなるのだよ。

124 :名前はいらない:2006/09/25(月) 16:38:45 ID:UPHENtOt
やさしいあくまさん、お願いします。

【わたあめ】

ふわふわ ふわり

タバコ臭い貴方の笑顔
何度も交した唇の味は
とっても苦いはずなのに

ふわふわ ぱくり

口の中で溶ける煙は
舌が苦味を忘れたみたいで
とっても甘くて困るんだ

ふわふわ ふわふわ

ふわふわ ぽろり


125 :やさしいあくま:2006/09/25(月) 22:42:37 ID:rZUTcdVw
>>33-34 「いとこ」/

粗筋。法事で久々に会ったいとこ。思いを寄せていたが彼女は結婚していて。見所は彼の内面。
しかし引っ掛かりがいくつか。内容を活かすには2連の「彼女は2年前結婚したという」はラストだけで十分で、不要に感じました。彼が感慨深く語ることに読み手はあぁそういう訳か、と落ちる事ができます。
もっと細かく言うと、2連1行目親戚ならよっぽど事情がない限り結婚式に出席してるはずなので、あたかも風の報せみたいな描写もおかしい。
続く↓

126 :やさしいあくま。カスタム番:2006/09/25(月) 22:54:06 ID:rZUTcdVw
続き↓
さらには、親戚ならその彼女の旦那さんも出席しているはずだから設定を安易に考えすぎだと思う。推敲してくれ。頼む。
あと気になった点、「ぴったりとした喪服」ここ。似合うは不謹慎だか惚れた女は何着ても正直似合うから受け入れられる。
喪服については説明面倒なので、冠婚葬祭のマナーを読んでくれると助かる。
あと同じく2連目、「見てはいけないような/お経」に違和感ん感じた。ここまであまり厳かな雰囲気がないのがその理由です。
……ツッコミ疲れましたー。もー。
まだ続く;

127 :やさしいあくま。カスタム番:2006/09/25(月) 22:55:09 ID:rZUTcdVw
さらに続き↓
粗が沢山ありましたが、そこ以外は話しの流れもまとまりもよくできています。
特に流れは全体見ても上手いですし、よく構成されてると思います。
直せばいい作品。こういう人は伸びる。評価人やると客観的に見れるから単純なミスはすぐ直せるよ。うーーん。D+

128 :やさしいあくまCustom番:2006/09/25(月) 22:56:07 ID:rZUTcdVw
>>80「パンスト」/

「薄らか」って表現初めてみました。
1連にツッコミ。 2連の「爪先パンスト」が出てくるまでどちらが男女なのかイメージできず、時間差がでる。
パンストを愛でる変態。しかも足裏限定マニアだ。3連…この表現ってどうなんだろう。僕はあまり魅力を感じない上に、なんだか突拍子もなくポンと置かれて
違和感をかんじた。
4連は比喩があるが使いこなせず。
「雪覆う大地」の次に「豊饒の大地」を続けて使うとイコールしてしまって真逆だし、対比としてて使うにしても、
続く

129 :やさしいあくま.カスタム番:2006/09/25(月) 22:59:13 ID:rZUTcdVw
続き↓
何のために対比させたの?と疑問。パンストを雪という表現にしたかったとしたら、あまりいい表現ではなかったと思う。
ここまできて、「彼女」はパンストと足裏だけで良いと言う主人公の存在価値が読める。OTL
彼女よりも自分な趣味を最優先させていて、それ以外の描写がない…;
明らかに 彼女<パンスト の図式に少々引くというか、お前逃げられるよって言うか、妄想から脱しろよとかいろいろ考えてしまう。
こういう相手がいるのにも関わらず、自分ばかりの一人舞台を押し進める作品を僕は妄想詩とよんでいる。

130 :やさしいあくま.カスタム番:2006/09/25(月) 23:00:27 ID:rZUTcdVw
さらにつづき↓
まぁどこがおろそかになっているかはもう見当がつくだろう。
趣味よりは人間的な関係が危ういと思ったね。足裏を汚してるあたりが特に。入れてやれよ。D


131 :やさしいあくま.カスタム番:2006/09/25(月) 23:02:06 ID:rZUTcdVw
>>81「モノクロ」

うーん。不思議系の詩。意味や隠喩を探すのがおもしろいのだが、これは内容にまとまりもなく、ただのイメージや不思議な世界を描くためだけに作られた気がします。
タイトルにあるモノクロをどう表現しようとしたのか、モノクロから浮かぶイメージの断片を寄せあつめただけなのか。
まず何故モノクロという世界に足ん踏み入れたのか、2連でそれを表現しきれずに、未消化のまま、3 連に続いている。
この3連も隠喩でもなければ、意味も込められていないと僕は思いました。
続く↓


132 :やさしいあくま.カスタム番:2006/09/25(月) 23:02:52 ID:rZUTcdVw
続き↓
4.5連の自我が壊れていく様は、抽象的すぎて、伝える事をしていない。
読み手を完全放置。「今日から」という区切りも、作者のなかでしかわからない。
モノクロに落ちていく様子も、この時点で興味が薄れてしまっている。
設定や内容が希薄です。表現だけを重視せず土台をしっかりさせてください。D−

133 :やさしいあくま.カスタム番:2006/09/25(月) 23:06:18 ID:rZUTcdVw
文字早打ち慣れてきました。これは全部書き出せすのに時間かかるね−!
だけどはり付けするだけだから怒涛の勢いで書き込める。


134 :おくむら:2006/09/26(火) 00:46:26 ID:Obde8XUr
>>115
>詩はその目的性からも解放されて純粋であるべし、ぼくは芸術のための芸術を信じる!
まずこの点からして、僕の考え方と違うので、はてさてどうやって返したものか・・。
仮定の上に理論を構築するのが学問であるとはいえ、
対話相手の僕にいつでも聞ける場面で、聞かないというのもおかしな話です。

>いいんだよ、グリーンだよ
「いいんだよ、グリーンだよ」のワンフレーズに詩作品としての価値は
ほぼないと僕は考えますけど・・。ここはもう少しあなたの言葉で詳しく説明して
欲しいですね。推測はできますが、推測を批判するのは時間の無駄ですから。

>ロシア・アヴァンギャルド、ウィリアム・モリス
ロシア・アヴァンギャルドについても多少考えが違うみたいですね。
ある一人の人間存在の総体をみて、どこからが「社会主義」思想で、
どこからが違うなんて正確な意味では言えないのですが、
とはいえ、では彼の生活あるいは作品のすべては、明確な目的の下に、つまり
「社会主義共同体の実現のため」に営まれていると言うことも暴論でしょう。
あなたがそう結論づけたのであれば、まずはその根拠を明確に示して欲しいと思います。
ウィリアム・モリスにしてもそうです。
僕が今まで読んできた限り、彼らの「潮流」としてはそう、位置づけるだけの特色は
ありこそすれ、個々の作品すべてが、そうであったとはとても言えないと思います。
そのわけで、僕は彼らの作品を完全に否定しさることはありませんし、
また芸術とはなんぞや、と考えていくと、彼らの志向していたものが、
芸術とリンクしている可能性もまた否定できません。
詩、生活、思想を分けるのはなかなか難しいことです。
良いか、悪いかの二元論ではないと思います。

135 :おくむら:2006/09/26(火) 00:54:00 ID:Obde8XUr
>>116
インターネットは単純に、一方向のメディアではなく、
作者と対話できるという点が活字とは違います。
その際、単純に詩を受け取る側の問題として閉じることもできますが、
できるだけ作者の立場にたって、これはこうなんじゃないか?
とあれこれ対話したい、そうした可能性が開かれていると考えています。
ですので、詩を作る際の意図の話も出したわけです。
あなたの仰りようは、まあ元々僕も考えていたことで解りますし、
僕が出した解釈について、あまり撤回することもなく、作者さんには受け取って
欲しいのですが、それだけで終わらすにはもったいない媒体だと思います。


ちょっともう少しテーマを絞ってくれると嬉しいです。一つ一つが
もっと掘り下げられるものです。
どうも悪いと感じた表面を、ただただあげつらったみたいで、
それは単純に相手を否定したいだけの、有益な議論の構築とはとてもいえませんよ。


136 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:15:29 ID:SugecNpP
>>131
やさしいあくまさん
評価ありがとうございます
『モノクロ』を投稿させて頂いた者です
一応土台を組んではみたのですが遠回し過ぎたのか上手く表現しきれていなかったみたいですね
次回からは気を付けます
ちなみにこの詩の主人公は薬物中毒です

137 : ◆notePDkbPQ :2006/09/26(火) 02:38:23 ID:9SoHX4Qs
>>125 やさしいあくまさん、ありがとうございます。小動物によるコード齧られ対策には、コルゲートチューブを
どうぞ。突っ込まれた所に関しては、ほぼ事実です。従姉妹の結婚式には出ていませんし、
法事に彼女の旦那さんも来ていませんでした。従姉妹ですから、それまで女性として意識したことはなかったです。
2連目あたりかどこかに入れておけば良かったかも。個人的な事情のせいで突っ込みどころ
満載ですな。穴は塞いでおきます。

138 :名前はいらない:2006/09/26(火) 03:47:03 ID:YQlgxMCe
やさしいあくまさん、よろしくお願いします。

「永遠」
このひとときをありがとう
あたたかい想いをありがとう
目には見えないぶん、なおさら
さしだされた胸のうちは
同じ場所を探しあてる

出来ることはわずかな
限られた空間のなかで
心は物質を超えて、近く近く
溶け合って高い空星の中
一つになって微笑んで


139 :名前はいらない:2006/09/26(火) 12:15:36 ID:xf8BuP0w
age

140 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/26(火) 15:37:03 ID:ZzcxFJ/W
たまってる様なので評価してみます。

>>99
また馬です。愚痴ってるわけではないですよ。
どこが詩的なのか不明。いや、詩的である必要は全くないんだけど。
石橋守、アナウンサーかジョッキーと予想。菊花賞と神戸新聞杯のことでもいってんのかな?
と、どうでもいいことばかり気になる。
最後は、「手の振るえ」が「ムスコを・・・」とも読み取れたが、
個人の性癖(脈絡もなくおっきするところ)には興味ありません><
評価D-
>>100
うん、上手いと思う。表現力がある。
言葉を上手く選んでいて作品の雰囲気を損なっていない。
んで、ちょっとつっこみ。
1連「恍惚の〜顕になる」と4連「輝く〜されて」が同じ表現。削ってもいい。
2連「誰よりも〜尽き果て」がおかしい。誰よりって誰と比較してなのか分からない。
3連「瞳から〜漂ってきて」がちょっと読み取れなかった。汗かな、とも思ったんだけどイマイチ判断できない。
作品の雰囲気、完成度、リズムは上手いと思う。
ただ、少し「設定」が分からない。俺が考えたのは3通り。
1・彼女は朝のマラソン帰りで疲れて寝ちゃった
2・朝からセクロス&二度寝しちゃった
3・彼女の死に際
できればもう少しはっきりできたら評価は違っていたかも。上がっていたとはいえないが。
しかし、これはこれで完成している。評価C
発想さえよければBを狙えるだろうと印象でした。あと100ゲトおめww

141 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/26(火) 16:10:48 ID:ZzcxFJ/W
まだまだいくよー♪・・・・キモイな俺 orz

>>106
人は与えられるだけでは生きていけない。それはよくよく考えねばならぬこと。
与える人間は同じく、与えられる人間なのですよ。(テキトーなこと言ってますw)
んで、評価。
詩はよく言って普通。悪く言えば大したことない。
突っ込みどころはたくさんあるが言わない。めちゃくちゃ凹むから。
ただ、一つだけ。タイトルと詩の中味になんら関係性がない。要するに「秋」じゃなくてもいいってこと。
この板にある色んな人の詩を詠んでみることをお勧めする。勉強になると思う。
評価D-
>>110
んっと、先ず「タイトル」をつけましょう。これ大切。
突っ込みでいこうと思ったけどこれまた酷いことになりそうなので。
「人は皆 同じ」これだけで300文字は突っ込める。ほんとに。
内容には触れないでおく。評価D-

>>106>>110
できれば、セン5のまとめサイトに行って傑作選をみてくるといい。
どんなものがいい詩なのかを考えて感じれば、もっとよくなれると思う。

142 :名前はいらない:2006/09/26(火) 16:28:44 ID:TLgaeJtC
せん5のまとめサイトって どこ?

143 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/26(火) 16:34:45 ID:ZzcxFJ/W
コレが最後だっちゃww

>>117
!ちょっと目に付いたので。
今年も私の家の近所には彼岸花が咲きました。あれはキレイな色ですね。
道端にぽつりぽつりと咲いていて、たまに固まって咲いてたり。すきなんですよ。
それはそうと評価です。
発想が凄いイイ!!それが第一印象。
お待ちかねの突っ込みタイム。(え?待ってない??
「憎しみの夏」が曖昧。私の憎しみなのか、死んでいく人の憎しみなのか。
どちらでも意味がとれる上、説明されないので消化できない。
これは大きな欠点だと思うのだが、それは「はな」が咲く場所は限定されていることだ。
日本には咲くがアメリカには咲くだろうか?イギリスには?ロシアには?と言った具合に穴が開いてしまう。
これ以上はいわずもがななので捨て置こう。
「彼岸花」の短命も織り交ぜればさらに良くなっただろうと思う。
発想に大きく加点 評価C-

はい、疲れました。すいません。
ついでに>>124>>138さん、あくまさんはしばらくオヤスミだそうです。>>105
それでは。 ノシ

リロードしてよかったw
>>142
セン5本スレのテンプレにURLがある。個人的には新月てるあきさんがオヌヌメw

144 :142:2006/09/26(火) 16:41:21 ID:TLgaeJtC
>>143 どうもです。wikiか。

145 :名前はいらない:2006/09/26(火) 17:59:29 ID:0caBaVZP
>>141
セン5のまとめサイトとやらに行ってみた
詩というより小説みたいな物ばかりあったが…

146 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/26(火) 18:10:23 ID:ZzcxFJ/W
>>145
なるほど。
それは興味深いな。
よし、語ろうスレへ移動して話さないか?

147 :名前はいらない:2006/09/26(火) 18:11:32 ID:JiUI47Pz
このスレの住人は208+がみたらしの詩を薦めるセンスの持ち主であることを
しっかり把握してから評価を求めるべきだ。

セン5の傑作選に良い詩があると思っている奴=セン5の住人のみ

148 :名前はいらない:2006/09/26(火) 18:18:07 ID:V4WCiIY6
5

149 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/26(火) 18:52:22 ID:ZzcxFJ/W
>>147
ここを話し合いに使うのは嫌だが、一つ聞きたい。
俺は新月てるあきさんを薦めたんだ。みたらしひかるさんではない。
ただの間違いか?同一人物か?どっちだ?

150 :名前はいらない:2006/09/26(火) 18:55:57 ID:xeaysy4v
>>149
ふつーに同一人物。

151 :のり ◆9jgbabAQoE :2006/09/26(火) 19:12:15 ID:DYcCgbnS
>>140
208+さんありがとうござます。勉強なりました!
感謝です。
あ100ゲトありがとうござまいす。
また宜しくお願いします!

152 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/26(火) 19:18:14 ID:ZzcxFJ/W
>>150
トリップが一緒だな。おk。確認した。ありがとう。助かった。
以外だったな。別の作品も探してみることにする。
>>151
こんなもんでよけりゃいつでもどぞ〜^^

153 ::2006/09/26(火) 19:26:00 ID:GHFnG5oB
>>143
どうもありがとうございます。

自分では気づかなかった穴を指摘していただけるので、非常に勉強になります。
今後ともよろしくおねがいします。

154 :124:2006/09/26(火) 20:08:30 ID:n3nB4rjd
>>143
うわあああああ>>105を見逃してましたorz
すいません、再指定してもよろしいでしょうか?
208+さん、>>124お願いします。

155 :名前はいらない:2006/09/26(火) 20:24:32 ID:ybJNVIpK
雑談ばかりだな

156 :名前はいらない:2006/09/26(火) 20:54:04 ID:TLgaeJtC
詩より面白いからいいだろ

157 :やさしいあくまカスタム番 ◆DNYV8jf3DI :2006/09/26(火) 22:51:05 ID:c+zOkJFg
仮トリップです。指名増えてますが時間かかってもやるので気長に待っていてください。
今あげられるやつだけでも。

158 :やさしいあくまカスタム番 ◆DNYV8jf3DI :2006/09/26(火) 22:53:58 ID:c+zOkJFg
>>89 タイトル不備

こるは特定ね状況にある人でないとわからない作品。
吐き出しのようだが、ちょっと違うかな。
こっちは標準語だから「やめたろかやめたろか」の舐めるような語感がおもしろいと思った。
放棄しかかっているが、どうなんだろうね。その曖昧さが悪くない。D

159 :やさしいあくまカスタム番 ◆DNYV8jf3DI :2006/09/26(火) 22:55:05 ID:c+zOkJFg
>>90「少年」/九泊さん

指名受けました。
1連、1〜2行と3〜4行の文脈がちょっと繋がらないと思いました。
2連僕もイエモンのJAM思い出した。懐かしいね。これはメジャーすぎて引っ掛かります。この連の「豆腐にぶつかって〜」は吐き捨てる割に冗談めいてて本気すぎずうまく中和してると思います。
同じ使い方が3連にも出てきます。ちょっと濃い使い方なのでどちらか一方に絞るか、3連で変化をつけたほうがよかったように思う。
何となく不摂生んかんじる主人公。社会への思い。続く

160 :名前はいらない:2006/09/27(水) 00:03:22 ID:K1XMux5p
>57 誰でもいいんで感想お願いします

161 ::2006/09/27(水) 00:20:28 ID:/PK2y06c
改行が多いので二つに分けます。よろしくです。



好奇心


同じ制服に身を包んだ 同級生たちが
同じ方向を向いて 起立している

学期末の学年集会
単調に過ぎゆく時間

俺のこの手が 今 もし
前列の生徒を殴ったならば

俺のこの脚が 今 もし
整然と並んだ列の間を勢いよく駆け抜けた
ならば

俺のこの口が 今 もし
聞くに堪えない下品な単語を大声で発したならば

ここに漂う空気は 
一瞬にして 不穏なものとなる

162 ::2006/09/27(水) 00:21:44 ID:/PK2y06c
[続き]


俺のナンセンスな言動によって、この場の安寧は非常へと変わってしまうのだ

逆に言えば
この場の安寧は、俺の理性と常識にかかっている

もっと言えば
この場の安寧は、俺への信頼にかかっているのである


俺は支配者だ



集会の終わりを告げるチャイムがけたたましく鳴り響いた
俺はアナーキズムを取り戻した


163 :名前はいらない:2006/09/27(水) 01:06:02 ID:bvVc6XDa
「いつか途絶える道」
今日久しぶりに君と共に走った道をゆっくりと駆け抜けて行った
初秋の風は少し冷たくて僕の頬にちくりと突き刺さる感覚がした
この広いような短いような、けどとても長い道を君と二人で走った
僕はこの道がいつか何処かで途絶えている事に気づかなかった
秋になると風の匂いとこの道の風景と共にいつも君が甦る
ただ会いたい・・・君に会いたい
けど君は僕の前から逝ってしまった
風よりも早く僕の前から消え去っていった・・・
君と走ったこの道・・・僕は途中で途絶えてるなんて考えもしなかった
君と僕の道もきっと永遠に続いてるだろうと思った・・・
今はただ、君に会いたい・・・。


164 :やさしいあくまカスタム番:2006/09/27(水) 07:09:02 ID:AzqBLagX
続き↓
この社会への感じ方が「普通の朝」をかんじる事ができない所以なのか。そこが表現不足です。「社会/自分」の繋がりをもっと見せて欲しいと思いました。
2連、「金と/幸せはいらない」になぜそう想起させるだけの世の中を自分の中に感じさせるのかを追求したいところ。
そのあたりの不足で意味がわからないと言う人もいると思う。
1行目の「お日様の落書き」は好き。この詩でいいと思ったのは、言葉選びよりちょっとした意外性と持ってくる視界が豊富な事。
つづく

165 :やさしいあくまカスタム番:2006/09/27(水) 07:10:34 ID:AzqBLagX
さらに続き↓
2.3連はそれを楽しめた。使いこなせば面白くなると思う。D+
基本的なところがまだ未熟です。

166 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/27(水) 16:12:53 ID:MOCUIkrF
>>160
ごめんなさい!!忘れてました・・・orz
では評価させて頂きます。
>>57
阿漕=強欲でやり方があくどい様。(語源由来辞典参照)
遠慮なく言わせて貰うとかなり妄想色が強いためついていけない。なんとなく分かるんだが。
例えば、「昔、〜」のフレーズ。唐突に話が飛んでいるため理解できない。
いきなりテレビのチャンネルを変えられた様な感覚がある。
簡単に言えば読み手を意識していない。話を思うがまま振り回しているのだ。
風景(心情)を描写した12行目から読み手へ呼びかける13行目。
読み手に理解できるようなつながりがあるのだろうか。私には無理だった。
まだまだあるが、これ以上はやめておく。評価D--

>>154
あくまさんが評価されるような空気なのであくまさんにお任せします。
明日になっても残ってるようでしたら明日にでも。

167 :名前はいらない:2006/09/27(水) 18:05:09 ID:ZdcPV8cx
>>106
セン5では評価低
一般詩なら、なかなかいい
でも、もしかしてタイトル無し?
タイトルはつけるべきだ

168 ::2006/09/27(水) 18:23:38 ID:/PK2y06c
セン5スレってレベル高いの?


169 :名前はいらない:2006/09/27(水) 20:40:23 ID:QMAf/gkZ
>>168
セン5スレは独特

170 :名前はいらない:2006/09/27(水) 20:44:44 ID:p329TPjQ
【青の接吻】

明日あなたを殺しましょう
幾度もめぐり 殺せぬ台詞
わたし あなたに殺された
今もあなたに殺されている

171 :やさしいあくま:2006/09/28(木) 00:16:52 ID:ltKqubyl
>>91 タイトル不備

この三行詩は意外に深い意味を持っている。ネットや現実ではよく感じる。器のデカさが必要なんだって。
しかしこれを他人にわからしめる(?)のは難しいよね。D+〜C−

172 :やさしいあくま:2006/09/28(木) 00:17:55 ID:ltKqubyl
>>100はまた今度


173 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/28(木) 20:33:03 ID:qmFTV+jZ
こんばんわ。やってきました。
評価させていただきます。
>>124
わたあめとタバコの煙、キスの3つを上手く使い切っている。
キスの「甘さ」とわたあめ、けむりの形とわたあめの形。
シンプルで短いながらも読み手に与える印象は十分にある。4連目は上手いなと感心。
着眼点もよく分かりやすく読みやすい。良い詩でした。
褒めてばっかりだな。まぁいいか。評価C

174 :やさしいあくま:2006/09/28(木) 22:53:42 ID:ltKqubyl
>>陽光/!さん

官能的な叙情詩。その描写は美しい。ラスト一行は不要で惜しいと思いました。理由はそれまでの安堵感、幸福感が孤独な言葉で切り替わってしまい、せっかく積み上げた盛り上がりに水をさして
しまったからだ。
ラスト一行、不要とまではいかなくても、別の落とし方をしてもらいたかった。
個人的には自分も幸福である、というような。
つづく

175 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/09/28(木) 22:55:58 ID:ltKqubyl
続き↓
ツッコミ所は「湯気」。僕の体から湯気が出たのは10キロ以上走った時だか…。
本気にしてしまう。君が悪いわけじゃないよ。比喩だよね多分。
個人的にうるんだ瞳の視線も追求したい。
もうひとつ個人的に、ここで使う「退廃」という言葉は僕は別な言葉が欲しいと思った。C−

176 :名前はいらない:2006/09/28(木) 23:15:43 ID:+esFyfID
おれさーだいぶ前に見知らぬ青年から敬礼されたことあんの
すれ違い間際だったんだけどさ悪い気しなかったな

でもさありえないな
あっそうか後ろに人がいたのか

僕はずっと前にいて
ずっと常識が付きまとって
あー気が狂いそうだ


ってのは嘘で
そろそろ常識なんて存在しない世界に踏み入りそうだ

177 :名前はいらない:2006/09/28(木) 23:35:04 ID:+esFyfID
僕はどこまで行けるのでしょうか?
サルバドールダリみたいに讃えられるだけでしょうか
お札に載るでしょうか


なんかおれ超能力いまつかえんじゃねーかって
手の平見つめてみたけど
何も変わらないから

とりあえずそこに行こうと思う

178 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/28(木) 23:36:17 ID:ew9WM7pC
・メモ

敗北に匹敵する熱量の喪失を知らない
俺が喪失に取り付かれたとき他には何もないのでした
幾人の助けとなることを期待するためここに記します

179 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/28(木) 23:45:54 ID:ew9WM7pC
>>176-177
そういう世界がそれほど強調される感受性を持つのであれば
人と接点持たないほうがいいよ

180 :名前はいらない:2006/09/28(木) 23:48:16 ID:Zkt8TBfK
>>179
あんたの話か?

181 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/28(木) 23:53:44 ID:ew9WM7pC
違いますよ
トレースしただけです

182 :名前はいらない:2006/09/29(金) 00:02:11 ID:Zkt8TBfK
トレースってなぞることだろ?

つまり、僕が誰に言っていると?

183 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/29(金) 00:05:42 ID:yPbSGbwC
あんた誰だ

184 :名前はいらない:2006/09/29(金) 00:15:29 ID:6MexEjtk
まただ。そういうのオタクっていうんだよ

漫画みたいな世界感やな

185 :名前はいらない:2006/09/29(金) 00:23:23 ID:6MexEjtk
いつも、こうやって話できない

だれかいないか・・・

自分を隠さないでいれるやつ。

186 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/29(金) 00:33:05 ID:yPbSGbwC
ああ、ID変わってたのか

>>182
何で「つまり」なの?

187 :名前はいらない:2006/09/29(金) 00:35:49 ID:9aIPI9f5
もういいよ

188 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/29(金) 00:37:04 ID:yPbSGbwC
は?こっちがよくねえよ
お前何?

189 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/09/29(金) 00:47:45 ID:yPbSGbwC
ID変えて他スレに返答とかお腹いっぱいですよ
>>185とかさ
名無しの匿名性利して遊んでるくせに図々しい注文垂れるなよ
相手の都合とかまるで無視されてるみたいで
読んでてとんでもなくムカつくんですけど
もう一度聞くけどお前何?

190 ::2006/09/29(金) 01:05:56 ID:QZEZyEV9
初書き込みです☆お手柔らかにお願いします。。。

鮮やかな瑠璃色の衣を纏い 
浮遊する其の容姿は 見る者の心を奪う
時折見せる凛とした表情で
優雅に揺蕩う(タユタう)貴方は
舞を演じて居る
透明な世界で貴方は奪う 見るモノ全ての心を奪う



191 :名前はいらない:2006/09/29(金) 01:06:16 ID:hNes6MpK

スレ違いここまで

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
----------------------------------------------------------------

以下、通常のセン5カスタムに戻ります

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


192 :売女:2006/09/29(金) 01:38:36 ID:2+ZhiEq/
草むらに消えた月の光。君への手紙は書けぬまま積み上げた。
嘘をつけば虚しくなるけど、強がりと優しさも変わらないなんて思うときもあるけれど
それじゃ割りきれなくて彼岸花を知った。言葉なんていらないと言えたらどんなにいいだろう。
手紙を書こうとするたびに挨拶だけしか浮かばなく、そんな花は捨ててしまえと人は言う。
君を憂うなら、優しくなれるのか。
君を叱るなら、僕はまっとうなヤツと呼ばれるのか。
君を忘れるほど忙しくなればいいのだろうか。
そんな花は捨ててしまえと人は言う。
葉の無き花も咲いていることに変わりはないけど、君の名の悲しさは人がここにいるかぎりずっと残るのか。
小さい子どもですら…いずれ君を知って捨ててしまえと言うのだろう。
手紙は書けぬまま積み上げた。
そんな花は捨ててしまえと人は言う。
言葉は刃を持つ。
君は葉を無くしてそっと咲く。
だから鮮やかなんだと僕は気づいた。
そんな花は捨ててしまえと人は言う。
君は手を伸ばさない。
そんな花は捨ててしまえと人は言う。
僕は風に何か言いかけた。
そうだ、君の名は、かつて、僕の妹だった。



193 :ヤボ博:2006/09/29(金) 02:44:18 ID:qzYUbupw
詩板に移住してきました。スレ立てたのでこちらにも遊びに来て下さい
ヤボダナァwwwwwww
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1159464512/

194 :のり ◆9jgbabAQoE :2006/09/29(金) 03:19:59 ID:QxFdqtaF
>>174
やさしいあくまさんを批評くだすってありがとうござます。
湯気は勿論です。
勉強なりました!
また宜しくお願いします!

195 :名前はいらない:2006/09/29(金) 19:07:05 ID:p1XxVM5t
>>173
208+さん、評価ありがとうございました。
褒めていただいて・・とても光栄です!
またよろしくお願いします(´▽`)

196 :名前はいらない:2006/09/29(金) 20:56:45 ID:lLUpJIwU
この世界はだだの気色の悪い絵の具
その上に何かが乗っかって
びゅって飛び出したのがこの俺さ
外の世界があまりにも真っ白で
俺は自分がいかに汚いか気づいてしまった
あいつらは一生気づかないんだろう
うまく生きてけるんだろう
はみ出された俺 どうしようもない俺
でも気づいてしまった ほんとの世界に
  気づいてしまった 俺達の汚さに


197 :やさしいあくま:2006/09/29(金) 23:13:14 ID:XOdpv+6e
>>138 「永遠」

感謝の言葉に悲しみを感じさせます。別れのような場面。具体的ではありません。
二人の想いは一つになり、昇華していく。

きれいな言葉、きれいな表現。汚れのないクリーンな詩です。共感させる必要はありませんが、こういう詩はなおさら入って行くには難しく、読み手はこの思いを共有できなくては、
なかなかイイとは言ってくれないと思う。
詩に酔ってる、きれいなだけで浸りすぎと思われる作品は読み手が言葉の上辺しか受取れず(その逆で上辺しか書かれていないものもある)
続く

198 :やさしいあくま:2006/09/29(金) 23:14:13 ID:XOdpv+6e
続き
上辺の言葉しか受け取れず、作品の中身について読み手が思いというのが共有できていないからだと思います。
抽象的表現も同じです。
この詩は人物が二人いるのに、自分の描写に偏って相手の描写があまりなく、状況もあまり整理されていない。
これだけで状況を説明しようとするのは無理があって、この詩の前にあるはずの過程が示されていない。
物語の続きの盛り上がり(シメ)のようなものだけを抽出しているにすぎない。
1連の「差し出された〜探し当てる」2連の「出来ることは〜空間の中で」の 続

199 :やさしいあくま:2006/09/29(金) 23:15:17 ID:XOdpv+6e
さらにつづき↓
抽象的表現は特に、状況の枠作りをしただけで説明が簡素だ。
ラストの比喩。ここだけみれば別段悪くはないが、内容によってふたりがどのような関係になっていくかを示さなければ、この部分はうまく機能しないのだ。
内容、タイトルともに予測しなければ中身が見えない困難なもの。ストーリーでいうLastのいいとこ取りした感じ。
一つの独立した作品として明確な話が必要です。
2連「わずかな/限られた」ここは似たような表現が続いています。
なんとなくはわかる先に命を終えてしまう 続く

200 :やさしいあくま:2006/09/29(金) 23:16:55 ID:XOdpv+6e
さらにつづき↓
抽象的表現は特に、状況の枠作りをしただけで説明が簡素だ。
ラストの比喩。ここだけみれば別段悪くはないが、内容によってふたりがどのような関係になっていくかを示さなければ、この部分はうまく機能しないのだ。
内容、タイトルともに予測しなければ中身が見えない困難なもの。ストーリーでいうLastのいいとこ取りした感じ。
一つの独立した作品として明確な話が必要です。
2連「わずかな/限られた」ここは似たような表現が続いています。
なんとなくはわかる先に命を終えてしまう 続く

201 :やさしいあくま:2006/09/29(金) 23:19:00 ID:XOdpv+6e
さらにさらに続き

大切な人(男か女かわかりません)その息たえる僅かな瞬間に想いは一つになるというのが読めたが、不要部分が多いのと、逆に説明すべき具体的な言葉も多く省かれていて、作者の伝えたいところをうまくとれなかった。D

202 :名前はいらない:2006/09/30(土) 00:05:44 ID:9aIPI9f5
やっぱりなんか違う

203 :やさしいあくま:2006/09/30(土) 00:59:11 ID:6YILQ82K
>>202
そう思ったならその違うところを指摘してくれれば評価の向上につながると思う。
みるところは人によって違うし、読み違うこともあるから。

204 :やさしいあくま:2006/09/30(土) 01:00:31 ID:6YILQ82K
>>120 「川の中」/お願いしますさん

1行目から?でした。事実をどう受け取っているのか果てしなくわかりません。
メダカの学校をパクったいわゆる2次ポエム。始めのスタイルがだんだん崩れています。
元ネタに寄り掛かりすぎて言葉の上でのつじつまが合わない部分が多い。
1「言葉〜知恵〜」の矛盾。2連は言葉の切り貼りのようで関連性があるところの文脈を無視。
メダカの学校になぞらえた作者の努力は見受けられるが、一貫性やまとまりがない。
続く

205 :やさしいあくま:2006/09/30(土) 01:01:14 ID:6YILQ82K
続き

生き抜く強さとか、意思の伝え方を間違えてる。主張もバラバラしてる。これはひどい。
テーマを一つに絞って書くことをオススメする。D−−

206 :やさしいあくま:2006/09/30(土) 01:03:33 ID:6YILQ82K
>>123 タイトル不備/ぼく。さん

「〜わけで。」で読む気なくしました。そのまえから幼い文章と文学的表現がミスマッチ。内容も文学家気取り、よく言えば変な人であまりたいした事も言っていないので夏目漱石の読みすぎと言われるかもしれない。
「興味という虚像の真実」もいってることが矛盾している。
散文詩にみえなくもないが、詩的な表現や感じ方はなく、タイトルがないだけあって安易。
気を悪くさせたらごめん。D−

207 :やさしいあくま:2006/09/30(土) 01:10:29 ID:6YILQ82K
>>130
NOTEさんだったのか。新情報ありがとう。でも今は大きくなったから大丈夫です。
なるほど。それでアンバランスなものになったんだ。
名前隠してたとはいえ、評価人に評価どうぞと発言してたとはいたたまれない…。

208 :Reo:2006/09/30(土) 01:19:11 ID:aSII9oIl
初めまして。宜しくお願いします。
どなたでも構いませんので評価して欲しいです。

『Last Eager』


嫌いになるくらいなら いっそ忘れてください
ひとつ願いが叶うなら 出会ったあの日みたいに
作り笑顔で名前を聞いて

嫌いになるくらいなら いっそ忘れてください
そしてどこか知らない場所で 私と会う前みたいに
幸せだけを見つめて生きてて


どうせ叶わぬ夢なら いつまでも見続けさせて
「ひとつ願いが叶うなら 振り出しに戻してよ
貴方を傷つけた過去の罪を

帳消しにする為なら 何だって出来るから」
祈りは二度と届かないままに
時間は流れ続けて

もう貴方の顔を思い出せない



209 :煙草:2006/09/30(土) 01:34:06 ID:Oedr0vCw
タバコをください。
そしたら表情をごまかせてあなたに気づかれずにすむからさ。
タバコをください。
煙が目に入ったことにすればいいからさ。
そしたら笑える気がするから。
タバコをください。
ため息をしていないように見せたいからさ。ため息すれば幸せが逃げるって言うからさ。
タバコをください。
あの人の唇を忘れるために。火のないところに煙は立たないって言うなら煙の中に隠れた方が楽だから。
タバコをください。
あの日が残る部屋を黄色くセピアに染めてしまうまで。
タバコをください。
あたしが変わったかのように見せるために欲しいから。
以前より酒も飲めるようになってしまって、以前より遊び人って言われるようになってしまって…
タバコが似合う女になるまでと。
あの人を忘れるようになるまでと。
灰になるまで、highになるまでと。


210 :名前はいらない:2006/09/30(土) 11:03:17 ID:05UOdG97
>>118
スルーされてしまいましたか…
「評価するに値しない」という事ですね。

せめて評価していただけるレベルのものを
書けるようになってからまた来ます。
スレ汚してごめんなさい。

211 :名前はいらない:2006/09/30(土) 11:19:20 ID:Jaj3tlTc
>>118 評価しれ、真剣に書いてくれてるんだから、真剣に評価するのがルールだろ。

212 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/30(土) 12:24:29 ID:SuQE/Svb
>>210
評価遅くなってすいませません。
今日中に評価しますので、もうしばしお待ちを。

213 :名前はいらない:2006/09/30(土) 12:25:18 ID:2D+xBNmZ
>>118
これコテじゃなくても評価していいの?もしダメだったら再評価希望、ってしてください。勝手に評価。

まず、違和感もった所から言うと、急行で一つ先&折かえす、っていうのキセルですね。
てっきりその「してはいけない行為」を二人で一緒にいることの象徴としてつかってるのかと思いきやそうでもない。
「一駅折り返す」のが必要なの??単に「急行で行ったほうが早い」でいい気がしますが。
全体的に何を言いたいか良く分からなかったです。
彼女がいるのかいないのか、そのこを狙っているのかどうか、そして何が嘘か。
そのシチュエーションがわからなくて。でも私に読解力がないだけの可能性大ですが。
出だしはすごく良いと思いました。ここでぐっと惹きつけられました。
その後の文は単調だったので、何か工夫したほうがよかったかもですね。D



214 :名前はいらない:2006/09/30(土) 12:26:43 ID:2D+xBNmZ
>>212
あ。すいませんでした。>>213無視してください。
208+さんおねがいします。

215 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/30(土) 12:51:37 ID:SuQE/Svb
>>213
いえいえ、評価は助かりますし(作者は)多数もらえたほうが嬉しい(ハズ)ですから。
気になる作品がありましたらいつでも評価お願いします。

>>118
すいません遅れました。
3連目までは非常に読みやすくリズムもいい。
ところが4連目からリズムが違ってくるように感じる。
どうやら「相手」からの質問に答えてるようだが「相手」との関係が不明なため読み取れない。
そのためタイトルの「嘘」が上手く効いてこない。これならタイトルが「嘘」ではなくても十分に通じてしまう。
「ツリー」の嘘なのか「彼女」の嘘なのか。判断材料に欠けてしまっている。もったいない。
1連目と5連目はすごく自然で読みやすかった。
評価D

216 : ◆notePDkbPQ :2006/09/30(土) 16:33:21 ID:1Tu7iQM4
>>207 何をおっしゃいますやら。お気になさらずに。ブランクありましたけど、また評価やらして
もらってマス。

217 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/30(土) 19:15:18 ID:SuQE/Svb
こっちでリストはいらないと思ってたんだけど作ってみた。

>161-162 >163 >170 >176-177 >190
>192 >196 >208 >209

評価人指名は無しです。

218 :やさしいあくま:2006/09/30(土) 19:19:43 ID:6YILQ82K
>>208-209は僕が頂き。

219 :名前はいらない:2006/09/30(土) 20:04:53 ID:Q1PZAMQw
>>197
遅くなりましたが、>>138の評価ありがとうございました。(つまらないもので、
本当に申し訳ないです・・・。)これから詩を作る時に、どんな事を考えたら
いいのか、とても勉強になりました。

220 :ぼく。:2006/09/30(土) 20:25:11 ID:hHAIAFqh
>>206 読む気がねーなら評価なんかすんじゃねえよ!
   ぜってー読ませてやるもんね!待ってろ!
   絶対読ませてやるもんね!!Aって言わせてやるもんね!
   ふんだ!ちなみに言うと本なんか読んだことねーから
   夏目漱石だか夏目ナナだかしんないけど読んだことないもんね!
   ふんだふんだふ〜んだ!

ちなみに言うとタイトルは付け忘れただけだもんね・・・・・・

221 :ぼく。:2006/09/30(土) 20:30:37 ID:hHAIAFqh
「生死」

アナタは生を拒んでいるの

臆しているの。

ならば休みながら歩き続ければいいわ。

生きる事に恐怖を感じないくらい遅く・・・!

死ぬことが怖いんじゃない。

生きることが怖いんだ!!

え・・だからさっきそう言ったじゃん。

え?あ?え?あ・・

ハイじゃんがじゃんがじゃんがじゃんが・・

へっへ〜んだ!評価はやさあくに頼んだよ!
バーカバーカオレガバーカ!
へっへ〜んだもんね!ピューーー

222 :ほろ酔いアンプ ◆notePDkbPQ :2006/09/30(土) 21:07:58 ID:RU/hTI0V
>>221 やいこらアンタ、生きるのに照れるんじゃないヨ!!生死をかたるなら真っ直ぐ過ぎる
位で、コッチを赤面させてみろってんだヨ! D+

223 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/30(土) 21:59:58 ID:1UI7GBIp
>>220
一行目は見てないフリをするよ。その心意気やよし。頑張って。
で、ただレスするのも意味ないんで評価でも。

>>163
三点リーダ(点3つ)に頼るのはイクナイと思うんだ。表現の放棄に見えてしまうんだよ。
テーマは特に斬新ではないし表現も普通。
今、思いつくツッコミだけ。
4行目と9行目が同じ描写。1〜3行は4〜5行+αだけでこと足りると思う。
6行目と11行目も同じ。おなじ意味に取れるところが多いため全体的に少しくどい。
心理描写はあるが力が足りない。ただ「会いたい」と言われても伝わらないだろう。あと、誤字脱字にも注意してほしい。
こういうテーマは多く使われている分、容易ではない。なのであまりお勧めしない。
できれば自分で考え出したテーマ(発想)で作ってみて欲しい。
評価D

224 :名前はいらない:2006/09/30(土) 23:37:07 ID:FaZQzmv/
〜Hog raising〜

生まれた時から終わりは決まっていた ただ生きるだけだった
生まれた時から終わっていたんだ 柵の中で悟ったさ

そう思っていた僕は 雷鳴とともに外へ出された
屋根の無い世界に投げられたんだ
どうしてだろう 嬉しいハズさ 
震えがとまらないんだ

生まれた時から 決まってた終わりが今日全部消えてった
生まれた時から 信じなかった希望が顔を出したんだ

そして僕は知ったんだ 雨と風の冷たさを
そして一つ見つけたんだ 欲しいものは生きる意味と

気付けばソコには 君が居た

生まれた時から知らなかった ヌクモリを貰ったんだ
初めてもらった真珠のプレゼントさ

貴方は抱いて、くれたんだ
真珠の大きなプレゼント
暖かい暖かい温かい
初めて貰った 真珠のプレゼント

いつかの死に際の一言さ

お前に真珠は似合わない

225 :224:2006/09/30(土) 23:38:46 ID:FaZQzmv/
sage忘れすいません><
題名のHog raisingは、養豚って意味です(w
評価、よろしくお願いします。

226 :サボテン:2006/09/30(土) 23:56:53 ID:nhX5h3Wt
ほとんど一気に吐き出した。紫煙と溜め息、恨み言。残念ながらもうおしまい。明日は1から始めよか、それともこのまま逃げましょか。

227 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/01(日) 00:55:39 ID:LbZ20ZRB
>>220
かわいいやつめ。
ちゃんとみたけど、あまりいい評価じゃなくてごめん

228 :ぼく。:2006/10/01(日) 02:35:44 ID:jeXKkn/N
ばぁ〜っかにしやがって〜!

「表裏」
かすかにかおる鈴蘭の匂い
野山に咲く一輪のタンポポ
街角に落ち込む夕日
大海原をまたぐ風
ただ単に感じられないだけ
世の中のすごみ
ただ単に出られないだけ
見慣れた天井
今日は終わる

229 :名前はいらない:2006/10/01(日) 02:45:12 ID:T3WwUBP8
>>224 あああ 面白そうな出だしだけで終わった。人間が薄っぺらいと詩も薄っぺらイ。

230 :ぼく。:2006/10/01(日) 03:01:32 ID:jeXKkn/N
>>222 顔真っ赤っかにしてやらぁ〜!
パート2
「生死」
死にたくない
死にたくないよ
そう思って生きる自分
毎日何かに怯えてる
でも生きたいから
それは仕方がないよ
生きるのが好きなんだもん
死んだらどうしようなんて考えた事無い
だって今生きてるんだもん
人間として恥もかいた
あぐらもかいたし、頭もかいた
いびきもかいたし、汗もかいた
寝小便たれたし、鼻水もたれた
頭もたれたし、よだれもたらした
でもやる事はまだある
まだやってない事が
どんな人生であろうとも
僕は胸を張って
生きているのが好き
今の自分が大好きと言えるよ

231 :118:2006/10/01(日) 08:43:48 ID:n5wjfuWq
>>213様 215(208+)様
評価いただきありがとうございます。
すみません、評価者を指定するシステムだったのですね、
そんなことも知らず催促したようになってしまって…
大変失礼致しました。

非常に当を得た指摘をお二方から頂き、勉強になりました。
書き出しに高い評価をいただき大変光栄です。
四連はこの詩の中心たる部分であったはずなのに
上手く纏まらなかった感じが自分でもしていたのですが
結局それが如実に読み手の評価に現れた気がしています。

「キモい」の大合唱であったシーザリオ騒動で
競馬板からやってきて、物は試し、と書いてみたのですが
言葉をそぎ落とすという作業はすごく難しいですね。
削ぎ足りなかったり、必要な物まで殺いでしまったり。

またトライしてみます。ありがとうございました。

232 :118:2006/10/01(日) 08:59:14 ID:n5wjfuWq
調子に乗ってもう一篇いってみます
文体が定まらないのはキャリブレーション中ということで
ご容赦いただきたく…評価者は指定しません どなたでも有難いです

----------------------------------------------------------------
タイトル:『愛してる』

リンゴはどうして木から落ちるのか
目に見えないその答えに僕等が辿りつくのに
どれほど時間がかかったか 君は知ってる?

目に見えないものの存在を
確かに感じたり、信じてみたり
3ヶ月やそこらの時間でそんなことができるなら
そいつは詐欺師か宗教家か
それとも未来の大科学者か

で、君はどれなのさ


233 :やさしいあくまカスタム番:2006/10/01(日) 10:08:40 ID:LbZ20ZRB
>>124
わたあめ
僕もCでした。暇があれば評文のせます。

さて壊れたPCですが、月末省いて借りることになりました。
まだケータイで長文かくのが非常に面倒です。ボタンの連打は嫌いじゃないが。

234 :やさしいあくまカスタム番:2006/10/01(日) 10:10:08 ID:LbZ20ZRB
>>124「わたあめ」/

前の人と題材がかぶってるけどたまたまだね。
俺タバコ嫌いだから2連目一行目に一瞬敵意を感じたね。ごめん読み直すよ。
タイトルわたあめはタバコの煙と甘い恋をかけたものだがもう少し上手く使えるといい。
恋人のキスは苦いものも甘く変えてしまう相手への想いそのものの形だ。
ぽろりできづいた2連「苦い」はタバコの味だけでなく、2人の関係についても表しており、それでも離れられない苦さなんだろう。
キスしてる間だけは幸福なんだろうな。
続く

235 :名前はいらない:2006/10/01(日) 10:41:16 ID:U4cLeq+l
甘いものが大好きなアナタは
今日も一人で冒険の準備
コーヒーすすって歌いましょう
きっとアナタに届くでしょう

ケーキの上で生まれたあなた
今日も一人でむさぼり続ける
空から聞こえる音痴な歌を
2回嘲笑って歌いましょう

いつか私達が出会うとき
握手をしてから抱き合おう
そこから聞こえる歓喜の声は
1ヶ月で絶えるけど

右手に抱えた食い挿しケーキ
それ以上はいらないよ
右手に持ったブラックコーヒー
カップはアナタの手のひらで

僕らの家は極端さ
あんたが居なきゃやってらんねぇ

これで会うのは何回目だい?
行ったり来たりのコーヒーとケーキ

236 :名前はいらない:2006/10/01(日) 13:00:59 ID:J6Q0R/6T
やさしいあくま?

何がいいたいのかわからないし無駄な言葉だらけ。

237 :詩藻司 ◆notePDkbPQ :2006/10/01(日) 14:02:11 ID:mC2UF1KV
>>230 前向きでいいですね。みっともないところも入っているのも。そして、もう一度自分の
本音を見つけるのです。本音を見つけたら本音になる前の感情、それを言葉にしてみましょう。
難しいです。自分もまだ、なかなかできません。 C−

238 :ぼく。:2006/10/01(日) 15:33:31 ID:KhuD4Axl
>>237
なにぃ〜??C-だとぉ〜〜〜〜〜!!
足りない足りない!
絶対Aとってやるもんね!

あ、評価ありがとぅーーー!

239 :前田です。:2006/10/01(日) 19:06:01 ID:/3p4dVrR
誰でもどんどん評価して下さーい。

「怪物(2006・インザダークな茶わん蒸し)」

はるか

森 暗く 放つ 記憶

向かう

深淵で そびえて立つ

あなたは誰?

まどろみの一つ

深淵から怪物にして

自分にした

240 :名前はいらない:2006/10/01(日) 19:11:49 ID:T3WwUBP8
>>239 なんか面白そうなんだけど、つたわんねーな。

241 :前田です。:2006/10/01(日) 19:35:35 ID:/3p4dVrR
>>240
おー!!早いね!!

じゃんじゃん評価してやってくださーい!

242 :ぼく。:2006/10/01(日) 23:16:23 ID:KhuD4Axl
コレはA頂きだな〜!!評価してみるぅ〜?
「月」
かすかな希望は途絶え
儚い夢は隠れた
おえない幻影に背を向けて
僕は今月を見ている
太陽に照らされ輝く月
美しさは一級品だけど
所詮太陽なしでは
輝けないちっぽけな月
それに輝いたとしても
雲に隠されてしまう儚い月
僕によく似ている気がする
でもやっぱり違うんだ
僕は一人で立っている
太陽みたいに強くはないけど
僕は一人で立っている
足取りままならないままに

243 :名前はいらない:2006/10/01(日) 23:35:19 ID:U4cLeq+l
>>242
最初の三行がとても無駄な気がしてなりません。
分かりにくく、感情移入もしにくいです。
個人的な解釈ですが、この主人公は自分のことを悲しみのヒロインに美化している感がありますね。
これを上手に使えば面白い詩が作れたかも知れませんね。
最後にいたっては脳内変換しても意思が私には伝わりませんでした。
日本語の勉強、もう少ししましょうね。

E+

244 : ◆eiFwftlATc :2006/10/01(日) 23:37:30 ID:9ytvEqSO
リズムが悪い
特に最後
ありがちな表現が多い
普通にE-だろ

245 :ぼく。:2006/10/01(日) 23:47:01 ID:KhuD4Axl
ふふふ!素晴らしすぎて文句を付けたいと思う気持ちは
分からんでも無いぞぉ!悔しくて涙流してる君らの姿が目に浮かぶぞぉー!
まぁもともと僕ちんの詩じゃねぇーからどぉーでもいいけろー!
ところですげーなここはー!僕の想像を遙かに超えてる!
僕ちんが投稿したら早速飛びかかってくる!釣りみてー!おもれー!
というわけでもうしばらく遊ばせてもらうぞぉ〜!

246 :ぼく。:2006/10/01(日) 23:53:11 ID:KhuD4Axl
さぁ評価してごらん!さぁさぁ!!
「マグネット」
磁石という物は
SとNではくっつくくせに
SとSでは離れてしまうのか
NとNでも離れてしまうのか
こまった・・・
君が嫁入りするか
僕が婿入りするか
野口と鈴木
どっちをとっても離ればなれか・・

247 :きみ。 ◆utqnf46htc :2006/10/01(日) 23:54:25 ID:9ytvEqSO
でたよ!
評価が悪かったら釣りでした宣言!
きめー
琵琶湖に沈め

248 :名前はいらない:2006/10/01(日) 23:57:39 ID:U4cLeq+l
>>247
反応したら負けですよ。

249 :ぼく。:2006/10/01(日) 23:58:31 ID:KhuD4Axl
釣りでしたなんか言ってねぇーー!
釣りみてー!って言っただけだぞーー!
いいなぁー!良い感じで絡んでくるなぁ!
気に入ったぞー!

250 :きみ。 ◆utqnf46htc :2006/10/02(月) 00:01:36 ID:0/jX6AZI
釣りでしたw

251 :ぼく。:2006/10/02(月) 00:04:14 ID:3aDbnTFr
>>250
うわぁーー!釣られたぁ!!
うははー!はぁ。。。疲れた。寝る。
>>248
その言葉俺にもくれーーーーーー!

252 ::2006/10/02(月) 11:49:45 ID:vaS0I28J
眠りにつくとは
海に漂うようなもの

透明な水母のように
波のリズムに身をまかせ
自分の姿さえ
よく見えない

音を立てずに忍び寄る
苦い記憶の陰に
足を取られ
溺れてしまいそう

叫びはむなしく海に呑まれても
飛沫をあげて水面を突き破った

遠くから微かにコーヒーの匂いがした


253 :名前はいらない:2006/10/02(月) 12:39:34 ID:57mm0h84
題(こころ)

誰かを思う・・・
心を君に・・・
出逢えるようにと・・・
心に思う・・・



254 :やさしいあくまちゃん:2006/10/02(月) 13:36:06 ID:i1H95d7Q
>>252
初めにある句は眠りに落ちることが海に漂うことに似ているという一般的な感想である。
2句目もどちらかというと、その喩えにしたがって一般的に人が感じることの記述のように思える。
3句目から突然、話者の身に起きていることに転化したようであり、しかもやや緊迫感を帯びる。
最後の「コーヒーの匂いがした」は現在起こっていることである。
ちぐはぐ。 D+

255 ::2006/10/02(月) 13:38:51 ID:vaS0I28J
>>254
悪い夢から眼が覚めて、朝のコーヒーの匂いに気がついたという意味です

256 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 15:35:05 ID:7iDRJWjZ
>>213 乙)
>>211 評価人はここを運営してるわけでも管理しているわけでもない。あくまで投稿者と同じ立場で義務を持たない。
>>210 たまたまだから元気出せ。

257 :やさしいあくまカスタム番 ◆H3L7WgNUt6 :2006/10/02(月) 16:26:18 ID:7iDRJWjZ
>>255評価やり直します。>>252タイトル不備/遼さん

1連は「眠り」を2行目を説明してしまっているようなもの。説明的にならずに言い切ってそういう世界を作ってしまうくらい大胆になってもいい。(例えだけど)
3連緊迫感はない。(足を取られ/溺れる)の意味はわかるが、最初から海の中の世界に入っているので言葉の上で溺れるの表現は
違和感を与えます。海とカケるかべつの表現がいいと思う。
同じく3連、「苦い記憶の陰」はこの内容の元となる重要な部分なので、もっと核心に触れて書かないと、感情移入できず読者を巻き込めない。
4連、「飛沫をあげて水面を突き破った」は目覚め。その前の夢のなかとももう一巻きくらいリンクさせた内容になるとよかった。5連はイイ。
全体、材料はソコソコ揃っているのに、全部を表現しきれずに欠けた部分が多い。長くなってもかまわないから中身を表現しきってください。
2連をもっと丁寧に表現してみてください。3、4連、あと一歩まできてるが不足が目立つ。内面にもっと入り込んで。残りの課題は世界観の確立。D+

258 :三日月:2006/10/02(月) 16:45:45 ID:UuDAK1Gj
やさしいあくまさん、お願いします。

そして僕らが踏んでいるこの土は
憧れで終わるような気がした
探し物なんて気にもしないけれど
少し寂しいはずの夜

僕らこの本の中で必ず出会うだろう
すぐに広がる君の熱が届いてくるよ
はかない光はこの空を何色に染める?
答えは消え去っていたよ

どんな痛みがここに閉じ込められてるんだろう
波にさらわれていく無人島たち
矢を継ぎ足し深紅の海に放ってみたら
影に手を取られていた

いつものように戯言で許されているよ
弱気な鳥たちが本の終わりを告げていく
悲しい歌声で僕は今 交差点の中
オチはシミで見えなかった

僕らこの本の中で必ず出会うだろう
僕らこの本の中で必ず出会うだろう
はかない光はこの空を虹色に染める
天国を見つめている

だけど輪廻の終わりがそこに見えている
最果ての地に着いたらもう君に会えない
はかない光はこの空を何色に染める?
答えは消え去っていたよ


259 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 16:46:07 ID:7iDRJWjZ
アップしてませんでした。                   >>234わたあめの評価の 続き

4連とか描写力あるし丁寧。
ふわふわ や間の取り方など上手い。C
208+ さんとかぶってるけどね。


260 :名前はいらない:2006/10/02(月) 16:50:16 ID:cGKB64jx
滝川都男(くにお) 38歳 埼〇県〇郷団地〇ー6ー6ー102
ストーカー、器物損壊、無言電話、飲酒運転等を繰り返している。

■身長 170センチ
■体重 80キロ
■特徴 ビール腹でいように腹が出ている

こいつを見つけても近寄らないように。
警察もマークしてます。


261 :やさしいあくまちゃん:2006/10/02(月) 17:37:23 ID:i1H95d7Q
>>255
そんなことわかってるが、
その「落ち」に持っていくには
特に一句目と合ってねえって言いたかったんだがな。
お前失礼な奴だな。ムカつくぞ。

262 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 17:42:13 ID:7iDRJWjZ
あっまじ!?
118の前半の評文消した消しちゃった………。
スゲーショック!!!
ぱくられたことよりもショックだよ。あーどうしようかな。後半だけでも載せるかな。
それも煮え切らないな。
フゲー!嫌だー。

というわけで事情により先に評価したものもありますが118、208、209、221の評文できています。番号の若い方からあげていきますが、事情により時間かかりすぎるので大変遅くなります。
新しく僕を指名する人はそのことを御了承ください。



263 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 17:56:35 ID:7iDRJWjZ
>>118「嘘」
自分の台詞にスポットを宛てて話を進めていく手法。
まず舞台設定が細か過ぎて鵜呑みにできない。漠然とイメージより、実際にある駅名をあてはめた方が親近感やリアルさがわかるし地方じゃなければわかるだろう
タイトルも「お互い寂しいねー」といったのが誰なのか検討つきにくい。この手法とってるだけに。
4連全部が自分にいったツッコミなのもわかりづらい。この連は重要だと思う。
もったいないのが展開が悪いこと。
続く↓

264 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 17:57:16 ID:7iDRJWjZ
続き↓
ツリーという材料をもってきておいて誘いきれずに不発だってところが。キメるべき盛り上がりを通り過ぎて、
次誘うって期待もなく平坦。
嘘は4連の台詞だが、誰が誰なのか曖昧だったし、この詩に宛てるぶき主題はそこじゃなかった思う。だから未消化なのか、
嘘という主題自体活かせて活かせていなかったためか。
作者の方向性んいかすなら、話のなかではそれほど重要な作りされていない「嘘」のためにいつも進まないという二人の関係と方向性を作り、構築していくか、
日常の切り取りを活かすか。D

265 :名前はいらない:2006/10/02(月) 18:06:40 ID:i1H95d7Q
やさしいあくまさんお願いします

性交をするとは
海に漂うようなもの

透明な水母のように
波のリズムに身をまかせ
自分の姿さえ
よく見えない

音を立てずに忍び寄る
苦い記憶の陰に
足を取られ
溺れてしまいそう

叫びはむなしく海に呑まれても
飛沫をあげて水面を突き破った

股下から微かにザーメンの匂いがした

266 ::2006/10/02(月) 18:07:29 ID:vaS0I28J
さらっと書いてしまった詩なので
題材がつまらないかもしれませんがよろしくお願いします。




霧雨


宵闇けぶるこの雨が
俺の思考をもてあそぶ

「この世にはびこる薄っぺらい愛など
 すべて砕け散ればいい」


宵闇けぶるこの雨に
無意味な虚勢を張ってみる

「築き上げた愛が砕け散ってゆく様は
 さぞ壮観であろう」



宵闇けぶるこの雨は
俺の声さえ かき消して


267 ::2006/10/02(月) 18:10:50 ID:vaS0I28J
ごめん今>>261に気づいた。
君の言ってることよくわかったよ、ありがとう。
だから粘着やめてね^^

268 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 18:14:19 ID:7iDRJWjZ
>>261:やさしいあくまちゃん 10/02(月) 17:37 i1H95d7Q

ごめんアップしててみてなかった。
で、レス番間違ってない?引用してくれないとどこの事言ってて、何にムカついているのかわからないな。
僕が人の名前パクるより失礼な事したんなら謝るが。自覚がないから指摘してくれ。


269 :名前はいらない:2006/10/02(月) 18:24:22 ID:ze0tC9lp
遼を評価する価値はないんじゃないか、あくまたち。

慎んで評論を受け取らない奴に成長など見込めない、時間の無駄だと思うぞ。
評価してやって粘着やめてなんて、割に合わないだろう。

270 ::2006/10/02(月) 18:33:09 ID:vaS0I28J
>>269
評価してもらったことに対しては礼を言ったつもりだが

271 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 18:33:29 ID:7iDRJWjZ
>>267 分裂病だからキニスルナ

>>255か普通にレス番間違った。クロスレビューした僕の事かと思ったよ。

>>265 またお前か。他人の作品を勝手に改変して下品な詩にするとはゲスなセンスだな。
評価はID i1H95d7Q のあくまちゃんに頼んだらどうだい。お前誰だか知ってるぞ。


272 :名前はいらない:2006/10/02(月) 18:39:09 ID:i1H95d7Q
>>268
そんなにたいそうな名前かよ、ちょっと使ったからってうるせんだよ。
とにかくお前にはもともと関係ねえよ。

273 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/02(月) 18:42:36 ID:uiPccvFz
さてさて、こんばんわ。空気読まずに評価させていただきます。
>>161-162
先ず言葉から。「アナーキズム」=無政府主義・自由至上社会主義(Wikipedia参照)
内容そのものは難しいものではいためスラスラ読める。
特に目立つ粗はない。よく完成されているなと思う。
細かいことをいうなら「起立している」は「立っている」でいけないだろうか。
タイトルはあまり意味のないものになってしまっている気がする。
たしかに「好奇心」なのだが、インパクトが足りない。

読んでみて一番違和感を感じたのは「俺は支配者だ」のフレーズである。
おいおい、逆じゃないのか。と僕は思ったのだ。「俺がしない」から「俺が支配してる」わけではなく、
「俺はできない」から「俺は支配されてる」のではないかと。
仮にソレをやったとしてどうなるかを考えた時、結果が招く出来事に「支配されてる」とも考えられる。
タイトルを「被支配者」とか「裸の王様?」とかにすればタイトルも活きてくると思った。
まぁ、こんな考え方もあるよってこと程度にしておいてくれればいい。評価とは関係ないから。
ってことで評価D

274 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 18:43:42 ID:7iDRJWjZ
>>272 そうかい。

>>268 成長どうのより成り行きだから仕方がない。
僕は評価してやってるなんて立場じゃないから気にならないけどね。

275 :名前はいらない:2006/10/02(月) 18:46:21 ID:i1H95d7Q
>>271(遼君ごめんな。やさあく用の改変だから)
『彼岸花』

彼岸花は 訴えている 

訴えるような 赤い色

空を焼き尽くす 花火の色

処女から噴き出る 血潮の色

終わらない 初恋の色

遥か遠く
若き日々の夏の終わりから
今を生きる 僕に

彼岸花は 訴えている

276 ::2006/10/02(月) 18:51:49 ID:vaS0I28J
もうこの板で評価してもらうのやめるわw


277 :やさしいあくま:2006/10/02(月) 18:57:45 ID:7iDRJWjZ
>>275
だから今パソコン壊れてるっつってんだろが!パソコンなら100個前から読み直せ。しかも今お疲れだよ。これから仕事だし、かまってやれないんだが。
順番待ちするかね?またパクりだったら評価しないよ。

278 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/02(月) 19:01:48 ID:mXSAwNxX
遼さん、なむです。
やさしいあくま氏とやさしいあくまちゃんは別人ですよ、念のため。
てか>275はありえないでしょう。。。戦場の痛みを踏みにじられた思い。
i1H95d7Qよ、君にあの詩の何が分かるのかと言いたい。
あれはそんな気持ちで引用して改変していいものじゃあないぞ。断じてな。
自分のスタイルはないのか。自分のしたことの正悪も分からないというのか。
君は美しくない。久々に腹が立ったなあ。
遼さんも懲りずにまた頑張ってくださいよ。君の詩好きなのだから。

>277
パクりです。遼さんの。何度も推敲してセン五に投稿したらしい詩なので覚えている。

横槍失礼しました。以後、まったりカスタムほんわかをお楽しみください。
セン五スレで書いてもこういう秩序のない人間は見ないんだろうなあ。


279 ::2006/10/02(月) 19:03:52 ID:vaS0I28J
>やさしいあくま氏とやさしいあくまちゃんは別人ですよ、念のため。

すんません、新参なので区別がつきません

280 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/02(月) 19:09:32 ID:uiPccvFz
ID:i1H95d7Q=粘着。
こいつがあくまさんの騙りやってるんだ。
そんで他人の作品パクッてカスタムに載せてるのが>>275
ついでに言うなら本スレで下線棒に煽られて息巻いてるのもこいつだ。

皆、騙されないようにw
>>276
止めはしないが載せてくれた作品は評価する。それだけでも見に来てくれ。
>>277
ということで>275は評価なくていいですよあくまさん。

281 :ぼく。:2006/10/02(月) 19:51:32 ID:OQgsvlT4
やさしいあくまたんは名前をパクられただけでおこるのですか?
>>256
確かにそんな義務君らには無いんだろうけどさ、
評価人の肩書き背負ってるならちゃんとした評価して欲しいな。
それは義務というより、礼儀。詩人に対しての礼儀ではないのかなぁ。
まぁどちらにせよ
この僕ちんには関係ねーーーーーー!
僕ちんの目標はやさしいあくまたんをギャッフンと言わせる事だからね!
コレこそ詩か・・・・!と思わせるような詩を見せてやるもんね!
目標はAのみ!まってろなぁぁぁぁーーー!
ピューーー!

あ、>>246評価よろすく。だれでもいいや。

282 :やさしいあくまカスタム番 ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 21:13:56 ID:7iDRJWjZ
>>281
そのことには怒っちゃいないよ。詩をパクられたことに腹をたててるんだ。
何故だかしらないが僕のでもないが。

なぜだか評価人の礼儀ばかり求められるなぁ。そりゃ評価するときはそうあるべきだが、投稿者が礼を言う人なんて3割にも満たないってのにさ。
投稿者の礼だなんだって言ってくる投稿者は2スレに1人いるかいないかだぞ。
ちゃんとしてない評価のレス番あげてよ。僕の評価を全部読んでるのかはしらないが。


283 :名前はいらない:2006/10/02(月) 21:17:57 ID:3t+Mrld1
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

284 :名前はいらない:2006/10/02(月) 22:34:28 ID:7SzThx/D
「道路標識」
いつもの歩道橋を歩き
ふと路地裏を見下ろすと
役目を失った道路標識達
「一時停止」 「右折禁止」 「一方通行」
ただ投げっぱなしの言葉達が
無造作に捨てられている
その言葉はかつてどこに向けられてたんだい?
路地裏に捨てられてもなお
たった一つの言葉を叫び続ける彼らに
「もういいんだよ もう終わったんだよ」
声を掛けてやりたくなった
俺は毎日電車に乗り、
感情殺してデスクワーク
「一生懸命」というたった一つの言葉を示し
何とかこの場所に立つ意味を持ってる
でも会社が求めるのは
「能力」「利益」「コミュニケーション」
いつか俺も捨てられるのだろうか
路地裏の彼らの様に


285 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 22:34:38 ID:7iDRJWjZ
>123お茶を濁しながら評価します
解説:わたあめに思いをはせる男(?)目に見えるものを見た目で判断してよいのかどうかを危惧している。
しかしなぜそう思うのか、しなくちゃいけないのか明確な主張はない。
寸評:僕としてはそこ(主題)を表現できていないと思った。それがいちばん大きな問題だと思う。みるとこは人によって違うがね。
一生懸命書いたものをバッサリ切られて報われない思いをしたことが僕にもありました。わからなくはないよ。ホントはね。
話を戻します。わたあめで
続く↓

286 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 22:35:22 ID:7iDRJWjZ
続き
わたあめで構築された内容は、文体と差が出てしまい、中身の薄さをより強調させてしまった。
ツッコミ所:「家畜として売りとばされる」この表現はどのような比喩として使ったのか。
「興味という虚像の真実」ここもわからない。虚像というのがくせ者で、「興味」と繋がりをもたない言葉に思考が働かなかった。
アドバイス:主題を活かす作品作りを目指して下さい。わたあめのようなアイテムを使うならできるだけその特性を活かして。他のどれでもあてはめられるアイテムなら固有名しである必要がないからです続く

287 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/02(月) 22:37:10 ID:7iDRJWjZ
さらに続き
粗筋でよむと主題は明確でした。しかしこの作品で一番言いたい所は解説部分ではありません。
これを通して何を一番言いたいのかという核心を隠れたメッセージとして受け取らせる必要があったと思う。
ここまでだったら材料変えてストーリー変えて同じのが作れる。その時に必要なのは優れた表現ではなくて主張だ。
この作品には先がある。ここで終わっては既製品の枠から外れない。D−

288 :ぼく。:2006/10/02(月) 22:45:15 ID:OQgsvlT4
>>281
アンタの評価なんか読む必要ねーだろーーー!
ちがうかぁーー!
てかなー!評価した人に礼を求めるのは厚かましいぞーーー!
やさあくはキチンとした評価だー!そこは認めるー!
でもそれはお礼を言われるためにしてることじゃねーだろー!
評価人にお礼を言う。それは人間としての礼儀だー!
詩人としての礼儀は全身全霊を込めた詩を書く事だろー!
対して評価人の礼儀はキチンとその詩を評価することー!
ちゃうかー!?違ったらゴメーン!
まぁ何いってんのかわかんなかったら、叩いてくれてもいいぞぃー!
スルーしてくれてもっ結構だぁー!
つかそんな事どーでもいーから俺の評価してーー!
酷評結構!批判歓迎!評価してクレー!

289 :ぼく。:2006/10/02(月) 22:46:49 ID:OQgsvlT4
あー!評価してくれてたー!
やさあくゴメーン!

290 :ぼく。:2006/10/02(月) 22:49:35 ID:OQgsvlT4
でもねー。改めて評価してくれるのは良いんだけど・・・
ダブルパンチだよね。。。へこむわぁー。。。。
まぁいいやぁー。
評価ありガトーー
今度はランクを3ランクぐらい上げてやるからそのつもりでー!

291 :やさしいあくま:2006/10/02(月) 22:56:26 ID:7iDRJWjZ
今日は気の休まらない一日だなぁ…

292 :つかれたあくま:2006/10/02(月) 23:16:37 ID:7iDRJWjZ
>288
投稿者に礼を求めちゃいないよ。言いたいとこはそこじゃないんだが、字面だと上辺しか受け取れないなぁ。


293 :名前はいらない:2006/10/02(月) 23:41:46 ID:ze0tC9lp
残りの電池は後一本
樹海の部屋を探したって
見つかるのは死人の遺書だけ

それを両手に抱えて繋げたら
ちょっとは戻ってくるんだろうが
立ったらそこで崩れ落ちるさ
コンセントなんてどこにもないぜ

パソコンの前に立つ僕が
眺めるのは自分の居場所

広がる本音と無謀な争い
僕はもう少し流されたいから
自分の心は押したりしない

残りの電池は後一本

294 :ぼく。:2006/10/03(火) 16:46:34 ID:d4+Ykk5q
>>292
俺が疲れさせちゃったなぁ!ごめんなぁ!
上辺だけしかつたわらねーのは俺がバカだからだろー!
つかれたなんて言わず評価続けれーー!

295 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/03(火) 18:39:19 ID:frNXXOJa
どもども、こんばんわ。評価する前に一言だけ。
>ぼくさん
評価人に言いたいことがあるなら文句があるなら【語ろう】スレへ。
ハイ、空気悪くてごめんなさい。評価待たせちゃってごめんなさい。

>>170
正直、どう見るかがすごく問題だった。あまり、こういう詩は得意じゃないと言っておきます。
「殺しましょう」「殺せぬ」「殺された」「殺されている」言葉をそのまま受け取る必要はないと思うが、印象としては黒い。
問題は「殺す」という言葉が何を意味するか?手がかりがないから不明。
「あなた」と「私」の関係さえはっきりしない。タイトルを見ても単純に恋人などとは言い切れないだろう。
読み手に解釈を任せるものだが僕の中には何も生まれなかった。
評価D

>>176-177
これは別々の作品なのか、一つなのか。できれば1/2とか2/2ぐらいつけてくれれば助かる。
一つにするより二つにするほうが自然なのでばらばらの作品ということで評価。
>>176
のっけから一体何の話をしてるのかサッパリ。
突っ込み入れます。
1連 「すれ違い間際」よりも「すれ違いざま」のほうが自然
2連 話が飛ぶがまだついていける
3連 「常識が付きまとっていて」何故死にそうになるのか不明。話に追いつけない。
4連 嘘だ、と言われても読み手は置き去りのまま終了。
この詩で何を与えたいのか、表現したいのかがはっきりしないため読後に印象がない。
読み手に理解させる、表現しようとする意識が必要。評価D-

続きはまたあとで。

296 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/10/03(火) 19:11:14 ID:FwDffeU/
◆notePDkbPQさんお願いします!!!

「隕石なんかじゃない」

ズボンは引きずられ ズタズタ
空から落ちてきたのは 隕石ではなかった

走りたくない から 歩調を上げた
一歩進む そのストロークが 風景を吸い込んでいく

無数に沸く泡ぶくのような雑踏を抜け階段で待つあんたに手を振る

笑ったその顔はまるで韓国人で横からの角度の方がかわいい

ファンデーションだか何だか知らないが、俺を見上げるその顔がキラキラ踊る

あんたの動作一つ一つと小さくやわらかな感触が室温を25℃に保った

いつか俺はお前に飽きてしまうかもしれないが、今だけは側にいてほしいんだ

297 :名前はいらない:2006/10/03(火) 19:13:14 ID:1oO67/Yy
       ∧_∧
      ( ・∀・)   
      ( ⊃┳⊃
     ε(_)ヘ⌒ヽフ
     (   ( ・ω・)
≡≡≡ ◎―◎⊃⊃

298 :名前はいらない:2006/10/03(火) 19:25:31 ID:ncV225ri


299 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/03(火) 19:40:48 ID:frNXXOJa
続きです。
>>177
突っ込みます。
1連目 「サルバドールダリ」である必要はあるか。聖徳太子では駄目なのか。
どういう意味で「讃えられるだけ」とされてるのか。これも分からない。
3連目 どこですか?
まぁナンセンスものだと思ってみるけど、面白さは感じなかった。
評価D-

>>190
突っ込みます。
「透明な〜は奪う」ではなく「〜を奪う」ではないか。
貴方、というのが「女」であるかは分からないが、女の場合「貴女」を用いるのだそうだ。
キレイな文体でまとまっている為、作品のふいんき(ryはよく出ている。
しかし、肝心な中味がない。舞を舞う踊り子?の姿を上手く描写できているがそれだけである。
文体、雰囲気、描写が上手くできている分、中味が薄いのは残念だった。
もう一歩、何を伝えようとするかが大切だと思う。
評価D

疲れました。今日はここまで。なるべく一週間前には評価したいと思います。では。 ノシ

300 :名前はいらない:2006/10/03(火) 20:02:40 ID:/sqGwQSg
【りんごほっぺ】

良くない 興味ない 会いたくない
欲しくない 見たくない 話したくない

好きじゃない
好きじゃない
好きじゃない?

なんだ、やっぱり好きなんじゃない

301 :遺伝子組み替えでない豆乳 ◆notePDkbPQ :2006/10/03(火) 21:16:59 ID:CpliFx9R
>>296 隕石のくだりはよく分かりません。彼女の話にいきなり飛びますから。
時に捻りすぎて、難しくなりすぎるきらいはありますが、言葉のひとつひとつに表現の
工夫が見られます。
そして、まず、気になった点からデス。「お前に飽きてしまうかも」これです。読者としては、
そんな冷めた台詞は欲しくは有りません。少なくとも、葛藤は有って欲しい。愛が濁ります。
良いところは、彼女の描写です。新鮮であります。室温、キラキラ踊る、横からの角度が可愛い。
恋愛詩は、愛してる、好きだを連発して終わってしまいがちですが、その点で、この詩は
彼女の魅力をしっかり描いています。 C

302 :名前はいらない:2006/10/03(火) 22:49:22 ID:g0jJaPuQ
腐った蜜柑がすべてを腐らせる
って言葉が
シュールに生えて
なにも腐りやしない

ただの絵みたいに埃を被って古着みたいにいい味だしてる

僕の人格は飾りなんだって
僕、真面目そうだろう?って
気が狂う前に空仰ぐ

303 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/04(水) 01:36:39 ID:Ntj8iQBq
>>294
俺お前にどんな裏あってもそのテンションは好きだな。うざくはなるかもしれないが。

304 :名前はいらない:2006/10/04(水) 02:24:53 ID:9aEhpEcX
コーヒーカップに残った 甘いミルク
カーペットにこぼして 白い染みを作った
コーヒーカップでミルクを飲むのはどこか贅沢な気分

甘い香りを失って それはもうただ白い
白く汚すというのは うん 変な響き
桜の花は白く濁っているの? とか
それはどーだっていい話 だって 桜は綺麗

ふと この世界を自分色に汚したくなる
絵の具をぶちまけるほど 簡単なことではないけど
きっとできやしないから 代わりに部屋に絵の具をぶちまけようか
3日後 後悔しそうだから やめときましょう

なにがあっても 染まらない人だっている
桜のように 濁って綺麗になるものもあるけれど
そんな人たちが いちばん綺麗
それが何色であっても 黒色とか茶色とか

不思議 とても 不思議

305 :名前はいらない:2006/10/04(水) 14:21:37 ID:aMvHdMkQ
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

306 :名前はいらない:2006/10/04(水) 20:27:26 ID:cAiKAc5M
「死に至る病」
幼いころ、腹と胸の間に
くぼみがある様な気がしていつもそこをさすってた。
大人になるたび削られて行き
今じゃ立派な長いトンネル
背中を貫通している様な錯覚に陥るほどさ
その先には触れてはならない湖が広がっているのに
石がぼんぼん放り込まれるんだ
その石は明らかな暴言かもしれない、何気ない一言かもしれない
激しい変化かもしれない、ちょっとした違和感かもしれない
人のせいでもあり、俺のせいでもあるかもしれない
湖がばしゃばしゃと響き、体中に波紋が広がる
そいつにびっくりしたハリネズミ達が
嫌に冷たい針を内側からさしてくる
そして太陽が少しづつ迫って来ているのを背中で感じる
本当に少しづつだが確実に迫ってきている
下を見ると錆び付いた緑の鉄でできた
巨大な腕が俺のシャツの引っ張っている
ふと鏡を見ると、俺の瞳が少しも薄めてない黒の絵の具で
銛に突かれて死んでる人食い鮫の目の様にも見えた
脳みそと頭蓋骨の狭間では
ウォークマンの電源を切ったときの
ディスプレイに写る「GOODBYE」が回り続けて
俺はかろうじて浮力を得ようと
口元だけでふっと笑った
もう一度鏡を見るともはやその口元以外
モザイクがかかった様に写った


307 :名前はいらない:2006/10/04(水) 23:31:45 ID:+CtShJ33
頬を伝う滴
枕へ落ちる滴 
そして滲みになる滴

ああ、今日もまた
貴方を夢にみた

308 :名前はいらない:2006/10/05(木) 00:16:55 ID:Zh7yogYF
お金わたす必要ないよ。

だっていずれは僕のほうが偉いんだから。

309 :虹の彼方に。:2006/10/05(木) 00:37:29 ID:vuvsPW8m
僕は何もできないことを知った。
燃えさかる炎は両手一杯のバケツじゃ消せなくてただただ拳を握るだけだった。
僕は世の中を憂えば楽になるだろうと思った。
けれど流れに逆らいながら故郷へ向かう人を僕は見てしまった。
深く冷たい水はたくさんの人を飲み込んだ。
僕は感じないことの平常を味わおうとした。
ズルズルと、止まるはずの駅も関係なく電車に乗り続ける強さが欲しかった。
だけど駅長さんは優しく肩を叩いて回送列車ですと言った。
ここはどこだろう。
ここまで進んだのは僕なのに、ここまでなることをどこか望んでいたのに、それでも僕はここをどこか知らなかった。
お前は誰だと指を差されて、お前は誰だと問い直す。
僕は何もできなかった。
僕は何もしようとしなかった。
お前は誰だと問いたのは、あれは僕の親だった。
お前は誰だと問いたのは、あれは思い出でしか会えぬ友人だった。
お前は誰だと問いたのは、あれは昔の僕だった。
僕はまた一つ、何かを感じた。
それはすごくすごく大事なモノな気がして
それはすごくすごく尊いモノの気がして
ソイツに一礼し、僕は踵を鳴らして歩き始めた。
痛んだ拳を少し気にして、一歩一歩噛み締めながら。
真っ暗の中で明るい景色を見ながら。


310 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 15:26:25 ID:nFjYfC7P
さてさて皆様、こんにちは。ご機嫌麗しゅう。
未評価リストつくらないとわかんないな。やっぱり。

未評価30作品
>192 >196 >208 >209 >224
>226 >228 >230 >232 >235
>239 >246 >252 >253 >265
>266 >284 >293 >300 >302
>304 >306 >307 >308 >309

指名【あくまさん >258 >265】

お待たせしてごめんなさい。現在、一週間待ちです。
あくまさんはお休み中です。

311 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 16:05:09 ID:nFjYfC7P
お待たせしました。評価です。

>>192
前に一度評価しようとして諦めたものです。(分からなかったので)
ちょっと複雑なので彼岸花の意味について補足。
『花のあとで葉が伸びてくるが、冬と春を越して
夏近くなると全く消えてしまう(不思議♪)。 花と葉を同時に見ることはできない。
葉のあるときには花はなく、 花のときには葉がない。 このことから、韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶ。
「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から』
以下サイトより引用 ttp://www.hana300.com/higanb.html 

花と葉が同時につかない「彼岸花」の習性を上手く使った作品。
読んでみると面白いのだが読みにくい。
どこで話が切り替わり、「どこ」と「どこが」切り離されているのかわかりにくいからだ。
改行を使って読みやすくすると良いだろう。
内容は「僕」と「妹」の近親恋愛である。「花=妹」と「葉=僕」は一緒に存在できないと言うことかな。
普通ならよかったかもしれないが俺にとっては衝撃的ではなかった。
雰囲気は良くできてるし、発想もイイ。もう少しコンパクトにできればいいと思う。
評価C-

まだまだ続くよ!

312 :名前はいらない:2006/10/05(木) 16:07:46 ID:SOr9O+WJ
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

313 :やさしいあくま:2006/10/05(木) 16:51:15 ID:+0qsTXgY
ただいまネットカフェからお休みのお知らせです。
いつのまにか未評価本スレ並に増えてますね。
頼みの綱のケータイも使えなくなってるので、指名しばらくかかります。
 

死にいたる病は我孫子武丸のタイトルですね。しっテルかはしらないが>
。うーん。時間ないからまた今度。
みなさん留守をたのむ。

314 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 16:52:48 ID:nFjYfC7P
>>196
突っ込んどくと「はみ出された俺」よりも「はみ出した俺」のほうが自然。
確かに受身なのだが、それなら「押し出された」のほうが絵の具のチューブとも合ってて自然に見える。
内容が少しストレート過ぎる印象。もう少し捻ってみてもいいと思う。
評価D
>>208
タイトル「最後の望み」っていうことかな。ってかこの用法あってる?
恋愛詩として特に目立った点はない。悪く言えば「普通」。
でも一連目の「ひとつ願いが〜名前を聞いて」はすごく詩的だと思う。
言葉のセンスは感じる。問題はどうやって「普通」にならないようにするかだろう。
あと208getオメwww(ホントは欲しかったんだ)
評価D
>>209
あくまさんが評価するそうです。何時になるかワカリマセンが。
後も控えているので簡単に。
上手いと思う。最後のhighはギャグなのか真剣なのかわかんなかったけど。
でも三点リーダはもったいない。「煙は立たない」のとこは面白かった。
評価C-
>>224
これは笑ったwww豚に真珠かwwいいね。b
自分以外の対象に焦点を当てるの俺もよく使う。そのほうが伝わりやすいから。
豚さんの心情なんてただの踏み台にしかしてないところが好き。
豚さんに合掌。南無南無。ぽ〜ん。
評価C
>>22
サボテンはタイトルなのか名前なのか。タイトルが『サボテン』だったら合うかもしれない。タイトルはしっかり書くように。
紫煙=私怨ってことかな。「明日は1から〜逃げましょか」からっとしてて心地いい。
短いながらも意味は感じる。
評価D

315 :名前はいらない:2006/10/05(木) 16:58:35 ID:SOr9O+WJ
     ハ_ハ
   (^( ゚∀゚)^)  グリーンダヨ☆
    )  /
   (_ノ_ノ

316 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 17:26:05 ID:nFjYfC7P
>>313
はやくかえってきてね(はぁと
大変なんだよぉ・・・・・・orz

いくっきゃないか。
>>228
どこを詩で表現したいのか。
自然の凄みと今日の平凡さ。二つの対比からギャップを見せようとしているのは分かるが、
どちらとも力がなくイメージも弱いため伝わらない。
タイトルもどちらが表で裏なのかも不明。言葉を選ぶことも大切だろう。
評価D-
>>230
生死というタイトルだが「生」にのみ焦点を当てている印象。
「何かに怯えてる」なら「何」をはっきりさせないと意味がない。漠然と「死」だといわれてもどうしようもない。
生死をテーマにおくのはいいが、簡単なテーマでないことは理解してほしい。
評価D
>>232
1連目 これはイイ!簡単な文だが読むものを惹き寄せる力がある。
2連目 タイトルからみて「目に見えないもの」が愛であるのは分かる。
「そいつは〜大科学者か」の部分は「そんなは不可能だ」ってことだと推測。きっと答えはないんだろうな。
贅沢を言えばタイトルが凡庸。ひねりが少し欲しかったかな。
評価C-

思い出したけど「ニュートンの法則」は発見だったのか、発明だったのか。そんな話を聞いたことがある。
評価とは関係ないけどね。

え〜と、もう一個やる予定ですがまた後で。 ノシ

317 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 20:02:42 ID:nFjYfC7P
ただいも。って誰もいない罠。

>>235
突っ込みます。
1連 冒険の準備って何?何を意味しているのか不明。
3連 「そこから〜絶えるけど」ってどうして?これも同じく不明。
5連 「あんたが〜やってらんねぇ」これも同じく理由がない。
コーヒーは私、ケーキはアナタだろうか。
3連目がこの詩を大きく乱しているように思う。混沌としたものを表現してるわけでもない。
この詩の主題がはっきりしないため読み取りづらい。そのためにもタイトルは付けて欲しい。
何かを伝えようとする意思は感じるのだけど伝わらなかったのが残念だった。
評価D-〜D

318 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 20:07:50 ID:nFjYfC7P
ここまでの未評価
【未評価リスト】 未評価15作品

>239 >246 >252 >253 >265
>266 >284 >293 >300 >302
>304 >306 >307 >308 >309

指名【あくまさん >258 >265】

お待たせしてごめんなさい。現在、約一週間待ちです。
ってかさっきまで数間違ってたYO!なので間違ってる可能性大。間違いあれば私的ヨロ。

次の評価予定は明日か明後日です。多分。
今日はここまで。お疲れ様でした。ノシ (誰もいないけど・・・)

319 :名前はいらない:2006/10/05(木) 20:17:18 ID:SOr9O+WJ
     ハ_ハ
   (^( ゚∀゚)^)  グリーンダヨ☆
    )  /
   (_ノ_ノ

320 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/05(木) 20:20:45 ID:nFjYfC7P
>>319
そうかwごめんな、君が居たかww
いつもそのAAに和ませてもらってる。ありがとなww

321 :名前はいらない:2006/10/05(木) 20:23:57 ID:SOr9O+WJ
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

322 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/10/05(木) 21:44:32 ID:q175sd4j
『見つめあえたら』 208+さん、やさしいあくまさん、何方でもいいので宜しくです。

瞳の中のハワイアン
ブルーハワイの甘い匂い
白と黒の間の戸惑いが
酷く不安定に見えた

見つめあえたら いいのにな
見つめあえたら いいのにな

もしも僕が絵の具を持ったら
ゴッホなんか越えちゃうだろう
女性を描くことに関しては

見つめあえたら いいのにな
見つめてるだけじゃ さびしいな

その夜僕は国道を走った
鳥が飛び立つ音

やっと見つめあえたね うれしいな
でもその瞳には光はなかった

323 :名前はいらない:2006/10/06(金) 00:32:25 ID:1w9Ybx8H
>311
ありがとうございました。
許されない恋、と言うよりは売女となってしまった妹へのイメージを詩にしてみた感じです。
彼岸花と言えば、庭に咲くと誰かが死ぬとかの迷信がある縁起の悪い花だと言われるんでそういった意味で彼岸花にしました。
だからそんな花は捨ててしまえと人は言って小さい子どもはその意味を知れば捨ててしまえと言うんだろうなって思って書きました。
兄弟だから離れることなんてできなくていつのまにかすれちがってどうしたらいいのかわからなくなる戸惑いですね。
外れにある、空しさとゆうか世の中で指を刺されるどこか影のある人の魅力とゆうか鮮やかだと。
影に染まっちゃえば危険な人でしょうが。
彼岸花もそういった意味で鮮やかな色の健康さを持ちながらダークではない影を持つ魅力のある花ではないかなって思いました。
もっとコンパクトに出来るようにまとめてみたいです。
ちなみに表現としてはマンジュシャゲにした方が響きは綺麗になるんですがそれだと仏教では明るい意味になってしまうんで彼岸花にしました。


324 :「ストライプのバスローブを着て貴方は」:2006/10/06(金) 01:32:36 ID:cMlbrBvD
風呂上りに身につけるものは
清潔でなければならない
洗いたてのタオル
洗いたてのバスローブ
洗いたての……

且つ シンプルでなければならない

灰味ベージュとオフホワイトの
淡く細かなストライプの
バスローブを羽織った 貴方がそう言う

邪まなヤツほど原色や
品のないボーダー柄を好むものだ


相変わらず気障な人だと思いつつも
私は想像してみる
洗濯の行き届いていない 派手で品のない
ボーダー柄のバスローブを

そして邪心について考えながら

層となって漂ってくる煙草の匂いが
大人の香りではなく
男のものだと 初めて思った

------------------------------------
他スレに投稿したものですが、自分でも何が足りないのかわからないままなので、
どうか評価・アドバイスをお願いします。
指名は、アンプ(◆notePDkbPQ)さん。よろしくお願いします。
>やさしいあくまさん、PC早く治るといいですね!

325 :名前はいらない:2006/10/06(金) 01:49:12 ID:r7nh+9Rm
「日常(*)」

そういえば終電は行ってしまったことに今気づく

なるほど、ジジジジと唸る蛍光灯が太陽となってから
しかしその記念日を記したカレンダーは化石となって久しい

〜ささやかな乾杯、白光る友達と缶コーヒーと〜

そんな絵に苦笑いし
10分前の姿に戻る

(*)繰り返し

------------------------------------------------------
208さん、未評価消化後にでもよろしくお願いします。

326 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/06(金) 18:49:49 ID:9Yd7QjtE
レイニィ〜ブル〜ウゥ忘れたはずなのに〜。いやいや失礼。どもこんばんわ。
ここまでの未評価
【未評価リスト】 未評価19作品

>239 >246 >252 >253 >258
>265 >266 >284 >293 >300
>302 >304 >306 >307 >308
>309 >322 >324 >325

指名【あくまさん >258 >265】
【208の人 >325】
   【noteさん >324】
これで合ってるかな?間違い・訂正あれば指摘ヨロスク。

327 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/06(金) 19:25:45 ID:9Yd7QjtE
>>323
そうか〜なるほど。読み違えてたね。スマソ。
何分、作品が多いんで雑になりがちで・・・・orz

「売女」のイメージならもう少し直接的に書いてみてもいい。
君との関係が妹というだけではそこまでイメージできないカモ。
もすこしイメージ以外の部分(設定)を書いてみれば伝わりやすくなると思う。

んで評価ですが・・・今日できるかどうかワカリマセン。あんまりヤル気でないのです。

328 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/06(金) 20:27:00 ID:F7x3SH7r
昨日ケータイ復活しました。あとできますが、長文なのでそんなに投下できない

329 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/06(金) 23:13:24 ID:F7x3SH7r
>>208 「lasTEager」

評価が低いのでちょっと厳しく聞こえるかもしれません。
元彼との恋を綴った未練たらたらの詩。
なぜたらたらに感じたかというと、展開がだらだら続きくどいです。
うん。内容的に難しいんだけどね。過去ばかりみてしまう主人公の先にすすめない思いをもう少し凝縮してくれたら飽きないと思う。
見せ場とか一番の盛り上がりに力を入れるとメリハリが出来て平坦にならないと思うので試してみて。D−

330 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/06(金) 23:14:32 ID:F7x3SH7r
>>209「タバコ」

タバコを吸う行為は知られたくない内側をごまかす事に使われている。
「火の粉ないところに煙りは立たないって言うなら煙りの中に隠れた方が楽だから」
ここは疑いをかけられたことを否定も肯定もしてなくて曖昧だと思った。「隠れる」は後ろめたい意味に感じる。これは狙ったのかな。あと「変わったようにみせるために」のほうがスムーズかなー。
ラストは「灰になるかも」で終わったほうがよかったかも。

331 :名前はいらない:2006/10/06(金) 23:21:36 ID:1M2PoofB
              -:'ヾ|!|!!,i,,!ii,!l,・∵,・、
            ・∵,・/ ̄ ̄ ヽ,    ━━┓┃┃
               /        ',       ┃   ━━━━━━━━
               .l  {0} /¨`ヽ}0},       ┃               ┃┃┃
              .l     ヽ._.,,'   ≦ 三                    ┛
              リ    ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              |    。≧         三 ==-
              |     -ァ,          ≧=- 。
               |      イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
                   ≦`Vヾ        ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

332 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/07(土) 08:25:04 ID:V1obpwRL
>>221「生死」/ぼく。さん

1行目から目を血走らせた俺。エロ詩かと思った_| ̄|〇ゴーン…
生きることを諭す人。「遅く」が恐怖を掻き消せるかは不明だが、一応ためになろうと方向性を考えてはいる。
6連までは真面目に悟ってオトす気だ。7連、いるよね!真面目に言ったのに全然聞いてないで聞き返す奴!
オチはアンガールズ。中身もアンガールズ風。この人面白い。ネタっていうかぼくってキャラが。コントなら相手も活かしましょう。
お笑いのせいか前半に重みがありません。
つづく↓

333 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/07(土) 08:27:29 ID:V1obpwRL
続き↓
もう少しギャップを付けてもいいかも。お笑い詩のせいか耐えられる笑いだった。D


334 :名前はいらない:2006/10/07(土) 11:51:16 ID:5469ZFIj
     ハ_ハ
   (^( ゚∀゚)^)  グリーンダヨ☆
    )  /
   (_ノ_ノ

335 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/07(土) 12:03:23 ID:E7kquS8a
どようび〜どようび〜どようび〜。こんにちは ノシ
評価します。

>>239
ん〜意味不明。率直な感想です。
よくいう連想ゲームみたいな詩。意味を読み取ろうとしたが挫折した。
相手に言葉を投げかけるだけの詩には興味を引かない。言葉を選んだ感じも見られない。
評価D-
>>246
なかなか発想が面白い。NとS「野口」と「鈴木」か。うん、いいねw
惜しむべくはもう一捻りたりないとこだ。
一方の名前をギャグにして悩ませたりすると面白いかも。
「そこは悩むとこちゃうやろ〜!!」とかそんな感じ。
評価D+
>>252
すでに評価済みでした。なのでほんの感想だけ。
どことなく悪夢にうなされてるような印象。
「音を立てずに〜」の表現はもう少し海に合った表現のほうがいいと思う。
評価D〜D+
>>253
う〜、と唸ってしまいました。いい意味ではなく。
三点リーダはイクナイ。・・・←これね。
心といわれても困る。これじゃただの独白にもならない。
もう少し伝えようとする意思を見せてくれ。
評価D--
>>258
悪魔さんが着てくれるまでのつなぎという事で軽めに。
かなりいろんな穴があると思う。評価関係上できないけど。
私には伝わるものはなかった。話の内容もわからない。
ついでのくせに酷評申し訳ない。
評価D-

336 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/07(土) 12:44:30 ID:E7kquS8a
続きだよ〜ん

>>265
今気づいた。こいつこないだの遼さんのパクリの奴か。
時々いるけど、他人のふんどしでしか相撲とれない奴は詩ネ!100ペン詩ネ!
>>遼さん
気がつかなくてごめんな。悪かった。orz

ってことでこれは排除しまつww
さて気を取り直して。
>>266
ちょっと突っ込み。
2連の「薄っぺらい愛」って何?分厚い愛はおkってことなのかな。違いが分からない。
詩の空気、雰囲気はとても詩的な印象を受ける。自虐的な感傷に浸っているのも十分伝わる。
ただ作り物すぎている感じも強いし同時に安っぽい印象。それが少しマイナスだった。
評価D
>>284
これは本スレにあったかな。誰かの評文を見たこと歩きガスる。
一応突っ込んでおくけど、都会では道路標識って何本も路地裏に捨てられてるものなのか?ウチのとこでは見たことない。
詩は意味も分かりやすく発想もイイ。
標識と役割を上手く対比させてるとこは上手いと思う。どことなく印象に残る詩。
評価C-
>>293
突っ込みます。
2連 1・2行目と3・4行目のつながりが読み取れない。
3連 僕=死人でないため僕が誰だかはっきりしない。
4連 2〜4連の動きで話しについていけなくなる。なんのことを話しているのか不明。
5連 意味ありげな言葉だが何を指しているのか不明。
少し突っ走りすぎたような気がする。読み手に理解できるように書くことも大切。
あとタイトルに手がかりを入れてみるといいかもしれない。タイトルは必須。
評価D-

337 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/07(土) 12:54:46 ID:E7kquS8a
つづき

>>300
僕の大好きなツンデレですねww
評価とは関係ありませんので。
この詩のなかでどこが一番いいかと考えるとやっぱりタイトルだろう。
内容に生かされタイトルに詩が生かされている。作者が意図した感情が見事に伝わってくる。
もしもこれが【りんごほっぺ】じゃなかったら全く別物になってただろう。
囲碁でいう「神の一手」を見た気がした。ちょっと褒めすぎか?www
評価C
あとついでだけどもしかして「わたあめ」書いた人かな?よく似た作風だったから。

とりあえず評価はここまでってことで。

338 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/07(土) 12:59:23 ID:E7kquS8a
う〜〜〜〜マンボ!!
ここまでの未評価
【未評価リスト】 未評価9作品

>302 >304 >306 >307 >308
>309 >322 >324 >325

指名【あくまさん >258】 ※>>265>>252(遼さん)のパクリなんで削除しときました。
   【208の人 >325】
   【noteさん >324】
訂正・指摘あればヨロヨロ。

339 :名前はいらない:2006/10/07(土) 13:00:45 ID:MqWDC9e1
>>336 284なんですけど、まあ一応東京に住んでいるのですが
都会だからというわけではなく、たまたまうちの近くに標識が
ほったらかしにされてるとこがあるんですよ。ちょっと自分勝手な詩でしたw
それから御評価ありがとうございます。

340 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/07(土) 13:54:15 ID:V1obpwRL
>>221「生死」/ぼく。さん

1行目から目を血走らせた俺。エロ詩かと思った_| ̄|〇ゴーン…
生きることを諭す人。「遅く」が恐怖を掻き消せるかは不明だが、一応ためになろうと方向性を考えてはいる。
6連までは真面目に悟ってオトす気だ。7連、いるよね!真面目に言ったのに全然聞いてないで聞き返す奴!
オチはアンガールズ。中身もアンガールズ風。この人面白い。ネタっていうかぼくってキャラが。コントなら相手も活かしましょう。
お笑いのせいか前半に重みがありません。
つづく↓

341 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/07(土) 13:55:40 ID:V1obpwRL
続き↓
もう少しギャップを付けてもいいかも。お笑い詩のせいか耐えられる笑いだった。D


342 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/07(土) 13:57:23 ID:V1obpwRL
>>252 タイトル不備?/遼くん

あれこれ評価したっけ?書いた気がするな。

343 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/07(土) 14:10:25 ID:V1obpwRL
>>258
これ今よんだけど出先で簡単に評価できなそうなので家帰ってから見ます。
今思った感想は抽象的なイメージ詩って感じかな。どうとも言えないけど。


344 :名前はいらない:2006/10/07(土) 14:17:04 ID:5469ZFIj
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

345 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/07(土) 17:31:55 ID:E7kquS8a
どうせ時間があるなら、やっちまいなぁ!!
評価します。

>>302
僕はこの手の詩は得意じゃないので。たぶんおくむらさんなら上手く読み取って頂けるかと。
ソレを踏まえたうえで評価。
何度か読んでみたが意味が分からない。
そもそも「腐ったみかんが〜」の意味が分からない。金八さんのセリフなんだろうけど詳しく知らないし。
この言葉で想像するものは人によって違うだろう。「気が狂う」の過程も分からないし。分からないとこだらけだ。
他の人なら分かってくれるかもしれない。
評価D

やっぱりここまで。調子がでない。orz

346 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/10/07(土) 21:49:00 ID:P5HpCAeT
>>324 お待たせしました。私は、このお題はお手上げでした。具体的過ぎて使い勝手が悪いからです。
>>324さんは、これに見事に挑戦なさいました。でも、苦しんでおられます。「ストライプのバスローブ」
にどんな意味をつけるかが難しいです。洗濯してない下品なバスローブが登場しますが、これによって
意味がぼかされています。また、下品なバスローブ=邪心と決めつけてます。これは少し
強引です。そして、「ストライプのバスローブ」は、これのみの魅力で立つべきてありましょう。
 テーマは最後の方をよく読んでみて、解釈しました。邪心は、「貴方」にも「私」にも有ります。
バスローブを着た「貴方」に対して、この詩の中で切り取られた時間は、男女がお互いを
意識した瞬間であります。淀みなく、抑えぎみな表現で巧く書かれています。 C−

347 :名前はいらない:2006/10/07(土) 22:00:02 ID:5469ZFIj
(;´Д`)  ノシ
(〜 )〜
< ω >

348 :名前はいらない:2006/10/07(土) 23:07:57 ID:MqWDC9e1
「黒い化け物」
小学校のころ
図書室でこっそり見てた
ベトナム戦争の写真
ページをめくるたび
何かと目があう気がした。
その視線は理科室の
ホルマリン漬けの生物達や
机に彫刻等で彫られた
「○○死ね!!」
の文字を見た時にも感じた。
あいつの正体を知ろうと
猛スピードで交差点を突き抜けたり
立ち入り禁止の屋上に上ったり
危ない遊びをたくさんした。
俺が死に直面すると
顔をひょっこり出すんじゃなかろうかと
いつも思っていた。
あの時感じたあの視線
あれは人間なら誰でも飼っている
真っ黒な化け物だったんじゃなかろうか。
あいつは普段は俺の目を通して
外のものをぼんやりみてる。
でも闇のにおいをかぎつけると
動くものに反応する蟷螂の様に
そこに目線を集中させる。
そして闇とはきっと鏡で
あいつはその鏡を通して
俺自身を見てるんだろう


349 :名前はいらない:2006/10/07(土) 23:16:08 ID:5469ZFIj
              -:'ヾ|!|!!,i,,!ii,!l,・∵,・、
            ・∵,・/ ̄ ̄ ヽ,    ━━┓┃┃
               /        ',       ┃   ━━━━━━━━
               .l  {0} /¨`ヽ}0},       ┃               ┃┃┃
              .l     ヽ._.,,'   ≦ 三                    ┛
              リ    ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              |    。≧         三 ==-
              |     -ァ,          ≧=- 。
               |      イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
                   ≦`Vヾ        ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

350 :ぐどん@カコ ◆kaco/250tg :2006/10/07(土) 23:16:40 ID:P6zKuoLc
>>346 アンプさん、評価どうもありがとうございましたm(__)m

仰るとおりです、苦しみました。そして、相当な背伸びもしながら書きました。
お題も、そして自分で書いた内容も、普段の自分からはとてつもなく背伸び
しなければならないような結果になってしまいました。
あのお題からは、大人の匂いしか浮かんでこなかったのです。
そうとしか考えられなかった私が、まだまだ子供だという証拠なのだ、という
ことが、よくわかりました。

何かが足りなかったのではなく、対比させようとしたものが余計なモノになって
しまったのですね。評価と自分で書いたものを照らし合わせて再読してみて、
まさにその通りだと、得心することができました。。テーマから逸れて、「邪心」
の方に重点が置かれていってしまったのも、そのせいだったのだなぁと、ご指摘を
受けて、目が覚めた思いです。最後にささやかに込めた部分から、

>邪心は、「貴方」にも「私」にも有ります。
>バスローブを着た「貴方」に対して、この詩の中で切り取られた時間は、男女がお互いを
>意識した瞬間であります。

ここまで読み取って下さって、ありがとうございました。
色々な点でまだまだですが やっぱり諦めずに また少しずつ書いてみようと
思えることができた気がします(^^)v

アンプさんからの「C−」、光栄でありますっ♪

やさしいあくまさん、208*さん他、評価人の皆様いつも おつかれさまです!

351 :名前はいらない:2006/10/07(土) 23:35:24 ID:5469ZFIj
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

352 :Reo:2006/10/08(日) 01:30:51 ID:R5whfP+i
>>208です。208+さん、やさしいあくまさん
評価ありがとうございました。
あと208踏んじゃってごめんなさい。笑
またアップするんで評価お願いします。
どなたでもいいです。

「Red zone」

カーテンを閉めきった
写真だらけの壁の中
あなたは一人で俯いて
孤独を愛でる

鍵はかかっていないけど
私は足がもつれてしまい
あなたを抱き締められないの
扉が重い

だってきっとあなたは
無理して伊達眼鏡をかける
私のせいで 霧が濃くなる扉の向こう 届かない

温もりだけじゃ溶けない氷
纏うのは どうして
あの部屋は客を許さない
ひとりぼっちのSanctuary
何をすればいい?
ここにいてもいい?
欲を言うなら 一枚だけでも
私の写真を加えてほしい

353 :Reo:2006/10/08(日) 02:18:35 ID:R5whfP+i
ごめんなさい、改行ミスしてます;;
霧が濃くなる と 扉の向こう
の繋がりを切り離して読んでください。

面倒かけてすいません。

354 :300:2006/10/08(日) 07:19:29 ID:eTjQNbBg
>>337 208+さん

タイトルとの繋がりを誉めて頂けてうれしい限りです!
こんなに重きをなすものか、と改めて見出しの重要さに気付きました。
そうですね、今見てみたら確かにツンデレですねw
私はわたあめの方ではないですよ。
評価ありがとうございました。

355 :208* ◆DpeXsA0SaE :2006/10/08(日) 09:35:55 ID:eMC5iUla
土星のワッカはアルミ製〜、レンジでチンしても大丈夫〜♪おはようございます。
ここまでの未評価
【未評価リスト】 未評価10作品

>304 >306 >307 >308 >309
>322 >324 >325 >348 >352

指名【あくまさん >258】
   【208の人 >325】
訂正・指摘あればヨロヨロ。

356 :208* ◆DpeXsA0SaE :2006/10/08(日) 10:08:53 ID:eMC5iUla
評価しようと思うんだけど中々筆が進まなくて(^^;)

指名してくれた作品を評価します。
>>325
すいません、お待たせしました。
終電の去ったホームで男が缶コーヒーを自販機と乾杯してる。サビシス。
2連の「記念日〜化石」は少し伝わりにくいカモ。僕は『覚えていない』という意味で読み取った。
1・2連にかかる「そういえば」「なるほど」「しかし」は意図的なものだがあまり効果が感じられない。
そしてタイトルだが、10分前に戻って乗り遅れるなら「日常」というより「無限ループ」のようが適切な気がする。
それに「日常」としても「毎日、終電に乗り遅れる」にはさすがに無理があるだろう。
(*)繰り返しは「表現すること」をやめてしまったように見える。楽しちゃいけない。
「白光る友達」は面白かったデス。
評価D

357 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/08(日) 11:17:31 ID:yGdgaHu6
こんにちは!
日曜日だってのに独りです。あんまりないので独りの過ごし方がワカラン。
おまけに怪我で稽古にいけないから軽くイライラした精神状態ですが、評文は昨日書いたものなのでご安心を。208さん皆さん乙です。
俺孤独に弱いみたいW

358 :208* ◆DpeXsA0SaE :2006/10/08(日) 11:22:07 ID:eMC5iUla
ちょっとだけガンガッテみる!(`・ω・´)シャキーン!!

>>304
色を題材にした詩。
色を使ったものは沢山あるけどこれはなかなかイイ。
「きっとできやしないから〜やめときましょう」が詩的で好き。ことばのリズムも感じる。
己の純粋さを強く保てる人のは魅力的。染められない色ってイイよね。共感を覚えます。
ただタイトルがないことが残念だった。
評価C-
ついでにいえば某個性派コテも魅力的な人間のうちに入るんだろうなww
>>306
気になるとこだけ突っ込みます。
8〜10行目の「かもしれない」は少しくどい。言い訳みたく聞こえるので断定してもいいだろう。
13行目まではついていけるが14行目からの切り替わりが、やや急すぎる。
19行目「銛につかれて〜鮫の目の様に」がどのようなものか分からない。見た事ないから。「死んだ魚」みたいな目ってことだろうか。
「浮力」=「生きようとする意志」だろうか。「モザイク」の意味が消化できずに終わっている。
どこらへんが「死に至る病」なのか伝わらなかった。
評価D

(補足)本スレに「死に至る病」=「絶望」だということが書いてあった。調べても意味は分からなかったけどww
キルケゴールの著作物であることも分かった。それを踏まえたうえの評価です。
>>307
恋愛詩として成功してるとはいえない。
伝わるものが何もないのだ。恋愛詩としてこれは致命的だろう。
「あなたへの気持ち」を表現するのに「涙を流した」だけでは安易すぎはしないだろうか?
あとタイトルも付けよう。
評価D-
>>308
特にいうことはありません。
評価E

少し評価基準がキビシイかも。

359 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/08(日) 11:29:35 ID:yGdgaHu6
>>258 /三日月さん

ひそかにタイトルないのは評価しない方針ですが、指名なので評価させていただきます。
うーん。語感がよいけれど、抽象的表現満載で、話しの流れも内容も想像できませんでした。
土台となってるはずの本
ももっと早くにそれとわかるように提示させないと、本に行き着くまでにぼんやりしたイメージのまま無駄なタイムロスを計るだけとなってしまいます。
歌詞っぽいが、ちがうかな。ちなみに歌詞であっても詩として読み取るので歌詞の技術的な面でプラスになることはありません。
リフレインや語感は整っているものの、流れやまとまりにおいて効果的かといったらそうではない。
主題が明確じゃありません。人に読まれる事を意識して、どういう話しでそれがどう移り変わってゆくのかわかる内容を心掛けて。無念D−

360 :208* ◆DpeXsA0SaE :2006/10/08(日) 11:38:10 ID:eMC5iUla
ぎぶあっぷ。疲れた・・。orz
>>352
いえいえw
>>354
わたあめの人じゃなかったか〜。
感情を表現できるところがよく似てるんだけどな。
忘れてた。これどうぞw つ【タイトル賞】
>>357
こんちわ。 ノシ
何か調子よさそうですねww
とりあえず交代ってことでwよろしくお願いしまーす。

361 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/08(日) 11:42:53 ID:yGdgaHu6
>>348 黒い化け物

うまい!まず読んで単純ぬ面白いと思った。
ストレートに頭にはいって来て、言葉でたたき付ける、そこまで言うと言い過ぎだが、そのくらいのインパクトともってきた比喩の数々はどれも具体的でわかりやすく、納得させるだけ胸に響くものがあった。
出だしから「黒い化け物」の外側をなぞり、ジワジワ内側を探り宛てて行く構築の仕方は見事です。
この隠喩はこうだって言う直接言い表せなくて申し訳ないが、この危うさ は己が持っているもの、それに常に見張られている恐さがラストまで効いている。人は自分の考えや行動に恐れを抱くべきなのだ。Bで間違いないと思う。
名前がないけど、この丁寧さでなんとなく誰だかわかる。当たってるとは限らないけど。

362 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/08(日) 11:50:07 ID:yGdgaHu6
さーてと!多摩川でテニスしてきまーす。
テニスだったら左手使わないもんねー。

363 :mimineko ◆TmT7KWGh8I :2006/10/08(日) 19:20:08 ID:4s+9LphO
あははぁ

364 :名前はいらない:2006/10/08(日) 21:46:48 ID:CgbGnzMG
>>361B評価いただき嬉しいです。
それから自分は>>306死に至る病
を書いた人物です。

365 :カコ ◆kaco/250tg :2006/10/08(日) 22:07:05 ID:j6RNVjlR
評価人の208+さん、
>>350で、お名前を間違えて書いてしまいました(汗
大変失礼なことを致しましてスミマセンでした、、<m(__)m>

366 :名前はいらない:2006/10/08(日) 22:18:21 ID:pc0jI4uw
「鬼殺し」

鬼殺し
鬼殺し
今宵我は一人酔わん
されど我が内の鬼は殺せじ

馳せる想念 熱持ちて
憎しみの熾火 燻りて
愛欲 野火となり魂を蝕み
狂気の業火は我を灰へと変えるだろう

鬼殺し
鬼殺し
容易く滅せる鬼は無く
容易く消せる焔無し
酔わずにおれぬこの心
魔が隙を窺わん

我を鬼に堕とすのは
汝の酷きその仕打ち
我を人に戻すのは
去りし日の君の温もり

鬼殺し
鬼殺し
今宵も我は一人酔わん


367 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/08(日) 22:21:38 ID:eMC5iUla
>>365
いえいえただの冗談だったんだけどwこちらこそごめんなさい。<m(__)m>

未評価 4作品
>309 >322 >324 >352

指名は無しです。
今日はミスってばっかりなんで不安です。(´・ω・`)

368 :名前はいらない:2006/10/08(日) 22:49:35 ID:y4JDEHBr
http://tool-7.net/?0904

369 :名前はいらない:2006/10/08(日) 23:02:33 ID:unC2DM+f
    もろこしたいそーっ♪

       (V)     (V)      (V)    (V)
        ヽJ( 'ー`)しノ       ヽ('∀`)ノ
           | _ |            | _ |
          ]  [           ]  [

370 :名前はいらない:2006/10/09(月) 00:24:16 ID:0BzVXGCy
「ブラックジャック」
トクントクンと
心音聞こえ
ドクンドクンと
鼓動なり
ドキドキドキドキ
興奮し
バックンバックン
緊張す。
ガクガクブルブル
震えだし
ガチガチカチカチ
歯を鳴らす。
ラスト一枚このカード
命が飛ぶか
億万長者。
一世一代の大勝負。
現在16。
引くか引かぬか
一世一代の大勝負。
命が飛ぶか
億万長者
ラスト一枚・・・!
引いてしまった
ラスト一枚。
現在16。
命か金か。
手に持たれたそのカード
もうかえる事はできない。
涙をながし、鼻水たらし
すすり泣いてる君の顔。
手に眠るはダイヤの5。

371 :名前はいらない:2006/10/09(月) 00:44:08 ID:PHagtlxY
    虫さされた手にもろこっし♪

          J( 'ー`)し          ( 'A`)
          /ヽ /ヽ           /ヽ /ヽ
         ノ ̄ゝ           ノ ̄ゝ

372 :前田です。:2006/10/09(月) 01:39:49 ID:m5qbZP6d
わーい!モロコシだぁー

僕、モロコシ体操好き!!

373 :名前はいらない:2006/10/09(月) 01:50:30 ID:PHagtlxY
    虫さされた足にもろこっし♪

        J('ー` )し         ('A` )
         ノヽ_ノ_ヽ          ノヽ_ノ_ヽ
          ゝ  ヾ           ゝ  ヾ

374 :名前はいらない:2006/10/09(月) 01:59:17 ID:I5FfyA+7
>330 >314
最後のhighはノリで。灰になるかも、の方が語呂はいいし締めるんですが灰になりたい、何も考えなくなるまでヤケになりたい気持ちを出すには灰になるまでの方が呪いじみていいかと思いました。


375 :前田です。:2006/10/09(月) 02:01:07 ID:m5qbZP6d
ナハァ〜〜〜!!!

楽しいィー!!(^0^)/

376 :前田です。:2006/10/09(月) 02:03:45 ID:m5qbZP6d
モロコシ!モロコシ!

楽しいなぁ〜モロコシw

377 :名前はいらない:2006/10/09(月) 02:15:32 ID:PHagtlxY
|⊂⊃;,、
|・∀・)  ダレモイナイ・・オドルナラ イマノウチ
|⊂ノ
|`J

378 :名前はいらない:2006/10/09(月) 18:03:50 ID:vVsL54BQ
「 Envy 」

頭の中に浮かんでいる
色とりどりの風景を
描ききれない漫画家の
眺める星空 綺麗だった?

答えを探す数学者
見つけ出したい探究心
全てを手に入れた偉大なあなたの
眺める星空 綺麗だった?

自己満足に浸る作詞家
自分の心が伝わりきらない
全てが知られた無様なあなたの
眺める星空 綺麗だった?

沢山夢見る私の頭
目覚まし鳴らない朝が欲しい
自分の全ての小ささを知った私の

眺める星空 綺麗と思う?

私は綺麗な人間じゃない

379 :名前はいらない:2006/10/09(月) 20:44:10 ID:PHagtlxY
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'


     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J

380 :名前はいらない:2006/10/09(月) 21:43:03 ID:IVQx1kvg
>>370

381 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/09(月) 21:48:48 ID:IVQx1kvg
>>370 「ブラックジャック」

ごめん。ブラックジャックをあまり知らないくせに評価してしまうけど、トランブゲームだよね。
語呂よくそろえています。博打っぽさがないからあまり言えないんだけれども、もいちょっとこのノリを活かしてもらいたいと思いました。
最後に急に君と涙が出てくるのでどういう設定か掴めませんでした。D

382 :名前はいらない:2006/10/09(月) 22:06:59 ID:PHagtlxY
       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・,,,)   ポンピリピン♪
        ((⊂#((⊂)】    ノンジャッタ♪
           し'し'


           カパァー...
     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (,,,-∀-)   チョーット♪
        ((と__つつ))  イーキモチー♪


383 :名前はいらない:2006/10/09(月) 23:08:46 ID:bDAN6Koz
「なんだこれ」

出された食事は味がしない
目がおかしいのか見たこともない光景が広がる
無味乾燥な話題の元で
僕が発しようとした言葉はなんか気持ち悪くてあんたに譲った
窮地ってなんだろう
麻痺した心じゃわからない

384 :名前はいらない:2006/10/09(月) 23:11:46 ID:PHagtlxY
もっと楽しい歌書けよ
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

385 :名前はいらない:2006/10/10(火) 00:32:15 ID:19nlxwz6
>>367
未評価分に>>366が抜けてますぜ

386 :名前はいらない:2006/10/10(火) 00:44:24 ID:1t86uw7E
「えんえん泣きながら」

涙をつみあげて
何を築くでもない
えんえん
えんえん
泣きながら
僕らは生きている

心の底は
剥き出しのままで
最初から
触れたら痛い様に
できている
知る事でさえ
それだけでも
足をすくませる
恐れないでと
声がする
まるで誰かが
僕を知ってる様で
静かに息を吸い込んだ
涙を生み出して
何を描くでもない
抑えきれないものが
溢れてしまっただけ
いつの間にか無意識に
押し込めていく気持ち
えんえん
えんえん
泣きながら
僕らは生きている

387 :名前はいらない:2006/10/10(火) 00:49:35 ID:DYraFUpr
              -― ̄ ̄ ` ―--  _
          , ´  ......... . .   ,   ~  ̄" ー _     ブッブー
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、    ブーン
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ      キキー
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: :●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \:::::_| ̄ ̄ |_::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~" |       | ))
                  ̄◎ ̄◎ ̄

388 :名前はいらない:2006/10/10(火) 09:54:06 ID:VKL7tGrk
「秋」

土手に彼岸花が咲き誇り
土手を赤く染めている
柿がほのかに色づいて
遠くからお囃子聞こえてる
それにあわせて楓葉が
くるくる回りながら落ちてくる
踊るように落ちてくる。

389 :名前はいらない:2006/10/10(火) 13:38:25 ID:DYraFUpr
オタマジャクシ 〜( ”)

390 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/10(火) 16:12:46 ID:Sj2SUMOd
未評価 9作品

>309 >322 >324 >352 >366
>378 >383 >386 >388

>>385
thx。レスが三分前だったんでな。リロードしてなかったんだ。

391 :名前はいらない:2006/10/10(火) 19:07:52 ID:cXc9np57
    (↓「だ」って読んで下さい)
「around the プール」
東京タワーの展望台から空のプールへと
飛び込み自殺

明日の今頃キミが死なないようにと
出来うる限りの貸しを作るよ

見渡す限りのaroud the プール

392 :名前はいらない:2006/10/10(火) 19:15:47 ID:DYraFUpr
??????????????????

393 :前田です。:2006/10/10(火) 20:16:01 ID:b637pjGT
「銀河の間引き」

あの娘の剣を交わして 唇に合わせる

糸ひく間に次の 母音にパッチン

だんだんだんだんだん赤らんでいく

その傾向が僕に伝われば性の魔法が来る

夜になるのを待たずに 一人出かけた

ポイントだけ覚えて あの娘に燃える

東の者か、西の者か

誰かの靴底が今日も擦りへるだけだ

かまわないよ、部屋にはもうあの娘の蒸れたものが喘いでる

どんどんどんどんどん夜になってく

暗くなると世間はロウソクを星まで飛ばすから

遠いのにね、遠いのに、遠いのにな、凛々と遠いのにね

394 :名前はいらない:2006/10/10(火) 20:24:17 ID:DYraFUpr
糸ひく間に  がイヤ

395 :前田です。:2006/10/10(火) 20:45:35 ID:b637pjGT
>>394
うん!僕もww
納豆は美味しいのにねぇw

でも、さすが評価早いねー!!

396 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 22:03:16 ID:s7U96WWP
こんばんは。僕でよければ評価します。

397 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 22:05:06 ID:s7U96WWP
>>378「Envy」

こちらも語呂よく仕上げていますが、7・5調にはなりきれない。
一応形式がとってありますが、自己につなげるパスワークとしてはつながりきれず、また連ごとと、全体のまとまりがよくありませんでした。
「星空〜」のくだりはここだけやや浮いてるのでもう少し内容と絡めていいと思う。
具体的な事を挙げると細かい1連、風景と漫画家の結び付きは安易だと思う。2連3連に文脈のきりかえが早いところがあります。
伝えきれませんでした。しかしぎこちないながらも、工夫したり大きな

目線で描くなど、技術的な向上はみられそうです。D

398 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 22:07:53 ID:s7U96WWP
>>383「なんだこれ」
麻痺した心が感じる日常を描いたもの。窮地という言葉が唐突で、心の説明にもとれて安易です。 うわべの表現がほとんどで、あまり核心に触れずに外側をなぞっている感じ。細かな設定や感情は考えられていないようです。
具体的な内容のひとつも欲しい。D

399 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 22:13:07 ID:s7U96WWP
>>366 「鬼殺し」
自分の内に住む鬼。それをおさえるのに酔わす。
あまり鬼殺しの意味が効いていません。酔うのとこだけ安易に感じます。酔わすセッティングを情景の雰囲気でプラスするといいかもしれません。
汝と君は同じ人ですよね。言葉を変える必要があったか考えてしまいますD

400 :◆FLAT/9cyos :2006/10/10(火) 22:46:58 ID:SRiXdDVV
「嵐の後に」


明るい夜空に雲が見え
窓辺に差して 月明かり
瞬く星を追いかけて
月夜に踊る雲の竜
泣きそうな目で 駆けて行く

空は明るく 月は映え
沈む心は窓から空へ
地平の果てから湧き出す雲は
月の逆さへ消えて行く

走り回る雲 嵐の後で
秋の夜長にないている

窓辺に腰かけ 月眺め
そのまま静かに眠りに就こう
明日起きたらどうせ無い空
それでも消えないものがある
明日は土曜日 安心しなよ
また明日 夜空を探しに行こう






-----------
やさしいあくまさん、良ければ評価お願いいたします。

401 :名前はいらない:2006/10/10(火) 22:56:38 ID:DYraFUpr
頭痛が痛い   (´・ω・`)ショボーン

402 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 23:26:45 ID:s7U96WWP
>>400 「嵐の夜に」/♭さん

指名うけました。ケータイからなので簡単な評価になります。

雰囲気のある詩です。夜の星空を舞台にした作品は非常に多く、ありきたりになったり表現が借り物みたくなってしまう所に気をつけたい。
情景が重複する箇所がいくつもあります。同じ見方であるなら、引きかアップにするなど、少し目線を変えてみるか、別のものを加えて心の表現を豊かにするなど工夫するといいと思います。
情景はあまり心との絡みがないと思いました。
嵐の前と後、後の方の描写に偏っていたので対比としても、くっきりとした明暗がほしかったです。
また移りゆく空にどんな思いを馳せているのかもぼんやりしています。ここが1番重点を置くトコだと思うな。
リズムはよかったり悪かったりしていました。イメージと個人の内面に中心となるものを思い描いて。D+

403 :名前はいらない:2006/10/10(火) 23:29:46 ID:DYraFUpr
あのさー Dって素人だから。

404 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 23:29:56 ID:s7U96WWP
つづき
いい表現が「〜雲の竜」など二つくらいありました。

405 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/10(火) 23:31:23 ID:s7U96WWP
>>401 ジキニン飲んでじきに治って!

406 :名前はいらない:2006/10/10(火) 23:43:30 ID:DYraFUpr
>>405
http://kunekune.breeze.jp/up/uploader/src/up5255.jpg


407 :前田です。:2006/10/10(火) 23:53:45 ID:b637pjGT
きゃはぁー!!

408 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 00:05:59 ID:5eFgdiNZ
>>406
ぐあ!みるなっ!見るなぁーっ!

見るなって…言ったのに…。

409 :名前はいらない:2006/10/11(水) 00:41:07 ID:+6nfO0zf
>>366
やさしい悪魔さん、評価ありがとうございます。
あちゃぁー!やっぱ統一すべきだった。でももう遅いね。

410 :hiro18:2006/10/11(水) 03:14:44 ID:DkfJIX2K
夜明はかくも美しく かくもモノトーン 私もモノトーン
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/452bda64_174ac/bc/c520/__sr_/f33d.jpg?bctVooFBJMtmJeDB

411 :◆FLAT/9cyos :2006/10/11(水) 07:26:50 ID:eWN4adsO
>>やさしいあくまさん
丁寧な評価ありがとうございます。
やはりうすっぺらいものになってしまいましたか…。精進いたします。

412 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/11(水) 20:53:29 ID:+Ht9fJ4o
未評価どうしようか?もう一週間ぐらい待って貰ってるけど評価したほうがいいですか?
時間の都合上、辛口っぽくしてしまうけど。

413 :名前はいらない:2006/10/11(水) 20:55:34 ID:/ibyAtSF
ゎたしゎ

414 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 21:31:13 ID:5eFgdiNZ
352 386の評文できています。個人的な理由でタイトルないのは評価しないつもり。
無理なく評価しましょう。208さん
ところで最近の僕は辛口すぎるでしょうか。思ったことを口に出し過ぎてるのかな。トラブることが多いんですが。

415 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 21:32:42 ID:5eFgdiNZ
>>410
きれいだね。空を眺める事って写真でしかないです。
>>409
そんなこといわずにまた挑戦してください。
>>411
いい表現はできるので、後は基本的な所ですね。推敲でなくせると思います。

416 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 21:34:06 ID:5eFgdiNZ
>>386「えんえん」

えんえんの二通りの意味が効いています。また擬音としても印象に残って効果的。
実はこの作品、評価するまでに何回か読んでいます。えんえんが視覚的に目をひいたのと、最初に見た何行かで興味をもったからです。
内容、ストレートで印象に残る端的な言葉選び、この心の表現力が引きこみます。視野が狭居ようにも思うが題材が決まってりからいいのかもしれない。
難を言うなら改行いれて連を作れたと思う。C

417 :名前はいらない:2006/10/11(水) 21:38:51 ID:+6nfO0zf
あなたの辛口は的確だから好いのです。
たとえあなたにDつけられてもEつけられても私は納得できる。
なぜかって?
本スレにもう長いこと巣喰ってる下氏みたいに己の言葉に
罵詈雑言というノイズ、不純物を混ぜてないからです。


418 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 21:38:52 ID:5eFgdiNZ
>>352 「RedZone」
RedZoneは他人の入り込めない領域の境界線。しかし、この主人公は自由に出入りできるところが他の人と違う可能性を秘めてる。
だけど部屋には入れても、入り込めるのは表面的な関係だけ。それでも引きつけられるように大切に思うのは何故なんだろう。
これが読みとれる関係性があると見方も違ったと思います。

想いはよく出てる。だけど設定に不足もあって。評価迷ったんですが、D+〜C−

419 :名前はいらない:2006/10/11(水) 21:40:53 ID:/ibyAtSF
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

420 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/10/11(水) 21:42:07 ID:PZSHTxI+
そうデス。評価の言葉に糖衣は無用です。

421 :名前はいらない:2006/10/11(水) 21:45:04 ID:+6nfO0zf
>>415
でも、流石に同じ詩を手直しして再投稿というのは嫌がられませんかね。


422 :名前はいらない:2006/10/11(水) 22:33:37 ID:e9hdY6kG
あのさ、言葉の端々にめちゃめちゃ悪どいんじゃないかって感じたんだけどさ…
やっぱさ、意識してのことなのかな

それとも陽気に見せて心の中はまったく違うんじゃないか
とも思ったりしてさ

結局自分の話になるんだけど、陰気にみせて心の中は陽気だったりするんだ

423 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 22:33:38 ID:5eFgdiNZ
>>421
あ、平気平気。そんなときのカシタムなんだから。テンプレにもOK入れてるわけだし、根本的にダメだと感じたら新しいの作ってもいいんだけど。
僕としては向上心もってくれたほうが評価したかいがあるよね。
本スレだと投稿数が多くてそうもいかないかもしれないけど。

424 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 22:48:52 ID:5eFgdiNZ
>>417
引き合いを出されるとありがとうては言いづらいな。思うに、出版社でも作家にこうは言わないだろうとは思う。たまには聞いてみないと、一生懸命になりすぎててわからなくなってるんじゃないかと心配になります。
>>420ノートさん
糖衣ってWセイロガンだけでいいかい。所でセイロガンの使用方法に虫歯が痛むときに「詰める」って書いてあった驚愕の事実。
そんなことしたら誰も寄り付かないだろうが(!)良薬は口に苦しとはセイロガンのために作られた言葉だと思うね。
話しがそれたけど、評価のときに糖衣すると、核心からそれるっていうか、本心が伝わらなくて難しい。

425 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 22:56:43 ID:5eFgdiNZ
>>422
それは誰のこと?
少なくとも自分は裏表ハッキリしたタイプだと思う。だからいろいろ口に出せるんだと。
これが言いたいことの半分も言えなかったらそっちのほうがハラグロくなると思う。我慢イクナイ。

426 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 23:34:33 ID:5eFgdiNZ
>>388 「秋」

久々に趣のある風景描写です。まだ書き足りないかな。日本は四季がきれいですよね。そこをフルに活かしてひとつの美術品として扱いたい。
ただみたものという心象です。心にどう映ったのかがほんの少し欲しかった。
色彩感覚としては配色のバランスが赤系に偏ってる。偏るなら大胆に統一してしまうか、秋らしい色とりどりを表現しるのも面白いかも。
後は推敲不足か、土手が2回続いてしまう事。気になります。新鮮だったのでオマケしてしまいました。D+

427 :名前はいらない:2006/10/11(水) 23:37:47 ID:/ibyAtSF
Dって素人?

428 :名前はいらない:2006/10/11(水) 23:39:32 ID:/ibyAtSF
要するに、題名が無いと幅が広くて評価人が困るんだよ。頓珍漢なこと書いたりしてwww

429 :名前はいらない:2006/10/11(水) 23:40:46 ID:/ibyAtSF
>>428 誤爆ね

430 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 23:46:50 ID:5eFgdiNZ
>>391「around the プール」

こ、これは理解できなかった;
何故自殺するのかも、貸しを作るのかも、舞台が東京タワーなのかも一切の情報が書かれていないからだ。
あと突っ込んでしまえばタワーの展望台からは外に出られない。
表現にとらわれず、広い目で作品を見、内容の構築を練ってほしいと思いました。D−

431 :名前はいらない:2006/10/11(水) 23:53:56 ID:W0neJj7t
「螺旋」
廻る螺旋
刻む本能
落ちる砂の中
汚い灰色に染まる
それは有限
いつか終わる
だけど無限
いくつも絡み合う
擦り込まれた本質
愛憎
欲望
その類
いつの時も変わらない
いつまでも変わらない
始まりは黒か白か

432 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/11(水) 23:57:54 ID:5eFgdiNZ
>>393「銀河の間引き」

ごめん。読んでいてコッチが恥ずかしくなった。
なんというか盛り上がりについていけなかったため、くさく感じたのだ。というのも、話しの途中から始まった切り出しなので、この部分テキな設定が読めないのと、盛り上がりだけを追求した趣向に
思えて仕方なかったからです。
タイトル、ラストの結び付きもうまくなかった。無念D−

433 :名前はいらない:2006/10/12(木) 00:03:44 ID:yNmID54f
もうちょっとさー 楽しいやつ 夢のアルやつ おね!

434 :名前はいらない:2006/10/12(木) 00:08:02 ID:eDLt7C8f
未評価まとめ(4)

>>309>>322>>393>>431

でオケかな。
指名ありません。

435 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 00:19:54 ID:eDLt7C8f
>>322『見つめあえたら』/九泊さん 

うーん。リフレインする言葉がストレートすぎてインパクトがありません。そのためせっかくのリフレインが効果的でない。
ラストがシメを説明してしまっているのが残念です。
1番のポイントは内容が浅過ぎる。何故走ったかなどの所もドラマチックに意識しすぎだと思いました。なんていうか簡素。辛口失礼。D−

436 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 00:33:01 ID:eDLt7C8f
未評価まとめ(3)

>>309>>393>>431


指名ありません。
ヤター!

437 :前田です。:2006/10/12(木) 02:25:34 ID:tAGMys5m
>>432
うんうん。うまくなかった。僕はどーしても、ロナウジーニョの事がうまく書けないんだよなぁー
今まで投下してる詩はほとんどが、ロナウジーニョの詩なのにうまくならない。。。(ロナウジーニョのことじゃない詩も今までで3つくらいは投下してるけど)
でもね、最近わかったことなんだけどね、僕よく考えたらロナウジーニョのことそんなに知らないwww
ここは盲点だった。。猛省だよ、これは決定的に。
なので、ロナウジーニョに関する詩はしばらく封印します!本スレに未評価で二つ残ってるけどw

438 :名前はいらない:2006/10/12(木) 05:39:45 ID:F5fHphDA
「ダイエット・カルピス」

え?何だって?今飲んでいる物だって?  (いやいやいやいや聞いてねーよ)
この白い液体は実に美味いんだよ!    (ん?なんか色薄くない?)
何よりカロリー30%オフだし♪         (ヘーそんなのもあるんだー)
ぐきゅっ、ぐきゅっ、ぷはー           (・・・なんか生臭い・・・・)
ほら、飲みなさいよ?              (とりあえず洗面所はどこですか。少し気分が優れないので)
ほら、貴方が自分で出した物だしどうぞ☆ (ゲェエエエエエエ)


                           (カルピスを飲むのはこれが初めてだから違いが分かりません・・)
                           (ごめんなさいもう浮気は二度といたしません)

439 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 07:48:17 ID:eDLt7C8f
>>438「ダイエット・カルピス」

一応言うが、これはジャンル不明のネタだね。詩じゃないと思います。
言ってる内容はわかるんですが、読み手にわかる伝え方をしていないと思う。特に最後の方。
台詞のみで書かれていますがショートショートみたいな。詩としては中途半端。文芸板にもってけ。
作品としての評価はD−

440 :名前はいらない:2006/10/12(木) 09:30:26 ID:bZwZqyiS
『ヒマワリ』

秋の空
誘うよに廻らす
淡い景色を 見上げし花


いつだって気付かない
亡くしてゆく厳しさ


秋の風
戸惑うよに舞い出す
淡い愛に 染められし花


いつだったか知った
こわれゆく愛しさ



お願いします。

441 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 13:28:27 ID:eDLt7C8f
みなさん飯は食いましたか?書いてた評価落とします。
>>393「銀河の間引き」

ごめん。読んでいてコッチが恥ずかしくなった。
なんというか盛り上がりについていけなかったため、くさく感じたのだ。というのも、話しの途中から始まった切り出しなので、この部分テキな設定が読めないのと、盛り上がりだけを追求した趣向に
思えて仕方なかったからです。
タイトル、ラストの結び付きもうまくなかった。無念D−

442 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 13:29:30 ID:eDLt7C8f
>>431「螺旋」

この区切り方前に読んだものに感じが似てる。評価したかは覚えてないな。
この作品は抽象的でありながら普遍的な言葉の切り取りに成功している。
個々の意味を深く追わなくても、一つとして存在できる言葉。しかし全く関係性がないわけではなく雰囲気も統一されてる。
この雰囲気のよさは多分区切りと語感の良さだと思います。
良い作品だと思う。一見矛盾して見える対比も曖昧さではなくて、可能性ていうかなんと言えばいいかな…ハッキリさせない所がいいんだけど。僕は好き。C+

443 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 13:31:17 ID:eDLt7C8f
>>437前田くん
君結構面白かったよ。確か始めにロナウジーニョの詩評価したの僕で、次スレにうつってまたロナウジーニョの詩が出たとき、前の人かなーって思ってたもん。w
サッカーネタでもなく、なぜそんなに好きなのかとw 前田ガンガってください。

444 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 13:42:40 ID:eDLt7C8f
>>440『ヒマワリ』

難しくなく柔らかい表現でした。情景に想いを乗せる王道。
誤字だと思うが日本語のおかしな部分が。1連「廻らす」は廻す。3連「舞いだす」もあまり聞いたことがない。調べて僕の指摘が間違っていたら教えてください。
タイトルひまわりですが、ひまわりは夏の季語なので初秋に残ってるなどの表現がないと不自然。
淡いなどのイメージもひまわりのもつ強いイメージと結び付かなかった。どちらかというとコスモスみたいな花があっているかな。
2連の「亡くしてゆく厳しさ」は簡単に書いてしまっては辛さ痛みが伝わらないと思います。
つづく


445 :名前はいらない:2006/10/12(木) 13:53:26 ID:uVRTRkGt
431を書いたものですが、やさしいあくまさん評価ありがとうございます。C+貰えて嬉しいです。
以前にセン五で別な人に評価してもらったのをまた手直しして、書き込みました。だから見てもらってるかもしれません。こんななんとなくな感じの書くの好きなんで、またよろしくお願いします。

446 :208Black RX ◆DpeXsA0SaE :2006/10/12(木) 14:18:21 ID:DOpyagtM
機能の辞典で明日しようかな〜とか思ってたけど、きてみたら殆ど終わってたwwあくまさんオツカレ様です。
でもまぁ二重評価してみようかなと思います。

>>309 未評価
抽象的すぎる。電車が時間を飛び越える役目を果たしているのは分かるが、それ以外の言葉は全く不明。
1〜6連は意味不明。突拍子もなく始まったと思えばはっきりしないものばかり。
7〜23連は勝手過ぎる。説明するわけもなく書き手の意識だけが先行している。
「ここはどこだろう」「僕は〜歩き始めた」ってどこいくねん!設定は知らん間に地下鉄かい!
突っ込みどころありすぎ。設定を無視せずもっと読み手に伝わるように意識して欲しい。
評価D-
関係ないけど「地下鉄(メトロ)に乗って」を思い出した。CMやってるから映画みてみそ。あれはいい作品だ。

>>322
ブルーハワイってことは青い目のオンニャノコか!いや〜んロマンチスト。
俺が考えるオチ編。「私、実はカラーコンタクトなの・・・・」「ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン」「ヽ(`Д´)ノワカレテヤル!」
評価じゃなくてごめん。評価D

>>391
人が空に落ちて青が血に染まり夕方になる。そして血の染まった空を「洗うんだプール」。空が明けて青い空がまた訪れる。
結局、意味わかんねぇYO! プールって空のことなのかYO!評価D

447 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/10/12(木) 14:27:11 ID:DOpyagtM
>>309
言い忘れてた。できたらタイトルは名前ではないとこによろしく。

未評価はありませんよ!ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!                        多分


448 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 14:51:04 ID:eDLt7C8f
>>444続き
>>440『ヒマワリ』
じっくり描写することをオススメする。もう少しだったかな。D



449 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 14:54:01 ID:eDLt7C8f
未評価はありませんよ!ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!    


208さん乙♪俺乙♪
今日は平和だといいなァ♪

450 :やさしいあくま ◆/9fhaK0gog :2006/10/12(木) 14:56:32 ID:eDLt7C8f
ケータイんなってから入り浸り。まだPCじゃないけど評価できそうなんで指名受け付けます。

またあしたー

451 :名前はいらない:2006/10/12(木) 15:47:36 ID:wXJWHS92
なんともはずかしい詩ですが宜しくお願いします。



そろそろ冷めたかな さっき入れたコーヒー
ココアが似合うって言われるたびに
カーテンを閉めて 香りで愛を伝えてみた

くだらない替え歌を口ずさむ様が
年上だっていうことも忘れてしまうぐらい可愛くて

カップから二口ほど頂いた唇は
あなたと愛し合った後の温度に似ているね
そんなこと言ったら あなたはまた歌う
照れた顔が目に浮かんで愛しくて

今から会いに行くよ でももう大袈裟には愛さない
年上だったあなたが もう年下になった
でもくだらない替え歌は全部覚えているよ


452 :208Bkack Rx ◆DpeXsA0SaE :2006/10/12(木) 16:42:25 ID:DOpyagtM
>>450
平和ですね〜。お疲れ様ですw

突然ですが読んでたら評価したくなりました。
>>451
雰囲気がよく出て上手い。読んだ後に満足できるというような印象。分かりにくいだろうけどw
この「ココア=子供・年下」「コーヒー=大人・年上」二つの使い方はカッコ(・∀・)イイ!!イメージしやすい言葉だ。
気になるところを言えば、最後の2行が直接的過ぎてつまらない。最後になってリズムが少し乱れているのが残念。
タイトルは「ヒロシ」だろうか?人の名前をタイトルにするのは安易だろう。いい詩であるなら尚更。
評価C-

453 :名前はいらない:2006/10/12(木) 16:46:40 ID:yNmID54f
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

454 :前田です。:2006/10/12(木) 17:41:18 ID:tAGMys5m
>>443
うん!頑張りもす!!
ロナウジーニョはねーいっつもニコニコしてて楽しそうだから好きなんだぁw
なんかねーロナウジーニョが試合してるとこ見てたら涙でそうになるんだよなぁww
だから、ある種のノスタルジーが起こしてることなんだろーねー、そこの魅力に向かわせるのは。

あっ、あとねーこれは全然関係ない話だけどキュウリにハチミツかけたらメロンになったwwwキュウリすごいww

455 :ぼく。:2006/10/12(木) 20:03:50 ID:+ZREFXan
「どぼん」
ゆらゆらゆらゆら
すぅー すぅー
気持ちよく眠り
不快な夢を見る
ふわふわふわふわ
すぅー すぅー
でも端から見れば
幸せそう
もやもやもやもや
すぅー すぅー
今日も僕らは
夢を見る
くらくらふらふら
すぅー どぼん。

456 :名前はいらない:2006/10/12(木) 21:14:05 ID:Neweh7pD
「天晴れであります」

天晴れであります!天晴れであります!
スーツ姿の男が
往来を叫びながら走っていた
目をむき、口から泡を吹きながら
天晴れであります!天晴れであります!
そういって走っていた
不気味ではあるが
なぜ、そこまでひたむきになれるのだろう?
皆はその情熱に打たれないのだろうか?
しらんぷりして
あんまりじゃないか!あんまりじゃないか!
僕は、叫びだしたくなった
そして、
気づいたときには走り出していた!



蝶のおならさんでお願いします

457 :名前はいらない:2006/10/12(木) 21:28:25 ID:lpCgMroJ
>>423
それではお言葉に甘えまして再投稿。
最初は鬼を殺そうとしたり、目を背けて紛らわそうとしてたんですけどね、
もうそんなん止めにしますわ。
評価人はMr.Gentle Devil(やさしいあくま氏)にしましょうかな。
都合が宜しくなければ他の御方でも構いませぬ。

458 :名前はいらない:2006/10/12(木) 21:28:58 ID:lpCgMroJ
「鬼殺し」

鬼殺し
鬼殺し
鬼が猛る宵の口
鬼と組み打つ秋の晩
調伏せんと神酒注がん

馳せる想念 熱持ちて
憎しみの熾火 燻りて
愛欲の野火 魂蝕み
狂気の業火 我を灰へと変えるだろう

鬼殺し
鬼殺し
容易く滅せる鬼は無く
容易く消せる焔無し
酔わずにおれぬこの心
魔が隙を窺わん

我を鬼に堕とすのは
汝の酷きその仕打ち
我を人に戻すのは
去りし日の汝の温もり

鬼殺し
鬼殺し
今宵我は対峙せん
降魔の剣も神酒も無用
我が力のみにて御さんとす

来たれ 愛しき鬼よ

459 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/12(木) 22:50:23 ID:cMrSHJs4
>456 「天晴れであります」/名無しさん
なぜ私を指名しますのやら。。。「蝶のおならさんで」は君、失礼だぞい!
ちょっとお尻を出しなさい。
不束者ですがお手合わせ願います。

気持ちいいなあ。
「目をむき」→「白目をむき」?「しらんぷり」→「知らんぷり」でも
いいと思いますのう。「しらんぷりして」は読めば分かりますが、
もう少し「皆は〜」にくっつけちまわないと少し構成がおかしく感じますじゃ。
「天晴れ」という平凡な日常を豪語することはそれを素晴らしいものだと
感じているからで、それを見下すのか感動するのか、そこが「皆」と「僕」の
大きな違いであったかなと思いました。他人はそうでなくとも、自分は
感動したのだ!という思いが「あんまりじゃないか!」という叫びに託され
走り出す様はとても美しかった。そういう強さを私は持ちえていないから。
風に憧れ走り出したそのとき、同じ風を浴びることができるのですのう。
ぜひ仲間に入りたいものです。詩といえるかどうかは疑問ですけども。評価C-

ちなみに君の尻尾は掴みましたぞい。いつもご苦労様。

460 :451:2006/10/12(木) 23:21:05 ID:qtnKs/E0
>>452
お忙しいところありがとうございました。
タイトルは よう です。次はC目指してがんばります。
またお願いします☆

461 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/10/12(木) 23:24:26 ID:Neweh7pD
>>459 蝶のおならさん、失礼しました&ありがとうございます。自分は想像力ないので、
空中から取り出したようなのはこれぐらいです。最初から最期まで自然に書いてます。
深読みしていだたいて申し訳ありませんデス。正直に言いますとこれ、ナンセンスのつもりでした。
でも、きちんとした背骨というか、主張があった方がいいのでしょうね。読者に向けて書くものですから。

462 :名前はいらない:2006/10/12(木) 23:35:28 ID:yNmID54f
♪  ∧_∧   
   ( ^ω^) ))  ♪
  (( ( つ ヽ、        
    〉 とノ ) ))
   (__ノ^(_) ♪

463 :名前はいらない:2006/10/12(木) 23:36:11 ID:wOpJJdcA
「夏のスクリーン」
黒板の化学式に
目が潰されそうで
そっと授業を抜け出した
ある夏の午後。
ひんやりとした廊下に
ベタッと座り込んでみると
いつもの世界が
とても美しく見える。
廊下の突き当たりの
音楽室から聞こえる歌。
あれは多分何処かの国の童謡。
足の先から、頭のてっぺんまで
冷たくて優しい快感が
ウエーブのように押し寄せる。
ふと前を見ると
真っ白な壁に
浮かんでは消えていく映像。
隣の子の茶髪。
泣きそうな友達の目。
決して謝らない先生。
そしてあの子の白い頬。
それは思い出と言えるものではなく
ただ流れていく記憶の断片。
夏のスクリーンに映し出された
途切れ途切れの回想シーン。
先生の呼ぶ声で
ふと我に返ると
小さくて古びた
夏のスクリーンは
真っ白な壁に戻っていた。

464 :名前はいらない:2006/10/12(木) 23:38:02 ID:lpCgMroJ
>>457
やや!失礼!
「しましょうかな」ではなく「指名します」の間違いでございました。

465 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/12(木) 23:48:00 ID:cMrSHJs4
>461 noteさん
本スレでIDが漏れていたからこっそりワクテカしておりましたぞいw
これがナンセンスなのかのう。ジョークも効いていて面白かったですじゃ。
ということは、noteさんの自然さが詩的な感覚になっているってことじゃないですかあ。
ああいう這いつくばった姿とかすごく美しいと思うのですよ。
驕っているわけではなくてね。また読ませてくだされ〜。ドロン!

466 :名前はいらない:2006/10/12(木) 23:48:24 ID:yNmID54f
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-
   子供の頃思ったとおりの大人になれたかい?        

                         ∧∧   _,,-''"
                       _  ,(ュ゚ /^),-''";  ;, '
                      / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;, ''
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,  '
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'


467 :名前はいらない:2006/10/13(金) 00:42:42 ID:53e9g6pS
416>>
386です。やさしいあくまさん。高評価ありがとうございます。
私事ながら忙しい日々が続き、投稿させて頂いたことを忘れてしまっていましたが、
そのなかで書いた詩が、「伝わった」様な気がしてすごく嬉しく、涙が出る程有難い気持ちです!
「受け止めて」くださる方あっての詩板だと思います。
計り知れないご苦労があるかと存じますが、これからも宜しくお願い致します。


468 :名前はいらない:2006/10/13(金) 01:35:58 ID:XHx0NW31
>447
あえて抽象的にしたんですが伝わりにくかったですか・・。
タイトルが「虹の彼方に」とあるように「over the rainbow 」を意識して書いたつもりでした。
さて、主人公と言える「僕」は世の中で何もできない非力さを知ります。
でも炎は燃え続けているんですね。
だから憂いてみた。憂いても深く冷たい水に逆らう人がいる。
感じないことはとても平和です。それならば感じずにダラダラと流されてみよう。
電車というのは自分の足で進むわけではありませんし、降りるはずのない駅をあえて乗り過ごすのは勇気というか諦めが必要なわけで。
そして流されてみたら流されてしまったからその先がわからないわけで。
そこで自分自身に問う。ここまでなってしまった自分は何なのかと。
だから大事なモノ、シンプルなモノが見えてきた。
それが暗闇の中に見える光。真っ暗だからこそ光が見える。
それが何なのかはわからないけど感じる。
曖昧だけどハッキリしている。
そしてover the rainbow、つまり自分自身の足で歩く。
踵を鳴らして基本に戻ろう、家族の待つところへ帰ろうとするわけです。
そこをもっと表情豊かにすれば良かったと思いました。

469 :名前はいらない:2006/10/13(金) 02:16:35 ID:cDzI+2pj
>439
詩では無い・・・確かに客観的にみるとそんな気がします。とゆーかなんか・・・ネタとしても文としても中途半端になった感があり、正直非常に申し訳ないです。
今度は胸張ってA取れるような「詩」をもって来ますね(笑)
評価ありがとうございました。

470 :名前はいらない:2006/10/13(金) 02:19:19 ID:6L2mvnT7
|ハ_ハ
|:=・==・=>
|:::: ∀ ./

471 :208Bkack Rx ◆DpeXsA0SaE :2006/10/13(金) 18:09:19 ID:w2NUV084
>>468
「虹の彼方に」から「over th rainbow」を思い浮かべるのは難しいね。
ついでに俺は「over the rainbow」が何かも知りませんでしたから。
僕は「抽象的=相手に解釈を任せるもの」だと考えています。ならば「人によって解釈が異なる」わけです。
もうひとつ。それだけのイメージ量を推測するのは殆ど無理でしょう。
具体的な説明もなく、読み手にそれだけの情報を期待するのは少々無茶だろうと。
解説ありがとう。

評価します。
>>463
余計なものを省いている分、簡潔で分かりやすくてイイ。
突っ込んでおくと「ウエーブ」じゃなく、素直に「波」でもよかったと思う。夢の中の記憶は何故かいつも断片的だよね。
個人的に「大分麦焼酎 二階堂」のCMに流れるナレーションとそのCMをイメージさせた。アレはいいCMだ。
評価C-

472 :208Bkack Rx ◆DpeXsA0SaE :2006/10/13(金) 19:02:28 ID:w2NUV084
>>471
文がぐちゃぐちゃなのはご愛嬌。
まぁ普通に間違えたんですがww

>>455
突っ込んどくと「今日も僕らは」の所は「僕」でもいい。
実際、悪夢みてる人の表情が幸せそうかどうか知らんけど。見たことないから。
「どぼん」が眠り落ちていく様を表現していて面白い。
評価D+

蛇足)人間は浅い睡眠状態:レム睡眠で夢をみるという。
そこから深い睡眠状態:ノンレム睡眠に落ちる様を表しての「どぼん」だと思ったのだ。
しかし、レム・ノンレムについて記憶が曖昧だったためWikipediaで調べてみると意外なことが判明した。
最近ではフラッシュバック型の悪夢は『ノンレム睡眠時にも起こりうる』そうだ。Σヽ(゚Д゚; )ノエー!!
どうせ調べたし、ついでだから書いといた。なんか勿体無くてww 評価とは一切関係ないのでご安心を。

473 :ぼく。:2006/10/13(金) 19:24:09 ID:kpIu8hsT
僕ちんも「今日も僕らは」の所は「僕」でもいいとおもったけど
リズムをとるためにそうしただけだぜーーーーーーーーーーーー!!!
完全な裏目かーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!
でもしょうがないな。。。
評価サンクーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーース!!

474 :名前はいらない:2006/10/13(金) 20:18:35 ID:6L2mvnT7
おまいtら 作品書いたら使った薬も書いとけ

475 :名前はいらない:2006/10/14(土) 04:34:41 ID:za85j8MQ
「二十歳になった日の真夜中」
二十歳になった日の真夜中。
何が変わったかは知らないけれど、時計だけが進んでく。
昔の携帯電話、あなたの着信、履歴の最初に残ってる。
ここだけは時が止まってる。
待ち合わせしたときのメールも、言おうと思って言えなかったサヨナラも残ってる。

二十歳になった日の真夜中。
吸いなれたタバコと安い酎ハイ。
嫌だったことも楽しかったことも、頭の中でフラフラ歩いてる。
記憶はいつも後ろにあるから、記憶はいつも私の後ろを追ってくる。
未来はいつも前にあるから、未来はいつも前から私を押してくる。
何が変わったのかは知らないけれど、時計だけが進んでく。
二十歳になった日の真夜中。
十歳の私はどんな夢を見ていただろう。
十年前はどんな夢を描いただろう。
二十歳になった日の真夜中。
今しか見えぬ年頃の手首の傷に痛みはないが、寒さが時々染みている。
轍と言うにはまだ早い。
今しか見えぬ年頃は私の体に影を作っていった。
愛しいと呼ぶほど愛しくないが、時効と呼ぶには迷いはあるが、それも私だと今は言える。
二十歳になった日の真夜中。
三十歳になった未来の私に手紙を綴った。
真夜中が朝を向かえたころに私はやっと眠りに入った。
いつもの朝が始まろうとしている。
いつもの朝が始まろうとしている。
時計だけが進んでく。いつもと変わりなく十二の数字を行ったり来たり。
けれど私は二十歳になった。


476 :名前はいらない:2006/10/14(土) 04:39:11 ID:L2JpoZx4
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

477 :208  ◆DpeXsA0SaE :2006/10/14(土) 19:40:18 ID:sZStvYVD
本スレ良好。
カスタム沈みすぎ。上げ。

未評価リスト

>>475

指名はありません。

478 :208  ◆DpeXsA0SaE :2006/10/14(土) 19:42:11 ID:sZStvYVD
また未評価まちがえたwwww

未評価リスト

>>458 >>475

指名なし。で、合ってるよね?ね?

479 :名前はいらない:2006/10/14(土) 20:49:21 ID:RSvTet35
気付いてよ
どっちでもいい、は
どうでもいい、ってこと
興味ないの。

当たり前になった太陽光
鬱陶しいから当たり前を取り放つ
消えて、全て
消して、全て

それぐらいの力を持つあなたは
もうすぐ消えてしまうんでしょ。
なら、ついでに全て消してよ
それとも、出来ないって言うわけ?
「どっちでもいい」

そう返すように照りつけて
興味がないんだね


それが優しさであったら
その優しさが間違いだったとしても
結局僕はのうのうと
今日も生きている
太陽も変わりなく
返事をくれることもない

480 :唯夢:2006/10/14(土) 21:11:03 ID:pXgObH9L
《ひまわり》      

あなたは手が届かない程に
キラキラ輝く

私は見上げて追うことしかできないから

私が俯く日は
貴方が哀しい日

私にまとわりつく雫は
貴方が落とす綺麗な涙

貴方なくしては生きられない
キラキラした貴方が太陽ならば

私はきっとひまわり   
決して届かぬ光を

いつまでも、いつまでも

ただ見つめている

・・・ひまわり


できたら蝶のおなら様にお願いしたいですm(__)m

481 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/14(土) 22:08:01 ID:YpCPHen8
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん。ご指名感謝。様など言われるほど
偉くはないですので。偉そうではありますが。はい。。。
お手合わせ願いますー。

>480 「ひまわり」/唯夢さん
デジャブ、かのう。。。先日知り合いに私もこんなことを言っていたところです。
一つだけの句読点や「・・・」が全体がすっきりしている文、不自然。
「私」「貴方」の対比が思いを寄せている人であるのか、あるいは
憧れを抱いている同性か、どちらにしても使い込みすぎているようですなあ。
「貴方」の存在だけでなく、その方自身の生活が「私」にいつも影響していて
貴方を支えることのできない分、その思いの内を感じ取る人間性が
美しいですのう。

私が俯く日は
貴方が哀しい日

というのは、前提に「貴方」の悲しい気持ちがあってそこから私が俯くという。
普通の文ならこうはいかない。「貴方が哀しい日は、私が俯く日」と書くところ。
作者の書き方でこの部分が強調されて、なお感情移入することができました。

これでは負の「貴方」しか感じ取れない上、「貴方」の定義も曖昧すぎるかのう。
「貴方」が笑う日の「私」はどうなのか、知りたくなるような詩でした。
一般受けをしそうですけれども。私はキレイすぎた詩に敏感すぎるかもしれませぬ。

長文失礼しましたですよー。評価D

482 :彼殿:2006/10/14(土) 22:11:02 ID:MQjOToLs
"夕暮れ時"
雲が 流れていく

雲は流されるだけ
だって、自分の意志もない物だから

だが、雲は
風に流されるのを
求めているのかもしれない

雲は、自由な風に恋い焦がれ
その風に流されることを
至福に感じるから
流されているのかも知れない

その風によって散り散りになり
消えていく運命だとしても

その幸福を逃したくなくて
離したくなくて
先の不安なんも、訪れる闇も
全て忘れてしまって

流されていくのかも知れない

と、雲を見つめて
雲には無い足を持ち
僕には無い心を持つかもしれない
雲を、ただずっと見つめていた

僕は、雲に恋い焦がれているから

483 :彼殿:2006/10/14(土) 22:13:30 ID:MQjOToLs
こんな新参者が駄文書いてすみません…。

まだ書き始めて全然浅く、修行の足らない身ですが宜しくお願いします。

484 :名前はいらない:2006/10/14(土) 22:20:30 ID:L2JpoZx4
>>482が題材で詩を書いてください

485 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/14(土) 22:22:33 ID:YpCPHen8
>484はスルーでお願いいたします。
>484よ、AAと「楽しい詩まだー?」までにしておくれー。

486 :名前はいらない:2006/10/14(土) 22:35:15 ID:L2JpoZx4
( ´Д⊂ヽゴミンナサイ

487 :名前はいらない:2006/10/15(日) 01:39:14 ID:T86t5KgE
|ハ_ハ
|:=・==・=>
|:::: ∀ ./

488 :前田です。:2006/10/15(日) 16:45:06 ID:iRMuh5qm
ニンニキニキニキ!!
p(^。^)q

一つだけ言えば、宇宙は移動してると僕は思う

理由は、その方が宇宙も楽しいだろーからね!

ぷにぷにぃ〜

489 :前田です。:2006/10/15(日) 17:01:17 ID:iRMuh5qm
でも、僕らはその様子を見られないのがちょっと残念だけど

お母さーん、銀河の果てから目薬を!!

ぷにぷに〜
ざきゃっちゃーいんざらい

490 :名前はいらない:2006/10/15(日) 18:59:04 ID:YjynyI7g
『ハイエナ』
そうね、とってもカッコ悪い。
過去に振った男に色目を使ってる。
ライオンみたいに颯爽と生きていければいいのにね。
満たされない。愛されたい。
わかってる。みっともないって。
そうね、とってもカッコ悪い。
街に行けば昔の知り合いにあってしまうからコソコソしている。
指差され、昔の話をされたらきっと嫌われてしまう。
ソレデモ オマエ ガ ワルインダロウ?
そうね、とってもカッコ悪い。
ジゴウジトク ッテ シッテル?
そうね、とってもカッコ悪い。
幸せは見えないものとよく言うけれど、掴もうともがくほど他人の幸せがよく見える。
ハイエナに生まれたときから運命というものがあるなら教えてよ。
オマエ ノ ジンセイ オマエガ キメナイデ ドウスルノ?
そうね、とってもカッコ悪い。
正論は正しい論理と言うけれど正論が今のあたしを傷つける。
アマエ ヨワサ ステチマエ。タニンヲ ミナラエ。
頭でわかっていることと現実は違うのよ。
今のあたしはカッコ悪い。
嘘でもバレなきゃいいわ。愛をください。


491 :唯夢:2006/10/15(日) 19:03:34 ID:fvO2Nuhx
>>蝶のおなら様
有難うございました^^
的確なご指導受け取らせて頂きました。
そのアドバイスを元に
もっと素晴らしい詩が書けるよう頑張ります。

では、また機会がありましたらお願いしますm(__)m

492 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/15(日) 23:06:51 ID:rxcQ37+Z
>491 唯夢さん
いえいえこちらこそありがたや〜。
あんまり鵜呑みにせず、できれば反発心を持って頑張ってくださいまし(・ω・)ノ


493 :名前はいらない:2006/10/15(日) 23:14:01 ID:T86t5KgE
(∩。∩;)ゞテレテレ・・・

494 :前田です。:2006/10/15(日) 23:57:00 ID:iRMuh5qm
ナハー)^o^(

495 :ぼく。:2006/10/16(月) 23:39:56 ID:kULejQ3W
>>490
好きだなぁ。これ。
力が無いからアドバイスできないけどさ。
評価するのであればCかC−あげたい。


496 :名前はいらない:2006/10/16(月) 23:46:01 ID:gFn5LLhG
              -:'ヾ|!|!!,i,,!ii,!l,・∵,・、
            ・∵,・/ ̄ ̄ ヽ,    ━━┓┃┃
               /        ',       ┃   ━━━━━━━━
               .l  {0} /¨`ヽ}0},       ┃               ┃┃┃
              .l     ヽ._.,,'   ≦ 三                    ┛
              リ    ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              |    。≧         三 ==-
              |     -ァ,          ≧=- 。
               |      イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
                   ≦`Vヾ        ヾ ≧
                   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

497 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:02 ID:U+GGhfFu
はげが原因で引きこもってるんだけど・・・

498 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:07 ID:BWoemV6Q
俺の方が早漏だ

499 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:11 ID:zK5bFWft
適当なスレにお邪魔していきなり雑談始めようぜwwww
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1161010141/105
からVIPPERの糞どもが射精後に襲ってくる眠気を話し荒らしに来るので注意^^

500 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:33 ID:jCA1HA3R
あー・・オナニーでもして寝るか

501 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:40 ID:uLUPNLt4
射精

ああ、射精
いいよ、きもちいいい

どうかな?

502 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:44 ID:FTz6k0Ja
じゃあ射精後に襲ってくる眠気を話しをしようか!!!

503 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:46 ID:HW9Wdry2
そんなことより、射精後に襲ってくる眠気についてどう思う?


504 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:29:57 ID:JFHZ8ucS
なぜ射精後は眠くなるのだろうか?また眠くならない方法はあるのだろうか?

505 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:30:11 ID:5E4l6+Eg
ああ、もうどうでもいいや

506 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:30:14 ID:Gc4FZMfK
射精ね
あれは中々良いよね

507 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:30:39 ID:/q4XQLmH
しょうがないよあきらめよう

508 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:31:10 ID:vHPkw1hw
翠星石は俺の嫁

509 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:31:15 ID:HW9Wdry2
迅速な対応wwwwwwwwwwww

510 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:31:23 ID:jCA1HA3R
出した後の眠気って、ご飯とデザートは別バラみたいな感じだよな

511 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:31:44 ID:VaenzNq9
女が受精しやすい様男がちょっかいを出せなくさせると言う動物的本能

512 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:31:58 ID:BWoemV6Q
勝手に知らんスレに来て、勝手にテンション下げて帰ってく


俺ら迷惑にも程があるだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

513 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:32:11 ID:JFHZ8ucS
私の考えではf = m c d2x/dτ2 の式を使うと導き出せると思うのだが、どうだろう?



514 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:32:39 ID:/cG1SHQo








普通のVIPPERは他板を荒らして楽しむ

一歩上を行くとその荒らしてるVIPPERを困らせるのが楽しくなる








515 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:33:34 ID:uLUPNLt4
>>514
改行多いよ

516 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:34:21 ID:/cG1SHQo
ユダも荒らしてるお前らもどっちもクズだろ
バカだろお前ら

517 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:35:50 ID:jsUmme5P
射精と塩ラーメンは通ごのみ

518 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:36:06 ID:HW9Wdry2
>>516
ID!ID!

519 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:36:10 ID:/cG1SHQo






なんか俺のここでのレスを本スレに貼ってるヤツがいるが
俺は本スレ書き込んでないからwwwwwwwwww

フヒヒwwwwwwwwwwwwww








520 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:37:11 ID:uLUPNLt4
>>519
きもい

521 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:38:08 ID:/cG1SHQo





ちなみにお前らが言ってたユダは俺じゃないからwwwwww
たった数回のレスで本スレの>>1潰れてやんのwwwwwwwwwwwww
最近のVIPPERは耐性ねぇなwwwwwwwwwwwwww







522 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:39:52 ID:a4IbrhIM
馬鹿のほうがいい詩がかけると思うwww
頭でっかちよりwww

523 :名前はいらない:2006/10/17(火) 00:41:20 ID:F0sLGc7k
      / ̄ ̄ ̄\___
     / ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \    ┌───┐ロロ
    /          ̄   \   └─-フ /
  /           □    \    //
 |   / ̄ ̄ ̄~\ / ̄ ̄\|  //
/\ /  / ̄~\ ∨ / ̄\‖   ̄
|∩||  〈     >  <    >|    ┌┐
|∪||   \__/    \__/|    ││
\/ \       <∩_∩>::|    ││
  \   \       \\\\:|     ││
   \   \     ィ〜\\\\    ││
     \   \   ノjjjjjjjj\\\\   ││ 
      \   \ ヽ!!!!!!!!!!ノ \\\\ └┘  
        \___\_ヽ〜ー´__ノ \\\\     
           _]::: ̄" ̄[__  \\\\
        〃 ̄          ̄ヽ \\\\

524 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/17(火) 01:53:27 ID:iZBBeRZ7
皆さん元気があっていいのう、私はもう歳かしら〜

未評価リスト
>458 >475 >479 >482 >488-489 >490

525 :名前はいらない:2006/10/17(火) 03:09:17 ID:ekK+b+78
>>524
おーなーらーさぁーん!
>>488-489は入れなくていいよーん!

あれは、ちょっとニンニキをやりたかっただけだったので。。
まぎらわしくてスマソ!

526 :前田です。:2006/10/17(火) 03:11:56 ID:ekK+b+78
>>525
名前忘れたゼ!ハニーチェリー

527 :名前はいらない:2006/10/17(火) 03:13:42 ID:F0sLGc7k
    |      ソ〜
    |=´A`) 
    |⊂
    |

                    .┌┐
                   |ピーンポーン
            ヽ(=´A`)ノ[| |
                     | |
                
ヽ(´A`*)ノ ヒャッホ〜ィ♪


528 :前田です。:2006/10/17(火) 04:31:28 ID:ekK+b+78
この時間にピンポン鳴ったらかなり恐い。。

お化けが出るぞぉぉぉぉぉおおおお
ギャーーーーーー!!!

ナハハハ^^13日の金曜を乗り越えた私は言わば、9回に津田にマウンドを任せたカープくらい無敵なのだよ!
ナーーーハッハッハッハッ!

529 :208+ ◆208s.v.b.c :2006/10/17(火) 08:30:47 ID:m1/QMQ27
VIPPERがきたのか。珍しいこともあるもんだ。
>>524
未評価ありがとう。

>>525
念のためにいっておくけどすれ違いな。
詩なら詩、落書きなら落書き、書く場所ちゃんと区別しようぜ。

AAも程ほどに。


530 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/17(火) 09:33:59 ID:iZBBeRZ7
わーい208氏がやってきた。この勢いで本スレも期待してますぞい。

531 :前田です。:2006/10/17(火) 14:27:09 ID:ekK+b+78
>>529
うん!了解ですッ!

532 :名前はいらない:2006/10/17(火) 17:33:17 ID:HFy89K9D
子供の頃はパイの実が
大きな箱に見えていた
姉妹三人で分けていたのに
今では、一箱一人でペロリ

533 :前田です。:2006/10/17(火) 17:34:50 ID:ekK+b+78
(1/2)「君というもの」

チグハグな相槌を頑固な鉄線に絡めると嫌な臭いがする

汚らわしい君

お隣の米国ではハリケーンとかいうものの猛威でえらく水が氾濫して、いくらか人が死んだとか

そんなデマはかなぐり捨てて、これから一度重なろう

君よ!

とりわけ頭の良かった君は、見聞きしたものを忘れない見事な生き物

つまり僕は、君をもっと幻滅させてしまいたい!

何より僕が、こんな至らない性格をイチイチさらして生きているものだから、
頭の良い君のこと、もう十分立派に察してくれているのだとは思うけど

534 :前田です。:2006/10/17(火) 17:37:44 ID:ekK+b+78
(2/2)

嫌われ者の君よ

バカバカしい?でも結局カタツムリのツムリって何だろね?
もしかしたら、何か凶悪な闇社会のヤバイ事案に関する特別なサインかもしれないとでも思っていたから、
君はいつもそんな浮かない不安げな顔をさらしていたのか?

でも残念ながら、それはちょっといくら謎多きツムリとはいえありえないように思うよ

そもそも僕にすれば、君もツムリもどのみち同じようなものなんだから

でも、とりあえず今夜も一度重なっておこう
なんだかそれが女である君にとって、今はとても正しい選択であるような気がするよ

535 :こま:2006/10/17(火) 22:50:15 ID:01lQC202
やさしいあくまさんへ。
どうか評価をお願い致します。
m(_ _)m

わからないかも知れませんが、この前は有難うございました。
今回もどうかお願い致します。

長いので2つに分けて書き込みます。
ひとつと捉えていただければ幸いです。
前おき長くなりすみません。この後に載せます。


536 :こま:2006/10/17(火) 22:53:31 ID:01lQC202
「希望の杖」

例えばあなたが
本当に暗い海を
泳いで渡るしかない と
孤島でそう決意する
夜に居るなら

空の彼方から見下ろす私は
その勇気に溢した
涙で雨を降らし
行く手を余計に
険しくしてしまいそう

漠然としたこの
優しさだけでは
きっとまた人を傷つける
うつ向いたまま にも
理由があるのだろう
もう既にらしくない
子供の様な気持ちに
きゅんとなる
あなたを抱き締めていたい



537 :こま:2006/10/17(火) 22:55:19 ID:01lQC202
距離を感じるのなら
近づくべくすべき事は
他にたくさん思い付く
冷静になれたら…
そんな事をよく思う
誰も分かってくれない
その気持ちは多分正しい
でも自分のせいだ と
思うには時間がかかる
開く程 信じるには…

悲しい出来事ばかりが
吹きすさぶ風の様
うつ向く理由はたくさんあるけど
たったひとつの希望を
救いとって人は
笑顔に変えていく
また希望を
奥底で見つける未来まで


ささやかな希望も
叶わぬ時もある
同じぶんだけ希望は
可能性をもってる




538 :名前はいらない:2006/10/17(火) 23:45:32 ID:F0sLGc7k


     (⌒Y* ノソ*Y⌒) ぱおーん

539 :ぼく。:2006/10/18(水) 16:57:39 ID:4xsY/b/I
「ガラス」
目が痛い。
まぶしすぎるぐらいの光。
こみ上げてくる感情。
抑えきれない。
歯がゆい。
いつまでもとどまる事なく。
水平線と死線を流れる。
カラスが鳴く。
さめざめ。
自分は動けない。
見る事は出来る。
ガラス。
もろくて儚い。
割れなければ。
恐ろしい存在。

540 :名前はいらない:2006/10/18(水) 17:03:02 ID:gedvur57

         (⌒Y-ノソ-Y⌒) ぱおん

541 :名前はいらない:2006/10/19(木) 00:38:00 ID:vhahugCN
AGE

542 :チワワ団長:2006/10/19(木) 12:38:46 ID:eH6qqwJe

沈黙の隙間に
彼との想い出にさ迷うきみの

はにかんだ笑顔が
ゴメンネと泣いていた

僕は笑った
何もいらないんだ
きみが望むなら
真夜中でも飛んで行くから

きみが望むなら
どんな時でも胸を貸すから
言葉に出来ない気持ちがあるんだ

ただその涙を拭く事しか
出来なくても
僕は蛍になる

その光がきみの心を
照らせるなら
あのちっぽけな蛍になって飛んで行くと


543 :チワワ団長:2006/10/19(木) 12:40:01 ID:eH6qqwJe

きみは言ったよね
『もうダメなの』
『何も見えないの』
その手を僕に見せてごらん
震えるその手を僕は握る

あたたかいだろ?
これは命のぬくもり
命ってあったかいんだよ

今は僕から伝わって
今度はきみが誰かの手を

きみから伝わって行くんだ
命のぬくもり

544 :チワワ団長:2006/10/19(木) 12:40:49 ID:eH6qqwJe

僕の優しさは時々きみを
傷付け悩ませ迷わせるよ

こんなにも
きみを振り回してしまう

そのたび僕は優しくない
そう自分を責めるんだ

僕の優しさは光なのかな?光になりたい

今でもきみの中の光なのかな?
消えてないよ。
消えてないといいな

僕の優しくない優しさ
きみを悩ませてしまう優しさ

優しい光でありたい


545 :チワワ団長:2006/10/19(木) 12:41:57 ID:eH6qqwJe

せせらぎ委ねて
初夏の光鈴

瞬き遊ぶは
水ノ童子

誰も知らぬ秘密の橋下
隠れた二人は
溶けて蛍火

雨音向こうに聞きながら



546 :名前はいらない:2006/10/19(木) 14:02:59 ID:PqRrzbWC
      / ̄ ̄ ̄\___
     / ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \    ┌───┐ロロ
    /          ̄   \   └─-フ /
  /           □    \    //
 |   / ̄ ̄ ̄~\ / ̄ ̄\|  //
/\ /  / ̄~\ ∨ / ̄\‖   ̄
|∩||  〈     >  <    >|    ┌┐
|∪||   \__/    \__/|    ││
\/ \       <∩_∩>::|    ││
  \   \       \\\\:|     ││
   \   \     ィ〜\\\\    ││
     \   \   ノjjjjjjjj\\\\   ││ 
      \   \ ヽ!!!!!!!!!!ノ \\\\ └┘  
        \___\_ヽ〜ー´__ノ \\\\     
           _]::: ̄" ̄[__  \\\\
        〃 ̄          ̄ヽ \\\\

547 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/19(木) 19:25:18 ID:ngZBrWXh
良く見ると一週間待ってもらってますね。悪魔さんは来ないな。パケ死かな?ww
というわけで僕が。斬り捨て御免。

>>458
これは再推敲だね。
評価としては悪魔さんが一度されてるので、今回は前回のものとの比較してみてることに。
変更されたのは1連、2連、5連、及び6連。推敲しない俺が言うのもなんだけど、読みやすくなってると思う。
ただ、形式に縛られているせいか内容が薄い。形は上手くまとまってるけど、いってしまえばそれだけ。
「鬼殺し」をリフレインすることがタイトルに縛られすぎている印象を受けた。そのせいで若干の閉塞感を感じてしまう。
「今宵は〜御さんとす」など所々の表現はいい。
評価D+

>>475
色々言葉をつなげるのはいいけど説明できないなら入れないほうがいい。
「あなたの着信」「十歳の私」「「手首の傷」などなど。
そのせいで話が飛びまくり、何がいいたいのか伝わらない。
ただ過去を振り返って「こんなこともありました。今は20です。」といわれても説得力が無い。
二十歳になってこんなこと考えてます、の理由も分からない。18でもいいじゃんって話。説明不足。
もう少し焦点を絞ってテーマを決まればみれば良くなるだろう。
評価D

評価はまた後で。

548 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/20(金) 19:38:35 ID:rBvvhWot
こんばんわ。評価しまつ。斬り捨て御免。

>>479
表現は平凡だが発想が欠点を補っていて中々。
1連 「気付いてよ〜興味ないの」が誰の言葉なのかはっきりしない為、詩が読み取りにくい。
一見して「私」の言葉のように思えるのだが、「どっちでもいい」と言い放つのは君なので、それでは意味が通じない。
どうも違和感が拭えない。いつのまにか話が捩れているような気がする。
評価D+

>>482
「かもしれない」が詩をぶち壊している。
一連で「雲は〜自由の意思もない物だから」と言い切ったのに、あとは「かも知れない」だらけ。
わざわざそんようにする必要はない。いっその事はっきり言い切ったほうがいい。与える印象が全く違う。
詩のテーマは平凡だがイメージは上手く伝わってくる。ちょっと残念。
評価D

今日はここまで也。

549 :名前はいらない:2006/10/20(金) 19:42:57 ID:z6x4XzJ7
D:素人。

550 :458:2006/10/20(金) 20:55:59 ID:PCt1Q2Cz
208Black RX様、批評有り難く頂戴致します。

う〜ん…、やはり難しいですね。
薄くなってる原因は第一連目かと自分では分析しています。
「酔わすセッティングを情景の雰囲気でプラス」してはみたものの、
言い回しがやや迂遠というか解りにくくなってしまったような気がします。
「鬼殺し」の意味を効かすため、
冒頭の連の「調伏せんと神酒注がん」からの懸かりを受ける筈だった
「鬼殺し〜我が力のみにて御さんとす」の連が
冒頭の連の解りにくさのせいで活きていないような気もしました。

なにはともあれ評価おつかれさまでした。


551 :きおら:2006/10/20(金) 23:10:59 ID:SUBjPOYE
        <願いは石へ>
「私は、この大きな空に小さな石を透かして願う!
きっと願いは、君に届くよ!
だって!ほらっ、今日も君の笑顔が見れた☆  

552 :ぼく。:2006/10/21(土) 00:04:37 ID:jvhuDeeh
「人生」
闇に飲まれて恐怖におびえたい。
叫びたくなるような衝動にかられ、
安らかに眠りに落ちていきたい。
苦しみの先に何も見いだせぬのなら、
苦しむ必要なんて無い。
ありのままの自分が信じられないのなら、
何も信じる必要はない。
君の信じる道こそが
正しい道とは限らない。
君の思ってる事だけが
認められるとは限らない。
学ぶことは在りすぎる。
人生は長すぎる。
全て充分そろったこの世で
何を迷う必要がある?
定義付けされた人生を
歩むことこそ意味がある。

553 :名前はいらない:2006/10/21(土) 01:45:03 ID:Vcaujgwl
蚊が私の横を通り過ぎる
この季節の蚊は大きくてのろいから殺しやすい

手に残るのは黒いつぶれた何かときっと誰かの赤い何か
それは心臓に触ったんだ、確かに

それでも私の蚊をたたこうとする手は
あまりにもよわよわしく、
まるで何かを守るかのように蚊は飛んだ

いっそのこと私の唇に止まって
私の体の中の血液と
そしてそれに混じった不純で不順なものたちを
すべて吸い取ってしまえ

私がそんなことを考えたら
私の体の中のすべては逆流を
はじめる

554 :名前はいらない:2006/10/21(土) 01:56:07 ID:GJvsPJz/


<@ー(・∀・)ー@ゝ ウーッ <ー”@(・▽・)@”ーゝ ボヨヨ〜ン

555 :名前はいらない:2006/10/21(土) 03:00:48 ID:MSETIlnN
佐賀

556 :名前はいらない:2006/10/21(土) 05:23:13 ID:1rgY3Y6t
「渦」

鈍色に輝く渦よ。私の中のにある悪逆たる運動。
渦は果てしなく蠢動して、その中心にはゴミの欠片。
欠片は、泣きむせぶ、
渦の中で痙攣する、その不安定と無常によって。

だが泣きむせぶのを止めて欲しい。欠片よ。
自らの命を絶つには、まだ寒々しい猶予が残されている。
寒々しい猶予は、しかしもう燃え尽きるのも間近。

急がなければならない、欠片よ。
お前に残された時間は、尽きかけている。
それは繰り返される、煉獄の響き。
気をつけろ欠片よ。
反復こそ、その入り口。

どうか、欠片を守ってくれ、渦よ。
お前には、その身軽さを持って、何処にでも現れる。
蜃気楼の渦よ、お前は、その胸に抱き、
弄び続ける欠片を、いつまでも手放さないでくれ。

557 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 09:27:22 ID:06TFIBPk
おはようございます。評価です。

>>490
タイトルの「ハイエナ」は「ライオン」と比較して見せているがイマイチはっきりしない。
主役が「私=女」なので「雌ライオン」と「雌ハイエナ」で比較している。
ここでWikiPediaからの引用です。ライオンとハイエナの詳しい生態について。

ライオンはふつう、成獣になると体長1.5〜2.4m、体重150〜260kgになる。動物園の個体では400kgを超える場合もある。
ライオンの獲物は多種多様で、昆虫などから爬虫類や大型草食獣まで実に様々であり、主な獲物はヌー、シマウマ、スイギュウ、イノシシなどである。
またハイエナが捕らえた獲物を奪う事もよく知られている。時に、弱った個体なら象をも襲う事がある。
群れはプライドと呼ばれ、成獣の雄と数頭の雌(その間の仔ライオンも含む)で構成される。
妊娠した雌は、出産が近くなるとプライドから離れ、一頭で行動し、出産する。仔ライオンがプライドの移動に遅れないくらい歩けるようになると元のプライドに戻る。
若い雄は産まれ育った群れから追い出され、成長するまで雄だけで暮らす(兄弟2頭で行動することが多い)。
獲物を狩るのは基本的に雌の役目だが、雌が手こずったりする場合は雄も加わる。
育児は群れの雌全員で行い、雄は基本的に外敵の駆除(他の雄ライオン、ハイエナ)を生業としている。 体調が優れない時は、草を食べる事もある。

一般にハイエナには、「サバンナの掃除人」として死肉をあさるという印象が強い。
実際、中型のカッショクハイエナやシマハイエナは、狩りをするより腐肉をあさることの方が多いが、
ブチハイエナの食物は、(腐肉も確かに含まれるものの)大半が自分たちで捕えたものであり、逆にライオンに狩りで仕留めた食料を横取りされる場合が多い。
イギリスの生態学者 H.Kruuk の研究では、セレンゲティ国立公園のブチハイエナは、10〜15頭の群れでヌーやシマウマを狩ることが明らかにされている。
他の動物が掘った巣穴に住み、巣穴の回りには動物の骨などが散乱している。この骨は非常食であり、食料が無い時にはその骨を食べ飢えをしのぐ。
ハイエナの群れのリーダーはメスであり、メスのリーダーの長女が群れのリーダーと継ぐことが常識的になっている。その為、オスは群れの中で順位が低い。

↓続く

558 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 09:42:58 ID:06TFIBPk
続き

見てもらえば分かるようにハイエナを舐めてはいけない。彼らは骨まで食べるのだ(凄いよねぇww)
ライオン>ハイエナというのはイメージとして間違いではないが、必ずしもイメージと事実が一致しているわけでない。
つまり俺が言いたかったのは「ハイエナの何を知ってそんなことを言っているのか」ということ。イメージだけでは駄目。
ハイエナ舐めるなって。

最後に「愛をください」って言ってるけどどっちかっていうと愛がないのはメスライオンのほうじゃね?
雄なんてヒモ同然だし。子供殺されるし。まぁ俺の主観だけどね。
言ってることは普通。
評価D

559 :REGRET:2006/10/21(土) 10:27:03 ID:t/Rbb1Wq
【自由を夢見る少年】

今日も終わりを迎えようとしている 今日一日振り返ってどうだったか
自分の中で満足ができたんだろうか 明日は満足できるだろうか

今生きてるこの瞬間を 自分は覚えていられるのだろうか
今生きてるこの瞬間を 自分は幸せなのだろうか

自由に生きることを望む だけど世界には規律がある
規律を破れば罰が待っている

でも僕は、自由に生きたい 自分の思い通りに生きたい
子供っぽい夢を描きながら それを現実にしてみたい

束縛された世界で生きるのは 正直息苦しく思う時がある

だけど罪を犯.すことは許されない 自由に生きる
自由とは本来どんなものなんだろう。

決して目には見えないもの そこにありそうでつかめないもの
だけど決して無ではない

自分の描いた他愛ない理想 それを現実にしたいから 人は今日も生きている
明日も生きることを望める

だから僕も自由を求めよう そうすれば、明日も僕はここにいるから。。。


560 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 10:48:05 ID:06TFIBPk
>>533
突っ込み。
「お隣の米国」ってお前どこに住んどんねん。カナダか?メキシコか?キューバか?まさか日本ではあるまいな。
「カタツムリのツムリって何だろうね?」勝手にググレ。知らんがな。つーか日常語だろうが。
「とりあえず〜っておこう」ってもうね、意味不明。
意味不明ポエム。評価D--
>>536
悪魔さんがこないのでそれまでのつなぎとして少し。
書き手の心理だけを書かれても読み手の興味は惹けない。俺はさらっと読んだだけ。
全てを読んでも結局、話の核になるものが「希望」だけだったため興ざめ。展開がないのだ。
2連の「星」と「アナタ」の関係で統一できればもっと良かっただろう。
評価D-
>>539
これも解釈任せちゃうタイプ。死にたいのならお好きにどうぞ。
ってかカラスって関係あんのかよ。不吉だとでもいいたいのですか?
「いつまでも〜流れる」の主語は何?死線って何?説明不足。あ〜意味わかんね。
ちなみにガラスの破片は危険物で捨ててください。
評価D-
>>542-545
甘すぎ。しかも長すぎ。これだけ自己の心理描写は辟易する。
「きみ」と「僕」の関係なんか知らんし、あたかも「読み手が知っているかのように」はなされても困る。
と>544までなら評価D--
しかし>545表現はイイ。この調子で初めから書いていればよかっただろうと少し残念。
「誰も知らぬ〜溶けて蛍火」は詩的。ただ、最後の一行の「雨音」は必要ない。
ってことで評価D-


561 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 11:07:49 ID:06TFIBPk
>>551
俺は「ギャルのパンティーをください」と願いましたが叶いませんでした。
評価E
>>552
またまた意味不明ポエム。読む気力すら起きない。
言葉に木を使ってるわけでもなければ、読み手に木を配っているわけでもない。
他に言葉がないわ。
評価D--かE

今日はここまで(多分)

562 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 11:12:16 ID:06TFIBPk
未評価リスト 3作品

>553 >556 >559

指名
やさしいあくまさん (>>536-537

563 :名前はいらない:2006/10/21(土) 11:29:20 ID:343QTZ+8
【かんたん】
晴れの日も雨の日も、
どっちみちおなじ。
枯れても流れても、
気にする事はない。
全部こわれてなくなったら、
また一から作り直せばいいだけの事。

564 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 11:43:38 ID:06TFIBPk
気になり続けてることがあるので一つだけ。

なんでカスタムで指名しないの?
別に強制はしないし、ってか評価人もいないけど。

ま、そんだけです。

565 :名前はいらない:2006/10/21(土) 12:01:12 ID:BwVJhThR
>>563です
ごめんなさい、指名書き忘れてました
Blak RX様
またよければ評価お願いいたします。

566 :REGRET:2006/10/21(土) 12:08:41 ID:t/Rbb1Wq
>>559です。指名書き忘れてました。
指名はBlack RXさんに是非お願いしたいです。

567 :名前はいらない:2006/10/21(土) 12:27:45 ID:GJvsPJz/
       ∧_∧
      ( ・∀・)   
      ( ⊃┳⊃
     ε(_)ヘ⌒ヽフ
     (   ( ・ω・)
≡≡≡ ◎―◎⊃⊃

568 :ぼく。:2006/10/21(土) 13:43:22 ID:lrmyAus2
>>560
死線:@生死の境A捕虜収容所や牢獄(ろうごく)などの周囲に設けら
   れた線。これを越えると逃走を企てたものとして銃殺される。
わかりましたか?

意味不明だっておもってんならE評価つければいいだろうが。
わざわざD−とかにする意味あんのか?
ガキみたいに揚げ足取りながら評価してんじゃねーよ。
すこしはアンダバをみならえ。

569 :名前はいらない:2006/10/21(土) 14:27:44 ID:GJvsPJz/
                           ∧_∧
                          ( ・∀・)   
                          ( ⊃┳⊃
                         ε(_)ヘ⌒ヽフ
                         (   ( ・ω・)
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ◎―◎⊃⊃

570 :名前はいらない:2006/10/21(土) 14:28:54 ID:6GP1vlZF
>>568
私も「死線」の言葉の意味を知らなかったから、
初めて>>539 見た時は意味分からなかった。
けど、一語一語に注目してみると
浮かんだイメージと感情を取り繕わず素直に言葉にしてて良かった。
あとは他人が読んで分かり易くするだけなのでは ? 評価D+
えらそうにすんませんでした

571 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 14:50:23 ID:06TFIBPk
>>568
牢獄wwwwwんなばかなwwどこそれ?
はなっからテメーの解釈なんざ求めてねぇよ。EかD--かはお前が選べ。
>揚げ足
取られないように気をつけてね。
>アンダバをみならえ
お手本にするなら悪魔さんを選ぶよ。

まだ文句あるなら【騙ろう】に書け。目障りだ。

>>565-566
了解しました。多分、今日中にできると思うのでお待ちください。

572 :名前はいらない:2006/10/21(土) 15:02:12 ID:y/BTzq0U
人気漫画 SLAM DUNK 第二部連載開始か
[花道たちは] SLAM DUNK 第二部 #14 [3年生]
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1161175064/


573 :名前はいらない:2006/10/21(土) 19:10:13 ID:A4eVpBdZ
すいません、昔のメモから出てきたものなんですが
自分で書いた覚えがないようなあるような感じなので
小説か何かのものかもしれません
心当たりある方おられたら突っ込んでください




気が遠くなるほど長い螺旋階段の途中で

僕は立ち止まり眠り込んでいた

足元には過ぎ去った時間の抜け殻が離れず

見上げれば遥かに遠い君が微笑み

ただ途方に暮れ、僕は世界が終わる夢を見ていた

574 :名前はいらない:2006/10/21(土) 19:37:59 ID:+oyzslZB
『マチュ・ピチュ』
マチュ・ピチュよ おまえは
石の上には石を 土台には巌を敷いたのか
石炭のうえに石炭を 底には涙を
燃えたつ黄金 その中で震えているのは
大粒の赤い血の滴か

575 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 19:54:10 ID:06TFIBPk
指名どうもです。斬り捨て御免。

>>563
読んだ感想でいえば中身ががゼロっていうか「だからどうした」っていうか、そんな感じ。
具体的なことは何もないので読み手に伝わる前に失速して消えていく。
「作り直せばいい」っていうかそれが一番難しくね?それを「かんたん」と言い切る所は面白いけど。
どっちにしろ簡単すぎる詩だ。そこが狙いか。
評価D-

>>559
なんか自分のことばっかり言われてもあっそぐらいにしか思わない。
読んでいるほうは感情移入も推測もする隙もない。
「自由、自由」って何いってんの?自由なんて知らんがな。連呼しすぎ。
「人は今日も生きている」は「僕は」にしときなさい。残念ながら日本は自殺者が多い国です。
とりあえず「自由だ」「理想だ」という前に現状を把握しなさい。明日ばっかり見て今日を見なさい。
評価D-

>>573
それは【詩に関する総合質問】スレッドで聞いてください。

576 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/10/21(土) 20:31:40 ID:06TFIBPk
>>575の訂正
×「明日ばっかり見て」
○「明日ばっかり見てないで」

未評価リスト 2作品
>>574 

指名
やさしいあくまさん >>536-537

577 :ぼく。:2006/10/21(土) 20:35:46 ID:lrmyAus2
>>571   これが最後だからみとけ。
俺の解釈じゃねーよ。アンタがあまりにもバカだから
ヤフ辞書で調べてやったんだよ。そんぐらいわかれ。
確かに悪魔の評価は正確だし、手本にするのはいいとおもう。
けど俺がいってんのは、そういう評価をするんだったらアンダを
みならえっていってんだ。
ちなみに悪魔はそう簡単に逆上しないね。

578 :名前はいらない:2006/10/21(土) 22:25:04 ID:kC1bBama
批評をぼく。さんにしてもらいたいです
-----
こめかみに人指し指。
自殺ではありません
声が口から、そして 指の先で、凝固します。
私はそれらを
拾い集める子供でした。まるで無邪気な海岸の夢でした。
その引金を引かれたときの
軽快な振動と、あの有機物が流れ込むようなイメージは
まるで意識を彼方に飛ばしてしまう、
いんすぴれぃしょん、
現実逃避ではない、生きるための自虐と同じ
なのでした。
朝でも昼でもない
兎の角、海岸の夢
私はうたい
足下で、染みて沸く海水
砂の感触、痛み
再びざわめき
欲して、引き金に指をかけるまで。
此処で私
いつまでも
拾い続けているのでしょう


579 :名前はいらない:2006/10/21(土) 22:39:47 ID:JwH/2PZI
「二目ぼれ」

初夏、小さな駅の構内
あのひとはこない
もう5分前
柱の裏に女性
手首を返し時計をじっと見つめ
冷たく透き通る横顔
いいな
こんなひととデートしたい
しばらく見とれて
風は明るく
さらさらと流れていた

浮気をしていました
髪を変えたあなたは
こんなにも
綺麗だったのですね



Black RXさん、評価お願いします

580 :名前はいらない:2006/10/21(土) 23:02:24 ID:GJvsPJz/
|ハ_ハ
|:=・==・=>
|:::: ∀ ./

581 :前田です。:2006/10/21(土) 23:47:23 ID:eMxej2fF
>>560
208さんにおもくそ突っ込まれちったもんねーwナハハハ^^
日本のお隣さんは広い太平洋を挟んで米でしょーに!!
まったくぅもー当たり前のことでしょーに!
地図を見てみなさいよ、地図を!
あっ臭っ!誰がチーズを見ろといったのですか!?チーズじゃなくて地図でしょーが!地図!
それは合図!それはポン酢!僕が言ってるのは地図!まったくぅ最近のロックンロールベイベーはなっとらん!
もー!それはハンズ!今日もいい物沢山買い物したね〜来週はドンキー行こうね〜って違うでしょーが!

ナハハ^^また評価よろしくぅー!!

582 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/21(土) 23:49:18 ID:yiAi/9+w
>581に不覚にも笑ってしまったw

583 :前田です。:2006/10/21(土) 23:57:33 ID:eMxej2fF
>>582
あーおならさんだー!
だってー僕は地図だって言ったのにー208さんが全然関係ない物ばっか出してきてボケ倒すんだもんw

見つかったら208さんに怒られるにょー!!
逃げろー!すたこらサッサー!

すたこらさっさーのすたこらって何だろ?
おっとこうしちゃいらんねー!!逃げろ〜

584 :名前はいらない:2006/10/22(日) 01:20:30 ID:4vj83p2n
       (゚ω゚)<・・・・・!!
  ⊂二]℃】⊂ ノ
       (_( )


585 :名前はいらない:2006/10/22(日) 02:08:13 ID:Pyc8wBUR
563です
Black RX様
評価ありがとうございました、
また切り捨てられに来させていただきます。

586 :名前はいらない:2006/10/22(日) 02:26:54 ID:iBGqRINl
無音の常世 

無明の聖域 

孤独の腕に抱かれて

貴方を待ち焦がれる


無音の常世

無明の黄泉

死の腕に抱かれて

赤い雫を媚びる


評価は、BlackRX様にお願いしたいです。
ちなみに、この詩では
「腕(かいな)」と読みます。
よろしくお願い致します。

587 :名前はいらない:2006/10/22(日) 02:45:12 ID:L2AxkyaM
メルトダウン

灰色の水溜り

画面揺れる

僕には問題処理能力がない。

588 :名前はいらない:2006/10/22(日) 02:51:39 ID:4vj83p2n
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

589 :名前はいらない:2006/10/22(日) 03:16:38 ID:N0p0QhZ/
「手作りクッション」

手繰り寄せた貴方の声を
少しずつ紡いで
ハート色のクッションを作る

ねぇ、ほら
やっと二人分できたんだよ?

繋がらない携帯電話
そっと呟いた

手繰り寄せた貴方の影を
少しずつ解いて
セピア色のビーズが溢れる

ねぇ、どうして?
なかなか片付けられないの

部屋の中で膝を抱きしめ
そっと呟いた

----------------------------
やさしいあくまさんおねがいします

590 :名前はいらない:2006/10/22(日) 03:30:03 ID:ZVEjiDAt
指定しませんがこの板の方に評価してもらいたいいです、
よかったらおねがいします

【石油ストーブ】
正月呆けの抜けない昼下がり。
けだるくぬくもった部屋で
あなたはきょうも静かに佇んでいる。
テレビから流れるそろそろ飽きてきた祝いの言葉の中
あなたの こん と咳き込むのを聞く。
あなたが燃えるのに疲れたら
私が補給してあげる。
あなたに元気を与えるとき
私は何より満たされる。

寒い季節今年はもう少しゆっくりして下さい
こんな関係を繋いでいるのは
この寒い季節だからだと知っているから

591 :名前はいらない:2006/10/22(日) 04:13:54 ID:4vj83p2n
.... .... .. _______________
    |______________|
    | /        // |  //     /  |  カタタン....
    |          |           . |        カタタン......
    |_.          |       _」    カタタン......
   //!      .   |     ..   ;\\
  //  |ニ二二二二二-二二二二| \\
 ||||    |~__            |.....||||
 ||||  ./   /|||_____| ̄ \...||||
 ||||/   /            \   ,||||
 |||| ̄ ̄||||              |||| ̄...||||

592 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/10/22(日) 13:25:23 ID:MatYo7NR
>>577
どーでもいいようなレスを俺に返すぐらいなら>>570に礼ぐらい言ったらどうだ。
少なくとも彼が君の詩を評価する為に時間を割いてくれたことには感謝すべきだろう。

>>579
>>586
了解しました。おそらく今日中にでも。

593 :ぼく。:2006/10/22(日) 16:47:56 ID:fkhLWUPq
>>592
それもそうだな。>>570ありがとう。
>>578 ぼく。って俺の事?
そんだったらやめといた方が良い。俺にそんな技量はない。
詩でE判もらってるやつの評価なんかもらってもうれしくないだろ。
少なくとも俺はヤダね。そんな奴に評価されるなんて。
他の人に見てもらった方が、俺の評価なんかよりよっぽどいい評価がもらえる。

594 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/22(日) 17:46:58 ID:MatYo7NR
今は雨。若干テンション下がり気味。評価します。斬り捨て御免。

>>579
中々、粗が少なく読みやすい。必要最小限に上手く削ってあるのだろう。完成度が高い。
突っ込んでおくが、「初夏」が放置されている。せめて「初夏」だと分かるような描写が必要だろう。
内容はいつもと違う彼女の姿に惚れてしまったと。いってみればメガネっ娘のギャップに近いものだな。
確かに好きな女に惚れ直すことは何度もある。実に大したことではない仕草だったり、気遣いであったり。
そういう意味では共感を覚えやすい詩。発想は普通。
評価D+

>>586
正直に言おう。意味不明。もうね、何一つ分からん。何かを伝えようとする気はあるのか?
「無明」「常世」「聖域」って何?「言葉」に頼って何一つ自分で表現できてない。
「何かを伝えるつもり」だったのか。それとも「読み取って貰うだけ」だったのか。
いずれにせよ、俺には伝わらなかった。
評価D--

>>590
私とストーブ以外の要素を省いて簡潔にまとめている。
正月のつまらないふいんき(ryが感じられ、ストーブと私の関係も詩的だ。
ストーブは冬が終わればさようなら。それは家電製品の運命。俺の部屋にはまだ扇風機があるけど。
個人的には一行でも「寒い冬」の描写があってもいいのではないかと思ったが、多分余計だろう。
目の付け所は中々。
評価D+

595 :ぼく。:2006/10/22(日) 17:55:20 ID:fkhLWUPq
>>594
評価おつかれさん。こっちは雨降ってねーよ。
>>586評価済みだが気になったんで・・・
タイトルをつけたらわかりやすくなるかも。
孤独の腕と死の腕という言い方は面白かった。気に入った。


596 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/10/22(日) 18:11:16 ID:O39wgg8P
>>594 Black RXさん、ありがとうございます。>>579書きました。「初夏」はうっかりしてました。
こりゃ、誰にでも有ることなんですねえ。箸休め的な小品であります。

597 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/22(日) 18:14:52 ID:MatYo7NR
未評価リスト 6作品

>574 >578 >587

>>578は>593にて評価辞退されました。
評価人を指名したい場合はもう一度指名してください。
しばらくたって指名が無い場合は「指名無し作品」として評価されます。

指名
やさしいあくまさん  >>536-537 >>589

評価なんて度胸だと思ってる俺ガイル。

598 :名前はいらない:2006/10/22(日) 18:15:14 ID:aSWwk1hI
>>574お願いします。

599 :名前はいらない:2006/10/22(日) 18:23:15 ID:OWjAqH2o
「最近のこと」

いつもみたく単調だと平凡だと感じながら
とりあえずは恥もかかず
目立たぬ様に
どうでもいいやってくらいいいかげん
なんだか今夜は
呼吸もままならない
どうなってんだ?
軟弱な心臓が止まりそう
叫んでみるか?
悩みも運動不足、いざって時にナイスなセリフ出てきやしないよ
すぐに舌打ち

それにしても
なんてったって
腫れあがる膿が痛いな
絞り出したら傷跡になっちまった
最大のピンチ、かさぶたが剥がれそう
全てを見せれるか?
いや 叫んだって空のうえ届きそうにないよ
またも臆病風
かっこ悪いったらないね
でもまだ転んじゃいない
転んじゃいないや



600 :名前はいらない:2006/10/22(日) 18:27:30 ID:Fyc+UozQ
転んだら泣け!我慢すんな!

601 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/10/22(日) 18:36:18 ID:O39wgg8P
>>574 チリは、治安どうなんでしょうね?この詩のテーマをまず、はっきりした方が良いですね。
遺跡にから何を感じたかがテーマなら、ご自分の感情をもうすこし。侵略者に殺された悲しみなら
そこをもう少し。遺跡をつくった当時の人たちの苦しみなら、そこをもう少し。
題材は良いですね。2chでは目にしてことのない新鮮さがあります。 D

>>587 状況がわかり難いです。メルトダウンが原発のそれで無いことは想像つきますが、
灰色の水溜りがサッパリです。 D−

602 :名前はいらない:2006/10/22(日) 18:51:48 ID:aSWwk1hI
>>601この詩はチリのノーベル文学賞詩人のパブロ・ネルーダの詩です。
ありがとうございました。

603 :名前はいらない:2006/10/22(日) 18:54:26 ID:xRCwI+32
208さんは評価していてえらいと思うよ。ちゃんと調べたりもするし。
けどこの人は感受性、想像力が欠けてる。
だから1〜10まで説明しないと駄目。太宰が言った言葉のイメージや、
雪+一人歩く女=悲しげなシーン
といった言葉の響きがわからん気がする。
「雪の中で一人歩く女はどうなのか?もしかしたら恋人に会いにいく途中かもしれない。だったら悲しげなシーンとは言わない」
とツッコミそう。ヤボったい。
…←これにこだわりすぎ。先を考える力がない、想像力がないからそこまでこだわる。
使いたいから使う。それでいい。表現の放棄?違うだろ。表現の幅を広げてる。
「違うだろ」
「違うだろ…」
感情が伝わりににくいパソコンの文字、
あえて‥をつけることによってニュアンスをつくる。空気をつくる。
だから‥は使い過ぎると空気冷えすぎでお化け屋敷みたいな空気になる。
「最近‥僕は‥元気になったよ‥」←嘘だろと言いたくなる。

まぁあとは人生経験をもっと積んだ方がいいかもしれん。
真面目に生きてきたんだと思う。それはすごいわかる。
だが詩や漫画や小説、音楽家もそうだな。
やなせさんの言葉を借りるならメチャクチャな人生を歩んだ人が多いんだな。
いや、暴れてはいけないだろうし、もっとたくさんの人の話をリアルで聞いた方がいいな。
「僕は聞いていますが実際。知り合いもたくさんいます。あなたに何がわかるんですか。負け惜しみですか?」
うーん‥リアルで聞いた方がいい。人生の挫折とか成功ももちろん。
日の当たるところしかおらんかった気がするな。


604 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/10/22(日) 18:58:47 ID:O39wgg8P
>>602 「マチュ・ピチュ山頂」ですね。これもっと長い詩でしょ?一部だけ切り取ったって、本来
の意味なんか伝わるわけないです。パブロ・ネルーダに失礼なことしなさんな!!

605 :名前はいらない:2006/10/22(日) 19:06:53 ID:H71JqHHV
590です
>>594 Black RX様
評価ありがとうございます
扇風機出たままなんですね、
私の家も出しっぱなしです。
素人の一つの詩をこれだけ吟味してもらえるとは。
ありがとうございました、評価お疲れ様です。


606 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/22(日) 19:10:48 ID:MatYo7NR
>>574
思いっきり書こうと思ったらご飯三杯はいけそうだ。
↓皆でマチュ・ピチュについて勉強しましょう。正直な話、一部書き出すには量が多すぎる。
↓読んだら分かるけど、アレを作るのはそれはそれは大変だったそうで。凄いよね古代人w

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%81%E3%83%A5

WikiPediaを参考にして評価。
石文化テラスゴスww
「涙」といわれても知らんがな。「血の滴」なんてもっと分からん。
自分だけ分かってるよ、的な話されても困るわ。こっちは知らんねん。
「血」とか「涙」とか根拠あるんか?イメージだけではあかんて。
俺はチリにいっていないということを前提に話をしてくれ。
マチュ・ピチュについてイイ勉強になった。
評価E

マチュ・ピチュの素晴らしい景色が見たい、というアナタへ。
ttp://jp.encarta.msn.com/media_1421560763_761572159_-1_1/content.html


607 :ぼく。:2006/10/22(日) 19:19:10 ID:fkhLWUPq
>>597
度胸。。度胸か。。。。
>>602
自分の詩でもないのに感情が込められるはずはない。
自分の感情がこもってない詩なんてくず同然。

608 :名前はいらない:2006/10/22(日) 19:25:47 ID:aSWwk1hI
>>606
この詩はチリのノーベル文学賞詩人のパブロ・ネルーダの詩です。
本当にありがとうございました。

609 :名前はいらない:2006/10/22(日) 19:38:25 ID:wBKJCVpu
>>608
訳詩はオリジナルとは別物ものだと思ったほうがいい。
詩は本質的には翻訳が出来ないからな。
お前が訳したのか?
違うんだったら訳した奴の名前も載せとけや。

610 :名前はいらない:2006/10/22(日) 19:47:19 ID:aSWwk1hI
田村さと子

611 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/22(日) 19:49:00 ID:MatYo7NR
>>603
その通り。俺は欠陥人間。(こんなスレあったね)
君のいってることは正しい。太宰の「女生徒」だったか。アレをよんで太宰をぶっ殺してやりたくなった。
俺は・・・・など使わない。自分で「いい詩だな」と思うものには・・・・など入ってないから。
それは・・・・など使わなくても「感情や空気が表現できる」と俺自身感じているからね。

・・・・に意味を感じないわけではないよ。ただ、詩を書くなら言葉で表現するべきだ。・・・←これは言葉じゃない。
それはただの記号。♪とかwwwwwとかと一緒だと思ってる。確かに記号は感情を伝えることができるだろう。
ただし、それは詩に用いるべきではないと思ってる。だから使わないし、見るだけで(゚Д゚)ハァ?となるわけ。
だから自分が間違ってるとは思わないよ。それに自分の考えを信じないと評価なんてできないしね。
でも君の言葉はためになった。感謝する。
>>604
>>608
>>609
盗作なのねんwww皆さんよくご存知で。

612 :名前はいらない:2006/10/22(日) 19:53:15 ID:wBKJCVpu
ID:aSWwk1hI
お前は氏ね!2度とこの板に来るなよ、この変態!

613 :名前はいらない:2006/10/22(日) 19:54:07 ID:V+4X8hdF
608
時間かけて評価してくれた人に何とも思わないのか。
一人でほくそ笑んでる暗くて悪趣味な面が目に浮かぶよ

614 :名前はいらない:2006/10/22(日) 20:03:51 ID:bSK5aRMW
 羽ばたけ!

肩に蝶々
パタパタと羽をぶらつかせ
退屈そうに 僕を眺めてる

はやく 羽ばたけよ
肩を揺すると 青空へ消えてった

部屋に戻ると また蝶々
ユラユラと部屋を 飛び回る

はやく 羽ばたけよ
窓を開けると 暗闇へ消えてった

なにを彷徨ってるんだろう
僕は一人で うなだれた

615 :名前はいらない:2006/10/22(日) 20:04:33 ID:aSWwk1hI
>>613
D+

616 :うーん:2006/10/22(日) 20:11:54 ID:ZnDaVKbQ
秋の晴れ空
セロファンの安っぽい
それでいて
疵のない青
お前が憎い。
煙を散らすように軽々と私を切り裂き、
心臓をさまよわせ血の巡りを早くする。
お前の雲の欠片すら、
地上の金では購えない。
手ばかりかじかむ・・・。


617 :うごけない:2006/10/22(日) 20:26:26 ID:5qmhps7k
僕を隠す白い雲達

一声掛ければなんなく動く

あなたへの手紙も酔っ払った自筆では下手くそで

手の皮ばかり剥ける

618 :うーん:2006/10/22(日) 20:38:28 ID:ZnDaVKbQ
なんか617の方がいいよなあ
負けた感じ

619 :名前はいらない:2006/10/22(日) 20:39:22 ID:IUqfPRmX
探してる

戻らないから探してる

早く見つけてよ

お願いだから

僕の大事なもの

早く返して

620 :名前はいらない:2006/10/22(日) 20:54:56 ID:LO7Z7bX9
31従兄弟人を磨く?

止まった記憶捜し求めて
捜し集める聖闘士星矢

安っぽくて最新で
ハッとさせられる

僕のあとばかりついてきて
そろそろ助けてあげなきゃ可愛そう

ぼくより前に出れないわけじゃない

なに?愛してるって?

621 :451:2006/10/22(日) 23:28:34 ID:eFMkml3c
逃避

枕とパリッとした日差しの間で
貴方と会話したように思ったのに
近所のおじさんが鳴らす自転車や
それに驚いて転んだ子供達
通勤ラッシュに雀のデート
みんなが記憶を積み上げていくのに
あたしだけまた 昨日の夢の中で生きてる

友達が鳴らす電話は
きっと 貴方と違う誰かとあたしを
甘い声でつなぎとめようとする
ひねくれてるよな って言った貴方の声を
いまだにあたしが聞いている事を知らないから

もう今なら 毒の入った苺でもかまわないよ
苺の味が濁らないなら 中身はなんでもいい
あたしに気持ちがなくたって
それを悟らせないでくれるならそれでいい

昨日の夢が今日の現実になる
連れて行ってくれるはずだったケーキ屋さん
全部腐ったあたし達の思い出は
今 バクの口に放り込まれる

622 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:36:42 ID:4vj83p2n
     |           .( ( | |\
     | )           ) ) | | .|
     |________(__| .\|
    /―   ∧ ∧  ――-\≒
  /      (    )       \ きょうも一日幸せですた・・・
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |______________|


623 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:37:23 ID:LO7Z7bX9
きぬに替わろうとすな

苺て

芸能人でもここまでつけられることないぞ!
ほんまどういうことやねん

折れるから折れるから
やめてくれ助けてくれ
どうすればいい?
どうすればいいのか本当にわからないんだ

624 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:42:53 ID:4vj83p2n
(;´Д`) いい湯だった
(〜 )〜
< ω >

625 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:43:40 ID:LO7Z7bX9
メディアに白幡ー!

どうすればいいんですか?
その通りにします_(._.)_

626 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:48:03 ID:LO7Z7bX9
好き嫌いどうこうの問題じゃないですよ

永遠に続くと思うともうダメでしょ?

あなたの傘下に入ります。

627 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:51:29 ID:4vj83p2n
|               
| ∧         ∧
|/ ヽ        ./ .∧
|   `、     /   ∧ 
|      ̄ ̄ ̄    ヽ      
| ̄ ̄ ̄月曜日 ̄ ̄ ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  / やあ、もうすぐだね
|::    \___/    /  
|:::::::    \/     /

628 :名前はいらない:2006/10/22(日) 23:57:06 ID:LO7Z7bX9
境遇が違うんですよ
どうしようもないですよ
わかりますよね僕のこと

日常生活まで見られてるんですよ
仕事場だけなら極めればいいんですよ
わかりますよ

日常生活みるなんて尋常じゃないですよ
しかもここまでやっても、まだ追いかけてくるんですよ
なんか違うもの求めてるんですよ

お客なんかじゃないんですよ
つまり一部になるしか生きる道ないんですよ

629 :名前はいらない:2006/10/23(月) 00:00:15 ID:6E9xAg0J
>611
ありがとう。これ以上話すと邪魔だから一応お礼だけ。
欠陥、欠陥かぁ。私は十人並な言葉だが人はみんな欠陥人間だと思う。
便利になるために作ったインターネットなのに気がついたらインターネットに支配される人間が産まれたりね。
気づいたことはスタンスが違うのかもしれない。
私の場合はありふれた「おはよう」という言葉でも言う人によって違う。
「おはよう」の重みかもしれん。
昨日まで引きこもりだったやつの「おはよう」
午前様で仕事した人の「おはよう」
詩を読むときに私はそこを読む。どうしてこの人はこんな詩を書いたんだろう、と。
あなたの場合は言葉をそのまま評価する。
スタンスの違いでどちらがいいかはそれは価値観だろうと。
難しい。個人的には「ありきたり」をうまく表現できる人がいいとは思う。
松坂牛には松坂牛の良さがあるけどね。


630 ::2006/10/23(月) 00:44:57 ID:wcK01pUV


631 :名前はいらない:2006/10/23(月) 00:52:13 ID:wcK01pUV
↑書き込み出来るか確認させて頂きました。

長いですが詩を書いてみました。評価お願いします。

My self

いつからだろうね
こんな風に
自分の事も
自分できめられなくなったのは

「先」が分からなくて
「先」が怖くて
失いかけてた My self

いらないと思ってた物が
本当はとても必要だったり
ゴミだと思ってた物が
本当は宝石だったり

自分を信じれない
自分が分からない
「もっと大人になりたいよ」
「もっと進みたいよ」
そう思ったその瞬間から
何か変わるかもしれない

失いかけてたMy self
今自分自身でぎゅっとにぎりしめて

632 :名前はいらない:2006/10/23(月) 01:06:44 ID:qd5dlq2F
   ||    
   ||   
 ∧||∧  
(  ⌒ ヽ  生まれてこなければ
 ∪  ノ   本当はよかったのに…
  ∪∪

633 :ねこ:2006/10/23(月) 01:42:52 ID:b5Pif/Go
そーだよ。人間にうまれてきてつらいことばかりだよ早くすべておわればいーのに

634 :名前はいらない:2006/10/23(月) 01:49:50 ID:qd5dlq2F
いまある貯金使い果たしたら死ぬわ

635 :名前はいらない:2006/10/23(月) 02:06:51 ID:S5TmacEw
「旅立つ君と見送る僕」

我々は死んだらどうなるのか、答えは出ていない。
死後の世界があるのかもしれないし、待っているのは無かもしれない。

それでも今いる世界よりはマシだと
何処行きかわからない電車に乗り込む

ホームに残された人々は彼を案じ
陳腐なセリフを積み重ねる

そんなことにどれだけ意味が無いかを知っていながら

「もう少し、ホームで休んでからにしよう?」

そして安っぽさに呆れながら

636 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/23(月) 18:11:00 ID:jIW0Kr7l
【指名無し未評価リスト】 8作品

>599 >614 >616 >617 >619
>621 >631 >635

>>578は>593にて評価辞退されました。
評価人を指名したい場合はもう一度指名してください。
しばらくたって指名が無い場合は「指名無し作品」として評価されます。

指名
やさしいあくまさん  >>536-537 >>589



637 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/10/23(月) 18:27:53 ID:jIW0Kr7l
>604 >607 >612 >613
俺は特に気にしなかったけど、怒ってくれたのは嬉しかった。ありがとう。とブラックさんが言ってましたよ。

>>629
【天才と雑談】スレにちょこっと続き書いて置いたから見といて、とブラックさんが(ry

投稿目的がイマイチ分からないものについては未評価に載せてません。
作品ですよ、無視しないで!ヽ(`Д´)ノウワーンという場合は申請してください。
勝手なお願いですが「タイトル・指名」など作品として分かりやすいものを付けて頂けると幸いです。


638 :名前はいらない:2006/10/23(月) 22:11:48 ID:NX861to3
>>578
を書いた者です、残念ですが改めて指名をさせていただきます。
やさしいあくまさんにお願いします

639 :ぼく。:2006/10/23(月) 22:15:02 ID:m8wU1BIc
>>638
ごめんね。

640 :名前はいらない:2006/10/23(月) 22:32:53 ID:qd5dlq2F
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

641 :誰か 評価 頼みます:2006/10/23(月) 23:29:56 ID:y+qN+e8F
「日蝕」

肉を離れて喜悦なし 仮令心が悟ろうと
赤い血詰まった肉風船 ぐしゃりと割れりゃあおしめえよ
人は誰かに恋しても 仮令心が悟ろうと
昔誰かが言ったっけ 「人間は喋る肉塊であります」

足元見下ろせ街は闇色 翼よあれがパリの灯だ
頭上を見上げろ太陽黒く 肌の赤みを隠すから
今だ! 降りろ! 死色の海だ! 黒陽死を照らすことなく
飛べ! 声は気にするな こんなチャンスは今しかない! 飛びたて!

足元見上げて太陽黄色い だから心臓莫莫莫莫
頭上を見下ろし街の灯見ゆる 内臓独独独独独!
人間人間肉風船 赤い血詰まった皮風船
人間人間骨細工 ポキリと細いカルシューム
精神何処に逃げようと 機械仕掛けのこの身体
まもなく闇に血を撒いて 晴れた光が照らし出す
肉体駁駁血髑髑 髑髑髑髑髑髑髏
髑髏もパキリと割れるでしょう 割れる頭にゃ脳髄よ
脳髄登る血沸き立つ血 脳幹瀞瀞溶かし出す
脳髄登る血沸き立つ血 脳幹瀞瀞溶かし出す

結局肉の生殖器 仮令心が悟ろうと
所詮はオマケの脳髄じゃ 流れてしまえばそれまでよ
人は兎に角生殖器 仮令心が悟ろうと
昔誰かが言ったっけ 「上半身など飾りです」

街の喧騒風に乗り 赤い首まで舞い上がる
馬鹿阿呆間抜け 死んじまえ 死なば諸共そして愚者!  愚者!

642 :まるちゃん:2006/10/23(月) 23:42:43 ID:XkWJL95n
ビーバップハイスクール

だるいだるい さっきの嘘なんだ

だるいのだ だるいのだ

だるくて涙が出そうなのだ



643 :名前はいらない:2006/10/23(月) 23:49:14 ID:qd5dlq2F
            __  
    _____(   ()
    |  ∧ ∧  |  ̄ ̄
   /\ (´-ω-`)
   //\\    つ |
  //  \ ωヽ. |  
  //    //(_) |
  \\  //    |
   \\// ̄ ̄ ̄
     \/


644 :55れっつ5ー:2006/10/24(火) 14:59:54 ID:AdMNiGhn
「報告の日」

未熟だと思われてもいい
今だけだと罵られてもいい
それでもやりたい事だ
この企画は最高だろ?
腹の底から湧き出す感情が良い感じ
この瞬間でしかやれない弱い自分
それでもやりたいと思うなんて
こんな俺でも閃いたじゃない
よくやった
たまには自分を褒めたりして
やってきた事を纏めて振り返る
企画書作成 壮大なテーマが俺を襲う
回りは冷たく投げつけられたこの企画
何故 俺なのですか?
行き詰まり 夜な夜な枕を濡らした日々
終いには笑えるほどの孤独感
生きるって大変なのね
そんな事考えても仕方ないや
この日のために練ってきた
認められれば 昇進のチャンス
今にも白紙に戻りそうな頭ん中で
消えそうになりながらも
俺を信じて いざ!報告の時

645 :名前はいらない:2006/10/24(火) 22:50:07 ID:gT/gXNsy
535-537の者てす。
やさしいあくまさん最近いらっしゃらないみたいですが、
何かあったのでしょうか?陰ながら心配してます。
あくまさんにお願いしておりました詩ですが、
何か意見や指摘など御持ちの他の評価人の方がいらっしゃいましたなら、
評価を待てず大変幼稚で申し訳ないのですが、どなたでも有難いので、ご評価頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。



646 :名前はいらない:2006/10/24(火) 23:08:42 ID:N11Ak519
「8匹の蜘蛛」
19回目の春を迎えたある日
眼前にどこまでも広がる
なんとなく恐れていた薄い霧が
俺の目の前に圧縮されて
体の中へすっと入っていった。
そいつは俺の中心にある
真っ黒な四角い箱に
8匹の真っ黒な蜘蛛を放った。
その蜘蛛達は8つの隅に巣を張り、
もう長いことずっと
箱の中に居座っている。
恐怖、絶望、憎悪、
俺の中のそういう感情は
ほとんど蜘蛛の巣に引っかかる。
やつらはそれらを捕まえるだけで
決して食べようとしない。
体の中から吐き出せないように
箱に留めようとするのさ。
いつからか俺は腐ってしまった。
吐き出せない感情達。
箱の中の黒い色が
今日も濃さを増し続ける。



647 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/10/24(火) 23:11:47 ID:gLfpFACY
>>645
え〜っと悪魔さんはね、どういうわけか来ませんね。
以前、パソコンがぶっ壊れて言ってたのでしばらくこれません、っていってました。
そのあと2〜3日もしないうちに「携帯」でスレに姿を現しました。
しばらく、携帯からでしたが>>450ぐらいから来てません。多分、料金がえらいことになってんじゃないですかね?
あくまさんが定額制にしてたとも思えないし。っていう俺の予想でつ。

ここでは評価人を指名したほうが早くていいですよ。俺は一度書いたし。
とりあえず誰も指名しない限りはしばらく放置かもしれません。
おすすめは「蝶のおなら」さんか「note」さんのどちらかです。

648 :名前はいらない:2006/10/26(木) 20:45:12 ID:FL2+rpap
      / ̄ ̄ ̄\___
     / ̄ ̄ ̄ ̄\ \ \    ┌───┐ロロ
    /          ̄   \   └─-フ /
  /           □    \    //
 |   / ̄ ̄ ̄~\ / ̄ ̄\|  //
/\ /  / ̄~\ ∨ / ̄\‖   ̄
|∩||  〈     >  <    >|    ┌┐
|∪||   \__/    \__/|    ││
\/ \       <∩_∩>::|    ││
  \   \       \\\\:|     ││
   \   \     ィ〜\\\\    ││
     \   \   ノjjjjjjjj\\\\   ││ 
      \   \ ヽ!!!!!!!!!!ノ \\\\ └┘  
        \___\_ヽ〜ー´__ノ \\\\     
           _]::: ̄" ̄[__  \\\\
        〃 ̄          ̄ヽ \\\\

649 :名前はいらない:2006/10/27(金) 00:17:23 ID:jKH/T6Hz
「始まり」
寒い冬の朝の5時
間抜けな寝返り。
頭を打って
目が覚めた俺。
起きた意味を持たせようと
ベランダから外を見た。 
そこには美しい朝焼け。
普段は誰にも見せない
空の表情がそこにあった。
ビルも 学校も 団地も
朝日の逆光でほぼ真っ黒 。
それは建物達が
その奥に佇んでいる
澄み切ったオレンジ色を
王として崇めている様に見えた。
「始まり」という名の神々しさ
これを誰かに伝えようとしても
きっと伝わりきれないから
誰にも語ることなく
そっと心に留めておこう。
そんなことを思っていたら
マンションにポツンポツンと
灯りがつき始めた。
それぞれの場所でそれぞれの
小さな「始まり」が徐々に姿を見せ始め
一日がまたゆっくりと動き出す。



650 :名前はいらない:2006/10/27(金) 00:26:38 ID:KMTiByYc
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

651 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/27(金) 00:59:12 ID:R1NKuzL9
デジャブかと思ったがw

652 :名前はいらない:2006/10/27(金) 03:52:13 ID:KMTiByYc
               ,ヘ                 _,ハ = 、
              /  `ヽ            __ -t __- '´  ヽ,
             /|!    」       _,.-=' ,.-=' / ノノ'´ ⌒´
__          _,,_ト|! r フ [!|____ ノ⌒ '⌒'   /_,. '´
\ゝ---ニ=て r'⌒ハ l__   イ⌒入 _ ̄      _,. '´
 ヽ,__, ゝ\ニ---┴┴"∠  '´    `ヽ   _,. '´
     ヽ_____  ⌒)ノ__ 彡    } _,. '´
           ̄   'vc\ ヽ__ノ-‐ '´
                 ̄ ̄ ̄

653 :たつま ◆.qlD9lrbmo :2006/10/27(金) 11:08:40 ID:y5NP7hy5
「ジェットストリーム6月号」

涙目ふいたら心清らかに

空が晴れたら虹をかけましょう

君の音(ね)凛々
笑顔を描いたら

ほら空も飛べるんだ





セン5スレにも記載したけど・・・
蝶のおならさんよかったらおねがいします。


654 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/27(金) 18:05:11 ID:JCnbm1YJ
評価します。斬り捨て御免。

>>559
作者の視点がコロコロ変わる所は面白い。人の思考が一定のところに定まらない様子を表している。
しかし、話の筋が一本に統一されていないため読む側に与える印象は弱い。「傷跡」「叫ぶ」「転ぶ」等など。
「転んじゃいない」と言われても「ハイ、そうですか」ぐらいしか言葉が出ない。感情移入ができないと言うべきか。
自己の心理描写を「他者と比較」をせずに表現するのは難しいだろう。
「悩みも〜出てきやしないよ」は中々面白い。
評価D

>>614
なかなか分かりやすくてイイ。蝶と自己の心理が上手く重なっている。
主人公からは消極的な意思を感じ、タイトルからは積極的な意思を感じる。
しかし、最後に「うなだれる」ということを考えれば、多少ミスマッチな気がしないでもない。
よく推敲されていると思う。
評価D+

>>616
初読、まるで関係のない詩を二つくっつけたような印象を受けた。
1〜4連はかなり詩的。セロファンという言葉に「疑い」の心理が見て取れる。
5〜7連 「お前」は風であろう。風が吹き寒いのだ。だから体が熱を生み出すと。
8〜10連 「雲の欠片」がこの詩を複雑にしている。意味としては「自然」と解釈した。
全体として「自然の情景」は「お金じゃ買えない」ので「寒いけど」「秋空を見ている」といったところか。
残念なのは最終行がイマイチ。・・・は使うべきではない。表現・言葉はよく意識されていてありきたりでなくて良い。
評価D+

>>617
突っ込むと「雲達」は「雲」だけでいい。
書き手の意図が読み手につたわらないため中途半端。
何故雲が「僕」を隠しているか不明であるし、「一声」の主語も同様。
仮に「雲」を「手紙」だと解釈しても「一声」の説明はできない。
評価D

655 :名前はいらない:2006/10/27(金) 18:11:30 ID:KMTiByYc
D:素人。

656 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/27(金) 18:15:57 ID:JCnbm1YJ
続き

>>619
ここまでくればもただの妄言。コメントの使用もない。
評価E

今日はここまで。

【指名無し未評価リスト】 7作品

>621 >631 >635 >641 >644
>646 >649

指名
やさしいあくまさん  >>536-537 >>578 >>589
蝶のおならさん    >>653

補足として>637を参照してください。

657 :名前はいらない:2006/10/27(金) 22:59:31 ID:1U6PdVTX
黒とんぼ

風が目に染みるよ
地面に型押し
二つの動きがせわしくて
視界がゆらゆら不安定
忘れてしまおう
無くしてしまおう

あちこちの水たまりみたいに
時々跳ねては
溜まってゆく

黒に染まりゆく僕は
石ころに
踏切に
信号に…


658 :616:2006/10/27(金) 23:19:21 ID:xFRAZEOz
>>654
いや慧眼 中途半端にフレーズを置いただけなのでまとまりがないんですわ
実は書き散らしてどうしようもないなあと思ったので方向性を仰ぎたかった
セロファン、ちょっと安易じゃない?あと最後の三行はほんと付け足しなんだわ
自分としてはお前が憎いってのと手ばかり〜が気に入ってたんだけどね
ちょっと他のは大げさ(地に足付いていない)かなあと


659 :616:2006/10/27(金) 23:23:03 ID:xFRAZEOz
更に占拠失礼
途中で転調を意識してみたんだけど、効果感じられました?
テンポ上げるのを狙ったんですが

660 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/27(金) 23:49:27 ID:JCnbm1YJ
>>659
前回の評価からいろいろ反省して今回は読み解くことを意識してみた。まぁ成功かどうかは置いといて。

初読したとき「異なる詩を2つくっつけた」ように感じた。
前後に「お前」に関する言葉がないため、読み手にとっては不意を突かれた形になるからだ。
個人的には有益に働いていないと感じる。意味が消化できず意味不明で処理されかねない。
前回の俺なら間違いなくそうだっただろう。

661 :616:2006/10/27(金) 23:55:09 ID:xFRAZEOz
>>660
レスサンクス
秋の晴れ空
セロファンの安っぽい
それでいて
疵のない青
お前が憎い。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ここで転調意識した ただしボリューム少なすぎ
煙を散らすように軽々と私を切り裂き、
心臓をさまよわせ血の巡りを早くする。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    ここは完全に切れてる
お前の雲の欠片すら、
地上の金では購えない。
手ばかりかじかむ・・・。

こんな感じでやりました

662 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/28(土) 10:14:00 ID:Tgutibqx
おはようございます。評価します。今日は全力で斬り捨て御免。

>>621
突っ込み。
2連 「誰が」「知らない」のか、主語が曖昧。
3連 「あたしに〜それでいい」の部分が適当。「あたしの気持ち」も曖昧な為、3連全体が活きてない。
4連 どーしてケーキ屋なのか。ただの連想だと思うが。
詩としては読みやすいが、恋愛詩として特に感じるものはない。所々表現がイイ。
評価D+

>>631
初めて書いて頂いて申し訳ないが酷評ですのでご容赦を。
特に大したことを言っているわけでもない。それがどうしたと言うのが感想。
「もっと大人になりたいよ」の「よ」は不要。「そう思った〜かもしれない」←コレはどうしてぼかす必要があるのか。
先ずは客観的に自分の詩を見てみることが大切。
評価E

>>635
詩の全体にメリハリがなくグダグダ。特に1連目から読む気力をうなわせる。
言葉の選択に気を使っているわけでもない。他人に「読ませる」ようとする意識が感じられない。
突っ込む所がありすぎるので省略。
評価E

>>641
漢字のオンパレードだな。加えて意味不明ポエム。正直、読むのもめんどくさい。
勢いは感じる。「人間人間肉風船〜カルシューム」は面白い。
意味不明ポエムのセンスとしてはC-ぐらい。意味不明ポエム検定2級。
しかし、やっぱり意味不明なのでE

朝から読み解くにはギアが高いわ・・・・

663 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/28(土) 10:58:43 ID:Tgutibqx
続き

>>644
はっきり言って詩にする題材ではない。
これ読んだ人はどうしたらええねん。お前の生活なんて知らんがな。
そのチャレンジする勇気は認めよう。
評価E

>>646
「19回目」というのは不必要。20になる前というならその説明も必要。
完成度は高く読みやすい。所々言葉が気になるが、無駄がなくよく推敲されている。
どうせ8匹の蜘蛛なら8つの感情を書いても良かったのではないか。
評価C-

>>649
うむ、上手い。題材そのものがありきたりなため、それを表現で上手く補っている。
イメージとしては「ナルニア国物語」のアスラン(ライオン)が世界を創造するシーンとよく似ている。
ただ、関西圏に住んでる俺は真冬の朝5時に起きるけどその時間はまだ日は昇ってない。今で6時前後に日の出。
とだけ突っ込んでおく。
評価C

>>658
この詩をイメージを構成しているのは「石ころに〜信号・・・」が80%以上。
1〜2連は3連が強すぎる為、あまり意味がない。
地面の型押し=レール、視界がゆらゆら=振動。
あちこち〜溜まっていく=主語が無い為不明。あえていうなら、自己の感情か或いは涙か。
死ぬ気なのか、置石するきなのか不明。俺なら「相手に委ねる」と言うよりは「放棄」に見える。
評価D--

あ〜ツカレタ・・・・皆、指名しようぜ。そのほうが効率いいって。うん。

664 :名前はいらない:2006/10/28(土) 11:47:58 ID:cvoEYkvq
ただ経験したいだけなの
ちゃんと教えてくれよ

やる気があるならはじめから起業してる


いつか大樹に花咲かせ

665 :名前はいらない:2006/10/28(土) 12:33:41 ID:cvoEYkvq
まだあいつの下にいさせる気なのか
おれやめるで

あいつイカレテルやん

666 :641:2006/10/28(土) 12:40:44 ID:HZcg2hsV
>>662
評価どうもありがとうございました
一応言葉全部に意味があるんですよ まあ飛び降りの詩ですラストも効果音
リズムを重視していらない言葉をつけすぎたかな
読み取らせきれないのは私の実力不足です研鑽を積みます

667 :名前はいらない:2006/10/28(土) 13:03:49 ID:prJuy/gk
>>633  >>646>>649二つも評価していただきありがとうございます。


668 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/10/28(土) 13:37:55 ID:Tgutibqx
>>666
意味があることは感じてました。
ただそれを読み解くのがあまりに難しいのです。言ってみれば絡まった糸みたいなもんです。
そして、それは「書き手が想像している以上」に力を必要とします。
「このくらい」が読み手にとって「こんなにも」と見えるわけです。
言葉の選び方・勢いのセンスは感じます。ですが意味には直結しないのです。
まぁコレを話していると長くなるのでこの辺でww
>>667
どういたしまして。

今日はここまで。

【指名無し未評価リスト】 0作品


指名
やさしいあくまさん  >>536-537 >>578 >>589
蝶のおならさん    >>653

補足として>637を参照してください。


669 :名前はいらない:2006/10/28(土) 20:43:38 ID:cdMj9qqQ
「しめり蛙」
蛙の昼下がり ポツンと一人家の中
眺めてる雨雲を愛しげに撫で回す
いつかの日々が遠いのは 当たり前なのだけれど
手を伸ばせば掴めそうなのは 誰の意地悪なの?
泣かないで土曜日の空 悲しみを積もらせないで
零れていく雫の全てが 沁みてしまう
それでも カーテンを閉めないのは それでしか 泣けないからなの

蛙の黄昏時 暗い部屋でうずくまる
ずぶ濡れの黒猫が 身体を寄せてくる
冷たい心寄せ集めて 温かくなれるのかな?
手を摺り合わせ 吐いた息が 私のガラスを曇らせる
泣かないで窓際の空 灰色の庭 染まっちゃうでしょう
私の今までが 伝わってくみたい
それでも電話が触れないのは 私の喉が嗄れてるからじゃない

嗚呼 夜が来る 夜が来る 全てを惑わせて
嗚呼 雨が降る 雨が降る 私を掻き消して
嗚呼 本当の事 大事な事 音の中へと 消えて行け
消えて行け

嗚呼 泣かないで土曜日の空 悲しみを降らせないで
零れてく 雫の全てが 沁みて固まっていく
泣かないで私と空 もう泣かないといったでしょう
壊れてく私の形が 全部
それでもカーテンを閉めないのは あなたに見つけて欲しいから 



670 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/29(日) 00:17:40 ID:6V7lrv/O
>653 「ジェットストリーム6月号」/たつまさん
ご指名ありがとうございますじゃ〜。いかがわしいお店みたいだのw
不束者ですが、読ませていただきました。

短い詩というのは、読みやすい分書き手は難しいと思いますなあ。
その中で内にある書きたいものを凝縮しなければならないから。
そこを見ると、この詩はやはり感情の断片にすぎなく思います。
ハリーポッターでいえば、ハリーの家の事情を切り抜いたような。

1連と2連は逆にするとぐっとくるかもしれない。
「空が晴れたら虹を架け/涙目ふいたら心清らかに」とすると
雨の降り続いた後の空気というかな、どよみをかき消すように
虹が出てくる様が、泣いて目が真っ赤になった後の心境とより
被さってきそうですのう。
3連目は響きがいいですな。君という存在が軽い気がしますけども。

悲しみの後に沸き上がる思いを誇張して「空も飛べる」と思うのは美しい。
感情移入はできませんでした、スイマセン。
あえていうなら、最後にひねりが欲しかったかのう。
これを見て何を評価していただきたかったのかさえ読み取れなかった。
テーマが何か、熱い思いがあればぜひお聞かせ願いたいですじゃ。
そしてそこからまた詩作に練って欲しいかのう。評価D-

671 :ぼく。:2006/10/29(日) 03:07:03 ID:6f1mdr2B
「昇天」
苦しみ。悲しみ。喜び。愛する。
気持ちなんて一通りのパターン。
夢にでてくるまで考えなくても
いつかどうにかなるんじゃないか?
そう考えていた。いままでは。
気持ちよさそうに寝ている自分。
そっと頬に手をあてて、
頑張ってるじゃんとつぶやいた。
何で死んでしまったんだろう。
やり直せただろうに。
気持ちの問題。
そんなところだろう。
小さいな俺。くよくよすんなよ。
意地でも生きるって言ったけど
死ぬ事がこんなに辛いとは思わなかったから
生きてる幸せが分からなかった。
でも誰も僻まない。僻めない。
じぶんで立ち直るよ。
やる気が出てくるように。
自分が大きくなれるように。
成長よとまるな。

672 :名前はいらない:2006/10/29(日) 17:19:07 ID:Cc/dAfJc
失うのが怖いから
得るのも怖い
何時か失ってしまう運命を目の当たりにするようで
そうやって何度も逃げてきた
全ての未来から幾度も避けてきた
進む道に背を向けてきた


でも
全てを拒絶して得ることになってしまった未来を
失ってしまうのは怖いなんて思わない

何も得なかったから失い続けた人間の
その成れの果て


673 :名前はいらない:2006/10/29(日) 17:40:56 ID:Cc/dAfJc
タイトルつけ忘れごめんなさい。。。
「得失点」です。
蝶のおならさんに評価をお願いしたいです(´・ω・`)


674 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/01(水) 00:20:37 ID:e9fHakB0
>672-673
ぐはースイマセン。ご指名感謝感激雨嵐。違うかのw
明日くらいには。。。まったりお待ちくだされ〜

675 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:24:53 ID:VfpnlnRv
タイトル【失われた空腹】「暗闇の中 心惑わす切なさにも似たオレンジ色の光に導かれ…扉を開けると 豚丼が温かく迎え入れてくれた…本当は牛丼が食べたかったのに…明日からだったなんて…私を見送るオレンジ色の光は鈍感に切なさを滲ませていた 嗚呼…牛丼…」

676 :55れっつ5ー:2006/11/01(水) 11:14:18 ID:yDu5wspY
「何もない生活」

何でもないその全てが 私の生活
どうでもいいと言われればそれまでの話
それでも他人(ひと)伝わる何かがあれば
温かい持ちになれるのは何故だろう
何もないから 言葉で妄想
何もないから 自己満足の世界
過ぎていくそんな毎日が生活になる
本当に何もない 本当にそう?
小さな屑から始まった世界
どんなくだらないことでも奇跡かな
虫けらでも生きようとする
その本能がすばらしい
ただ何もなくここにいる
そうではなくて
もっと感じて生活しよう
恩恵に感謝しながら
自分なりに 噛み締めながら


指名:208さん宜しくお願いします^^
前回評価して頂き、有り難うございます。
すみません。題材を見つけ出すのは難しいですね^^;


677 :55れっつ5ー:2006/11/01(水) 11:24:08 ID:yDu5wspY
すみません><
脱字がありました!再度訂正させていただきます。

「何もない生活」

何でもないその全てが 私の生活
どうでもいいと言われればそれまでの話
それでも他人(ひと)に伝わる何かがあれば
温かい気持ちになれるのは何故だろう
何もないから 言葉で妄想
何もないから 自己満足の世界
過ぎていくそんな毎日が生活になる
本当に何もない 本当にそう?
小さな屑から始まった世界
どんなくだらないことでも奇跡かな
虫けらでも生きようとする
その本能がすばらしい
ただ何もなくここにいる
そうではなくて
もっと感じて生活しよう
恩恵に感謝しながら
自分なりに 噛み締めながら

678 :名前はいらない:2006/11/01(水) 11:36:02 ID:qbNDmdeB
               ,ヘ                 _,ハ = 、
              /  `ヽ            __ -t __- '´  ヽ,
             /|!    」       _,.-=' ,.-=' / ノノ'´ ⌒´
__          _,,_ト|! r フ [!|____ ノ⌒ '⌒'   /_,. '´
\ゝ---ニ=て r'⌒ハ l__   イ⌒入 _ ̄      _,. '´
 ヽ,__, ゝ\ニ---┴┴"∠  '´    `ヽ   _,. '´
     ヽ_____  ⌒)ノ__ 彡    } _,. '´
           ̄   'vc\ ヽ__ノ-‐ '´
                 ̄ ̄ ̄

679 :名前はいらない:2006/11/01(水) 12:28:40 ID:fpRAaANi
なんでおまえってそんなコロコロ態度が変わるんですか????
つかみどころないっ誉めコトバ??っていうか理性あんの????

680 :名前はいらない:2006/11/01(水) 12:54:32 ID:Dz49Ub8O
「二人のしゅうまつ」

汚いホテルの302
君と転がすチェスゲーム
キングはベットの下だから
ずっと引き分け続けよう
退屈の裾をひっぱったのなら
ロケットの気分にも気づくはず

蝶のおならさんお願いします。

681 :名前はいらない:2006/11/01(水) 13:23:22 ID:zns9vFy0
「汗かいちゃったね シーザリオ」


9月だというのに
たくさん汗をかいた シーザリオ
またがっていた(またがっていた!)僕の手にはびっしょりシーザリオの汗
両手を広げて吹かれる 時間を忘れた
手にできた結晶を
僕はおひつを開けて おにぎりを握った
おいしいね シーザリオ



682 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/01(水) 14:43:20 ID:7qQKbjJr
>>676
了解しました。明日か明後日までには。

【指名なし未評価リスト】  未評価3作品

>>669 >>671 >>675 

指名
やさしいあくまさん  >>536-537 >>578 >>589
蝶のおならさん    >>672-673 >>680
208の人        >>678

補足:私個人が不適応なものだと判断したものは排除しています。

683 :名前はいらない:2006/11/01(水) 19:20:40 ID:qbNDmdeB
                、.._ /~" ̄~""''''""~ ̄~""`ヽ、
                ~i"  /        l.l.| l  }
              :、_r/,. l .|    ; }    '.' || .}
               V   ,!、|、,-- ,〉ヽ; . __,,./〔 |
               ‘ー"   } ハ~|""~    ) } .|
                      ノ、{  〉.l、    ノ_{,}._|

684 :名前はいらない:2006/11/01(水) 20:54:27 ID:vfWSjaRc
「深々」

何一つ入れてない
床下の収納庫
雪が降った寒い夜に
わたしの心を置いてみた
孤独が言葉を消してゆき
温度が昨日を廃棄した

置いてけぼりの肉体は
日々の手垢で濁ってる
心を無くしたいまもなお
澱んだ眼をして泣いている

685 :名前はいらない:2006/11/02(木) 14:41:13 ID:i+3i48Dt
「彼方の国で」

深い森を抜けた先には切り立った崖
そこにあるのは紫の空と海と合成写真みたいな方舟
雲が揺らいで散ったあとで生まれた太陽と虹が交われば
きっとその向こうが世界の終わりだろう

流星群の残した血痕 深海魚の悲鳴
光果てたメロディーが流れて
夢見がちな悪魔は踊り続けるしかなくなった

暴れだした風達が地球を逆回転させる
立体は平面になって影はなくなったが光も差さず
宇宙に願いを捧げることも叶わなくなってしまえば
きっとその感情が世界の終わりだろう

羽は真っ白に染めても 頭には抜けない角
今ではもう飛び立つことすら出来ずに
夢見がちな悪魔は踊り続けるしかなくなった
羽はあるのに踊り続けるしかなくなった

あの時飛んでいればこの未来に色はついていたのだろうか
花だけが変わらず咲き誇り僅かな安息を得る日々
彼方の国で思い出した記憶
ゆっくりと体が痺れてきた

蝶のおならさんに評価を希望します。

686 :名前はいらない:2006/11/02(木) 14:50:12 ID:TnHmxEF2
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

687 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/02(木) 23:17:10 ID:U+NMHCaG
>672-673 「得失点」/名無しさん
いい題材ですのう。得ることの大切さ、失うことの大切さ、それはきっと
結果論であって今から「さあ失うぞ」と意気込んでできることではないからのう。

>何時か失ってしまう運命を目の当たりにするようで
は気持ちは分かるけども、ちと不自然かもしれない。
いつか失う運命であって目の当たりにするというのは
失う恐れに立ち向かったとき。これは逃げている段階ではないかのう。
この文から「そうやって」と続くのも違和感があります。

2連目が読みづらいがすごく美しい。得ようとして得ることが恐いのであって
振り返って得たことになっているものを失うことは恐くない、と。
では1連の「失うのが恐いから」と矛盾してくるねえ。曖昧な言葉で彩られた分、
断片的な同語ばかりだと読み手を混乱させるだけだなあ。それこそ独りよがりだ。
もっと知りたいと思う分、すごく残念でした。

「得る」「失う」に捉われすぎて、半分くらいしか伝わりませんでした。
1連目もアバウトな部分が気がかりです。メッセージ性はよかったのですがのう。
評価D

688 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/02(木) 23:28:09 ID:U+NMHCaG
>680 「二人のしゅうまつ」/名無しさん
リズム、突拍子な題材、インパクト、どれもいいですなあ。
「週末」と「終末」を掛けたように見えましたが違ったようで。残念。

>キングはベットの下だから
>ずっと引き分け続けよう
キングがないということはゲームはずっと終わらない。
チェックメイトできないですのう。汚いホテルから「チェックメイト」しない。
そこに愛を感じました。これ当たっていたらすごく面白いのう。

>退屈の裾をひっぱったのなら
>ロケットの気分にも気づくはず
改行を使わず流れを変えるリズムに持ってくるところがすごいなあ。
しかし意味が分からない。スイマセン。

日記のような詩でしたが、こういうずば抜けたものは好きです。
読解力のなさが目立って申し訳ない。できれば種を置いていってくだされ〜
評価C+

689 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/02(木) 23:29:38 ID:U+NMHCaG
>685
スマン、ざっくり読んで面白そうだったので今度じっくり読ませてくだされ〜

690 :名前はいらない:2006/11/02(木) 23:40:06 ID:TnHmxEF2
     ハ_ハ
   (^( ゚∀゚)^)  グリーンダヨ☆
    )  /
   (_ノ_ノ

691 :名前はいらない:2006/11/02(木) 23:41:41 ID:TnHmxEF2
解説しよう >>685の 「深い森を〜」の部分が>>689

692 :名前はいらない:2006/11/02(木) 23:42:25 ID:TnHmxEF2
訂正 解説しよう >>685の 「深い森を〜」の部分が>>690

693 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/03(金) 09:26:31 ID:hMy8205k
おはようございます。評価します。斬り捨て御免。

>>677
この詩のテーマって何?
「生きる」ことならもっと焦点を絞るべきだ。ピントがぼやけ過ぎ。漠然としすぎているというべきか。
当然のことを書いてみたって面白みが無い。話の全てが「自己の中」だけで終わってしまっている。
もっと「他者」と対比させてみたり、客観的に描いてみたりしたほうが良いだろう。
言葉にももっと気を使うべし。「奇跡」「恩恵」なんてありきたりすぎ。
ついでに「虫けらでも」とおっしゃいますが、「虫」を侮ってはいけませんよ。
評価D--

>>691-692
訂正してもわかんねーww

694 :名前はいらない:2006/11/03(金) 17:00:27 ID:J+QBGvQC
題名 ノープレジデント

下を見れない自分だけの世界
これじゃあ世間は目をそむけるばかり
糸を切りさき自分だけ先に行って自分を有利に進めようとしても
最後は切りさいた糸にもみくちゃにされ苦しんでくだけさ
どうして大切な物を見ない見ていて見ないふりでもなさそうだ
どうしておまえも同じくなる。同じくなりたいんじゃなく真実を捨てたのかい?
YOU HEART 0 BEAT 心があっても心じゃない
WITH feel on my beat 時には他のも自分のに合わせて見ようよ
マネーだけでおしまいか 名誉が高くても消えればチャラ
楽していたいのも分かるけど心でかせげばいいんじゃないのか
YOU HEART 0 BEAT 力があっても力じゃない
WITH feel on my beat 時には役割捨てて気のまま生きろよ

695 :名前はいらない:2006/11/03(金) 17:41:11 ID:7DVG00Ym
~~'''''‐-= /                     i        ゙、
      i'             ;ヘ,     .:.::::i':::..       ゙,
      i                /./     .:.::::/.:.:.:..       i
       ノ                / /     .:::::::/:::.:.:.:.:.       i
    /            /./  .:.:.:.:.:.:/,;.:.:.:.:._____     (<ヽ!}
    /             i^ヾ'i:.:.:.:.:.::::::; '  .:.:.:;'、;:;:;;;;:;;゙i .  ゙iヽ\  ソイヤ!セイヤ!
  /              ..:....:.:゙、_ ゙:、:::::/  ,,,,,....-i'゙i;====ヨ    ,! \\  ソイヤ!セイヤ!
  /;;;;i            .:.:.:.:゙i `ヽ、  :.:..:.:.:.:.:.:! ''゙i;:;:;:;:;;! ,r‐'゙゙'' ,! ヽ、>
 メ;;;;;;;i,           .:.:.:.:.:.:.:、  ゙'ー‐-、,,;---、ゞ ゙''''''i'/   /
/:::i;;;;;;;ヽ、         .:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、        ゙     ゙`   ,ノ
::::::ヽ;;;;;;;;;\       .:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.゙''ー-、,,___       ,;. 、 ,ソ

696 :名前はいらない:2006/11/05(日) 11:04:13 ID:6GYEXL3I
[繋げない手]


僕はあなたと手を繋ぐことが好きだから

家では手を繋ぎ

映画館でも手を繋ぐ

でも、僕達は明るい場所では手を繋げない

遊園地に行っても、僕達は距離をとらなければいけない

寄りかかりたい体は、遠く、遠く

まるで、ただの友達のように

仕方がないと分かっていても、手を繋ぐチャンスを伺って

最後に乗った、暗闇の中のジェットコースターで手を握った。

後ろの人に見えるよとため息をついたあなた。

それでも握っていてくれた手は、何よりも暖かかった

例えそれが、たった4分のカイロだったとしても


697 :名前はいらない:2006/11/06(月) 03:03:28 ID:gL5bC0yL
 都会の交差点を歩く私を僕は遠い空から見下ろす
 生きている人 生きている人 モノクロ写真
僕は色を選ぶ
私は色が無い
何十億もの僕は所詮私なのだ

698 :◆FLAT/9cyos :2006/11/06(月) 19:14:50 ID:nQFAFsLx
「秋風」


去年の秋に 別れたっきり
もう 二度目の秋が来た
いつか一緒に笑った日のように
今でも君は 笑っていますか?

最初に出会った 林の中で
二人握り合った手の 温もりは
もう秋風に 散っていた

枯れ木の並木を一人で歩く
寄り添い歩いた 遠い思い出
茶色の落葉が 涙で湿る

今にも傍の朽木から
君の姿が見られないかと
落葉を見渡す 僕は愚かですか?

秋風索漠 君に会いたい
今年の風はやけに寒いよ
握り締めた両手すら
こじ開けられてしまいそう

僕はただ 秋風に
君と描いた約束を
もう破られた 約束を

699 :名前はいらない:2006/11/06(月) 19:49:38 ID:RCZFWSIL
先輩に捧ぐ


桜花目に映ゆ春日にて 我を未知へと誘いしは
桜に劣らず美しき 此方(こなた)ぞ後の師匠なり

さらり碧の黒髪を 薫る風にぞ靡かせつ
我にその名を名乗りしは 笑みも眩しき師匠なり

右も左もまだ知らぬ 我と同輩(なかま)の手を引きて
歩みの術を教えしは 懐かしき日の師匠なり

我が足取りの危うきに 掛ける言葉も温かく
往くべき道を示せしは 今なお仰ぐ師匠なり

思い返さば何時の日も 我らを優しく導きて
我らの今を作りしは 昔恋しき師匠なり

桜花舞い咲く季(とき)巡り 今ぞ別れ目さらばとて
涙とともに捧ぐ歌 笑み浮かべ去る師匠なり

我と同輩(なかま)と歩む道 一刻たりとも忘れ得ぬ
永久に敬う先輩(ししょう)なり
永久に愛する先輩(ししょう)なり

700 :名前はいらない:2006/11/06(月) 20:13:05 ID:RCZFWSIL
書き忘れましたが、是非多重評価でお願いします。

701 :名前はいらない:2006/11/06(月) 20:54:35 ID:wNz6wdk5
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ イイーンダヨ☆
                ヽ  〈 
                  ヽヽ_)

702 :名前はいらない:2006/11/06(月) 20:56:01 ID:tXdfO3BZ
すったたすたたた
すたんたすーたた
すったたすたたた
すたんたすーたた
すんすんすすんす
すんすんすすすん
すんすんすすんす
すんすんすすすん


タイトル「おともれイヤフォン」

703 :名前はいらない:2006/11/06(月) 21:39:45 ID:JXHht0Az
私はこのスレの住人ではありませんが、多重評価希望だと言っていたので、差
し出がましいようですが、多重評価の一人目として評価させていただきました。

>>699先輩に捧ぐ
始めの句「桜花目に映ゆ春日にて 我を未知へと誘いしは」 は、文語体の表現
が生きていて、とてもいい。しかし全編を通してストレートな表現が多く、そ
の内容も似た様なものばかりであり、さらに構文までもが単調である。
ひたすら師匠を褒め称えているだけの詩であるが、そのわりになぜか敬慕の情
が伝わってこない。具体的なことには触れていないために、先輩との触れあい
がどのようなものであったのかが伝わってこないせいかもしれない。評価D+

704 :知っていた。:2006/11/06(月) 21:56:22 ID:dSoVdLGT
言語の崩壊―消失
エネルギー
再構築には眩暈がする

呼吸する土
慟哭する黒い粉

魔のトライアングルは、
ここではないのに。

705 :名前はいらない:2006/11/06(月) 23:58:25 ID:j5ojz9K3
「勝ちは価値」

おれがそう勘ぐった
そうなれば俺の勝ち
そうならなくても
俺の価値

706 :名前はいらない:2006/11/07(火) 00:00:33 ID:GqxT/CQs
らいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいと
らいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいと
らいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいと
らいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとら
らいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいとらいと

707 :名前はいらない:2006/11/07(火) 00:03:05 ID:TdRO62sj
              -― ̄ ̄ ` ―--  _
          , ´  ......... . .   ,   ~  ̄" ー _     ブッブー
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、    ブーン
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ      キキー
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: :●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \:::::_| ̄ ̄ |_::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~" |       | ))
                  ̄◎ ̄◎ ̄

708 :名前はいらない:2006/11/07(火) 00:20:29 ID:GqxT/CQs
このやろ

709 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/11/07(火) 18:28:11 ID:KaixVW5E
携帯から失礼つかまつる。
さ〜ば〜が寄生虫につき書き込みできません(´ω`)
戻り次第評価します。出来ればリストを作って頂けるとありがたいです。
それでは。

710 :名前はいらない:2006/11/07(火) 21:05:41 ID:hLXuKyVY
【指名なし未評価リスト】  未評価9作品

>>669 >>671 >>675 >>684 >>694 >>696 >>697 >>698 >>704

多重評価希望    >>699

指名
やさしいあくまさん  >536-537 >578 >589
蝶のおならさん    >685

補足:私個人が不適応なものだと判断したものは排除しています。


711 :名前はいらない:2006/11/07(火) 21:49:14 ID:TdRO62sj
>>710 ありがと!

712 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/07(火) 22:39:47 ID:M+2ZuSHS
こんばんわ。規制解除されました。
>>710
無理を聞いてもらってありがとう。助かります。

評価します。斬り捨て御免。

>>675
吉野屋ねぇ、俺は全く行かない。
「暗闇の中」って適当すぎるだろ。夜だつってもネオンは輝いているわけだし。
「心惑わす切なさ」ってどの辺りが切ないんだかわからんし。
評価E

>>689
冷えた世界を感じる。深々と凍えるような世界か。
やたらに「心」などを使ってしまうのは容易すぎてお勧めしない。別のものに例えてみたりしてもいいのでは。
タイトルは中々いい。
評価D

>>697
色を題材にした詩は山ほどある。
「僕」がなにであるか「私」が何であるか。正直、興味を惹かない。
ついでにどうしてモノクロなのか、読んでるほうはさっぱりだ。
評価E

飛ばしたものはまた後日。今日はここまで。                                             

713 :FAB:2006/11/07(火) 22:50:19 ID:4WOkSlje
ウォッカに浮遊する
透きとおった氷のように

きっと終焉はやってくるのさ だれにでも

疾しいことなど一つもないさ ただ優しすぎて
馬鹿にされちゃう そう、ピープルラブなんです



透きとおった 氷が いつの間にか溶け出した
透きとおった 氷が いつの間にか鋭く

 



714 :名前はいらない:2006/11/07(火) 23:08:45 ID:vNrXS2M4
「あなた」


死のう あなたはそういった

いった、はずなのに
片手に刃物をもち、腕を傷つけようとすると躊躇う
結局は浅い傷ひとつしか残せない
あなたは 弱く、脆い、ひと

浅い傷が消えた頃、また死のう という
そして また浅い傷ひとつ、残す
あなたは 弱くて、暗い、ひと


あなたは刃物を持った時、いつも泣いていでるでしょう?

あなたは、弱いけれど、美しい、ひと

だからお願い、そんな事はもうやめて


初めて書き込みます。良ければ評価お願いします。

715 :名前はいらない:2006/11/07(火) 23:17:51 ID:TdRO62sj
~~'''''‐-= /                     i        ゙、
      i'             ;ヘ,     .:.::::i':::..       ゙,
      i                /./     .:.::::/.:.:.:..       i
       ノ                / /     .:::::::/:::.:.:.:.:.       i
    /            /./  .:.:.:.:.:.:/,;.:.:.:.:._____     (<ヽ!}
    /             i^ヾ'i:.:.:.:.:.::::::; '  .:.:.:;'、;:;:;;;;:;;゙i .  ゙iヽ\  ソイヤ!セイヤ!
  /              ..:....:.:゙、_ ゙:、:::::/  ,,,,,....-i'゙i;====ヨ    ,! \\  ソイヤ!セイヤ!
  /;;;;i            .:.:.:.:゙i `ヽ、  :.:..:.:.:.:.:.:! ''゙i;:;:;:;:;;! ,r‐'゙゙'' ,! ヽ、>
 メ;;;;;;;i,           .:.:.:.:.:.:.:、  ゙'ー‐-、,,;---、ゞ ゙''''''i'/   /
/:::i;;;;;;;ヽ、         .:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、        ゙     ゙`   ,ノ
::::::ヽ;;;;;;;;;\       .:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.゙''ー-、,,___       ,;. 、 ,ソ

716 :名前はいらない:2006/11/07(火) 23:36:52 ID:ZxLla6Uc
「孤独」

味の無いクリスマスケーキを
無垢な目で見る我が子の前で
壊れた私がつくります

今日は楽しいクリスマス
今日は楽しいクリスマス

あなたが私にねだったものは
どこか遠くの知らない家で
何食わぬ顔で枕の上で
幸せそうに眠ってる

717 :名前はいらない:2006/11/07(火) 23:44:56 ID:uEoHJ++9
ブラックさん、ファンです!評価ありがとうございます♪吉野家行かないんだぁ…美味しいで(笑)

718 :名前はいらない:2006/11/08(水) 00:00:11 ID:ZxLla6Uc
「離婚」

道はどっちか
斜め前を指す
わからないのか
太陽の光差す

夕暮れの砂場で
お絵描きをしていた
風に消されたさっきと
今を描いた今の絵は
どっちが僕に必要だったのか

君はどっちだ
新しい指を出す
わからないのか
日々が紡ぎ出す

719 :名前はいらない:2006/11/08(水) 00:13:19 ID:nYYALkJ9
「その女房」

自分に冷ややかで
現実に冷ややか

自分の限界知ってるから
他人に優しい

言葉に嘘はなく
涙もろい

なんでもうまくこなすのに

ほんとは悲しい



720 :名前はいらない:2006/11/08(水) 00:22:00 ID:oTKCv5Ed
秋風


昨日まで
光って見えた校庭は
今日はどこか寂しげで
肌をさらした木の下で
冷えた手こすらせ温めた
あなたが好きな紅葉の色も
僕の中ではあの日から
くすんで 少し乾いてて
時々 舞い散る赤色を
見れずに下を向いていた
弱く 冷たく 吹く秋風は
僕の胸を突き刺すようで



721 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/08(水) 08:47:48 ID:vLRpJEVV
おはようございます。
「指名なし作品」についてですが、今日、明日、明後日と少し時間がありませんので土曜日に。
勿論、どなたでも評価してくださっていいんですよ?気になったものだけとか、感想つけてみたいものとかでも、おkですので。
多重評価推奨のスレッドですので。どなたでもよろしこ。
>>717
ありがとう。正直な話、吉野家は家から5kmほど言った所にあります・・・・orz
すいません、ド田舎でw

722 :やさしいあくま:2006/11/08(水) 21:30:18 ID:N4ND/Azg
未評価まとめ、評価乙です。
後でやる気だします。

723 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/08(水) 23:36:11 ID:N4ND/Azg
>>306>>458>>431>>440は載せたかどうかわからないのもあるけど、評文あります。希望者は申し出てくれれば評価文のせます。

>>536-537>>578>> 589>>684>>669の評価文あり。指名から優先していきます。

724 :電子世界−the electron world−:2006/11/09(木) 01:03:28 ID:kCAhitmx
電子の渦に飲み込まれ
ネットの波に溺れて
モバイル化された世の中に汚されて

暖かさも冷たさも知らない無知なる子よ
この世界で何を学んだ?
何を望んだ?
何のために生きた?
誰のために祈った?


理由なんてどこにもない
思いつけない
探せない


だけどただがむしゃらに歩いていく
自分の存在理由を確かめるために
汚れた世界に足跡(ログ)をつけるために


はじめまして。詩よりも韻文の方が得意な者です。
誰でもいいです。通りすがりの人でも構いません。
感想とか・・・評価とか・・・つけてくれると喜びます。飛びながら(迷惑・・・)

725 :名前はいらない:2006/11/09(木) 01:10:49 ID:SGuiZAO7
( ゚д゚)ウッウー

726 :名前はいらない:2006/11/09(木) 03:04:44 ID:Gm6fsbax
面倒なんだ あなたに苦笑い 作り話ももう要らない 退屈で構わない 刺激は要らない 二人の速度が同じなら

727 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/09(木) 19:20:09 ID:I7KX/UCU
こんばんわ。なんとか来れました。
悪魔さんの評価と被りますが評価します。斬り捨て御免。

>>669
タイトルに惹かれた、2行目までよかった、でもそれからは興味を惹かない。
心、空、雨、涙ってもうありきたり杉。「本当の事」「大事な事」なんて読み手にゃ分からんし。
「帰るの黄昏時」って言われても分からない。冬だったら帰るチャンは冬眠してるでしょ。
悲しいんだね〜、とは思うが俺の心に直接訴えるような力強さはない。おそらくは「自分のことしか描いていないから」だろう。
評価D-

>>671
悪いね、はっきり言うが読んだ感じはど〜でもいいって気分だ。
君がどう考えようが、その結果、どう行動しようが興味は無い。ってかアトの祭だろ。
書き方が荒い。もっと簡潔にすべし。
評価E

>>694
意味不明。以外の言葉が思い浮かばない。
「糸」って何?「真実」って何?「HEART」って何?あぁ〜もう意味ワカンネ。分かったような振りをするつもりはない。
もう、なんか分かる人間だけに分かればいいと思うなら、「そこ」の掲示板だけでやってろ。
評価E

>>696
なんかじれったい漢字はする罠。
突っ込んどくけど、「暗闇の映画館」は「人が見てないから」おkなんだろ?
だったら「暗闇のジェットコースター」の中でもいいんじゃね?暗闇じゃん。
ってか手を繋いだのが「後ろの座席から見える」ジェットコースターの座席なんてあるのか?
まぁ絶叫系には乗らんから分からんけど。
一応、「彼女の嘘」ってことにしとく。
評価D-



728 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/09(木) 19:53:18 ID:I7KX/UCU
評価

>>698
秋風、といっておきながら自分のことばっかり。秋風なんて殆どオマケじゃん。
自分の心理描写だけなんて簡単すぎ。悪いけど興味ない。内容も未練がましいだけだし。
着眼点もどうと言うことはなく。別に「木枯らし」でもいいのではないだろうか。
評価D-

>>704
なんのこっちゃさっぱり。読み解く気なんて微塵も起こりません。
トライアングル、バミューダ、バミューダ!(これも意味不明
評価E

>>713
「ピープルラブ」なんて意味が分かりません。
「いつの間にか溶け出した」って氷は入れた瞬間から溶け出すだろ。
最近のウォッカは危険です。注意しましょう。
まぁ、表現不足だが表現しようとした場面は中々イイ。
評価D-

>>714
まぁ雰囲気はでてる。話し言葉だけ書いているからだろう。
俺もどちらかと言えば暗い詩を書くが、あまり好みじゃない。
感情を表現するという点から見ると悪くない。ただ設定に頼りすぎている印象もあるが。
評価D

とりあえず、今日はこんな所で。

729 :よいどれアンプ:2006/11/09(木) 20:02:01 ID:JS16sQXl
「@いちばん」

いちばん
すきなひとには
しをかいて
いちばん
すきなひとのこえ
さけのつまみに
いちばん
すきなひとにどうぞ
さいこうのえがを
いちばん
すきなひとのほそいかた
だいて
それだけで
めいっぱいの
しあわせ


どなたかお願いシマス

730 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/09(木) 21:23:21 ID:I8w/LjNk
連投回避のため、先に落とします。
>>458「鬼殺し」/
ラストよくなってる。えー、引き続き繰り返しと重々しい言葉が内容とあっています。あんま難しいのはわかんないんだけどね。意味通じれればOK、OK。
「調伏せんと」が入って、導入部から中身がはいって好調な出だし。2連も段階を踏んでていいと思います。
3連、理にかなってる。「魔が隙を窺わん」の魔は鬼と種類別れしてるように思えるけども、魔でいいのかな。ここらへんは人によるから聞き流して結構です。
4連がいいね。我が内に秘める鬼は、思い出の中に住む思いだ。(↓つづく)

731 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/09(木) 21:24:17 ID:I8w/LjNk
(↓458つづき)
鬼に堕としたのも人であれば、人に戻すのも人なのだ。そして内なる鬼と対峙する。
「愛しき」はそれもまた自分なのだという自己愛にとれる。深読みするなら、受け入れようとする自分と向き合い、酒を酌み交わす事なんじゃないかと思った。
多分、この人は大丈夫だろう、と思いました。
フム。面白かったです。話しの運びも流れもよく出来ています。
5連「降魔の剣」があからさますぎて不似合いというか、子供っぽいというか、違和感あるように思いましたが、(↓さらにつづく)
(↓458さらに続き)
対峙するという、前向きな意志が感じられました。
読みごたえのあるいい詩だと思う。C


指名遅くなってしまってすいませんでした。
待ってていただいた方、カバーしてくれた方、どうもありがとうございました。

732 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/09(木) 21:28:04 ID:I8w/LjNk
>>536-537「希望の杖」/こま。さん

誤字は脳内変換します。1連がいい。静かな決意を感じさせます。2連はごめんちょっと「溢した」の読みがわかんない。あふれるだよね意味は。手持ちのポケット辞書じゃ載ってませんでした。
一方の「私」はその勇気に感動しながらも、相手をより困難な道へひっぱってしまいそうだと予感する。
「涙」にしたのがポイントで、やむにやまれぬ状況を上手く作り出している表現だと思います。
その説明が3連。(↓つづくよ)
(↓536−257つづき)
3連で焦点をあてていけるだけの話運びが上手かったのに、ここは当たり障りのない定番の表現で収まってしまっています。ここで設定など見直すといいと思います。
6〜9行はバラバラしててまとまり悪い。「うつむいたままにも理由があるだろう」はこれから入ってく障りの表現として、いい感じの影の落とし方だと思います。
4連537、「感じるなら」ここが唐突に思うのは、設定がハッキリしないためです。
あなたと私の関係が1、2連と3連で誤差を感じたし、(つづく

733 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/09(木) 21:32:57 ID:I8w/LjNk
(536 537さらにつづき。長くてスマン)
互いの関係と距離感が掴めずに曖昧さが残る。あと「近くべくすべき事」ここの日本語が変な気がするが、国語は担当じゃないからイマイチ突っ込めず
;多分「べく/すべき」が被ってれように感じるからかな。「近づくためにすべきこと〜」だったらわかったが、詳しい人いたら教えてほしい。
後はこの連のほとんどね行が具体性を欠いたまま話しが進んでしまうのでついて行けないところか。
5連も「悲しい出来事/希望」などが粗筋みたいで現実性がない。
(4回目のつづき)
話しを急いで設定が欠落しているのと、抽象的で具体性がないため、現実味がたりないのと。
このふたりが2連以降どのようになっていくか明確でなかった。ラストはまとめあげたものの、二人とあまり上手く絡み合っていないように思いました。
1、2連は独創的にしあがってるだけに、それ以降は手が抜けてるような印象でした。D+



734 :やさしいあくま ◆6e2mIkzoQ6 :2006/11/09(木) 21:35:43 ID:I8w/LjNk
>>578 タイトル不備

英文を和訳したときのような違和感のある文章が独特でした。兎の角ってとにかく?
「有機物が流れ込む〜いんすぴれいしょん」など、いい表現があります。
不思議な世界観を崩すことなく樹立させている。内容は言葉によるダメージの様子。
「拾い集める子供でした」という表現が単に子供の頃からとしないのがなんともいえない表現で、雰囲気あります。
その精神的なイメージは、痛みと言うあからさまなものではなく、むしろ心地よささえ感じ、あっというまに(つづく)
(578つづき)
過ぎさっていくスピード感ある印象の残し方でした。その意味するものは「生きる為の自虐」。これも印象に残りました。
よく出来ていつうまい。タイトルないのが惜しまれるが評価には影響してませんのでご心配なく。C+

735 :やさしいあくま ◆6e2mIkzoQ6 :2006/11/09(木) 21:37:04 ID:I8w/LjNk
>>589「手作りクッション」

なんていうかファンシー(?)で苦手です。
ハート色のクッションの役割とは、イメージでいえばくつろぎから安心感を連想させます。
しかしそうさた頃に幸せは崩れていくもので、哀愁たっぷりにおもいを残しています。
なんというか言葉選びや表現、設定、言い回しなどが、どれもありきたりなものばかりでした。未練というテーマ自体が難しいのかと思いますが、読み手の心をさらってゆくには全然足りませんでした。D

736 :やさしいあくま ◆X3uB5yHFms :2006/11/09(木) 21:39:23 ID:I8w/LjNk
>>684「深々」

心の無気力感と悲しみを収納庫へ置くという、感情の切り離しの行為。しかし切り離してもなお悲しみは深い。タイトルは雪とかけてしんしんと読ませてもらいました。
雰囲気あります。雪や温度のイメージを上手く使っているためだと思いますが、2連目にもそれを残せるとよかった。
1連、「床下の収納庫」と、「わたしの心」の結び付きが唐突で、このふたつが絡むように収納庫がどうであるか等(例え)の前起きを延ばして、ゆったり「わたし」に入っていったほうがスムーズになると思います。(つづく
(684続き)
全体、分量が少ないので、あえて設定やらを省いているいるのだと思うが、この詩には「なぜこうなんだろう」という理由すべてがふせてある。
だから「言葉を消してゆき」や、「昨日」といった安易な設定部分に誤解が沸く。
置いてけぼりにする理由、これは重要だと思う。D+

737 :名前はいらない:2006/11/09(木) 21:48:54 ID:P5WeWpnh
「拳」
指一本一本を折りたたんで、
しっかりと空気を握る。
中身が空っぽの拳は軽い。
一つ一つ思いを込めて、
徐々に重くしていく。
思いがあればあるほど、
その拳は重く、頑強なものとなる。
天にかざして、血の巡りを確認したら、
その手をゆっくり後ろに引いて、
前へ思いっきり飛ばしてみる。
空を切るその拳圧は全ての思いをはき出して、
また中身が空になる。
気持ちが落ち着いたところで、
手を開いて、指を一本一本確かめる。
ぐっとこらえた気持ちなど、
そこにはもうない。

738 :名前はいらない:2006/11/09(木) 22:56:16 ID:dlNcWj4u
「ハロー、ガンジー」

ハロー、ガンジー
僕らの国は中から外から、崩れてしまいそうです。
ハロー、ガンジー
生き方の解らない大人と笑い方が解らない子供ばかりです。
ハロー、ガンジー
平和を唱えた憲法が抜け殻になろうとしています。
ハロー、ガンジー
貴方は僕らの国をどんな風に見るのでしょう?

バイバイ、ガンジー
とうとう僕は貴方の本当の意味が解らなかったのです。


どなたか評価をよろしくお願いします。

739 :名前はいらない:2006/11/09(木) 22:58:37 ID:SGuiZAO7
               ,ヘ                 _,ハ = 、
              /  `ヽ            __ -t __- '´  ヽ,
             /|!    」       _,.-=' ,.-=' / ノノ'´ ⌒´
__          _,,_ト|! r フ [!|____ ノ⌒ '⌒'   /_,. '´
\ゝ---ニ=て r'⌒ハ l__   イ⌒入 _ ̄      _,. '´
 ヽ,__, ゝ\ニ---┴┴"∠  '´    `ヽ   _,. '´
     ヽ_____  ⌒)ノ__ 彡    } _,. '´
           ̄   'vc\ ヽ__ノ-‐ '´
                 ̄ ̄ ̄

740 :名前はいらない:2006/11/10(金) 01:24:04 ID:/enhtbUA
或る晴れた蒸し暑い日
僕は自慢の車で焦げたつような平原を走らせていた
遥かに前方に見えていた岩山が
地の底に沈んでいくのが見えていた

ふいに怒りを覚えて
俺は革を噛み千切る
大空に向かってスマイル
スマイルスマイルスマイル
スマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイル

賢そうな鹿が俺を追い越して去っていった

お願いします。

741 :名前はいらない:2006/11/10(金) 01:52:36 ID:L3T1Hx0j
どうでもいい
どうでもいい


彼女さえあれば

742 :泣き虫:2006/11/10(金) 12:34:52 ID:e8JqZ5LR
わたしの内に
空を感じたとき
陰を見つけたとき
羽を鳴らして
集まってくる
いずれ空を埋めつくして
陰じゃ足りなくなって
溢れてくるのも
どうしようもなく
ぼろぼろで
顔を上げたら
あなたの肩にもとまっていて
捕まえ方を探しているわたし



お願いします。

743 :名前はいらない:2006/11/10(金) 13:36:37 ID:sjPviek/
   (V)∧_∧(V)
    ヽ(・ω・)ノ  フォッフォッフォッフォッフォッフォッ
.     /  /
    ノ ̄ゝ

744 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/10(金) 18:31:57 ID:Jk7I9NkB
さてこんばんわ。評価します。斬り捨て御免。

>>716
今年のクリスマスは中止になりましたって聞きませんでした?なんて冬の風物詩はさておいて。
3連が曖昧すぎ。何が言いたいのか不明。「あなた」との関係なんて知らんし「分かった風に」言われても。
言葉を選んでいるわけでもない。タイトルに「孤独」って入ってなきゃ孤独を表現したいことにも気づかないぐらい。
クリスマスにケーキ。ありきたり杉。
評価D-

>>718
2連の「夕暮れの〜していた」の部分は「絵を描いていた」のほうがしっくり来る。いきなり幼児語はおかしいだろ。
正直、何故タイトルが「離婚」なのか不明。離婚のイメージゼロ。「絵」を持ってきた理由も不明。
バラバラなイメージを繋げただけ。特に感情を揺さぶるものもない。
評価D--

>>719
何がいいたいのこれ?
俺はあんたの女房のことなんて知らんし、悲しいのは誰やねん。ワカラン。
「自分の〜優しい」って知らんがな。自分の限界云々の前に他人に優しくするのは当たり前だと思ってますが何か?
読み手に読まれることを意識してない。もっと客観的に捉えて。
評価D--

>>720
秋は俺も好きだ。紅葉もいい。だがどうして、「あなた」ばかりなんだ。「あなたが好きな〜」って知らんがな。
秋なんだからもっとあるだろ。焼いもとか芋虫とか枯葉を踏む音とか、人の心をくすぐるものが。
自分のことだけ書かれても興味はない。
評価D-

続く


745 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/10(金) 19:19:10 ID:Jk7I9NkB
続き

>>724
韻とかどうとか言う以前に読む人間にしっかり伝わるものを書きなさい。
2連とか意味不明過ぎ。話のスピード、テンポ、内容に至るまでまるで適当。
「汚される」も何も自分の選択ひとつやないかい。しかもそれただのネットサーフィンやんけ。
何を大そうに言うてんのかワカラン。
評価E

>>726
頑張れば。評価E

>>729
これは一人寂しい俺への挑戦状かな?ww
「@いちばん」って「はないちばん」か?ワカンネーけど。
しわとしわを合わせて幸せ、俺にはこれで十分だよ。
評価E 

>>737
あ〜うんうん、まぁまぁ。嫌いじゃない。
実際、空を切るだけで満足しないがとりあえずそれは置いといて。
ただ、もう少し「拳が空を切る瞬間」にイメージを付け足したほうが迫力がでる。空を切るだけではもったいない。
もっと表現を意識してみてもよいだろう。
評価D+

一応、まだ続く。



746 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/10(金) 19:36:30 ID:Jk7I9NkB
続き

>>738
ハローカンジーハローガンジー
僕はあなたが説いた言葉を理解することはできても実践できません。
ハローガンジーハローガンジー
私には戦うべきものがあります。お許しください。

一見して意味不明だが、書き方は面白い。
「本当の意味」なんて適当すぎてつまらないがこういうのも悪くない。ガンジーって辺りがツボだよな。
ついでにBJの「ハローCQ」思い出した。
評価D+

>>740
それでどうした、ってぐらいしか思わない。
スマイル連呼してるあたりは気持ち悪い。「賢そうな」は必要か?
評価E

>>742
私の中の泣き虫ってことね。一瞬、イナゴの大群かと思った。
「ばろばろで」ぐらいまでは悪くないが「あなた」が出てきて少しがっかり。あまり気には奈良ないが。
もっと状況を描写するなりしてみてもいいだろう。発想・表現は中々イイ。
評価D+

今日はこれまで。

747 :208+Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/10(金) 19:46:25 ID:Jk7I9NkB
【指名なし未評価リスト】 0作品

ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!

指名リスト

蝶のおならさん >685



748 :729:2006/11/10(金) 19:52:36 ID:nnF/cRQJ
>>745 BlackRXさん、ありがとうございます。勢いで。どばーと書いてしまいました。
暫く修行して参ります。

749 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/10(金) 21:31:20 ID:fCPRF1JT
>>747
乙ーー♪未評価ゼロなんて奇跡に近いですね。
それはそうと最近評価スタイル辛口に変更ですかね。初心を忘れずに。

750 :名前はいらない:2006/11/10(金) 21:32:01 ID:2ppZOnkM
経済の兵隊が 夢の世界に浸る堅物を揺り起こす
無駄に機能的な部屋で昨日をコピーした今日がまた始まり 変わらない明日が当然の如くまた夢を見る
あの日確かに掴んだものは蒸発する性質を持った水だった

751 :名前はいらない:2006/11/10(金) 21:34:30 ID:sjPviek/
なんか、スレの主旨が変わってきたなw

752 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/10(金) 21:57:56 ID:Jk7I9NkB
>>749
ブラックのときはあんなもんです。

>>751
一応、ここは指名するスレなんだぜ?なのに指名する割合といったら2割にも満たない。
このままでは主旨どころかこのスレの存在意義さえ怪しくなってしまう。

なにはともあれ俺はしばらく休止の方向で。

753 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/10(金) 22:17:50 ID:fCPRF1JT
あー、わかった!
セン五の類似品だけあって、同じようなものだと思ってるから、みんなテンプレ読まないだよ。
スレタイに【指名性】とあからさまに書いた方がよかったのかもね

それはそうと評価人が少ない中、ご苦労様でした。>208+さん

754 :どらむ缶:2006/11/10(金) 22:35:37 ID:qXRqewM3
ドッドッドッドラムカーン、ドッドッドッドラムカーン
来る日も来る日も押す押すおーす、ドッドッドッドラムカーン
ドッドッドッドラムカーン、来る日も来る日も押す押すおーす
ドラム缶と僕は友達ッ!

ドッドッドッドラムカーン、腹へったー厨房に行きマズいカレーを喰わされるー
メシはしずかにくいやがれ! メシをくいおわったらでていきやがれ!
ドッドッドッドラムカーン、今日は二倍の距離を押す押すおーす楽しいなー
ドッドッドッドラムカーン、今日は昨日の二倍の距離を押す押すおーす、しにてェ・・・
ドッドッドッドラムカーン、腹へったー厨房に行きマズいカレーを喰わされるー、しにてェ・・・
メシはしずかにくいやがれ! メシをくいおわったらでていきやがれ!

四往復、八往復楽しいなー、死にてェ・・・
看守は神様!、囚人はクソ!、死にてェ・・・

オレって・・・・ドラムかんをおすためにうまれてきたんじゃないかな・・・・そうおもうんだよ。


755 :どらむ缶:2006/11/10(金) 22:39:17 ID:qXRqewM3
あーあーあー指名忘れてました208+さんよろしくおねがいです

756 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/10(金) 23:28:25 ID:ylLRer1a
>685 「彼方の国で」/名無詩人
1連の2行目、空と海と方舟は海の具合も聞いてみたかったですのう。
合成写真みたいな、というのも気になる。単調な説明ではなく
「絵を切り貼りしたような」等ほのめかしてみるのも楽しいかもしれない。

歌詞のような詩でした。言葉の表現が丁寧で、少し緊張が走っている感じ。
読む側まで肩に力を入れてしまう。私は否定しないなあ。この感覚は好きだ。
何度も推敲した作品だと見受けました。描写もう良い。
少し美しい言葉に惑わされている感がありますが。世界の終わりだとか。
そこまで言うとテーマを見据えられなくなってしまいませんかの。

私的に4連目が好き。羽の白さではその立ち位置の変わらなさ。
角という自分の証明。「夢見がちな」というのが気になるが、見ようによっては
シャレている。踊り続けるしかなくなったという言葉が何を指すのかは
全体のストーリーが見えてこないと分からないと思いまふ。

言葉の裏側一つ一つに意味があるようですが、意味深なだけでもどかしいのう。
どんよりとした雰囲気は伝わりました。もっと突っ込みたいけども
ひとまず終わります。ありがとうございました。評価C+

757 :名前はいらない:2006/11/10(金) 23:32:53 ID:sjPviek/
,,;⊂⊃;,、
(・∀・∩)   
【( ⊃ #)    
 し'し'

758 :名前はいらない:2006/11/11(土) 00:26:32 ID:8KDz9xC1
「散歩」

見逃した日々の出来事を
掘り出し物でも探すように
小鳥たちが鳴らす

足跡を濡らすのは
涙じゃない
額から零れ落ちた汗

忘れかけていた記憶の中の
埃まみれの絵本だけ
何故か優しく笑ってた

靴底にこびり付いた土は
汚く見えるけれど
引き出しになってくれたんだ


759 :758:2006/11/11(土) 00:27:31 ID:8KDz9xC1
蝶のおならさんお願いします!

760 :名前はいらない:2006/11/11(土) 04:14:51 ID:PMOq2Y6C
“フェイド・アウト”

曖昧な欲望しか持てず 曖昧な欲望を持て余し
いつもおまえはテレビに釘付け 疲れ果てても止められない

おまえの体はフェイド・アウト 消え入り果てていく
おまえの体はフェイド・アウト 消え入り果てていく

今日は昨日の続きで 明日は今日の続きか
毎日どうでもいいことで忙しく疲労の埃が肩に積もる

おまえの体はフェイド・アウト 消え入り果てていく
おまえの体はフェイド・アウト 消え入り果てていく

それが良くないのは分かっているが 頭痛のボリュームはいつも最大
苛立ちをなんとかするには 穏やかに死んでいくしかない

おまえの体はフェイド・アウト 
消え入り果てていく
おまえの体はフェイド・アウト 
消え入り果てていく

761 :760:2006/11/11(土) 05:18:20 ID:PMOq2Y6C
どなたでもいいです

762 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/11(土) 09:47:27 ID:VP/RGe0o
指名受けます。折角なのでノーマル、とブラックで評価します。

ノーマルver
>>754
人間てなんで生きてんだろうなぁ〜わかんねーよなー。働くために、なんだろうか?そんな哲学的な意味を持っているように見受けられる。
何故、ドラム缶か?というのは問題ではなく、問題はその「繰り返される行為」なのだろう。
毎日、働いて働いて、朝は早くに家をでる。そんな世界が嫌になった時のようなイメージ。
できればドラム缶についても描写があるとイメージが膨らむだろう。
なんと言うかもうすでに壊れ気味だね。
評価D+

ブラックver
>>754
勢いだけw「ドッドッドッドラムカーン」って打つのがめんどくさくてコピーしたよ。
それに意味不明だし。つーかなんでドラム缶なんだよ。筋肉痛になるだろーが。早死にするだろ。
っていうかドッドッなんてスピードでドラム缶を押してるお前がスゲーよ。どんだけ筋肉あんだよ。
なんかこう「玉乗り」みたいにして上手く転がしてやればいいんじゃね?
リズムもいいし、悪くない。だが、詩ではない罠。
評価E (面白さはD+前後)

とかなり無理をしてみた。おそらくもうしないので。

763 :どらむ缶:2006/11/11(土) 12:48:26 ID:6CRGDBjJ
>>762
そうですね208+さんは一度デスクルスに行くことをオススメします
そうすれば言葉では無く心で理解できます、人生観も詩も評価が540℃変わるでしょう
暇があれば一度行ってみたらどうですか?デスクルスに入所しに逝きに、しにてェ・・・

764 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/11(土) 13:53:28 ID:VP/RGe0o
>>763
(´_ゝ`)ハイハイ・・死ぬほどどーでもいい。お前なんぞに興味は無い。勝手にやってろ。

【指名なし未評価リスト】

>750 >760

指名リスト

蝶のおならさん >758



765 :760:2006/11/11(土) 17:14:49 ID:PMOq2Y6C
やっぱり、208+さんにお願いします

766 :すごい:2006/11/11(土) 17:36:44 ID:d1xzKjX6
だれも落としてない

767 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/11(土) 18:28:19 ID:VP/RGe0o
>>765
悪いけどヤル気が起きないから辞退させて頂く。
今の状態で評価してもまともな評価はできはしないだろうから。

768 :760:2006/11/11(土) 19:28:40 ID:IyMdErbH
では、他の方、宜しくお願い致します。

769 :名前はいらない:2006/11/11(土) 20:13:32 ID:tkvzCbuT
切り替え はや! 

770 :名前はいらない:2006/11/11(土) 22:47:36 ID:iQIVY/aP
>>760 曖昧な欲望がちょっと分からないです。テレビと疲労良くないこと
などから、「オナニー」にたいする自己嫌悪の詩でしょうか?
おまえの体はフェイド・アウト〜で水増し感がありますね。
きゅっきゅと絞ってね。死んでいくしかないというのは、結末を投げてませんかね
丁寧な比喩、芯のある詩ではあります。 D+

771 :名前はいらない:2006/11/12(日) 00:03:58 ID:Ed+m+DcG
「無題」

写真屋のオッサンの石で刻み込まれたような皺
俺は貴方が愛おしい糞まみれにしてくれ
自分から望む態度はノー
イカれたヘッドはそれこそPUNK
そこでおまえの女を

毎日8時にアレをやりコレをやる顔が沢山
たどり着けないのは徒労の果てのおまえの家
早すぎる休息はノー
どいつもこいつもヤバイ状態するするすんすん

最悪な気分の人間が沢山それでも生きていく
雑踏で聞いた拍手はなんだおまえの頭にこびりつく
政治家の演説はノー
繋がれた犬の鎖はおまえをしばくもの

おまえの頭を開いてちょっと気軽になって楽しめ
おまえの頭を開いてちょっと気軽になって楽しめ
おまえの頭を開いてちょっと気軽になって楽しめ
おまえの頭を開いてちょっと気軽になって楽しめ


772 :771:2006/11/12(日) 00:04:35 ID:Ed+m+DcG
誰でも構いません。宜しくお願いします。

773 :名前はいらない:2006/11/12(日) 00:10:59 ID:HVmQ0w//
>>772 読んだけど分からなかった

774 :771:2006/11/12(日) 00:45:09 ID:Ed+m+DcG
>>773
どうも。

もう少し詳細に評価してくださる方お願い致します。

775 :名前はいらない:2006/11/12(日) 07:13:43 ID:dLNKrxCi
>>771
全体的な雰囲気は詩じゃなくて歌詞っぽい印象を受けた
日本語ラップっぽい感じがして、ちょっと軽薄っぽい
なんか作ってる雰囲気がありすぎて何も感じられない。
3つの文節と一つのリフレインそれぞれの言葉がばらばらで
一貫した主張が見えないので正直何を言いたいのか良く分からない。
自分の中だけで完結しないように注意して言葉を練り上げてください。
よって評価はE

776 :名前はいらない:2006/11/12(日) 10:04:38 ID:eoiVqgcT
やさしいあくまさん、お願いします。


「ライフ」

簡単な言葉で難解な謎解き
組み立てたそばから崩れ落ちるパズル
自分勝手気まぐれに揺れてる天秤に乗せて
始まるサドンデス
狙うダークホース
いざ勝負

私だけのグルーヴ
あんたじゃ乗れないライフ
歪な線を描いて
なぞる未来浮つき
偶然に必然に踊らされても最後に笑うのは私

777 :名前はいらない:2006/11/12(日) 20:17:22 ID:Ed+m+DcG
「無題」

不愉快なことであるよなあ
「不愉快な半狂い、でもキュート」
源さんが金を返しにくる
「ワイルドなやつ、車海老を食っている」
このところ捨て子が多い
地下道に三味線を抱えた乞食がびっしりならんでいる
「犬の視線、スジコの容器」
路傍で若者は争闘を繰り返す
「御政道の乱れ、鳩の腐敗」
ソープランドで婦人とたわぶれる
「うどん玉、バカンス、うどん」
どぶにくす玉を叩き込んで帰宅する
「農道の彼方、ふとん屋」

「歩けぬ道、歩けぬ程の雑踏、永遠に暮れぬ日」

鰻が焼けるまで
「どうでぇ熱いのを、一度きりの熱いのを」
車内で脱力してたゆたう者
「君は死人のごとし、君は無言」


778 :名前はいらない:2006/11/12(日) 20:29:55 ID:KaA4Qxax
「気づかなかった」

理解されてると思ってた
少々きつかったが言われるがままにした
そんなもんだと思ってた
みんな同じだと思ってた

手当てもなしに走り続けたら
僕だけ傷だらけだった

周りは間々ぐるしく変わるけど
傷だらけの勲章なんてモテやしない

乞食みたいだって罵られたけど

古い未来だけが祝杯を挙げていた

779 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/12(日) 21:11:26 ID:A7fXOL8+
>>778「気づかなかった」

これ実話かなぁ。なんか核心に触れさせないというか、思いだけつづって作品の形とってないように思います。
悲観的で自分のことのみの描写。他人やストーリーには一切内容を明かさない。
吐き出しならそれでも構わないが、人に語らない自分のための無口な詩だと思う。D−

780 :名前はいらない:2006/11/12(日) 22:58:29 ID:S5A4FrDF
どんな言葉を並べても
どんな表現を使っても
あなたへの想いは描けないみたい
ああ 詩って
案外難しいのね
理屈抜きで
あたしはやっぱり
あなたのことが好きなんだ

781 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/13(月) 00:17:55 ID:vCEsKr7w
>758 「散歩」/名無詩人
ご指名感謝します。その分プレッシャーがかかってレスが遅れるのは
仕様ということでw不束者ですがお手合わせ願います。

「笑ってた」→「笑っていた」、「なってくれたんだ」→「なってくれていた」
だとまとまって見えるのう。「鳴らす」も気になるのう。
BUMPの歌詞のような詩でした。

1連目。「小鳥たちが鐘を鳴らす」だとか「小鳥たちが鳴き止める」のようにすると
読みやすいかもしれない。個人的意見ですが。

2連目。こういう比喩は好きだの。キレイごとに読まれやすいが
目の付け所や表現の仕方は少しセンスがあるのう。ただ、涙ではいけないのか?
涙だけではない、ではなく涙ではないと断言されるとその部分が削られたようで
泣いた過去さえ無駄な叫びに聞こえてちともどかしい。

3連目。「過去は美しく」というフレーズですなあ。その「何故か」を辿るには
もう少し説明が必要ではなかろうか。曖昧に終わってしまったような表現でした。
まとめにくい所だけれども、ここも焦点に入れて欲しかった。

4連目。最後の行が締めにしては突発的で流れに乗れていないような。
前半が分かりやすい比喩な分、残念だのう。

過去を振り返ることを「散歩」と位置づけた所はセンスがありますなあ。
過去の感情一つ一つを探すのはそういうのんびりとした時間の中でほど
鮮明に浮かび上がってくるものかもしれないなあ。流してきた汗も
小さい頃の思い出も、土の踏まれ方も全てこれからの引き出しになるの
だろう。これからの歩み方も「散歩」のようにのびやかでありたいのう。
読みやすくほのぼのとした感情に浸れました。ありがとう。評価D++

782 :名前はいらない:2006/11/13(月) 00:44:50 ID:Z9k1kVK8
「空間」

歯磨きをしながら
生ビールを飲む
手ぶらの人生に憧れて

涙ぐましい努力の中で
汚ればかりが目立ってた
何一つなくなったとしても
残しておきたいものはない

窓際にとまる雪虫の白は
そのすぐ近くで降り注ぐ
雪の白とは違ってる

それを肴に
歯磨きをしながら
ひたすら何かを待っている


やさしいあくまさんお願いします!

783 :名前はいらない:2006/11/13(月) 13:08:15 ID:aEhthIen
>>782「空間」

全体的に伝えたいことが詰まってない。作者自身、雰囲気に流されず中心になるものを掘り下げてはどうかなと思いました。
1連、「手ぶらの人生に憧れて」はいいが、これを出だしに後の展開に広げてほしい。
歯磨きとビールのデスマッチ感。特に惹かれるものはなかった。導入部に
内容となるものを置いてください。

2連は当たり障りのない設定で芯がない。
3連は雰囲気だけで、何を指しているか、表したいかまでに(情景に自分の心を繋げて表現していくなどの)結び付きがあるといいと思います。
ラストはとりとめなく全体にまとまりのなさを感じた。D

784 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/13(月) 13:14:25 ID:aEhthIen
783 僕です

今出来るものだけ評価しました。 ソノマエノ指名は評文長くなってしまったので夜にでも書き落とします。順番逆になってしまってすいません。

785 :名前はいらない:2006/11/13(月) 19:57:18 ID:vUNerDOI
「血管」


環状線、中央線、山手線etc etc
都市の隅々にまで漏れなく血を運ぶように僕らは運ばれてゆく。

朝から晩までガタゴトガタゴト。
僕はヘモグロビン。
あなたは白血球。
君は血小板。

今日もガタゴトと電車に揺られ僕は都市の一部になるのだ。


蝶のおならさん評価をお願いします。

786 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/13(月) 22:06:50 ID:aEhthIen
お待たせ!
>>776「ライフ」

表現というのは、元になるものを表すために言葉を変えて組み立てるものだと思ってます。だから抽象的表現をされたとき何のことを表しているかが、内容の最大のポイントであり
、表現はその付属物だと言ってもいい。その開いた内容が中心かな。
この詩のほとんどが抽象的です。一読してわからないけど、キーワードがいくつか。タイトルの「ライフ、組み立てた崩れ落ちる/天秤/サドンデス/ダークホース」など主張の濃いものなので個々の言葉がぶつかりそうな危うい組み合わせ。
(続く)(776続き)
この言葉選びのよさは読み手によって印象が違うかも。1連目など1行1行以外と繋がりあって悪くない。
内容はLIFEをゲーム感覚に勝ち気な主人公が僕は好き。
ただちょっと抽象的すぎてリアルなイメージに欠ける。2連の「いびつな線〜浮つき」あたりは特にイメージの明暗が欲しいなと思ったり。
テンションあがりっぱなしでもついていける作り。
全体みると表現や盛り上がり感はあるのに、中身(ストーリー)が感じられないかな。C−〜C。C−


787 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/13(月) 22:09:23 ID:aEhthIen
>>737「拳」

重い拳にはそれだけの思いが入ってる。拳をふる事で気持ちを吐き出すということに照点をあてた作品。
しかし、感情の吐露がないだけに抽象感が出て軽い内容になってしまっている。
惜しいとこきてますが、テーマを表現するには力がタリマセん。
3行目、「中身が〜軽い」から、「その拳は重く頑丈なものとなる」までは説明です。ここは説明せずに表現してかないと読み手を引き込めないと思います。
「天にかざして〜ゆっくり後ろ/前へ飛ばす」これはイメージすると打ち下ろしのようなたたき付けるイメージになりにくい。
作者のイメージするものであるならなにもいいませんが。
あまりないタイプの詩なので新鮮さがありました。D


788 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/13(月) 22:11:53 ID:aEhthIen
>>720「秋風」

情景に思いをはせ、寒さ景色は慰めよりも現実を。そんな感じ。
雰囲気あってきれいにまとまっていますが、この作品も抽象的で設定があまり練られていない。ありきたりといえばありきたりな描写であるともいえる。
しかし情景と思いののせかたは普通だけどマッチしてる。
具体性の欠如は現実感や内容の欠如ともいえます。1連、「昨日まで/明日から」と、終わっただろう関係が説明不足。D+に届かなかった。D

789 :名前はいらない:2006/11/13(月) 22:15:14 ID:DW3FfjaS
               ,ヘ                 _,ハ = 、
              /  `ヽ            __ -t __- '´  ヽ,
             /|!    」       _,.-=' ,.-=' / ノノ'´ ⌒´
__          _,,_ト|! r フ [!|____ ノ⌒ '⌒'   /_,. '´
\ゝ---ニ=て r'⌒ハ l__   イ⌒入 _ ̄      _,. '´
 ヽ,__, ゝ\ニ---┴┴"∠  '´    `ヽ   _,. '´
     ヽ_____  ⌒)ノ__ 彡    } _,. '´
           ̄   'vc\ ヽ__ノ-‐ '´
                 ̄ ̄ ̄

790 :777:2006/11/13(月) 22:34:49 ID:2lr1fKyG
おならさん、頼むよ

791 :名前はいらない:2006/11/13(月) 22:42:01 ID:DW3FfjaS
      キ        //   /::::://O/,|      /
      ュ     / |''''   |::::://O//|     /
      .ッ       \ |‐┐ |::://O/ ノ   ヾ、/
       :       |__」 |/ヾ. /    /
         ヽ /\  ヽ___ノ / . へ、,/
        /  ×    /  { く  /
        く  /_ \   !、.ノ `ー''"
  /\        ''"  //
 | \/、/           ゙′
 |\ /|\ ̄
   \|


792 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/13(月) 22:48:22 ID:reEnj1f0
こんばんわ。評価オツカレ様です。

【指名なし未評価リスト】 2作品

>750 >780

指名はありませんww

注:>760と>771は 他 人 様 の 詩 で す。両方、町田康という人のものです。
すげー評価にがっついてくるつーか、催促してるみたいで俺はノリ気じゃなかったんだがな。
>>790
消えろカス。

793 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/13(月) 22:53:10 ID:reEnj1f0
アレ?また間違えた。

訂正
>771と>777が盗作ね。

>750さんごめんなさい。

794 :名前はいらない:2006/11/13(月) 23:03:27 ID:L/yj7Iy7
「革命」
いつも同じ服ばかり。
いつも同じ飯ばかり。
いつも同じ生活だよね。
ドアを蹴破ってみろよ。
お前には破れないもろい壁。
ドアを蹴破ってみろよ。
全てを否定し自分を肯定。
もう一人でにやける事はないだろう。
もう一人にされる事はないだろう。
自分をかわいがってやれよ。
自分は自分を信じてる。
自分は自分に依存して
自分自身で生きていくしかないんだから。
ドアを蹴破ってみろよ。
自分と向き合ってみろよ。
ドアを蹴破れたなら
素直な自分を認めてやれよ。
世間は悪くはないよ。自分も悪くないよ。
悪いと思う心がホントは一番悪いんだよ。
自分を揺さぶる自分の片割れ。
信じる事は出来なくても、
信じるしかないんだよ。自分に自分が押しつぶされないように。
ドアを蹴破ってみろよ。
もうそこには何もない。
待っているのは君がふれる事が出来なかった
もう一人の自分。

795 :名前はいらない:2006/11/13(月) 23:44:35 ID:lPhYX40h
タイトル:世捨て子

おっかさんに捨てられて 今日も路地裏ぶらついた
おっとさんに捨てられて 今日もお外でごろりんこ
腹が減ってはあっちへいって 寝ぼけた店主をあざ笑い
太った大人かきわけて 盗んだパンを抱えてく
退屈してたらそっちにいって まぬけな大人をつついてな
頭の弱さをからかって くすねた財布を募金しよ
寝床じゃあいつが腹空かせてら ちょっくら走って行ったろか
小さなあいつは泣くばかり 泣いても誰も来ないのに
仕方ないから手を引いて 公園の水飲ませては
今日も二人でとぼとぼと 夜道を歩いて行くんだよ
世界が二人を捨てたのか 二人が世界を捨てたのか
どうでもいいやねそんなこと 明日もいいことあるもんさ


796 :名前はいらない:2006/11/14(火) 00:01:14 ID:6BAH2H0K
「おまえとこんなゲームがやりたい」

さしで勝負だ
アームレスリングくらいの距離で
お前がかっこ悪くならないように手加減してやる

797 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/14(火) 00:15:39 ID:aPKNg/Nn
ん?>777のラッキーセブンは評価しなくてもよろしいのかな?
転載作品?了解です。はやと氏サンクスー。
学がなくてすまないのう。

798 :名前はいらない:2006/11/14(火) 00:43:14 ID:qUd+rZH6
むかし父さんに読んでもらった古い絵本の話
この世のどこかにある幸せで不思議な楽園
ねえ父さんこれ凄くない? 
天まで届くリンゴの木
甘い風にのって空も飛べるよ
絵本には誰でもいつかは行けるって書いてあるけどもう待てない
僕は旅に出るよ空に浮かぶ楽園目指して

むかし父さんに読んでもらった古い絵本の話
この世のどこかにある幸せで不思議な楽園
それはどうやら高いとこにあるらしい
とりあえず山に登ることにするよ
遥か高い楽園めざして
雪積もる山道をただ前に進む 
目的はたった一つだよ幸せ掴むあの楽園
ほら もうすぐ一番上だ 楽園ももうすぐかな
山の頂上についても楽園の姿がない
僕はもう疲れたよ 僕はもう休むよ
まぶたを閉じると大発見
天まで伸びるリンゴの木
甘い風に乗って空も飛んだよ
きっとここは楽園さ
世界はキラキラ輝いてる
さあ僕と遊ぼう永遠の空を飛んで







799 :名前はいらない:2006/11/14(火) 00:45:14 ID:qUd+rZH6
タイトル書き忘れ タイトルは「楽園」です

800 :-1:2006/11/14(火) 00:46:59 ID:5yb7tdNK
「吸引する皮膚」

皮膚には世界を吸い込む穴がある
その穴は無数にあって
小さな世界一つ一つを逃がさない

皮膚が空を吸い込む
皮膚が海を吸い込む
皮膚が太陽を吸い込む
皮膚が風を 虫を 草を 血を 言い訳を 夢を 金を 愛を 希望を・・・・・・

吸い込む 吸い込む 吸い込む・・・・・・・・

なんだかちょっと気持ち悪くなって
カサカサの草原にねっころがってみる

ああ 気持ちいいね
いいよ とてもグッドさ

なんだかとってもどうでも良くて
「人生最高!!」と叫んでやった

吸い込んだもの 全部吐き出してやった
そしたら 何にもなくなって

何にもなくなった 手の平に
僕は何かを手に入れた



801 :名前はいらない:2006/11/14(火) 00:48:08 ID:CtlaGp0z
  ∧,,∧
 (´・ω・)
.c(,_uuノ

802 :蝶のおならさんお願いします!:2006/11/14(火) 01:38:41 ID:9vZMPGuB
「季節のぬけがら」

ふらふらとよろめいている
伊達眼鏡のように必要の無い気持ち
落ち葉だらけで地面が見えないけれど
何かを掴もうととしている

ぐらぐらと揺らめいてる
虫眼鏡のように視野の狭いままの気持ち
虫食いばかりで本当かわからないから
降り注ぐ雨にごまかして流している

わからないままに終わることを知らないから
気づかないままに消えることを知らないから

どこに立っていればいいのかわからない

803 :名前はいらない:2006/11/14(火) 08:10:03 ID:xFPD9AJJ
>>786
あくまさん評価ありがとうございました!
なんかいつも中身ないって言われますねw
元々気持ちを言葉で表現するのが苦手なのに書こうとするからダメなんでしょうかねw

804 :名前はいらない:2006/11/14(火) 20:50:26 ID:dlCnBWmr
>>730
遅ればせながら評価有難う御座います。
起承転結というか物語性のようなものが出せていればと思っておりました。

>多分、この人は大丈夫だろう、と思いました。
はい。私はもう大丈夫ですよ。
毒は呑み下して己の血肉へと換えてしまいましたからw
>5連「降魔の剣」が・・・
「降魔の剣」に関してはもっといい言葉が有ったのではないかと思案しておりました。

やさしいあくま様。C評価、有り難く頂戴致しまする。<(_ _)>


805 :名前はいらない:2006/11/14(火) 21:09:35 ID:ygomsoWo
未評価まとめ
指名スレのはずなのに指名無しが多いなw

指名無し
>750 >780 >794 >795 >796 >798 >800 >802

蝶のおなら氏
>785

806 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/14(火) 22:34:14 ID:aPKNg/Nn
E評価D評価上等の私をご指名とは。お手合わせ願います。

>785 「血管」/名無詩人
etcは一つでもいいと思います。
タイトルに重みを置かせてインパクトを狙えなかった理由は、
おそらく「血液」という存在と「電車」という比喩が五分五分に
出ているからではないかと。あえて、「血液」ニ関する言葉を入れずに
書いてみるとタイトルが種明かしとなって面白かったかもしれない。
そのさじ加減がやはりセンスだろうなあ。難しい所だと思います。
「僕」「あなた」「君」の価値。曖昧な部分が気になりましたが
その点を押し出せばより深い意味を持つと思いました。
「僕ハ都市の一部」というよりも過去や思い出を各駅に仕立てるのもいいかも
しれない。言いたいことが明確化されておらず、やや腑に落ちない詩でした。
着目点と関連付け方は面白い。評価D-


これよりこちらのスレでの私宛の指名を控えていただきたいのですが
よろしいでしょうか?何分、こちらは性に合ってないというのもあり
あちらで勉強している段階であるので。。。申し訳ないです。
いやー、滅多になくて嬉しかったんだけども。分を弁えますじゃ。

807 :1/2:2006/11/14(火) 23:20:41 ID:wogbZvXx
「マザーコンプレックス」
月が母親を示すと言われるのは
満ち欠けによる変化のせいなのか
いや、僕は二つの顔を持つからだと思うんだ

みたんだよ

朝日が昇るほんの少し前
今にも満ちそうな月が
ウスーい空に浮いているのを

夜の月が氷山ならば
朝の月は
それを削ってできたかのようだった
夜とは違い
透けそうな程に薄く感じる

僕のこじつけた邪推?
不安定さが露呈される弱さ?



808 :1/2:2006/11/14(火) 23:21:36 ID:wogbZvXx
いいんだ それでも
僕はきっとやめられない
何度も何度も重ね合わせてしまうだろう
夜の月には母親としての顔を
朝の月には女としての母の顔を

或いは逆かもしれない
夜の月には増幅する女の嫉妬を
朝の月には賢母であろうとする姿を

どちらにしろ
それが僕にはひどく不快なんだ


やさしいあくまさんお願いします。

809 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/14(火) 23:43:04 ID:sqVRGzXk
>>805
うほwwwやろうと思ってたらやってくれてたwwサンクス。
そ〜なんだ。指名がないのが多いんだ。そうーいうのはホウーチミン。

蝶のおならさんがカスタムでの指名を辞退されたので、これ以降は受け付けられません。


810 :名前はいらない:2006/11/15(水) 01:47:59 ID:qyLDy2NL
>>734
兎の角は兎に角のことで、たいした意味はなかったのですがこのほうがしっくりきたのでそうしました。
評価ありがとうございました

811 :◆FLAT/9cyos :2006/11/15(水) 08:16:11 ID:99AcW64X
「雨」


空は見えずに暗いまま
重たい雲は空の底

ふと 一雫

上を見上げる
詰まった雲は平行路線

また 一雫

大粒の雨粒 降り出した雨に
人々は傘を差し
僕も合わせて傘を差す
灰色の景色 傘の中は皆同じ

それは予定された行動で
常識的な行動で
そしてつまらない行動で

皆は流れる 泥のように ゆっくりと
行き着く果てに 何があるのか
多分何も 無いのだろう

逆らうには 遅すぎた
せめて雨よ 止んでくれ



蝶のおならさん、お願いします。

812 :◆FLAT/9cyos :2006/11/15(水) 12:01:46 ID:99AcW64X
ってぎゃー!蝶のおなら氏が指名を辞退してましたねorz
申し訳ないですが、>>811の拙作は今更評価願い先を変えるというのも失礼極まりないので無指名でお願いします…。

813 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/11/15(水) 12:16:09 ID:NSH0Oujo
>>812
ここは評価人を指名するスレなんだから
別に指名先変えても良いと思う。

>>809で208+氏が言ってるけど指名無いの多すぎw

814 :◆FLAT/9cyos :2006/11/15(水) 17:23:56 ID:99AcW64X
>>813
さいですか。んでは開き直って。
やさしいあくまさん、評価お願いします。

815 :名前はいらない:2006/11/15(水) 18:00:26 ID:CSXxCfGi
「寒い日」
ぺれぺれと雪降りたり

816 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/15(水) 23:40:33 ID:dnkD86BE
次の評文できています。でも疲れますた。明日かあさって書き込みます。

>>750>>780>>794>>795>>796>>798-799>>800>>802>>807-808>>782

817 :吉野家:2006/11/15(水) 23:59:49 ID:ZGg7e1JV
ブラックさんとやさしい悪魔さんの二重評価希望します。よろしくお願いします。
『Eyas』
〜keep one's memory alive〜
飛び散る肉片は
永久の恋に執り憑かれ…
地の底で追憶を奏でる
開かない瞳が
無邪気に映し出すのは…
崩れ逝く愛しき幻
血をもてあそぶ喧騒よ
愛を掻き鳴らせ
真白な未来を
滴る血をで染めて
やがて朽ち果て
灰になろうとも…
天高く舞い上がり
遥か君の空へ…


818 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/11/16(木) 13:50:45 ID:4SIu6f52
「ロケット」


野生のロケットは
獲物を見つけると空から飛び出した

青光りする身体が稲妻のように見えた
川面が激しくあわ立ち静寂を破る

ロケットは水の抵抗をもろともせず突き進んだ
獲物が襲来に気付いた瞬間にはもう遅い
鋭いくちばしに身体を押さえつけられ
一瞬のうちに命は火花となって捕らえられる

今、川面から一羽カワセミが飛び立った



やさしいあくまさんに評価をお願いします。

819 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/16(木) 20:24:36 ID:+xSczm65
>>816
すげぇww

>>817
俺に依頼する人なんて普通じゃないかも試練ねw
何はともあれ指名受けます。斬り捨て御免。

「Eyas」=(まだ巣立ちの準備ができてない)巣ヒナ。なるほど。
疑問なんだが「one’s」って所有格じゃなかったか?せめてmyかyourをはっきりさせたほうがいいのではないか。
「飛び散る〜愛しき幻」までは難なく理解できる。それからがややこしい。
「血をもてあそぶ〜掻き鳴らせ」の「掻き鳴らせ」が説明不足。
「滴る〜朽ち果て」も不明。「やがて」の時間経過が読み手には理解できない。
「天高く〜君の空へ」ここにきてやっと「Eyas」を意味するものがでてくるが、ちょっと遅いかも試練。

ふいんきを狙っての書き方だと思うが、ひとつ間違えれば読み手の理解を遠ざけてしまう。
ヒナが飛び立つという結末を迎えるのであれば、もう少しヒナという設定の方にも気を配るべきだろう。
自己の心象表現からヒナに持っていく辺りはかなり強引に見える。あと…(三点リーダ)は使わないこと。
誤字にも注意。珍しく長いね。
評価D-

820 :吉野家:2006/11/16(木) 21:00:32 ID:wDOzRrkY
ブラックさん、評価ありがとうございました
メチャクチャ嬉しいな。
また頑張ってみます!

821 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/16(木) 22:31:16 ID:qN9DXa3W
>>807-808「マザーコンプレックス」

最後の疑問を投げかける終わり方が無性に詩を壊してると思ってたら807だけじゃなく続きあるんだって後で気付いた。
ありきたりになりがちな月の材料を活かしてます。
1〜4連はとても印象的に描かれています。この方向性と月と母の二面性が808でうまく着地している。
母親に女の一面をみると生理的な気持ち悪さを感じますね。後半読んでドーーーンと重くなった。
あぁでもタイトル…どうしても繋がってしまう。まあそんな個人的な感想はいいとして、話しの構築のしかたは見事。手慣れてます。C

>>780タイトル不備

思いを詩に綴りたかったのでしょうか。『理屈抜きで』は、そこに行き着く素直な感情なのだと思います。D

822 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/16(木) 22:42:20 ID:qN9DXa3W
>>750 タイトル不備

「昨日をコピーした今日」が今までありそうでなかった表現。毎日の短調さを強調しています。
「あの日〜水だった」のラストは意味深な外枠を残しただけで終わってます。
文学的ですが、内容は浅いと思う。掴みかけた夢のようなものでしょうか。表現力におまけしてD+

823 :名前はいらない:2006/11/17(金) 18:15:33 ID:AyM+jqMM
>>821
やさしいあくまさん、評価ありがとうございます。
子供にとって母親が女であることは不幸な気がして書きました。
それに起因するような嫌なニュースが多いなとも感じてたので…
後半が重くなったのは、前半には子供の心を残したせいかもしれません

評価人の方々いつもお疲れ様です。

824 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/18(土) 02:04:29 ID:PjcD0emX
>>794「革命」

脆い壁を蹴破れないだろうという挑発。
「すべてを否定し自分を肯定」は、変わるための日常と決別し、そのための自分を受け入れろという意味だと思います。「もう一人で〜」の2行は哀愁だだようというかもの悲しくなりました。がんばれよと。
後半から強気で挑発気味の道案内役が肯定的で優しくなったので個人的に期待外れ。
一般的だがタイトルは内容にあっていていい。D

825 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/18(土) 02:05:27 ID:PjcD0emX
>>795「世捨て人子 」

このタイトルだと、家庭内で親から見放された、と読んでしまう。
うーん、なんだろこのリズムの悪さは。8・5が多い最初もバラバラ。多少のズレなら影響ないが7・5から外れすぎてもよくない。切り揃えるならなるべく統一したほうが読みやすいだろう。
捨て子が二人。世の中をしたたかに生きていく。作品からは孤独より強さを感じました。
時代背景をさすものが描かれていないが内容は悪くない。ちょっと普通なところも許せる範囲。
何か足りないのだがアドバイスに至らない。
すいません。
ちょっと惜しい。D+

826 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/18(土) 02:06:18 ID:PjcD0emX
>>796「お前とこんなゲームがやりたい」

短詩が多いですね。同じ人かな。
「勝負するけどお前がかっこ悪くならないように手加減」する意味がわかりません。そんな配慮いる相手なのか。勝負は何の勝負なのか。
何も明らかにされていない。読み取れるものが少ないです。D

827 :名前はいらない:2006/11/18(土) 03:16:48 ID:/FxvMKGL
 _____________________
 |                              |
 | 今 ・  こ  ・  .基 俺 そ そ 聞 小 .     |
 | 頃 ・  の  ・  本 が の し  く  学 .      |
 | 俺 ・  言  ・  的 思 結 て と  校.       |
 | を 過 葉 い に  う 果 最 こ  の    テ  |
 | 笑 去 .に え は .に 得 期 ろ  性    ィ . |
 | っ に 騙  い .譲  、 た に に  教   ッ  |
 | て 戦 さ  え り  精 人 勝 よ  育 . .  シ . |
 | い っ れ .お 合 子 生 ち る  で. . . .ュ |
 | る た 続 先 い 達 が 残  と  、      .|
 | の 精 け に   .は  、 っ 莫 自 .   . |
 | か 子 た ど    戦 こ  た 大 分  .     |
 |    た の う    っ の の な  が      |
 |    ち が ぞ    て 有 が  数 昔      |
 |      俺 !    い  り 俺  の  、      |
 |      だ      な  様 様 精 精 .      |
 |      と      .い    だ 子 子.  .   |
 |      思      の    と  と だ  .     |
 |      う       で    い 戦 っ.  .   .|
 |      方      は    う  っ た.       |
 |      が      な    事 た 事 .    .|
 |      自      い    だ ら  を      |
 |      然      か       し. 知       |
 |      だ              い .っ       |
 |                      . た       |
 |                              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

828 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/18(土) 09:40:44 ID:vFf7rVFE
>>827
要は一番愚かな精子が俺だったってことね。
生命においての「勝利」とは何か?「生存」することである。生きるの一点である。
間違いなくほかの精子は死んで、間違いなくお前は生きている。
誰がどう見てもお前の勝利です。本当にどうもありがとうございました。頑張ってください。
評価D

829 :208Black RX ◆HAYATOo7aM :2006/11/18(土) 09:49:29 ID:vFf7rVFE
【指名無しリスト】 4作品

>798 >800 >802 >815

指名リスト
優しい悪魔さん >782 >814 >817 >818


830 :名前はいらない:2006/11/18(土) 14:47:08 ID:A8jxZVXo
やさしいあくまさんお願いします。

「シーソー」

何もかもが既知の風景
成長を忘れた誰かも溶け込むようさ

蟹のように横歩きして
寂れた公園の古びたシーソーを渡る
見慣れた山
赤錆た鉄棒

怪物が隠れていた薄暗いトンネル

お日様の明るさが目に染みるようになってから
何もかもが古びた絵画になった

幼年期の気まぐれを取り戻すかのように
突然シーソーを飛び降りた

831 :名前はいらない:2006/11/18(土) 16:18:20 ID:X0aO8M0M
「とことこ」

一定のリズムをとりながら歩いていると

頭に血が上り下らない妄想が浮かんでくる

歩けば歩くほど、下らない妄想が浮かんでくるが

糞の役に立ちそうにない

脳が破裂しそうなほどになるが

立ち止まったら家に帰れないので困る。

歩けば歩くほど、妄想が広がる

こうして頭も体も、疲れるわけだ


832 :名前はいらない:2006/11/18(土) 17:48:08 ID:IWmY6zU7
コードギアス 反逆のルルーシュ stage99
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anime/1163826126/l50

いよいよコードギアススレが大台の100を迎えます。
皆さんで盛大に祝いましょう。荒らし大歓迎です。

833 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/18(土) 22:31:13 ID:PjcD0emX
こんばんはー。3作行きます
>>798-799「楽園」

話しの進行のためか途中、説明に入ってしまっています。
主人公のせいでしょうが児童文学のような印象を受けました。先日見た児童書籍でも似たような事が書いてありました。
右から2番目の星に向かって朝まで飛び続けなさい。きっとネバーランドへ行けますよ!って。
ますますピーター・パンに見えてきましたW
正統派児童文学みたいですね。
もう疲れたよのあたり、楽園の導入部として明確さが欲しいと思いました。
うー、ピンとくるものがありませんでした。D+

834 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/18(土) 22:32:31 ID:PjcD0emX
>>800「吸収する皮膚」

これシュールだなぁ。実は言い方かえてるだけなんだけど、吸収するという意味が大変面白い表現だと思いました。
2連は自然なものから欲望だらけに。
3連、「吸い込む…」は某CMみたいです。4連「カサカサの草原」でさりげなく季節を表しいて良い。
5、6連も面白い。むしろ楽しい。7連、「吸い込んだもの」を空気のように吐き出す、そこのイメージをもう少し出していってもいいんじゃないかと思いました。ちょっと切り離されている気がしたので。
8最終連「何か」僕はこの「何か」って使い方は簡単に用いてしまうと表現を奪ってしまうといつも思います。
それを予測、想像させるだけの前置きがあって「何か」を使うならまだしも、突発的に用いて読み手に委ねてしまうのは無責任。
というか放棄しているように見えてしまう。ここがマイナス。
できるだけ自分のイメージを言葉に投影して欲しい。
それまでの構成、流れはよくまとまっていて良いと思います。
いろいろ言ってはいるけど、面白いには違いない。C−〜Cの間。

835 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/18(土) 22:34:09 ID:PjcD0emX
>>802「季節の抜け殻」

存在意義に疑問を投げかける作品。
うっすら何か掴もうとしているけども、中ぶらりんのまま、先の見えない不安な様子。
このもどかしさをよく表していると思います。
しかし一つの作品として、この普通の終わり方をしてしまっていいのか、もったいない気がします。
無機質な気持ちのまま別のラストを、と望みました。 C−

836 :名前はいらない:2006/11/19(日) 00:19:46 ID:echVadnv
「刻々」

日々の光景は
色を失った壊れたTVだ
大きなこの両手だから
小さなものを掴み損ねた

窓から差す優しい夕日は
僕には随分ふてぶてしい

並べていたやりたいこと
はじを倒されドミノ倒し

気づいた頃には発車時刻で
荷物ばかりがここにある

思った時にそれを触りたい
感じたときにそれを眺めたい

募るのはかなわない欲望ばかり
濁ったこの眼に移るのは
タイヤの外れた車だけ

837 :836:2006/11/19(日) 00:21:56 ID:echVadnv
やさしいあくまさんと+208さん,お願いします。

838 :名前はいらない:2006/11/19(日) 00:46:22 ID:echVadnv
やさしいあくまさん&+208さんお願いします。


「傷」

寂れた街の商店街
名物おやじが泣いている

明るい陽が差すこの街に
雨がたくさん降り注ぐ

神様どうかわたくしを
救い出してはくれまいか
寂れた街の片隅で想いを載せてつぶやいた

気付けば季節は巡り行き
名物おやじは亡くなった

商店街もその頃はひっそりなくなり消えていた

気付いた者は無いだろう
笑顔飛び交うその街の
テーマパークのその土に
おやじの涙があったのを

839 :ひぐらし:2006/11/19(日) 01:13:53 ID:qLGA+UAM
初カキコです。携帯からなので読みずらかったらごめんなさい。208さん、評価お願いします
「無」
人であれ物であれ 存在する全ての物は生で始まり死に終わる
人でさえも100年ほどの短い中 いったい何ができるというのだろうか

・・・・・・・・・・

考えれば考えるほど 全てが「無駄」だと考えてしまう
その考え自体が無駄だというのに・・・
だから私は何も考えないようにした
しかしそんなことはできなかった
私は「無」になりたかったのに・・・・
「・・・・・・・・・・・」
「・・・そうだ、鳥になろう・・・」
「・・・そうすれば何も考えずにすむや・・・」

私は屋上からはばたいた
・・・私は、「無になれた」

840 :ひぐらし:2006/11/19(日) 01:18:25 ID:qLGA+UAM
すみません。208+さんでしたね。間違えました

841 :名前はいらない:2006/11/19(日) 01:36:52 ID:Cp4n1SvF
「タクシードライバー」
俺はタクシードライバー
ヘッドライトにひび
動かないワイパー
おんぼろのタクシー
誰が手を上げても
止まるつもりはない
客ならいつも乗っている
やつの顔をはっきり見たことはない
やつはいつも適当な行き先を言う
やつはどこかで聞いた様な声で話す
俺はだめなドライバー
適当な運転
いつも遠回り
客は気が向いた時に
いい加減な額の金を払う。
やつの顔を今日はっきり見た
やつはやはり聞いたことのある声で
やつは完全に見たことのある顔で
やつはそう…俺自身だったのだ。
行き先を決めていたのも
そこまで俺を運んでいたのも
そのツケを払うのも
ツケを払う相手も
全部俺自身。
そして俺は
後ろで眠りかけている俺に
真正面から向き合い
これからどこへ行くのかと
真剣に尋ねてみたんだ。



842 :あおむし:2006/11/19(日) 02:18:53 ID:2isc7iOf
初めまして

「延」

月夜の灯かり
青白い水の中
魂だけがこの懐かしい場所で踊る
いつか迎えに来る光を待って

金色の雲海日が昇っても沈んでも
あたしはあたし
地に足をつけ深呼吸する
それだけでもいい
暗闇でも怖くない

いつか出会う光に身をまかせるだけ

だから今夜はもう寝よう



 

843 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/11/19(日) 06:21:56 ID:qf/Ni0/j
>>842
>いつか迎えに来る光を待って

>いつか出会う光に身をまかせるだけ

>だから今夜はもう寝よう

全編に渡って穏やかなイメージ(と明るい抱負?)が描かれていますが
その穏やかさ、明るさに相反して不吉な雰囲気が漂っていて
読み手にノイズのような不快感を与えています
上に挙げた箇所になると、感情表現が現れるせいか、捨てばちな気分が露わになります
読んでいてそれが一向に腑に落ちないのですが
書き手の血肉である現実として嚥下されることなく
あくまで書き手の是としない現実への反応に過ぎない「表情」によってそれが描かれているにも関わらず
最後に至るまでその不吉さをすっきりと打ち出せずに
それを未整理のまま片付けているところにあるように感じます
響きの微妙さや一句一節の喚起力、情報量の展開やまとめ方など、技術的には申し分ない佳作ですが
述べた通りの理由により、読感が不快なので評価はEにします

844 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/11/19(日) 06:39:47 ID:qf/Ni0/j
>>841
短いセンテンスを長々と連ねた独白調が
「おんぼろのタクシー」の「だめなドライバー」という題材と見事にかみ合った作品です
リズム感が整いすぎているせいで題材が持つはずの冗長さを殺すことになっており
それが珂僅になっています。C

845 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/11/19(日) 06:59:31 ID:qf/Ni0/j
>>815
わずか一行がぺれぺれだけで随分散漫に感じられます
捉え方は読み手によって変わるのかもしれませんが
雪と言われて何となく想像する白さと
外出前に寒さに思いやられるような億劫さを同時に覚えます
それらがぐちゃぐちゃになって固まったような印象です
B

846 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/19(日) 09:30:50 ID:apNai1LD
指名受けます。ですが、手加減しませんので。斬り捨て御免。
>>836
統一感が無い。それが第一印象。
なぜなら「小さなもの」、「思った時に〜眺めたい」、「濁ったこの眼」などの語句が説明できていないから。
4連の場面の切り替えが唐突でついていけない。5連も同様。
どういう意図を持って場面を切り替えるか、それが読み手に伝わらないといけない。
それをはっきり示すことで詩全体の筋がより分かりやすくなるだろう。
「刻々」は「時間の経過」。「発車時刻」は「ターニングポイント」か。就職とか進学とかそういう類。
「車」は「自走能力の無い自分自身」だろう。殆ど感覚で解釈してるから間違っててもきにしないでくれ。
誤字には注意。
評価D

>>838
名物おやじの泣く理由がはっきりしてない為にどのようにでも解釈できる。これは良くない。
おやじが「商店街が寂れたから」泣いてるとも取れるし、他に理由ならいくらでも思いつく。
「テーマパーク」と「おやじ」の関係も不明。ついでに何が「名物」なのかも不明。
タイトルも抽象的で印象を与えるには弱い。もう少し焦点を絞るべきだろう。
評価D-


847 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/19(日) 10:02:08 ID:apNai1LD
指名受けます。ですが手加減しませんので。斬り捨て御免。

>>839
↓一応、詩の評価。
「無」になる=「死ぬ」なんて安直過ぎる。
誤解を恐れず言うが雰囲気だけ。
評価E

↓自分勝手な一人ごと。
個人的なことで申し訳ないがテーマの選択がよくないだろう。実力が伴っていないと言うべきかも知れない。
「無になりたい」と言われても、読み手には「無」が何かなんて伝わらないから。
さらに言えば人によっても捉え方が違うだろう。それは至極当然のことで。
俺が言いたいのは「無」をテーマにしてはいけないと言うことではなく、
「自分の個性を使って、且つそれが読み手に理解させることができる力」が必要ということ。
個性っていうのは「自分だけの表現」と言うのかな。言葉だったり、書き方だったり色々あるけど。
そこに面白さが生まれてくると思うんだ。

俺も初めて来た時、下線棒に「洗礼」を受けたな・・・E評価でww
次はもっとよくなると思う。頑張ってください。
携帯なのに長くなってすまん。

848 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/19(日) 10:18:15 ID:apNai1LD
【指名なし未評価リスト】 1作品

>>831

【指名リスト】

優しい悪魔さん >>782 >>811 >>817 >>818 >>830 >>836 >>838

今更だけど評価人複数指名はできないようになってるんだ。いろんな理由で。
テンプレの説明不足で申し訳ない。そういうわけでよろしくお願いする。


849 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/19(日) 10:20:55 ID:oJ18I4Zl
久しぶりなので早速一発目、電波びゅんびゅんなモノを。
どなたでも宜しいので評価してください。

『256なんて眼中にない』
辺りに転がる肉の塊
そこに立つ男はこう呟く
あとは俺一人か、と

襲い掛かる大勢の魔物
男は最後の力を振り絞る
俺にできるであろうか、
全身全霊を込めて・・・

イオナズン!!



残念、MPが足りないようだ
僕は電脳世界から足を洗った

850 :名前はいらない:2006/11/19(日) 10:31:41 ID:+pMzua9Y
好きな理由が見当たらない

851 :名前はいらない:2006/11/19(日) 10:57:15 ID:+pMzua9Y
やだもん

ぜったい思った通りにするんだもん

ぜったい ぜったい ちょっと時間かかっても
ぜったい ぜったい やなんだもん

泣きながら叶えるんだもん

852 :名前はいらない:2006/11/19(日) 11:07:46 ID:EB6YKpmP
ことり ことり
ゆっくりと白い針が回り続け
私の熱を奪い 奪い 奪い

お星様
どうして震えてるの?

お月様
どうして嘆いてるの?

ぽとり ぽとり
ゆっくりと白い涙が降ってきて
私の上に積もり 積もり 積もり

雪だるま
どうして泣かないの?

私の殻を奪わないで
怖いの 怖い

今日も時計の針と白い涙と
ここで待ち続ける私


九泊さん、お願いします。

853 :名前はいらない:2006/11/19(日) 11:09:33 ID:JOay6WH/
http://hako2wa.dyndns.org/upload2/updown2.cgi

854 :ひぐらし:2006/11/19(日) 12:44:16 ID:qLGA+UAM
208+さん。どうもありがとうございます。
「無」とは人によってとらえ方が違うので、読み手にはっきりとわかるようなテーマで詩を作ろうということですね。その事をふまえて次の作品、頑張ってみます。

855 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/19(日) 21:54:10 ID:oJ18I4Zl
>>852
俺に評価頼む時点でどこかおかしい。

俺の感覚的に凄い表現ってのも見当たらないし何を伝えたいのかもわからないのです

きっと白い涙ってのが暗喩なんだな。。そんで私ってのも何かの暗喩。
本来その私がタイトルにされるべきで、無題では発想わかないです。
スッキリできないのでD+

それと歌詞でもないのに字数をがんばって揃える必要なんてないのでは。
俺が言えることじゃないか。

856 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/19(日) 23:09:05 ID:apNai1LD
>>849
まぁ正直、イオナズンなんか使ったことないけどな。男は黙ってメラゾーマ。
ミニデーモンね、そのオチ。256はすごろくじゃね?アレはSFCのVにだけだったような希ガス。
FCはやったことないから分かんないけど。
確か、「神」と戦って「武器」、「すごろく」、「エロ本」を貰うんだよな?多分そうだ。ナツカシスww
やっぱりすごろくしかないでしょwwwそういうわけで残念だが君とは意見が合わないようだ。(意味不
電波だし、なんとなく勢いだけで評価しちゃったし、つーか評価になってから
評価E

あと、評価人デビューおめでとう。

857 :名前はいらない:2006/11/19(日) 23:16:34 ID:FhT9wPGw
   ∧,_∧ ♪
  (( (    )
♪  /    ) )) ♪
 (( (  (  〈
   (_)^ヽ__)

858 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/19(日) 23:24:09 ID:333V9BoH
おお、九泊氏がいる。俄然やる気が出ました。

859 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/19(日) 23:25:09 ID:oJ18I4Zl
>>856
ごめん、俺実はドラクエ持ってないんだよ
ちなみにFFも持ってないの

評価はもうズタボロ
こんなのに指名するなんてよほどの物好きか電波だよ

860 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/19(日) 23:27:19 ID:oJ18I4Zl
>>858
俺みたいな浮遊電波にやる気を出さないでください

861 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/19(日) 23:31:26 ID:apNai1LD
>>858
俄然??
>>859
ええぇえええええxxxxxっぇえ!!!!!!!
256で3分ぐらい悩んだのに。若干、年代が一致しねーなーとか思ってたけど。
まぁ何百万と売れたゲームだから一本ぐらいやっておいてもいいと思うよ。世間的には許容されてる範囲内だから。
なんてゲームを進めてみただけ。そんじゃ。

862 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/19(日) 23:36:35 ID:oJ18I4Zl
>>861
ごめん、256ってのはほんの遊び心で
16進数のFFを10進数に直したら256になるんでそうしただけなんだよね
つまり、ファイナルファンタジーやるぐらいならドラクエやるってこと

でも僕はファイアーエムブレムの方が好きなんだ

863 :オレ ◆CeJ6D/I4qE :2006/11/19(日) 23:44:08 ID:itAFo92B
この天才の僕に指名がないのはナゼ?


なんで?  

元気だしなよ アゲアゲしてやるから

864 :名前はいらない:2006/11/20(月) 00:18:20 ID:+fPjSBuU
                          ∧_∧
                         (`Д´ )

                        //
                      //
                     //
      ブンッ          //
    /   ∧斌∧      //
  // / (   ´)  从//
 ("""""二⊂   彡⊃ ‘ 、' > ガッキーン!!
  """""   y  人   ⊂ ⊂ ) ←>>863
      ミ(___)__),, (__(__ ̄)


865 :ひぐらし:2006/11/20(月) 01:48:19 ID:JJZeNcaP
208+さん。もう一度評価お願いします。
「ジグソーパズル」
人生はジグソーパズル
一つ一つのピースが集まって完成することのできる絵
でも一つとして同じ絵はない
なぜならどんなピースを作り、どのピースを使うか決めるのはあなた自身だから
完成するのは何分後?何日後?何年後?
そんなことはわからない
だって絵の枠は用意されてないもの
だからそんなことは気にせずパズルをしよう
終わりの時が来るその日まで
パズルをみるのはその時
きれいな絵に仕上がってたらいいな

866 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/20(月) 03:39:05 ID:ZshuL43A
>860
君の電波を受信するためにこのぼさついた毛は立ってるんだの、うんうん。
>861
詩作ですじゃ。九泊氏が評価してるなんて知らなかったのだよー。
>863
恐らくトリップだけ知ってるけどコテを知らない人が多いのかと思うですよ。

以上構ってちゃんでした。雑談スイマセン。

867 :名前はいらない:2006/11/20(月) 14:10:01 ID:9vRVWeMz
「連続再生」
進む日々回るように
ベクトルはいくつあっても
結局は全て同じで
偶発を装ってたぐっても
たぶん全て決まっていて
くるくる回るように
巻き戻して
早送りして
前世
来世
定められたように
また再生
繰り返し繰り返し
擦りきれるまで

どなたか評価お願いします。

868 :名前はいらない:2006/11/20(月) 14:56:26 ID:uLR9eF4V
ああ、僕の頭に穴が開いた。
ああ、僕から煙が出ている。

ねぇ、その穴から何が見える。
腐敗した醜い樹海?
ぐしゃぐしゃに踏みつぶしたパピヨンの残骸?
それとも、昨日みた御花畑とうさぎのかわいい夢かな?

ねぇ、どこかにハートが吸い取られていく。
たまらないほど漆黒なんだ。


そうか、世界はこんな色だったんだね。

うさぎは笑ってた。
お花にキスしてんだ。
幸せそうだった。

・・幸せだった。


世界の色を知る前に見れて良かった。
こころからそう思ったんだよ。



208+さん、評価お願いします(*_ _)人

869 :名前はいらない:2006/11/20(月) 14:58:15 ID:uLR9eF4V

タイトル忘れた;
タイトルは「弾痕」で

870 :名前はいらない:2006/11/20(月) 16:25:12 ID:+fPjSBuU
3行目まで読んだ

871 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/20(月) 22:23:57 ID:zcflSv70
『着信』

着信がありません
着信が

僕の友達というネットワークには模様がありません
僕の脳みそはつながりがとろけるばかり

着信がありません

意味もなく着うたを取ったりもします
しかし鼓動は鳴り響きません


解約されました
ご愁傷様 さようなら

872 :名前はいらない:2006/11/20(月) 22:56:06 ID:pHVs8ns5
やさしいあくまさんお願いします!

「風模様」

穏やかな陽に散歩してる
銀杏並木が誘ってる

風一つ髪の毛を撫でる
されるがままにしていると
響くカラスの声に壊される

靴音気分まかせで
流行りの唄を奏でる

明日雨が降らなきゃいい
心配だけはカラスにあげよう

873 :名前はいらない:2006/11/20(月) 23:47:40 ID:2czDmgN/
「あだ名」


「からす」がトモダチ
たぶんそうだった
おれチーマーだった


やっぱ、弱っちい存在のお前が彼女だった

874 :名前はいらない:2006/11/20(月) 23:49:07 ID:+KCdlj1v
喋るべき人間ではない。

クラス内で作られている壁?
無理につけさせられてる 仮面のような。

875 :喪失:2006/11/21(火) 00:33:10 ID:iAnOanYr
サラリーマンじゃいられない

それは希望か真実か

876 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/21(火) 09:46:46 ID:uf3fTlJh
おはようございます。指名うけます。斬り捨て御免。

>>865
いきなりで悪いけど設定が無茶苦茶。
「ジグソーパズル」を「なぜなら〜あなた自身だから」が否定している。
パズルっていうのは「枠の中に決められたピースを完成図の通りにはめ合わせるゲーム」なはず。
なのに「ピースの形」さえ自分で作れるのなら、それはもはやパズルではないのだ。
もうひとつ。
「完成図」が無いパズルは組み立てられない。ピースの数に比例して難易度も上がる。
最後の「きれいな〜いいな」ということは「完成図を見ながら作っているわけではない」と言うこと。
これも同じくジグソーパズルを否定している。
このような理由により読み手には(少なくとも俺には)多少の違和感を与えてしまう。
つまりは設定に無理が生じているのだ。これはいただけない。
しかしながら、こないだのよりは良くなっているとオモ。
評価D--

877 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/11/21(火) 10:27:17 ID:vMzjHuuY
未評価まとめ
相変わらず指定スレなのに指定が少ないなwwww

指定無し
>831 >867 >871 >873 >874
>875

やさしいあくま氏
>782 >811 >817 >818 >830 >836 >838 >872

208+氏
>868

878 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/21(火) 19:00:45 ID:uf3fTlJh
指名受けます。斬り捨て御免。

>>868
ちょっと話の飛躍が大きい。
正直、4連からついていけない。「世界」は何?
「自分の頭の中」なのか「目に見える世界」なのか具体的に示さないと理解されにくい。
「うさぎは〜・・幸せだった」は要らないだろう。説明不足だし唐突に現れて話を寸断している。
最後が自分のことだけで終わってしまうと自己満足だと思われてしまう。
『自分だけ=書き手』の話に魅力は感じない。「パピヨン」「うさぎ」「樹海」もっと活かせる筈だ。
一人よがりにならないように注意。
評価D--

>>877
指名がないのはカスタムクオリティー。未評価サンクス。

879 :名前はいらない:2006/11/21(火) 21:07:48 ID:xV+Of9tk
>>831 妄想がどうなっていますか?浮かんでくる。浮かんでくる。広がる。
で、心も体も疲れる。と。もっと先に行かないと詰まらんですよ。 D−

>>867 結論そのものを書いちゃうと、言葉を尽くす意味がないですね。
比喩書いたりするのは、そうしたほうが面白かったり、より意図が伝わりやす
かったりするからじゃないですか。「全て同じ」「全て決まっていて」は、味気ない。
封印してかいてください。 D

880 :名前はいらない:2006/11/21(火) 22:22:33 ID:yfrMUVjW
http://www10.plala.or.jp/the-vsop1985/
評価してみれ

881 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/21(火) 23:48:46 ID:GV3q1CKi
>>798-794 >>800 >>802の評文あるんだけど、投下したっけ?テキストから消す前に確認

882 :ファジー:2006/11/22(水) 00:00:16 ID:iAnOanYr
「迷探偵」

犯人わかっちゃったんですけど








僕の兄貴だ

883 :名前はいらない:2006/11/22(水) 00:01:28 ID:4nSLsrD1
>>881 評価済みですね。

884 :ひぐらし:2006/11/22(水) 00:12:46 ID:p38GPG7c
208+さん。評価お願いします。
「トモダチ」
いつも一緒に笑いあい
いつも一緒に泣いている
お互いケンカしたこともあったけど、自然と一緒に笑っていた
いつかは別れてしまう運命だけど、悲しくなんてない。生きていればお互いいつかまた会えるから
それまで一緒に笑っていよう
そしてまた出会ったとき、「今」みたいに一緒に笑おう
あの時ケンカしたことを思い出しながら・・・

885 :名前はいらない:2006/11/22(水) 00:20:12 ID:Zck3ra/U
「 」

誰かが言った

死んでしまった
人格異常者だ

886 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/22(水) 09:28:08 ID:fbYvhTtB
>>880
はいはいすれ違いすれ違い。

評価します。斬り捨て御免。

>>882
どうせーちゅうねん。評価E

>>884
俺は男なんだわ。だからと言う訳ではないが、正直、ちょっと拒否反応が出てる。
こういう詩は書こうと思えば誰でも書ける。適度な想像力と適度な(詩の)センスがあれば。
この詩のどこに君の「特長」があるのか。どこに「工夫」を凝らしたのか。それが見えてこない。
悪く言えば「ありきたり」というべきか。どんなものなら読み手を引き寄せられるか考えて。
評価D-

>>885
意味不明。評価E

そろそろ次スレの時期だな〜とぼやいてみる。

887 :名前はいらない:2006/11/22(水) 12:54:36 ID:lAbLSiuv
博物館

原始時代の人間は
石器の中でガス
をばらまく

腐ったようかんの臭い
が国立博物館に
充満し小学生が失神した

風船が破裂してその破片は
引率の栗原先生の胴体に残らず突き刺さった
よく見るとそれは矢じりだった

警備員は踊り始める
祖先の原始人の血を思い出しながら
昼に食った定食を吐き出す

888 :テスト:2006/11/22(水) 14:32:03 ID:jEEa4DAp
テスト

889 :名前はいらない:2006/11/22(水) 14:34:37 ID:4S75fcdn
「現実逃避」

逃げては止まってる
現実の壁が怖かった
また後悔を重ねる

威圧と圧力に恐れて
言い訳の皮を被っては
目を背いた

向き合うことが
逃げ出したくてたまらない

受け入れられない自分が愚かで惨めで
消去したいくらい壊したかった

今の僕は
それすら踏み出せない未熟者

評価宜しく御願いします。


890 :高科泰樹:2006/11/22(水) 15:12:58 ID:jEEa4DAp
はじめして。どなたでもよろしいので、評価よろしくお願いします。長いですが…(^_^;)

「words」

抱えてる悩みや夢や過去は一人一人違うものだから
誰にも責めたりできないよな

今までもすべてを話してきたわけじゃないし、ましてや すべてを認めてきたわけじゃないだろう?

きっとみんな誰かに必要とされたいと願ってる
僕だって 例外なく

「孤独」なんて簡単に口にしないで
周りを見渡せば案外、味方っているものさ
自分の殻に閉じこもるのも良いけど
僕らは汗をかき 涙流して また一つ強くなるんだ

891 :高科泰樹:2006/11/22(水) 15:15:12 ID:jEEa4DAp
↑の続き

いつでも笑顔のあの人にも 君や僕に話せないことを抱えて過ごしているかもしれない

心に隠した本当の気持ちなんて 何も変わらない見た目でわかるはずがないだろう?

だからみんな言葉に置き換えて伝えてる
気付いて… 光に怯える闇

黙っていたら何をしたいのか見えてこないよ?
どんな感情でも言葉に置き換えて
ぴったりの形が見つからない事もあるさ
気付けばそんなもどかしさも一つの形

892 :高科泰樹:2006/11/22(水) 15:16:47 ID:jEEa4DAp
↑の続きです(^_^;)長くてすみませんm(._.)m

ねぇ、独りでもできることはいくらでもあるけど
独りじゃできないことだってあるだろう?
難しい言葉なんて使わなくていいよ
一言でいいから いつもの自分の言葉で伝えてほしいよ

言葉は器さ 温もり生むのは“伝える気持ち”

893 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/22(水) 16:17:58 ID:c3wZD/Nd
>>890-892 拙い評価かも知れないけどがんばるよ
全体的に見て、表現がまるでなっていないと感じたです
ストレートすぎるのに、何をストレートに伝えたいのかわからない
『君』に対して『僕』は何を伝えたいのか、ね

ようは学校の先生のわけわからん話と一緒さ D-
それと、語りかける口調の詩でこんなに長いと気持ち悪く感じるです。以上

894 :高科泰樹:2006/11/22(水) 17:31:27 ID:jEEa4DAp
九泊さん、評価ありがとうございます<(__)>とても勉強になります! 僕のは詩というか歌詞なんで、どうしても長くなるんですよね(^_^;)もしかしてスレ違いなんでしょうか…(-.-;)

895 :sui /1:2006/11/22(水) 17:52:43 ID:Ao+Ldy1m
はじめまして。 どなたでも、もしよろしければ評価お願いします。

「声」
耳の奥で聞こえた
泣き叫ぶ子供の声だ
どこに居るのかい そこはどんな所だい
細い声がくぐもって聞こえる
暗いよ 悲しいよ 寂しいよ

今行くよ
僕が君を助けてあげる
君は僕のところへ来てくれたから
外へ出なくても生きていけた
笑わなくても生きていける
たった一人でも死ぬことは無い
そんな僕のところへ来てくれたから

頭が痛い
君の声が大きいから
耳に響いて、叫びのようだ
怖い 苦しい 助けて 助けて

待ってて
今いくよ
何故だか分からないけど
君は僕が助けなきゃいけないんだ
僕だけが僕だけが



896 :sui/2:2006/11/22(水) 17:53:44 ID:Ao+Ldy1m
君は僕の心に似てる
まるで君が 僕のように
誰かを欲しがっているから

気づいたんだ
寂しくて壊れそうだった
あの声は僕だった

長くてすみません;

897 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/22(水) 18:27:14 ID:fbYvhTtB
問題なのは長いことではない。テンプレを読まないことだww

898 :高科泰樹:2006/11/22(水) 20:23:41 ID:jEEa4DAp
長いのは問題じゃないんですね(^^;)ところでテンプレって何ですか?初心者な質問でごめんなさい…(。・_・。)

899 :名前はいらない:2006/11/22(水) 20:31:00 ID:4S75fcdn
>889です。
私も指定してません
でしたorz
すみません。
208+さんやさしいあくまさんよかったら評価御願いします。



900 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/22(水) 20:41:13 ID:fbYvhTtB
>>898
簡単にいうと各スレッドにおいて「ルール・使い方」を明記したもの。
その殆どがスレの頭にある。>>1を読んでくれ。

900ゲトー!


901 :名前はいらない:2006/11/22(水) 22:03:52 ID:dh9FNrvX
(;´Д`) いい湯だった
(〜 )〜
< ω >

902 :高科泰樹:2006/11/22(水) 23:09:16 ID:jEEa4DAp
208+さん、わかりやすい説明ありがとうございます<(._.)> 指名制なんですね(><;)以後気をつけますm(__)m

903 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/22(水) 23:41:09 ID:61I/oOC2
>>883ありがとう。昨日調べてる暇なかったから助かりました。

さて、もう900切ったんですね。はやいなー。950 過ぎたら投稿規制、残りは評価、次スレに移動しましょう。

お、九泊さんきてる。
評価人の皆さんお疲れ様ーっス。2になってから勢いに乗ってますね。過疎スレだったのが嘘みたいだ。


904 :名前はいらない:2006/11/22(水) 23:47:09 ID:Zck3ra/U
「 」

お前がいじめられっこやってんな
知ったかぶりのお前がな

うじうじねちゃねちゃきしょいのん
べたべたねちねちキモいのん

わかった今どき書いてんの
泣きやむ間に書いてるのん

905 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/22(水) 23:58:33 ID:61I/oOC2
@>>811「雨」/♭さん

指名受けます。
うーむ。丁寧に書けてる部分もありますが、雨に自己を投影できないでいる気がします。

5連1行目、「雨粒降り出した雨〜」は重複してる。雨を2度使わないほうがいいと思います。
「傘のなかは皆同じ」に何か心情をさすような真意があるといいんだけどと思う。
6連の「つまらない行動」にも真意を置いて欲しい。
7連目、「泥のように」がいいなぁ。
8連、ラストは消化しきれない。情景にもいまひとつ心がのっていない。そんな感じです。雰囲気は悪くないが、簡単過ぎるので何か盛り込んで。D

906 :高科泰樹:2006/11/23(木) 00:15:53 ID:GWfH3Kut
「帰郷」

久しぶりの里帰り
あの頃と何も変わらない風景
まるでここだけ時が止まっている様
だけど暦は確かに進んでいる

平等に与えられる時間
持て余している様で実は足りない
この頃気付いたんだ
君から見る僕は成長していますか?

父親の笑顔を見上げていたのはいつの日だったろう?
今ならきっと僕の方が背が高い
幼い日々を思い出しながら、新たな決意を手を合わせて伝えた

時々は会いに来るから心配しないで
言葉はなくても 遠く離れていても
家族の温かさに何度でも救われる


208+さん、評価をお願いしますm(._.)m

907 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/23(木) 00:55:21 ID:EHFuHOnm
>>817「Eyas」

誤字は脳内変換します。この詩の大半はイメージによるものだ。
そんで得に後半は抽象的な詩の悪さが出ている。それでも中盤まではImageが移動していくため心地よく入っていける。
でもずっと同じペースじゃなくて、どこか(中盤〜)にメリハリをつけないと、抽象的なだけに退屈してしまう。
ラストで第三者的な目から引き剥がし、主人公本人の目線でリアルさを求めるって方法もあるよ。
前半に対して後半がありきたりに近いのでD+

908 :ひぐらし:2006/11/23(木) 02:45:15 ID:WmbVQ/is
208+さん。評価お願いします
「裏表」
私が朝を迎えた頃 君は眠りについている
私が眠りについている時 君は朝を迎える
私が電話をかける時 君はぐっすり眠ってる
きまが電話をかける時 私はぐっすり眠ってる
私は君と会いたいのに
君も私と会いたいのに
どうしてだろう

『私たちの心は離れるばかり』

私は君に会いたいのに
君も私に会いたいのに

『簡単に会うことはできないね』

私と君が会える簡単な方法はないけれど いつかかならず会えるから
それまで君は私を忘れないで
私も君を忘れないから

それまで君は私を信じていて
私も君を信じているから

909 :ひぐらし:2006/11/23(木) 02:49:21 ID:WmbVQ/is
すみません。4行目の「きまが」は誤字です。「君が」に直して読んでください

910 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/23(木) 12:58:53 ID:EHFuHOnm
>>782は評価済み

僕の指名分>>838まで評文できてます。今日かあさって投下しまーす

911 :名前はいらない:2006/11/23(木) 13:58:31 ID:/UMMYLlB
評価お願いします。

「疑心暗鬼」


所詮私が信じてきたこと等
あなたにとってはほんの些細なことで
きっと何かに怯えていた夕暮れも
本当はそれ程怖くは無かった

こうして居る間にも
あなたはそっと目を開けて
訝し気な顔
近付いて来たなら 

ほんの先の未来でさえ厭がり
少しの過去をも繕っては苦笑い
きっとあなたはこうして私の頬に触れ
本当はこんな筈じゃ無かった。と

こうして居る間にも
あなたはそっと口を閉ざし
怪訝そうな顔
云い寄って来たなら 


912 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/23(木) 15:13:11 ID:EHFuHOnm
>>818 「ロケット」/鈍色さん

指名受けました。
これは自然やカワセミが獲物をとる様子についてよく目を凝らした作品です。非常にうまい。
時間の流れに、焦点の合わせ方、捕らえた瞬間をスローモーションにする描写にメリハリがよく出ています。
青光り/稲妻の発想が自然なものの美しさと合っていて個人的に素敵だと思いました。
人によっては内容がないと指摘する人もいるかもしれませんが、僕は飾られていない自然の描写の方が完成度高いと思った。
1連「空から飛び出した」に一読目疑問を感じたが、空、水と場面わけされてることを考慮するとなるほどなぁと納得できた。
獲物を捕らえる過程で水=獲物=魚と連想できるかは人による。最後までくるとカワセミ=魚がわかるけど、作品を濁すほどマイナスでもないし、あまり気にすることではないかな。高評価だすときって、ぱっと出てくるときと、すごい迷う時があるんだよね。B

913 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/23(木) 15:15:07 ID:EHFuHOnm
鈍色さん

Bおめでとう★オススメしときます。

914 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/23(木) 20:05:59 ID:W0stB90A
>>912
おお久し振りにB見た。本スレでも言ってたけどBの壁って高いのよね。
あぁセン5のBに届く日が俺にはくるのか・・・・来るのかー!!                      多分来ないよねw

「ロケット」に関してだけど「火花」のとこがよかった。俺の評価でいうとC+。
ガーんとここに響く表現があればよかったなぁ。

915 :名前はいらない:2006/11/23(木) 20:41:29 ID:LJBO1YZb
>>912の程度がよくわかった

916 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/23(木) 20:59:42 ID:W0stB90A
指名受けます。斬り捨て御免。

>>889
タイトルのままの意味だということは理解できる。
でもこれだけでは物足りない。もの凄く足りない。
ずっと一本調子だし、盛り上がりに欠ける。閉め方も弱い。
言葉も少しおかしい。「目を背いた」→「目を背けた」 「向き合うことが」→「向き合うことから」
ん〜心を揺さぶる道のりは遠い。
評価D--

>>906
ストレートな詩は好き。
ただ2連の「平等に〜足りない」は必要ないと思う。もっと言えば2連全て。
「君」というのは誰なのか曖昧になるので止めたほうがいい。「父」ならば「そこ=墓」でもいいだろう。
まぁ他人の詩に手を出すのは良くないと知りつつ言ってしまう。すまん。
3・4連は平凡だがイイ。リズムが良ければもっと良かったかも。
評価D+

>>908
「君」と「私」の遠距離恋愛。
おかしいと思う事だけ突っ込んどく。
メチャクチャ会いたいなら「電話」ぐらい取らないか?午前0時と正午だろ。普通じゃん。
「君も私に会いたいのに」は流石に誰も納得しない。相手の心理を断定することなどできないから。
2行目までは良かったがそこから先が面白くない。完全に行き止まりだ。
同じようなことをダラダラと書く必要はないし、「だからなんだ」と言われてしまえばそれでおしまい。
俺は「君」じゃないから理解はできても「心を打たれること」は無い。もう少し比喩なり何なり使ってみればいいと思う。
自分の詩をできるだけ客観的に。
評価D-



917 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/23(木) 21:15:59 ID:W0stB90A
評価継続。斬り捨て御免。

>>873
どうすればその結論に至るのか、その過程が必要だ。
評価E

>>874
日本人特有の悪しき習慣だよね。
しかし「ような」をつける意味はあるのか?
評価D-

>>875
恋する乙女じゃいられない♪
「希望」か「真実」かどっちでもいいです。好きなほう選んでください。
評価E

918 :名前はいらない:2006/11/23(木) 21:23:52 ID:LJBO1YZb
>>818はありがちな中学生の詩。評価は何を基準にするのか知らないが俺的には普通のDです。
詳細
「ロケット」

野生のロケットは >ロケットはカワセミもしくわ くちばしのイメージ。
獲物を見つけると空から飛び出した >空から飛び出すの表現が安易だと思うがここは想像ということだな。枝に止まってたりして魚を狙ってるよな。

青光りする身体が稲妻のように見えた >表現がありきたりな希ガス。「やまなし」宮沢賢治などを読むとそう感じる。
川面が激しくあわ立ち静寂を破る    >静寂を破ったんなら水面じゃないのか?川面は水の流れがあるから。
しかも、動作が速いから一瞬の〜だな。

ロケットは水の抵抗をもろともせず突き進んだ >カワセミをロケットに置き換えてる効果がない。この行必要?
獲物が襲来に気付いた瞬間にはもう遅い  >そのとき獲物はどうしたの?動いたの?動けなかったの?
鋭いくちばしに身体を押さえつけられ >文章がもたついてる希ガス
一瞬のうちに命は火花となって捕らえられる >火花ってなに?

今、川面から一羽カワセミが飛び立った >川面

別に、私はうまい詩を書けるわけではありません。気に障ったらすみませんでした。

919 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/23(木) 21:31:50 ID:W0stB90A
【未評価指名なしリスト】 未評価5作品

>871 >887 >895-896 >904 >911

【指名リスト】
やさしいあくまさん
>>830 >>836 >>838 >>872 >>889
ついでに言うと>>782の「あくまさん」の評文は載っていません。レス抽出で確認しました。
おそらく載せ忘れたんではなかろうかと。

920 :名前はいらない:2006/11/23(木) 21:38:56 ID:3Lj0K5/l
指定無し
>871 >887 >895-896 >904 >911
やさしいあくま氏
>830 >836 >838 >872


921 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/23(木) 21:48:55 ID:W0stB90A
>>918
評価なんてひどく曖昧なもの。人によって変わるから。
火花ってのは一瞬で消えてなくなるってことジャマイカ?
これがいいと思う理由は無駄がないこと。風景だけで詩を書く。俺にゃ中々できん。だからこその高評価。
最後もキリっとっしててイイじゃない。実にキレイな詩。書いてみたいわ。
ロケットが自由自在に動くわけないけどなw「静寂」の部分はその通りだ。
しかし、今時の中学生がこのレベルを書けるとも思わないけど。
下手な絡み方して悪かった。その勢いで他のも評価よろしくw

>>920
ありがとう。そしてすまん。

922 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/23(木) 22:06:06 ID:Ad3jM6EA
>>921
いまどきの中学生と言うか俺はあんな詩を書かないなぁ

中学生は表現が甘いところがあるから(『ロケット』も表現自体はありきたりみたいだし)
電波でも飛ばさない限りやってらんないんだよねぇやれやれ

でも澄み切った川をイメージさせるようなわかりやすい比喩はいいと思う
俺の比喩はほとんどの面でマイナスにはたらいちゃうもんね

923 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/11/23(木) 22:23:32 ID:xWrNClzU
>>912
評価ありがとうございます。
Bを貰えるとは思っていなかったのでありがとうございます。

>>914
自分としてはカワセミの方に焦点を置いたつもりなので
「ロケット」っていう題名になりました。
「火花」って言うのもちと捨てがたいですなw

>>915
評価ありがとうございます。
まあ、ありがちな表現とありがちなお題目って感じなので
それぞれ評価が別れるものですし、915さんがDだと思ったら
その通りだと思います。
でも、>>915の「程度がわかった」ってのは余計じゃないでしょうか。

>>922
中学生のころは自分も詩なんて全然書いてなかったですからねえw
まあ、自分の表現もまだまだ稚拙なのでもっとがんばりますよー

と、言うわけで長々申し訳ない('A`)

924 :名前はいらない:2006/11/23(木) 22:51:55 ID:LJBO1YZb
>>921 一瞬のうちに命は火花となって捕らえられる >が ”一瞬で消えてなくなる”命なのか運命なのか あいまい。
カワセミに捕まっても、魚はほぼ生きてる。飲み込まれても生きてる場合が多い。
よって運命と考えるのか?
評価がBなら B:言葉の狩人だか あいまいな:言葉の狩人 ということか。
詩が全体的にあいまいで逃げてる。と思いました。


925 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/23(木) 23:09:14 ID:W0stB90A
>>924
ここまでいうのもアレなんだが君の解釈に興味は無い。
評価したけりゃすりゃいいし、Dをつけたきゃつければいい。>915みたいなレスもいらない。
一々人の評価に口を出すのは止めておけ。下線棒でもやらんことだ。

926 :名前はいらない:2006/11/23(木) 23:27:07 ID:LJBO1YZb
>>925 スレ違い

927 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/11/23(木) 23:31:47 ID:xWrNClzU
>>924
とりあえず、自分の詩の評価が気に食わないならそれで構わないですが
ダラダラと管巻いているのはどうなんでしょうね?
>>818の詩が貴方の中ではDだったで良いんじゃないですかねえ。
無駄にスレ伸ばすのやめましょうよ、この話は是でお終いと言うことで。

928 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/23(木) 23:45:11 ID:Ad3jM6EA
>>927
低評価を出した奴にイヤミを言うのは阿呆に見えるからやめとき。

929 :高科泰樹:2006/11/24(金) 00:10:09 ID:xbBLzCSU
208+さん、評価ありがとうございましたm(._.)m一つでも「イイ」と思ってくれる部分があって良かったです。まずはD=素人の域から抜けだすのを目標にします!また、よろしくお願いしますね(^^ゞ

930 :名前はいらない:2006/11/24(金) 08:42:37 ID:ND1NN1Mk
「雨」

何処かの軒先
長い沈黙のなか

「早くあがるといいですね」

心とは裏腹で些細な会話も出来ずにいると

やがて空は冷たく晴れ渡っていった

あなたは嬉しそうに長い髪を揺らして走る

それを見た私の心だけが

いつまでも雨の中にいるみたいだった



931 :名前はいらない:2006/11/24(金) 10:02:57 ID:x78u5SKW
+208さんお願いします。

「眠々」

手足の自由を奪われ
思考だけが漂っている
暗黒の世界に無限が広がる

桜咲く雪の日に紅葉を見ながら
落ち葉の上を歩く

得難いものほど得たくなるばかり
だからといって思ったままには見えやしない

うつし世を憂いだ小狐が
人の成りして紛れるように
夢想に逃げ込み笑っている


932 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/24(金) 20:29:52 ID:Y8b60cnd
指名うけます。斬り捨て御免。

>>931
夢は思ったままには見れないな、確かに。タイトルは造語だろうか。調べても出なかった。
どうせなら2連に「夏」も入れればバランスが取れていいと思う。
全体的に良くできてるがあえて言うならインパクトが足りない感。
ふいんきは良く出ているが短かいせいで物足りない。説得力に欠けるているような。
もう少し肉付けしても良かったかもしれない。終わり方は上手い。
評価D+


933 :名前はいらない:2006/11/24(金) 20:52:27 ID:zCuejiQP
>>889です。
208+さん評価有難う御座いました。
評価見る前では 足りないとことか明確にわからなくて。でもこうして評価を見て自分には見えない部分がわかってよかったです。
勉強になりました。次書くときは 上にいけるように頑張ります。

また詩を投稿した時は宜しくお願いします。



934 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/11/24(金) 21:48:33 ID:VyLNy1Mq
『ポリエチレンの壁について』

僕が旧舎を離れた時に、
草花たちは暖色で溢れたパレットのような顔を見せた
僕も多分、同じような顔をしていたと思う

屈強なスイマーは言った
「全てがポリエチレンだったら僕たちは生きていけない
 喜びも悲しみも吸収して、息すらできないのだから。」と

君と私の間にも、誰かと誰かの間にもポリエチレンの壁はあった。
そしてそれは自らの中にさえあるのだ

私が旧舎に戻った時には、草花は枯れ
そして私の顔もポリエチレンのように無機的であった


やさしいあくまさん、お願いします。


935 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/11/24(金) 21:50:35 ID:VyLNy1Mq
ところで・・・・誰かこの僕を指名する者はいないのかね。

・・・・・まあいい・・   ・・・・・・・まーいいさ

936 :名前はいらない:2006/11/24(金) 22:01:56 ID:x78u5SKW
208+さんお願いします。

「幸せ」

寒いから暖かい場所へ行こう
淋しいから誰かに会いに行こう

そうしてばかりいる
欲望を簡単に満たしてしまう毎日

暖房をつけながらアイスクリームを食べている
ドラマを見て悲しい気持ちを作り出している

手の届くところにある
手軽で便利な幸せ

だけれども悪夢だけが避けがたくて
今日も寝ないで起きている


937 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/24(金) 22:06:17 ID:Y8b60cnd
>>935
勝手にやればいいんだぜ?
ここは素晴らしき二十評価推奨スレッド。
とりあえずミツルの出番は次スレでww

>>936
明日にでも。

作品投下は>>950まで。残りは評価に充てます。

938 :やさいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/24(金) 23:21:55 ID:xDmyvxEx
>>830「シーソー」

指名受けます。幼少期のシーソーの思い出は成長とともにかすんでいった。そんな幼少期に触れ、主人公の思うところは…?
追憶の雰囲気はよい。3連の「怪物が隠れていた薄暗いトンネル」は子供の頃の感覚をよく表していると思います。
自己についてはさわりしか描かれていない。「成長し忘れた誰か/お日様の明るさが目に染みるようになって」の二つだけですね。
それもあまり具体的に内容と絡まっていない
ここまで哀愁だせるのなら、主人公のその後、現在について内面を追っていく
書き出しもできるとただ思い出話だけじゃなくて内容も活かせると思う。
最終連、「気まぐれに取り戻す」も全体をみたときにやや明確さにかける。
完成されていなくて惜しい。D+

939 :やさいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/24(金) 23:31:48 ID:xDmyvxEx
>>836「刻々」
指名受けます。
誤字は脳内変換。失敗を繰り返し、落胆し続ける人生の先に進めないという内容でしようか。
1連、「大きな〜手/小さなものを掴み損ねた」の対比は理由/結果の成立にはいまいち理由を与えていません。
しかしこの先、詩の中心となるものを1連に持ってきたのはよい。
全体的に現実感が足りないかな2・5・6連を具体的に書き出すと(エピソードなど)主人公の置かれている状況など把握しやすいし、リアルさも増すと思います。
細かいところをいうと4連「発車時刻」で連想するのは電車であり、バスだとすると、市バス以外の長距離バスか地域限定みたいな感じになるかなぁ。
最終連では「車」となってる。電車じゃないにしてもあまり明確にイメージできない。

940 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/24(金) 23:36:12 ID:xDmyvxEx
つづき>>836の評価は無念D−

941 :名前はいらない:2006/11/25(土) 00:18:54 ID:H5htRPJg
「未恋歌」

冬めいた
季節を感じ想い出す

時めいた
過去の景色を見つめても

今はただ
一人春待つ浮寝の鳥


208+さん、評価お願いします。

942 :ですのーと:2006/11/25(土) 00:44:58 ID:J80QSOc5
あの人が白だったら私たち犯罪者・・・

943 :◆FLAT/9cyos :2006/11/25(土) 00:56:27 ID:9AA2kWgv
>>811を書いたものです。やさしいあくま殿、評価ありがとうございました。
ところどころで雑さが出てしまったようですね…。出直して来ます。

944 :名前はいらない:2006/11/25(土) 09:22:36 ID:sD96aQzC
「先を垣間見た男」
夢で見た場所に感じたのはデジャ・ヴ
目を覚まし残ったのは違和感
時間が教えてくれたのは確信

よく知っている
何度も何度も訪れている

残った違和感は現実という理由
あの場所はまだ存在してはいない

僕であって僕でない男

気まぐれなのか 干渉なのか
意図するところはわからない
きっと必要ないからだろう

945 :名前はいらない:2006/11/25(土) 11:10:19 ID:ryTlS4qw
>>911ですが>>935様評価お願いします。

946 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/11/25(土) 11:44:50 ID:l8yxirXE
>>911
「疑心暗鬼」・・・めちゃダサッ。読む気なくす、絶対変えた方がいい。

1連目最初の2行、こういう感じで入られると、すごく個人的というか
君とその男だけの背景があって、読む方は「何があったか知らんけど・・・」ってなるわな
でも次の二行が良いね。三行目が文章になってない気もするけど、まあいい。
よくある表現ではあるけどね、使いどころが問題だろうね。

二連目は四連目と対になってるね。
「訝し気な顔 」「怪訝そうな顔」・・・うーんほとんど同じだろ。違うのねえの?
「〜て来たなら」で終わらせてるのが良い。疑って戸惑っている印象を受ける

三連目・・・これも「何があったか知らんけど」状態。つまらん表現。
ここはセンスを評価するスレだよね?そうなると君はD-になるわけだが、
文章としての物語としての評価をすると・・・評価D(+)アイマイ

・・・・もう俺を指名すんじゃねえぞ。僕はもっと素敵な創造性に溢れる詩が読みたいのだよ

947 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/25(土) 12:04:05 ID:iax3WDQS
>>946
最後のは言い過ぎさ。

さて>>950まで作品募集中。残りは評価のみ。

948 :名前はいらない:2006/11/25(土) 13:08:39 ID:+fzoyvKe
944です
スルーでいいです

949 :名前はいらない:2006/11/25(土) 13:43:17 ID:ZoptiCOb
208+さんお願いします。

「忘れもの」

さぁあの川で泳いでみよう
淋しさをいくつ繰り返しても
乗り越える事ができなかったから

年をとるのはおまけにつくけれど
途切れ途切れの思い出を繋いでいきたい

さぁあの川でズブ濡れになろう
土の上を降り注ぐ雨の中走ってきた
さよならばかりはもう言いたくないから

汚れていくのはわかっているけれど
途切れ途切れの日常を繋いでいきたい

蜘蛛の巣にかかりもがき苦しむ羽虫のようだから
壊れた明日までの距離を繋いでいきたい

950 :名前はいらない:2006/11/25(土) 14:11:54 ID:/yO6fBTi
初めて来たのでわからないため指名はしないで書きます



いつだって あなたは言う
「君は僕を愛してるんだろう?」

独りよがりのあいじょう
確認しなくちゃ 得られぬあんしん

そんなつまらないもの背負ってる
あなたなんて 嫌いだわ

  / あいの確認



951 :名前はいらない:2006/11/25(土) 14:27:08 ID:a5sXIMB3
「晴れのない空」
ある秋の午後
空はほとんど真っ黒で
怒気をはらんだ雷鳴が
はるか遠くから轟いている。
俺はじっと屋根の下で雨宿り
いつしか雨はやんだが
それでも不安は消え去らない。
見上げると無表情なグレー。
でもその内部か裏側に
さっきまで俺を怒鳴りつけていた
禍々しい“黒”が潜んでいるのは
うつむいたままでも感じる。
地面はぬかるんでいて
滑りやすくやわらかい。
一歩一歩踏みしめるたび
意識を足下に傾けるが、
上から目を放すその間に
少しずつ空が落ちてくる様な
そういう錯覚に陥る。
それでも心の奥底にあるのは
ただ一時の静寂への安堵感。
雷鳴の轟音や、雨の冷たさが過ぎ去り
平静な呼吸が出来ることに対する
感謝にも似たような気持ち。
空は決して晴れることはなくても
この気持ちだけは忘れないようにと
ブーツの紐を強く結びなおした

952 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/25(土) 14:37:22 ID:iax3WDQS
はみだしてるけど作品投下はここまで〜。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧ ∧
    ⊂(゚Д゚ )≡3
⊆⊂´ ̄ ⊂ソ
   ̄ ̄ ̄ ズザーーーッ



953 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/25(土) 19:12:04 ID:iax3WDQS
指名受けます。評価します。斬り捨て御免。

>>936
深読みすると、「物質的な幸せ」と「精神的な不幸」を対比している。
「悪夢」がかなり適当。どうとでも解釈できるから。何度読んでも意図が読めない。
幸せというか欲望というか、読んだ印象は正直微妙。
評価D-

>>941
ん〜(未)恋愛詩にありがちな独りよがりは無い。短いからだろうか。
簡潔で無駄がないのはイイのだけれど、短いゆえにイメージは膨らみにくい。
タイトルで膨らむのは膨らむが足りない。「トキめき」が足りない今日俺この頃。
評価D+

>>949
1連の「川」と「寂しさを繰り返す〜」の関係がない。これはどの連にも共通している。
2連と4連にある「途切れ途切れ」っていうのは説明不足。5連「壊れた明日」も同じく不明。
詩全体の設定ができていない。言葉の意味が理解できないのだ。これでは書き手の意図が伝わらない。
前述したが「言葉と言葉が繋がっていない」という印象。理解される範囲には遠いだろう。
評価D-

954 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/25(土) 20:14:12 ID:iax3WDQS
【指名なし未評価リスト】 7作品

>871 >887 >895-896 >904 >930
>950 >951

指名リスト
やさしい悪魔氏
>838 >872 >889 >934

次スレのテンプレについて語ろうスレに私見を書いときます。

955 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/26(日) 16:38:02 ID:BYsdPvsL
>838「傷」

指名受けました。リズム良いです。
ストーリーの構築が悪いため、読みにくいし内容もうまく消化していない。舞台設定と口調は統一を。
2「ひがさす/雨が〜降り注ぐ」の矛盾は何を狙ってかいたのか不明。3「〜想いを乗せてつぶやいた」は前の説明で不要。
おやじ個人の魅力を「名物おやじ」だけで表現してしまうとどんな人物なのかわかりづらく簡素なだけ。
「わたし」も街でどんなかかわりがあるのかもわからない。
ごれん、「その頃は」の日本語のつかいかたがおかしいです。
ストーリーと わたし/おやじ がうまく噛み合わずバラバラしてます。そのためないようが活かせず。
せっかくストーリー性があるしなので、話しの流れ、関わりをよく見直して。D

956 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/26(日) 16:46:44 ID:BYsdPvsL
>872 風模様

指名うけました。
しずかな抑揚があっていいかもしれない。分量が少ないのにショートストーリーみたいなのが組み込まれていてちょうどいい。
よれんなシメ 心配だけはカラスにあげよう は普通過ぎるシメなのでもう少し言葉を洗濯するか不要だったのでは、と思います。
「雨がふらなきゃいい」だけでも十分締め括れるかな。
気になった点。2連め風一つの一つって数えかた。ものの数え方は、数えるものの状態をあらわすものだから一個一つでもおかしい。

つづく

957 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/27(月) 22:37:40 ID:HIwqRSxi
つづき

ちなみに大仏は一座二座って数えるそうだよ。座った状態だからなんだって。
あとは細かいけど「されるがままにしていると」かなぁ。撫でるくらいの風ってみんなそうだとオモ。
穏やかな作品でした。D+

958 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/27(月) 22:38:35 ID:HIwqRSxi
>>889「現実逃避」

指名うけました。まさにタイトル通り。現実逃避そのものをかんじた内容だ。
この主人公は逃避しながらも向き合おうとしてそれができないでいる。
この作品は想いだけで表現しているため内容の核となる部分に踏み込まず、「現実の壁/威圧と圧力/言い訳/向き合う事/受け入れられない〜/壊したかった」など
多くの言葉に中身がない。だから(どんな/何に・を)にたくさんの疑問を落としてしまっている。
抽象的にしたいなら、意味深な言葉を読者に投げかけないこと。
逆に心の深さ、リアル感を追及したいなら説明しない具体的な内容を作る事だと思います。
表面上悪いところはないが、よくある普通の現実逃避の表現だと思う。それだけに実際に感じたことかもしれないなぁと。D

959 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/11/27(月) 22:39:16 ID:HIwqRSxi
>>934「ポリエチレンの壁について」/
ミスチルの0 .??_の隔たり?を思い出した。内容も似通ってるし前にもセン五でみたかもしれない。
題材は一緒かな。1連目から表現力ある書き出しで、読ませる。
さて、コンドームってポリエチレンだっけか?
屈強なスイマーは「」内から察するに精子だ。でも決していやらしくはない。
自らのなかにある壁 はおもうがままに行動できない人生のしがらみをさしているのか。
疑問だったのが最初と最後の旧舎。出る戻るでますます混乱。その対比が不明でした。
壁についてよく目を凝らしている作品でした。
しかし読み解けないので何が不足している等のアドバイスのしようがなかった。こちらの力不足どうかはわからないが。残念。今の時点ではD+としか。

960 :名前はいらない:2006/11/27(月) 23:59:44 ID:l8bSx78l
「深海」

深くそう深く
傷つけ合う深海魚達
なんの意味もなくたわむれてる
肝心なエサもとらずに
疑っている
陰気臭い……しょうがないどうしようもないんだ…
水圧に押し潰される…哀れな物体
それはなにを示してるのかはわかるだろう…
そう…わかるだろう

961 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/28(火) 09:28:30 ID:HnCLcCwi
指名分はこれで全て終了しました。悪魔さん、皆さんお疲れ様でした。

指名なしについては私の時間があれば評価します。
ですので、それまで埋めたてはお待ちください。よろしくお願いします。

962 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 13:33:32 ID:zmnGzN6I
忘れられてるだろうからやって来た
久々に評価でもしようかと
では>>961のぶんを勝手に横取らせてもらう

あと、辛口や誤読に関しては先に謝っておくゴメン



>>871/九泊氏/『着信』
まず思ったが
ものすごくイメージがしにくい

どの言葉がどこにどう繋がっているのか解りづらく
正直、なんとなくなふいんき(←なぜか変換ry)
しか解らない。ゆえに感情移入がしづらく、
読み手を置き去りにしてしまう

しかしところどころの表現(二連目あたりなど)
は面白い。語彙量は多そうなので
もっとそれを活かせるといいと思われ

評価d+

963 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 13:35:59 ID:zmnGzN6I
>>887/名無しさん/博物館(←タイトル?
正直、いみふ。

何度読んでもテーマ?みたいなのが見えてこない

おそらくそれは私の読解レベルが
足りないからだと思われるが
もう少し明確にして欲しい。

評価d-


>>895-896/sui氏/「声」
全体的には、
どちらかというと歌詞みたいなかんじ

長い。
とは思わないが、
視点、情景の移動が激しいため、
口語調では若干くどく感じる

視点を統一させるか、文語調にしたほうがいいと思われ

評価d

964 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 13:37:54 ID:zmnGzN6I
>>904/名無しさん/「 」

うん。済まない。イミフ。

わけわからん以前に言葉の意味がわからん
わからんゆえ、読解のしようがない

この語調でないといけないのでなければ
普通に書いたほうがいいと私は思うのだが、、、

評価d-

>>930/名無しさん/「雨」
これはすごくイメージしやすい
しっかりとストーリーがあるためか、
非常に楽に入り込める
小説のあらすじみたいな巧さを感じた

ただ、短い文で話の情景描写をしようと
しているため、多少、粗い

あと、空行は雰囲気を楽に出せるけど
中身が薄くなりがちになる両刃の剣
少し減らしたはうが良いのではないか

評価c-

965 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 13:40:40 ID:zmnGzN6I
>>950/名無しさん/あいの確認(←タイトル?
短いわりにイメージはしやすい
が、いかんせん内容が薄いせいか、
はっきり言って印象に残らない
文が短かすぎるのではないかと思われ
もう少し話の内容を広げて
中身を厚くしたほうがいい。
と思う。

評価d


>>951/名無しさん/「晴れのない空」
長く、改行が無いためなんか重い
内容とマッチしているとも言えるがとても読みづらい。残念。

話の内容は、かなり些細なことだが
それなりに共感できることが多い

言い回しがやや遠回りだが
雰囲気は出せてると思う

しかし読みづらい。2レスに分けたほうが
いいんじゃないかと思うんだが
あと、句読点はできるだけ統一したほうが

評価d+

966 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 13:42:38 ID:zmnGzN6I
※注意!※

カスタムスレではちゃんと指名しよう!
さもないと私みたいな変な人に勝手に評価
されてしまうぞ! m9っ・ω・)ビシッ!!

967 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/28(火) 17:51:50 ID:HnCLcCwi
>>962-966
類さん、お疲れ様です。助かりました。


まぁ、まるで空気を読めてない>960を無視しようかとも思ったけど仕方ない。
特例として評価します。

>>960
「わかるだろう」・・・・・(´・ω・`)ワカランワ
書き手がイメージが十分に言語化されてないので意味が分かりません。
どうすれば「読み手にイメージを与えられるか」をできるだけ客観的に考えて。
「自分だけが分かる、表現に手を抜いている詩」俺にはこう見えます。
評価D--


あとは埋めww

968 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/11/28(火) 18:26:17 ID:KDzXMzXW
       ∩  _, ,_   ?
     ⊂⌒(  ゚∀´)彡
      `ヽ_つ ⊂ノ

      う・め・て・ね♪

969 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/28(火) 19:26:50 ID:ft76vdsx
>>962
やっと評価されたです。やった。
指名しないのがやっぱり悪かったのか・・・

僕=携帯という連想で書いたので最後にはやはり解約(死亡)してしまうのです
脳が侵され心臓の鼓動が小さくなっていくことを
感情移入しやすく書いても、と思いまして。

970 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/28(火) 20:11:21 ID:HnCLcCwi
昨日、スーパーの食品売り場で小さな女の子が「ママーママーこれ買ってぇ〜」って駄々こねてんの。
何かな〜と思ってみたら豆腐だったんだ。
豆腐?いや〜珍しい子だな、と思ったんだ。

横にさ、お父さんがいてさ、
「もういいだろ?行こうよしこ?」
「お父さんは黙ってて!」

お母さん>私>豆腐>>>>お父さん

埋めたてw

971 :|・ω・)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 20:30:50 ID:zmnGzN6I
>>969
せっかくの『カスタム』なんだし
指名はした方が何かとお徳。な気がする。
それに指名無しは未評価がたまるもとだし

あと、詩に関してだけど、
ここは『センス』を評価するスレなので
読解の難しい詩は受け入れられにくい傾向あり
そういうのはしっかりした評価人のいる
大会関連のスレに投下した方がよさげ





うん、万年ヘタレが言っても説得力ないな。ゴメン。

梅縦梅盾。

972 :九泊 ◆989TPMAeqo :2006/11/28(火) 22:32:10 ID:ft76vdsx
>>971
そうかぁ・・・
いや、カスタムって評価する方々が大概固定だからセン5より好きなんだよなぁ

まぁいいや。次もっと頑張る。センスが無いなら努力。

973 :名前はいらない:2006/11/28(火) 22:39:17 ID:fUPZ8oLb
>>960
  
@傷つけ合う
A意味もなくたわむれてる
Bエサもとらずに疑っている
C陰気
D水圧に押し潰される

深海魚達の要素です。これが何を示しているのか。餌がわかりません。
なんとなくイジケタ人たちの集まりの様な気がしますが、それを描くことに
意味を感じません。特定の何かをイメージするには弱いですね。




974 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/11/28(火) 23:37:46 ID:YIvKnKdS
>>959
評価ありがとねん。
自分の解釈を書きま〜す。
「旧舎」っていうのは自我です。根底にある意識というか。
ポリエチレンというのは何でも吸収してしまうという事ですね。
「壁」は明確な意味は自分でもわからないですけど、やはりあるんですよね。
壁というほかない気がします。何でも吸収してしまう壁。

975 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/29(水) 09:46:30 ID:YgGhc/Qh
うそぐらい
めをみればわかるわなんて
ためいきついて
めをそらして


976 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/29(水) 21:30:13 ID:YgGhc/Qh
埋め立てし放題ww
なやほお

977 :名前はいらない:2006/11/29(水) 22:30:51 ID:9a5s3hyt
もう埋めるの?

978 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/29(水) 22:35:52 ID:YgGhc/Qh
>>977
そうだよ〜もうこのスレは生めです。
全部評価も片付いて丁度きりがいいから。
次スレ予定は近日中。
詳しくは語ろうスレにて。

979 : ◆CeJ6D/I4qE :2006/11/29(水) 22:38:08 ID:xP6IcnZu
なら早く潰そうよ

980 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/29(水) 22:49:54 ID:YgGhc/Qh
それが遅々として進まんのだよワトソン君
まぁ新スレもたってないし別にいいかと思ってる俺もいる。

981 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/29(水) 23:06:14 ID:YgGhc/Qh
新スレ建ちました。
誘導なんていらねぇでしょww

はいはいうめうめww

982 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/29(水) 23:15:11 ID:YgGhc/Qh
梅干

983 :名前はいらない:2006/11/29(水) 23:26:03 ID:9a5s3hyt
ウメ

984 :ぽんこつアンプ ◆notePDkbPQ :2006/11/30(木) 22:37:02 ID:tRZtbB09
梅酒なら飲んでもいいかなと思う
ビールはなんとなく不健康そう。通風?あったような。
日本酒は臭い!!
ブランデーは高い!
梅酒ってほら、クエン酸とか有って体に良さそうだし。
あの酸味がイーのです。

985 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/11/30(木) 22:43:51 ID:bklioGf3
>>984
いい感じになってるね〜w
俺は苦いのが嫌いだからビール駄目w

梅干よりホシイモ

986 :名前はいらない:2006/12/01(金) 00:31:46 ID:vEDMimVk
禁酒10ヶ月、禁煙2.5ヶ月目突入!
正月辛いな〜

987 :鈍色 ◆zxSV9.zxEQ :2006/12/01(金) 00:43:16 ID:e5zbRd70
かりん酒が美味しいのでオススメ

988 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/12/01(金) 15:18:27 ID:mdYZDtFn
うめ

989 :名前はいらない:2006/12/01(金) 19:24:51 ID:vEDMimVk


990 :208+ ◆HAYATOo7aM :2006/12/01(金) 19:55:01 ID:mdYZDtFn
ume
ラスト10

991 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:21:32 ID:HK8c/0ln
ksk

992 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:23:03 ID:HK8c/0ln
ksk

993 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:23:51 ID:HK8c/0ln
ksk

994 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:24:33 ID:HK8c/0ln
ksk

995 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:26:13 ID:HK8c/0ln
ksk

996 : ◆RrHJahFOu6 :2006/12/01(金) 20:43:05 ID:HFJT/rVe
ksk

997 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:44:51 ID:HFJT/rVe
ksk

998 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:45:43 ID:HFJT/rVe
ksk

999 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/01(金) 20:46:44 ID:HFJT/rVe
ksk

1000 :名前はいらない:2006/12/01(金) 20:48:20 ID:vEDMimVk
  ( *´ω`)  やっぱとんこつだな
  つ|||||
    ̄ ̄ノ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

474 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)