2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【求む】Pick up thread【評価する人】

1 :asq:2006/08/27(日) 04:29:35 ID:WW7YJlyI

A・気になった詩、詩の評価文を転載し、評価する。
B・自分の評価文を持ち込んで評価してもらう。
C・このスレの評価文を評価する。
D・評価全般について意見の交換。

上記を基本として進行するスレッドです。以下注意事項。

1・転載の際は転載元のスレッド名とレスナンバーかリンク、
またはその両方を明記してください。
2・転載元は詩・ポエム板に限ります。
3・詩の投稿は原則受け付けません。
(補足・評価のために俎板鯉は募るかも知れません)
4・自分の評価文を評価してもらう際は、本人であること(トリップ、ID等)と、
評価した詩が分かりやすいような状態で持ち込んでください。


2 :asq:2006/08/27(日) 05:54:10 ID:WW7YJlyI
君のセンス五段階+αで評価するよ[vol.48]
228 名前:蜜町 投稿日:2006/08/17(木) 07:55:49 n8TsXiWW
「自由」

名のある駅へ赴いて 紡ぐ拙いコードの伴奏
秘蔵の歌をひっさげた 力は自信と反比例

なっちゃいないストローク 大層優雅に鳴らすフリ
賛美なんかに飽き飽きの そうゆう毎日送りたい

俺が抱いた偉大な夢は いつかは形になってゆく
百万人が涙する
しゃがれた声で 知人に語る

3 :asq:2006/08/27(日) 06:23:51 ID:WW7YJlyI
>>2の評価

際立った詩ではない。でもリアリズムがある。
ただし、作者本人が意図したことかどうかは判らないが、
話者は道化のような象徴的な存在。

>名のある駅へ〜
一連目は実際にやったことがない人間でも想像や数多の情報を元に書けるが、
それでも、地味に読み手にとって必要な情報、前提を与えてると思う。

>なっちゃいない〜
ニ連目、特に一行目の皮肉、想像だけでは書けないと思う。

>俺が抱いた〜
「いつかは〜」の「は」は重要だと思う。
話者がどこか達観してしまっていると、確定して良い、と私はここで思う。
>百万人が涙する
なんで百万人なんだろう、とか。ミリオンヒットとかあるからそれかな、とか。
微妙にせせこましく、またミリオンヒットのことだとしたら、百万人も涙しないだろう、とか。
思ったけれど、それが道化てると思う。読む側としてはとても良い意味で。

「自由」という題は道化てる話者を思えば悪くない題名ではあるが、安易な感はどうにも否めない。
題名の指す範囲は広く、あればだが、作者が望む方向に導けているとは思えない。

表現、語感、最後の二行の展開をのぞき、読みやすく、話者を表現するに適していると思う。
何を表現したかったのかいまひとつ不明瞭なままなのが残念な所か。

4 :  ◆UnderDv67M :2006/08/30(水) 20:31:13 ID:8HECgLoY
キメェwwwwwwwwwwww

5 :asq:2006/09/03(日) 07:25:47 ID:IT7fFse0
>5-6
君のセンスを5段階で評価するよ!☆カスタム☆

940 名前:「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE 投稿日:2006/08/27(日) 21:11:25 Z0Gbk1ey
「子供と猫」

 子供たちは鬼ごっこ
 猫はこっそりかくれんぼ

 子供たちが鬼ごっこ
 猫もまざって鬼ごっこ

 猫は急いでかくれんぼ
 子供たちもかくれんぼ

 ゆうやけこやけであわてんぼう
 猫は木陰でお寝坊さん

 小さなおもちゃを忘れん坊
 広場の遊具はまちぼうけ

6 :asq:2006/09/03(日) 07:26:42 ID:IT7fFse0
949 名前:やさしいあくま 投稿日:2006/08/31(木) 18:53:10 Ijdznmb1
>>940「子供と猫」/月の逆位置さん

 ん、うまいね。形式作って話を少しづつ進めている。
 語尾あわせのリズムも、童謡っぽくていい。
 5連、おもちゃは広場の遊具とイコールしなかったので、もう帰ったものを待っているようなイメージはちょっと違和感あるな。
おもちゃだったら取りにくるかもしれないと思うから別におかしくないんだが、遊具ってだされるとどうしてもブランコとか鉄棒とか、公園に備え付けてあるもの、となってしまう。
 ちょっとそこらへんスムーズに読めなかった。C−

7 :asq:2006/09/03(日) 08:10:54 ID:Jj0xSAEN
>5の評価

実験的、といようりかは戯れとしての詩と呼べばいいだろうか。
「子供と猫」は副題にすぎず、言い回しに重点が置かれている。
主題であれば最後の一連はなかったであろう。

最後の一連について。
穿った読み方をすれば繋がらなくもない連であるが、
素直に読めば、無理な終わらせ方としか感じられず、
取って付けた様な感は否めないだろう。

話の終わりに情緒的な役割を持たすのは常套手段であるが、
終わらない話だから持たせられる情緒というのもまたあり、
未完成、もしくは、物語は副次的なものであり、
言葉遊びの詩であると捉えるのが無難かと思う。

8 :asq:2006/09/03(日) 08:12:05 ID:Jj0xSAEN
>6の評価
セン五においてのCがどれほどのものか、
評価者によってかなり毛色が違ってくるため此処では触れない。

評価というよりかは評論に近しいものになりそうだが。

評価者に求められる姿勢とは何か。
この板において、その殆どは作者に対する理解者であろう。
しかし、評価者は本来、誰に向かって評価を語ろうが自由である。
自由なはずである。

批判的な点は五連目、最終連のみとなっているが、
では、五連目がなかったらどう捉えたろうか、と一抹の疑問の残る評価になっている。
評価もまた表現であり、書くべき主題が明確にもたれていなければ容易く破綻する。
破綻しても、ないし破綻しているからこそ求心力を持つ表現形態もあるが、
どちらかといえば作者の方を向いている評価において、破綻ゆえの求心力は必要ないだろう。

主題ありき、で話を進めることが強引でないとは思わないが、
この詩で本当に重点の置かれてい点は何か、
詩中に描かれている物語の主題という点に拘れば言及している点も誤りではないのだが、
物語が詩の主題であるとは限らないのである。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)