2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【選者指定コンペ2】よろしく願いしまふm○m

1 :名前はいらない:2006/04/17(月) 00:56:49 ID:p1/jx1BY
このスレッドは、自分の好きな批評家さんに詩コンペの選者になっていただこうという大変身勝手なスレッドです。
優勝した人は次の選者をお願いすることができます。
依頼された選者の方は、大変ご面倒ですが、

1 お題
2 投稿期間 (期間指定かあるいは、投稿数指定)
3 採点期間 (予定?)
4 投稿の条件(例えば18歳未満対象とか、先着10詩までとか、二重投稿禁止とか 女性のみとか
         コテ名表示禁止とか。お好きにどうぞ。)

の指定をしてください。
投稿期間終了後、優勝者の選定をお願いいたします。

前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1128734135/l50

2 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/17(月) 13:28:35 ID:wXQexV73
前スレで「はやおき」をつれづれなるままに書きました、b4という者です。
意味不明な詩ですみませんでした。
そしてギムレットさん審査お疲れ様です。
丁寧で辛口な批評が身に染みました。

さて繰り上げ優勝ということで、次の選者の指定ですね。
ちょっと工場跡のラーメン屋さんに頼んでみますんで、しばしお待ちを。

3 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/04/17(月) 16:46:57 ID:wXQexV73
さて工場跡に行って来たんですが、どうも
新作ラーメンの開発で忙しく手が空いてないそうです。

ということで前回優勝を辞退された
「祈り」の作者の方に選者を頼みたいと思います。
もし良ければ名乗り出てもらえないでしょうか。
一晩ほど待ちますので、返事ください。

4 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/04/17(月) 20:48:39 ID:Sx+/RtKB
b4さん優勝おめでとう御座います。そして興冷めさせてしまい大変に申し訳ありません。
苦々しい思いをさせた上に、わたし雌にこのような心遣いまでしてくれて人柄がよく解ります。
どうも有難う御座います。敬語がなっていないかも知れませんがご容赦。
次大会の選者をわたし雌にということですが、コンペを興冷めさせた罪滅ぼしの為に引き受けたいと
思います。では以後、お見知り置きを




5 :  ◆UnderDv67M :2006/04/17(月) 21:17:09 ID:SPP9nfge
なんか面白そうな事やってんじゃん〜 AGEちゃえ

6 :名前はいらない:2006/04/17(月) 22:50:41 ID:6KujiBZu
>>4
大事なこと忘れていませんか?
始まりませんよ。

7 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/04/17(月) 23:21:35 ID:Sx+/RtKB
前スレ容量一杯な様子なので、こちらに書きます。

今回、選者となりました。皆さん宜しくお願いします。
ギムレットさん、b4さん、参加者の皆さん、興冷めさせてすいません。
せめて罪滅ぼしの為に、選者をやらして頂きます。
一つ一つの作品を出来るだけジックリ読み、皆さんに楽しんでいただけるような
批評文を辛口とごちゃ混ぜで書きたいと願っています。
某スレで約100作以上(適当数)の評価をやっていた経験があります。
ダカラと言って評価人として優秀かと問われれば、首を傾けざるを得ません。
が、そこん処、踏まえて、是非ご参加くださりますよう。お願い申し上げます。

【 お題 】は【 カタルシス 】。期限は【 全10作品 】が集まるまでとします。
批評文と優勝者発表には似三日ください。即日発表もありえます。
コテでもかまいませんが、出来れば“名無し”でお願いします。

では宜しくお願いします

8 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/04/18(火) 00:19:01 ID:IufbDeNI
前回の『讃えん…』と今回の『明けるのを』を書いたミミンです(*_ _)ペコリ
挨拶が遅くなってすいません(苦笑)
各審査をして下さった
豆乳さん,ギムレットさんお疲れ様でした(>_<。)評もありがたく,励みに精進します!


9 :ギムレット:2006/04/18(火) 00:56:26 ID:V0wj6l0r
コンペに参加されたみなさん、コメントどうもありがとうございます。
コテバレを見て青くなっているギムレットです。
すごいメンツが参加されていたんですね。
ああ、知らないとは恐ろしい・・。

あれだけ偉そうに批評しておいて何ですが、私は自分の批評に自信はありません。
・・・手に持った石を投げるのもうちょっと待ってください。
自信が無いからこそ、曖昧な言葉で濁したくは無かったので一人の人間の主観として感じたままを書かせていただきました。
自分の客観は自信が無くても、主観は信じれますので。
私の実力では赤ペン先生のようにみなさんの詩を正確に添削できる訳がありません。
ですが、無難に終始した社交辞令みたいな批評は書きたくないので、
未熟なりに詩を繰り返し読み込み自分の言葉で自分の主観を伝えようと必死に試行錯誤しました。
今自分の書いた批評を読み返しても冷や汗が出ますが、
後悔しないだけの時間を割いて作品と向き合ったつもりです。
こんな私の批評に対し、みなさんに好意的なコメントで応えていただき本当に救われました。
ありがとうございました。

10 :ギムレット:2006/04/18(火) 00:58:26 ID:V0wj6l0r
前スレへのレスです。

>>702
リーフレインさんでしたか。
私のおっかなびっくりの批評を見ても分かる通り相当の実力者である事は分かっていましたが、
いつも梁山泊で的確な批評をしてくださるリーフレインさんだったとは・・!!!((゚Д゚ll))ガクガク
選者によっては優勝に推したかもしれませんが、
今回は選者に恵まれなかったと諦めて下さい。<(_ _)>
でもあれだけ酷評した割に最終候補に残したように私もこの作品に魅力は感じていましたよ。

>>704
こちらはあぶくさんでしたか。
期待通りの荒らしっぷりでどうもすみませんでした。
(でもみなさん紳士淑女で良かったです。)
私の作品の講評までしていただきどうもありがとうございます。
指摘していただいた点は私自身自覚していますが、比喩能力の低さゆえですね。
本当はもっと上手に隠喩で表現したいのですが、
適切なのが思いつかず、結局使いやすい直喩に逃げてしまいます。
精進したいと思います。


11 :ギムレット:2006/04/18(火) 01:21:55 ID:V0wj6l0r
>>2
b4さんでしたか。
覚えていないかもしれませんが、b4さんが審査員を務めたポエム大会のお題「扉」に書いた
「居心地のいい部屋」が私のデビュー作でした。
選外でしたが、b4さんの暖かく好意的な批評とにーちぇさんの「夏の扉」の見事さに感激し、
それがきっかけで詩板に入り浸るようになりました。
私もb4さんのように人を成長させれるような批評を目指したいのですが、
どうも持って生まれた性格の悪さのせいか、すぐに減点法や粗探しに走ってしまう傾向が・・。

繰上げという形でしたが優勝おめでとうございます。

>>4
穢土さんだったんですね。
『祈り』は本当に良かったです。
こういった作品を批評できて幸せでした。
個人的には詩に引用があっても別に問題ないと思います。
むしろ自分のものではない文章を作品内に織り交ぜて、
違和感無く仕上げるというのはかなり難易度が高いのではと思います。
引用という事を見抜けなかったのは私の未熟さもありますが、
それ以上に穢土さんが倉田百三の言葉を作品内に上手に取り込めていたという事だと思います。
私自身は全然気にしていませんので、穢土さんも気に病まないでください。

選者を快諾していただきどうもありがとうございます。
私自身の参加は未定ですが、穢土さんの評を楽しみにしています。

>>8
ミミンさん参加ありがとうございました。
私の高校生の頃の夜明け前の気持ちを思い出させていただいた作品でした。
最近は本当に夜明けを見てないですが、たまには早起きしてみようかなと思いました。
今日は駄目でしたし多分明日も駄目でしょうが・・。

12 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/04/18(火) 21:02:33 ID:hQgKqXCb
ギムレットさん
引用自体に気を病んだというよりは、あの短い審査発表時間帯に
高評価を頂き、もしやあの秀逸な三行(倉田さん)が大いにそれに関わっているのではないかと
杞憂したのです。親鸞好きな人もいますしね。(注:倉田百三の出家とその弟子)
改めて審査お疲れ様です。

※今回のお題【カタルシス】についてですが、某記事で『すっきり』という説明がなされていました。
各辞書を引けば、別の説明もなされておりますが、アナタのカタルシスを。

13 :穢土小豆 ◆KJXrENozYs :2006/04/20(木) 20:39:03 ID:jMPieXzZ
【まとめてみました】
選者 お題その他 優勝者
@ikaika なし ボルカ ◆TcCutL/5sw
A竹輪ぽぇーむ ◆o0rnnbHBHo なし ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY
B練り物ハンター ◆CNzCJKVCcA 「心地よい世界観の感覚」 ミミン ◆4fCTWDhugY
Cにいちぇ ◆UQRl.WeFEk @題名にも本文にも「ユウジ君」を登場させること。
      Aテーマはエロス。エロチックでスケベならなんでもいい ユリゴン ◆KL50G.YURI

Dゼッケン ◆YWWQB7OsPw なし 曾村益廊 ◆/5SxO/M3XU
E19 ◆gwnULb/9mw 「椿」か「曇り空」 にいちぇ ◆UQRl.WeFEk
Fボトルネック( ・ω・) ◆P350za861k コンプレックス ゼッケン ◆YWWQB7OsPw
G長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 「別れの言葉が入った詩」 cレール ◆n/ANJuS0Pg
HY.TAKEO ◆GL19takeoY 映画 にいちぇ ◆UQRl.WeFEk
Iあぶく ◆OPBYKkBBNQ  『ありがとう』 し ◆FCXRNaWgHs
J◆KeroF.Iy86 「砂漠」「ジャングル」「雪国」「都会」「大草原」の5つ。
  どのお題を選ぶかは自由。一つだけ用いても、複合技でも メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆o0rnnbHBHo

Kリーフレイン  「卵」 あぶく ◆OPBYKkBBNQ
L鍵盤 ◆ztekc0mEGk 「理性」 し ◆FCXRNaWgHs 
M◆notePDkbPQ 「賛歌」 あぶく ◆OPBYKkBBNQ
Nギムレット 「夜明け前」 b4



14 :穢土小豆 ◆KJXrENozYs :2006/04/20(木) 20:41:08 ID:jMPieXzZ
嗚呼〜
とっても
いい眺めだ

15 :穢土小豆 ◆KJXrENozYs :2006/04/20(木) 21:31:49 ID:jMPieXzZ
俺以外誰も書かぬであろうこの瞬間この束の間一時が
とても気持ちいい〜 

16 :穢土小豆 ◆KJXrENozYs :2006/04/20(木) 21:40:05 ID:jMPieXzZ
【 エキビジョン詩:死 】
詩の訪れを予期し、慄き泡吹くことに怯える
誰にも見取られずに1人で孤軍奮闘し、誰が弔ってくれるというのだろうか

詩は今くるかも知れないし、詩は明日くるかも知れないし、昨日来たかも知れない
何分、準備もできていないのに、詩を迎えることなど、俺には出来ないのだ

詩を想え___この言葉の通り、俺は生きていこうと決めた。
数ある豪華絢爛ちんどん屋の如き、熱狂に身を埋め、畏まり
一言一句見逃さずに、詩と向かい合ってやろう
それが俺に残された10の詩に対しての問答であり、懸念であり盃なのだ
何分、空は臭く、4月は詩月
嗚呼、そんな月に審査員をやるなどとは、5月の空に浮かれちまう


17 :穢土小豆 ◆KJXrENozYs :2006/04/20(木) 21:41:33 ID:jMPieXzZ
↑もちろん審査対象外です。
皆さんお待ちしてますよ〜

18 :1/3:2006/04/21(金) 01:33:07 ID:+SJ+P3/M

 「愛しのルシス」

<0>

お題はカタルシス。
期限は明け方までです。


<1>

ルシス!
お前は、下痢っぴぷー。



19 :2/3:2006/04/21(金) 01:34:52 ID:+SJ+P3/M
<2>

そんなこと言っても、いいのでしょうか(あは
だめですが、いいです。
芸術の主な目的は、下痢をすることである、とアリストテレスは言った、なんちゃってうそ。いや、本当ですが、それは。
口ごもる、俺。言いたいのは、みんな死んでしまうってことさ。
生きていても。
どうせ、人は死ぬから、人生はつまらないよ!ウソですけど!がんばっても、大変でも、死にます。
ああ!僕は泣いています!ウソですが!

ないよ。
カタルシスなんて。

アリストテレスは、詩がわかっていない。馬鹿だよね、あいつ。ウソですけど。

でも、ないよ。

「皆さんは、
 けしごむが
 口の中に幾つはいるか、試してみたので、
 僕は今、何もいえません」

そういう詩がある。半分うそで残り半分は盗作ですが。
観客は救われるのか? 

ないんだよ!カタルシスなんか。
君のせいではないけど。

20 :3/3:2006/04/21(金) 01:36:10 ID:+SJ+P3/M
<3>

ある人のマンコを
舐めると
いつも僕は下痢をする。

これってもしかして
カタルシス?

_____________
以上、18,19,20は一作。


21 :名前はいらない:2006/04/21(金) 14:11:28 ID:0A4YBwCw
102 穢土小豆 ◆KJXrENozYs sage New! 2006/04/20(木) 21:29:41 ID:jMPieXzZ
>そんなんが伝わったら白けますからね。

そうですか。又興冷めさせるところでした(笑
出来ればこのまま前代未聞の如く、一ヶ月以上投稿作なしなんてのもいいかなと
思っています。本当にですよ。
ポえ大で優勝してダブル評価人なったらどうしようかと思ったくらいだから。
でもあの作品は推敲不足という酷く失礼な作品なんですけどね♪

22 :名無し:2006/04/21(金) 22:58:00 ID:l452fNN2

『モノクロオムの自画像』――I

Black Monday の再訪。
蒲団の重み恋しき厳冬の朝。
窓外の雪は無言の重圧に、
冷たき仕打ちの準備万端。
黙契の夜に流した己の鮮血が、
予習された悲劇を脳裡に映すのだ。

嗚呼、堕落は突然やつて来る。
そして杳然と居坐り苦しめる。
さても甘き毒物の馨にたばかり、
奈落の底へといざなふ。
受取人払の招待状を携へて。

悪の循環はいつの頃から萌したのだらう。
風が冷くなりかけた頃だつたか。
秋の入口は兎角人を傷つける。
人体より熱を奪ふ。
人間とは克服せらるべき或るものである。
克服されぬ者は自然の摂理に殺されるのみ。
私は渇きを覚える。
已むに已まれぬ渇きを覚える。
私は奔つた。
無に向ひ奔り続けた。
濁つた酩酊の爪が視界を掻き裂く。
意識は遠退き、
私は光を喪つた――

23 :名無し:2006/04/21(金) 22:58:30 ID:l452fNN2
『モノクロオムの自画像』――II

Fatal Tuesday に跪く。
暴走する消費者の群。
自己破壊の衝動。
わけ知り顔の刑務所長が微笑みかける。
為す術もなく、
私は堕ちる――。
有毒の快楽を腹一杯に詰め込み、
私は堕ちる。
地獄、煉獄、天堂。
――輪廻転生、共存共栄、求不得苦。
懶惰の日々を経巡る廃人。
夢は毒物、悪夢は解毒剤。
慾は失望、無慾は愚劣。
裏切られた労働を殺意に変へ、
自滅の哀哭ふるはせて、
明日を鎖して今日を殺せ。
生き地獄に死ね――

最も厳粛な誓ひを立て、
最も惨めな背信に趨る事はたやすい。
最も愧ずべき宣誓者である。
堕落の醜さを熱つぽく声高に非難した矢先に
自ら其の醜態を実演するのだ。

24 :名無し:2006/04/21(金) 22:59:00 ID:l452fNN2
『モノクロオムの自画像』――III

見よ! 理想主義に蒼褪めた虚無僧を。
二度続けて其の身を穢し、禁忌を二重に破る。
そして自己嫌悪に陥ることを忘れない。
渠の自己嫌悪は余りに習慣化した為、
最早自己嫌悪の苦痛を伴はないのである。
破戒は凡て奇妙な義務感から行はれるのだ。
恁く云へば事理に反するであらうか。
しかし事実は正を示してゐる。
自分はとことん堕ちねばならぬ。
毒を喰らはゞ皿まで。
堕落を窮めれば堕落を克服できる。
免疫の問題だ。
死と握手を交すことも……

Nihilistic Wednesday を消化。
知識慾が邪魔をして消化不良は免れない。
生半可な勤勉は命取りだ。
思想はワクチンの無い伝染病である。
此の病に打ち克つ薬は思想しかない。
毒を以て毒を制し、
思想を以て思想を毀せ。

25 :名無し:2006/04/21(金) 22:59:30 ID:l452fNN2
『モノクロオムの自画像』――IV

中毒と依存症の相異は何か。
前者は受動的苦痛を伴ふ不幸であり、
後者は積極的快楽を求める不幸である。
孰れも肉体を破壊するが、
精神の破壊が先に来る。
肉体(容器)は精神(内容物)を護るには一時的でしかない。
一方、必然性を持たぬ破滅がある。
半ば惰性による自滅である。
依存症も多分にこの性質を帯びてゐる。
無ければ無いで何ら不自由も無い。
然し無いのは堪へ難い空白なのである。
私は Philosophic Thursday を待つ――

革命には血が必要だ。
涙は要らない。
十年来の知己を殺すことにした。
彼奴はもはや役に立たない。
だから殺す。

26 :名無し:2006/04/21(金) 23:00:00 ID:l452fNN2
『モノクロオムの自画像』――V

ユダの司祭を裏切り、鎮魂歌を歌はせた。
其の正当化の道筋は以下の如し――
太古の昔より人は死と隣り合せに生きてきた。
血と肉から成る者はやがて朽ちる。
合者離之始。
逢ふは別れの始め。
斯様に人の世は会者定離の法を欺かれぬ。
ならば人の宿命は一期一会、
邂逅より別離に至る須臾の間を、
凡ては真夏の夜の夢と、精一杯あそぶがよい。
――恁くしてユダの司祭は人身御供となり、
彼を讃へる鎮魂歌が熱唱された。
ヴォルフガング・アマデウス・モオツァルト作曲、
カール・ベーム指揮、
ヴィーン・フィルハアモニイ管弦楽団演奏、
レクイエム ニ短調 K.626
――雄勁にして悲愴あふるゝ旋律を、
吾が不浄なる耳に灌ぎ入れ、
魂の浄化とせし贖罪の夜!
この音は清き音也。
清き心もて聞かれんことを。

27 :名無し:2006/04/21(金) 23:02:32 ID:TqLfAxvE
『モノクロオムの自画像』――VI

夢遊病者に優しい Insomniac Friday
死の床に入り、灯りを消し、私は聞く。
吾が琴線を奏でる調子はずれの受難曲を。
やがて睡りが来る――。
然れど夜淫の徒爾に踊り狂ふは人形の宿命。
記録に値する夜は無いのだ。
生産も無く、啓発も無く、不毛たけが在つた。
儚い残像に向かひほとばしる汚穢なる熱気。
知らぬ間の堕罪に暗く淀んだ双の眼を血走らせ、
無間地獄にあそぶ。
残像、薄れゆく残像……
……肉の引き攣り……骨の軋み……熱の放出……。
お前は何ゆゑに羞恥と戯れるのか。
ぢきに朝は来る。
――気力の不在と共に。
褥に沈みゆく吾がむくろ。
定期的に訪れる無為の日。
冬の無情に四肢は弱く……。

嗚呼、南無三宝!
燃えたぎる煩悩と空腹の脱力感よ、
汝等の名は春夏秋冬!
堪へ忍ぶることの尊きを吾に諭し給へ!
慾望、絶望、慾望。
――懼るゝべきザッハリッヒ!
起つことが難儀を極めた其の時、
あたかも雨が強く降り始め、
私は救はれた――!
悪魔の降らせた雨だつた。
Satanic Saturday が私を殺したのだ……

28 :名無し:2006/04/21(金) 23:04:00 ID:TqLfAxvE
『モノクロオムの自画像』――VII

転落の余波は罪びとに冷酷である。
一度躓いた者は二度躓き、
二度躓いた者は生涯躓き続けるのだ。
大食漢は美食家の快楽を知らず、
美食家は断食行者の至福を知らない。
断食行者は努力の脆さを知つてゐる。
だからこそ断食に魅せられるのだらう。
時間の経過は無音だ。
感覚を磨け。
私は睡眠障害に苦しむ。
頭が茫漠として不純なる思考を思考する。
睡りは悪徳、光無き時を移して死に進む。
力尽きた。力尽きた。力尽きた。
力を出せ。金が無いのだ。
だが甘つちよろい人間が苦い珈琲を好むとは
この世も棄てたものではない。

私は不幸である。
此れは私が決めた事だ。
誰が何と言はうと私は不幸であることをやめない。
意思の選択だ。
私はいつでも幸福になれる。
慾望を超越するならば人は至福をつかむだらう。
私は不幸であることを悲しまない。
Sabbatical Sunday に安息は無いのだ。

――了

29 :無題:2006/04/25(火) 23:29:55 ID:ZH9U5Qw6
何を求め
何を望み
何が欲しいのか判らない
Xmasソング聞きながら振り子がぐらぐらと揺れる
己を抱き締め,崩れ逝きたい衝動を懸命に抑え
仕事中でも
涙ぐみ,切り裂く行為を止められず…



自分がどの位置にいて
望んでいる場所が何処にあるのか
どうしたいのかすら見失い
ずぶすぶと闇に埋まる



ためらい疵を増やすのではなく
深く…深く刻んだなら
この魂は安らぎを覚え鎮まるのだろうか…


30 :証明:2006/04/27(木) 22:16:36 ID:zZOTj4/Q
((キーンコーンカーンコーン))
【先生】:
今日の授業は、「証明」について、です。
まず、証明の種類について見ていきましょう・・・


「私」がいた世界に学校などは無かった。
沢山の本の産卵を眺め、
その雛を貪り喰っていた私は、
証明する手立てを持ってはいなかった。
そのせいで、
「私」は私になれなかった。
「私」は私として、認められなかった。
食われた肖像らは、
決して消化されることが無かったのだ。
ある日、卵が震えていた。
私は、待った。
喰らうために。


31 :証明:2006/04/27(木) 22:18:34 ID:zZOTj4/Q

ふるえ。ふるえ。ふるふるえ・・・・


割れた。
そして私は喰らいついた。
親の回想も、生涯の記憶もない、
生まれたての赤ん坊に。

次の瞬間。
私を全てのコネクタがいじった。
私は飛来し、転換され、
雄大な墓地へと拡大された。
隅々まで薬品の暴走が行き渡り、
所々の意識が焼かれ、ただれていた。

そうして、そこには、
元にはもう戻れない「私」がいた。

32 :証明:2006/04/27(木) 22:19:50 ID:zZOTj4/Q
変わり果てた「私」の眼。
そこへ、
血がそうっと現れた。
色は、確か無色透明だったけれども、
これは「血」というものであったと思う。

ごらん。
感情の昂ぶりが、痛みが、それを証明している。
ごらん。
その「血」は、「私」が私であることを証明している。


数式以上の見事なコントラストに於いて。

33 :色あせたカタルシスと規則正しいダンスを踊る:2006/04/28(金) 21:07:17 ID:81iNp+VG
あたしが子供だったとき、処女でない少女はヒーローだったので
みんなこっそりと、処女でないふりをしていた
それは少し複雑な演技で、本当のところは全くわからなくって、
わからないままに、あせって捨ててしまった少女もいたかもしれない
妊娠しなければとりあえずセーフの危ういゲーム

あたしが子供だったとき、
なんで男は処女が好きなんだろうかと考えて
実は劣等感が強すぎるから、他のちんこと比べられるのが嫌なんだろうと思っていた
飽き飽きするほど秘密を知った後では処女はいいものかもしれないと思う
とりかえしのつかない瞬間の味がする
もし ”初潮がきたら医者に処女膜をとってもらう”なんて習慣だったらありがたさも半減 ははは
快楽と秘密はセットなんだって 。。。あれ、快楽と痛みかな?

あたしが子供だったとき
親はやっきになって、こっそり娘の純潔を守ろうとしてて、そいつは全く無駄だった
あたしが子供だったとき
男は純潔な少女を夢想して、だけど自分だけは例外だときまってきめこんでいた
一回こっきり、使い捨てな純潔?
どこかおかしいんじゃあないかといつもいつもいつも不思議だった

あたしはいつのまにか親になっていて
やっぱり子供の純潔をやっきになって守っている
案外と貴重なものだから、何かの手段にするんじゃありませんことよ
だけど、それがなくなったといって人生はおしまいじゃないからね
シーソーみたいな価値観をあっちへふらふらこっちへふらふらしながら
どうやって伝えようかとあぐねているわけだ

晴れたる青空ただよう雲よ
奇跡的にも男と女がいるんだから
祝福の音楽を奏でよう

34 :名前はいらない:2006/04/28(金) 22:26:53 ID:Oi3NEjvj
age

35 :極東アジアの海原で:2006/04/28(金) 23:07:46 ID:dzTyk+C0
私のメンタリティーには
狂うほどの甲斐性もなく
途方にくれてとりあえず海に来てみました
真昼の海はひねもすのたりの面持ちで
遥か水平線の向こうから
さざら光をのせた波がすべっては砕け
すべっては砕け
た〜らたらったらったらった
「中央アジアの草原で」を唄いながら
波をちょっとつまんで持ち上げてもぐりこんでみました
砂はしっとりひんやり
口を開けた貝殻が腹にちくり
頭の上では泡が逆巻き
ずおおおお〜〜〜んと身体中に海の鼓動が走ります
私は長い手足を折り曲げて

ああ泣きたい
おとうさんおかあさん
私どこからきたんでしょう

た〜らたらったらったらった
中央アジアの草原で
今日も陽は昇り陽は沈み
人々は語らい笑いあい
そして死んでいるのでしょうか
私しばらくここにいます
ほとんどの病気はよく眠れば治るそうです
波が変にめくれていても気にしないでくださいね
よく眠っている証拠ですから
た〜らたらったらったらった
海が空が草原が墜ちてきます
おやすみなさい

36 :名前はいらない:2006/04/28(金) 23:22:44 ID:ocn6IJLu
途中経過。
お題 は「カタルシス」
コテでもかまいませんが、出来れば“名無し”で。

>>18-20 「愛しのルシス」
>>22-28 『モノクロオムの自画像』
>>29  無題
>>30-32 証明
>>33   色あせたカタルシスと規則正しいダンスを踊る
>>35   極東アジアの海原で

現在6作品。あと4作品募集中!!    


37 :名前はいらない:2006/04/30(日) 23:15:17 ID:PvrPQUi9
age

38 : ◆YAPoo/LC/g :2006/04/30(日) 23:28:19 ID:w5wTQE7U
カタルシスってなーに?

脳みそ膿んで
耳から万国旗が連なりながらでる

ぼくには必要としない

ココは無人孤島

39 :「赤と白の狭間で」:2006/05/01(月) 00:11:04 ID:eixOcwDq
ラブホテルは詰め将棋みたいに 僕らに選択の余地を無くさせる
全てを揃えて準備は出来てます あとはお好きなだけどうぞ
アダムとイブから何一つやる事は変わらないのに サービスばかりが過剰になってく 

過剰包装時代に君もまた飾られた姫君
全部ひん剥いちゃえばありふれた人類の進化の近況
情報過多の時代だから 聞きかじりの褒め言葉全部並べて
体温の中を蠢く欲望だけが グロテスクなほど正直な俺だった

時間をなぞる指と指が いつしかばらんばらんに絡み合って
リビドーが凄い速さで化学反応を繰り返して
得体の知れない赤い化物がどんどん巨大化していく

体液が互いの体を吸い付けて 互いの意志が融合され抽出されていき
原始の先のさらにもっとはるか彼方 未だ置き去りの場所へと向かってゆく
赤黒く入り乱れてゆく視界にちらりと君の猿みたいな喘ぎ顔
「一体俺は何をやっているん

40 :「赤と白の狭間で」(2):2006/05/01(月) 00:11:39 ID:eixOcwDq

ノイズはすぐに抹殺され また膨張する赤い巨星が爆発までの鼓動を繰り返す
肉体はぐじゅぐじゅに溶け出して甘く腐敗した果実の匂いが絡み合う
沸点への上昇が暴走し 臨界を超えて溢れ出して行く
絶頂はもう指先の触れる位置まで来ている ああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ







急に宙に投げ出されたような 不安な浮遊感
そしてひゅるるる〜と巨星は萎み へたりといつもの自分に還る
疲労と虚脱 そして空しさ だけど何だろう この役目を終えた安堵感は
横目でちらりと君を見やると 澱んだ瞳に不気味な使命感の光

なんとなく寒気がして 君を手繰り寄せ確認すると 暖かい海が確かな体積と共に押し寄せる
俺は誰に騙されているのか 考えても分かる訳がないし
とりあえず体内に粘ついていたものは吐き出された 
それでいいじゃないか

番(つがい)でしか存在できないのは 悲しい事なのか 悦ぶべきなのか
考えているうちに深い溜め息のような眠りに誘われた
同じ溜め息を 君からも 世界からも 過去と未来からも 感じながら 
僕はとりあえず今日も眠った

41 :立小便:2006/05/01(月) 00:43:03 ID:dLwZlrGV
河原に降りて
こんなに白い  
  こんなにもやわらかい 
   雲をみる  
灰色、黄、黒、赤、が 
  緑にまじってモザイク模様
   山をみる 
細かくひかって 
  催眠術をかけられて
    川をみる 
大きく息を吸い 
  すっくと立って
    放尿す
地球とさりげなくつながり
 俺は
   ちょっといい気分

大威張り 青空笑って 立小便 


42 :豪華絢爛ちんどん屋:2006/05/03(水) 03:59:54 ID:/bQDFlkC
下痢っぴぷー
下痢っぴぷー
肉体はぐじゅぐじゅに溶け出して
下痢っぴぷー
下痢っぴぷー
転落の余波は罪びとに冷酷である

た〜らたらったらったらった
た〜らたらったらったらった
緑にまじってモザイク模様
た〜らたらったらったらった
た〜らたらったらったらった
ぼくには必要としない

沢山の本の産卵を眺め
死と隣り合せに生きて
新作ラーメンの開発で忙しく手が空いてない
手に持った石を投げるのもうちょっと待ってください
豪華絢爛 豪華絢爛 ちんどん屋

あっちへふらふらこっちへふらふらしながら
豪華絢爛 豪華絢爛 ちんどん屋


豪華絢爛 豪華絢爛 ちんどん屋


引用先:【選者指定コンペ2】よろしく願いしまふm○m
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1145203009/

43 :会話:2006/05/03(水) 11:44:57 ID:FbkNJw73
A:"......??"
B:"..."
A:"?? .......?"
B:"....! ....?"
A:"........!! ...!"
B:"..... ......!?"
A:"...... ......!!"
B:"!"
A:"!"

44 :名前はいらない:2006/05/03(水) 23:23:15 ID:SBTnRGiu
そろいましたよ!
評価がんばって下さい!

45 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/03(水) 23:31:14 ID:DKOZNC66
何ですか?急に、、、えっ
>43は作品になるのでしょうか?


46 :名前はいらない:2006/05/03(水) 23:34:42 ID:SBTnRGiu
作品でしょう。
つか、作者に失礼なのでは?

47 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/03(水) 23:35:02 ID:DKOZNC66
選ばれ詩GOLD10が揃ってますね♪
審査発表は後日までお待ちを♪
着飾った水着はそのままで

48 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/03(水) 23:36:36 ID:DKOZNC66
>>46
解りました♪ >43含めて全11作評価文をこれから書きます♪
宜しくお願いします。

49 :名前はいらない:2006/05/03(水) 23:44:13 ID:7yJYEfvK
工場潰れるはずだ、、、

50 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 00:29:35 ID:T2gKRMSh
わたしの評文を、これから読んで不愉快に感じられる方もいらっしゃるでしょう。
今回、急いで書いて読み直したら、意味が良く分らない。だから推敲し直したのですが
それでもイマイチ。でも殆ど書き終わりましたので今これから発表します・・・・m( )m

まず【お題:カタルシス】についてですが辞書で引くとこんな説明が、、、
私自身は単純に「すっきり」と覚えていたので、こんなに複雑なものとは思いもよらなんだ。

「辞書・ことば企画」より引用
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/10minnw/036katharsis.html
【どういう意味?】
「精神の浄化作用」のことです。
【もう少し詳しく教えて】
「カタルシス」という言葉は、「心の中に溜まっていた澱のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」
を意味します。
もともとは、アリストテレスが『詩学』に書き残した悲劇論から、
「悲劇が観客の心に怖れと憐れみを呼び起こし感情を浄化する効果」を指す演劇学用語です。転じて、
精神医療においては「抑圧されていた心理を意識化させ、鬱積した感情を除去することで症状を改善しようとする精神療法」を指します。
さらに、一般化して、「心の中にあるわだかまりが何かのきっかけで一気に解消すること」をいいます。

ではいざカタルシスの世界へ♪

51 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 00:30:40 ID:T2gKRMSh


>>18-20「愛しのルシス」
まずルシス・・・・これは単にカタルシスのカタを抜いた造語で、女性の名前に思わせる処は意図的。
よってグッジョブ
<1>章(?:全3章)で、“ルシス”に呼びかけ(可愛)=「下痢っぴぷー」であるという。面白い試みです。
これがカタルシス。以降<2>で、カタルシスに疑問を抱き且つ否定を繰り返す、
カタルシスについて語るシスになっています。・・・・お題は案外難しかったのかも知れませんね。
初っ端から「下痢っぴぷー」と排泄し且つ「ない」と言い切るところ、
どうやら現代人の不幸は、カタルシスを失ったことだと訴えているようでもあります。
中世の日本では、南米の様な熱狂所謂マチズモというものが有ったと聞きます。
200年に及ぶ徳川幕藩体制で、これを失った日本人は果たして幸福なのでしょうか???
まあ先に進みましょう。
で、作者は“カタルシス”を探したが、それは見つけられなかったと白状しています。
下痢にカタルシスを見出せるでしょうか???僕は下痢には、シグナルとしての作用はあるけど、カタルシスを備えているとは思えない。
この詩全体から感じ取れるのはカタルシスを持てない自己憐憫だと思う。
つまり現代日本批判の詩であり自己嘆きの詩ですね、、、只此処で1つ思いました。
カタルシスは早々得られるものではない!と感じられている人が多いのではないかと・・・・
だからこそ、現代人にはカタルシスが必要だと思います。
で続けます。この詩はお題に対して四段階に分けたコッタ作りを成しています。起承転結です。
最初の<1>でイキナリかます処なぞは面白く、じっくり考え込んで作られたものだと感じます。
言いたいことは全て<2>に描かれているのですが、ポップそうな詩でありながら実はポップではない。
切実な詩であることを、<3>の沈みゆくような終わり方が物語っています。あなたに提案したい
毎日のお通じを猛烈我慢するだけでカタルシスは得られるのだと、、、m(, ,)m

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

52 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 00:32:24 ID:T2gKRMSh
>>22-28『モノクロオムの自画像』
全部で7レスに及ぶ大作、、、長い作品というのは読み取るのに時間がかかるものです。
しかし、実はこの作品案外簡単にあっさりと読めました。
理由は僕が描きたいような語彙豊富な詩であり、天に向かって叫ぶかのような詩だから。
実は僕が詩作を始めたのも、この点にある。とこれは余談。
一週間それ7日で区切って日々を表現しているのだけども、始まりの“黒い月曜日”はいいんです。
何かが始まるという様子で。でも“宿命的な火曜日”で何かが始まると思いきや、
単に跪いただけで、出来れば此処で大きな展開が欲しかった。
けれど此処がキーポイントで、全体の流れの中、此処からその天に向かって嘆くというか叫びが始まる。
“宿命的な火曜日”はそういう位置づけで、【fatal】に跪くのは以降の怒りと嘆きを描く為・・・
そして“虚無的な水曜日”で出口の見付からないであろう思考をして、“哲学的な木曜日”を迎える。
でこの木曜日で動き出すというか“炎が炎上”するような表現に至りモーツァルトが出てくるのだけど
冒頭なぜにユダ司祭が登場するのか分らない。別項では坊主を登場させているのに・・・・
故に此処が浮く。最初の一読では問題ないのだが、熟読二回目になると疑問となりました。
で、此処でレクイエムを鳴らしといて、“不眠の金曜日”に入るのは如何なものか?
ボルテージが、トップから一気にベッドまで下がる、それはリズム的にどうであろう?
床に入り静まるには段階が必要だと思うのだが、これではリズムがおかしく感じます。
レスナンバーTやXなどの区切り1つ1つで1つの詩となるのか?
それとも曜日曜日で区切られるのか、は分らない。
【続く】

53 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 00:32:58 ID:T2gKRMSh
【続き】
だから初めに一読した時の驚きと違い、以降熟読した時の印象は『もったいない』の一語に尽きる。
どのような区切られ方にしろ、一つ一つのそれは語彙豊富で素晴らしく、それ1つで画廊の作品にしていいくらいなのだ。
だがこれを連なりとして見ると、どうしても内容やリズムのバランスの悪さが眼に付いてしまう。
おそらく作者は“日々の想い”という形で月曜日から日曜日までを描いた。
それはまるでドストエフスキー罪と罰の主人公ラスコリーニコフのような陰鬱な主人公なのかも知れない。
もしそうだとしても、最終Zの最終連に見られる意志の強さを見ると、それとも違うようだ。
この作品に圧倒的なエネルギーを感じし、丁寧に書いているのも分る。
が、七つをバラバラにして作品にするか、全体をも少し縮小すれば、もっと上等な作品が出来るのではなかろうか。
しかし、題名が凡てを物語っている。これはこれでいいのだ。副題は苦悩の日々。お題カタルシスが何処に描かれているか?
分りきっている!『俺自身がカタルシス』と作品そのものが自己主張している。この創作姿勢それ自体が既にカタルシス・・・・
南無三宝という言葉は欧米諸国でいう『オ〜マイッガァ〜』なのですね。勉強になります。
一読の時点では筆頭驚愕ものでしたね♪

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!


54 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 00:33:31 ID:T2gKRMSh
>>29無題
この作品を読んだとき、アナタが女性ならば、僕は傍に寄って抱きしめたい気分にさせられてしまった。
そんなことはどうでもいいのであろう。
こんなこと言われてアナタが喜ぶはずもない。只、これだけは言える。
僕はそんな嫌な奴じゃぁ〜ない。これもどうでもいいことだ。だから作品に移ろう。
こうゆう作品はまず独白に見えてしまう。で、そのよな視点で見ると、未だ迷いの最中にいるのだなと想う。
本来このような詩は、天に向かって叫ぶなり、カタルシスに至る結びであった方が面白い。
だからこの作品にカタルシスを見出せない。何故ならこれはカタルシス前夜だから・・・・
でです。最終行からひとつ上の『深く刻んだなら』・・・これは何を指しているのだろう?
恐らく本人でも分らない何か、捜し求めている何か、・・・このか細い何かが空に吸われた時、
カタルシスは雨となり涙となるのだろうか?カタルシスを語る前夜の詩♪

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

>>30-32 証明
まず体育座りをしたくなるよな冒頭の訓示でわっくわく♪
でもいつの間にか場面は変化するんだな。でも全く違和感がなかった。
で以降始まるこれは、猟奇犯のそれと言いますか、まあ閉鎖的世界を表現している。
此処までは、単なる面白詩なのだが、五連以降で挽回するこれは社会風刺詩。
現代日本の父兄を苛む変態殺人犯に対する批判であるこれは、ポップな表現でそれを柔らかくしているが、実際は違う意図がある。
そう!此処には猟奇犯はポップな気分で殺人を犯しているに違いないという確信と絶望がある。
ではお題のカタルシスは何処にあるのか???
ある。それも血。宙に浮いた自身の証明するそれは数式でもない、この身に流れる【血】なのであると。
自己確認の為のその血、それ流れることカタルシス。
血こそ自己を物語る上でもっともユーベンなのかも知れない。

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!


55 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 01:42:40 ID:T2gKRMSh
>>33 色あせたカタルシスと規則正しいダンスを踊る
ふむ♪エロイムエッサイム♪
題名が言いたいこと、は最終連三行にある。
で、僕は言いたい。擦れ違い様、たまたま視線を感じたからとて嫌な顔をしないで欲しい。
たまたま電車の中で視線が合ったからとて、自意識過剰な目付きをしないで欲しい。
そして眼が合ったらユーロ人のようにニッコリスマイルを送って欲しい。
その点は僕だって自惚れていやぁしないのだから。何故女性はあんなにも自意識過剰なのだろう???
ででだ。何処にお題のカタルシスがあるのだろう?か?探してみよう。すぐ見付けました。WINYより簡単に♪
今、人の子の親である貴女自身が、体験し守ろうとする我が子
その我が子にも訪れるであろうその秘密の宴・・・悦痴がカタルシス。
で作品だが、現代では情報過多の露出気味であること、その射精という快楽カタルシスが色あせた・・・・
それを批判している詩ですね。
いやそれだけじゃあない。『〜〜だったとき』を連発するように、男女の違いと追憶の中で失われた純潔さ・・・・
それへの思い出と失った悲しみ・・・・それへの羨望。そしてこれから先の未来への期待を語るシス。自分詩

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

56 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 01:43:11 ID:T2gKRMSh
>>35 極東アジアの海原で
まずカタルシスは何処にあるのだろう??鼻でクンクン嗅いでも駄目で、眼で探す。
見つけた。涙 それも大粒の涙・・・・涙を海で流してもハンカチはいらない。
潮の音とともに凡て洗い流してしまう。人類の故郷は海にあるのだから、海に向かって問いかけるこの詩もまた面白い。
父母に問いかけ海に向かって泣くことが既にカタルシス。笑いと同様に泣くことも身体にはいいよーです。
で詩です。
「ひねもす」ときて「波を〜つまんで」とくる。イメージが湧き易い♪
「ずおおお〜〜〜ん〜」こんな表現方法もあるのですね。「ゆわ〜ん。ゆやよ〜んby中也」よりは良いです。

でイキナリ2連・・・この入り方がいいか悪いか
悪いようで悪くない。冒頭の「ひねもす」と「のたり」で海に潜ったことすら意味があるのだと分るから。
海に潜ったのは“失われた何かを捜し求めて”・・・で此処にカタルシスを持ってくる辺り、上手いです。
此処までで、もう表現すべきものは出した感じですが、後は余韻というか余情。
最終連の2行目から四行目の表現方法も、僕の脳裏にその情景がバッチシ描かれエェ気分にさせてくれます。
兎角、初めから最後まで続く海辺の情景に、いい気分にさせられました。
何でしょう?お題カタルシスでなくとも、全体的に気持ちのいい出来上がりになっています。
うらめしな技量ですね。終わり方も・・・

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

57 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 01:43:58 ID:T2gKRMSh
>>38 無題  ◆YAPoo/LC/g
作者名明記なので是非問いかけたい。
ハッピーとカタルシスどちらが人間にとって重要であり且つ優先させられるべきものか??
人間が生きていく上で感じる喜怒哀楽それ、それぞれに彩りがあり、必要とされる体験経験であります。
生まれた時からハッピーな人間は幸福かも知れませんが、人間が人間臭さとその魅力を持つには諸々の要素が必要となります。
これらを踏まえるとカタルシスこそ優先重要項目と考えるのですが、如何せん現代ではカタルシスも貧困であるようだ。
だから僕はこのお題を出しました。あなた方のカタルシスを知りたかった。
でで作品に移ります。
冒頭一行目、「なんじゃこりゃ〜」と思いました。
2連の「万国旗」がサイケでカタルシスよりハッピーを優先させていると読み取り、
3連の一行でノックダウン♪
で最終の一行・・・人それぞれ表現方法は違う。よってにこの最終一行に意味を見出す・・・
それでもカタルシスは見付からない。隠喩が難しく難儀で読み解くのに最も大変な詩でした。

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!って既に名乗っているか

58 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 01:44:51 ID:T2gKRMSh








>>39-40 「赤と白の狭間で」
「エンジンプラグに火が付いてスパークされたシリンダーが腰を振り、オイルという潤滑油が注がれ俺は動き出す」
車のエンジンに例えて、こんな表現を見た記憶があります。
で作品中、エロ行為自体が3連から6連まで語られると悦痴ではなく、細胞一つ一つのマグマ的行動に見えて、
エロなのだがエロではない。エロでないようでエロ。
そのリビドーの軌跡表現に感心します。
よくもまぁこれだけユーベンに語れるますね?うらめし
で、此処でたったそれだけのことを、こんなに熱入れて表現する必要ないじゃないかと言う人もいるでしょうが、
こうしてまで表現するその姿勢に粋を見てしまう。おそらく大好きなのでしょう・・・
冒頭の2連で社会風刺を描き中盤殆どがリビドーの軌跡
ラストで残骸を描く。クライシス後の世界でなくカタルシス後の世界を・・・
おそらくこんな日々こそもっとも幸福に近い生活なのではないでしょうか?
隣人を愛し痴人を愛し、貪る。
濃密なミクロの世界を堪能しました♪

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

59 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 01:46:15 ID:T2gKRMSh


>>41 立小便
やっとこさ待ち望んだというか、予測していた内容の作品に出会う。
たかが小便にこんなにユーベンになる必要もないだろう!という人もいるかも知れない。
けれど、日常もっとも傍にあると思われるカタルシスこそ、小水だと思う。
で読んでみた。
たかが山でする立小便・・・こっちまで何だか良い気分にさせられました。
流れる小水も健康的な黄色に決まっている。
地球とつながるという表現自体、本来ならつまらないものかも知れない。
けれど此処でそれは問題じゃあない。その気持ち好さをワールドワイドに広げたところに、
価値があるんであって、そのカタルシスも大きくなる。作者はおそらく幸せを見つける名人とお見受けする。
でです。最終行の【大威張り】を是非、【大いばり】として欲しかったです。

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

>>42 豪華絢爛ちんどん屋
引用詩です。まず↓この三行以外の引用先は見付かりました

『死と隣り合せに生きて
新作ラーメンの開発で忙しく手が空いてない
手に持った石を投げるのもうちょっと待ってください』

このように引用先を提示してでも、作品は仕上がるという例ですね。それを堂々と示す辺り、猛者です♪
でカタルシスは何処にあるかと言うと、 おそらく鼻歌の『たらたったった〜』にあるのでしょう。
これはカタルシスとしてはお手軽であり、僕はどうも頂けない。
引用するにも、もっとすんばらしい引用先があるはず。でもこの作品にはそれを求めない。
何故ならばラーメン開発で忙しいから・・・ある意味、激マズなそれを完食したその時の達成感がそれかも知れない。
いやこの行為自体が既にカタルシスなのかも

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

60 : ◆YAPoo/LC/g :2006/05/05(金) 02:20:48 ID:G8E1d+u/
エドさん
ども
熱いあつーいコメントありがとです
カタルシスと見て
笑点と
なんとなーく思いましった
人はひとりぼっちと、ぼくが嫌いな言葉がありますが
やっぱり人はひとりぼっちだと
浄化って笑うことと同じなかーと
笑い顔、声は、腹の底からくっくっくです

笑いは世界の皆さんこんにちわです

人は笑うのです、自分だけの笑いなのです

笑いは昇華する、世界で
脳みそは柔らかいといいかな

ぺこり

61 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 02:27:20 ID:T2gKRMSh
>>43 会話
初め是を観た時には、これが作品かどうか迷いました。
でも、よ〜く見るとカタルシスを既に語っていますね。
会話の中に発生する“?”と“!”。
この中のたくさんの“?”が解消され“!”が双方に立った時、コミュニケーションは成立する。
其処に作者のカタルシスがあり、作者の人間愛が表現されている。
作品としてどうかと訝しかるお人もいるでしょう。
でも現代詩にこれと似たものはある。故にこれも作品。
これについてイメージできるのはどうやら一種類しかないが、それでも作者の実験的なその姿勢に拍手したい♪ぱちぱちと♪

こんな素晴らしい作品を書いたのは一体誰なのかと!審査が終わったら、是非名乗り出てもらいたい!

で全部出揃い、寸評が終わったところで、王冠を誰に被せるか決めるのですが、非常に迷います。
取り合えず3品に絞りました♪
>>35   極東アジアの海原で
はその淡々とした描写ながらも感動つうか気持ちの良さを感じ、その構成自体にうらめしい気分にさせられました
>>39-40 「赤と白の狭間で」
はたかが悦痴のリビドーにこれだけの濃密さで迫る表現に粋を感じ
>>41 立小便
にはもっとも身近なカタルシスに魅せられました。
簡単に三作を述べれば
:流れ 
:濃密  
:気持ちいい
ということです。

迷います。本当に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

62 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 02:31:30 ID:T2gKRMSh
こんなに迷うのはおそらく初めてです。
でも他の作品と比べてもっともシンプルでもっともスッキリカタルシスな作品を選びます♪
先に絞った3品もそれぞれ凄い詩です♪
でも何回も続けて読む上で、最後までそのカタルシスだけを感じさせてくれた作品は一品♪
優勝は>>41 立小便 に決めます♪

63 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 02:39:24 ID:T2gKRMSh
優勝者は>>41 立小便 を書いたID:dLwZlrGVさんです♪
では次の選者を選び、次コンペのこと頼みます♪

※今回、ある流れで私が選者になりました♪
皆さん本気の詩を前にいい経験になりました。
改めて自らの評文の拙さを知り、反省させられる箇所多々。
けれど良作をじっくり読むことにより、学ぶことも多く今後の糧になりそうです♪
始まりに興冷めさせるレスをして申し訳ありません♪
隙間に手を差し伸べるようにして、投稿してくれた方々・・・・どうもありがとーございます♪
では又 バイバイ♪

64 : ◆YAPoo/LC/g :2006/05/05(金) 02:40:19 ID:G8E1d+u/
エドさんお疲れさまです
とても、楽しく拝見しました

ぼくも,立ち小便の作品が好きです

ほんとです

つぎは、立ち小便さんのパクッとして

レベルアップしまーす


エドさんお疲れさまデス
立ち小便さんおめでとデス

65 :ボルカ:2006/05/05(金) 10:04:48 ID:SRuKTQ5X
ルシスを書きました。
批評、講評ありがとうございます。
41さんおめ!

いま旅先なんで、細かい話は確認できませんが、製作意図には、アリストテレスが下剤の語を転用してカタルシス作用を述べたってことを下敷きにしたつもりでした。
うろ覚えですが。
それはともかく講評感謝です。
てかハードな作品があつまりましたよねー(笑

66 :ボルカ:2006/05/05(金) 11:52:23 ID:8ATLgwYx
案外早く家に着きました。
あらためて審査ありがとうございました。

僕がこのお題について考えたのは、たとえば、貧富の差とかいろんな
矛盾とかがあって、いろいろドロドロしたものが高まるときに、
一発ばーんって花火を揚げてすっきりしちゃったら、世界は何も
変わらないじゃないですか。

アメリカがヒドイことをやってるからって、ツインタワーをぶった
おせば何かが良くなるのか、みたいなことから、もっとずっと些細なこと
まで、そういうのはあると思います。
ひるがえって、悲劇的な作品を書くときに、僕も実際カタルシスみたいなもの
への到達を意図することもあるわけですが、でも芸術って本当にそうい
うものでしかないのか、みたいな事を考えました。

作品で何を書こうとしたか、書けてるかは、全然別ですけど。
穢土さんの講評や他の方の作品を読んで、なるほどなあ、と
思う点がありました。
なるほど、カタルシスっていろんな観点からの突っ込み方が出来るなあ
と。

重ねて選評に感謝を。あとチャンプにお祝いを。

67 : ◆2bmoujqRHk :2006/05/05(金) 16:40:44 ID:/BqJWknC
「会話」書きました。
実験作なので審査対象から外れてもいいやという気持ちで出しましたが
審査してくれて有り難うございます

最後になりますが優勝者の方おめでとうございます

68 :リーフレイン:2006/05/05(金) 18:07:42 ID:Ck992I+O
エドさんありがとうございます。
お疲れさまです。
色褪せたカタルシス投稿させていただきました
チャンプさん おめでとうございます!
濃い作品が多くてすっごい楽しかった、みなさんありがとうございます

69 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/05/05(金) 18:17:35 ID:o4E8tNvl
『極東アジアの海原で』を、た〜らたらった歌いながら書きました。
穢土さん、審査お疲れ&ありがとうございました。
なんか、気にいってもらえたよーで嬉しいです。

スレ違いですが、某大会の立ち上げの方もお疲れ&ありがとうございました。
今あーやって進行してるのも、まさに穢土さんの行動力のおかげですよね。楽しいです。
『立小便』の作者さん、優勝おめでとうございます。

70 : ◆notePDkbPQ :2006/05/05(金) 19:52:37 ID:0vMKSsuc
「立小便」書きました。穢土さん、ありがとうございます。お疲れ様でした。あちらの方も。
大威張りは掛け言葉ですんで平仮名のほうがいいですね。自分は、皆さんと違って
軽いの書いちゃってますね。こうなるとは思ってませんでした。嬉し恥ずかし。

次の選者の方は
鬼津月 ◆tBqj2O1lqQさんに、お願いしようと思います。では、いってまいります。

71 :ギムレット(帰省中のネット喫茶にて) ◆SCPttDlhhA :2006/05/05(金) 19:57:30 ID:T7RYXr1b
穢土さん、審査お疲れ様でした。
「赤と白の狭間で」を書きました。最終選考に残していただけて嬉しかったです。

前回の審査員を務めたものとして、穢土さんの評文大変勉強になりました。
ユーモア溢れる文体でさりげなく持ち上げつつ、鋭く大胆な視点で作品を評していく。
まるで穢土さんの講評自体がカタルシスというお題に沿っているようでした。
正直私なら「真面目に書いてください」と切り捨てそうな作品にも、
穢土さん独自の解釈を持って「活かしてしまう」のはセン5の評価で四苦八苦している私にはとても参考になるものでした。

作品についてちょっと述べますと、
この作品はエロを狙った訳ではなく「カタルシス」→「浄化作用、すっきりする」から真っ先に連想したのがアレだった訳で、まぁオスの哀しい性っす。
で、「おそらく大好きなんでしょう」と言われてしまいましたがここは強く否定させていただきまして、
「経験の未熟な私にはちょっと荷の重い題材でした」と、
とりあえず清純派アイドルが濡れ場のあるドラマの発表会で言いそうな決まり文句で逃げさせていただきます。
(私に守るべきイメージなんて無いですけどね)

ところで「赤と白の狭間で」という題名には二つの意味が込められている事にはお気づきでしたか?
一つは「膨張と収縮」(はい、そこの女子深く考えこまない!)という作品の流れ通りの意味ですが、
もう一つは「男と女」という意味です。
それを踏まえると最終連の意味が分かり易くなるかもしれません。
ちょっと欲張った構成になってるので成功しているかはわかりませんが、
「アダムとイブ」など所々に伏線を張ったりと謎解きの要素も加えてみました。

それにしても男と女の二種類に分けられた事が良かったのか悪かったのか。
私は日によって答えが変わります。
(♪間抜けな神様が僕らを 番(つがい)で飼おうとして〜 Mr.children 「Bird Cage」)

最後になりましたが「立小便」を書いた方優勝おめでとうございます。
これぞ男にしか分からぬ書けぬカタルシス!参りましたぜ。
私も久しぶりに晴れた日に河原に出かけて「コト」に及んでみようかな(笑)。

72 :ギムレット(帰省中のネット喫茶にて) ◆SCPttDlhhA :2006/05/05(金) 20:01:47 ID:T7RYXr1b
おっと、大文字と小文字とではトリップが変わってしまうのか。
念のためいつも使っているトリップに訂正しておきます。
(私の偽者がいる訳もないですが)

73 :地下詩人 ◆Eden.2.uso :2006/05/05(金) 20:42:52 ID:prnLhzOr
>>52-53
穢土 ◆KJXrENozYsさん、どうも有難う御座いました。
『モノクロオムの自画像』を描いた者です。
御指摘のリズムとバランスの悪さは自分で編集しながらもつくづく感じました。
今後の課題にしたいと思います。

また、語彙が豊富とのお言葉を頂きたいへん光栄でした。
ボキャブラリーの増強は私にとって重要な位置を占めているテーマであり、
個人的な目標と致しましてはバカパクよりシブ知を目指しております。
何の話かというとクイズダービーです。

なお、「I」から「VII」は32行制限のために付したノンブルでして、
チャプター的な区分けを意図した訳ではありません。

一個人の感想を述べますと今回の投稿作の中では『赤と白の狭間で』が
なかなかいやらしいセンスを持っていると感じました。
何はともあれ立小便をなさった方に幸あれ。

74 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/05(金) 22:47:13 ID:T2gKRMSh

 こんちば♪そしてたくさんのレスをありがとーです。感激して涙溢れんばかりクリネックス♪
こんなにもたくさんの方々が名乗り出てくれて嬉しいです♪その作品と作者を知るのも、愉しいわけでして。
しかし、こうやって作者を知ると、自分の予想していたコテと違い、全く別のコテさんであることを知り
ただただ、θは狭いようで広く、まだまだ実力者はたくさんいるのだなぁと、感慨深いです♪
優勝したNoteさん おめーとーさんです♪
次の選者予定の鬼津月さん・・・・初めて見るコテさんで、改めてθ広いなぁ
楽しみわっくわく
ではでは後を宜しくお願い致します(※全くθは広いやぁ

>YAPooさん
そのスタイル、奥が深いようです
対戦楽しみにしてます
>初代チャンプ・ボルカさん
色々考えてくれてありがとうございます。他者に迷惑をかけるそれは禁止ですね
>◆2bmoujqRHkさん
実験スレの方ですか?アルペジオさんも似たようなことをしていたと思います。
>リーフレインさん
どうもお世話になってます。梁山泊でお世話になり逆に評価する形になりましたね♪大会を頼みます
>あぶくさん
初めましてではありませんね♪実は。騙したつもりはありませんが結果的には♪お気付きでしょうか。まっ宜しくです
>◆notePDkbPQ さん
意外やノートさんでしたか?優勝おめでとう御座います♪後で思ったのですが、威張りはそのまんまの方がいいですね♪
>ギムレット
さんでしたか?以前、某氏に私の作風と氏の作風が似ていると言われたことがあります(かはっ
>地下詩人さん
θは狭いようで広いです。いつか辛口で挨拶した覚えがありますが、兎角、驚愕ものでした

75 : ◆YAPoo/LC/g :2006/05/05(金) 23:10:44 ID:G8E1d+u/
エドさん
ありがとうごぜーまーす
ご丁寧なコメントレス
涙ぽろぷろりデス

ぼくは、おしゃべりが好きデス

ぼくとしては馴れ合いだと思ってはいません

皆さんの作品に惹かれて
ぼくも落書きしようと思ったのデス

皆さんの作品(皆さんの分身)で
ぼくは、声が出るようになりました

某大会で二回も楽しめるようになりました

エドさんと大会で楽しめることができて
ぼくは、嬉しいんです

ぼくは、いっぱい楽しみます

ぺこり

76 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2006/05/05(金) 23:21:24 ID:WGsQaJQ/
◆notePDkbPQ氏のご指名により、参上しました。
5文字の虜、鬼津月でございます。
右も左もわからぬ若輩者ではありますが、せっかくですので、
これもなにかの縁と、選者なるものに挑戦してみたいと存じます。
では、これより準備にとりかかります。

77 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2006/05/06(土) 00:00:35 ID:976Ax9yu
それでは、選者鬼津月による今回の投稿要項を発表いたします。


お 題 : 「海」 

投稿期間 : 一週間、〆切は5月13日(土) 0時0分

採点日 : 13日の夜か、14日の夜あたりにでも。

以下、投稿条件 :
 詩の長さは20行以内で。
 コテの表示は任意。
 なるべく解りやすい詩でお願いします。
以上


批評にはまったく自信がございませんので、
お気軽にご参加ください。

では、一週間後にまた。

78 :南島民謡T-波ぬ花咲:2006/05/06(土) 00:22:08 ID:tfH8tDsQ
<ズオオオォォン>

ハ ヤァノ 
エンサエー

月ぬ昇る海はエー
波ぬうつくぬにゃんヨ

ヤ ホーレヨ
ヤ ホーイヨ

島ぬ後思いどぅ波ヨ
島ぬ後思いどぅ海ヨ

サーノ ヤーレノ
ハ ヤッサノ
ハ ヤァノサ

79 :乳飲み子:2006/05/06(土) 17:48:38 ID:v/1FN/eO
乳飲み子が吸い付く乳房の不思議さよ
そが隠すは広大無辺な愛か
それとも冬の峻厳な山の厳しさか

その様なものが人にあるとは
とうてい信じ切れぬ
信じ切れぬとてあるものはあるもの
その存在を否定するわけには行かぬ

乳房に吸い付く乳飲み子の不思議さよ
そなたが持つは無限の未来か
そなたの背負う永遠の過去か

その様なものが人にあるとは
とうてい信じ切れぬ
信じ切れぬとてあるものはあるもの
その存在を否定するわけには行かぬ

まずは人の不思議さよ
とりわけ母の不思議さよ


80 :『母°海』:2006/05/07(日) 11:42:05 ID:/UxvTSqT
海なんか大嫌いだ 幽霊が泳ぐ異界
海なんか大嫌いだ 凡てを飲み込む

足がつく地面と清さが欲しい
夢中になれる楽園が欲しい

競争主義、格差社会、全知全能、無能、猟奇犯罪
お飾りステータス、孤独、姑息、傲慢、自己中
拝金主義、自虐左派、支那、半島、ジャンキーUSA
ヒステリー、上司、自称大人、情報過多、14インチの世界
路上の脱糞、コンビニの塵箱、餓鬼の奇声、眼前の壁

___凡て流れてしまえ

81 :「海の匂い」:2006/05/07(日) 21:48:42 ID:9U5Rxwno
海には大概夏に行く
ささくれた黒い岩が
ゴム草履をつつく
ぬるりとして手足が滑り
何度も体がぐらつく
音もなくフナムシがうごく 
潮溜まりの小魚や蟹が窮屈そうに回っている

頭が茹でられて朦朧とする
いつの間にか踝を切っていた
暑くて息苦しい風が吹く
煮詰めらた海の匂い  
塩が粘っこく肌につく
 
浜に下りる
打ち上げられた魚 
空っぽになった貝
黄土色になって干からびた海草
ひっくり返った蟹
鼻を突き胸をこするのは
ねばねばとした死の飛沫だ

82 :「海龍」:2006/05/10(水) 06:08:03 ID:/rcll6xv
果てしない岸辺の片隅に

寄せては返す柔かな塩水は聖別された購罪の涙

明日の向こう側へ年老いた龍が飛んでゆく

83 :名前はいらない:2006/05/11(木) 19:23:02 ID:2P3p/e2A
作品募集age

84 : ◆6ibxWuDYyM :2006/05/12(金) 12:56:14 ID:fXi1xXry
てすと

85 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2006/05/13(土) 00:08:08 ID:3k6XqcTX
はい、では時間が来たようですので、締め切ります。
参加作品は、>>78-82 の5作品ですね。
よろしいでしょうか。
まずは、個別に、寸評、といいますか寸感想を。


>>78 南島民謡T-波ぬ花咲
重い波の音と、こぶしの利いた渋い歌声が、このスレに響き渡るようですね。
掛け声と、素朴な歌詞は、まさしく民謡といった趣き。
発せられた生の音が、そのまま言葉に留められたような、力強い鼓動を感じました。
<ズオオオォォン> って、いいですね、気に入りました。

>>79 乳飲み子
乳房も乳飲み子も不思議、人の不思議、母の不思議、
母の胸の谷間に広がる不思議の海に、ふと迷い込んだような感覚。
信じられないけれどあるもの、否定はできないあるもの、
なんなのでしょうか、そこでまた不思議の海に浸りそうですね。
誘い込むような、円を描くような、不思議な踊りのリズムを感じます。

>>80 『母°海』
不平と不満の海といったところでしょうか。
列挙されている負の言葉のあたり、雑然とした不満が波のように
繰り返し、打ち寄せている様子が、よく見て取れました。
気に入らない社会を漠然と漂っていた自分が、
最後の、眼前の壁というので、ふと現実に戻ってきたような気もします。

86 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2006/05/13(土) 00:10:16 ID:3k6XqcTX
続きます。

>>81 「海の匂い」
読み進めるにつれ、だんだんと暗くなっていくような、
灰色のグラデーションを見ているような感じがしました。
決して自分を楽しませはしない腐臭の海に、なぜ行くのかが少し気になりました。
生と死のあるナマの海が描かれている、といった感じがします。
描写力が高いですね。

>>82 「海龍」
幻想的な絵の、奇麗な詩ですね。
ファンタジー小説の表紙絵といった雰囲気でしょうか。
そういった意味では、もう少し物語が欲しいようにも思いました。
一つ一つの言葉に、謎と哀しみがこめられていると感じました。
全体をみると、霧がかかっているような印象もありますね。

以上です。

では、これより優勝者の選定を。

87 :鬼津月 ◆tBqj2O1lqQ :2006/05/13(土) 00:20:24 ID:3k6XqcTX

優勝は、>>81 「海の匂い」 の ID:9U5Rxwnoさんに決定。

解りやすさと描写に惹かれました。
おめでとうございます。


------------------------------------------

今回、初めてこういったことをやらせてもらいました。
慣れないもので、なかなか難しかったのですけれども、
たまには、こういうのも良いものですね。
勉強になりました。
みなさん、どうもありがとうございました。
あまり盛り上がらなくて申し訳ないw
ではこれにて御免。

88 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/13(土) 00:27:11 ID:uOX6KXOJ
鬼津月さん お疲れ様です
いい評文でした♪ 『母゜海』書きました どうも
ありがとうございました。

89 : ◆notePDkbPQ :2006/05/13(土) 01:02:28 ID:U/MqSGFk
鬼津月さん、ありがとうございます。>>81「海の匂い」書きました。子供のころ、
よく海に連れられていき、今でも旅行で海に寄ると、やっぱり、あの匂いがします。
そんな訳で、実際あまり海は好きではないです。切れ味鋭い評ありがとうございます。
お疲れさまでした。


こんな内容の詩を書いておいてなんですけれども、次の選者の方は、
やわらかい蟹 ◆6P3vWUZtcI さんにお願いしようと思います。いって参ります。

90 :リーフレイン:2006/05/13(土) 09:38:44 ID:BQwe1OPI
>鬼津月さん 
ありがとうございました。「海龍」書きました。
こっそりと詩を落としていかれる鬼津月さんがこうやって評をくださって
なんかすごい感動しています。このスレッドはなんというのか意外な出会いに満ちていて
(出会い系のうたい文句みたいでw)板のふところの深さみたいなものを
感じてしまいます。

>◆notePDkbPQさん。おめでとうございます。凄みのある詩です。


91 :穢土 ◆KJXrENozYs :2006/05/13(土) 22:13:33 ID:uOX6KXOJ
◆notePDkbPQさん back to back 乙

92 : ◆2bmoujqRHk :2006/05/13(土) 23:42:09 ID:4R5t9nMA
乳飲み子書きました
評価有り難うございます
あと優勝者の方おめでとうございます

93 : ◆notePDkbPQ :2006/05/14(日) 17:48:49 ID:Ci9JlevY
皆様ありがとうございます。やわらかい蟹 さんは、選者を辞退されました。
うたた寝死人 ◆utatasFSiさんに、お願いしてきます。

94 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/14(日) 23:53:26 ID:Fof+poxG
お邪魔しまスー。
前回の優勝者(おめでとうございました^^)◆notePDkbPQ様のご好意で
棚からぼた餅で選者にして戴ける様なので、
このネボスケには荷がかち過ぎる大役ではございますが二度と無いチャンスを捨てられる筈も無く
謹んでお引き受けさせていたたタだただきたいと思います。
不束者ですがどうぞお付き合い下さい。

マァ選者がコレ↑なので、ホント肩の力を抜いてお気軽にでよろしくです。
んでは条件考えてきます。

95 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/15(月) 00:16:11 ID:nPUty07e
【第18回(選者◆utatasFSi.)詩コンペ 条件等】

1 お題: 春
2 投稿期間: 只今〜5/22の24:00まで
3 採点予定日: 5/24の午前中までを予定
4 投稿の条件:1、 後でビックリできたら楽しそうなのでコテさんでも投稿は名無しで。
           2、二重・三重〜投稿も可。数打ってしかも当たっちゃうのなら凄い事です。
           3、1時間考えましたがホント分かりませんでしたって感想でもやさぐれない。


 所詮選者はコレです、今回位はお気軽にー

96 :幻想現象-ROM1-:2006/05/15(月) 11:44:54 ID:Sx8IuI6f
花=桜
個人の考え
暖かい夢

師走より来る急行にて蹴られ

廻る仮面
幻想連鎖の繫がりは
闇へ 
ほむほうむと跳ねる

何ですか?
受話器
早口の鮮烈は
入学式の陰に隠れ

歓迎されない議員の汗

97 :名前はいらない:2006/05/15(月) 15:40:41 ID:HxFKKgyu
「夏を待つ」

ぽかぽか のどかに さしていますね
あれは 太陽の ひかり
足元には ほら たんぽぽ
可愛らしいですわね

今年も この匂いを 感じることが出来ました
それは 草花の…たしか たしかに 草花の匂い

蝶ですか あれに見えるは
ひらひら 白いものが見えた
かの ような気がしましたよ

この頃は 殺伐とした出来事が
繰り返されるように なりましたね
難儀なことです

私が若い頃は 私が若い頃はね
あのひとは 今 何処かしら

あ また蝶が いますね…きっと
白内障ってやつですか 良くは見えないんですのね

もう 幾分もしないうちに 夏ですよ
また 肌をさす あの季節に
出会えると いいですわね
さて…と
押してもらって いいですか
日陰に入りたくって

98 :『愛又は執着』:2006/05/16(火) 01:16:48 ID:g2drofjZ
春の匂いによろめき
春よバイバイ

人を殺して 桜の木の下に死体を埋めたよ
毎年毎年 春風と春雷に怯えながら生きてきたけど
みんなニコニコ笑顔で花見しているんだ
だからおれは人殺しをして良かったと思っているんだよ

春が来たら 人を殺そう 
春が来たら その木の下で花見をしよう
美しく流れる血と腐臭で咲く桜は妖艶

オマエの黒子が疼き おれはよろめき 
淫靡な酒に脳髄をやられたとき たまらなく
自分が自分でなくなり 寒い下半身を知ったとき
右手にロープ 真下に無間地獄
毎年繰り広げられる祭り事に死の影 カステラを口に運び
日々是好日を知る 蛻の殻となった八畳間に異性の影 
窓から去るのは春 忍び込むぞは五月雨_______

99 :はる:2006/05/18(木) 13:58:07 ID:b1Su8Vw/
さくら
大地のわきたつ泡のように花をひろげ
はる

ひざしは真っすぐ
天よりふり

ニヒリストも春には笑う

肺をうがつ紫煙
くちぶえ吹くように舞いのぼらせ
みえないものを見ようとする

100 :名前はいらない:2006/05/18(木) 23:02:44 ID:1Z6FadiD
作品募集age

101 :名前はいらない:2006/05/19(金) 19:05:44 ID:na4CVOtY
「観光センター」

住宅地のなかひっそり建ってる
二階建てへと一人向かうよ
その名も「観光センター」といい
ぶっちゃけていうとソープランドよ

なんだか玄関先を見たらば
まるで下宿屋みたいなつくり
テレビのついてる応接室で
料金説明聞いて二階へ

とても地味めの若い娘と
一言二言会話を交わし
服を脱いだら早速プレイ
ぬるぬるローションくすぐったいぜ

昼の太陽静かにさして
窓から吹く風そよいでいるよ

僕らは無言でベッドに向かい
静かに静かに交尾をしている

あ、と一言漏らした僕に
嬢は吹き出しちんこを引き抜く

のんびりまったり
暖かな日に
背徳散財
春のソープよ

102 :「三月うさぎ」:2006/05/21(日) 19:08:28 ID:01/u4D6L
三月は
冬毛が落ちて 
ころもがえ
ふかふかコートも
ばっちり決めた

美味しい草が生えてきた
優しい太陽やってきた

春、春だ、春がきた
浮かれるぞ
浮かれよう

立ち上がり
前足そろえて
耳をぴくぴく
鼻をひくひく
僕の彼女は何処にいる

虫がもぞもぞ蠢いて
土がふっくら膨らんで

恋、恋だ、恋がくる
浮かれるぞ
浮かれよう

103 :名前はいらない:2006/05/21(日) 19:21:01 ID:ydraUqjb

           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( __,、);( __,、)   
           ( ヽ  :::__)..:: } ふんふ〜♪
        ,____/ヽ  ー== ; 
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''


104 :ぬくい:2006/05/22(月) 20:46:58 ID:zeJnqGzz
ひだまりに丸まっている猫二ひき

ほとほたと落ちる白い花びら

空の彼方で待っている夏の雲

105 :「雨あがる」:2006/05/22(月) 23:35:24 ID:Ms42YAqF
多摩堤通りを走る4月の雨の日

死が笑った__女陰が笑い、シベリアの凍土も笑った

土手沿いの道路から望む多摩川に風と雨と雷と

生が笑った__女陰が微笑み、太陽が白い歯を見せた

雨あがる多摩川に 燦々と太陽が御姿をあらわし

俺はミタ

雨に濡れ鮮やかな反射を見せる緑草と散り逝く運命の桜花を

その上を舞う三羽のカラスを

遙か頭上に真っ青な空と太陽の光滴を___俺はミタ

106 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/23(火) 00:02:24 ID:IE8lmXGD
ご参加ありがとうございました。
以上で投稿を締め切らせていただきます。
・・・あぁ、春だぁ。

107 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/24(水) 11:48:46 ID:jjQHEtOA
>>96『幻想現象-ROM1-』
 一番乗りありがとうございます。舞い落ちる桜花のようにひらひら表情を変える本作の基本ベースは"気まぐれ"と
"いじわる"。「幻想」、「現象」、「"読み出し専用メモリー1"」とのタイトルは読み手の理解へ歩み寄るような説明責任の
放棄宣言であり、トッテモ狡猾。しかし本文にこれ以上ない程ピッタリで、非難を寄せ付けません。
「ROM1」を、"既に完成(これ以上の書き直し不要・不可)、んじゃこれが楽しめるかどうか後は読み手次第だから"、と
受け取らせて頂いて、結構肩に力を入れて相対したのですがもう初っ端から、日本人の花と云えば桜の精神を「個人の
考え」とぶった切られて、春に足を乗せようとすれば「師走より来る急行に蹴られ」る。読み手の力を試しながらも
徹頭徹尾、理解と共感を跳ね除け、汚い指紋をつけないでよねと一人でキレーに踊ってみせる。
羽衣に乗れなかった私は何だか失恋の切なさです。でもまたその姿勢が、不穏で不安定な春らしい。
これ、おそらくは即興詩なのでしょうが、作者様の思考回路がムッサ気になるところです。
さて締めくくり、これも確かに春パーツなのですが他とは大分違うテクスチャー。ちびっと生臭過ぎやしませんかねと。

108 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/24(水) 11:50:08 ID:jjQHEtOA
>>97『夏を待つ』
 世界を染める春の中、老婦人と。全体に、たおやかで優しい景色が湛えられています。あぁ物凄くステキ春。
作者様は途中結構な努力を強いられたと思うんですよ。ピントを老婦人に置き彼女に語らせたことで、老婦人を確立
させようとすれば春が薄まり、春を詳細にしようとすれば婦人の"老"が消えてしまう。難しいラインを渡ったなぁと
感嘆。さて、惜しむらくは婦人の言葉遣いに違和感を禁じえないところです。統一性を途中失ってしまっている様子。
まぁ作者様がヨボヨボになった頃これを引き出しの奥から引っ張り出して、言葉遣いを正せば完成すると思います。
&、タイトルなんですが、「肌を刺す」「日陰に入りたくって」とどちらかというとおばあ様は陽射しが苦手なご様子。
『夏を待つ』他を模索して欲しかったように思います。

>>98『愛又は執着』
 桜の下には人が・・・。古今を問わず物語される有名な一節ですね。
折角なのでガンガンに桜を書きなぐって欲しかったス、隙間もない程に。まぁそれは個人的趣味が過ぎまスわな失礼。
急転直下倒錯を始める4連の詩情が濃厚でイイ。1連と陸続きとは中々信じがたいものがあります。
ただ、「愛」又は「執着」に拘るなら、「人殺しをして良かった」理由は「桜は妖艶」で良かったんじゃないでしょうか。
桜の為には人を殺すことを厭わない、そんな男に周囲の人間へ向ける暖かい視線は不要(作者様の人柄が滲んだ
んだろうなぁと想像、チョト暖かい気持ちに)です。「みんなニコニコ笑顔で花見」を理由としたことで狂気は薄れ、
愛と執着はぼやけてしまったように感じられました。

109 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/25(木) 13:31:41 ID:SFI1Vbd1
>>99『はる』
最初に拝見した時、つい「うはーっ!!」っと声を上げてしまいました。トテモ快い。漫然とスクロールしても目に飛び込
んで来る「ニヒリストも春には笑う」、淡々と水彩した世界を綺麗に閉じた「みえないものを見ようとする」。ホント惚々。
本作に匂いはない。音も、湿度も、予感も、痛みも、泥臭さも、それどころかここに立つ人物の、目より下の存在です
ら何一つ描かれていない。非常に意図的な―――人工的な、夢の中の端整。しかしながらそのプレパラートばりの薄さ
に春の美しさを雄弁に語らせたお手並みには感服。満ちきらない月の漠とした不安、不完全であることの揺らぎ、
そんな胸騒ぎのある春でした。

>>101『観光センター』
軽妙な語り口で淡々と流れていく平凡な昼。その内の、春を示す記述なんてホンノ少しなんです。ところがところがの!
この暖色。ソープランド、ローション、ベッド、交尾、嬢、ちんこ。不思議なもので、季節を持たない筈のこれらの
語句が春の季語のようにすら見えてきてしまう。これが日本に昔から伝わるマホーウです。買春売春とはよく云ったもの、
色事は春の一なんですね。つーかお題春でコッチを持って来ますかや。舞台は季節としての春、テーマは色としての春。
ダブルで併せてつやあり仕上げ。お見事ス。

>>102『三月うさぎ』
短歌近似のリズムでのっそりと導入し、芽吹くことを始めた下草のスピードで助走をつけ、うきうきわくわくの
ジャンプジャンプジャンプジャンプ。うさぎの呼吸ままでユニークです。うさぎ君の興味はやはり食だろうかと一緒に
「浮かれるぞ/浮かれよう」していると「僕の彼女は何処にいる」。あ〜、1連でコートを「ばっちり決め」ていたのも
その為かぁ、と納得。成る程春は恋の季節ですもんなぁ。
なだらーかに始まりなだらーかに経過しなだらーかに終わったので、チョットしたサプライズがあるともっと面白かったかなぁ
とアイシンク。

110 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/25(木) 13:32:47 ID:SFI1Vbd1
>>103『無題』
 小春日和をお散歩中ですかし? 確かに現在当スレは鼻歌の一つも出ちゃうような春景色です。

>>104『ぬくい』
 春だ。ホント春ですね。1行目で輪郭、2行目で背景、3行目で遠景。特にこの3行目の含んでいる熱と低い湿度が
気持ち良い!これで突き抜けて拡散する前に、陽だまり部分の臭いや色を感じる書き込みがもう少しあったら
尚味わい深かったんじゃないかと思います。

>>105『雨あがる』
 具象と抽象の二重奏。多摩堤の描写と生死・女陰によるシンボリックな春の発現が刺激的・鮮烈で面白いです。
美とは、それが潰えるまでの寿命を裏打ちしたり、傍らに醜悪な物を配置することでよりその輝きを増す、という
基本的な法則を上手く取り入れているなぁ、というのが所感。ただ、雨から晴れへと全体の明度が増す中、最後は
影(カラス)無しで一度に美→爽(桜花→真っ青な空)と展開した方が気が散らないで良かったのじゃないかと思います。

111 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/25(木) 14:05:45 ID:SFI1Vbd1
26時間近くお待たせしまして申し訳ございませんでした。
ご参加下さった皆様はこんな綺麗に春を並べて下さったのに、、、誠すみません。
しかも寸評が激しく見難い。スクロールするとココだけキモイ。すいません、ホント申し訳ない。

うう、遅馳ながら、今回の優勝者を発表させていただきます。
いい意味で肩の力を抜いた、ひらふわ正に春な作品ばかりで非常に悩みました。
どれもこれもオソロシク捨て難い。
まぁでも頑張って一つ挙げますならこ、これでっ、、、、、、

第18回(選者◆utatasFSi.)詩コンペ優勝
    >>101 『観光センター』 !!

 技あり且つ長閑な春をありがとうございました。
 こういう春も大アリだなぁと一つ視界を広げて頂いた感がございました。
 何はともあれ、おめでとうございます!!!!

112 :ボトルネック(‖・Д・) ◆P350za861k :2006/05/25(木) 20:24:30 ID:QRxHNsKT
乙!




ていうか、ええぇぇ!?
あうー


えー俺
「夏を待つ」と「観光センター」を書きました
評ありがとうございました

じゃあ俺が次の選者を選ぶわけですね
ちょっと考えてからまた書きます

113 :ボトルネック(ノω`) ◆P350za861k :2006/05/25(木) 20:29:27 ID:QRxHNsKT
決めた。





ミミンさんにお願いしとこうそうしよう♪
メールでお願いしてきます

114 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/05/25(木) 20:50:59 ID:KBTs4Nfr
・゜・(ノД`;)・゜・



お願いされて恐る恐る登場したミミンです(>_<。)
お題は『愛する人に…』で(笑)
名無しでの投稿を願います(*_ _)ペコリ
10作品,揃った時点で締め切ります♪
作品をお待ちしてますm(_ _)m


115 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/05/25(木) 22:21:35 ID:MchVb6qW
うたた寝死人さん、丁寧な審査、お疲れ&ありがとうございました。
『はる』書きました。
なんか、誉めていただいてすっごく嬉しいです。
私の書くものってどーにも情感薄いのでは、と思ってたのですが、や〜ん、嬉しい(笑)
ありがとうございました。

116 : ◆notePDkbPQ :2006/05/25(木) 22:45:09 ID:PgLQJq8J
「三月うさぎ」書きました。うたた寝死人さん、ありがとうございます。三月うさぎは、発情した
うさぎの事らしいので、それに掛けて書きました。サプライズは、私に何かあった時に、
書き込めるかもしれません。

117 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/25(木) 23:15:20 ID:SFI1Vbd1
>>112
あ、おめでとうございました。
良かったー、本当にいらしたんスなぁ、多重投稿者。でもってそれでチャンプ攫って行ってくれるとは。
嬉しい限りでございます。
でもその2つの作品が同一作者とは全然予想できませなんだ。
ホントソレなんスか・・・? いいなぁこういうの。意外で面白い。

118 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/05/25(木) 23:36:18 ID:v/SScj6d
『愛又は執着』と 『雨あがる』書きました。
雨あがるについて:あれは実際に見た光景でして、太陽の下で活き活きとしたハッパの緑や桜花を見て
綺麗だなぁと。で其処に死の象徴と思われるカラスが舞っていた。
生と死の融合というか、何だかとっても不思議な光景で、それをそのまま書きました。

うたさん♪審査ありがとーございます。凄いっす
優勝者ボルトネックさん♪おめーとーでざんす
では 倍 チャオ♪

119 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/26(金) 00:28:05 ID:bv7f10J8
>投稿者様s
お疲れ様です。ご参加ありがとうございました!

>115 否、勿体無いお言葉でこちらがむしろクネクネ

>116 うわー、アリスじゃないけど、どこか童話か物語かに出てくるようなウサギを思い描いてました。
    何か聞いたことアル、と思った時に即刻調べておくべきでした。申し訳ありません。カナリ後悔ッス。
    そしてレスのラストが意味深なんですけども、、、

>118 お、ここにも多重投稿者。ありがたいこってす。
   その2作なら納得だなぁ。ホントお疲れ様です。
   きっと誰より多重投稿しまくりたかったのは私なんですが、
   どうせコメントは自分で書かにゃならんしなんかスレの趣旨を外れていきそうでしたし
   ぶっちゃけ遅筆で1作ですら間に合わな(略
   量産できるその熱量を尊敬。

120 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :2006/05/26(金) 12:19:22 ID:2iJlkHSL
>うたた寝さん
丁寧な評ありがとうございました。「ぬくい」です。
今、田植えの準備の真っ最中で、畦草を刈りにいくとあんな風景でありました。

>ボトルネックさん
おめでとうーーーございますーーー。

121 :名前はいらない:2006/05/26(金) 12:30:46 ID:NrrSddCN
作品募集あげ
内容は>>114の通り

122 :名前はいらない:2006/05/26(金) 14:29:00 ID:Ropm3i4o
『昼過ぎにひとり』


外食に飽きた僕は
だるそうに作った
普通の野菜炒めが
どうしようもなく
どうしようもなく
好きだったんだなぁ

そしていつの間にか、隣にいてくれたあなたは、ゆっくりゆっくり。

もっさり じゅわっと ゆっくり ゆっくり

もじっくり もじゅわっくり もじゅっくり うぅん…なにか違うな。。。頭を掻いていると。

階段をあがる、ころんだであろう悲鳴

多分あなたがスーパーから帰って来たので、では。

これはテレビの下にかくしておこう。みせれたもんじゃない

完成まで程遠い気持ち

123 :「 限が峰 」1/2:2006/05/28(日) 19:03:15 ID:4+xqixVs
確かに俺はオナニーした
夜明け前の静寂の中 窓から射す衆目のない暗闇の中

   せっせと シコシコ ぴっぴっ

どのエロビを買おうか思い悩み3時間

   条件反射で せっせと シコシコ ぴっぴ

朝から仕事じゃゆうに 眠りも取らずに 無我夢中にメロメロ

脳髄から無意識の自我が作動し出し
寂しさを埋める為の右手は働き者 左手は補助者

   本当か 是は真実か

心にポッカリ開いた大きな穴は 凡てを飲み込もうとする黒い穴

隣人よ
壁一枚隔てた隣人よ
夜の帳が下りれば
お前も俺も同類哺乳類獣科人種ヒト俗
昨日のオカズは何だったんだ
それはお前が求める愛なのか
それとも獣の欲求なのか

もしお前が俺の事実を知ろうとも
もしお前が俺の醜さを知ろうとも

凡て愛で包んでくれ

124 :「 限が峰 」2/2:2006/05/28(日) 19:03:43 ID:4+xqixVs
俺はお前の凡てを無償で愛し 醜さ 汚さ 感度
凡てに眼を瞑り お前の諸々を愛そう

ぺんぺん草も生えぬこの土地で 幾年月も愛を忘れ
血が通うのはお前の臥所でなく海綿体

風が吹き その背中に哀愁を漂わせようとも 
帰る巣実花なし
雨が降り 相合傘をする娘がおっても
帰る棲み家なし

鳴いた鳥は飛ぶことが出来る
猫は甘い鳴声で人目を引くことができる

確かに俺はオナニーした
泣くことも相手を惑わすことも出来ないが
右手で自らを慰め 明日への糧を得た

諸々の誘惑は夜の帳と共に顕れ 狂喜乱舞し
俺の宴も血みどろの夢浴場も 興奮の坩堝と化す

お前を求めるが為 凡ては見知らぬお前を求めるが為

嗚呼〜雌 一匹の牝 俺のメス 



125 :ルブレンド:2006/05/28(日) 19:16:31 ID:I959UzoS
誰かわたしを助けてください わたしは同情されたいのです
誰かわたしを助けてください わたしは尊敬されたいのです

心のなかでカメラが倒れてしまいました
わたしは息をつくだけで一苦労なのです
わたしの胸は破れました 夢も破れました
心臓がとまる最後の瞬間まで
きっとわたしは正常には戻れないでしょう
わたしが汚した自分の手首も わたしが壊した未来さえも
いまは熱く火花がほとばしる生きた証の熱情みたいで
ただ懐かしくあのころを思うのです

ありきたりだった会話も、景色も、すべてがいっぺんしたあの日から
わたしには眩しく遠い存在になったのです
迷惑をかけた人ごめんんさい
落胆させた人ごめんなさい
いやなことをいった人ごめんなさい
わたしのことを好きだといってくれた人ごめんなさい


126 :愛してるって:2006/06/03(土) 01:38:12 ID:abyBWKH5
愛してるってささやいて欲しい
きっとそれしか聞こえなくなるから

愛してるってさわって欲しい
そこが火傷するから

愛してるって抱きしめて欲しい
溶けて消えてしまうから

愛してるって目を閉じて欲しい
僕の存在が君から消えてしまう
だから唇を重ねよう

愛してるって言ってほしい
僕の存在が許される気がするから

だから、愛してるって・・・



127 :君が大切:2006/06/04(日) 06:19:32 ID:0WW1Vrqh
「愛」という言葉は両手に固くまるめて
空にほうり投げよう
果てないブルーに飲みこまれればいい
それともちぎって渡りの鳥に食わせるか
浄化され
種をはぐくむ骸となって惑いの丘にふるならば

「愛」という言葉は
たとえば天幕たとえば傘

おおわないで
おおわないで

風の中で散歩をしよう
雨にうたれて抱きあおう
さんざめく光をあびて
笑って笑って笑って
泣いて
そうして静かに消えたいね合言葉はそう
「君が大切」

128 : ◆YAPoo/LC/g :2006/06/04(日) 13:27:21 ID:Rxo/IlmS
ありがとう生かされてます

さざう風の薫りに舌つづみ

愛でる先にははらはら深緑の

名の無い空気にこんにちは

まさしく生かされてます

生かされてます

少しごろ寝します

129 :「水溜りの国」:2006/06/05(月) 06:40:51 ID:tIXnmkKZ
雨上がりのきらきら輝くアベニューの木陰
小さな水溜りを覗き込んだら
名前も知らない小さな生き物が二匹
三日も雨が降り続いたから
新しい国が出来たと喜んだのかな
だけど週間天気予報はこの先
能天気なほど赤いお日様ばかり並べてた
白く明るく無関心な光は明日にも彼らの国を滅ぼすだろう

どんな経緯でそんな場所に来ちまったのか
とにかくまぬけな二匹だよ
そんな大事な事を間違えているようじゃ
どの道長くは生きれないな

誰だって時には逃げ出したいし、
その時は大切な人の手を引いて、
二人でなら新しい世界を目指せると、
全くお前ら馬鹿じゃないのか

気持ちだけで愛する人を守れるものか
なめるなよ
夢と現実の区別を愛の麻薬に酔えば簡単に越せるのか
甘えるなよ
気持ちよくラリって酔いが醒めれば愛も醒めてか
ふざけるなよ

130 :「水溜りの国2」:2006/06/05(月) 06:41:30 ID:tIXnmkKZ

やい小虫ども
太陽はお前らなんてどうでもいいんだ
お前らを焼き殺した事すら無関心なんだ
それがあのお空に浮かぶ どでか〜い太陽様なんだよ
お前らがどんな筋書きを未来に描こうと
虫けらの戯言なんだよ
何にも影響しやしないんだ
いっそ俺が踏んでやろうか?
それとも小便かけてやろうか?
あっははははは



滲む視界に映る
小さな小瓶を泳ぐ二匹と
その透き通る向こう側で
最後に写した二人の笑顔が
みんなで俺に向かってこう言った
ばかやろう


131 :シャボンの冷憶:2006/06/05(月) 08:44:48 ID:+fsq6mnZ
「一生君を守るから」
なんてのは、ベタな言葉だね。
だからといって、
あんましキザな言葉を吐くのもどうか・・・

その中
―境界線に佇む彼は 右往左往。
あまりにも危なっかしい一本橋を、
左右によろけ、時にゲームオーバーを演出し。

彼は、時に氷河の最中。
乾いたシャボン玉を飛ばし、撮影し、
彼女の下に送りつけた。

彼は勝利した。
彼の中、一本橋は消えていた。

132 :ゆめいろしずく:2006/06/05(月) 19:40:29 ID:iULBm6tn
。。。

ふと、したたるしずくをぬぐうと
あなたがいました。

ちかいようで、とおくみえたあなたは
うすくわらっていました。

そのえがおを、みつづけたいのに
すぐににじんでみえなくなります。

どうしてでしょうか

どうしてでしょうか


きがついたら、あなたはいなくなっていました。



また、いつかあえますか?

133 :「葉桜」:2006/06/05(月) 21:04:46 ID:diSUloCI
町から
足を伸ばして
川べりをどんどん上ります

薄くにごった空
暖かな日差し
水は元気に流れ
土と生き物で埃っぽい風が
汗ばんだ体を冷やしてくれました
鳥が歌い
私も小声で歌います

土手にたくさん茂り 
甘く匂う葉桜
太陽を淡く透かして緑がひかる
この景色
綺麗な空気
ひとりのためには勿体ない
花たちは散ってしまって  
もう、見られないけれど
あなた
葉桜は 
いかがですか

134 :名前はいらない:2006/06/05(月) 22:20:34 ID:85o17kda
お題 『愛する人に…』

>>122 『昼過ぎにひとり』
>>123-124 「 限が峰 」
>>125 ルブレンド
>>126 愛してるって
>>127 君が大切

>>128 ◆YAPoo/LC/g
      (トリップ付き?ですが、判断は選者ミミンさんにお任せします)
>>129-130 「水溜りの国」
>>131 シャボンの冷憶
>>132 ゆめいろしずく
>>133 「葉桜」


※10作品揃ったようです。(age)

135 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/06/06(火) 00:29:58 ID:XsPl0zwD
集計をありがとうございました・゜・(ノД`;)・゜・
審査にはいりますね!
2,3日後までに結果を出しますのでお待ち下さいm(_ _)m

136 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/06/07(水) 22:27:28 ID:Axbr14nf
こんばんは(*_ _)ペコリ
未熟者のミミンです(笑)
読み違いばかりでしょうが(苦笑)最後までお付き合い下さいm(_ _)m
まずは短いですが各寸評を(笑)
>>122 「昼過ぎにひとり」
愛する人が作った野菜炒めを真似てみたけど,しっくりこなかったから隠してしまう…
微笑ましい光景が目に浮かびます。
最後の『程遠い気持ち』が料理と愛情が=(イコール)にならないもどかしさと,初々しさを感じました。
>>123-124 「限が峰」
まだ見ぬ『愛する人』に出会えなく,せっせとオナニーにはげんでしまう…
哀愁を私は感じてしまいました(苦笑)
>>125 「ルブレンド」
崩れつつある自我の世界からせめて『愛する人』にだけは理解して支えて欲しいと願う…
私には“したたたかさ”が見えるのはひねくれた証拠と痛感…
_| ̄|〇
>>126 「愛してるって」
とっても甘い(笑)なかなか言ってもらえないのでしょうか?(泣)ちょっと涙が滲んじゃいました…


137 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/06/07(水) 22:29:39 ID:Axbr14nf
>>127 「君が大切」
死ぬまで『愛する人』と過ごしたい…そんな風に読めました。途中の“おおわないで”が揺れる心情の表現として秀逸!
>>128 ◆YAPoo/LC/gさんの作品(笑)
トリがありますが審査を…
『愛する人』になんの衒いもなく感謝…と読んだのですが,裏もありそうですね゚。(><。)゚。゚
力が及ばず,すみません_| ̄|〇
>>129-130 「水溜まりの国」
2匹の生き物へ徹底した現実世界を見せつけ,シニカルに言い放つ“俺”にたった一言で撃退してしまうのは圧巻!
>>131 「シャボンの冷憶」
『愛する人』を手にいれるまで迷いながらの駆け引き…
もう少しインパクトが欲しかったかも…
>>132 「ゆめいろしずく」
片想い…もしかしたら立場が難しい人との恋愛関係なのかしら…
刹那さだけでなくもうひと味欲しかったかも…
>>133 「葉桜」
『愛する人へ』こんな細やかな幸せすら分けてあげたい…
優しい気持ちが溢れ,とても癒されました。


138 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/06/07(水) 22:31:28 ID:Axbr14nf
そして優勝作品ですが,非常に迷いました(ノ_・。)
2作品までは絞り込んだのですが迷いました(苦笑)
いろいろ悩んだ結果…>>129-130 「水溜まりの国」を優勝とさせて下さい(*_ _)ペコリ
おめでとうございます♪参加した皆様,お疲れ様でした(>_<。)
審査はまだまだ慣れないので良い勉強になりました!
未熟者のミミンでした
・゜・(ノД`;)・゜・

139 : ◆notePDkbPQ :2006/06/07(水) 22:46:06 ID:pITZfaRJ
>>133「葉桜」書きました。ミミンさん、お疲れ様です。&ありがとうございました。
桜の花は一緒にみられなかったけど、せめて葉桜を、という未練が入っています。
>>129-130さん、おめでとうございます。

140 :Louis ◆Z/RUI/OFiY :2006/06/07(水) 23:23:35 ID:K9wsoycx
ミミンさん、たぶんはじめまして&ありがとうございます
>>132「ゆめいろしずく」書いたルイというもんです

こいつはお題見た時、ほぼ脊髄反射で書いたもんで、
推敲なんぞちっともしてません。えぇ、バカですね


これは別れ際について書いたもんです
少なくともそのつもりでした。。。
細かい情景描写をはしょったんで
全体的に薄味になってしまったようで


それでは>>129-130さん。おめでとうございます

141 : ◆YAPoo/LC/g :2006/06/08(木) 14:55:24 ID:0Q2Rck01
ミミンさん
ありがとうデス

ぺこり

おめでとうございますデス

ぱちぱち


また浮上したときに覗いていたら参加させていただくデス



ぺこり

142 :ギムレット ◆ViGhQTE.YA :2006/06/08(木) 19:09:12 ID:d/50tUO2
ミミンさん、審査お疲れ様でした。
「水溜りの国」を書きましたギムレットです。
この度は優勝作品に選んでいただきまして本当に光栄です。
実は大会系スレに参加して初めての優勝なので素直に感激です。
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

作品についてはミミンさんが簡潔に評してくれた通り、
最後の一言がこの作品の核です。
ボルテージを徐々に上げていき、最高潮に達したところで一気に温度を下げ、
それまで小虫に対して放ってきた言葉が自分の元へ一気に収束していく。
自分では上手くいったかは分かりませんでしたが、そういった作為を的確に評してくれて嬉しかったです。

それで、次の選者ですが、私自身が最近お気に入りである
「【毎日】俺のポエムを越えてゆけ【決闘】 」スレを立ち上げました
抑揚さんにお願いしてみようかと思います。
独特の毒と切れ味のある文体をぜひ選者として発揮していただきたいです。

それでは行ってまいります。


143 :あぶく ◆OPBYKkBBNQ :2006/06/08(木) 20:01:40 ID:RTm2vi5c
ミミンさん、審査お疲れ&ありがとうございました。
『君が大切』を書きました。
《愛》という言葉はつい身構えてしまいます。苦手です(笑)
ギムレットさん、優勝おめでとうございま〜す。
なんか、作風変わったみたいかな!?

144 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/06/09(金) 02:43:55 ID:w6KekwfF
お邪魔します^−^

1.お題:名前
2.〆切:投稿条件に沿った10作品が集まるまで
3.採点:集まり次第
4.条件:

.名前欄に外国人ぽい名前をカタカナ表記で入れること。
.タイトルは漢字四文字の日本人ぽい名前であること。
.投稿を30−32行でまとめること。それ以下でも失格。

以上。投稿条件をよくご確認の上、投稿してください。

145 :ギムレット ◆ViGhQTE.YA :2006/06/10(土) 09:09:50 ID:ZREfI3Ci
>>144
引き受けていただきましてありがとうございます。
それでは後はよろしくお願いしますです。

146 :ジャック:2006/06/11(日) 20:15:11 ID:dTCIi3fo
二日経過してます。条件厳しいなー。
30−32行は「投稿」なのでタイトル含むんですよね。
  では   よろしくお願いします


147 :ジャック:2006/06/11(日) 20:34:18 ID:/rbrTyyN
「狂間百合」

クルマユリはお辞儀する

細長い蕾みが割れ
赤い斑点の
オレンジの花びらは 反り返る
つぼみのなかで 何も見ずに抱き合っていた
めしべとおしべは 初めて顔をあわせた

開花と同時に切り取られた クルマユリ
その純粋さと美しさが
窓辺を飾るのにふさわしい
あなたが私にくれた花

誰かにむしり取られたくなくて
受粉させたくなくて
あなたは私を
純粋なまま
純粋なまま
茎にハサミを入れた
シャコッと言う音に痛みがあったのか聞くと
安全のためだと 言聞かせた
茎を水に 私を部屋に やさしく閉じこめる

私はお辞儀する
あなたに愛と感謝を込めて

あなたは私を覗き込んで
じっと愛でる
短い命を 壊さないよう 愛でるだけ


148 :ジャック:2006/06/11(日) 20:45:37 ID:/rbrTyyN
よし!!完璧!


149 :名前はいらない:2006/06/14(水) 11:59:53 ID:AduLJ3v2
あげます。誰か書いて。


150 :Arpeggio ◆UfM5Clgw1I :2006/06/14(水) 20:04:25 ID:jcmp++68
「邪宗門修」

米色のナゲットが包む
虹の穂の博物館

雲隠れした

夏の日の夕景
シンボルの消失
からの失踪事件
からの行方不明

ポケットから取り出した
時計のチクタクは水銀に響き
消化して 千年の記憶
昇華して 先年の記録

球体の独白は
誰の元に届くのか 未来
曼珠沙華の巧妙な祈りは
誰の元に届くのか 黄泉
空中ブランコのような世界

卍蛙亡く  卍 卍
邪宗たれ込める卍  卍卍
一昨日の雷土に焼かれた   卍
仏像の陰のエッセイ卍  卍
基督の涙は何処へ卍  卍 卍
ああ 祷るほど血 祷るほど 血!

宗教の平和に捧ぐ争いの絶え無きこと
木を薙ぐあの翁は存じておるのか? 真心よ

151 :Arpeggio ◆UfM5Clgw1I :2006/06/14(水) 20:05:26 ID:jcmp++68
あ・・・
エラーでたから再投稿したらこれかよ・・・

申し訳ありません
パスしてください

152 :名前はいらない:2006/06/17(土) 09:15:17 ID:8G5Ft6gX
募集age


153 :名前はいらない:2006/06/17(土) 17:12:16 ID:6F67nUE7
王真里亜

雨の中 動かぬ虚像
あなたに慈悲を乞えない

このまま僕は死ぬらしい

傘はないが 必要ないよ

マリア
生きることが苦痛か
卑小者は卑小のうちにとどまり
しがみついた平等の概念
解き放てないのか

マリア
日常生活などという現実が
幸福のアンチテーゼであるかのように
歌うことは今 求められていない

マリア
雨が降る

虚に実をかけて純が産まれる
純が純であるためだから面白い

ならばマリア
僕はあなたに慈悲を乞おうか
飾れば汚れる素直な感情を
あなたに捧げたい

154 :名前はいらない:2006/06/17(土) 17:14:07 ID:UQ0SQcr7
age

155 :ブラウン:2006/06/17(土) 17:21:16 ID:6F67nUE7
>153ですが名前を入れ忘れました。すみません。

156 :ブルー・ノ・アイツ:2006/06/20(火) 01:09:44 ID:Wo7aQQnE
『只乃名之』

平行四辺形は笑ったよ (何があったか知らないが)
自分はひしゃげてるって イジケてたんだ
平行四辺形が笑ったよ
長方形や、菱形や、正方形の方が 立派だと思ってたのさ
たったそれだけの思い込み (何があったか知らないが)

平行四辺形が歩いてく
威風堂々 正々堂々
僕はボク、これでいい、って笑いながら

すれ違うみんなも笑ったよ
良かったネって笑ったよ
平行四辺形が笑ってるって、みんな喜んで笑ったよ
長方形も、菱形も、正方形だって
みんなみんな笑ったよ
あいつ、良かったな、あいつ……

それを影で見ていた台形も
色んな角を持つ四角形も
名のある三角形も 名のない三角形も
まん丸になれない楕円形も
いつかきっと 笑うんだ

平行四辺形が笑ったから
オレも、アタシも、大丈夫
って、きっときっと笑うのさ
どっこも歪んじゃいないとわかって
へのへのもへじ、顔をクシャクシャにして笑うだろう

あいつ、良かったな あいつ… アイツ… ヘーコーシヘンケー

157 :名前はいらない:2006/06/24(土) 00:06:50 ID:c6cV8z5p
お題:名前。 漢字4文字の日本人っぽい名前であること。30-32行でまとめること。名前欄にカタカナ表記の外国人っぽい名前詳細は>>144

>>147 狂間百合 /ジャック
>>150 邪宗門修 /アルペジオ(名前については抑揚さんに判断してもらうということで)
>>153 王真里亜 /ブラウン
>>156  只乃名之/ブルー・ノアイツ

作品募集age


158 :◆FCXRNaWgHs :2006/06/24(土) 22:52:03 ID:zs4i/lwQ
いやsageとるsageとる
あげ

159 :名前はいらない:2006/06/25(日) 22:23:13 ID:dj4mCWHU
もう今にすがりつくしかないくらい
現実という言葉は記号に昇華され
知ってるなんてニヒルに構えても
過去が虚構にすり替えられ
誰がやったんだっけ?
なんて悠長に今は。

空転する現実に貯えたユーモアや怠惰が役に立つ
ハッピーwなんて

酔うしかないんだって将来
常識じゃないね
綱渡りなのにどっぷり

160 :名前はいらない:2006/06/25(日) 22:27:06 ID:dj4mCWHU
誤爆。。。

161 :イゾルデ:2006/06/29(木) 12:52:55 ID:gdLakJn1
「錆鉄格子」

本日のメイン ボンジュール鉄格子
一度入れば錆びるまで
今生の別れとなるや鉄格子のこちらと向うに
ああ、汝、何を置いて格子の果てに向かうなりしや

ダリの扉が開くのは25時の時報
月と太陽が夜這いに這い回る
深い絶望の淵に立つ少年たちが、
もはやその男根を断種せんとバタフライナイフを手に取った 鉄錆
遅すぎたのだ 彼の取り分はない
はん、遅すぎただと?そんなものを欲しがった覚えはない
ささやかなプラスチックの鎧を身にかき寄せて
赤裸々な色つき石膏像の行進を盗み見る
フェイク、フェイク、フェイクだ、ニセモノの神を殺せ
溝で溺れた鼠のごとくに張りぼての巨像に 蹴散らされる草燃える
きちきちきちきち きちきちきちきち ジージージージー
赤子泣いたら たいらなおっぱいふくませて
紅く染まって ちゅうちゅうちゅう
ああ、おっぱい豊穣のおっぱい、白いおっぱい、ああ、ああ、ああ
跪く太鼓 破れた皮よ

錆、錆、錆、紅い錆が青黒い格子の一本一本に繁殖してまいりました
毎日ひっそりと、粗末なおかずの塩分を我が貴重なる唾液にまぜて
ぬりぬりぬりぬりぬりぬり ぬりぬりぬりぬり ぬり
塩分よ、我が滋養分よ、錆を大きく育てたまいや
花の音 ふたたび地に渡る時 我が鉄格子錆落ちん

162 :イゾルデ (計算ミスのため再投稿):2006/06/29(木) 13:03:45 ID:gdLakJn1
「錆鉄格子」

本日のメイン ボンジュール鉄格子
一度入れば錆びるまで
今生の別れとなるや鉄格子のこちらと向うに
ああ、汝、何を置いて格子の果てに向かうなりしや

ダリの扉が開くのは25時の時報
月と太陽が夜這いに這い回る
深い絶望の淵に立つ少年たちが、
もはやその男根を断種せんとバタフライナイフを手に取った 鉄錆
遅すぎたのだ 彼の取り分はない
はん、遅すぎただと?そんなものを欲しがった覚えはない
ささやかなプラスチックの鎧を身にかき寄せて
赤裸々な色つき石膏像の行進を盗み見る

フェイク、フェイク、フェイクだ、ニセモノの神を殺せ
溝で溺れた鼠のごとくに張りぼての巨像に 蹴散らされる草燃える
きちきちきちきち きちきちきちきち ジージージージー

赤子泣いたら たいらなおっぱいふくませて
紅く染まって ちゅうちゅうちゅう
ああ、おっぱい豊穣のおっぱい、白いおっぱい、ああ、ああ、ああ
跪く太鼓 破れた皮よ

錆、錆、錆、紅い錆が青黒い格子の一本一本に繁殖してまいりました
毎日ひっそりと、粗末なおかずの塩分を我が貴重なる唾液にまぜて
ぬりぬりぬりぬりぬりぬり ぬりぬりぬりぬり ぬり
塩分よ、我が滋養分よ、錆を大きく育てたまいや
花の音 ふたたび地に渡る時 我が鉄格子錆落ちん


163 :名前はいらない:2006/07/06(木) 02:32:42 ID:/D1xEzEb
定期 あげ




164 :J・T・ノルジ:2006/07/06(木) 21:01:53 ID:GANoNRKQ
「夜明・恒星」

黒い鳥 黒い鳥 
赤子の魂(たま)は二つに割れた
一つはここに 一つは向こうに
時の異なる二つの世界
二つの道理と 二つの親愛
110巡りの時は 重なる

扉を開け 夢と言われた外惑星の
重なる時の黒い陰影
その逆光に目を奪われずに
重いローブを脱ぎ捨てよ

人・巡り・夜明け・夕の海・そしてまだ出会えぬ星・漆黒の巻毛・紐・金属・
ありえざる叡智・遅すぎる流れ・姉妹の決裂・泥の世界の大いなる落とし子
世界は割れた・死に逝く化身の溜息は誰に・ダウジングをもて・
力源はそこに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・赤く、黒く、輝いて・・・・・・

黒い鳥 空を引き裂いて消えた
12巡りの後の後の後
赤葡萄の花咲き乱れる庭で
小さな親愛を知りそして枯れゆく
70巡りの風の季節に
同じ灰色の深い瞳(め)に会い
巡ることは無意味ではないと
己一人で分かる時まで

黒い鳥 深い森に見上げ燃える山の奥に消え行く
瀕死の身体と魂がいずれ
くすぶりながら「魔」と呼ばれる
大いなる合致を果たす日まで

165 :虫娘 ◆666.SaoPvk :2006/07/06(木) 23:43:16 ID:J+Bk8def
わたわた私雌のHapyybirthday 7th9で一ヶ月経過だね
抑揚さま 泣かないで
わたしは、、、わたしは、、、
仕事に追われて読むお題の条件が今市分らなかっただけなのよ♪


166 :名前はいらない:2006/07/06(木) 23:53:35 ID:/D1xEzEb
>>144


167 :ブラウン:2006/07/07(金) 01:06:18 ID:9dCt9Mv5
砂防会館

海から来る砂に防砂林
川から来る砂に砂防ダム
そんなはいずりまわる砂に
埋もれそうで埋もれないのが
国土保全というもんだ

とはいえこれについて
つかみあうような議論とかは
何もかもごめんで
とっくに卒業というよりは
もうすっかり諦めたのさ僕ら二人

そういうことで革新も過激もなく
バリバリの保守本道で結婚もして
裏のいろんな駆け引き含め
お互いちゃんとやっていこうぜ

パンクでもヒップホップでもなく
田中角栄派閥を気取り
砂防会館地下のレストランで
昼間に二人スパゲティを食うんだ

田舎者らしく
都会の臭いはあらかじめでなく
これからしみつくだけの
スーツを選んで着ていよう
ブラウンにまみれて砂防会館でふたり
それなりの、日本の未来という
建前は持って

168 :名前はいらない:2006/07/11(火) 23:56:52 ID:Nd22K2bW
途中経過〜。

>>147 狂間百合 /ジャック
>>150 邪宗門修 /アルペジオ(名前については抑揚さんに判断してもらうということで)
>>153 王真里亜 /ブラウン
>>156  只乃名之/ブルー・ノアイツ
>>162 「錆鉄格子」/イゾルデ
>>164 「夜明・恒星」/J・T・ノルジ
>>167 砂防会館/ブラウン

只今7作品。あと3作品ですよぅ。


※今回の投稿条件

1.お題:名前
2.〆切:投稿条件に沿った10作品が集まるまで
3.採点:集まり次第
4.条件:

.名前欄に外国人ぽい名前をカタカナ表記で入れること。
.タイトルは漢字四文字の日本人ぽい名前であること。
.投稿を30−32行でまとめること。それ以下でも失格。

以上。投稿条件をよくご確認の上、投稿してください。


169 :ジョン・スミス:2006/07/13(木) 01:07:21 ID:4fYA3hcK
「山田太郎」(1/2)
なあ 俺は
平凡なのか?
それとも
非凡なのか?

何の面白みもなく
つまらなく生まれた
そのはずだったのに
誰もが俺を見て笑う
「山田くんが普通だと思ってるけど
実は普通じゃないCDもってない?」とは
何の言いぐさだ

ステレオタイプはどこに消えた?
誰もが個性と言い張る時代
無個性はむしろ
個性なんだと
個性ってなんだ?

よう 俺は何なんだ?
奇抜なものは
何一つ持っちゃいない
そんな俺は
奇抜なのか?

170 :ジョン・スミス:2006/07/13(木) 01:11:35 ID:4fYA3hcK
「山田太郎」(2/2)
夕暮れになりかけた空を見上げる
デキソコナイの夕陽
それをただ眺めながら
俺は煙草を取り出し
一人変わらぬ自分を嘆く

七色に光る街の光のなかで
俺は
ただ一人
灰色に染まってゆく
曇りのない
つまらない灰色に

171 :名前はいらない:2006/07/13(木) 11:07:05 ID:n4+OnPnR
あと2作で締切ですよー!
早く早く!


172 :ブリジット・ホンダ:2006/07/15(土) 15:16:15 ID:Bw99h52R
【雨空通森】1
トラウマに砕け散る線香花火が足元を照らすんです
執着は呪いを呼び覚まし、小塚原に迷い込む

半年前の人
四年前の人
十年前の人 忘れられないんです

両手じゃ数え切れない異性に苛まされ
薬指に体液の臭いを求めて
三千里歩いてきました

行燈から漏れる灯に虫が吸い寄せられ 私は見知らぬ異性に吸い寄せられる

雨の森を通い詰め、満たされぬ身体は為されるまま
もう一度、本当の愛を探して、追憶が首をもたげる

貴方が貧血話を持ち掛けたとき
私の動悸した鼻翼は 溢れんばかりの涙を垂れ流しました

忘れることもまた愛 忘却は影
愛が残酷なら それを求めるのは何故___

街の中で 視線を漂わせること 吹く風の匂いを嗅ぐこと それも愛
真夜中の神社で 藁人形片手に古木を睨みつけること それも愛  
ど田舎の交差点で立ち竦むこと 無我夢中で忘れること それも愛  
独擅場の舞台で 裏瞼に幻影を刻み 信じ続けること  それも愛 



173 :ブリジット・ホンダ:2006/07/15(土) 15:16:47 ID:Bw99h52R
【雨空通森】2end
ヒクヒクした鼻翼からは ナイアガラの涙が垂れ流れ
拭うハンカチは滝壺に深く深く 堕ちていく・・・・・・

ねえ いま同じ空を見てるかな
だったら想いは一緒なのかな

この空の下の何処かで貴方が見ているであろう空を
私も見ています

二人の想いが空に吸い寄せられたら
共鳴するのかな_雨となって私たちを濡らしてくれるかな

届けたい想いは空に放り上げるしかないの
___でも二度と縁はないでしょう

雨を降らし 風を吹かせ 雷を響かせる空
燦々と微笑む太陽の下で いつか微笑み会うであろう思い出と
つまらない冗談に愛想をつかして さよなら私の茜空


174 :ブリジット・ホンダ:2006/07/15(土) 15:26:29 ID:Bw99h52R
今、他者の作品を読み比べていました
お題は「投稿を30−32行でまとめること」と書いてあるけど
ジョン・スミスさんと私以外の作品は全部30行に到達していないを
これは空白も行として数えるということ?題名も行として換算するということ?
抑揚さん 答えて下さいな
失格者はいるのかいないのかを

175 :ブリジット・ホンダ(計算ミスのようなので再度投下:2006/07/15(土) 15:42:37 ID:Bw99h52R
【雨空通森】
トラウマに砕け散る線香花火が足元を照らすんです
執着は呪いを呼び覚まし、小塚原に迷い込む

半年前の人 四年前の人 十年前の人 忘れられないんです

両手じゃ数え切れない異性に苛まされ 薬指に体液の臭いを求めて 三千里歩いてきました
行燈から漏れる灯に虫が吸い寄せられ 私は見知らぬ異性に吸い寄せられる

雨の森を通い詰め、満たされぬ身体は為されるまま
もう一度、本当の愛を探して、追憶が首をもたげる

貴方が貧血話を持ち掛けたとき 私の動悸した鼻翼は 溢れんばかりの涙を垂れ流しました
忘れることもまた愛 忘却は影 愛が残酷なら__それを求めるのは何故

街の中で 視線を漂わせること 吹く風の匂いを嗅ぐこと それも愛
真夜中の神社で 藁人形片手に古木を睨みつけること それも愛  
ど田舎の交差点で立ち竦むこと 無我夢中で忘れること それも愛  
独擅場の舞台で 裏瞼に幻影を刻み 信じ続けること  それも愛 

ヒクヒクした鼻翼からは ナイアガラの涙が垂れ流れ
拭うハンカチは滝壺に深く深く 堕ちていく・・・・・・

ねえ いま同じ空を見てるかな だったら想いは一緒なのかな
この空の下の何処かで貴方が見ているであろう空を 私も見ています
二人の想いが空に吸い寄せられたら 共鳴するのかな_雨となって私たちを濡らしてくれるかな
届けたい想いは空に放り上げるしかないの___でも二度と縁はないでしょう

雨を降らし 風を吹かせ 雷を響かせる空
燦々と微笑む太陽の下で いつか微笑み会うであろう思い出と
つまらない冗談に愛想をつかして さよなら私の茜空

176 :名前はいらない:2006/07/15(土) 16:09:21 ID:TEgEryxM
穢土うぜえ

177 :名前はいらない:2006/07/15(土) 23:38:47 ID:vdNQAG2m
30-32行が原稿用紙だとする。その中に投稿を収めるって事だから、タイトル含むと思うよ。
 詩ってタイトル入れて詩じゃん。空白も言うまでもなく、何ページに収めること、と決められたら当然、タイトル後の空白も入るはず。
 どうなんすかねぇ。


178 :名前はいらない:2006/07/15(土) 23:39:33 ID:M42ybIUj
センスなさ過ぎ。はい、次。

179 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/07/17(月) 18:26:08 ID:ititdHU/
全部確認してないけど大体おkおk。
とりあえず、今出揃ったのを明日あたり評価しまーす。

180 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/07/18(火) 11:57:10 ID:CM9T3pVC
>>147 狂間百合/ジャック
>>150 邪宗門修/アルペジオ
>>153 王真里亜/ブラウン
>>156 只乃名之/ブルー・ノアイツ
>>162 錆鉄格子/イゾルデ
>>164 夜明・恒星/J・T・ノルジ
>>167 砂防会館/ブラウン
>>169-170 山田太郎/ジョンスミス
>>175 雨空通森/ブリジット・ホンダ

の9作品?でいいのかな、足りないけど〆切つーことで。

181 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/07/18(火) 12:36:19 ID:CM9T3pVC
>>147 狂間百合/ジャック
美しい描写の切り取りであることは間違いない。
そして心理描写も含まれているが、まぁ中身が無い。
クルマユリである必要もなければ、
お題にかかってるわけでもない。
題名の狂間百合。クルマユリの当て字としては秀逸。
そして外国人ぽい名前がジャックってベタ過ぎ。
総評:ベタ

>>150 邪宗門修/アルペジオ
宗教用の絵本を絵も含めて文章にした感じ。
(そんなもんがあるかどうかはしらんが。
なかなか面白いと思う。
だが、詩として感銘を受けるかつーと
そうじゃない。胡散臭い。
題名の邪宗門修、これも胡散臭い雰囲気。
そして外国人ぽい名前は忘れたのね。
総評:胡散臭い

>>153 王真里亜/ブラウン
こいつも宗教臭いな。
日常的な言葉で綴られていることには好感が持てるが、
なにぶん中身がスカスカ。
これを読み取れってのは少し酷だ。
題名の王真里亜、こういう馬鹿な当て字好きよ。
そして外国人ぽい名前がブラウンねぇ捻ってよ。
総評:スカスカ

182 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/07/18(火) 12:36:56 ID:CM9T3pVC
>>156 只乃名之/ブルー・ノアイツ
良い。名前というお題を生かしきってる。
小気味良い出だしから、期待を煽る展開、
そして語感を生かした締め。最高。
あえて言うなら登場人物(角形)のキャラ付けが欲しかった。
まぁ行数制限もあったし、これで十分だな。
題名の只乃名之、これもストレートで好感。
外国人ぽい名前のブルー・ノアイツも好きな語感。
総評:俺好み

>>162 錆鉄格子/イゾルデ
哲学者の呟きを聞いてるみたいで
右から左に抜けていき何も残らない。
単純な言葉に突拍子もない言葉を混ぜるから、
読み手の意識に残るわけで、
最初から最後まで妄想全開だと、
普通に読み流してしまう。配慮不足。
題名の錆鉄格子の字面は好き。
外国人ぽい名前のイゾルデ、これも良いな。
総評:センスの持ち腐れ

>>164 夜明・恒星/J・T・ノルジ
これもそれっぽい言葉を並べただけ、
背景とか情景とかそんなんが何も無い。
英語わからない俺が洋楽聞いてる感じだ。
ボーカル以外のパートの良し悪しは分かるが、
肝心の言葉が伝わってこない。
題名の夜明・恒星も微妙。
外国人ぽい名前のJ・T・ノルジも微妙。
総評:微妙

183 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/07/18(火) 12:37:31 ID:CM9T3pVC
>>167 砂防会館/ブラウン
新聞が風刺要員として使いそうだな。
ただ余計な言い回しが多く冗長な感じ
あと言葉、文節、連の?がりがちぐはぐ。
題名の砂防会館、まぁこんな名前の奴はいねぇ。
外国人ぽい名前のブラウン。被ってるな。
総評:詰め甘すぎ

>>169-170 山田太郎/ジョンスミス
テーマに持ってきた物は良い。
だが消化不良。2連目とか面白いのにな。
後半は同じ事を言葉を変えて言ってるだけ。
そして最終連、そんなにキレイにまとめる必要はない。
題名の山田太郎、題名として内容とマッチしてる。
外国人ぽい名前のジョンスミス、
山田太郎にジョンスミス、この辺ちゃんと構成してあるだけに
肝心の詩が持ったいな過ぎる。
総評:惜しい

>>175 雨空通森/ブリジット・ホンダ
良いね。ちょっと文章量が多くてウザイけど。
言葉に力が込めてある。
ただそれだけに最初から最後まで力みすぎな感じ。
どっかでフッと息を抜く瞬間がないと
読んでるほうの息が詰まる。
ただ何度か読み直して良さが出てくる詩ってのは良い良い。
題名の雨空通森、この字の並びも良いな。
外国人ぽい名前のブリジット・ホンダ、これ最高。
総評:深呼吸

184 :抑揚 ◆YqmVtwkwAs :2006/07/18(火) 12:38:53 ID:CM9T3pVC
さてと、
なんでみんな社会とか宗教とかなんだw
お題名前だつーの。
で、最優秀賞を挙げるとすると・・・うーん・・・


>>156 只乃名之/ブルー・ノアイツ です!!


もう完全に俺好みの詩。あんた最高♪



おまけ
題名賞:>>153 王真里亜
オー、マリアってアフォかお前w この下らなさが良い!

外国人ぽい名前賞:>>175 ブリジット・ホンダ
絶対日系三世に間違いないと確信させるそのセンスに脱帽!

以上、長々とお邪魔しました・Д・)ノ

185 :リーフレイン:2006/07/18(火) 20:10:27 ID:6Zzvtc6n
抑揚さん、ありがとうございました。お疲れさまです。(錆鉄格子)
すご、読み応えのあるのが集まりましたね、、、

只乃名之/ブルー・ノアイツさんおめでとうございます!

186 :ボトル山田ジョン太郎ネック ◆P350za861k :2006/07/18(火) 21:51:16 ID:HG0oO3Fr
お疲れ様でした&評ありがd

187 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/07/19(水) 20:13:57 ID:QSc+RWOk
抑揚さん
 愉しかったですよ
ナマス切りの寸評 贔屓しちゃうぞ♪

188 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/07/19(水) 20:33:35 ID:QSc+RWOk
抑揚さん
 雨空通森書いたよ♪
評価人として一目置いちゃうぞ♪

189 :カコ ◆kaco/250tg :2006/07/20(木) 01:06:52 ID:K9kA5RQQ
抑揚さん、審査お疲れ様でした、
というより、ハジメマシテm(__)m
>>156 『只乃名之』/ブルー・ノ・アイツ書きました。

今回ちょっとズルした感じなので、個人的なことながら心苦しい点を述べさせてもらいます。
今回のモノが書けたのは、『名前』がテーマのこちらの選者コンペと、
『平行四辺形』で笑わせる…がテーマになっていた他スレ(空気なんか読めるか)の
両方を書きたいと思っていた時に出来てくれたモノで、
同時進行で二つのテーマが頭にあったからこそ、書くことが出来たモノだと
思っています。(結局、こちらにしか投稿できなかったんですけど。)
「ヘイコーシヘンケー」が現れてくれたのは、「空気なんか読めるか」スレの
練り物ハンターさんにヒントを頂いたようなもので、そちらに感謝をしなければならないと
思っています。

というわけで、ズルして最優秀賞もらった感じで、心苦しい気持ちもありますが
そんなヒントでもなければ、書けなかったかもしれない、、というのが私の力量であり本音です。
でも、とても嬉しい評、アリガトでした!
>総評:俺好み、、、何よりの言葉です♪、素直にもらっておきます。。

では、次の選者さんの指定ですが、声をかけられる方が少ないので
ちょっと時間を頂きます。
(「投稿&採点スレの、asqさんにお願いしてみようと思います。)

他の皆さんも、お疲れさまでした、色々制限ある中での個性のある作品で
刺激されました、ありがとうございましたっ┏o ペコッ

190 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/07/20(木) 02:26:28 ID:TtymJ/Kh
>>189
おめでd☆

191 :やさしいあくま:2006/07/20(木) 22:54:20 ID:ZDVQDm0P
>>158さんおめでとう!
素直な人柄っスね。

抑揚さん、僕は狂間百合書きました。
バッサバッサ評書いてくれたので、ごもっともです、と頭が下がりました。
批評お疲れさまです。ありがとうございました。


192 :カコ ◆kaco/250tg :2006/07/21(金) 00:06:41 ID:OBqFQhS/
次の選者さんの指名の件ですが、
お願いをした、「投稿&採点」スレで評価をなさっているasqさんに
承諾は頂いたものの、私の方に引き受けられない事情があり、
失礼ながら、今回は依頼をキャンセルさせて頂き、ボトルネックさんに
お願いしているところです。。。
もうしばらくお待ちください


>>185,190,191

ども、、、アリガdです♪(恐縮でっす・・・(^^;)

193 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/07/21(金) 01:02:43 ID:qasGRvkw
えー
そんなわけで
今回asqさんの代わりに選者をさせて頂くことになりました
よろしくお願い致します
さて
今回お題ですが
・題名は漢字一文字(内容は制限なし)
・コテハンの人も今回は名無しで投稿
・10作品揃った時点で評入れます

んではドウゾー

194 :名前はいらない:2006/07/21(金) 01:13:48 ID:haV9DpkC
なるほど

195 :カコ ◆kaco/250tg :2006/07/21(金) 01:19:41 ID:mo/xQLp4
ボトルさん、引き受けてくれて、どうもありがとです。。
これで、バトンタッチ完了ですネ。ドタバタしましたが。
最後にもう一度、
抑揚さん アリガトウございました♪

196 :名前はいらない:2006/07/24(月) 21:37:32 ID:kwOaQ0cF
あげてみる…

197 :娘Z1 ◆666.SaoPvk :2006/07/24(月) 21:46:46 ID:MoxdtFND
ボトルネックさん
がんがれ〜♪

198 :『賤』:2006/07/26(水) 00:31:12 ID:UC35pHdw
眼も眩まんばかりの太陽が憎いぜ
朝鳥の鳴声に鼻糞を飛ばす
眼を覆わんばかりの着こなしを決めた隣人はファンタジスタ
俺はうだつの上がらない21世紀型労働者
職場は歩いてセブン・ミニッツ
上司は雌豚 性は男
言語は高木ブー語 豚の鳴声と足音が聞こえてくれば
そいつだ 社長の息子だ 
こいつには黙って従う 餌はヒステリックに付き合うこと
梅干と肘鉄踵落しを浴びせるプランを財布にしまい
なけなしの金で缶コーヒーを飲み込む昼間
夜明前の我慢と心得た身の振舞も
雌豚の前ではフォークのツマミ
身を磨ぎ 削り 彷徨い探し当てた職場が是
夜空を飛ぶカラスに想いを託して
血を皿に盛る やがてやってくる豚一家の冷視に
摂氏10度の肉塊となり溶け出す夜を待って
帰還兵さながらに雄叫びを上げる
奇人変人の祭りはいつだって夜さ

199 :名前はいらない:2006/08/05(土) 03:47:16 ID:hXbbKdos
あげ。

200 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/08/08(火) 00:31:41 ID:BiM4d4tt
なんか10作品たまる前にカコさん復活しそうな予感

201 :名前はいらない:2006/08/08(火) 08:40:07 ID:ViNJbCF6
今回の審査員のイメージ
包茎
風俗店

おわり

202 :名前はいらない:2006/08/16(水) 13:08:32 ID:k1JqD0gq
今回お題ですが

・題名は漢字一文字(内容は制限なし)
・コテハンの人も今回は名無しで投稿
・10作品揃った時点で評入れます

>>198 :『賤』

現在、1作品
残り、9作品  お待ちしてまふ

203 :ザ・ワールド ◆Rumble.9/U :2006/08/23(水) 10:39:55 ID:wJ8jNB24

セン5の投稿作品をろくすっぽ確認もせずチャリオットを盗作者扱いした件について

謝罪文を求める

カスアンダーお前にだよ

204 :名前はいらない:2006/08/24(木) 01:39:24 ID:bvFKOEpm
>>203
とてもいい詩だなw

本当にお前って屑だよな
消えろよ詩板から
自分の巣に閉じこもって出てくるな

205 :名前はいらない:2006/08/24(木) 15:40:30 ID:45vEFSt1
「怒」

どうどう どうどう
怒ッ  怒ッ  怒ッ

どうどう!どうどう!
怒ッ怒怒 怒ー!

どうどうどう!!
怒怒ん!怒怒怒怒 怒怒ォー!

どうどう!!ウー!どう怒う怒う怒ォォォオオオーッウッ 怒ッッ
ど 
どうどう




206 :名前はいらない:2006/08/31(木) 06:19:56 ID:By09WfYV
age

207 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/08/31(木) 22:18:49 ID:By09WfYV
ひと月経つけど2作品〜
このペースじゃ1年経つんじゃないだろか
(´・ω・`)

もちっとだけ様子みてみるけど、お題とか評価人とか検討しなおしたらどうか、とも思ってみたり。
とか言いつつ上げ

一応
・タイトルは漢字一文字
・名無し投稿
・残り8作品

208 :名前はいらない:2006/09/01(金) 09:52:00 ID:8uqyK1Fs
揚げ
うーむ。なんで今回投稿少ないんだろうね。そんな難しいおだいでもないと思うが。
1ヵ月以上過疎ったらという期限を付けて評に移るでもいいんじゃない。


209 :名前はいらない:2006/09/01(金) 12:49:32 ID:OB+LzGWd
ヒント
>>201+雑談専門馴れ合いコテ

210 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/09/01(金) 19:11:01 ID:hkaiW2Po
>>209
前に選やったときは2〜3日でたまったんだがなぁ(209の条件は今と変わらず)
まああと2〜3日様子みて駄目ならそこで選入れて次いったほうが賢明かしらね(´・ω・`)ショボーン

211 :題名『坂』:2006/09/01(金) 21:17:43 ID:hvU9mAus


宵闇せまる坂をゆっくりと登る
まるでそれさえ手に入れれば
全てが転がり込むかの様に
一心に見つめて坂を登る




だらだらと続く坂は呼吸を乱す
不安な気持ちを掻き混ぜる様に
神経を尖らす
それでも
坂を登り続ける…
前だけを見つめて




逃げる様に朱い雲が流れ
気がつけば闇に覆われ
辿り着いた坂の上
妄想の罠に絡まり
立ち竦む女が孤独(ひとり)





212 :名前はいらない:2006/09/01(金) 21:41:37 ID:ELYm9rzd
馴れ合いコテの方でつね

213 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/09/03(日) 05:22:20 ID:Ms1kYtSW
あと七作品あげ

214 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/09/07(木) 21:17:29 ID:ep/Qa8kW
こちらも凄い
お題提出が7月21日
んで現在まで約一ヶ月半経過

誰か投稿しろを♪ でないといけないを♪

215 : 「声」   :2006/09/10(日) 03:12:24 ID:F8k3HfSR

カナカナ カナカナ
鳴いている
どこにいるのかな、カナカナ
カナカナ カナカナ
  カナカナカナ
ひとりポッチなのかな、カナ

カナカナ カナカナ
今日もまた
そのひぐらしなのかな、カナ
カナカナ カナカナ
  カナカナカナ
こっちに来ないかな、カナカナ

カナカナ カナカナ
七日だけ
朝と夕だけ ね、カナカナ

カナカナ カナカナ
  カナカナカナ
鳴いているんじゃなくってね
呼んでいるのかな、カナカナ

カナカナ カナカナ 
  カナカナ カナ
呼び返して みようかな、カナ

カナカナ カナカナ カナカナ カナ

ひぐらし かなかな 
カナ カナ カナ ……

216 :名前はいらない:2006/09/11(月) 00:53:39 ID:Ls5ZORub
「服」

重ね着 重ね着
暑くない

寒さから身を守るってわけじゃないんだ
自分流オシャレ

ベルトにカバン アクセ
インパクトの強い服の時は
小物を落ち着かせて なだめる
引立てて 引立てて ケンカしないように
逆に地味なときは
主張して 主張して アピールしてる
だけど
しつこくしすぎないのが大事で
いいところを活かすように
バランスとれていればだいたい いい

人間関係によく似てる
押したり引いたり 相談しながら共存してる



217 :名前はいらない:2006/09/11(月) 01:33:18 ID:xaS//RzS
彼女には好きって言っちゃダメなんだ
僕は彼女の形に変わっていく
好きって言わないなんて、まるでヤサ男だね
君の彼氏はヤサ男
ヤサ男は君にあげる
本心は君が好きなだけ

218 :名前はいらない:2006/09/11(月) 14:15:26 ID:Ls5ZORub
「連」

闘う 強さ 本能?憧れ
闘うということ 本能
強さということ 憧れ
常に一番でいること  誇示 力の誇示
上へ上へ追い求めるということ

稽古 ひたすら稽古
基本を何百 何千と繰り返す行為は
一気に押し寄せる滝の様でいて
その実 一瞬の 一滴の水を眺めるが如く
永遠の様でいて
自己の内面を迷わせ 考えさせ
研ぎ澄ます 獣のように

でもそれは稽古 ただ稽古
対峙したときとは似て非なるもの


219 :名前はいらない:2006/09/13(水) 00:50:07 ID:qDYD2ccL
>>198 『賤』
>>205 「怒」
>>211 「坂」
>>215 「声」
>>216 「服」
>>217?「無題」
>>218 「連」

あと3or4作品age

220 :名前はいらない:2006/09/13(水) 00:51:44 ID:qDYD2ccL
「雲」

西の空に
もくもくと
白い大きな雲が

畜生、と叫ぶと
雲は
だまって吸い取ってくれた

221 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/09/13(水) 01:46:11 ID:hrKDKyAz
増えてキター!
(つД`).゜・。

十作品揃うまで待ってみる…

222 :名前はいらない:2006/09/13(水) 01:47:56 ID:/AbS2fpS
うpろだ
http://icica.no-ip.biz/

223 :名前はいらない:2006/09/13(水) 17:03:36 ID:lIZI8aAO
ほんとにやめる

じやばいばい

224 :名前はいらない:2006/09/13(水) 20:34:15 ID:lIZI8aAO
ぼくが手を繋いだわけは君が隣にいたからだ
前のほうで気持ち悪いやつが女と手を繋いでいるのをみて
精神的に幸せだと思ったから真似した

ふざけたのは余りに退屈だったからだ

225 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/09/13(水) 22:16:56 ID:hrKDKyAz
>>217>>224
( ・ω・)<タイトルは?

226 :名前はいらない:2006/09/13(水) 22:25:02 ID:lIZI8aAO
学生が踊るアレ

227 :商 1/2:2006/09/14(木) 19:16:32 ID:ea0qdKcQ
そうして私は自分すべてを売ろうと思い立ち、街に出かけて
いったのでございました。むろん私は若く困窮しておりまし
たが、曲がりくねった誇りを持っていて、自らの肛門もしく
は内臓のみを売ることを潔しとしなかったのでございます。

半月かがやく夜空の下で自分を売らんと声を張り上げる私は
狂人として放置されましたが、一月後にハンチング帽の老人
が私の前に立ち、売っているのかね、なら買おうか、とおっ
しゃったのでございました。

は、ならばどうぞ、しかし幾らでお買いあげになるので、と
言うとその方は大声でお笑いになり、君は自分全部を売った
のだからその代価も君ではなく私が受け取るのだ、だから買
値に意味はないのだよ、とおっしゃいました。
これはおかしな理屈でございましたが、その方の笑顔に魅せ
られた私は素直に自分を売ることにしたのでございます。

その方、すなわち旦那様に連れてこられたのは裏路地にある
シャッターを下ろした小さな店で、カウンターになったガラ
ス貼りのショウケースには何ひとつ置かれておらず、そこで
私は旦那様からひとつの仕事を命じられたのでございます。

それは世界全てのカタログを作る仕事でございました。この
街、街の街灯、街灯にとまる鳥、鳥の糞、糞を踏む女給仕、
これらをことごとく列挙し分類する仕事。数十ページがたま
ると私はそれを旦那様の豪壮な屋敷にお届けし、旦那様はそ
れをもとに売買をされるとのことでございました。私はそれ
以外に店を出ることもなく、世界のあらゆる事物を列挙する
ことに没頭したのでございました。

228 :商 2/2:2006/09/14(木) 19:17:44 ID:ea0qdKcQ

十六年目に旦那様が亡くなられました。いまわの際に私を枕
元に呼ばれた旦那様は私を見上げて不敵に笑われ、こう言わ
れたのでございます。

暖簾分けをしてやろう。ということはつまり、私が知り実践
してきた世界の真理を教えてあげようということだよ。
全ての物は売ることができる。自分の所有しないもの、見た
ことのないもの、実在を確かめられない物、夢に出てくる物、
夢にすら出てこない物、これら全てが売買できる。名前さえ
あればね。それが私の発見であり、生涯の秘密だったのだよ。

こうして私は、相変わらずシャッターを下ろしたままの店の
奧で、自分の「商店」を開いたのでございます。
以来、私は自らの作ったカタログをもとに、思いついた番号
に電話をかけ、取引を行ってまいりました。
地球は十二回ほど、天の川は四回ほど、売り買いさせていた
だきました。夕焼けにいたっては、もう何度売っては買い戻
したか、数え切れないほどです。代価として時々、何か、ひ
どくひんやりした物がやってきますが、それが何なのかは、
私には些事でございまして。

つい昨日、生まれたばかりの孫をどこかわからぬ遠いところ
に売ったところでございますが、その悲哀もまた、高値で売
れる私の商品でございます。

229 :ボトルネック(ノ∀`) ◆P350za861k :2006/09/15(金) 02:31:50 ID:ycs/pk2y
>>217>>224
漢字一文字のタイトルついてないから今のとこ無効だなあ…

現在8/10作品あげ(>>217>>224除いて)

230 :名前はいらない:2006/09/15(金) 13:49:47 ID:wNYa8z74

「食」

むしゃむしゃむしゃむしゃ
食べたいものを食べます
むしゃむしゃむしゃむしゃ
生きるために
むしゃむしゃむしゃむしゃ
好きなものを好きなだけ

むしゃむしゃむしゃむしゃ
うれしいときも
むしゃむしゃむしゃむしゃ
かなしいときも
むしゃむゃむしゃむしゃ
怒ってるときも
むしゃむしゃぐちゃぐちゃ

腹がへる 腹がへる
いい女をみれば腹がへる
食べたりない


231 ::2006/09/16(土) 01:19:01 ID:clOz7BD9
あんまり悲しいので星になってみた

冷え冷えとした真っ暗な空間に
ぽっかり浮かんでいると
僕は宇宙の細胞のほんのひと欠片で
いのちの所在は
どこか別のところにあるような気がした
こうして自分のこころを持て余していることが
不思議に思えた

だからね
とりあえず僕はこの悲しみという卵を
うまく抱いていきたいんだ
僕という宇宙が
ビッグバンするためにね

232 :名前はいらない:2006/09/16(土) 01:58:50 ID:CAnH+OTT
ハイ、10作品揃ったようです。
(何か間違いがありましたら御指摘ください)

>>198 :『賤』
>>205 :「怒」
>>211 :「坂」
>>215 :「声」
>>216 :「服」

>>220 :「雲」
>>218 :「連」
>>227-228 :商 
>>230 :「食」
>>231 :卵

ボトルネック氏、審査お願いいたしますage。

233 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/16(土) 01:59:49 ID:ghuBK8De
揃った…

では評入れますが、
その間2〜3日お待ちを。
遅くても9/19日いっぱいまでには間に合わせて…みたりしちゃったりなんかしてチョンチョン(広川太一郎風に)

234 :名前はいらない:2006/09/16(土) 07:58:04 ID:sV1TP3P+
ゴメン実は二十投稿しちゃってる。。。
とりあえず今は名無しで。


235 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 18:53:02 ID:uGurmmtZ
>>198
タイトルが表わす通りの思考をしつつ職場で嫌な上司からのストレスに耐えつつ、一日を終える。
最後の爆発でわずかにカタルシスを得るが、そんな自分を汚いとも思い、そんな矛盾を抱えつつ人生を送る。
詩的な上手さこそあまり感じられなかったけれども、感情がよく表れていると感じました。

236 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 19:02:21 ID:uGurmmtZ
>>205
ひたすら勢いよく怒りを表すストレートさ。風の又三郎の「どっどど どどう」を彷彿とさせる語感。
リズミカルではあるけれど、最後まで変化が少なく物足りなさを覚えました。
アイデアはまずまずかと。

>>211
終始静かなトーンで描かれる情景。心象風景がひたすら淡々と描かれる。
中盤ありきたりに見える表現もあり、心に引っかかる部分が少ないのが逆に勿体無いと思いました。よくまとまっているだけに。最後の行、あえて孤独と書いてひとりと読ませる部分に違和感がありました。そこはひらいても良かったのでは。
惜しい。

237 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 19:28:00 ID:uGurmmtZ
>>215
ヒグラシの鳴き声と語尾の「かな」で言葉をかけつつ、夏の終わりから秋にかけての情景を表現している。鳴き声の中に時々出てくるフレーズがいいアクセントになっている。「ひとりポッチ」は字面として違和感があるけど、全体的には読んでて心地よい。
小学校の国語の教材に使えそうな感じです。
>>216
服=ペルソナ。
ありきたりだけれど分かりやすいと言えば分かりやすいテーマですし、服を選ぶように人前で言葉や態度を選ぶのはある部分で真理。
惜しむらくは、最後で説明しているところ。なんだか語りというか説教臭さが出てしまうので、説明しないで抑えめに表現したほうが良かったかも。

>>220
最後の行、「だまって吸い取ってくれた」。
この一行だけでこの詩を味わい深いものにしていると思います。
そこに至るまでの表現を見るだけだと、特別面白い表現があるわけでもなく、下手したら「つまらん」の一言で終わる危険性をはらみつつ、最後に「吸い取ってくれた」と綿のようなものに表現しつつ擬人化。これだけで気持ちが暖かくなります。
短い詩ならではの味わいがありました。

>>227-228
近代文学風散文詩。
誤読の危険性を孕みつつ評しますが、詩を創作することそのものが、この商売人のような「売る」行為につながるのではないでしょうか。そう考えると、この詩そのものの独白もまた「売る」行為であり、今まさに売っていると。
それが考え過ぎで、単なる面白いお話であったとしても味わいがありインパクトもあると思いました。

続きは風呂に入ってから(ノ∀`)

238 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 19:29:43 ID:uGurmmtZ
あとは>>218>>230>>231ですな

239 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 20:12:58 ID:uGurmmtZ
>>218
闘い。
非常にストレートな表現。「連」は連続の意だろうか。
稽古に稽古を重ねる格闘家。高みに上がるためひたすら稽古。しかし実戦、本当の戦いは似て非なるもの。命のやりとりとは似て非なるもの。
ていう感じのことが格闘漫画やらなんやらによく書いてあるわけで分かりやすいのですが、その説明だけで終わってる面もあり勿体無いと思いました。

>>230
食う。むしゃむしゃむしゃむしゃと擬音が続くなか、最後はぐちゃぐちゃ。
そして「いい女を見れば〜」ってそっちの「食う」ですか。
最後に唐突に出てきたのでオチのような感じになりプッとなりました。
ダブルミーニングと言える程でもなく、全体的に惜しい感じ。

>>231
漢字一字のお題から連想しにくいテーマではあると思います。宇宙の卵→ビッグバンの流れもSF的でよいとは思います。
ただそれが、歌謡曲的な心情の表現のダシになってしまったのが残念。ビッグバンを使う必然性が感じられず、喩えと心情のちぐはぐさが目立ってしまったように思います。
悲しみを「悲しみ」とストレートに言いきったのもここではマイナスかも。

240 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 20:18:36 ID:uGurmmtZ
んで、迷ったのですが、今回一つ選ぶとすれば、うーん…


発表します。

(ドラムロール)

>>227-228「商」

に決めさせて頂きます。
皆様お疲れ様でした。
>>227-228の方、次の選者の指名お願いします(ノ∀`)

ちなみに次点は>>215「声」と>>220「雲」でした。

241 :山羊 ◆enX68O/pGI :2006/09/19(火) 20:28:13 ID:S6RChhdw
ボトルネックさん、ありがとうございました!
「卵」を書きました
下手くそでほんと恥ずかしい(笑
お疲れさまでしたあ

242 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/09/19(火) 20:30:39 ID:xE7OJqEH
「商」を書きました長介ジュニアです。ボトルネックさん、どうもありがとうございました。
詩を書くのはずいぶん久しぶりでしたが、いい評価を頂けて舞い上がっています。
ご指摘の通り、半分は詩を作ることを描いた詩でしたが
運びがぎこちなくてダメだなーと思ってました。

さて…
半年、詩板から離れていたので、じつはコテの人も知らない人が多くなっていて
選者といっても、正直困りました。(もともとよく知らないんですが。)

とりあえず、リンクスレに行って、雨さんに頼んでみようと思います。

243 : ◆L4LyBSss3w :2006/09/19(火) 22:13:40 ID:kQy/14m7
ども、雨でス(=゚ω゚)ノ
長介ジュニアさんの指名で来ました〜。

   ○○○
  ○ ・ω・ ○
   ○○○
  .c(,_uuノ
…えーと、何せ選者が選者なものですから
あまり生真面目なコンペは期待しないで下さいね。
              ○。  ○
    ミハックシュ   ○    o   ○
    ミ `д´∵° 。 o ○
  .c(,_uuノ  ○ ○   ○
今回のお題は【AA詩】。
・出来れば1レス内に納めて下さい。
・「AA詩」の解釈は勿論自由です。
・10作品集まるか、9月30日いっぱい迄が締め切りです。

    ∧∧    
    (;・ω・)      ○○○ ○○○
  .c(,_uuノ   ..○○ ○○○  ○○○ ○○

では、宜しくお願いします〜。

244 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/09/19(火) 22:17:16 ID:xE7OJqEH
>>243
あ、来てくださいましたか。ホッとしました。
無理を言ってすいませんが、よろしくお願いします。

245 :  ◆UnderDv67M :2006/09/19(火) 22:26:37 ID:Xo/n9HkY
また身内コテ限定のインチキ大会スレか 

どーもこの板は閉鎖的でイカンな、こんなんでよくぞ自己満足に浸れるな

246 : ◆notePDkbPQ :2006/09/19(火) 22:27:48 ID:aUDGcTiy
ボトルネックさん、ありがとうございました。「雲」書きました。雲を見て思いついたもの、そのままです。
シンプルな題なのでいろんな詩ありますね。チャンプの長介jr.さんの作品は、すごく質量あります。
おめでとうございます。

247 :カコ ◆kaco/250tg :2006/09/19(火) 22:39:28 ID:4h2e5QrT
ボトルネックさん
審査お疲れさま&ありがとうございました!
あらためて、今回の選者を引き受けて頂いたことに御礼申し上げます。。
(って、あら?かしこまってしまった…)

で、>>215「声」書きました(照)
>小学校の国語の教材に使えそうな感じです。
私の視点というか精神年齢がそのくらい?だと思うので、これはこれで
良かったのだなぁ、と思わせてもらいます(笑)。嬉しい評価、重ね重ねアリガトです♪

長介ジュニアさん
おめでとーございます☆&お久しぶりです!
次の選者の 雨さんも、頑張って下さい!

参加された方々、みな様 お疲れ様でした!長期間に渡りましたが
楽しませて頂くことができました、ありがとうございますm(__)m

248 :ボトルネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/09/19(火) 23:24:59 ID:uGurmmtZ
>>245
>身内コテ限定

いや別に限定はしとらんかったが。
結果的に知り合いが何人かまざっただけだが、何故そんなとこにケチをつけるのか。


第一
長介ジュニア氏は初対面だが。

249 :やわらかい蟹 ◆6P3vWUZtcI :2006/09/20(水) 00:02:17 ID:+Co4oN1w
失礼

>227
ポール・オースターの「ムーン パレス」を思い出しました。
洒脱ですね。


250 :◆FCXRNaWgHs :2006/09/20(水) 02:18:05 ID:ESmQEji4
>>220をどっかのスレで見たような……
気のせいかな?

251 :◆FCXRNaWgHs :2006/09/21(木) 02:33:16 ID:VELRY+PM
自己解決しました

252 :ミミン ◆4fCTWDhugY :2006/09/21(木) 11:21:07 ID:UfXJV8yE
『坂』をリライトして応募したミミンです(T^T)
お久しぶりでございますm(._.)m
惜しいとボトルさんに言われ,何故かうれしかったりします(苦笑)
参加者の皆様,お疲れ様でした!
優勝様,おめでとうございます♪
また参加出来たらしてみます…
(>_<)

253 :名前はいらない:2006/09/23(土) 14:39:53 ID:XXTyh1Wu

       −=≡    。・゚・゚・。
      −=≡    ヽ ====


     __  _      __   _      __       _ 
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|._| ロロ|_
心が凍てつくような夜更けの街を、酢豚ライス(うずたま3個いり)が飛んでゆく。

254 :名前はいらない:2006/09/23(土) 23:15:28 ID:y5jUUPRL
募集age〜。
          ________
    ___ / / / / / / /_ヽ
   / -----||| 石 | 焼 | い | も |  ..||
   /(⌒─⌒||| [ lll] | ̄  ̄。 O ○.  ||          (~)
  [l((´^ω^)||.[ ̄ ̄] _⊥___.||.__ ||        γ´⌒`ヽ  ∬ ホクホク
  |__  ̄ ̄ ̄.|[__] |___|_||同|__||         {i:i:i:i:i:i:i:i:}<⌒>
  |]   _   .|.―――――――i――i.  )))    ( ´・ω・) / ♪
  |_/ -\_||_______|__|         (    つ
    (◎ ))     `ー(◎ ))'-'ノ            u―u

255 :動物園にて 1/2:2006/09/24(日) 13:17:17 ID:VqkHh3KU

さあ いよいよおめあての動物の前に来ましたねー
はい皆さん お下がりください危険です
柵に近づきすぎるとケガをする可能性があります
とっても凶暴ですからね気をつけてー
はいこれが世界でただ一頭の珍しい動物ですよー
残念ながらいまは寝てますねー

         _,,..,,,,_  
         / ,' 3  `ヽーっ 
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"

残念ですねーでもかわいいですねー
ねえ?かわいいですねー でしょ?ねえ?
ええー それでこの動物は…

え?この前来たときもその前も寝てた?
あーそれはね運が悪いのかなーうん
え?あなたもあなたも寝てるとこしか見たことない?
ははあ まあ運が悪い人がそろってるのかな?ハハハ

256 :動物園にて 2/2:2006/09/24(日) 13:18:11 ID:VqkHh3KU

…おまえは起きてるとこ見たことあんのかって?
そりゃありますよええ あるにきまってるじゃないですか
いつも寝てるだけなら縫いぐるみと同じじゃないですか
そんなののために汗水たらしてガイドなんてしませんよ!
この仕事だって大変なんですよ!それもこれも
動物のかわいい仕草を皆さんに見てもらうためで!
そのために足が太くなっても園内歩き回ってるんですから
笑顔作りすぎてシワがばんばん増えてるんですから!
いいですか!この動物は起きてることもあります!
ごちゃごちゃ言わずに黙って見てろ!
………………

         _,,..,,,,_ Zzz.......
        /    ⊃ヽ-、__
        l    /      ヽ
      /`'ー-/____/


…あ!いま寝返りうちましたねー
ねえ?かわいいですねー ねえ?ねえ?
こんな動物が見られる動物園って素晴らしいですねー!

………………
それじゃ、次の動物さんの所へいきましょうか!

257 :お茶:2006/09/24(日) 16:12:12 ID:NyB7aokB

( ´・ω)
⊃旦~~ お茶どうぞ

# ̄口 ̄)ゞ‥・ いらないわ
ざば、と流され ===========☆旦~~
茶柱がうずの中に消えていく (((( i )
俺の気持ちも流され

(´;ω;`) ひとりなく
⊃旦 さみしい




258 :名前はいらない:2006/09/28(木) 07:01:52 ID:mnuPfSQL
age

259 :「訓戒」:2006/09/28(木) 22:08:22 ID:75v5R6DP
おおういいいいいいいいいいいいいいいい…………

         イ ""  ⌒  ヾ ヾ
............... ..ヽ . ;: . / .⌒ _,,..__ ヽ  ) ;. :ノ......... .........
:::::::::::::::::::::::::::ゞ (.   (::.! l,;::) .ノ ノ ./::::::::::::::.......:::::
        ._ゝ,,. .-ー;''""~ ';;; − .._´,
       ._-" ,.-:''ー''l"~:|'''ーヾ  ヾ
      ::( ( .     |:  !     )  )
        ヾ、 ⌒〜'"|   |'⌒〜'"´ ノ
          ""'''ー-┤. :|--〜''""
              :|   |
              j   i
            ノ ,. , 、:, i,-、 ,..、
      _,,  ,. -/:ヽ::::::::ノ::::Λ::::ヽ::::-- 、ト、
,,/^ヽ,-''"::::\::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ:::::::::ヽ,_Λ
;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;:;;;;:::ヽ

遊星の奥 祷る暇もないのか
ヅヴオオオン 

宇宙の薔薇 咲いて
見事なまでの棘の中

私は完全に分離します

ぐるりよざ。




260 :わたしはねこですか?:2006/09/29(金) 00:08:58 ID:FF2dB52b
      iヽ       /ヽ
       | ゙ヽ、    /  ゙i
        |   ゙''─‐'''"    l
     ,/              ゙ヽ
     ,i゙  /         \  ゙i!
     i!   ´・      ・`   ,l 
     ゙i,,*   (__人__)  *,/
      ヾ、,,         ,/
       /゙ "       ヽ
わたしはどうやら もじのようです
ねこにみえますか? ねこにもみえますか?
わたしはわたしの さくひんのようです
ねこにみえますか? ねこにもみえますか?
わたしはおそらく ねこのようです
ねこになれますか? ねこにもなれますか?

あなた
もじにみえますか?
さくひんにみえますか?


ねこにみえますか?


わたしはまえから ねこになりたいのです
じぶんのすがたは みえないけども
だれかのなかで ねこになれたなら
わたしはもう ねことよんでいいですか

おもいつらつら ああ
わたしはねこになりたい

261 :名前はいらない:2006/09/29(金) 00:38:14 ID:9aIPI9f5
その人を隠すのが部下ならば
わたしは何人の部下を従えるのでしょうか?

262 :名前はいらない:2006/09/29(金) 18:20:25 ID:6MVnjy7h
「流転ルーマー・エンドレス」

あのこの薬が減っている
声が反響し続ける
噂が噂を連鎖する
彼女の喋りは止まらない

;゚д゚)<レモンにビタミンCは大して含まれてないらしいよ
                    Σ(゚Д゚;エーッ!!
;゚д゚)<ケント・デリカットはユタ州を馬鹿にされても怒らないらしいよ
                    Σ(゚Д゚;エーッ!!
;゚д゚)<大山のぶ代はメカ音痴らしいよ
                    Σ(゚Д゚;エーッ!!

彼女の話は止まらない
噂が噂を産み出して
声は連なり流れてく
あのこの薬が減っていく

;゚д゚)<世界最長の曲が演奏を終えるのは600年後らしいよ
                    Σ(゚Д゚;エーッ!!

263 : ◆L4LyBSss3w :2006/10/03(火) 04:54:14 ID:I9F71YOS
あ、締め切りが過ぎていましたね。

>>253:ID:XXTyh1Wu氏
>>255-256:ID:VqkHh3KU氏
>>257:ID:NyB7aokB氏
>>259:ID:75v5R6DP氏
>>260:ID:FF2dB52b氏
>>262:ID:6MVnjy7h氏

以上、6作品のエントリーですね。
もう少々お待ち下さい。


264 : ◆L4LyBSss3w :2006/10/05(木) 05:21:46 ID:UkpHHeZF
お待たせ致しました。

お題【AA詩】。本来ならば、読まれる為だけに有る“記号”としての文字が
特定の並べ方をする事で全く別のテキストとなり、独立した文脈を持つに至る。
音を媒介とした「歌」に匹敵する、活字媒体でのみ可能な表現法。
    ∧,,∧  
   (´・ω・`) <まぁ、小難しく書けばそーゆう事です。
    /つ旦o   面倒なら読み飛ばしても問題無いっす。
    し---J  

>>253さん。
酢豚ライスが飛ぶシュールさはインパクト大、なんですが…
これ、前に何処かで見た事が有ります。そのまんまコピペ、かな。
AAとオリジナリティの難しさを啓発してるのかも知れないけど。(だったら一言入れといてー)

>>255-256さん。
内藤さん可愛い♪…この詩の立脚点は、まずこの「内藤さん」のAAを読み手が知っていて、
尚且つこのキャラクターが“常に寝ている”のを知っている事が前提条件として在ります。
読み手にどの程度の予備知識を求めるか、の閾値を計る難しさを示す作品です。

>>257さん。
部分的な使用でAAのキャラクター性を薄め、文章のアクセントとして使用しています。
これが手描き文字であれば、軽いイラストや色変え、文字の大きさで強調するような手法で。
AAの、記号としての側面をぎゅっと押し出した作品です。

>>259さん。
シンプルに「詩」だけを抽出すれば、この作品は頭一つ抜けてる感じが有ります。
ただ、絵画的手法のAAを選びながら、画面構成は「文章詩」そのままの左揃え。
絵がおまけの「挿絵」に見え、浮いた印象が否めません。

265 : ◆L4LyBSss3w :2006/10/05(木) 05:48:51 ID:UkpHHeZF
>>260さん。
AAの持つ、文字列であることと「絵」に見える事の多重構造に自覚的です。
しかも、その多重性を掘り下、「わたしとは何者か」にまで到達する豪腕。
もう一匹下の方に猫が挿入されたら、絵的なバランスも完璧になったかも。

>>262さん。
無意味さと軽さとリズムを、定型のAAに託してぽんぽん並べています。
ほぼゼロ記号に近い(だから文章中に置いても読みを阻害しない)様式化されたAAを
効果的に駆使した、熟練の技を思わせるスマートな作品です。


さて、今回の優勝者ですが…

【AA詩】という、見るからに適当なテーマにも係わらず、
いちばん深く本質を掘り下げて下さった>>260さんを推したいと思います。
ご参加下さった皆様、本当に有難う御座いました。

    ∧,,∧  
   (´・ω・`) <あとは>>260さんよろしくです〜。
    /つ旦o 
    し---J 

266 : ◆L4LyBSss3w :2006/10/05(木) 05:50:22 ID:UkpHHeZF
    ∧,,∧  
   (´・ω・`) <1回ageとこ。
    /つ旦o 
    し---J 

267 :262ネックΣ(゚Д゚; ◆P350za861k :2006/10/05(木) 10:36:45 ID:rIdL2ah+
>>260さんおめでとう〜

268 :名前はいらない:2006/10/05(木) 15:20:27 ID:GsYoybSW
8:本当にあった怖い名無し :2006/08/22(火) 22:46:36 ID:Ef1/ETqOO
■細村香奈という中学2年生の女の子が夜道を歩いていると男3人にレイプされました。
彼女は必死で抵抗しましたが男3人の力に勝てるわけでもなく、まだ14歳という年齢で知らない男達に犯され、口封じとして殺されました。男達は別に罪の意識など少しも、欠片もありません。彼女は成仏出来ないまま、自分を犯した男達を探し続けています。

この話を全部読んでしまった人は必ず、他のスレ5個に同じ内容のレスを貼り付けてください。さっきも言いましたが、ここまで読んでしまったなら貼り付けるほか方法はないです。殺されてもいい人は関係ない話ですが…。
・有村奈津実  
・清中みずき
・鈴鹿陽一   
・村上梓
・畠山龍夜   
・野口太一
上の人たちはこのチェーンレスを貼り付けなかった為に殺されました。
細村香奈に…。



269 : ◆notePDkbPQ :2006/10/05(木) 22:23:48 ID:ZCDUc3Rg
雨さん、ありがとうございます。>>257書きました。AA詩のテーマとは?>>260さんの詩
を見て得心しました。こういう事だったのですね。>>260さん、おめでとうございます。

270 :名前はいらない:2006/10/05(木) 23:02:07 ID:Zh7yogYF
とてつもない不安に陥ることもあるだろう
自分の底を感じられなくて
でもいいんだよ
みんなそうなんだ
一人で生きるってそういうことなんだ

この先いろんな手が君を手招くだろう
思う存分目移りすればいい
それが君の人望になるのだから

そして君は次の世界で謳えばいい

「あなた方を愛してる」

271 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/06(金) 21:22:21 ID:vJN98cNO
>260書かせていただいた者です。
遅くなって申し訳ありませんorz

AAという主題をいかに詩のようなメッセージ性を持たせるかに
注ぎました。「ねこ」という存在は自分の想像図によく似ていますなあ。
猫自体になりたいわけじゃあありませんがw

◆L4LyBSss3w氏こと雨氏、ありがとうございました。
ご指摘も感謝いたします〜。下部にぽつんともう一つ浮かべようか
実際悩みましたがごちゃっとなってしまうかなあ、と思ったりもしまして。

さてさて、指定のほうですがおくむら氏にお願いしてみようと思います。
セン五にしかおりませんので少し不安ですけども。出陣ヽ( `・ω・´)ノ

なんかこれ・・・いいとものテレホンショッキング♪みたいですなあw

272 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/10/07(土) 01:22:08 ID:OP4Ja40r
おくむら氏に無理やり押し付けて参りました(何分お忙しいようで)
本人さんご登場〜。。。までしばしお待ちを。

273 :okumura:2006/10/07(土) 17:07:43 ID:zdmuEyxk
蝶のおならさんに、ご指名受けましたおくむらです。はじめまして。
いつもは、某スレでほそぼそとコメントしています。
不定期かつ間隔も長いのでけっこう前からやってる割には、
知名度0です。(レアキャラ?)


選者がルールを決めるということで、
できるだけ皆さんに楽しんでもらえるよういくつか決めさせてもらいました。


--ここから------------------------------------------------------

課題:「繰り返し」
"繰り返し"そのものをテーマにしてもいいし、
繰り返す何かをテーマにしてもいいし、
修飾技法としての"繰り返し"を使うだけでもいいです。

投稿期間:3週間(長いようであれば、その都度縮めたいと思います。)

採点期間:予定は未定。気づいたものからコメントを挿んでいきたいと思います。

投稿条件:コテ名は禁止で、お題はできるだけレス領域に「」付けでお願いします。
1,2行といった短い詩はできるだけご遠慮下さい。
(一作品だけで見なければならないので、短すぎると何も解らない場合が・・・。)

--ここまで------------------------------------------------------

以上不明点がないようであれば、
今日10/6からのスタートになります。
締め切りは順当に行けば、10/27 23:59まで。
よろしくお願いします。

274 :名前はいらない:2006/10/08(日) 14:33:44 ID:iJCRqzCP
「真であろうが嘘であろうが実であろうが虚であろうがジュピター第4楽章のように世界は美しく鳴り続けている」1/2
冬のニューデリーコンノートプレイス
32万人の通行人に紛れてサリーを纏った女が蹲っている
寒風を避けるように壁を背にして
左手だけ上げたまま
音を立てるようにガタガタと震えていた

喜捨を求めて広げられた左手は
釈尊の悲しみを一手に引き受けて震えている

脚早い通行人の眼には穢れと映るのだろう
情もなく無関心に流れていく68万の目玉にやるせない思いと現実を知り
俺は呆然と眺めているだけ

1人の通行人が喜捨をした
震える左手がコインを弾き飛ばし
乾いた音でコンクリートの床に転がっていく
通行人はコインを拾い今度は大事に喜捨をした
勇気を出して俺もそれに続いた
たかがワンルピー されどワンルピー

俺の心は幾許ほどホッとしたか 
わからない

275 :名前はいらない:2006/10/08(日) 14:34:35 ID:iJCRqzCP
「真であろうが嘘であろうが実であろうが虚であろうがジュピター第4楽章のように世界は美しく鳴り続けている」2/2
君たちは云う
『真の善行為でなければ受け入れられない』と
君たちは繰り返し云う
『偽善は認めない』と
君たちは粘り濃く云う
『善行為など存在しない』と

胸糞悪い 君たちは日本人だ
生まれた時から家電製品に囲まれ何不自由なく育った先進国の人間だ
けれど見ろ 世界の冨が一部分に蓄積され残りの地域には貧しさが存在する現実を
君たちはマグレで先進国に生まれ マグレで生きている

偽善だろうが善行だろうが 何だっていいじゃねえか

俺には上等の雌と食い物さえあればいい

偽善だろうが善行だろうが どっちだっていいじゃねえか

俺には僅かな自由と希望さえあれば生きていける

偽善も善行もどうだっていいじゃねえか

いい女とほどほどの金があれば充分やっていける

偽善だろうが至誠の善行為だろうが

一日の食事に事欠かなきゃかまわない

目糞 鼻糞を笑うだ

276 :名前はいらない:2006/10/17(火) 14:16:07 ID:vKHc4EKX
エド

277 :前田です。:2006/10/17(火) 20:43:22 ID:ekK+b+78
「春夏秋冬」

押され引かれ 現し消す

その姿を

278 :前田です。:2006/10/18(水) 22:46:19 ID:bfBPzD0O
>>277
あのーこれ、名前書いてしまったし、短いのは控えるよーになってたのに2行の短いやつにしてしまって。。
なんていうか、よく読まずに投下してしまったので禁止事項にふれまくりなので。。
ルール違反なので棄権ということにさせて下さい!
どーもすいませんです!!

279 :名前はいらない:2006/10/22(日) 04:29:26 ID:2PslivpR
「二バイトの雨つぶ」

リロードのたびに雨脚は増して
黙読のあとの沈黙にかくれ潜む
消えるまえのため息のような重さを
あらわせる文字はスペースキーに似て
今日つけたばかりの仮初めは当てもなく
二人のまぶたはミュートのままだれかに共有されてゆく
君も名前を持たずまた消えてゆくのだろうか
ほんとうは濡れてゆくはずの
二バイトの雨つぶたちに埋もれながら
やめると打ったその見えない唇に
生き通ったものは書き込み完了のクリック音だけ
かすかに震えた振動のさき
君の響いたかもしれないもののなかに
はたして僕の雨つぶは届いていたのだろうか

280 :名前はいらない:2006/10/23(月) 04:53:14 ID:drc4LOgt
「布団」

僕は人の悲しみがあんまりよくわからないが、何とかやっている

温もりというものを僕は知らなかったりもする

よくもめ、よく投げ出され、よく謝った

全てが嘘でもよかったのに、時計はやっぱり正しく回るもんだからそうはなりそうにないと最近確信し始めてはいる

実をいえば、そんな事は時々布団で考える程度だ

それを限界というのだと知ったのも最近だった

今は、専らこんな布団ごときが実際なんなんだ!という見事な責任転嫁を披露して眠りに就いている

僕は人の悲しみがあんまりよくわからない

281 :名前はいらない:2006/10/23(月) 23:52:19 ID:OuRGIwAT
締め切り近づいてまーすage

>締め切りは順当に行けば、10/27 23:59まで。

今回のお題などについての詳細は>>273 を参照のこと、です。。

282 :「ローセキは永遠に。」:2006/10/24(火) 22:20:09 ID:IB/GUt4k
私は 
化学反応の抜けた 
つまらないコーラのような電池を

川に遊泳させた


予想通り 時計の針は順調にsin-cos-tanをやっている

アネクメーネ 私の中へぽっかり空いた
ダイブによる 電車のタイム・ラグ

私は放送を聴きながら 眉間を歪ませる
いままで何人の人が抓まれて 川に凪がれたのだろう

’4次元人のアラームは 時を知らせる器具ではない’

色濃く遺る ローセキの痕

283 :見ぬ先に安堵を求めたり:2006/10/25(水) 00:03:47 ID:Ya3Z22E3
その時に見たものは空であった
清さだけが残るその青さから
夜という言葉を添えた頃
どうしようもなく眠れずにいた
黒き通り雨を見た子供
人の踏まれ方を見た兵士
乾いた喉を潤す希望であれ
敗れた大地の愛しさであれ
目を閉じる一瞬の隙でさえ
見ぬ先に安堵を求めたり

見ぬ先に安堵を求めたり

284 :名前はいらない:2006/10/27(金) 10:42:47 ID:zgKDpGDx
「イチョウの葉 落ちて黄色いまだらを染めた」

はらりはらはら 涙が落ちる しんなりきーんの空の下
後ろめたさが 逆立ちしてた

ほう、ほう、ほうら、ほら、
こっちがほんとで  嘘つき女は便所虫

ほう、ほう ほうら、ほら、
あっちはゆうめで  嘘つき男は地獄虫

ひらりふらふら葉っぱが落ちる あっけらかんの風の中
あきの小僧が 殻竿 振った

285 :okumura:2006/10/27(金) 23:58:49 ID:6oEM0W0B
やっと一週間終わりました。今週はやばかたったです。。。
今日は無理そうですが、明日、明後日にできるだけコメントをつけていきます。


286 :名前はいらない:2006/10/29(日) 21:22:07 ID:6V7lrv/O
じっと潜んで待っております。ゆっくりお読みくださいまし。

287 :okumura:2006/11/04(土) 00:26:58 ID:uqc5U62N
おそくなってもうしわけないです。コメントを挟みます。

>>274-275
この詩を読んだときに、題名の美しさ残酷さに惹かれました。
運命と悲しみと人生と、その他幾種のイメージを混濁した奇麗な字句だと思います。
(もう少し短くできたかなー・・・とは少し思いました。)
視点はインドの物乞いの老女をきっかけとして、
その周囲とのつながりや、翻って自分の身近に対しておもいを馳せると
いったものになっています。
残念なのは、視点が具体物だけに閉じられた印象があることです。
(具体物というと語弊があるかもしれません。多分正確には日常言語です)
多分散文的に書かれたのだとはおもいましたが、
個人的な好みではもっと破格していいのかな、とおもいます。
たとえばですが、死の象徴として牛の首(市場で切る所を見れたそうです)
や逆に生の象徴としての物乞いの手と会話するetc...

インドという所は私は行ったことがないんですが、
さる友人に聞いたところでは、
そこらかしこに、死の気配がするそうです。
生きた鶏をつるしてそのままさばいたり、死骸も転がっています。
いまにも餓死しそうな物乞いもいます。空気も違うといってました。
でもそれとは逆に鮮明に生を感じられるとも言ってました。
死が現代の日本社会のように隠されていないために、
生と死の対比が明確に感じられるんでしょう。
そうした雰囲気を感じさせてくれる詩でした。


続きはまた明日で・・・。

288 :okumura:2006/11/05(日) 10:06:34 ID:dugkkmTJ
>>277
せっかくですのでコメントをはさみますね。
季節を押したり引いたり、物のように扱っています。
具象化とでもいいましょうか。(正確な言い方ではないとおもいます。。。)
そこに面白さがありました。
最後は、やや捻りが足りないかな、と思いました。
最後に個人的な視点を入れ込んでもいいかと思います。
たとえばですが、季節をブロックに喩えたり。。。積み木を積んで崩したりetc

289 :okumura:2006/11/05(日) 22:51:59 ID:dugkkmTJ
>>279
2バイトといえば、文字コードですね。
>2バイトの雨粒
情報の氾濫をよく表現できているなぁと驚きました。
デジタル世界を表しているのに妙に湿っぽい。この感覚ははじめてです。
乾いたもの(文字列、あるいは無味乾燥なビットで構成されたネット世界)
と濡れたもの(操作する人間の感情)の対比がしっかりしていて、イメージがすんなり入ってきます。
(クリックの音はイメージ的に乾いているかも、とか思ったり)
乾いた音の背後にある情感が感じられます。

個人的に気になったのは、
>二人のまぶたはミュート
僕なら二人の乾いた唇はミュートと表現したかも。
あと全体的にテンポが明瞭でない気がしました。
改行をいれたり、読みやすさを考えるととりあえずの改善ができるかもしれません。
でもいい詩でした。

290 :okumura:2006/11/05(日) 22:54:09 ID:dugkkmTJ
>>280
とりとめない思考という雰囲気が出てて、軽く読めた割りに
本当にとりとめないということではなく、感情が込められている
印象を受けました。
表現上で、さらにこのとりとめなさを強調されても良かったかな、
と個人的には多少残念に思いました。
読点を全部省いてもよかったかも。。。?

291 :okumura:2006/11/05(日) 22:55:09 ID:dugkkmTJ
>>282
比喩をとっていけば、理解できる詩だと思ったので、
考えてみました。
結論としては、生きにくい社会と、懐古の念
といった感じなんでしょうか。
導入は、エネルギーの切れた電池を
川に流すイメージからはじまります。
これは次連以降の流れに続きます。
連が移り、生きにくい(というよりはもっと強いイメージ)
社会で、人が自殺して行く姿が描かれます。(もっと強調しても
良かったかもしれません。芸術なんだから数百万人殺しても・・・(え。)
>4次元人のアラームは、時を知らせる器具ではない
印象に残る字句なのですが、
ここが少し解らなかったです。
独断的な読みでは、最後や題名に繋がる部分なので、懐古的に、過去に繋がるようにすると繋がりが合いました。
現在の時を知らせる器具ではない、など・・・。

続きは明日で。。

292 :名前はいらない:2006/11/06(月) 03:09:26 ID:gL5bC0yL
 都会の交差点を歩く私を僕は遠い空から見下ろす
 生きている人 生きている人 モノクロ写真
僕は色を選ぶ
私は色が無い
何十億もの僕は所詮私なのだ

293 :okumura:2006/11/12(日) 15:22:23 ID:F6+0zFVn
>>283
戦争のイメージを表現されているのだとしたら、
それは成功していると思いました。
でも僕には本当に漠然と「戦争」という空の枠組みだけが
提示された感じで、それは僕が「戦争」という言葉を見た
一等最初に思い浮かぶ何にもなってないただの観念
を提示されたのと同じでした。

抽象的なイメージを言葉にしようとしている点、
さらに余分を極力排除して簡潔に表現しようとしている点
を考えると、しょうがないことなのかもしれません。
でも何か作品として成立させるようなイメージが
沸いてきませんでした。
もう少し読みやすくしてもらえると良かったかもしれません・・・。

極々独断的な推測でこの詩の背景を考えると、著者は過去(現在?)の戦争のイメージを
引きずっている。そのために時々苛まれて眠れなくなるときがある。
その時にまだ見ない先(将来)にそれがなくなること(安堵)を
求める。
といった感じでしょうか。そんな気がしました。

294 :okumura:2006/11/12(日) 15:48:46 ID:F6+0zFVn
>>284
言葉の使い方がうまいなと思いました。
4連目の「殻竿 振った」でのイメージの切り方なんかが
さっぱりしていて読後感が良かったです。
それまでの「しんなり」した雰囲気を一変させてくれます。
擬音語も妙にしっくりくるもので、作品を盛り上げていると
思います。
秋の空晴れと心の湿りとの隠れた対比も良かったですし、
童心、あるいは子供のイメージが混ざっていますが、
これも何故かは言葉にできませんが、作品とマッチしているものでした。
簡潔な表現でいくつものイメージを混在させた
いい詩だと思いました。

もっと長く書いて、それぞれを掘り下げてくれると
なお個人的には良かったので、そこが残念です。

295 :okumura:2006/11/12(日) 15:51:21 ID:F6+0zFVn
遅くなってすみません。
今夜あたりに、また来て優勝者を決定します。
もう少しお待ち下さい。。。

296 :名前はいらない:2006/11/12(日) 18:09:52 ID:x9Sv8hUC
待っているのは意外と苦ではなく
逆にわくわくできるのでいいのですよー

297 :前田です。:2006/11/12(日) 19:25:57 ID:0YB6uop0
>>288
わー!やったー
評価されないと思ってたからマンモス感激ー!!
他の人の詩には劣るけどなかなか面白かったでしょ?ナハハハ
繰り返しって僕の中にまず季節くらいしかないのだ
単純でしょ?ナハハハ
評価ありがとーござーいまーす!

298 :okumura:2006/11/19(日) 00:14:35 ID:nNf/x/xE
ちょっと選出するのに悩みました。
個人的に好きなものもあり、お題もあり。
今回はお題をあげたのだから、お題に一番沿った
ものを選びたいと思います。
>>282 「ローセキは永遠に。」さんです。おめでとう。
今回のお題である、繰返し、反復を
もっとも表現できていると思います。
次の評価人の選出頑張って下さい。

299 :名前はいらない:2006/11/19(日) 00:16:59 ID:nNf/x/xE
全体の講評:
ちょっとお題が解りにくすぎたかな、と反省気味。。。です。

今回の詩はお題が「繰返し」なので、
反復される何かを題材にしたものが
ほとんどでした。
でもそのほとんどは「反復もする」程度のものではないでしょうか。
誰かが死ぬこと、悲しみが起こること、喜ぶこと、
日常のこと。
これらは確かに反復しますが、見方によって
反復という性質は大きく後退します。
どのような見方をすれば、「反復」をもっとも意識できるか、
表現できるか、という点が今回の裏テーマでした。

300 :名前はいらない:2006/11/19(日) 00:17:54 ID:nNf/x/xE
284さんのはイメージ的にそう何度も起こるといったものでは
ありませんでした。
イチョウの葉が落ちるイメージも単純に、他のもの(喧嘩?失恋?)を
引き立てる装飾的意味あいが強かったです。
279さんのも反復してネットに接続するのは解りますが、
反復してネットに接続しなくても、起こる事象のような
気がします。
282さんが「時間」に焦点をあわせていて、
反復ということを一番表しているかな、と思いました。
「時間」的な見方をすることが、今回のお題に一番適していた
のかもしれません(僕も知りませんでした)。
(確かに時間を表現しているけど、「反復」というほどではないか
な、とは思いましたが。。。)

以上、時間がかかってすみませんでしたが、これにて終了です。

301 :okumura:2006/11/19(日) 00:25:17 ID:nNf/x/xE
>>292
気がついたので。

なんていえばいいんでしょうか、匿名性・・?無私性・・・・(そんな言葉ないかも)
私と僕の対比によって、有言に語っていると思いました。
でも量が少ない気もします。もっと長く書いてくれると嬉しかったです。

302 :蝶のおなら ◆onarac.04E :2006/11/19(日) 01:20:36 ID:333V9BoH
おくむら氏、お疲れ様でした。ワクテカしておりました。
時間が経つにつれ「おいおいもしかして結果は君の心の中に・・・なんて
オチではあるまいな?」と不安でしたがようやくピリオドを
打っていただいてほっとしておりますじゃ。
>282氏、おめでとうございます。わっしょいわっしょい。

>283を書きました。
「繰り返し」というお題があまりにユニークだったので
反発心が出てしまって・・・。「それなら反対のお題で書いてみようじゃないか。」
と思い「繰り返さない」をテーマに仕上げましたです。
繰り返さないということも反復の流れの中にある一種の沿いでした。

どうやらやはり私はおくむら氏の評が好きなようだ。
お題、面白かったですぞー。

ご苦労様でした。またセン五でお会いしましょうぞ。駄文失敬。

303 : ◆LeafL/oiO. :2006/11/19(日) 09:44:27 ID:K/qI3kgn
>okumuraさん ありがとうございました、本当にお疲れさまです。丁寧に読んでいただけてうれしかったです。
イチョウの葉です。修辞法としての繰り返しを重点において書きました。
意味はそうですねえ、繰り返しという概念そのものは考えてなかったです。。しまった。。しまった。。

>282氏、おめでとうございます。

304 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/11/20(月) 22:24:47 ID:4lW/kg6/
eetですね 次のお題を待っていますと同時にokumura氏有難う御座います。
良き寸評文です♪
ジュピター書きました。あれは別板で偽善についての議論が行なわれており
其処に投げ込んできた作品です。と言っても、当時は詩板を知らずにコピーも
せずに、今作と比べると前作の方が出来が良かったという印象です。それそのまんま
思い出しながら書き上げたのですが、いまいちでした。それでも感銘を受けた女子がいまして
「私はあんたと結婚していれば良かったよ。感動した」なんて云われた記憶があります。
詩板以外の板で詩を書けば私のようなものでも、感動されてしまうという経験が二回ほどあります。
ではではありがとう リーフさんも大好き♪

305 :アルペジオ ◆UfM5Clgw1I :2006/11/21(火) 22:02:59 ID:6YKfmSKg
okumuraさん、
審査お疲れ様です。
>>282 書かせていただきました。

「歴史は繰り返される」的な発想で……。
お題が、普段書かないタイプのものなので、
そういう意味で、勉強になりました。


>>304
ところで、穢土さん、
次回の選者、御願い出来ませんでしょうか。
(此処でいいのかな?)
都合が合えば…
御願いしますm(__)m

306 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/11/22(水) 22:59:33 ID:ZAObXPKu
こんばんびの♪皆々さま
僕はアルペジオさんのPolustetinoとかなんとかいう題名の詩が忘れられない愚膚です。
愚膚です。
まさかアルペジオさんに選ばれるとは思いもよらなんだなのでビクリしています。
アルペジオさんは何回もチャンピオンになられているお方、、、対して僕は・・・・・・
てなわけで兎角選んでくれた。そして僕は出したいお題というものがあるにはあるのだけど
コンテストで勝てない・・・・・・だからアルペジオさんにはとっても感謝しています。
ある理由により断ろうと思いましたが、今回は遠慮なく、独り審査員を引き受けようと思います♪

以前から出してみたいお題というのが“蕎麦”。皆さんに美味しい蕎麦を食べさせて貰いたいと
思っていました。けれど、蕎麦が好きでない人もいるでしょう。故に麺類なら何でもいいと
言いたいところですけども、やはり同じ蕎麦というものでないと味比べが出来ません。
うどん、ラーメン、フォーなんてものが混ざると審査に支障を来たすのではと、憂慮しまして
麺は麺でも、今回は“蕎麦”のみ。詩板の景気回復の為にも美味しい蕎麦を食べましょう♪やっほぅ
de、作品についてですが美味しい蕎麦を料理しなくても構いません。
用は“蕎麦”という題材が作品の中でしっかりと存在感を顕し顔として存在さえしていれば、、、
もちろん、美味しい蕎麦であれば尚更いいのですが、今回ばかりはこの“蕎麦”という
題材を上手に取り扱った詩を優勝者に選びたいと思います。故にお題自体がもしかしたら
難しいかも知れません。まあ皆々様の好きなように“お蕎麦”という題材を
上手に料理しちゃってください♪どんな蕎麦が今から出てくるのか涎タレまくりです。
※出来るだけ名無し投稿
※〆切りについて。全10作品揃うまで又は私が根気負けするまで
※まは私の戯言など気にせんで自由に詩作に励んでください
※【お題又は題材:お蕎麦】
アルペジオさんこのような機会を与えてくれてどうも有り難うございます。


307 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/11/23(木) 23:28:09 ID:Gci7+1hE
お題提出から一日目

今日は蕎麦が食べたかった
でも僕にはお箸がない、あるのはフォークだ

早く蕎麦が食べたいよ〜〜

308 :名前はいらない:2006/11/24(金) 23:02:33 ID:Y8b60cnd
「一番可哀想なのはお蕎麦」

今日は結婚一周年
ねりねりねりぎゅぎゅぎゅ
力を込めて愛の味
ペタンペタンドンドンドン
うすーくのばして
ヒラヒラヒラトントントン
お鍋のお水はぶくぶくぶく
「ただいまぁー」
『おかえりなさーい。今日はお蕎麦よ。今から茹でるか−』
「あぁ悪い外で食べてきた。それに俺、蕎麦嫌いだし」

顔面に蕎麦投げつけて蕎麦ばばーーーーん!!!!!!
何度も何度も蕎麦ばばーーーーん!!!!!
ばばーん!!!!!

309 :名前はいらない:2006/11/24(金) 23:48:52 ID:xDmyvxEx
「蕎麦処」(2/1)


近頃 テレビでもてはやされているような蕎麦屋は
外観も内装も和の雰囲気そのもので
昔からあるかのようなたたずまいだ
蛍光灯じゃないやわらかな照明がきいて
洒落た友人を連れ込むのにちょうどいい

蕎麦は
頼んでから15分もすれば仲居が笑顔で運んで出てくる

会話 食事 時間の限られる昼時にはぴったり
実は
つなぎに化学物質 保存料が入って蕎麦らしい香なんてほとんどしないけど
でもツルツルしてるしコシがあってこれはこれで好き

もう一軒は川の手前 橋のある通りから
ちょっと奥まった所にある蕎麦屋
外観も時代から遠ざかり
趣よりは黄ばんだ古さが目につく 
だけどどちらの店も開店前 閉店後の掃除がいき届いていて清潔だ
壁の手書きメニューが今の板前の親父さんの字だ
その親父さんの代から
蕎麦は注文を受けてから打つということになってる



310 :名前はいらない:2006/11/24(金) 23:50:59 ID:xDmyvxEx
(2/2)
そしておやじさんが蕎麦を丁寧にこねている長い待ち時間に
おしんこで分泌された唾液と舌が
煮物や枝豆といった小料理を注文させてしまうという蕎麦屋の陰謀だ

出来上がった蕎麦は熱い湯気を立ちのぼらせる
もそもそした麺のつなぎは水と卵だけ
当然うまく持たないと箸の持ち方ですぐ切れる
しかし これが本物の味と香り
香りなんて雰囲気だけで本当はしないのかもしれないんだけど

家のじーちゃんが作る蕎麦もこんなだったなぁって思い出す
今じゃなんでも最初に見たものが本物だなんて思ってるけど
好きだったらどっちでも愛せるよな




311 :名前はいらない:2006/11/25(土) 11:28:21 ID:7K6tS/QB
おだい「そば」!天ぷら募集AGE
残り8作品
せん者 :そば好き穢土◆34law0hz56さんです。

312 :名前はいらない:2006/11/25(土) 15:50:07 ID:qrHEoj5p
[自演選者穢土=工場長=娘=その他無数]

此処は選者指定コンペ2スレね 私 懺悔します
昔ね、セン5の評価人をやった時にね、ありとあらゆる投稿審査でE以下の評価を与えて
パニックと不快感を引き起こしたのは私です。
その中のコテの一人“カマドウマ”さんを追い詰めたのも私です。
何処までも執拗に追い駆けて悪乗りしちゃったの!今だから云えるけど
「カマドウマさん、ごめんなさい」だって当時、私はあるスレッドの工場長をやっていました。
でも全然投稿詩がなくて困っていたの>。私はこの工場を絶対θ壱の工場にしようと
でも、工場への投稿はゼロでセン5への投稿は止まらなかったの。
だから其処で一計を案じて、もしセン5の評価人が味噌糞の評価をすれば
セン5への投稿が代わりに工場へ流れてくると思ったわ・け・よ
でもね、私の思惑通りにはいかずに、カマドウマさんは辛口スレに逃げ込んで
メタリックさんやにぃちぇさんの良い寸評を貰ってストレス解消。それを見て、申し訳ない気持で一杯でしたわ。
これもそれあれも工場の為と思い良かれとやったことだけど、でも不愉快な気分にさせたことは
事実ですし、だからそれっきり工場は床に落ちて割れちゃった。
故に償いの意味も含めて、梁山泊で審査員が足りない時はパリパリ審査員をやっていました。
でもこれも全て工場の為、θの為・・・・・・打倒セン5♪打倒アンダーちゃん♪


313 :名前はいらない:2006/11/26(日) 23:54:04 ID:x42lakEN
穢土さんゎいつから詩板にいるの?
200何年の何月頃から?

314 :おすまし:2006/11/27(月) 00:22:57 ID:mGP2SeSm
だし なんていっちゃやだ!

315 :名前はいらない:2006/11/27(月) 08:33:35 ID:WDmPuaOp
からから♪ 募集AGE
残り7作品
せん者 :じえん好き穢土◆34law0hz56さん

316 :名前はいらない:2006/11/27(月) 09:11:50 ID:r5KN3INp
あなたが男性なのか女性なのかお年寄りなのか若者なのか、少年なのか少女なのか、僕は知らない。老若男女すべての人
に読んでもらいたい。
あなたの命はあなただけのものではない。あなたは、あなたのお父さん、お母さん、お爺さん、
おばあさん、そして限りなく遠い昔から受け継がれてきたものである。あなたはその人たちの希望の星なのである。
そして、あなたの命はこれから出会うであろう最愛の人、そしてその人との間に出来るかけがえの無い子供につながっている。
そう、あなたにとっての希望の星である。
その子供達、そして子孫がこの世に生を得る権利を奪うことは誰にも出来ない。あなた自身にでもある。
死ぬな。生きるんだ。何があっても。俺も生きる。もう一度言う、決して死ぬな。
http://sound.jp/mituruofficial/kasisyuu/charenge.htm

317 :名前はいらない:2006/12/02(土) 11:19:57 ID:njD//D6K
あげますよ

318 :名前はいらない:2006/12/02(土) 15:49:58 ID:cY8XAY5g
        「真実」

今日の2人はおそくまで 布団の中で裸だった
しかし 家族が増えることはなかった

今日の2人はおそくまで ベットの中で裸だった
でも  愛の証拠など創れなかった

今日の2人は遅くまで ソファーの上で裸だった
しかし つながることはなかった

今日の2人は遅くまで 部屋の中で裸だった
真実はいつになったら芽生えるだろうか

319 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/12/03(日) 08:48:28 ID:VdoA44cs
>>312-316>>318
こいつらなんとかしろ。

320 :名前はいらない:2006/12/03(日) 10:32:54 ID:U2/IsXT9
>>319 おまえなんとかしろ

321 :名前はいらない:2006/12/09(土) 20:34:05 ID:BW2R2ORe
そば募集あげ

322 :名前はいらない:2006/12/14(木) 05:57:19 ID:6LB0eUEJ
270 :琶嗣 ◆SaruCakx56 :2006/10/20(金) 00:27:36 ID:cDRv2a94
どうも詩板ではじめて付けたコテです。
宜しくお願いします。名無しで各コンテスト優勝数回
実績は申し分なし。琶嗣です
270 :琶嗣 ◆SaruCakx56 :2006/10/20(金) 00:27:36 ID:cDRv2a94
どうも詩板ではじめて付けたコテです。
宜しくお願いします。名無しで各コンテスト優勝数回
実績は申し分なし。琶嗣です
270 :琶嗣 ◆SaruCakx56 :2006/10/20(金) 00:27:36 ID:cDRv2a94
どうも詩板ではじめて付けたコテです。
宜しくお願いします。名無しで各コンテスト優勝数回
実績は申し分なし。琶嗣です
270 :琶嗣 ◆SaruCakx56 :2006/10/20(金) 00:27:36 ID:cDRv2a94
どうも詩板ではじめて付けたコテです。
宜しくお願いします。名無しで各コンテスト優勝数回
実績は申し分なし。琶嗣です


323 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/12/24(日) 01:14:08 ID:RL6QPTNG
>>306
いつの間にか一ヶ月経過(バロス
11月からの怒涛の一ヶ月(メチャバロス
もちっと様子を見るつうか置いとく
バロスモメーラ♪

324 :名前はいらない:2006/12/26(火) 20:48:37 ID:1XTcH8Ms
痛みはあっても
絶望は全然ない
あの人にとって
自分が良い女でなくても
全然構わない
認められたいとも思わない
あの人の理想と私は関係ないから
だからあの人の言葉は私には
何の意味も持たない

325 :名前はいらない:2006/12/26(火) 20:51:21 ID:1XTcH8Ms
あの人の女性の趣味なんて
どうだっていいし
私には全然関係ないし

326 :名前はいらない:2006/12/26(火) 20:57:23 ID:1XTcH8Ms
あの人が私をどう見ていようと
どう批評していようと
別に当たってるとも思ってないし
全然どうだっていいし
自分の人生に関係ない
自分は自分の好きなものを選んでるだけで
あの人にどう思われようと別に関係ない
笑顔でいられればいいんだと思う

327 :名前はいらない:2006/12/26(火) 21:00:32 ID:1XTcH8Ms
別に私があの人にとって
美しくなかろうと
別にどうだっていい
認められたくも
評価されたくもない

328 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2006/12/28(木) 01:51:26 ID:u/SyMxi9
>>325-327
誰宛てのラブレターか知らないが>>1 と流れ読んだらいい。

集まらないね。
そばの詩募集です

329 :名前はいらない:2006/12/28(木) 02:01:43 ID:DOHT89IB
「紛い物のそば」

蕎麦粉十割のざるソバを注文したい

蕎麦粉十割の更科をつるっとしたい

そば屋穢土のそばは蕎麦粉一割もなく
ツナギで蕎麦粉を使用している

蕎麦屋穢土が潰れる日は近い
客は見ている知っている
紛い物のそばと穢土




330 :名前はいらない:2006/12/29(金) 00:33:54 ID:hECqsakd
so bad

331 :霊感少女:2006/12/29(金) 02:34:42 ID:lDlJP7iE
蕎麦屋にカート・コバーンが来たそうだ
俺がホームに突っ立ってると
椅子の方からそう聞こえてきた
彼女が蕎麦つゆを引き寄せると
手元で何か声がしたらしい

連れの少女が言う「カート・コバーンって小さいの?」
彼女は答える「小さいよ。妖精だからね」

見るとカート・コバーンだった
やや鼻白んだらしい連れの少女が、見分けがつくのかと尋ねると
顔の前に、名前と生没年が見えるのだと
少女は答えた

ふうん、と連れの少女は言った

ふうん、と俺も思った

手持ち無沙汰だろう無言が続いた

連れの少女が彼女に言った
「で、蕎麦どうだった?」

332 :年越し蕎麦(1/2):2006/12/29(金) 16:53:22 ID:eZP54Hfj
ひどく疲れた
それ以外の感情は無い 感想も無い
帰り道 空気は凡庸な侘しさを漂わせ
湿り気に映るコンビニの灯りは何も生み出さない

今年最後の仕事は今年最後の日
年の最後まで雑巾を絞るようにこき使われて
「良いお年を」とは上等な皮肉だ

正月を間近にして他人が灯す団欒の明かりが
無関心な蛍のように綺麗だった
僕に触れられない分け隔てられた空間の先にある光

何の温かみも待っていない部屋に着いて
自分の手で一つ一つ色んなスイッチを入れていく
しばらくすれば空気は暖まり そのおこぼれに僕もあずかれるだろう
テレビは随分賑やかだ 誰もが明るくはしゃぎ回ってる
正月という巨大な幻想に今年も揺るぎは無いらしい

僕は蕎麦を作り出す
孤独な男の孤独な蕎麦を
スーパーで買った蕎麦汁と干し蕎麦
そして痩せこけた葱と錆びた包丁
惨めさを確認し噛み締めるような作業を経て
年越し蕎麦は出来上がる
実に見事に質素で貧相
啜れば名も無き場末の味
 

333 :年越し蕎麦(2/2):2006/12/29(金) 16:55:14 ID:eZP54Hfj

ひんやりとした空気の底から温かみが広がって
胃の奥から感情が蘇ってくる
僕は静かに蕎麦汁の底を弄りながら
テレビの中の新年に笑いかける

どん底はもう去年に置いて来た
いまや目の前には手付かずの新しい年だ
胃の中に年を越えて温かい蕎麦がゆっくりと消化されていくのを感じる
そして僕はもう一度蕎麦を作り始める
最初から ダシを取る所から丁寧に蕎麦を作る
一つ一つの作業を 足元を確かめるように 慎重に 確実に
僕の今年の象徴となるような素晴らしい蕎麦を作ろうとする
台所は今や稀有なる神聖な場所となり 
ある一人の男の信心深き祈りのための厳かなる儀式が行われている 

334 :名前はいらない:2006/12/31(日) 11:31:49 ID:r3mJaB2b
お題「蕎麦」

>308 「一番可哀想なのはお蕎麦」
>309-310 「蕎麦処」
>329 「紛い物のそば」
>330 無題
>331 「霊感少女」
>332-333 「年越し蕎麦」

よくわからないもの
>316 無題
>318 「真実」
>325-327 無題

335 :ただ しゃべつているだけ:2006/12/31(日) 21:40:24 ID:G7m2CgFi
これがそばです
どれがそばです?
おれがそばです
それがそばです?
かれがそばです
あれがそばです?
あれがそうです
あれはどうです?
あれはどれです?
あれはあれです
あれはあめです
だれがあめです?
だんながあめです
どこがあめです?
あごがあめです
あごがあめですか?
あごがあめです
あしはあめですか?


336 :ただ しゃべつているだけ:2006/12/31(日) 21:42:25 ID:G7m2CgFi
あしはかめです
あせはかめですか?
あしがかめです
あせはどうですか?
あせはかめです
あせはかめですか?
あしがかめです
あせはなんですか?
あせはそばです
あせはそばですか?
あごはあめです
あごはあめですよ
あせはなんですか?
あせはうりきれです
あせはありませんか
あせはありません
ありはありです
ありはありますか?
ありはあります
ありはいりません
あれはそばです
これもそばです

337 :名前はいらない:2007/01/01(月) 01:29:33 ID:TTAw6JSR
「蕎麦はいらない」

悲しみを感じて朝を見誤る

孤独につかり孤独だと気付く

歓喜に湧いてる隙に不都合をすっとぼける

しのぶの身体を舐めて
しのぶに入れる

これで一生が済み 肉体を忘れる

338 :名前はいらない:2007/01/01(月) 13:49:21 ID:8Hasq8Pr
「蕎麦頭」

俺の好みじゃない
ほらあれ蕎麦頭
ソバージュってやつ何と無くな
頭がでかく見える

え、あいつ髪切ってきた
似合ってない
どうしよう困ったな参ったなあ
誰が言ったんだよ

そのまま知らん振り
風邪ひいても見舞いにもいきゃあしねえ
冷たいねえ俺って奴あ
嫌われたかな

先輩と結婚したってあいつ
あのひととなら
幸せになれるな

ずっと気づいていた 
あいつの気持ち
自惚れちゃいけねえ
こうして今も独りだからよ

ああそうだ
俺が呼び捨てにしたのは
あいつだけ
だったな

339 :名前はいらない:2007/01/01(月) 13:55:00 ID:8Hasq8Pr
お題「蕎麦」

>308 「一番可哀想なのはお蕎麦」
>309-310 「蕎麦処」
>329 「紛い物のそば」
>330 無題
>331 「霊感少女」
>332-333 「年越し蕎麦」
>335-336 「ただ しゃべつているだけ」
>337 「蕎麦はいらない」
>338 「蕎麦頭」
10作品そろいましたヨ

+よくわからないもの
>316 無題
>318 「真実」
>325-327 無題

穢土さんよろしく願いしまふm○m


340 :名前はいらない:2007/01/01(月) 14:52:10 ID:lZrVzM53
お蕎麦


おやーじー御代わり
おーい
いないのか
仕方ない自分で作るか

ぼくはこれくらい手間のはかからないお客しか入れない


341 :名前はいらない:2007/01/07(日) 22:11:50 ID:/eUZ4EK0
いい加減審査age

191 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)