2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【推理パズル 総合スレ】 第14回 モナギコ蜘蛛の会

1 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 23:41:09 ID:LX4tFhhA
推理パズル、推理クイズの出題・解答に関する総合スレッドです。
あなたが作ったとっておきの推理パズルや、現実に起こったちょっと不思議な出来事、
お決まりの推理クイズに、どうしても分からない途方も無い謎……

試しに披露してみませんか?

百戦錬磨のミス板住人が、直ちに謎を解き明かします。
今日の執事役は誰だ!?

※スレ乱立を防ぐため、単発の「推理パズル出題スレ」が立った場合には、このスレへの誘導をお願いします。

【前スレ】
【推理パズル 総合スレ】 第13回 モナギコ蜘蛛の会
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1149348998/

【避難所】
第14回?モナギコ蜘蛛の会
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1162224726/

2 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 23:41:39 ID:LX4tFhhA
【過去スレ】(dat落ち。●持ってると読めます)
【推理パズル 総合スレ】 第12回 モナギコ蜘蛛の会
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1137957436/l50
【推理パズル 総合スレ】 第11回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1124635164/
【推理パズル 総合スレ】 第九回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1113496849/
【推理パズル 総合スレ】 第八回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1100448381/
【推理パズル 総合スレ】 第七回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1081415028/
【推理パズル 総合スレ】 第六回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1067774024/
【推理パズル 総合スレ】 第五回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1060368732/
【推理パズル 総合スレ】 第四回 モナギコ蜘蛛の会
ttp://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1055256873/

(以下は過去ログ入りしています)
【推理パズル 総合スレ】 第三回 モナギコ蜘蛛の会
http://book.2ch.net/mystery/kako/1050/10509/1050968916.html
【推理パズル 総合スレッド】 モナギコ蜘蛛の会
http://book.2ch.net/mystery/kako/1021/10219/1021995064.html
%%僕の考えたトリックを評価してください%%
http://book.2ch.net/mystery/kako/1010/10107/1010729672.html

3 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 23:42:10 ID:LX4tFhhA
【関連スレ(質問系スレ)】
思い出せないタイトル質問スレ2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1089910981/l50
第十五ミステリー板雑談所兼質問所
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1153992094/

【類似スレ】
【ミス板利用者のためのサイト】
『赤い収穫』館
http://f17.aaa.livedoor.jp/~miggypop/

【過去ログ倉庫】
http://www.geocities.jp/umi_moto/mistery.htm

4 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 02:27:31 ID:tJLJhX7K
>>1


5 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 07:51:55 ID:lfZ9z+4A
>>1
乙。

6 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 11:44:20 ID:obFpafUD
乙一

7 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 14:03:55 ID:T3QwC9Ts
>>1

8 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 16:29:54 ID:l/EN3HVt
>>1
では早速長文問題を投下。面倒な人はスルーでよろしく。

9 :長文問題1:2006/11/08(水) 16:31:26 ID:l/EN3HVt
地下の会場で執事は話す。探偵達も静かに耳を傾けた。
「今回の事件は、実にスコット警部の事件にございます。密室事件と定義してもよいかと思います。
さて、語るのに少々お時間を頂きたいと思います。では、お話し致しましょう・・・」

問題
登場人物紹介@(事件パート)
ヘンリー・・・事件の被害者。嫌われ者。
ゴードン・・・事件があった屋敷の主人。権力者。
セバスチャンン・・・ゴードンの屋敷の執事。
サム・・・ゴードンの屋敷で働く下男。恋人の件でヘンリーに殺意を抱く。
アラン・・・同上。ヘンリーに弱みを握られ脅迫されており、同じくヘンリーに殺意を抱く。
ジェシー・・・ゴードンの屋敷で働くメイド。サムの恋人。
エリー・・・同上。事件当日は風邪で休み不在。
オッペンハイム・・・ゴードンの屋敷で働くメイドでメイド長。

10 :長文問題1-2:2006/11/08(水) 16:33:53 ID:l/EN3HVt
ゴードンの屋敷で月に1度はパーティーが開かれるのは街の全員が知っている。当然、街の人間がゴードンを好きという事は無く、黒い噂が絶えないのも事実だ。
参加者は貴族をはじめ、公務を司る者から、他の街の権力者までと、人を踏んでも何とも思わぬ悪党達は、全てゴードンと(裏の仕事などで)繋がりのある人物だった。
さて、ゴードン邸でヘンリーが死体となって発見された事件はいささか不思議な状況であったと執事のセバスチャンは話す。
パーティーのあった当日、ヘンリーは当然そこにいたし、また、ヘンリーにとって不幸なことかどうかは知らぬが、ヘンリーを最も憎む下男のサムとアランもパーティーの中、仕事をしていた。
サムは女好きのヘンリーに恋人のジェシーを寝取られそうになった。事実がどうかは知らないが、サムがヘンリーを殺したいほど憎んでたことは言うまでもない。
また、もう一人のアランはヘンリーに弱みを握られ、脅迫されていた。ゴードン邸での給金の多くを奪われ、家族にもろくに食事をさせることができずにいる。
常日頃から、二人はヘンリーを殺したいと思ってたし、権力を盾に横暴なことも平気でする町で嫌われ者のヘンリーだったが逆に殺したいほど憎んでいるとなると、やはりこの二人だけだった。
そんな中ヘンリーは意識を失い、そして、死んでしまう。死因は毒物によるものであった。
パーティーの参加者では他に死者がいないのだから、ヘンリーが飲食した物にだけ毒物が入っていたと考えるしかないだろう。

11 :長文問題1-3:2006/11/08(水) 16:35:28 ID:l/EN3HVt
ここでパーティー会場の説明がいるだろう。パーティー会場は来客が200人入ってもまだ余裕はあるだろうとも言える広さだ。内装から部屋の外まで城を模して造ったようだ。正方形の形だが、壁から壁の一辺は間違いなく、100ヤード(約90メートル)はある。
まるで城の門かと思われるような大きなぶ厚い扉(高さ約3ヤード、幅約2,5ヤード、厚さ約4フィート)を開けるとまず目の前に見えるのは、大きな宗教者の肖像画だ。優に4ヤード(約3.6メートル)はあるか。
しかして、一風変わった画なのは、その宗教者の腰から下の部分が人の悶え苦しむ姿でさらに真っ赤に塗られていたことだ。
毎度の参加者の中には顔をしかめる敬虔な信者もいたのだが、権力者のゴードンに口だしするわけにはいかず、ただおそれだけを抱いていた。
会場の左手はステージと大きなグランドピアノが置いてある。当日は楽団が使用していた。報酬はいいものの、実に扱いはぞんざいで、楽団の団員も団長の命令が無ければ、ここで演奏することはないだろう。
右手側は全面的に、窓ガラスで一部は色とりどりのステンドグラスになっていた。普段なら、そこに荘厳な庭園を眺めることができるが、当日はあいにくの雷雨で、もちろん闇の中でもあったし、庭園の景色を楽しむことは叶わなかった。
また雷雨にも構わず、参加者が多かったことから、召し使いや御者、馬が濡れることを厭わぬ(中にはそれすら愉しむ)愚かな貴族や執政者がいかに多いかが伺い知れる。
絨毯は足がめりこまんほどの柔らかさだ。住み込みで働く下女や下男達のベッドが、ほとんど板きれのような物だったから、傲慢なゴードンの性格もわかるだろう。
いくつかの床に届きそうな長いクロスが掛けられたテーブルには豪勢な料理とワイン、もちろん働いてる従業員達が食べられる訳もなく、残されることが確実なそれらは、次の日には、燃やされるか埋められるかだった。

12 :長文問題1-4:2006/11/08(水) 16:37:48 ID:l/EN3HVt
会場の天井にはちょうど真ん中に豪勢なシャンデリラが吊り下げられていた。実際この高さで火を灯すのだから、その役目を担う下男は毎回命がけである。
シャンデリア以外にも壁に多くの燈台と大きな蝋燭に火は灯される。
必要以上の明かりが会場にはあった。ダンスが十分できるほどのスペースもある。
また、入り口の扉はその大きさから自由に開け閉めするのが困難であるため、執事のセバスチャンやその他の下男達が、従業員や招待客以外はねずみ一匹すら入らないように見張っていた。
それがゴードン自慢のパーティー会場だった。

事件の日に話は戻ろう。ヘンリーはパーティー途中で意識を失った。パーティーが終わり、時刻は10時前だったが、散会した後、貴族達がそぞろ帰る間もヘンリーのその姿は見えなかった。
パーティーの終わった後は大変だ。屋敷中の従業員が集まり、享楽の宴の後かたづけをしなければならないからだ。
それは右へ左へと行き交う。人を蹴ろうが物を蹴ろうが自分の仕事を片づけるのに大忙しだ。であるから、誰がどこで何をしているのか知ることは、初めての街で、馬を手に入れるくらい困難だ。
ジェシーは大きな宗教者の肖像画にワインがかかってるのを、画を傷付けず、落とすことに難儀しながら今日休みのエリーの動けないほどの風邪は大丈夫なのかしらなどと考えていた。

13 :長文問題1-5:2006/11/08(水) 16:39:30 ID:l/EN3HVt
また、メイド長のオッペンハイムはメイド達に指示を与える一方で、ピアノをひとしきり触ってみたが、出ない音がある。反響盤に問題があるのかしら?明日技師を呼んで見て貰おう。
テーブルからは料理は下げられ(多くの下男達はそれを羨ましげにながめるだけだ)、ワインは保管庫に、クロスは洗濯のために取り外される。
ステージの後かたづけは、セバスチャンが一人で受け持った。
最も年配で従業員のまとめ役のセバスチャンだったが、楽団が使用した椅子や指揮台などは軽い物が多いため、片づけてよけておくだけのことはさほど苦にはならない。
後かたづけが終わると、従業員は持ち場やそれぞれの部屋(といっても複数人が押し込められ寝るだけのたこ部屋だ)に戻る。
セバスチャンは不審な人物などが会場に残ってないか?床には何か落ちてないか?そういった所を十二分に確認して、
いつも通りサムとアランの二人の下男とさらに二人の若い下男に命じて、会場の灯りを消し、一人で閉めるのは不可能な内開きの大きく重くぶ厚い扉を閉めさせた。
その時にヘンリーの死体など無かったのは確かだったので、セバスチャンは自分と主人のゴードンしか持たないその扉の鍵を閉めたのは、昨晩の11時前だったろう。

翌朝、昨夜の雷雨が引いて快晴だった。
朝の9時過ぎに朝の仕事が終わった後のセバスチャンは昨夜の会場の掃除(昨夜もやったのになんとさらに!!)をするため、会場の扉を開けさせようと昨夜の二人を呼んだが、サムとアランは姿を見せず、折しも通りかかったジェシーとオッペンハイムらと協力して扉を開けた。
そうして、ついには部屋の中。扉を開けた目と鼻の先にヘンリーの横たわった死体を発見した。
オ〜ヘンリー様が!!なんということだ!!昨夜はこんな物は無かったはずだ!!!
慌てたセバスチャンは主人のゴードンに報せた後、我らが街の名探偵スコット警部に連絡したのだ。

14 :長文問題1-6:2006/11/08(水) 16:40:18 ID:l/EN3HVt
登場人物紹介A(探偵パート)
スコット警部・・・街の名探偵。悪事を好まない。
デビッド・・・スコット警部の部下。地元生まれ。
ヤマシタ・・・スコット警部の部下。日系人。
キム・・・スコット警部の部下。日系人。
フェイル博士・・・マッドサイエンティスト。
ジム・・・フェイル博士の助手。
エレナ・・・ジムの妻。ブルドッグ似。

15 :長文問題1-7:2006/11/08(水) 16:41:43 ID:l/EN3HVt
朝、スコット警部は事件の報を受けた。
これはやはり現場に行くべきだ。スコット警部は部下のデビッドには、馬車を用意させ、キムにはデスクワークを担当、そしてヤマシタを連れてこの事件を解決するために直接現場に向かわず、まずはマッドサイエンティストのフェイル博士に会いに行く事にした。

山の上にある博士の家に着いた後、デビッドを外に残したまま、ヤマシタと一緒に博士の家に入った。普段からここは鍵がかかってないのだ。
博士の研究室から声が聞こえてた。
「そしたらウチの庭を覗いてる子供がいたんですよ。『ブルドッグがいる〜』なんてね」
「ほうほう。それで」
「そのガキに俺は言ってやったんですよ。『おいおい。そいつはウチのワイフだよ』ってね」
『あ〜〜ハッハッハ』
何が可笑しいんだろうと思いながらスコット警部は部屋に入った。どうやら助手のジムと談笑してたようだ。
「おお、スコット君、どうしたんだい?」
「単刀直入に言います、博士。透明人間になれる薬を開発しませんでしたか?」
「おお〜、さすがは名探偵のスコット君だ。昨日完成したばかりでな。ほれこれじゃ」
そう言うと博士は一握りできるほどの瓶に青い液体が入ってるのを見せた。
「なんてこった。すごいやこれで透明人間になれるんだ」ヤマシタは驚いた。
「博士。それは本当ですか?」
スコット警部も尋ねる。
「本当じゃ。試しに飲んでみるがいい。それ全部飲まないと効果はないぞい

16 :長文問題1-8:2006/11/08(水) 16:42:37 ID:l/EN3HVt
そう言うと博士は瓶をヤマシタに手渡した。
「では、いただきます」
ヤマシタは古郷の習慣なのか、手を立てて、ペコリと頭を下げ、一気にそれを飲み干した。
するとヤマシタの姿は衣服と毛を残して消えてしまった。
本当に透明人間になる薬があったんだ。
「服を脱いでくれ」
スコット警部はヤマシタに命じた。
「はい」ヤマシタは服を脱ぐとそこに体毛だけが残った。
「すごい毛を剃れば、完璧な透明人間だ」
密室トリックがこれで解明できるとスコット警部は思った。
「ふふ、その体毛すら消えてしまうぞい」
博士に言われてヤマシタの方を向くと、なんと体毛すら徐々に消えていったのだ。あとには死滅した細胞のフケや恐らく抜け毛やその他カスなどだけが浮いていて、言われない限り、そこに誰かいるなんて思わず、ただホコリが舞っているように思うだろう。
「血液だけでなく、飲んだものの細胞にまで浸透し体中に行き渡れば消えてしまうんじゃい」
「すごい。効果はどれくらいなのですか?」
スコット警部は色めき立った。
「死ぬまでじゃ!!」
『え!?』
これにはスコット警部もヤマシタも驚いた。
「え?じゃぁ僕は一生このままなのですか?」
「うむ。だから10時間後という事になる」
『え!!!!?』
「うむ。10時間後には死んでしまうのがその薬の欠点じゃ」
「先に言えよ!!!」
ヤマシタは透明状態で博士を殴り「チクショー、死ぬまでに好き放題やってやる。女の更衣室に忍び込んでやるぜ」といい、姿は見えないが、どうやら博士の家から飛び出していったようだ。
「いたた・・・。キミの部下はなってないなぁ。先に言ったら飲まないのにな」
と博士は言ったが、スコット警部は頭をかかえる他無かった。

17 :長文問題1-9:2006/11/08(水) 16:43:21 ID:l/EN3HVt
「博士今の話、本当ですか?」
助手のジムが確認する。
「うむ、きっちり10時間後には彼は死んでるはずじゃ。そう言えばキミ、昨日ここにあった薬は知らないか。さっき飲ませたの以外ではそれしか残ってないのじゃ」
ジムは震えながら
「それ風邪薬だと思ってワイフに上げちゃいましたよ。しまった。後で連絡しなきゃ・・」
スコット警部はジムのブルドッグ似の妻のエレナの冥福を祈った。
「とにかく、もう薬は無いというのは事実ですね?」
「うむ、ジムが持っていたのを除けばもうない。調合に時間がかかるから1ヶ月はつくれないな」
「博士。あなたは後で逮捕させて頂きます。決して逃げないで下さい」
「なっ?なんでわしが逮捕されるのじゃ?職権乱用じゃぞ」
スコット警部はわめく博士を置いて、デビッドの馬車に飛び乗り、現場に向かうことにした。残念ながらヤマシタの捜索は諦めるしかないだろう。

(解決編)
事件現場のゴードンの屋敷に到着した。
スコット警部はゴードンの屋敷に入るのは初めてのことである。法と秩序を重んじるスコット警部と悪党のゴードンが仲が良いはずはない。
もちろんゴードンはスコット警部がこの難解な謎を解けず、悔しがる姿を見てみたくてうずうずしていた。
「お〜ヘンリー。なんと悲しいことだ」
しかし、スコット警部はヘンリーの死体を見て部屋を見回すと、すぐさま真相を口にしたのだった・・・。
問題終了

18 :長文問題1-10:2006/11/08(水) 16:45:24 ID:l/EN3HVt
執事はそこまで話し終えると、一息ついた。
「では皆様、皆様に考えて頂きたいのはヘンリーの死体出現のトリックでございます。もちろんそれに付随して犯人もお答えになるのがよろしいかも知れません。
さて、問題で気になるところと言えば・・・宗教者の肖像画にかかったワインはもちろん酔った客がこぼしただけでしょうから関係無いでしょう。透明人間になれる薬をエレナが持っているのに意味があるのでしょうか?
色々考えて頂くのがよろしいかと思います。
おや?おやおや?なんと言うことでしょう!!この事件トリックが二つ成立するではありませんか!!なんと同じ問題にトリックが二つ!!そして、それぞれで犯人まで変わってしまってます!!
おお、こんな事があって良いのでしょうか?しかもこの二つのトリックと犯人は問題にあからさまに書いてあるではございませんか・・・。
ええ。ええ。もちろん、一つお答え頂ければ正解でございます。真実は一つなのですから・・・。
ですが、名探偵の中でも数々の難事件を解決してきた皆様方のことです。瞬く間に二つのトリックを解明してしまうことでしょう。
この二つ同時に成立させるには非常に困難であると言わざるを得ません。別々にお考えになるほうが良いかと思います。では、また24時間後にでも解決編の続きをお話し致しましょう」

執事の一人語りいらねぇなぁ・・・。しかも長すぎた。10レスも消費するとは・・・。

19 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 17:13:23 ID:t94KQGA6
いくら何でもながすぎ


20 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:08:58 ID:f/uYfmjD
>>19
良識派を装ったアンチか?

21 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:10:17 ID:S03tT9HW
>>9-19
乙です。
いま帰ってきたんだけど飲み過ぎで全然頭が回らない
解答編は出来れば明日の21時以降に・・・・

22 :蝙蝠男:2006/11/09(木) 05:27:21 ID:hpWkhzwy
乙一ー

>18
まっさきにメール欄が気になった。
これだと薬関係ないなー

23 :長文問題:2006/11/09(木) 07:50:52 ID:AqkwRKFd
>>22
お久しぶりです。ある意味、おしいんだけど最終的にはクロスが取り外されてるから正解ではないけどね。
>>21
わかりましたけど、今日も仕事へ行き、夕方一時帰宅、会社の店舗の新装開店の店へのヘルプで再度出るので、最終的には週末でもいいけど、他に問題出したい人がいれば今日の深夜と言うことで・・。

24 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 08:56:24 ID:zMO3XLkq
風邪ひいているメイドのエリーは博士の助手のブルドック妻エレナと同一人物。

「おーれはヘンリ〜 ガキ大将〜 さて、今日もエレナを脅しに行くかな」
→「おい、エレナ!金出さないとアレばらすぞ!あれ?何だ、この青い液体は」
→「風邪薬?んな訳ねえだろ!旦那がそう言ってた?あのいかれ博士の発明品か・・・よし、もらってくぜ」
→「さて、パーティー会場に入ったが、どいつに飲ませてみようかな・・・
あ、ゴードンさん!はざーす!あ、かんぱーい!え、飲み干すんですか?これを?いやいや・・・はい、わかりました(カミさんに飲ませようとしたくらいなんだから、毒ではないだろうな)ぐびぐび、美味い!」
→「なんか気持ちわるいなぁ。飲みすぎたからかな。それともあの薬の所為かなぁ。ちょっと休もう」
→「煙草でも吸うか。おわ!煙草が浮いてるっていうか俺の手が無い!いや、あるけどない!何だコリャ、体が透けてるぞ!」
→「あの薬の所為だ!どうしよう・・・待てよ?透明人間ってことは、やりたい放題じゃん!」
→「あんなこともこんなこともしちゃったよ。ワインをかけられそうになった時はやばかったけど、面白かったなぁ。
あれ、もう後片付けが始まってる。なんだか眠くなってきたなぁ。蹴飛ばされたりしないよう、グランドピアノの中にでも入って眠るかな」
→ZZZZZZZZZ
→「ふぁあ〜、よく寝たなって、おい!扉閉まってるじゃん!うわ、扉重いな!一人じゃ開けられないよ!」
→「そうだ、使用人達のミスで閉じ込められた事にしてあいつ等をいびってやろう。ムフフ、俺はこういう時一番楽しいんだ」
→「ぐむむ、あべし!!」10時間経過。ヘンリー死亡。死体が見えるようになる。

25 :1/2:2006/11/09(木) 10:51:51 ID:1TNKp9nD
「私はブルドック妻エレナ。風邪は辛いけど今隣で寝ているダーリン(ジム)が遊んでばかりだから、私がしっかりしなきゃ」
→「今夜はパーティだったわね。こういう時に休むと、給料に響くのよね。ダーリンから貰った風邪薬もあるんだし、頑張らなくちゃ」
→「こんばんは、セバスチャン、サム、アラン。うん、まだ本調子じゃないけど働ける。どうしても体調悪くなったら途中で抜けるから」
→「ふぅ、ふぅ、しんどいわ。やっぱり人手が足りないのよ。他のメイド達が何処にいるのかもわからないし」
→「はぁ、もう駄目。死にそう。そうだ、ダーリンから貰った風邪薬を飲もう」
→「何これ!透明になっちゃったじゃない!は!こ、これはまさか!ダーリンが言ってた10時間後に死ぬ透明薬?」
→「わーん、わーん、私死ぬんだわ!ダーリンのウッカリミスで私死ぬんだわ!」
→「ぐすん、どうせ死ぬなら良いことして死のう。皆を苦しめるヘンリーを殺してやるのよ」
→「ヘンリーが死んだわ。毒薬屋のポイズンさんが持ってた小壜はやっぱり毒薬だったのね・・・」
→「しかし、裸だと寒いわね。私風邪ひいてるし。ハ、ハ、ハクショーイ!あ、ごめんなさい!」
→「そうか、私の姿は消えてるのね。ワインを持った人にぶつかっても謝らなくていいのよ。さて、死体をピアノの中に隠しましょう」
→セバスチャン「おやエリーがいない」サム「帰ったんじゃないですか」ジェシー「あら、エリーなら風邪だから休むって言ってましたよ」
 セバスチャン「まったく、無理するからだ」ジェシー「まぁ旦那様があんな人ですからね。無理しなきゃやってられませんよ」
→「みんな出て行ったわね。これで密室殺人になる。サムとアランが疑われることもないわ。死体をドアの前に置いて、と」
→「誰かが扉を開けるまで透明でいられればいいのだけど。多分無理ね、その前に10時間経ってしまうわ。隠れ場所を探しましょう」

26 :2/2:2006/11/09(木) 10:52:56 ID:1TNKp9nD
→「身体を赤く塗って、宗教画の下の方にいるのはどうかしら?・・・ダメね、直ぐばれるわ」
→「私が死んでたら、私も殺されたのだから犯人ではない、とみんな考えるはずね。いいわ、正々堂々、入口のまん前にいましょう」
→「ピアノの中に隠しておいた服を着て、と。よし、これでもう思い残す事はないわ。さよなら、ダーリン。来世では毒飲ませないでね」
10時間経過。エレナ死亡。 エレナの死体が見えるようになる。
セバスチャン「さて、片付けるかな。サムとアランはどこにいったのやら。おい、お前ら扉を開けるのを手伝ってくれ」
→三人で扉を押す。扉の軌道上にいたエレナの死体が押され扉の陰に移動する。
→セバスチャン「うんしょ、うんしょ、重いなぁ。ジェシー達に力が無い所為かいつもより死体一つ引きずる分くらい重く感じるよ」
→セバスチャン「ンが!ヘンリー様が!大変だ、旦那様にお知らせするんだ!」
扉の陰のエレナに誰も気付くことなく、スコット到着。

27 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 14:34:11 ID:nCO9q5Bz
>>長文問題
>>24->>26が不正解なら、久々の長文でじっくり解きたいので解答は週末でお願いしてもいいですか?
最近の流れだと出題もないと思いますし

28 :長文問題:2006/11/09(木) 16:41:00 ID:AqkwRKFd
>>24
完璧です。完璧すぎてほれぼれする。着眼点もすばらしい。さすがは蜘蛛の名探偵。


それはあらかじめ用意してあったダミーで不正解。エリー=エレナという所に目を向けさせることによって真相を覆い隠すのが目的。
>>24
ヘンリーはパーティーの最中に透明になったのであれば、服を脱いで隠れないといけないし周りもさすがに訝しむのと、わざわざエリーから(風邪)薬を奪ってさらに飲むあたりが相当苦しい。
>>25-26
>エリー・・・同上。事件当日は風邪で休み不在。(登場人物紹介)
>今日休みのエリーの動けないほどの風邪は大丈夫なのか(1-4)
また風邪なのに一人でヘンリー移動させたり、扉の裏にあるとはいえ、死体が発見されてないのもちょっと無理かも。

>>27
うい

ヒント
トリック1・・・薬無しでは不可能なのか?旧本格的思考で
トリック2・・・やはり薬は必要だ。新本格的思考で

29 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:43:12 ID:uBtKcQUJ
「わしはゴードン、とってもエライのだ。そして気まぐれなのだ。あ!酔ったヘンリーがわしの宗教画にワインをこぼしおった」
→「許さんのだ。やい、ヘンリー!」ヘンリー「ゴードン様、お許しを!」
→「よし、ではグランドピアノいっぱいのワインを飲み干したら許してやろう」
→「ふはは、ヘンリーの馬鹿め、本気にして酔い潰れてしまったわい。わしが許すわけ無いだろうに」
→「うーん、重いわい。空中回廊から突き落としてやろうかと思ったが大変だわい。この辺に寝かせておこう」
→「ふははは、楽しいパーティだったわい!何か忘れてる気もするが、もう寝るわい」

「俺はサム&アラン。ヘンリーが大嫌いだ」
→「ふう、今日も大変だった。あとは室内の明かりを消していくだけだな」
→「じゃあ俺達が上の明かり消すから、下はお前らに任せるよ」
→「おや、階段で誰か寝てるぞ。まったく・・・ん?おい、こいつヘンリーじゃないか!」
→「おい、チャンスじゃないか?ここにヘンリーがいることは俺達以外誰も知らない筈だ」
→「気付かなかった振りして放っておこう。帰りは真っ暗だから踏まないようにな」
→「セバスチャンさん、もう誰もいないみたいですよ」

「わしはゴードン、トイレに行きたくなって起きたのだ。そうしたら、思い出した」
→「ヘンリーの馬鹿を階段に置いてきたままなのだ。うちの使用人どもは気がきかないから、きっとあのままなのだ」
→「鍵はわし持ってるけど、一人じゃ扉の開閉が出来ないからな。おい、サム&アラン、起きろ。パーティールームに行くぞ」
→「よし、扉を開けるぞ!」ヘンリー「ああ、やっと開いた。ひどいじゃないですかゴードン様」
→「ひどいのはこれからなのだ。おい、サム&アラン。コイツの手足を抑え口を開かせろ」
→ヘンリー「何をすフガフガ」「今日のパーティーで貰ったうんと苦しむ毒をお前で試してやるのだ。おい、飲ませろ」
→ヘンリー死亡。「よし、扉を閉めるぞ。ヘンリー?このままでいいだろ。ついでにスコットの馬鹿をからかってやる」
→「ふぅ。よし、お前らが殺したんだぞ。この犯罪者め。わしは権力でどうとでもなるが、お前らまでは庇えん」
「暫くの間屋敷の地下牢に匿ってやる。後でたっぷり金はやるぞ」

30 :1/2:2006/11/09(木) 23:32:39 ID:m0X0I/ry
「アタイはジェシー。サムの恋人ではあるが、サムだけの女じゃない。アタイは常に愛を求める女さ」

「ねぇ、ジム。今夜は泊まらずお帰りよ。ブルドックだって勘付くんじゃないかい?それにアタイ明日は忙しいんだ」
「しつこいねぇ、そんなんじゃないよ。あんた以外に男なんていないって。明日ゴードンがパーティ開くんだ」
「なんだい、この青い液体は?へぇ、新種の精力剤?精がつくだけじゃなくて避妊効果もあるんだ。すごいねぇ」
「何で置いていくんだい?これは男が飲まなきゃ効果ないんだろ?アタイが持っていても仕方ないじゃないか」
「まぁ奥さんに見つかったら大変だっていうなら預かるけどさ、アタイよく物をなくすから、次にある保証はないよ」
→「ふぅ、今日はパーティだったね。もしかしたら、金持ちのボンボンから言い寄られるかもしれないね・・・」
「念の為、あの薬を持っていくかね」
→「はぁ、ろくな男がいないねぇ。おやヘンリーだ」

31 :2/2:2006/11/09(木) 23:33:21 ID:m0X0I/ry
ヘンリー「ジェシー、今日こそやらせろ。やらせたら財産の三分の一やる。それか嫁にしてやる」
「じゃあ財産の三分の一貰おうかね。いいよ、じゃあ見つからないようにテーブルの下でやろうよ」
→「なんだい、アンタ全部脱がないと女抱けないのかい?変な奴だね。ほら、避妊具つけなよ」
「何、忘れた?・・・まったく。しょうがないネェ、これ飲みな。避妊の効果があるんだ」
→「何、私も脱ぐのかい?まったく。じゃあ脱ぐからその間に薬のんどきなよ」
→「うわ、上着が引っかかってなかなか首から抜けないよ。ヘンリー、私が見えないからって変なことするんじゃないよ」
ヘンリー「グビグビプハー!ムハ!夢にまでみたジェシーの裸体!失神しちゃいまーすバターン」
→「フゥ、漸く脱げた。あれ?ヘンリーがいない。カツラと服と毛玉残して、何処行ったんだろう」
→「まったく、どこの馬鹿だい、肖像画にワインかけたのは。腹立つねぇ。腹立つといえばヘンリーだよ」
「下着だけ見て逃げ出すなんて。金が惜しくなったのかねぇ。裸でウロウロしていたら風邪ひいちゃうだろうに」
「風邪といえば、今日休みのエリーの動けないほどの風邪は大丈夫なのかしら」
深夜、目覚めるヘンリー。服は誰かに片付けられてしまったらしく、何処にもない。
外に出ようとよろよろと歩くが、扉を開けることが出来ない。そのまま10時間経過。ヘンリー死亡。

32 :蝙蝠男:2006/11/10(金) 07:25:39 ID:Jf5lr/8N
もはや毒入りチョコレートだね(w;
ふと気づいたけど、メール欄にというのはどうだろう。
これなら自動的に死体があらわれて・・・

33 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 08:14:02 ID:YsREEsSk
>>32
それだ!
だからメール欄だったのか。

34 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 10:17:49 ID:ZTg7P/62
なるほど、それでメール欄なのだな

35 :長文問題:2006/11/10(金) 16:36:27 ID:Mr/nfV7M
>>29
肖像画はゴードンの悪趣味であってさして大事な物ではないので、ゴードンは気付いてない。
だからパーティー中でなく、後かたづけの時にジェシーが拭くことに。
結局ヘンリーを殺したいのはサムとアランだけだったのはパーティー中も変わらない。
またヘンリーをその状態で放置→殺しをすると明らかに鍵を持ってる人間があやしくなるので、隠蔽工作をした方が良い。
セバスチャンの鍵もゴードンの鍵も使われてないからこそ、警察に連絡し、スコット警部に謎を解かせようとした。
>>30->>31
石動探偵もびっくりだyo。想像もしてなかった。ある種可能性の問題だけならあり得るところがすごい。
ジムが毒と知って震えるのはどうだろう。ワイフに渡したと言ってるから直接渡したんだと思うし、それが嘘だとしたらある意味非道い。ジェシーが精力剤と勘違いするのもどうか・・。
テーブルの下でやるのかい!女好きのヘンリーが下着見ただけで失神て・・・。何するつもりなんだヘンリー。

>>32>>33
一つめのトリックは正解。お見事です。
>>34
いや意味がよくわからないす。

36 :34:2006/11/10(金) 18:01:24 ID:2F2XPVTs
うへぇ。無駄に恥かいたorz。
シャンデリアは「トリックを行う手段が存在すること」を
肖像画の方は「(メール欄)の対処」なのだと
思ったんだ。ハズカシス

37 :30:2006/11/10(金) 19:46:24 ID:tgAlJLVH
>>35
ジムが震えた理由→博士が持ち出しに気付いたから。そしてそれを警官の前で指摘されたから。
         透明になることは知っていても、10時間後に死ぬことは知らなかったから。
ワイフに渡したと言ったわけ→妻なら口裏を合わせやすいから。ジム「クビになってもいいのか!」
             →「確かに渡されたけど、壜ごと捨てちゃいました」by妻
ジェシーが勘違いした理由→ジムが持ちうる知識をフル稼働して執拗にそう説明したから。
ジムが執拗に説明した理由→透明人間になってジェシーを抱き、その様子を鏡で見たりしてみたい!
            →その為には、薬がいい物だと思わせなければ!
            ←ジムは投薬後10時間で死ぬことを知らない。
ジムを疑う理由→「それ風邪薬だと思って〜『後で』連絡しなきゃ・・」
       ←生命に関わることなのに、直ぐに連絡しない点に不審を抱いたから。
30が否定された回答に固執する理由→自説の根拠を提示しないと、単なるエロだと思われる!違うのに!

38 :長文問題:2006/11/11(土) 08:16:02 ID:6AHKL8vZ
>>34
なるほど。そういう意味ですか。実際死体を扉にのせたのは後かたづけの時位しか機会がないので、肖像画は特に気にしなくても良いかも。執事も何か言ってるし・・。

とりあえずトリック1について
犯人・・・サムとアランの共犯
トリック・・・扉の上に死体をのせる。扉の厚さが4フィート(約1,2メートル)あるので十分可能。
具体的な行動
パーティー中に毒入りの物を飲食させ、死んだら机の下にとりあえず放置。後かたづけ中に二人で協力しながら扉の上へ(テーブルに死体をのせクロスをかけテーブルごと移動させる等)。
閉めるときはいつもより力を込めて閉める。壁に扉が入るときに、死体がボトリと落ちる。次の日に扉が開かれるまでの時間を利用し、屋敷から逃亡する。

>>37
トリック2に関しての重要な部分があるなぁ。最も真相に近いのは>>24だけど・・。
まぁそもそも博士は家に鍵かけてないから何か盗まれても特に頓着しないのでジムがクビになることはないでしょう。だからこそジムは黙ったままでなく、告白したとも言える。気が動転して口走ったとも言えるけど(結局博士は逮捕されるので失業はする)。
『後で』に関しては博士の家に通信手段がないというのが一つ(電話とか無線などがあれば実はスコット警部がわざわざ山の上に直接行く必要がない)、もう一つはすぐ下のスコット警部の心中に多少ヒントがあるのかな。

いや、展開はすごい苦しいし確率もかなり低いのだけど、完全に否定することができないので、ある意味すごいと思いました。
なるほどと感心した。ナイスエロス。

39 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 10:43:23 ID:UBPIv89W
「わしはフェイル博士。天才科学者じゃ。ドラえもんもわしが作ったのじゃ」

「透明化薬が完成したわい。理屈の上では大丈夫な筈じゃが。動物で試してみよう」
→「よし、次は犬で実験じゃ。犬は毛だらけだから消えるのか判り難いなぁ。あ、毛も消えた」
→「ほうほう、動物の大きさに関係なく10時間で死ぬんじゃな」
→「さて、そろそろ人体実験じゃ。被験者はジムでいいかのう」
→「いや、あいつがいなくなるとアメリカンジョークが聞けなくなるのう。嫌われ者のヘンリーでいいか」
→「おい!ジム!ヘンリーを呼んできてくれんか。透明になる薬の実験じゃ」
ジム「博士!そんなものを作ってたんですか!すごいじゃないですか!すぐ行って来ます」
→ヘンリー「透明になれると聞いて走ってきました。助平なことする気満々のヘンリーです」
「よし、これを飲むんじゃ」ヘンリー「ゴクゴク。む、むおー」
ジム「はぁはぁ、ヘンリー足速いや。あ!もうヘンリーが消えてる!凄いや」
透明全裸ヘンリー「エロエロ祭りじゃ〜!ジェシーにもエロいことしてやるぜ〜」ダダダダダ
「よし、人間も消えることが確認されたぞ。『透明人間になる薬』完成じゃ!」

40 :長文問題の解答:2006/11/11(土) 21:39:36 ID:6AHKL8vZ
>>39
それだとヘンリーが10時間後に死ぬのかどうかわからない気がする。ジムも風邪薬と思ってた訳だし。ソコまで来てあと少しだったのに・・。

では解答のトリック2を
犯人・・・フェイル博士
トリック・・・ヘンリーとヤマシタは同一人物。本名ヘンリー・ヤマシタ。
解説・・・パーティーの当日にスコット警部は博士の家を訪れた。探偵パートの方が事件パートよりも早い時間の出来事であった。
薬が二つしかなく風邪薬と思ってたことなど、エレナ→ヘンリーの薬移動のラインを結ぶのは難しい。
ヘンリー・ヤマシタはもう死ぬと知って、ゴードンの屋敷の女子更衣室を覗きに行ったが(あるいは他のことも)すでにパーティーが始まっていて、誰も着替えておらず仕方なく会場へ。
そのまま意識を失うが、夜、扉が閉まってから一度目が覚め扉を開けようとするも時間が来て死亡。スコット警部部下の死体と遭遇。
スコット警部が受けた事件の報(1-7)→別の事件
密室トリックが解明できる→ヘンリー死亡の事件現場に行ってないので実は本当に密室かどうかもわからなかった。それは一般的な密室トリックかあるいは前述の事件が密室だと連絡を受けていたか(被害者や発見者でなく警察からの連絡だとして)
権力を盾に〜(1-2)→警察
アランの弱み〜(1-2)→恐らく事件に関係することで、警察のヘンリーはそれを脅迫材料に。

終わり。回答者の皆様、お疲れ様でした。長い駄文におつきあいして頂きありがとうございました。

41 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 22:17:10 ID:/y5dE45e
乙です。久しぶりの長文問題、堪能させていただきました。
盛りだくさんの内容に大満足。
>朝、スコット警部は事件の報を受けた。
トリック2において、この一文がミスリーディングなわけだ。
考え抜かれてるなぁ。いやはや、お見事。
長文問題1-○ということは、2-○も予定されてるのかと意地汚く予想しつつ
今一度乙です!

42 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 23:46:22 ID:wqoswcpU
乙。まさか叙述トリックだとは!やられた

43 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 23:48:30 ID:6fGRvV9r
一つ目のトリックがガチガチの物理トリックだったから惑わされたな
乙だ

44 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 13:48:20 ID:0CjMkmKZ
>>41-43
乙かれ様でした。特に長い回答を書いて頂いたのは自分もすごく楽しめました。虚無や匣失のような推理合戦みたいなのが大好きなのでリアルで体感してるようで非常に面白かった。
長文と言ってもせいぜい2〜3レス程度の問題もあるにはあるのだけど(ただ犯人当てるだけのフーダニット)、出して良いのかどうか。とりあえず他の出題者さんがいるかもしれないので様子見で。

45 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 16:38:22 ID:cJf7Rv92
>>44
面白かった。
正答知ってから読み返すと確かに真相はきちんと書いてあるんだけど、隠し方がうまいというか。本格短編小説読んでるみたいで良かった。長文の醍醐味だな。
どんどん問題出してくれればいいよ。

46 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 18:02:58 ID:kOIzW6Dh
>>44
あまり長文とか気にしなくていいよ、短くできる問題もできない問題もあるし。
また問題待ってるよ、これからもがんばってくれ

47 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 20:01:05 ID:7KPZDj+K
>>44乙。
あんたすげーよ。
あんたのおかげでまだまだモナギコいけそうな気がしてきたよ。
ドラクエフォーの馬車貸してくれる人の気分だよ。

48 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 22:00:07 ID:riK3OE/5
出題無いみたいだから続けて出さして貰うね。面倒なので探偵役はスコット警部のままで。
>>47
ごめん。ドラクエシリーズは1作もやった事ないんだ。何者かわらないす。

↓今回は短めでただ犯人あてるだけ。解答は24時間後。面倒な人は相変わらずスルーでどうぞ。

49 :問題2-1:2006/11/14(火) 22:01:23 ID:riK3OE/5

これはスコット警部が日本に褌を買いに行ったときの事件である。
その頃の日本のある街では「怪盗百八面相」という泥棒が毎日の様に、人の屋敷に忍び込んでは、金品、財産を盗んでいた。
厄介なことに百八面相は、どんな人間にも変装し、声色から姿まで、それが全くそっくりなのものだから、家人も簡単に家に上げてしまうのだ。
そうなれば後は簡単で、欲しい物を奪ったら、これ見よがしの勝利宣言のごとく、手紙を残して去ってしまうのだ。
その街の警察の百八面相の逮捕に精を出していたのが山下警部である。
山下警部は元々優秀な男だったので、白羽の矢が立ったのだが、何度も捕まえる機会を逃し、また百八面相はそれを嘲笑うかのごとく、毎日盗みを働いていた。
そこで知己のスコット警部が来日した際に、協力を仰いだのである。
そして、スコット警部の協力の下、百八面相を街外れの廃工場に追い込んだのである。

登場人物
怪盗・百八面相・・・泥棒。変装の名人。
スコット警部・・・褌を買いに来日。名探偵。
山下警部・・・日本の警部。百八面相の逮捕に精を尽くす。
甲組・乙組・丙組・丁組・・・山下警部の部下。3・4・3・3人の合計13人。

50 :問題2-2:2006/11/14(火) 22:03:20 ID:riK3OE/5
意気揚々と大声で山下警部は叫んだ。
「よ〜し。ついに憎っき悪賊の怪盗・百八面相をこの廃工場に追い込んだぞ。スコット警部のおかげだ」
「いえ。まだ逮捕には至ってはません。ここからが重要ですよ」
「いや、わしには妙案がある。合い言葉をあらかじめ決めておき、組ごとに離れないよう行動させ、廃工場をしらみつぶしに探させるのだ」
「ほほう。ローラー作戦ですか。なるほど、合い言葉を決めておけば変装されてもすぐ見つけることができる。してその合い言葉とは?」
「うむ。今から決めるのだ。よし甲組集まれ!!」
そうすると山下警部は、甲組の3人を呼んで、他の人間には聞こえないよう話した。
「いいか。質問に対する答えが合い言葉だ。自分で決めろよ」
『はい。わかりました』山下警部の13人の部下もまた、優秀で嘘を付かない人間である。
こうして4組に他の組には分からないよう、それぞれ合い言葉が決められた。質問は下記の通りである。
甲組「好きな食べ物は?」
乙組「好きな動物は?」
丙組「好きな干支は?」
丁組「好きな未亡人は?」

こうしてローラー作戦は開始された。山下警部の13人の部下は廃工場をしらみつぶしに探し始めた。
「よし、今日こそ奴を逮捕できる」
「では私は褌を買いに行ってきます。また後ほど・・」
「うむ。吉報で迎えたいと思う」

十数分後―
さきほどの場所に全員が集まった。
「何?みつからんじゃと!!どういう事だ。もう誰かに変装したというのか!?」
それに対して部下達は各組ごとでは離れず行動し、入れ替わる隙なんて無かったと答えた。

51 :問題2-3:2006/11/14(火) 22:04:37 ID:riK3OE/5
「ええ〜い。ならば合い言葉の確認じゃ!!甲組答えろ!!」
甲−1(注・名前付けるの面倒なので人を表す便宜上の表記。特にトリックではないです)「犬の肉であります」甲−2「猫の肉であります」甲−3「人の肉であります」
「よし。甲組にはいないな。次は乙組じゃ!!」
乙−1「犬であります」乙−2「猫であります」乙−3「ハムスターであります」乙−4「モテモテであります」
「うぬぅ。こっちも問題なしと・・・。丙組!!え〜と!!答えよ!!」
丙−1「犬であります」丙−2「猫であります」丙−3「寅であります」
「ぬぬ!!みな正解じゃ!!分かった。丁組におるんじゃな!!答えよ!!」
丁−1「犬子であります」丁−2「子猫であります」丁−3「美子であります」
「なんと!!全員正解じゃ!!ということはまだ奴は工場内にいるというのか!!しらみつぶしに探したはずなのに・・」
山下警部は頭を抱えた・・・。

「いいえ。私には今のやり取りではっきりと分かりました。一人だけおかしな事を言ってる人物がいますよ。」
スコット警部はニヤリと笑うと一人の人物を指さした。
「全ては分かっている!!怪盗・百八面相が変装してるのはお前だ!!!」

さて怪盗・百八面相は誰に変装しているのでしょうか?

52 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 22:42:20 ID:wHF+j+TJ
>>49
素直に考えるとメル欄かな

53 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:03:02 ID:Lov+uEL0
俺も52メル欄だと思う。
でもとりあえず甲-3も逮捕しといて問題ないと思う。

54 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 20:02:26 ID:juzDT0Aq
優秀で嘘つかない部下が干支で猫が好きだとか言うのだろうか
と思ったが犯人に断定はできないよなぁ・・・

55 :問題2の解答:2006/11/15(水) 21:33:36 ID:L0TeMqNv
ごめん。問題が非道すぎたです。読み返すとトンでない悪問だと言うことが分かった。
では解答を

百八面相が変装したのは・・・スコット警部
解説・・・合い言葉は合い言葉で『あらかじめ』決めてあった言葉なので、答えの正否自体はあまり関係ない。ネタで話してる部下もいるかも・・・。
おのおのが独自で言葉を選び捜索前に『あらかじめ』山下警部は知っていた。質問は合い言葉を決めるための足がかり(何か言わないと迷って時間がかかる可能性があるので)。
また、同じ組で合い言葉が重複するのもやはりまずいので(別の組の部下ならOK)、それからも『あらかじめ』ズバリと合い言葉を決めておく必要があった。
合い言葉が質問の答えという所は大声で、一方質問自体と合い言葉は他の組の人間に知られないよう小声で話している。
@部下の誰かが変装した可能性は?
山下警部が本物の場合・・・全員、正しい合い言葉を言っているので部下に百八面相はいない。さらに入れ替えもかなり素早くやる必要があり、部下も優秀なため合い言葉を無理矢理吐かされても、嘘の合い言葉を教える(それで一発で分かるようにするため)。
山下警部が変装した百面相(偽物)の場合・・・その場合、部下は全員本物。
よっていずれにせよ部下は本物。
A山下警部は本物か偽物か?
丙組に対する質問で「え〜と(干支)!!答えよ!!」と言っており、小声で話した質問を知っているため山下警部は本物。
B結局は?
百八面相はスコット警部に変装し、山下警部を百八面相に仕立て上げ、その隙に逃げようとした。
が、結局は本物のスコット警部に捕まるのであった。

終わり。なんじゃこりゃ。ひどい問題だなぁ・・・。申し訳ない。

56 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:54:35 ID:juzDT0Aq
乙ですた。
ちょっとAの根拠が弱い気がしないでもない感じがしましたです。
また問題待ってますね。

57 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 22:25:37 ID:J1rEnoNT
乙です。
確かに街外れからフンドシを買いに行ったはずのスコットが十数分後に
戻ってきているのはなんだかおかしい。言われてみりゃ、怪しい。
しかし49さんは隠し方上手いなぁ。

58 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 09:14:47 ID:H/tWRiJm
「干支に猫はいませんが、確かにこの中に犯人はいますよ」とかスコットの台詞入れて
質問を知らないはずのスコットが・・・それは正体が怪盗で隠しマイクを仕込んでたからだ
とか

え〜と、は苦しい

59 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 18:06:24 ID:Mhf0g35N
「数字錠」

長文OKっぽい流れに見えるけど、私はだまされませんよ!だまされませんよ!

細かい地名まで書くと「本筋に関係ないこと書くな」と怒られそうなので
仮にA町とする。そのA町の駅前に通じる大通りに、5階建てのぼろっちい
貸しビルがある。このビルも、怒られるのが怖いので仮に「Bビル」としておく。
このBビルで殺人が起こった。殺されたのはBビル一階全てを借り切り、
フロアをぶち抜いてまるまる作業場に使っていた「C電飾」という看板製作会社の
社長・叩杉酷(たたきすぎ・ひどし)51歳が殺害された。
発見したのは、近くにある会社の寮からトラックで通勤してきた同社の三人の社員で、
午前8時のこと。ちなみにこのとき、シャッターには鍵が掛かっていたし、作業場の
中には(死体を除けば)誰も居なかった。
被害者は前日の夜から、社員を帰して一人きりで作業を続けていたという。
昔気質の偏狭な職人だった被害者には特に珍しいことでもなく、これまでもたびたび
あったことらしい。最近では仮眠用にソファまで持ち込んで来るほどで、発見時も
死体がそのソファにもたれるように倒れていたことから、被害者は仮眠中におそわれた
と見られている。
死因は、現場にあったナイフ(細かい細工・修正用に使われていた物で・・・おっと、
こんな細かいことだらだら書いてたらまた叩かれる!)で突き刺されたことによる
失血性ショック。抵抗の跡はなかった。凶器は現場に放置も同然に置かれていた物で、
ここから犯人を突き止めることは不可能な代物だった。もちろん指紋は出ていない。
死亡推定時刻はこの日の午前6時前後と推定される。

60 :2/5:2006/11/19(日) 18:07:12 ID:Mhf0g35N
容疑者はすぐに一人、浮かび上がってきた。
長文右罪(おさぶみ・みぎつみ)32歳。二週間ちょっと前に辞めた「C電飾」の元社員で、
被害者を異常に恨んでいた。
どのくらい恨んでいたかというと、「ほら、あの、叩杉さんを恨んでる人」でご近所に
通じるくらいおおっぴらに恨んでいた。(ああ、こーゆーつまんないネタって、本当
ウザいんだろうなぁ・・・死のっかな)
また、長文にはアリバイも無かったため、警察は彼を最重要参考人として捜査を進めた。
しかしその結果、奇妙な事実が浮かび上がる。
図(http://www.uploda.org/uporg585378.gif.html)の通り、現場には正面のシャッターと、細い路地の奥に作られた
裏木戸の二つの出入り口があるのだが、シャッターの方は昨夜午後7時の営業終了時に
閉められてからは、翌午前8時に合い鍵を持っている社員の一人によって開けられるまで、
一度も開閉されていないと、同じBビルの二階に事務所を構えるコンピュータソフト会社の
数人の社員が一致して証言した。彼らは昨夜から事務所に残って徹夜で仕事していた。
シャッターの音はそこまで大きい物ではないが、それでも少しでも開けたり閉めたり
すれば、二、三階までは響くくらいの音は立つ。
また、(ここら辺長くなっちゃってごめんなさい。どーせ私みたいなゴミムシが書いた
問題ですから気にせず読み飛ばしちゃってくれていいですよ?)合い鍵を持っていた
社員と長文は全く面識が無かったこと、午前5時から7時まで、その社員は寮の近くの
マ*ドナルドで朝食を取っていたというアリバイがあり容疑者圏外にいたことからも、
長文は正面のシャッターでなく裏木戸から侵入したと考えられた。
(ちなみにシャッターの元鍵は、被害者のズボンのポケットに入っていた)

61 :3/5:2006/11/19(日) 18:08:06 ID:Mhf0g35N
と、ここで問題になったのが、裏木戸に付けられた真新しいナンバーキーだった。
5桁の数字を合わせるタイプの物で、被害者が三週間ほど前に近所のホームセンターで
買ってきたというちゃっちい代物だったが、これがやっかいなことに、被害者が誰にも
鍵のナンバーを教えておらず、ナンバーを知っている人間が、被害者以外居ないというのである。
0〜9までの10通りの数字が5桁=10万通り。実質的に、この鍵を開けることが
出来たのは被害者一人といえるわけだ。もちろん壊された形跡もなく、長文がここから
入ったとすれば、正規な手順を踏んで入ったと考えなければならない。
(第一、鍵はちゃっちいといえども、それなりの道具を使わねば壊れないくらいには頑丈に出来ていた)
しかし、被害者が異常に恨まれている相手に、わざわざ部下にも教えていない鍵の
ナンバーを教えていたとは考えにくかった。
つまり、証言を総合すれば、長文が犯人であり得ないと言うことばかりか、事件当時
現場が完全な密室であったことさえもが証明されてしまった訳なのである。

62 :4/5:2006/11/19(日) 18:08:41 ID:Mhf0g35N
「・・・で、私のところに来たと。警部さん」
高橋太郎(たかはし・たろう)はその平凡な顔に類型的な苦笑を浮かべると、
高くも低くもない凡庸な声で云った。
「はい」私は頷く。
「どう思いますか?数字錠もシャッターも開けられていない。――言い忘れていましたが、
作業場の窓は全て嵌め殺し、もちろん割られてはいませんでした。つまり、これは・・・」
「密室殺人、ですね」
平凡で地味な紺のスーツ姿の高橋は、『探偵』という言葉の持つエキセントリックな魅力とは
対極に位置している。何故彼がここまで平凡なのかと言えば、探偵をめっちゃ凝った
キャラにすると「キャラ萌えとか要らないから。きもっ」とみんなに叩かれそうだから
作者が怖がっているのである。
「最初は物取りの仕業ではないかという見方もあったんです。現場は工具とかが
めっちゃくちゃに散乱してて酷い状態でしたから・・・でも、社員の人たちによると
『これがいつも通り』なんだそうですから、酷い話です。たぶんなんかかっぱらってっても
気づきませんよ、アレじゃ。(あー、本当こーゆー脇道ウザイですよね。この作者早く
首つれば良いのに)・・・それと、さっきの話にも出てきた二階の人たちが証言して
くれたのですが、朝の五時半頃に一階から、何かの電気工具を使ったような音がした
らしくて、ですから被害者は寝ている間に襲われたのではないのかも知れないんです」
なるほど、と高橋は腕を組んだ。自分の言わんとしたことは理解してくれたらしい。
「起きている間に殺したのなら、被害者に抵抗の跡が見られないことから、犯人が
顔見知りであると解ってしまう。そこで犯人はソファに被害者を寝かせ、さも仮眠中に
襲われたと見えるようにした・・・失血性ショックなら、血は相当流れたんでしょう。
乾かない内なら、多少の場所移動はバレないかも知れませんね」
「そうなんです」私は言葉に力を入れた。「実際、引きずったような跡も見つかっています」
高橋は無言で頷いただけだった。

63 :ラスト:2006/11/19(日) 18:09:16 ID:Mhf0g35N
「先生、一度現場に来ていただけませんか?」
しかし高橋は「いえ、」と、これまた平凡な笑みを浮かべた。
私は一瞬、真理を伺いかねて彼を見つめた。
「その必要はありませんよ・・・もう犯人の使ったトリックはだいたい見当が付いてますから」

よ、読むのが面倒な人はスルーしてください・・・ていうか私の存在ごとスルーしてください・・・
私なんて所詮どうしようもない燃えないゴミのゴミ屑のゴミムシの・・・

64 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 19:03:00 ID:T6YMKTEU
ゴミ虫ゴミ虫問題文中でうるさいぞ、みかん汁
まあ、出題乙
そのあぷろだは流れやすいから、別の使った方がいい
あとgifはデータ量が大きいので、jpgやpngでおながい

そして俺の回答はメル欄
…んなわけないか

65 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 19:18:22 ID:Mhf0g35N
ごめんなさい、でも本当にゴミみたいな出題者の
ゴミみたいな問題なので、赦してください・・・
あと、どうぞ→ttp://www.sunseagull.com/freespace/download.html?download1314&log/up/log/1369.png

それと、鍵はホーマックで売ってるような普通の奴です。
・・・ぶっちゃけ鍵の種類はあんま関係ないかも

66 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 19:46:23 ID:fZq5QMq9
3週間あれば番号調べるのは可能な気もするが、まぁとりあえずメ欄
あと余分な事と卑屈なこと書かなければいいと思う。
最初の長文問題だって誰も叩いてないんだし、そう言うこと書くと余計、煽ってるように見えるよ。

67 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 19:57:55 ID:eJKAuNjY
>>59
メル欄

68 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 20:35:47 ID:GTNXZzJh
>>66
>あと余分な事と卑屈なこと書かなければいいと思う。
>最初の長文問題だって誰も叩いてないんだし、そう言うこと書くと余計、煽ってるように見えるよ。

おまえのがよっぽどウザい
気に食わなければスルーしろと何度言ったら理解するんだ?
問題的には「そういうのも含めて」良い問題じゃねーか
それが嫌なヤツはただスルーしろと・・・
無理なら二度とココに来んなよ、荒ら氏

69 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:09:13 ID:T6YMKTEU
そんなことより、解答の投下時期っていつ?>>59

70 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:31:22 ID:Yk6QYnpO
>>68
お前もスルーしろ
出題の内容自体はいい問題なんだから

個人的には>>67でふーむとうならされたな

71 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:35:13 ID:zkV/unR8
家きかーん。
・・・うわー
>>69
いつでも、っていうか、その、もう、なんか、その、もう、なんというか・・・

投下しちゃいますか。

72 :1/3:2006/11/19(日) 21:35:50 ID:zkV/unR8
てわけで解答編

「まず、全ての番号を地道に探すのは無理。これだけ前提として確認しておきましょう」
類型的に真面目な表情で言う高橋に、私は頷いて見せた。
「はい。そのためにわざわざ作者も元ネタより二桁増やしたんでしょうからね」
「次に、合い鍵を持っていた社員がアリバイを持っていたこと、そして二階の『証言者』の
存在は、どちらも恣意的な物で第三者が予測することは不可能であったということも」
もう一度頷く。
「ならば、」高橋は再び凡庸な笑みを不敵に浮かべ、
「これは単純に、犯人が被害者を殺害し、その罪を合い鍵を持っている社員になすりつけ
ようとした、詰まらん事件だということですよ。考えてみてください。普通に考えて、
朝の六時にアリバイを持ち合わせている人間なんざ滅多にいないんです。シャッターの
音は二階まで響くと言っても、そう大きい物でもなかったようです。上の階の住人が
文句を言ってなかったとしたら、それが聞こえていることさえ犯人は知らなかったかも
知れません。ですから、この事件がもっと一見単純な物になっていた可能性だって
あったんですよ」
「単純な形?」
「つまり、室内には死体。顔見知りの犯行と見られる、偽装の痕跡。シャッターと
裏木戸には鍵。そのうち、裏木戸の鍵は解錠不可能。一方、シャッターの方は合い鍵を
持つ被害者の部下が居る。そしてその社員にはアリバイが無く、シャッターが開けられ
なかったことを証言する人間も居ない・・・」
「百パーそいつが犯人だ!!」私は叫んだ。
「そういうことです。おそらく、引きずった跡は『行きずりの犯行に見せかけようと
した顔見知りの犯行』に見せかけようとしたのでしょう。被害者を恨んでいた長文なら
警戒されているはず、と警察は見るでしょうからね。だってあなた方『新本格世界の警察』に
見つけることが出来る物証なんて、真相に直結する証拠な訳ないじゃないですか」
酷い言いぐさだ。

73 :2/3:2006/11/19(日) 21:37:06 ID:zkV/unR8
「被害者はおそらく、本当に寝ていたんでしょう。つまり真相はこういうことです。
犯人は、電動カッターなどの工具を持って午前五時三十分頃、C電飾を訪れる。そして
人目を避けて路地へ回り、カッターを使って数字錠をちゃちゃっと破壊する。二階の
人たちが聞いた音は、この音でしょう。
鍵は『それなりの道具を使わねば壊れないくらいには頑丈に出来ていた』そうですが、
それってつまり、『それなりの道具を使えば壊れるくらいちゃっちい』ってことでしょう?
そして犯人は鍵を壊すと、悠々中に入って被害者を殺害した。そして偽装を施し、
裏木戸から出て、『代わりの鍵』を付けておいた。被害者が買ったのと同じナンバーキーを、ね。
被害者が死んだらもう本当のナンバーを知っている人間はいないんですから、適当な
番号でロックすればいい。問題は、鍵を壊したときの金属粉なんかが付いているかも
知れない工具ですが、さっき警部さん、現場は工具なんかで散らかってて『なんか
かっぱらってっても気づ』かなさそうなほどだったとおっしゃってましたけど、それなら
裏を返せば『物が増えてても気づかない』んじゃないですか?あなた、ずいぶん()使って
伏線から目を背けさせよう背けさせようってしてたみたいですけど、逆によっぽど
目立ってますよ。・・・犯人が長文だとすれば、二週間前までC電飾に居た彼なら、会社で
使っていたのと同じ電動のこぎりなんかを用意するのも容易でしょう。そして、犯行後、
現場にのこぎりを放置しておく。警部、金属粉が検出されてトリックがバレたとき、
社員の誰かが『そののこぎりはこの会社のじゃない』と言ったところで、警察はそれを
信じますかね?逆に『誰かをかばってるんだろう』と、三人の社員の方に疑いの目を
向けるんじゃないですか?・・・つまり、これは犯人の証拠隠滅と、トリックが発覚した
ときの保険ですね。まあ、後半は単なる想像ですけど。」
高橋は最後にふぅ、と凡庸に息を吐いた。全て話し終えた、といった感じの、平凡な
表情が張り付いている。

74 :ラスト:2006/11/19(日) 21:38:52 ID:zkV/unR8
「よし、じゃあ早速長文を逮捕して・・・」
「待ってください」立ち上がろうとした私を高橋が呼び止めた。
「長文右罪が犯人と、まだ決まったわけではありませんよ。私が今話した推理が仮に
合っていたとして、犯人である条件は、『被害者が裏木戸にナンバーキーを取り付けた
のを知っている』こと、『会社で使っている工具の種類を知っている』こと、『午前六時前後に
アリバイがない』ことくらいなんですから、その合い鍵を持っていない他の二人の社員が
犯人である可能性だってあるんです。・・・言ったでしょう、私が解ったのは『犯人の
使ったトリック』だけだって」
「でも、それなら動機は?」
はは、と高橋は笑う。「被害者は長文にかなり恨まれていたんでしょう?人間、一人に
恨まれていれば、三十人は恨んでいる奴がいるものですよ」
ゴキブリかよ。
平凡でつまらない名探偵の、平凡でつまらない消去法頼みの推理は最後の〆さえも、
結局平凡でつまらないジョークに終始したのだった。

というわけで>>67さん筆頭に、他、皆さんふつーに良いとこついてますね・・・

はい。すいません。ほんとごめんなさい。私のせいでスレの雰囲気まで
悪くしちゃって。もう消えます・・・

75 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:41:37 ID:Yk6QYnpO
>>72
出題乙
解答への伏線もしっかりはいってるし、トリック自体もおもしろいし
楽しめました
次の出題を待ってます

76 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:41:57 ID:fZq5QMq9
>>74

気にせず、また、どんどん出題してくれ。あと自分を卑下する必要もないよ。

77 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 22:15:30 ID:T6YMKTEU
>>72


78 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 22:34:08 ID:zV+9cnwO
>>72

でもどうせなら従業員にはトラックで出勤しててほしかった

79 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 14:34:50 ID:XeNulzl0
なんか一瞬で問題終わってるみたいだが。これって前スレの本格とか変格とかやってた人かな。コテ付けてくれるとありがたいが。

一つ出題者の人に聞きたいんだけどさ。本当に出題者は批判とかされるの嫌なのか?
解答と問題に明かな矛盾とかおかしい部分を指摘したらそれはもう荒らしや叩きと決めつけて聞く耳持たないって感じなのか?スルーしろで終わりって事?

80 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 15:42:38 ID:mfwbYz+q
>>79
そういう話は
第14回?モナギコ蜘蛛の会
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1162224726/
こっちでやればいんじゃね?また荒れるぞ。

81 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 16:48:50 ID:d7mI/Csj
>>79
今回の問題で思ったことなのか、前の問題で思ったことなのか知らないけどさ。
とりあえず先の二問の長文出し、今も作成中の人間が言わせてもらうなら、矛盾やおかしな点の指摘は正直ありがたいと思う。
それだけ真剣に取り掛かってもらってるてことだからね。そういった回答者の真摯な意見を次に活かせればいいし。だからこそ、やりがいもあるわけだしね。
しかし、それはあくまで自分の意見であって、そもそも、そんなのは人それぞれだからなぁ・・。
スルーできるならそれでいいんじゃないの?
>>80
議論じゃなくて質問だし別にいいんじゃない。そもそもそっちに出題者いないでしょ・・。

82 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 23:07:07 ID:EHe3xK8S
出題来てたのかー!     ・・・・・・OTL

>>79 俺は『執事見習い』氏の文体と似てると思ったんだけど・・・

それにしても荒れた原因の>>66>>76の厚顔無恥なレスにはワラタwww

83 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 01:24:56 ID:9BSsIXK9
みかん汁に見えた
天井が降りてきて潰されるのから逃げる問題の時と似てる気がする

84 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 01:39:51 ID:NtfEP+iY
>>79
批判の種類も判断できないようじゃ社会に出てから苦労するぞ
と大学生の俺が言う

85 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 23:40:34 ID:AjROFYU8
議論が始まりそうなので先手を打つというか何というか。未完汁の
新作に触発されて「御手洗潔の挨拶」読み返して思いついたネタを投下。
『紫電改研究保存会』

 「ちょっと、お話を聞いていただけませんかな?」
 そういって大きな鞄をひっさげたカーネル・サンダースがやって来たのには、
ここがマクドナルドのカウンターであるという事実を差し引いても私を充分驚嘆させた。
 本名を神成兼(かみなり・かねる)というそのカーネルは、スーツの上下を白に統一し
黒の蝶ネクタイに口ひげとあごひげを蓄え、黒縁の老眼鏡をかけていた。明らかに
『狙って』いるのだろう。
 「岡根餅彦(おかね・もちひこ)さんですよね?」
 私が知らなくても相手は私のことを知っている、というパターンはけっこう多い。
 というのも、私は数年前まで親から引き継いだ通販会社を、社長の自分自らがCMに
出演するなどの話題性とコストの削減を両立させる宣伝方法を用いて一代で一部上場企業に
のし上げた人物として、よくテレビや雑誌などにも顔を出していたからである。
 ちょっとした有名人だが、もちろん50前にして早々に現役を引退し、悠々自適の
ご隠居生活をもくろむ今となっては、そんなこと自慢にもなりはしない。むしろ、散歩
などしていても知らない人にやたら声を掛けられたりと、恥ずかしくなるようなことの
方が多い。ほぼ毎朝通っているこのマクドナルドでも何度かそういうことがあった。
 しかし、いつの間にカーネルおじさんにまで知り合いが出来たのだろう。この分では、
次はここのシンボルの怖いピエロがやってきそうだ。
 カーネルは周囲の好奇の視線も気にしていない様子で私の隣の椅子に腰掛けた。
 「ええ、確かに私は岡根ですが」
 「紫電改、というのをご存じですか?」
 私の答えを待たずにカーネルは話を進める。
 私が「いえ、」と首を振ると、彼はその返事を期待していたかのようにいかにも嬉しそうに
口角を緩めると、それから15分にもわたって、旧日本軍の戦闘機「紫電改」について
延々と語りやがった。

86 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 23:41:31 ID:AjROFYU8
 「……というわけで、その紫電改の墜落機が先月、四国沖で半世紀ぶりに発見され、
引き上げられたのです」
 やっと話は終わったらしい。半分以上聞き流していた私は「はぁ……」と、わざと
気の抜けた声で返事したが、彼は気にもとめずに、手にしていた鞄から、輪ゴムで不格好に
まとめられた大量の、どうやら紙を折って作った手製らしい、郵便番号欄なんかが印刷
されていない白封筒の束――。宛名は書いていないものの中身は既に入れてあるらしく、
少しふくらんでセロテープで封をしてある――から一通抜き出すと、封を破って中から
パソコン刷りらしき一枚のB5用紙を抜き取り、私に差し出した。
 「寄付のお願いです。最近、よくあなたがこちらへお見えになっていると聞き、やって
参りました」
 カーネルはにこりと笑って見せた。
 文章にざっと目を通してみたところ、つまりは件の引き上げられた紫電改を修復し、
第二次大戦の貴重な資料の一つとして博物館に寄贈したい。ついてはその修復費用の
寄付を頼みたい、ということらしい。
 「興味ありませんね」
 私は素っ気なく言い、紙を突き返そうとふと横を見ると、カーネルは住所録のような
物を広げ、せっせと封筒の宛名書きをしていた。
 「それと同じ文面の紙を、あなたと同じようにある程度の資産をお持ちで、さらに
扶養家族のいらっしゃらない……口は悪いですが、『金が余ってそう』な方たちに送るんですよ。
もちろん駄目元です。でも、中には物好きな金持ちもいらっしゃるかも知れませんからな」
 カーネルは顔も上げずに言った。
 「もしお暇だったら、手伝っていただけませんか?なんとか今日中に百通全部出したいんですよ」
 「ええ、別に良いですけど」そのくらいなら、と私も、詐欺と思いながらも寄付の依頼を
断った少々の引け目もあり、承諾した。
 名簿と鉛筆を渡され、「横書きでお願いします」と注意を受け、早速作業に取りかかる。
そういえば、こういった事務作業も久しぶりだ。

87 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 23:42:35 ID:AjROFYU8
 名簿の中頃に自分の名前を見つけ、苦笑した。
 「どうします?」とカーネルに訊ねると、
 「一応出しておいてください。後で手紙を見て、また気が変わるかも知れませんからね」
 と言われたので、一応封筒に『岡根餅彦様』と書く。
 山のようにあると思っていたが、二人がかりと言うこともあって、百通の封書は完成した。
 「後は私がやりますので。ありがとう、助かりました」
 カーネルが握手を求めてきたので、その頃には私もずいぶんうち解けていたこともあり、
笑ってその手を握り返した。
 カーネルは何度も頭を下げながら、店を出て行った。

 カーネルはその一週間後、再びマクドナルドに現れた。
 また私の隣に座り、にっこりと笑って「実は、二百万円の寄付に応じてくれた資産家の
方がいらっしゃいましてね」と耳打ちしてきた。
 「やったじゃないですか」
 私も、もう自分の利害から離れた話題となったらしいとわかり、素直に喜んで見せる。
 「ええ。これも岡根さんが手伝ってくれたおかげです」
 カーネルは心底嬉しそうだった。よほどその『紫電改』に惚れ込んでいるのだろう。
 「いや、私は宛名を書いただけですよ。あなたの人選の成功でしょう」
 「いえいえ、あなたのおかげですよ。……そうだ、記念に今日は私のおごりにしましょう。
……といってもファストフードじゃたかが知れてますけどね」
 その日は本当にカーネルが私の分も払ってくれて、「今度一緒に飲みに行きましょう」と
約束して別れた。

88 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 23:43:15 ID:AjROFYU8
 「……ってことがありましてね。一ヶ月くらい前の話ですよ」
 私はその、『妙な話好き』の若い友人に、最近あった妙な体験としてカーネルとの
なれそめを語って聞かせた。カーネルとは未だに親交が続いていて、この前もまた
一緒に飲みに行く約束をしたばかりだ。
 「そんなに似てるんですか?しっかし、カーネル・サンダースと肩寄せ合って封書の
宛名書きってのも、滅多に出来ない体験ですね」
 彼女はカウンターにウーロン茶のグラスをとん、と置くと、そういって笑った。
 しかしその笑みに、どことなく変な影を感じた私は
 「厠さん。何か、今の話に疑問でも?」
 友人は――私立探偵の厠玖鈴(かわや・くりん)は慌てた様子で首を振った。
 「いえ、ちょっとした妄想です。でも、たぶん聞いたらご気分を悪くされると思うので」
 「気になりますな。……ええ、確かに私の最初は思いましたよ、『こりゃ詐欺だな』って。
でも、私は一銭だって取られちゃいないし、それどころかカーネルにおごってもらった
ことだってある。彼も最初こそ詐欺のために私に近寄ったのかも知れませんけど、今じゃ
本当に私のことを気に入ってくれているみたいです。良い友達ですよ、彼は」
 本心だった。今なら彼のために少しくらいの金なら融資してあげても良いくらいに
思っている。お互いの正当な合意があるなら、それは詐欺ではないだろう。
 「岡根さん、もしかして、そのカーネルとお酒を飲む約束とか、なさってます?」
 厠は暗い表情で訊ねてきた。
 「ええ」私が頷くと、
 「少し……私の妄想に付き合ってくれますか?ひょっとしたら岡根さん……カーネルに
殺されちゃうかも知れないんです」

さて、この『妙な話』の真相とは?

89 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 00:00:30 ID:aEv+0oFA
やべぇ、島荘ヲタの俺にとって、ここんとこの二問は垂涎ですよ


宛名書きは(目欄1)を狙ったもの。
飲みにいってる隙に(目欄2)をパクられて例のアレを偽造されて文科省に送られる。

90 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 07:49:24 ID:JQwWhHe9
手製の紙封筒→開けば紙に戻る
鉛筆書き→住所、「様」を消せば本人のサインだけが残る。

91 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 21:09:08 ID:jKiQDrBX
かいとー時期キボン

92 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 21:23:47 ID:rsxeq2QL
普通に考えて200万ぽっちで飛行機修復すんのなんて不可能だろって
ことからも、元ネタ通り、カーネルが岡根に接近した理由は
「封筒に宛名書きさせる」行為自体にあったと思われます。
もっと言えば、「鉛筆を握らせる」という行為に、ね。
使った後の鉛筆はもちろん回収されたでしょう。そしてその鉛筆には
付着していたでしょうね。岡根氏の指紋、汗、脂etc・・・
普通はそんなもん気持ち悪いと思うかも知れませんが、もしそれが
「好きな人が触った物」だったらどうします?・・・ヘタすりゃ舐めますよね?
鉛筆を選んだのは、削ったりの先端の加工がしやすいからでしょう。
・・・え?なぜ先端の加工が必要あるかって?そりゃ、挿れた時、内側に
刺さったらやばいからですよ(にやり)
そしてその後もカーネル氏は何度も岡根氏に会い、おそらくそのたびに、使用済みの
ストローだのナプキンだのを持ち帰っていたに違いありません。
「カーネルに殺されちゃう」っていうのは、文字通りカーネルにお持ち帰りされて
骨の髄までしゃぶられるという・・・

93 :88 :2006/11/23(木) 23:28:03 ID:4fW0iSSC
むー、なんか3レスしか付かなかった割に皆さん鋭いとこ突いてきますな・・・

ではぼちぼち解答を。

94 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 23:37:37 ID:4fW0iSSC
「厠玖鈴とカーネル・サンダースのための殺人」解決編(タイトル変わってんじゃん)

 「最初に考えて欲しいのは、半世紀も海に沈んでいた飛行機を完全に修復するには、
……例えばあなたがカーネルの人柄を見込んでお金を貸そうと考えたとします、幾らくらい
までなら出しますか?」
 「……うーん、でも、五百万くらいまでなら『別に返してくれなくてもいいかな』と
思っちゃうかもしれませんね」
 「では、数千万円単位だったら?」
 厠の言葉に、私は眉をひそめる。
 「さすがにそこまでは出せませんね。私だってそこまでお人好しなつもりはない」
 「でも、そのくらい掛かっちゃうんですよ。本気でそんな錆びさびのガラクタを直そうと
思ったなら。あなたの話に出てきた二百万なんて、はした金もいいとこだと思いますよ」
 「でも、カーネルは……」私は言い返そうとした。
 「もうお金は必要ない、というのはあなたと付き合うためのでっち上げですよ。二回目
以降の来訪は寄付目当てと思われてはいけないんですから。カーネルの目的は、あなたと
フレンドリーな関係を築くことだったんです」
 「……どういうことです?」、と私は訊ねる。
 「簡単なことです。カーネルはあなたの遺産を自然に貰い受けるためのバッググラウンドを
作りたかったんですよ」
 私の遺産?こいつは何を言い出すんだろう。
 「最初にあったときの百通の封筒もミスディレクションです。カーネルがあなたに本当に
書かせたかったのは、ただの一通。……あなた自身の直筆サインです」

95 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 23:39:19 ID:4fW0iSSC
 そういえば私には、自分で書いた封書を受け取った記憶がなかった。
 「封筒はふくらんでいたが、封がされていて中身は見れなかったんですよね?あなたは
カーネルが最初に封筒から『寄付のお願い』の紙を出したのを見て、全て中身は同じ物
だと思ってしまった。しかし、百一通の内、そのほかの百通は、違う物だったんです。
おそらく、けっこう大きな、B5くらいの大きさの紙を、余白を裏側に折り込んで封筒の
形に折りたたみ、のり付けした物だったんでしょう。そして表面の宛名部分が、その書類の
『署名欄』になっていた……おそらくカーネルは、あなたのサインの入った紙に、後から
『自分は金を残す家族もいない、だから親しい友人のカーネルに全財産を相続させる』
……というような文面を印刷して、遺言状を偽造するつもりだったんです。鉛筆で書かせ
たのも、後で住所と『様』を消すためでしょう。
 たぶん彼がカーネル・サンダースの格好をしていたのもバッググラウンド作りのため。
 あなたが話したような格好なら、どこでも目立つはずです。カーネルは目立つ格好で
いることで、より多くの人に自分とあなたが親しい付き合いをしていたことを印象づけたかったんです」

96 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 23:41:24 ID:4fW0iSSC
 「カーネルはそろそろ、動き出すと思いますよ。例えば一緒に飲みに行き、あなたを
べろんべろんに泥酔させた上で店の階段とかから突き落とす、とか……」
 私は立ち上がった。なんだこのガキは。もう、友人の悪口は聞きたくなかった。
 「いい加減にしろよ小娘!!!不愉快だっ!!!もう二度と俺の前に姿を現すな!!!」
 私は厠に、グラスに残っていたソルティ・ドッグをぶっかけると会計をすませ、なにやら
呼び止めようとする奴の声を無視して店を出た。
 不意に携帯が鳴る。カーネルだ。
 今から飲みに行かないか、という誘いだった。私は二つ返事で承諾する。
 せっかくの酒にけちが付いてしまったから、仕切直しだ。
 前にも一度飲んだことがある店で、大きな通りの、交差点のすぐそばという立地も
ありそこそこ繁盛している居酒屋だ。
 ……そういえばあそこの交差点には結構立派な歩道橋が架かっていたな、とふと
思い出す。この前行ったとき、「ここの階段から落ちたら即死でしょうね」とカーネルが
呟くように言ったことも、連想ゲーム式に私の脳裏によみがえってきた。
 「何考えてんだ、俺は」私は苦笑して首を振り、停まっているタクシーの列の一台に乗り込んだ。

97 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 23:46:23 ID:4fW0iSSC
というわけで、さすがに>>92氏の鉛筆挿入説はともかくとしても
>>89>>90両氏は、完全に封筒を書かせた目的は正解ですな。
まぁ、遺言状云々は殆ど伏線もないし、後付も良いとこですからね。

あと解答時期ですけども、だいたいレスが付かなくなって半日くらいで
作者が探りを入れ、「はよ解答貼れ」って言われたら貼る・・・みたいな
感じですかね?理想は。

98 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 10:16:51 ID:gs9JKBhA
遺言状云々についてはつっこみたい気持ちもあるが
突っ込みおkな人か判らないので
乙とだけ言っておく。

99 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 17:41:17 ID:BVFoJkdE
私もふと思ったんだけど、古典本格ではおなじみの
「おまえ明らかに一族で殺し合い起こさせたいだけだろそれ」な
遺言状って法律的にどの程度守られるんだろ?一応家族とかに遺留分は渡して
後は本人の遺志通り、ってくらいにはなんのかね?

ってわけで、どうせなら遺産よりも、消費者金融のおじさんとかが
よくやってる生命保険の方が合理的かもねと補足するテスト。

100 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 20:53:24 ID:CVla45dc
正式な遺言書の形式ってどんなん?
弁護士とかに預けなくてもいいのかしらん?

101 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 03:41:10 ID:5DSA4CKL
つttp://www.igonsho.net/

102 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 09:40:20 ID:X8N7gx/s
なるほど
法定要件を充たしていれば
専門家の関与は死後でいいみたいだけど
やっぱり全文自筆であることと、印鑑は必要みたいだから
解答に>>89の要素も組み込めばより良しか

出題乙

103 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 11:20:36 ID:jF1TXvYm
>>89の要素って何だ?
文科省なんたら、ってのはどういう意味なんだ?

104 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 14:50:11 ID:Gej75VzB
大量に人名・住所を書かせることで被害者の筆跡の資料とし、
さらに被害者の家に上がれるくらいの関係になって
遺産相続のバッググラウンド造り+印鑑ゲット
その上で酒に酔っての事故に見せかけ殺す・・・みたいな

文科省ってのは、最近中高生の間で大ブーム!のあれのことでしょ?

105 :103:2006/11/25(土) 15:22:10 ID:NMukbcxK
>>104 サンクス。なるほど。

リアルな感じはグッと増すね。本当にありそうでちょっと怖いw。
封筒とか字の一部を消すトリックが重要ではなくなっちゃうのが難しいところだね。

106 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 21:39:51 ID:v64SEH5E
>>99
正式なものならほとんど遺言通りになるけど、内容によって多少は融通きくこともある。
あとは内容が明らかに法律に反してるときとかは変更しなきゃならないね。

まぁせっかくだから、とりあえず予定の密室トリックはやめといて、遺言てか遺書の存在によって犯人やトリックを明らかにするって問題でもいかがでしょうか?
例によってまたまた長文なので、スルーしたい人はスルーでお願いします。
ほいでおかしな部分とかは突っ込んでくれればOKですぜ。またもキャラは使い回し(いちいち名前変えたりするの面倒だし)
解答はいつも通り24時間後に。↓ではどうぞ。

107 :長文問題3:2006/11/25(土) 21:41:21 ID:v64SEH5E
問題
登場人物紹介
スコット警部・・・街の名探偵。
デビッド・・・スコット警部の部下。
キム・・・同上。
ゴードン・・・事件の被害者。金持ちの悪党。
ハーネ・・・ゴードンの若い後妻。
エイガー・・・ゴードンと前妻との間の息子。ハーネと関係を持っている。
アイリーン・・・ゴードンと前妻との間の娘。悪事を働く父を嫌っている。
セバスチャン・・・ゴードンの屋敷で働く執事。先代から長年仕えている。
オッペンハイム・・・ゴードンの屋敷で働くメイド。

あの悪党のゴードンが死んだ。それも自殺の可能性が高いとの事だった。

スコット警部は庭に転がったゴードンの死体の脇に立った。
庭は深い芝が茂っているが、周りに引きずった後も無く、確かに見る限りは、部屋から墜落して死んだように見える。
ゴードンの死体に触れてみる。硬直の度合いからしても、死後6〜8時間は経っているようだ。
となると、ゴードンが死んだのは深夜の12〜2時頃と言うことだろう。
スコット警部は、死体の脇から上を見上げた。ゴードンが飛び降りたと思われるその部屋は窓が大きく開いてるのが確認できた。
昨夜は雲一つ無い満月で、格好の飛び降り日和とでもいうのだろうか?
これだけ芝が深いと人が落ちても、あまり音がしなかったかも知れない。
庭の横の方には枯れ葉でも燃やしたのか、灰や煤が溜まっている箇所があった。
窓の開いた部屋のさらに上には屋上に人よけのためか、外観のためか分からないが頑丈な鉄柵が屋上を回るように立っていた。
「あそこの部屋からこの地面までは約15ヤード(13メートル弱)です。その高さで2階だって言うんですよ。普通の建物だったら3、4階相当ですかね」
スコット警部の部下のキムが報告した。
「しかし、この程度の高さで落ちたら死ぬんだろうか?う〜ん・・・。確かに身長はさほどないとはいえ、ゴードンの体重は約170ポンド(85キロ)ほどだ。
頭から落ちれば死ぬのかも知れないな・・・」
スコット警部は考え込んだ。

108 :長文問題3-2:2006/11/25(土) 21:42:14 ID:v64SEH5E
「スコット警部!!!ゴードンの部屋の扉を壊す準備ができました!!!行きましょう」
部下のデビッドがスコット警部を呼んだ。
「うん?ここから梯子をかけて上がれば、扉を壊す必要はないんじゃないか?」
「それがこれだけ高いと、梯子を取り寄せるにも結構時間がかかりそうなんですよ。
この家にある梯子もパーティー会場でたまに使う梯子がせいぜい5ヤード(4,6メートル)ですからね。
それでも普通に買える物としては最大級ですよ。
それで、遺族がとりあえず、ゴードン以外使わない部屋で、壊しても構わないというので・・」
「分かった。行こう」
ゴードンの遺体を鑑識に任して、その部屋に向かうことにした。

鍵が閉まっている2階のその部屋の前にはゴードンの家族の3人と執事のセバスチャン、メイドのオッペンハイムが待機していた。
デビッドが大きな斧で扉(のセバスチャンから聞いた内鍵の辺り)を何回も叩き付け、穴を開け、そして手を入れて内鍵を開け、扉は開いた。
鍵はやはり内側からしか開けられないもので、そこに何かしらのトリックを使ったような痕跡もなかった。
執事のセバスチャンと警察の3人だけ中に入り、家族は部屋の外に待機させたまま、現場の調査をすることにする。
ここはゴードンの書斎だった。大きな窓が開いてるのがまず目に入る。そして本棚には多くの本が並んでいたが、本はあまり読まれていないようだった。
机の上にも何もなく、実際はあまり使っていないかと思われた。
「あれは?何でしょうか?」
セバスチャンが窓の方を指した。そこには少し曲がった封筒が無造作に置かれており、「will(この場合、英語で遺書の意)」と書かれていた。

109 :長文問題3-3:2006/11/25(土) 21:43:51 ID:v64SEH5E
「これは、もしかしてゴードンの遺書でしょうか?」キムが尋ねる。
「一応、中身と筆跡を確認してみてくれ。何かゴードンの書いた物はありますよね?」
「はい、手紙の宛名などでよければメイドに持ってこさせます」
「とりあえずそれで結構です。キムはそういった鑑定もできるので、すぐに結果は分かるはずです。
キム。メイドからゴードンの筆跡を受け取り、すぐにかかってくれ」
「分かりました」そう言うとキムは遺書を持って部屋を出た。
「では、結果を待ちながら皆さんの話でも聞きましょう」

「はい、昨夜12時に屋上に通じる階段の扉を閉めました。これは毎日の日課の最後の仕事になります。
それから、書斎にいる旦那様に声をかけ、私は自室に戻りました。従業員はこの階では寝泊まりできませんので、1階の部屋でございます。
ですので、私が最後に確認してこの階から降りるときは従業員は誰もいなくなり、旦那様、ハーネ様、エイガー様、アイリーン様だけがこの階にいらっしゃると言うことになります。
声をかけた時、旦那様も素っ気なかったですが、返事をしていましたので、まだ自殺なさったわけでは無いと思います」
セバスチャンはそう語った。12時頃には生きていたのだろうというのは、スコット警部自身がさきほど、ゴードンの死体を触れた時に、思っていたことでさほどおかしい部分もない。
また、1階と2階の階段の踊り場の下には見張りが立っており、誰かが通ればすぐ分かるようになっていた。
その見張りによればセバスチャンが昨夜、降りてきて以降、他には2階から誰も降りてこなかったというのだ。
「わたくしはこのエイガーと一晩中私の部屋で一緒におりましたわ。ほほ、何をしていたですかって?
わたしたちがフカフカの布団の上で何をしていたか・・。それをお聞きになりたいとは」
ゴードンの若い後妻のハーネが体格の良いエイガーに寄り添いながら笑う。アイリーンは目を背けていた。
「いえ、結構です。あなた方の醜い行為など、ききたくありません」
スコット警部は素っ気なく答えた。
「醜いですって!!!?」ハーネがいきり立つ。隣に座っているゴードンの息子のエイガーが手で制した。
「はは、親父が死んだんだからこの館の主は俺だな。これからよろしく頼むぜ。スコットさんよ」
エイガーがスコット警部の態度に怒ることなく笑った。

110 :長文問題3-4:2006/11/25(土) 21:45:20 ID:v64SEH5E
「結局お父様はどうして自殺なんてしたのでしょう・・・」
沈鬱な表情で涙を拭きながらゴードンの娘のアイリーンが疑問を口にした。
「お前は知らないのか?親父は医者から病気を宣言されてたんだ。それもあと数週間の命だってよ。悪党には天罰が下るって奴さ。ははは」
「お兄様!お兄様だってお父様と同じく非道いことをしてらっしるのでしょう!!もうおやめ下さい!」
「おいおい、お前が良い服着て、良い飯食えるのは親父があこぎな事やってるおかげだろう。感謝されても非難される謂われはないぜ」
「そんな事・・・」食い下がろうとするアイリーンをスコット警部は止めて、セバスチャンに確認した。
「病気ってのは本当でしょうか?それも確実に死ぬという・・・」
「はい。昨夜、旦那様は主治医から不治の病を宣告されました。誠に嘆かわしいことです。私の方がはるかに歳をとっているというのに・・」
「それが自殺の動機なのでしょうか?スコット警部、わたしにはとても信じられません。あの父が・・・」
「アイリーンさん?あなたは昨夜どうしてましたか?」
「え?はい、わたしは昨夜、階段で怪我をしてしまい、オッペンハイムに部屋で手当を受け、その後、就寝致しました」
「はい。私がお嬢様の怪我を手当てして差し上げました。幸い大けがで無かったので良かったと胸をなで下ろしました。わたしも手当を終えたら自室に下がらせていただきました」
メイドのオッペンハイムが答えた。
「やはりお父様は自殺なさったと言うことですか・・?」
アイリーンの独白とも取れる言葉にスコット警部は顔をしかめた

111 :長文問題3-5:2006/11/25(土) 21:47:08 ID:v64SEH5E
「警部!!先ほどの遺書の筆跡が確認できました。やはり同じ筆跡ですね。詳しく鑑定する必要もないくらいです」キムが戻ってきて、報告した。
「それから内容なんですが、要約すると、財産の半分と屋敷をその・・・アイリーンさんに譲り、それから恐らく失業する従業員達に・・・、その・・セバスチャンさんを除いて、向こう数年分の給金を与え、残りは街の福祉施設に寄付して欲しいとの事です」
キムが遺書の内容を要約して、急いでスコット警部に伝える。
「なんですって!!?」「なんだって!!?」「どうして!!?」
この内容に3人の遺族が驚いて声を上げた。
「遺書だと!!そんな物無かった筈だ!!しかも何だ!!その内容は・・・巫山戯るにも程があるぞ!!」
「全くですわ!!そんなの無効に決まってますわ!!」
エイガーとハーネが怒りをあらわにした。そして違う理由でアイリーンも怒り出した。
「どうしてセバスチャンにはお金が与えられないの!!おかしいわ!!セバスチャンはお祖父様の代から仕えてるのよ。お父様が悪事を働く中でも、一生懸命この屋敷のために・・!
それにわたし一人に財産を残すのもお父様らしくない!!わたしお金もこの屋敷もいらないもの!!」
「いえ・・・。お嬢様労っていただくための私ではありません。またお嬢様が幸せなら私はそれだけでも十分でございます。旦那様の心中をお察しすることができず、このような事態になってしまったのも私の責任と言えます」
セバスチャンは遺書の内容に動じることなく話した。
「警部。ゴードンはやはり自殺ということでしょうか?この部屋も鍵がかかっているわけですし、遺書も残っているわけですから・・・」デビッドが確認する様に言った。
「いや、これはやはり殺人だったんだ・・・。偽装自殺だ」
スコット警部は断言した。
「・・・・遺書を捏造したのは貴方だったんですね?」
スコット警部は一人の人物に向かって言った。

さて、ゴードンを殺したのは誰か?またその方法とは?

112 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 23:33:04 ID:IQ2XioNb
推理1
犯人は(メ欄1)。筆跡がゴードン氏の手紙と一致したのは(メ欄1)が(メ欄2)してたから。
自分に不利な遺言状は、疑いが掛けられないようにするため。
トリックは(メ欄3)?

113 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 23:38:12 ID:IQ2XioNb
推理2ー
犯人は(メ欄1)。彼はアイリーン嬢の恋人?彼女の手引きで屋敷に
入り、彼女にゴードン氏の部屋を開けさせ、殺害。112メ欄3の
トリックを用いて脱出。
(メ欄2)は、
>遺書だと!!そんな物無かった筈だ!!
から、鑑定含め全て犯人のでっち上げ。

でもスコット氏が彼に敬語を使うかは微妙

114 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 23:39:55 ID:IQ2XioNb
あと推理2に補足なんだけど、「will」って(メ欄)

115 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 23:40:50 ID:IQ2XioNb
・・・って、私のIQ低っ!
2って・・・

116 :1/2:2006/11/26(日) 09:22:45 ID:fFb84OO3
「執事のセバスチャンで御座います。先代からお仕えしております。あの頃は良かった……」

「先代は素晴らしい方だったのですが、一つだけ過ちを犯しました。ゴードン様を溺愛し甘やかしてしまったのです。
ゴードン様は嫌なことは何一つせず自分のやりたいことだけしかやらないように育ちました。読み書きすら覚えず、
屋敷の誰からも好かれない人間に育ったのも、先代に責任があるのです。
あの先代のお子ならば、このままではいけないと、いつか自分で気付いてくれると信じて今日までお仕えして参りましたが
その兆しは見えないまま徒に年を重ねて参りました。エイガー様もゴードン様にそっくりになってきましたし、
唯一の救いはアイリーン様のお優しい心が先代によく似ているということで御座います」

「エイガー様にもお優しいところがあったのですな。ゴードン様の為にお医者様を呼ぶなんて。
いつもの寝冷えに決まっておりますのに。おや、お医者様がお帰りのようですな。お見送りをせねば」
→「おや、エイガー様自らお見送りとは。やや、あの分厚い封筒は報酬ですかな? あんなに沢山……。
エイガー様、ゴードン様に良くしてくれるようあんな大金を渡したのですな。親孝行ですなぁ」
→「お医者様、お疲れ様で御座いました。馬車まで御案内いたしましょう。ところでゴードン様の御容体は……」
お医者様「い、いや、あのね、数週間以内に苦しみのたうちまわって全身の痛みに打ち震えながら死ぬ病気ですよ。
別にエイガーから大金貰ってそう言うよう言われたわけじゃなくて、本当にそういう病気なんです。
正式名称は『お前あとは苦しみながら死ぬだけだから今の内に死んだ方が得だぞ病』かな? さ、さよなら!」
→「そ、そんな……旦那様がそんな重い病だったなんて……」

117 :2/2:2006/11/26(日) 09:23:23 ID:fFb84OO3
「ゴードン様のご病気のことをエイガー様はどうお考えなのでしょう。考えている内に部屋の前まで来てしまいましたな」
→ハーネ「やったじゃん、エイちゃん!」「おや、この声は女狐?」
エイガー「おう、これで親父は近い内に自殺するぜ! しない場合は体格の良い俺が窓から投げ落すけど!」
「な、何ですと!?」
ハーネ「あとはアイリーンだね! アイツがいなくなれば全てが私たちのものになるわ!」
エイガー「なーに、大丈夫! アイツはもうじき俺の仕掛けた階段のトラップで死ぬさ」
バタバタバタバタ 
オッペンハイム「セバスチャン、邪魔、邪魔! 階段から落ちたお嬢様の手当てに向かう私の前に立たないで!」
「こ、これはまさか……!」

夜。
ゴードン「わしは子供の頃から嫌なことは何一つせずに生きてきた。これからもそうじゃ。わしは苦しみながら死ぬのは嫌じゃ。
だから、そんなことはせん! 字が読めないわしが体裁の為だけに作ったこの書斎。通称『メイドにセクハラする為の部屋』は
わしの安らぎの場所じゃった。入って来たメイドが出られないようにドアを閉めたら勝手にカギがかかるようにしてあるし。
大好きなこの場所から、飛び降りてやるのじゃ! ふははは、病気め、ザマミロ!」
ゴードン死亡。

「ゴードン様が死んでしまった。色々悔やまれるが、今の問題はあの馬鹿息子と女狐のことだ。この家の名誉とお嬢様は私が守る」

「ふぅ。上手いこと私と警察の3人だけ中に入り、家族は部屋の外に待機させたまま、現場の調査をすることになりましたぞ。
いざ、決行の時ですな。三人の目を盗んで昨夜エイガーの話を聞いたとき念のため作成しておいた遺書をこう無造作に置いて、
ちょっと離れてっと」

「あれは?何でしょうか?」
セバスチャンが窓の方を指した。そこには少し曲がった封筒が無造作に置かれており、
「will(この場合、英語で遺書の意)」と書かれていた。

118 :1/2:2006/11/26(日) 10:36:44 ID:Ex5GpEu/
「やっほー。ゴードンの糞じじいの前妻の娘のアイリーンでーす♪あひゃひゃひゃ
今まで健気で優しいキャラ演じてたけど、すいまセーンあたしウソついてまーした!」

「なんか知らんけど糞じじいが書斎に来いってさ。だいたい『書斎』だって。
あひゃひゃひゃ。どーせてめえは字の読み書きもできねえ低能なんだから
正直に『オッペンハイムにコアなプレイを要求する部屋』って書いて札さげとけ
ッつーんだよ愚民が。まぁいいや。しっかしアイツがあたしに何の用だろ?
・・・そっか!そーいえばさっき部屋の前を通った時、エイガーの腐れチンポ野郎が
あの雌豚に『もうすぐ親父自殺するぜそしたら俺が当主でこの家の財産も全部
俺のもんだキャッホーィ!』ってご都合主義的に叫んでたのを聞いたっけ。ははーん、
あの糞じじい、嫁を寝取られた恨みがあるから、自分が死んだ後エイガーに遺産が
行かないように、あたしに生前贈与でもしてくれんのかな?あひゃひゃひゃ!
やっぱこーゆーキャラは得だわー♪」
→ゴードン「ハァハァ・・・ああ、アイリーンか・・・」
「(うわっキモ!なんかハァハァしてるし!ヤクでも決めてんのかコイツ)はい・・・。
な、何のご用でしょうか、お父様」
ゴードン「お前の母さんはそりゃ美人だったし、何よりアソコの締まりが最高だった・・・
エイガーはあのハーネの***で満足してるようだが、あいつの味を知ってしまった
わしには物足りん。そこで、だ。アイリーン・・・わしはもう長くない。なんか、ヤバい
病気に掛かったっぽい。『ちょwおまwwwwwもう手遅れwwwww数週間の命とかwwww
まじやべぇwwwww(´・ω・)テラカワイソス病』といって、なんかものすごい勢いで血反吐とか
吐いて死ぬらしい。あと下痢とか」
「まぁ、お可愛そうなお父様。私に出来ることがあれば何でも言ってください(あひゃひゃひゃ、いい気味♪」
ゴードン「お前は母さんにそっくりだ・・・あっちの方もそっくりなんだろ?どーせ
俺は死ぬんだ!一回でいい!やーらーせーろー!!!!」ガバッ!
「ぎゃー。調子扱いてんじゃねえぞ糞じじい!食らえ!深窓の令嬢あたーっく!」
→ゴードン、格闘の最中で頭を打って死亡。アイリーンも名誉の負傷。

119 :2/2:2006/11/26(日) 10:38:47 ID:Ex5GpEu/
「やっべー殺しちゃったよ。どうしよう・・・そうだ!とりあえず死体を窓から投げ捨てて
飛び降りに見せかけて・・・あたしは窓から伝って逃げよう。隣あたしの部屋だし」
→密室完成
「つーかいててて・・・あの糞じじい、思いっきりひっかきやがって。誰か呼んで
手当てさせよう」
→オッペンハイム来る。セバスチャンは「俺は金にならんことはしない主義でね」と無視。
「セバスチャンの糞虫め・・・いつかコロス」
オッペンハイム「はい、これで大丈夫ですよぉ。ご主人様」
「・・・!そうだ!これまじやばくね?あたし天才じゃね?」
オッペンハイム「どぉなさったんですかぁ?ご主人様ぁ」
「あんたさ、よくあの糞じじいに代筆頼まれてたよね?」
オッペンハイム「はい。でも、お手紙の代筆のために行ったのに毎回ご主人様ったら・・・(はぁと」
「そんなんどーでもいいんだよ雌豚!・・・ちょっと、書いて欲しい文章があるんだけど」
→遺書作成
「よっしゃ!これでこの家の全財産は俺のもんだ!あひゃひゃひゃ!・・・いい、
オッペンハイム。このことは誰にも言うなよ?あと、あたしの怪我は階段から落ちたせいだから。
じじいに押し倒されて引っ掛かれたとか全然ないから(口封じに後でこいつも殺しとこう)」
オッペンハイム「は・・・はい。ご主人様のためでしたらぁ(はぁと」
→オッペンハイム退場
「よし、後はこの遺書を窓から放り込んで・・・と。やっべ。あたし天才じゃね?あひゃひゃひゃ!」

「あれは?何でしょうか?」
セバスチャンが窓の方を指した。そこには少し曲がった封筒が無造作に置かれており、
「will(この場合、英語で遺書の意)」と書かれていた。

120 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 15:45:16 ID:K4e1xlHn
>>112-119
お前らナイスアシスト。わかった。犯人もトリックも謎も全て解けた。てかお前ら最高。出題者も上手い。

遺書を書いたのは(メ欄1)で、筆跡が同じだったのは代筆とかしてたから、だから書斎の机の上には筆記具すら無かった。
しかしゴードンを殺した犯人は(メ欄2)殺害現場は書斎(落ちて死ぬかわからない高さから落として殺したと考えるより、殺したから落としたんじゃないか?結果偽装自殺にすることに)口裏あわせに(メ欄3)
死体を落とした後、(メ欄4)を庭に落としてそこに飛び降り、その後焼却。
衝動的な自殺だと勘違いした(メ欄1)が遺書の方は屋上から曲げた状態で大きく開いた窓の方へ下に向かって落とす。遺書の中身をある程度重くしておけば(内容がおおいため要約しているから?)曲がっている方向に向かって落ちるので窓の近くに無造作に置かれることに。

読み返すとこれ以外考えられない。これならほとんど穴もないと思う。
・庭の燃えカス(布団を燃やした跡か?)
・屋上の鉄柵(人は通れないかもしれないが手や封筒なら可能かも)
・鑑識の結果はまだ出てない
・見張りの証言(降りた人物はいないがあがった人物はいる可能性がある)
・(メ欄2)のセリフが断定的。殺したときには無かったtという意味?⇒だから問題の前に遺書の存在(内容や状態によってでなく存在があるか無いかってことだと思う)によって犯人やトリックが明らかに。

121 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 16:57:45 ID:bE7vMdNJ
燃えかすに目を付けたのは>>120が初めてだな。
てか私も描写がさりげなすぎるのか自分の注意力が
散漫すぎるのか、そこ読み飛ばしてた。
で、読み返して思ったんだけど、ゴードンの部屋に(メ欄1)が
ある描写が一切無いので、犯人はゴードンを殺して落とした後、
(メ欄1)を(メ欄2)に使って脱出→証拠隠滅→燃えかす
ってのはどうかな?
犯人は(メ欄3)。他の従業員はコイツのせいで二階に行けないんだから、
普通に考えると一族以外では一番コイツが怪しい。
描写はないが、事情聴取に答えているのでたぶんコイツもこの場にいるはず。
遺書と手紙の筆跡は、手紙の方をすり替えておいたんじゃないかなーと。
または遺書自体はアイリーンが自分の部屋からブーメランの要領で滑り
込ませた可能性もあるな。
>「はい、手紙の宛名などでよければメイドに持ってこさせます」
この台詞がセバスチャンと見せかけてアイリーンの物だとすれば
オッペンハイムも共犯か?

122 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 17:23:28 ID:K4e1xlHn
>>121
いや、それも考えたんだが、これだけの問題で描写がないからそれを使ったという解答にはしないと思う。あと13メートルでは開かないんじゃないか。体格いいって書いてあるし。
先の出題の傾向からも、登場人物紹介に犯人のせないってのもやらない気がする。見張りが殺したらそれこそ本当に失業だしな。

あと回答に突っ込むのもおかしな話だけど、そのセリフの段階でアイリーンは部屋の外にいたんじゃないか?ブーメランも封筒だと折り曲げて形(紙飛行機みたいな?)作るくらいしないと難しいと思う。

123 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 17:49:41 ID:bE7vMdNJ
いや、全然根拠ないんだけどね見張り犯人説。
アイリーンがいつ怪我をしたか明確に書いてないから、
もしそれが12時以降のことなら「手当を終え下へ戻るオッペンハイムさん」
の姿を見ておらずに「誰もとおんなかったよ」って証言してる
ってことなのかなって思ってさ。

ついでに失礼ながら、全部の推理の微妙なところを挙げてみたいと思う。
・ドクターID:IQ2XioNb氏の推理1→曲がった遺書、灰の伏線が回収されていない
・ドクターID:IQ2XioNb氏の推理2→同上。アイリーンにそこまでの時間的余裕があったか微妙
・ドクターID:fFb84OO3・ID:Ex5GpEu/両氏の推理→同上。
・ドクターID:K4e1xlHn氏の推理→伏線は回収されているも、布団を燃やしたら逆に怪しまれないか?
・私の推理→不確定すぎ。死んだ方が良い。てか、でてこねえ奴犯人にして何が楽しいよ?

124 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 18:06:34 ID:yZER0++9
>>123
たぶんそこは怪我をしたのは12時以前だって素直に考えればいいんじゃないか?
証言で気になったのは時間を正確に話してるのがセバスチャンだけってことだからさ。それでいて死亡時刻ははっきりしてる。
アイリーン怪我をする→オッペンハイム手当てする→階下に
→セバスチャンがゴードンに声をかける→従業員としては最後に降りていく。

でだ、突っ込まれて考えたんだが、実際布団を枯葉や落ち葉の中に混ぜたり、燃やすときに切り刻んでおけばいいんじゃないか?
それともうひとつ飛び降りた時間=死亡時刻でないと考えれば早朝、早起きしたら庭掃除したくなったんでしてたとか言ってごまかすこともできそうし、結果見つからないのであればそれで十分だとも思う。
なんか読めば読むほど味が深まっていくな。

125 :124:2006/11/26(日) 18:15:25 ID:K4e1xlHn
補足。羽毛布団とかなら穴開けるだけで燃やすのもあまり時間かからないしほとんど火があがらないから目立たないと思った。こっちはしっくりくるな。
早朝とかはちょっと厳しいね。

126 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 18:27:22 ID:K4e1xlHn
なんかドキドキしてきた。俺今日何時間これやってるんだよ・

127 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 18:31:15 ID:bE7vMdNJ
私もですよ・・・
そろそろヘンリー(解答)求む。

128 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 20:18:14 ID:/DRvKjKT
チラ裏
前でプレイしてた二人組が対戦勝利してたら急に立って「もう時間やばいんです。コレよかったらどうぞ」と二人ともいなくなったので見知らぬ人と普段使わない紅とBザクで対戦継続することに・・・。
同じ組と思われる二人で再乱入してきたが、相方の援護も上手く撃退・・・。
勝利画面を見たら、10連勝って。前の二人組どんだけ勝ってたんだ。
その後もタダゲー継続で4〜5連勝したが、前の二人と我らの連勝を止めたのは小学生入学前かと思える小さなお子様でした・・。
4ラインなのに、入ってきて、しかも運命orz
隣の人に「どうしましょう?」と確認して「もう負けますか」ということでタダゲーに終止符を打つこととなった。
お子様は普通に2面で乙ってた・・・。運命に援軍はちょっと・・・。

129 :長文3の解答:2006/11/26(日) 20:53:07 ID:/DRvKjKT
ごめん誤爆ったとです。>>128は無視して下さい。

犯人・・・エイガーと共犯としてハーネ 遺書を書いたのはセバスチャン
トリック・・・基本的に13メートルの高さ(清水の舞台とほぼ同じ)ではほとんど死ねないの(年寄りやお子様でも死ねず、さらに地面は深い芝)で、突き落としても死なない可能性はあった。
書斎で壁か机かは知らないけど頭をぶつけて殺したエイガーがゴードンの死体を庭に落とした。遺産を残さず使い切って死んでやるとかって議論でもあったのかも知れない。
次ぎに布団庭に落としてそこに飛び降りる。その後、布団を燃やして、自室に戻る。
遺書はセバスチャンが自殺か他殺かは分からないとしても死んだのは確かなので、アイリーンのために捏造して、屋上から投下。
エイガーは犯行時に遺書が「無かった筈」と思わず言ってしまう。
セバスチャンが本気でアイリーンの幸せを願っての行動だった。少し考え足らずだけど・・。

終わり


130 :長文3の解答:2006/11/26(日) 20:53:45 ID:/DRvKjKT
>>112-113
屋根に逃げても鉄柵を越えないといけないからセバスチャンはきついかも知れない。キムは遺書を捏造してもばれたら遺産継げなくなることは分かると思う。
それとあと他にも理由があるけど・・・ゴニョゴニョ。でもキムが嘘つき犯人説は大好き。
>>115->>119
面白すぎる。自殺に追い込むってのは特に面白いし作品として考えてもいいなぁと思った。
ただやはり前述したとおり、自分から飛び降りたとしても飛び降りても死なない可能性が高いのがネックかな。首つりの方が良いかもしれない。
アイリーン性悪女説もいい。書斎で殺したってのは真相だし。ただゴードンの死体を窓から落とす作業と足を怪我してて窓づたいに逃げるのがちょっときついかな。
それとセバスチャンが12時頃に声を掛けた時、ゴードンは生きており、その頃にはオッペンハイムが手当を終えてたはずなので難しい。でも面白い。どれだけ嘘つきがいるのやら。
>>121
見張りはある意味考えつかない盲点かも知れない。ただの前提みたいに書いてたから。推理クイズとしてちょっと厳しいけどすごい面白いと思う。
>>120
完璧な推理ですな。ただ脱帽するばかり。昨日遺言の筆跡の話でてたからふと作ってみた問題です。もしかしたら問題作るよりも時間かかってるんでないでしょうか?
では皆さんお疲れ様でした。またも長い駄文におつきあいしていただきありがとうございました。

131 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 21:13:10 ID:2yJ3S3sy
なんか理想的な流れだったね。
問題→ネタ真面目含め解答でそろう→正解が出る→解答
みたいな。

ところでふと思いついた一発ネタ投下

132 :いっぱつねたー:2006/11/26(日) 21:14:17 ID:2yJ3S3sy
あの小市民の後藤が死んだ。それも自殺の可能性が高いとの事だった。

山田警部は庭に転がった後藤の死体の脇に立った。
地面に視線を落とし、続いて屋敷の二階、後藤の書斎を見上げる。
庭には冷たいコンクリートが敷かれ、窓が開けられているのでそこと解る後藤の部屋から
の高さを考えても、落ちたか、落とされたかして死んだのは明白だった。辺りに引きずったような跡もない。
山田はしゃがみ込み、死体に触れた。硬直の度合いからしても、死後6〜8時間は経っているようだ。
となると、後藤が死んだのは深夜の12〜2時頃と言うことだろう。
山田はその、深い皺の刻まれた老刑事の哀愁漂う貌に一瞬の憂いを浮かべ、渋く溜息をついた。
「あそこの部屋からこの地面までは約5メートルです。小市民の家らしく、まっとうな
高さですが下がコンクリなので・・・」
部下の木村刑事の言葉に、山田は張りのある通りの良いバリトンで言った。
「ふむふむなのだっ。被害者のお部屋はそんなに高くないけど、下はかっちかちで痛そぉだよぉ。
むー。ってことはぁ・・・『ついらくし』で間違いないってことだね、木村くんっ♪」
木村は後ずさりながら頷いた。
「警部!!!後藤の部屋の扉を壊す準備ができました!!!行きましょう」
もう一人の部下の鈴木が山田を呼んだ。
「ふにゃぁ?確かに部屋に内側から鍵が掛かってるって執事のおじさま言ってたけど、
ここから梯子とか使って窓から入れないのにゃ?」
「この家にそんな長い梯子ありませんよ。物置に脚立が立てかけてあったんですが、それも
せいぜい2メートルくらいの物。それでも小市民でも買える物としては最大級ですよ。
それで、遺族がとりあえず、後藤以外使わない部屋で、壊しても構わないというので・・」
山田はしばらく二階を見上げ考えていたが、ふと「あれ?」

さて、トリックは?

133 :120:2006/11/26(日) 21:29:32 ID:sccd4O7J
>>130
なんか感動して泣けてきた。先の解答者の解答のおかげで解けたから自分の力だけじゃないけど、なんかうれしい。
面白かったです。また出題楽しみにしてます。ありがとうございました。

134 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 21:37:52 ID:m+d8FKkl
2メートルの脚立も
180度開けば4メートルのはしごになるのだっ♪

135 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 21:39:02 ID:2yJ3S3sy
>>134
正解なのだっ♪


しょせん私はIQ2ですよ、ふん。

136 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 21:40:48 ID:FVQkW6ec
IQ102に見えた


137 :120:2006/11/26(日) 21:44:30 ID:sccd4O7J
>>132
解答書こうとしたらおわちゃった・・。乙です。
>>130
そういえば解決編とかって書かないんですな。ちょっとこれから屋敷の人たちがどういう経緯で追い詰められるかきになったり・・・。

138 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 22:01:25 ID:2yJ3S3sy
>>137
じゃあ僭越ながら私が代わりに・・・

チラ裏(オッペンハイム視点)
前で推理してた警部がセバスチャンさんを名指ししたらエイガー様が急に立って「おまえが犯人だったのか。コノわるいやつめ」と慌てた様子でまくし立てたので警部が「違いますよ」と口論継続することに・・・。
同じ組と思われるハーネ様が再乱入してきたが、(警部が)相方の援護も上手く撃退・・・。
問題文を見たら、
>「遺書だと!!そんな物無かった筈だ!!
って。エイガー様どんだけ口軽いんだ。
その後も灰とかの証拠でトリック論破したが、エイガー様の息の根を止めたのは自分が口を滑らせたさっきの一言でした・・。
別の人名指ししたのに、(会話に)入ってきて、しかも自滅orz
警部がセバスチャンさんに「これが狙いだったんでしょう?」と確認して「お嬢様のためですから」ということで事件に終止符を打つこととなった。
アイリーン様は普通にセバスチャンさんの心遣いで号泣ってた・・・。殺人事件にいい話はちょっと・・・(麻耶雄嵩好き)。

139 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 22:02:36 ID:X79EuW6w
>>130
乙です!また楽しませてもらいました。
次から次へと新しいアイデアが湧くのも凄いけど、やっぱり文章の力なんだろうなぁ。
さりげなく伏線バシバシ入れて、破綻なく話を紡いで。
いやはや、見事!
>>120
おめ。すごいな。アハ体験、うらやましい。
>>132
感想書いてたら終わってたよw 乙。


140 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 22:12:46 ID:sccd4O7J
>>138
口が軽いというより思わず言ってしまったんだろうね。

141 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 22:18:07 ID:sccd4O7J
あと自分の解答に思い入れが強い訳じゃないけど、多分書斎で殺したなら「犯人は85キロのゴードンの死体を運べる人物である」ってことも重要なんだと思う。

142 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 22:52:12 ID:/DRvKjKT
>>138>>140
口が軽いっていうか、分かりづらくて申し訳ないが、スコット警部が殺されたと言うまで、警部を除いて全員が完全に自殺だという流れだったのですよ。
警察も当然そう考えてると思ってたエイガーが「思わず」口走ったと。
動機もあるし部屋も閉まってる。一番楽に考えるなら自殺かなぁと・・・。みんなそう思っていた。
次はもっとわかりやすくすることにします。
>>137
解決編はまた長くなりそうなので・・自粛。

143 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 00:24:00 ID:MLsNCuh4
いや、ただ単に>>138>>128のパロなので深く考えないで欲しい・・・


144 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 02:04:20 ID:cce85RSA
     ア
       ハ
   ̄ ̄|     ハ
   ̄ ̄|   ∧_∧ ハ
   ̄ ̄|  ( ´∀`)
   ̄ ̄| ⊂     ノつ  次イッテミヨ!!!
   ̄ ̄|   人  Y
   ̄ ̄| し(_)
   ̄ ̄|
   ̄ ̄|
   ̄ ̄|
   ̄ ̄|
   ̄ ̄|
   ̄ ̄|
   ̄ ̄|
>>144

145 :問題:2006/11/30(木) 23:44:20 ID:fiaSBhWM
ひとつ出題。

ある日、漫画界の人物達が集まってパーティーを開きました。
ジャンプ、マガジン、サンデー、その他様々な漫画の登場人物達が一堂に揃い、
パーティーはすごく盛り上がりました。
しかし、そのパーティーの最中に怪盗キッドがこんなことを皆に向かって言い出しました。

キッド『今日は折角集まった皆さんに僕の華麗なるショーを見ていただきたいと思います。
   “はなのうえ”さん、今日のパーティーが終わる前にあなたの大事なものを頂きます』

この言葉で会場が不安と期待の声に包まれました。
何人かの人は怪盗キッドのヒントを元に誰が狙われるのか考え始めました。
?「バーロー面白いじゃないか、俺のいる場所でできるものならやってみな」
?「いわゆるパーティーの余興ということね、頑張ってはじめちゃん!」
?「うーん、日本漫画界の全ての人物がいるからなーこう数が多すぎじゃ分かんねえよ。」

キッド『これだけではヒントが足りないかもしれませんね。もうひとつヒントを出しておきます。
    その人物は“仲間はずれの刑事”が出て来るスポーツをやっています』

?「そうか!そういうことか!読めたぜ怪盗キッド。お前の狙いが!真実はいつもひとつ」
?「なるほどね、そういうことか…謎は全て解けた!」

さて一体誰が狙われるのでしょうか?理由もお答えください。

146 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 23:54:27 ID:6qZnkdKA
解答は〜?

147 :145:2006/12/02(土) 00:21:26 ID:dZSv6gdc
解答はもう出してもいいですか?

148 :145:2006/12/02(土) 00:25:25 ID:dZSv6gdc
一応 ヒント編とか作ってあるので要望あるなら書きます。

149 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 00:52:30 ID:tNI2sEAY
普通にわからないのです・・・
漫画の知識はいるんですかね

150 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 00:52:52 ID:Li36sK3q
これは少年漫画雑誌を読んでなきゃ分からなさそうだよね?
・・・って事でスルーしてたんだけど(もう10年以上ゴブサタなもんでw)
週末になって人が増えたらその辺にも精通してる住人が現れるかも知れないから
解答編はまだいいんじゃないかなぁー
過疎ってるし・・・
ヒント編を貼るなら(レスが付かなかった場合も含めて、流れを見ながらだけど)
明日の深夜ぐらいがタイミング的にはいいかも

>>146みたいな荒らしは放置でいいよ
ごく最近は減ってきたけどほんのちょっと前まで

151 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 10:53:11 ID:iLBUi6N+
わかんないなぁ

・はなのうえ

「鼻の上」→眉間、額、でこ

そんな漫画キャラいないわな

「ハ行ナ行のウ段エ段」→ふね

サザエさんとこのお母さんはスポーツやってない

「花の飢え」→かんばつ、乾燥、水、太陽

思い付かない



スポーツの方なら漫画の知識関係なくアプローチできるんじゃないか?

152 :145の問題補足:2006/12/02(土) 16:57:28 ID:dZSv6gdc
>>150の意見を聞いて考えました。
確かに正解が知らない漫画だったら答えられないのでちょっとアンフェアですね。

選択肢を書いておきます。
1 タッチ      の 上杉達也 【野球】
2 キャプテン翼   の 大空翼  【サッカー】
3 スラムダンク   の 桜木花道 【バスケ】
4 YAWARA!      の 猪熊柔  【柔道】
5 アタックNO.1   の 鮎原こずえ【バレー】
6 プロゴルファー猿 の 猿谷猿丸 【ゴルフ】

この中にキッドの標的がいます。その漫画を読んでなくても答えが出せます。

153 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 18:18:30 ID:1Wajh2av
うーん、漫画を読んでない人でも解るヒントなのであろう
「仲間はずれの刑事」の方がわからんのぉ。
でも、おそらく「はなのうえ」は「鼻の上」で、(メ欄1)の上と
考えれば(メ欄2)で正解は(メ欄3)?

154 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 22:16:20 ID:iLBUi6N+
じゃあ俺はスポーツの方からアプローチ

仲間外れは(目欄1)、刑事は(目欄2)
つまり(目欄3)のスポーツは(目欄4)

でも「はなのうえ」に結びつかん

155 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 00:37:20 ID:Z7RHOwCz
>>153
でもそれは「漫画を読んでいなくても分かる」とは言い難い。

156 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 01:09:35 ID:PGqu6dJj
>>155
そうかなぁ?
(メ欄)がネタとしても使ってるぐらいだし、
常識扱いでもいいと思うが。

157 :145の問題 ヒント編:2006/12/03(日) 02:51:46 ID:5sW33bL0
2人の男女が話し合っている。両方とも年は高校生辺りと言ったところ。
男の名前は金田一はじめ、女の方は七瀬美雪といった。

美雪「はじめちゃん、もう誰が狙われてるか分かったの?」
金田一「まあね。多分間違いないよ。」
美雪「すごーい、ねえ、誰なの?はじめちゃん。」
金田一「折角のパーティーの余興なんだから美雪も考えてみれば?」
美雪「そんなこと言っても、あれだけじゃ…」
金田一「じゃあ、そうだな…
    最初の“はなのうえ”について俺がヒントを出すってのはどう?」
美雪「なになに?どんなの?」

金田一「まず、最初のポイントは“はなのうえ”をキッドは喋って伝えたとうことなんだ。
    紙に書いた訳じゃない、だから問題文の文字通りに受け取っちゃだめなんだよ」
美雪「それはつまりひらがなで考えてたら解けないという意味?
  (あれ?問題文とかひらがなとか私達なに言ってるかしら)」

金田一「それともうひとつ、これが最大のヒント……『伊東四郎』」
美雪「え???伊東四郎ってあのTVの?」
金田一「そう、伊東四郎こそ、この暗号を解く最大の鍵さ」

158 :145の問題 ヒント編:2006/12/03(日) 03:00:49 ID:5sW33bL0
2人の男女が話し合っている。
男の名前は小五郎、女は蘭という。2人は親子だった。

蘭「あー、駄目、考えたけど全然分からないわ。お父さんは?」
小五郎「フフ…『眠りの小五郎』と呼ばれたこの名探偵に解けない謎はない。全て分かったぞ、蘭」
蘭「え、ほんと?すごいわ、お父さん」
小五郎「ハッハッハ!まあそれほどでもあるがな」
蘭「ねえ、答えは誰なの?」

小五郎「いいか、まず最初の暗号の“はなのうえ”というのは『【は&な】の上』という
    意味なんだよ。そしてこれはパソコンのキーボードーのことをを指している!
    キーボードー上の『は』と『な』のキーの上に位置しているのは『す』と『か』、
    『や』と『ゆ』。この4文字を使って『ヤス』と『ユカ』という2つの言葉ができる。
    そして、“仲間はずれの刑事”と言えばそのままズバリ、『はぐれ刑事純情派』。
    そう、キッドの狙いは『安浦警部』の次女、『安浦ユカ』だったんだ!」

蘭「…………それ漫画じゃないよ、お父さん」


しばしの沈黙が流れた。
そして、その沈黙を破ったのは1人の小学生くらいの眼鏡をかけた男の子だった。

?「ねーえ!ねーえ!おじちゃん!」

その子の名前はコナンという。

159 :145の問題 ヒント編:2006/12/03(日) 03:20:16 ID:5sW33bL0
コナンはいきなり大きな声で小五郎に迫った。

コナン「ねえ、おじちゃん、僕にもヤイバークエスト買ってえ〜!」
小五郎「いきなりなんだぁ?ヤイバークエストってTVゲームか?駄目だあんな高い物」
コナン「でも、みんな持っているんだよ?それがないと僕だけ仲間はずれなんだ」

その言葉にピクっと反応する小五郎。

小五郎「……1人だけ…仲間はずれ…?」
コナン(気づいたかな?)

小五郎はいままで見せたことのない様な深刻な顔でコナンをジーっと見つめた。
そしておもむろにこう一言。

小五郎「まさか…コナン、お前いじめられているのか?」

コナン「は?」

小五郎「皆が持っているゲームをお前だけ持ってなくてのけものにされてるんだろ?
    正直に話せよ。近頃はいじめでガキの自殺が多いからな…俺に話してみろ。
    力になるぜ。人生にはリセットボタンないんだぞ」
コナン「いや、別にそういうんじゃないから大丈夫…ハハ…(ダメだこいつは)」

蘭「ねえ、もしかして、仲間はずれの刑事さんが仲間はずれにされているのも
  みんなが持っている物を持っていないからなんじゃないかしら?」

160 :145の問題 ヒント編:2006/12/03(日) 03:21:45 ID:5sW33bL0
小五郎「ハァーン?すると刑事ってのはなんだ?警察手帳を忘れた警官とかか?」

そこでまたコナンが大きな声をあげた。

コナン「おねがい!!ヤイバークエストなんちゃらかんちゃら買ってよー!!!」

小五郎「あー!うるさいな!分かったよ、ヤイバーだかダイバーだか知らんが買って
    やるから静かにしてろ!大体なんだよ、その『なんちゃらかんちゃら』って」
コナン「サブタイトルが英語で読めなかったんだよ」
小五郎「ったく、ガキ向けのゲームに英語なんて使うなよ。
    全部ひらがなかカタカナにすりゃいいのに。
    むやみやたらにアルファベットで恰好つけるのは日本人の悪い癖だな…」
コナン(麻酔針は1本しかない。
    キッドを眠らせる為におっちゃんを眠らせる訳にいかないからなんとか連想さ
    せようとしてみたけど、気づかないか…仕方ない1人で奴を捕まえにいくか)

161 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 21:24:39 ID:FNpiSDtp
この問題がものすごくひねりがきいているのか
私に知識がないのか解らないが、この問題が
解らないことだけは解った!!

という自己完結。

162 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 21:36:09 ID:Pii2UhxQ
解答時期だけでも良いので投下キボン

163 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 23:18:09 ID:UygpRNUi
刑事→KG→GK→一人だけボール触れるゴールキーパー


164 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 23:51:36 ID:FNpiSDtp
本気で感心した。

165 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 23:57:26 ID:NM/KFZvL
ハナノウエを伊東四郎したら…(メ欄1)
よって答えはメ欄2かな

166 :.:2006/12/04(月) 03:07:22 ID:zZLLjJ0N
”はなのうえ”さん

2 hananoue 2 san

house 2an 2an an

「あん、にゃんにゃんハウス」



え、なにこれ


167 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 11:08:07 ID:f8XJ4YrO
>>163>>165でFAだな

168 :145の問題の解答:2006/12/04(月) 18:28:23 ID:KMRffABr
145です。
昨日の深夜に解答書こうと思ったけど事情により丸一日パソコンに触れなかった。
163さんと165さんでおおむね正解です

“はなのうえ”はハナノウエを合体漢字の要領で合体させて
ナ+ノ=大  ウ+ハ+エ=空  で大空
“仲間はずれの刑事”の刑事とはKG…つまりGK(ゴールキーパー)
仲間はずれなのはサッカーのポジションの中で1人だけFを持たないので。

と言う訳で正解は 大空翼 です。

169 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 19:32:35 ID:f8XJ4YrO
Fを持たないより
単純にユニフォームが違う、とかでいい気もするけど・・・

出題乙

170 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 19:40:32 ID:QZl3BYED
「なんだよなぞなぞかよ( ゚д゚)、ペッ」とか思ってたけど
普通に良くできてたと思った。

そして良くできてないの投下。長文のため気に入らん人はスルーを。
解答は・・・余りにレスつかないのも寂しいので、基本明日の夜、
後は反応を見て・・・ってことで。

171 :1/3:2006/12/04(月) 19:42:12 ID:QZl3BYED
――しかし、この作品は、バカが書いたダイイング・メッセージものである。          (蘇部健一『6とん2』より)

新進芸術家・無藤頼紀(むとう・よりのり)が自身の別宅で変死した。
現場を見た限りでは、自殺とも他殺ともとれる状況だった。

「……ったく、こんな山奥で変死なんてしてんじゃねーよ糞が」
山田警部はそう吐き捨てるように云った。
無藤がこの栃木の山奥に別宅を建てたのが二年前、創作のための場という
より、むしろそれから逃げるための、リフレッシュの場であったらしく、
毎年、夏になると数人の弟子と共にここを訪れていたらしい。
電話もつい最近やっと通じるようになったようなところで、今でも電力は自家発電、
ガスはプロパン、水は井戸をくみ上げて使っているらしい。
「まあ、そう云わずに。芸術家ってのも、いろいろフラストレーションも
溜まるんでしょう」部下の吉村がなだめる。
現場は二階、無藤の寝室兼書斎――仕事場、では無いようだった。弟子たちの話では、
この別宅に創作活動のための部屋はないらしい――だった。
ミステリーから歴史書に宗教関係の本、ピラミッドパワーで幸せになれる、とか暗黒厄年に
立ち向かえ、なんてタイトルの本までぎっしりと詰まった本棚に、机の上の大時代な燭台。
芸術家の部屋、と言う雰囲気ではなかった。その部屋の中央に、死体は胸から血を流し、
うつぶせに倒れていた。のたうち回ったのか、あちこちに引きずったような血痕がある。
死因は胸部の傷からの失血死。凶器はそばに落ちていた、被害者の使っていた彫刻刀だった。
現場の状況からすると、窓に面した机に向かい、本を読んでいたところを襲われたらしい。
……これは、この事件が『殺人』であった場合の話だ。
というのは、死体の横に、ちょうど首を吊るときのように一端を円状に結んだ、
この部屋のテレビの電気コードが落ちていたからである。


172 :2/3:2006/12/04(月) 19:42:55 ID:QZl3BYED
つまり、『無藤は首吊り自殺しようと思い立ち、コードを天井のどこかへ結わえようと
したが失敗、代わりに胸を突いた』とも取れるのだ。
つまり、『犯人は当初、無藤を絞殺するつもりで襲いかかった。しかし、無藤が
先に気づき、抵抗。とっさに現場にあった彫刻刀で刺殺』という場合と、である。
しかしこの仮説は、コードが結ばれていたことが説明できないというネックがあった。
「鑑識班、終わりました」鑑識官の高橋が報告に来た。
高橋はその仕事の速さから、『鑑識の結果出んのはやっ!』の異名を持つ男だった。
「死亡推定時刻は昨日の午後10時〜0時。確かお弟子さんの一人が通報してきたのが
11時半でしたよね?『とりあえず先生が亡くなっているのを確認してからは、誰も、
何にも触っていない』って云ってましたから、発見後すぐに通報したんでしょう。
ですから、もっと狭めてだいたい午後11時前後と見られます。それと一つ。指紋を
調べた結果、どうやらあのコードを結んだのは、被害者自身であるようなのです。
被害者の物と見られる、血の付いた指紋がコードに付いていたので、たぶん結んだのは
刺された後でしょう。おそらく被害者は、刺された後も5分程度は生きていたと思われますので」
「どういうことだよ糞が」
山田は眉間に皺を寄せる。高橋は「さぁ」と首をひねるばかりだった。
「ただひとつ云えるのは、鑑識の結果からは自殺未遂説・殺人説どちらも、裏付ける
証拠もあるし、否定材料も出てきたと云うことです」
山田と吉村は溜息をつく。
カーテンの開けられた窓の向こうには、夏とはいえまだ午前三時、事件の行き詰まりを
象徴するように、月も出ていない暗澹たる闇が広がっている。
「なに、簡単なことじゃないですか。そのコードは、無藤さんのダイイングメッセージ
だということですよ!」
その声は、背後のドアの方から聞こえてきた。

173 :3/3:2006/12/04(月) 19:43:47 ID:QZl3BYED
山田は振り返った。
そこには、ボサボサ頭に丸眼鏡、よれよれの木綿の着物に、下はこれまたよれよれの袴に、
屋内なのに下駄履きという、もはやコスプレと云って良いほどにクラシカルな『名探偵』像を
引きずった、若い女性が立っていた。
「……誰だよ糞が」山田はあっけに取られた様子だった。
「ああ、申し遅れました。私は被害者の招待でここに泊まっていた私立『名』探偵の
探偵子(さぐり・さだこ)と申します!名探偵になるべくして付けられた名だと
自負していますはっはっは!!!ところで、まだ皆さんはご存じないかと思いますが、
事件当時、この館では停電が起こっていたんです。先ほど、ブレーカーのある外の
発電機の小屋に行ってみたのですが、氷による稚拙な時間差トリックによって
人為的にブレーカーが落とされた形跡がありました。な、和戸村(わとむら)?」
「行ったのは私だけですけど。『暗くて怖いから行くのやだ』って先生がワガマmぐへっ!」
後ろから不満げな表情を覗かせた、探よりさらに一つ二つ年下に見える女性が「和戸村」
なのだろう。おそらく、彼女のワトソン役といったところか。
和戸村の腹に無言で一撃加えた後、探は向き直り、続けた。
「おそらく、この工作を行ったのは犯人自身でしょう。この館は大元のブレーカーが
落とされれば、非常灯もつかず真っ暗になってしまいます。つまり、犯行直前に
ブレーカーが落ちるようにしておけば、もし被害者に悲鳴を上げられても、停電による
混乱に乗じて他のメンバーが現場に来るまで時間を稼ぐことが出来るという訳です。
今夜……昨夜、と云った方がいいですか?昨夜もみんないつも通り、10時半には
各自自分の部屋に引っ込んでいたので、アリバイなんて元々全員無いような物ですからね。
そして犯人は被害者を刺し殺し、逃走。事前に目を闇にならしておいていたんでしょう。
残された被害者は最後の力を振り絞り、テレビのコードを引っこ抜き、メッセージを遺した……」
「じゃあ、アンタにはこのコードのコード(暗号←上手いこと云ったつもり)の意味が
解ったのかよ糞が」
山田が怪訝そうに云う。
「もちろんです。そして当然ですが……犯人はこの館に泊まる被害者の弟子たちの中に
居るのです!」

174 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 19:49:33 ID:QZl3BYED
【別宅に泊まっている無藤頼紀の弟子たち】
泡城部輝先(あわきべ・てるさき):♂一番弟子。102号客室に泊まっていた。42歳。
井筒木冷慈(いづつぎ・れいじ):♂101号室。31歳。
織堂越智雄(おりどう・おちお):♂105号室。34歳。
剣科詩月(つるぎしな・しづき):♀104号室。26歳。通報者。
否村瀬伊一(ひむら・せいいち):♂103号室。26歳。
姫咲紗仲(ひめさか・さなか):♀最新参。106号室。16歳。

全員に明確なアリバイはなく、ブレーカーの工作も十分にする時間があったとしましょう。
え?動機?うーん……全員分考えるのめんどいし、全員「男女問わず」被害者に
執拗なセクハラを受けていた、で。

175 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 22:46:22 ID:f8XJ4YrO
(目欄1)から、提示されたデータだけで推測するなら(目欄2)

176 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 07:09:14 ID:SHOQ8J7o
>>175
いや、出題者じゃないけど、闇になる前に部屋に入っておいて闇になってから
刺したなら顔は見てるはずだよ。

177 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 07:48:19 ID:UqQWkazJ
燭台があるから暗くないんじゃね?

178 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 17:16:54 ID:Oyc2UHyn
コードで♂♀を表そうとした?
あれ・・・両方複数いるし○しかない・・・・・
○は天気記号?
あれ・・・いない・・・・・
ってことで目欄でw


179 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 21:14:51 ID:pEp5ItFF
>>176それだと目を闇にならしておくなんて事、不可能だけどね。あらかじめ目をつぶっておくという方法もあるけど、全くの闇ならどれだけ慣れようが、そもそも犯人だってまともに見えないから、そこら辺はどうでもいいんじゃない?
>>178
テレビとコードじゃどっちにもできる。
○        ○
T→○→♂    t(テレビのt)→♀     
V ↓

自分は>>175推奨だけど
16(歳)+○=106号室の奴とか、○=泡なら一番最初の奴だし
他の奴もどうとでもなるから、まぁ実際何でもいいや。

180 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 22:54:33 ID:PVV/ClEG
何でもいいやとまで云われちゃったので、そろそろ解答にしますか?

181 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 12:22:00 ID:L0c9Z57/
制作用の部屋はないのに、彫刻刀でやられたってのが気にかかる

182 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 16:28:01 ID:VwArax4h
テレビのコードは硬い→片端に輪を作るように結んでも「○―」こんな形にはならない
→じゃあどんな形になる?→こんな形「6」

よって、犯人は6号室の人。

183 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 21:13:16 ID:EPHwnsEp
解答来そうだな

じゃあ○と一本線で時計をあらわしてたってことで目欄

184 :174 :2006/12/07(木) 22:55:03 ID:ImDI1GaN
じゃあ来ますか。
解決編

――最近気づいたのだが、どうやらこの世界は僕が思っているほど、本格推理の
ルールに沿って動いちゃくれてないらしい         (高守ケイ『ご主人様は名探偵!』より)

「で、このコードは誰が犯人だって表してるっつーんだよ糞が」
山田の言葉に、探は怪訝そうに顔をしかめ、それから大げさに肩をすくめて云った。
「私はそうは云っていませんよ?な、和戸村?」
「はい、でもあんなデスノートに書かれそうな名前大量に並べといて、そーゆーのは
悪質なブラフな気もしますけdぐへっ!!」
和戸村の腹に無言で一撃加えた後、探は向き直り、続けた。
「もう一度、先ほど私が説明した犯行当時の状況を思い出してください。……犯行時、
この館は真っ暗だったんですよ?ですから、被害者にも犯人が誰か――もしかすると
男か女かさえ、解らなかったはずです」
「しかし、ならダイイングメッセージなんて残しようがないじゃないか」
山田は眉間の皺をいっそう深くして、反駁した。
「ええ。犯人の名前や特徴などを書き残すことは出来なかった。被害者がやろうとした
ことは、『自分が殺された』こと自体を表すことだったんです。皆さんも、現場の状況から
殺人、自殺の両方を疑いましたよね?だって凶器は被害者自身の所有物だし――これは
凶器から足が付かないよう、そしてあわよくば被害者の自殺と思われるように、ここに
来る前に犯人が仕事場から持ち出していたんでしょう。停電にしたのも、一つには被害者の
抵抗を最小限にする、という目的もあったのだと思います。
胸を刺すことは自分でも出来ます。停電のせいで助けを求めて下に行くことも、内線で
助けを呼ぶことも出来なかった被害者が最期に最も恐れたのは、自分の死が自殺として
片づけられることだったのでしょう。だから彼は最後の力を振り絞り、テレビの
コードで首吊りの輪を作った。自分自身の手でもう一つ、別に明白な自殺の要素を作る
ことで、偽装自殺を成り立たなくしようとしたんです」

185 :174 :2006/12/07(木) 22:55:38 ID:ImDI1GaN
「まぁ、これはある意味、被害者の私に対する最期の挑戦、と云えるかも知れませんね
はっはっは!」
探は高笑いしたが、カーテンフォール間近と思われた『解決編』の予定調和を破り、
おずおずと手を挙げた人物が居た。吉村刑事だった。
「あのー、その推理には欠陥がある気がするんですけど……」
「欠陥?ふん、そんなのあり得ませんね。何故なら私は名探t……」
「だって、この書斎にはキャンドルスタンドが置いてあるんですよ。被害者はおそらく
この蝋燭の灯りで本を読んでいたんでしょう。ですから、犯行時、この部屋だけは灯りが
ついていたんですよ」
吉村は燭台を指さす。あっ、と探が漏らした。
「背後から襲われたにしろ――現場は、誰も何も触っていないということなので、犯行時の
ままと云うことでしょう、窓のカーテンが開いているので、そこには犯人の姿が映っていた
でしょうから、被害者が犯人を見ていないというのはあり得ないと思います。だいたい、
現場が当時真っ暗だったら、テレビの電気コードを引っこ抜いて一端に輪を作る、なんて
作業、とてもじゃないけど無理だったと思いますよ」
「じゃ、じゃあ。じゃあ、あなたはこのメッセージの意味がわかったとでも?」
探はあからさまな動揺を隠すように、両手を腰に当て、わざと余裕の笑みを浮かべ訊ねた。
「ヒエログリフですよ」
吉村はこともなげに云った。

186 :174 :2006/12/07(木) 22:56:34 ID:ImDI1GaN
「へ?」
「これは、普通に犯人の名前を示すメッセージでしょう。被害者の本棚には、歴史書や
ピラミッドパワーを扱った書籍が見受けられます。おそらく彼は、知識としてヒエログラフの
解読法を知っていたんでしょうね。この形……『一端を輪にした縄』は読み方としては
『o』、『オ』を表すんです」
ttp://www.geocities.jp/p451640/moji/skm/gjo/gjo_16.html
「つまり犯人は織堂越智雄。他の容疑者の名前には、『オ』どころか子音のオ段さえ
入っていませんからね。もちろんダイイングメッセージに法的証拠能力はありませんが、
十分に今後の捜査の指針になる情報だと思いますよ」
「なるほど!そうだったのか!」
山田と高橋、警察関係者たちは次々に感嘆と賞賛の言葉を拍手と共に吉村に贈った。
探は大げさに溜息をついて見せる。「そんな馬鹿n……」
「ご名答!まさかそんなメッセージが残っていたとは気づかなかったが、もはや年貢の納め時!」
ドアを勢い良く開け、入ってきたのは血まみれのパジャマ姿で、血と頭髪のからみついた
自由の女神のブロンズ像を握りしめた織堂越智雄だった。
「なぜこんなことを?」
「許せなかったんだ……先生は俺を裏切ったんだ。先生は、あいつは俺だけじゃなく、
弟子全員にパンツの色を訊いていたんだ!!先生にとって俺はただの遊びだったんだよ……
俺はこんなに先生を愛していたのに!!だから……だから……、♪あんまりソワソワしないでぇ
あーなたはいつでもキョロキョロぉよそ見をするのはやめてよぉ、私が誰よりいちばんっ!
好きよ!好きよ!好きよっ!……」
織堂は泣き崩れた。
いつの間にか全員集合していた事件関係者の誰もが、彼の自白に心打たれ、涙を流していた。
「二人の心の行き違いが生んだ……ふっ、哀しい事件でしたね」
吉村は溜息をつき、やりきれない表情で織堂を見下ろした。

187 :174 :2006/12/07(木) 22:57:37 ID:ImDI1GaN
「ちょっと待ってよ!何それ!?アンフェアにもほどがあるよ!普通の人にヒエログリフの
知識なんてあるわけ無いじゃん!解るわけ無いよ!」
一人、探だけが空しい抗議の声を上げる。山田は呆れた様子で頭を掻くと、
「そんなの、お前の推理も似たり寄ったりだろ糞が。それにこれは現実の世界の事件の
話なんだよ。フェア・アンフェアなんてあるわけねーだろ?なんか勘違いしてるんじゃ
ないか?探偵気取りさんよ」
事件関係者たちは互いに顔を見合わせ、探に侮蔑の視線を向けながら続々と下へ降りていった。
「だって……だって……」残された探はとうとう泣き出した。
和戸村はそれを、ただよしよしとなだめるだけだった。

――どこがいけないのかお分かりですか? 探偵小説を読み過ぎるんですよ
            (アントニー・バークリー『ロジャー・シャリンガムとヴェインの謎』より)

いや、後半部分は殆どただの暴走なので(一応伏線は張ってましたが)前半の推理が
一応正答、となります。皆さんこんな駄問に付き合ってくださって、どうもお疲れ様でした。
それにしても、容疑者の名前は織堂以外全員「なるべく痛々しい&胡散臭いの」と
フィーリングで付けたのに、
・○は「月」→剣科詩月説とか
・16(歳)+○=106号室→姫咲紗仲説とか
・○=泡→泡城部輝先説とか
・コードは「6」を表している=106号室の姫咲紗仲説
・コードは時計を表している=井筒木冷慈説
出ますねえ案外。まぁ、さすがにそこまで伏線なしにしたら怒られそうですが。
何げに織堂犯人説が出てないのが嬉しい。
美しいのはやっぱり『暗闇→音で解る特徴を持つ人間』の下駄履き探偵説ですね。
今度なんかで使おっと♪

188 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 08:10:59 ID:aNtwg3GI
「なんだよなぞなぞかよ( ゚д゚)、ペッ」とか思ってたけど
普通に良くできてたと思った。

189 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 12:59:38 ID:tSpcu4fV
ヒエログリフの知識がなくても
「ワッカ」=「O」はまんますぎるからねぇだろw
と可能性を消去した人が多いんじゃないだろうか。
次回はその他の可能性を消せるロジックも期待します。

乙っした

190 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 19:46:52 ID:xv437HRZ
荒らし呼ばわりされるの分かってて言うわ。問題文から無茶苦茶非道いし。
いやもう非道すぎるだろ。紫電改とかやってた人間か?
なんで漫画の問題が最初スルーされたかも分かってないのか?
お前がやってるのは「僕の妄想(=絶対正解)を当てて下さい」だぞ。そもそも何を答えさせたいのかもはっきりしないしな。
>>187
アホか?>>179が全員どうとでもなるって言ってるだろ。
いくつもある可能性の内、それらを否定する根拠すら無い問題(もしくは蓋然性の高い正答もなかったりする問題)、出して悦に入ってるのか?

頭の弱い子に良い問題出せとは言わないし、別にそう言った問題出すなとは言わないが、多少はそういう問題であると自覚しろ。そんなモンでもありがたがる奴もいるかも知れんしな。
目の付け所がいい?そもそも余剰が多すぎて付ける場所がないんだよ。
あらかじめ保険のつもりか良くない問題とか言ってるが、逆に良い問題とでも言われたいのか?少しは良くなるように頑張ったらどうだ?向上心のかけらどころか推敲の跡すらみえんぞ。
しかもこういう奴に限って、ひでぇ解決編小説かきやがる。小説じゃなく、せめて問題に仕上げてこいや。

ああ、お疲れ様でしたっと

191 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 20:08:46 ID:eMdG0lqP
>>190
自分はそういう自覚のもとに出題できてんのか?
口では立派なこと言うやつが、実は一番へたれってこともありうるしな。
それだけの批判をする覚悟があるのなら、その前に自分のことをはっきりしとけ。

192 :問題:2006/12/08(金) 20:58:47 ID:ohsDQrsD
ある中学校で中国から来た交換留学生が何者かにナイフで刺され殺された。

彼は、第1発見者の教師に発見されたときはまだ意識があり、
「誰に刺されたんだ!」という問いに
カタコトの日本語で「ナフダミタ…キタナイナマエ…オンナ」と答えて息を引き取った。

ことのてん末をその教師から聞いた別の教師が「内のクラスの女子で心当たりがある。」と言い出した。
その女子はごく平凡な名前で特に汚いと感じさせる名前では無かった。
だが、周りの教師もその子の名前を知ると皆すぐに納得した。
さて、彼女は一体どんな名前だったのでしょうか?

193 :↑の問題の修正:2006/12/08(金) 21:04:53 ID:ohsDQrsD
少し問題文を修正します。

>>その女子はごく平凡な名前で特に汚いと感じさせる名前では無かった。
  だが、周りの教師もその子の名前を知ると皆すぐに納得した。
  さて、彼女は一体どんな名前だったのでしょうか?

   この部分を

その女子の名前を聞いた教師(被害者を見つけた方)は
「その名前のどこが汚いんだ?よくある平凡な名前じゃないか」と言った。
しかし、そのクラスの出席簿を見せられるとその教師はすごく納得した。
一体どんな名前だったのでしょうか?

     に修正します。

194 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 21:28:38 ID:YvZAHq71
メル欄でどうだ!

195 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 21:29:52 ID:PEv/6QIC
メル欄に決まっているじゃありませんかお馬鹿さん

196 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 21:33:10 ID:PsRw899c
新宮崎県知事にしみなみ東

197 :192の正解:2006/12/08(金) 21:55:44 ID:ohsDQrsD
194さん 正解です。

名前は「さいとう みなみ」 ただし、漢字が「西東 南」。
だから「北無い」(きたない)。

198 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 22:03:19 ID:EtCaHZUM
乙です。

こういう閃き系の問題も乙なもんだ。

199 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 22:12:06 ID:PsRw899c
>閃き系
www

『二升半合春夏冬中』と同じレベルの【誰にでも分かる駄ジャレ】系だろwww
そういや、過去スレに『坊さんが着たのは袈裟』ってのがあったけど
そっちは作者が【駄ジャレ系】って自覚してたけどこの作者は(ry

200 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 22:53:27 ID:xv437HRZ
>>191
落ち着けよ。どういう自覚指してるのかわからないぞ。
それに言ってること間違ってるか?正答が無くて当たり前の問題をわざわざ解答延長するような奴に自分が出した問題がどういった種類のものかという自覚があるとでも?
名前にダミー置くのは勝手だがそれを否定する明確な根拠もなきゃ意味無いだろ。
漫画のなぞなぞは容疑者出ていい問題になったんだぜ。その前は抽象的すぎてどうしようも無かったんだ。
加えてこの手の問題は仮に正答が出たとしても、出題者が正答変えることだって出来るんだぜ。フェアとかアンフェアとかの論議の土俵にすら上がらない。
出題者完全至上主義なんかあっちのスレに置いてきてると思ったよ。まじな話、問題じゃなく、ただの小説にしか思えんのだわ。

閃き系かも知れないが、簡単な短文問題で良ければ出題しろって言うならするし、批判は当然して貰っても構わないが。

201 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:18:55 ID:tSpcu4fV
>>200
出題者おいてけぼりで議論しても仕方ない。
高い蓋然性、あるいは他の解答の消去を求めたい気持ちはよく分かる。
センスねぇギャグ入れるよりミステリのメイン部分を深く考えてこいや、って気持ちも分かる。
と、いうわけなのでヒエログリフの出題者さんはこういう意見も参考に頑張ってください。


ついでなので閃きインスパイヤ

ある中学校で中国から来た交換留学生が何者かにナイフで刺され殺された。

彼は、第1発見者の教師に発見されたときはまだ意識があったという。
「まだ息もあったんで、犯人の名前が分かるか聞いてみたんです。
そしたら、刺した相手の名札を見たみたいで、
それが女の名前で・・・それから、どうしようもない名前・・・かな?
確かそんなようなこといってましたね。カタコトで。」

ことのてん末をその教師から聞いた別の教師が「内のクラスの女子で心当たりがある。」と言い出した。
その女子はごく平凡な名前でもなかったが、どうしようもないと思わせる名前では無かった。
が、少し頭を捻ると皆一様に得心したという。

さて、彼女は一体どんな名前だったのでしょうか?
条件満たしてりゃなんでも正解。

202 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:21:14 ID:eMdG0lqP
批判でスレがまた停滞してもかなわんしな。
くどくど文句を述べられるより、実際に例示出題して、
どういうのを良問だと主張してるのか解説してもらう方が、
スレの活性化的にも有意義だ。

しかし、これまでの批判者と違い、出題の意思があるのは大変好感。
>>200カモーン

203 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:25:42 ID:ohsDQrsD
>>199
北無いの作者なんだけど
駄ジャレじゃダイイングメッセージとして失格なの?

中国の交換留学生で日本に来たばかりだから漢字の日本語読みがよく分からない、
だから中国でも分かる東西南北で名前を表した。
で、アクセントが不十分、文法が少し苦手な為に北が無いが汚ないになってしまったというものなんだけど…

204 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:34:43 ID:PsRw899c
>>203
ありあり!
【駄ジャレ系】は【駄ジャレ系】でアリっしょ!

ただ、【誰にでも分かる駄ジャレ系】でかしこまって>>197のように書いてたからウケただけw
ちょっと荒れかけた時だったから出題のタイミングも【駄ジャレ系】ってジャンルもGJよ

205 :201:2006/12/08(金) 23:41:27 ID:tSpcu4fV
もうなんかこの流れでいうのは心苦しいんだが
>>201は「どうしようもない名前」じゃなくて「仕方ない名前」の間違いでした。

206 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:44:10 ID:y3KTCtPQ
「銅賞(どうしょう)もない名前」で「志位(しい)」さん
「恩納の納(おんなのな)」「『どうしようも無い』の無、前(どうしようもないのなまえ)」で
「無納(なな)」さん(いねーよ

207 :206 :2006/12/08(金) 23:47:22 ID:y3KTCtPQ
解答は「俺の立場もない」でしたorz

208 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:48:21 ID:eMdG0lqP
つ「志方奈衣」

209 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 00:03:12 ID:oa3F4Dbt
少しひねると、こんなのも考えられるな…
「氏家夕乃」うじいえゆうの

210 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 00:21:40 ID:cylBytJ9
>>201
そもそも議論する気はハナから無い。レスくらいは読んでるだろ。当然出題するなとも言ってない。
>>202
だから落ち付けって。何が良問かとか(それに加えて解説とか)、そういった事が言いたいんじゃない。長文なら長文でせめてまともな問題の形にしてほしいってだけなんだよ。
俺は切ってたからいいが、色々考えた回答者はそれで単純に納得いくのか?と思うんだ。とはいえ俺自体は荒らしで全然構わない。
例えばこのスレの最初の出題者が実際やってるように、長文の前に問題の概要を置いておくとかしてるだけで、密室や遺書とかの問題がやりたくない人はあらかじめ長文をスルーできるようになってるんだなとかふと感心したりもしたんだ。
それから>>132とか>>192の問題なんかでも俺はそれがきちんとした問題だからいいと思う。解答がすぐ出るからそれが単純に悪い問題って訳でもないしな。

まぁ、そんな事は別にいいとして、とりあえずダイイングメッセージの流れぽいので作った。何か気になったらもちろん言って欲しい。

211 :ダイイングメッセージの問題:2006/12/09(土) 00:25:02 ID:cylBytJ9
被害者はマイケル。アメリカからの留学生で、アルバイトで幼年部のマンツーマンの対面型英語塾の講師をしている。
容疑者は桑田、小笠原、高橋、李の4人である。もちろんアリバイはない。
4人はマイケルと同じ塾の講師仲間でお互い非常に仲が良かったが、4人に絡んでは平気で非道いことをするマイケルの態度には普段から腹を立てていた。
今回、砂地でで、マイケルは遺体となって発見され、その腕を伸ばした右手の指先にはアルファベットのAを逆さにしたような文字で「∀」のように書かれていた。
被害者の爪先から地面の砂とが検出されたことから被害者が残したモノであることも間違いなかった。
「被害者は、殴打されて倒れる際に右手の指先で「∀」の左の「/」の部分が、偶然書けて、それをメッセージにしようと思い、書いたが横線の途中で力つきたようです。
ですから「∀」てのも書きかけの文字である可能性は高いです。倒れてからは右腕以外は動かせなかったようなんですが・・・」
「で、県警が身元照会のついでにそれについて意見を聞きたいと?」
「はい。一人、現場に残された凶器から容疑者を逮捕したのですが、どうもメッセージとつながりそうにないんですよ」
「いや、ちょっとした勘違いだね。誰でも、このメッセージなら全員が犯人分かるよ。先に逮捕したから逆に意味が分からなくなったんだ。すぐ連絡しよう」
「え?どういう意味でしょうか?そもそもこれは英語で残されたメッセージなんですか?」
「いや、面白いことに書きかけなら英語でも日本語でも同じ犯人を指してる言葉になる可能性があるな」意地悪そうに部下に向かって笑った。

ダイイングメッセージがしるす犯人とは?

212 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 00:28:29 ID:cylBytJ9
訂正
砂地でで→砂地で(問題とは関係ないからメッセージの文字だけで判断して貰えばいいかな)
眠いので寝る。お休み。

213 :201:2006/12/09(土) 00:42:30 ID:haHAZkSg
なんか嵐のようだw

出題あったからこっちの答え。

一応被害者が息絶えだえの日本人ではなく、中国人であることを活かしたつもりで
「仕方ない」→「しゃーない」→「西(シャー)無い」
というわけでこちらで用意した答えは『東北 南(トウホクミナミ)』等、でした。

最初「どうしようもない」にしてたのは、しゃーないとしょーもないを勘違いしてたから。お粗末

214 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 01:01:49 ID:oa3F4Dbt
>>201
前のを踏まえた問題だったか。
気づかなかったよ!乙!

215 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 02:36:11 ID:iB2YAzKF
>>211
犯人は(メ欄1)。
日本語は(メ欄2)。英語は(メ欄3)

216 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 09:01:45 ID:GPWJ2D9o
>>190
コテハンつけていただけると大変助かる。

217 :211:2006/12/09(土) 11:27:54 ID:cylBytJ9
>>215
正解。お疲れ様。まぁ閃き系としてね。
>>216
コテ付けたところで、どうせもう出題することも無いしさ。また時間が経って新規の人が増えると○○ってコテ何〜?何でコテなん?って感じになるし、
あの問題文と回答者をバカにしてるような自意識過剰な解答や解説に腹がたったのさ。
荒らし対策?じゃぁ「荒らし」にしよか?これからはせいぜい解答するだけだけどね。

218 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 12:44:52 ID:xoTtwfk8
>>211
乙。
何で字が逆さになっていたのかが気になるな。
最初に「∀」の左の「\」から書いたのでも、
後から「/」と「―」を付け足せば普通のAに出来るよね。

あと、マイケルは殺害に関与しなかった人が容疑者になったとしても
良いと思ってたのかな?
マイケルの性格なら、彼のことを恨んでいる人間が他にいてもおかしくないし、
幼年部等分けて手広くやっているうえマンツーマンスタイルの英語塾なら
五人以外にも塾講師だっていると思う。
まぁ、マイケルの性格なら疑われた奴ら全員が逮捕されても構わないと考えたのかもしれないけど、
それならダイイングメッセージに対する信頼性が無くなるのでは。

一つのメッセージが「英語でも日本語でも同じ犯人を指してる言葉になる」ところは
良かった。

219 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 15:34:21 ID:ZIAP+koW
>>211
お疲れ様でした。
着眼点も内容も面白いと思う。推理部分もきっちり存在するし・・。
長文問題の作者って自分の事かと思い、自分の場合、愛着が薄いのか、気づかれない部分はどうでもいいやって感覚だからなぁ。
しかもダイイングメッセージ自体、ラグナロクや掟でもあるように懐疑的だったけど、殺害方法や状況を度外視し、単純に問題としてなら結構いけるなぁと考えさせられた。参考になる。
>>218
自分は「幼年部のマンツーマンの対面型英語塾」ってとこで幼年部が先にきてるから、幼児限定の小さな塾だと読んでた。
あと、対面型塾を表すために逆さにしたのかと思った。通り魔の犯行でない事を表現する感じで、幼児向きだから幼児目線で考えると教える側からは逆文字なのかなと・・・。
最初「∀」ターンエーガンダム→ヒゲ→小笠原が最初に浮かんだ自分って奴は一体・・・。
あと、ダミーとか仕込む余裕もたくさんあると思う。
小笠原・・・ヒゲ、桑田・・・ピッチャー(エース?)とかあらかじめ身体的特徴書いておいたりしてさ。この問題の場合、それ以外の答えが考えられないって形だけど、綺麗だなと思った。
あと交友関係をバイトと学校に分けて、逆さだからバイト側の人間を表すとか色々発展させれそう。
出題しないなんて言わずに、もっと出題しておくれよ。

最近、問題でまくりだな。

220 :218:2006/12/09(土) 15:58:05 ID:usOCOPJC
>>219
なるほど。そういうことか。
お、俺みたいな奴がいるからミンナが判るようになるんだからね!
ミンナの為に言ったんだから!

221 :211:2006/12/09(土) 18:34:19 ID:cylBytJ9
>>218>>219
どうもありがとう。最初から小さな幼児向け英語教室みたいな表現にすれば良かったのか。
確かに幼年部とかだと他の学年部とかあって大きい塾ってイメージあるしな。
そういった事やダミーとかまで頭が回らなかった。回答者の目線をもう少し考えれば良かった。
また、出題楽しみにしてます。

荒らしてごめんね。どうしても我慢できなくてさ。

222 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 18:44:47 ID:haHAZkSg
出題乙。
俺も∀→ガンダムの発想が真っ先にきたよ。

さて、再び「北無い」と「∀」にインスパイヤされてダイイングメッサゲもの作ってみたけど、出題してよろしいかな?

223 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 18:46:48 ID:cylBytJ9
>>222
非道い流れにしてしまったので、ぜひお願いします。

224 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 19:11:04 ID:haHAZkSg
そんな泥酔した翌朝みたいに殊勝にならなくてもw
ダイイングメッセージのダブルミーニングでしかも指す犯人が同じっていうのは
これなかなか面白いと思いますよ。
寧ろ今から出すやつの方が遥かに愚問。
このポンポン出題される流れを止めないための思い付きですので、お手柔らかに。

【問題】
被害者は八方。大学生で、空いた時間にミステリを執筆している。
容疑者は北、北東、東、南東、南、南西、西、北西、の8人である。もちろんアリバイはない。
8人は八方と同じ大学の学生でお互い非常に仲が良かったが、八方が4人に絡んでは平気で非道いことをする態度には普段から腹を立てていた。
今回、八方は執筆中に襲われたと見られ、血の海に横たわる遺体の側にはペンや原稿用紙が落ちていた。
遺体からやや離れたところに一枚の原稿用紙が落ちており、
そこには被害者自らの血で「Д」のように書かれていた。
少し離れていたのは、広がる血で読めなくなるのを防ぐためであったと思われる。
もろもろの鑑定により被害者が残したモノであり、加害者の意図は入り込んでいないことが分かっている。

「この「Д」ってどういう意味なんでしょう?
ラーって読みでいいんですかね?」
「仮に被害者がほとんど体を動かすことができなくなっていて
この記号が最も簡単に加害者を指すと判断したとすれば・・・おそらくこいつだろう」
「え?この容疑者が本ボシですか?」
「ちなみにこいつの読みは・・・じゃないか?」
「そ、そうです!どうしてわかったんです?」
「よし、決まりだ。こいつに絞って捜査だ」

ダイイングメッセージがしめす犯人とは?

225 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 19:43:35 ID:cylBytJ9
>>224
メ欄?

226 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 20:17:21 ID:cf8EmHCN
ДはIMEなら「でー」で変換できるな

227 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 20:41:57 ID:haHAZkSg
>>226
あっ、そうだデーだ!
思い違い。こっぱずかしいorz
でもまぁ、一個考えてたミスディレクションが潰れただけで
特に影響はありません。

228 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 20:43:08 ID:cf8EmHCN
俺のIDに青酸が入っているんだが

229 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 21:07:46 ID:ET0vXs6h
被害者が書いたメッセージは「に」と「し」。色々重なっちゃって「Д」に。
やや離れた所に原稿用紙があったのなら書き直せそうだし、
「にし」って読みもそのまんまだもんなぁ。
次の赤ニシンを探します。

230 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 21:10:49 ID:rSRSrWtV
被害者が書いたメッセージはメル欄1。意味するところはメル欄2。

231 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 23:21:01 ID:haHAZkSg
明日の7時頃か、正答が出たときに
解答晒します。

232 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 00:36:40 ID:CyoR7AKd
なんだかなーってかんじだなー
当の>>190も含めて・・・w

∀→逆さまで「全」 逆さまで「ALL」??
被害者が幼年部のマンツーマンの対面型英語塾の講師してるから逆さに書いた?


(゚Д゚)ハァ?
そんな教え方する先生いねーよ
万万が一いたとしても死の直前に・・・   ねーよw
おまけにまったく>>218
>最初に「∀」の左の「\」から書いたのでも、後から「/」と「―」を付け足せば普通のAに出来るよね。
だし・・・

そこに合理的な理由を説明出来ないんじゃ問題として・・・

まっ、もう出題しないっていうしどうでもいいんだけど
自分でもまともなの書けないんだからあんまり他の出題者に難癖つけて荒らさない事なw

233 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 03:16:24 ID:6NKsLvZf
どうやら私の回答の仕方が悪かったらしいので。

>>232
∀は数学の記号で「すべての」という意味があるらしい。つまりダイイングメッセージは本来の文字の意味そのまんまを示していた。
メッセージが全とALLになりえたのは偶然以外のなにものでもない。メタ的には我々に解かせるためのヒント。

234 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 12:50:26 ID:XMvGElKy
>>232
別に本人じゃないし自分は人の問題に感想言ったりする人間じゃないけど、出題とかしてる人間の読み方の問題として>>219に続いて解説するけど。
>>219でもでてるように教え方じゃなく目線の問題だと思うよ。
例えば幼年部って事だから「A」と書かれたパネルを使い「これがA(エー)です」と教えるとする。
マンツーマンの対面型って事だから机の上にパネルをのせるとして、図にすると下のようになると考えれば
講師
「A」
幼児
講師側からは逆さに見える。
逆に普通にAと書いた場合、警察や捜査側が交友関係をはじめ、イニシャルからその他のものまで考える必要が出てきちゃう。
逆文字で職場を表し、Aで全員を表してるんだから、問題としての蓋然性の高さは十分だと思う。それで納得できないなら個人差の問題だからどうしようもないね。
それから綺麗だなと思うのは、「もちろんアリバイがない」とかいう部分とかね。
問題としてそうでないと成立できないようにも取れるし、全員が犯行に荷担していたからというヒントにもなり得る。
「誰でも、このメッセージなら全員が犯人分かるよ」ってとこもね。
普通に考えれば「誰でも」「全員」と繰り返し同じ意味の言葉使ってるからただのくどい文章だけど「誰でも全員犯人(であることが)分かるよ」と考えることができる。
加えて死の直前にって言うなら、殴打されたから、自分は死ぬとは思って無かったからメモとしたとか考えることもできるしもちろん捜査する人間にあてたとしても、それが問題に支障をきたすほどの物でもないと思うしね。
そもそもそんな事言い出したら、ダイイングメッセージ自体否定しなきゃいけないし。霧舎巧のラグナロク洞のダイイングメッセージ考は結構面白いと思うよ。
自分はすごく参考になったよ。
今までの言うだけの人間(自分はそれでもありがたいんだが)と違って問題出してるんだからそこはきちんと評価したいし、キミは自分で言うように難癖付ちゃった以上まともな問題出すってことを期待して良いのかな?

235 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 15:56:15 ID:2lKKOO0O
>>211
「∀」って数学的には「全ての、任意の」を表す記号だから、
このダイイングメッセージはもの凄い妥当なメッセージだと思うんだが。
あまりに直接的過ぎて当たり前だ、という説もあるが。

236 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 21:29:07 ID:Z70V9p9X
もう回答でないようなので解答を。



「でも、どうして分かったんです?犯人が北西だって」
「まず考えるべきはどうして血文字かってことだ」
「どうしてってダイイングメッセージと言えば血文字じゃないですか!」
「それは書くものがなかった場合だろ。今回は側にペンがあった。
執筆中に襲われたならどこかの蝶ネクタイ小学生の話みたいに書けないペンだったってこともないだろう。
しかも被害者は書いた後に紙が血で汚れて血文字が読めなくならないように
わざわざ無い力を振り絞って体から離している。
ペンならそんな手間が必要ないにも関わらずだ」
「なるほど、つまり血そのもの、もしくは赤で書いたことに意味があった、と」
「そうだ、次にДだが、この形どこかで見たことないか?
例えば・・・地図帳」
「あっ、山!ですか?」
「そう、そして見た目がそのままこの形の山は?」
「富士山!!・・・赤で書かれれば、それは赤富士か」
「まぁこれ以上簡単に『ほくさい』を示す記号はないだろうな」


というわけでした。
批判批評ください。
日々是精進。

237 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 22:52:09 ID:0LFhA1Cp
>>236
乙です。なるほどー。血で書いた意味かー。
俺も下っ端刑事みたいに「ダイイングメッセージと言えば血文字じゃないですか!」
ってなってたけど、考えて見れば変だもんね。目から鱗です。

一点だけ、素人考えを言わせて貰うと
Дの形から富士山を持ってくるときに「あ、山!」っていうのは無くていいかも、と思った。
俺には地図帳の山ってΔみたいな奴だっていう印象あるもんで、
「ん?そうか?」ってちょっと違和感を覚えたから。
形からそのまんま富士山に繋げても良かったのでは。
絵心ない奴が富士山描いたら確かに「Дみたいな形」になりそうだもんねw

238 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 00:47:18 ID:rdprchMn
停滞あげ

239 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/18(月) 18:26:02 ID:ZbG12I52
100階建て超高層マンション敷地内で、早朝6時、女性が首吊り自殺しているのを住人が見つけ119番した。

検視の結果、死亡推定時刻は同日の深夜2〜3時の間。
女性の頚部には、いわゆる首吊り痕が見つかり、「縊死状態」であったという。
つまり、「絞死」や「扼死」の場合と違い、『頚部に紐状の物を通し「自らの体重」で頚部を圧迫』されたことが
証明されたわけだ。
その結果、県警では、女性がマンション敷地内で首吊り自殺したとの認識で一致した。

しかし、私(省ぬん刑事)は、この「事件」に不信感を抱き、窓際刑事という立場を利用し、単独での捜査を開始した。

まずは、第一発見者を疑ってみる。捜査の鉄則であろう。

第一発見者は元自衛官らしく、暴力沙汰で自衛隊を除隊された後、自殺したとされる女性と恋仲であったという。
事件発生の一週間前に、この女性から別れを切り出されたそうだ。

この別れ話がこじれて、殺意を抱いた第一発見者が女性を・・・というのは有り得る話である。動機としては十分だ。

240 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/18(月) 18:26:47 ID:ZbG12I52
第一発見者によると、早朝5時50分頃、日課となっているジョギングを開始しようかと思っていた矢先、
マンション敷地内の柿の木にて「被害者」が首をつっているのを発見し、すぐに通報したという。
現場に警察や消防が到着するまで、マンション住人は誰一人この惨状に気づかず、第一発見者は、
一人で現場に待機していたという。

という事は、だ。この第一発見者は、警察や消防が到着するまで、現場に何らかの隠蔽工作を施すことは十二分に
可能であったということではないか?

しかし、アリバイという観点から見てみると、この第一発見者の部屋は最上階のちょうど100階にあり、
死亡推定時刻2〜3時には自室で友人たちと飲み会をしている。彼がトイレに行くため席を立った(10分程度らしい)
ことを除けば、常に友人たちに監視されていたという事になる。

席を立った10分の間に、エレベーターを使用し、マンション敷地内の現場まで出向き、犯行に及び、
再び100階の自室に戻ってくることは、いくら彼が元自衛官であり体格・体力的に優れているとはいえ、
不可能であろう。アリバイとしては完璧である。

241 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/18(月) 18:28:43 ID:1azfO38r
「いかん、捜査が行き詰ってきたな・・・。」
死体発見現場にて、そう逡巡していると、ふと古びた焼却炉が私の目に飛び込んできた。

このマンション専用の焼却炉。

5年前まで住人が出したゴミを焼却処分する為に使用されていたが、煙突からわき出す煙が景観を損ねるとか、
環境省からゴミの焼却は業者に託すように勧告があったとか、様々な要因があり現在は使われていないそうだ。

しかし、私が今現在見ている焼却炉には、最近何かが燃やされていた跡がある。何かビニールのような・・・。
「そ、そうか!」その時、私の頭の中で稲妻の如く閃くものを感じた。

私は、すぐさま第一発見者の部屋に赴き、突然の訪問に戸惑っている彼を目の前にして、
いつもの決め台詞を発した。

「あなたを犯人ですm9('∀`)ノ」

242 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/18(月) 18:29:22 ID:1azfO38r
※読者への挑戦
これであなた(読者)の得た情報と探偵の得ている情報は完全に一致した。まったく対等な立場である。
さて、犯人である第一発見者は、どうやって被害者の女性を殺害したのか?あなたにこの謎が解けるかな?(`・ω・´)

243 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 20:52:44 ID:lruNU4AM
死体発見現場の地面には失禁等の痕跡はありましたか? 
ありませんね?
死体はものっそい寒い思いをしましたか?

244 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/19(火) 19:07:57 ID:e6asxYUv
>>243
そんなにビチャビチャ出るもんだったのか(゚д゚;)
パンツが濡れてた程度、ということで許して下さい(´・ω・`)

※答え
パラシュートで被害者を屋上から落として、開いた瞬間、首が絞まる仕掛けになってたんだ(`・ω・´)b

245 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 20:21:52 ID:CBdhkqMo
・・・(-公-、)

246 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 21:22:53 ID:J2A/Qe8n
身体中の穴という穴から・・・

247 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 21:33:42 ID:mTgJfMqG
みかん汁が噴き出した・・・

248 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/20(水) 06:55:28 ID:0NamxWTl
(´・3・`)アルェー

249 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 11:04:17 ID:U7C51juc
欧米かっ!

250 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 22:39:42 ID:ms0urRRf
>>248命名
こめ汁

251 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 22:41:30 ID:v7cFR8qO
「お」を付けたら「おめこ汁」かよwwwww

252 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 05:32:25 ID:vgZ1fKxd
>>248
まあ、なんだ、また頼むよ

253 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 21:21:35 ID:STD9Xk1L

軽々しくそういうこと言うなYO-
調子に乗ってまた来たらおまいのせいだぞ

254 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 14:06:55 ID:snWkO+lT
別に好きな(?)出題者の出題を期待するのはいいと思うが、回答者も間違った知識やファンタジーな問題文にきちんと意見するなりしないと同じような間違った知識の矛盾問題出しても、スルーされ続けるだけじゃないか?

255 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 16:52:17 ID:Q1nVKxVI
>>254
よろしく

256 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 19:27:58 ID:snWkO+lT
いや別にそいつに出題期待してないし。

257 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 12:15:06 ID:wKLLidx4
被害者を気絶させておいて、長〜いロープを百階までつないでおいて、
その10分の間に吊り上げればいいんじゃあるまいか。

258 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 13:08:43 ID:Gi2jhRRf
普通に百階で殺せば良いじゃないか。
元自衛官なら、意識のない女を担ぎ上げて、天井から下ろしたロープの輪に頭を通すくらいできるだろ。

259 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/25(月) 18:23:23 ID:Zhyx0kKO
>>257-258
気絶させり百階で殺したら、その痕跡が残るじゃない(´・3・`)

このトリックは、被害者に任意でパラシュート体験させると見せかけて、
「絞死」や「扼死」とは違い「縊死状態」で殺し、なおかつアリバイ工作も出来るというのが肝なんじゃない(´・3・`)

260 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 18:47:06 ID:wNImmfAM
>このトリックは、被害者に任意でパラシュート体験させると見せかけて、




261 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 20:07:19 ID:Gi2jhRRf
パラシュートで落とした方が痕跡が残るだろ、どう考えても。
減速してるとは言え、当然受身を取れずに地面に落下する死体が無傷で済むはずがない。
全身擦過傷と打撲、悪くすれば骨折の痕が残り、自殺でないことが丸分かりになる。
そもそもパラシュートで落とすなど、いくら深夜とは言え、目立ちすぎるだろ。
飛んでるところを目撃されたらどうするんだ? 或いは人目のあるところに落ちたら?
回収不可能なところに落ちたら? どこに落ちたか分からなくなったら? あまりにも不確定要素が多い。


それに比べれば、睡眠薬でも飲ませて眠らせ、担ぎ上げて首を吊らせる方がまだマシ。
自殺時に恐怖を紛らわすため薬を用いる人はいるらしいしな(首吊りでもいるのかは知らんが)。

262 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 20:30:37 ID:A7BjSZBR
こめ汁〜

263 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 23:12:11 ID:cBmrOsMX
ビルの近くに落ちる可能性は低いし
着地時に間違いなく足が折れる

問題点は色々あるが、とりあえず分かりやすいところ2つ。
わかったかね、こめ汁

264 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 23:23:30 ID:cBmrOsMX
開傘可能な最低高度調べたら
ビルからの避難用の小さな奴は50mくらいでいけるらしい。
それならビルから大して離れることはないだろうけど
着地の衝撃は大きくなるね。

265 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 23:25:51 ID:A7BjSZBR
こめ汁よりもごはん汁のほうが語呂がいいかなぁ

266 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 12:06:14 ID:uJI4hDBB
>>259
乙です。
>このトリックは、被害者に任意でパラシュート体験させると見せかけて
女性は男と別れたいと思っていたにも関わらず
「深夜2〜3時の間にパラシュート体験させてやるよ。
飛行機からじゃなくて、百階建てのビルから。二人一緒に飛ぶ奴じゃなくて、
お前だけ飛ぶ奴ね」って誘われて「うん、飛ぶ飛ぶ!」って言ったってことなの?

自重で首が絞まる仕掛けなら、首だけで体重を支えているんでしょ?
それならパラシュートが開いた時の急激な速度低下による衝撃も全部首にかかるんじゃない?
それでも「縊死状態」になるの?

深夜2時から3時に飲み会やってたんでしょ? 
その時間まで飲んでたんなら朝まで帰らないんじゃない?
>現場に何らかの隠蔽工作を施すことは十二分に可能であった
って微妙じゃない?

発想は大胆で良いと思うんだけど、もう少し練った方が良かったのかも。
折角のアイデアが勿体ない。

267 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 13:52:40 ID:rF+mjFdm
発想自体おかしい。通常下に落ち続けるパラシュートが空中で10分間くらいでも静止しない限り、完全な縊死状態になんかなるわけがない。せいぜい衝撃でクビの骨折るとかのただの不審死だ。
落下する=重力の方が力量が高いため落ち続ける限り全体重はかからない。ぶら下がった状態=重力よりも強い力量で固定された状態、固定された部位に全体重がかかる。
そもそも開くメカニズムを考えて無いことがはっきりわかる。少なくとも本人談から最初から開いた状態ではないのは確かだろう。相当な好条件でも無い限り厳しいぜ。
少なくとも自衛官なら、真下に降下したときに膝など間接を曲げたりして受け身とらないと怪我する(損傷する)位は分かりそうだが。
だいたい首つり偽装自殺なんて遺体動かすだけでも簡単にばれるのに。
何があってもトリックに活かせないものはそもそも切り捨てるべきだな。
あっちのスレみたいな肝心な事を曖昧にし、実はトリックではなく変わった殺し方考えましたって言われても正直困る。
メイントリックですら矛盾の宝庫だ。その他の部分も相当やばいし。

>>259みたいに間違った知識で開き直るくらいだ。向上心だけはないだろうが、期待してる人たちのためにまぁがんばれ。

268 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 20:09:22 ID:moULDOhE
よろしくね、ごはん汁

269 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/26(火) 20:16:01 ID:FLFQoRIH
次は頑張るよ・゚・(ノД`)・゚・

270 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 22:46:53 ID:0EtTAsAO
>>264
>ビルからの避難用の小さな奴は50mくらいでいけるらしい。

そうなんですか。しかし、ビルからの避難用って、実用性あるんでしょうか。
日航機の事故のときだったと思いますが、「墜落が予想される場合の
緊急避難用に、飛行機にパラシュートを積んだらどうか」という提案があったの
ですが、「訓練を積んだ自衛隊員ですら、最初は教官から怒鳴りつけられて
やっと飛び降りるくらいなので、素人にパラシュート降下しろというのは
現実的ではない。」と批評されていました。
そういうわけで、トリックとしてはやはり現実的ではないwと思いますが、
個人的にはこういう一発ギャク的トリックも嫌いではないので(何より
頭を使わないのが良いw)、また書いてください。


271 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 02:27:22 ID:/djK3XL9
>>267>>270
落下時に自動的に開く機構もあるらしいから
突き落とせばいけるだろう。
ただし、多分落下速度が若干落ちるだけだろうから(詳しいデータ見付からなかったけど)
首に力がかかるようにしてもせいぜい意識失うくらいだと思う。

死因は墜落死だな

272 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 07:40:16 ID:DIpwGYeO
お前ら…よっぽど飢えてるんだな

273 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 08:37:01 ID:3C1H+5Uq
>>269
いや、もういいから

274 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 12:08:25 ID:HCEZGDFr
>>270
>ビルからの避難用って、実用性あるんでしょうか
自衛官の場合は飛ばなくても死なない状況なのに対して、
非難用のを使う場合は飛び降りなくちゃ死ぬって状況だからね。
高層ビルの火事だと、煙から逃れようと高い階から飛び降りる人とかいるみたいだし。
そういう意味だと実用性あるんじゃない?
飛行機に非常用パラシュートつけない理由としては、コストの問題が大きいって聞いたことがある。
あと、パラシュートで飛び出す為には航空機のドアを開けなくちゃいけないけど、
これによる気流の変化が、落ちそうになっている飛行機を確実に落すからだという話も聞いた。
後者に関してはマユツバものだけどね。

以前友達がパラシュートで着地する時の基本着地態勢?のモノマネとかいうのを見せてくれたんだけど、
練習しないとありゃ出来ないな。三段階くらいあって、けっこう難しそう。

275 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 16:37:11 ID:FPNAeRde
こんなバカ問題なんかどうでもいいが一応説明しとくか。
>>271
基本的にパラシュートは安全性のために自動開傘システムがある。そのため意識を失ってても大怪我はする可能性があるが、開傘したのであれば墜落死はほとんどない。
んで次ぎに高度の問題になるが、単純に考えて300〜400m位にしておこう。それだけでもファンタジーなマンションだが、パラシュートを利用するのなら低高度になるわけだ。
地球での重力と考えれば、自由落下で地面激突するのなら実に7〜8秒程しかない。
んで低高度用パラシュートの場合、自動開傘とかいうのはどういうモノを指すかと言えば、基本的には飛び出した瞬間に開くモノだ。高高度の場合、時限式、感圧式と様々だけど。
機能としては飛び出しと同時にあらかじめ固定された建物、ヘリと離れるロックが解け(手榴弾のピンを固定して手榴弾の方が離れていくという感じで考えればいい)、すぐに開傘するようになっている。落ちてる途中に開こうとすると確実に間に合わず死ぬ。

じゃぁクビを絞めるってのはどうなる?
もちろん索状痕は確実にずれるし、当然体重のかかる方向も変わる。いずれにせよ地面につくまでにさほど時間があるわけでもないので完全に首つり縊死状態になることはない。
一度脳の酸欠状態になったとしても、実際に身体の方は生きているため、偽装自殺を施した時間が死亡時間になりアリバイなんて存在しない。
もしかして体重がかかった瞬間に死ぬなんて思ってないよな?
そもそも死なないためのモノを殺す道具にするんだから自作しないといけないし(ネックベルト作るとかか?)、古い焼却炉じゃパラシュートほどの大きさなら温度が低くて燃やしきれず変な形に変型して大変だろうな・・。
てか通常ナイロンが素材なのにビニールって耐久度やばいぞ。スーパーの買い物袋でも集めたのか・・。
おそらくクビにロープついた人間がフワフワパラシュートで落ちるというシュールな絵柄だけ浮かんじゃったんだろうな・・・。

276 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 16:40:58 ID:FPNAeRde
でついでに説明すると建物(ホテルとか高層ビルとか)の備え付け非常用パラシュートの場合、あらかじめ固定してあるかロックする部分がパラシュートの設置場所にあるのできちんと確認して、恐れず思い切り飛び出して大怪我をすればいい。
(ただし、適当な謎のパラシュートを見せかけの安全性のために置いてあるだけのビルとかは固定されてないので高さによるけど背負って飛び降りたはいいが、開傘せずに終わる場合がある)

まぁなんていうか頑張るって言ってるんだし、出題することくらいは大目にみてやって。今度もスルーしてやればいいじゃないか。

277 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/27(水) 18:28:42 ID:Zmz5jJYl
お前ら何だかんだ言って優しいな( ;∀;)

278 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 18:30:24 ID:wqhbrDD0
>>275
おまいが一番スルーしてないだろw

279 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 19:44:40 ID:/djK3XL9
こんなバカミスを名乗るのもおこがましい様な問題で
ここまで話題が広がったんだ

やるじゃないか、こめ汁

280 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 22:22:24 ID:2BRMUlBp
>>277-279
なんか3人とも勘違いしてるな。もう面倒だから放っておこう。
>>277次からちゃんとこめ汁に変えとけよ。

281 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 00:56:04 ID:uPnu4VcP
>>280
今度「も」スルー
と書いてあるからだろ。今度もスルーするということは、今回はスルーしとかなければならないのに、おまえが今回のパラシュートにたいして書くから突っ込まれてるんだよ。
正確には 今度「は」スルー と書かなければならないだろう。

282 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/29(金) 08:39:34 ID:DWoid6ML
やっべぇ、また新しいトリックのプロット考えちゃった(*>艸<*)ムフゥーッ

283 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 08:48:31 ID:H4ps+PHG
>>282
書くのはいいがココに出題する気なら最低20回は推敲しろ
第三者の目線から客観的に読め

284 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/29(金) 08:51:31 ID:DWoid6ML
厳しい世界なんだねえ(゚д゚;)

285 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 14:42:31 ID:KntrZW/A
>>281
こだわるなぁ。解答しないことをスルーっていってるだけだ。だから勘違いだって言ってるんだよ。
だいたいパラシュートの事なんざこめ汁のためにした訳じゃないって事は分かるだろうが・・・。

286 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 15:11:26 ID:C95X8o9G
いい加減うざいんだが。

287 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 15:35:07 ID:QlzuHFLl
出題の反省会が長引きそうな時や、議論が熱くなって荒れそうな時は、
あっちのスレ再利用してみては如何か?

第14回?モナギコ蜘蛛の会
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1162224726/

288 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 16:44:06 ID:+4PXqZ7S
>>285
もう気づいてると思うけど回答者のために解説や説明したって変な奴に妙な横レスつけられるだけだよ。もうやめたほうがいいよ。
感謝されるわけでもない。間違いを正されて感謝しない奴はいくらでもいる。

>>287
なんで定期的にそれ貼るの

289 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 17:44:47 ID:QlzuHFLl
>>288
貼ったの初めてなんですが、何か気に入らなかったですか?

290 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 22:06:51 ID:5Wspi8RL
ごはん汁、貼ってくれ

こっちの準備はOKだ

291 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 00:57:05 ID:fESlizpe
「汁」を使うのは百億万世紀はえーよ

292 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 00:59:18 ID:nuUYSO4i
>>291
…みかん汁
生きていたのか

293 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 07:29:42 ID:7OlhuzLT
>>289
間違いを正されて感謝しない奴はいくらでもいる。

294 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 07:50:19 ID:s28IEgXh
たしかに同じバカミスでもみかんのは【愛すべきバカミス】だったな
(以下、誹謗中傷になりかねないので ry

295 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 10:37:24 ID:SrOt1Aqy
>>293
意味が分かりません><

296 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 12:07:39 ID:pwakoh7Q
>>284
どんとこい
このスレは来るもの拒まずじゃ



ブーブー言ってるヤツはスルー汁

297 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 13:36:29 ID:RMaW+W/c
>>289
あのね。「誰が」貼ったかなんて関係ないんだって。何回も貼らなくて良いから。

298 :287:2006/12/30(土) 13:49:37 ID:OsKi4zeR
>>297
テンプレの避難所の利用を提案しただけなんですが・・・
そんなに気分を害するほど何度も貼られてるんですか?

299 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 13:57:06 ID:RMaW+W/c
もういいって・・・。そもそも議論用にするなんて別にルールじゃないんだし、実際、間違いを訂正されただけで議論でも何でも無かったわけでしょ。
問題の反省も必要ならこっちでやればいいんだよ・・・。いちいちそんな事してたら乱立してるのと同じだよ。

あと実際避難所ってのはスレが使えないとかで一時的に利用するスレの事を言うんで、そういう意味では>>1の書き方はおかしいんだって。

300 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 14:45:00 ID:OsKi4zeR
オナニー議論みたいな状況は必ずまたあると思います。
そういう時、議論用に使えるスレが有るのは有効だと思うわけです。
まあ、ただの提案にすぎないんで必要なければスルーして下さい。

301 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 15:17:47 ID:hLBYgwkJ
何こいつ?オナニー議論とかまで言い出したぞ。そんなの誰もしてないぞ。問題に対しての議論の話だろ。
話自体終わってるのに。ズレすぎ。汚しすぎ。
大体、オナニーだろうが何だろうが批判するかどうかは別として出題自体どんな問題でもフリーでって事で総合としてスレ立ててるのに、変な出題規制しだす奴いるし。
お前が勝手に議論にしたいだけじゃね?スルーしてください?開き直った常套句だなw

302 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 15:35:23 ID:pwakoh7Q
ID:RMaW+W/c ID:OsKi4zeR ID:hLBYgwkJ ←荒らすな3バカーヽ(`Д´)ノ


新潟省ぬん ◆oocooozoos どんとこーいヽ(´ー`)ノ

303 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 15:41:59 ID:hLBYgwkJ
>>302
お前もなw

304 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 16:08:52 ID:R2hHT9+L
いつみても荒らした荒らしてないってけんかばっかりのスレ

305 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 16:20:23 ID:/CTLaM81
こういう揉めてる場面にこそ殺人事件とか起こるんだよな
ぬんが殺される
それぞれがそれぞれを犯人と決め付け疑心暗鬼に
そしてまた起こる惨劇
そして犯人は俺

306 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 17:48:43 ID:RMaW+W/c
ほう。じゃぁ犯人はお前さんだ。CCとかにすると長いしね。軽く終わりそうなのをチョイス。
被害者・・・新潟省ぬん ◆oocooozoos
犯人・・・>>305
ボス・・・殺し屋軍団のボス
サブ・・・殺し屋軍団最後の殺し屋「ラストヒットマン」
その他・・・何か言い争いをしてるらしい人

「サブ殺しの依頼だ。依頼主の>>305が新潟省ぬん ◆oocooozoosを殺して欲しいと言うことだ」
「へい。わかりやした。して何か条件とかでも?」
「うむ、ターゲットは今新潟にいるらしい。そして依頼主は新潟から離れたここでアリバイ作りをするということだ」
「へい。つまり指定時刻に殺して欲しいという依頼ですね」
「ああ、今日の夜の7時からソープに入ってアリバイ作りをすると言うことだ」
「え?あと2時間もありませんぜ。新幹線か飛行機を使わない限り無理ですぜ」
「そうなんだ。しかも困った事に、我々にはお金が全くない。しかも依頼主もケチで成功報酬でしか払わないという」
「あ、ボス。あっしにいい考えがうかびやしたぜ。お金を全く使わずターゲットを殺して見せます」
「なんだと!!!さすがは我が組織最後の殺し屋だ。よし、サブ行け。見事ターゲットを殺してみせよ」
「ガッテンダ!!」

こうしてターゲットの新潟省ぬん ◆oocooozoosはサブに直接その手で殺され、依頼主の>>305は無事逮捕され、サブは「ラストヒットマン」となった。
「あのバカ、とんでもないことしやがった・・・」
サブが取った恐るべき方法とは?

307 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 18:36:27 ID:pwakoh7Q
>>306
http://www.youtube.com/watch?v=-UB-r5CvwRc

308 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 20:01:37 ID:RMaW+W/c
シュールで笑えるけどソレは違う。ホームで乗るとしたら日本だと改札通らないといけないし、実行したらモロに無賃乗車で捕まりそうだ。

309 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/30(土) 20:47:52 ID:Euk5Q/80
トリックは湯水の如く沸くけど、
そこからショートショートに纏めるのが一番難しいな
長編より短編の方が難しいのがよく解る(´・ω・`;)

310 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:02:23 ID:Meofg2q4
>>306
後払いで殺し屋を雇った。

311 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:03:57 ID:Meofg2q4
…って「直接その手で」と書いてあるのか。

312 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:05:19 ID:Meofg2q4
ああ、そうか。ぬんを新潟から呼んだんだな。
で、アリバイを失った>>305が逮捕された、と。

313 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:27:40 ID:RMaW+W/c
>>312
正解。お疲れ様。お見事きちんとヒント通りですな。
ちょうど>>305もソープから帰って来た頃だろうしね。
>>309
格闘家が拳で語るように出題者は出題で語ればいいんだよ・・。批評は後からして貰うモノだから。

314 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 22:15:34 ID:nuUYSO4i
(ごはん汁+こめ汁)/2=ごめん汁

315 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 23:22:40 ID:/CTLaM81
拘置所から記念ぱぴこ

316 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 09:29:26 ID:lbn32FgT
新潟省ぬん ◆oocooozoos
今年最後の出題は君にまかせた!
306のようななんの捻りもないしょうもない問題の出題者だって
恥ずかしげも無く堂々としてるんだから(ワ
君も臆することなく出題してくれ!

317 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 09:54:14 ID:CkYiO5Wy
にいがたしょうぬん
にいがたせいぬん
こめじる
ごはんじる
ごめんじる

318 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 11:36:20 ID:y4TwxxWC
オフ会というものがある。
インターネット上で活動するグループに所属するメンバーや、
Web上の特定の掲示板などによく出入りする人々が、
実際に集まって行なう会合のこと。

今回、私(省ぬん)が参加したオフ会は、その名も「ダーツ愛好会」。

ダーツをこよなく愛す。ダーツのあの雰囲気がたまらない。
そんなダーツ好き、ダーツマニアが集まってワイワイ騒ごうというのが、今オフ会の趣旨だ。

参加者は俺を含めて全部で6人。無論、全員ハンドルネームで呼ばれてる。

ハットトリック氏(今オフ会の主催者)
ホワイトホース氏
ロウトン氏
ハイオフさん(女性)
シャンハイさん(女性)
そして、私こと、省ぬんだ。

同じ趣味の人が集まっているだけに、やはりオフ会は盛況だった。
一次会、二次会、三次会と、次々にお店を変えて飲み歩いた。

時計を見ると既に夜中の2時。ここで主催者のハットトリック氏がある提案をする。
「まだまだ飲み足りないですなぁ。どうです?うちで飲み直しませんか?」
「いいですねえ、ハットトリックさんの部屋も見てみたいし!」「賛成!賛成!」
皆へべれけなので、遠慮というものがない。

比較的、酔いの醒めていた私は、軽く肩をすくめて儀礼的に尋ねる。
「こんな時間に迷惑ではありませんか?」
「なぁに、男の一人暮らしですから、誰に迷惑をかけるというものではないですよ。」

319 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 11:37:03 ID:y4TwxxWC
ハットトリック氏の部屋は某マンションの一室。
間取りは1DKのこじんまりとした作りだが、独身男の一人暮らしならばこれで十分であろう。
玄関を入ってすぐ左がキッチン、すぐにダイニングがあって、その奥が寝室になっている。

驚いたのは、その部屋の内装だ。一面ダーツグッズだらけ!
壁にありとあらゆる種類のダーツボードが設置されているのは当たり前、壁掛時計や冷蔵庫、
何処で入手したのかテレビに至るまでダーツボード型のデザインとなっている。

「こ、これは凄いですね・・・」半ば呆れ返りながら私は言った。
「だろう?これだけ集めるのに苦労したよ!」
ハットトリック氏、自慢げに顔を綻ばせてにっこりと笑う。

我々がダイニングのソファで腰を落ち着かせていると、
ハットトリック氏とハイオフさんとで、ウィスキーの水割りの準備をしてくれた。
「では、あらためて我々の出会いに」「乾杯〜!」

しばし談笑。

ここで突然、ホワイトホース氏がソファに寄りかかり「いびき」をかき出した。
「ふごごごごぅぅ・・・」
「あれあれ、寝ちゃいましたよ、この人」
「ホワイトホースさん、ずいぶん飲んでましたからねえ・・・」
「ほらほら、人様の家で迷惑ですよ!ホワイトホースさん!」

「まぁ、いいですよ。今日は楽しい会でしたし、なんなら隣の寝室で休んでもらって結構ですよ」
ハットトリック氏、満面の笑みで隣の寝室を顎で指す。
「省ぬんさん、すみませんが手を貸してくださいますか?」
「ええ、良いですよ、まったく仕方ない人だなぁ・・・」

320 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 11:37:56 ID:y4TwxxWC
ハットトリック氏と私とで、ホワイトホース氏の肩を抱え寝室に運び込んだ。
寝室には、布団が敷かれてある。これまた掛け布団一面に複数のダーツボードが
描かれている何とも奇妙な代物であった。

俺たち二人は、やっとの思いでホワイトホース氏を布団に寝かせダイニングに戻ってくる。
その戻り際「でも、仰向けの状態で吐かれたりしたら厄介ですから、交代で10分刻みに
様子を覗いにいきませんか?」とハットトリック氏が私に提案する。
「そうですね、確かに仰向けで吐いたら危険だ。OKですよ。」

そして10分後・・・。

「さて、それでは、まず言いだしっぺの僕から確認するとしましょう。」
「何かすみませんねえ、ご迷惑をお掛けしちゃって・・・」
「いえいえ、省ぬんさんが謝る様なことではありませんよ。」
そう言い残し、ハットトリック氏は、ダイニングから寝室へ半身だけ突っ込んだ形でホワイトホース氏の様子を覗う。

「大丈夫、スヤスヤ寝ていますよ」とにっこり笑う。
「じゃあ、また10分後に俺が見に行きますよ。」内心、面倒臭いと思いつつ、私は愛想良く言った。

その後、この要領で10分刻みに、私→ロウトン氏→ハイオフさん→シャンハイさんの順で各自一人ずつ様子を見に行く。

一周目最後の確認当番から帰ってきたシャンハイさんは怪訝そうな面持ちで言った。
「何かもぞもぞ動いてましたわね。彼、寝相の悪い人なのかしら?」
「そうそう、俺の時も掛け布団が微妙に動いてましたよ」とロウトン氏。
「まぁ、お酒を飲むとなかなか寝付けなくなると言いますからね」

ここでふと時計に目をやると、もう午前5時を回っていた。
「あれ?もうこんな時間か・・・そろそろ始発電車が出るんじゃないか?」
「あら大変!すっかりお邪魔しちゃった!」

ハットトリック氏は両手を叩く仕草をして、
「では、宴もたけなわという事で、この辺でお開きとしますか」

321 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 11:38:57 ID:y4TwxxWC
「じゃあ、あたしホワイトホースさんを起こしてきますわ」
「あぁ、ええ、よろしくお願いします、ハイオフさん」

「いやぁ、今夜は本当に楽しかったです。」と俺。
「いえいえ、こちらこそ楽しかったですよ。またオフ会しましょうね。」

「キャアアアアアアアアアァァァァッッ!!!」
突然寝室の方からハイオフさんが悲鳴が聞こえた。

皆で一斉に寝室へ駆け寄ると、布団がめくれた状態で寝ているホワイトホース氏と、
その横で顔面蒼白になっているハイオフさんがへたり込んでいた。

「どうしたんだ!ハイオフさん!」
「し、死んでる!ホワイトホースさんが死んでるの!」
「な、何だって!!?」

すぐさま私はホワイトホース氏の元に駆け寄り生命徴候のチェックをする。
すでに心臓停止、呼吸停止、瞳孔が開いていた。そして・・・。

私はキッとハットトリック氏を睨みつけ「すぐに救急車と・・・警察を呼んでください!」と指示する。
「は、はい!わかりました!」あたふたと電話へと駆け出した。

「ホ、ホワイトホースさんは、どうしちゃったんですか・・・?」恐る恐るロウトン氏が聞いてきた。
「確かに死んでいる・・・そして・・・」私は顔をしかめながら、既に冷たくなりつつあるホワイトホース氏の顎を持ち上げ、
皆に見えるように彼の首筋を示した。

そこには一本のダーツが突き刺さっていた・・・。

322 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 11:40:28 ID:y4TwxxWC
さて、ここまでが私の体験した事件の概要だ。

後々、警察の検視で解ったことだが、ホワイトホース氏の死因は、首筋に刺さっていたダーツの先端から検出された
即効性の毒物によるショック死であり、ほぼ即死状態であったという。また、体内からこの毒物の他に睡眠薬が採取されたそうだ。

死亡推定時刻は午前4〜5時の間、つまりホワイトホース氏が睡眠薬で眠らされてから、我々オフ会の参加者が、
彼の様子を10分置きに一人ずつ確認している間に犯行が行われたということになる。

ハットトリック氏→私→ロウトン氏→ハイオフさん→シャンハイさん、この順で交代で確認したのだが、
シャンハイさんが「何かもぞもぞ動いてましたわね。彼、寝相の悪い人なのかしら?」と証言している。
それはロウトン氏も「そうそう、俺の時も掛け布団が微妙に動いてましたよ」と同様に証言していた。

ということは、だ。少なくともロウトン氏以前は、ホワイトホース氏は生きていたという理屈にならないだろうか?
仮にロウトン氏が犯人だとしても、シャンハイさんが嘘の証言をする意味は無いわけで・・・。いや、まてよ・・・。

「そ、そうかっ!!!」その時、私の頭の中でナイアガラの滝の如く閃くものが傾れこんで来た。

私は、すぐさま一人の容疑者の部屋に赴き、突然の訪問に戸惑っている容疑者を目の前にして、
いつもの決め台詞を発した。

「あなたを犯人ですm9('∀`)ノ」


※読者への挑戦
これであなた(読者)の得た情報と探偵の得ている情報は完全に一致した。まったく対等な立場である。
さて、犯人は誰(なお共犯者は居らず、単独犯とする)で、どのように被害者であるホワイトホース氏を殺害したのか?
あなたにこの謎が解けるかな?(`・ω・´)

323 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 11:53:30 ID:pmbyAEIf
※訂正
× ハットトリック氏とハイオフさんとで、ウィスキーの水割りの準備をしてくれた。
○ ハットトリック氏とシャンハイさんとで、ウィスキーの水割りの準備をしてくれた。

324 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 13:09:28 ID:JjXuwByD
3秒しか考えてないけど、
・犯人はハイオフ氏
・ホワイトホース氏を刺殺してから叫び声を上げた

これは多分間違ってるw

325 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 13:36:05 ID:ZuTcn0er
犯人はハットトリック
もぞもぞは死後硬直

…だったら新潟省はごめん汁

326 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:20:45 ID:9wfaRTyV
犯人はハットトリック。
動いてたのは、ダーツ柄の壁によって瞳が光度調節のために収縮を繰り返して起きた錯覚。

327 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:24:26 ID:4K80zinS
犯人は誰でも可能だよ。やっぱりどうしようもなかった・・・。否定する根拠もないし。無駄な長文だし。
どのようにして殺害したか?→ダーツ刺したんでしょ。
言葉の使い方もおかしいし、本当に20回以上読み直す必要はあるね。まぁいいや。
睡眠薬→ハットトリックorシャンハイ
毎回仰向けになってないか調べるため布団をめくる必要がある→首にダーツが刺さってれば普通分かる→最後に様子を見たシャンハイ→自分が犯人なら嘘をつく必要がある。
QED
じゃなく実際はハットトリックにしたいんだろうね。

>>316
もう煽ったり、荒らすのやめたら。どうせ自分は出題もしないんだし、問題に対しての意見でない、完全主観でみっともなくて恥ずかしいよ。
長文でも閃き系でも駄洒落系でも科学知識でもどんな出題でもOKなんだしさ。

328 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:48:56 ID:ZuTcn0er
>>326
錯視か
みかん汁系ならありうるな

329 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:53:11 ID:6ltfwJVn
4K80zinS = y4TwxxWC

330 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:54:24 ID:6ltfwJVn
4K80zinS = RMaW+W/c

331 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 15:06:38 ID:4K80zinS
どっちも違うよ。

332 :ハイオフ ◆ooOooooopo :2006/12/31(日) 15:36:44 ID:bnx5p8Ng
省ぬんって省三さんだったのね!
ちょっと省三さん、この件は内緒にする約束だったでしょう(プンプン
なんでこういうトコで発表するかなぁー 
    ミ シュッ
(  ゚Д゚)⊃   →            ◎

333 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 15:39:28 ID:G96/z9UB
>>326
正解でごじゃりまするうヽ(´ー`)ノ

睡眠薬をウィスキーに混入できるのは、水割りの準備を行ったハットトリックかシャンハイのどちらか。
さらに自宅に連れ込んだのも、ホワイトホースを寝かせたのも、10分ルールを提案したのもハットトリック。
故に犯人はハットトリック。(←この辺が確かに説得力が弱いね(´・ω・`)何でシャンハイが犯人じゃないんだ?こっちが聞きたいよ!ヽ(`Д´)ノウワァァン)
そして肝心の「もぞもぞ動いていた」というトリックは、>>326さんの言う通り、
静止画なのに動いて見える、これが錯覚です(`・ω・´)b
ttp://a-draw.com/uploader/src/up10096.gif

334 :ハイオフ ◆ooOooooopo :2006/12/31(日) 15:48:45 ID:bnx5p8Ng
>>333
(゚Д゚)ハァ? シャンハイちゃんが犯人のわけ無いでしょう!
っていうか、省三さん
みんなとの約束は守りましょうね! いーい?

335 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 15:54:58 ID:G96/z9UB
>>334
ダーツ用語を登場人物に使用するのは気に入ってたんだけどねえ
いかんせんやっつけ仕事になっちゃったねえ(´・ω・`)無駄に長いし・・・

目指せ新潟のエラリィ・クィーンということで、みなさん良いお年を *:・゚d(*ゝ∀・*)b・*:・゚

336 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 15:55:34 ID:4K80zinS
>>333
とりえず乙・・・。

337 :ハイオフ ◆ooOooooopo :2006/12/31(日) 16:04:16 ID:bnx5p8Ng
まぁーこれからはオフ会でみんなで内緒にしようって約束したことを
ネタにしないなら許してあげるわ
次のオフ会は1月4日の18時に長岡駅前の例のトコだからね
1次会は省三さんのおごりよ
じゃぁね

338 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 17:17:14 ID:CkYiO5Wy
こめ汁…
錯視じゃなくてホントに動いちゃってるじゃん、gif画像

339 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 17:40:31 ID:lO5cbHhe
>>333
ちょー  解答編早いよw



>>327
解答編貼られる前に
>犯人は誰でも可能だよ。やっぱりどうしようもなかった・・・
>否定する根拠もないし
>無駄な長文だし
って・・・

  お  ま  い  が  荒  ら  し  じ  ゃ  ね  −  か  ! !



解答編貼られてからそれに対しての批評ウンヌンならまだわかるがその前にって・・・
最後の三行でまともなこと言ってるフリしてるけど恥ずかしいのはおまいだぞ
氏ねばいいのに

340 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 18:25:33 ID:G96/z9UB
喧嘩はやめて、あたしの為に争わないでヾ('д'*)ノ゛

341 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 19:15:37 ID:CkYiO5Wy
>>340
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    ) ←新潟
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_ /

342 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 19:21:08 ID:frnlg7w+
結局、全然成長しなかったようだな。今更ながら出題規制言い出した奴の気持ちが分かった。

343 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 20:26:36 ID:BwVc3dCZ
年の暮れに良問頂戴、バットマーン

344 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 21:12:23 ID:GXFgBdBF
ぬん、ガキ使実況してる場合じゃないぞー

345 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/31(日) 21:21:57 ID:G96/z9UB
>>344
やめてよお
まるで俺が荒らしみたいじゃないか(´・ω・`;)

346 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 22:48:13 ID:mdMGeU07
(本問題に登場する固有名詞は全て架空の物、または現実の物を元にしたフィクションです)

俺はベンジャミン。このニホンでジャップの所長の下で働く雇われ探偵だ。
とは言っても所長が田舎に帰っちまったので探偵業は3日前からお休み。
親日家の俺としては、今日はニホン式の年越しをしようと年越しカルボナーラを
作って助手兼恋人のジェニファーと一緒に俺のアパートで過ごすつもりだったのに・・・サノバビッチ!
あの仕事人間、OUMISOKAだってのに依頼されていたNHKアナウンサー事件の犯人の手がかりを
掴んだとか言って飛び出していきやがった。ファッキン!
しょうがない。ガキツカ見てオナって寝るか・・・お、電話だ。
「ハイ、ベンジャミン。ジェニファーよ」「オゥ、マイハニー早く帰っておいで」
「ソーリー。事件の犯人がわかったの。今、彼の仕事場で待ち合わせして何とか説得して、
自首させるつもりだから、たぶん帰れないわ」
ジェニファーは犯人が被害者の同僚のアゴ沢アゴシという男だと伝えた上で、
「愛してるわ、マイダーリン」なんて調子いいこと言って切っちまった。ガッデム!
あーあ、ショックのあまり放心してたら、気づけばもう10時過ぎてるし。
しゃーない。テレビタックル見てオナって寝るか・・・あっ、また電話だ。
「助けてマイダーリン!今、アゴ沢にだまされて、閉じこめられちゃったのよ!」
「なんだって!?いったいどこに!?」「つれてこられた途中で女の人の衣装が置いてあるのが
みえたからたぶん、衣装部屋よ。箱みたいなのに閉じこめられてるの!ヘルプミー!」「OK!今行くぜ!」
俺は格好良く愛車にまたがり、NHKに向かった。
あっちこっちで警備員に止められたがそのたびに得意のバリツで蹴散らし、俺は衣装部屋に急いだ。
ヘイ!どこだマイハニー!?

347 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 22:48:43 ID:mdMGeU07
・・・居ないんだ。衣装部屋はがらーんとしていて、人が隠れられそうなスペースもない。
ジェニファーが言っていた箱みたいな物なんて、影も形もないんだ。・・・はっ!もしやもうアゴ沢が
どこかへやっちまったのか!?
・・・いや、アゴ沢はアナウンサーだ。ジェニファーに会ったのだって、ニュースを挟んでの15分程度の
休憩時間の間だ。その後はずっと出ずっぱりだし、人一人はいる大きさの物をそんな短時間でどこかへ
運ぶなんて不可能だ!じゃあ・・・ホワイ?・・・あっ。電話だ。
「ベンジャミン!早く来て!」ジェニファーだ。「今、衣装部屋だ。この問題のNHKには衣装部屋は
一つしか無いんだ。でも、どこにもキミの姿は見えないよ」「そんな訳ないわ!私、一回も動かされてないもの」

さて、ジェニファーはどこへ?

348 :蝙蝠男:2006/12/31(日) 23:59:12 ID:KNIXrNEl
えーと・・・まさか衣装にして部屋にして存在なるメール欄の内部じゃ・・・

349 :347:2007/01/01(月) 00:17:10 ID:94syugrD
そうか!謎が解けたぞ!
「ジェニファー!キミは衣装部屋には居ない。居るのは大道具置き場さ!」
「なんですって!?でも、確かに女の人の衣装があったのが見えたのよ?」
「衣装部屋は人の出入りが多いし、人の隠れるスペースも少ない。大道具置き場なら、
使っていない大道具にキミを隠すのは容易だったはずだ。そして・・・
友達のジョージに聞いたんだけど、ニホンの『紅白歌合戦』には有名な逸話があって
サチコ・コバヤシという女性シンガーの衣装は、その無駄なクオリティと大きさから
スタッフの間では衣装ではなく大道具に分類されているんだよ!」

はっはっは、荒れまくりの2006年の締めにふさわしい駄問だっただろう!
今年もよろしくお願いいたします。
蝙蝠男様、お見それいたしました。

350 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 01:34:41 ID:vgJ+aHCM
どうせバカミスならバットマンの回答の方がよかったな

さぁ、今年も謎と戯れようじゃないか蜘蛛の会の諸君。
あけましておめでとう!

351 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 22:08:26 ID:Y0WRjdvO
私がA氏からの内線で呼び出されたのは12時5分のことだ。
昼飯をとろうと丁度弁当箱を広げたところだった。
私はA氏の屋敷の警備員、命令とあらばすぐ馳せんじるのが仕事だ。
腹の虫がグゥと鳴ったが仕方が無い。

警備室から寝室に駆けつけると、A氏が顔を真っ赤にして怒り狂っていた。
「先生、どうしたんです」
「これを見ろ」
A氏の指差すところの壁には絵が架けられていた。
A氏の等身大の肖像画だ。
よくあるバストアップや椅子に腰掛けたポーズではなく、直立姿勢の全身像である。

実物よりかなり美形に描かれていて、いい出来とは思えないのだが本人はいたく気に入っているのだ。
その肖像画がナイフのようなもので切られていた。
画中のA氏の足首の位置で、キャンバスの右端から左端まで一直線に裂かれている。
「いったい誰がこんなことを」
「それが分からんからお前を呼んだんじゃ」
A氏は八つ当たり気味に私を怒鳴った。


352 :351:2007/01/01(月) 22:10:26 ID:Y0WRjdvO
「いつ気付いたんです」
「たった今じゃ。隣の書斎で本を読んでいたら、突然ガシャンという音がしたんじゃ。急いで来てみたらこの有様じゃ」
「ガシャン、という音ですか」
その音源を求めて部屋を見回すと、床に置時計が転がっていた。
寝台の脇のベッドテーブルから落ちたらしい。
墜落のショックでガラスが割れ、止まっている。
時刻は12時ジャストを指していた。

窓が開いていた。
書斎は二階だが犯人はそこから出入りしたのだろう。
(しかしどうして足首辺りを切ってるんだ)
肖像画の高さは約2メートル。
底辺は床から50センチほどに位置する。
切られているのは床から70センチくらいの場所だ。
(こんな場所、かえって切りづらいぞ)
もしA氏に恨みでもあるのなら顔を切り裂きそうな気がするし、そこまで手が届かなったとしても足首というのは奇妙に思える。



353 :351:2007/01/01(月) 22:12:08 ID:Y0WRjdvO
「早く犯人を捕まえんか」
「そう言われましても私は小説に出てくる名探偵ではありませんから」
そう答えて、私はハッとした。
(まさか、そんなことが)
「すいません、先生は推理小説がお嫌いでしたね」
言い遅れたがA氏は文芸評論家である。
そして徹底したアンチミステリー派だった。

「当たり前じゃ、世の中にあんな下らないものはない」
嫌悪感丸出しに口元を歪める。
「今度の新作ではあのバカキャラどもをコテンコテンにしてやったわい、ザマを見ろだ」
『ミステリとんでも人物伝』という本で、推理小説の登場人物をメッタ斬りにしているのだ。
それも人格批判・全面否定のエゲツない攻撃だ。



354 :351:2007/01/01(月) 22:13:02 ID:Y0WRjdvO
「時間的に考えて犯人はまだ近くにいる可能性が高いです。すぐ警察に連絡しましょう」
携帯を取り出しながら、
(犯人は絶対捕まらない)
そう思っていた。
雇い主の手前口には出せないでいたが、実は私は大の推理小説ファンなのだ。
A氏の評論にはいつも辟易していたのである。
(ここに残されているのは、A氏への挑戦的メッセージなんだ)

ありえないことだが、この犯行現場はある一人の人物を指し示している。
それは架空の人物だ。
ミステリーの登場人物なのだ。
その人物が犯人なら警察に捕まることなどあり得ない。
私は心の中で快哉を叫んでいた。
(ミステリー万歳!)



*****************

えー、この事件の『犯人』は『私』の考えた通りミステリーのキャラです。
A氏の悪口雑言に怒った作品世界の人物によるささやかな復讐というお話です。
ナンセンスな設定ですが、正月ってことで許して下さいませ。
犯行方法などは気にせず、単純に犯人の名前だけを当てていただきたいという問題です。
犯人はこの板の住人でしたら誰でも知っているキャラクターです。
遅れましたが、アケオメでございます。



355 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 22:38:33 ID:zvmUO3X8
Aの足首を切るとΔ
故に三角館の恐怖(江戸川乱歩)の探偵が犯人

356 :351:2007/01/02(火) 00:21:45 ID:Ypra0ckO
>>355
うわ、それは考えてませんでした。
そのまま正解にしてもいいかも(*^。^*;;

ただ犯人はもうちょっと知名度が高いです。
作品名ではなくズバリ名前が隠されています。

すいません、足首を切るというのはかなり分かりづらい設定でした。
いくつかヒントは出してるのですが、その中で足首の部分はほとんど反則というか意味不明です。
実は足首自体は関係なくて、肖像画の下のほう、低い位置が切られているいうのが眼目だったんです。
後出し的で申し訳ないですが、そういうことで宜しくお願いいたします。

357 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 01:42:52 ID:69VhYEqb
あけおめ。ことよろ。

犯人・・・江戸川コナン
低い位置→背の低い探偵。
足を切る→江戸川乱歩から乱歩(乱れ歩けないから)を切る。(コナン・ドイルからドイルを切る?こっちはどうでもいいかな)
警察に捕まらない→一応は小学生なので「逮捕」はされない。
動機→推理小説好き。特にホームズ。
ミステリーのキャラ名→推理小説の登場人物とミスリードさせつつ実はミステリー漫画のキャラ。

358 :351:2007/01/02(火) 09:46:33 ID:2AuQrPpI
>>357
回答乙。

犯人→スマソ当方の設定とは違いました。
低い位置→犯人の名前のヒントです。「低い」を色々変換してみて下さい。
足を切る→意味はありません。
警察に捕まらない→架空の人物だから。
動機→「私」が推測したようにA氏に対するささやかな復讐。
ミステリーのキャラ名→映画化された作品もありますが小説のキャラと考えて差し支えありません。

思ってることをうまく表現するのは難しいですね。
文才なくて申し訳ない。

359 :代理人さんにおね@規制中:2007/01/02(火) 10:04:40 ID:S5MzxrMG
あけおめ。ことよろ。









メ欄

360 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 10:09:42 ID:4W3t66YB
>>357>>359も誤答だと思うけど素直に感心した。

361 :359@携帯という手がw:2007/01/02(火) 10:33:31 ID:ytgMr7Vr
>犯人の名前のヒントです。「低い」を色々変換してみて下さい。

うっ、うっ・・・
最初に依頼したのは>>358より前だったんだ orz

362 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 10:57:52 ID:4W3t66YB
回答が面白いから俺も参加
低い→子供→Kinder(ドイツ語)+横一線「一(あるいは位置)」
kinder(低い)+一(位置)で金田一

金田一耕助

363 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 11:13:02 ID:jL8K8tI2
Aさんの本名は「明智小五(アケチ・ショウゴ)」さん
明智小五LOW。

絵を切ったことによって短くなった。
絵がみじ(かい)LOW。

364 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 11:30:05 ID:jL8K8tI2
逆にアプローチしてみよう。
>映画化された作品もありますが
これだけでだいぶ絞られる。つまりこの事件の犯人は
メルカトル鮎でも九十九十九でもスケベ椅子探偵エロキュール・ポルノでもないわけだ。
すなわち犯人は日本なら金田一耕助や明智小五郎、海外ならポアロや
ホームズといった一握りの超有名人であると考えられる。
>>362有力か?

365 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 11:50:38 ID:ytgMr7Vr
京極堂 中禅寺秋低
浅見光低

いや、スマソ

366 :351:2007/01/02(火) 12:45:38 ID:RwZR2imB
みなさん回答ありがとうございます。
鋭い推理にあせってます。
まじヤヴァいす。

自分が解答を書いても、あちらの答えのほうがよっぽど上等だ、という声が殺到しそうです。
夕方に真相を書き込みます。
そして逃げます(*^。^*;;

367 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 14:11:02 ID:H/xG/Ruo
絵が短くなって、切られた位置はロー

絵が短ロー

江神二郎


地味に双頭の悪魔が映画化されてるし

368 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 14:25:58 ID:jL8K8tI2
>>367
ふっふっふ、その推理は既に私が>>363でしているのだよマイクロソフト君!

これだけだとただのやな奴なので推理3
犯人は被害者の家に侵入(「raid」)し「絵」に「傷」をつけた。
傷の位置は低い(「low」)ところにあった。
つまり犯人は「絵の傷raidlow」・・・「榎津礼二郎」・・・

369 :351:2007/01/02(火) 14:42:28 ID:/2fQDY22
解答編です
今見たら正解が出てたので、夕方まで待たずギブします。

>>368さん大正解
礼二の部分は壊れた時計が示していた犯行時刻=12時=零時、というつもりでした。
絵の傷 零時 low、でした。
>>368さんお見事、みなさんありがとうございました。

370 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 14:46:47 ID:jL8K8tI2
当たっちゃったよ!

371 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 15:13:48 ID:H/xG/Ruo
2007一発目これかよw

372 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 17:04:04 ID:69VhYEqb
>>369
乙。
負け惜しみじゃないけど確かに榎木津は一度考えたんだ。ただ、この板の住人なら誰でも知ってるとかの条件が苦しく思えたので(この板のいろんなスレで意外と京極読んでない人が多い気がして)。警察に捕まらないの領域が難しかったのもあったし。
で、ささやかな動機とかも直接的でないものと思い(ホームズをバカにされてムッときたとか)コナンなら文章全ての条件クリアできそうだった。コナンならミス板のスレタイにもあるし、このスレでも一回登場してるから。
書いてなかったけど12時で止まってるのは連載開始が1994年で昨年2006年までで12年間。2007年からは13年目に突入しますってことかなぁと・・・。

お疲れ様でした。

373 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 17:27:20 ID:jL8K8tI2
まあ、確かにわたくしも榎木津当たってるとは思わなかったし。lowシリーズの一環のつもりで・・・
でも、馬鹿で好きですよ。これ。
では、コナン13周年に贈る(贈んねーよ)バカミスその2。

伝説のUMA・モスマンを捕まえるため、私と友人の古藤は
怪鳥伝説の残るイギリスのある田舎町を訪れた。

(この町に住むゴメス牧場のリチャードさんの話)
「怪鳥伝説?ああ、聞いたことあるだよ。なんでもこの向こうの山ん中で
観光客がでっかい鳥みてえなのに襲われて食い殺されたっちゅう話だで。
まあ、オラは信じてないがの。確かに化け物はともかく、肉食の野犬だのが
昼間っからウロウロしとるようなところじゃて、行かん方がええで。
・・・え?山の持ち主?それが変わった方、ちゅうかハッキリ言うてただの
キ(ピー)の偏屈じじいだよ。ここら変の領主様の末裔で、今でも頑固に山のてっぺんにある
先祖代々のお城に一人息子と二人で住み着いちょる。このお城がまた不気味なところでのぉ。
村のモンはみんな『幽霊塔』なんて呼んどるだよ」

「幽霊塔、か。懐古趣味だね。ひとまずそこへ行ってみよう。どうせ
取材の許可を取らなきゃならないんだし、先祖代々の領主の末裔なら、モスマンに
ついて何か知っているかもしれない」
大好きな古藤がそういうので、私たちはゴメス牧場を出たその足で地主の城へ
向かうことにした。
昨夜の雪が鬱蒼と茂った木々にも積もり、白い山道は時間が止まってしまったかのように
延々と続き、1時間ほど走ったところでようやく道が開けた。
私たちの前に、煉瓦造りの黒い塔が現れる。
細長い円筒状の建物で、玄関の扉の上に窓が3つ、かなり間隔を開けて縦に並んでいる。
一番下の窓には鎧戸がしてあったが、後の二つは開いていた。
車を降りると、気のせいか血なまぐさいような臭いがした。どこかで吠える野犬の声が
よりいっそう不気味さを駆り立てていた。
「おい、誰か倒れてるぞ」私に続いて助手席から降りた古藤が塔の横を指さした。
見ると、若い男性らしき人影がそこにうつぶせに倒れているのが見えた。

374 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 17:28:16 ID:jL8K8tI2
「それ」の元へ駆け寄った私は、思わず悲鳴を上げた。
遠くからでは解らなかったが、辺りには脳味噌らしき灰色の破片が散らばり、
男性の身体は野犬の仕業か、血まみれで服もずたずた、眼球や腕と足の一部が
食いちぎられていた。その右手に、いやにしっかりとサバイバルナイフが握られて
いたのが目を引いた。新年早々なんてグロい物を。
「領主様の息子か。野犬の仕業だと思われるが、周りに付いてる足跡が不明瞭だから
動物の種類までは特定できない。もしかするとモスマンかも知れないね」
後から来た古藤がそう楽しげに呟く。
「死因は墜落死、か。殺しではないだろう。こんな山奥だ・・・殺人としたら容疑者は」
古藤の視線が塔の玄関へと向いた。「とにかく、領主様に会いに行こう」
一応「失礼します」を言って、私たちは玄関を開けた。幸い、鍵は掛かっていなかった。
中に入ると、薄暗い吹き抜けの玄関ホールのすぐ向こうに、赤絨毯の敷かれた螺旋階段があった。
「上ろう。権力者の部屋ってのは、得てして最上階にあるものさ」
古藤がそういって階段を上り始めたので、私は慌てて追いかける。
二階の部屋のドアは板で封鎖されていた。釘の錆び具合などを見ると、かなり昔に封鎖
された物らしい。地主は一人息子(おそらく外で食われていたのが彼だろう)と二人暮らし
だったとリチャードさんは言っていたから、ここは亡くなるか別れるかした、地主の
奥さんの部屋だったのかも知れない。
次の部屋、三階の部屋は鍵が開いていた。ここはどうやら息子の部屋らしい。さっきは
気づかなかったが、部屋の窓から見ると、死体はここのすぐ真下にあった。
デスクの上には透かし彫りが細工されたナイフの鞘らしき物があった。死体が握っていた物のだろうか?
「高さにして約20メートル。死のうと思えば死ねる高さだな。さっきも言ったが息子の死因は墜落死。
つまりここか、この上から落ちたか落とされたか、だ」
古藤は冷静に言った。部屋に格闘の跡などはなく、とりあえず私たちは部屋を後にした。

375 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 17:29:08 ID:jL8K8tI2
最上階の部屋のドアに手を掛けた古藤はかすかに眉間に皺を寄せた。
「初めてだな。鍵が掛かってる」
それから古藤はドアをノックし、返事がないことを確かめるように少し待った後で、
私の方に向き直った。「小野くん、良いことを教えてあげよう。ミステリの世界では
部屋に鍵が掛かっていて中から返事が無い場合、十中八九死んでるから、」
古藤はドアを蹴り壊した。「こうやっていいことになってるんだ」
私たちはおそるおそる中に入った。
どうやらこの場合も「十中八九」という奴らしい。
あちこちに血痕が飛び散っている以外は、ベッドと机、本棚だけのこざっぱりした印象の
部屋の窓際で、白髪の老人の死体は、息子よりも酷い状態で私と古藤を迎えてくれた。
死体は服の上から腹をかっさばかれていて、その中身は引きずり出されたのか、
腸の一部がべちゃりと床に垂れている他は、空っぽだったのだ。
「密室の中の腸が引きずり出された領主の死体と、その息子の墜落死体・・・キミなら
どんなバックグラウンドを考える?」
古藤は不気味な笑みを浮かべ、私に尋ねてきた。
「うーん。単純に考えれば、お父さんを殺した後に息子さんが飛び降りた、ってこと
なんじゃないの?」
「ふうん。ナイフを握りしめたまま自殺?あり得ないよ。犯人が現場から凶器を
持ち出すのは、犯行と自分を結びつけられたくない心理の現れさ。心中ならこの部屋に
置きっぱなしでかまわないだろう」

376 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 17:30:04 ID:jL8K8tI2
「じゃあ、壁づたいに下の自分の部屋に逃げようとした?」
「もっとあり得ないね。それこそ自殺行為と云うんだよ。この塔の壁に手がかり足がかりに
なるような突起はないし、ロープのような物もどこにもない。息子がロープから
手を滑らせて落ちたのなら、ロープは現場に残っていてしかるべきだと思うけどね。
・・・ま、それが凡人の限界だろうね。ではもう少し、条件を付けたそう。
まず第一に、『部屋の錠は外部、内部どちらからも鍵を使わないと開閉できない
古いタイプの錠だった』。そして二つ目・・・」
そういって古藤はポケットから、ハンカチに包まれた金色の鍵を取り出して見せた。
ドアに向かい、古藤は鍵を閉めてみせる。「この部屋の鍵だ。死体のすぐ横の血溜まりの中に
落ちていた。ところが、この鍵の下の雪に血は付いていなかった。つまり、鍵が
落ちたのが先で死体が落ちたのが後だと言うことさ。そして最後に・・・僕たちが
来るまでここにはいかなる第三者も訪れていない。塔の周りの雪に、人間の足跡は
一切残っていなかった。野犬がこの20数メートルの窓までよじ登ってきたり、玄関開けて
こんにちはー、なんてことがあり得ないのはキミの脳味噌でも理解できるだろう?」
古藤の罵倒癖が始まった。・・・しかし、ということはもう既に古藤は真相を掴んでいるらしい。
「じゃあ、古藤の推理を聞かせてよ」
「私の?私の口から言わずとも明らかだろう。つまりこの事件の犯人はモスマンなのさ。
いや、『犯人』という言い方は適切ではなかったね。つまり、犯モスマンさ」

377 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 17:31:28 ID:jL8K8tI2
「私の推理通りなら、次の二つの筋書きが考えられる。一つは、領主様を殺したのは息子である場合。
息子は――同じ屋根の下でずっと暮らしてりゃ、殺したい動機の一つ二つ誰にだって
出来るさ――何らかの理由から父親を刺し殺し、部屋に鍵を掛け、自分の部屋へ。おそらく
鍵は後で自分の部屋の窓から投げ入れるつもりだったんだ。人が登るのは無理でも、
鍵を投げ入れるくらいなら出来るだろうからね。・・・そして、そこへモスマンが現れた。
モスマンは窓から部屋に入ってきて、彼を拉致しようとした。モスマンは宇宙人だという
説もあるからね、これはキャトルミューティレーションの一種と考えられる。
しかし息子は抵抗。その時、まず彼のポケットなんかから鍵が落ち、次に彼自身が落下したのさ。
そしてモスマンは、次に領主様の部屋を襲った。内臓を抜かれるのは典型的な
キャトルミューティレーションの報告例だからね。
もう一つの場合はもっと簡単、この親子は二人ともモスマンに襲われ、息子は墜落死、
父親は内臓を抜かれたという訳さ。尤も、この説では鍵が落ちていたことに対するしっくりした
理由が付けられないけどね」
古藤は声高く言い切った。まさに名探偵。
やっぱり古藤は格好良いなあ・・・。私はその推理の鮮やかさに、ただ感嘆するしかなかった。

※さて、伏線は出来る限り貼りました。誰か小野さんの目を覚ましてあげてください。
まあ、解答は日付が変わる前には貼りますので、余り真面目に考えるとみんながっかりするだろうから
きらーくに考えてもらえるとありがたーいです。

378 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 18:21:05 ID:ccNoou7L
いいなあ、こういうカーみたいなお話大好きです。

以下解答です。
A案 犯モスマンによる犯行
B案 犯ラドンによる犯行
C案 鍵を捨てられたため(続きはメル欄

379 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 19:21:59 ID:2JC937rB
> 死体のすぐ横の血溜まりの中に落ちていた。ところが、この鍵の下の雪に血は付いていなかった。
「血溜まりで鍵の下だけ血に濡れていない」などという事態は想定しがたく、
> 古藤はドアを蹴り壊した。
鍵を拾っていたにしては不自然でもある。

つまり古藤は事前に領主の館を訪れ、住人二名を殺害。
次いで領主の内臓を餌にモスマンを呼び出し、窓から脱出した。
それから何食わぬ顔で「私」と合流して館に向かったのだ。

380 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 19:31:14 ID:OcRjSecv
いやいやいや、最初から鍵をかけて脱出し、「死体のすぐ横の血溜まりの中に落ちていた。
ところが、この鍵の下の雪に血は付いていなかった」とウソの証言をすれば良いでしょ。

381 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 20:27:51 ID:2JC937rB
それでは脱出時の足跡が付いてしまうではないですか。

382 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 21:00:48 ID:OcRjSecv
塔のすぐ横に死体があって、その周りに乱れた足跡があった。
死体を放って置けば野生動物が食べに来るだろうことは予測できるから、死体の周囲を靴跡とは
判断できない程度に乱して進めばいい。
そして「私」と来る方角とは逆に進み、別ルートを辿って「私」と合流する。

383 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 21:23:13 ID:H/xG/Ruo
確に板張りの床ならともかく
雪の上で鍵の後が残るっていうのはありえないな

探偵が犯人が一番しっくりくる

384 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 21:26:50 ID:jL8K8tI2
あーあ。なんだかあーあ。解決編です。

火曜スペシャル『英国・幽霊塔に伝説の巨大モスマンを見た!』解決編orz!

「お前、馬鹿じゃねーの?」
窓の外から聞こえたその声の主は、真っ赤な両目で私たちを一瞥すると、
もっさりした羽根をばたつかせ部屋に入ってきた。
「何でもかんでもモスマンのせいにしてんじゃねーよ、お嬢ちゃん。
だいたいなんなんだよ。40年前の橋の事故オレのせいかよ。最初に目撃されたのから
13年目だから13番目のボルト引っこ抜いたってどんな因縁の付け方だよ?
13番目って、どっちから数えるかによって変わんじゃねーかよ。キバヤシかおのれら。
だいたいボルト一本抜いただけで崩れる橋って何なんだよ。姉歯設計か?オレは妹派
だっつーんだよ。
で?何?キャトルミューティレーション?アホか。犯人は息子に決まってんだろ」
彼は室内でも羽根をばたつかせながら古藤に迫る。
「でも、それなら何故息子は墜落死を?」
「ああ教えてやるよ。お前の推理は根本から間違ってるってことさ。あの鍵を落としたのは
父親の方なんだよ。この部屋の錠が

>外部、内部どちらからも鍵を使わないと開閉できない

っていうあり得ない鍵だって忘れたのか?・・・そう。息子はなんかの理由で父親を
殺すことにした。山一つ持ってる土地持ちだ。動機は金だろうな。
息子は父親の部屋を訪れ、そしておもむろにナイフを取り出す。
しかしそこは親父の方が上手だ。親父は慌てもせずに部屋に鍵を掛け、窓の外へ
鍵を投げ捨てた。そしてこう云う訳さ。
『今、私とお前はこの部屋に閉じこめられた。私はお前が何かすれば電話で助けを呼ぶ。
お前は私を殺しても、ここから出られないままブタ箱送りさ』
だが、力では息子の方が上だ。息子は親父をねじ伏せ、刺し殺した。
そして彼は一計を案じる。『ある物』をロープに使って自分の部屋に戻るというプランさ」
「ある物?」

385 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 21:27:51 ID:jL8K8tI2
「親父の腸だよ。人間の小腸は約6メートル、大腸が1.5メートル。しめて7.5メートル。
いくらでかいこの塔でも一階分くらい余裕で届く。息子はとっさにそう考えて親父の腹を
かっさばいたって訳さ」
「でも、人間の腸ってそんなに強度無いんじゃないですか?」
私は反駁する。少しでも古藤の力になりたかった。
しかし、彼は余裕の態度のまま、
「そう。そうなんだよ兄ちゃん。兄ちゃんあの息子よりは賢いね。その通りなんだよ。
人間のモツなんて人一人ぶら下がって大丈夫なほど頑丈には出来ちゃいない。
特に今まで旨いもんたらふく食って散々傷つけてきた金持ちのじじいの腸だ。
しっかし、そこにあの息子は思い至らなかったんだな。そして息子は腸にぶら下がり
そのままぶち切れて転落死。ちぎれた腸は血の臭いに釣られてやって来た
野犬に食われちまったって訳さ。骨でも残ってりゃ良かったが、残念ながら
ホルモンには骨はない。これが息子の転落死の真相だよ」
「証拠は?」
「息子、血まみれだったろ?調べりゃ返り血だのなんだの、親父の血の方も混ざってるはずだ。
探せば腸の食いかすも残ってるかも知れないな。・・・何よりの証拠は、オレがここで
一部始終見てたってことだがな。じゃ、アディオス!」
そう言い残し、彼は窓から飛び去っていった。
私は無言で俯いている古藤の、小刻みに震える肩を抱いた。
「そういうこともあるよ。一部始終見てた人には君だって勝てないよ」
「・・・そうじゃない」私の手を払いのけた古藤は笑顔だった。
「すごいじゃないか。私たちはモスマンも見たし、この事件の真相も知ることが出来たんだよ。
この二つを大々的に売り込めば有名人だ!あ、そうだモスマンの写真を撮っておくべきだった!
待てよ、どうせさっきのが真相でも犯人死んでんだからつまんないな。なら写真撮って
犯人モスマンで良いじゃん!よーし、これから忙しくなるぞ!まず韮沢さんと矢追さんに電話を・・・
早く小野くん、カメラカメラ!」
無邪気だなあ、こいつ。やっぱり名探偵は愛嬌もなきゃ。
やっぱり古藤はすごいなぁ、私は素直に感心したのだった。

386 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 21:29:03 ID:jL8K8tI2
※ということで、>>378さんおめでとうございます。ありがとうございました。
>>379さん
血溜まりの方は確かに手がかりの残し方が不自然でしたね。死体の下にあったことにでもすれば良かったですな。
血もすぐに冷たくなって雪を溶かして染みさせないほど寒かったんですよきっと。
鍵の方は、古藤の美学です。古藤はアレですから。男の美学検定6級ですから。もちろん、いきなり
鍵を出したら小野さんに不審がられて、密室の謎の方も説得力がなくなっちゃうからという理由もあるんですきっと。
足跡のことなど古藤犯人説は、もし自分がごまかすために付けたんならてめえから話振ることもねえし、
殺人の可能性について論じる必要もねえだろう。なんなら心中説押しときゃ良いんだよ。という暴論で勘弁してください。
まあ、この話を海外の話にしたのも、モスマンのこともありますが、「ホームズとワトソンは被害者と
何の関係もない=二人は犯人ではない」という記号みたいなもんで。
皆さんおっしゃってますが、これと、違うコースの存在と登場人物が嘘を吐いてる可能性ってのは、やっぱ読者への
挑戦の時に但し書きでつぶしておくべきでしたね。(でもそこまで細かく書いたら必然的にバレちゃいそうだったし・・・
今回は解決編で「目撃者が居る=提示された真相が唯一無二の真実」と逃げましたが。

今回の目玉のトリックは、これまた綾辻オマージュの古藤の男女誤認トリックです。今年もよろしくお願いいたします。

387 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 21:52:05 ID:kPXkRoXA
>>386
古藤の推理通りモスマンが真犯モスマンであり、目撃証言は嘘八百、
という可能性をつぶせてないように思えるんだが。

388 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 22:18:22 ID:H/xG/Ruo
腸でぶらさがればすぐ切れたとしても壁に血がつくはずだ
下から窓の開閉を確認したんだからそんな血痕があれば気付いたと思われる

つまり、解答編はモスマンの偽証による偽の真相で
真犯モスマンはモスマンだったんだ!

深い問題だなぁ……

389 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 23:51:03 ID:jL8K8tI2
まあ、実際そうなんですけどね。

塔の色が黒いっていうのも血痕がぱっと見解らないって言う伏線だったのに
とか、おまえらじゃあモスマン犯人で納得してくれるんですかとか、
ヘタにグダグダ言ってもまた出題規制がどうのこうの言う人が
出てきそうなので、全国6000万人のモスマンファンの方は解答編を
綺麗さっぱり忘れて古藤の解決こそがこの事件の真相だったのだと思って
頂ければ幸いです。

390 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:08:55 ID:zGmDI2Mt
じゃ、出題してみる。
問題も解答も長いので注意。あんまり難しくはないけども。

『お菓子の消えた日』

 昼休み、本を返そうとして図書室の扉を開けると、窓際で名探偵が
一人で悩んでいた。
 もっとも、彼は日々の学業にせいを出す真面目な高校生であり、
職業としての探偵ではない。趣味や特技としての名探偵である。
 さておき彼とは長い縁だが、こうも悩んでいる顔は初めてだった。

 ……冒険や宝探しを好み、名推理で事件を解決する。
 子供のころならミステリーに登場する名探偵にあこがれ、同じような
活躍を夢想するのはおかしくない。場合によっては実地で確かめる者
もいるかもしれない。
 だが小学校高学年にもなれば、そんなイタイことは続けられないのが
普通だ。だが人が痛みに気づくのは、痛い経験をしてからのこと。そう、
痛い経験をしなければ……現実に謎めいた事件に遭遇して、華麗な
名推理で解決しつづけたらば、高校二年にもなって名探偵を自称する
イタイ男ができあがるわけだ。

391 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:10:31 ID:zGmDI2Mt
 そこで話は冒頭に戻る。現実に名探偵であるこいつが、どうしてそうも
悩むのか。
 こいつは文武両道にして眉目秀麗な男であり、日常生活で悩むことは
まずない。家族も、まあ問題ない。名探偵であることさえ知られなければ
かなりモテるタイプだ。
「どうした、珍しく悩んでいるな」
 僕が声をかけると、けだるげな声が返ってきた。
「……ああ。ワトソンか」
 ちなみに僕は彼のワトソンをつとめている。毎日かかさず日記を詳細に
つける習慣と、小さなきっかけで忘れていたことを思い出せる中途半端な
記憶スキルが活かせる立場は、名探偵の助手しかありえない。
「先週、解決できなかった事件があってな。相談にのってほしいんだが」
 驚きはしない、いきづまった名探偵が助手に相談にのってもらうシーンは
珍しくない。ただ、こいつは相談するにしても基本的に悩んだ表情は見せ
なかったものだが。
 僕が向かいに座ると、名探偵はおごそかに事件のあらましを語りだした。
「俺達の教室で起きた……菓子消失事件だ」
 ……微妙に地味だな。

392 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:11:21 ID:zGmDI2Mt
放課後、名探偵が4日前に録画した『轟轟戦隊ボウケンジャー』について
思いはせながら鞄を取りに2年B組の教室に戻った時のこと。
「あの、すみません」
 泣きそうな声が横からし、ふりむくと同学年の少女が顔を赤くし、何かを
こらえているかのように震えて立っていた。
「お菓子がどこにいったか、わからないでしょうか」
 要領をえない言葉だったが、つまりは「お菓子消失事件」発生と名探偵は
理解した。
 華奢で小柄な体格、髪を襟首で揃えた少女の名は岬藤美。僕と名探偵が
いるB組に転校してきたばかりの、おとなしい娘だ。
 岬の話によると、学校に持ち込んでいた手作りの菓子が放課後、少し目を
離した隙に無くなってしまったのだという。おそらくトイレに行ってたのだろう
と名探偵は推理したが、とりあえず口にはしなかった。
 とりあえず岬の机に向かうと、机の上に真白い無地の紙箱がある。フタは
開けられ、中にある半透明の袋は2つとも口を開けられ、袋にはクッキーの
食べカスやドライフルーツのかけら等が残るだけだった。
「ほう。この袋一つ分のクッキーを食べたとすると、犯人は男。もしくは体重を
気にしない女だな」
 名探偵が袋の一つを持ち上げサイズを確かめながらいうと、岬は真っ赤に
なって答えた。
「……クッキーを食べたのは私です。それに1人で食べたわけじゃないんです」

393 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:15:07 ID:zGmDI2Mt
 ほとんどの学生が部活もしくは帰宅した後、岬は昼食に食べたクッキーの
残りをつまみ、友人とともにいったん教室を出た。箱には別の種類の菓子を
丸ごと残していた。そして岬1人で教室に戻ると、箱の蓋が開いていて菓子の
姿が消えたのだという。
 岬の友人はC組で高屋久美子といい、活発そうな大柄の女子だ。転校して
きたばかりの岬にとって唯一の友人だという 岬に携帯電話を借りて確認を
とると、たしかに放課後に岬からクッキーのおすそわけをもらい、消えたという
お菓子も見たと答えた。
「もう一つは半透明の袋に入っていたからよく見えなかったけど、ティラミスっぽ
かったかな。ああ、美味しいクッキーだったよ。岬はお菓子作りの天才だからね。
ぶきっちょな私にはとうてい真似ができない。部室は菓子類禁止だから、つい
食べさせてもらうんだ」
 部室だけでなく日常生活全般で菓子禁止らしく、厳しい先輩の目から逃げる
ため別の教室で食べているのだろうなと名探偵は思ったが、口には出さない。
 ちなみにトイレに行く時は、ほぼ同時に席をたったそうだ。たがいに怪しい
行為をする余裕は無かったらしい。そしてトイレの後は廊下で別れ、まっすぐ
家路についたという。

394 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:16:18 ID:zGmDI2Mt
 隣のA組には、補修を終えたばかりの男女数名の学生と英語教師がいた。
たずねてみると、放課後から補修のあいだ誰一人教室から出ることはなく、
戸すら開けなかったと答えた。つまり岬が箱を開けてお菓子を確認し、教室に
戻って菓子が無くなっていることに気づくまでのアリバイが全員にある。さらに
教室から廊下を見た者がいて、岬が廊下を行き来する様子を見たというが、
さすがに補修中なので見落としもあるだろうとのこと。
 C組には誰もおらず。
 突き当たりのD組には、男子数名が漫画雑誌を読みまわしていたが、誰が
どのようにD組を出入りしたのか全く記憶していなかった。ただ、一人はB組の
生徒で、昼食に岬がクッキーをつまんでいる様子と、他の手作り菓子も箱に
入っているのも見かけたという。遠目だが、大き目のティラミスだったようだ。
 D組前の廊下に、数人の女生徒がたむろしていた。該当する時間のB組から
は女子が2人出て1人が戻っただけと証言。戻った女子はすぐに教室を出て、
不安げな様子で周囲に目を配りながら廊下を歩いていたという。そして不審な
人物は誰も見なかった。
 他、この階にはA組側の廊下端に階段があるだけ。それもトイレの近くである。
不審な人物が出入りすれば、岬か高屋のどちらかが気づき、さらに廊下の奥に
いた女生徒達に目撃されただろう。

395 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 01:21:11 ID:vM8UuL3y
ヘイスト

396 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:24:58 ID:IT26LvQS
 名探偵はなやみ、とりあえず2階の全てを捜索することにした。
 まず、ざっと各教室を探索。手分けして男女のトイレも調べる。帰宅するため
荷物を取っていく各生徒を観察。そしてようやく全ての生徒が帰った後、教室の
一つ一つ、机やロッカーの中までていねいに調べあげた。
 しかし2人だけの捜索は夜までつづいたが、何も出ては来なかった。どうやって
消したとしても菓子のかけらはどこかに残る。細かなカスまで掃除する時間はない。
しかし菓子のかけらは岬の机の周辺にあるだけだった。
 外が真っ暗になり、2人は守衛にたのんで裏門から通してもらった。
 2人はしばし黙々と自転車を押して歩いた。風は冷たく、体が芯から冷えていく。
 長い道のりを歩き、そろそろ家につこうという時、少女が小声でいった。
「あの、甘い物はお嫌いじゃありませんか?」
「……いや、嫌いではないが」
 名探偵がこたえると、少女は肩からかけていたスポーツバッグから魔法瓶を
取り出した。
「良かった。あの、よろしければ暖かい物でもどうぞ」
 なみなみと注がれた茶色い液体は、プラ製カップを強く持てないほど熱々の、
白い湯気が立つホットココアだった。おちついた甘さと香ばしい匂い、なめらかな
舌触り。けして甘い物が好きではない名探偵にも、さすが甘い物が好きな者の
手による物だと感心させた。

397 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:27:38 ID:IT26LvQS
 やがてココアを飲み終わった名探偵が口を開いた。
「実をいうと、君を少し疑っていた。お菓子が無くなったとさわぎたて、その隙に
何かの目的を果たそうとしているかも、とね」
 岬は真っ赤になって、無言で首をふったという。
「だが、教室を探す時も、廊下を調べる時も、君が不審な行動をしてる様子は
なかった。トイレで目的を果たそうとするなら、最初から男子の俺を抱き込む
必要はない。高屋にでも相手をしてもらえば良かっただろう。むしろ、君は必要
以上に騒ぎ立てることもなく、俺の方が熱心だったくらいだ」
 岬は何も答えなかったという。
「ともかく、いずれ解決はする。しかししばらく待ってほしい」
 ここでようやく岬は「はい」と小さな声でこたえたそうだ。
 少女は灯かりの消えた家に帰っていった。
「今日は本当にすみませんでした。ありがとうございました」
 ぺこぺこ頭をさげながら家に入る少女に、名探偵は苦笑いを浮かべながら
手をふった。家に帰ってビデオ消化する予定の『轟轟戦隊ボウケンジャー』を
脳裏に思い浮かべながら。

398 :蝙蝠男:2007/01/03(水) 01:30:51 ID:IT26LvQS
「……で、ボウケンジャーが何だって?」
「いや、困ったことに、関係ないことばかり思い浮かんできて、頭が動かない……
というより、この件に関しては推理をする気がなかなか起きない」
「ほう、珍しいな」
 名探偵というものは、たのみもしないのに事件に首を突っ込んでは真相を勝手に
暴きたてるものであり、普段のこいつも例外ではないのだが。
「とりあえず、近くに怪しい人間はいなかったのか?」
「階段のあたりは人通りが激しくてな。D組側にいた女子達からも見えない。一応は
調べたが、推理する材料も無かった」
「次に、どうして調べるのが夜までかかった。いったいどれくらいの範囲を見たんだ」
「一応は2階だけだが、机の一つ一つからロッカーまで開けて調べたからな。ああ、
もちろん窓の外のベランダや廊下も。単純に時間がかかっただけでなく、ほとんどの
人間が下校してから調べざるをえなかった。さすがにうるさい奴もいるからな」
 まったく、名探偵という奴は……
「ちなみに、鍵のかかったロッカーを開けるようなことまではしなかったよ。開け閉めの
手間を考えれば、何かを隠せるような時間はないからな」
 それにしても、推理でなく地道な調査で物探しとは、名探偵らしくない。
 さて、しばし思いを巡らせた僕は、何となく真相が見えてきた。
 菓子消失事件の犯人、そしてそのトリックとは……(解決編に続く)

※解答は2、3日後の予定。もちろん正答もしくは近い答えが出たらさっさと張るよ。
一応、解決編は書き終わってるヨシ。

399 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 01:35:36 ID:2drA28k3
岬の自作自演。別の種類の菓子は砂糖菓子とチョコ。
半透明の袋に入っていたのは、ティラミスではなくココアパウダーをまぶした何か。
トイレから戻ったあと、お湯の入った魔法瓶にココアパウダーと菓子を入れて溶かした。
動機は名探偵の気を引くため&挫折を味あわせて普通の男にするため。

400 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 08:31:40 ID:mpkPd1O1
蝙蝠男さん出題乙!
文章うまいっすね ( ゚Д゚)グラッチェ

>>399が正答っぽいが、あえて違う真相を考えてみる。

D組の廊下前にいた少女たちは万引きグループだった。
岬が教室を出た後、何人かが窓枠より低く腰をかがめてB組まで行き、中に入って盗んだ。
犯人は名も無き女生徒。

廊下の反対側の窓からモスマンが入ってきて盗んだ。
犯人は名も無き犯モスマン。

犯人は放課後帰らずに自分の机の下に潜んでいた。
岬たちが出ていったのでお菓子を盗んだが、戻ってきたので慌ててロッカーに隠れた。
その時強く閉めたショックで鍵がかかってしまった。
犯人は名も無きB組の生徒で今もロッカーの中にいる。

401 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 08:45:31 ID:qrJyHJKU
犯人とトリックは>>399と同じ考えに至ったが、そんな動機だとは。
人間て面白!

>>387-389
モスマンは真実だけを述べる妖獣としておけばよかったですな。

402 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 10:31:50 ID:DtOzuHDW
>>399
ボウケンジャーの最終回放映予定日は2007年2月11日。
問題の日付は2007年2月15日。最終回が終わったらビデオを消化(メディアに焼いて消すか)する予定。
前日のバレンタインデーにチョコが渡せず、1日伸ばしてしまい、さらに直接チョコを渡すのもためらってしまい飲み物にしてしまう。

岬は真っ赤になって、無言で首をふったという。「羞恥」

岬は何も答えなかったという。
「ともかく、いずれ解決はする。しかししばらく待ってほしい」
ここでようやく岬は「はい」と小さな声でこたえたそうだ。「落胆」

実は名探偵自身気付いてるが、遠回しに僕に恋愛相談している?

>>389
解答編でモスマンが出なければいい。メイントリックで言えばナイフ握ったまま血で滑る腸を使うというのもどうかと思う。マクガイバーでもやらない。
探偵が蹴り壊せる程度の扉を壊す事を考えた方が良いような。抜き身でナイフを持ち歩こうとしたのも不思議。
古藤が男か女かはさすがにどうでもいいかと・・・。

403 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 11:18:58 ID:1OJgTU50
犯人は高屋。盗む意図は無かったがあまりに厳しい部活の先輩の締め付けに耐えられず
無意識に喰っていた。

岬は単に赤面症なだけで名探偵に気があるわけではない。
そんな勘違い、誰でもあるでしょう…あるよな?

404 :モスマン:2007/01/03(水) 14:34:09 ID:Rwfb6XS2
いやいやモスマンに付き合ってくれた皆様ありがとうございました。
言われた箇所を推敲して何時か何かに応募でもしてみようと思います。
これだけじゃただの粘着なので推理。
といっても私も思い至ったのは>>399さんと同じティラミス→ココア説
なので、ちょっと別のアプローチを。

推理1
岬の呼称が6レス目だけ突然「少女」となっていてよそよそしい。
私たちは当然のように「少女」=「岬」と読んでいるが、「少女」はいきなり
沸いてきた第三者である可能性もある。つまり人物誤認トリックですな。
すなわち彼女はティラミスを奪い、魔法瓶の中に溶かし、名探偵に飲ませて証拠を隠滅。
動機?しらねえよ岬のことが嫌いだったんだろ。

推理2
文中の
>補修を終えたばかりの男女数名の学生と英語教師
だが、これは本来「補習」を終えたばかりの〜となるはずだ。
しかし騙されてはいけない。相手は蝙蝠男さんだ。誤字に見せかけた伏線の
可能性もある。
つまり、
岬、高屋、お菓子を置いてB組の教室を出る→A組のみんな、それを確認し
お菓子を奪おうと画策→廊下に出たら誰かに見られるかも・・・
→壁を壊して内側から教室に入ることに→見事にティラミス強奪
→壊した壁を「補修」して証拠隠滅
               ↑今ココ!
全員が共犯という、お正月にふさわしい豪華なトリックですな。

405 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 14:52:05 ID:10N0CRf+
補修ワロタ

406 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 00:02:42 ID:kS2FFoZt
>※解答は2、3日後の予定。もちろん正答もしくは近い答えが出たらさっさと張るよ。
>一応、解決編は書き終わってるヨシ。

>>399が書き込まれてもうすぐ一日。貼られていないということは
ココアティラミス説はハズレな訳だ。

407 :蝙蝠男:2007/01/04(木) 00:28:53 ID:RQxXGwg1
『お菓子の消えた日(解決編)』

 ワトソンたる僕が「さて」といえる日が来るとは思わなかった。じゃ、はりきって……
「さて、見えない人間ネタは考慮しなくてもいい」
「人が残っているころの放課後は、教師だろうと守衛だろうと見える人間、すなわち
異物扱いだからな。放課後にまで教師に関わりたいと思う学生はそんなに多くない。
そもそも狭い管理社会である学校に見えない人間が存在することそのものが難しい」
「ついでに、窓の外を通ったってのも無理だ。上下の階から人が昇り降りするなら、
校舎の外からばればれだ。消失事件の起きた時刻なら、まだ校舎周りに不特定の
人がいただろう。気づかれずにできたとしても、たかが菓子1つにかける手間じゃない」
「手間どうこうは菓子消失のみが目的だったと仮定した場合の話だ。だが他に不審な
事件が見当たらない現状では、順当な考えだな」
「よし。次に、菓子は食べられて消えたわけじゃないと思う。ボリュームがある手作りの
菓子は、食べるのにけっこう時間がかかる。喉も渇くしね」
「なるほど、早食い選手も、味付けを変えたり飲み物を工夫するものだしな」
「……だけれど、隠すにせよ捨てるにせよ、菓子をどこかに移動させたのに、痕跡が
見つからない。それなりに大きさがある菓子というから、隠した状態で運んでも目立つ
だろうし、容器に隠したりしても外に放り捨てたりしても見つかる危険は高い。ならば、
菓子は犯人によって形状を変化させられたと考えるべきだろう。そして、困難は分割せよ
と、おまえはよくいうよな」
「形状を変えてから、時間もしくは空間的に異なる状況で菓子を消したというわけか」
「そのとおり。熱くした牛乳を魔法瓶につめて、そこにチョコレート菓子を入れて溶かした。
それが、きみの飲んだホットココアの正体だよ」

408 :蝙蝠男:2007/01/04(木) 00:29:57 ID:RQxXGwg1
「……おい待て。ティラミスはココアをふりかけてるが、チョコレート菓子ではない」
「本当にティラミスだったかは確定してないだろう。簡単に溶けるようにココアの粉や
粉状の砂糖を軽く固めたりして作った菓子だろうさ。魔法瓶の口に入れやすい大きさに
切っていて、切れ目をココアの粉で隠したりして。それでも投入するくらいの時間しか
無かっただろうが、入れてから飲むまでの時間はたっぷりあったし、歩いたりすることで
魔法瓶がゆれて自然と混ざるので、充分に溶けたんだろう」
「可能性としてありえるとして、根拠はあるのか?」
「甘い菓子を食べる時、いっしょに飲む物は紅茶やコーヒーが普通だと思う。甘ったるい
ティラミスに甘いココアなんて甘味好きでも遠慮するだろう。それに魔法瓶ってのは汚れを
落としにくい。ココアを入れる奴はまずいない。菓子を手作りするくらいだから、そういった
容器類を家で洗うのも岬さんの担当だろう」
「ずぼらな性格だという可能性はある」
「じゃあ、ホットココアが熱々だったってのはどうだ? 魔法瓶といっても、普通は半日も
すれば多少はさめる。何度も蓋を開けたり、飲んで中身が少なくなれば、さらにさめやすく
なるはずだ。それが夜まで熱々だったのだから、学校の休み時間か放課後すぐにでも
家庭科室あたりで熱した可能性が高い。少なくとも、おまえがココアを飲むまでほとんど
蓋を開けてなかったのは確実だ。つまりおまえに飲ませるために作ったココアだよ」

409 :蝙蝠男:2007/01/04(木) 00:31:36 ID:RQxXGwg1
 しばらく黙っていた名探偵が、ぽつりと口を開いた。
「魔法瓶に入れたのは、ただの熱湯だったかもな。クリームや粉状の牛乳は製菓材料にも
使われる。ティラミスモドキに使われた可能性はあるだろう……しかしなぜ、彼女はそんな
ことをしたんだろうか。動機は何だろうか」
「おまえがココアを飲んだ日は、戦隊の放映されてから4日後、つまり木曜だよな」
「ああ、そうだが……」
「その木曜の前日といえば、前日が2月14日。バレンタインデーだ」
 そう、2007年の木曜日で、前後に高校生にかかわりそうな特別なイベントがある日と
いえば、まずバレンタインだ。
「彼女は君といっしょの宝探しを楽しんだ後、形を変えてチョコを送ったというわけだよ。
周囲に教師をふくめた他の人が多くいて、女友達も家路についたばかりですぐに携帯で
呼び戻せるだろうに、面識のない君一人にたよったのも傍証だ」
 そう、こいつは黙ってさえいればモテるタイプだ、転校してきたばかりの女子なら本性を
知らずに恋に落ちても不思議ではない。
 こいつも助手付き名探偵の例にもれず、本人の恋愛は苦手としている。
 ホームズもポワロも恋愛では助手に先をこされたものだ……残念ながら僕にその気配は
ないが……ともかく、いまひとつ名探偵の調子がでなかったことこそが、僕が真相に思い
いたることができた理由だ。
「チョコを受け取ってもらえさえすれば、食べてもらえなくてもいいと思う人も世の中にいる。
彼女は逆で、相手に意識されなくても手作りしたチョコを口に入れてもらえればかまわない
という考えなんだろうね」
「……何というべきか、呪術的な思考だな」
 まったくだ。名探偵が飲んだココアは本当にチョコを溶かしただけの物か、少し不安に思う。
「まあ、女子向けのチャチなおまじない本にでも載っていたのかもね」
 僕はそういってごまかした。あの子が中途半端な時期に転校してきたのは性格に多少の
問題があったからでは、などと思いつつ。

 おしまい

410 :蝙蝠男:2007/01/04(木) 00:36:04 ID:RQxXGwg1
>399
犯人もトリックも、それしかないとこまでちゃんと当ててるし、ティラミスじゃない事も正解。

>400
あ、最後のは設定を工夫すれば真面目に良い問題になるかも。
教室には、そんなでかいロッカーを個々人にあてるわけないけど、あわてて逃げる状況によっては
エスパー伊東みたく隠れたり。

>402
バレンタインデー正解!
ボウケンジャーの放映予定がずれなければ良いのだけども。

>403
高屋がレッドヘリングになってくれたら良いなと思ってたので、ちょっと嬉しい。

>404
あるあ・・・ないって(w;
いくら正月でもそんな全てが豪華、豪華(byリアル鬼ごっこ)なトリックは使えません。
変換ミスは真面目にゴメン。

・・・っていう事で、問題張った直後に、消した方法からおおまかな動機まで瞬殺だ(,,T⊥T)
他の人もおおむね正解されちゃったし。
いや、難しい問題ではないとは自覚してたけど、もう少し時間がかかると思っていた。
あと、気づかれてないミスが他にあるけど、恥ずかしいので秘密。

411 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 00:38:57 ID:EpJcUXu7
あなたはだんだん喋りたくなーる…( ‘∀‘)σ@

412 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 01:04:38 ID:xFfnQJBM
たしかに女の子の自演と考えると簡単すぎるな。
ココアにしなくてもいくらでも隠せそうだ。
岬自身の荷物は調べたのか。
ココアティラミス説が正解なら少なくとも魔法瓶の中までは確認してないことになる。
スポーツバック自体を調べてないなら、これはもう如何ようにも自演は可能だ。

自演というなら全て名探偵の創作ということもありうるかも。
「いかにも自分に気のありそうな少女」の話をして「僕」の反応を見ようとした。
動機は名探偵が「僕」にうほっだったから。

413 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 01:07:22 ID:xFfnQJBM
あ、解答が貼られてた、ゴメンヾ(^-^;)

414 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 03:37:55 ID:fURp3VV1
しかしかわった時期に転校してきただけで変人扱いってのもかわいそうだな岬ちゃん。
やっぱりワトソンの嫉妬なのかね

それはともかく、空の袋が二つ残っていたわけだけど、その片方がクッキーで、
もう片方がチョコレート菓子?だったのかな。だとするとこのあたりの文章が少し不明確かも。

415 :気になって年越せません…:2007/01/04(木) 11:17:00 ID:fIvtx7A+
950 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2005/04/28(木) 16:40:16
昔、女の子からもらったシャープペンの芯入れの中に
くるくるに巻いた紙がはいってたのに、気づいた。
ひろげてみたけど、暗号っぽい。

い か た .な い き た ふ わ
お こ  た は い こ た ま
お さ  つ ふ お .こ て み
お し  な  ま お た な み
お た .な .い か た な も

どうしよう・・・20年近く放置してたよ・・・orz

416 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 12:11:51 ID:Q+V5WoOH
今年初めて覗きました。出題者の皆様お疲れ様です。l

>>351
榎木津はそこまでメジャーなのですか。もっとマニアックな存在かと思って
いたのですが。京極恐るべし。

>>373
腸のトリックお見事です。
一つだけ疑問があるのですが、「息子は父親が殺されると自分が犯人だと疑われるのは
必然なので、どうしても不可能な密室殺人に見せかける(又はモスマンが犯人だと
思わせる)必要があった」というのが、前提なのですか。
そうでないなら、古藤が簡単に蹴り破れるようなドアなので、破って逃げればいい
だけだと思うのですが。前提を強調するか、ドアを頑丈にして斧か何かでやっと
破壊するという展開にするのがベターだと思いました。
個人的には、何よりも>>384の前半部分でゲハゲハ笑わせていただきました。
あの番組私も見ていたので、「シリアスな声で話すのやめろ」という大竹氏の
突っ込みが蘇りましたw モスマンをレギュラーキャラにしていただきたいですw

>>390
ココアは何となくわかったのですが、ボウケンジャーの伏線はお見事です。
そして、それをあっさり見破ってしまう>>402さんはさらにすごい。
このスレの方達には本当に感心させられます。今年も楽しませてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

>>415
これは問題ですか。私は推理力ゼロなので、他の方にお任せしますw


417 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 13:22:15 ID:rL+L/R0G
>>415はコピペ。確か席替えの席順をメモった物って結論が出てた気がする。
お菓子の奴は話が面白かったので瞬殺でも個人的にはGJ。そして投下。

『お菓子の出てこなかった日』(注意:本問題には一部アンフェアと取られかねない記述が含まれています)

バカとクズが美味しい和食のお店に行きました。

バカ「今日はコース料理を食べるよー♪」
クズ「楽しみですね、でも高いんじゃ……」
バカ「お金は秀才さんのツケだからいいんだよー」
クズ「それなら大丈夫ですね」
バカ「あっ、今日のお品書きだって。えーと、最初はサキヅケ?なんだろう?
   次にマエナ。なんかの葉っぱかな」
クズ「ゼンサイ、じゃないですかそれ」
バカ「次にお刺身、……焼き物?」
クズ「有田焼のお皿とか、鑑賞させられるんですかね?」
バカ「なるほど。……それから、お。茶碗蒸しだって♪それと、ゴゴゴツケ?っていう、たぶんこれ漬け物だね」
クズ「それ、オミオツケって読むんですよ。前、秀才さんに教えてもらいました」
バカ「へぇぇ、おみおつけかぁ。さすが秀才さんは何でも知ってるね!……あ、デザートも付くんだ」
クズ「何が出るんですか?」
バカ「えーと……たぶんゼリーか水ようかんってとこだね」
クズ「私、くず餅がいいです」

料理が運ばれて来ました。バカとクズは「焼き物ってステーキのことだったのか!」
「おみおつけって漬け物じゃなくておみそ汁だったんですね!」などとはしゃぎつつ、
美味しい美味しいと食べていましたが、いつまで経ってもゼリーも水ようかんも出てきません。

418 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 13:23:12 ID:rL+L/R0G
バカ「来ないねえデザート」
クズ「忘れられてるのかも……」
バカ「すいませーん。デザート来てないんですけどー」
仲居「何言ってるんですかお客さん。ちゃんと運びましたよ」
バカ「おかしいなぁ……」
クズ「そうだ!こう云うときは秀才さんに相談しましょう!」
ピピペポピポパポ
秀才「はい、秀才テレホン!」
バカ「秀才さ〜ん、聞いてよぉ」
秀才「どうしたの?」
バカ「お品書きにはデザートが出るって書いてるのに出てこないんだよー。
  それに仲居さんに聞いたらもう運んだってゆうしー。もう意味わかんないよー」
秀才「今まで何が出てきたの?」
バカ「えっとねー。ちっちゃいお寿司とー、お刺身とー、天ぷらとー、お肉とー、ゴゴゴツケとー、
   ご飯とー、お野菜ー」
秀才「ふぅん……あのさぁ、俺、ひょっとしてお前らに余計なこと教えたかもしれないな。
   たぶんそれって……」

さて、どういうこと?

419 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 14:14:37 ID:O1K8AucE
瓜が出てきたんだ。野菜だと思ったんだ。

420 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 14:17:42 ID:EpJcUXu7
メロンやスイカでも定義によってはお野菜だな

421 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 15:50:14 ID:rL+L/R0G
バカ「なになにー!」
秀才「お前らさ、メニュー見て変な期待しただろ」
バカ「何がー?」
秀才「メニューに水菓子って書いてたんだろ?」
バカ「うん」
秀才「じゃあもう来てるよ。水菓子ってフルーツのことだもん」
バカ「え〜!?水菓子って水ようかんとかくず餅とかじゃないの!?」
秀才「お前……可愛いな。ほんと解りやすくバカだな」
クズ「で、でも、果物も来てませんよ」
バカ「そーだよ」
秀才「野菜は来てるんだろ?」
バカ「うん」
秀才「何の野菜?」
バカ「えーっとね、イチゴとメロン!」
秀才「それがフルーツだバカ」
バカ「えー!!だって秀才さんが教えてくれたんだよぉ?」
秀才「確かにいちごとか、メロンやスイカは木にならないから分類上は
   野菜だって……お前らに解説したのは俺だけどさ」
バカ「野菜は果物じゃありませんー♪お菓子でーもありませんー♪」
秀才「うるせえバカ!イチゴとメロンは果物じゃないけどフルーツなの!
   食生活の欧米化の影響でフルーツ扱いなの!」
バカ・クズ「欧米かっ!」
秀才「うるせえ!」

メインのネタは「水菓子はお菓子じゃない」っていう叙述トリックだったんだが
誰も気づいてくれなかった。。。

422 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 16:04:28 ID:lnpVYZfS
誰も気付かなかったもくそも、ここは過疎のミス板なんだから
もそっとゆっくり待っとらんとほとんどの人が問題と解答を同時に見ることになる

423 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 17:03:06 ID:GYBfvWeN
「良いニュースと悪いニュースがある」
「何だ? 一体、何があったんだ?」
「まず、年が明けてから出題が続いているんだ」
「なるほど。それで、良いニュースと言うのは?」

424 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 18:03:44 ID:gdElRbkS
「砂の薔薇」と書いて「デザート・ローズ」と読む漫画があるんだけど、
砂のことをデザートというんなら、最初に見たのがデザートだったんじゃね?
おスナ書き。

425 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2007/01/04(木) 19:17:23 ID:erXu3e4H
え?ここは上手いことを言うスレ?

426 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 19:20:45 ID:EpJcUXu7
こめ汁、出題宣言?

427 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2007/01/04(木) 19:23:17 ID:erXu3e4H
>>426
また叩かれちゃうもん( ´・ω・`)

428 :胃の中の鍵・問題編 1/7:2007/01/04(木) 19:53:03 ID:M+78PPiG
よぉし、じゃあ俺が出題しちゃうぞ。

 その日は珍しい客があった。以前、とある事件で知り合った下溝警部だった。
 あの事件以来、私の下には、警部によって度々奇妙な事件の話を持ち込まれていた。
「警部が私のところへいらっしゃったということは……、やはり?」
「ああ、事件だ。それも、キミ好みの奇妙な密室殺人でな」
「密室事件……、ねえ」
 私はあまり気乗りがしなかった。
 というのも、小説の中の事件と違い、現実に警部が持ってくる密室事件は、大抵の場合
拍子抜けのする真相が待ち構えているからだ。
「警部、念のため先に言っておきますが、『犯人は合鍵で鍵をかけて行った』なんてオチは
ゴメンですよ」
 警部は私の言葉にニヤリと笑った。
「心配しなくても、今回は合鍵のことを考える必要はない」
「何故そう言い切れるんです? 部屋の持ち主に作った覚えがなくとも、以前の住人が作っ
ていたというケースもあります。既にそこまで調べが及んでいるんですか?」
「ふふん……、実はな、被害者の――黒山久司(クロヤマ・ヒサシ)というんだが――被害
者の青年が、事件のつい前日に鍵を交換していたんだ。新しい鍵を取り付けにきた鍵屋か
ら事情を聞いたところ、被害者は合鍵を要求しなかった。……予備の鍵を合わせた2本が
黒山に渡されたわけだが、それらはリングによって連結されており、発見時もその状態だっ
た。つまり、被害者の部屋を開けられる鍵は、実質その一組一個しかなかったというわけだ」
「当然、被害者の死体は、その自分の部屋で発見されたわけですね」
 なるほど。しかし、それだけでは合鍵の可能性は潰せていない。
「しかし警部、合鍵くらい、作ろうと思えば30分もあれば作れます。例えば犯人が、殺害後
に被害者の手から鍵を奪い、それを持って鍵屋に駆け込む。合鍵を作って、もとの鍵を被
害者の手元に返し、外から合鍵で鍵をかける。それで密室は完成してしまう」
 私が言うと、警部はポカンと口を開いた。どうやら警部は、そうした可能性を考えていなか
ったようだ。

429 :2/7:2007/01/04(木) 19:54:06 ID:M+78PPiG
「あ……、ああ………、ああそうか。い、いや……、しかしその可能性もない」
「どういうことです?」
「鍵の発見された場所が問題なんだ」
 警部はそう答える。
 いったいどういう意味だろう? 糸などを用いて室内に鍵を送り込むというトリックなら、
警部の言っていることも分かる。そうしたトリックでは到底送り込めない場所で鍵が発見
されたということだろう。しかし、合鍵を使って外から鍵をかけるなら、鍵は犯人が直接自
分の手で置くのである。どこであろうと、犯人の思い通りに置けるはずだ。
「鍵は、室内の捜索では発見されなかった」
「室外にあったというわけですか? しかしそれでは……」
「発見されたのは、司法解剖の時だ」
 警部は私を見据え、言った。
「鍵は、被害者の胃の中で発見された」
 そういうことか。いくら犯人が自分の手で鍵を置けるにしても、さすがに被害者の胃の
中に入れることは出来ないし、またその理由もない。警部が"私好みの事件"と言った訳
が分かった。
「警部、詳しい話を聞かせてください」
                      - - - - -
「被害者の父親は、ちょっとした資産家でな。それなりに財産を持っていた。被害者が住
むのは、○○マンションの最上階の一部屋。高級マンションとは言えないにしても、最上
階はどの部屋も広くなっており、その分下の階より家賃が高い。それを払っていたのは、
父親の方だった。
 死体は、その部屋のベランダに横たえられていた。死因は後頭部への鈍器による一撃、
脳挫傷だ。凶器はまだ発見されていない。死亡推定時刻は、前日の夜9時から発見日の
午前2時までと考えられている。
 死体の発見者は三人。大学で被害者と同じサークルに入っている青島隆一(アオシマ・
リュウイチ)。やはり同大学で、サークルこそ違うが、以前被害者と恋人関係にあった赤
川裕子(アカガワ・ユウコ)。そして、被害者の住むマンションの管理人、白田保(シロタ・
タモツ)だ。

430 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 19:54:29 ID:wQqS2ALU
1/7・・・

431 :3/7:2007/01/04(木) 19:55:07 ID:M+78PPiG
 発見時刻は午前4時ごろ……、早朝だ。朝から被害者を尋ねて来た青島と赤川が異常
に気付き、管理人を連れてドアをブチ破った」
「随分早いですね。青島と赤川は、二人で黒山の家を訪れたんですか?」
「いや、本人達の話では単なる偶然だ」
 そんな早朝に、二人もの人間が別々に訪ねてくる偶然があるだろうか?
 私の疑問が顔に出たのだろう、警部が答えた。
「青島は、サークル活動で黒川と約束があったと言っている。大学で一人待っていたが、
いつまで経っても黒川がやって来ず、その内に眠ってしまったらしい。目が覚めると既に
日付が変わっており、眠る前に何度も送ったメールにも返事がない。異常に思った青島
は黒川のマンションを尋ねた」
「その証言の確認は取れているんですか?」
「いいや、青島は一人で待っていた。アリバイはなしだ。
 赤川の方は……、ううん、なんというか、彼女は少し激しやすい性格らしくてな。黒山と
恋人同士だったことは言ったが、別れた後に、どうやら黒山は赤川との関係を妙な風に
吹聴していたらしく、それが赤川を怒らせて、幾度も衝突していたようだ。……大学の友
人たちには、キレた赤川が黒山に殴りかかるところも目撃した者もいた。
 その日も赤川は、夜に受けた友人からのメールの内容で、また黒山のそうした行動を
知ったらしく、一晩経っても怒りが収まらず、とうとう自宅に押しかけることにした、という
按配らしい。こちらもアリバイはなしだな」
 早朝から怒鳴り込みとは、なんとも迷惑な女である。……もちろん、黒山の方にも非は
あるが。
 私は軽く頷き、警部に話の続きを促した。
「最初にマンションに着いたのは青島だった。本人の話では4時は回っていたという。青
島は黒山の部屋を訪ね、しばらくドアを叩いたり、声をかけたりしてみたらしい。携帯に電
話をかけてみると、かすかに着信メロディが聞こえたそうだ。……しかし、黒山からの反
応はなかった」
 既に死んでいたから……、か。
「熟睡しているか、或いは携帯を部屋に置いたままどこかへ出かけているのだろう、と青
島は考えた。諦めて帰ろうとして、一階まで降りたところで、赤川が管理人ともめている
のに気付いた」

432 :4/7:2007/01/04(木) 19:56:11 ID:M+78PPiG
「そういえば、青島と赤川に面識は?」
「あった。黒山を通じてな。特に交友があったわけではないが、青島は黒川とよく行動を
ともにしており、そこに赤川が怒鳴り込んでくることが度々あったため、お互い顔だけは
知っていたようだ。……もちろん、本当は親しいのに、二人が嘘をついている可能性もあ
るが、今のところは二人の証言を覆すような発見はない。
 赤川がやって来たのは4時30分ごろ、赤川自身は時間を覚えていなかったが、その後
叩き起こされることになった管理人は、時計で時間を確認している。赤川は、マンション前
にやって来た時、ふとマンションを見上げたらしい。そこで、黒山の部屋のベランダから、
妙なものが垂れ下がっているのに気付いた」
「妙なもの?」
「黒山の脚だ。柵からはみ出して、黒いズボンと靴を履いた脚が覗いていた。しばらく
見ていて、赤川もそれが脚であることに気付いた。そこでマンションにかけこみ、管理
人を叩き起こした、というわけだ」
「そして、ちょうどそこに青島が降りてきた……」
「そうだ。青島は赤川から事情を聞いて、たった今自分も黒山の部屋を訪ね、声をかけ
たり携帯を鳴らしても反応がなかったことを管理人に告げる。赤川のがなり声に辟易し
ていた管理人も、もう一人妙なことを言う人間が現れたとあって、ようやく事態の異常性
を察したらしい」
 赤川は、単に変な女だとしか思われなかった、ということか。
「三人は一緒にエレベータで最上階に上がり、黒山の部屋の前へとやって来た。まず管
理人が声をかけ、それから赤川も黒山の名を呼んだ。しかし、やはり反応がない。管理
人は持ってきたマスターキーによって、鍵を開けようとした………、しかし」
「鍵は開かなかった」
 黒山が前日に鍵を替えていたからだ。
「管理人は、そのことを知らなかったんですね?」
「ああ、黒山は勝手に鍵を付け替えていたようだ。マスターキーが使えないことが分かる
と、今度は赤川が以前黒山からもらったという合鍵を取り出した。しかし、当然これでも
鍵は開かない」
「赤川は合鍵を持っていたんですか」
「……黒山は返せと言っていたらしいがな」

433 :5/7:2007/01/04(木) 19:57:19 ID:M+78PPiG
 私は少なからず驚いた。赤川のように激しやすく、しかも自分を恨んでいる人間が、部
屋の合鍵を持っているというのは穏やかではいられないだろう。黒山が鍵を変えた理由
も、ここにあるのではないか。
「それから?」
「ああ……、三人は話し合ったが、結局ドアをブチ破ることにした。青島は高校時代柔道
部に所属していてな、なかなかガタイが良い。ドアに何度か体当たりをかまし、最後は脚
で鍵の辺りを蹴破って、出来た隙間から手を突っ込み強引にドアを開けた。
 三人は黒山の名を呼びながら部屋の中へとなだれ込んだが、やはり反応がない。靴を
脱いだ赤川がベランダのドアへと走り、ロックを外してベランダに出た。すると、エアコンの
室外機と柵との隙間に、黒山久司の死体が無理やり押し込められていた。
 三人は警察に通報し、管理人は一階へと降りて警察を待ち、青島と赤川が部屋の前
に残った」
「二人はずっとお互いを監視し合っていたんですか?」
「いや、二人に限らず、死体発見の前後の証言は、みな曖昧だ。ショックもあっただろう
し、通報まで1,2分ほどは呆然としていたという。……この時間の感じ方も、
結構バラバラだったようだがな」
 すると、死体発見の前後で、他の二人の目を盗み、ちょっとした細工をする程度なら
可能だったわけか。
「いくつか聞きたいことがあります」
 私の頭の中には、既にある程度の推理が出来上がっていた。
「死体には、何か妙な痕跡はありませんでしたか? 死後についたと思われる傷や圧迫
痕などは……」
「いや、エアコンの室外機と柵の隙間に押し込むときについたと思われる、顔の擦り傷
以外には特に。被害者は手袋をはめ、厚手の上着を着て、ズボンも二重に穿いていた。
……かなり細身の青年でな。だから、もともと傷等が付き難い状態だった」
 つまり、死体に何か細工をしていた可能性はあるということだ。
「赤川には動機がある。……では、同じサークルにいたという青島には?」

434 :6/7:2007/01/04(木) 20:10:09 ID:M+78PPiG
「ああ、そうだ。肝心なことを忘れていたな。実は、赤川に限らず、発見者全員に動機
になりそうなものがあった」
「全員? 管理人にもですか?」
「ああ、まず青島の動機だが………、実は青島が黒山と同じサークルに入っているの
は、黒山によって強引に誘われたかららしい。本当は、高校までと同じく、柔道系のサ
ークルで活動がしたかったということが、サークルメンバーの証言から分かった。しか
し、青島は体格こそ良いものの、性格の面では押しの弱いところがあってな、それを
黒山に付け込まれて、サークルに入れさせられた以外にも、ほとんど黒山のパシリか
と思われるような扱い方をされていたようだ。掛け持ちで柔道を続けようという思いもあ
ったようだが、これも『ウチの活動の妨げになるから』という理由で、黒山に拒否されて
いた。……本音は、パシリを手元においておきたかった、というところだろう」
 ……元恋人である赤川との交際に関して妙な噂を流したり、とどうやら被害者の方
にもかなりの問題があったようだ。赤川の怒り方はどうかと思うが、私は彼女に対する
認識をわずかばかり和らげた。
「そんな性格であるから、マンション住民との衝突も何度かあったようで、管理人は度
々苦情を受け取っていた。当然、黒山にもその旨を伝えて、注意もしたらしいが、黒山
はいつもそれを突っぱねていたようだ。取調べ中、捜査員の一人が、本人の口から延
々愚痴を聞かされて辟易していたよ」
「ふぅむ………」
「黒山は父親がそこそこの金持ちだったせいか、傲慢な素振りが目立つ面があったよ
うだ。実際には、そう大した資産家でもないんだがな……。世間知らずに育ったんだろ
う。どうも、雇われ管理人を自分より下の存在としてみていた節がある。そういった意味
で、黒山のような性格の男に恨みを持っている人間は多い。発見者の三人が犯人でな
い可能性も当然あるぞ」
 警部は言うまでもないことを言う。
 私は、被害者の黒山は"胃の中の鍵"ならぬ"井の中の蛙"であったわけか、などと考
えていた。
 私はアゴに手をやり、考えをめぐらせる。

435 :7/7:2007/01/04(木) 20:11:37 ID:M+78PPiG
「ドアに細工したような後は、当然見つかっていない……?」
「ああ、キミたちの大好きな糸や氷は見つからなかった」
 私は別に、その手の物理トリックが大好きというわけではない。しかし、いちいち反論
するのは止めておく。
「ピッキングの可能性もない。鍵が新しいせいだろうが、少しばかりの傷はついていたが、
あれはピッキングされた傷ではなかった」
 その後も私は、本来口にするのもバカらしい、不審な指紋の有無や、隠し扉などの抜
け穴の可能性を、淡々と聞いていった。警部もそれに淡々と答える。これは一種の儀式
のようなものだった。
 一通りの質問で、黒山の部屋がほぼ完全な密室状態であったことを確認する。
「では、最後の質問。死体は発見時、靴を履いていた。また、厚着をしており、どこかに
出かけていた様子があったわけですね」
「その通りだ」
「では、室内に泥や土はありましたか?」
「あった。少量だが、被害者の死体を運び入れるときに落ちたものだと思われる」
 警部はスラスラと答えた。
 あったのか……。私はこれまで警部から得たデータを、頭の中で、統合性のある一つ
のストーリーに組み上げて行く。
「さすがのキミも、この事件にはてこずるんじゃないか?」
「いや、こういう事件こそ、私の得意分野です」
 私は答えた。
「犯人はもう分かりましたよ」
「なに!? も、もう分かったというのか? あの……、密室のトリックも………?」
「当然です。犯人は、トリックから導き出したんですから」

以上、長くてごめん。

436 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 21:22:48 ID:isdFusDf
マンションの構造がハッキリ分からないが、現場が最上階なら普通に、
「青山がロープを使って屋上から死体を担いで降りて、死体を押し込んだあと一人で屋上に戻った」
という推理ができる。

伏線が色々あるからこれは正解じゃないんだろうが、警察がこの可能性を考慮に入れてないということは
屋上からは絶対降りられないという根拠があったのだろうか。

437 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 21:23:56 ID:isdFusDf
書き忘れた、出題乙!です

438 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 21:26:08 ID:isdFusDf
青島を青山と間違えてるし (((´・ω・`)スマソ

439 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 21:36:12 ID:EpJcUXu7
縦書き2chブラウザが欲しいと思った
あと半年に1回くらい出題ラッシュが起きると思った

まあ、一般的に考えて隣のベランダや屋上から侵入ってのが妥当な線かな
胃の中に鍵があるのと、室内の泥汚れは気になるが

440 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 21:47:18 ID:isdFusDf
>>436です。
室内の泥を失念してました。
部屋の中のどのあたりにあったのか不明なので、換気扇から何らかの方法で入れた可能性は否定できないが。
むむ、良問の予感。

441 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 22:31:24 ID:M+78PPiG
ゴメン、肝心のことを書くのを忘れていた。
室内には、ほとんど目立たなかったが、何者かが金品を物色したような形跡が認められた。
“私”の質問に入れておくつもりが忘れてた。

あと、トリックも良いけど、そこから導き出される犯人や、その動機も推理してみて頂戴。

442 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 22:33:00 ID:7BO3VNHK
待ち合わせの時間や、被害者の服装(手袋とか二重のズボンとか)から
見て、被害者と青島のサークルというのは登山関係で、二人でどこか
山に出かける前だったと読んだのですが、これとトリックと何か関係が
あるでしょうか。登山関係のサークルなら、ザイルで屋上から降りるなど
お手の物だと思いますが。しかし、肝心の胃の中の鍵や室内の泥など
はさっぱり説明できないので、まるっきり見当違いかも。

443 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 23:18:04 ID:isdFusDf
以下の手順で犯行は可能だと思う。

1.青島と黒山が一緒に部屋に入る。
2.青島が黒山を気絶させる。柔道技の締め技で落とすとかで。
3.部屋の中に黒山の靴の泥を落としたり、金品を物色した形跡を残す。
4.部屋の鍵をかけ、黒山を屋上に運ぶ。
5.活を入れ黒山を起こす。鍵を無理やり飲ます。(飲まなきゃ殺すとか脅して)
6.黒山を殺す。
7.屋上からロープで死体をベランダに運び、自分だけ戻る。

あくまで可能であるという話ですが。

444 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 10:43:55 ID:cjPT+2mt
あめーす。
「あれ、カギがない!財布掏られた時だ!あの馬鹿管理人に頭下げるのも癪だし、鍵屋を呼ぶか。
ついでに鍵も替えちゃうかな。元セフレから鍵取り返すのもおっくうだし」
→「ふう。玄関の鍵交換終わりました。これ、新しい鍵でーす」
「おい鍵屋、帰る前にさ、外のコンビニ行ってジュース買ってこい。三十秒以内で
美味しい奴な。お前の分も金出してやるから。はい、ゴー!」
「なんなんだ、この黒山って馬鹿は。俺はこういう奴むかつくんだ」
ゴチーン!
「うわぁ、後頭部を殴られた!死んじゃう死んじゃう!でもただ死ぬの癪だから、
コイツの指紋がついた鍵を飲んじゃえ。この鍵触ったの俺とコイツだけだし。胃液とかで
指紋が消える? なんとかなるんじゃね?」ゴクン キュー 黒山死亡。
→「あわわ、死んじゃったよー!しかも、なんか鍵を飲むとか言ってたし。どうしよう?
腹を割いて鍵を取り出すか?でも俺魚も捌けないからなぁ。早く帰らないと親方に叱られるし」
→「そうだ!死亡推定時刻を誤魔化して、アリバイ工作しよう!死体を冷蔵庫に入れて冷やしちゃえ!
指紋なんて胃液とかでなんとか有耶無耶になるんじゃね?」
→「んだよ、野菜室がいっぱいで入らないじゃん! そうだ、今日は痩せている奴ならズボンを二重に
穿きたくなるくらい寒い日だから、外に置いておけば良いじゃん!」
→「ふぅ、人間って痩せてても重いなぁ。靴履かせたままだから室内に泥が落ちたけど、ま、いっか」
→「強盗っぽくみせた方がいいのかな?まあ、ついでに何か貰って行ってもいいかな。
迷惑かけられたんだし。でも、あんまり色々あさって指紋を残すような真似は避けたいね」
→「さて、玄関から出たわけだが。こういう時だね、鍵屋で良かったと思うのは。
こうやって……こう……はい、鍵かかった!」
→後日「はい、その日黒山さんに頼まれて鍵を交換しましたが……黒山さんに何かあったんですか?」

445 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 10:56:45 ID:xHvIYYAU
胃の中にあるって事は生きている内に本人が飲み込む以外ないんだよな。死んだ後では無理だしな。
>>443案でないとすると
解剖を担当した医師・・・単純に嘘をついた。鍵は胃の中になかった。
父親またはその他の有象無象・・・発見者が部屋に入ったときに素早く逃げる。
鍵作った人・・・合鍵を持ってた。

446 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 12:30:53 ID:3ZZKZQL8
>>442の登山系サークル説に一票

死体を無理に押し込んだのは固定するためじゃないかな。
死体にザイルの一方を巻いて、自分はそのザイルをつたって降りたか登ったか。
服装の厚さは死体にザイルの跡がついてないことの伏線。
発見前後に死体に細工することは可能だったと言ってるので、その時ザイルをほどいた。

動機は難しいな。
確かに警部の説明した動機では殺人までするとは思えない。
>>441を読むと真の動機が隠されているようなんだが。
青島が赤川に惚れてて、赤川のために殺したとか。

447 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 12:49:51 ID:DeIgzlLv
恋愛絡みで変な噂あって、しかも金品物色されたっつったら、こりゃもう写真だろう。
しかも嫌なやつなのに、柔道やりたい奴を脅して自分のサークルにおいておくほどの山好き。

もう山でやってるとしか思えない。
大自然の中の解放感と、神聖な山への背徳感。
そして「俺はズボン二枚穿いてるのに、お前は何も穿いてない」という露出に伴う恥辱プレイ。
写真撮って後で本人に見せながら辱めるってのもいいな。
ハァハァ


そんなこんなで山でやってる内に赤川も登山スキルを会得したんだな。

448 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 14:13:49 ID:RWUlUxSh
おお、またも新しい問題が。感想ばかりでなくたまには推理を。

1.まず、胃の中に鍵があったというのが事実だとすると、被害者が自分の意志で
飲み込んだ、としか思えないが、そうなるシチュエーションとしては、目の前の
誰かに鍵を奪われて部屋に入られるのを阻止するためため、というのしか
思い付かない。そうなると、相手は被害者より体力が勝るというのが条件になるので、
あてはまるのは青島だけ。よって犯人は青島。
赤川と管理人は合鍵を持っている(と思っている)ので、黒山の鍵を奪うという
発想にはならないはず、というのもある。

2.いくら押しが弱くても、柔道の選手がパシリ扱いされて黙っているというのは
おかしいので、やはり青島は黒山に脅迫されていた、と考える。室内に隠してあった
その脅迫のネタ(やっぱり写真?)を奪うのが犯行の動機。

3.だとすると、犯行現場は部屋の外だということになる。2人は屋上かどこかで
会って「鍵を出せ」「出さない」みたいなやりとりがあり、黒山は相手が本気だとみて
鍵を飲み込んで「取ってみろバーカ」とかやったので、頭に血が上った青島は
思わず殴り殺してしまう。しかし、気が小さいので死体の腹を裂いて鍵を取り出す
だけの勇気はない。そこで「ベランダからなら入れるかも」と考えて、ザイルで
ベランダまで降下したが、鍵がかかっていて入れなかった。
(ガラスを割ると侵入経路がばれて自分が疑われると恐れた?)

4.そこで一計を案じて、死体をザイルで下ろしてベランダに置いて、わざと脚を
外にブラブラさせておいて、自分は屋上に戻って脱出。外から訪ねてきた自分が
死体を発見して、管理人と一緒に部屋に入り、管理人が通報しているすきに脅迫の
ネタを奪おう、と計画する。ところが、偶然に赤川が訪ねてきて騒ぎ出してしまった
ので、仕方なく3人一緒に死体を発見。管理人が下に行った隙に、赤川の目を
盗んで(か黒山の被害者同士だということで協力を頼んで?)ネタを見付けて奪った。
しかし大急ぎだったので、物色の痕跡が少し残ってしまった。

うーん皆さんの説をもとに一生懸命考えたのですが、室内の土の説明がつかない…
たぶんはずれでしょうが、やはりあれこれ解答を考えるのも楽しいですな。

449 :推理編 1/4:2007/01/05(金) 15:36:16 ID:FY461nho
「結論から言いましょう。犯人は青島です。そして、この事件はやはり、密室事件と呼ぶには
相応しくありません」
 私がそう言うと、警部は驚いた顔をした。
「ということはキミは、やはり合鍵があったと………」
「いや、そうじゃありません。私が言いたいのは、この事件において、黒山の死体は密室の
"外"に置かれていた、ということです」
「し、しかし死体は確かにベランダに……」
「ベランダドアにはロックがかかっていた。それを赤川が外した。……そうでしたね? つまり、
入り口のドアとベランダドアによって密閉された部屋の、その外に死体はあったんですよ」
「だが、室内を通らなければ、ベランダには行けないじゃないか」
「いえ、黒山の部屋は最上階です。屋上からロープで降りれば、そこはすぐにベランダだ。被
害者の黒山は、ずいぶんと細身だったそうですね?」
「あっ……、そ、そうか…………。それで青島が犯人というわけだな? 彼なら体格がいいから、
黒山の死体をロープで吊り降ろすことも可能だ」
「もちろん、それも傍証の一つですが、私が青島を犯人としたのには別の理由があります」
「?」
 警部にはその理由が分からないようだった。
「警部……、何故犯人は、わざわざ黒山の死体を屋上からベランダに下ろすような真似をした
のでしょう? 当然、目撃を恐れて深夜に行ったのでしょうが、そうすると今度は、暗闇の中で
危険なクライミングをしなければならないことになる。死体と一緒にね」
「何故……? 確かに、キミの推理が正しいとすると、おかしな話だな」
「犯人は、死体をベランダに置くことで、あることに正当性を見出したかったのです。死体がベ
ランダに置かれ、その脚が外から目撃できたことで、いったい何が起きました?
「えっ? な、なにって……、赤川が管理人を叩き起こして、三人で死体を発見した」
「死体発見の少し前です」
「ドアをブチ破った……?」
「その通り。青島は、室内に侵入するために……、いえ、その侵入に正当性を与えるために、
危険を冒してまで黒山の死体を運んだんです」

450 :2/4:2007/01/05(金) 15:38:06 ID:FY461nho
 警部はまだピンと来ていないようだ。眉根を寄せて不可解そうに……、しかし、いつになく
真剣な様子で、私の言葉に耳を傾けている。
「青島は、黒山の使いっ走りにされていた……。しかし、いくら気が弱いとはいえ、続けたか
った柔道を無理やり止めさせられ、そんな扱いを受けてまで、青島は何故黒山に従ったの
でしょう? 青島は体格が良く、黒山は細身です。そこに生まれた逆転現象とも言える力関
係は、何が原因なのでしょうか?」
 ここに来て、ようやく警部は私の言わんとしていることが分かったようだ。
「脅迫か……! 青島は、黒山に何か弱みを握られていた、と?」
「その弱みを示す証拠品が、黒山の部屋の中にあったのでしょうね」
「なるほど……」
「私の推測はこうです。事件の日、黒山と青島は、実際には大学で会っていた。しかしその
真相は、サークル活動のためなどではなく、弱みの証拠を巡ってのやり取りだったのでしょ
う。黒山はたぶん、青島に対して、新調したばかりの鍵を見せつけ、彼を煽るようなことをし
たのだと思います。どうしても消し去りたいものが黒山の部屋にある。そして、その鍵は目の
前に……。思い余った青島は、黒山の手から鍵を奪おうと彼に掴みかかった。身の危険を感
じた黒山は、とっさに鍵を最も安全な場所へと移した………」
「それが自分の胃の中だったというわけか」
「そうです。そうしてから、青島を宥めようとしていたのでしょう。しかし、青島は止まらなかっ
た。日ごろ虐げられていた鬱憤もあったのか、彼は黒山を殴り殺してしまったのです。
 ……ふと我に返った青島は青ざめたはずだ。殺人を犯してしまったこともあったでしょうが、
なによりも黒山の部屋へと入るための、たった一組の鍵が失われてしまったのですから。死
体が発見されれば、当然警察によって部屋が捜査され、弱みの証拠品が発見されることに
なる。……となれば、青島はすぐさま重要容疑者だ。或いは、殺人犯として逮捕されることよ
り、その弱みを知られること自体が、青島にとっては我慢ならなかったのかもしれない。
 黒川が鍵を飲み込んだのも、そうした青島の心理が分かっていたからこそだったんでしょう
けどね」

451 :3/4:2007/01/05(金) 15:39:54 ID:FY461nho
 性格の悪さが祟り、殺されてしまったというわけだ。或いは、調子に乗って、一旦は意気
消沈した青島を、再び怒らせる言動でも取ったのかもしれない。
「証拠品は、死体発見のショックで呆然としている二人の目を盗んで探し出し――ひょっと
すると、場所だけは知っていたのかもしれませんが――トイレに流すでもして、隠滅したん
でしょう。或いは、飲み込めるサイズのものだったのかもしれない。
 ……もっとも、当初の計画では、一緒に部屋に入るのは、管理人だけの予定だったので
しょう。だから、警察を待つため管理人を下に行かせれば、もっとたっぷりと捜索の時間も
隠滅の時間も取れるはずだった。
 また、当然ながら脚を発見するのは青島自身だったはずですし、ドアを蹴破る予定でも
なかったでしょう。黒山が、鍵を新調したばかりで、管理人にも知らせていない、と青島に
明かしていれば別ですが。
 青島は、早朝に黒山を訪ねて来たとするのは不自然だと考えたのでしょうね。すぐに管
理人を起こすことはせず、管理人室の方が伺える場所に身を隠し、頃良い時間帯になるの
をじっと待っていた。ところが、時間のことなど全く意に介さない赤川がやってきてしまった。
彼女の性格を知っていた青島は、その後の展開が予測できました。彼は、赤川たちとともに
自然な形で部屋へ侵入するため、仕方なく自分も姿を現した。
 赤川の激しやすい性格が、比較的安全性のあった計画を、綱渡りの犯行へと変えたんで
す。まあ、それでも一応は成功したわけですから、悪運だけは良かったようですが。
 ああそれから、室内に落ちていた土は、死体を運んでいる最中に青島の服に着いたもの
が侵入時に落ちたか、或いは犯人が室内を通って死体をベランダに運んだ、と警察の捜査
を誘導するため、靴から少量を取っておいて、わざと落としたんでしょう」
 警部はしばらく私の推理を頭の中で吟味していたようだが、やがて口を開いた。
「しかし、それだけでは青島の犯行とは決め付けられないんじゃないか? 青島以外にも、
赤川と管理人が部屋に入っているんだ。管理人はともかく、赤川だって、もしかすると付き
合っていた頃の弱みを握られていたかもしれない。それを取り返すために……」

452 :4/4:2007/01/05(金) 15:41:03 ID:FY461nho
「それはありませんよ、警部。赤川は黒山に殴りかかったことさえあるらしいじゃないですか。
自分の弱みを握っている相手に、果たしてそんなことが出来ますかね? もちろん、先ほど
警部が言っていた通り、女性の赤川には、死体をベランダに下ろすのが体力的に難しいと
いうこともある」
「じゃ……、じゃあ管理人はどうだ? 管理人が弱みを握られていたというのは考え難いが、
逆に管理人の方が黒山の弱みを探していたということはあるかもしれない。苦情を意に介
さない黒山に言うことを聞かせるために……。そ、そうだっ……、この考えなら赤川も犯人
になり得るぞ? 恨んでいる相手の弱みを探すため、部屋に侵入したかった」
 私は呆れてため息を吐いた。
「警部、少し混乱しているようですが、落ち着いて考えてください。今私が語ったストーリー
は、そもそも黒山が鍵を飲み込んで死んでからでなければ有り得ないものです。もし二人
のうちどちらかが、黒山の弱みを握るための侵入を望んでいたとしても、黒山が死んだ時
点でその意味は消失する。第一、黒山が鍵を変える前までは、管理人も赤川も、好きな時
にマスターキーや合鍵で侵入できたんですよ?」
「あっ、そうか……」
 警部は神妙な面持ちでなおも首を捻っていたが、ついに顔を上げた。
「ううむ、今回ばかりは、キミの荒唐無稽な推理が正しいかもしれんな」
「警部、荒唐無稽というのは……」
 失礼なことを言う警部に文句を言おうとしたときだ。私の言葉を遮る形で、軽妙な音楽が
流れ出した。警部が持っている携帯の着信音だった。

以上、>>448氏がほぼ完璧に近い正解です。他の人も、死体を屋上からベランダに下ろす
というところまでは、だいたい想像がついたようですね。
土のトリックは、あまりに古典的過ぎて返って盲点になったのか。
ところで、解答編はもうひとつあります。その名も真相編。こちらもほぼ正解に近い答えが
出ているので、続けて投下します。

453 :真相編 1/3:2007/01/05(金) 15:48:59 ID:FY461nho
「……もしもし、私だ。え? いや、すまん、ちょっと野暮用があってな。ふむ?なんだって、
逮捕した? ……何? …うん、いったい何故……、少し事情を………………」
 警部はそこでしばらく話しこみ、3分ほど経って、ようやく話を終えた。
「うん、そうか、分かった。用が済み次第、そちらに向かわせてもらう」
「警部、今の電話は……?」
「ああ、くだんの事件だよ。犯人が捕まったようだ」
「やはり青島でしたか?」
 身を乗り出して訊いた私に、警部はニヤリと笑った。
「いいや、またも大ハズレだ。犯人は鍵屋だった」
「か……、かぎや?」
 そんな名前の登場人物がいたかしらん?
「黒山が鍵を付け替えさせた鍵屋だ。やはり合鍵があるとしか考えらないということで、捜
査員が再び話を訊きに行っていたんだが、自分が疑われていると勘違いしたらしくてな、
勝手に自白したようだ。
 この鍵屋、売り物の鍵の合鍵を予め作っておいて、その鍵を取り付けることとなった家を
狙い、空き巣を働いていたというんだ。
 どうやらかなりの借金があり、性質の悪い金融屋にも手を出して、よほど追い詰められ
ていたようだ。鍵を取り付けに来たとき、金目のものがありそうと見たからかも知れないが、
早速その日の夜に、黒山の部屋へ忍び込んだというわけだ。昼間に鍵を取り付けていた
際、黒山が、携帯で青島と夜の予定を話しているのを盗み聞きしていたらしい。黒山が青
島に会うため出かけて行くのを確認し、部屋へと侵入した」
 私はショックを受けつつも、警部の言葉の後を取り次いだ。
「……ところが、黒山はすぐに戻ってきた」
「ああ、忘れ物でもしたんだろう。部屋へ戻ってきた黒山は、空き巣と鉢合わせしてしまっ
た。黒山が外出着だったのは、出かけた先で殺されたからではなく、出戻ってきてすぐに
犯人と出会ったからだ。鍵屋は焦ってナイフを取り出し、黒山を脅した。黒山は、すぐに犯
人が昼間に来た鍵屋だと気付いたらしい。そこで、鍵を飲み込んだ。あの鍵は、結果的に
はダイイングメッセージとなったわけだ。犯人は鍵屋だ、と」

454 :2/3:2007/01/05(金) 15:51:04 ID:FY461nho
「もちろん、その時の黒山は、犯人との交渉に使おうと考えたわけですね。自分が死ねば、
警察が胃の中の鍵に気付く。何故こんなものを飲み込んだのかと疑問に思われ、捜査の
手がお前に伸びる……、と」
「犯人の鍵屋は、一旦はナイフを手放した。しかし、その脅しは黒山が考えたほど出来の
良いものじゃなかった。実際、誰一人気付かなかったわけだし、犯人もそう考えたんだろう。
そこに、黒山の例の傲慢な性格が出た。調子に乗った黒山が、犯人に向かって、相手を
バカにするような言葉を吐いたんだな。激昂した犯人は、手放したナイフではなく、金庫破
り等に使うため持って来ていた工具で黒山を殴り殺した」
 この辺りのやり取りは正に、私が推理の中で、黒山と青島の間で繰り広げられたのでは
ないかと考えた、そのままのストーリーだった。
「鍵屋は、何故黒山の死体をベランダに運んだんです?」
「殺人を犯してしまった後、鍵屋はすぐに逃げ出したわけじゃなかった。よほど金が要り様
だったのだろう、死体をそのままに、しばらく室内の捜索を続けたらしい」
 黒山と利害関係のなかった鍵屋にとっては、強盗殺人と目されるよりは、怨恨による犯行
と思われた方が都合が良い。金品を物色した形跡は、なるべく残さないように気を使っただ
ろう。
「黒山の死体をどかしたのは大した理由じゃない。室内を歩き回る際に、いちいち邪魔にな
ったからだそうだ。ベランダへ出すとき、どうせなら発見され難いようにと、エアコンの室外機
と柵の間に押し込んだ。脚がベランダの柵からはみ出したことには気付かなかったようだな」
 或いは、犯人が立ち去った後、死後硬直の関係で死体が微妙に動き、そのため脚が外に
出てしまったのかもしれない。
「待ってください。鍵屋が犯人なら、何故鍵をかけて行ったんです? 自分が犯人だと言って
いるようなものだ。それに、警察に事情を訊かれたときに、合鍵を作ったと答えればよかった
じゃないですか」

455 :3/3:2007/01/05(金) 15:52:08 ID:FY461nho
「……キミの悪い癖だ。現実の犯人は、常に合理的な思考をしているわけじゃない。殺人を
犯してしまったことで動揺した鍵屋は、うっかり合鍵で鍵をかけて帰ってしまった。そのため
合鍵の有無が警察の関心となり、当然事情聴取にも力が入った。怯えた鍵屋は、下手に嘘
をつくことも出来ず、つい本当のことを答えてしまった」
「そんな……」
「ま、そういうわけだ。またしても、キミの推理は的外れだった」
「……そもそも、あれだけ合鍵の可能性を指摘した私に、それはないと言い切ったのは
警部の方です。こんな真相はアンフェアだ」
「現実の事件にアンフェアも何もない。……もっとも、小説の世界では、キミがいつも考
えるようなトリックが幅を利かせる」
 私はため息を吐き出した。
 今回こそは、真相を突き止めて警部を一泡吹かせることができると思ったのに。
「いや助かったよ。女房のヤツ、またスランプ気味でな」
 警部の言葉を聞いて、私は本棚に目をやった。
 そこには、女流推理作家・穂乃宮アキ――本名・下溝秋穂――の本が何冊か並んで
いる。それらに掲載されたストーリーのうちいくつかは、警部を通じて彼の奥さんに伝わ
った、私の間違い推理が基になっている。
 奥さんの仕事のために、警部は規律を破ってまで、名探偵とはとても言えたものでは
ない私のもとに、奇妙な事件の話を持ち込んでくるのだ。
 現実に正しい推理が聞けるかどうかは、あまり関係がない……、というより、今までの
実績からすれば、まるで期待はされていないだろう。しかし、奥さんが書く小説のネタに
は使える、というわけである。
 かくして警部は満足げな顔で私の家を後にし、私は次こそは正しい推理を、と執念を
燃やしたのであった。

以上。と言うわけで、>>444氏がかなり近いところをついています。
鍵を飲んだのがダイイングメッセージだった、というのもほぼ正解。

456 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 17:23:36 ID:tTmlKNW9
黒山が死んだ時点で、青島には品を物色する動機がなくなるんじゃないかな

457 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 17:47:27 ID:FY461nho
>>456
なくならない。作中で“私”が説明してるんだけど、分かりにくかった?

(“私”の推理が正しかったとして)
もし青島が例のトリックを使わなければ、黒山の死体発見後、以下の事実が判明する。

・青島と黒山は、事件のあった夜に二人で会う約束をしていた。
・青島は黒山のパシリにされていた。
・黒山の部屋には青島の弱みを示す証拠があった。
・黒山は鍵を飲み込んでいた。

どう考えても青島が犯人です。本当にありがとうございました。

458 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 18:35:05 ID:YeHg2KsM
真相編で、被害者が靴を履いていたのは何故?
「室内を歩き回る際に、いちいち邪魔になった」という理由で
被害者を運び出したのであれば、被害者が襲われたのは玄関などではなく
部屋の中だよね?
忘れ物取りに帰っただけだから膝歩きしていたとか?

459 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 20:00:05 ID:FY461nho
ああ、そこはちょっとややこしくて文字数多くなるんで省略してた。
まず黒山は、玄関で靴を脱ぐ前に鍵屋と遭遇し、口論になる。鍵屋を怒らせて、鈍器で殴られる。
この際、黒山は鍵屋に対して背を向けている(警部が「後頭部へ一撃」と言ってる)。つまり、玄関のドアを
開けて逃げ出そうとしたということ。
死体はそのとき廊下に倒れた。鍵屋は死体が人目に触れないよう、一旦は普通に室内に引き摺り込んだが、
その後邪魔になったので、改めてベランダへと引き摺って行った。

460 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 20:03:07 ID:xHvIYYAU
早期発見の上、わざわざ司法解剖までしてんだから死後硬直も終わりきってない死体動かしたら簡単に分かるんじゃない?
大学から移動→マンションへ移動→屋上へ移動→さらにロープで降ろす。古い死体ならともかく、わざわざ解剖してるんだから普通に考えれば警察なら死斑で分かるよな。
となると>>436の指摘通り警察が分からないわけ無いし、死亡場所調べたり青島の車調べたりするだろうし。
あと早期発見の割に死亡推定時刻が長いのもなぁ・・。江戸時代以前かいな・・・。
というかほぼも何も普通に考えて犯人とトリックは>>436>>444も完全に正解じゃね?

泥が不可抗力ならともかく、犯人がわざわざ細工をしたのなら赤川でも管理人でも泥棒が金品をさがしたように見せかけるのも同じ位の可能性で起こりうるだろ。
解答から読む限り後頭部を一撃ってのも相当アレだし・・・。暗闇なのに黒い脚を見つけるのも微妙だし・・・。

あんまり綺麗じゃないな・・。

461 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 20:12:06 ID:xHvIYYAU
>>459これは?
>そこに、黒山の例の傲慢な性格が出た。調子に乗った黒山が、犯人に向かって、相手を
バカにするような言葉を吐いたんだな。激昂した犯人は、手放したナイフではなく、金庫破
り等に使うため持って来ていた工具で黒山を殴り殺した」

てか玄関や廊下が現場なら鍵飲み込んでまで挑発する必要あるの?
大声でも出して逃げる方が先じゃない?

462 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 20:47:05 ID:npz6KqTj
>>450を読むと青島は大学で黒山を殺したと思えてしまう。
まさかそんなことはないよね。

全体としてはよく出来てると思うよ。
ストーリー的に最後のオチも面白かったし。
長文問題乙でした。

463 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 21:00:10 ID:npz6KqTj
>>460
基本的に同意。ただ

>暗闇なのに黒い脚を見つけるのも微妙

これは青島本人が「見つける」予定だったんだからいいんじゃない?
ていうか自分以外の人間に発見されて即110番されても困るし。
結果的には赤川が見つけてしまったが。

464 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 21:17:09 ID:xHvIYYAU
>>463
それは赤川が見つけたことに対してだよ。

465 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 21:37:26 ID:npz6KqTj
>>464
赤川の場合は黒山に文句を言いにきた訳だから、黒山の部屋を注視して発見する確率は高いと思うよ

466 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 21:37:40 ID:3OxH6uyg
>>459
廊下で倒れた被害者を何故室内の邪魔になる所にまで運ぶ?
玄関に置いておけばよくね?

467 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 21:49:29 ID:xHvIYYAU
>>465
注視するかどうかはともかく(おそらく電気ついてるかどうか確認はするだろうけど)暗闇で黒いのが垂れ下がってて、普通脚ってわかるのかな?
せいぜい何かひっついてるな程度な気がするよ。マンション自体が低い可能性もあるが。
ほんのちょっとでも灯りがあれば分かるだろうけどね。

468 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 22:05:32 ID:FY461nho
>>460
ゴメン、その辺りは自分でも結構曖昧な知識で書いてた(どっちみち“私”の妄想だし)。
どっちにしろ、“私”も警部も、被害者が外出先で殺された可能性が高いと考えていたから(黒山が外出着
で、靴を履いていたことから)、死体が移動されたのは前提にして話してた。
死斑に関してだけど、俺もよく分からないが、今ちょっとググッて見た感じでは、死後4,5時間(サイトによ
ってまちまち7時間とか10時間とかもある)以内で動かした場合は、移動したかどうかは死斑からは判断
できないような感じだった。

死亡推定時刻が長めなのは、ずっとベランダに放置されていた場合と、暖房の効いた車に乗せられたりし
ていた場合とでは、誤差が現れるから。死亡時刻の割り出しに重要なのは胃の内容物の消化具合だった
と思うけど、一人暮らしの黒山が何時ごろに最後の食事を終えたのかが謎だったため、安易に限定はで
きなかった。

あと、管理人や赤川が同じくらいの可能性で起こし得るというのはどういう意味?

>>461
ドアを閉める → 鍵屋と遭遇 → 鍵屋がナイフで「騒いだり、逃げたりするな」と脅される → 手に持っ
ていた鍵を飲み込む → 鍵屋がナイフを離す → 調子に乗って挑発 → 鍵屋が激昂して殺害
という流れなので。あと、明記してなかったけど、最上階の部屋は防音設備も良い。
ドアをぶち破ったりしても、他の住民がおきてこなかったのはこのため(普段から赤川が怒鳴り込んできた
り、黒山が色々騒ぎを起こしていたりしたから、というのもあるが)。

>>466
まあ、勢いあまってということにしといて頂戴。
えっと……、あれだ、ほら、着太りして見えたけど、予想以上に軽かったので。

469 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 22:08:14 ID:npz6KqTj
>>467
まあそうだね。
俺も一般の人よりは確率が高いと思うだけで。
今問題文を読み返したら、赤川がふと見上げたら何か黒山のベランダから出てて、
よく見たら足だと気付いたとなってる。
>>467の言うようにマンションの高さとか、月夜だったのかとか、常夜灯の有無などの
データは不明だからどのくらい確率高いとかは分からん。

470 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 23:27:38 ID:xHvIYYAU
>>468
無茶苦茶だね。法医学の方は放っておくとして(実際誤差がどれほどかわかってないんでしょ?死斑についても)。
まぁ移動したの分かってる警察が移動経路調べない方は問題として終わりにするとして。

鍵屋の方はもはや無理矢理過ぎておかしくなってるな。
何で鍵屋は最初の段階でナイフを手放すわけ?密室ならともかく鍵開いた状態なら別に鍵屋が犯人に行き着く訳じゃないでしょ?
激高しつつも逃げようとする被害者が後向いた瞬間を冷静に振り下ろした訳ね。

ようは警察もアホ、探偵もアホ、被害者もアホ、犯人もアホでOK?

471 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 23:43:55 ID:cTnIehFO
あんまりリアリズムに拘りすぎるのもね…
気持ちは分かるけど

そういえば、出題、乙

472 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 23:54:46 ID:x+iuoocr
負けそうになると論点を変えるのか。おもしろいね

473 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 00:04:53 ID:jpPCpoTZ
鍵屋犯人説に対してはあまり論理的破綻を追及してもしょうがないような気がする。

「現実の犯人は、常に合理的な思考をしているわけじゃない」「動揺した鍵屋は」「うっかり」「怯えた鍵屋は」
という表現にあるとおり、これはお遊び的なオマケと考えていいんじゃないかな。
俺は結構楽しめたよ。

474 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 00:57:44 ID:8mdgi3MU
>>470
>まぁ移動したの分かってる警察が移動経路調べない方は問題として終わりにするとして。
意味がよく分からないんだけど、警察は黒山の足取りに関して捜査していたよ? マンション住民とか、
駅員とか、事件が起きたと思われる時刻に大学にいた人とかに話を聞いて。
実際には出かけてすぐ戻ってきてたから、足取りが一向につかめなかっただけで。

>何で鍵屋は最初の段階でナイフを手放すわけ?
たとえハッタリでも、予想外に部屋の主と遭遇してしまった鍵屋からすれば、「お前が持ってきた鍵を飲
んだから、俺を殺せばお前が犯人だと分かる」って言われたら動揺するよ。
あと、冷静に後ろ向いた瞬間を狙ったんじゃなくて、怒って凶器を振り上げたら、驚いた被害者が逃げよ
うとして後ろを向いただけ。

>ようは警察もアホ、探偵もアホ、被害者もアホ、犯人もアホでOK?
まあ、被害者と犯人が短絡的だったのは確か。
被害者は半分自業自得で死んだようなもんだし、鍵のダイイングメッセージは全く伝わらなかったし、
犯人もポカしまくりだったし。
探偵はアホじゃなくて推理小説バカ。大げさな方大げさな方に考えてしまう。
警察は順当な捜査をしてたはず。赤川が動機の面で余りに目立ったこと。また、ピッキング等が行われ
ていなかった&部屋があまりあらされていなかったことで、強盗殺人の可能性を低く見積もっていた。
ただ、改めて鍵屋に事情を訊きに行ったことからすると、鍵屋の様子に不審なものを感じてはいたのか
もしれない。

475 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 01:30:32 ID:mFs14vJE
そこまでリアリティにこだわらんでも

致命的な破綻があるならともかく
ただの推理クイズなんだから楽しめたらいいじゃないか

出題乙

476 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 11:38:58 ID:0Z2TP9tE
リアリティ云々はショートショートミステリでカバーできる範囲を超えてるんだとおもいますよ。
どうしたってもうひとつの真相にも本文中にきちんとした手がかりが求められるから。

477 :たぶん1/4:2007/01/07(日) 01:33:03 ID:hF/56Opd
しょうがない、じゃあここは俺が思いっきりふざけた問題を出して
一人悪者になってやるよ!
・・・こう言っておけばよほど破綻してない限り大丈夫だろ。では、

『贋作火曜クラブ』

「最初に言っておきますが、今からあたくしがお話しする物語に登場する
地名、人名、人称は全て架空のものですわ」
ジェーン・へリアがその美しい貌にあどけない笑みを浮かべ、切り出した。
「これはあたくしの友達が――」
また「友達」、か。ヘンリー・クリザリング卿は苦笑する。ヘンリー卿は
もとより、バントリー大佐夫妻もロイド医師も、ジェーンの「友達」とは
彼女自身のことなのだろうと承知していた。みんな猫を被っているのだ。
「あたくしの友達……名前は伏せておきますが、彼女はある時、オックスフォードに
ほど近い田舎町、名前は――なんと付けたらいいかしら?」
「その町に、何か変わったところは?」
バントリー夫人の言葉を助け船と思ってか、ジェーンは少し考えるようなそぶりを
した後で、
「そうね、渡りの季節だったのか、とても鳥が多くて。――これも何という名かは
忘れたけど、確か人にもよく懐く鳩みたいな白い鳥で、それこそ伝書鳩みたいに
飼っている方も時々見かけるわ。
ずいぶんと人に慣れているみたいで、観光客が餌をくれるのを当てにして、
ひょこひょこと付いてくるのが可愛くて――」
こほん、とバントリー大佐がわざとらしく咳をして見せた。「どうもあなたの話は脇道に逸れすぎる」
「あら、ごめんあそばせ」ジェーンは額に皺を寄せた。
「鳥、ですか。ならばヒッチコック・ヤードというのはどうです?」
ヘンリー卿が真面目くさって提案する。
「素敵だわ。では、話を続けますわね。それで、あたくしの友達がヒッチコック・ヤードを
訪れた理由なのですけれども、彼女の父親の友人で――この方はどうしましょう。ロンドンの
独身の財産家で、子爵の血筋の方で……」
「リチャード・ブラックマウンテン卿で行きましょう」
今度も名付け親はヘンリー卿だった。

478 :たぶん2/4:2007/01/07(日) 01:33:41 ID:hF/56Opd
「そのリチャード卿が、えぇと。ヒッチコック・ヤードに別荘を持っていて、その招待を
受けたという訳なのですわ。リチャード卿は毎年、冬になると別荘に行き、何人かの親しい
お友達を招いてパーティを開くんです。あたくしも何回か招待されたことがありました」
話に夢中になっているのか、ジェーンは語り手が「友達」から自分自身になったのに
気づいてはいないようだった。
「あたくしの友達が別荘に着いたときには、もう辺りはすっかり陽も落ちて暗く、彼女以外の
招待客は既にみんな集まっていました。執事に迎えられ、彼女がラウンジに通された時には
もう、執事とメイド以外のこの別荘にいるべき全員が、ふかふかのソファに座ってコーヒーを
啜っていました。
この日――と言っても、もう数日前から滞在している人もいましたが、リチャード卿に招待された
客人はあたくし、……あたくしの友達を除いて3人」
今度は途中で気づいたな、とロイド医師は苦笑した。
「一人は若くてスマートな青年実業家で、名前は――」
「ロバート・ブルーアイランド」
「さすがですわクリザリングさん。そして元女優だという素敵な女性、」
「マリア・レッドリバー」
「最後に、リチャード卿と同じくらいの年格好で、恰幅の良い老紳士、」
「ケネス・ホワイトライスフィールド」
「これで全員決まりましたわね。それにリチャード卿で、ミステリー小説について話していました。
それにあたくしの友達も加わって5人で……本当に和やかな雰囲気だったんです。
あたくしの友達も、あんなことが起こるなんて思ってもいなかったでしょう。
話が盛り上がっているところに、執事がリチャード卿に食事の準備が出来たと伝えに来たので、
みんなは談笑の場を食堂に移しました。
リチャード卿はあたくしのことを、とても誉めてくださいました。あたくし、隣のキッチンで
とてもかいがいしく働いていましたのよ」
どうやらジェーンは自分にとって名誉な部分だけ、匿名のことを忘れるようだった。

479 :たぶん3/4:2007/01/07(日) 01:34:25 ID:hF/56Opd
「美味しいディナーを頂いた後で、リチャード卿は執事に言って、ウイスキーのボトルを
持って来させました。この日のための取っておき、というやつですわ。
その時、ケネス氏がオン・ザ・ロックを所望したのであたくし、素敵な思いつきをいたしましたのよ。
この辺は空気が綺麗だと言うことを知っていましたから、窓を開けて外のつららを取って、
それを折ってグラスに入れたんです。とっても素敵な趣向だと思いませんこと?」
「いや、実に気の付く方だ」バントリー大佐はぼそっと呟くように言った。賞賛というより
皮肉、といった方がしっくりくる口調だった。
「でも、その日は珍しく夜も気温が氷点下にならなかったので氷ももろくなっていたのでしょう、
上手く折れたのは一本だけ。幸い、他の方はストレートでお飲みになりましたわ。もちろん
冷凍庫には氷も出来ていたのですけれど。
そして食事の後も、二階の、各自に与えられた部屋に行くでもなくラウンジに集まって、今度は
執事も一緒になってミステリー論の続きをしていました。
尤もあたくしはキッチンでメイドの手伝いをしていたのですが。
途中、リチャード卿がなんだか底冷えがする、と言って風呂に入ってくると中座して、
それと入れ違いで、あたくし……の友達がキッチンから紅茶の載ったお盆を持って戻ってきました。
そして、そこからは4人で話を続けていたのですが、――確かあれは10時を少し回ったくらい。
『助けてくれ!』と言う、リチャード卿らしき叫び声を、あたくしの友達は聞いたのです。
もちろん他の人たちも。ロバートさんが『行ってみよう』と立ち上がったのを皮切りに、
釣られるようにみんなぞろぞろと風呂場へ向かいました。途中でキッチンにいたメイドとも合流して、
廊下を抜け、タオルやバスローブのいっぱい干してある脱衣所の向こう、閉じられた風呂場のドアを
開いたのはケネス氏でした。風呂場で見た物に、あたくしは絶句しました。
浴槽には、お湯を真っ赤に染めてリチャード卿の死体が浮かんでいました。あたくし……の友達は
それを見た瞬間、哀れにも卒倒してしまいましたわ」

480 :やっちった4/5:2007/01/07(日) 01:35:33 ID:hF/56Opd
「その後、警察が来てリチャード卿の死因は『太い棍棒のような物』で殴られたことによる
脳挫傷、つまり撲殺であることと、リチャード卿の寝室が荒らされていることがみんなに
伝えられました。何かを探していたかのように、デスクの全ての引き出しが開けられ、
ひっくり返されていたそうです。
しかし、別荘にいた全員が持ち物検査と身体検査を受けましたが、誰も検死結果に見合うような
凶器となり得る物を持っていなかったんです。それに、あたくしの友達と、ロバートさんと、
マリアさん、それにケネス氏と執事には、リチャード卿が風呂に入るとラウンジを出て行って
からのアリバイがありました。……可哀想に、疑われたのはメイドでした。彼女はずっと
キッチンで一人だったからですわ。キッチンには、麺棒などの手頃な凶器もありました。
尤も、その後の調べでは、キッチンにあったいかなる物からも血液は検出されませんでしたが
そんな物は幾らでもごまかしがきくと、捜査責任者の怖い顔をした警部さんは最初から
あの哀れな十代そこそこの女の子を犯人と決めつけていました」
「しかし、メイドは犯人ではなかった、と」
ロイド医師が眉間に皺を寄せ、うなった。ジェーンは頷く。
「犯人は客の一人でしたわ。その人物は、リチャード卿にある弱みを、物的証拠と共に握られていました。
それを奪い、口封じのためにリチャード卿を殺したのです」
「しかし、その物的証拠とやら……手紙のような物だとしましょうか。それは検査では見つからなかった
んでしょう?」
ヘンリー卿の言葉にジェーンはええ、と言った。
「確かに証拠とは、犯人がリチャード卿に宛てた手紙でした。しかし、犯人は既にそれを絶対に安全な
屋外のある場所に隠してしまった後だったんです」

481 :らすと:2007/01/07(日) 01:37:44 ID:hF/56Opd
「しかし、解らんな。メイドが犯人じゃないとしたら、他の連中にはみんなアリバイがあったんだろう」
バンドリーが顎に手を当て、眉間に皺を寄せた。「なかなかの難問だな。それに今日は、ミス・マープルがいない」
おそらくジェーンが今日この話をしたのも、ミス・マープルの不在に起因しているらしかった。
彼女は以前、ある趣向を凝らした問題をマープルにあっという間に言い当てられたことがある。
「最後に言っておきましょう。もちろん、あたくしの友達は犯人ではありません」
「もう良いよ、『あたくしは』で」ロイド医師が茶々を入れる。
ジェーンはそれを聞いてもにっこりと笑顔を浮かべたままで
「ええ、確かにこの話に出てきた『あたくしの友達』とはあたくし自身のことですわ。だからこうも
言えます。あたくし、ジェーン・へリアはもちろん犯人ではありませんわ」

さて、この事件の犯人は?

482 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 01:48:52 ID:hF/56Opd
あー、そうだ言っておきます。
ヒッチコックが「鳥」を撮ったのは1963年なので
1932年に発行された火曜クラブのパロディに
その引用がされるのはおかしい、というツッコミはナシの方向で。
書き込んだ後気づきました。

483 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 03:07:49 ID:g5l4GbKF
リチャードが風呂行った後、話していたのは4人。
誰か一人がいなくなってる。
でもメイド以外全員アリバイあるんだよなぁ。叙述のにおいが。

484 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 08:17:47 ID:hF/56Opd
おはようございます。
>>483
えーと、すいません。書いたとき寝ぼけていました。
5人ですね。ミステリー論を戦わせていたメンバーは
「あたくしの友達(=ジェーン・ヘリア)」、「ロバート・ブルーアイランド」
「マリア・レッドリバー」、「ケネス・ホワイトライスフィールド」、
それに「執事」の5人です。もちろん名前の付いていない「執事」や「メイド」が
何人もいたわけではありません。どちらも一人ずつです。
そして、今名前を挙げたメンバーの中で「メイド」にだけはアリバイがなかったのですが
彼女が犯人でなかったことは文中でジェーンが言ったとおりです。
これ以上話すと野暮になりますか?では。

485 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 09:11:22 ID:UMiYXJV+
犯人は客。しかし招待客には全員アリバイがある。
つまり、招待されていない客がいた。

凶器はつらら。或いは湿らせて固く絞り、更に凍らせたタオル。
まあ別に何でも良いや。お湯で溶かして証拠隠滅。

手紙の隠し場所は鳥。脚に結び付けて空に放した。
飼いならして、自宅まで飛んで戻るように訓練してある。

486 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 09:34:21 ID:LIvYKfbB
ほぼ>>485でいいんじゃない?
氷点下にならなかったので、凶器はタオルの方だと思う。
犯人は>>483の言うように例のアレで、メル欄。

487 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 10:31:58 ID:5Z4Nl5Gp
語り聞かせている問題なので、>>486だとトリックにならないのでは。

488 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 13:24:29 ID:Tgcg6MLg
それは別に問題ないよ。自分から叙述と言っているわけでないし。
ようはあたくしの友達は二人・・・ジェーンと実際の友達
しかし、問題文からそのうちのどちらが犯人かは判断できない。>>484によってジェーンでなくあたくしの友達だという推理に行き着くわけだが・・・。
この奇妙な状況に説明はつけれる。実はこれは実際の「殺人事件」じゃなくジェーンの創作。蜘蛛の会と同じように問題を出し合って解く会合なんだ。
名前を「決めた」「つけた」ことからわかるように。ジェーンが回答者に陳述トリックを仕掛けただけ。
だから最後の文章を変えて実はジェーンが犯人の方が面白かったと思う。なぜなら作中ですら実在の事件でないのだから・・・。
もっともフェアな推理ってのは犯人だけが嘘をつくだからね。

>>476
それにも簡単かつ合理的な説明はつけることができる。
二つの解答は実はある最大の違いによって同時に成立することはありえない。
にもかかわらず鍵屋犯人説に問題文から複線も何も存在せず、合理的な理由付けができていないのはそれが>>444の解答の後に作られたものだから。
鍵屋犯人説を見た出題者は問題文に「ほかの人物が犯人であることを否定する根拠」がないと思ってしまい、動揺して不自然な真相編を作り上げることとなった。
にも関わらず解答編におかしな部分を突っ込んだらその点に関しての反論はする(それによってさらにおかしな点が現れる)という奇妙な状況を引き起こしてしまったんだ。
鍵屋が犯人だとすると一連の動作はあまりにも不自然な点が大きすぎる。
実は解答でも言っている程度なら、鍵を閉めたことでも靴をはいていたことでも十分否定する根拠にはなりえたんだ。
ただし>>436の解答は明らかに正解なのにそれを正解とも認めず、犯人指摘になんら説得力を持つことのない泥や金品物色に理由付けだけはしておくことで犯人とトリックは全員正解してるにも関わらず、性格が災いして正解といえなかったんだ。
ほぼ正解とかね・・・。
こうして長文の割りになんらひねりもなくミスリードもない問題を何とかそれなりの問題に仕立て上げる努力を解答編でおこなったという訳さ。

489 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 13:47:43 ID:oOi2JOAh
なんかもうスレ自体がミステリ。
住人自身が登場人物。

490 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 14:00:32 ID:hF/56Opd
「陳述トリック」って「叙述トリック」のミスかと思ったら、
グーグルで1600件引っかかったのでそういう言葉があるんですね。感服しました。

えーと、これはなんと言えばいいのかな。「あたくしの友達」が二人というのは
ありません。どこかに臭わすような描写があるならともかく、それが真相なら
皆さんきっと怒るでしょう。そんなアンフェアな叙述は仕掛けておりません。
とりあえずトリックは殆ど見破られているので、日付が変わる前には解答を・・・

491 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 14:03:10 ID:Tgcg6MLg
じゃぁジェーンか・・・。

492 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 14:12:41 ID:UMiYXJV+
>>488
鍵屋犯人説は最初から盛り込んでたよ。
伏線も一応ある。メタ的に読まないと分からないのと、最大のヒントを推理編の投下後に出すつもり
だった(まあ出したけど)のに、それより早く正解に近い答えが来てしまったので、敢えて解説はしな
かった。
トリックだけの正解者を正解としなかったのは、自分的にはこの問題が犯人当てクイズのつもりだっ
たから。トリックから青島犯人に繋がる理由を書いて欲しかったので(だから“私”に「トリックから犯
人が分かった」と言わせたんだし)。

あと、俺が言ってるのは「ほぼ正解」じゃなく、「ほぼ完璧に近い正解」だから、「正解」って意味だよ。


っていうか、キミは何がそんなに気に食わなかったわけ?

493 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 14:16:04 ID:Tgcg6MLg
証拠の物品はつららを折るために窓を開けた際の屋外の雪の下に・・・ってことか。

494 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 14:49:58 ID:Tgcg6MLg
この日招待された客以外の客(滞在してた客とか)ですでに逃亡した後ってのもありえるんだよな・・・。
だとしても叙述になるし・・・。

物理だとしたらアリバイのある人間が小型のオーディオプレイヤーでも使ったのか・・・。

495 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 16:56:15 ID:CesKn+pu
>>488
ワラタw
>>492
あんまり良い問題じゃなかったんだし、そんな必死にならんでも

496 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 17:25:05 ID:UMiYXJV+
>>495
別に問題の不備に文句言われるのはいいんだけどさ、下手糞な日本語で意味の分からん
難癖つけられたり、俺の性格までどうこう言われても困るんだよね。
もっとちゃんとした批判なら今後の参考にも出来るんだけど、>>488の人、いつもどっか日本
語がおかしくて、何言ってんのかサッパリ分からんとこがあるしさ。どういう意味?って聞いて
も答えないし……

497 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 17:30:21 ID:dFzBbiCb
殺伐としてまいりました…

498 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 17:40:49 ID:hF/56Opd
あ、皆さんのおじゃまになるようでしたら
もう解答貼りますか?

499 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 17:47:44 ID:kZgjo/+9
解答もでないぽいし是非お願いします。

500 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 18:42:19 ID:hF/56Opd
「あら、皆さん降参ですの?」
ジェーンは嬉しそうに周りを見回した。
「私は降参だ」ヘンリー卿が両手を上げて見せた。
「話を聞いていたのだが、アリバイの無かったメイドだって、彼女が一人に
なったのは手伝いをしていた君が紅茶を持ってラウンジに行って
しまったからであって、単なる偶然なのだろう?つまり、実質的には
誰も自分の意志でリチャード卿を殺しに行くことは出来なかったわけだ」
バントリー大佐は首をひねった。夫人とロイド医師も、面倒くさそうに降参を告げた。
「では、真相をお話ししますわね」
ジェーンは立ち上がった。「ヒッチコック・ヤードの別荘で起こった撲殺事件の
犯人は――他ならぬ『あたくし』ですわ」

「ヘリア、美しいあなたにこんなことは言いたくないが……それは少々、アンフェアですな。
あなたは自分自身で
>あたくし、ジェーン・へリアはもちろん犯人ではありませんわ
と言ったではありませんか」
ヘンリー卿の言葉にも、ジェーンは少しもたじろがず
「ええ。ですから犯人ではなかったでしょう?ジェーン・ヘリア……つまりこの話における
『あたくしの友達』は。実はあたくしの友人でもあったある中年女性が犯人だったこの事件は、
あたくしの見たまま話せば本当に単純きわまりない物だったので、ある趣向を考えましたの。
犯人の視点を一人称にして話してみたんですわ。最初に言ったでしょう?
>今からあたくしがお話しする物語に登場する 地名、人名、「人称」は全て架空のもの
ですって。
皆さんはあたくしが間違えて二つの人称をない交ぜにして話していると思っていたでしょう?
あたくし、わざとそういう風に聞こえるように言いましたの。これでも女優ですからね。例えば
>あたくし、……あたくしの友達を除いて3人
というくだりですけれど、これはもちろん、『あたくし』と、『あたくしの友達』を除いて
3人、という意味ですわ」

501 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 18:44:41 ID:hF/56Opd
「消えた凶器は、これもミステリーでは古典ですわね。タオルを何本も束ねて水を含ませ、
ぎゅっと絞って冷凍庫で凍らせた物でした。『あたくし』が
>隣のキッチンでとてもかいがいしく働いて
いたのは、食材などを出すために冷凍庫がメイドに開けられて、彼女が凶器を発見するのを
恐れたからだったんですわ。本当は彼女の計画ではそんな危ない橋は渡らずに、外でタオルを
凍らせておくつもりだったんですが、その日ヒッチコック・ヤードは
>珍しく夜も気温が氷点下にならなかったので
やむを得ず冷凍庫を使ったのでした。彼女はこの日にリチャード卿殺害を実行したかったのです。
客人が全員そろい、一人でも容疑者が多くなった日に。もし、彼女が他の、もっと単純な殺し方に
変更していたら、あるいは彼女は容疑者としてもっと有利な立場に身を置けたかも知れませんわね。
ウイスキーのくだりを考えても、彼女がなるべく人々を冷凍庫から遠ざけたがっていたのは
明白でしょう。もし、他の誰かが氷を所望したら、彼女自ら氷を取りに行ったでしょうね。
そして、キッチンでメイドの手伝いをしていた彼女は頃合いを見て『自分の部屋に行ってくる』
などと言って二階に上る。そしてリチャード卿の部屋に行って自分の弱み――こればかりは推理で
当てろと言うわけにはいきませんから、説明いたしましょう。彼女は自身も名家の出身で、
ご主人もナイトの位を持つ財産家で……」

502 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 18:45:38 ID:hF/56Opd
「サー・ジェームズ・バットマン」
「素敵だわクリザリングさん。そのジェームス卿は、大変嫉妬深い男だったそうです。
彼女は昔、リチャード卿にラブレターを書いていたのですわ。もちろんジェームス卿と結婚する前の
ことなので、そのことで責められるいわれはないはずでしたが、嫉妬深いジェームス卿は
赦さないでしょう。前の年に別荘を訪れた時、彼女は『こんな物が出てきたんだ』とリチャード卿に
そのラブレターを見せられたそうですわ。もちろんリチャード卿はこれをネタに強請るなんて
卑劣なことはこれっぽっちも考えずに、ただ若かりし頃の思い出として大切にとって置いていたのでしょう。
しかし、彼女にとってはその手紙の存在は死活問題だった。それが原因で離婚なんてことになったら
自分どころか一族の不名誉になる……彼女は一年考えた末、手紙を奪い、リチャード卿を口封じに
殺すことを決意したのです。
手紙は、別に脅迫の材料に使おうとしていた物でもなかったので隠してあったわけでもなく、
すぐに見つけることが出来たそうです。そして彼女はある方法を使い、手紙を屋敷の外へ持ち出したのです」
「ある方法って?」バントリー夫人は首をかしげた。
「お忘れになって?ヒッチコック・ヤードにはたくさんの鳥が――伝書鳩の代わりになる鳥が
たくさんいたんですよ?彼女は同じ種類の鳥を飼い、一年掛けて伝書鳩用に訓練したんですわ。普段は
外に放しておいて、この時だけ呼ぶのだったら誰かに不審に思われることもないでしょう。鳥が
飛んでいるのを見られても、この近くでは普通のこと。そして鳥は手紙を持って、飼われている
彼女の部屋へと飛んでいったのですわ。
彼女は一階に下りると、もう一度キッチンへ行って、今度はメイドに見つからないように冷凍庫から
凶器を取り出し、風呂場へ向かいました。そしてリチャード卿を撲殺。タオルはシャワーより早い
湯船で溶かし、血も落として脱衣所に干しておいたんです。そして、血で赤くなった浴槽をごまかす
ためにリチャード卿の死体を投げ込んだ……」

503 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 18:46:15 ID:hF/56Opd
「ちょっと待ってください。やはりアンフェアですよ」
ヘンリー卿だった。
「だって、それなら『あたくし』は死体発見時、風呂のドアの向こうに何があるか知っていたんでしょう?
ならば
>風呂場で見た物に、あたくしは絶句しました。
というのはどうでしょうか。演技だとしても言い方がアンフェアな気がしますね」
「クリザリングさんは勘違いをしているんですわ」とジェーン。
「『あたくし』はみんなと一緒に死体を発見したわけではなくてよ?彼女は風呂場の中で、後始末を
している最中だったんですわ。リチャード卿の死体を浴槽に投げ入れたところで、ドアが開いて
みんながなだれ込んできたんです。『あたくし』がそれを見て絶句するのは自然でしょう?
その時は彼女は『自分は先に来て死体を見つけたんだ』と言い訳しました。その後警察が来て
各自の証言をまとめたところ、アリバイがないのは『あたくし』とメイドだけだったのですが、権威に
弱い田舎の警官は、当然のように勲爵士夫人でリチャード卿のような貴族とも親しかったという
上品な中年女性ではなく、ろくに学校も出ていない薄汚れた使用人を疑ったのです。
『あたくし』が自白したのは、夫からの一本の電話によってでした。
ああ、汚らわしいことに自分の妻が浮気している妄想にとりつかれたジェームス卿は、彼女の
留守中に勝手に部屋に入ってなんとか不貞の証拠を見つけようとしたのです。そしてそこに
鳥が飛び込んできたのですわ。……脚に彼女がかつての恋人を殺してまでも夫から隠そうとした、
若かりし頃の恋文を付けて。
離婚を宣告された彼女はその場に崩れ落ちるように倒れ込み、全てを自白しましたわ。
結果としては、一人の嫉妬深い男のために殺人が起き、そして無実の少女が絞首台に登らずに
済んだのですから、どうにも奇妙な巡り合わせだと思いませんこと?」

504 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 19:06:50 ID:TzcIpQF3
>>482のせいで、舞台は1932年頃なんだと思いこんでました。その時代に一般家庭に冷蔵庫ならともかく、「冷凍庫」は普及してないよなあなどと、余計なことまで考えてしまった。いやあ、降参降参


505 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 19:11:26 ID:hF/56Opd
えーと、ということで>>485さん、>>486さん、トリックおよびその伏線回収は
完全正解ですね。おめでとうございますと言いますか、ありがとうございました。
>>488さん
ええとですね、まず
>名前を「決めた」「つけた」ことからわかるように。
これですけれども、これは元ネタ読んでない方には解らないですよね。
この問題の元ネタになった「バンガロー事件」に、ジェーンには
単純な町の名前を作るのさえ難しかった、というくだりがありまして。
「バンガロー事件」でも全ての仮名をヘンリー卿が作っていたので
そのパロディという訳なんです。
それから、小型のオーディオプレイヤーという、つまり物理トリック案
ですが、この時代(火曜クラブに収録されている短編が書かれた
1920〜30年代)にそんな物があったかどうかは作者は浅学にして
知りません。ご容赦下さい。

506 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 19:18:26 ID:hF/56Opd
>>504
ええと、そのことはちゃんとしていないと
ウィキペディアとかで調べたのですが、(以下引用)
1915年にアルフレッド・メロウェスが初めて、家庭用の
冷蔵・冷凍一体型(といっても氷で冷やすタイプの物ですが)の冷蔵庫を
作ったそうで、1920年代には欧米諸国の裕福な家庭にはけっこう
普及していたようです。

それに、
>冷凍庫には氷も出来ていたのですけれど。
という一文もありますので、どうかギリギリアンフェアでないと考えて頂きたいです。

507 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 19:51:00 ID:YSzaRP/j
他のスレの書き込みだが、ここ向けの謎見つけた↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1158570707/316

もう下のほうで解答が出てるのが惜しいけど、いい謎だと思う
自信がある人は問題だけ見て解答を書き込んでみては?

508 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 19:51:03 ID:TzcIpQF3
>>506
そうですか。自分は、「撲殺」で浴槽が真っ赤になるほどの出血はないだろうし、「血で」真っ赤になったとは書かれていないので、そこも引っかけかと思っていました。
舞台は現代で、凍らせたタオルとは別の凶器があるのだとてっきり。出題お疲れ様でした

509 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 21:02:32 ID:hF/56Opd
>>508
それはつまり「お前の出題穴だらけなんだよクズ」と
言いたいわけですね。
いいんですよ、俺みたいなゴミムシに気を遣ってくださらなくても。

510 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 21:04:47 ID:YJycyJtU
ここってまとめサイトとかある?

511 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 22:04:38 ID:5Z4Nl5Gp
非常に面白いアイデアだと思った。出題乙。
ただ、やはり完全にフェアとは言えないと思う。犯人が語り手の一人称だと
すると、>>479の後半では語り手は風呂場にいるわけなのに、皆が死体を発見する
くだりの描写が具体的で、語り手が知り得るはずのない情報が盛り込まれている。
これは記述にジェーンの経験(と視点)が混ざってしまっているわけで、
純粋な一人称とは言えまい。だから、「絶句した」のあたりの記述は、
どうしても不自然なことは否定できない。

断っておくが、ケチをつけているわけではない。非常によくできた問題だと
感心したことに変わりない。どうもここの人は、回答者は出題者に完璧を
求めすぎるし、出題者は(自分が苦心して書いたのだから無理も無いが)、
自分の問題に思い入れが強すぎるのではないか。はっきり言ってプロの作品
だとて突っ込みどころは探せば必ずあるのであって、ましてや素人の
しかも文量に限りがある問題に、完全な論理性と意外性と科学捜査に耐え得る
隙のなさを同時に求めるのは、所詮無理というものだ。そういう制約を考えれば、
この作品などはむしろ十分に素晴らしい。
俺などはこめ汁氏のバカミスっぽい作品ですら十分に楽しんでいるw
優れた問題もそうでもない問題も皆でああだこうだといじって楽しむのが
このスレの良いところだと思うのだが、どんなものだろうか。

512 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 22:40:44 ID:dhkwUzjg
>>511
全面的に同意ですな。
>>496氏の出題も>>509氏の出題も良問だと思う。
こめ汁氏のアイデアを楽しんでるのも同じく。

513 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 22:44:43 ID:dFzBbiCb
>>398
>※解答は2、3日後の予定。もちろん正答もしくは近い答えが出たらさっさと張るよ。
↑暗黙の了解

498
>あ、皆さんのおじゃまになるようでしたら
>もう解答貼りますか?
500
>皮肉のつもりだったのに不本意だのふ
505
>えーと、ということで>>485さん、>>486さん、トリックおよびその伏線回収は
>完全正解ですね。おめでとうございますと言いますか、ありがとうございました。

ヲイヲイヲイヲイ

514 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 22:56:40 ID:VNNEgeaF
ふと、こめ汁は宰太郎(サイタローでなく)の蒔いた種から出た芽ではないかと思った

515 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 00:54:55 ID:3wVmvmby
日没が早い英国の冬のこと、
ディナーの頃には、外は真っ暗でしょう。
いくら伝書鳩でも飛ぶわけにはいかないのでは?

516 :蝙蝠男:2007/01/08(月) 04:19:41 ID:ra71BFMx
最近あんまり回答に参加してない僕がいうのもなんだけど、問題文に疑問点があれば
解答が張られる前に指摘すれば良いんじゃないだろうか。
伏線だったなら正答に行きつく足がかりになるし、出題者のミスだったなら
出題文訂正や注釈加筆されたりして問題を楽しみやすくなる。
まあ、これは僕が回答する時、疑問点を列挙するスタイルだから思う事かもしれないけど。

>513
いや、それは僕が、その問題でのみ使ったものだから。
過去ログを見ても、解答の張られ方にはいろいろなパターンがある。

517 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 09:05:59 ID:l3A8Etpz
>>515
伝書鳩ならば、ものによっては「夜目が利く」ので
夜に飛べてもそれほどおかしくない。
(ソースは「レース鳩0777」)

518 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 09:07:55 ID:4DP7igOI
>>515

http://www.jp.horiba.com/sensorium/exploration/05.html

太陽コンパス説のところで「夜でも鳩が戻ってくる」という表現があるので、伝書鳩は夜飛ぶのかも。
鳩が鳥目なのは間違いないので、私には断定できないのですが。
別のサイトでは、渡り鳥は一定の星を目印にして飛ぶと書いてありました。

問題文の
「そうね、渡りの季節だったのか、とても鳥が多くて。――これも何という名かは
「忘れたけど、確か人にもよく懐く鳩みたいな白い鳥で、それこそ伝書鳩みたいに
飼っている方も時々見かけるわ。
ずいぶんと人に慣れているみたいで、観光客が餌をくれるのを当てにして、
ひょこひょこと付いてくるのが可愛くて――」

この部分の説明を読むと鳩に似た(架空の)渡り鳥と解釈できるので、私的にはセーフでした。


519 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 17:36:29 ID:2QWNNB1S
雑談所兼質問所から誘導されて来ました。

以前私が経験したちょっとした謎なのですが、推理していただけたら
嬉しいです。
(ちなみに正解は私にも分かりません。悪しからず…)

520 :519:2007/01/08(月) 17:58:53 ID:2QWNNB1S
以前バイトしていたお店に来ていたお客様の話です。
100円ショップの色紙を20枚(確か2枚入りだったと思うので
正確には20袋)購入されるのですが、
1度目に10袋(1050円)購入ししばらくしてさらに10袋購入するんです。
たいてい斜め掛けの大き目のバッグをしてて1度目の後レジ前から居なくなって
15〜20分後に2度目の購入をするんですが、財布を出す際にバッグを開くと
1度目に買った色紙が入っています。

文章ヘタなので簡潔?にまとめます。
●お客様は20代くらいの男性、たぶん日本人。
●いつも一人で来店している様子
●レジからお店の出入り口は死角なので、1度目購入の後お店を出ているのか
 店内にとどまっているのかは不明
●1度目と2度目の間隔は15〜20分くらい
 (きちんと計ったわけではありませんので大体です)
●来店の頻度は月に2〜3回くらい(これも大体です)
●1度目の荷物をどこかに置いたり預けたりしてる様子はない
●色紙以外のものを購入している様子もない
●支払い方法は現金。
 うろ覚えですが、1000円札+50円とか普通の支払い方でした。

なぜ彼はいつも2度に分けて購入してたのか…
気になって仕方ありません。

521 :519:2007/01/08(月) 18:09:09 ID:2QWNNB1S
補足という程ではありませんが、思いついた事を少し。

●両替も考えたのですが、1万円札や5000円札を出していた記憶は
 ないので、大抵の場合1000円札を出していたと思います。
●身なりは黒髪で、服装は黒など地味めな印象
 予備校生がしてそうな(勝手なイメージ)斜めがけのバッグ
●他の従業員に聞いても2度に分けて買う事以外は
 特に印象的な事はなし

522 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 18:59:56 ID:fniKFjRu
レシートは?
しっかり貰ってましたかいの?

523 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 19:04:59 ID:0RKWGoxZ
>>519が女性の場合は、惚れていたので二回接したかったから。
>>519が男性の場合はうほっだったから。

と思ったのだが他の従業員の時も二度買ってたのね(・∀・)ゴミンネ
「色紙」というのは「しきし」じゃなくて「いろがみ」のことですよね。

524 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 19:21:49 ID:dkS945Bx
創元にこの問題プレゼントしたら二年引っ張るだろうなw
買い物を二回に分けるとどういうメリットがあるか、だな。

まず思いつくのは一方が業務用、一方が個人用というケース。
しかし領収証という話がないので業務用ではない。
「10袋は自分用、10袋は同目的で色紙を必要とする知人に頼まれて購入。かつ、レシートを分けて管理したかった」
ぐらいか。あまり納得できる答ではないが一応ありえる。

それから消費税額減らし。1050円という額から、この線は消える。
あるいは付与ポイント増やし。1000円以上のお買い上げ1度につきスタンプ1個、のような制度があったならありうるが
それなら>>519をはじめとする店員も分けて買う意味にすぐ気づくわな。この線もないだろう。

あるいは、「レジ袋が目的」で分けているのではないかという仮定も成り立つ。
つまりゴミ袋として欲しいと考えれば、20代男性が月に4〜6袋消費するという考えは納得がいく。
スーパーの袋は有料・破れやすい・紙袋、などの理由で使えなかったのだろう。

525 :519:2007/01/08(月) 19:39:16 ID:2QWNNB1S
>>522->>524
紛らわしくてスミマセン、色紙は「しきし」です。サインとかもらうやつ。

レシートは持って帰ってた気がしますが断言はできません。
その辺に捨てるようなタイプの人には見えませんでした。

ちなみに私は女ですが、どの従業員も平等に?見かけてます。
朝から昼の時間帯の来店が多いように記憶しています。

確かに自分用と業務用なら説明がつきますね。
けど20袋一緒に買っても、一部分だけ領収を切る事も可能です。
色紙しか買わないのに中途半端に時間がたっている事もひっかかります。
何故かすぐ2回目購入ではないんですよね…

ポイントは分けてもまとめてでも同じだけ貯まります。
レジ袋説は成り立ちますね。
やはり時間がたってるのが判らないのですが。
分けて買うのが恥ずかしいから従業員が忘れた頃にって事かな???

526 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 19:56:21 ID:fniKFjRu
レシートが二つ欲しかった
っていうのが一番自然だな。

時間が空いてたのは連続二回は恥ずかしいから。
客は店員に覚えられてるとは思わないものだ。

なぜレシートが2つ必要なのかについては、


男は芸能事務所の人間で、関係者に配るサイン色紙を買っていた。
しかし事務所にはお互いをライバル視する二人の稼ぎ頭がおり
まとめて買うとレシートで色紙の数を見て
相手の枚数がどうこうと臍を曲げたりするから
「〇〇さん人気だから、今週もこれだけ書いていただきたいんですよ〜」的なことを言ってご機嫌をとってたんだ。


というのはどうだろう。

527 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 20:16:04 ID:jti5n5uL
個人で月に20枚以上も色紙を必要とする環境がイメージできないのは
俺が世間知らずだからなんだろうか?

528 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 20:29:26 ID:0RKWGoxZ
>>526の「恥ずかしいから」説を押します。

きっと彼は芸能人志望なんだよ。
一人コソーリサインの練習をしてるんだ。
他の店でも月に三回くらい、二度分けして色紙を買ってるんだよ。
まとめて大量に買うと「だって俺がサインの練習をしてるのがバレちうじゃん」みたいな感じで。
それでいて財布を出す時バックの中を見られてるにも気付かないポンスケな訳だ。

529 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 21:37:25 ID:VO63foRA
二人は……いや、今まで色紙を買った人は、全て別人なんだよ。

まず、Aが色紙を買う。それを持ってBのもとへ行き、「これと同じ色紙を買って来い」と要求する。
Bは色紙を受け取って、100円ショップで同じものを購入する。

一ヵ月後、Bは以前に買ったのと同じ色紙を買い、Cのもとへ行って「これと同じ(ry

530 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 21:50:26 ID:RpxDg1la
見当外れだったらハズカシス

男が一度目の購入の後に店を出てるか留まってるかは、出てると思う。
だって419が店内で物の陳列とかしてるときに、男が習慣的に何度も来てるなら
一度目の購入を終えて時間潰してる男を一回ぐらい見かけるはず。
それなのに出てるか留まってるか判らないって事は、男は購入後店に居ないんだよ。


531 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 22:18:47 ID:B24A7wBa
ざ・たっちの二人だった、というのはダメか。

532 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 22:30:39 ID:T/HKDzQ2
この事件の謎はまとめるとこうだな

・同じ人間が月に2・3回色紙を二十枚買いに来る
 → 何故? そんなに色紙が必要な状況がわからない

・しかも、わざわざ十枚ずつ二回に分けて、時間をおいて買いに来る
 → 何故そのようなことをしなければならないのか

ちなみに事件とは関係ないかもしれないけど、
100円ショップのポイントカードってたまると何がもらえるの?
あんまりポイントカード制の100円ショップって見たこと無いから

533 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 22:45:12 ID:u/tbqkM7
彼はショップチェーン本部の放った調査員だったんだよ。
変則的な買い物をして月2、3回の客や二十分後の客が判別・認識できるか、
従業員の表情や会話でチェックしてたんだ。
出題者さんは合格だね♪

534 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 22:50:39 ID:pVVs/X8Y
色紙の会計のとき胸元を覗かれてたんちゃう?
それかあえて奇妙な行動をとることで気にかけられたかったとか。

ウミガメのスープのネタになりそうな話だね

535 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 23:21:07 ID:mKUaTE0R
>>532
アゲんな、バカ
なにが >まとめると… だ
誰もが簡単に理解してる事しか書いてねーじゃねーか

結局お前が書きたかった事は
>100円ショップのポイントカードってたまると何がもらえるの?
って事だけだろ

   木反 違 い

そんな事だけでアゲんな、バカ

536 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 23:27:46 ID:pVVs/X8Y
>    木反 違 い

一反木綿思い出した

537 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 23:28:17 ID:6RpjIV3s
その客はアスペルガー症候群で行動パターンをこなしていた

538 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 23:52:51 ID:u/tbqkM7
健忘症だった

539 :519:2007/01/09(火) 00:22:51 ID:Mefao14f
ポイントの件は店がスーパーだったからです。
テナントで100円ショップが入ってるのではなく、
スーパーの一部に100円ショップがあるという…わかりにくいかな。

>>530
100円ショップ部分がレジから死角が多いのと、
100円ショップの商品出しの担当→あまりレジに入らない
レジ担当→あまり100円ショップ売り場に行かないので
居てもわかりづらいです。

みんなに確認したわけではないので言い切れないけど
100円ショップ以外のところで買い物してる様子もないです。
バッグの中身も見た限り1度目に買ったの色紙くらいしか入ってなさそう。
ごちゃごちゃ入ってる風ではないです。
(万引きか?と思って注意して見た事もあるので)
あくまで見えた限りですが…

540 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 00:37:13 ID:k81xAy/W
> なぜ彼はいつも2度に分けて購入してたのか…
過去形であることに注目しよう。
> 以前バイトしていたお店に来ていたお客様の話です。
とあるから「ああ、バイトをやめたからもう会うこともないのだか」と理解してしまいがちだが、
実はここには重大な犯罪行為が隠されている。

男は店長の弱みを握っていたんだ。
そして常に「俺はお前の近くにいるんだぞ」というメッセージを送っていた。
奇妙な行動をするのはもちろん、店員に覚えられて話題になるため。
そして「またあのお客様だ」という会話がなされた頃を見計らって再び訪れる。
男が時間をあけて二度目に来た時には、店長は物陰から男を睨みつけていただろう。

店長には芸能人だか漫画家だかを殺害した過去があったのだ。
それを知った男は色紙を買い続けることで店長を脅かした。
しかし、ある日を境に男は訪れなくなったはずだ。
店長に呼び出され、亡き者とされてしまったからな。

541 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 00:37:52 ID:izK8iqt3
タレントか何かのマネージャーで、

・月に数十枚色紙が必要
・で、半分は自分が代筆する

って感じか。自分の分だけ分けて買っている、と。自分の家に持って帰ってサインするとかなのだろうか。
二回に分ける理由は
>20袋一緒に買っても、一部分だけ領収を切る事も可能です。
が、わかっていないからだろうな。

542 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 00:39:54 ID:izK8iqt3
541だが
あっ、まさか、全部代筆分で、半分は無断でオクとかにまわしてもうけているんじゃないか・・・

543 :540:2007/01/09(火) 00:40:18 ID:k81xAy/W
うん、リロードすべきだった。
>>539を見ると店長説成り立たない。

>>541
それなら領収証は20袋全部について欲しいはずだぞ。

544 :蝙蝠男:2007/01/09(火) 01:01:56 ID:lsNuJe5C
>528
逆に有名芸能人を気取っている男で、何度も購入して「俺はこんなにサインを求められてるんだぜ〜」と
見せびらかしているつもり、とか。

>535
なんでそんなに苛々しているのかわからないけど、ポイントカードの特典内容によっては解答に結びつくことも
ありうるんじゃないかな。

>539
>(万引きか?と思って注意して見た事もあるので)

あ。・・・色紙が十枚もあると厚みができるよね。
そして二回目に来店した時は、買ったばかりの色紙に見せかけ、色紙を接着して中をくりぬいたものなんだよ。
そこに小物を入れて、万引きするわけだ。色紙の存在がわかるほどカバンの口が開いていることが傍証。
・・・でも百円ショップで万引きしたって儲けにはならんよな、と思ったら>539
つまりスーパー内のもっと高価な物が置いてあるところで万引きしている、というわけだ!ドーン

545 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 21:01:59 ID:Jjq2TLxK
楽太郎が円楽なべ敷きを量産していた

546 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 21:21:59 ID:qDzUmb4W
彼はアルバイトをしてるんだ。
ある人物に頼まれて色紙を買ってる。
条件は一回買って、20分ほどたってもう一回買う、ということだな。
つまり彼は余計な時間を百円ショップで過ごさなくちゃいけない訳だ。
彼を雇った人物はその間に、彼の家から銀行目指して地下道を掘ってるって寸法さ。

547 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 21:51:54 ID:PMzltFkr
俳句とか短歌をたしなむ人は結構色紙使う
20代ってのが、ちょっとどうかと思うけど
ホストクラブとかそういう系は使うのかな

あと、必ず2回なのか、1回の時が存在したのか
自分だったらと考えると、まず10枚分の色紙は必ず必要だから
最初に買う。その後他に必要なものはないか物色して
何もなければ予備の色紙を買うってのはしそう
2回に分けるというより浪費家だから必要な奴は先に
確保しておかないと、と思うんだよね





548 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 23:04:39 ID:ptgBFtlN
>>544
>あ。・・・色紙が十枚もあると厚みができるよね。
>そして二回目に来店した時は、買ったばかりの色紙に見せかけ、色紙を接着して中をくりぬいたものなんだよ。
>そこに小物を入れて、万引きするわけだ。色紙の存在がわかるほどカバンの口が開いていることが傍証。
>・・・でも百円ショップで万引きしたって儲けにはならんよな、と思ったら>539
>つまりスーパー内のもっと高価な物が置いてあるところで万引きしている、というわけだ!ドーン

すげえ、面白い ちゃんとトリックもあるしミス板っぽい
これが解答でいいよ

と思ったけど、これだと二回目に色紙を買う必要ないんだよなあ
それに、色紙の十枚の厚みに収まる商品で一回の犯行に掛かるコスト二千円を
上回る価値のある しかも転売できる商品なんてスーパーにあるかなあ

549 :541:2007/01/09(火) 23:09:53 ID:0EAgJzKO
>>543
いや自分が勝手にやっちゃう分は領収があってはまずい。というか領収あってもどうにもできないというかw

550 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 23:37:50 ID:g7yj32ip
>549
まじめな人だね?
自分の分だからこそ領収書に紛れ込ませちゃえって考えの俺はちょっと反省したよw

別にタレントが領収書の内容を確認して払うわけじゃあるまい?
事務所が払うんだろうから、タレントが「10枚しか書いてないよ?」とかって
ダメ出しすることは無いはずだ。
まさに紛れ込ませるチャンスじゃないかw


551 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 00:01:24 ID:OzeT4w/G
>>549
本人がサインした数とマネージャーが代筆した数とを事務所で把握するために
(マネージャーが勝手に代筆してるじゃなくて、事務所がやらせてる)
レシートを分けてる
と考えた方が、すっきり話が通るんじゃなかろうか?

552 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 11:27:13 ID:CxXmdHCx
>>548
例えばSDカードなんかは小さければ小さい程高価だ。
スーパーに置いてあるかという疑問はあるが、コンビニにあるくらいだから置いてある可能性はある。

それと、二回色紙を買う理由は印象付けってことでいいんじゃないか?

553 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 11:27:53 ID:CxXmdHCx
>>548
例えばSDカードなんかは小さければ小さい程高価だ。
スーパーに置いてあるかという疑問はあるが、コンビニにあるくらいだから置いてある可能性はある。

それと、二回色紙を買う理由は印象付けってことでいいんじゃないか?

554 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 11:33:20 ID:Ad57xNfP



それと、二回書き込む理由は印象付けってことでいいんじゃないか?



555 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 12:37:20 ID:iumE86Y/
まず、色紙というのは百円ショップで売っているのですか。知りませんでした。
今度探してみます。短歌や俳句でも使うのですね。うーむ勉強になるw

芸能人の関係者説が有力なようですが、単純に「色紙を使う人」ということなら、
いわゆるオタクというか、アイドルの追っかけのような人の可能性もあると
思います。そういう人特有の心理から何か答えが出ないか、と考えたのですが、
さっぱり思い付きませんでした。(なら書くなw)
そもそも、2回に分けて買うのも不思議ですが、一定の量が必要だとわかっている
のなら、月に何回も買う理由もよくわかりません。
いつも10枚買っては「これで最後にしよう!」と自分に言い聞かせながら、
週末のいろんなアイドルの予定とかが思い浮かんで、ついつい「いやもう10枚くらいは…」
と買ってしまう、というのは、どうでしょうか。

556 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 15:48:56 ID:ykrJ+/0h
アイドルや声優追っかけというのは考えにくいな。
毎週末イベント入ってるような追っかけでもそんなに消費してねぇw
私設ファンクラブでイベントごとに人数分用意しているとかちょっと苦しい考え方ならできるが。
消費量からは、歌詠みの方がしっくり来るね。

557 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 17:53:06 ID:mWpdPkNl
単純に2箇所(あるいは2人)の別の場所(人)にもってくからってだけのような気も
買い物はまとめてすませたい、だけど別の人向けに同じもの買ってるとは思われたくない
だから別の袋にいれてほしい
じゃあレジで頼めばいいじゃんというなかれ
上のようなことを気にする人なら多分シャイな人なんだろう
だからこそわざわざ時間を置いて2回にわけて買っているんじゃないだろうか

558 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 17:56:26 ID:CxXmdHCx
お別れプレゼンターみたいな職業はどうだろう?
職場や学校で辞めていく人の送別会の企画を専門とする会社があれば
大量の色紙を消費するし、クライアント毎のレシートを必要とするだろうし。
ま、そんな仕事があればだが。

559 :519:2007/01/10(水) 18:34:22 ID:YrKWb1l3
些細な事ですが、色紙は無地とうすいピンクの花柄とかが入った柄付きがあって
彼はいつも無地のみを購入していました。
一度、無地の在庫が19枚あとは柄付きってことがあったんですが
無地のみを1度目10袋、2度目9袋を買っていかれました。

うちの店にはSDカードはありませんでした。
小さくて高いもの…となると化粧品くらいでしょうか。
けど若い人が集まる店でもないので、男の人が化粧品コーナーうろうろしてたら
目立ってたと思います。




560 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 18:49:45 ID:jrCg3M8R
>519
その男が店に来る時間ってだいたい決まってんの?

今のところ俺は
男=俳人説を推す。
男は大学の俳句サークルの部長かなんかで、
そのサークルは地域の老人と一緒に創作活動をしてる。
男はまず大学生の部員の分の色紙10枚を買い、いったん店を出る。
そこでサークルで一緒に活動する老人たちと連絡を取り
入院してたりしないか確認する。
老人たちは健康(または一人でも生存している)なので、男は毎回店に戻り
二度目の購入をする。

561 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 20:43:40 ID:UgCV4I2/
先に確認しろよ。

562 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 20:50:33 ID:4JjhURxu
>561
実は男のほうが健忘症というドンデン。

343 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)