2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【本格評論の終焉】二階堂黎人13【二階堂も終焉?】

1 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:53:03 ID:Ik+oyVW3
二階堂黎人先生の作品について語るスレッドです。

*枝葉末節の言葉尻を捉えたり、揚げ足取りをしないでください。

過去スレ等>>2

2 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:53:53 ID:Ik+oyVW3
公式HP 二階堂黎人の黒犬黒猫館
http://homepage1.nifty.com/NIKAIDOU/index.html

過去ログ
それにしても二階堂黎人って
http://book.2ch.net/mystery/kako/967/967317556.html
それにしても二階堂黎人って Part2
http://book.2ch.net/mystery/kako/1016/10160/1016074670.html
それにしても二階堂黎人って Part3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1043626224/
それにしても二階堂黎人って Part4
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1072528754/
【ゲドババァ!!】二階堂黎人Part.5【禿】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1083777101/
【二階堂黎人】ゲドババァ!!×6【魔術王事件】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1103356356/
二階堂黎人 Part7 〜ゲドババァの復讐
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1128852570/
【ゲドババァ!】 二階堂黎人G【人狼城絶版】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135526032/
二階堂黎人って … Part9
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1137665752/
【日本のカー】二階堂黎人 Part10【平成の乱歩】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1140577592/
【グルルルゥ】二階堂黎人 Part11【グアォドバババアアァ!】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1147877404/
【容疑者X】二階堂黎人 Part12【本格評論の終焉】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1157290442/

3 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:55:34 ID:Ik+oyVW3
天才作家の二階堂黎人様が3ゲットだ!

ははは。「このミス」の>>1位は、東野圭吾さんの、『容疑者Xの献身』でしたか(笑)。
>>2はどうしてそんなことお申しになりますの?
>>4は、何と凄まじい告発であっただろう!
我々に与えたその衝撃は、まさに>>5が鳴動し、>>6がひっくり返る
ほどの大変動であった。白日の下にさらけ出された>>7は、実に凄惨、
酸鼻を極めた事柄であったことか! これは、>>8の言うとおり、
二重にも三重にも考え抜かれた、まさに地獄さながらの大犯罪だったのだ!
>>9 よくぞ私の正体を見破ったな、二階堂蘭子!
ほう。『本格ミステリ・ベスト>>10』も、『容疑者Xの献身』が1位でしたか。
ますます戦いがいがある。闘志が湧いてきた(笑)。
フフフ、ワタシハマジュツオウ >>11-1000 ゲドババァ!

4 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:56:21 ID:Ik+oyVW3
Q.それにしてもゲドババァって・・・?

A.初出はパート1スレの268・275

268 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2001/05/19(土) 02:05
このひと、週刊アスキーで「ギガンテス」という「SF巨編」を
連載してて初めて読んだのですが。
・今時、電子頭脳に「コンピュータ」とルビを振っちゃうセンス
・宇宙獣人に「ガルルル」と言わせちゃうセンス
・登場人物の名前に「ガ〜」とか「ギ〜」とか中学生が思いつきで
 考えたような濁点多用カタカナを使っちゃうセンス
これらにメロメロで毎週目が離せません。

中略

275 名前:268[] 投稿日:2001/05/22(火) 15:27
今週は

「ゲドババァァ!」

という台詞から始まりました。(ウソヂャナイヨ)
電車の中で吹き出しました。恥ずかしかった。
日々の潤いをアリガトウ

5 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:57:30 ID:Ik+oyVW3
猪苗代マジック巻末インタビュー
(問)自作に対する評価は気になりますか。
(答)読者の感想はありがたいのですが、評論や書評についてはほとんど関心がありません。
僕は自分がミステリー・マニア〜正確には本格推理小説マニア〜であると自負していますから、
自分が書いているもののレベルや、その作品の位置と意義はちゃんと把握しているつもりです。
評論の中には確かに参考になるものもありますけど、それはごく少数です。
むしろ、本格推理に対する理解不足や的はずれな意見の方が目に付き、憐憫すら感じてしまいます。

誤解を恐れずに言うと、小説の中でそんなにミステリーって好きじゃないんですよ。
世界文学全集とか日本文学全集に入っている主流文学を読んでいる方が、ずっと好きなんです。
それから、海外SFも気楽に読めます。
ミステリーって、言っちゃ悪いけれど、ペ−パーバックみたいな時間つぶしに読み捨てにする本であって、
それを評論したり、系統立てて解説すること自体、無駄だと思うんですよ。

6 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:16:10 ID:xrnc4t6C
>>1を残したんだw

7 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:19:13 ID:jLkQ06ei

とても良いスレタイだなw

8 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:19:51 ID:3n/gNjXN
前スレ1000は禿人w

9 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:25:55 ID:Ik+oyVW3
探偵小説研究会
・二階堂黎人先生のにっくき敵
http://www.geocities.co.jp/tanteishosetu_kenkyukai/index.html
「二階堂黎人様のご質問への回答」
http://www.geocities.co.jp/tanteishosetu_kenkyukai/kaitou_01.htm

本格ミステリ作家クラブ(HMC)
・探偵小説研究会を排除し純化を目論む?
http://honkaku.com/index.html

『容疑者Xの献身』本格論議 -書評wiki-
・事実上、容疑者Xが本格かどうかは決着がついており、現在は二階堂黎人問題行動問題と化してる
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%A1%D8%CD%C6%B5%BF%BC%D4%A3%D8%A4%CE%B8%A5%BF%C8%A1%D9%CB%DC%B3%CA%CF%C0%B5%C4


10 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:45:09 ID:KzK6e2eP
終焉(8)(注4は除く)はそこそこ納得できてしまった俺は狂いはじめてんのかな・・・・・・。


11 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:50:31 ID:bJhax7VQ
そもそも冷凍論は相手の発言を恣意的に歪めた上で書いてるんだから
正しく聞こえてしまうのもある意味仕方ない

12 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:53:26 ID:qmk++HAc
石持作品の動機については禿人に同意。だが肯定と決め付けるのはどうか

13 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:58:02 ID:R2hU71s4
>>10
最初の方の本格教養主義みたいなところは
それなりなんだけど、諸岡批判に入ってからはね…。

14 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:01:08 ID:KzK6e2eP
肯定してないから「扉」の方を本ミス大賞候補にしたのでは?
俺も「セリヌンティウス」の他殺についての検討がされないのはなんだかなーと思ったけど、
歴史的観点を踏まえるとwそういうゲーム的な本格って多いから納得したけど。

15 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:02:26 ID:KzK6e2eP
>>13
そこらへんはアレだねw
というか序盤の評論家批判派禿人に言ってやりたいんだよね。

16 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:06:57 ID:32NFVrWv
>>1


17 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:14:11 ID:18zLgNd9
石持作品の動機がアレなのは同意だな
どうせならこの勢いで身内の加賀美とか大御所の作品とかも
めくらめっぽうに毒舌吐きまくってくれれば面白いのに

18 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:17:02 ID:A7aFDlaP
石持のはああいう色だと思ってるからあまり気にならんがなぁ。

19 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:17:47 ID:kSMaU/Ps
ああいうの毒舌とはいわない。単なる誹謗中傷。

20 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:25:14 ID:32NFVrWv
>>17
>めくらめっぽうに毒舌吐きまくってくれれば面白いのに
某篠バア日記みたいになるぞw

21 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:29:45 ID:bOmKk3TM
>>10
いや納得はできるよ
評論家に不信感持ってる人が多いのはミス板見てもわかる
だけど二階堂に言う資格があるのかってことだ

22 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:31:51 ID:jLkQ06ei
>笠井潔氏の観測によっても、私の観測によっても、本格評論はすでに終焉したわけで、
>これ以上、本格系評論家の一部の言動を批評しても、それは死に馬に鍼をさす行為にすぎない。
>つまり、時間の無駄である。

これは明らかにおかしい訳で。終焉って、勝手に終わらせるなと。
終焉も何も、評論行為の存在自体はなくならない(業界に存在し続ける)訳だから。
「終わった、終わった」
と指さしてはしゃいで何になるのか、とね。
勝手に尻捲って、アンタはそれでいいとして、ねえ?


23 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:35:10 ID:ctIDfr6S
勝手に終わらすなよ。終わってねーよ。

24 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:38:33 ID:Ik+oyVW3
評論家たちが言い出したらいいんじゃない。
「定義だけにはまった詰まらない本格ミステリの時代は終わった」って

25 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:51:22 ID:8ngbwqHW
二階堂がいちゃもんをつけている対象が無謬だなどとは誰も考えちゃいないが、
それらに対する批判を行うのに、今は最も不適当な状況だな。
中心にいるのが馬鹿なうえに動機が不純な人物では。

26 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:57:33 ID:jLkQ06ei
出発点がおかしいんだよな。
「このわたしが本格だと認めない”X”を評価するような評論家は無能な無理解者」
この時点ですでに大きくボタンの掛け違えだからなww
昔島荘がちょっとだけ提唱した「純本格」とかの名目で別枠で設定・主張すればいいじゃんねぇ?

27 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 22:15:41 ID:8Qs9yqqM
だいたい、そんなに重箱の隅をつつかなくても、
「本格ベスト」には、明らかなハードボイルドや冒険小説なんぞは
入ってこないんだから、「このミス」との差別化はできてると思うんだがね。

28 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 22:30:46 ID:TMQqo8aK
つかここ数年「このミス」のほうが本ミス寄りになってきたというのが実態

29 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:16:31 ID:YU6GF8q4
> したがって、『x』においても、探偵が犯人の動機を「純愛」などと
>言って賛美することを、評論家は簡単に受け入れてしまう。

そんなこと言ってたっけ?犠牲がどうとか言ってた記憶はあるけど。

30 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:37:15 ID:TMQqo8aK
相手の論旨読めてねえのにキャンキャン咆えてんじゃねえこのカス禿が!

、て誰か評論家がパーティーとかで言ってやればいいのに

31 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:41:19 ID:u9fvCTuH
>>22
そもそも終焉を迎えた「X」問題を評論家批判にすり替えて蒸し返したのは禿なわけで…
逆に自分の終焉を自ら引き寄せた形になったなw

>それは死に馬に鍼をさす行為にすぎない。
自分という瀕死の馬に自ら鍼を刺しているようにしか見えないのは俺だけだろうか。

32 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:44:51 ID:0sWC0fV6
禿人はこそこそ逃げ回るか「なあなあ」で済ませようとするよ
乱歩賞は本格作家・評論家率が低いから「おれは乱歩賞作家と親しいんだぞ」ってアピールに行けたわけだが、
鮎川賞はどうするんだろうね。また法事かな?

33 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:50:21 ID:qGDwqQU0
掲示板復活マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン


34 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:54:34 ID:8Qs9yqqM
>>32
その割に、「終焉」の連載、まだ堂々と続けてるのな。

35 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:56:49 ID:UT0dAdG7
>>32
子供の政治だよなあ。
気に入らないことがあるとすぐキレて他のグループ入り込んで、
色々なグループ転々として、結局最後独りになっちゃうやつ、
クラスに1人はいたよな。

36 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 01:25:09 ID:4IgVJB/o
名指しの評論家はどうでるのかね
まあ普通に考えて無視だろうけど
ここまで来るとさすがに実害があるような・・・

37 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 01:50:52 ID:dWdviUuz
文庫で50頁分くらいは書いたんじゃないかな、この騒動で。
誤字の嵐だけど。

38 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 01:58:11 ID:uhD6DJ+W
>誤字の嵐

って次のスレタイに使えそうだなw

39 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 02:38:03 ID:5tSAncN/
>>36
むしろ禿人に認められたつずみとかの方が実害出まくり

40 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 03:03:17 ID:T9xQvYQs
1000 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:56:06 ID:R2hU71s4
1000なら二階堂の主張が本格界の主流に

41 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 07:00:05 ID:QITfHzgW
(8)を読んだ。
納得できる部分もあるし、評論を読み返してみないといけないと思う部分もある。
しかし、評論家の仕事の一つ二つを取り上げて、その評論家のすべてをわかったような気になっているようにも見える。
それぞれの評論の間違いを一つ一つ指摘していって、その延長として評論家について指摘すべきではないかと思う。
二階堂の発表の仕方はその逆。
読みやすさの面からいうと、結論を先に述べることで読みやすくなるということはあると思うが、
二階堂の評論の場合は評論家に問題がある以外の結論がありうるということを考慮に入れていないように見える。
だから、「評論家は勉強不足」という結論が先行しているように見えてしまう。
たとえば、小説家の場合、駄作一つだけを取り上げられて作家の能力すべてを云々するのは間違いだと思う。
どんな名作家であれ、その生涯で一作くらいは駄作を発表してしまう可能性がないとはいえないから。
作家の傾向を語ろうと思えば、できるだけその作家の作品を多く取り上げる必要があると思う。
同じことが評論家にも言えるだろう。
二階堂が本格無理解者の中にあげている蔓葉は容疑者Xの献身を無条件で褒めているわけではなく、
本格ミステリベスト10の座談会で容疑者Xを
「やさしい本格」「玄人よりは一般読者に視点をおいて」「玄人の読者なら、あのネタはわかるだろう」
と初心者向けの本格ミステリとして評価している。
これは、笠井の「難易度の低い本格」と一致している。(その上で彼は笠井とは全く別の結論をとっているのだが
が、二階堂はそういった部分には目を向けず、あくまで「勉強不足」を示す(と二階堂が思っている)証拠ばかりを挙げているように見える

細かい点でいろいろいいたいことはあるけれど
長文すまん。

42 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 08:00:09 ID:voomLerw
>>41
うむ
サンプル対象1つで全てを分析(笑)・理解(笑)しようという時点でメチャクチャだ罠
しかも
「オレ様の趣味に合わない作品を評価するなんてけしからん。無理解者め、生意気な」
と結論先行してるから文字通り論外だわ

43 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 08:04:40 ID:hm9+bUe8
しかしそういう態度を改めてしまっては大先生ではなくなってしまう。
このままどこまでも突っ走ってもらいたい。


44 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 08:06:51 ID:voomLerw
だいじょうぶ、態度を改めるのは無理
自分の非は一切認められない現実逃避の夢想家(笑)だから
何かにぶつかって壊れるまで、明日なき暴走さw

45 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 08:10:04 ID:WVue4T4V
特大先生の夢(妄想)はどこまでも膨らむのさ
だってそれが「ボクら派」だから

46 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 08:39:30 ID:uFt3SEyr
>>44
もうすでに壊れてると思うよ。だって電波を垂れ流してるんですから


47 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 10:03:22 ID:UT0dAdG7
【ざんげん 讒言】人をおとしいれるため、事実をまげ、
またいつわって、(目上の人に)その人を悪くいうこと。また、その言葉。
(広辞苑 第6版より)

次スレのタイトルは
【本格ミステリー讒言】二階堂黎人14【讒言遣いれーちゃん】
で。

48 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 10:09:31 ID:WVue4T4V
>>47
ナイスタイトル

49 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 10:27:35 ID:2+u1lkWA
提案
先に結論(思い込み)があって、それにあった(無)理屈をつけるから論理がなくなる。推理小説なら名探偵で押し切るところだが・・もう行き着くところまで行くしかなかろう。ただ目につかぬところでやってくれ。
≪提案≫
基金を提供して「二階堂黎人賞」を作れ。対象を二階堂3原則に沿った作品に限ると規約に謳え。その上で選考委員長になって満足の行く作品を選定し称揚せよ。誰も文句は云わない。勿論、選考委員長の作品も対象に含めてよい。

50 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 10:57:02 ID:dRKAsKz7
好き 好き 好き好き
好き 好き 好き好き
好き 好き 好き好き
好き 好き 好き好き
レイトちゃん レイトちゃん
好き好き(ゲドババァ!)

レイトちゃん来るかと
家の外れまで出てみたが
(ゲドババァ! レイトちゃん)
レイトちゃん来もせず
用もないのに笠井潔が
(ゲドババァ! レイトちゃん)
ハ ハ 二階堂の終焉!!
(にょろ〜ん)

51 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 11:16:38 ID:Q9OeBOA/
(8)を読んだ。


諸岡: これまでのジャンル論では「本格」と「非本格」とを「分割」する線が重視
されてきた。しかし、そろそろ二項対立による本格の把握に疑いの目を向けても
いいのではないだろうか

二階堂: この程度の初歩的な歴史事実の把握や現状的実態の理解にさえ欠け、
しかも、勉強や調査をするという姿勢が欠如しているため、彼は、新本格や本格の
有り様をまるで理解していない。

 
 これで諸岡批判をしたつもりになっている点が、滑稽である。 
 
 どんな文化(文学、音楽、その他)においても、ジャンルが成立してから時間がたてば、
他ジャンルとの境界は曖昧になる。いや、裾野が広がっていくと言うべきか。
 この程度の初歩的な歴史事実が理解できない二階堂センセイには、もはや評論家
批判の資格はない。



52 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 12:08:42 ID:WVue4T4V
>>51
同意

53 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 12:09:37 ID:A5NM/W9k
そもそも「奇跡島の不思議」だの「増加博士と目減卿」だの、
駄作揃いの禿に本格推理を語る資格すらありませんからw

諸岡批判は>>51氏の言う通りだし、蔓葉についても同じような独りよがり。
次回はベテランに矛先を向けるようだが…

若手に対しては…「これからの探小研を担う本格推理評論家の若手が、
           本格の王道を行く俺の小説を評価しないのはおかしい。お前ら無知の本格無理解者だゲドババア!」

ベテランに対しては…「テメーらベテランのくせに俺の小説を無視して「X」評価してんじゃねぇぞ!
             本格推理を今まで論じてきたくせに何も分かっていない、テメーらも本格無理解者だガルルルルゥ!」

みたいな感じの結論を、議論する以前に出しちゃってるんだろうなぁ。

54 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 12:34:11 ID:zY6zNeRB
本格無理解者ってすごいフレーズだな

55 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 12:51:13 ID:4IgVJB/o
マレー鉄道の「端正な本格」という言葉に対して

>しかし、これは、私があの当時、探偵小説研究会に
 向かって言った(批判した)言葉である。

んなこといつ言ってた?誰か知ってる?

56 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 13:58:28 ID:v9PH6pq8
>>55
つまりさ、例えばこれが前から何度も送ってたっていう
メールの中身の一部なんじゃないの。

57 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 14:01:44 ID:FlqKMlxt
>>56
そんなものを都合よく根拠にされても信憑性も意味もないよな
だったらその際の裏でのやり取りもぜんぶ公開すべきだ

58 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 14:04:40 ID:5tSAncN/
>>55
そのうち諸岡が文献調べて初出を確かにしてくれそうw

59 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 14:06:33 ID:1lnxXSuc
結局、禿人がイカにきゃんきゃん吠えようと
大勢に影響はないのではなかろうか。

60 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 15:13:22 ID:1QaGIv6N
ま、結局騒いでるというか構ってやってるのはおれ達だけですよ

61 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 15:53:05 ID:zRhPTUA1
数多くの作家の中でこの人だけこんなんだものなあ…

62 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 16:01:05 ID:A5NM/W9k
最初から素直に「Xなんかじゃなくて魔術王事件に本ミス大賞よこせグァドババアアア!」って主張すれば良かったのに。
あの分厚いだけが取り得のような魔術王事件を一体何人の人が読了したのだろうか。
図書館にあったのだが、時間と目の疲労を鑑みて読んでみる価値があるかしらん。

63 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 16:27:12 ID:EMIlk2mI
>>31
>それは死に馬に鍼をさす行為にすぎない。
自分という瀕死の馬に自ら鍼を刺しているようにしか見えないのは俺だけだろうか。
整体で鍼打ってもらってるようなモンなんだろ、きっとw
健康な脳と肉体になるといいね(棒読み)

64 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 17:00:33 ID:EMIlk2mI
マッコイキタ━━━( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━━━!!!!!
ttp://homepage3.nifty.com/sugiemckoy/diary/200609-1.html#20060924

65 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 20:10:01 ID:FUtTiSqx
でも、禿人自身は他の作家全員と分類した方が世のためになるな。

66 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 20:17:54 ID:OvrYK1LH
でも分類しない評論家っているかな?
分類して物差し決めてから「ミステリとしてイマイチ」とか「ノワールとして傑作」とか言うもんじゃないの?
分類の意味があるのかって疑問は天に唾するのも同然じゃないかなと
評論家もハゲトも自分のこと棚に上げた意見ばかりな気がする

67 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 20:35:14 ID:WVue4T4V
「××としてどうこう」では計れないものもあるのでは?
青臭いこと言ってすまん

68 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 20:50:23 ID:5tSAncN/
>>66
よく読め。マッコイが言ってるのは、「分ける」行為が必要かどうかだ。
分類の意味がないとは一言も言ってない。

69 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:18:34 ID:OvrYK1LH
そりゃ詭弁だよ

70 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:25:34 ID:smaG1Mtu
分ける行為の必要性を語る前に、禿人が分ける「ために」分けてて、
自分寄りの結論にこじつけるための暴論を吐いてるのは確かだよ。
マッコイは、この場合には分ける行為が必要がないんじゃないかと言ってる。
それ自体はべつに詭弁ではないと思うけどね。

71 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:25:42 ID:+lzweQUP
あれって二元論で分けることが意味が無いって言ってるんでしょ?
つまり「本格理解者」と「本格無理解者」という、まったく恣意的で
意味の無い「二元論的分類」に対する嫌味だと読んだが。

さらに言えば「このミス系評論家」みたいなレッテル付けへの批判でもあるのではないかな。

しかし、マジで本格無理解者って「本格無理会社」に変換されるな。
これだけでも二階堂の分類の恣意性とか粗雑さが分かる気がする。

72 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:28:15 ID:5tSAncN/
>>71
つーか、そもそも本格無理解者って造語センスは
プロ作家としてどーなん?

73 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:29:34 ID:yxKEObc5
「本か組む理解者」になった。

74 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:30:40 ID:+lzweQUP
やつに造語センスがないのなんてみんな知っていることだろう(w
増加博士と目減卿だぜ。

75 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:33:09 ID:EMIlk2mI
家路キタコレ

76 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:35:10 ID:EMIlk2mI
誤爆_| ̄|○

77 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:54:40 ID:zY6zNeRB
>>73
御大ですか?

78 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:56:11 ID:OvrYK1LH
>>71
別にハゲトの肩持つわけじゃないしヤツの論理が破綻してるのはまちがいない
けど評論家も「本格系作家」とか「社会派」とかってレッテル張ってるよ
「このミス系評論家」のレッテルがダメって理屈は同じく破綻してると思うがね

79 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:11:19 ID:+lzweQUP
>>78
言っていることは分かるし、半分くらいは同意できるのだが、
「本格」と「社会派」の対立、みたいな二元論構造を今さら持ち出している
評論家が、今回の問題に絡んでいる連中にいるとは思えないし、
二元論的に「分ける=レッテルを貼る」という行為に批判を
加えたいのではないかな。

80 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:13:35 ID:WVue4T4V
そもそも「なに系作家(評論家)」以前に、
特大先生が「作家vs.評論家」とレッテル貼って後者にのみ責任を問うのが、
無根拠だし評論家を見下した態度だ

81 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:20:14 ID:5tSAncN/
>>78
だからマッコイは「分類分け=レッテル」を否定してないって。
必要なら分類分けも使うべきだが、批判されてるのは、
それを恣意的に使ってる禿人のスタンス。

82 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:21:34 ID:X4UjZGBq
本格・非本格とかって分類がされているのが現状ということに気づいていないのか。
分ける行為の意味を問うとか言って
今までそんな問題提起してこなかったやつがよくいうよゲド。
宗教を持ちだすのはレッテル貼りだし。
不満がないなら書かなければいい。
分ける行為が必要でないというのなら、ランクづけも一切やらないでください。
いわゆる四象限分類は便宜的に分類したように見えるだけで
けっして強引にあてはめていくものだけがあるわけではありません。
時が経つのは「早い」です。
あとこれは私の意見ですが、「ところで」以下で京極夏彦を持ってくるあたり
ものすごく性格が腐っているような気がしてなりません。
本格無理「下位者」は出てこなかったのでしょうか。
ところで杉江って誰?

83 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:24:58 ID:OvrYK1LH
>>81
だったら「分け方が悪い」と言えばいいんじゃないかな
「分けることに意味がない」なんて論調は変だよ
自分が普段分けてるのに、いざ分けられたら文句言うなんて、
ま る で ハ ゲ ト

84 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:33:07 ID:WVue4T4V
まあまあ、ここでもめてもしょうがないって
落ち着いて【終焉(終)】を待とうよ

85 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:34:31 ID:smaG1Mtu
>>83
便宜的分類と恣意的分類の区別も付かないようですね
読者向けに作家の傾向を示すのはライターとしては間違ってないよ
禿人は自分に都合がいいようにレッテルを貼ってるんだよ

この二人を同じだと言ってわかった気になってるのは片腹痛いにもほどがある

86 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:37:22 ID:LyMoppD+
OvrYK1LHも二階堂化してるぞ。というか、禿人は暴走しすぎとはいえ
俺達もあーゆう風になる可能性はあるわけだからな。人事じゃない

87 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:40:30 ID:yu3+iLe9
>俺達もあーゆう風になる可能性はあるわけだからな。人事じゃない

こういう視点は大事だよな、二階堂にはないわけだがwww
自戒自戒

88 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:41:57 ID:OvrYK1LH
>>85
だからさハゲトの分類を「恣意的」だっていいたいわけだろ?
それは「分け方が悪い」んだよ
なのに「分ける行為が必要がどうか」なんて結論を持ってくるのは変でしょ?

89 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 22:46:47 ID:smaG1Mtu
>>88
いや、言いたいことは分かるんだよ。「分け方が悪い」と言ったほうが語弊がない、というのはあなたの言うとおり
ただそれぐらい分かるでしょってこと。両者の区別は付いてるようだけど、そんな言葉尻に固執してると区別も付いてないのかと思われるよ
(おれはわざとそう書いたんだけどね)

>「分けることに意味がない」なんて論調は変だよ
これはつまりそういうこと。これは論調がおかしいんじゃなくて、言葉尻を捉えてるだけだと思うんだよね

90 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 23:00:22 ID:OvrYK1LH
>>89
そういうことなのよ
でもこの杉江って人はハッキリと「分ける行為が必要がどうか」って書いてるんだよね
Xが本格か否か(それはハゲトの大いなるアホ分類だけど)がスタートなのに、その分類の必要がないっていうのは、評論家として奇妙な話
今まで一度もミステリランキングに参加したことがなかったり、ジャンル分けしたことがないなら別だけど

邪推すると、この人「無理解」に分類されたことが気にくわないだけなのに、分ける行為の無意味にすり替えてるんだと思う
自分への批判を本格への批判に置き換えるハゲトのように

91 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 23:02:45 ID:WVue4T4V
>>90の「邪推」にちょっぴり同感

92 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 23:04:30 ID:yu3+iLe9
私怨の憂さ晴らし論議(笑)ばかりかよwww

93 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 00:46:49 ID:9iYNIOU1
>>88 >>90
杉江日記の文意は
(すべての)「分ける行為が必要かどうか」ではなくて
(二階堂式の恣意的かつ杜撰な分類で)「分ける行為が必要かどうか」だろ。

94 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 01:29:11 ID:n7RG05J9
>>93
だな。なんで「二元論」という言葉を杉江が出しているのか
理解しないで、言葉面だけ捉えているから両者の区別が付けられず、
混同してしまっているんだろうな。
でもまあ、その邪推が今回の日記の根底に少しはあるんじゃないかってのも
同意はしておくけどね。あんな頭悪い分け方されたら、そりゃ腹立つだろうよ(w

95 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 01:34:42 ID:Dr+EpkAC
つか特に邪推しなくても、言いがかりに近いレッテルばりに対する不快感は伝わってきたよ
すり替えるどころか隠してもいないと思うんだけど

96 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 01:40:28 ID:n7RG05J9
つまり「本格理解」VS「本格無理解」という、
二階堂が勝手に作り出した二項対立に相当するような
分け方なりレッテル付けを、評論家がやったかどうかだよな。
本格VS社会派なんて今の評論家は念頭においてないし、
そもそもこの構図が二階堂の恣意的分類とはまったくレベルが
かけ離れているじゃん。

97 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 02:28:27 ID:zznpYg6S
クリティカ読んだが、「本格理解」VS「本格無理解」みたいな
二項対立的な考え方が曖昧な本格共同体を作り出してしまった
って言ってるのが諸岡論。ハゲはそんなこと全然読めずに同じこと繰り返してるw

98 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 03:50:46 ID:qi1Wgs20
>たとえば、諸岡氏は、京極夏彦バッシングがあったかなかったかという問題を持ち出す。
>そのあげく、京極バッシングがあったかなかったか、文献だけでは調べようがなかったと発言する。
>「おいおい、たった数年前の前のことなんだから、探偵小説研究会の仲間に聞くなり、
>作家に聞くなりして、ちゃんと調べておけよ!」と茶々を入れたくなったのは、私だけではあるまい。

文献だけでは証明に限界がある
→文献資料が少ないのは、外に向かって批判がなされなかった証拠では?
→ジャンルの閉鎖性があったのではないか?

というのが諸岡の論理の流れなので、他人に聞いてもしょうがないんだけど…

99 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 07:29:17 ID:NwGbzS5h
2002 5 4の日記の写真、悪意があるとしか思えん


100 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 09:10:31 ID:ranTUw3+
>>93
つまり「分類の仕方が悪い」と言いたいところを、「分類の必要があるのか」と表現してるのか。


101 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 09:30:48 ID:ranTUw3+
いや「理解と無理解を分ける必要はない」という意味か。
たしかに「この作者は△△がわかってない」なんて書評みると、「じゃあアンタはわかってるのか」って言いたくなるもんなあ。


102 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 09:31:29 ID:zo8wItc8
>>99
見たけれどよく分からん。西尾のこと?

103 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 09:54:00 ID:0rv2GcY7
>>101
そんな書評あるの? プロじゃ考えられないな。個人ブログの読書感想とか?

104 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 10:00:44 ID:9iYNIOU1
>>100
だからさー
(その分類で)「分類する必要があるのかどうか」を疑うべき というのは
「その分類はおかしい」「分類の仕方が悪い」という意味だろ。

そのぐらい読み取れよ。

105 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 10:08:50 ID:DT8Kaoi1
便宜的に分けようと思えば分けられるが、その分類が、「全体理解」
のような、特定の必要に応じた「仮置き」であることを自覚して
いなければならない、逆に、何のための分類か(分類する必要があるのかどうか)
を意識せずに、まず分類ありきの考え方をすると、無理が出る、ということじゃないか。
要するに、定義は議論のための仮定にすぎないことを認識すべきだということ。


106 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 10:30:57 ID:/p+LM573
分類っていうのは、分かりやすく解説するための「手段」であって、
最終的な「目的」じゃないんだよね。
例えば島荘の「奇想」には本格的要素もあれば社会派的要素もある、
人によっては文学的要素を感じ取るかもしれない。
それを最終的にどこかの分類に押し込んだって仕方ないよね。

107 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 11:23:15 ID:6OHkCbPF
特大先生の場合、分類でなく「好き嫌い」が匂ってくるんだよなあ

108 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 11:50:13 ID:DT8Kaoi1
匂うどころじゃないだろう。X非本格論への批判をスルーしていることといい、笠井を
無理に取り込んでいることといい、露骨過ぎるくらい露骨だ。その方面から反論せずに、
分類とか定義の一般論から述べているのは、杉江の評論家としての節度というか、程度の低い
話に降りていかないよというプライドなんだろう。

109 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 11:54:19 ID:yhyikhh9
>>101
それなんて直木賞の選考委員?

110 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 14:18:35 ID:cbF+nPtF
>『カーの復讐』のメイン・トリックを、「ああ、密室殺人ね」としか思えないのと、
>「お! ユダの窓トリックではないか!」と思うのとでは、まるで評価が違うし、楽しさも違ってくるだろう。
『カーの復讐』のメイン・トリックは、「お! ユダの窓のパクリではないか! 通報するぞゲドババア!」としか思えないのですがw

111 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 14:35:47 ID:TTFNQr7R
>京極夏彦氏の長編『狂骨の夢』のプロットが、T・S・ストリブリングの短編
以下のネタばれ修正しやがったなwww

112 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 16:02:15 ID:wB3NvRMp
>>110
カーへの愛があればパクっていいとでも思ってるんだろw

113 :二階堂黎人:2006/09/25(月) 17:39:31 ID:LDh8WES/
カーの後継者である私がカーのトリックを使って何がいけないのであろう?
日本のカーである立場から言わしてもらえば、むしろ当然のことなのである。
これはすなわち、私以外の人間がカーのトリックを無断で使用することは許されないということである。

114 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 18:47:41 ID:yc9oOcR5
パクリじゃない、オマージュだ。
とでも言いそうだな。

115 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:08:08 ID:nfybWmB5
まあオマージュならオマージュでいいんだけどさ、
京極は俺の作品をパクッた!とか軽々しく言うのは止めて欲しい。
そういや、我孫子の「パクられた!」騒動は、結局お詫びの言葉もなかったのかな。

116 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:08:12 ID:s1yclj1y
オマージュをパクリと指摘する【本格無理解者】たち

117 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:54:36 ID:bZvPalMP
本パクミステリー

118 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:59:31 ID:MEeeuaa3
これが本格愛なんですねw

119 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 22:26:29 ID:27IQCZ6+
 愛があればパクリではなくオマージュになる。
モノは言いようですな。

 では、「六枚のとんかつ」なんかも・・・・

120 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 22:27:57 ID:7joQsLRE
>>119
ほんとに六とん読んだか? 伝聞だけで馬鹿にしてないか?
あれは大幅なアレンジしてるぞ。禿人と一緒にするのは舐めすぎだ

121 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 22:38:16 ID:Nl4PhIV7
「六枚のとんかつ」は言われるほど非道い出来ではないよな
二階堂作品は言われてる通り非道い訳だがw

122 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 22:41:05 ID:GUH4GeQv
蘇部タンにこのスレを見せてやりたい……つД`)゚・。


123 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 22:58:28 ID:6GTQLmBE
六とんを買うより本物のとんかつを二枚買ったほうが(ry
と文庫のあとがきに書いた蘇部のほうが可愛げがある


124 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 22:59:16 ID:qe8Dq9cL
「X」問題で、
本格ミステリ作家クラブの会長である北村薫が
「X」に投票したことが一番問題になるのでは?
北村を会長からおろすか、二階堂が作家クラブから抜けるか、
どっちかを取るべき。評論家が終焉とかそんな話ではない。

125 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 23:03:41 ID:cVcBnGAG
>>124
スキー楽しむ為に、冷凍は作家は批判しないのです

126 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 23:19:54 ID:spG7QOg6
六とんはそんなにひどくない。本格短編なんて多かれ少なかれ、ああいうあほらしさを楽しむものだ。それに 話した限りでは蘇部タンは何よりも謙虚だ。

127 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 23:20:48 ID:7joQsLRE
>>126
×謙虚
○卑屈

128 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 23:33:08 ID:qi1Wgs20
そら禿人と比べたら、誰だって謙虚だけどさぁ

129 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 23:52:15 ID:cbF+nPtF
>>124
北村薫を批判したら、本格ミステリ作家クラブを追い出されるから批判しない。
笠井潔のご機嫌を損ねたくないから、探小研を批判するくせに笠井は批判しない。
身内に甘い同族会社みたいな禿人は、最早本格ミステリ界の産業廃棄物。

>>114
オマージュならオマージュで結構だが、メインのトリックを「ユダの窓」からパクっちゃうのはね…
禿人先生はトリック案出が得意なんじゃなかったの? 「ユダの窓」をヒントに新しいトリック、思いつけなかったのかな?
同じカーのオマージュならば、山口雅也の「密室症候群」の方がマシ。あれはあれで悪趣味だがw

130 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 00:08:06 ID:8mw3eTlN
「私はトリックよりもプロットと重ねて申し上げている」とか言いそう

131 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 00:47:00 ID:wMKQcTXQ
>>103
ある
プロで
名前出したらコアな評論家ファンから総攻撃にあうから言わないが

132 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 01:01:06 ID:xsJ9yRsm
>>131
そこで実名をあげるのが2ちゃんですよ。

133 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 01:04:09 ID:jKzC0UFW
>コアな評論家ファンから総攻撃にあう

そんな人何人もおらへんやろ。
巽?

134 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 01:33:46 ID:soLsj/Fm
>>131
書評家の名前と、対象となった書籍もしくは著者の名を明かしなさい

135 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 01:49:09 ID:tvo2bcuX
>>131
2ちゃんで、ソースは出せないけど「ある」って、なんじゃそりゃ。
そんなの「ない」と同じだろ。

具体例は挙げずに誰かを批判だけはしたい、というさもしい魂胆なら
どうぞお引取りください。

136 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 04:10:50 ID:tUCDq6Z/
邪魅でも見てるのかな冷凍

推理小説の核心部分にはなるべく触れないつもりですが、
うっかり言及する場合もあります。うっかり言及する場合もあります。

137 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 07:38:02 ID:7Bij1UPi
終焉9マダー?

138 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:04:08 ID:6ql6SkQq
島田御大「『X』は小説として面白いし、本格の範疇に入る」と發言(読売新聞)
http://blog.taipeimonochrome.ddo.jp/wp/markyu/

139 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:41:08 ID:AYVsxFc0
LAから弾が飛んで来るとは予想外だった

140 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:41:09 ID:x6CgK1hk
↑ぶひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ

特大先生、発狂間違いなしw

141 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:44:14 ID:VwErMcOf
(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい

142 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:57:52 ID:7Bij1UPi
終焉あと一回だって時に!

143 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 10:19:22 ID:9HjVEkIz
こりゃ、完全にスルーされるな。そうしないといくらなんでも
人格崩壊はさけられない。首つるかもしれん

144 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 10:41:16 ID:/yD3zDZt
しかしこのタイミングで最強の人から弾を撃たれるとはなあ
御大もだいたいの経緯は知ってるだろうに。原書房に頼まれたとかはないよね?

145 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 10:44:13 ID:RhmMVd/5
>>144
タイミング的には狙ったかのような感じだよね

146 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 10:46:38 ID:AYVsxFc0
誰かが何かを言ってる可能性はあるが、
連載を今日まで続けたのは二階堂自身なので、
この超タイミングは奇跡としか。

…真犯人が読売の記者だったらどうしよう。

147 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:05:17 ID:R1O8MGKp
神展開だなw

148 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:12:29 ID:LjP1wYfF
終焉(9)で島荘を【本格無理解者】認定したら神なんだけどなw

149 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:24:50 ID:7Bij1UPi
島田氏の発言はミステリ界に対する「一流の皮肉」であろう。


とか言いそう!

150 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:25:58 ID:/yD3zDZt
どうせこれまで通り「小説家はなにを言ってもスルー」だろうけどな
Xに投票した小説家は何人もいたけど全部見て見ぬふりしてるんだから

禿人が言いたいのはおれさまの本がほめられないのは本格無理解評論家のせいだゲドババァって言いがかりだけ
Xをほめた評論家は無理解だとヒスっておいてXをほめた小説家は怖いからむりやりスルー。もう見え見えじゃん

151 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:29:19 ID:jcyH4gIm
>「社会的弱者への視線が、最近の本格から失われているという
(笠井潔氏の)批判にも共感する」

いやお前らこの部分を忘れるなw
笠井のときと同じように、立ち位置は私と変わらない
とか言ってうやむやにするに決まってるww

152 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:53:21 ID:t0U4L+W5
今回の島田先生の発言を受けて鬼の頭をとったように騒ぐ諸氏もいるが、先生は本格としてのレベルには一切振れていない。
が、何よりあえて「小説として」という一節を加えてあるのがポイントなのは言うまでもない。
「X」が正統な本格とするならこのような表現はしないはずであり、このことから、島田先生は笠井氏に近い立場であるのは間違いない。
例えるなら、ラーメンのコンテストで沖縄そばが優勝してしまったようなものである。
「純粋なスープ」「現代のラーメン」「端正なラーメン」など空疎な標語により、本来ラーメンとして評価すべきでないものをラーメンとして無理やり絶賛しているのだからこんなおかしなことはない。

153 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 12:03:36 ID:3nJQc8CR
>鬼の頭をとったように

鬼の首をとったように・・では?(頭ともいうの?)

154 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 12:16:00 ID:soLsj/Fm
>鬼の頭
と書きそうだな

155 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 12:48:17 ID:2NdxSzG6
亀の

156 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 12:50:02 ID:iC03R9am
>>152
ラーメンコンテストの例えのしょぼさが禿人っぽいなw

157 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 14:24:18 ID:TBlXLDq8
無視か笠井論みたいに自分に都合よく捻じ曲げるかどっちか。
あまり影響はなさそう。

>>124
それもだけど、もっと根本的な問題がある。
本ミス大賞は、会員の事前アンケートと予選委員の推薦を元に
5人の予選委員が候補作の選考を行い、そこで決定された5作
の中から各会員が1作を選んで投票するというシステム。
クラブ側が選出した候補作のどれに票を投じようと、票を入れた
側が責任を問われる筋合いじゃない。
二階堂は「また、犬のたとえ話でも書いたが、どんな状況であれ、
『x』には何の罪もない。罪があるのは、規則を無視して、資格の
ない作品をコンテストに参加させた評論家の方なのである。このことを
忘れてはならない」と書いているが、本ミス大賞において狩猟犬の
コンテストのステージにチワワを上げたのは5人の予選委員――倉知淳、
柴田よしき、杉江松恋、村上貴史、山田正紀だ(作家3:評論家2)。
責任を追及するならそっちの方だろう。
大体、「当初から参加させるような作品ではない」と本当に思うなら
候補作に選ばれた時点で異議を唱えるべきであって、大賞授賞後に
クラブの外でイチャモンつけるのは狂ってるとしか言いようがない。
運営委員のくせに。

158 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 14:53:30 ID:fTatFzSC
ハゲドババアには何を言っても梨の礫だろ。

・本格愛あふれる自分の小説が本ミスベストでのランクも低く、本ミス大賞も受賞しない→本格無理解者の評論家が悪いんだゲドババア!
・探小研を批判するくせに笠井潔を露骨にえこ贔屓し批判しない→笠井先生は悪くない、悪いのは探小研の本格無理解者だガルルルルゥ!
・本ミスファンが飽きてもなお『X』批判を続ける→『魔術王事件』が本ミス大賞じゃないのはおかしい。間違いを正すためだグァドババアアア!

禿人が本格ミステリ界から干されるのも時間の問題だな。加賀美雅之よ、早く師匠を見捨てろw

159 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 15:01:21 ID:/yD3zDZt
ここまできて余所から声が掛かってない加賀美にも先はないよ。二階堂が切られたら一緒に落ちる

160 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 15:10:29 ID:8BFK9TEA
>>157
まったくその通り。後出しは明らかなのに本人はばれてないつもりなんだろうか

禿人は必死に「小説家の皆さんはわるくないですよ」って逃げ回ってるけどさ
それでもXに投票した小説家が禿人にいい感情を持つわけがないんだよな
今回のことで周知になっただけで禿人は昔からずっとこうだったよ。ダ・ヴィンチのインタビューとか「読むリエ」の話とかさ

161 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 15:59:34 ID:soLsj/Fm
>ダ・ヴィンチのインタビューとか「読むリエ」の話
本以外のこの人の言動に詳しくないのでわからないんですが、
過去スレのどっかにある?

162 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 16:46:09 ID:xteYUQgK
島荘のせいで「本格評論の終焉」が普通に「すいませんでした」
で終わると笑うけどなw

163 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:05:54 ID:LjP1wYfF
最終回キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

164 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:10:01 ID:3nJQc8CR
>最終回である(きっと)。

ほんとはもっと続けたいんだろ。素直じゃねーなあw

165 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:21:31 ID:91UJjMC6
> 私も、(中略)点数制を導入している。クイーンほど細かくはないが
> 乱歩や私の本格定義
> 都筑道夫や島田荘司氏などの作家が行なってきた行為と特に違ってはいない。

比べるなよ、おこがましい。

> 過去の推理小説群の本質的傾向を踏まえ、自分なりの本格感を示し、
> 己の書く小説で立証した上で成立している。

その割りに、つまらない本ばかり書いてるんですね。

硬直した「俺定義」に沿わないものは全部切り捨てるというのは、
「思考停止」ではないんですかね。

166 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:24:07 ID:7Bij1UPi
笠井笠井笠井…

167 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:24:44 ID:3nJQc8CR
注1で黒田研二と北村薫について言及してるけど、島荘御大には言及なしか

168 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:29:52 ID:8BFK9TEA
>また、エラリー・クイーンが用いていたような個別的絶対評価も勘案する。創元推理文庫の『フランス白粉の謎』の解説を見てほしい。
>クイーンは、推理小説を評価するために、なるべく客観的な方法を考え出した。プロット、サスペンス、意外な解決、解決の分析……
>手がかり、フェアプレイ……などと項目を立て、それぞれに最高10点を与えて、一つの作品が何点取れるかということを調べたのだ。

Xの本格度を2点と言う人もいれば8点と言う人もいるだろ。数字にすれば客観的だと思ってるの?
こいつは冗談抜きで知的障害なんじゃないか?

169 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:35:04 ID:91UJjMC6
>>168
しかも注2では、
> 私の場合でいえば、名探偵ものと物理トリック作品を
> 高く評価する傾向があり、日常の謎派などは基本点が低い。

結局、自分も「単純な印象評価」じゃないか。

170 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:37:51 ID:LjP1wYfF
多くの人間で点数を付け合って平均点を出す、っていうならともかく、
「自分の中に絶対的な基準軸を用意」して採点してるんだから超主観的評価だよなあ。
スポーツや体操の採点を引き合いに出してるけど、あれは長い競技の歴史の中で、
採点基準というものを積み重ねてきたから客観的と言えるんじゃないの。

171 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:44:27 ID:8BFK9TEA
>とにかく、私は、この三つの評価法を全部利用し、最終的に作品の評価を決定する(つまり、それが「本格の尺度に照らし合わせて」という評価方法なのだ)。
>評論家も、単なる印象評価ではなくて、私が用いているような何らかの絶対評価に重きを置いてほしい。
こっちを引用したほうがよかったかな。
クイーンは目安として点数を使っただけで、禿人みたいに自分の基準と違うやつは無理解だなんてバカなことは言わなかったぜ。

>笠井潔氏を除いては、誰一人として笠井氏が書いたような「評論」の本を書いていないし
笠井が新保を中傷したのと同じ言い方だな。御大層な「評論」だけが偉いものであってそれしか認めないってか。バカじゃないの?

>もともと黒田研二氏などは、クイーンやカーも読んだことがない人間で、せいぜいテレビの『刑事コロンボ』と
>東野圭吾作品に親しんだ程度である(その意味で、本格を深く知っているのかは疑わしい)。北村薫氏は、
>自身が公表しているとおり、新作は一切読まない。したがって、彼にできるのは、「本格ミステリ大賞」候補作
>の中から遠慮がちに一作を選ぶ程度のことだ。もともと不特定多数の中からある作品に自由に投じることが
>できる評論家の評価責任(「本格ミステリ・ベスト10」を含む)と比べると、彼の責任の度合いは圧倒的に小さい。
おいおい、そんな人間が本格ミステリ大賞に一票を投じたことは批判の対象にはなりえてもフォローにはならんだろ・・・マジで目を疑ったぞおい
候補作は決まってるんだから、評論家も小説家も同じで「もともと不特定多数の中からある作品に自由に投じることができる」なんてことはない
それをいうなら小説家を含めた予備選考委員を批判しなきゃおかしいんだよ。山田正紀なんかも含めてな
それ以前になんで候補作になった時点じゃなく受賞作が決まってからギャアギャア言い出してるんだ?

むちゃくちゃな理屈で小説家をフォローしようとすればするほど小説家を巻き込みながら自滅してる。これはさすがに黒田と北村も怒るんじゃないか?

172 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 17:58:10 ID:91UJjMC6
黒田はお友達みたいだから、ダメな後輩をからかうような
書き方を度々しているけど、北村に対して
>「彼にできるのは、……程度のことだ」
という言い方は……。

173 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 18:05:33 ID:StsxrhIO
着実に作家からも嫌われつつあるな。この一月で何人敵を増やしたんだろう。

174 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 18:05:57 ID:VPPsWBCm
二階堂「黒田は本格をわかっていない。北村は新刊を読んでいない。だから本格ミステリ大賞で本格ではない「X」なんかに投票しても本格無理解評論家と違って責任はない」

二階堂はこう言ってるんだが自覚ないんだろうな。北村会長、こいつ本気で叩き出しませんか?

175 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 18:25:18 ID:67YZbpwE
二階堂本格ミステリ作家クラブでも作るんだな
鏡なら入ってくれるだろう

176 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 18:59:41 ID:YY+ynouh
オレもよく「怒らせてはいけない人」と言われるが(笑)
北村薫はもうこれは絶対怒らせてはいけない人なのでは?
二階堂完全終了クルヨ(・∀・)クルヨ

゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハハハノヽノヽノヽノ\ / \

177 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:00:51 ID:7H8qXAkd
ただ北村薫は大人だからなあ
苦笑して終りかもしれん

178 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:01:56 ID:2U6tVUG4
とうとう北村を敵に回したな
禿の「評論」という名の愚痴駄文を読むより北村のエッセイのほうが余程本格評論だと思うが

179 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:04:53 ID:YY+ynouh
自称本格原理主義者の北村を・・・( ゚д゚)ポカーン
バカだよほんとwww

180 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:05:03 ID:VPPsWBCm
みんな忘れてるようだが、北村は文春事件の時も(禿人のデマを信じたせいで)茶木に謝る格好になったんだぞ
直接手を下さないまでも緩やかな追い出し工作ぐらいはやっておかしくない

181 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:08:41 ID:iRAwIa2A
北村みたいなのは一番敵にまわしちゃいかんタイプだと思うが。
二階堂は表層しか見ないから、笠井には媚びて北村を軽んじたな。
痛い目見るだろーなーw

182 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:17:47 ID:LjP1wYfF
北村は裏で工作をするようなタイプじゃないと思うが、
「北村さんが怒ってる」という噂が流れるだけで、かなりの影響が出るだろうな。

183 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:19:51 ID:YY+ynouh
ちゅーか
「北村さんに喧嘩を売った」
という風評が立つ時点で終焉(笑) じゃね?

プギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━!!!!!!!!


184 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:24:33 ID:8YSu0y58
北村はネット見てないんでしょ。
だからあえてこういう書き方したんじゃない?
実際に会ったら「ああ、北村先生!! いやあ先生のおっしゃることも
もっともでゲドババァ」となると予想する。

185 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:25:12 ID:VPPsWBCm
>>182
その影響を見越して北村は行動するよ。賢いから自分の手は汚さないけどね

186 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:27:16 ID:91UJjMC6
「北村薫は、スキーをするのかどうか」

これは、今後を左右する問題です。

187 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:28:00 ID:VPPsWBCm
>>184
文春の時だって北村は伝聞で情報を得てああなった
しかもこんな状況で本ミスクラブの会長が経緯を知らされないわけがない
禿人レベルの頭の持ち主に「あえて」なんて戦略性はないよ


188 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:29:33 ID:LjP1wYfF
>>184
その語尾はやめてくれw
コーヒー吹いたじゃないかww

189 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:36:25 ID:FVnwG0gZ
失礼とかいうレベルの問題じゃないな。たとえば、「北村氏は新刊を読んでいないから、
道尾作品の斬新さについていけなかった」といったいい方なら、理屈は通るが、新刊を読んで
いないことと、Xを本格認定することとの間には、二階堂の言い分に従って考えても、
何の関連性もないはずだ。上でも指摘されているように、本格大賞の場合、限られたノミネート作品
から一作に投票するという点は、作家も評論家も同じなわけだし。


190 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:43:21 ID:rgp2is93
キタコレ

「島田荘司さん ミステリーへの思い」
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20060926bk04.htm

191 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:45:30 ID:tPO95BtW
>北村薫氏は、自身が公表しているとおり、新作は一切読まない。したがって、
>彼にできるのは、「本格ミステリ大賞」候補作の中から遠慮がちに一作を選ぶ
>程度のことだ。

俺、この話初めて聞くんだけれど事実だとしたら本格ミステリ作家クラブの
会長として本当に相応しいのか?という話になるぞ。とんでもない地雷を踏んで
いないか?

> 私も、(中略)点数制を導入している。

本当にいちいち点数を付けながら読んでいるのかな?
点数を付けながら評価すれば客観的という訳でもないんだけれどね。
俺はボクヲタでもあるんだが、ボクシングの採点基準は明確に示されている。
とは言ってもパンチが有効であるか否かなんて本人しか分からないのだから
どうしても主観が入る。だから専門家が採点しても大きくぶれるんだよな。
(亀田戦みたいなのはまた少し違う問題)

ボクシングの採点基準は議論されそれなりに練られているんだが、二階堂
基準は超主観的な「俺様基準」。それをあっさり「私の場合でいえば、名探偵
ものと物理トリック作品を高く評価する傾向があり、日常の謎派などは基本点
が低い」などと暴露しているしね。

大森か誰かも指摘していたが、この人議論好きそうだけれど、向いていない
と思う。ここまで穴だらけの論考をよく発表できるよ。

192 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:53:29 ID:VPPsWBCm
>日常の謎派などは基本点が低い

 このへんも北村とは相性悪そうだな

193 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:54:35 ID:H37M7I8V
禿先生、もう喋んない方がいいのに。

194 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:59:09 ID:YY+ynouh
一日の疲れを癒すオアシスだな、ここはw
二階堂はもうすぐ落ちてきそうな椰子の実www

195 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:59:26 ID:FVnwG0gZ
>192
というより、それこそが本音なんだろう。要するに、自分は古城の連続密室殺人
のようなものが好きだ、だからXのように名探偵ものようでいて日常的なリアリズム
寄りの作品は嫌いだ、ということ。それを、ありのままに主張して、自分は自分の好きな
ものを本格の主流にしたい、とでも宣言すれば、何の問題もなかった。ところが、妙に権威
づけしようとして深い深い泥沼にはまっていったわけだ。

196 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:18:57 ID:fTatFzSC
>>195
>自分は自分の好きなものを本格の主流にしたい
『X』批判も、ある意味それだ。見事にコケたが。
禿の場合、本格は古城の連続密室殺人のような古典的、伝統的なものであるべき、という思い込みがある。
それに従って書いた小説が本ミス大賞を受賞せず、伝統的な本格とは一線を画した『X』が
本ミス大賞を獲っちゃったから、逆ギレし、今のような有様になった。全ては自分で蒔いた種。身から出た錆。頭から抜けた毛。
「ボクちゃんの『魔術王事件』は本格の中の本格だから本ミス大賞くだちゃいゲドパパア」とか言って
笠井あたりにすり寄って、軽くあしらわれてりゃ無害だったのに、下手に騒ぎ立てたからこんな大問題になった。自業自得。

二階堂の終焉もさることながら、北村先生のこれからの出方が楽しみだ。
大人の対応で黙殺するか、大人の対応で叩き潰すかw

197 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:22:52 ID:2U6tVUG4
ぜひとも大人の対応で叩き潰していただきたいw

198 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:23:12 ID:1sP0FGLm
>>190
石田汗太ってミステリー業界をうろちょろしてる記者だよ。これはわかってて狙ってやったな。読売新聞の紙面を使ってw

199 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:23:33 ID:YY+ynouh
ホント、台北氏が言うように、ウロボロスより現実のが数倍面白い罠w

200 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:45:40 ID:rgp2is93
スレ違いだが>>199を確認しようとしたら
台北とシノバアが揉めてたwww

201 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:01:53 ID:EGY9YHK0
ここまで落ちると、推理小説自体の世の中の評価が下がらないか?
「あの変な禿とかいう人が好きな小説でしょ」とか。

202 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:07:14 ID:91UJjMC6
>>201
世間一般は、こんな論争なんか気にもしていない。
大半の人は、二階堂という作家がいることも知らない。

203 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:10:44 ID:y2+auOCH
少なくとも、ここのところ、トイレは原稿に書いた文字数よりも、恒星日誌に書いた
文字数の方が多いのは確かだな。だれか、原稿料払ってやれよ。


204 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:12:02 ID:YY+ynouh
原稿料払うだけのクオリティがあればなw

205 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:13:34 ID:y2+auOCH
そうだな、北朝鮮製の一万円札で払ってやろう。

206 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:15:12 ID:1sP0FGLm
>>204
まるで禿人の本に原稿料を払うだけのクオリティがあるみたいな言い方だな

207 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:17:39 ID:+CNNine3
このミスとか本ミスとかで、
禿の作品を1位にしてやれば、
静かになるんじゃねーの?
禿は今年何か出した?

208 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:17:59 ID:YY+ynouh
>>206
それは盲点な発想だったw

209 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:18:40 ID:y2+auOCH
>>207
それこそ一番不可能な注文だろう。
負け犬は勝手に吠えさせていればいいのよ。


210 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 21:18:50 ID:YY+ynouh
>>207
このままの流れのままに静かになるが良いよw

211 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:08:56 ID:gWyPibWd
>196さんより引用

>禿の場合、本格は古城の連続密室殺人のような古典的、
>伝統的なものであるべき、という思い込みがある。

 確かに、二階堂はそういう思い込みが激しいようだね。
だが、そうなると鮎川哲也の作品、特に鬼貫ものなんて、
二階堂は否定して然るべきものが多いような気がするんだが。
 
 

212 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:10:45 ID:t0U4L+W5
北村薫、激怒!!
島田荘司、憤慨!!
笠井潔、激昂!!
山田正紀、逆上!!
東野圭吾、冷笑!!
森博嗣、爆笑!!
中西智明、復活!!

どれが一番効くかな

213 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:11:35 ID:qyzBJG5E
そりゃ鮎哲の場合は頭髪に親近感があるじゃないか。

214 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:15:17 ID:gWyPibWd
>213
 鮎川の「死者に鞭打て」中に、
「本格作家は禿が多い云々」という台詞があったよ。
 ただし、挙げられていた作家の中に乱歩があったのは、
一寸あれっと思ったけど。まあ、鮎川氏にとって乱歩は恩人でもあることだし。

215 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:16:16 ID:wMKQcTXQ
>>212
その並びに東野圭吾を入れるなよ
けがれる

216 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:21:30 ID:8mw3eTlN
同じ禿でも高木彬光先生とは大違いだな

217 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:34:24 ID:1sP0FGLm
>>211
禿人はまわりに合わせるために鮎川を持ち上げてるふりをしてただけだよ
鉄道ミステリーとアリバイものに面白いものはないという迷言まであるぐらいだから
「本格ミステリーを語ろう」かなんかで言ってたよな? ソースの記憶が曖昧なので補完よろ


218 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:40:33 ID:YY+ynouh
「風の証言」が鮎川先生のアリバイものの最高作だっつーんだから・・・w
(まあ通常良くて6,7番手だぞな)

219 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:44:37 ID:oajIQ+a4
>>216
高木は人格的には禿人計だったけどな

もっとも、作品のレベルは禿人とは比べ物にならないけどw

220 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:54:36 ID:3nJQc8CR
>高木は人格的には禿人計だったけどな

高木先生は禿人よりは大人だと思うんだけど……w

221 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:56:42 ID:1sP0FGLm
>>219
高木も清張も人間的にはむちゃくちゃだったらしいしな
惜しまれることがないぶん禿人のほうがましともいえるかw

禿人がどうしようもないのはもちろんだが

>笠井氏の論に対する否定的な考えをひた隠しにして、利用価値がある間は笠井氏の存在と笠井氏の論を利用し、
>甘い汁を吸ってきたわけだ。中には、「ミステリマガジン」10月号で「刻印開示」という論考を載せた蔓葉信博氏の
>ように(彼はベテランではないが)、最初から白旗をあげて、「いずれにしろ、僕は第二の理論を待つ」などという他
>力本願の言葉を漏らす者まで出てくる始末である。「おいおい、評論家なら、他人に任せず、自分で自分の論をち
>ゃんと立てろよ」と、文句の一つも言いたくなるし、その腰砕けの態度を見て情けなくもなる。

禿人の気が狂ってるせいで見逃されてるが、この指摘だけは正しいと思うんだ

222 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:59:40 ID:Hy7aWcW+
個人的に高木彬光の滅茶苦茶さは笑えるが、禿人の滅茶苦茶さは笑えない。
笑える→腹立つ→呆れる
         ↑今ここ

223 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:04:52 ID:YY+ynouh
>笠井氏の論に対する否定的な考えをひた隠しにして、利用価値がある間は笠井氏の存在と笠井氏の論を利用し、
>甘い汁を吸ってきたわけだ。
これは今の二階堂ではないか?w

224 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:24:24 ID:gWyPibWd
しかしだ、二階堂のやりたいことって何なのだろう。
こんなにも暴言を吐き続ければ、たとえ今後それなりの作品を
世に出したとしても、「あいつにだけは受賞させるものか」という人が
増えるだけじゃないか。

225 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:29:03 ID:TBlXLDq8
>何しろ彼らは、笠井潔氏が20世紀探偵小説論の延長上に生み出した、
>《探偵小説(注:通常は本格推理小説というべきところ、笠井氏が
>あえて探偵小説という名前を使うのには理由がある)》《第三の波》、
>《新本格第一ステージ、第二ステージ》、《本格/脱格》、
>《本格原理主義》、《後期クイーン問題》、《ゲーデル問題》その他の
>様々な用語、概念、体現、表現を用いて仕事をしてきたからだ。

探偵小説研究会の仕事を全部目にしてるわけじゃないから知らないんだけど
そんな事実あるの?
大体、《第三の波》《新本格第一ステージ、第二ステージ》《脱格》は
ともかく、《本格原理主義》《後期クイーン問題》《ゲーデル問題》なんて
笠井が生み出した用語じゃないと思うんだけど。

226 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:33:23 ID:AYVsxFc0
《本格原理主義》=北村
《後期クイーン問題》《ゲーデル問題》=法月
だよね。

そもそも他の評論家も使ってたのって
「第三の波」くらいの気がするが。
大量死理論は、基本的に放置プレイだったような。

227 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:33:51 ID:xteYUQgK
そもそも島荘を尊敬してるなら、「あらゆる賞はレッテルである」
という考えも支持しようよ禿人w

228 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:46:16 ID:iq9Xc9XE
いや、トイレは島荘の作品をけなしていたこともあったはず。


229 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:53:55 ID:1ofwyrZI
>>223に座布団一枚!
言うなれば禿人は、笠井潔のケツの穴に巣食う寄生虫の卵。
小学校で配られるシールをケツの穴に貼って、早く引っぺがすべきだwww

230 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:56:00 ID:xteYUQgK
>>228
禿人が無条件で褒めるのはカーだけ?w

231 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:57:16 ID:JsTxplV6
ヘッセもそうだろう

232 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:00:43 ID:DwrRCl3b
カーとヘッセが気の毒

233 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:03:07 ID:ALjBRqoT
>>224
>二階堂のやりたいことって何なのだろう。

権威(だと自分が思っている物)が自分に迎合しないから、
猛然と噛み付くことで「権威と戦うカコイイ自分」に酔ってるだけじゃ?

234 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:15:01 ID:mDhaJS/4
>>233
考えすぎ。権威がほめてくれないからヒステリー起こしてるだけだよ

235 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:59:20 ID:aVurzGI6
京極夏彦も邪魅の雫で評論に書いて何か書いてますね
タイミングとしては今回の件とは無関係だとは思うけど

236 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:04:24 ID:1MlTP+Jv
二階堂の叫びは続いた。魂を吐き出しているように笠井には見えた。
(容疑者Xの献身 改)

二階堂氏の「本格」についての純愛(あえてそういうが……)は、「X」の
石神を彷彿させる。ただし、二階堂氏のことは、直木賞作家、東野圭吾をもって
しても、小説にできないだろう。偏執的なところに、いささかも惹かれるとこ
ろはなく、ただただ見苦しいばかりなのだから……。
二階堂氏のなすべきは、日記に屁理屈をこねることではない。
万人が納得する、前代未聞の「本格」を書くことである。
評論家でなく、作家なのだから。

237 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:17:59 ID:bYNLoO99
>>226
《本格原理主義》=北村

この人も主義とか理屈が先行で、作品にはあんまり反映されないよね
二階堂はひどすぎるが、本格ってそういうが妙に多くない?
綾辻作品も最近はもうワケワカメ

238 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 05:12:22 ID:RZF48wZK
二階堂のファンクラブってどこ行ったか知ってるヤシおる?

239 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 07:38:59 ID:0nqWxnxM
>>237
日本語でおk

240 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 08:03:11 ID:SJOREkjH
北村を本格原理主義って呼んだのはたしか宮部みゆきなんだけどな
自称したわけではない

241 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 10:28:59 ID:b2upoLtC
>最終回である(きっと)。
 続けるつもりだなw

242 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 10:41:50 ID:fvNM1JK8
>237
過去に一作でも傑作を書いた作家は新作期待するからな。有栖川なんかも
双頭の悪魔以降駄作が多いけど毎回今度こそはと思って買うけど外れ多いし。


243 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 10:50:40 ID:Lg8xo+W1
>また、今年の「本格ミステリ大賞」などにも、その点の問題性が明示されている。
>評論賞の候補に挙がった4人のうち、3人までが作家で(笠井潔、北村薫、山口雅也)、
>もう一人も専門的なミステリー評論家ではなかった。
>その前年(2005年度)においても、探偵小説研究会員の著作は一つも候補に挙がっていない。
>この悲惨な現状を、評論家たちは恥ずかしいと思わないのだろうか。

コイツは本当に矛盾を隠すのが下手糞だな〜。
小説部門に関しては受賞作を不当としている癖に、同じ賞なのに評論部門では候補にあがることを評価の基準にしている。

リアルで精神を病んでるとしか思えなくなってきた。

244 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 11:06:25 ID:/YATPmNl
禿は作家なんだからさ、こんな気違いめいた文章を書いてサイトにうpする暇があるのなら、
めちゃくちゃ面白くて斬新な推理小説を執筆して皆を黙らせれば良いじゃないか。

ってそれが出来ないからry

245 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:27:12 ID:XRl+8AW1
>>244
そうそう、禿は本格推理の理想は高いが、その理想に見合った小説が書けない。
そのくせ自分の小説は本格推理の王道を行くもので傑作だと思っているから、余計タチが悪い。
『X』批判だって、要は『魔術王事件』がかすりもせず、本ミス大賞をさらわれちゃってヒステリーを起こし、
『魔術王事件』なんか見向きもせずに『X』に投票した探小研の連中を批判。
『魔術王事件』なんて、単なる分厚い紙屑のような気がするがw

246 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:28:59 ID:RZF48wZK
このスレの住人が杉江とか福井とか巽とか千街とか帽子だったらまじウケるんだがな

247 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:36:11 ID:+vco3eh6
と書いてる>>246がネットカフェからつないでる北村会長だったりして

248 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:58:14 ID:QD1qKhzv
いやじつはゲド(ry

249 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:39:51 ID:RZF48wZK
>>247
よくぞ見破ったな! 二階堂蘭子!!

250 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:45:38 ID:T9fUgIIC
ゲドババァ本人は見てるのかな

251 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:15:43 ID:vtXublCS
性格からして荒らさずにはいられないだろうし、
多分見てないと思う

252 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:16:06 ID:7FxmNFQl
北村薫は、本ミス作家クラブ会長。
また、「HMM」で二階堂説は孤立していると書いた有栖川有栖(前作家クラブ会長)。
自分の日記で本格論議なんて意味なしと書いた篠田真由美。
恒星日誌で批評家ランキングを下げられた佳多山大地と円堂都司昭のほか、末國善巳、法月綸太郎(4人とも短小研)。
そして、黒田研二。
――ここにあげた人たちはみんな、本ミス作家クラブを運営する執行会議の現メンバー。
禿は、あそこまで書いたんだから、彼らに総退陣を要求するか、自分がクラブを脱退するかすべき。

253 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:21:21 ID:UVUycQrP
>4人とも短小研

これってやっぱり大きくするための研究をするんですか(><)

254 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:24:56 ID:SwTa2UPQ
魔術王はつまらんかったよね
やっぱつまらんものは書いちゃいけん
あははははははははははははははははははははははははっはははっはははっははははっははhh

255 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:46:29 ID:BuFOWLFx
>この事実が明らかになって、仰天し、あきれ果てた人も多いと思う。

そんな人、存在してるんですか?
二階堂の発言に、驚いている人はたくさんいるでしょうが

256 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:56:34 ID:VX8nv6c8
あの文章が明らかになって、仰天し、あきれ果てた人も多いと思う。

257 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:04:26 ID:vtXublCS
〜なのは私だけではあるまい
〜な人も多いと思う

こういう言葉が出てくる主張は、大抵論理が甘い

258 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:08:22 ID:XRl+8AW1
>>256
いや、むしろ禿がここまでDQNだったことに仰天し、あきれ果てた人が多いのではw

259 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:08:46 ID:vuqU5uiq
>>257に同意するの私だけではあるまい。


260 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:10:25 ID:BuFOWLFx
二階堂が真性のキチガイであると納得するような人も多いと思う

261 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:29:05 ID:vtXublCS
>>260
その言葉を使っても、ちゃんとした主張があったかw

262 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 18:22:32 ID:iIigp/bf
>>260
キチガイにはキチガイの論理がある。
二階堂には破綻しかない。

263 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 18:29:25 ID:bYNLoO99
>>257
推測だからね
根拠は持ってないと白状してるようなもの
それで結論は断言するなんて、【評論】や【批判】としては最低

264 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:42:53 ID:ynzOrpwK
二階堂氏の論とやらが、一般的には【文句】【言いがかり】であることは、
みなさんにもおわかりになるであろう。

しかし、不愉快なやつだ、どうしようもないな、と言いつつもこの状況を
楽しんでいるのは、私だけではあるまい。

265 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:50:04 ID:zKoWksJY
 そういえば二階堂は、「大密室」(新潮文庫)のことを、けなしていたな。
(ソースは「密室殺人大百科」だったと思う。これに載っている二階堂の
短編がひどいのなんのって。密室トリック思いついたんで、書きました。
ってなやつなんだ)

その「大密室」の解説を書いているのが、千街晶之なんだよね。

あ、この「大密室」に入っている西澤保彦のエッセイは、二階堂を
揶揄しているのかな? 


266 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:33:42 ID:2gGfxHpA
密室を扱うアンソロジーに自分が呼ばれないっていうことが納得いかないだけだゲド。
どうでもいいゲド、密室アンソロジーとかアリバイ崩しアンソロジーなんかはあるんだから、「孤島・雪山アンソロジー」とか「叙述トリックアンソロジー」とか「双子トリックアンソロジー」とか「首なし死体アンソロジー」とか出ないかしら。ゲド。

267 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:40:04 ID:vtXublCS
すべてのガジェット本格企画には、専門家の俺を呼べ!ということか。
どんだけ厚かましいんだ。

268 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:52:40 ID:2gGfxHpA
本格愛というより、密室愛とか小道具愛かな。

「密室愛」ってアンソロジー、出ないかな。神崎京介とかいそうだけど。

269 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:34:14 ID:A39V1JLe
殊能先生の日記

たったいま、世の中には"It was a quaintly coloured syrup, such as a child sees in a shop window."を

「あたかも、子供が店のショーウィンドウを眺めるような、奇妙な色のついたシロップ菓子がそこにはあった」

 と“翻訳”する人がいることを知り、たいへん勉強になった。買うのはやめることにした。





これってマンアライブだよな。この英文ぐぐったら出てきた
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=RNWE,RNWE:2005-14,RNWE:ja&q=It+was+a+quaintly+coloured+syrup%2C+such+as+a+child+sees+in+a+shop+window

ああ、ネットで買ってしまったorz
マジへこむ・・・

270 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:55:25 ID:95648vYH
殊能って結構皮肉屋だけど
ミステリ界隈で影響力とかバックとかあったりするの?
この人のはハサミ男しか読んだ事ないわ。

271 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:56:20 ID:vkyyIaiz
さて、ここまで書けば、私はどうすれば良かったのかも明らかである。
 結論はこうだ。
更正日記(10) 読みましただ。
・・・
私はしっかりと自説を証明できる「探偵小説」を書けば良かったのである。
では、私の仕事ぶりはどうだっただろうか。
この数年、私の著作は一つも候補に挙がっていない。
この悲惨な現状を、私は恥ずかしいと思わないのだろうか。
・・・
こう読むべきなんだろうね。

272 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:11:35 ID:jM7AVPj+
>>270
いわゆる「権威」ってのはそうは無いんじゃないかな?

273 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:13:43 ID:dGzzxWKP
八木健威

274 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:27:40 ID:T9fUgIIC
>>273
それはどっちかといえば禿人よりのケンイ

275 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:31:07 ID:YFnSyNIW
>>269
なんにせよ、スレ違いですよと

276 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:38:46 ID:QrDfCN+H
>>275
ヒント:親指シフト

277 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:14:27 ID:kSVpPJdp
つずみはすっかり二階堂一派として認定されちゃったなw

278 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 08:09:23 ID:k3A9J/Ap
気の毒だが、いたしかたない

279 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 16:35:34 ID:Of/D0w67
「恒星日誌」 作:二階堂黎人 訳:つずみ綾

280 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:14:37 ID:pbT0taKB
いちお日誌更新きたこれ・・・

281 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:17:03 ID:pbT0taKB
本格無理解者の論考を読んだようだ・・

282 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:35:46 ID:RgMyBGqR
そんなことより、つづみ訳のチェスタトンを読んで、
感想を書いてほしい。どうやって弁護するのか楽しみ。

283 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:06:43 ID:NNEfhIrL
黒猫黒犬館ってアクセス解析付いてるの?

284 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:52:59 ID:MFeuMJ7K
話題はいずみに移ってしまったぞ
二階堂よ、も少し(,,゚Д゚) ガンガレ! (#゚Д゚)ゴルァ!!

285 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:53:40 ID:MFeuMJ7K
つずみだった(鬱)

286 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:54:29 ID:9rHMeOmq
島田センセと笠井センセのベクトルが反対向いてるから、両方立てるのは無理。
ささ、二階堂センセはどっちを取るのか。どうすんの、どうすんのよ。

287 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:11:40 ID:2MK1LIpy
二階堂は二階堂派を作るしかあるまい。

288 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:20:36 ID:k3A9J/Ap
>>287 うまいな。そして懐かしいな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%A0%82%E9%80%B2#.E3.80.8C.E7.81.B0.E8.89.B2.E9.AB.98.E5.AE.98.E3.80.8Dより
1976年、ロッキード事件の渦中で「灰色高官」として二階堂の名も取りざたされたため、表舞台から遠ざかる。
しかし自民党の田中支配が進む中で二階堂も復権を果たし、鈴木善幸内閣下の1980年に自民党総務会長、
木曜クラブ(田中派)会長に、1981年には再び党幹事長に就任した。
1982年、中曽根康弘内閣で幹事長に留任するが、1983年の田中判決選挙で自民党が大敗した責任を取る形で幹事長を辞任した。
このとき出された中曽根康弘総裁の「いわゆる田中氏の政治的影響を一切排除する」という声明は
後に中曽根が当初はもっとソフトに声明を出そうとしていたが二階堂の方から言い出したので驚いたと語っている。

 灰色高官といわれた二階堂であったが、金集め自体はヘタであり、後には無頓着になった。
金銭面は、田中や竹下が面倒をみていた。田中派が割れた際に、二階堂派の人数が少なかったのはこれも影響している。

「金集め自体はヘタ」←ここに注目

289 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:43:45 ID:4CEprVvM
そっちの二階堂たんは、戦前にアメリカに渡って血を吐くような努力で勉強し、
日米親善のために大陸を遊説して周り、帰国してからは翼賛会非推薦で立候補して、
軍部を批判した立派な人なんだけどね。

290 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:56:57 ID:nj7kobYV
それなら二階グループでどうだ

291 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:00:16 ID:RgMyBGqR
二階堂一派

292 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:08:02 ID:17Z4I+uf
二階堂派(一)

293 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:08:19 ID:C5mx9eoV
二階堂団

294 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:21:12 ID:5nVpZXOS
前スレで『増加博士と目減卿』薦めてくれなかった人ありがとう。
読んだけど素敵につまらんかった。

最初の作者の会話で、ちょっと「アイタタタタ」だったわ。
メタミステリってのよくわからんが、ちょっと勘違いしてるよな?
ギャグもスベリ気味だったし…。次は何を読んだらいいだろう?
長いけど「人狼城」でも読んでみるかな…。

295 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:14:49 ID:nRLhqnNX
>>294
「人狼城」の前に、他のものを読んだほうがいいぞ

296 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:31:03 ID:fLiF5P+W
不思議三作がいいんじゃないか?

297 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:34:00 ID:IdvDC3Il
インディーズのプロレスみたいに自分で団体作ってチャンピオンになっちゃえばいいのに。
毎回帯に「これが宇宙一の探偵小説・2006下半期」とかつけちゃうのww

298 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:55:08 ID:4m3zUFaA
むかしパッケに勝手におすすめRPGって貼ってたのがあったな

299 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 03:04:03 ID:vvJy4yeh
「二階堂が保証する本格だよ!」

300 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 04:28:05 ID:s5n9v43h
大丈夫!二階堂の本格だよ!

301 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 04:51:50 ID:g6tez4QN
>>298
にかいどう「ぼく、あたまが、ヘンになっちゃったよぉ…」

302 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 08:28:45 ID:Bzbsq8l7
>>300
ファミ通にあやまれ!

303 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:14:07 ID:pXZNT5L4
遂に刊行ケテーイ! 『X』批判の立役者にして本格の継承者・二階堂禿人の最新作!
彼が認め、彼を唸らせた本格推理作家、本格推理評論家が終結!

『EHS 緊急禿頭解決院』 \10000 二階堂グループ出版局

註:「EHS」の「H」は「hage」の頭文字です。

寄稿者:二階堂禿人(小説)、加賀美雅之(小説)、小森健太朗(小説・評論)、つずみ綾(評論)、笠井潔(解説)

乞うご期待!

304 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:42:17 ID:Vr5TPyMx
ある意味おもしろそう。

305 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:49:23 ID:3ChaESb4
>>303
高っ!w

306 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:16:56 ID:3cJ29Q0I
>>305
需要があまりないから、単価が高くなるんだよ。

307 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:17:48 ID:Sfa76YgQ
この本格愛がすごい!


308 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:19:08 ID:AWzZvJJj
>>303
笠井は解説書きそうにないねww
特大先生が「認め、彼を唸らせた本格推理作家、本格推理評論家が終結」するなら、
そもそも島田御大も参加しなければならないわけですが。

309 :303:2006/09/29(金) 15:47:43 ID:pXZNT5L4
二階堂グループ出版局広報担当でございます(違

>>308
>特大先生が「認め、彼を唸らせた本格推理作家、本格推理評論家が終結」するなら、
>そもそも島田御大も参加しなければならないわけですが。
二階堂先生を含めた本格推理作家、本格推理評論家が「終」結したアンソロジーでございますので、
二階堂先生のように終わっていない方の作品は掲載されません。あしからず。


310 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 16:52:50 ID:tw4ri5g9
>>303
黒田健二(合作)も入れてやれよ
キラーXだぞ

311 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:15:32 ID:FIF3dA3I
>>310
愛川晶も入れないといけなくなるぞw

312 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:16:50 ID:X0DIBaK8
黒田は二階堂の方から離縁状叩きつけたようなものじゃん

313 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:01:51 ID:goxnn2Ky
取下げたんだろw

314 :308:2006/09/29(金) 19:15:31 ID:AWzZvJJj
>>309
集結じゃなくて終結だったのですねww 脳内誤変換スマンカッタ
個人的には笠井は終わってないと思いたかった・・・

315 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:01:00 ID:waucO2ag
解説なんてだれも書いてくれないだろうから、また茶木に土下座することになるなw

316 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:45:34 ID:3PzLq0DO
二階堂派(二階堂グループ)を旗揚げするにつき主要メンバーを挙げてくれい。
幹事長とか国対委員長とか。

317 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:46:57 ID:80NSNG+r
そんな人数はおらんだろうにw

318 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:48:17 ID:Gc/2cEJS
>>316
本格ミステリ史上初の独り十五役とかになるんじゃね?

319 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:15:24 ID:3PzLq0DO
ゾラやバルザックって全体小説??
世界文学全集読まなくっちゃ。

320 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:08:36 ID:+TNC47dg
 島田荘司:  本格ミステリー宣言
 二階堂黎人: 本格ミステーク宣言

 細川たかし: 浪花節だよ人生は
 二階堂黎人: 八つ当たりだよ人生は 

321 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:23:29 ID:pXZNT5L4
>>316
党首 二階堂禿人・・・これは勿論w
幹事長 加賀美マチャユキ・・・二階堂の右腕&イエスマンとしての能力を高く評価してw
官房長官 もっこり健太朗・・・二階堂の後ろ楯&評論を世に放つ立場にあるため
国対委員長 二階堂禿人・・・兼務。
文部科学大臣 つずみ綾・・・英語教育の指針となるべき人材を登用しましたw

番外編
アメリカ大統領 笠井潔・・・二階堂の強力な(?)後ろ楯www

322 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:28:28 ID:p2vmto05
派閥だったら名誉会長、会長(or代表)、会長代行、事務総長、副会長、座長とかなのでは?

323 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 03:20:46 ID:DJyKgT3H
つーか、>>321のは党と内閣すらごっちゃになってるけどw

324 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:30:26 ID:SoBhMHrU
ところで禿は「教養主義」をポジティブな意味で使っているね。
世界文学全集が主流文学とか言ってるし昔なら評価が高いかも。
20世紀の探偵小説精神から見るとどんなものかねえ。

325 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:25:04 ID:AZkaFgqk
売れない、評価されない人がこうなっちゃうと
かわいそすがさきにきちゃうにょなー

326 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:57:14 ID:8c8CniQo
尿

327 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 12:00:12 ID:UOE4iQbp
おいおまいら、がんがれ。
つずみスレに負けとるぞw

328 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 12:51:10 ID:DJyKgT3H
検索しても、つずみスレなんてないじゃんと思ってたら、
つづみスレだったのかw

329 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:44:06 ID:ePKFB0OK
ゲドババ・レッド:二階堂(本格愛に溢れたナイスガイ)
ゲドババ・ブルー:芦辺(レッドの座を狙う唯一実力も兼ね備えた男)
ゲドババ・グリーン:加賀美(追従・オマージュ・パクリの名人)
ゲドババ・ピンク:つずみ(卓絶した言語感覚の持ち主)
ゲドババ・イエロー:小森(早熟の天災児。別名高沢則子)

330 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 15:05:09 ID:Kli7dRmL
恒星日誌より引用

>もともと、ゾラやバルザックのような全体小説的傾向のあったこのシリーズだが、その側面が増大していて、
>正直言って、以前の端役(全体小説では、次の本ではその端役が主役になることもある)にまで記憶が及ばず、
>読んでいてつらいところもあった

これが、一冊の小説内で厖大な人物を登場させ、文庫版で人物紹介が2、3ページに及ぶ小説を書く
本格推理作家の科白ですかそうですか。
ハゲドババアの小説、登場人物がムダに多い希ガスるのは俺だけなのでしょうか。
警察関係者やら何やら、滅多矢鱈と登場するのがムダにしか思えないのですが。
それともハゲドババアは、コナン・ドイルの「三人の学生」のような容疑者が少人数で、
かつ自らの定義に見合う本格推理小説が書けないのでしょうか。

331 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:45:58 ID:qa9b7edU
恒星日誌より引用

>11月に文春文庫から発売になる『猪苗代マジック』のカバー見本ができてくる。ポップな絵柄とポップな色遣いで、とても素敵なカバーになっている。
インタビューはカットされるんだろうな。残念。

>リチャード・ハルの『善意の殺人』を読了。ノックスやバークリーなどと同じ〈ひねくれ派〉の作品。緊張感や恐怖感といったサスペンス要素はゼロ。ウイットとかユーモアとかいうものを、じっくり読みたい人向け。
〈ひねくれ派〉ってはじめてきいたぞ。

332 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:58:29 ID:OPMTNz7H
>緊張感や恐怖感といったサスペンス要素はゼロ。

法廷ものに「恐怖感」ってあんた・・・

333 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:20:33 ID:5Hx0t5fs
>ウイットとかユーモアとかいうものを、じっくり読みたい人向け。
自分にはウィットとかユーモアとかいうものは理解できないがそういうものを好きな人がいるんだろうねふーん、と言わんばかりの口ぶり
禿人にそういったものを理解する頭がないのはそのとおりだけどな

たんに文章が雑でこういう言い回しになってるだけかもしれんけどね

334 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:26:30 ID:ee9a6Typ
2007年の予想

 二階堂、「本格ミステリ作家クラブ」を脱退し、「真・本格ミステリ作家クラブ」結成をもくろみ、
笠井、芦辺、小森、加賀美に声をかける。 



 しかし・・・・・・






笠井: 最早、本格「探偵小説」は終わったとして、断る。
小森: 以前に、アガサ・クリスティのことで二階堂に喧嘩を吹っかけられたこと
    を思い出して、参加を断る。
加賀美:以前の共作者の女性から、「そんなことやめときなさい」と叱られ、思いとどまる。
芦辺: どうも、皆断っているらしいという情報を入手したので、参加を断る。

335 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:55:08 ID:Kli7dRmL
>>334
つずみ: 二階堂から、小森に参加を断られた腹いせでセクハラを受け、それを「HMM」で訴える。

ただし、文章は意味不明www

336 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:55:58 ID:SoBhMHrU
つづみ綾: 英文で入会案内を送ったら誤読して入っちゃった。

337 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:14:22 ID:AKuKahTI
> Mクラスの惑星
> Sクラスの書店
> 転送収容
> 亜空間通信
> 物質転送機

今さらながらに、寒いセンス。

338 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:14:35 ID:PEC6mIBT
自分に理解出来ないものを
「こんなものは良くない」とダメレッテルを貼って
見下した気になって安心するのは
劣等感の塊だということですよ
反省しましょうね、二階堂クン

339 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:00:59 ID:SoBhMHrU
>>337
本人は粋がっているんだから看過してやれ。


340 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:08:58 ID:4tyh6ZDz
>334

 仕方が無いので、二階堂、黒田研二と歌野晶午に声を掛けようとする。

黒田・・・ ええおっしゃるとおり、僕は、カーもクィーンも殆ど読んでませんよ。
      だから、他人の作品に点数を付ける資格などないんですよね。
       だいたい、ぼくのことを批評眼ランキング50位などと貶めたのは、
      何処のどちら様でしたっけ?

歌野・・・ 僕の作品は叙述トリックを使ったものが多いし、クィーンもあまり読んだ
     ことがありませんから・・・   

さて、次は誰に???

341 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:10:40 ID:LxTOIrjn
本格原理主義者の北村センセだろw
北村信者も取り込めるぞ

342 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:46:01 ID:SrsCKvHF
勝手に名簿に名前入れるんじゃないか?

343 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 03:21:19 ID:kdwSkq02
誰も同志になってくれる人がいなくなり、やけっぱちで本ミスに絶縁宣言を吹っかける禿人。

「俺だけじゃない。マチャユキやこんもり、少年アシベも絶縁しちゃうぞ」と脅すものの、
禿人以外は全員本ミスとの絶縁を否定し、ますます孤立。

マチャユキ・・・ 「二階堂さんがそんな人だとは思いませんでしたよ。今まで師匠と仰いできたのがバカらしいです」
少年アシベ・・・ 「本人の気持ちも分からなくはないが、あそこまで暴走してしまうとは。ゆっくり休んでほしいですね」
こんもり・・・ 「私は元々、アガサ・クリスティーについて見解の相違があったので、今回の縁切りはさしてマイナスとは思いません」
つづみ・・・ 「わたくしは小森先生一筋でございますからw」
笠井・・・ 「いやぁ、まさかあそこまでバカだとは思わなかったよ、二階堂君も。ところで君達、僕の特別会員留任に異存はあるまいね?」
帽子・・・ 「え、二階堂さん? まだいたんですか。とっくに憤死したと思ってましたよ(笑)」

344 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 08:57:52 ID:nPpd4zza
みんな、一つ忘れてるぞ
恒星日誌「本格評論の終焉」で「本格理解者」と呼ばれた田中博が
二階堂派入りをどう断るか、という問題を

345 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 09:07:05 ID:na9GQBRm
つかウィットとユーモアって同じものじゃないの?
「とか」で繋ぐものじゃないと思うのだが。

346 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 09:11:52 ID:nPpd4zza
>>345
以下のように書いてみる。

「緊張感や恐怖感といったサスペンス要素はゼロ。
 本格とかパズラーとか謎解きとかフーダニットとかいうものを、じっくり読みたい人向け。」

こう書けば本格嫌いの文章になる。
つまり特大先生はユーモアがお嫌いってこと。

347 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 09:37:51 ID:KmBH0Koj
ところで何故二階堂が「特大」?
前から気になって気になってしょうがない。
たぶんこの呼称は一人しか使ってないと思うが。

348 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 09:40:27 ID:nPpd4zza
>>347
俺はたしか前々スレで見て、特大って二階堂っぽいと思って真似して使ってます

349 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:09:40 ID:OT9eTu5Z
>345
まあ、それは、少し違う。ウィットの方が機知や教養に富んでるイメージ

350 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:28:47 ID:TRRKdWED
>Mクラスの惑星で発見して転送収容

これどういう意味ですか?ウィットがありすぎて、私にはわかりません

351 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:49:12 ID:na9GQBRm
>>349
ほう、なるほど。さんくす
ウィットとエスプリと機知が同じで諧謔とユーモアが同じということかな?

352 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:37:17 ID:gTJdqZ2r
二階堂グループ出版局より、『EHS 緊急禿頭解決院』の詳細が決定しましたのでお知らせします。

『EHS 緊急禿頭解決院〜大丈夫、育毛剤が助けてくれる〜』 \10,000

執筆予定者:二階堂禿人(小説「ゲドババア館の殺人」、評論「『容疑者Xの献身』はゲドババア」)
        加賀美マチャユキ(小説「わが友ゲドババア」)
        こんもり健太朗(評論「二階堂禿人の功罪」)
        つづみ綾(評論「こんもり先生一筋命懸け」)
        少年アシベ拓(小説「怪人対ゲドババア」)
        ダサイ潔(小説「ゲドババア症候群」、評論「二十一世紀ゲドババア序論」)

ご期待下さい!

353 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:29:08 ID:RVU+ou+7
>〜大丈夫、育毛剤が助けてくれる〜

リアル二階堂まではさすがの養毛剤も助けてくれてないようだが

354 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:30:19 ID:eUx8Kslz
だったら綾辻が入ってないと変。

355 :352:2006/10/01(日) 20:32:57 ID:gTJdqZ2r
「ゲドババア館の殺人」は綾辻向きだった鴨w

356 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:16:56 ID:7KVCdnuW
>>350
俺はむしろ「Sクラスの書店」っていうのをどうにかしてほしい。
Mクラスは惑星とか言うてたのがSになると「書店」て言うてまうんかい!
っていう感じがなんか腹立たしい。

357 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:46:08 ID:nPpd4zza
そもそも惑星とかなんとか言ってる割に
MだのSだのって吊るしの紳士服とかマクドナルドのドリンクみたいなサイズ設定

358 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 06:48:06 ID:YOkKpwcC
なるほどゲドババァなセンスだ

359 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 07:19:35 ID:pl2oQYEN
おい二階堂
シンパで本格理解者&日本語無理解者のつずみがいじめ(笑)られてるぞ
何とか汁!

360 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 09:04:41 ID:kjC4XimA
心中

361 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 16:30:38 ID:zxN3vYYt
セクハラ

362 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 18:38:37 ID:me3VHGQ5
そろそろ「CRITICA」買うかw

363 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:07:49 ID:zxN3vYYt
つずみスレッドと共通の住人多し(俺も)
そして向うのほうが人気スレッド…2ちゃんねらにすら見放されたか

364 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:10:01 ID:dytwbR0V
つずみスレッドはネタはどっから出てるの?
日記でも書いてるの?

365 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:10:16 ID:RG3uaDZk
燃料がないからなw
終焉復活を待とう

366 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:12:32 ID:ruCwPmQ1
つずみはまさに今旬www

367 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:25:11 ID:zxN3vYYt
>>364
ネタはAmazonのカスタマーレビュー&翻訳読んだ人たちのブログ

368 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:34:37 ID:3Wzr7tSO
しかし1年近くこのネタで持ってるんだから、そう考えればずいぶん息が長い
どうせ本ミス大賞直後にぶち切れると思ったけど、そうはならなかった。けれどXの受賞が
その後の大人気連載・本格評論の終焉を生んだかと思えば感慨深いものがある

369 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 23:02:56 ID:kkHJYJRG
しっかしこのスレにしてもつずみスレにしても
肝心の作品(あるいは翻訳)読んでない奴ばかりがギャアギャア騒いでるんだなw

370 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 23:03:08 ID:zxN3vYYt
最後の一押しをしたのはCRITICA

371 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 23:36:30 ID:RG3uaDZk
> おそまきながら 《CRITICA》 創刊号を購読。
> X問題(というかN氏問題?)にはほとんど関心が
> なかったのだが、どうやらそれだけではないらしい。
> 探偵小説研究会の周辺で何が起きつつあるのかを
> おぼろげながら理解する。
> それにしても 「解釈」 間の闘争とか読者共同体とか
> どうしてそういう話になっちゃうんだろうね。

と組長が仰っておられます。

372 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 23:52:00 ID:nuGIE5V3
>>369
買って読んださ。だからこんなに別訳も上がってる
二階堂+つずみ側はそれぐらいしか言えることがないんだね

373 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 23:52:36 ID:v0ybxpJG
今、京極の「邪魅の雫」を読んでいる。
素敵な一節に出会ったので、ゲドババァァさんにそれを贈ろうと思う。
(改行は適当に行った)

「白状するなら、僕は結構文学評論を読んで思うところもあるんだよ。
過去の作品の文学史的位置付けやら、作品の傾向性質別の文壇地図なんかを------」
くだらないなあと中禅寺は一蹴した。
「くだらないことはないだろう」
「くだらないじゃないか。
そんなもの切り口と手法を変えれば幾つだって無限に作れるじゃないか。
作った人間の思考回路や趣味嗜好を窺い知るくらいの役にしか立たないぞ」

374 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 00:07:15 ID:rhs1+cYK
作った人間の思考回路や趣味嗜好を窺い知りたいのさ!
むしろ目的がそれなのだ。そしてそいつにあれこれ言いたいのだ。
いやむしろ僕が地図を作って啓蒙「しなければいけない」のだ!

375 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 00:35:58 ID:rTW9F5+s
いや、一概に文学評論を軽んじるのもどうかと思うけどな。
例えばかつての自然主義派とか新感覚派とかは、明確な表現形式のテーマを掲げた運動をしていて、
そのテーマを明確に提示するのには、評論が欠かせなかったわけだし。
だから、作家は小説を書くだけじゃなくて、評論の方も盛んにやってたよ。
まあ、現代のエンタメ系の書評は下らないものが多いのは確かだけどな。

376 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 00:52:00 ID:f9UhTkcG
作品を論じるはずが作家を論じて満足しかねない、ってことじゃないかな
京極を左翼だか右翼だかっていう人とか、もう作品には興味ないんだろうし
まず作家の位置づけありきじゃ、どんな作品出そうと似たような書評にしかならないと思うね


377 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 01:00:40 ID:+EWclfpn
島田荘司さん:毎月新作刊行し全集も 背景に「本格」への危機感
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20061002dde014040059000c.html

> 改めて「本格とは?」と尋ねると、「論理的思考、その一点があればいい」
ktkr

378 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 01:50:09 ID:Hv/amRdC
>>375
短い抜書きなので、そこだけ読むと誤解される可能性があるな。
(あくまでも)京極堂の主張としては、別に評論を軽んじているわけじゃない。

それに評論のうち、特定作品に対する書評的な切り口に対して述べているのであって、
批評と実作(理論と実戦)について云々しているのではないし(それを言っちゃったら禿人の立場がw)。
そして、こうも書いている。

「要するに良い評論とは(読み物として)面白い評論のことなのだ。
取り上げた作品の絶対的価値を定めるような代物では金輪際ない」
  ※括弧内は俺の補足

ゲドババァァさんには、是非ここも声に出して百回読んで欲しいよ。

379 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 02:51:50 ID:ORcajWHZ
いやあ、ゲドババァさんの評論は読み物としては最高に面白いですよ

380 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 12:21:10 ID:YKwlWYRz
確かにw

381 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 18:00:44 ID:oongqPEj
でも評論かなあ、あれw

382 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 18:33:24 ID:OUlnXBYU
提灯持ちの提灯持ちによる提灯持ちのための評論です。

露骨なまでに笠井潔を擁護し、それが全て裏目に出ている。
北村薫についてもさんざんどうのこうの述べてから、「責任の度合いは低い」とまるでフォローになってないフォロー。
探小研は笠井潔を頂点とするムラ社会とかどうのこうの言っているが、
笠井潔を頂点とするムラ社会(≠探小研)の中核に位置する、笠井の腰巾着、
本格ミステリ界における武部勤であることに果たして気づいているのだろうか。

383 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 18:35:12 ID:OUlnXBYU
>>382
文章が変だったorz スマソ

>笠井潔を頂点とするムラ社会(≠探小研)の中核に位置する、笠井の腰巾着、
>本格ミステリ界における武部勤であることに果たして気づいているのだろうか。
これは禿自身が、ってコトね。

384 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 18:46:00 ID:KHxq5qsf
>>382
武部タンを同列扱いすんなヨヽ(`Д´)ノ
抜擢してくれたことに感謝して誠心誠意使えた人と、
欲得ずくで笠井を持ち上げる禿は間違っても一緒じゃないべ。

385 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 20:25:33 ID:Ji06RWo8
持ち上げられてる笠井御大は、
禿人を本格ムラの困ったちゃん扱いしてるけどな。

386 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 20:53:51 ID:oongqPEj
>>382 >フォローになってない
禿人は打算的なくせにその実行方法が天然だからなw
京極の邪魅の感想にしても、本当は悪意はないんだろうけど
バカにしてるようにも読めるし。
人の意見がちゃんと理解できない上に自分の意見をカドが立たないように
表現できないというのは、ムラ社会に生きる禿人にとっては致命的だよw

387 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 21:08:40 ID:Qr7dUY+F
それにしてもこの先生はなぜこんなに偉そうなのかまったくもってゲドババァ

388 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 21:14:40 ID:k4Lgrcg9
武部なんてクソだろ。それこそ同一にすんなよw


389 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 21:23:16 ID:ad6M6PjX
目糞鼻糞って奴でつねwww

390 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 22:16:42 ID:KDYUjfpG
>386氏の言う通りなんだと思う。禿人には悪意がない。
無いだけに、余計始末が悪い。

391 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 22:52:18 ID:xgDH4X8Y
>>390 悪意が無い分始末が悪いって、「馬鹿」の婉曲表現じゃんw

392 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 23:35:00 ID:PnMyXdT+
理想奇態の方程式
PV=nRT
(ピーヴィ=ニカイドウレイト)
ピーヴィは、
perfect vacuum → 主張が空疎です。
perfect villain → 因縁をふっかける真性の悪党です。
pure virgin → 純粋な本格を思う心は無垢の乙女のようです(禿げてるけど)
どれが当たりですか?


393 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 06:10:40 ID:bMsWKaYH
perfect vacuum carだぜ。
あんなものぶちまけやがって。

394 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 07:23:21 ID:FGjbe6vV
Perfect Vacant 完全なる空虚です

395 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 07:29:17 ID:FGjbe6vV
すまん、 Perfect Vacancy かな。

396 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 08:58:15 ID:FABQLt/4
ジョジョでは悪意がない敵を最低の邪悪野郎だと言ってたぞ

397 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 15:37:48 ID:5fer/Kp4
無所属の東野圭吾議員にまつわる「X」問題を受け、本格ミステリ作家党の二階堂禿人議員が昨日離党、
二階堂氏が同志として認めた議員を率いて「新党本格ミステリ理解者」を立ち上げた。

代表・・・ 二階堂禿人(笠井派)
代表代行・・・ 加賀美マチャユキ(カー派)
幹事長・・・ もっこり健太朗(笠井派)
国対委員長・・・ 少年アシベ拓(無所属)
選対委員長・・・ つづみ綾(もっこり派)

この「新党本格ミステリ理解者」の立ち上げに関しては、選対委員長のつづみ綾議員より
その詳細が書面にてもたらされたが、本文は判読不能。
尚二階堂代表は、政権を執った暁には笠井前探小党党首を副総裁に迎え入れる意向を今日、表明した。

398 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 14:37:25 ID:DkM+HjoE
をいをぃ、二階堂スレが昨日から全然書き込みがないってどういうことだ?
愛想をつかすのはわかるが・・・。


399 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 14:40:52 ID:U3dPyK9h
>>398
つずみたんのスレに流れたぽ

400 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 14:53:47 ID:5Mzro0an
新党本格ミステリ理解者 発足のことば 党首・二階堂禿人

本格ミステリファンの皆さん、及び私、二階堂禿人ファンの皆さん、こんにちは。
この度、私は本格ミステリ作家党を離党し、新たに「新党本格ミステリ理解者」を発足させました。
原因は東野圭吾議員の「X」問題に冠し、本格ミステリ作家党の解釈に重代な誤りがあることを、
この私が指摘したことに起因します。本格ミステリ作家党と政権を連立する探小党の大多数の議員が、
本格ミステリの立役者である笠井潔・前探小党頭首の素晴らしい探偵小説論を理解していないことは大きな問題です。
私や加賀美マチャユキ氏、もっこり健太朗氏、つづみ綾氏、少年アシベ拓氏は、本格無理解者の集合体となり腐敗した探小党に、
本来の本格推理の有り方を再認識して頂くために、新党本格ミステリ理解者を発足させました。
本格理解者の皆さん、私たちと共に、本格無理解者の探小党に反旗を翻しましょう。そして空前絶後の推理小説を書こう!
本格ミステリファンの皆さん、そして私、二階堂禿人ファンの皆さんの温かいご声援を受け、新たな戦いの火蓋が切手落とされました。

尚、枝葉末節の言葉尻を捉えたり、揚げ足取りをしないで下さい。

401 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 15:44:22 ID:wUWuR19X
翻訳デビュー作で二階堂の後継者になるとは、
つずみは相当な逸材だな

402 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 20:14:09 ID:pCjmaocG
明日、鮎川賞のパーティーがあるらしいがゲドババアは来るのかな

403 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 20:56:46 ID:5tvHFjcY
法事

404 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 21:21:33 ID:VBuqQiJ5
次の燃料はミスマガジン発売まで梨か

405 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:26:35 ID:ZE4mft3C
一連の騒動を眺めていて、ある作家の名前を思い出した。
サイファイ論争をぶち挙げて、推理作家協会にもケチをつけた男、梅原克文。
今はどうしているんだろうなー。生きているのかなー。
「ソリントンの悪魔」とか、スケール大きくて面白かったのに。
ハゲ人先生、同じ道をまっしぐらになっちゃうのかなー。

406 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 06:32:07 ID:GrDZGZ/5
『ソリトンの悪魔』だね
梅原は自分からSFを出て行くと言ったので、
自分こそ王道と居座ってる特大先生とはベクトルが逆だけど
ウェブ日記でイタイ「評論」を連載したところは似ている

407 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 08:49:21 ID:8YbtzmjE
はたして「蘭子シリーズ」の未来はどっちだ?
と言う感じになってきたな最近。
世界一長い推理小説といううたい文句の「人狼城」が絶版になってしまったし。
なにより人狼がなくなると本編が再開してもそこから入る新規読者が困るのでは?

408 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 09:19:32 ID:b4700Y5c
そろそろ、このスレの意義も薄れてきたな。もともとアンチスレだし、
アンチスレってのは、ターゲットがある程度大物でないと意味がない。
トイレは既にレイムダックだしな・・・。
あいつが選者やってるシリーズも、もう長くない。

409 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:15:30 ID:N9JsrzAS
>>407
人狼城って絶版になるくらい売れてないってことなのか。
禿の作品の中では割と好きなほうだったんだがな。
手持ちの文庫もそのうち高値がつくかな。無理かw

410 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:16:46 ID:jVQpfs1G
二階堂の本はぶあついくせに売れない、
古本屋のこまりもの

411 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:18:54 ID:IE7yLSwE
蔓葉信博が二階堂に質問状を書いているよ。
ttp://d.hatena.ne.jp/tsuruba/20061005

412 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:28:34 ID:ZLYyha+V
>>407 >蘭子シリーズの未来
X年後に冷凍睡眠状態で発見された蘭子は、その推理力を買われて宇宙捜査艦ギガンテスに
迎えられるのだった−−−
宇宙時代に快刀乱麻の大活躍を見せる最新作、「蘭子X」にご期待下さい。

413 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:31:04 ID:vtAmzr73
>>411
さっそく返事書いてるな
二階堂、苦言を呈してやるよw
「身びいきは身を滅ぼす」

414 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:32:22 ID:vtAmzr73
>推理小説論も、推理小説史も、推理小説入門も書かず
ホントどうしようもない権威主義者だなwww

415 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:36:41 ID:Z6cLRt2e
>>408
アンチじゃなくてヲチスレだろ。


416 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 11:01:12 ID:1gO+iI5M
>本格評論家失格となった蔓葉信博氏のことにも(その仕事にも)、
>私はもういっさい興味がない。
禿本気で馬鹿だろ。

417 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 11:04:59 ID:dD1H0wAV
 下手に出ればつけあがるを絵に描いたような返答だな。
 自分が誠実に回答することが、蔓葉のためでも自分のためでもなく、
自分の読者への責任だと言うことが全然わかってない。

418 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 11:18:29 ID:SO9hmdk8
二階堂先生、毎度毎度燃料投下お疲れ様です。

419 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 11:20:37 ID:vtAmzr73
ここで建設的な意見(本格ミステリ界の混乱wを収拾に向かわせる謙虚な発言)を
述べれば底辺を突き抜けんばかりの株価も上昇したかも知れんのに
もう誰も手をさしのべないだろうな、「本格理解者」な輩(笑)以外

420 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 12:01:28 ID:vXAXvpKR
> 私が適当と思う「解説」は、「2006」で言えば、鷹城宏、つずみ綾、円堂都司昭、市川尚吾、小森健太朗、のものである。

やっぱり、つずみ・小森は入るのねw
鷹城・円堂・市川はこんな奴に認められて嫌だろうなあ。同情するぜ

421 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 12:25:16 ID:aw88JZag
まさに「困ったちゃん」だなあ

422 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 12:29:23 ID:bS1Gh81e
期待を裏切りませんな

423 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 12:34:55 ID:jVQpfs1G
蔓葉信博ってだれかしらんが、完全にここ見てるなw

424 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 12:46:37 ID:vtAmzr73
困った幼児の駄々コネ問題に関心あるミステリ者でここ見てないヤツは少数派だろw

425 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 12:57:52 ID:SO9hmdk8
福井健太とかこのスレに書き込みしててもおかしくない。

426 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 13:06:13 ID:vtAmzr73
>本格評論家失格となった蔓葉信博氏のことにも(その仕事にも)、
>私はもういっさい興味がない。
一度こうと決めつけたら、もう絶対他の意見・評価には耳を貸さないのな
昔「オバタリアン」とかいう生物が話題になったことをふと思い出したぞ(笑)

427 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 13:14:23 ID:uvFRz5Sd
>>416
興味の無い理由が、
>本格ミステリー評論(家)が終焉したことは、笠井潔氏の観測と宣告によっても、私の観測と宣告によっても明らかになっている
から、じゃねぇ・・・w
完全に笠井と自分こそが本格推理の真の理解者である、みたいな思考回路を元に論じてるわけだ。
平成の世の中で、天動説を唱えるようなモンだな。

また、禿は蔓葉に対して、
>あなたの本格の定義はあなた以外の誰にも解らない。
って批判している。
文章化してないからあなたの本格の定義は分からない、って批判してるつもりかも知れないけど、
アンタの定義なんか文章化しているにもかかわらず意味不明、支離滅裂だよ。

それから禿よ、鷹城と円堂って《Aグループ》の本格無理解者wじゃなかったっけ? ん?
ぬぁーにが
>私が適当と思う「解説」は、「2006」で言えば、鷹城宏、つずみ綾、円堂都司昭、市川尚吾、小森健太朗、のものである。
だ。テメーは自分の体験を元にした「禿頭城の恐怖」を世界最長で書いてろヴォケ。

428 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 13:32:08 ID:TkeSqUKi
正直頭がおかしいと思う・・・
笑うことももうできない。

429 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 13:48:01 ID:pn8FFfNM
とりあえず二階堂は本格ミステリーの評論で本格ミステリーの定義を明らかにすべきだな
自分が本格ミステリーを体系化してから評論家に文句を言うおうな

430 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 13:58:40 ID:3M4DlAKm
禿人も完全に狂ったな。才能もないくせに、プライドばかり高いバカはいずれこうなるといういい見本だ。

431 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 15:22:52 ID:aw88JZag
確かにもうヲチしてても
笑えるというかあまりの狂乱ぶりに怖くなってきたな

432 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 15:40:02 ID:ng81noAL
誰か禿人先生を完膚なきまで叩き潰して、葬ってやってください。
このスレのサブタイのように・・・。

433 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 15:54:38 ID:dD1H0wAV
もう葬りましたが、何か?

434 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 16:31:01 ID:74k5iwD4
>>425
つずみスレには小森が書き込んでたりしてw

435 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 16:32:41 ID:212QAlz+
>>431
大先生は気付きません

436 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 16:33:40 ID:ng81noAL
>>433
thx!!!

437 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 16:46:53 ID:212QAlz+
アンカーミスしてるorz

438 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 20:03:34 ID:WXHBwOpL
おいおい。大丈夫かこのひと。
ちょっと前までは笑ってられたんだが、ここ最近のこの人の文章は・・・
ハッキリいって頭がどうかしちゃったとしか思えないぞ。



あ、いや、禿げたって意味じゃなくて。

439 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 20:09:56 ID:ZLYyha+V
>>427
>鷹城と円堂って《Aグループ》の本格無理解者wじゃなかったっけ? ん?

朝令暮改とはこのことだw
論拠などなくただ目の前の敵に罵詈雑言を浴びせることを優先してるから統一性がない。
禿人はもう笑えない芸人に成り下がったな・・・

440 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 20:27:02 ID:vtAmzr73
>>439
人格崩壊の上に記憶力崩壊か悲惨だな
家族はさっさと入院させろよ危険だろうが

441 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 21:26:57 ID:jRNbB6sd
もういいじゃないか。禿人は動物になったんだよ。
それは言葉が通じないさ。

442 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 21:32:08 ID:vtAmzr73
豚は豚らしくチャンと豚小屋にぶち込んでキッチリ管理しなくてはいかんぞ

443 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 22:12:05 ID:GrDZGZ/5
>>441 動物化するポストモダンだな

444 :427:2006/10/06(金) 23:49:04 ID:whQLp3yR
>>439
じゃあ、本格無理解者の言い分を理解しちゃったってわけか。お笑い種だね、禿人は。
正直もう末期症状じゃないかと思う。論理は破綻しているし、根拠も何もない。単なる私憤。
それを不特定多数が見る自分のHPで垂れ流しているから余計タチが悪いw
ミステリファンとして最後に二階堂の最期にw一言。勝手に本格ミステリを終焉させないで頂きたい。
終焉するのは老害の笠井潔と、気の狂った禿人だけで充分だ。

445 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 23:51:57 ID:4rLotqt0
↑そのフレーズ言いたいだけちゃうんかとw
動物化というより、その、なんだ、ゲドババァ化だな

自分も苦笑しながら先生ヲチしてたけど、最近はちょっと笑えなくなって来た罠

446 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 23:53:39 ID:4rLotqt0
ミスった
自分のレスは>>443へのもの

447 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 00:22:31 ID:abMiCMN/
禿は本当に狂っちまったな。ここまで行くとは・・・
もうほっといても良いだろう。

448 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 00:54:19 ID:tDDE/69V
☆読者への挑戦☆
私が今回こんな騒動を起こした動機をお答えください。
答えは目欄

449 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 01:58:48 ID:LhKiWglE
もう、どこぞの荒らし馬の自称論考と同レベルだな。
禿人がここまで馬鹿だとは思わなかったよ。
何か哀れになって来た。

450 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:55:51 ID:ShI+TFop
>>402
さてどうだったんでしょうか

451 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 04:15:03 ID:5Qx32/MC
さすらい人氏も来たな

452 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 06:43:57 ID:oWHnjqir
日記で発狂→仕事疎か→年間ベスト漏れ→日記で発狂

もうループ確定だな。
禿人タン、売れなくても恒星日記は無くならないが、仕事は無くなるんだぞ…。

453 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 07:41:27 ID:J8HiODut
昨夜、鮎川賞のパーティで会った。やたら愛想が良かった。

454 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 08:23:58 ID:Rl7/KUE9
まわりは、どのように接していた?

455 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 08:34:53 ID:abMiCMN/
そりゃ、気違いに刃物 で遠巻きにしていたのでは?

456 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 08:45:54 ID:mqMSQ23f
心の病人に刃物w

457 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 09:22:44 ID:J8HiODut
>>454
 特に腫れ物に触るような感じではなかったね。
 二階堂もいつも通り、デジカメ撮影に没頭していたし。

458 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 09:40:11 ID:oWHnjqir
>>457
仲間内だしねぇ。
まぁ、商業作家にとって一番大切すべきは
作家仲間じゃないと思うけど。

459 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 09:47:45 ID:mqMSQ23f
>ははは。「このミス」の一位は、東野圭吾さんの、『容疑者Xの献身』でしたか(笑)。
>ほう。『本格ミステリ・ベスト10』も、『容疑者Xの献身』が1位でしたか。ますます戦いがいがある。闘志が湧いてきた(笑)。

悲惨散々な今日この頃、この頃が懐かしいね(棒読み)

460 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 10:19:41 ID:NbR0XN5K
> 鮎川賞のパーティで会った。やたら愛想が良かった

自分の発言が、ダメダメ本格評論家集団に一石を投じた
HMMでも毎号活発に『X』問題が取りざたされている
(実際は誰も彼も自分の主張を一方的に書き散らしてるだけで、論議になっていないのだが)
今や、自分は時の人 イェ-イ

…といった脳内変換が行われていたりして 怖!

461 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 11:06:49 ID:2dgeU22n
というか、本当きまずいだろ…

462 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 12:24:38 ID:xjdsTHpw
なんかもう哀れになってきたってのは本当だな
あまりに壊れすぎててもう笑えない
いっそのこと、島荘あたりに大喧嘩でも吹っかければいいのに

463 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 12:25:25 ID:rlrvBf2I
>>458
つまり禿人先生は、読者からも同業者からも大切にされない、単なる有毒物質になったわけだ。
いっそ、使用済み核燃料と一緒に六ヶ所村に埋めたらどうかな?www
鮎哲賞での愛想の良さも、「ね、みんな、ボクたち本格推理作家or評論家だから、これからも仲良くしようねゲドババア」っていう
姑息な手だろ。どこまでもセコい奴だ。

>>459
それが発狂のレベル1だったわけだなw
闘志を燃やし過ぎて脳内破裂しちゃったんだね、可哀想に。おまけに禿げちゃっt(ry

464 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 12:26:58 ID:bKfZCcNg
いや「気まずい」というのは空気を読む力のある人に特有の感情であって、
空気の読めない人は一生感じることの無いものだから、全然大丈夫だよ禿はw

465 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 12:45:55 ID:U1EwxLyO
今頃「CRITICA」を読んでる訳だが
船外評論注18
「縄張り意識と定義を混同している二階堂のような政治的人物」
( ゜∀゜)ァハハ八八ノヽノヽノヽノ \ノ \ / \ / \

466 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 12:56:55 ID:U1EwxLyO
校正日誌更新
浅はかな作家名の羅列示威行動ワロスw

467 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 13:07:37 ID:bKfZCcNg
>>462 >島荘あたりに大喧嘩でも吹っかければいいのに

禿には以下のような無茶苦茶な論理で自分を追い込んで欲しいw

『島田荘司氏はかつて自身の本格の定義を著した「本格ミステリー宣言」を中途半端な
ままに発表し、当然のことながらそれは本格作家や評論家に反感を買った。
そうしてうやむやなままに彼の宣言は潰されたのであったが、結果的にそれは「島田
荘司ほどの人物が動いても本格とは何かという答えは出なかったのだから、きっと本格
を定義することは不可能なのだ」という考えを関係者に植え付けてしまった。

つまり彼こそが現在の本格無理解者にはびこる「定義などしなくても良い」という考えの、
原因となった人物なのである。

自分の失敗が招いた結果を省みようともせず、今再び無責任に「論理的思考があればいい」
と本格を定義し、あろうことか今後の本格ミステリにはホームズものへの回帰が重要である
などと、自身が本格の預言者であるかのように振る舞う島田氏を見ていて、気持ち悪いと
思った。』

468 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 13:11:52 ID:AZETQ4Ry
「興味がない」とまで言い放った人間と和やかに意見交換じゃ俺らネット弁慶と変わらんじゃないですか

469 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 13:13:55 ID:WHsi1aND
>>466
周囲は皆大人だから、禿みたいな困ったお子ちゃまの相手してくれるんだろ。
つーか、禿のあからさまなハゲ隠しに爆笑w
岩松正洋や巽昌章が出席していたら、面白くなったかも知れないのに。

470 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 13:17:29 ID:9zzNAtLC
>>468
葛葉もびびっただろうな。あんなこと言ってるクセに禿がにこやかに話しかけてくるんだからw

471 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 13:21:50 ID:Rl7/KUE9
二階堂なんてクズどうでもいいが、
出版パーティなんて出たくないな。
お呼ばれして行って作家達と交流して自分の名も売って
帰ってきたら、ネットでねちねち嘲笑かよ。
まあ、だいたい誰かわかるがな。文章に性格でてるし

472 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 13:43:39 ID:bKfZCcNg
>竹本健治氏 島田荘司先生 笠井潔さん 北村薫氏 山田正紀先生
この敬称の違いは、それぞれの人物のことを禿人がどう思っているのかが
分かりやすくていい。初めて禿人に感心した。

山田正紀が先生なのはやっぱSF好きだからなのか。
その山田の友達の、一応SFも書いてる笠井にはさん付けなのにw

473 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 14:53:18 ID:5Qx32/MC
>>471
「内輪に興味ない俺クール」って感じでかっこいいね☆

474 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 14:58:25 ID:U1EwxLyO
ほめごろしキタ――(・∀・)――!

475 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 17:45:55 ID:IykIzfeO
>>471
文体解析の藤岡真先生ですか?

476 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 18:15:24 ID:iR0O2Y/J
江青日誌より    

> そうそう。大森望氏が、わざわざ蔓葉信博氏を紹介してくれる。
>が、大森氏の邪悪な目論見ははずれ、和やかに意見交換が
>なされたのであった(笑)


 「気まずい雰囲気だった」と書いたのなら、まだ救いがあるが、これじゃあね。


477 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 18:20:53 ID:0zJPlxvi
>そうそう。
がなんともイヤらしいなw

478 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 18:53:19 ID:V4BBN+53
大森に悪意があるとすれば、蔓葉に犬のウンコ踏ませようみたいな意図のみだろう。
ウンコの方には、どんな反応も期待していないと思う。

479 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 19:08:44 ID:TFva22CS
犬の運子ww

480 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 19:13:07 ID:FuM6V+gX
どうでもいいが冷凍よ
人前ではバンダナを取りなさい

481 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 20:24:55 ID:oWHnjqir
かまってちゃんだから、話題になるだけでハァハァしてるんだろうな

482 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 20:39:25 ID:NH/EZE/9
>>478
ワロタ

483 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 21:31:38 ID:abMiCMN/
哀れだ 本当に

484 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 21:43:56 ID:bV5e9ImC
本当にここまでくると哀れだ。

まさか日本唯一の本格推理作家のつもりだったのが
最後にはウンコになっていたとは、当の禿人先生も
まさか予期していなかったことだろう。

485 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 22:02:33 ID:0zJPlxvi
いわゆる最後の一撃マダー?( ・Д・)っ/凵⌒☆チンチンチンチンチンチンチンチン

486 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 22:46:38 ID:rlrvBf2I
「期待外れ、期待以上のミステリー」スレのカキコなんだが・・・

593 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 21:36:13 ID:CoNXvg/b
(期待以上)
・雫井脩介「犯人に告ぐ」 
    ずーっと緊張感と臨場感が途切れなかった。仕事を放り出して読んだ。
    自分の中では大ヒット。全国の皆さんに是非読んでいただきたい。


(期待以下)
・二階堂黎人「魔術王事件」
     何じゃこりゃー。厚いくせに中身がなさすぎ。

・東野圭吾「白夜行」「容疑者Xの献身」
     私は全然おもしろくない。

うむむ・・・w

487 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 02:34:37 ID:yqS/5yfo
>>486
白夜行を楽しめない奴は池沼だから参考にならんな。

488 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 07:07:18 ID:7t2Uk3p9
でもまあ意見押し付けでもなさそうだし問題ないかと
「私は」おもしろくないって言ってるしね
ハゲトには容赦ない意見みたいだけどw

489 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 07:27:49 ID:lHKfEULq
>>487
別に大先生に合わせてレベル下げなくてもいいんだぜ?

490 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 10:37:28 ID:LFxqpcUC
面白くないのと中身がないのは、実はかなりの差だな。

491 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 14:11:43 ID:UNzYrVLx
>>487
突っ込むところは、そもそも「魔術王」に期待してたのか? ってコト。

492 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 14:32:09 ID:jFfmZo8I
だって厚かったんだもん。

493 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 20:58:46 ID:uYSVLE3Q
二階堂先生を馬鹿にするな・・・

494 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 21:29:02 ID:wAX2tZb4
>493
ヲイヲイ

495 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 21:54:30 ID:Ls+8OqUQ
バカにしてないよ。つーか、もう出来ないよ。あんまり痛々しくて。

496 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:29:28 ID:LTWtrsdc
哀れだ・・・・・・

497 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:38:34 ID:f4/sVfd3
校正日誌は実録・ドグラマグラを目指しているのであろう
つまり、きょうじんのかいほうちりょうのきろくだ

498 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:42:34 ID:8xUJxKhJ
あれ治療なの?
なんか悪化してるみたいじゃん

499 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:43:45 ID:ewKecCHU
>>498
髪の毛の悪口を言うのはよせよ!

500 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:45:41 ID:f4/sVfd3
>>498
かいほうちりょうのしっぱいのきろくなのだ(笑)
そうしたものを公開した方が世のため人のため、参考になるのだなw

501 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:53:44 ID:MCJcZqP3
なかったかのように日記のログを消去してしまう知名人が多い中、
二階堂先生は正直で偉大であり、本格界のドン・キホーテである。

502 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 04:20:56 ID:ZbCtvhJi
そうです。誰に対しても公明正大だからこそ、
自分の定義だけを固持して、ひるむことなく立ち向かっていくのです。

503 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 07:05:33 ID:0mfQjNca
おお、なんと にかいどうせんせい は いだいな おかた なんだろう(ぼうよみ)

504 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 09:19:42 ID:LrslRIk5
真面目な話、二十年以上ミステリを読み続けてきた俺から言うと
二階堂みたいな本格最右翼っつーかミステリ愛に溢れた人間は非常に好感が持てるんだわ。
森博嗣みたいに「ミステリ?興味無いね」みたいに振舞ってる人間が
何かに夢中になったり努力する事をダサいと思ってる高校生みたいに見えるし。

問題は、人狼城以外に実作者としての力量を見せ付ける作品を生んでない事なんだよなあ・・・

505 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 09:28:17 ID:DJjmAFSu
人狼城も大概面白くなかったなー・・・

506 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 09:38:59 ID:uYIRK/0b
>>504
>>5

507 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 11:26:25 ID:i5BCvxvl
面白い面白くない以前に、「読み難い」文章をどうにかしてくれ。

508 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 11:32:38 ID:vwZw+68T
>>504
言いたいことは解らないでもないが、二階堂の場合
本格愛とやらが、自作を評価されないことへの怨念に
すり替わっているということを忘れちゃいかんよ。
例えば法月のミステリに対する思い入れは微笑ましいが
二階堂のは押しつけがましい。

509 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 11:43:03 ID:+fI/pktc
熱い(有栖川)
愚直(法月)
煙に巻く(北村)

この人たちの多彩な本格愛の表し方に比べると
表現力のない二階堂はつらいねぇ

510 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 11:55:38 ID:6JCtQt4O
だって禿人の本格愛とやらは自己愛だろ?
そりゃ表現できないよ。
自分を好きであることに、客観的に説明できる理由なんかないんだからさw

511 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 13:10:44 ID:cWf9LSs7
自分の考えを人に押し付けようとする考え方や態度・行動がいやだ。
二階堂定義に大きな異論があるわけじゃないが、その点がとても嫌いだ。

512 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 13:20:03 ID:YNco3uV1
恒星日誌の黒田・二階堂・霧舎のスリーショットは
背格好が同じで面白いな。
なんか「よい子・悪い子・普通の子」みたい。

513 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 14:32:23 ID:5MHdDFpJ
下品で悪趣味なだけの話――すぐにだれがおもいつくかは、いうまでもない


514 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 14:40:35 ID:cWf9LSs7
犯人の動機も犯行方法もまるで説明不足。下品で悪趣味なだけの話――すぐわかった。

515 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 14:54:44 ID:ZkT3gC6g
校正日誌更新キタコレ
おいおい、二階堂、なんでお前が「ウロボロスの純正音律」を誉めるんだ?
「本格しか興味がない」人種は”意外な犯人の設定”に激怒して笑われる(笑)ところだろうが
まーた糞詰まらん処世術でお世辞タラタラ垂れ流し(笑)かよwww

516 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 15:02:44 ID:3fRJd0Zy
>>512
おおっあれ霧舎なのか! なかなか好青年に撮れてるやん
ノベルス著者近影のヲタヲタした写真とどちらが本物に近いのかなあ?

ところで辻真先の隣にいる女性はダレですか?

517 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 15:03:29 ID:QJa9i3/e
お世辞をいえばいうほど論の説得力がなくなるってことまでは頭が回らないんだろうな・・・
いってることがばらばらで一貫させるための思考力がない
喩え話ではなくてほんとうに哀れな池沼を見てる気分になってきた

518 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 15:13:43 ID:ZkT3gC6g
超娯楽大作巨編【本格評論の終焉】は多くの識者を楽しませたようだな
よかったな、二階堂、玉砕しただけのことはあったぞ(笑)
ttp://d.hatena.ne.jp/mystery_YM/20060926/1159283253#seemore

519 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 15:46:10 ID:v+A7wt/I
へー、タランティーノがCSIの監督やったのか。ぜひ見てみなければ。
禿人たんの日記が役に立ったのって初めてだ。

520 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 16:43:25 ID:Vm0wGoXZ
>>516
たぶん加納朋子


521 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 17:37:56 ID:dYuJV2EM
子供生んだらいきなり老けたな・・・・


522 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 17:58:05 ID:OaId53YZ
> 「CSI 第5シーズン」の最終話の前・後編。タランティーノ監督・脚本と聞いて、嫌な予感がしたが的中。犯人の動機も犯行方法もまるで説明不足。下品で悪趣味なだけの話――と、CSI史上、最悪のエピソードであった。

シーズン5最終話をタランティーノが撮ったのは知っていたからどうでもいい。
「犯人の動機も犯行方法もまるで説明不足。下品で悪趣味なだけの話」とはいかがなものか。
あんたの小説だって(以下略

523 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 19:07:54 ID:IfgL/Zmp
>>521
スレ違いも良いところだけれど、加納って40近いハズ。
それを考えたらそこそこ維持できているんじゃね?

デビュー当時の加納は悪くなかったと思うよ。
鮎哲賞じゃなく、直木賞・芥川賞だったら綿矢並みの話題を呼んだと
思う。

524 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 19:31:09 ID:dYuJV2EM
>>523
そうなの? 40なら仕方ないか。
ま、女性作家は昔の写真を「著者近影」で使うこと多いから、
実物と写真が乖離しまくることも多いよね。
今邑彩も10年くらい同じ写真使ってた気がするなー



525 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 19:58:44 ID:w+pwIOWX
>>523
綿矢は10代というのが大きかったわけで、そんなに話題にならないでしょう

526 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 20:33:59 ID:lKKy5r2A
お前らここが誰のスレッドが分かってんのかあ!!
二階堂大先生のスレッドだぞ!先生の話をせんか!!

527 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 20:41:21 ID:KZUHjn1D
話すことないんだもん

528 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 20:53:11 ID:+fI/pktc
>>523
加納はそれほど美人じゃないが、
好感の持てる優しい顔立ちだとは思う。

このスレでヲチされてる人のヒゲ面も
愛嬌だけはあるんだがなー。

529 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 21:56:04 ID:lKKy5r2A
>>528がすごいことを言った。

530 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 22:47:51 ID:dlPasomr
>>528
ヒゲ面って言うよりもむしろハゲヅラじゃね?

鮎哲賞のバンダナテラワロスwww
二階堂、禿をそんなに恥ずかしがらなくてもイイんだぞ。
お前は生き様自体が恥ずかしいんだから、今更ハゲなんてイチイチ恥ずかしがる程のモンじゃないよ。

531 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 23:03:24 ID:g1Sols1Z
いや、禿を隠すことこそ、鮎川先生に対する冒涜である。

532 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 23:18:36 ID:+fI/pktc
>>530
あの髪の毛の薄さが実はハゲヅラだったら、
俺は一生禿人についていくよw

533 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 00:14:58 ID:8N+8VEPn
案外、禿人の中ではこんな図式が描かれてるかも

乱歩−高木−二階堂

534 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 01:06:12 ID:0a4TWOVb
とにかく禿先生は、自分の作品を差し置いて
評価を下すのが、お好きだな。
その評価が、まったく自分の作品にあてはまるというのに。
人を禿と呼ぶ、禿と同じだよ。

535 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 08:25:45 ID:+AqR0d2Y
しかも、こんなことしてるし。
http://www.sinozaki.jp/starlog/archives/cat2/

536 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 09:24:37 ID:GbRHs8Ov
ttp://d.hatena.ne.jp/tsuruba/
既出だっけ?

537 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 11:26:44 ID:zVF/fTih
>>536
>>411

538 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 12:36:20 ID:+20qK6KJ

http://www.vc-net.ne.jp/~longfish/varia/061009_devotion/
まとめサイト

539 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 14:40:41 ID:d86SxuGJ
>>538
詳しい説明は有り難いが、要は「X」問題なんて、笠井・二階堂及びそれに追随する者は本格ミステリ界のお荷物、ってコトだろ。
笠井や二階堂、ただでさえこの頃目立たない小森、目立つのは途轍もなく悪文の英文翻訳くらいのつずみなんて、
食いっぱぐれるんじゃないか。
早めに「私はXの本格ミステリ大賞受賞に嫉妬し本格推理の終焉と称してイチャモンをつけました。ごめんなさいゲドババア」って
謝っちゃえば、それで収束したのにな。

540 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 15:25:44 ID:Po6lrHc3
>謝っちゃえば、それで収束したのにな。
謝ったら謝ったで、即死のへたれのと悪口雑言山をなすだろうがな。




541 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 16:00:13 ID:wAq1Z4Fn
>>540
だけど収束するのは間違いないだろ

542 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 16:30:54 ID:Po6lrHc3
悪口雑言山をなすと黙認出来ない性格だから倍にして言い返し、
めでたくもと通りに。

543 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 18:13:20 ID:7CzUmd2/
_____
   /二二ヽ
   ||・ω・||  <おまえんち二階にトイレがあるんだよな
.  ノ/  / >  <おまえんち二階にトイレがあるんだよな
  ノ ̄ゝ

544 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 20:44:48 ID:roG1tbPk
>>543
正直言ってくだらなすぎると思う

545 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 02:35:16 ID:w/M2rouT
殊能センセーもなにげに二階堂に興味もってるよなぁ。


546 :☆彡二階堂グループ出版局よりお知らせ:2006/10/11(水) 13:23:49 ID:AK/nljeZ
本格推理界の旗手・二階堂禿人先生の最新作が刊行ケテーイしました!

『緊急禿頭解決院〜大丈夫、育毛剤が助けてくれる〜』 二階堂グループ出版局 予価\10,000

編者:二階堂禿人
執筆予定者:二階堂禿人(小説「ゲドババアの不思議」、評論「「容疑者Xの献身」はゲドババア」)
        加賀美マチャユキ(小説「わが友ゲドババア」「髪禿げツル館の殺人」)
        もっこり健太朗(評論「二階堂禿人の功罪〜J・D・カーの正統なる後継者」)
        つづみ綾(評論「もっこり先生への本格愛宣言」)
        少年アシベ拓(小説「怪人対ゲドババア」)

特別寄稿:綾辻行人(小説「ゲドババア館の殺人」)
       笠井潔(小説「ゲドババア症候群」、評論「二十一世紀ゲドババア論序説」、解説「観測〜ゲドババアの終焉」)

二階堂禿人著「青はげ」・・・稀代の色魔青はげの城に囚われた二階堂蘭子の危機! ハゲは世界を救う! 著者渾身の冒険ミステリー小説の傑作。



547 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 19:32:25 ID:q4V1c4aY
校正更新
>柴田よしきさんの『銀の砂』を読了。人物造形が見事なので、人間関係だけで緊張感が生まれる。秀逸なサスペンスもの。

「私は本格以外のミステリーに興味がなく」www

548 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 20:05:21 ID:q4V1c4aY
>われわれはまだまだ二階堂さんの本当の恐ろしさに気付いていなかったのです(笑)。
>すべてを自分に都合よく変換して吸収し、
>それができないものには目をつぶる“ニカイドー・エフェクト”が発動し、
>この巽反論さえも無力化してしまったのでした

“ニカイドー・エフェクト”オソロシス
ttp://www.cc.rim.or.jp/~yanai/

549 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 20:09:21 ID:z6TkGl9t
すごいバリアーだ

550 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 22:02:48 ID:YFLWyvn5
もう飽きたな。次スレは【二階堂黎人はすでに終焉】でお願いしたい。

551 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 22:49:06 ID:QeiqGqO7
つか、立てなくて良いよ。トイレもこのスレも存在価値ないし。

552 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 23:02:18 ID:F/hux7u4
いや、まだまだ踊るはず

553 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 23:08:09 ID:yKYjMMeE
トイレって呼び方、最初は反対ばっかりだったけど、最近、少し増えてきたね。
クソみたいな男だからトイレがぴったりか

554 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 23:10:59 ID:R3/o9aiu
やめれ
うっかり呼んじゃう人が出たらどうする

555 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 23:26:12 ID:LT1C38C2
先生ったら、気がついたらこのスレで襲われちゃってたみたいよw

【第2幕】書き込みの途中で襲われちゃっ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1159824912/

556 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 23:28:59 ID:F1zBn6J+
北がヤケクソで核実験しちゃって、いよいよ孤立、

というニュースを見ていたら、デジャヴに襲われました。

557 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 18:11:55 ID:+Ip3lNBh
>>556
髪の薄さもね

558 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 20:02:22 ID:YsDv7fL/
>>556
じゃあ今着々と彼に対する制裁の準備が始められているわけですね?w

559 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 20:55:00 ID:dvoeaQpi
二階堂の文章に核並みの影響力があれば
こうはなってない

560 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 20:58:57 ID:iT8VVQhs
アマゾンの『マンアライヴ』のページに、
二階堂氏(と思われかねない人物)がレビューを寄稿。
もちろん五つ星。

561 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 07:36:16 ID:4bIiA0LO
最近、書き込み少ない
なんかもうネタとしても飽きられた感じだね

562 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 09:15:08 ID:4mhOduXO
ミステリマガジンの来月号に何か書いたらしいな
もう読む気にもならんw

563 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 10:17:01 ID:zVFiq6/S
大御所じゃないし、多作じゃないし、見た目も発言もキモい。
普通に考えたら、話題になるような人でもないんだよなw

564 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 13:03:36 ID:czcjFszI
とりあえず東京創元社のカー特集執筆者から禿人除外キボンヌ

565 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 13:58:24 ID:Wg6IGB+d
良くて来週。最悪は11月かなー。
早くダブセ振りたいよ三吉ー

566 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 14:01:22 ID:Wg6IGB+d
忘れて

567 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 15:30:22 ID:k69gXkdW
既出なんだろうけど天城スレ読んでたらこんなレス見つけて、禿人は屑だということを再認識した

67 :名無しのオプ :04/05/30 12:48 ID:fE/EhzhK
えっ? 日下タンって女性じゃなかったの???? 
それはともかく、禿のズウズウしさがよく現われているエピソードを一つ(禿日記5/16より)

>そこへ、何やら本をかかえた日下三蔵氏が颯爽と登場。私を見つけて、「二階堂さん! 例の本、持ってきましたよ!」
>と差し出されたのは、おお! 『天城一の密室犯罪学教程』ではないか!
>「え、いいんですか! 出たら、読みたいと思っていたんですよ!」と、さっそく受け取る私。しかも、何を考えたか、
>この私は、「悪いですね、こんな高い本をいただいてしまって!」などと図々しいことを言い出す。というのも、「あ
>あ、さっき買わなくて良かった。得した〜!」という考えが頭をよぎったからである。
> 日下三蔵氏は私の勘違いにちょっと困ったような顔。本当は、みんなにその本を見せようと思って持ってきただけな
>のだが、しかし、そこは太っ腹な日下三蔵氏。「ははは。じゃあ、みんなに見せてからなら差し上げます。そのかわり、
>大いに宣伝してくださいね!」と、快く譲ってくださったのだった。

568 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 16:36:25 ID:WGw5ZdxX
帽子のブログが自分に対する評判をいちいちチェックしててきもいな

569 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 18:08:53 ID:90MfBuW0
ヒント;帽子自身がキモイ

570 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 19:00:16 ID:p7VPw4nh
燃料投下まで12日か・・

571 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 19:33:09 ID:czcjFszI
>>567
禿人流エフェクトだゲドババア!!!

572 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 19:59:20 ID:mz7GwNZs
>>567
>ああ、さっき買わなくて良かった。得した〜!

あつかましい・・・・

573 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 20:31:40 ID:QoDXrGeG
まったく幸せもんですよ

574 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 21:02:41 ID:p7VPw4nh
その幸せも・・・もう終わりだ

575 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 22:27:50 ID:p7VPw4nh
《本格無理解者》巽昌章『論理の蜘蛛の巣の中で』酷評マダー?( ・Д・)っ/凵⌒☆チンチンチンチンチンチンチンチン


576 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 16:45:40 ID:ywMX0668
あげてみる

577 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 16:59:18 ID:+WWNupLu
校正更新
妄想狂先生大人しいな、鬱病悪化?
ツマンネw

578 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 18:37:50 ID:bXeyiuNn
【ゲドババア戦記】二階堂黎人14【完結!】

579 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 02:30:30 ID:J9T4qU9n
鮎川賞パーティーで
乱歩賞の鏑木蓮氏を引き連れていたな。
鏑木氏は遠慮がちな笑いを浮かべながら
あちこち引っ張り回されていて可哀想だった。

580 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 07:55:35 ID:taYHL/5Y
>579
 確かに日誌の写真見ると鏑木さんと写っているのが多いな。
 でも、おれに鏑木さんを紹介してくれたのは黎人ではなかった。 
 誰だったか覚えていないほど酔っていたから、解放されたあとだったのかな。

581 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 08:42:21 ID:QWVrp+Nj
解放って、人質だねまさにww

582 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 11:57:00 ID:lo3XgUk5
冷凍の作品、今年のこのミスで入りそうなのある?

583 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 12:56:15 ID:DAf5j/Tv
空前絶後じゃないから無い

584 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 14:36:03 ID:8qxZQCFA
 二回奴隷徒 鮎川商受賞作へのコメント(更正日誌より)


>堅実で上質な(情報)サスペンス作品。
・・・・・
>謎解き小説としては――あくまでも、鮎川賞受賞作としては――
>ちょっと物足りなかったかな。

 審査委員が、島田、笠井、山田ということもあってか、批判は控えめ。

 

585 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 14:46:37 ID:VF+9nSAz
サスペンス作品は読むなよ、二階堂
「本格しか興味ない」って広言するなら、何で読むんだ?
池沼か?(勿論そうなんだがw)
「読まなくてもわかる」特殊能力(爆笑)があるんだからわかるだろ?

586 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 16:12:36 ID:DgAYPeto
>>584
まあ、ヴェサリウスの評価に関してはおおむね二階堂に同意だ。

しかし言行一致せんやつだな。本格じゃないなら噛みつけよ。
「本ミス大賞」とちがって、おまえさんも佳作とった愛着ある賞だろ?

587 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 16:26:02 ID:UkRCf4Sm
本格の定義である二階堂先生には、ミステリ作品を本格か否かで判定してほしい。
「これは面白いミステリであるが、本格ではない。」となんでも斬ってくれ

588 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 16:30:12 ID:VF+9nSAz
うむ
それなら言行一致する罠www

589 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 17:04:07 ID:wiZ64UN6
だいたい、本格しか認めないのに、
なんで乱歩は好きなんだよ。

590 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 18:55:50 ID:Ka8W6Btb
>>589
この人が本当に好きなのはトリックやロジック等の核の部分ではなく、館・名探偵・殺人鬼・血筋の因縁・怪奇現象といったガジェットの部分じゃないかな?
(本人がどの程度自覚してるのかはよく分からないけど)
だから日常の謎や社会派寄りの本格は嫌いなんでしょう。

そういったガジェットばかりを詰め込んだ本格もあってもいいと思うし、個人的には嫌いじゃない。
問題は、そういうものこそが本格の本質で王道だと誤解している事なんだよな。

しかもその価値観を他人に押し付けまくって誹謗してまわるから性質が悪い。


俺は吸血の家と人狼城は割と好きで、シリーズ十部作完結編も気になっているから干される前にさっさと完結させてほしいww

591 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 19:19:03 ID:Ka0KAs5t
>>587
それ豊崎並にウザいな

592 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 19:20:05 ID:PdGtkfiR
>>590
ガジェットが好きってのはそうだろうな。
正確に言うと、自分が子供の頃に愛したSFや文学やマンガやミステリに出てきたような、
古き良き時代のガジェットが好きなんだろうと思う。

電子頭脳 に コンピューター ってルビふるとか今の時代じゃありえないけど、昔のSFは
そんな感じだったのかもなってのはなんとなく感じる。

この人はつまり「新古典本格」だったんだろう。一応新本格の一派に数えられてるけど、別物。
でも自分がそういう人間だってことは知らずに、現代本格の一派だと思ってるから、
そりゃあ他と認識が違っても、文句タレ流しても当然。
だって感性が古い&幼いんだものw

593 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 20:06:36 ID:wiZ64UN6
「古き良き本格」とその「劣化再生産」は、 違 う ん だ ぜ 。

594 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 22:25:44 ID:VdugBpA5
すでに似ても似つかぬものに変化していると思う。

595 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 11:19:06 ID:Iap8emCZ
それが禿人クオリティ。

596 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 12:44:20 ID:MkN9ezWQ
来 月
他 の 作 家 も 巻 き 込 ん で
二 階 堂 大 反 撃 開 始

597 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 19:23:31 ID:ZlSLnjDt
組長キタ――(・∀・)――!

598 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 19:55:40 ID:eC0IZCbh
ドコニキタ?

599 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 21:10:19 ID:ZlSLnjDt
ttp://www.green.dti.ne.jp/ed-fuji/today.html

600 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 22:44:01 ID:5iaNeJ9V
うーむ。巽恐るべし。

601 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 22:10:43 ID:qS77AIZu
大森日記より

>というわけで、鮎川哲也賞の季節が巡ってきました。
>なんといっても話題は(いまもなお!)『容疑者X』問題なので
>あちこちに取材してたらいろんな人にたしなめられたり怒られたり嫌味を言われたりしたが、
>二階堂さんに蔓葉くんを紹介できたのでよしとしよう。
>いや、「邪悪な目論見」なんか全然なくて、「和やかに意見交換がなされ」るだろうと(過去の例から)確信してましたとも。

>ところで二階堂さんが上の恒星日誌で書いてる「本格評論の終焉」を読みながら、
>この文体と論法はなにかに似てるなあとずっと思っていたのだが、はたと思い当たった。
>「梅原克文のサイファイ宣言」。X論争における二階堂さんの立ち位置は、
>SFクズ論争における梅原さんの立ち位置に近いのではないか(いや、あのときの梅原さんよりはずっとインサイダーなわけですが)。
>だったら……とさらに考えはじめたら怖くなったのでやめました。

やっぱこの人邪悪だわw

602 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 22:44:57 ID:Ow4h/mWw
>>601
それって「邪悪キャラ」として笑って済ませられる話じゃないよ
議論になったかもしれないものを、自分がネタにするためだけに当事者を引き合わせて潰したともいえる
二階堂がパーティで論敵に会って「なあなあ」で済ませるようなことを、
まるで関係のない外野がネタのためだけに仕組んだわけだ

大森みたいなダニこそ死ぬべきなんだがな

603 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 23:59:06 ID:gpHqhacJ
大森はミステリ業界に居て欲しくはないな
SFとラノベ業界から出てくんな

604 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 00:04:36 ID:UbnkWOKV
豊崎もイラネ

605 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 00:19:11 ID:TqPmy4+K
でも俺、大森がおもしろがるような変なミステリって好きで、
趣味がかぶるんだよな

606 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 00:26:51 ID:i0pimg1H
なーんだ、みんななんだかんだいっても、二階堂スキなんだね。
ほっ。
良かった良かった。

607 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 00:31:21 ID:UbnkWOKV
それとこれとは話が(ry

608 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 01:26:27 ID:eRWLKCQ+
ミステリ業界がさびれたら大森も豊崎もいなくなるよ。流行りものに便乗してるだけだから
あんだけ新本格だの流水だの言ってた大森はどこにいったんだろうな

609 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 01:43:18 ID:xE4IWeoI
なあにその時々の流行に食いつくだけですよ。

610 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 01:49:00 ID:IUuCEFk9
>>608
じゃ、次はどこに行くんだろう?
この二人、最強のサゲチン、サゲマンコンビだから、今後も楽しみだ。

611 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 03:15:07 ID:eRWLKCQ+
ラノベはもう衰えてきてる。大森は大御所面してSFに戻ると予想
豊崎はブンガクはこんなにすごいざんすよってジャンル小説読者をバカにしつづけて嫌われるだけの末路

612 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 03:47:31 ID:7T0k339p
>>610
大森=サゲチンというのは上手い例えだなぁ。
しかしだとすると、グレッグイーガンがいかに凄いかわかるなw

613 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 06:14:34 ID:ukX1l+At
それでも禿はイヤだ。

614 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 06:51:15 ID:+6de9foD
俺も禿はイヤ

615 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 07:26:28 ID:lRmdX+U5
少なくとも二階堂には本格に対する愛が感じられるが
大森や豊崎にとっては飯の種に過ぎず野次馬根性しかないということか

616 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 07:28:11 ID:pIqjJ770
>二階堂には本格に対する愛
!?

617 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 07:32:10 ID:OqAKRNVR
誤解を恐れずに言うと、小説の中でそんなにミステリーって好きじゃないんですよ。
世界文学全集とか日本文学全集に入っている主流文学を読んでいる方が、ずっと好きなんです。

618 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 08:07:48 ID:lRmdX+U5
>>617
あ、それを忘れてたなw

619 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 08:45:38 ID:MlJmyPIm
結論 : 大先生にとってもただの飯の種

620 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 11:13:20 ID:GVzXHT4C
しかし、改めて見ると「主流文学」ってのも大雑把すぎる表現だなあ。
「主流ミステリー」が好きなんです、っていうのと同じだよな。

621 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 11:25:41 ID:TuLUVA5c
しかし、>>617を読むと
二階堂氏はもう少し誤解を恐れるべきだったなw
この発言がなければ、歪んだ本格愛とか本格偏愛とか
本格ミステリのために、そんな形でフォローしてもらえらだろうに。

622 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 13:08:04 ID:Dgt3kKiH
>>617
愛すらない作家が、評論家たちや他の作家たちに愛を説く不条理

623 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 14:40:48 ID:Dgt3kKiH
大森日記 ttp://www.ltokyo.com/ohmori/

>二階堂さんに蔓葉くんを紹介できたのでよしとしよう。
> いや、「邪悪な目論見」なんか全然なくて、「和やかに意見交換がなされ」るだろうと
>(過去の例から)確信してましたとも。

「(過去の例から)」ww 文春の対茶木謝罪ヘタレ対応のことか

624 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 18:05:11 ID:lRmdX+U5
しかしそれが当たり前じゃねえか
リアルでも言い争ってた方が痛いと思うが

625 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 18:31:45 ID:czd7onq1
まあ、和やかなら和やかで「馴れ合いキモい」とか言い出すやつがいるからな。
どっちにしても、会ったときの態度までいちいち文句つけないほうが吉。

626 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 19:24:46 ID:cXho0zNx
↓確かに梅原発言に激似・・・って思ったら梅原が批判してる旧SF関係者とやらの発言だった
「この小説には、SF的小道具やSF的設定が出てくるが、SFマインドが感じられないから、
SFとは認められない」

村社会の人は大抵同じ発言をするんだねw

627 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 21:17:15 ID:ukX1l+At
愛っていうか、ストーカーだね。

628 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 22:44:45 ID:VvnePliw
すいません、産業ロックの定義を教えてください

629 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 22:47:24 ID:u6mPPG9X
大盛のやりかた。
二階堂が怒りだしていたら、それをネタに何か書いただろう。
すんなりかわしたら、そうすると思ってたんだよと嘲笑。
だったら会わせんなよ、ばーか。

630 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 08:16:00 ID:6lXN9t9e
馬鹿を踊らせてそれを嘲笑おうって魂胆か。
一番の悪人というか人非人かもしれんな。

631 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 10:25:17 ID:4sNNy+6H
禿は一番の悪人or人非人に踊らされた間抜けな子羊ですかそうですかw

632 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 11:09:59 ID:zBgpVnKY
>>631
羊だとしたらもう毛が取れない

633 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 18:20:26 ID:sANUOuqo
講演行く人おる?

634 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 18:40:59 ID:DYCDBImU
禿人が「(本格)ミステリーが分からない」ってテーマでやればいいのに

635 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 19:54:47 ID:4cG221ZJ
てか、タイトルがあれなのに、霞氏はともかく、「ミステリーがわからない」人と
本格無理解者の黒田先生でどうするというのか。

636 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 20:20:38 ID:xUjg719n
>>633
どこ?早大?

637 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 20:56:45 ID:sANUOuqo
>>636
国立リバプール。
詳細は禿人のサイトか会場のサイトでチェックしてみて。

禿人にサイン求めたら、「あなたは本格理解者ですか?無理解者ですか?」
って聞かれそうw

638 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 20:58:23 ID:BL+uUJ3G
誰か
「”本格無理解者様”とサインしてクレクレ」
と言ってやってクレクレw

639 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 21:02:38 ID:DYCDBImU
一番の問題は禿人の本を一冊も持ってないことだな

640 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 21:07:35 ID:sANUOuqo
大丈夫、会場で販売するからw

641 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 21:07:35 ID:ZmpbJ2Wz
「本格ミステリーの愉しみ方」って、例によって、
カーのあれとクイーンのこれと、乱歩のあのへんを読んでないと、
お前ら素人の読者に、俺の作品の良さなんか解らないぜゲドババアア!
とかいう内容なんだろ。

642 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 21:16:14 ID:UdWi3z38
あと「奇岩城」もなw

643 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 00:15:22 ID:P/lsJLd9
ゲドババァと叫んでくださいとお願いしてくれ

644 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 21:12:04 ID:CZdtLnHG
>>639
容疑者Xを持ってけ

645 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 21:48:48 ID:ByuYntlc
巽の本も良いなw

646 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 22:00:53 ID:fRFlIqcc
それよりも今日の森博嗣のブログ読んでみ。
明らかに誰かに対する嫌味だから!!

647 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 22:09:42 ID:WZWT5sgK
森のブログ読むくらいなら禿人の作品読むほうがまだマシというものですよ

648 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 00:09:52 ID:XSUEyRXN
というか、森は自分が本格だと思ってたの?w

649 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 00:30:59 ID:GAawwd08
>>648
本格のことじゃなくて、髪の毛の計算について書いてるw

650 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 00:37:05 ID:ydabaclH
森ブログって検索しても引っ掛からなくない? 見つからねえ・・・

651 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 01:03:29 ID:GAawwd08
>>650
これで検索したら一件目に出てくる
ttp://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=SJIS&oe=SJIS&num=100&q=%90X%94%8E%8Ek%81%40%83u%83%8D%83O

652 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 16:48:13 ID:wBWs+ya4
だっせーポスターだな おい

653 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 17:46:40 ID:JTfQdCOB
最近禿人先生大人しいな。恒星日誌も当たり障りのない記事ばっかりだし。
そろそろ喝入れるために、本格ミステリ界をまた盛り上げてほしいよ。お得意の自爆テロでw

654 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 18:11:43 ID:fE8do9Cr
>本格ミステリーの愉しみ方
本格無理解者のはずの黒田に本格を語らせていいのか禿人。
それとも黒田はゲスト視聴者?w

これで浅暮・霞とケンカしてくれねーかな。
そして黒田が2人の方について3対1。

655 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 01:16:59 ID:k4lcKPNv
そんなことより、この顔ぶれなのがマジわからん。
本格ミステリーをアピールするイベントだったら
有栖川でも綾辻でも引っ張り込めばいいだろうに。

656 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 01:59:39 ID:vilOD4Hw
そこがトイレの卑怯なとこ

657 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 02:46:52 ID:nXVTs+GB
自分で有栖川や綾辻より格が下ってわかってっからだろう。

658 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 05:51:55 ID:9Uc3i7kQ
協会賞作家の浅暮を格下に見てるのかw

659 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 07:27:30 ID:7xHNPAVW
単に主催者が関西から二大スターを呼ぶ交通費が出せないだけでは?

660 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 11:30:44 ID:bfYYKwha
>>657
そのメンバーの中で一番将来性が無いのは禿人なんだがなw

661 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 11:33:43 ID:zHILSO6h
>>659
小物でよければ巽とかw

662 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 12:01:33 ID:IMXtu9bK
>>661
大物だろうが小物だろうが、交通費はいっしょだってww
ちなみに巽は俺の脳内では偉人

663 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 23:01:04 ID:n5+uOGoY
漏れも巽は偉人だと思う。禿とは段違い平行棒だ。

664 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 23:45:27 ID:11a6kUO+
誠実な仕事ぶりなら巽が一番だろうなぁ

665 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 03:36:23 ID:PVodrNM4
>>663
禿人は勘違い閉口坊だ

666 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 17:01:21 ID:xZTLNGQO
つうか、巽には小説を書いてほしい。
読んだことのある「埋もれた悪意」に
「閉ざされた庭で」、「夜の顔」、どれも傑作だった。

667 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 18:20:31 ID:SnjpgTV/
>>666
禿の小説より面白かった?

668 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 19:17:25 ID:biT7S0XK
666ではないが、正直な話、
巽と二階堂では才能がちがうよ
ミステリへの理解度がちがうぞ

669 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 20:16:14 ID:7eXwaBS3
校正しない恒星日誌より抜粋。

>途中、書店で、鮎川哲也『二つの標的』(出版芸術社)、忠津洋子『お金ためます!』(さわらび本工房)を収容。

禿人先生、業界干されて遂に生活費に困り始めたんでしょうか?www

670 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 22:48:44 ID:4jGL5ZY8
禿人、三津田信三を仲間に引き入れたがっているような・・・

671 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 23:26:02 ID:SJ4dVi3L
でも三津田は元々ホラー作家だからな…
ミステリメインなのは今年だけかもしれないし禿人とは畑が違う気が

672 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 23:41:52 ID:2ygQPn32
ホラー畑の編集者で、ホラー色の濃すぎる本格ミステリを書く三津田
ゲドババァな本格ミステリしか書けない禿人

673 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 11:01:46 ID:2vINzjrb
そろそろHMM出るんだよね

単行本1、雑誌6、その他2(うち一つは新聞連載)
探小研HPを見ると、一番売れてるのは意外にも帽子かww
ミステリ絡みのはHMMだけだが

674 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 16:06:36 ID:xul2WEul
HMM買ってきた
「笠井は評論家だけではなく作家も批判すべきだといっているが、私がやりたいのは評論家批判である」
「前に「X」は倒叙だと書いたけどあれ撤回。「X」は倒叙じゃなかった。倒叙だと言ってる無理解評論家は倒叙の定義を示しなさい」
禿人の主張はこんなの。あいもかわらずの池沼っぷりです。

675 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 18:13:06 ID:zlBjS4BL
>>675
巽昌章あたりに、「禿人論に従えば笠井も批判の対象になるが、何故笠井は批判しないのか」って
禿人に正論ぶつけてもらいたいなw
口先三寸ならばまだ言い逃れの余地はあるが、そもそも禿人が主張する定義に従えば、笠井も批判の対象なのだから、
定義と発言を照らし合わせれば一目瞭然。巽にはこれからも頑張ってもらいたいね。

あ、巽に頑張ってもらいたいのは本業の評論や、小説の話ね。巽に、貴重な時間を禿人問題に割いてもらいたくないからw

676 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 18:25:52 ID:JZcX1cVY
その笠井もHMMで禿をボコっていた罠

677 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 20:22:39 ID:1IfSTu8Y
>論創海外ミステリ20『中村美与子探偵小説選』論創社
゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハハハノヽノヽノヽノ\ / \

読み返せよw

678 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 20:50:59 ID:p29VXlTM
禿もそうだけど、笠井もあの文章はなぁ……。

679 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 00:14:48 ID:I8F2guLR
笠井はトカゲで、禿はトカゲの尻尾。最後には切られるw

680 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 07:07:36 ID:wx9IpBr5
禿人は言ってることがマンネリだし、池沼なのはもうみんなわかってるからどうでもいい
笠井の火病のほうがずっとひどいよ。あんなのは正当化と自己矛盾だらけのアジ演説だ
悪口の冴えまでなくなってきたのがいちばん悲しい

681 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 09:25:57 ID:WMZPUDBM
禿と笠井があんなだからか、本格ミステリマスターズが止まったままなんだよな。
どっちか、あるいはどちらも消えて、とっとと再開して欲しい。

682 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 10:30:57 ID:RUVND5Vg
>>677
ミヨーコ・ナカムーラはどこの国の人ですか?

683 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 11:15:58 ID:GJv7iuqz
巽の新刊を読んで感動した。
そりゃ寝言しか言えない禿人が勝てる相手じゃね0よ。

684 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 12:32:59 ID:1Gg+YV/u
笠井が有栖川と北村に怒ってたのにはワロタ

685 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 12:44:31 ID:wx9IpBr5
禿人と笠井がそれぞれに孤立してるのが現状。禿人はもうどうでもいいとして笠井がうっとおしいな

笠井の反駁は口汚いだけでことごとくおかしい
自分の価値観を正義だと決めつけて押しつける発想しかできないから話がまるで噛み合わなくて説得力も皆無
他人が笠井の問題意識を同じ形で共有するすじあいはないし、コメンテーターが御大層な評論家より下だという決めつけにも根拠はない
評論を政治に利用しているといわれて否定した直後に政治の話を始めてるのには笑ったよw

686 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 13:00:12 ID:IFFBWEks
>>685
全面否定というわけではないが、俺も笠井論には違和感を多々感じる
探偵小説の精神をああいうもの(笠井の言う二十世紀精神)しかないと決め付けるのは
二階堂の言う「本格愛」とか昔のSFマニアの言う「SFマインド」より少しマシな程度の、
同じくらい窮屈なドグマだと思う
笠井論の中でうなずけるのは、まあ二階堂批判のところぐらいかな

二階堂が評論家を作家の下僕と見なしてるのは笠井の言う通りだが
二階堂がそう思い込んでもしょうがないくらい
評論家は文庫解説でよいしょばっかりやってる提灯持ちぞろいだ
かと言って提灯持ちをしない奴が偉いかというと
トヨザキのように悪態が売りの乱暴で下品な奴もいる 極端過ぎる
二階堂の批評眼ランキング上位の日下は評論家というより研究家・アンソロジストだからちょっと違うタイプだし

やっぱり頼みの綱は巽だな 今まで巽の単著が出なかったのがそもそも遅過ぎる

687 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 13:09:35 ID:RUVND5Vg
あと>>680
>悪口の冴えまでなくなってきたのがいちばん悲しい

そう 以前はもっと気の利いた嫌味を書けるやつだった気がする
今度のは>>685が言うとおり、口汚いだけで、読んでて「勘弁してくれ」と思う
笠井は小説は割と好きなんだけどな。残念だし淋しい。がっかりだ。

688 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 17:47:14 ID:zL8zsokB
笠井は、きのこを誉めた理由を教えてくらさい

689 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 19:26:35 ID:WMZPUDBM
笠井の小説は俺も好きだが、探偵小説評論の第一人者みたいな顔してきた割には、
サマーアポカリプス以後に傑作と言えるほどのものが出てないよね。

評論なんか信用第一なんだし、作家もやってるなら偉そうにする前に
まずは良い作品を出すべきだと思うが。
そうじゃないと、評論なんか意味ないって自分で証明してるように見える。

690 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 23:29:52 ID:40N5OiYG
実作者が評論始めると駄目になるってよく言うが
笠井はそれを見事なまでに体現しているな。

691 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 23:40:53 ID:MmtG4pKm
お前ら禿人のこと少しは思い出してくださいw

692 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 23:55:12 ID:mwlo7bTJ
禿人は星になってミステリ界を小さくピカピカと照らしているよ。

あ、いや、頭が光ってるとかそういうことじゃなくて!

693 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 03:00:31 ID:yjQhlFXy
>>690
つか笠井のデビューはむしろ評論だろ
ミステリ評論てことなら話は違うが

694 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 06:02:19 ID:jXJIHc6Y
HMM読んだけど相も変らぬ調子で、もう禿のことは無視して良いね。

695 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 07:57:58 ID:2BEdF5/D
笠井スレ落ちたか?

696 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 08:03:50 ID:nztkZdn6
997で落ちた。

697 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 08:37:52 ID:0k0Zc3ty
>>694
禿は「首尾一貫して無茶苦茶」という難業を一年やり通したわけですね

698 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 13:58:41 ID:Aq7o7EjK
マガジン立ち読みしてきた
二階堂の「わたしは作家は批判しない」宣言も間抜けだが
笠井の有栖川・北村批判の一方的さ加減はもっと間抜けだなぁ
みんなに不愉快な思いを味合わせる無益な老害と中年害は一掃汁!

699 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 15:01:42 ID:AHwDdfGs
だって評論家って作家に不愉快を与えるのが仕事でしょ?w

700 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 16:11:41 ID:Aq7o7EjK
啓示板復活キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

>前の掲示板の色が思い出せません。
>こんな色でしたっけ?

( ゚д゚)ポカーン



701 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 16:21:25 ID:hlnrgm01
猪苗代マジックの表紙の女は誰だ?

702 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 18:54:44 ID:TQOymgdE
あれ男じゃないの?
探偵だろ?

703 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 19:35:15 ID:UZ1/5GZp
>>700
今後の掲示板の展開予想。

掲示板フカーツ→粘着厨がまた湧く→怒りのあまり数センチ額が後退→三度閉鎖

アレクセイと邪無の二大キティ、書き込み幻戯に降臨キボンヌw

704 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 21:15:12 ID:eQpakWrp
>>693
素人時代は知らないが、「バイバイ、エンジェル」発表が1979年で、
評論の雑誌連載開始は1980年だから、プロとしての最初の仕事は小説だと思うよ。

705 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 21:29:53 ID:jXJIHc6Y
誹謗中傷はいかん、と言うが禿のやってきたことは誹謗中傷じゃないか。


706 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 21:36:52 ID:Aq7o7EjK
バウチャー『タイムマシンの殺人』は二階堂必読だなw 収録作品に

「書評家を殺せ」

707 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 23:18:13 ID:xoWWzC5h
>>704
いや、690が言ったのは政治評論とかのことだろ。
プロとしての最初の仕事は革命家だった訳だからw

708 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 00:06:23 ID:KekGUb8T
これみろよ。もろ捏造だぜ
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=-oi7cDsK1L4

709 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 11:58:59 ID:0r8xsNDT
>>698
有栖川・北村批判?
なんじゃそりゃ?

710 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 12:35:40 ID:Wx/jIfVC
本格鼎談「『容疑者Xの献身』を読んだ男──二階堂禿人の悲劇」

禿「有栖川さん、北村さん、君達はボクの同志じゃないか! 何故本格の伝統を守るボクを批判するんだゲドババア!」
アリス「二階堂さんのX非本格論なんて的外れとしか思えませんよ」
会長「二階堂君? 誰ですか、それは。私はそんな人知りませんよ」
巽「ほら、東野さんの容疑者Xの献身は非本格ってメチャクチャな主張してる人ですよ」
笠井「まったく、二階堂君の愚行ぶりには目に余るよ。哲学的にダメだね。そもそも本格推理は既に第三の波が終焉(ry」
大森「岩松さんと蔓葉君連れてきてあげたよ、二階堂さん。茶木さんも呼ぶ?(邪笑」

711 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 13:11:37 ID:NtORo9TL
>>709
聞く前に読んでこいよw

712 :706:2006/10/28(土) 15:07:55 ID:WddoMIZr
>>710
大森悪っ!!ww

713 :712:2006/10/28(土) 15:08:47 ID:WddoMIZr
ごめん>>706 俺は706じゃないです

714 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 15:54:10 ID:Wx/jIfVC
第二回本格鼎談「容疑者・二階堂禿人」

禿「そもそも、容疑者Xの献身が本格ミステリ大賞なのはおかしい! ボクの魔術王事件の方がふさわしいんだガルルルルゥ!」
帽子「二階堂さんのX非本格論は、単なる嫉妬にしか思えませんね」
蔓葉「何故二階堂さんが笠井潔特別会員を批判せず、我々若手を批判するのか理解できません。老害中年には引っ込んで頂きたいですね」
茶木「二階堂さん? 彼みたいな小人物は初めて見ましたよ。人を批判しておいて、メールでこっそり謝罪するなんて、大した恥知らずですね」
大森「盛り上がってきたね、二階堂さん。探小研の本格無理解者は、杉江さんと佳多山さん、鷹城さん、円堂さんも呼んであげるから、楽しくやろうね」

715 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 15:55:45 ID:VrjbVjso
鼎談じゃない。

716 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 17:19:42 ID:4yWlIWS8
>>715

鼎談=三人が向かい合って話をすること?

717 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 17:47:46 ID:i1RplR6Q
俺もマガジン立ち読みした。
二階堂と笠井のおかしな所が凝縮されている様な酷い文章。
まず二階堂だが、よせば良いのに今度は倒序について偏狭な「俺様定義」を
持ち出しているのが笑った。私見では倒序なんて「犯人が最初から明らかな
こと」くらいのもので「犯行の過程を全て明らかにしなければならない」な
んて初めて聞いたぞ。途中のプロセスを敢えて隠すことでサプライズを狙う
ことはミステリの幅を広げる上で有効なことで、佳多山の言い分の方が遥か
に正論だと思う。本格定義の問題といいこれはもう二階堂独特の発想で直ら
ないだろうね。

笠井について言えば論として一般的賛同が得られているとは思えない「大量
死論」を確立した前提(常識)として議論を進めているのが全くもっておか
しい。これは前々から思っていたんだけれど、「大量死論」って面白い仮説
だけれど、穴だらけで論として皆を納得させるまでには到底いかないと思う。
こんなものを土台として議論してもすればする程、ズレて行くだけということ
に気付いて欲しい。

718 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 18:03:48 ID:VpsCkr2Z
>>717
笠井には「大量死論」がトンデモだという自覚がなく、子飼いの評論家たちも支持してると思い込んでた
今になってそうじゃなかったことがわかって火病を起こしてる
自分の考え(決めつけ)に沿わない相手には、おまえは間違っている、ゲスであると悪口を浴びせることしかできない人だよ
能力のある人ならもっとましな論を立てるなり「大量死論」みたいなトンデモ論を撤回したりするんだろうが

719 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 18:32:16 ID:2G2Yn2om
校正日誌更新
『6とん』を春香に下回る『犬坊里美の冒険』の駄トリックを誉めるとは
さすがは権威に気配りとおべっかのヒト二階堂ここに在り、だな(笑)

720 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 18:48:35 ID:LFbSVMQs
いや重要なのはそこじゃなくて、島荘が恒星日誌なんか見てないだろうなってことだろ。

そう考えると、禿は誰に対しおべっかを使っているのか?
禿が考え出した中で一番魅力的な謎だw

721 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 18:50:14 ID:bPOmVKcJ
禿人はミステリ業界に関わるすべての人たちが禿日記を愛読していると思っているのだろう

722 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 19:18:53 ID:pBZu2g5j
禿ってほんとに馬鹿だなあと感じた。
「倒叙」の欠点(=犯人のトリックが読者にわかってしまう)を解決する「X]で使われた手法はすでにクロフツが「フレンチ警視」他で創出したもの。
これを「倒叙」の定義は反するって? この発想からは何の発展も出てこない。禿得意の「定義議論」はあらゆる可能性を殺すものだということが今回のHMMで如実にあらわれているね。

723 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 19:19:17 ID:W4dSzQ6V
>>718
よく大量死論がトンデモって言われるけど、そこまでトンデモか?
>>717が言うように、穴はたくさんあるが根本のアイデアは面白いと思うんだが。
今まで、その根本を批判した人っている?


724 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 19:55:23 ID:KsBBIQvu
えーっと、本格の隆盛と時を同じくして、いわゆるパルプマガジンに発表された
膨大なスリラーやホラーで大量生産された、祝福もされなければ意味もない死体の
説明がつかないということでは駄目なの?

それと、「大量死」の時代を受けて本格推理を書き始めた英米の作家たちと
戦争や飢餓はおろか、金銭苦も体験したことのなさそうな新本格世代を
「大量死の裏返しであるブロイラーのような大量生」を体験したものとして
重ね合わせるのが根本的にムチャだというのでは、まだ足りない?

あと、SFがブームのときにはSF評論を書き、創作にも手を染め、
ライトノベルが流行り出したとたん、21世紀の全く新しい文学だとか
言って飛びついただけでなく「限界小説研究会」を作るような人が
新本格の勃興と期を一にして発表したような理論は、どう考えても
信用できないというというのでも、やっばり支持する?

・・・弱ったね。

725 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:14:17 ID:VpsCkr2Z
>>723
だいたい>>724と同じ見解なんだが、
「穴はたくさんあるが根本のアイデアは面白い」程度のものを持ち出して、それが当然の常識だという認識を押しつけて、
それに与しない人たちに罵声を浴びせるのはどうかとおもうよ。
この論には穴が多すぎるし、笠井はそこを指摘した論者(吉野仁など)には応じずに逃げまわってた。こういうところは二階堂と大差ない。
笠井と支持者の基盤は「笠井は大きなテーマを扱った。文句があるのなら対論を持ってこい」という主張だよね。
同じところに着目した対論があろうがなかろうがトンデモはトンデモ。ここに笠井の欺瞞、政治屋としての汚さがある。

726 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:15:57 ID:1n9bgNYC
 笠井の「大量死が本格探偵小説(の精神)を生み出した」は、仮説としては面白いと思う。
ただし、あくまでも「仮説」は「仮説」なんだよね。それに反した例が出てくれば、
仮説を引っ込めるしかないんだと思う。それを、事例の方がダメだというのでは、
どう批判されても仕方が無い。


 一方、二階堂の方は、お粗末にも程があるとしか言いようがない。

 不思議なのは、二階堂はあれほどの乱歩好きなのに、「心理試験」を
倒叙の例として挙げていないこと。

727 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:23:36 ID:VpsCkr2Z
二階堂という度を超した池沼がいたせいで陰に隠れがちだっただけだよ
あんな池沼はもう一切考慮しなくていい。素性がばれたから影響力もない
いまきちんと批判すべきは笠井という薄汚い政治屋だ
二階堂は自分なりの本格愛(けっきょく自己愛だが)で発言してるが笠井はミステリーを利用して政治力を持ちたいだけ
小狡いだけで笠井のほうがずっと中身は悪質だよ

728 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:18:11 ID:jliIdMoO
>>724
その辺は確かにアレだが、一から十まで否定するのはどうかね。
大量死理論みたいな話は、虚無への供物に出てくるし、
坂口安吾のエッセイにもそういう話は見られる。

ミステリ史全体に広げすぎという批判は大いに同感だが、
あれを使わないと理解できない作品もあるだろう。
ハナから全てを否定したら、見えなくなるものもあるんじゃないのかね。

729 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:23:52 ID:VpsCkr2Z
>>728
だからさ、100%使えない理論だとは言ってないよ。1%ぐらいは適用できる作家もいるだろう。それは認めよう。
それがミステリ史全体に通用するかのように嘘とごまかしを続けて(ここでトンデモ化する)
当然の常識だという認識を押しつけて、 それに与しない人たちに罵声を浴びせ、穴を指摘されたら答えずに逃げる。
笠井のこういう詐欺的手口は批判されてしかるべきじゃないの?

730 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:27:13 ID:YsaRpRg7
まあ二階堂も笠井も悪文家だ罠
無神経で粗雑な文章と、難しぶった気取りで何言ってんのか解らん文章というちがいはあるがw

731 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:32:45 ID:jliIdMoO
>>729
その辺は同意。大量死理論全否定じゃなければそれでいいよ。

まぁ、悪口芸は笠井の持ち味だし、それで飯食ってる人だから、
生半可な批判じゃ、笠井はビクともしないと思うけどね。

732 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:50:17 ID:m3yR8SoI
でもあの悪口はどうかと思うぞ。
重箱の隅どころかの話じゃないし。

733 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 23:02:18 ID:WddoMIZr
俺も大量死仮説に魅力を感じる読者だが、仮説はあくまで仮説
ドグマ化してはならないと思う

にしても禿スレなのにほとんど話題にならない禿

734 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 00:31:54 ID:uffCfjto
>>731
そういう手合いを世の人は厚顔無恥と呼ぶ

735 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 02:48:10 ID:h9nNI1+J
笠井の話してる間に
掲示板におべっか野郎がご機嫌伺いに来てるよ。

736 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 07:21:24 ID:1rE0c06F
>>734
そして厚顔無恥が他人の批判を聞いた試しはないな。

737 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 09:26:29 ID:5aFZ2xwM
屈みとか見たとかがおべっかを使い禿が師匠面するだけなら別になんとも思わん。本格の定義とか言い出して見当違いの攻撃をするのが不快。

738 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 10:12:50 ID:vxO/4n8t
そういや大量死論を柳広司「新世界」の解説で有栖川有栖が引き合いにだしてて驚いた。

739 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 13:13:54 ID:ksZlX8ln
>>731
いやていうか大量死論じゃなくて笠井がトンデモなだけだからな。

この作家とこの作家とこの作家の作品には、共通する顕著な特徴がありますよ、と。
それを大量死論で説明付けるのはいいよ。
でもそういう作品に影響を受けそれを「模倣」した後の作家たちの「逸脱」は、
このような論で説明できますよ、と大量死論とは違う論を持ち出すのが普通じゃないかな。

なんでミステリ作家がこんなに大量に、しかも広範な時代・地域にまたがって存在するのに、
たった一つの論で事足りると思っているのかがさっぱりわからん。
あらゆる時代のあらゆる地域に、人には見えない法則が働いている、という宗教の
説法みたいな説を唱えているだけだろあのおっさん。

740 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 14:09:25 ID:bOlBhpjR
>>739
笠井のやりたいことははっきりしてる。文壇の政治的権力を持つことだ
そのためにはSFでもミステリでもラノベでもその場その場で勢いのありそうなものを利用しようとする
残念ながら御本人には無理がありまくりの大量死論をこじつけて必死にくりかえす能力しかなかったってことだよ

741 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 14:16:30 ID:3j/RJm3g
元は革命の闘士だったから、一つの主義しか信奉できないんだよ、きっと。
どっかの連中も歴史の全てを唯物史観で説明しようとするだろ。それと同じ。


742 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 15:19:38 ID:kOvKc/1x
校正更新
センセイ、「力のある作品」って余り聞きませんが、「力作」の恒星語訳なのでしょうか?


743 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 15:30:58 ID:EYbq0xve
○階堂が消え、
笠○が消え、
探偵○○研究会のようなカルト集団が炎上し、
これでやっともとにもどる……
彼らが存在したここ十年はマジにうっとおしかった。
あーーよかった。よかった、よかった。

744 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 16:13:11 ID:p8l9/5bP
ttp://noririn414.g.hatena.ne.jp/TanakaHiroshi/20061023
田中氏は「本格理解者」に認定されたことが迷惑らしい
そりゃそうだ

745 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 17:37:45 ID:RNUWg80S
>740
 なるほど。

 日本共産党が、いまだに、「悪かったのはソビエト共産党などであり、
マルクス・レーニン主義自体は間違っていないのだ」と強弁しているのと
同類と言うわけですな。

746 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:03:40 ID:5aFZ2xwM
ほんと不毛の10年だったと思うよ。将来、日本推理小説全集が編纂されるとして収録される作品はあるかな?

747 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:12:06 ID:QjMF/mKo
>>746
小説家はちゃんと出てるよ
評論分野では政治屋に耐性がなかったミステリ業界が笠井みたいなゲスに振り回されて
いろいろ学習するまでに10年かかったともいえるけどな

748 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:20:04 ID:0Q2qEMil
>740
>田中氏は「本格理解者」に認定されたことが迷惑らしい

ミステリマガジンから「行方」の原稿依頼されたらしいが、
結局書かなかったそうな。そうやって意見書かないで、
あとでぶうたれる。そういう資質なんだよな、結局。
こいつらダメダメだよ。

749 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:27:05 ID:rF8pOgSE
>>748
わざわざ依頼するミステリマガジンもどうかと思うけどな・・・
書かなかったくせに後でぶーたれる性格つーか体質はたしかにダメダメだな
物書きとしての矜恃がなさすぎるし、けっきょくこれって全人格的なものだよ
こういうヘタレを集めて利用しようとしたのが笠井潔だったってことか

750 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:40:43 ID:0Q2qEMil
笠○にとってミステリーは徒党を組むためのイデオロギーにしか過ぎないし、
だからやりかたも古くさい左翼的なもん。ああ、いやだ。
今回のくだりは、そういうオウ○やマルキストみたいな
ヘタレ連中しかあつまらなかったということが
証明されたということでしょう。
笠○教にナンマンダブー。

751 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:58:09 ID:xN/z+TTR
>>750
言論の手口も政治主張もカビが生えた左翼的なもので、とうの昔にまったく通用しなくなってるのがわかってない
ミステリマガジンのあれも旗色が悪くなった馬鹿な左翼のヒステリーにそっくりだよ
>>741が言うように「革命の闘士」だったとしても、黒木名義のアジ文からも「闘士」として二流だったのはあきらか
思想界で相手にされなかったから「文壇の政治的権力」のためにミステリにすり寄っただけだね
笠井より頭のいい人はミステリ業界にもいるんで、笠井の正体が露見した今ではもう大丈夫だよ

ミステリにウヨサヨを持ち込むなって人は、笠井こそがその元凶だってことを分かっておいてくれな

752 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 20:06:42 ID:H3lQcn/U
二階もろとも炎上火災m9(^Д^)プギャーーーッ

753 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:04:58 ID:tp1q0C6e
しかし、二階堂が自爆テロを起こしてくれたおかげで、
笠井や探小研なんかの、
ミステリ界隈のうざい連中を炙り出せたってのは、
いいことだったんかもしらんね
感謝はせんが

754 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:14:46 ID:IPF/spAX
>>751
>ウヨサヨ

わかってるけどやっぱりウゼーからイデオロギー論議は他でやって

755 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:43:57 ID:yIVwJ1mE
笠井はナディアたんの話を書いてりゃいいんだ

756 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:46:31 ID:5ZxjSUBG
確かに火災のやったことは悪辣きわまりない。
だが、彼をそこまでのさばらせた作家側に責任はなかったのかね。
今じゃコテンパンの大量死理論だって
当時このミスを牛耳ってた連中から笑いものにされてた新本格を
時代遅れどころかこっちの方が新しく時代的意義があるんだと宣言する効果はあった。
それに乗っかったのが新本格ミステリ作家。
アヤツジやノリヅキに至っては、ネタが尽きて書けなくなったことが
まるで正しいことであったように火災理論でこじつけてもらった。
どう考えても共犯関係だと思うが?

757 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:46:43 ID:/IaKZN7X
>>751

なんか話が変な風にゆがんできたな

ツマンネ

758 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:50:22 ID:oUHqE6UG
三田さんて何者?
ただの手品師?

759 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:08:26 ID:xN/z+TTR
>>757
つまるつまらんじゃなくてさ、笠井を理解するにはこの観点が不可避だってことだ。黒木龍思の文章とか読んだことないだろ?
おれだってほんとはミステリにこんな話を混ぜたくねえよ

760 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:21:55 ID:l6XbFxaY
失敗した元左翼活動家がその払い下げみたいな手法をミステリー界に持ってきたんだから、
やりくちを知りたければそっちの知識はあったほうがいい。
右翼・左翼って言葉が出てきた瞬間に拒否反応が出て「ツマンネ」しかいえない人には笠井は語れまい。

761 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:27:35 ID:l6XbFxaY
>>756
それは逆。綾辻や法月が売れてから笠井が便乗した。いまラノベにやろうとしてることと同じ
当時の評論家は読者のニーズに応えてなかったから批判対象としても好都合だった
下手糞なだけなのに「人間が描けなくてもいい」という笠井の戯言に甘えた点ではたしかに共犯関係だが・・・

762 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:27:42 ID:SsADJ/bv
(´・ω・`)つ笠井スレ
だめ?

763 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:33:28 ID:/IaKZN7X
>>759
まぜたくなきゃ、まぜなきゃいいじゃん
なんで理解する必要があるのかわからん
理解できない、でいいじゃん
つまらん政治のたとえはイラクじゃなくてイラン

2回あわれ、火災に乗っ取られてもうた

764 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:42:32 ID:/IaKZN7X
>>760

>>笠井は語れまい。

って、なぜこの場所でそんなにあつく語る必要が……


765 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:45:53 ID:hOwf+pXw
たとえじゃなくて笠井潔はまさに政治をやってるんだが……
理解できちゃうもんはしょうがなかろうて。その鍵が政治なんだからそれを指摘するのも勝手だろう
政治が出てくると条件反射みたいにつまらんしか言えないのもどうかと思うよ
熱く語る必要はないけど語るなと言われる筋合いもない、ってここ二階堂スレだw

766 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:57:47 ID:p8l9/5bP
みんな禿のこと少しは思い出してやりましょうよww

767 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 23:22:33 ID:/IaKZN7X
>>766

そう、それがいいたかった!

768 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 23:49:26 ID:bpfTLlbl
結局ダメダメ同士が(二回&火災)、そろって
自爆ということですね。めでたしめでたし。

769 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 01:05:27 ID:PpsO5KvO
なんかアレクセイらしき奴がいるっぽいな

770 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 05:30:59 ID:E16Vs5AO
>>756
>今じゃコテンパンの大量死理論だって
>当時このミスを牛耳ってた連中から笑いものにされてた新本格を
>時代遅れどころかこっちの方が新しく時代的意義があるんだと宣言
>する効果はあった。

俺も当初は好意的に見る向きが多かったっていうイメージがあるな。
皆「おかしい」と思いつつ評価したのは、それだけ新本格バッシングを
かわすのに必死だったということじゃないかな?

漸く冷静な議論ができるようになって内心感じていた「おかしい」が
浮き彫りになったということじゃないかな?

時間がかかりすぎた感は否めないけれどね。

771 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 10:06:12 ID:gVqZpCPL
批判もされなくなったらもう本当におわりだよ、禿

772 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 10:22:12 ID:fTfDPwyC
つーかウヨサヨは笠井スレでやれっての
それこそ自分の叩きたい相手を叩くために
ミステリをダシにしてるようにしか見えないから

773 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 10:47:12 ID:gVqZpCPL
ウヨサヨはべつとして大量死論の内容と笠井のやりくちを批判するのはいいと思うけどね
できれば笠井スレで

774 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 11:31:05 ID:4rzxApFl
その笠井スレが落ちてるからここに集まっちゃうんだろうなw

まあ自分が二階堂を困ったちゃん呼ばわりしといて、有栖川からの自分への人格批判は
ムラ意識だとして批難するような論理矛盾バカは、もうスレ立てて語る意味もないと思うけど。
検索すれば過去の悪行の数々は大体わかるし。

だから立てるなら作者の話題ナシの「矢吹駆スレ」とか「笠井潔ミステリ作品スレ」で。

775 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 11:34:06 ID:ugw00+Ba
笠井スレは既に立ってるよ。

笠井潔 part6
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1161967536/

776 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 19:16:01 ID:5qEZdAV/
むしろここで問題に上がってくるのは

なぜ笠井がここまで権力を持つようになったのか
なぜ二階堂がここまで勘違いできる立場に誰がしたのか

777 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 20:56:09 ID:uYhk9VR1
もともと勘違い男だからだ。

778 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 21:05:33 ID:uYhk9VR1
 ロボット・ソフト がんばれ〜


779 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 21:06:17 ID:6LW0O+LL
たとえば、「二階堂黎人監修」と銘打った本が90年代に2冊ほど出ている。
ブライアン・H・ケイの「最後の名探偵 科学捜査ファイル」と
アンソロジーの「新世紀謎倶楽部」だが、出版社側の
作家的実力と無関係な二階堂ヨイショはこのころすでに始まっていたのかも。

そういう特権的扱いをずっと受けてきて、「魔術王事件」が本格ミステリ大賞の候補どころか
その前のアンケートでも一票も入らないという事態にキレたのかもしれない。

780 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 21:17:32 ID:oZWupZpM
>>779
>そういう特権的扱いをずっと受けてきて、「魔術王事件」が本格ミステリ大賞の候補どころか
>その前のアンケートでも一票も入らないという事態にキレたのかもしれない。

字体はさらに悪化して
もう<本格理解者>というカルト・セクトの連中しか
投票しなく(怖くてwできなく)なってしまいましたね!

781 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 00:37:23 ID:Z78NAgyC
ギョーカイ内の人に質問
二階堂は評論家の批判はしても、作家は批判しない
"本格愛"を共有する味方だと思っているみたいだけど
彼らの方では二階堂のことをどんなふうに見ているの?

782 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 15:29:08 ID:LyY2qi79
ミステリマガジン読んできた。一言いわせてくれ。


笠井氏、二階堂氏、 必 死 だ な w

783 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 17:37:06 ID:KaZXqyz2
掲示板、また閉鎖だってさ。

784 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 19:09:30 ID:H2ysOgnP
>>783
しまった見そこねた
また誰かが正論を書き込んじゃったの? キティの巣は生暖かく見守らなきゃいけないのに

785 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 19:30:29 ID:JVdOsa97
だれかサルベージしてないの?

786 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 20:49:09 ID:QpwUKv8H
帽子が「アクセスランキング×位」と自分の評判を気にしすぎてキモいので
トイレ先生何とか言ってやってください

787 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 22:15:37 ID:jn4HoH3Q
そういう時には役立つ禿人先生素敵w

788 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 22:35:02 ID:LyY2qi79
帽子はゲイ

789 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 22:45:29 ID:q/E5Tz+j
そういや帽子が先週の讀賣夕刊に出てたな

790 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 23:16:19 ID:Xp/buQUH
禿に帽子…なんか納得。

791 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 00:08:03 ID:rzKX8gZ3
ほんとに誰か掲示板ログとっといた人いないのかな

792 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 00:34:19 ID:rB3lnmcE
スパム?の連投に侵されただけでべつにネタになることはなんもなかったけど

793 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 00:44:30 ID:B59roQBa
>>790
禿に帽子ってwwワロス

794 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 06:25:03 ID:rzKX8gZ3
>>792

そうなの?

スパムくらいで閉鎖とは惜しい

795 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 07:51:50 ID:X5/G+oCS
>>788
大森の日記で帽子の妻の話が出てた

796 :706:2006/11/01(水) 08:39:33 ID:JX6DXzcs

帽子なら「帽子」らしく、禿の欠点を隠してやればいいのに

CRITICAで大先生の禿部分を晒しまくるなんて、やはり人でなしだなこいつ

邪悪な大森も、ふさわしい飲み仲間を見つけたもんだww

797 :796:2006/11/01(水) 08:44:21 ID:JX6DXzcs
名前誤爆。また>>713と同じことやっちまったスマンorz

798 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 10:01:59 ID:ZM5qMTmB
>>797
鮎川賞に応募してらした方ですか?

799 :796:2006/11/01(水) 10:27:52 ID:es7LmRhf

え? 違います。

800 :796:2006/11/01(水) 10:28:26 ID:es7LmRhf
ID変わりましたが796は私です

801 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 13:42:20 ID:QlD1ImQ0
自分も帽子はいやらしいと思う。
千野帽子=岩松正洋を知ってから2006年本ミスを見直すと
ミステリとして面白いと判断した作品に投票してるのか疑わしい。

本ミスでは岩松名義で、一位「モーダルな事象」、二位「弥勒の掌」、三位「下妻物語・完」に投票してる。
当時は下妻持ってくるなんて面白い感覚の人だ、くらいに思ってたが
よく考えてみると一位「モーダルな事象」の解説は千野帽子、
二位「弥勒の掌」の解説は岩松正弘。
どっちも己が解説してるから売れて欲しくて順位上げたんじゃないか?と感じてしまう。
この年に解説書いたのはこの二冊だけなのにそれが一位二位ってなあ。
普通の神経してたら外すんじゃね?

802 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 13:54:59 ID:lajKVoyB
>>801
逆に考えるんだ
素晴らしい作品だと思ったから解説を引き受けたと考えるんだ

803 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 15:19:38 ID:oBEtoTui
>>801
たかが一人投票したくらいで影響出ないよ。

804 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 15:23:14 ID:oBEtoTui
>>801
追記。
>ミステリとして面白いと判断した作品に投票してるのか疑わしい。
疑わしいも何も、手元の06ベスト10選評一行目に
「小説としてのおもしろさを主眼に選んでみました」
と断ってる。
「小説として面白いと感じたもののうち本格としても読めるもの」
を推してるってことだよ。

805 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 15:39:26 ID:oBEtoTui
あ、でも帽子が大森クラスの冷血ってことでは俺も賛成

806 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 15:54:22 ID:E1MGUgEy
>>802
普通は解説のオファー引き受けたあとでその本を読むって順番じゃないの?
なんか「私は〜〜をあまり読まない」系の解説ってかなり多いから、確率は高いと思う。
解説を依頼する基準ってなんなんだろうなw

807 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 15:58:39 ID:oBEtoTui
解説と言えば、
二階堂先生の文庫解説を「本格無理解者」と断定された羽住典子氏が担当している件

808 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 19:04:21 ID:Tti9el/8
豚切ってすまんが、mixiの推理小説コミュでアレクセイが大暴れして笠井に宣戦布告してる。
ttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=6770018&comment_count=15&comm_id=7689
しかもこのコミュの管理人二階堂コミュまで作ってるな。

809 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 19:56:14 ID:jFRKedMj
>>808
コミュ参加者からは完全に無視されてるな。

まあ、往来でパンツ一丁でナタを振り回している奴に、自分から
声をかけようとする人もいないだろうがw

810 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 20:25:19 ID:oBEtoTui
パンツ一丁ww

811 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 23:13:24 ID:r0jKiaHX
あの巨体でw

812 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 00:01:52 ID:4aYLMHjf
また掲示板が閉鎖されたので書けないのだけど
トークショーの景品って誰かほしがるの?
っていうかあのトークショーって行く人いるの?
「本格の定義」の洗脳でもやるんかね。

813 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 01:04:16 ID:NeCS+tP/
>807
そういや加賀美の風果つるの下読みみたいなこともしてたよな<羽住タン

814 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 01:11:15 ID:JEaEbpD8
>>812
イク人の大部分が浅暮、霞目的で、ほんのちょびっと黒田、一人か二人(うち一人は加賀美)が禿人先生目的じゃね?

815 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 09:59:19 ID:gDWt6YGV
>>809-811
いかん。もうアレクセイといったら川俣軍司の姿しか思い浮かばんようになったww
絵柄は初期いがらしみきおでヨロ
ttp://wind.ap.teacup.com/uchitake-san/timg/middle_1126112482.jpg

ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/fukagawa.htm
>江東区森下2丁目14番3号の喫茶店「ロアール」前路上において、川俣軍司(かわまたぐんじ/当時29歳)は、
>ベビーバギーに長男の博明ちゃん(1歳)を乗せ、長女の統子ちゃん(3歳)を連れた近所に住む主婦の長野るみ子(27歳)が通りかかるや、
>持っていた刃渡り22センチの柳刃包丁で、長男の腹部などを突き刺し、

>刑事たちが調理場奥の6畳間に突入し、
>柳刃包丁を振りかざして抵抗する川俣を逮捕した。

>「萬來」から引きずり出された川俣は、
>ズボン、靴をはかずに白いブリーフ、白いハイソックス、自殺防止の白い布を銜えさせられ、
>いかにも異様な姿であった

816 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 10:11:02 ID:f+MAguKj
天城が好きなオイラを本格無理解者と呼んでくれよ、二階堂!

817 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 14:24:24 ID:ZC4l8zcQ
更生更新
>仕掛けはないが、語り口が良いので満足。

ヾ(゜0゜*)ノアレアレー?

818 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 15:47:14 ID:hdxAHCIR
魔術王読了。
仕掛けはあるが、語り口が悪いので不満足

819 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:31:47 ID:srmCJej+
折原が解説で叙述じゃないって書いてたな
そいや「美しき罠」って本格じゃなかったような・・・

820 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:57:16 ID:+gpwqJjB
>>819
読んだけど、唯のセンチメンタル・サスペンスだよ
謎解きもクソもないのに、なぜ二階堂は読むのか?
折原を陣営(笑)に引きずり込もうという底の浅い陰謀なのか?
謎は深まるばかりであるwww

821 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 22:36:34 ID:wUImUyfv
古い話になりますが、やっと東野圭吾氏の「容疑者Xの献身」を読みました。
他のスレにも似た意見を書いていますので、ご了承下さい。
 私はもともとアンチトイレ派なので、二階のトイレが自分勝手な理論を展開して
いるのかと思っていました。が……。
 やはり、「謎の提示と充分な情報が明示され、それを元に読者が推理する」という
要素がほとんどないので、二階のトイレが「これは本格推理ではない」というのは
もっともな論理だと思います。
 その反面、最後の方で、「あっ、そうだったのか……」と、読者が意表を突かれる
展開はあるので、その意味では、「変形した本格推理の一種」と言えなくもないと
思います。つまり、賛成反対両意見とも、それなりに尊重できる理由はあると思い
ます。
 では、「じゃあ、お前が審査員だったらどうする?」と聞かれたら、私なら、
「これは良い作品ですが、『本格推理』とはカテゴリーが違うので、大賞に推すわ
けにはいきません」と言うと思います。

 それでもアンチトイレは変わりませんが。

822 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 22:39:34 ID:6xA99AFt
もうちょい面白い釣りきぼん

823 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 22:45:18 ID:gTVS80l5
祝・人狼城の恐怖完全品切れ(ノベルスも)

二度と復刊されないでね(はーと)

824 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 03:38:44 ID:aO97uHWL
文字フォント大きくして10分冊にして再刊

825 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 05:20:51 ID:0+5MwBXV
テキストだけフロッピー1枚に入れて100円ぐらいで売っとけ
手間をかける価値もないからPDFには変換しなくていい

826 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 09:37:00 ID:uTCYLvqU
残念ながらフロッピー1枚に入る長さじゃなさそう

827 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 14:09:25 ID:bw41/yxQ
フロッピー一枚でも、テキストなら原稿用紙で1000枚強くらいまで入ると
思うよ。人狼城がどれくらいの長さか知らないが。

そういう根拠は、以前、フロッピー全盛時代に長編を書いていて、450枚位のを
書いても、フロッピー半分に満たなかったから。


828 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 15:39:50 ID:YApjH6Yn
単純計算で400字1000枚で40万文字これに1文字2バイトを掛けると80万バイトつまり約800KB。
実際は1000枚で40万文字はないが、人狼城4000枚と考えるとそのままではまず入らない。
zip等で圧縮かければフロッピー1枚に入るかな?

829 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 16:28:05 ID:bw41/yxQ
そんなに長いの! じゃあ読まない。
京極でも読まないんだから、トイレのはぜったいに読まない。


830 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 19:08:39 ID:KilhkTe/
考えてみれば、「人狼城の恐怖」って、世界最長ってこと以外は大して話題になってないなw
「魔術王事件」なんか、最長でもなければ内容的なことにも一切触れられない。
比較的話題に上る「増加博士と目減卿」は、内容の酷さのみに注目される。
禿人よ、頼むからマシな本格推理小説とやらを書いてくれ。せめて、正視に耐えるような内容のものを。

831 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 19:25:34 ID:fOztV0+X
「増加博士と目減卿」は代表作じゃよ
二階堂の駄目さ加減全壊の必読作じゃ、ほっほっほ

832 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:16:42 ID:l7cdFhWh
人狼城のネタバレサイト無い?
有栖川氏の「密室大図鑑」に載ってた殺人(フランスのシャリス夫人殺害)の方法知りたいんだけど
こんな分厚いの4冊も読む気しないし、それ以前に売ってないもの。

833 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:26:31 ID:ZLnkw1fG
新本格ブームがなけりゃ、絶対に世に出てこなかった作家だよな。
まさに時代と寝た男だ。

834 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:52:03 ID:qXov2ZRh
>>833
おいおい、「時代と寝た男」なんてたいしたモンじゃねーだろ。
せいぜい「時代に拾われた男」だ。

835 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 21:05:11 ID:fOztV0+X
時代が間違えて踏み付けて仕舞った犬の糞二階堂

836 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 23:21:18 ID:lFCRBafG
>>835
> 時代が間違えて踏み付けて仕舞った犬の糞二階堂

おいおい、いくらなんでも、犬の糞と一緒にしたら、怒るよ!

837 :836:2006/11/06(月) 23:22:15 ID:lFCRBafG



犬の糞がね。

まあ、トイレなんだからクソを流すのは得意だろうが。

838 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 00:55:27 ID:UJFIN6C8
>>832
それはフランス編ですよね?
何故か学校の図書館に四冊揃っている(司書の先生、何でこんなの買ったんだw)ので、よろしければ調べますよ? 暇ですからwww
殺人の方法ってのは、四冊目の解決編の謎解きを説明すればおkですか?

>>837
誰がうまいこと言えt(ry

839 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 06:16:11 ID:ElmdtuhB
更正日記を読むと禿は本格が好きなのかどうか判らなくなる記述が多い

840 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 07:22:39 ID:2TrJY6d1
>839
 それこそ、「叙述トリック」なのである。

841 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 00:32:59 ID:Ma3xzhZ3
>>837
確かに「増加博士と目減卿」みたいな糞小説垂れ流してるしな。

842 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 20:55:56 ID:aGtIbzs4
最近燃料投下ないね。

843 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:07:43 ID:GGYshpvB
>>842
ミスマガの駄文もあるし、説明もなしに復活させたBBSをすぐに閉じたりとかはしてる
みんなが「ああこいつは池沼なんだ」って見切ったから相手にもしなくなっただけ
相手にしてもらってる頃のほうがまだマシだったと思うよ。今は完全に見切られたってことだから

844 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:21:11 ID:/zCeOqZ2
公正日誌も難だか元気ないよな(笑)

845 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:11:40 ID:QXV8rn+F
ちょっと応援するか
またバカやってくれって

846 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:12:43 ID:OpJISzhS
掲示板再開されてもちょっと意欲なくなったなあ。結局忘れられる人なんじゃないの

847 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:07:36 ID:s/h/dCuu
おい、二階堂先生が降臨されたぞ。

世間で騒がれるほど良くはないと思う作品 その2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1153729299/


848 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 19:22:33 ID:n1RRRCLX
>サディスティック・ミカ・バンドの新譜『NARKISSOS』を聞く。
>悪くないが、良くもない。
>何故、全曲、加藤和彦の作曲としないのだろうか。

( ゚д゚)ポカーン

849 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:35:14 ID:5TkqC/To
>848さん

 二階堂の音楽観なんて、鳩の糞のようなものなのですから、
唖然しててはいけませんよ。

850 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:52:50 ID:n1RRRCLX
ある時は犬の糞
またある時は鳩の糞
二階堂脳は死骸ですね!

851 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:25:19 ID:RsO561dW
探偵小説研究会の評論家がほめているアメリカ探偵作家クラブのアンソロジー「××」を読む。
悪くないが、本格ではない。
何故、全編、カーの作品としないのだろうか。

852 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:26:36 ID:iIt+M8kL
自分がどんなことを書き、
それを客観的にみたらどういう意味なのか、
どれほどトンチンカンな言説なのか、
まるでわかってない・・・あなた。
おぞましい・・・

853 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 23:23:05 ID:wdbamwlG
>>848
ミカバンドは比較的初期のころから加藤以外のメンバーの曲がけっこうあったわけだが。
確か『Hot Menu』期には後藤・今井、桐島時代には高橋・高中が曲作りで重要だったはず。
ミカバンドが加藤のワンマンバンドだったことはないと思う。

854 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 00:12:59 ID:uLcgmr7e
まあ桐島時代は正直黒歴史だがな……

855 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 00:20:44 ID:Fqa//MRv
問1.次の文章を読み、( )内に入る適切な語を語群から全て選び、記号で回答せよ。

自称“本格推理作家”・二階堂禿人は、本格ミステリ界の( )である。

語群 ア.犬の糞 イ.鳩の糞 ウ.馬の糞 エ.牛の糞 ※ この問の回答は一つではない

問2.二階堂禿人の傑作・駄作をそれぞれ一つずつ挙げよ。
※尚、駄作を二つ列挙した場合は正答とするが、傑作の場合は作品内容から鑑みて二つ挙げることは難しいため誤答とする。

856 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 08:30:50 ID:nVE0a2zf
>>853
ファーストのクレジットを見てるが、トノバン作曲は11曲中8曲、
高中1曲(怪傑シルヴァー・チャイルド)、
ユキヒロ2曲(恋のミルキーウェイ、ピクニック・ブギ)だった。

857 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 08:53:04 ID:/1ijy9Sy
>>854
俺的には桐島かれん大好きです
ここは音楽板でつか?

858 :854:2006/11/10(金) 11:19:01 ID:i7qXVS69
そう? 俺は「晴天」(あれ? 「天晴」だったかな?)聞いて死ぬかと思ったぞw
サエキけんぞうに詩なんか書かせるな〜

859 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 14:11:05 ID:HlgnXWiI
かれんタン可愛かったじゃないか!!

860 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 14:22:55 ID:4Rmu4xCh
鋭意調査したところ、Hot MenuのDr.ケスラー作曲は9曲中3曲www

861 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 17:02:49 ID:qQzPB/Yp
>>855
問1.ア、イ、ウ、エ(順不同) 問2.「増加博士と目減卿」「人狼城の恐怖」(解答例)

次の定期試験には「X」問題に関する出題を予定。

862 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 17:48:51 ID:ScodTZzI
天晴と晴天、どっちかがスタジオ盤でどっちかがライヴだったかと

863 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 18:00:38 ID:gIK8NQwS
マゾヒスティック
ニカ(イドウ)
バンド

864 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 18:27:40 ID:ksgWsqsf
ハゲスティック・ゲドババンド

865 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 18:45:27 ID:RJOuSniV
本当に禿げてる人に禿げって言っちゃいけないってお父ちゃんが昔言ってたのらあ

866 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 21:20:05 ID:CC64PgUZ
ぶっちゃけミカバンドにも禿げが(ry

867 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 21:28:05 ID:wS/3FaDp
つずみスレにアレクセイが後輪

868 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 21:45:18 ID:5l6pnQ3h
二階堂が評論家を見つめるような視線で、アレクセイはボクラを見つめているようですなw

869 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 21:48:51 ID:7zptfa8R
あれ臭ぇ

870 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 14:19:20 ID:zFCjcFtB
>「刑事コロンボ」の味わいを見事に演出し直している。お勧め。
演出「し直して」はいねーだろ、あれw
流石本格理解者(笑)、本格以外の部分無理解者(爆笑)、参考にならんわw


871 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 15:10:39 ID:3QzDyFuP
猪苗代マジックの文庫、出たな
巻末インタビューも収録されていたら買ったんだけどw

872 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 17:39:40 ID:QnvXZ4Td
猪苗代マジックって軽井沢や諏訪湖に比べてどう?
昔の自分はそれなりに軽井沢や諏訪湖を楽しめたはずなんだが。

873 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 17:58:41 ID:zFCjcFtB
>>872
推理クイズ並みのしょぼいトリックと演出性に欠けた最終行の趣向が売りだが、
レベルは軽井沢・諏訪湖より少し下かな
巻末インタビューがないのでは価値は90%offだなw

874 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 18:14:14 ID:QnvXZ4Td
>>873
d

875 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 18:50:07 ID:SrK1JkyJ
>>873
>巻末インタビューがないのでは価値は90%off
それは「驚愕の結末」部分の直前までしか文庫化されていないということですね

876 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 11:57:20 ID:rKtufQ4m
このスレのアドレスを禿人の掲示板に貼り付けたらどうなるだろう・・・

「私が開設している、本格理解者と無理解者について論じたサイトです」とか書いてw
やっぱり禿人がこのスレ見たら、額が数センチくらい後退しちゃうのかなぁ。

877 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 14:24:01 ID:PZ+3mjaK
いや、既に毎日チェックしてるからw

878 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 16:14:42 ID:PZ+3mjaK
そう言えば「猪苗代マジック」の解説は探小会の羽住典子だが、
彼女はBグループ即ち《本格無理解者》のはず

あれぇ、どういうことなんだろうなぁ(棒読み)

879 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 16:57:32 ID:ZAE0L7KG
猪苗代マジックは本格じゃないからかまわんとか・・・

880 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 17:51:05 ID:9/MzWULJ
メフィスト図書館で借りる → 「猪苗代」未読だった → 後で読もう

というわけでコピーしたもの。
カーのネタバレもあるので注意。

カサマツさん nana 23306。パスはすべて 猪苗代

881 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 18:41:55 ID:UvO+5l4Y
矢野龍王は本格か・・・

882 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 19:08:54 ID:rKtufQ4m
>>878
そこで禿人先生お得意のメールによる和解ですよwww

883 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 19:24:24 ID:ZYqqXq7a
「手塚ファンmagazine」って本格なんですかぁ?

884 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 22:47:29 ID:g5ON1za3
二階堂禿人大先生の本格の定義

本格:ボクが好きな小説・マンガ
本格じゃないもの:ボクが嫌いな小説・マンガ
本格理解者:ボクの説に賛成してくれる人
本格無理解者:本格を愛さないくせに、ボクに楯突く人

チェスタートンの諺:「木を隠すなら森に隠せ」
二階堂禿人大先生の諺:「ハゲを隠すならバンダナで隠せ」

885 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 10:31:47 ID:LLTdGKOj
思い切りつまらん!
本人乙などという下手な逃げをうたんで
心から反省汁!

886 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 20:09:17 ID:6Oo5fcYH
二階堂先生、「自分は探小会とは今後一切の関係がない」なんて宣言書を
とりあえずメアド知ってる人間にやたらと送るのは如何なものでしょうか。
祭を知らなかった知人が訳のわからないメール貰ってびっくらこいてましたよ。

887 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 20:16:58 ID:RRaRc8VG
kwsk

888 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 10:40:09 ID:70FGXlXA
>>886
それとは違う「原書房」関係のメールをもらいましたが……。

889 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 10:56:48 ID:itPH98Ui
>>886
>>888
kwsk

890 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:01:58 ID:u2gIchvH
はげオヤジが性懲りもなく『新本格ミステリー入門』を作ったぞ。

891 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:42:12 ID:ItzKlx6f
掲示板、再開!

892 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:00:02 ID:r8keo/Fh
怪文書配布キタ━━━━ヽ(・∀・* )ノ━━━━!!!!

893 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:12:30 ID:IDXxmb8W
>>886
それぞまさしく「ハゲを隠すならバンダナで隠せ」。

禿人先生は、自分がこっぴどく叩かれていることを知られたくなくて、
まるでハゲをバンダナで覆うかのように、隠蔽工作を行っているのでしょう。

これはマジレスだが、禿人よ、探小研との関係を断つのならば、当然笠井潔とも絶縁するんだろうねぇ。
そこのところ、どうなんだい?

894 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:13:42 ID:7VDi8xf9
怪文書といっても、既発表のものをまとめただけだな

895 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:37:33 ID:r1S9+3JT
トイレの椰子、
恒星日誌で、下らんPDFを配布し始めたな。
ミステリーマニアは良いミステリーを読みたいだけ。
能書きや評論は要らん。


896 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:46:29 ID:znJ8AdJe
二階堂氏は、評論は小説家の下僕だと考えてるっぽいから(今回の文書も
要するに創作マニュアルだし)、案外895さんと気が合うかもね。

897 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 20:01:41 ID:vnquxtth
>こんにちは。
>]同報メールで失礼します。

> 私のウェブサイト「二階堂黎人の黒犬黒猫館」で、新人発掘のため、PDFファイル
>
>の『新本格ミステリー入門』の無料配布を始めました。

>内容は、「新・本格推理」の手引き、本格ミステリー入門、本格ミステリー論、本
>格ミステリーの書き方、原稿の書き方と印刷の仕方、その他の評論をまとめたもので
>す。
>ミステリーの定義、ミステリーの性質分類、推理小説の定義、本格とは何か、推理
>小説の書き方、具体的な原稿の書き方や印刷の仕方、応募に際する傾向と対策、プロ
>ットの立て方、トリック論、名探偵の活用法、などの内容が含まれます。

 推理作家志望の新人等を御存じでしたら、手引きとして御紹介ください。
 ウェブ日記などをお持ちの方は、告知していただけると助かります。

 よろしくお願いします。


二階堂黎人


898 :895:2006/11/15(水) 20:46:37 ID:r1S9+3JT
>>896
>案外895さんと気が合うかもね。

合わねえよ! 
ってか、二つで190ページ超えるのなんて、読みたくもない。



899 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 20:54:45 ID:fFzdk4D2
うん。合うんじゃね?
>ミステリーマニアは良いミステリーを読みたいだけ
ってあたり、「俺」を「ボクら」「みんな」「だれしも」にすり替えるロジックが大先生そっくりかも

900 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:06:17 ID:r1S9+3JT
>>899
どうぞあなたの好きにして下さい。


よく、女から言われる言葉だな……。


901 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:17:12 ID:r8keo/Fh
>>886
>>888
リークリークマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

902 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 00:23:19 ID:cnDHzXHv
トイレがダウンロードさせている資料って、半分は光文社の新・本格推理に
書いたことの写しだろ? ちゃんと了解はとってあるんだろうな。いくら自分が
原稿を書いていても、無断で掲載すると著作権法違反だぞ!

それと、あれに書いてあることは、よけいなこともかなりあるよな。「本格推理
の定義」は最低限のことだけ書けばいいのに、トイレの勝手な感覚が強制さ
れているみたいでイヤだ。今回読んだわけじゃないが、既に原本で読んでい
るからね。

評論の方は読もうとすら思わない。

903 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 03:54:47 ID:GEK4Bxlb
なにこれ?評論とは名ばかり、二階堂の同士を増やす為の書でしょ?
だれもなりたくねーよ

904 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 06:13:53 ID:RsYpHmHh
>>892の言うとおり、どう見ても怪文書です
ありがとうございました


905 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 07:04:49 ID:3UcZybqP
腹書房・短小研関係の「不幸の手紙」公開щ(゚Д゚щ)カモォォォン

906 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 10:27:36 ID:VwdKGSBZ
【怪文書で】二階堂黎人14【布教活動】

907 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 11:46:41 ID:yaG5F6RG
黎っていう字は「黒い」って意味なんだな。クロちゃんてまさか自分のことなのか。

トイレで黒いと言えばゴキブリかウ○コなのだが。

908 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 14:08:48 ID:NMZ7R9AW
トイレ・うど、如何に?

   ──byうど鈴木──

909 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 17:54:35 ID:p2ejm0nZ
斉藤栄のミステリー入門かよ

910 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 20:20:29 ID:8LNV1Uy8
二階堂の言動って、島田荘司の真似をしたいんだろうけども
ことごとく劣化コピーなんだよな。

911 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 20:29:09 ID:kSvBbOU3
PDFのは、まとめて掲載してくれないかと出版社に持ちかけて断られたのではないかと予想する

912 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 21:40:34 ID:yaG5F6RG
島田荘司に対する司凍季のような人物の出現を願っているのだろうか?
「二階堂さんの理論を読んで執筆を決意しました」というような。

913 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 21:58:13 ID:nNSa/zIQ
二階堂が求めてるのは本格の隆盛じゃなくて「自分の評価するような作品」の隆盛
つまり自分が評価されて褒められることだ。池沼めいた自称評論をばらまくのもそのためでしかない
その意図が(本人には自覚がないかもしれないが)ミエミエだから蹴り出されたんだよ

914 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 22:23:10 ID:be07spKF
裸の王様もいいとこだなw

915 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 23:26:54 ID:bjCa2dwU
本当の意味でトイレを貶めたかったら、このスレにもなにも書かないことだよ。
世間から忘れ去らせるのだ。


916 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 00:36:43 ID:sK5q0g2d
揚げ足とるみたいで悪いけど。
そもそも二階堂は世間に認知されていないので、忘れ去られることもない。

917 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 06:15:49 ID:KO8Bfk4q
はっきり言って日記も評論も掲示板も無視するに限る。これが忘却ということだよ。

918 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 08:42:41 ID:BggQUbJX
掲示板復活したら、またトイレのシンパが書き込みしているな。

919 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 08:45:08 ID:Xrg8HWKK
本格ミステリー作家の皆様
こんにちは。
秋もだいぶ深くなってきました。皆様は、読書の秋をいかがお過ごしでしょうか。
以下、同報メールで失礼いたします。
さて、この度、南雲堂から、島田荘司先生監修の下、『本格ミステリー・ワールド 2007』が創刊されることになりました。
これは、年刊方式による本格ミステリーのリファレンス・ブックで、毎年年末に発行していく予定です(ただし、第1号のみは、時間の都合上、2007年1月発行となります)。
添付しました「梗概」にありますように、企画のコンセプトは次のとおりです。

 (1)新しい価値観を基準とした、本格ミステリー読者に向けた本格ミステリーのリファレンス・ブックを作ります。
 (2)「本格ミステリー・ワールド」では、作家本人の発言や文章や作品解説(解題)等を積極的に活用し、新しくて有益な情報を読者に向けて発信していきます。
 (3)新しい作品の創造や本格ミステリーのよりいっそうの発展を目指し、未来志向を主体とした内容とします。
 (4)新人作家の発言の場を用意します。

 以上の観点から、多くの本格ミステリー作家の方に原稿を書いていただけたら、企画立案者の一人として嬉しく思います。
 11月13日以降に、南雲堂の担当編集者・星野英樹より、順次、皆様の下へ「作家の計画・作家の想い」などの原稿の依頼が行くはずです。どうぞ、執筆のほどお願いいたします。

 なお、この企画に関しまして、質問・意見・要望等がありましたら、私(二階堂)
まで、遠慮なく御連絡ください。また、こういう評論・論考・エッセイを書きたい、
あるいは、こんな企画はどうだ、という希望も積極的にお受けいたします。

二階堂黎人


920 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:06:08 ID:SiSnOgcj
げっ! トイレご本人降臨かい? ここはアンタのアンチスレなんだけどな。


921 :919:2006/11/17(金) 09:08:40 ID:Xrg8HWKK
いや、おれんちに来た二階堂先生からのメール(の一部)。コピペ。

922 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:09:29 ID:SiSnOgcj
>>921
んじゃ、アンタはプロの作家なの?

923 :919:2006/11/17(金) 09:19:07 ID:Xrg8HWKK
うん。

924 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:21:54 ID:SiSnOgcj
名前きぼんぬ。
しかし、こうしてここに書くってことは、トイレの意思に反発しているというか、
冷めた目で見ているって解釈していいのかな?

925 :919:2006/11/17(金) 09:30:52 ID:Xrg8HWKK
黎人先生が怖いので、平にご容赦。
しかし、一人一人、微妙に文体を変えて出していたりしたら、
もう、特定されてしまうと言うことだな。迂闊であった。


926 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:33:25 ID:gKTSs+H8
じゃあ諦めて名前を出して物議をかもそうじゃまいか

927 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:43:31 ID:SVRmTiGq
やっぱり怖いよな
イジメのシステムと同じでさ
誰もさからえないどころか逆に力を貸す
さからうヤツは同業者からも編集者からもシカトの刑
今回の企画もみんなこぞって参加するだろう

928 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:59:13 ID:SiSnOgcj
>>925
やあ、加賀美クン、ずいぶんと勇気のあることしてくれるじゃないか。

二堂階黎人

929 :919:2006/11/17(金) 10:18:46 ID:K6id6sS2
違うよ。ぼくは加賀美じゃないよ。
だいたい、「貼る」のが勇気のあることなのかな。


930 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 10:21:48 ID:HKS1BGok
いや、先生に反旗を翻すのが勇気のあること、ってこと。

──by二階のトイレ

931 :919:2006/11/17(金) 10:28:55 ID:K6id6sS2
「貼る」のが反旗を翻すことになるのかな。


932 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 10:41:55 ID:HKS1BGok
なるでしょ。私信を公開するだけでも御法度なのに、
ましてや、2CHで、しかもこんなアンチスレで貼れば。

933 :919:2006/11/17(金) 10:44:55 ID:K6id6sS2
そーか。では消えるとしよう。

934 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 11:02:34 ID:hrwKhcbA
>>919は誰なのか。フーダニットの幕開けの予感。

935 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 11:03:42 ID:vQSbTVnN
キャスティングとしては殊能先生が第一希望。

936 :919:2006/11/17(金) 11:17:58 ID:K6id6sS2
消えると言っておいてなんだが、禿に間違われるのは不快。
あ、また、敵を増やしてしまったか……。

937 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 11:43:51 ID:mkscu7JL
Fさん?

938 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 11:56:46 ID:FG8RHEkI
919は執筆しないの?

939 :919:2006/11/17(金) 12:50:34 ID:K6id6sS2
するよ。原稿料貰えるだろうし、島田先生にはなんの恨みもないし。

940 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 13:11:26 ID:BTPudf3D
島田先生、Xは本格であると宣言されていたはず。
つまり、その「本格ミステリー・ワールド」にXが載ってもなんら問題じゃないわけだ

941 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 14:07:51 ID:yDgTGwn2
かまってちゃんうぜえw

942 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 14:45:17 ID:Hj2CTgu5
>>941
まあそう言わず919を見守ろう

943 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 15:47:52 ID:PZKNFdtz
>>937
藤岡真先生とは表現が違うような気がする。島田荘司先生がらみで仕事が
振られそうな氷川透先生と見た。

944 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 16:07:56 ID:AehfK+Pf
鯨とか

945 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 16:24:11 ID:R9wTopEQ
つくづく政治的豚だな二階堂はw
ピンクフロイドのアニマルズでも聞けwww

946 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 17:14:48 ID:SNYBII35
せっかくリークしてくれたんだからあんまり弄るな。こういう人のおかげでネタが提供されるんだから
悪徳商法の三流出版社、南雲堂がまた島田の名前で商売か
中心から追い出されたバカの禿人を使ってほかの小説家につながろうとしてるわけだな
ほんっとに三流の政治の臭いしかしねえ
企画も固まってないのにいま依頼して1月発行ってぎりぎりじゃね? あんな会社に中味の質を問うだけ無駄?

947 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 17:19:08 ID:R9wTopEQ
聞くべきは椎名林檎のやっつけ仕事だったかw

948 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 17:42:55 ID:1OSOMzgx
>いま依頼して1月発行
リークに興奮して>>946に指摘されるまで気づかんかった。
一月末としても、年末年始が挟まるわけで、大変そうだな。
これがいつ発信されたメールなのかは不明なので、
けっこう前だったらスケジュール的にアリなのだが、
「秋もだいぶ深くなってきました」というところから見て、早くとも十月。

二階堂がこれに熱心になるのは、
探小研とつながりの深い原・創元から距離を置き、作家を南雲のもとに結集させんとする腹か。と邪推してみる。

949 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 17:45:17 ID:R9wTopEQ
>二階堂がこれに熱心になるのは、
>探小研とつながりの深い原・創元から距離を置き、作家を南雲のもとに結集させんとする腹か。と邪推してみる。

至極常識的に考えて、まったく邪推ではないと思うぞw

950 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 17:59:38 ID:rch7dPVl
掲示板の江戸川原んぽって奴、おもしれえー

951 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:02:24 ID:MTfvXeEC
順位とかないのに盛り上がるのかなぁ。いまいちウリになる企画が見えない。

952 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:02:30 ID:1OSOMzgx
>>949
あら、ほかの人が考えてもやっぱりそうかしら?ww

953 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:03:17 ID:ZEm/uPvI
> 新しい価値観を基準とした
> 新しくて有益な情報を
> 未来志向

この本、二階堂先生が執筆できません!

954 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:04:09 ID:QTw3tULz
作家はそこそこ集まるんじゃないか。
評論家は使わずに、作家にレビューや記事も書かせるのかな。笠井、巽はもちろん、探小研はほとんど
外れるだろうし、マッコイも健太も外すだろうし。
監修者の島田がそれを承知なのかどうか?

955 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:05:45 ID:R9wTopEQ
にっくき(笑)某会と某ベスト10を空中分解させようという狙いが露骨なバカ企画だよな
失敗することが端から見て明白なのに、脳こぼれ猪突突進の本人たちは真剣(爆笑)な町おこし企画みたいなモンだなw

956 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:06:40 ID:KDO39u01
方向性がアバウトだよなあ
禿がどれくらいの権限を持っているのかわからんが
もしも禿人と違う本格観で書かれたエッセイがあったらどうするんだろ

957 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:10:55 ID:R9wTopEQ
篠田秀幸や石川真介は参加するのか?(笑)

958 :919:2006/11/17(金) 18:15:24 ID:K6id6sS2
なんか執筆するのが怖くなってきたな。
でも、島田先生の依頼を無碍に断わりたくないし。
本格観なんて、作家一人一人全部違うと思うけどね。

959 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:19:34 ID:R9wTopEQ
というか、自分なりの本格観を表現するのが創作ということだよねぇ
もうすでにある本格観で満足なら創作に向かわないと思うんだけど、
二階堂には理解不能は話しなんだろうなwww

960 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:20:14 ID:KDO39u01
>本格観なんて、作家一人一人全部違うと思うけどね。
ああ、それは皆当然わかってると思うよ。
禿人以外は。

961 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:22:30 ID:MTfvXeEC
>>958
つーか、何書くのよ。こんな漠然とした企画で。
今年出した本の自前ピーアールとかやるの?w

962 :919:2006/11/17(金) 18:27:42 ID:K6id6sS2
うーん。それとなく二階堂先生の本格観を批判するようなエッセイを書くとかね。
まあ、[X]問題なんて作家にはどうでもいいことなんだよねえ。
ただ東野さんが言っていた、自分の八十うん歳の父親でも理解できた云々は
それこそ、なんの関係があるのよって話だよなあ。

963 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 18:34:15 ID:SVRmTiGq
>>959
なにげに核心を突いてると思う
二階堂の主張って『創作』を否定してるんだよね
探求心がなくなった老人とか、創作する立場じゃない人が言うならまだわかるんだが

964 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 19:52:24 ID:gxg8+g3m
>>956
>もしも禿人と違う本格観で書かれたエッセイがあったらどうするんだろ

どうもしない。評論家には噛み付くけど作家に対しては何も言わない人だから

965 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 19:53:12 ID:QTw3tULz
>>961
 作家が自作を語るというのは、それなりに読者の需要あるでしょう。それに
 日下さんか山前さんあたりの書誌データをつけて、評論は大先生が書けば、
 評論家に頼らずに一冊できますよね。もともと、読者には、評論家を軽蔑してる人や
 無用だと考える人も多いから、これで無問題。
 

966 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 20:28:31 ID:yINEOP+E
>>965
南雲堂はそういう計算だろうね。作家にねぼけた「評論」を書かせて、そのファンに買わせれば十分
「評論家」をひとくくりに軽蔑してるガキから金を吸い上げれば満足なんだと思うよ
こういう腐れ出版社ががんばってる出版社と書き手の足を引っ張るんだよな

967 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 20:35:24 ID:R9wTopEQ
すれ違いだが、二階堂ならぬ難運堂の島荘全集のあの箱のペナペナさは何よ
まったく買う気にならんぞwww

968 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 20:36:32 ID:yINEOP+E
南雲堂みたいな三流出版社って、どうしようもない作家を持ち上げて増長させるんだよね
島田荘司の名前を使って悪質な改稿版や御手洗アンソロジーを出すようなとこだもの
そういうとこは禿人に帯を書かせたり「マンアライヴ」を出したりした論創社とよく似てる

ろくでもない小説家にコビを売って商売するために、禿人よりはましな評論家を切り捨てる選択をするのはまちがいない
南雲堂も禿人は踏み台にしか思ってないだろうけどさ。馬鹿を踏み台にして別の小説家とコネを作るのが目的だろう

969 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 21:16:09 ID:6wN+ZF28
南雲堂は三流出版社で島荘をだしに使って商売してるが、平石貴樹の小説を出してくれてるんで
潰れない程度にはまともな商売をして頑張って欲しい。数年後に平石貴樹の新作を出すまでは。

970 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 21:32:00 ID:Hj2CTgu5
>>965
>もともと、読者には、評論家を軽蔑してる人や無用だと考える人も多い

>>966
>作家にねぼけた「評論」を書かせて、そのファンに買わせれば十分
>「評論家」をひとくくりに軽蔑してるガキから金を吸い上げれば満足

なるほどねー。衆愚を煽って評論家をハブろうという魂胆か。

971 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 21:32:12 ID:I4Tv1D7r
竹本の漫画なんて大手が出すわけないし
潰れずにがんばってほしいね

972 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:07:32 ID:Bck7LE0m
二階堂に関わった全てがバッシングの対象になるという恐ろしいスレですねw
まあ禿が手を組んでるのが、揃いも揃って叩かれて当然のようなやつらってことなんだろうけど。

でも擁護するわけじゃないが、企画がギリギリっていうことに関して言えば出版社の企画
というのはどこも、見切り発車のしょうもないものばっかなんじゃないの。

例えば講談社ノベルスの密室本は薄いのばっかで、ああこれは急に「密室をテーマに1作
書いてくれ」って作家連中に言った結果なんだろうなと思ったよ。

あとこれは漫画の話だけど、週刊少年ジャンプで、こち亀の両さんを他の全ての漫画にゲスト
出演させるというのがあって、当然シリアスな展開の漫画なんかでは浮いてたし、
それ嫌がった漫画家の中には扉絵にちょこっと描いて終わらせてたのもいたよ。

973 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:31:40 ID:yINEOP+E
>>972
どっちも比較対象として不適当。むりやりフォローして自滅してるようにしか見えません。
密室本はもともとああいう分量の企画。用意された時間だってこんなのとは全然違う。

このタイミングで始動するのって三流ムックなみのペースだよ。
洋泉社なみのスケジュールで小説家を何人も押さえようってのがちゃんちゃらおかしい。

974 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:40:21 ID:6wN+ZF28
そろそろ次のスレタイを決めてくれ

975 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:41:05 ID:Hj2CTgu5
>>972の言う「薄い」がページ数なのか内容のことなのか知らないが、俺は好きな企画だったよ密室本。

976 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:43:02 ID:R9wTopEQ
本格愛(爆笑)への忠誠心wの度合いを試す踏絵のつもりなんだろうなwww

977 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:45:01 ID:I4Tv1D7r
このスレの前半はアレだったからな
適当なタイトルが思い浮かばん

978 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:50:30 ID:CTBAGdyF
そーいや禿人には声がかからなかったよな、密室本
カーマニアを自認しまくってるのにw 本人は根に持ってるんだろうな・・・

979 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:51:08 ID:I4Tv1D7r
スレが違ったよ

980 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:55:35 ID:Hj2CTgu5
>>978
あれは歴代メフィスト賞受賞作家オンリーの企画だから

981 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:56:00 ID:R9wTopEQ
>>979
つずみスレの誤爆か?

982 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:16:27 ID:KDO39u01
【本格二階堂】二階堂黎人14【ワールド】

983 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:19:36 ID:gqMYLLfw
906案で立てたから。
【怪文書で】二階堂黎人14【布教活動】

984 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:19:51 ID:R9wTopEQ
【本格愛】二階堂黎人14【自己愛】

985 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:20:46 ID:R9wTopEQ
>>983


986 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:32:01 ID:v+XvQqF9
このスレが賑わうとつずみスレが過疎る。
住人まるっと一緒だなw

987 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:47:07 ID:R9wTopEQ
>>986
それは暗黙の了解事項じゃまいかw

988 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 23:49:45 ID:Hj2CTgu5
念のため誘導
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1163773123/l50

989 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 00:14:34 ID:E/yIVlgK
そろそろ埋めるべ

990 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 01:05:42 ID:hyhu5bZQ


991 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 08:06:47 ID:NjsnXKJ/
スレ立てなんか投げやりだ

992 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 08:27:00 ID:jcJga5OX
ウメ

993 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 09:41:32 ID:32hVbPxX
次スレ新ネタ投下埋め

994 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 10:05:54 ID:OUlyko3z


995 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 10:15:46 ID:OUlyko3z
産め

996 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 11:50:26 ID:UbshXAcE
美味〜!(うめ〜!)

997 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 12:57:14 ID:32hVbPxX
膿め

998 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 13:04:41 ID:jQmc2FeV
倦め

999 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 13:37:35 ID:uO/+Sacu
【私の頭は】二階堂黎人14【ハゲドババア】


1000 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 13:41:23 ID:jQmc2FeV
1000なら大先生が大傑作をものにするかも

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

233 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)