2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今までに無いトリックを考えるスレ

1 :素人探偵:2006/09/18(月) 18:11:47 ID:599ptlAR
1 人物トリック
 a 一人二役/二人一役(偽名・変装・双子)
 b 盲点の犯人(犯人=探偵・作者・読者)
2 密室トリック
 a 物理(ドア・鍵・窓の細工、足跡・指紋、館もの)
 b 心理(実は密室ではなかった・早業殺人)
3 時間トリック
 a アリバイ証言の錯誤、視覚・聴覚に訴えた錯誤
 b 時刻表もの
4 凶器トリック
 a 凶器(ナイフ・銃、糸・氷/ドライアイスでの消失)
 b 毒物(毒薬・ガス、病死/自然死の誘発)
5 死体トリック
 a バラバラ殺人・顔のない殺人・死体移動
 b 鑑識の死体鑑定を欺く方法、死体は生きていた
6 その他のトリック
 a 暗号・法廷・自殺/事故による犯人の不在
 b 叙述トリック(ミスディレクション)
7 動機について――ここから付録――
 a 感情(恋愛/痴情・怨恨/復讐・コンプレックス)
 b 欲得(遺産/借金・名誉/脅迫・交換殺人)
 c 社会(政治/不正・宗教/迷信・秘密組織)
 d 異常(快楽殺人・多重人格・超常現象)
8 ミステリのジャンルについて
 a 怪奇・幻想・SFミステリなど複合ジャンル
 b メタミステリ・アンチミステリ
 c 後期クイーン問題〜新本格・変格/脱格
9 その他
 a 定義(ノックス十戒/ヴァンダイン二十則)
 b 設定(クローズドサークル、名探偵の類型)
 c 形式(人称・倒叙・映像化・サウンドノベル)


2 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 18:38:01 ID:nNM9hZ7V
2階堂黎人

3 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:28:50 ID:JcmKrarZ
もう少し頭の中を整理してからスレを立てよう。

4 :1:2006/09/19(火) 01:33:13 ID:CDIlQV/D
>>1は整理してみたんですけどね。

新しい答えを出すには新しい問いが必要で、
新しい限定状況を作る方向で考えています。

例えば森博嗣『すべてがFになる』の要点というのは、
密室の時間軸の長さである要素が出現することでした。


5 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 01:48:30 ID:YcEwc+UD
>>1の頑張りは分かった。

完全にオリジナルな物はローウェル城のように
1作品=1トリック(=一発ネタ)、
つまり作品世界とトリックががっちり結びついてる方が作りやすそうだ。
ただし発展性はないし異端視されがちだけど。

新しさの大半は、見せ方の新しさ。それでも良い作品は出来る。
最近だと麻耶雄嵩の『蛍』の逆トリックは素直に感心した。

6 :1:2006/09/19(火) 02:16:04 ID:CDIlQV/D
>>5
>1作品=1トリック(=一発ネタ)
そうですね。特に館ものはまだネタがありそうです。
上述『F』の「F」は、いちおう館の仕掛けに属しますし。


7 :1:2006/09/19(火) 02:16:28 ID:CDIlQV/D
私が館もので考えたのは、風呂場で溺死するトリックです。
現場はありがちな孤島の別荘の、細長い大浴場です。

浴槽には腰くらいの高さまでしかお湯をはれません。
被害者の死因は溺死ですが、浴槽の外で死んでいました。

被害者は泳げません。出入り口は真ん中にあって、
外まで水がこぼれた形跡はありません。どういうトリックか。


8 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 02:19:43 ID:1eDnZO/C
>7
浴室全体にお湯をはって、被害者が絶命後抜いた?

9 :1:2006/09/19(火) 02:57:12 ID:CDIlQV/D
そう考えますよね。が、脱衣所に水が漏れた形跡がありません。
というか、かりに脱衣所への扉が開いていたとしても成立するかも。


10 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 03:23:38 ID:B2pxRhEK
良スレか。

1人20役なんてどうだろう?

11 :1:2006/09/19(火) 03:28:13 ID:CDIlQV/D
怪盗二十面相がフル回転ですね。


12 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 03:51:47 ID:2ssUGR1w
自分が館もので考えたのは、ほら「寝ている間に関係者がそっくりだけれど
違う屋敷に移送されているトリック」の変形で、関係者が全員月面の屋敷に
移送されているという。
そこはフェアプレーで、「星のまたたきが無い」ことをさりげなく記します。
以下、低重力下でのみ成立するトリックを中心に3人ほど殺します。
最終的に名探偵が「ここは月だったんだ」と明かし、生き残り全員で地球を
眺めて大団円です。


13 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 09:59:08 ID:Cs0oqEap
>>7
あんたの口ぶりだと館に仕掛けがあるっぽいな。
浴室に機械的な仕掛けがあるわけか?(浴室全体が下がる、浴槽が回転する等)

死体発見時、浴槽の湯がどうなってたか聞きたいところだ。

14 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 10:03:01 ID:Cs0oqEap
わかった。
細長いがポイントだな。
浴室が縦回転して、水責め。正解?

15 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 10:11:45 ID:Cs0oqEap
>>12
ネタは良いんだけど。
月に連れていく箇所のリアリティと、月でしか実行不能トリックとやらの一般性、月とはいえ宇宙ステーションのような重力のある空間で実行可能か?など問題大杉では。

16 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 10:27:18 ID:2ssUGR1w
>>15
そこなんですよ。そこがネックでメフィスト賞に応募できない。
宇宙観光がそろそろビジネス化しそうだから、月面を舞台にしたミステリも
ありかな、と半ばマジに考えていたトリックです。
一つ考えているのは、一人称視点を非常に幼い人間か、科学知識の無い者に
設定すれば書けるかな、と。
ほら、女の人の科学知識って豪快でしょう。
「近くの消防署の避雷針に落雷したそうです」
「あら、避雷針があってもダメなのねぇ」
(↑避雷針がある場所には雷が落ちないと思っている)
「このラジオ壊れてるわ」
(↑電池のプラスマイナスを逆に入れている)


17 :1:2006/09/19(火) 18:00:59 ID:CDIlQV/D
>>12
凄いですね。地球・宇宙規模のトリックとは壮大です。ただ…
低重力は全員が経験するのでトリックにならないと思います。
遠心力によって重力を生み出す軌道上のコロニーなら可能。
回転が停止する時間帯に一向を眠らせておくという感じです。


18 :1:2006/09/19(火) 18:10:49 ID:CDIlQV/D
>>14
大正解。流石この板ならすぐ分かりますか。作品化の際は、
ミスディレクションを絡めて記述を増やさないとダメですね。


19 :1:2006/09/19(火) 18:16:30 ID:CDIlQV/D
補足。回転が始まれば、扉が開いたままだとしても、
床が滑るので脱衣所へはまず辿り着けないでしょう。
ただ壁で打撲ができる余地が生じるのがマイナスです。

また浴室を元の位置に戻すときにゆっくり戻すので、
浴槽から溢れた水は中央の排水溝に吸い込まれ消失、
常にライオン口からダバダバ出るので浴槽の湯は復活。


20 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 18:31:22 ID:Cs0oqEap
>>16
一人称女性はいいけど、「読者が一般的に知っている科学知識でのトリック」と両立させられるか?
一応、ミステリには「特異な科学知識でのトリックはNG」というルールがあるわけで・・・。
ま、メフィスト賞ならry

>>17
そのネタ、某島田御大にあるからなぁ・・・

21 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 18:58:00 ID:Cs0oqEap
>>19
打撲や不自然な格好、浴槽につかまれるんじゃねーの?などの問題もあるだろうけど、
浴槽外で溺死しているという不自然さが一番問題かと。
でかい仕掛けを用意したのに、事故にならないのがなぁ。
うまい具合に浴槽に入る回転なら良いかも。

22 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 19:05:27 ID:fjgjCVNG
月での低重力をいかしたトリックなら
死斑を見た素人が本かネットを頼りに死亡時刻を推定して・・・
とかいった設定なら、いわゆる犯人の意図しない不可能犯罪はフェアプレイの範疇でできるな。

あと、地球から見えない月の裏側にいるっていうことについても
伏線張っておくべき。

23 :1:2006/09/19(火) 19:17:09 ID:CDIlQV/D
>>21
打撲は溺れたときに暴れて出来たのだろうと思わせます。
浴槽は濡れているので全体重を支えるのは無理でしょう。
浴槽がすり鉢上なら、浴槽に戻すのも可能かもしれません。


24 :1:2006/09/19(火) 19:22:16 ID:CDIlQV/D
>すり鉢上
すり鉢状で浴槽の底が床より低い形ですね。
浴槽が(長辺の)壁から壁へ横断していれば、
高い確率で浴槽に戻せますね。いけそうです。
後は他のトリックの可能性を潰していけばOK。


25 :1:2006/09/19(火) 19:31:12 ID:CDIlQV/D
お次は縊死トリック。現場は例によって孤島の別荘。

被害者は密室で縊死体(絞死かは不明)となって発見されました。
ドアは頑丈な鍵が掛かっていて、窓は人間が出入りできない大きさ。

ベッドは窓際に、死体はドアの側にありました。他は普通の家具。
ドアは下部にも隙間なし。室内は多少荒らされた形跡があります。

ドアはかんぬきも降りていて、ドアに糸・氷の仕掛けはないとします。
さて他殺だとすれば、いったいどういうトリックで殺したのでしょうか。


26 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:27:34 ID:fjgjCVNG
ベッドに寝ている被害者を窓から紐入れてコソッと殺害。
また部屋を傾けて被害者をドア側へ。
家具は固定してあってめでたしめでたし

27 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:35:59 ID:5lh3YrXI
これほど完璧な殺人の計画を私は知りません!

28 :1:2006/09/19(火) 20:36:30 ID:CDIlQV/D
>>26
正解。瞬殺レベルでしたか。

ただ、窓から紐を入れて締めるのが難しいので(2階以上とか)
(紐つきのバルサンを投げ込むとかして)窓から顔を出させたら
そこを引っ掛ける形を想定していました。家具の固定は耐震用。


29 :1:2006/09/19(火) 20:41:34 ID:CDIlQV/D
本当は窓もないのに縊死する形の方が格好良いんですけどね。
ベッドの脇のカーテンなどが、部屋が回転するときに首に巻きつき、
天井と床が180度逆になった状態で首吊り状態。そして元に戻ると。
ただ具体的にどういう形で首に巻きつくのか思いつきませんでした。


30 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:43:06 ID:iqW0ZuCz
完全にアガサの亜流じゃねぇか・・・。
密室だけど窓は開いてるのな。

31 :1:2006/09/19(火) 20:51:16 ID:CDIlQV/D
まあ、前人未到のアイディアは、簡単に出ないですよね。

あと回転系では部屋の壁が下図のように回転して、
密室が三つ出現するトリックも考えたんですが、
禁じ手の「秘密の抜け穴」に近いし、円形以外は
上手く回らない気がして、没になりました。

┌┐→ ┘└
└┘→ ┐┌ │
     ───┘ ←外壁


32 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:51:23 ID:5lh3YrXI
>>1が考えたいのは島荘みたいなトリック?「今までに無い」なら海野や御大みたいなトリックにした方が簡単そうだが

33 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:58:16 ID:TNB20l07
顔が出るくらいの窓開いてたら何でもできそうだがな
一階なら特にやりたい放題だ、傾ける必要ないし
しかしドアにかんぬきまでかける人が窓を開けたままというのもすごいな

34 :1:2006/09/19(火) 21:05:12 ID:CDIlQV/D
>>32
よく「ミステリのトリック(特に密室)は枯渇した」とか言われますが、
できるだけ本格の範囲内で新しいトリックが欲しいと思っています。
それで、「作者しか解けない」ものは本格ではないと考えています。


35 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:05:51 ID:iqW0ZuCz
>>33
そりゃそうだ。
窓開いてない状態ですら古典パターンは普通に存在してるしな。
・かんぬきは勢いよく扉を閉めると落ちる(鍵はツマミを少し倒すと同じく勢いで閉まる)
・首飾りが引っかかった状態で館が回転する
その上、窓開いてれば何でもできる。毒殺でも銃殺でも撲殺でもなぁ・・・。

>しかしドアにかんぬきまでかける人が窓を開けたままというのもすごいな
この場合はカンヌキは被害者が降ろし、夏場で暑かったため窓は開けたままでいいんじゃないか?

36 :1:2006/09/19(火) 21:08:58 ID:CDIlQV/D
>>33
二階以上でないと成立しませんね。また、
窓を開けさせる形の方が良さそうですね。
電話して「外を見てみろ」と誘うとか。


37 :1:2006/09/19(火) 21:14:42 ID:CDIlQV/D
>>35
そうですね。特に勢いで閉まるのは何回も見たような。

>窓開いてれば何でもできる。
一番難しいのは他の既出トリックの
可能性を潰すことかもしれませんね。

夏場で暑いというのは、とても自然でいいですね。


38 :1:2006/09/19(火) 21:22:27 ID:CDIlQV/D
密室や殺人にこだわるから枯渇するんじゃないかと、
殺人の逆の、死体が生き返るトリックも考えましたが、
双子や顔がない入れ替わり系と探偵の時間錯誤しか
思いつきません。山風の忍者なら何でもありですが。

一人では幅が狭いので、皆さんのアイディアをお待ちしています。


39 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:35:11 ID:5lh3YrXI
1〜6のトリック全部混ぜれば化学反応で素晴らしいトリックが!




できるかもしれない

40 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:48:07 ID:Cs0oqEap
大胆に部屋が動くトリックは、寒いだけになりがち。思い切りの良さと文章力が必要。
幾人もの新本格系が大火傷してるからなぁw
もはや島荘には太刀打ちできないかと。
無茶しまくるしかないような気がする・・・
部屋ごとシェイクして惨殺→たたりに見せかける。とか。


41 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:06:23 ID:vfW6akaj
麻耶の『蛍』の逆トリックと、メル欄ってどっちが早かったんだろう?
まあ更に元ネタはあるんだろうが


42 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:20:06 ID:Cs0oqEap
今、素晴らしくバカバカしいトリックを思い付いた。

とある館。客たちは皆、館内にある客専用の一角に宿泊。
そこは館の端に位置しており、一階〜三階まであり中心には吹き抜けがある。
一階はロビーで客室はなく客たちは二階と三階に宿泊している。
館の他の場所へは一階ロビーを通らないとアクセスできない。
また、一階ロビーから本館につながる通路の先には、大広間があり、夜は連日パーティー。
つまり客たちは、パーティーを開催している大広間を通過しないと客専用スペースには行けない。

ある夜、前日から行方不明だったひとりの客が客専用一階ロビーで転落死する。
大広間にいた人間の供述では、事件後に客専用スペースから出てきた人間はいない。
そして事件発生時に、客室にいた客は5名。
犯人は誰か?

・客は二階と三階を自由に行き来できる。
・ただし二階から転落させても死に至る高さは十分ある。
・客に医者はいない。


43 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:17:23 ID:jjejLCj0


44 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:26:52 ID:JbwDuA8R
エターナルフォースブリザード
一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる
相手は死ぬ



45 :12:2006/09/19(火) 23:38:07 ID:2ssUGR1w
>>22
有難う、参考になります。
>>12 に書き落としがありました。
関係者が最初にいる屋敷は高緯度地帯に建っていて、冬の間は夜が続くのです。
それゆえ、夜が明けないことに不審を抱きません。
「やけに星がきれいだな」という台詞で、屋外が真空であることを暗示します。


46 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:54:47 ID:B2pxRhEK
アシモフの『悪魔の密室』は凄いよ。

47 :1:2006/09/20(水) 01:07:32 ID:yzyXOEOL
>>39
組み合わせは必要でしょうね。
>>40
>部屋ごとシェイクして惨殺→たたりに見せかける。とか。
一見ふつうの部屋に見えて実はエレベータになっていて、
地下まで落とした後に引き上げるというトリックは考えました。
ただの転落死なんだけど、誰かが撲殺したように見えるという。


48 :1:2006/09/20(水) 01:13:10 ID:yzyXOEOL
>>42
>夜は連日パーティー
昼間に通ったとか。夜しか通れない?
>犯人は誰か?
ハウダニットじゃなくてフーダニットですか。

>>44
鉄アレイで殴り続けると死ぬというトリック


49 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 07:29:15 ID:C9nFZikM
>>47
> 一見ふつうの部屋に見えて実はエレベータになっていて、
> 地下まで落とした後に引き上げるというトリックは考えました。

つまりあれですか? 部屋全体を急降下させて殺そうという?
警察の実況検分だとバレてしまうので、吹雪の山荘とか、その手の
クローズド・サークルでしか使えませんなぁ。



50 :42:2006/09/20(水) 09:32:26 ID:I774f2l6
>>48
もちろん犯人は館当主です。
事件発生時その場にいなかったはずの主人がどうやって殺したのか、です。


51 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 09:56:41 ID:C9nFZikM
> ・客に医者はいない。
 
法医学の知識があれば気づく何かが、死体にあるんですね?


52 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 10:09:28 ID:OMZXAYdI
> 事件後に客専用スペースから出てきた人間はいない。
って事だから、動物に突き落とさせたんじゃない?

53 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 11:11:24 ID:Csgbnss5
>>51
主人が犯人の段階で興味がそがれたが、普通に考えれば死亡時刻と傷だな。
ただ傷なんてきちんと解剖しないとぱっと見では監察医くらいしか2階から落ちようが3階から落ちようがわからないだろうけどな。
例えば1階部分は地下に埋まってて死体はそこにあった。
で、自分のアリバイが確保できる(最低でも客間にいないことが立証できる)状態で地下からせり上げて発見してもらう。
吹き抜けだからギミック自体はどうともでなると・・・(野球のピッチャーマウンドとか舞台の奈落(前例有り)を考えればわかりやすいか?)

まぁ同じギミックで1階通る時にタイミングよく床を開けて地下に落とすってのもアリだな。
他にも
・3階の天井に引っかけておく→時間が来ると落ちる
・客室の床が抜ける
・本館と客室の構造が同じで大広間を中心に回転
・主人が2階に案内したと見せかけ3階に案内。客は2階から1階に降りたと思いロビーに足を降ろそう(煙幕とかホログラフィーで偽物の足場を投影)とするが実はまだ2階で転落

54 :42:2006/09/20(水) 14:51:06 ID:I774f2l6
>>53
お疲れ様です。
ほとんど正解だし、これ以上引っ張る価値もないので答え。

四階の床(客間三階の天井=吹き抜けの上部)が抜ける。
吹き抜けの上は部屋になっているかなんかで、そこにいた被害者はいきなり床が抜けて転落死。
なんなら四階、五階、六階などすべての床が抜けて最上階から一階に転落する方がダイナミックで良いかも。
落下時の叫び声が長すぎる・・・みたいなアホな手がかりから真相に到達する探偵。

四階と二階じゃ落下時の傷が違うと思ったけど、確かに監察医じゃないと分からないかもね。
死亡推定時刻=死亡時刻なので、館主人としては獣医くらいいた方が良いか。

55 :1:2006/09/20(水) 17:57:06 ID:yzyXOEOL
>>49
そうです。そもそも館ものは大体そんなもんです。
後でバレるのが嫌なら館が炎上して証拠を灰に。
>>54
それは「秘密の隠し部屋」系のトリックですね。
六階はさすがに外観と合わないだけでもばれそう。


56 :1:2006/09/20(水) 21:10:59 ID:yzyXOEOL
>>53>>54
これも回転というか移動のトリックでできますね。
被害者は一番端の部屋で、部屋が横に移動して、
床がないため哀れ転落死。その際のドアはバネで
自動で閉まり、外側からはただの壁に見えます。


57 :1:2006/09/20(水) 21:15:11 ID:yzyXOEOL
吹き抜けと同じ高さでロビーと同じ床材の地下室があって、
そこで転落死させて、後は死体を置いておくのもいいかも。


58 :1:2006/09/20(水) 21:29:01 ID:yzyXOEOL
んー移動も地下室もいらない気がしてきました。
一階にも部屋があると設定を変えて、その
一階の部屋に被害者を案内。酒(か睡眠薬)で
深夜、寝てる間に三階の部屋に運びます。
後はバルサンとアラームとかで叩き起こして、
「火事か!?」と外へ飛び出るとそこは二、三階。
柵をわざと弱く(外)しておいて、ヒューと転落…。
ただ、もしバレなくても単に業務上の過失を問われそう。


59 :42:2006/09/20(水) 22:49:31 ID:I774f2l6
>>56-58
この方法の利点は、部屋が稼動する等のややこしくて現実味がない動きがなく、最低限の機械トリックだという所。
さらに死体移動や薬物反応、死体推定時刻誤認などのリスクもない。
まぁ、ちゃちな仕掛けが館にあるっつーのは美しくないので小説なら即却下だけど。


機械トリックじゃないやつ考えないか?

60 :1:2006/09/20(水) 23:07:28 ID:yzyXOEOL
館はもう飽きましたか。回転の次は反転。

何も飲み食いせず、注射跡も残らない毒殺トリック。
コンドームに毒を塗る(殺害相手が男なら内、女なら外)、
というだけですが、ここで山風的返し技があります。(目欄)
サクランボを口の中でベロで結ぶみたいなことですね。


61 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:14:30 ID:I774f2l6
コンドームネタは既出。

それにしても>>60メール欄の意味がわからんのだが



62 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:23:31 ID:C9nFZikM
ふと思いついた。そのままでは無害だけれど、血に混じることで初めて効果を発揮する
毒がありますな。それをペニスに塗り、生理中の女性とまぐわって殺すというのはどう?

63 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:25:43 ID:nksLBY6P
コンドームだろうが何だろうが血管内に入れず、毒殺できるならそれで終わりだな。
ほんのちょっと触るか、触りそうな場所に塗っとくだけで終わり。
膣内だろうが尿道だろうが、体内でも血管でないなら皮膚と同じだ。

>>42
>>53書きこんだのは俺だが、発展という意味ではあんたはまだいいセンスがあると思うよ。

64 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:33:54 ID:nksLBY6P
>>62
未知の毒薬ってのはショートで使われがちだが、「条件」「制約」をうまく使うことで単発の作品として仕上がる可能性はあるな。
今までにないかどうかアレだが・・・。

65 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:50:19 ID:I774f2l6
>>62
毒は置いといても、生理中の女がやらしてくれるかどうかがかなり難しくないかw

>>63
サンクス。
あれだけでしょぼいから、こんな展開も実は考えてた。
・翌朝になると安置していた被害者の首が切り取られてなくなっている。
・被害者は双子で、もう一方も館に滞在中。しかも容疑者の中のひとり。
・死体入れ替えトリックの雰囲気が充満(客たちはミスヲタ)。
・双子の一方は自分が自分であることを証明できず、自己崩壊。
・真相は、被害者の頭部の傷を警察に見られたくなかっただけ。
死体入れ替え逆トリック。悪趣味だが。

66 :1:2006/09/21(木) 00:16:09 ID:H3dSQHDY
>>61
まあネタですが、3Pなのに片方だけ死んで、それは
コンドーム二枚重ねのトリックだとか、色々発展します。
>>62
処女でも良いでしょう。それにしても男だけ無事ですか。


67 :1:2006/09/21(木) 00:16:38 ID:H3dSQHDY
>>63
ところがどっこい、青酸カリとか体液に反応して
ガスが出るタイプの毒なら意味はあると思いますね。
>>65
最初から首を切っておいてもいいような感じですね。


68 :1:2006/09/21(木) 00:22:13 ID:H3dSQHDY
あと毒物関係では、鼻は大丈夫だけど
喉の器官から感染する空気毒があって、
口呼吸の人だけ死ぬトリックを考えましたが、
「未知の毒物」ということでフェアでない。

発展で、皮膚呼吸で感染する毒があって、
日焼け止めのオイルに見せかけて皮膚に
予防の膜を張っておくというのも考えました。
が、「皮膚呼吸」自体が医学的にありえません。


69 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:42:39 ID:SdMaC7Q2
新種の毒殺トリックの場合は、一般性という意味でフェアかどうか、司法解剖を通過できるか、という2つの問題を両方クリアできないことが多いな。
衆人環境で一人にだけ毒を盛る方法を新しく考えるのが一番良いような気ガス。
命題としてはありきたりだが。

>>66
処女でも血が出ない場合多し。

>>67
えっと、一応言っておく。
先に頭を切った場合、死因と死体推定時刻とアリバイが消滅してしまうので。

70 :1:2006/09/21(木) 01:08:29 ID:H3dSQHDY
>>69
>一般性という意味でフェアかどうか、司法解剖を通過できるか、という2つの問題
>衆人環境で一人にだけ毒を盛る方法
そうなんですよね。新種の毒があれば何でもできますから。

>処女でも血が出ない場合
その場合死なないからリスクはないですね。
そこから生理方式に移行してもいいでしょう。
処女の出血の不確実性か、生理の周期の不確定性かの
トレードオフになります。選べば良いでしょう。


71 :1:2006/09/21(木) 01:08:39 ID:H3dSQHDY
>>69
>先に頭を切った場合、死因と死体推定時刻とアリバイが消滅してしまうので。
死因は頭部の切断、死亡推定時刻は切断時になるでしょう。そういうことじゃなくて、
転落死ならアリバイが落ちた瞬間に限定されるので、都合が良いからでしょうか。

でも、死体入れ替え(をしたように見える)ための動機が分からない。
転落トリックなら「被害者の頭部の傷」を隠す必要はないし、
転落時点で顔は割れているわけだから、後から首を切っても意味がないのでは。


72 :1:2006/09/21(木) 01:17:42 ID:H3dSQHDY
>衆人環境で一人にだけ毒を盛る方法
トランプマジックで特定のカードを特定の位置に
配置するトリックと共通して、枯れた分野ですね。

被害者の習慣などに着目した割振りなら、
まだ工夫の余地があるかもしれません。

これ自体はアレですが、氷の中に毒を入れ、飲み物の氷を喰う
癖がある人だけ死んで、他は溶ける前に飲み終えるみたいな。


73 :1:2006/09/21(木) 01:27:42 ID:H3dSQHDY
>>61
>それにしても>>60メール欄の意味がわからんのだが
くどくど説明するのも痛いんですが、コンドームの毒は、
男が女を殺す場合外で、女なら内に塗りますね。そして、
これを裏返せば逆になる。そこで殺意を感じた男(女)が、
反転を膣内でやってのける離れ技。女の方が難しそう。


74 :1:2006/09/21(木) 01:28:18 ID:H3dSQHDY
あ…、生理殺人は、いつ死んでもいいなら、
タンポンに毒を仕込むのが確実な気がしてきました。


75 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 01:28:35 ID:TkFG4pdb
>>72
名探偵コナン26巻

76 :1:2006/09/21(木) 01:40:32 ID:H3dSQHDY
過疎板なのに指摘早いですね。既出(や使えない)ネタばかりですんません。

まあ「今までに無いトリックを考えついたら書き込むスレ」ではないので、
思いついたら気軽に書き込んでください。書きながら考えて、出ればいいなと。


77 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 01:57:39 ID:SdMaC7Q2
>>71
もう一度説明すると、
転落死はアリバイのため。
死後の首切断は転落の高さを曖昧にするため(法医対策)と
双子を用いたアンチミステリ風ミスリードのため。以上

つーか>>1よ、おまいとりあえず女体で実戦積んでからry

78 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 03:01:12 ID:7HRaF8na
粘膜ってもんを知ってる人間がここにはおらんのか?

いいトリックできたら
ぜひモナギコ蜘蛛に出題にきてくださいm(_ _)m

79 :1:2006/09/21(木) 03:33:38 ID:H3dSQHDY
>>77
>死後の首切断は転落の高さを曖昧にするため(法医対策)
気を付けの姿勢で垂直落下しなければ、身体にも打撲ができます。
しかも血が付いた刃物や衣服の始末、切断時のアリバイ対策など
隙も増えて、むしろ首切断の方から足がつきそうな予感。リスク多し。

>双子を用いたアンチミステリ風ミスリードのため
入れ替わりが効くのは一時的なものですよね。
警察が調べれば指紋等からすぐ割れると思う。
時間稼ぎの後犯人が高飛びするならアリかも。

>女体
山風。

>>78
「青酸カリを口紅に塗って殺した」が通る位だから、
考証は考えてませんが、ぜひ粘膜を教えてください。


80 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 06:28:57 ID:8CXMPRky
ここは平屋でありながら、敷地はたっぷりと広い館。
せまい個室で見つかった被害者の死因は転落死。
しかも関係者が駆け付けた時点で意識あり。
…なんてハウダニットはどうでしょう?

81 :1:2006/09/21(木) 06:48:27 ID:H3dSQHDY
>>80
井戸ですか?


82 :80:2006/09/21(木) 07:01:35 ID:8CXMPRky
頭を下にして墜ちた場合の骨折を思わせる死体の状況であって、実際は転落死では
ありません。
館の構造は、真ん中に円く大広間があって、アナログ時計の数字の位置に関係者の
個室があります。
関係者は欧米の推理作家にちなんだニックネームがついていますって、これは冗談。
なお、その夜は激しい雷雨。これはヒント。

83 :80:2006/09/21(木) 07:05:53 ID:8CXMPRky
手掛かり追加: 被害者は女性。


84 :80:2006/09/21(木) 12:31:35 ID:8CXMPRky
あのー、バカミスですので、くれぐれも真面目に考えないでください。
タイトルは『十二支館の殺人』。十二の部屋に子・丑・寅……、と名が
ついています。被害者が発見されたのは子の部屋です、これも手掛かり。

85 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:59:26 ID:SdMaC7Q2
単なる撲殺でもいいのでは、というツッコミはおいといて・・・。

とりあえず、午(ウマ)の部屋の住人が犯人だということは分かった。


86 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:08:47 ID:SdMaC7Q2
犯人は分かったが、トリックがねぇ。
眠らせた被害者の体にくくりつけたロープを、被害者の部屋の窓から屋根を伝わせて自分の部屋の窓まで持ってくる。
落雷と共に一気に引っ張り(音のカモフラージュ)、哀れ被害者は壁に激突。

転落死に見えるだの物理法則だのを無視してみた。

87 :1:2006/09/21(木) 21:21:23 ID:H3dSQHDY
>>86
なるほど、そう言われると「屋根伝いロープ」ものっぽいですね。
屋根は平たくて雨で滑るし、「午」の部屋は円の直径上にある。

ただ、平屋で窓付きなので密室にしてもインパクトが薄くなるし、
人が死ぬほど激しく壁に叩きつけられるか、窓を破らないかが
気になりますね。首に括って絞殺なら、実現できそうですけど。

建物を二階以上にして、被害者の転落の可能性も出しておいて、
反対側の部屋で飛び降りて引っ張れるようにする手もありますね。


88 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:09:59 ID:GQ5wAB0y
>>85-86みたいなアプローチは好きだ。
まぁ小雨でも被害者が男でもできそうなのは別として・・。

俺の考えを簡単に言うと被害者の女が産んだ「子」が犯人。
雷雨は映画「チャイルドプレイ」のモチーフ。ちなみに映画「チャイルドプレイ」の最初の被害者は「女性」でハンマーで顔を殴られた後、転落死。

89 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:18:44 ID:LBDV7cM/
上で>>1が死体が生き返るみたいなの書いてたけど、物語の視点を死体にしたら?
銃殺された死体なんで犯人も、犯人が使ったトリックも、はては動機まですべてわかっている。

後に探偵役が来て推理するんだけど、その推理がすべて的外れ。
読者には探偵役がいかにもなミスリード役だと思わせておいて、
実は語りの死体の方が勘違いしていたミスリード役。
死体が思っていた犯人の銃は空砲で、殺したのは真犯人…みたいな感じで…。

駄目だ…バカミスだなw

90 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:22:18 ID:TkFG4pdb
>>89
我孫子か何かの小説で、死体の側にある人形の目線で話が進む小説があった気がする。

91 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:23:51 ID:LBDV7cM/
>>90
なんだw
もうあったのか、やっぱ難しいなw

92 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:26:48 ID:TkFG4pdb
>>91
詳しい内容は覚えて居ないので、

・探偵役が来て推理するんだけど、その推理がすべて的外れ。
・読者には探偵役がいかにもなミスリード役だと思わせておいて

これがあったかは、うろ覚えだけど、

・実は語りの死体(人形)の方が勘違いしていたミスリード役。

これは当てはまっている小説だったねー。

93 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:28:51 ID:GQ5wAB0y
>>92
それ多分我孫子じゃなくメ欄

94 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:29:57 ID:TkFG4pdb
>>93
あー、それだ。人形シリーズが我孫子にあるから、そっちだと勘違いしてた。
サンクス。

95 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:31:25 ID:SdMaC7Q2
>>89
細部までは忘れたが、それ有栖川の(メール欄)ではないか。

つか死体視点は、乙一やら山口雅也に傑作があるから、それを越えるのはよっぽどでないと無理かと。

96 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:33:53 ID:LBDV7cM/
>>93
おもしろそうだ、読んでみよう。

>>95
有栖川も書いてたのか…難しいな。
意外な視点で物語を進めていく手法なら
宮部の「長い長い殺人」が好きだったからな。

97 :1:2006/09/21(木) 22:47:58 ID:H3dSQHDY
>>89
ああ〜死体視点での語りは面白そうですね。
叙述と上手く組み合わせれば、既出の作品は
あるだろうけど、新鮮な印象は与えられそう。
倒叙形式だけど、それが偽の解決、みたいな。


98 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:49:31 ID:TkFG4pdb
死体(幽霊でなく)視点だと、死体発見後〜荼毘にされるまでの期間に事件を解決しないとだね。

99 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:50:15 ID:GQ5wAB0y
>>95
山口雅也のは「死者=生者と話せない」ではないから方向性は違うんだろうけどね・・。
あの作品の良さはは世界観と犯人へのアプローチの過程かな。名作だな。

まぁ小説にするってわけじゃないからくだらないものでも色々出してみるのはいいんじゃないか?

100 :1:2006/09/21(木) 22:54:23 ID:H3dSQHDY
犯人は死体、というのもありましたから、
ますます夢が広がる死体ワールド。


101 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:15:08 ID:qLjZGeAM
今までにない新しいトリック・・・
例えば冥王星が太陽系の惑星から外された事で成立するトリックとか


102 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:20:06 ID:GQ5wAB0y
>>101
動機にはなりそうだけどね・・・。

103 :80:2006/09/21(木) 23:23:09 ID:8CXMPRky
仕事から帰って来たら……、
さすがに皆さんツワモノだなぁ。確かに午の部屋にいる関係者が犯人です。
さて、解決編。くれぐれもお怒りにならないで下さい。
 
午(うま)の部屋にいる犯人は馬並みの駿足です。
以前から関係していたミッキーマウスヲタの女性と、自室で喧嘩になりました。
彼女を小脇に抱えた彼は、ドアを開け放しておいた子(ね)の部屋まで全力疾走し、
壁に頭部を強打させて、死に至らしめました。この時の足音・悲鳴その他は雷鳴で
聞こえません。頭部からの出血はミッキーマウス帽に吸収され、壁に残ることは
ありませんでした。
 
……ホント、ひどいですね。すみません。

104 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:28:15 ID:TkFG4pdb
>>103
悲鳴が聞こえないのなら、
>しかも関係者が駆け付けた時点で意識あり。
何故関係者が賭け付けたんだろう?という疑問があるような気がする。

105 :1:2006/09/21(木) 23:37:33 ID:H3dSQHDY
>>101
「占星術」とか見立て殺人があって、そこで冥王星がずれることで、
アナグラムが違ってくる、という場面でなら使えると思います。
>>103
うーん、それならあっさり死んだ方が問題が残らない気がします。


106 :80:2006/09/21(木) 23:43:40 ID:8CXMPRky
>>104
はい、そこはですね。翌朝の食事の際にでも「彼女が来ないな」と不審を感じた
一同が、子の部屋で死体を発見したとしたら、たとえ転落死体でも、
 
「昨夜、屋外で転落死させて、ひそかに子の部屋に運び込んだのだろう」
 
と思われてしまうので、こういう苦しい状況設定になりました。
午男は「たまたま夜這いに行ったら、彼女の様子が変だ!」と一同を集めました。
このとき、彼女が死にきっていなかったのは計算外です。

107 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:46:18 ID:TkFG4pdb
>>106
なるほどねー。



えーと、問題の根本を揺るがすツッコミを見つけてしまったのだけど、
「被害者の死因は転落死。」と書いてしまっているから、追突死?激突死?っていうのはまずくないかね。

108 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:50:49 ID:GQ5wAB0y
雷雨であることと女であることと館の形の必然性がわからない・・・。

109 :1:2006/09/21(木) 23:53:14 ID:H3dSQHDY
>>106
殺害方法に時間の制約はないので、例えば殺害は夕食前でも良いのでは。

>午男は「たまたま夜這いに行ったら、彼女の様子が変だ!」と一同を集めました。
本気で殺そうとするなら、死んでいるかどうか確認するだろうし、
午男が一同を集める理由がよく分からないですね。いつ発見されても
特にアリバイが生じるわけでもなく、むしろ第一発見者で疑われます。
「お前が夜這いに行って、拒否されたから殺したんだろう」とか。


110 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:53:19 ID:TkFG4pdb
>>108
雷雨は悲鳴・足音を消すためで、女性なのは「小柄で小脇に抱えられる」という意図じゃないかね。
森クミだと無理だけど。

まぁ、人が死にかける程の力で壁にぶつけたら、痕跡が残りそうだけど・・・・

111 :1:2006/09/21(木) 23:55:02 ID:H3dSQHDY
あと館の形で、子と午が直径上にあるという利点が生きてますね。
つまり、直線の方が走って壁にぶつけやすいということでしょう。


112 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:06:17 ID:GQ5wAB0y
>>110
外壁が薄く内壁は厚いとかよほどしょぼい建物じゃない限り、実際は内部の騒音の音の方が大きいのが事実だけどね。
雷は音消すけどひっきりなしになるわけでもないし。
さらにショタの女が犯人で相手が子供でもいいわけですよ。
館の形はそれこそ「長い家」でもいいしね・・・。

113 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:15:12 ID:bNeXnJMq
ツッコむのも申し訳ない感じだが・・・w
突発的犯罪ならば見つかるまで死体を放置しておくべきだ。

つか、転落死云々の意味がまったくわからないわけですが。
そもそもその現場で誰がどう間違えて転落死だと誤認するんだ?平屋なのに。
さてはアンタ“平屋で転落死!”をうたい文句にしたいだけだな?!
島荘の“地上○○メートルで溺死!”みたいな感じで


114 :1:2006/09/22(金) 00:23:09 ID:5XI/nFna
>そもそもその現場で誰がどう間違えて転落死だと誤認するんだ?平屋なのに。
何者かによる撲殺だと考えるのが普通ですよね。
(犯人名も伏せたことだし)被害者が「転落した」と言ったとか?


115 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:37:59 ID:N7tgLwLL
むしろ運動エネルギーを相手だけに伝える方法が想像つかんw
抱えて突っ込めば自分も壁に激突するし、胴体というか持っていた部分と、
さらに加害者の腕に擦過傷が付くだろうしね。
急ブレーキかけて、被害者を放して慣性で激突させても床に痕跡が残る。

116 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:50:32 ID:UDCDw4jw
ほれ、あれだ
壁を蹴って宙返りするやつ

117 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 07:01:12 ID:cMqFu2N9
小鳥遊か

118 :80:2006/09/22(金) 13:10:22 ID:yefDgRJl
ツッコミどころは際限なくあるでしょうが、なにしろバカミスですから。
 
一つ言い訳をお許し頂けるなら、この手の話は最初にトリックありきで、
あとは帰納的に書かれるものです。そのため、キャラクターがおかしな
ふるまいをするのは仕方ないのかな、と…。そこを上手く誤魔化すのが
作家の腕でしょうかね。 では、名無しのオプに戻ります。

119 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 13:23:58 ID:yefDgRJl
このスレッドが立った頃と前後して、コンビニで
推理作家10人会 著「犯人は誰だ?名探偵推理クイズ」って本を買いました。
特殊な知識が無ければ解けないトリックが多々あって興ざめです。
 
この本ではありませんが、例えば、被害者の最後の言葉がスウェーデン語で、
それしか手掛かりが無いとしたら明らかに反則でしょう。

120 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 17:07:58 ID:4QYJrzV+
>>119
その本は俺も読んだけど、全く同意見だw
違う人が同じトリックを書いてたような微かな記憶があるが、それも興醒めの要因の一つ

121 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:01:55 ID:bNeXnJMq
コンビニで立ち読みして、二分後に棚に戻した俺は勝ち組。
どこかで見たようなトリックと、どこでも使えないようなトリックのオンパレード。

122 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:51:43 ID:cMqFu2N9
>>119
10円玉のやつかな。それなら、法月のだけなら読んだ事がある。

123 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 19:30:16 ID:EmWN/9KH
>>122
それってアンソロ本の「競作 五十円玉二十枚の謎」じゃないか?
>>119
は有名作家が参加してる奴じゃなく、いわゆるコンビニ文庫で、読み価値すらないほどのものだぞ。
だいぶ昔の本だけどね。
ttp://homepage3.nifty.com/mystery-quiz/tensin12.htm

124 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 19:34:39 ID:OosZ+5hv
>>1
振りこめ詐欺(オレオレ詐欺)のトリックは何になるの?
一人二役(変装)?

125 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 19:57:13 ID:0zZu17d0
>>123
モナギコ蜘蛛で昔ネタにされてたな

126 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 20:26:08 ID:UDCDw4jw
五十円玉二十枚の謎は専用スレもあったしな

127 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 20:47:01 ID:bNeXnJMq
俺は公募に送ったしな(恥)


128 :1:2006/09/22(金) 22:58:21 ID:5XI/nFna
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』なんかも日常ミステリに属するかも。

「五十円玉二十枚」ですが、両替する人は宇宙人だという説を考えました。
五十円の材質が、宇宙船の燃料か宇宙人の食料に適しているのでしょう。
なぜ銀行で一度に両替しないのかというと、監視カメラを嫌がったとか。
というかそもそも五十円玉が作られたのは宇宙人の陰謀が関わっている。


129 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:10:35 ID:HW57PmHh
それはともかく
何故貴方は自分が1である事をわざわざ名前欄に入れてるんだ?

130 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:13:42 ID:Wg1VRulr
推理しろ
それすらトリックの一環だ

131 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:31:11 ID:WmefgCnd
入れ替わりの伏線だろ

132 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:38:48 ID:Wg1VRulr
そういや今日「ひろゆき失踪」と夕刊フジの記事関係で報道があった直後、
ひろゆき氏自身がブログやら関連スレやらに顔出してたけど、
(参考スレ:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158926762/
ぶっちゃけひろゆきが使用していたネット環境をそのまま入手できればネット上での入れ替わりなんか容易いんだよね
ブログの更新やトリ付の書き込みなんか本人以外でも出来るんだし

133 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:40:06 ID:EmWN/9KH
昨日の叙述スレの暴れっぷり見ても>>1の自己顕示欲が強いのは確かだが・・・。

134 :1:2006/09/22(金) 23:54:49 ID:5XI/nFna
>>132
推理小説はよくクローズドサークルにして携帯を封じますが、
逆に積極的にインターネットの匿名性を利用できたら新しいかも。
でも密室と逆で、あまり不可能感がないし、犯人特定の面白みが難しい。


135 :1:2006/09/22(金) 23:55:59 ID:5XI/nFna
>>129
他のスレ(板)でもそうしているの見ますけどね。


136 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:56:48 ID:CMJG8Jne
このスレの宣伝までしてたもんな
俺はぶっちゃけこのスレでやってることは蜘蛛の会でやればいいと思うんだが…


137 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:12:47 ID:lCvQhjKG
>>135でもわかるように、都合の悪いことは無視あるいはすべてを自分の話に繋げるという悪い癖も持っているようだ。
何故だか決定的に話がかみ合わない。
たぶんリア工の童貞だから、許してあげたいとも思うが。


138 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:19:01 ID:lCvQhjKG
ちなみに、カリスマ性を持たない(1が主役ではない通常スレという意味)1の自己主張はスレの崩壊を招くのでやめた方がいいよ。
まぁ君の場合、匿名でもバレバレだろうが。
それでも粘着よりはマシ

139 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:25:50 ID:WFvOoTQW
>>135
意味も無いのにしてるのは一部だと思うが?

140 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 02:34:59 ID:VBIam3zt
何か>>1が非難を浴びるスレになってるな

141 :1:2006/09/23(土) 03:09:46 ID:j3XpsBp6
まあスレが伸びればなんでもいいですよ。


142 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:40:03 ID:5tNnoT3U
>>141
じゃあVIPでもいってこい
意外とミステリ読み多いから

143 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:42:29 ID:ggvAQtAl
>>1は、他スレで馬鹿丸出しな叙述トリックwを披露してたからな。
後付けで解説しようとしたから、矛盾が出まくりで面白かった。

★面白い叙述トリック考えた2★
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1138017114/646

こいつだな。

144 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 08:26:53 ID:byLr7Pws
海外で法律とか違うし、文化全く違う中東とかにもトリック物とか
あるんですかね?欧米とか以外で。

145 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 11:55:34 ID:rLPMHjHf
>>136
元々クイズ出すスレじゃないとは思うが>>1がクイズ形式にしちゃってるからなぁ。
加えて今まで出たの蜘蛛で出そうものならすさまじい叩きが出ると思うぞ(それも面白いけど)
「こういうトリックあるんだけど何かの本で既出?」みたいな物なら一応の価値はあるんだろうけどな・・。

>>144
中東に限らずは読書量が少ない国は娯楽小説も少ない。専業作家もほとんどいなくて学者の本くらいだし、そもそも出版社がほとんどない。
欧米や日本を含めた東アよりの国の場合、学校で教科書使うけど、教科書使わないところも多いし・・。
石油関連も紙とか国内で利用するより欧米や東アに売って金に換えた方がマシみたいな考え方してる。
まぁ雑貨屋で手にはいるのは情報誌と翻訳物かなぁ(翻訳すらされてないバリ英文てのもあるけど)・・・。

146 :1:2006/09/23(土) 19:02:57 ID:j3XpsBp6
>>145
このスレについてなら、別に既出かどうか聞いても構わないでしょう。
クイズ形式は謎解きや答えより、考える過程を見るのが参考になります。


147 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:53:27 ID:ggvAQtAl
>>146
お前は、後付けで矛盾が生じない問題を考え付くまでROMっててくれ。

148 :1:2006/09/23(土) 20:17:57 ID:j3XpsBp6
え?

149 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:23:12 ID:5tNnoT3U
後乗せサクサク禁止ってこった

150 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 22:56:06 ID:XHGW8yEE
「僕が作った僕のスレなのになんで?」
っていう表情が目に浮かぶようだ

151 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:38:53 ID:h1aEvFeQ
もうちょっと、大ワクから絞り込む感じでブレーン・ストーミングする
スレを目指すのはどうかな?
この流れでは、亜流スレとそしられても仕方ない。
今までに無いトリックを考える、って方針はいいと思うよ。21世紀本格
みたいで。

152 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:43:33 ID:lCvQhjKG
その通り。
ではジャンル指定だけして、皆でネタを考えるのはどうか?
しかし絞り込む大枠がある時点で、今までにないから外れるかも。

153 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:46:24 ID:rLPMHjHf
1週間もたたずこの流れとは・
ちょっと笑える

154 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:51:05 ID:5tNnoT3U
1のレス見てたらこの流れになるのは容易に予想できただろ

さて、とりあえずその大枠は何にするよ?

155 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:55:39 ID:rLPMHjHf
ごめん>>150までの流れね
それ以降は同意

156 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:03:20 ID:h1aEvFeQ
人類の大半がテレパシストになった社会で、殺意を抱いた者は、頭が二つ
ある人間より目立つ。その中で完全犯罪を目指す男を描いた名作SFがある。
その手の特殊な社会を前提にしてはどうかな。

157 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:09:43 ID:sPC7SGnG
そういうのは普通ロジックありきの設定付けだと思うが・・・面白そうではある
なんかそそるような縛り前提はないかね?
頭固い俺には思いつかん

158 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:17:59 ID:ACfhwEmx
世界観はともかくイメージは西澤系か・・・
マイノリティレボートにも近い。
ちょっとかんがえてみますか。じゃおやすみ。

159 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:22:19 ID:YBVD8x2u
アイ、ロボットとかね
SF系ミステリは開拓の余地があるな

160 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:33:02 ID:/piZe1ru
ロボット三原則が全て裏返ったロボットを、ロジックで倒す小松左京の
短編なんか、ミステリ的な感動を覚えたよ。

161 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:51:16 ID:sPC7SGnG
なんか今までにないロジックを考える流れになってるが
別にいいか

162 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 00:52:28 ID:YBVD8x2u
城平京の後期スパイラルとかヴァンパイア十字界みたいなのだな

163 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 01:45:58 ID:sPC7SGnG
辻真先のデッドディテクティブみたいに
嘘を見破る、過去を見通す力を持った探偵を相手に
完全犯罪っていうのはどうだろう?
デッドディテクティブの解決はちと期待はずれだったもんだから

164 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 01:46:03 ID:MGCqPRlW
海野十三でも参考にしてみたらどうだい

165 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 01:47:44 ID:sPC7SGnG
>>156
作者とタイトルをおせーてください

166 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 02:07:45 ID:vI/sfdfZ
ついでに160のタイトル(短編集に載っているなら書名)も教えてください

167 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 07:44:55 ID:/piZe1ru
テレパシスト社会の方は、
アルフレッド・ベスター
「分解された男」(創元)、「破壊された男」(ハヤカワ)。
 
ロボット三原則が裏返る方は、
「ヴォミーサ」。どの短編集に入っているか解りません。自分は
筒井康隆のアンソロジーで読んだもので。
 
SF的な状況設定ではなく、例えば関係者全員が何らかの事故で
失明し、その中で起きる連続殺人、なんてどうでしょう。

168 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 10:00:21 ID:/piZe1ru
一人だけ失明を免れた者が「犯人か」と思わせておいて、そいつも途中で
殺されてしまったり、関係者の中に声帯模写の名人がいるとか、いろいろ
ミス・ディレクションを盛り込めそうな気がします。

169 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 10:05:32 ID:yupAMCeP
失明をした状態で、確実に人を殺せるのかな。
地の文で「失明した」と書かなければ、なんとか騙せるかもしれないけど。

170 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 11:04:35 ID:ACfhwEmx
>>163
完全犯罪できないパターンなら京極の「雲外鏡」だな
>>169
最初から盲目ならともかく失明してすぐは無理だろうね。だから、SFとしてすらあやしい失明じゃなく建物内を暗闇にするパターンにしてるんだと思う。
暗視ゴーグル使えば一人だけ自由に狩り放題・・・。

171 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 13:19:19 ID:/piZe1ru
生まれながら盲目の一行が、ツアー先で孤立、しかもツアーコンダクターが
真っ先に殺され、そこから始まる連続殺人ってのも考えたんですが、障害者を
悪人にしてもいいのかな?と、自分の中にそういうモラルがありまして……。

172 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 13:21:54 ID:eoHgUGEB
>>171
障害者の振りをしたのが犯人なら無問題

173 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 14:15:04 ID:sPC7SGnG
>>171
そりゃ正しいモラルじゃねぇやな

174 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 14:20:38 ID:yupAMCeP
「障害者を悪人にしてはいけない」と考える事自体が差別になるんじゃないかね。

175 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 17:08:43 ID:YBVD8x2u
今となっては
「中国人や使用人を犯人にしてはいけない」
レベルの妄言だな。

そういやミステリーじゃないことで有名な富士見ミステリー文庫のなかで唯一ミステリーに近いと評価されてる作品に
「閉鎖のシステム」ってのがあったな。
詳しくは読むかググるかしてくれ。

176 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 18:11:42 ID:iNhbBUuz
別のPCから>>171 です。
モラルというのは偽善的でした。
「そういう題材を扱えば、書きにくくなる」というのが本音ですね。
友人のマンガ家の担当編集からのダメだしを聞かされると、
「そんなことも描けないのか!」と驚くばかり。


177 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 18:45:06 ID:iNhbBUuz
>>175
> 詳しくは読むかググるかしてくれ。

その作品は、自分が考えたシチュエーションに近いのでしょうか。
読んでみます。


178 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 19:02:33 ID:vI/sfdfZ
>>167
dクス。探してみます。

179 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 17:37:21 ID:5GJUIz9z
>>1 さん、おとなしくなったね。


180 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 18:41:57 ID:YCGNw8Ta
うむ。おとなしくなったところで本題に。
今までにないトリックということは、密室・時刻表・叙述だのというジャンルから新しく作るべきだよな。
既存のジャンルから新トリックを考えるのは難しい。
先に出ていた「死人モノ」や「失明モノ」も、後を追う作家が十分量いたら新ジャンルになり得ると思うな。
非現実といえば密室も双子も非現実なわけだから、論理的でさえあればあまり考慮する必要もないかと。

181 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 19:58:27 ID:5GJUIz9z
失明ものを提案した者です。
あれから色々考えまして、とりあえず離島のクローズド・サークルで全員が
キノコに中って失明。それが仕組まれたことであるかどうかはさておき、
 
1:声帯模写の上手い奴がいることは、目的地へ着く前に明示しておく。
2:ひとり失明を免れた者がいる疑い。
3:目の見えない者が目の見えない者に遺すダイイング・メッセージとは。
4:全員が車座で手をつないでいる中、またも起きる刺殺事件。
 
と、ここまで設定しました。
このうち4は、むかしスピリチュアリズムが流行ったころ、交霊会で霊媒が
使ったトリックが流用できるでしょう。

182 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 20:38:30 ID:qMDZZ1RK
>>181
4は(メ欄)に出てくる
もっとも殺人ではなくそのものズバリの降霊術に使ってたけど

183 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 20:48:11 ID:5GJUIz9z
読んでるけど、忘れてました。その前にマジックの本で知った手口です。
メ欄でも、それはサブトリックでしょう。
メイントリックに大きな仕掛けを施せば、サブは亜流でもスルーしてもらえるかと。

184 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 20:57:32 ID:MBMsgo/2
「今までに無い」トリックでなくなるけどな。

185 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 20:58:51 ID:qMDZZ1RK
>>183
んだね。
今まで読んだ作品の中にも、メイン以外のトリックは
過去からの流用ってパターンはいくつかあったし。

それはそれとして、2は「疑い」のままで進めるの?
そしてその「疑い」を持つに至る経緯もどうするのか興味深いな。

186 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:01:32 ID:MBMsgo/2
というか、失明した者が、無差別であれ狙ってであれ、人を殺せるのかね。
そこをどうクリアするのかが楽しみなんだが。

187 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:37:43 ID:5GJUIz9z
まだ、真犯人の目が見えているのか、見えていないのか、そこを決めかねています。
見えているなら、特にトリックを用いずとも、先に誰かが書いた「暗視スコープで
殺し放題」みたいなもので、ミステリ的趣向から外れ、サスペンスに傾斜してしまう。

> それはそれとして、2は「疑い」のままで進めるの?
> そしてその「疑い」を持つに至る経緯もどうするのか興味深いな。
 
考えているのは、真っ暗な中では、かえって失明経験の長い側が有利という点。
失明状態で歩き回っている内に、家の間取りなどは把握できているはず。
昼夜の別は寒暖の差で解るので、深夜、動きがぎごちなくなる者は「失明していない」。
犯人がそうだとして、殺人の前にライターを点ける音、そのオイルの薫り、なども
手掛かりに使えそうな気がします。

188 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 21:58:23 ID:axv9QXGt
暗闇の状況を思いついたんだけど
新しい試みとかではないが
岡嶋の「そして扉が〜」のパロディみたいな感じで
真っ暗な地下シェルターに閉じ込められ
閉じ込めた犯人とはまったく別の奴によって起こされる惨劇
みたいなのはどうだろう
目が見えない装置を取り付けられた、でも話が通ると思う
閉じ込めた奴はたまに連絡を取ってくるが
こちらの惨劇を説明してもどうせ外に出たい為の嘘を言ってんだろと相手にされない。
そして暗闇で死んでいく仲間達、恐怖を味わわせる為にゆっくり殺していく犯人みたいな感じで

189 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 08:03:06 ID:Id8eJdbG
盲学校の同窓会旅行というのはどうか。
唯一目が見える引率者は早期に失踪(この人は殺されているかもしれないし犯人かもしれない)。
ある程度目が見える者は最初に殺されるか旅行前に殺される。
全盲者が残ったところで、一人ずつじわじわと・・・。
で犯人は、手術で目が少し見えるようになっていたやつ。

盲人の鋭い感覚による犯人特定、目が見えているという伏線、盲人トリビアなど面白い要素はいくらでも作れそう。


190 :ロートレック荘事件:2006/09/26(火) 09:04:37 ID:8sROCVem
無理のない設定が二つ出来ましたね。ありがとう。
 
こういうネタを考えたのは、ほら、ミステリーって、こっちが作中にいないのを
いいことに好き勝手やるでしょう。
男言葉で話す女とか、オトナっぽい口調で話す子どもとか、筒井康隆のメ欄とか。
「オレがその場にいたら解けたよ!」
と、本を投げ出したくなること数知れず。
だったら、いっそ作中人物も目が見えないことにしてやれ! という気持ちです。

191 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:05:45 ID:8sROCVem
あ、メ欄じゃなかった。すみません!

192 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 10:03:48 ID:lL8lDe94
んな事を言い出したら、トリック自体が「犯人が好き勝手にやっている」事だしねぇ。

男言葉を話す女も、大人口調で話すこましゃくれたガキも、実際に居るから違和感は無いかな。

193 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 07:59:53 ID:JmFkdF4j
ミステリに超能力者を出すのは御法度。ノックスの十戒にもあるんだっけ?
最近では西澤保彦作品などがあるが、過去にも傑作があったよ。
アイリッシュ『夜は千の目を持つ』に予知能力者が出てくる。
ライオンに殺される、って予言を受けた男、大都会でそれは無いだろう、と
思っていたら……。後は書かない。

194 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 08:55:48 ID:+kg1pwsX
別に最初から超能力について詳しく明かしてるんなら何の問題もないだろう

195 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:07:47 ID:XFmX05/Z
トリックが超能力によってのみ可能っていうのじゃなかったら大丈夫だと思う。


196 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:21:33 ID:wwXSu38R
>>193
漫画のルパンで「五右衛門が街中で白熊(か何か)に襲われる」という予知が出てくるのがあったな。
それと似たような落ちかもしれないから、今度探してみよう。

197 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:58:24 ID:s0BJ71/I
>>195
能力の説明があれば無問題。

198 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:13:28 ID:eWdoQGUM
ゴルゴ13で、テレパシストをどうやって狙撃するか、あれこれ模索する話があった。
悩んだ末にヨガ道場へ入門しようとするのだが、そこの行者から、
「おまえは既に相当の段階にいる。しかし、かなり殺生を重ねているな。おまえは
その先の段階には行けぬ」
と、門前払いをくらってしまう。

199 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 19:19:15 ID:QaSafZcM
おいおいどうした
ギコ蜘蛛もとまってるし淋しいぜ

200 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 00:53:11 ID:G3XM4K+d
つぅか、1を糾弾したのが失策さ。
ああいう人は泳がせきゃいいんだよ。

201 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 01:59:28 ID:2YdkcNl1
110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 03:13:21
井筒がもうスーパースターですから話すことさえもおこがましいとか言ってたぞ
なんか変わっちゃってしまったのかな?


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 05:12:58
坂上正敏がスポンサー


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 05:24:39
870 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/02(日) 06:30:46
坂上正敏(長良のバツイチ娘と政略結婚)
沢尻エリカ

石坂徳州

後藤正人


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 05:42:54
948 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/13(水) 10:39:50
沢尻は、周りの反応いかんに流されて決断する細野ではなく長良じゅんが義父のサカノウエの業界力で歌も売れた。

202 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:00:53 ID:G3XM4K+d
こうやって、荒らしも来るし

203 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:01:08 ID:I70mug5R
>>200
そのセリフっぽい文章で噛むなよwwww

204 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:25:28 ID:G3XM4K+d
>>200 訂正
> ああいう人は泳がせきゃいいんだよ。  →×
> ああいう人は泳がせときゃいいんだよ。 →○

205 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 04:41:05 ID:KoT8yXEC
他スレに出張して迷惑かけるからだよ

206 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 19:42:29 ID:Of+qf4fX
期待あげ

207 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 05:12:47 ID:7/KrZsOE
何を今さら「DEATH NOTE」のアニメを4話たまったところで視聴した。
原作をまるで読んでいなかったので楽しめた。
これって、前の方で出た「超能力を前提に〜」ってミステリだな。

208 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 13:23:00 ID:YZ/JNhhx
トリックというよりはすばらしい大前提だな。後付が非道くなければ・・。
所謂トリック部分(いかにして殺すか?)は無茶苦茶だったし。主人公が天才の設定なのに行動がアホというのも。

209 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 01:25:09 ID:Wg8rCvhT
頭はいいけど中二病な設定

210 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 18:37:20 ID:wvt2QLbe
>>207
そういうのもっと増えればいいのにな>超能力を前提に
西澤保彦の「七回死んだ男」も面白かったし

211 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 02:13:56 ID:1QmDsSxP
>>210
だからそれを考えるスレだろw

212 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 03:14:39 ID:14cYyYvY
サイコメトラーエイジなんか正にそうだよな

213 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 03:15:10 ID:14cYyYvY
おっ、いいID

214 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 03:45:01 ID:wmvQxNse
こういうのどう?
全人類が吸血鬼になった社会で、あえて殺人を企てる主人公(も当然吸血鬼)。
十字架は持てない。ニンニクもしかり。この縛りの中での完全犯罪。

215 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 08:07:04 ID:o1a3WHUe
何がどう「あえて」なのかが不明だな。

216 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 08:24:42 ID:HC8sbWcu
エサが無いから放っときゃ絶滅する

217 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 13:45:18 ID:FwsLPiCi
>>214
と見せかけて、実は主人公が自らが吸血鬼だと勝手に思い込んでたという叙述トリックで

218 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 02:35:17 ID:VxS5X7i0
そうなると昼間も周囲の人間が活動してる、って時点で前提が崩れないかな

219 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 14:25:01 ID:5RW1dq1z
10件の殺人事件発生。犯行の手口から10件全て同一犯による連続殺人事件と認定。
しかし、現場で採取された犯人と思しき指紋は、各々10人10種、全て別人のものであった。
しかも奇妙なことに、現場から採取された犯人のものと思われる指紋は、鑑識の結果、
全て(前歴を有する)故人の指紋であると認定された。

タイトル「恐怖、10本の指紋を持つ男」

220 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 14:37:46 ID:PhomItnx
>>219
10本ってことは全ての犯行を指一本で?!w
聞き手じゃない方の薬指での犯行とか厳しそうだ

221 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 14:39:55 ID:TtsAYork
普通に無理でしょ。SFって考えればいいの?

222 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 14:44:05 ID:TtsAYork
まさか指を切り取ったとか、そんなありきたりのもんじゃないだろうしな。

223 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 16:24:41 ID:5RW1dq1z
>>220-221
じゃあ、殺害現場からは10人分の指紋が採取されたことから、
容疑者は10人に絞られたが、全員鉄壁のアリバイが成立した。

んで、11人目の容疑者が各指のパーツを10人とそれぞれ交換手術していて、
現場から各一種類の指紋(親指なら親指、小指なら小指)しか採取されていない事を手掛かりに、
探偵役は、そのトリックを見破ると。

224 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:15:31 ID:tA9jy11l
>>222
指を切り取ったりってありきたりか(w

そう思わせて指紋付き手袋10枚に10うまか棒

225 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 00:01:30 ID:VxS5X7i0
つ『本陣殺人事件』

226 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 19:27:02 ID:htQU/hiC
>>219
前半だけなら、普通に10人の共犯だが。


227 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:27:21 ID:YbEbiMI+
交渉人真下正義でも犯人のものらしき指紋が
故人のだったってネタあったけど
あれって論理的に謎とけるの?

228 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:40:08 ID:l7cdFhWh
真下は見てないけど、それ、コーンウェルにもあったね。
多分同じトリックでは無いかと何の根拠も無く予想。

229 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:47:51 ID:htQU/hiC
あれ指紋あったか?
単にプロファイリングで一番怪しい人物、ってだけだったような。
いずれにせよ、あの映画はすべてのネタで本格のかけらも無かったからどうでもいい。


230 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 21:19:14 ID:qI6mVc9j
>227
指紋じゃなくて声紋

231 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 11:48:31 ID:4DDXPkmE
あぁそうだそうだ、声紋だったな。
でもありゃ思わせ振りな終わらせかたがしたかっただけで
トリックうんぬんは考えてるないと思う。
メタルギアソリッド2のエンディングみたいなもんだろう

232 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 13:49:39 ID:02aNTA34
>231
だろうね
いや、交渉人〜を見て劇場から出てきた時は
容疑者〜できちんとその辺の謎を解決してくれるものと信じていたが(´・ω・')

233 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 21:19:38 ID:Nj0Kgm10
超能力を前提にしたミステリなら、母親の腹の中にいる子供が
超能力で人を殺すなんてのもアリ、か?009の赤ん坊もしゃべれるし。

234 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 22:41:05 ID:uj7FAfIY
何でもあり、ってことじゃないだろう。

235 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:02:34 ID:J2QF56R1
>>233

アリだよ?
もちろん最初に超能力のルールを説明すればね

名探偵「…つまり、あの状況で被害者を殺す事が出来たのは○○さんのお腹の中の赤ちゃんしか居ないということになります」

236 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:12:00 ID:uj7FAfIY
書き方が悪かった。
例えば密室殺人で、最後に「テレポートできる者が犯人です」じゃアンフェア。
関係者全員がテレポートできることを最初に提示しておけばフェア。

237 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 09:07:42 ID:nGYR5K8X
ちと思いついたが

一人につき1種類の超能力(魔法でもミュータント能力でも良いが)が有るのが前提の世界で
特定の能力を使用しないと不可能な犯罪(例:密室→テレポート)が起きた
クローズドサークルで該当する能力者は居ない

A:本来の能力を誤魔化している(テレポートを発火能力とか)
B:手持ちの能力でテレポート必須と見える事件を起こす(遠隔視+念動力とか)

チョーモンインあたりで既に有りそうだが……ここまで書いて思いついたが
ウルトラジャンプで連載してるニードレスがこの路線だった

238 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:25:36 ID:4BzkQdom
>>237
今のラノベの3割はそんな感じらしいよ。
山風からMARVEL、ジョジョを経てジャンルが確立されたらしい。

239 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 18:55:42 ID:vDTA8oBw
複数の超能力者が居て、この犯罪が可能なのはどの能力者?という謎ならアリ

240 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 23:22:13 ID:qKz02eEv
>>239それ何て悪魔のミカタ?


ごめん誰も知らないよね・・・

241 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 00:12:30 ID:IdIDKd0q
>>238
なるほど、西尾維新あたりから

242 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 08:52:22 ID:H/tWRiJm
確か有栖川のジュリエットの悲鳴に
そんな感じの短編あったな

火星かどっかのホテルで高層階で密室殺人がおきて
窓から脱出できる能力を持つエイリアンのうち誰が犯人なのかってやつ

243 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 14:53:52 ID:kCKsQ5hg
犯人=作者・読者っていうのが非常に面白そうだが
タイトルを教えてもらうと読む気が失せるトリック

244 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 20:55:44 ID:/YkwL1wS
蝶たちの迷宮か・・。

245 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 08:10:04 ID:/rgR0VFp
F・ブラウンの短編で、まさにこの小説を読んでいる貴方が次に殺される
「後ろを見るな」ってのがあった。タイトル、設定、ともに秀逸なのだが、
翻訳で読むといまひとつ怖くないんだよね。理由は読めばわかる。

246 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 08:32:39 ID:qMU+Q7uM
トリックとはちょっと違うけど。
最近、サラ金のグレーゾーン金利に絡んで「過払い請求」というものがありますが
(グレーゾーン金利は法的に無効だから、民事訴訟で請求すればその分を返してもらえる)
それに絡んで、犯人がすでに死んでいるorそんな事知らない多重債務者になりすまして
過払い金をせしめる、と言う話はどうでしょう?

247 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 17:20:32 ID:HRQ6GmFt
物凄い深い穴に人を突き落とし、墜落死するまでの時間でアリバイを作る。
終端速度が時速200km/hとして、深さ1000kmの穴を掘れば5時間分のアリバイが出来る。

そう計算して犯行に及ぶも、周速が地球の中心に近付くに連れ遅くなるのを失念していたため、
地表の慣性に従い落下した被害者は、底に着く前に側面に激突死するというオチ。

248 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 17:27:34 ID:uAYrnI9b
無重力下では空気の対流が起きないため、常に動いていない限り窒息する。
これは使えないかな。

249 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 18:58:00 ID:RRmNB/Ox
スレ違いかもしれないが、昨日、俺が体験したミステリを聞いてくれ。

「ちっ、またか…」
今日、何度目かの腹痛を覚え、俺は早足でトイレに向かう。
場所は某デパート。仕事を終え、その帰りに夕食の食材を買いに食品コーナーをウロウロしていた。
その日は朝から胃腸の調子が悪く、トイレに駆け込むことが多かった。

しばらくして、トイレを発見。
もちろん俺は日本人だから、迷うことなく和式トイレのドアを開ける。
すると、うんこが流されてなかった。
「ちっ、非常識な奴もいるもんだ・・・」口元を歪め、俺はそう毒づく。

その時、だ。
俺は妙な違和感を感じ、5秒ほどそのうんこを凝視する。

250 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 18:58:51 ID:RRmNB/Ox

「紙が無い?」

俺は、その事に気づき、思わず目を見開いた。
いや、トイレットペーパーはきちんとホルダにセットしてある。

『だからこそ奇妙なのだ』

そう、和式トイレの便座の中にはうんこだけで、紙が無かった。
つまり、脱糞後にお尻を拭いた形跡が無かったのだ。

無論、和式トイレであるので、ウォッシュレットの類は設置されていなかった。
しかも、そのうんこは、完璧な形を保っており、紙を吸い込み口に放り投げ、
緩い水量で、うんこだけを残し紙だけを流したようには見えない。
そもそも、そんなことをする動機が無い。


さて、俺の前に利用した奴は、どうやってうんこだけを残して、
このトイレを脱出したのだろうか?

合理的な推理を希望する。

251 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 19:02:37 ID:o3iRHdEf
携帯ウォシュレットを使いハンカチで水気をふき取った

252 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 19:04:27 ID:PyK9isgW
隣のトイレで尻を拭き、そこで紙だけを流して出て行った。

253 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 19:06:47 ID:HRQ6GmFt
うんこを凍らせて凶器に使った。

254 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 19:09:06 ID:o3iRHdEf
オブラートで拭いた

255 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 19:10:53 ID:o3iRHdEf
目の前にあったが見えなかった

256 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 21:34:53 ID:bmT6KpzS
未来の技術で(ry

257 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 21:53:48 ID:HRQ6GmFt
5本のうんこを輪切りにして、一組ずつずらして一部が欠けた6本のうんこに見せかけた。

258 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 22:01:44 ID:Tdb2ud1u
>>257
最高の回答、感動した。!!!!

259 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 22:10:46 ID:XZWTD9XM
>>250
ギョウチュウ検査のシートで肛門を拭いたので紙を使わなかった

260 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 22:47:38 ID:5SrFPn1m
>>250
うんこは偽物で、君の驚いた表情を隠し撮りされていたんだろ

261 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 23:35:40 ID:sT5AR9Ek
なんかトラウマがあってティッシュが見えなかっただけだろ

262 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 00:12:09 ID:hH4osQeg
前の人のうんこだと思っていたのは自分のうんこで
まだ肛門を拭く前だったんだろう
うんこしてから肛門を拭くまでの間になんからの理由で記憶が欠落した

263 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 00:14:00 ID:9UR7B1Vi
ボスが近くにいた

264 :249:2006/11/28(火) 07:04:48 ID:VPLsUVaP
まぁ、実際の体験談だから答えなんて無いわけだが
個人的には>>251が正解っぽいな
携帯ウォッシュレットなんてものがあるとは知らなかった
日常のミステリなんてものは、得てしてつまらない答えなもんだ

265 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 07:31:18 ID:QqySIezh
痔を患ってる人で、紙が使えないのだろう。

266 :249:2006/11/28(火) 19:48:20 ID:VPLsUVaP
>>250
うんこしてみたら、思いの外、乾いたうんこだったから、
「拭かなくても大丈夫かな?」と思った上の結果

267 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 19:58:52 ID:Ihca7bjp
うんこ味のカレー

268 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 21:44:15 ID:WWiGC4Fw
「俺」と「うんこ」が同一人物という叙述トリックだったんじゃねーの?

269 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 23:06:35 ID:QqySIezh
まさに糞スレと化した……

270 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 10:47:52 ID:Z6FRck9/
じゃあ俺が既出かもしれないがトリックを。


机に水をちょっと垂らし、凹型のドライアイスを被せる。ドライアイスで水が凍り、ドライアイスは机に
固定される。
長い糸を凹型ドライアイスの溝に伝わすように起き、さらに板型のドライアイスを、糸が固定されない
ように気をつけて、やはり水を使って凹型ドライアイスの上に固定する。これで真ん中に糸の通った
回型ドライアイスが机に固定された状態で完成する。

あとはよくあるトリックで、糸をドアの隙間から外へ出し、外から鍵をかけた後、その鍵を糸に通して
ドアの隙間から室内に送り込む。糸を抜き取り、鍵だけを机の上に残して立ち去る。

時間が経てばドライアイスは消え、水も少量なので蒸発する。
探偵が糸と鍵のトリックを思いついても、上手く鍵を送り込めるように糸を引っ掛けられる部分がない
ので、その説は否定される。

271 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 11:01:30 ID:Z6FRck9/
訂正。
ドライアイス同士をくっつけるのは難しい(たぶん)ので、少量の水を机に垂らしたあとは、
凹型のドライアイスを逆さまにして固定する。そこに糸を通す。

272 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 13:22:40 ID:LmdzUQpS
ドライアイスを水で固定するって時点で無理

273 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 16:30:34 ID:Z6FRck9/
そうなのか。
昔子供向けの科学雑誌か何かで読んだ記憶があるんだけど。

274 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 21:12:11 ID:1GgO0ojo
排便し、尻をペーパーで拭き、すべてを終えた後にある事件が起きる。
すなわち、水が流れない!
焦る男。しかし1リットルも流れない水。
仕方ないのでその場を立ち去ろうとするのだけれど、申し訳ない上に美しくない(当たり前だが)。
ペーパーがリアリティを醸し出していることに気付いた男は、はしっこをつまんで救出、隣の個室の便器で流す。
これでかなり見栄えが良くなった。
よく見れば立派なうんこだし。
つか、さすがにつかめねーもんなぁ・・・

以上、俺の実体験に基づいた完全解答でした。

275 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 21:42:09 ID:Z6FRck9/
>>274       ア    リ    バ    イ
11月26日の現場(某デパートのトイレ)不在証明を聞かせてもらおうか。

276 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 23:19:49 ID:o2tMasJt
条件にもよるけど、ドライアイスは放っておくだけで空気中の水分を凍らせて
床や壁に勝手に固定されたりするから、ごく少量の水を使えば固定は可能。
ドライアイスが無くなったとも氷はだいぶ残るので、水の蒸発までには半日程かかる。
数回練習すれば問題なく再現できるよ。

277 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 17:28:37 ID:3F1BmgGV
机とかで水が蒸発すると跡が残らない?
純水っつーか蒸留水とかなら平気なのかも知れないけど。

278 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 23:55:17 ID:6EkBBPF9
ポロニウムを使うってのもトリックっぽい。
ルパン(一世)シリーズに、既にラジウムが出てくるんだよ。
ものすごく早いと思う。

279 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:02:46 ID:Lfiqgyeb
まず、被害者の留守中に被害者の部屋のドアをピッキングで開ける。
そうして蝶番を露出させて、工具を使ってドアをドア枠から外し、自分の部屋のドアと入れ替える。
そしてドアを開けておく。
被害者の帰宅が見える位置に隠れ、帰ってくるのを待つ。
ドアが開いていることに驚いた被害者を背後から襲い、殺す。ノブ等に被害者の指紋をつけさせる。
被害者を部屋に入れる。
被害者の持ち物を漁り、ドアの鍵を盗む。代わりに、自分の部屋のドアの鍵(被害者のドアとすり替
わっている)を持たせ、ドアは予め作っておいた合鍵で鍵をかける。

これで、ドアにピッキング跡のない密室が出来る(ピッキング跡があるドアは自分の部屋の方に付け
直したから)。
難点は、被害者が合鍵を作って誰かに持たせておいたり、どこかにしまっておいたりした場合、その
鍵が被害者の部屋のドアと合わないこと。

280 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:05:09 ID:L6c90yXa
扉を付け替えた痕跡に比べたらピッキング址のほうが目立たないワケだが

281 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:17:11 ID:Lfiqgyeb
そりゃそうだ。
でも傷とかつかないように、慎重にやれば上手く行かないかな?
ピッキング跡は確実に残るでしょ?


じゃあ次のトリック。
被害者に、何か身につける物をプレゼントする。
そのプレゼントに時限式でも遠隔式でも良いから、高いアンペア数の電流を流せる仕掛けを
組み込んでおく。
被害者を感電死させつつアリバイを作る。
被害者の死体から、火傷等の感電死を連想させる痕跡を残した部分を切り取る(ついでにプ
レゼントした物品も持ち去る)。
これで、殺害時に関してはアリバイが出来る。切断時のアリバイは作れないが、それは仕方
ないと諦める。

282 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:21:46 ID:L6c90yXa
切断時のアリバイが作れない時点でアウト
切断する前に死体発見されて通報されてもアウト

283 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:28:45 ID:Lfiqgyeb
でも少なくとも死亡推定時刻のアリバイがはっきりしてれば、容疑者からは外れるんじゃない?
殺してない(と思われてる)相手の死体を、わざわざ損壊するとは思われないでしょう。

切断する前に死体を発見される危険性は、被害者の行動パターンを知ってれば回避できると思う。

あと言い忘れてたけど、単に電流喰らったところを切り離すだけじゃなく、頭部も切り離しておい
た方が良いね。出来れば頭か手に電流食らわして、頭部と両手を切断しておく。
頭部がなければ致命傷→頭部に対する何らかのダメージと思われるだろうし、両手も切断して
おけば、身元を隠すためという推理を起こさせて捜査の撹乱が望める。

284 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:33:06 ID:L6c90yXa
誰にも見られずに頭部両腕切断できる状況作れるんなら遠隔殺人する意味なくね?
死亡推定時刻をズラすだけなら他にもっと安全で簡単な方法あるし

285 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:53:53 ID:Lfiqgyeb
遠隔殺人の利点は、死亡推定時刻をズラすわけじゃなく、本当に死亡時刻にアリバイを用意
しておくことが出来る点だと思うけど。


んじゃ次のトリック。
被害者の殺害を手紙などで予告する。
被害者たち(自分含む)が使う食器の一つに目印をつけ、そこに毒を入れる。
食事の配膳は他人に任せる。
食事時になって、狙いの人物のところに毒入りの料理が行っていなければ、任意に発動できる
仕掛けで騒ぎを起こし、その隙に自分の料理と毒入りの料理を摩り替える。自分は常に解毒剤
を飲んでおき、毒入り料理を食べる。
これを予告した被害者の所に毒入り料理が行くまで続ける。
騒ぎは、殺害予告の延長上のイタズラと受け取らせておく。

狙いの人物の所に料理が行った場合は、一切の騒ぎは起こさず、不穏は動きは見せず、普通
に食事をする。
毒は一つの料理にしか入っておらず、予告で告げた相手を狙って殺害しているため、料理を配
膳した人物が疑われる。

食事時以外にも騒ぎを起こすこと、毎食毒を入れるのではなく、入れなかったときには騒ぎを起
こさないこと。以上によって、『食事時ばかりに騒ぎが起きている』という疑惑を招くのは避ける。

286 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 20:27:14 ID:nP/1I0wT
>>285
頑張るなぁw
どんどんスレを盛り上げてくれw

予告した時点で警察の介入があった場合、食事に毒を入れる機会が無くなる可能性がある。
こういうトリックは、不確定すぎると探偵役が排除するものだな。

仮に警察がイタズラと判断して、殺害予告から手を引いた後に事件が発生したとして、
犯人は、何度も目的の人物と食事をする機会のある人物に限られてしまう。
短編なら使えるかもね。

287 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 21:01:37 ID:H3mlNEgE
毒の出所調べられて終わり
そんな猛毒解毒剤とセットで大量に入手できる奴なんてそうそういねーよ

288 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 21:14:29 ID:nP/1I0wT
本格ミステリ定番の、閉ざされた山荘で、なおかつ逮捕覚悟での犯行なら可能じゃまいか

289 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 00:12:31 ID:tq1NFcwf
おぅ、>>1おかえりw

早速だが電流後首手切りは、そこまでやると肝心の死亡推定時刻が大幅に広がってしまう可能性が高く、せっかくのアリバイがパー。
さらに感電死はどうしても痕跡が残るので鑑識で即アウト。


290 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 01:22:04 ID:KVMj2W/L
俺は>>1ではない。>>247だ。

291 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 09:10:23 ID:HK9zMIB6
仁科さん?

292 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 16:21:05 ID:Hzd65FwB
>>285
遠隔殺人てだけではアリバイなんて関係ないよ。
直接殺さない方法ならどこにいたっていいし・・・。どこがどうトリックなのやら。
毒物もピンからキリまであるし・・・。究極は誰が死んでも構わない、自分が死ぬ可能性もあるバクチを打つとかだし。
だんだん訳が分からなくなってきてるな。いったい何が起きているのか・・。

293 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 16:30:25 ID:KVMj2W/L
>>292
言ってる意味がよく分からない。

>遠隔殺人てだけではアリバイなんて関係ないよ。
遠隔殺人を通常の殺人に見せかけることで、アリバイを確保するって話なんだけど。

>究極は誰が死んでも構わない、自分が死ぬ可能性もあるバクチを打つとかだし。
「誰が死んでも構わない」って何のことだ?

294 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 18:09:40 ID:Dcny3sLk
ただ単に皿に毒を塗る→誰に当たるかは全くわからない
てことを言いたかったのでは

295 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 00:01:19 ID:zFPjCxN5
最初の被害者が実は真犯人で、シナリオ通りに残りの犠牲者が死んでゆくのはどうかな。
死んだふりじゃなく、マジで死んでいるってことで。

296 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 01:27:49 ID:AbsLPECN
二人称形式を使った、叙述トリックを考えたんだが、
どうもググッて調べて見たところ、
竹本健治が同じようなことを作品でやっているらしい…orz

297 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 01:29:56 ID:u17+K8uy
>>295
既に有名作品がある。

298 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 13:28:56 ID:h5geyQUo
>>297
そりゃ海外? 国産?

299 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 19:26:01 ID:uPd38tap
>298
mail欄とか

300 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 23:09:01 ID:V1LhkmdV
じゃあとっておきのトリックをひとつ。


1m近くもある積雪に囲まれた、ある屋敷の離れで殺人を犯してしまった犯人。
内線電話で、雪が止んだ時点では被害者が生きていたことは、本館に伝わっている。
本館に戻るには、その雪の上を10m以上歩かなければならない。

そこで犯人は、足跡を残さずに本館に戻ることとで、殺人を事故に見せかけることを企てる。
しかし、ロープなどを用いて空中を渡ったりは不可能であるし、膝元まで沈んでしまう深い雪
では、足跡を消すのもまず無理。

しかし雪国生まれだった犯人は、即席で大き目のカンジキを作り、それを足に履く。
これで、あまり雪に沈まなくなり、地道に足跡を消しつつ本館へと戻る。
翌日、被害者が本館に戻っていないということで、一堂離れに向かう。この際、雪に足跡が
(目立つほどには)残っていないことを確認させ、さらに昨夜かんじきで歩いた雪の上を踏み
潰して歩くことにより、残っていたかもしれないかすかな痕跡も消してしまう。

301 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 23:27:16 ID:sJ8uY384
雪国生まれだけど膝元まで沈んじゃうような雪に沈まない即席かんじきなんか作れません

302 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 23:38:35 ID:u17+K8uy
仮に作れたとしても、かなり大きくなるだろうから
材料集めと解体後の処理も難しいだろうね。

303 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 10:49:21 ID:xTZyb8LL
じゃあ両手足にカンジキをつける。……ってそれじゃあ足跡をならせないか。

離れからまず勝手口の方に向かい、通った跡の上に白い布を敷いて、その上に薄く雪を被せる。
翌日は、被害者を探しに行く際、別のルートから離れに向かい、そのとき勝手口の方向にも足跡
が残っていない(布と雪で隠れて見えない)のを確認させる。
でもって、何かの理由をつけて勝手口の方へと向かい、布を回収しつつ、通った跡が残っている
つじつまを合わせる。

304 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/17(日) 17:50:58 ID:7weCYDFU
100階建て超高層マンション敷地内で、早朝6時、女性が首吊り自殺しているのを住人が見つけ119番した。

検視の結果、死亡推定時刻は同日の深夜2〜3時の間。
女性の頚部には、いわゆる首吊り痕が見つかり、「縊死状態」であったという。
つまり、「絞死」や「扼死」の場合と違い、『頚部に紐状の物を通し「自らの体重」で頚部を圧迫』されたことが
証明されたわけだ。
その結果、県警では、女性がマンション敷地内で首吊り自殺したとの認識で一致した。

しかし、私(省ぬん刑事)は、この「事件」に不信感を抱き、窓際刑事という立場を利用し、単独での捜査を開始した。

まずは、第一発見者を疑ってみる。捜査の鉄則であろう。

第一発見者は元自衛官らしく、暴力沙汰で自衛隊を除隊された後、自殺したとされる女性と恋仲であったという。
事件発生の一週間前に、この女性から別れを切り出されたそうだ。

この別れ話がこじれて、殺意を抱いた第一発見者が女性を・・・というのは有り得る話である。動機としては十分だ。

305 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/17(日) 17:51:48 ID:7weCYDFU
第一発見者によると、早朝5時50分頃、日課となっているジョギングを開始しようかと思っていた矢先、
マンション敷地内の柿の木にて「被害者」が首をつっているのを発見し、すぐに通報したという。
現場に警察や消防が到着するまで、マンション住人は誰一人この惨状に気づかず、第一発見者は、
一人で現場に待機していたという。

という事は、だ。この第一発見者は、警察や消防が到着するまで、現場に何らかの隠蔽工作を施すことは十二分に
可能であったということではないか?

しかし、アリバイという観点から見てみると、この第一発見者の部屋は最上階のちょうど100階にあり、
死亡推定時刻2〜3時には自室で友人たちと飲み会をしている。彼がトイレに行くため席を立った(10分程度らしい)
ことを除けば、常に友人たちに監視されていたという事になる。

席を立った10分の間に、エレベーターを使用し、マンション敷地内の現場まで出向き、犯行に及び、
再び100階の自室に戻ってくることは、いくら彼が元自衛官であり体格・体力的に優れているとはいえ、
不可能であろう。アリバイとしては完璧である。

306 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/17(日) 17:52:29 ID:7weCYDFU
「いかん、捜査が行き詰ってきたな・・・。」
死体発見現場にて、そう逡巡していると、ふと古びた焼却炉が私の目に飛び込んできた。

このマンション専用の焼却炉。

5年前まで住人が出したゴミを焼却処分する為に使用されていたが、煙突からわき出す煙が景観を損ねるとか、
環境省からゴミの焼却は業者に託すように勧告があったとか、様々な要因があり現在は使われていないそうだ。

しかし、私が今現在見ている焼却炉には、最近何かが燃やされていた跡がある。何かビニールのような・・・。
「そ、そうか!」その時、私の頭の中で稲妻の如く閃くものを感じた。

私は、すぐさま第一発見者の部屋に赴き、突然の訪問に戸惑っている彼を目の前にして、
いつもの決め台詞を発した。

「あなたを犯人ですm9('∀`)ノ」

307 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/17(日) 17:55:49 ID:7weCYDFU
※読者への挑戦
これであなた(読者)の得た情報と探偵の得ている情報は完全に一致した。まったく対等な立場である。
さて、犯人である第一発見者は、どうやって被害者の女性を殺害したのか?あなたにこの謎が解けるかな?(`・ω・´)

308 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 23:20:48 ID:5MfKsDOY
すまんがクイズを出すだけなら、

【推理パズル 総合スレ】 第14回 モナギコ蜘蛛の会
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1162910469/

で頼むよ。
空気読まないと、ミス板でも嫌われちゃうぞ >新潟省ぬん ◆oocooozoos
( ´∀`)σ)Д`)

309 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/18(月) 06:44:08 ID:ZbG12I52
(´・ω・`)ショボーン

310 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2006/12/19(火) 19:10:59 ID:e6asxYUv
パラシュートで被害者を屋上から落として、開いた瞬間、首が絞まる仕掛けになってたんだ(`・ω・´)b

んで、第一発見者を装って、パラシュートを焼却炉で処分、元自衛隊員の体力を生かして、
首吊りをした様に偽装するんだ(`・ω・´)b

311 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 01:29:47 ID:L7agbjMU
読者イコール犯人。これはまだ無いんじゃないか?

312 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 02:05:40 ID:FjCDKoj+
あるよ

313 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 02:38:29 ID:L7agbjMU
え!?
国産? 海外? メ欄でこっそり教えて。

314 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 16:51:18 ID:dLTtWCoW
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1134210858/

315 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 20:18:38 ID:FCxCtuN0
>>313
探偵が最後に「こちら」に向かって「あなたが犯人ですね」って作品は実はある。
それが対象が読者の場合と記述者の場合(いわゆる見えない人)とがある。ただし最初から知ってると面白くも何ともない。
変則系作家の短編集を読み漁ってみるべし。
また、あらかじめ挑戦的に書いてあるのは>>244だが、偉そうなこと言ってる割に、さほど効果もない。あからさまな詭弁でごまかしてるだけ。

316 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 18:08:42 ID:yLVjXhXA
俺の姉貴が使ったトリック誰か見破ってみないか?

去年の話なんだけど、
姉貴に最近ちゃらい感じの彼氏ができた
で、毎週日曜日にそいつと姉貴は三階にある俺の真上の部屋でギシアンするわけだ
受験中だった俺は、イライラしていたんだがある日変なことに気づいた

彼氏がこっそり家に入るのはあらかじめ姉貴が鍵を開けて置けばいいわけだが、
姉貴のいる三階に行くためには俺のおかんとおとんのいる一回のリビングを通って
階段を上らなければならない (構造上俺の家はそうなっている)
でも、あんなチャラ男が姉貴の部屋に行くのを許す両親ではないし
それとなくおとんおかんに聞いてみたんだが、姉貴の部屋に男がいるなんて全く知らないようだ

姉貴の部屋に勿論窓はあるが、道路沿いに向いているので上れロープなどでば目立つし
何より、勉強で家に篭ってる俺は目の前の窓に男が上っていくのなんて見たこと無い

おかんがとったある行動がきっかけで、
俺はそのトリックの全貌を把握したわけだが、さて姉貴が何をやったかわかる人いる?

317 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 19:28:45 ID:8mdgi3MU
その男が部屋に住んでたんだろ。一種の座敷わらしだよ。

318 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 20:59:05 ID:ZPC1ZjR/
あるいはチャラ男の女装。

319 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 21:03:11 ID:+GKeFaPh
316はギシアンする音だけ聞いて姿はみてないんだよな。
つまり彼氏じゃなく親父と……・
仮に別に正解があって彼氏が来てたとしても、3回に1回は彼氏じゃなく親父だな。

320 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 21:04:21 ID:yLVjXhXA
>>318
近いかも
でも、チャラ男は特別キーが高いわけでないので
姉貴はそんな声でばれるような真似はしてません

321 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 21:24:28 ID:ZPC1ZjR/
別に声を出す必要無いだろ。
姉貴の格好してしらっと一階を通過すれば良いだけ。


322 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 22:27:54 ID:C4kXutgz
ようは「俺」のフリをして姉の部屋に通ってたんじゃないの。

323 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 22:42:04 ID:Ch+J1Mi5
姉貴がレズとか?
でも「彼氏」だから違うか…

324 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:22:04 ID:yLVjXhXA
解決編

初日にどうやら以下のようなやり取りがあったようです

堂々とインターホンを押すチャラ男
おかん 「どちらさまでしょうか」
チャラ男「『俺』の友達の『チャラ男』って言います。
     今日は一緒に勉強する約束をしていて・・・」
タイミングよくリビングから玄関に出てくる姉
姉貴  「この子誰?」
おかん 「『俺』の友達よ。今日は一緒に勉強しに来たんだって」
姉貴  「そっかあ、受験控えているもんね『俺』ちゃんも。
     上がるの初めてでしょ。来なよ。『俺』ちゃんの部屋教えてあげるよ」
本当は年上の彼氏に涼しい顔でそんなことを言いながら、
階段を上りまんまと自分の部屋へチャラ男を連れ込む姉貴
それ以降は、俺の友達として普通に上がりこんでいたそうです

事の真相が発覚したのは、俺の部屋におかんが二つ分の湯飲みを運んできたとき
「あれ、『チャラ男』くん今どこ?」
と不思議そうに言ったおかん
全てを悟った俺はとっさにトイレに行っていると誤魔化した

あとで姉貴を問い詰めると、あっさり自白
「もし、俺がばらしていたらどうするんだよ」
「小心者の『俺』ちゃんが、そんなことできるわけないじゃん」と笑って応える姉貴
「で、口止め料は」
「あんたに彼女が出来たら、私の友達ってことにしといてあげる」
口止め料を払ってもらうのはいつの日になることやらorz...



325 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:30:20 ID:yLVjXhXA
おまけ

ちなみに姉貴は、ギシアンはしてなかったといっています
「自分の部屋でそんなことやるはずないじゃん」とのこと
妄想力逞しい童貞の俺が男女の楽しい語らいを拡大解釈していたのか、
それとも姉貴の嘘か、結局わからずじまい

ちなみに未だに二人の交際は進行中
久々にチャラ男にあったら、就活のためか真面目男に大変身していて驚いた
ちなみにトリックは姉貴の案だそうだ
演技の最中、姉貴は動じずに構えていたが、
チャラ男はいつばれるか冷や冷や物だったらしい

326 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:34:47 ID:ssJvl2BM
>>324

面白かったYO!

327 :新潟省ぬん ◆oocooozoos :2007/01/06(土) 23:53:18 ID:aZ82BZGn
はぁ〜、短文でも見事なミステリは作れるもんだな
感心した

328 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 00:01:53 ID:jCAaGqXl
北村加納の日常ミステリのような良いトリックだとオモタ

329 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 00:08:27 ID:N2nUqUqU
こめ汁ー

330 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 02:33:23 ID:IhWm5WS0
姉ちゃんDQN過ぎね?
「俺」も、そこは親にばらせよ!
「受験勉強してる最中にのうのうと上でギシアンしやがってゴルァ!」
って。

331 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 19:55:35 ID:h7GhYIuC
>>316>>324-325
これ、本当の話……なのか?
それはともかく面白かった! GJ!!

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)