2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【容疑者X】二階堂黎人 Part12【本格評論の終焉】

1 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:34:02 ID:iGoBtHnm
二階堂黎人先生の作品について語るスレッドです。

*枝葉末節の言葉尻を捉えたり、揚げ足取りをしないでください。

過去スレ等>>2

2 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:35:05 ID:iGoBtHnm
公式HP 二階堂黎人の黒犬黒猫館
http://homepage1.nifty.com/NIKAIDOU/index.html

過去ログ
それにしても二階堂黎人って
http://book.2ch.net/mystery/kako/967/967317556.html
それにしても二階堂黎人って Part2
http://book.2ch.net/mystery/kako/1016/10160/1016074670.html
それにしても二階堂黎人って Part3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1043626224/
それにしても二階堂黎人って Part4
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1072528754/
【ゲドババァ!!】二階堂黎人Part.5【禿】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1083777101/
【二階堂黎人】ゲドババァ!!×6【魔術王事件】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1103356356/
二階堂黎人 Part7 〜ゲドババァの復讐
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1128852570/
【ゲドババァ!】 二階堂黎人G【人狼城絶版】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135526032/
二階堂黎人って … Part9
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1137665752/
【日本のカー】二階堂黎人 Part10【平成の乱歩】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1140577592/
【グルルルゥ】二階堂黎人 Part11【グアォドバババアアァ!】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1147877404/

3 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:35:43 ID:iGoBtHnm
天才作家の二階堂黎人様が3ゲットだ!

ははは。「このミス」の>>1位は、東野圭吾さんの、『容疑者Xの献身』でしたか(笑)。
>>2はどうしてそんなことお申しになりますの?
>>4は、何と凄まじい告発であっただろう!
我々に与えたその衝撃は、まさに>>5が鳴動し、>>6がひっくり返る
ほどの大変動であった。白日の下にさらけ出された>>7は、実に凄惨、
酸鼻を極めた事柄であったことか! これは、>>8の言うとおり、
二重にも三重にも考え抜かれた、まさに地獄さながらの大犯罪だったのだ!
>>9 よくぞ私の正体を見破ったな、二階堂蘭子!
ほう。『本格ミステリ・ベスト>>10』も、『容疑者Xの献身』が1位でしたか。
ますます戦いがいがある。闘志が湧いてきた(笑)。
フフフ、ワタシハマジュツオウ >>11-1000 ゲドババァ!

4 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:36:50 ID:iGoBtHnm
Q.それにしてもゲドババァって・・・?

A.初出はパート1スレの268・275

268 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2001/05/19(土) 02:05
このひと、週刊アスキーで「ギガンテス」という「SF巨編」を
連載してて初めて読んだのですが。
・今時、電子頭脳に「コンピュータ」とルビを振っちゃうセンス
・宇宙獣人に「ガルルル」と言わせちゃうセンス
・登場人物の名前に「ガ〜」とか「ギ〜」とか中学生が思いつきで
 考えたような濁点多用カタカナを使っちゃうセンス
これらにメロメロで毎週目が離せません。

中略

275 名前:268[] 投稿日:2001/05/22(火) 15:27
今週は

「ゲドババァァ!」

という台詞から始まりました。(ウソヂャナイヨ)
電車の中で吹き出しました。恥ずかしかった。
日々の潤いをアリガトウ

5 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:37:25 ID:iGoBtHnm
猪苗代マジック巻末インタビュー
(問)自作に対する評価は気になりますか。
(答)読者の感想はありがたいのですが、評論や書評についてはほとんど関心がありません。
僕は自分がミステリー・マニア〜正確には本格推理小説マニア〜であると自負していますから、
自分が書いているもののレベルや、その作品の位置と意義はちゃんと把握しているつもりです。
評論の中には確かに参考になるものもありますけど、それはごく少数です。
むしろ、本格推理に対する理解不足や的はずれな意見の方が目に付き、憐憫すら感じてしまいます。

誤解を恐れずに言うと、小説の中でそんなにミステリーって好きじゃないんですよ。
世界文学全集とか日本文学全集に入っている主流文学を読んでいる方が、ずっと好きなんです。
それから、海外SFも気楽に読めます。
ミステリーって、言っちゃ悪いけれど、ペ−パーバックみたいな時間つぶしに読み捨てにする本であって、
それを評論したり、系統立てて解説すること自体、無駄だと思うんですよ。

6 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:39:55 ID:hEZArAui
探偵小説研究会
・二階堂黎人先生のにっくき敵
http://www.geocities.co.jp/tanteishosetu_kenkyukai/index.html

本格ミステリ作家クラブ(HMC)
・探偵小説研究会を排除し純化を目論む?
http://honkaku.com/index.html

『容疑者Xの献身』本格論議 -書評wiki-
・事実上、容疑者Xが本格かどうかは決着がついており、現在は二階堂黎人問題行動問題と化してる
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%A1%D8%CD%C6%B5%BF%BC%D4%A3%D8%A4%CE%B8%A5%BF%C8%A1%D9%CB%DC%B3%CA%CF%C0%B5%C4

7 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:42:47 ID:hEZArAui
911 :名無しのオプ :2006/09/02(土) 18:49:07 ID:/OKKcGwh
一応二階堂は本ミス98〜06の期間中に、13作(人狼城は4冊で1作)
出して、そのうち3作が20位以内にランクインしてるんで、
一応の実績はあるんだよなあ。1位もとってるし。
小説だけに専念してればいいのに。


918 :名無しのオプ :2006/09/02(土) 23:33:09 ID:rzzl59Sx
今、ざっと見たら二階堂のこのミスでの戦績は
94年に『聖アウスラ修道院の惨劇』で14位
96年に『悪霊の館』で15位
99年に『人狼城の恐怖 第四部』で9位だな。
投票の背景は分からないけど最近は置いといて
「それなりの実績」とは言えそうな気がする。


924 :名無しのオプ :2006/09/03(日) 01:08:27 ID:Pv6NkkMA
1990年代前半 新本格バブルに乗ってデビュー。レトロな設定でキャラを立てる。
          文章のうまい貫井とは対極の泥臭さで異彩を放つ。
1990年代後半 京極・西澤・森などのニューウェイヴに対抗する守旧派としてキャラを立て、
          世界一の長さで読者に「とにかく読まねば」と思わせることに成功。
          俺的には『人狼城』のメイントリックは好き。
しかし1990年代末、メフィスト賞から文章のうまい殊能・古泉、知的な氷川、サブカル的な浦賀など
            モダンでスマートな作風の作家が登場し、翳りが見える。
21世紀     キミとボク派、本格教養主義に反旗を翻す。
2005-06年   乱歩賞出身作家東野が文春・このミス・本ミス3冠+直木賞・本ミス大賞ダブル受賞で激昂
          おまけに笠井とも意見が対立

8 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:48:00 ID:J7lCkM4d
>>1
チワワスレ立て乙


9 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 23:15:47 ID:AROk1lls
二階堂にとっては全てが陰謀なんだよ

10 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 23:32:47 ID:gDn94wqm
>>1
乙ババァ!

11 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 00:15:35 ID:jU2lq1zO
二階堂の言い分、要点

いくら私の「X」否定論を論破されようが、矛盾をつかれようが、
私が本格ではないと言っているのだから本格ではないのだ。
なぜなら私が本格作家だから。
以上。

12 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 00:17:49 ID:raC/9dQg
私の書いている本格が本格推理。世にもけしからん事に
Xを代表とする紛いものが氾濫してしまいまことに嘆かわしい。
そんな腐った世の中を正す必要があるのである。

以上、二階堂禿人。

13 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 00:26:34 ID:+1iukQIv
伏線読み落としによる「本格ではない」という決めつけと
X評価に対する笠井の異議は全く違うものなのに
よくあれだけ都合よく同一視できるものだよなあ

14 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 00:29:38 ID:IU/gYKSQ
私の書いているものこそが本格推理であるのに、本格ミステリ作家クラブは私に賞を与えない
これは探偵小説研究会をはじめとする本格推理を分かっていない評論家どものせいである
小説家は偉くて評論家はゴミであり、実績のある笠井氏が言っていることに間違いがあるはずがない
笠井氏が抜けた探偵小説研究会は、私を評価しない本格ミステリベスト10とともに地獄の火に焼かれるべきである

二階堂禿人

15 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 00:42:45 ID:V8Uh8bHF
本当にグダグダだよなあ。
「本格評論の終焉」とやらをざっと見てみたけど、
もういくとこまでいっちゃってるよな。笑える。
このまま限界越えて欲しいね。

インターネットの発達の功罪ってやつなのかな。
電波系の作家の暴走は止まることがないというか。
勝手に作家が文章をアップすんのは、
編集者とかも止めることが出来ないもんな。

16 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 00:45:47 ID:m7ccYXce
ハヤカワの編集者が止めるべきだったよなw
最初の掲載を

17 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 01:06:17 ID:jU2lq1zO
作者の人格と、作品をいっしょにしてはいけない。
たとえどうしようもない作家だとしても、作品がすばらしければそれを誉めなければいけない。

しかし、二階堂は作品もどうしようもなかった。

18 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 01:33:11 ID:pS/cDT3C
作品がどうしようもないから褒めてもらえない。だからおかしなことを言いだす。禿人はこのパターン。
褒められるようになってから芦辺はおとなしくなったもんな。

19 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 04:15:54 ID:hZnIuRR0
>>18
二上洋一さんと加賀美雅之さんとつずみ綾さんを、
大先生の激励係に任命します。

【圏外「悪魔のラビリンス」投票者】
二上洋一(文芸評論家):2位

【圏外「宇宙神の不思議」投票者】
加賀美雅之(作家):3位
篠田秀幸(作家・高校教師):4位
はやみねかおる(作家):5位


20 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 04:16:40 ID:hZnIuRR0
【17位「猪苗代マジック」投票者】
加賀美雅之(作家):3位
三田皓司(推理作家協会会員):3位
白川充(雑学倶楽部会員):3位
関根亨(実業之日本社文芸編集部):順位つけ

【14位「魔術王事件」投票者】
加賀美雅之(作家):2位
鯨統一郎(作家):5位
つずみ綾(探偵小説研究会):5位
波多野健(探偵小説研究会):5位
那加井聖(書店員):1位
大地洋子(ライター):2位
二上洋一(評論家):4位
森村進(法哲学者):4位
山口芳宏(ゲーム制作者):3位

【圏外「稀コウ人の不思議」】
つずみ綾(探偵小説研究会):5位
二上洋一(評論家):2位
村松恒雄(明智探偵事務所):4位


21 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 04:32:00 ID:hZnIuRR0
こうやってみると、満遍なく票を得た「人狼城」以降、
探偵小説研究会の面々はほとんど二階堂黎人に投票してないんだよな。

それは別に作品の出来や面々の嗜好によるものだと思うけど、
それを二階堂は「オレに対するあてつけか!?」と思い込んじゃったんだろうか。

一度賞賛されただけに、「裏切り者!」という気分が強いのかなあ・・

22 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 04:32:35 ID:zJVDHxBu
こうして見るとぱっとしない投票者ばっかりだな

23 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 04:46:41 ID:hZnIuRR0
>とにかく、「本格ミステリ・ベスト10」と「本格ミステリ大賞」を通じて、
>評論家が『容疑者Xの献身』と『扉は閉ざされたまま』を高く評価している
>ことが確認できた。また、『摩天楼の怪人』を評価していないことも解った。

本ミス06読めば分かるけど、「X」にも「摩天楼」にも両方投票してる
評論家もいるのにね。本格ミステリ大賞で「X」に投票したけど「摩天楼」も
評価してるって人は多いと思うよ。比較の問題でしょ。


24 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 07:01:10 ID:zoCaB3s2
しゅのー先生に余計な心配をさせないでくれ

25 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 07:03:58 ID:yKG35vd3
さすがの殊能もこんなにもバカだと思わなかったと愕然としているな
批評眼ランキングとかはある意味冗談とも取れる書けど今回はガチだもんな

26 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 07:07:58 ID:hZnIuRR0
笠井書記長の意を受けた(と勘違いしてる)、
レーニン・二階堂の総括と粛清の始まりか・・・・
((((゚Д゚ ;)))ガクブル  

27 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 08:29:30 ID:yiDZNj9p
二階堂は探偵小説研究会と笠井が決別したと思いこんでるからな

28 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 10:24:23 ID:jU2lq1zO
北村薫が「X」に投票しているのは、読めていないからだと?

29 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 11:04:27 ID:aEIcTcwI
禿人って今でも作品出してるの?
もはや作家ですらないのでは…

30 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 12:34:49 ID:2xNwvVML
しゅのうの日記読んだ。
ほう。

31 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 12:41:44 ID:lNqPgvsN
二階堂は今すぐ森マサヒロと連絡を取るべきだな

32 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 13:31:09 ID:hZnIuRR0
二階堂黎人は、亡きU山さんの息がかかってる作家だから・・・

33 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 18:18:40 ID:CtnNqkl2
HMCのサイトに行ってきたんだけど、れいとは最終選考にのこったことが無いんだ
これがプライドを著しく傷つけたのでは
主要な本格系作家は大体最終選考になってるし、それでこんな賞イラネってなったんだと思う

34 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 18:25:47 ID:309xXAei
禿は心理学者みたいなもの。自分に都合のいい例だけを集め、それを元に本格に関する定義・理論を構築している。
しかし、師匠筋の笠井、弟子筋の加賀美、追従する鯨、小森らばかりをえこ贔屓する傾向が見られる。
例えば、笠井の発言に関して「氏のこれまでの実績からして、(笠井の予測が)真実になることは疑いようがない」などと述べたり、
加賀美の新作を出ないうちから「傑作に違いない」と太鼓判を押したり、自分の意見を認めてくれる者ばかりを偏って賞賛している。
また自作に関しての思い込みもかなり激しく、「自分の小説こそが本格の王道」と信じ込んでいる節がある。
禿は自分の意見に肯定的な者ばかりを認め、えこ贔屓するタイプなので、本格だと確信する自分の小説が本格ミステリ大賞を受賞できず、
探偵小説研究会会員が多く投票する「本格ミステリ・ベスト」で自分の「自称本格推理小説」が票を獲得できないため、
自分の小説が大して面白くない、という作家として致命的な欠点があることを棚に上げ、
「自分の書く本格推理小説が本ミスベストの上位にならないのは、本格推理が何たるかを分かっていない評論家たちの無知のなせる業」と
見当違いな批判を展開。さらに、自分を批判する千野帽子=岩松正洋に対し、完全なる私憤を「本格推理を愛する読者のため」などと偽り、
自サイトに「本格推理の終焉」なるトンチンカンな評論を掲載、巽昌章や有栖川有栖、味方となるべき笠井にまでほぼ見切りをつけられ、四面楚歌状態。

今までの禿のヒストリーを追ってみました。修正する点があればヨロ

35 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 18:33:18 ID:AHUkZYLn
>>34
笠井を勝手に師匠にしないで下さい
あんなもの弟子とは認めていません

36 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 18:34:54 ID:hZnIuRR0
鯨を追従者とするのは気の毒な気が・・・
たしかに「魔術王事件」に投票してるけど。
ほかにも何かあったっけ?

37 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 19:27:32 ID:H54iZoTV
2005.08.20
[情報館]を更新。

[新刊]
 ダニアル・シルヴァ『報復という名の芸術』論創社
 マージョリー・アリンガム『ミステリー・マイル』ROM叢書2
 日下山三編『都筑道夫の少年小説コレクション(1) 幽霊通信』本の雑誌社
 日下山三編『都筑道夫の少年小説コレクション(2) 幽霊博物館』本の雑誌社 

厭がらせハケーン( ゚д゚)w

38 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 19:58:11 ID:ZYufyfXq
三蔵をどうやったら山三って変換できるんだ?
たしかにサンゾウと読めるけどw

39 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 20:02:07 ID:jwci4LW3
相変わらず誤変換多いな

40 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 20:18:32 ID:mjtFg3wS
投票者=追従者というのは短絡的な気が・・・。
好みなんて人それぞれなわけだしさ。
追従者というのは、穴だらけの二階堂理論を支持する奴らだろ。

41 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 20:20:47 ID:H54iZoTV
同人主催者に議論(笑)を吹っ掛け、やる気をなくさせて潰しては
「連戦連勝!」
とほざいていたかつての田中アレクセイ幸一もどき(爆笑)な今日この頃のレーニンw

42 :34:2006/09/04(月) 20:27:12 ID:309xXAei
>>35
だから師匠「筋」って書いたw

>>36
確かに鯨は追従者じゃないかも。禿の本格論に(完全でなくとも)同意している人、レベルかな、鯨は。

>>40
短絡的だったかも、スマソ。
ただ、禿の掲示板に書き込んでは禿の主張にいちいち同意する三田皓司や加賀美雅之、
小森やつずみみたいな、禿の言うことを繰り返しているに過ぎない連中は追従者、という認識でおk?

43 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 20:35:30 ID:BGn7LOR1
二階堂さんは悪くありません。
これ以上の侮辱はやめてください。

44 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:13:09 ID:H54iZoTV
うみつばめにすら負けそうだなwww
ttp://d.hatena.ne.jp/kaien/20060903

45 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:17:50 ID:pUB0tQCq
 鯨は、自著の「ミステリー学園」の巻末で、本格ミステリー度マップを
披露しているよ。それによると、1番は法月で、氷川が次点だったな。
 ま、鯨の場合、マップで高得点だから「良い本格」だと主張している
とは思えないが。

46 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:19:06 ID:mx44tDwF
>>44
海燕の指摘は「日当たりのいいガレージ」の後追い記事。

47 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:23:18 ID:H54iZoTV
>>46
をお!

48 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:33:39 ID:hZnIuRR0
一般書籍板の東野スレで、ファンが怒ってるなw

49 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:44:10 ID:H54iZoTV
これか! テラワロス(笑)
ここの住人だろ、この方はw
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1140616449/l50

50 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:45:54 ID:mjtFg3wS
>>42
>禿の掲示板に書き込んでは禿の主張にいちいち同意する三田皓司や加賀美雅之、
>小森やつずみみたいな、禿の言うことを繰り返しているに過ぎない連中は追従者、という認識でおk?

おkですw

51 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 22:44:01 ID:Naz4gFcf
掲示板を閉じたのは禿は少しは進歩したことを意味する。
一般読者にも論理では負けることを理解したわけだね。

52 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 22:50:40 ID:H54iZoTV
ただ耳を塞いで「あーなにもきこえないきこえないきこえないなー」に思えるがw

53 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:00:10 ID:ZYufyfXq
ああ。明らかにまずい症状だなw

54 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:30:29 ID:jU2lq1zO
二階堂氏は、ご自分を

「日本のカー」
ならびに
「ポール・アルテのライバル」

と思ってなさいますから。自信があって偉そうにするのも当然。

55 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:44:16 ID:zJVDHxBu
>>51
前に言い負かされたときにも閉じてる。しばらくしたら理由の説明もなしに再開した。
なにひとつ進歩なんかしてないよ。


56 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:51:43 ID:1NK7+j8L
本当に進歩してたら、もうこういう騒動を自分から起こしたりはしない。

57 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 00:27:02 ID:jn7aFffR
もう止めとけって忠告してくれる友人はいないのかな?
それとも、友人が何を言っても耳を貸さないんだろうか。

58 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 01:06:48 ID:LYT1Tysa
全て自分に都合よく解釈する耳と脳をお持ちだから無理だろう。
禿人ほどバカにつける薬はないという言葉が相応しい人もいない。

59 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 02:23:01 ID:MT10fDaI
禿人って、大学生(兼・手塚治虫FC会長)→作家、なんだっけ?
ひょっとしたら引きこもり以上に社会をまったく知らんのかもなぁ。

60 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 02:51:34 ID:hPpRUc+1
それは事実と違います。
調べればわかるのに適当な印象でものを書かないでください。

61 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 03:13:01 ID:57g48XDE
>>59
年齢考えろよ

62 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 03:31:47 ID:MT10fDaI
>>60-61
すまん。運輸省の外郭団体に勤めてたんだな(wiki見てきただけだが)。
勤め人経験有ってアレかぁ…ある意味余計ヒドイかも。

63 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 03:51:50 ID:hDY/5qGX
まあ天然のファンタジスタだからね
一般常識はあるんじゃね?締め切りを落としたことは無いっていってたし
本人は正しいと思っている。だからと言って罪が軽くなるわけではないが
まさに笠井が言うように「困ったちゃん」なんだな

64 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 03:53:27 ID:n44WsiL9
>>49
これは「新・本格推理」での加賀美と長谷川のパロ?

65 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 06:00:00 ID:xQyepsq/
発言から受ける印象としては大学生→作家で、小説を読んだ印象では「キミとボク派」の代表と思っていたが、事実とは合致していないのだね。

66 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 06:13:54 ID:5SV55+CD
>>64
見てきた。
笠井が本格ミステリの評論活性化のために、
「容疑者X」を「戦略的に否定してる」という箇所はなるほどと思った。
禿人は「感情的に否定してる」という箇所にもなるほどと思った。

67 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 07:17:10 ID:DFz7X3Y9
お父ちゃんM氏の「フランスの二階堂黎人、ポール・アルテ」ヒドスw

68 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 12:19:38 ID:lEi6X6Ko
日本のカーって誰になるのかな
多分二階堂センセは自分こそ!と思っていらっしゃるけど

日本のカー(     )
日本のクイーン(     )
日本のクリスティ(     )
日本のチェスタトン(     )
日本のブランド(     )
日本のバークリー(     )
日本のヴァン・ダイン(     )
日本のクロフツ(     )
日本の…あとはお好きなように

69 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 12:50:07 ID:TkAXx1Vc
日本のカー(横溝正史) ・・・有栖川もカー=横溝説は安直なようでいてしっくりくると言ってた
日本のクイーン(法月綸太郎) ・・・いわずもがな
日本のクリスティ(有栖川有栖) ・・・京都のクリスティはあえてはずした。量産力と軽み
日本のチェスタトン(泡坂 妻夫)・・・普通に言われてる。作風の共通点に関してはいわずもがな
日本のブランド(法月倫太郎) ・・・すいません。他が思いつきせん。遅れてきた正統派。緻密な構成ってことで
日本のバークリー(殊能将之) ・・・ネットの一部では言われてた。インテリ。本格に対する嘲笑的な姿勢
日本のヴァン・ダイン(笠井潔)・・・教条主義者だからw矢吹駆シリーズ の重厚さ、探偵のキャラはヴァンダインに通ずる
日本のクロフツ(鮎川哲也) ・・・アリバイ崩し。鮎川自身クロフツのような現実派に属するって言ってた

法月が二人になった。クイーンに有栖川を起用してクリスティを誰か起用すればよかったかもしれん。
クイーン・チェスタトンはいわずもがなだが、個人的に笠井=ヴァンダインはしっくりくる。

70 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 12:58:53 ID:PpEvJuER
泡坂チェスタトンは鉄板。笠井ヴァンダインはやはり薀蓄がポイントかと。笠井本人も自認すると思う。

日本のルルー、エーコ、オルツィ、フィルポッツ……はだれだろう

71 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 13:13:09 ID:kreF87Hk
>日本のクリスティ(有栖川有栖)

昔は「日本のクリスティ」といえば仁木悦子だったもんだが。
つか、ブランドといいクリスティといい、なぜ男?

72 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 13:24:15 ID:TkAXx1Vc
>>71
>昔は「日本のクリスティ」といえば仁木悦子だったもんだが。
オレが仁木悦子を読んだこと無いから。不勉強でスマソ
>つか、ブランドといいクリスティといい、なぜ男?
性別をあわせるという発想自体無かった(女性作家のこと考慮しなかったわけではない)。むしろ、なぜ性別をあわせる必要がある?(普通に疑問)
中曽根は日本のサッチャーと自称してたし。小泉も日本のサッチャーと呼ばれることがある

73 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 14:04:05 ID:a0bvC10q
日本のヴァン・ダインは京極夏彦でしょう。
神秘めかした売り出し方、ペダンチズム、新しい知的スノッブ層に大受けしたこと
全てがそっくり。
あと数年後には、アントニー・バウチャーがヴァン・ダインに書いたのと
そっくりな批評が書かれることでしょう。

それより本題に戻そうよ。

74 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 14:07:39 ID:9xeMY4ov
結局二階堂は海外作家に例えると誰なんだよw

75 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 14:39:09 ID:nLq1icRm
>>74
エド・ウッドwww

作家じゃなくて映画監督だが。
詳しい知りたい人は自分で調べてみてね(はあと

76 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 15:00:46 ID:WBlI8opA
>日本のクロフツ(鮎川哲也)
昔は俺もこう認識してたけど、今は違うんじゃないかって思ってる。
黒仏ってアリバイ崩し以外の作品の方が面白いし。(「列車の死」は名作)
じゃあ誰ならいいかっていうと、“昔の”西村京太郎かな。

>>75
エド・ウッドに失礼という気がしないでもないが、しっくりくるのは何故だろうwww



77 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 15:22:03 ID:PpEvJuER
エド・ウッドかわいそうww

78 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 15:52:44 ID:bPU2UqDD
映画「エド・ウッド」レビュー

 エド・ウッドはハリウッドのはぐれ者である(もちろん、自分ではそうだとは思っていない)。
ハリウッドのパワーゲームに加わることはできないし、メインストリートを歩くことはない。
なぜそうなってしまうのか、エドには理解できない(才能がないからだ、とは思い至らないのである)。

 では、エド・ウッドは何を愛しているのか? 決まっている。ウッドは映画監督になることを
愛していたのだ。映画そのものよりも深く愛していたかもしれない。
だが悲しいかな、ウッドには才能がなかった。
ウッドの映画への愛は、決して報われることなき不毛な愛だったのである。

 一見なんの悩みもなさそうなエド・ウッドだが、ただ能天気なだけで生きていけるわけがない。
いずれは自分の無能さと向き合わねばならないときが来る。現実のエド・ウッドも、
死ぬ前にようやく自分には映画監督の才能がないことを悟った(それまで気づかなかったことの方が驚きだが)。
困窮し、酒びたりの苦しい晩年だったという。
 つまり、現実のエド・ウッドには現実から逃れるすべはなかったわけである。
「自分は天才映画監督である」と夢想し、ハリウッドを走りまわっているあいだは逃避もできた。
だが、いつかは現実に追いつかれる日がやってくる。
ウッドの惨めな死は当然の帰結だったとも言えよう。

79 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 16:06:25 ID:PpEvJuER
正誤表

×エド・ウッド→○二階堂黎人
×ハリウッド→○本格ミステリ界
×映画監督→○ミステリ作家
×映画→○本格ミステリ
×酒→○手塚
×晩年→○現状
×死→○掲示板閉鎖

80 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 16:10:45 ID:PpEvJuER
ていうか>>78の文は柳下毅一郎なんですね。

81 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 16:28:01 ID:MLVksS+G
柳下毅一郎といえば
「ミステリ界のエド・ウッド」ことハリー・スティーヴン・キーラー
ttp://www.ltokyo.com/yanasita/HSK/keeler.html

でも、この人はちょっと違うよね。

82 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 16:45:05 ID:PpEvJuER
キーラーね。以下引用。

>キーラー長編の特徴はいくつも挙げられる。まず、登場人物の名前が異常であること。ほとんど発音もできないような名前や馬鹿馬鹿しいにもほどがある名前(Joe CzesczickiとかOchiltree Jarkとか)が連発される。
ゲドババアとか?

>素面では考えつかないような解決がなされる(遺言にそう書いてあったから、というのがよく使われる手だ)。

>判読不能な訛りが独創的な綴りで表記される。

ゲ(ry

>常に説明的なセリフと読者の意表をつくためだけの無意味などんでん返しである。どんな話かを説明してみよう。
>「私」が部屋の中にいると非常階段から忍び込もうとする人影がある。「私」は銃をつきつけて賊をとらえる。
>そこは探偵ドウソンの家だった。「私」は泥棒に取り引きをもちかける。
>部屋の隅にある金庫を開けてくれたら、放免してやるというのだ。金庫には妻が浮気相手から受け取った手紙が入っており、離婚の証拠とするのに必要なのだ。
>賊は金庫を開けるが、中からピストルを取りあげ、「私」に向かってぶっぱなした。
>「私」は逃げながら男が警察に電話し、自分こそがドウソン本人だと名乗るのを聞く。
>いや本当、これだけ。たしかにびっくりはするけどね。あまりの意味の無さに。

83 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 16:55:25 ID:WBlI8opA
キーラーの領域までいくと、才能といってもいいのではww

84 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 18:21:57 ID:IQCubvzw
二階堂蘭子って推理が完璧になるまで犯人を名指ししないんだよな

85 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 18:23:36 ID:yrjW+nc0
しかもその推理は読者には意味不明なんだよな

86 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 18:58:00 ID:JvIOvKJ6
佐野洋センセイの推理日記でまな板上活き作りマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

87 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 19:32:45 ID:psH7yXLk
>>84その理由だけど、一応「地獄の奇術師」に書かれてるよな。
そういうことが書かれてるミステリって、
クィーン「ギリシャ棺」
太田忠司「狩野俊介」シリーズ
そして「蘭子」シリーズくらいじゃない?(他にあったらスマソ)
こういうこだわりって、読む分には無くったっていいんだけど、律儀やなぁとは思う。

88 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 19:48:00 ID:IQCubvzw
いや、俺が言いたいのは、二階堂黎人も何か
証拠つかんでんじゃないかなってことなんだよ

89 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 19:48:47 ID:PpEvJuER
何の証拠?

90 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 19:53:56 ID:IQCubvzw
協会が東野を推す密書(笑)があったとか。

少なくとも二階堂は内部にいるんだから、関係者の証言くらいは聞いてるだろうと

91 :75:2006/09/05(火) 19:56:26 ID:65zUj5C5
>>79
正誤表の「×酒→○手塚治虫」だが、
「×酒→○私憤にかられ同業者に見当違いな集中砲撃」が少々長いがピッタリかと。

確かにエド・ウッドが可哀想だったかも。反省するよw

92 :一般読者 その2:2006/09/05(火) 20:20:13 ID:xQyepsq/
本論に戻していいですか?
二階堂掲示板が閉鎖されたので恒星日記2006.09.03にある【本格評論の終焉(4)】について書きます。
二階堂黎人氏は「本格ミステリ大賞」の投票数を勘定しその結果から、
「『X』を一位に押し上げるキャスティング・ボードを握っていたのは評論家である」
「評論家の投票の偏りは非常に気持ちが悪い」
と、あたかも小説家に対し評論家が反対の評価を行ったように書いている。
しかし、この得票数の相関係数を求めると、
 ・小説家と評論家の相関係数は +8.6%
 ・小説家と探偵小説研究会の評論家の相関係数は −7.7%
でともに「ほとんど相関がない」ということになる。

また投票数を順位に置き換えると
 ・小説家と評論家の相関係数は +49.2%
 ・小説家と探偵小説研究会の評論家の相関係数は +21.0%
と前者は「中くらいの相関」後者は「弱い相関」となる。

これが負の強い相関なら二階堂氏の発言も一理あるが、分析結果では評論家は小説家とはやや似たような傾向か、独立した評価をしているわけで、少なくとも「逆の評価をしている」と言うことは言えない。
評論というものを考えると強い相関−プラスでもマイナスでも−があるのはむしろ不健全で、今の相関係数は実に健全な状況と思われる。

上記の計算が正しければ二階堂氏の発言は事実に立脚せず、予断を持って数字をもてあそんでいると考えられる。
(以下やや感情的だが)
全体に記述が論理的な構成を欠いている点を含め、理工系の出身者としては実に恥ずべきことだと思う。二階堂氏がここを見ていたら日記でぜひ反論してほしい。



93 :一般読者 その2:2006/09/05(火) 20:21:45 ID:xQyepsq/
(ちょんぎれちゃったので続き)
これが負の強い相関なら二階堂氏の発言も一理あるが、分析結果では評論家は小説家とはやや似たような傾向か、独立した評価をしているわけで、少なくとも「逆の評価をしている」と言うことは言えない。
評論というものを考えると強い相関−プラスでもマイナスでも−があるのはむしろ不健全で、今の相関係数は実に健全な状況と思われる。

上記の計算が正しければ二階堂氏の発言は事実に立脚せず、予断を持って数字をもてあそんでいると考えられる。
(以下やや感情的だが)
全体に記述が論理的な構成を欠いている点を含め、理工系の出身者としては実に恥ずべきことだと思う。二階堂氏がここを見ていたら日記でぜひ反論してほしい。

94 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 20:33:38 ID:PpEvJuER
>>91
「困窮し、私憤にかられ同業者に見当違いな集中砲撃びたりの苦しい晩年だったという」
うはは。日本語は変だが現状にぴったり!!

>>92-93
かっこいい。文系の俺にもよくわかる。

95 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 21:12:37 ID:bO7Lg7KD
>>72
おれも日本のクリスティは仁木悦子というイメージがあるな。有栖川とはタイプが違うよ。
有栖川は日本のクイーンを目指して法月に全然かなわなかった人ってイメージだ。
日本のブランドは山口雅也じゃないの。

96 :一般読者 その2:2006/09/05(火) 22:26:02 ID:xQyepsq/
(続き)
本格ミステリ大賞の票数順位との相関係数は
 ・小説家 86% ・・・強い相関
 ・評論家 63% ・・・中くらいの相関
従って、最終結果は小説家の評価がほぼ反映され、評論家の評価の影響はそれ
ほどでもない。グループの傾向としては本格ミステリ大賞の評価は小説家の評
価が活きているといえる。断片的な数値を取り上げ、自論を述べようとする
二階堂氏の展開は論理的でない。技術の現場でもよく陥りがちな失敗。


97 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 22:26:50 ID:CEO3Pec4
>>95
> 日本のブランドは山口雅也

かなりのブランドっ子だから、本人も言われれば喜ぶんでは。

98 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 22:35:04 ID:nAfd0Rmu
ブランドと山口は違うと思うけど、山口は奇偶以外全部読んでるけど
ぜんぜん似てるって感じはしなかったのだが・・・というか短編ばっかりだし
それとも奇偶はブランドに似てるの?もしくはブランドの短編は山口みたいなの?

99 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 22:44:46 ID:iqGhGg2t
>>98
山口がブランドを好き。濃い謎解きの作り方がちょっとだけ似てる。
でも山口は設定が独特すぎるので本当は誰かに似てるとはいいにくい。
ほかにいないからっていう程度の話だけど、すくなくとも法月よりは山口だとおもうよ。

謎解きの濃度だけなら天城一ってのもあるがこれはブランドに失礼だろうし。

100 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 22:47:25 ID:Cg68mYLL
他でやれよw

101 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 22:47:37 ID:vjBeN+mK
ブランドに似てるのはなかなかいないんじゃね?
乾くるみが上手くなれば似るような。

102 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 23:11:58 ID:pMfonUPE
正直言うと、死刑囚パズルを除いて法月のプロットづくりや謎の建て方にクイーン的なものを
あんまり感じない。そういう部分についてはロスマクやあるいはブレイクの方が影響強いと思う。


103 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 23:28:20 ID:CEO3Pec4
日本の初期クイーン → 有栖川
日本の後期クイーン → 法月

こうすればいい。

104 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 23:34:01 ID:2Vn+VPco
>>98
>>99に補足して言うと、ブランド文庫版の解説はほとんど山口雅也。

105 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 23:34:20 ID:q/4/go1u
>>103僕もそれしかないと思う。

106 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 23:51:02 ID:Tlwt3AGb
有栖川の論理ってクイーンと比較するにはしょぼく見えるんだけど
月光と孤島でも足りないし火村では話にならない
まだ霞なんかのほうがよく作ってる気さえする


107 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 00:09:27 ID:1fb/8/mg
禿人センセの本、まだ一冊も読んだ事が無いのですが…
読んでおくべきでしょうか?
因みに好きな作家はレンデル、ハンター、エルロイ、キング、京極…等々。

108 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 00:10:28 ID:Us1LbEEq
鮎川御大も日本のクイーン候補に入れてくれw
自称クイーンファンだしさ

109 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 00:22:46 ID:uPuxeOF7
誰か「日本の○○」ってスレでも立てたら?

110 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 00:23:05 ID:tfuJD0nB
最近の有栖川はクイーンとは印象が違うな
ぬるいって言えば言いすぎなんだが。

111 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 00:34:29 ID:mtnipeNh
クイーンファンってだけなら北村先生でいいことになっちまうんだが

112 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 00:52:47 ID:v+LA2swp
良スレの悪寒w

113 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 01:34:43 ID:HMwTYCGF
>>107
心配することはない。
「読んでおくべき本」なんてこの世にはないし、もしあったとしても
それが二階堂の本である可能性は全くない。

114 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 07:22:45 ID:cDImifA4
松本性徴のゆーように(業腹の文庫解説に寄る)
山村美紗が「日本のチェスタトン」なら
二階堂が「日本のカー」でも良くね?
つーか、「日本のなんとか」って名称字体2流だとゆってるような紋だとおもうんだが
そうゆわれて喜ぶバカや自傷するバカもいるよーだが(笑)。

115 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 09:04:41 ID:jiLpejRB
昔の芸能界には「和製プレスリー」が何人もいたね

116 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 09:06:51 ID:mtnipeNh
>>114の誤変換の多さは禿人への皮肉なんだろうか

117 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 09:51:07 ID:9Oq1Y51u
わざと変換しなおしてるんだろう

118 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 12:30:23 ID:dK5vbhek
スレが立ちました。日本の○○についての続きは↓でどうぞ。

日本の○○
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1157511198/

119 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 13:35:05 ID:KoIiH0Ge
約半年振りに覗いたが、まだ続いてたのか・・・・・・w

120 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 14:54:54 ID:Sxb6lSEj
>>118
とりあえずみんな、
「二階堂は日本のカーではない」と言いたかっただけなんだ。

121 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 17:28:09 ID:zp1KU3Ut
>宇山さんは、あの頃、間違いなく、この世に奇蹟を起こしていた。
本格ファンのために、素晴らしいマジックを見せてくれたのである。
私は、彼の手の中でシャッフルされるカードの一枚であったのかもしれない。
でも、それで良いと持っている。

せっかくの感動的な文章がいつものタイプミスで台無しに。
最後に自らぶちこわすとは流石二階堂先生です!

×持っている
○思っている

122 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 18:38:43 ID:TUkkRyO3
>>121
タイプミスはご病気だそうですからw

123 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 18:52:31 ID:ULz6FmmB
タイプミスが病気でも、見直さないのは性格。

124 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 19:08:54 ID:IrBWxjbi
禿人の数々のタイプミスを見ているだけで担当編集者に同情したくなる

125 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 19:20:24 ID:jiLpejRB
>>121
この文章読んでちょっとじーんときちゃったよ
冷凍も人の子だね ダメな子だけど

126 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 19:30:03 ID:BkpafIIp
誤字ていせい前に保存しますたw

127 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 00:44:56 ID:AUXMBh6r
それは親指シフトの為せる技?

128 :一般読者 その2:2006/09/07(木) 06:08:51 ID:I6cVVgky
>シャッフルされるカードの一枚であった
間違えて入った余計な1枚、あとで取り除かれようとしている

129 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 06:22:46 ID:wTwsMwld
タイプミスはともかく、追悼コメントに
そんな揚げ足を取るようなことをしなくてもいいのでは

130 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 07:27:37 ID:LROBogwn
>>129
正論
二階堂も動揺して間違えちゃったんだよ

131 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 08:25:34 ID:/KQlyenQ
いつも動揺している病気ってことですね

132 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 08:39:13 ID:d1nAIol8
小心者だからなw

133 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 09:42:04 ID:TnJBlriN
法事だからなw

134 :二階堂:2006/09/07(木) 10:48:32 ID:EmML6km2
あ〜、早く寒くならないとスキーに逃げられないじゃないか

135 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 18:45:03 ID:aV5vQaxm
日記後進
×持っている訂正されずw

136 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 18:52:21 ID:r/bIQCgW
スレ住人にキリ番踏んだ人いる? って出てくるわけないな。

137 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 19:29:45 ID:sLgJ/Nky
>キリ番を踏んだ方、3人に、サイン本を発送する。

何だい、これは?メモ書きか?

138 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 19:34:50 ID:r/bIQCgW
発送したってことね。

>2006.08.31-2
> カウンターで、999999、1000000、1000001を踏んだ方は、メールでご連絡ください。何かサイン本をお送りします。
>(999999の次は、1000000になるのかな?)

139 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 19:54:06 ID:cTvvh3YY
メールで連絡した奴=サイン本を貰いたい奴がいたってことは、ファンの人もいるってことか・・・・・・。
こういうファンは大事にしなきゃならんな。禿人の数少ない味方だし。

140 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 20:13:19 ID:9XF5EhSz
  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

 ⊂( ゚д゚ )
   ヽ ⊂ )
   (⌒)| ダッ
   三 `J


141 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 20:50:48 ID:I6cVVgky
本人はクセとかいっていたけど、誤字脱字はどうして起きるのかな?

142 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 21:02:16 ID:cjpOlpSX
作家なのに「誤字脱字がクセ」とか言える神経が信じられない

143 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 21:15:57 ID:aV5vQaxm
二階堂容疑者に神経などない!
あるのは無神経のみ

144 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 22:15:47 ID:8FYXYzgL
禿は擁護するわけじゃないけど
作家でもWebとかのお金をもらってないとこに書く文章は誤字だらけな奴が多いぞ
例えば島田壮司のWeb上の文章なんてひどいぞ

145 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 22:18:55 ID:cfWywdDs
>>144
島荘の日記は見ていないがレイトよりはましだろう
いくらなんでもありえないよ、あの誤字数は

146 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 22:59:42 ID:LNEQYumk
ニコリも2P載せるくらいなら、パズルを数題載せて欲しいのだが。

147 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 23:40:27 ID:O+hDVeg4
誤字があるのはしょうがないとしてもだ
それを恥とも思わず開き直る神経は
物書きの本能が壊れてるのでは

148 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 23:53:28 ID:r/bIQCgW
ネットのノーギャラの文章は作家にとっては広義の営業活動とも言える。
むかしだったら文壇バーとか業界のパーティとかでやってたであろう営業活動と(いや、完全に俺の想像だけど)、
読者への宣伝とを兼ねたようなところがある。
だからギャラが発生する原稿とそこまで態度を変えてはまずい気がします。

149 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:15:07 ID:MLiV+OaO
殊能センセーは気付いたらまめに直してる

150 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:16:27 ID:QuH/mknP
>>147
「誤記は病気みたいなもんですから(笑)」って平然といえるのは物書きの感性では絶対にありえない
つーか禿人はそもそも物書きじゃないとおれは思ってる
せいぜい良く言っても、好きだった小説を真似したくて遊んでる勘違いしたクソガキ
たかが2ちゃんの書き込みだって誤字がないように読み返すだろ? こいつにはそういう感覚すらないんだよ

151 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:20:03 ID:rmOl8RIC
>>150
必死ですねm9( ゚д゚)

152 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:22:44 ID:rmOl8RIC
>>149
先生を挙げるまでも無く、HPやブログでの訂正は普通だと思いますよー

153 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:26:05 ID:QuH/mknP
>>151-152
じゃあその普通のこともせず「病気ですから(笑)」って言ってる禿人は何なんだ?


154 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:29:02 ID:EfDZnbSO
>>153
ただの禿……って禿の人に失礼かw

155 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:36:29 ID:IJahGqKn
>>153
恥知らず

156 :151:2006/09/08(金) 00:43:26 ID:rmOl8RIC
>>153
ネットの事は気にしないほうがいいのではー

157 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 01:26:04 ID:dOdaxDDI
島田荘司のWeb上の文章なんだが、
6月21日の「トリック・トラップで、Yahooインタヴュー」を熟読してみた。
この長めの文章で、タイプミスは3個見つかったよ。
3個もと言うべきか、3個だけと言うべきかはどうなんだろう。
二階堂だったらもっともっと多くなるだろうと思うけど。

158 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 01:29:03 ID:dOdaxDDI
1週間ばかりなしのつぶてて、
身代金15万円の誘拐ものといのは、
なるほどなと思い直した。、

159 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 01:30:05 ID:rmOl8RIC
>>157
気にすると禿げますよー

160 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 06:28:57 ID:jmCIn8T8
ミステリ界隈で
一番日記が面白くて完成度が高いのは森博嗣?

161 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 06:39:48 ID:W+UobzH8
森の場合は出版することを前提として書いてるからな
面白いかは別として

162 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 12:27:52 ID:pIrIOZcD
面白くはないな。つーかむかつく
あれは信者に売るためのもんだからそれ以外の人が読む筋合いもない

163 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 13:38:02 ID:keFYkajr
筋合いってw

164 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 15:50:51 ID:oOGhl3xK
ボクはあれが嫌いだ。これが好きだ。
ってかいてるだけ、森は。信者は喜ぶんだろうな〜

165 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 15:57:52 ID:keFYkajr
あれが好きであれが嫌いだ、って黎人もじゃねw

166 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 16:39:25 ID:/c78zPfX
禿人の場合は「皆(おれ)あれが嫌いだ。皆(おれ)はあれが好きだ」
という風に自分一人の意見を一般論であるかのように書く

167 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 18:18:28 ID:AhsjJqYT
それがボクら派

168 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 18:49:37 ID:mmcywY2I
>>160
おもしろいか?
ただの痛々しいおっさんのひとりごとだぞ?
あんなに儲けていても、不満足が見え隠れしている。
ものすごいコンプレックスを感じるんだが。
ま、その痛々しさが目当てで読んでいるんだから、ある意味おもしろいのかもしれん。

169 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 19:07:41 ID:keFYkajr
二階堂スレには森粘着が多いな。
人が見ることを前提に書いてるだけマシじゃないかと思うが。

二階堂みたいに誤字が多いと走り書きなんだなーってがっかりする。

170 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 20:06:02 ID:vZxso5XF
ボク本格の生みの親 二階堂禿人

171 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 21:26:21 ID:T9RB6acH
>166
自分一人の意見を一般論であるかのように書く

「小説家」「評論家」たって複数の人の集団なんだからその統計的性質を議論しないで「小説家」はああだ、「評論家」はこうだ、というのはまったくナンセンスなんだけどねえ。

172 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 21:27:58 ID:IV+AIBC4
派生した「日本の○○」スレの方が地道に喜ばれているような

やはり掲示板閉鎖によるトーンダウンは否めないか

173 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 21:42:59 ID:gcKXL65e
ゲーム世代はああだ
ネット世代はこうだ

174 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 23:34:33 ID:8TwBel9P
コンプレックスとか自意識過剰どうこう言う人間ほど、自分がそうだったりするからな

175 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 00:29:03 ID:ZW0Vt4LZ
>>174
モナー

176 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 00:40:03 ID:ZW0Vt4LZ
>……と思ったら、二階堂黎人がすかさず(見当違いの)反論。
>さらにその後、田中幸一@「アレクセイの花園」もmixiで大々的に批判。千野帽子の作戦はみごとに図に当たったようだ。
>騒動のおかげでCRITICAは売れまくってるらしい。ブックファースト渋谷店やジュンク堂池袋本店に置いてもらえばいいのに。1000部ぐらいはすぐ捌けると思います。

大森望がまた邪悪さを発揮してる・・・

177 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 00:43:25 ID:GcP/0Hyk
>>174
だね。
だからこそ、類友を見つける能力に優れてるんだと思う。
コンプレックス持ちがコンプレックス持ちをかぎ付けるんだろう

178 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 11:09:38 ID:Ci+lknwC
【本格評論の終焉(5)】UP。

「緩やかなフェアプレイ」なんて過去に言ったことがあるか?
伏線や手がかりが無いと言い切ってたくせに。

「二十世紀探偵小説論に基づいて看過し、体系づけた本格作品群に
属するような作品ではない」…
「看過」をどういう意味で使ってるのだ?

あとは読むのが面倒になったのでやめた。

179 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 11:49:07 ID:9VHjy7hW
二階堂があちこち述べている自分の本格定義に照らし合わせても
「X」が本格に当てはまることについてはあいかわらずスルーか・・・

しかも>>178の「看過」といい、こいつは本当に日本語に不自由なやつだな。

180 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:00:14 ID:bH5HKhWD
>(6)(4)や(6)で解るとおり、自分の発言について、まるで責任を持つという姿勢がない点。

自分の文章に責任を持って下さい。

181 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:08:18 ID:fpqQ2Wdb
「看過」は何か誤解して使ってるように思う。
何と勘違いしてるんだろう?

言ってる事はそうなのかもしれないな。と思わないでもないが
>>179の言う通り、一番重大な問題をスルーしてるので説得力がない。
(都合の悪い)反論を受け付けないのは同じだもんな。


まだ続くみたいだな。

182 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:18:03 ID:zzXOjfMs
看過し…鑑み

だと意味が通じるかな

183 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:18:56 ID:ehqRoZzR
大森滋樹が大森磁樹になってるぞ

184 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:20:05 ID:iWLd4K09
空疎な標語で作品を褒める評論家が多いなんてのは納得できるんだけどなー。
評論家だけを責める理由が今でもわからんw
Xに投票した小説家だっていっぱいいるじゃない。

185 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:40:55 ID:ehqRoZzR
>難易度の低い本格であり、二十世紀探偵小説論に基づいて看過し、

Xは二十世紀探偵小説論的には難易度が低い本格だと笠井は見抜いた、
と二階堂は言いたいのでしょ?

186 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:56:12 ID:YDWDh88P
笠井もしつこく引き合いに出されて大変だなw

187 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 13:31:12 ID:tlBf7kVR
かんか ―くわ 1 【看過】
(名)スル
見過ごすこと。大目に見て見のがすこと。
「決して―できない不正」
三省堂提供「大辞林 第二版」より

これに従って書き直すと

二十世紀探偵小説論に基づいて見過ごし、体系づけた本格作品群に
属するような作品ではない

理解不能!理解不能!理解不能!

188 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 13:47:53 ID:/HRjxugu
うーん
タイプミスで看破かと思ったけど違うなあ

189 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 14:24:26 ID:7018JCEw
ようするに
「二十世紀探偵小説論に基づいて、体系づけた本格作品群に
属することを見過ごせる作品ではない」…
ということか?

190 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 14:29:52 ID:ygGyBbLi
しかし禿もこりんやっちゃな
コリン星人なのではないか?

191 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 14:44:10 ID:uLp7Mnys
犬のたとえ話でも書いたが
ってわざわざ2回も言ってるけどお気に入りなのかな?あの例えw

192 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 15:20:01 ID:vjjMJJ8M
なんとまあ、めんどくさい男なんだろう。

193 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 15:53:52 ID:ejrhGYip
>「私や読者の要求」
おい、おい、僕と君とを一緒にしないでくれ。
世界文学全集に入るような作品を主流文学と言うなんておっしゃる方と一緒にされたくないなあ。そもそも世界文学全集なんて過去の遺物では?
そろそろ不買運動をしないといかんな。

194 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 16:41:05 ID:UzWOlgSk
>>177
ブログスレのことかーー!! まっ、タコツボサークルを貶してる人間ほど
自分がよりコンプレックスを抱えたタコツボでしたというのは珍しくないから

195 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 16:45:26 ID:5En2oCJt
(1)この手の(叙述的)作品が嫌い。褒める人も嫌い。
(2)みんなが褒めるので嫌い。
(3)実は、本格とは何か、オレ定義が世間一般にあまねく通用すると思っている。
(4)大勢に迎合するもの、売れ線のものが嫌い。
(5)この作品を批判して、まさか文句を付けられるとは思っていなかった。
(6)評論家のトレンドがあると本気で思っている。
(7)現在、何が問題化して、自分に対して何が問われているのか、そのことさえ解っていない。
(8)「このミス」系の価値観で上位に来る作品が嫌いなのであり、本格かどうかはたいして気にしていない。
(9)過去の作品についてまじめに勉強してきたかもしれないが、現状認識が不足し、本格作品の発展や流れに沿った正当な判断ができない。


196 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 17:21:53 ID:yTNaq0Zf
>(6)評論家のトレンドがあると本気で思っている。
>(7)現在、何が問題化して、自分に対して何が問われているのか、そのことさえ解っていない。

適確。

197 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 18:32:44 ID:VnxeV29m
本格の終焉てw
売れないから僻んでるだけだろw

198 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 18:41:36 ID:ygGyBbLi
勝手に終わらせないで欲しいよな
終わってるのは独りだけだろがあw

199 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 19:13:30 ID:9VHjy7hW
一般書籍板でもおちょくられてるぞw

213 :無名草子さん :2006/09/04(月) 19:31:02
B「探偵小説研究会の笠井氏あたりに期待したいけどね」
A「え、あの人は二階堂の味方じゃないの? あの人も『X』認めてないんでしょ。
  あと小森氏とかも」
B「あの二人は『X』を難度の低い本格だとかいってあまり評価してないみたいだけど、
  正直論理的じゃないね。笠井氏は自分の論を正当化するのに熱心で、
  今回の騒動も評論そのものの活発化のいい機会だと思っているのかも。
  素材が直木賞受賞作だからね。戦略的に否定してるってかんじかな」
A「二階堂氏は?」
B「感情的に否定してる(笑)、ようにしか見えないけどね」


200 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 19:16:08 ID:XNa5xqM2
>>178
>「緩やかなフェアプレイ」なんて過去に言ったことがあるか?
>伏線や手がかりが無いと言い切ってたくせに。

このあたり微妙に修正入っているね。
それはかまわないと思うけれど、単純素朴にどうしても分からないんだが、
去年の本ミス大賞で二階堂が投票した「摩天楼の怪人」は伏線や手がかり
がフェアに提示されており、読者が推理可能な作品であると考えているの
かな?二階堂の定義によれば島田やカーこそ本格から外れてしまうと思う
のだが?

探小研のメンバーについて実名攻撃を始めたね。このあたりもきちんとした
根拠を持っていないと(その可能性が大いにある)あとで揉めそうだな。

201 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 19:29:22 ID:9VHjy7hW
>過去の技術の蓄積や歴史史観に基づく絶対的評価ができないなど、
>本格評論を行なうための基本的な資格が欠如しているのは誰の目にも
>あきらかである。
>そして、それを放置した、探偵小説研究会全体にも瑕疵はある。

「歴史史観」って何ですか?w
この文脈で「瑕疵」って使い方おかしくないか?

202 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 19:32:06 ID:BuS2JtcB
>過去の技術の蓄積や歴史史観に基づく絶対的評価ができないなど、
>本格評論を行なうための基本的な資格が欠如しているのは誰の目にも
>あきらかである。

これって禿人のことだろw

203 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:01:42 ID:+1cfTx+g
じゃあ、禿人に対抗する評論を誰かに書いてもらうリクエストをしよう!

千野帽子「二階堂黎人の終焉」

204 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:03:09 ID:9VHjy7hW
>>203
もともと始まってもいないから。

205 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:07:57 ID:ygGyBbLi
(笑)

206 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:17:29 ID:x5Y7iCzD
>誰の目にもあきらかである。

ほんとに客観性というものがないんだな
だから議論に向いてない、というか出来ないのに・・・
けれど、そもそも客観性が無いからそれにも気付かないという無限ループ

207 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:29:13 ID:ygGyBbLi
>誰の目にもあきらかである。

せめて「わたしの目には明らかである」と書けばなw

208 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:29:59 ID:Al9SZ0Z/
>>206
都合のいい主張しかしないやり口は笠井も似たようなもんだよ
二階堂のほうは致命的にバカだから主張が自己崩壊してるだけで、やってることに本質的な違いはないんじゃないかな

209 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:30:36 ID:WF015PlZ
「この作品は本格ではない」と切り捨てるよりも、
「この作品は本格に入れることによって、また面白い作品や作家が
今後現れるかもしれない」と考える方が、遥かに世の為人の為であると思う。

210 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:36:06 ID:SKpolouv
いろんな考え方の人が居ていいと思う。
もう少し考えてから発言してくれればね。

211 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:37:29 ID:ygGyBbLi
論理的に考えることが大の苦手な本格推理(笑)作家だからなぁw

212 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 21:53:19 ID:Lqi+5u54
来るとこまで来た感じだな。
もう"いちおう作家の言うことだから"フィルターも効果なさそう。

213 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:12:20 ID:Al9SZ0Z/
中辻って39歳なんだが若手なのか・・・

214 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:14:15 ID:R7oipzqO
彼をこれ以上責めるのはやめて

215 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:18:47 ID:l265ivsK
冷凍が叙述トリック嫌いってまじなの?
合作でだけど叙述物書いてるし
本ミス大賞で歌野の葉桜にも投票してたから
嫌いではないんじゃないと思うのだが

まあ冷凍の中で、トリックもの>>>>叙述ものという認識はありそうだけど

216 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:21:04 ID:Al9SZ0Z/
>>215
本人は嫌っているつもりなんだが、単に理解できていないふしがある
こんなところも馬鹿詐欺によく似ている
叙述は嫌いだといってる芦辺が実作で応用してるのとはえらい違いだ


217 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:24:21 ID:43776lMm
まさにゆとり教育の弊害だな

218 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:03:25 ID:iqOZBjYJ
俺本格以外のゆとりは認めないがな

219 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:16:07 ID:yTNaq0Zf
>(4)作品中にある感動の押し売りを批判せずに頭から肯定して、それを読者との共通認識にしたがる。
二階堂特大先生の「驚きの押し売り」はどうなの? 全然驚けないから肯定できません。

220 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:23:02 ID:mnVpGqo3
たった1人大海に飛び込んでいく孤独なじさつレミング二階堂

221 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:25:33 ID:mnVpGqo3
キタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!

222 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:26:54 ID:mnVpGqo3
gobaku w

223 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:45:55 ID:GznLnJHy
『X』が難度の低い本格ならば、二階堂氏が2005.11.28の日誌に書いている
風変わりな自説は何なのだろう? この真相には誰も(たぶん作者も)到達
しえていない。そういう意味では、むしろ難度が高いと言えるのではないか?
さらに言えば、難度が低ければ(チワワなら)、本格最高峰の氏の日記で、
真相をあれこれ記す必要もない。
二階堂氏の論は最初から矛盾している。

224 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 02:09:56 ID:SdkpIr98
スレ住民は例の「X」を本格と認めるかどうか、ちと聞きたいですね。

225 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 02:33:18 ID:tXj1Wi9a
>ミステリーって、言っちゃ悪いけれど、ペ−パーバックみたいな時間つぶしに読み捨てにする本であって、
それを評論したり、系統立てて解説すること自体、無駄だと思うんですよ。

二階堂は評論いらない派じゃないのか?
そのくせ評論家がしっかり仕事をしてないと批判?
おかしくないか?

226 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 07:57:13 ID:FMoNM15l
「系統立てて解説」されると自作が駄作だと明言されてしまう
系統立てない提灯持ち評論家だけがいればいい、という考え

227 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 09:21:27 ID:Z6GYCuwS
(1)サスペンス作品であり、厳密には本格ではない――二階堂
(2)難易度の低い本格であり・・・体系づけた本格作品群に属するような作品ではない。――笠井

両者は異なる意見だ。笠井は違うと言っている。他の人を「ぼくら」に組み込むのはやめれ。

228 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 09:32:52 ID:vD/5lic0
犯人推理の難易度から言ったら、乱交シリーズは大半犯人まるわかり。最低ランクもいいとこだから、ひょーろんかたちの低(底)評価は妥当だろうよ。現状になんの問題がある?
もっとも「難度の低い本格」って言い方は、通常主観評価をもっともらしく言ってるだけだ罠。
「わたしは犯人がわかった。えっへん」って。
某本格推理(笑)作家は全然違う推理(笑)を平気で日記に公表(笑)してたようだがw


229 :本格オタですが:2006/09/10(日) 10:07:17 ID:miKqgP7m
>224
「X]は本格ではないでしょう。東野に本格は望めない。好きな作家だが。
浪速少年探偵団2が一番印象に残っているよ


230 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 10:16:38 ID:vD/5lic0
>>229
をいを・・・釣りか?
釣られると、「東野に本格は望めない」と言うが、
「放課後」「卒業」「学生街の殺人」の初期長編はトリック・プロットともに創意充分、
どう考えても佳作以上の本格ミステリだぜ
「X」は倒叙なので見えにくいが、
「トリッキーな本格ミステリ」と言うのを「間違っている」とは言えないほど本格要素はあると思うぞ
まあ、「サスペンス」と言い張る人がいてもそれはそれで良いんだが、
「みんなそう思え」というのはナシなw



231 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 10:28:45 ID:CqXg3gF5
東野は「ある閉ざされた雪の山荘で」「仮面山荘殺人事件」「十字屋敷のピエロ」みたいな捻った本格も物しているし、
「どちらかが彼女を殺した」「名探偵の掟」みたいな本格へのアンチテーゼも書いている。
勿論>>230の言う通りオーソドックスな本格も書いてるし、自分の本格観から無様にも抜けだせない
二階堂よりかは余程本格を望める作家だと思うが。

232 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 10:47:27 ID:Kv4uDg9l
>>231
東野は作家としての自覚が強い(自分のやってることに自覚的な)作家ということだな
自分が何を言っているのかわかっていないどこかの無能な被害妄想狂とは大違いだなwww

233 :本格オタですが:2006/09/10(日) 10:48:35 ID:miKqgP7m
言葉が足りなかった。「今」の東野にと言うこと。
初期の作品は大好きだよ。「天空の蜂」でガッカリして一時期
東野読まなくなったけど、ほぼ全作品読んでるよ。最近は推理小説
から離れて行ってるようで残念な気がしてる。本格オタのたわごとでした。

234 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 10:55:56 ID:Kv4uDg9l
>>233
ああ、なーる
おれも実は「秘密」以降の非本格っぽいw長編は選択・スルーしているのでありますよ
「X」はたまたま臭覚に触れたのでw出てすぐ読んだですが
>>230のコメントのように、初期信者wwwなもので(っ・ω・)っ

235 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:23:34 ID:AqgWFC2n
二階堂禿人の主張は、常に自分に都合のいいように構築されている。
自分の小説が好き勝手に評価され、貶されるのを恐れ、「猪苗代マジック」の巻末インタビューで「評論家不要」論を発言、
「X」が本格か否か、という議論の際は「本格か否かをシッカリ見分けられる評論家がいない」と評論界の凋落を嘆いて見せる。
しかし「本格か否かをシッカリ見分けられる評論家」が現れれば、自作の小説のカテゴリも脅かされるため、
必死で「X」は非本格、ということで片付けようとしたものの、有栖川有栖や巽昌章、千野帽子らの正論による反論により苦境に立たされ、
その後HPの日記や掲示板等で意味不明な「X」批判・評論家批判を展開。

要は、本格・非本格さらには非ミステリの小説も上手く書ける東野圭吾に、
非ミステリはおろか本格推理の名の下に駄作ばかり書き飛ばし、本格の定義に関しても曖昧な禿が妬みを抱いているとしか思えないねw

236 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:31:07 ID:SdkpIr98
>>235
あなたの主観だけでしょ?



237 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:34:52 ID:m9A3bflN
本格じゃないものをトリックや犯人の意外さで評価して「つまんない」と言うのが本格オタクだと思ってた。
今回の騒ぎは逆なのね。



238 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:38:00 ID:c8l32ApN
二階堂は鬱病で破滅願望と思われ
家族は注意しろよ、色々な意味でw

239 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:38:28 ID:5gwAWczQ
>>235は十分に客観性の高い意見だと思うが
>>236はなにを言っているんだ? まさかまた降臨じゃないよな?

240 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:46:05 ID:5gwAWczQ
>>238
鬱病はしらんが破滅願望はないだろう
自分を過大評価してて褒められたくてしょうがない、理詰めでものを考えられる頭がない、
それで意に反して破滅に向かってるだけじゃないか

241 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:50:17 ID:SdkpIr98
>>239

先生ではないですが。
>>235の文章は先生嫌いの人には納得出来るかも知れませんね。
わたしには耐えられませんでした(´・ω・`)

242 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

243 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 16:01:26 ID:SdkpIr98
>>242
それはXのネタばれにならない?
配慮お願いしますねー。

244 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 16:37:41 ID:da5zc/mc
231に同意。
2F堂くんは、プロ野球選手(サッカー選手でもなんでもいいが)のプレイを見て、
自分に同じことができないからとヒステリーを起こしている幼児と同じにみえる。


245 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:07:31 ID:VU+r3xAn
いつから本格は終焉していたのだろう。
二階堂が、気付いた瞬間?
二階堂が、デビューする前?
二階堂が、生まれる前?

246 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:08:45 ID:wniSvoNk
>>243
さすがにこんだけの騒ぎの元になってるんだから
せめて、ここを覗く奴は読んでろよ
と思わないでもない

247 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:14:50 ID:c8l32ApN
書き殴り日記後進きました

248 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:18:29 ID:SdkpIr98
>>246

それは違う。では二階堂スレは「X」読んでいないとダメなのという話。
それは東野スレでよろしくの方向で。

メール欄とか、おぼえていますか?

249 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:25:15 ID:VU+r3xAn
新本格と呼ばれた作家達がデビューしてから本格は繁栄した。
二階堂氏の人狼城が世に出たとき、その進化は頂点に達した。
そのあとは、下るばかりである。もはや終わったといってもよい。
こんな時代では二階堂氏の作品が認められるはずもなく。

250 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:26:00 ID:fCopJJXx
いい時代だ・・・

251 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:27:37 ID:UXDv9TI/
進化(笑)

252 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:29:48 ID:vJWNNgIJ
一番分からないのは、作家である二階堂が最も反発すべき相手は、
「第三の波は終わった」と言っている笠井だろうに、
それを、「笠井氏は終わったと宣言してますが、私はそうは思ってない」という
言葉でお茶を濁している点である。

253 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:30:56 ID:c8l32ApN
長いものには巻かれる主義なんですw

254 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:42:19 ID:VU+r3xAn
いったい、誰がこんな時代を予測しただろうか?
新本格バッシングに耐え、その人気を築き、ミステリブームを巻き起こした
その作家達の仲間の一人が、同じミステリを叩き、
本格から追い出そうとしているのである。
そして、その作品を評価する者たちを、見下しているのである。
まるで、新本格を、時代錯誤、小説として完成していないと
嘲笑していた者たちと同じではないか。

255 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 17:43:06 ID:c8l32ApN
鮎川御大がいればなぁ・・・

256 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 18:20:53 ID:m9A3bflN
>>254
邪魔を受けずに拓ける道はない。…みたいなセリフが「幻夜」にあったよ。
新本格が受けたバッシングも、人生に成熟した人から見れば当たり前のことで、イチイチ反発する二階堂なんかは子供だったんだろうね。


257 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 18:57:57 ID:Z6GYCuwS
>>243
>>248
スマソー
しかしいまや二階堂氏は「X」問題だけが自己アピールという状況に追い込まれている。読みたい作品出さないしね。このスレも「X」問題を除いたら何もなくなるんでねーの?

258 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 19:00:07 ID:5gwAWczQ
笠井は全共闘世代の悪い面を持ちこんできた
禿人はアカの悪い面を持ちこんできた
権威を批判したいやつは自分が権威を持ちたいだけ。権威側に立つと他者に弾圧を加えるようになる

259 :235:2006/09/10(日) 19:41:07 ID:AqgWFC2n
確かにオイラの文章はアンチ二階堂寄りだったかも。>>236>>241には申し訳なかった。
ただ、オイラは「X」は本格の範疇に入れても問題はないんじゃないか、と考えているので、
必然的にアンチ二階堂になってしまいました。不愉快な思いをされた方ごめんなさい。

>>252
無理矢理自分の説に結びつけるのは二階堂禿人と大差ないかも知れませんが、
やはり禿人の「都合よく考える」傾向の表れかと…
師匠筋であり、数少ない仲間(少なくとも「X」批判においては同盟関係?)である笠井潔を敵に回したくないから、
探偵小説研究会に批判の矛先を向ける時も、表立って笠井自身を糾弾することはない。
特別会員(このような肩書きになりながら発言権を持つ笠井も少々問題あり?)だから、とか、
禿人の「X」批判に対し真っ向から皮肉った反論を行った千野帽子に焦点を当てる等、
無理が通れば道理引っ込むじゃありませんが、無理矢理笠井潔を批判の矛先から外しているような印象を受けます。
まさしく、禿人の主義は>>253氏のおっしゃる通りかと…

260 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 20:03:59 ID:CqXg3gF5
>>257
それは違う。ミス板のルールは守れ。あるいはネタバレだけど、と配慮をしろ。
>>254
社会派一辺倒の中、評論家連中に文句を言われながらも、やっと新本格という波を作った作家たちが
後進を貶めようとしているのだから、滑稽としか言いようがないよな。
評論家の方が余程本格の未来を考えてるんじゃないか?

261 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 20:04:36 ID:tPOVITGN
>>259
きみ、紳士ですね。

262 :また帝京:2006/09/10(日) 20:24:32 ID:FRI0QW6V
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060727i204.htm
DVDなど万引き→中古店に売却…大学生ら5人逮捕

東京都内の家電量販店でDVDやCDのソフトを万引きし、売りさばいたとして、警視庁少年事件課は27日、
駒沢大学生(20)(犯行当時19歳)と帝京大学生(19)など少年4人の計5人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
少年グループは昨年10月〜今年4月、世田谷区や三鷹市など計7店舗で、40回以上の万引きを繰り返し、
DVDなどを売って計約120万円を得たと供述しており、同課で余罪を調べている。
調べによると、少年グループは今年2月5日午前10時ごろ、立川市曙町の「ビックカメラ立川店」で、
DVDとCD計10枚(3万8656円相当)を盗むなどした疑い。盗んだDVDなどはそのまま近くの中古品販売店などで売りさばいた。
少年たちは調布市内の中学校の同級生仲間などだった。


帝京を廃校にすれば日本の犯罪発生率は今の半分以下になるでしょうw

帝京の犯罪行為一覧(抜粋)
○薬学部の学生が女性に後から抱きつき胸を揉む
○単位を取れなかった腹いせに理工学部の学生が教員をリンチ
○陰惨なイジメで校舎から飛び降り自殺
○暴走族、麻薬、食堂放火、万引き
○盗聴
○集団レイプ
○薬害エイズ
○守衛にスパイクシューズのまま跳び蹴り
○暴力団を雇って組合員を銃撃
○入学詐欺
○運動部の監督が部費を横領
○トイレで中学生にわいせつ行為
その他多数
帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

263 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 20:52:55 ID:5gwAWczQ
>>241
二階堂を好きな人はいやな気分になるかもしれないけど、これって好き嫌いの問題じゃないですよ
好きだの嫌いだのとは関係なくて二階堂の発言が支離滅裂だってことでしょう
嫌いだから納得してるだけ、みたいな低次元の話にすりかえないでもらえませんか?
好き嫌いをいうんなら二階堂が中傷してる作家や評論家を好きな人たちだっているんですよ?

264 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 21:10:32 ID:0mZrt8kq
大正論キタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!

265 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 21:40:02 ID:VUGoZGCo
>>263
正論だな

266 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 22:10:34 ID:0mZrt8kq
ここはミステリ界の良心w

267 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 22:18:13 ID:RovRokWV
ほんと、紳士的or淑女的な書き込みが多くて、一服の清涼剤だなこのスレッドは

268 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 22:35:01 ID:KeGft/wm
 「新・本格推理」のある巻において、
「島田荘司氏の『本格ミステリー宣言』などは是非読んでください」
と書いている二階堂であるが、
肝心の「本格ミステリー宣言」において、島田荘司は、
「手がかりを全て読者に与えるというのは、好ましいことであるが、
本格ミステリーであることの必須条件とはしなくていいだろう」と言う意味
のことを述べている。

 しかるに二階堂は、「容疑者Xは手がかりを全て読者に与えていない=
フェアプレーに徹していないから、本格ミステリー、本格推理ではない」
とわめき散らしておる。

269 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:06:35 ID:Z6GYCuwS
二階堂掲示板が閉鎖されたのでこっちで意見を交換したい。
このスレの質は向上したので落とさないように自戒したいと思う。


270 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:09:42 ID:CqXg3gF5
なんかさぁ、ここまで支離滅裂なことしか言えなくて、
ところ構わず噛み付いて、作品自体の質も下がってて、
癌としか言いようのない人間をのさばらせているミステリ界も、問題あるんじゃないかと思った。
自浄作用全然働いてないじゃん。
こんな奴が本マスの編集委員を始めとして要職につかせていることが信じられないよ。


271 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:20:01 ID:6XlZiX9v
>>270
さらには新本格推理選考で生きの良い新人(笑)を発掘してるなんざなんの洒落にも成らんよなw

272 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:22:02 ID:m9A3bflN
光文社とか講談社とかは二階堂作品を評価してるから出してるんだろうけど。

273 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:23:36 ID:CqXg3gF5
>>271
そうそう、当然彼の推薦を受けた人間はカガミのように本ミスの投票などで彼の提灯となるわけで、
結局二階堂閥をのさばらせているだけじゃない。百害あって一利なし、だよ。

274 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:33:08 ID:wmU3ecbu
>>272
評価はあまり関係ないんじゃないかな。一応商売になるから出してるだけ
本人がうるさい(めんどくさい)のと惰性はあっても赤字が続くようなら切るよ
小学館の企画はぽしゃった、マスターズは有名無実、頼みの原書房とは自分から関係を悪くした

光文社だってそうだね。鮎川時代の本格推理はいろんな作家を輩出したけど
二階堂時代ってカガミみたいな作家としてもクズの二階堂のペットだけじゃない?
こんな違いをかんがえても選者を変えたほうがいいとほんとに思う

275 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:54:04 ID:UXDv9TI/
>>274
加賀美も投稿時代の短編は悪くない。監獄島でかなりアレな方向にいってしまったが


276 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:35:24 ID:uGSrZHoM
>>274
加賀美が「作家としてクズ」かどうかは別として、
二階堂に迎合したようなカーの亜流のような作品しか書いていないのは
加賀美にとっても不幸だと思う。
新作の『風果つる館の殺人』を読んでそう思った。

277 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:42:44 ID:P0inWIJJ
本格推理の短編はおれも嫌いじゃなかった・・・
二階堂派に組み込まれてひどくなったというのはあるかもなー
いまさら別のものが書けるのかどうかは知らんが

カガミは文章をほんとにどうにかしてほしい。”今の”山田悠介より下手じゃないかとおもう

278 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:46:55 ID:EjsvBZIn
>>276
光文社側が「カーの贋作みたいなのはもう終わりにしようね」と言ったのに
「あと一作」「これが最後」と無視し続けた作家に同情の必要なし。

有楽出版社が公魚一派を切ったような英断がまもなく下るだろう。

279 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:48:27 ID:uGSrZHoM
>>277
新作は『監獄島』よりは多少読みやすかったが、
それでも標準を大幅に下回る下手っぷりだからなー
読んでいて苦痛を感じさせる文章。
あともう少し辞書引いて言葉の意味調べろといいたい。
二階堂師匠の悪影響か?

280 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:51:40 ID:ojU10xE/
二階堂一派の定義する本格においては、
文章力は含まれていません。大事なのはトリックです。

281 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:51:59 ID:uGSrZHoM
>>278
へえそうなんだ。
オリジナリティが生み出せないという欠点を自覚してるのかな?
『双月城』だか『監獄島』だか忘れたが、「ベルトラン」という箇所が
旧稿の「バンコラン」のままだったのには唖然としたな。校正してるの?
>>作者と光文社

282 :235:2006/09/11(月) 01:03:05 ID:whOAAKJP
>>261
そりゃどうも。考え方なんて十人十色ですから。

加賀美雅之の作品は、新・本格推理に収録の短編二本と「双月城の惨劇」は読みました。
短編は、なかなか上手い感じ。(メール欄)が登場する短編が面白かった記憶が有ります。
「双月城」は、加賀美雅之には申し訳ありませんが彼が目標としているらしい?ジョン・ディクスン・カーの翻案のように感じられ、
「監獄島」のタイトルには少々引っかかったものの上下巻で高かったため未読。
「風果つる館の殺人」は、二階堂禿人がHPで「まだ出ていないが傑作であることは間違いない」と提灯持ちのような記事を書いたため、未読。
加賀美雅之や笠井潔など、自説に賛同する同業者へのえこ贔屓が著しいのも、二階堂の致命的な欠点。
「評論家の嗜好が「X」に寄っている」などと「本格推理の終焉」で書いていましたが、よくそんなことが言えるなぁ、と思いました(笑)
千野帽子問題で原書房とのパイプ(「増加博士と目減卿」なんて駄作を出してくれた寛大な出版社なのに)を自ら断ち切り、
小学館、ミステリ・マスターズとの繋がりも薄まり、光文社もいつまで「新・本格推理」を出してくれるのやら。
「ミステリマガジン」の発行元である早川書房も、禿人の評論なんかもう載せたくないんでしょうかね…?
禿人が、出版社からも同業者である作家・評論家の間でも干されるのは最早時間の問題なのではないかと思います。

283 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 01:04:30 ID:ylX5XsH+
新世紀なんとかクラブの合作ではオリジナルキャラをつかってたから、
頑張ればできる子なじゃないかな、加賀美。

284 :235:2006/09/11(月) 01:09:50 ID:whOAAKJP
>>280
>二階堂一派の定義する本格においては、
>文章力は含まれていません。大事なのはトリックです。
二階堂の主張は、「トリックよりもロジック、ロジックよりもプロット」だそうな。
ちなみに私は前スレで、「トリックよりもロジック、ロジックよりもプロットが酷い」と書きましたw

>281
元々バンコランのパロディで書いていた「双月城」ではないかと。まぁ、ベルトラン自体がバンコランのコピーですが。
ただ「ベルトラン=バンコランのコピー」みたいな意識があるので、「監獄島」でうっかり「バンコラン」と書いてしまった、
てな可能性もありますな。

285 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 01:10:00 ID:uGSrZHoM
>>283
別に舞台が外国でもいいんだが、あの文章がね・・・
それともわざとなのか、あの読みにくい文章は?
二階堂の装飾過多の大仰な文章といい勝負だが。
誰かが「パットが一章に一回は雷に打たれたような衝撃を受けてて、
アタマが心配です」と書いてて笑った。


286 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 01:51:37 ID:P0inWIJJ
二階堂は誤記が多いうえに校閲の指摘を無視することでも有名。ゲラはほとんど読まずに戻してるとの説
ヘタクソなら人の話を聞けよ、つーか人の話を聞かないからヘタクソなままなのか
カガミも同じタイプだと想像してるんだが・・・出版社の人も大変だな

287 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 06:13:47 ID:Y4eobWIJ
>>286
ま、待ってくれ! 二階堂先生は本格推理で投稿作品の原稿について誤字脱字を厳しく戒め、文章も推敲するように指導していたと記憶する。その結果がこれか?? 本人の文章を含め異常すぎるぞ。

288 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 06:26:56 ID:UDC9tgff
>>235は冷静。
このスレッドを「真・書き込み幻戯」に認定したい。

289 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 07:05:51 ID:xCvso7Jw
>>287
あれも結局のところ
「この二階堂様がわざわざ読んでやるんだから、おまいら精々読みやすい原稿を書いて送れよ。読んでやらんぞ」
という人様を根拠無く見下すいつもの態度の1つに過ぎないのだろうなw

290 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 07:58:34 ID:yatRkwTJ
>>287
たぶん釣り

291 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 09:49:00 ID:GjIbwzKy
>>284
ロジックとトリック、逆じゃなかったっけ?

292 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 09:54:28 ID:Zedov1WN
現実にあんな文章が世に出てるんだから校閲を無視してる可能性は高いぜ。
ふつう成田空港ができた年ぐらい調べるだろう。

293 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 10:12:09 ID:VkA6z3Xv
>>284
少し前に『双月城』読んだけど、確かに「ベルトラン」の箇所が「バンコラン」になってたなあ。
ほかにも「アルトラン」とか、ベタだけど「性格」が「正確」になってるところもあったような。

294 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 11:56:47 ID:rj8BbQM/
加賀美のことは向こうのスレで語ってやれ
過疎ってるだけに本人もさぞかし喜ぶだろう

295 :235:2006/09/11(月) 13:11:54 ID:r1VbNj6V
>>287
二階堂禿人の肩を持つわけじゃありませんが、彼が選評で述べていることは、
小説の投稿(本格推理は同人誌的な位置付けですが)におけるごく基本的なルールであり、
明らかな誤字脱字や字数、行数、行間の幅(禿人も目くじらを立てすぎな気もしますが)等は、
禿人でなくとも文筆業に携わる人ならば誰でも言うのではないかと。
ただ、禿人自身が文章の推敲・誤字脱字等の誤りをカバーできていない気がしますw
四十字×四十行の原稿なんか、確かに読みにくいですし。
要は、自らも実践できていないことを、禿人が選考する側の立場を笠に着、威丈高に投稿者に要求することが問題なのだと思います。

>>291
慌てて「奇跡島の不思議」の解説で確認しました。

>常々二階堂は「トリックよりもロジックよりもプロット」と言ってきた

とありました。私の記述も少し間違ってましたw お詫びして訂正します。

296 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 15:52:56 ID:qSc6d0qZ
>>295
行動が伴わないのに言うことだけは立派
若手は見下してかかるが、出身校が同じ奴には甘い
上司の前ではコメツキバッタ

おれの職場にもこんなオヤジがいてな
どんなポジションかは想像にまかせるが

297 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 18:56:09 ID:wFpVwJZ4
なんか知らんが235がイケメンに思えてきた

298 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:00:40 ID:5x0qjBbY
昨日の篠田マユミの日記で、この【本格評論の終焉】(笑)の件について言及されてたな

299 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:25:44 ID:xn39t2al
>定義があって小説があるわけじゃない

まったく同感!

300 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:27:02 ID:GjIbwzKy
>>295
>>常々二階堂は「トリックよりもロジックよりもプロット」と言ってきた
すまん、揚げ足取りになっちゃうけど、それじゃ>>284と同じ。

本人のサイトの「自己紹介」の中からコピペするね。

座右の銘:中道
好きな言葉:名探偵、怪盗
標語:ロジックよりもトリック、トリックよりもプロット
特技:トリック案出と人を騙すこと

301 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:28:49 ID:5x0qjBbY
>座右の銘:中道
蝙蝠のように(ry

302 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:38:38 ID:UCKkidzl
極論ばっかり主張している気がするけどな・・・。

303 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:46:25 ID:JkDzfxCh
二階堂、まさに四面楚歌だなぁ。
森の9月4日付けのMORI LOGも、
やっぱりこの件についての記述なんだろうな。

304 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 20:50:13 ID:5x0qjBbY
9月3日付けもじゃない?

305 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:06:01 ID:frQgyr6G
こんだけ馬脚を現しておいて「人を騙す」のが特技とは片腹痛いわ

306 :ファンから:2006/09/11(月) 21:15:19 ID:Y4eobWIJ
>二階堂先生
恒星日記2006.8.27の『文学全集に入っているような、かつて文壇の中心にあったような小説を、私は主流文学と呼んでいます。現在の純文学は主流ではありません』は笑ってしまいます。
例としてドストエフスキーが挙げられていますがド氏はは文壇の中心にいたのでしょうか? そもそも文壇なんてロシアにあったのでしょうか(笑)
これから類推するに、先生の頭には多分「世界本格推理小説全集」というのがあって、ポー、ドイル、クイーン、カー・・・二階堂と言うラインアップなんでしょうね。ここに「X」を入れるな、と言うのが先生の考えのようですね。
「主流」を「本格」に対応させるとよく理解できました。
しかし、文学はかつての文学全集ではカバーできなくなってきており、文学全集という概念も消えかかっています。いや、かつての全集にしても古典的な小説の形態を壊した作品(ジョイスをはじめ)がたくさん入っているのが事実です。定義なんてどんどん変わります。
「X」がそれに成功しているかは否かは置くとしても、「定義」を超え、変えるのが作家です。過去の日本の本格推理作家の誰もがそれを目指しています。

307 :ファンから(続き):2006/09/11(月) 21:16:22 ID:Y4eobWIJ
他人の作品・行動を批判する時間があったら、そして現代の本格推理作家の第一人者を自負するなら、従来の本格の定義を超える本格推理小説を実作を以って提示してください。
それさえあれば、主張がどんなに矛盾に満ち、誤字脱字が多く、日本語が変でも、多くの人の支持を得るでしょう。
ただし残された時間はそんなにないはずです。がんばってください。

308 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:21:48 ID:5x0qjBbY
残された時間はそんなにないはずって・・・(大笑)w

309 :235:2006/09/11(月) 21:34:49 ID:r1VbNj6V
>>300
「奇跡島」の解説は…我孫子武丸めぇ〜(怒)
冗談はさて置き…訂正ありがとうございます>>300
ロジックよりもトリックで、トリックよりもプロット、だったんですね。完全に勘違いしてましたorz

改めて「本格推理の終焉(5)」を精読してみました。このタイトル自体に違和感を覚えますがw
評論家に対し、「X」が本格である、という評論家個々の本格の定義を何故示さないのか疑問、というようなことを書いていますが、
冒頭で「X=サスペンス≠本格、二階堂黎人」、「X=難易度の低い本格≠二十世紀探偵小説論に基づいて看過し、体系づけた本格作品、笠井潔」と、
二つの論理を持ち出していますが、そもそもこの二つの論理の根拠も薄弱で曖昧な気がします。
二階堂禿人がお嫌いな揚げ足取りをするならば、二十一世紀に出版された小説を何故「二十世紀探偵小説論に基づいて看過」するのか、とか(笑)
また「笠井氏がミステリマガジンなど討論の場を設け、ムチで尻を叩かなければ評論家は無視、ダンマリに逃げた」とありますが、
それって禿人、掲示板を封鎖したアンタにも言えることなんじゃ…
最後に、本格系評論家の「トレンド」なるものを挙げていますが、気になるものが。
(3)「端正な本格」「論理的な本格」「泣ける本格」「現代の本格」など、空疎で、中身のない標語を多用する。
(4)作品中にある感動の押し売りを批判せずに頭から肯定して、それを読者との共通認識にしたがる。
禿人さん、あなたの「X」批判も、充分に空疎な標語を多用し、本格推理を解する読者は自分と同じ考え方に決まっている、と頭から決め込んで、
自説をさも読者との共通認識にしようとしているとしか思えませんが。
こんな愚論で読者を欺こうとしている(禿人説によれば、評論家が「X」を本格と絶賛するのは一種の詐欺なんだとか)とは、
確かに>>305氏のおっしゃる通り、片腹痛いかもw しかも、ほとんど騙せていないし…

310 :235:2006/09/11(月) 21:38:13 ID:r1VbNj6V
>>309
かなり雑文になってしまい、読みにくい部分も出てしまいました。申し訳ありません。

>>308
禿同。
つーか真面目な話、早く手を打たないと、彼が妄信する本格推理を書く機会すら失われ、業界から干されることも
有り得るような気がします。この「X」問題に関しては、非を認めて謝罪すべきだと思うんですが、
やっぱり笠井潔も二階堂も謝罪しないよなぁ…自説が正しいって信じ込んでいるし。

311 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:44:39 ID:GuiOEksu
悪い、二階堂について少し言わせてほしい

















こいつ真性のアフォだろ

312 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:50:55 ID:5x0qjBbY
dieセンセイ! このスレはすっかり
「二階堂黎人先生の作品について語るスレッド」ではなく
「二階堂黎人先生について語るスレッド」に成り下がってwしまっています!
はやく語るに値するケッサクをボクらに供給して下さい!
さあ、早く!
もしそんな能力がセンセイの嫌な臭いを立てて腐敗している脳細胞の片隅にひっそりと、そう、ひっそりと眠っているのでしたら・・・

313 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:56:12 ID:ojU10xE/
>別に定義しなければ書けないというものではない。「小説とは何か。その定義は?」と問われても、同じだ。わからない。別に定義などしていない。
>しかし、書けるし、書いているうちに、自分の小説はこういうものかもしれない、とだんだんわかってくるような気がする。書かない人は、
>もし定義したかったら、自分が読んだものから考えれば良いし、各自が勝手に定義すれば良いだろう。


314 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:58:17 ID:3iRfoEM7
>>288
>>312
じゃあ次スレのタイトルはこうしようぜ

【容疑者X】真・書き込み幻戯 【二階堂黎人の終焉(13)】

長すぎてムリかw

315 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 23:10:23 ID:2ymPmvEu
>302
 その通り。有栖川が「ミステリマガジン」において、
「二階堂氏は孤立している」と指摘している。自業自得だが。

316 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 23:23:39 ID:A+mqSBYn
二階堂特大先生の特技:ロジック案出

317 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 23:59:58 ID:dXSzb/ZI
>>310
>やっぱり笠井潔も二階堂も謝罪しないよなぁ…自説が正しいって信じ込んでいるし。

いや、単に引っ込みがつかないのと、非を認める謙虚さがないだけだろ。
長引かせれば長引かせるほど己の首を絞めるというのに。

318 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 00:46:30 ID:NeNBjYfw
>>317
評論活動してる人で過ちを認める人なんてほとんどいないと思うが

319 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 00:50:09 ID:AWua/YKd
>>311

> はやく語るに値するケッサクをボクらに供給して下さい!

そればっかりは逆立ちしても無理だと思われます。


320 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 01:10:42 ID:TbSbuiEr
禿人自身がケッサクじゃないか

321 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 01:21:56 ID:PwAK60RP
うーん、みんなは先生の謝罪欲しいの?
無理だと思うからこうやって書いているんだよね(´・ω・`)

322 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 01:43:16 ID:fdR28ogQ
いや、謝罪する二階堂が見たいわけではないよ。
やはりプロットを最重視するw作家様の展開する本格論には
美しいオチをつけていただきたいだけだ。無理だけど。

323 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 02:26:02 ID:4EE8gG6A
文春事件の時みたいに誰かがマジギレして泣きながら謝る二階堂先生もみたいけど
もうだれも真面目に取り合ってくれないだろうからそういうことにはならないだろうな

324 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 06:21:26 ID:I2IRtxuy
【本格評論の終焉(6)】マダー

325 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 06:58:38 ID:52MZNohG
>>319
もう深刻なネタ切れ状態のはずですからね
そうした絶望感が二階堂をこうした刹那的行動に走らせているのかも知れませんwww

326 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 07:02:38 ID:TumbUAPo
>>325
それ何て将軍様?w

327 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 09:59:34 ID:+kvluLDJ
素直に謝れない時点で頭がガキなんだよ

328 :235:2006/09/12(火) 15:01:42 ID:y9qnVrjh
世間一般はおろかミステリー界でも、「X」問題は収束に向かっているというのに、
二階堂禿人は何故ああして騒ぐのでしょうね?
あそこまで問題を大きくして、しかも形勢は絶対的不利。火消しに躍起になるのが普通じゃ…?
まぁ、「ゲドババア!」みたいなセンスの持ち主に普通を求めてはならないのかも知れませんがw

>>317
確かに、本格推理論云々よりも、単に引っ込みがつかないだけなのかも知れませんね。
非を認めれば、自分が構築した本格推理の定義に基づいて書いた自分の小説を、
自ら駄作と認めることにも繋がりかねないし。
自分は>>235で、非ミステリはおろか自らが盲信する本格推理の定義に基づいたミステリでも全然評価を得られない禿人が、
ミステリ、非ミステリにかかわらず評価を得、なおかつ評論家が「本格」と持て囃すのが面白くなかった、単なる妬みであると書きましたが、
禿人の常軌を逸した、私憤、私怨の類いとしか思えない「X」批判の原動力って、一体何だったんでしょうね…

329 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 15:05:37 ID:y9qnVrjh
文章変だorz
下の方、書き直しました。

自分は>>235で、非ミステリはおろか自らが盲信する本格推理の定義に基づいたミステリでも全然評価を得られない禿人が、
ミステリ、非ミステリにかかわらず評価を得る東野圭吾の「容疑者Xの献身」が大絶賛され、評論家が「本格」と持て囃し、
本格ミステリ大賞を受賞したことが面白くなかった、単なる妬みであると書きましたが、
禿人の常軌を逸した、私憤、私怨の類いとしか思えない「X」批判の原動力って、一体何だったんでしょうね…

330 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 15:12:20 ID:PwAK60RP
数字コテうざい('A`)


331 :235:2006/09/12(火) 15:58:50 ID:y9qnVrjh
>>330
だってわざわざコテハン名乗るのメンドいんだもん。
鉄道板のコテハンはたぶんこっちじゃ通じないしさ。

332 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 16:24:05 ID:PwAK60RP
>>331

名無しに戻ればいいじゃない(´・ω・`)

333 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 16:26:55 ID:bztCD6Cn
>>331
そうやってすぐ反応するなと。お前も二階堂ほどじゃないけどちょっと空気読めてないぞ

334 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 17:04:55 ID:NeNBjYfw
>>323
>文春事件の時みたいに誰かがマジギレして泣きながら謝る二階堂先生もみたいけど

kwsk


335 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 20:52:50 ID:2KUSK9vP
>>334
簡単に言うと禿人が「人狼城の恐怖が文春のベスト10圏外なのは茶木が票をいじったからだゲドババァ」といろんな場所で発言
怒った茶木に「誹謗中傷を行ったことを謝罪しないと徹底的に戦う」といわれるとあっさり謝罪
詳しくは↓を読んでください
http://www.ltokyo.com/ohmori/dengonban/dengon0023.html
http://www.ltokyo.com/ohmori/dengonban/dengon0024.html

336 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 20:56:57 ID:K0hg/Qx3
今と変わらぬ怪電波っぷり((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

337 :ファンから(続き):2006/09/12(火) 21:18:47 ID:NKLyu13S
謝罪しなくていいから消えてほしい

338 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 23:00:08 ID:sqZ2vERg
茶木則雄 ご報告 2000年02月08日(火)16時25分53秒

 二階堂氏から電話をいただき、誤解があった旨、納得していただきました。氏の誠意ある対応に敬意を表します。
 今回の件は不幸な偶然が重なった出来事として、私個人はすべて水に流しました。禍根なく、確執なく、きれいさっぱりと、です。
 よって、この件について当掲示板にアップした文章は、本文を除いてすべて削除したいと思います。

339 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 23:04:29 ID:NKLyu13S
6年後にふたたび犯罪を犯したわけか・・・今度は執行猶予ってわけには

340 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 23:09:05 ID:Rafp/I6r
1を聞いて勝手に10を知った気になってしまうんだろうなw

341 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 23:31:22 ID:Qex8uhn6
良い格言も禿の手にかかると……だな

342 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 00:27:18 ID:pYAwm2vf
>>335
しかし、これを読むと北村薫がひとりで株を上げた結果になったな。
そして一度二階堂に喧嘩を売られたやつは、二度と相手にしないで
華麗にスルーするようになるんだなw

343 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 01:00:50 ID:Y/BX8g6V
>>342
>しかし、これを読むと北村薫がひとりで株を上げた結果になったな。

漁夫の利を得たような印象。
世渡りがうまい人だと思った。
この人の手練手管の少しでも二階堂が学んでれば今回の騒ぎはなかっただろうに。
今回も二階堂は周囲の引き立て役になって終わるだろう。

344 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 05:29:49 ID:39Jd9qIy
頭悪いのに行動するから墓穴堀りまくり

345 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 08:36:20 ID:QRfSsE9O
北村は本当に要領よいと思うよ。馬鹿ばっかりの本格ミステリ界隈でも、
一人だけ冷静に状況を俯瞰してるし。

346 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 08:47:00 ID:ud65LDQX
北村は要領以前に作家としての実力がずば抜けてるわけで

347 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 09:23:18 ID:01tD9Jrn
二階堂は北村作品をどう思っているんだろうか。
二階堂定義だと、これは本格ではない、になるんじゃないのか。
そんな人が会長やっているのは、おかしい!そんな協会さっさと脱退しろ。

348 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 10:54:35 ID:Nc2ilVgZ
二階堂が北村に噛み付いたらどうなるんだろうな。

349 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 10:56:26 ID:IgQuhXbM
(6)出た。

350 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:14:28 ID:MSdAlZ24
(6)をチラッと読んで吐き気がしたぞ!
二階堂は本当にどうしようもないアホだ!

351 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:20:07 ID:ud65LDQX
>>350
オレも背筋に冷たいものを感じた
さすがにやばいんじゃないかと思った
忠告のメールをしようかと3秒ぐらい迷ったよ
せめてまとまった形で発表するぐらいの知恵は無いのかと

352 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:25:14 ID:Y/BX8g6V
>>346
本格業界ではズバ抜けてるけど作家としては平凡な実力なんだよね、本当は。
でも生き方がうまいというのかな、ブランドプロデュースができてる。
本格の書き手としての実績も実は平凡。
本格の魅力(トリックやカタストロフィ)で有名なものがあるわけではない。
オリジナルと言っていい日常の謎は失速。
中身はライトノベル。
でも軽さを感じさせない。
本格重鎮だけど、最近書いた本格はパロディだけ。
本格を捨てたって叩かれても仕方ないのに、コアな本格ファンにも(二階堂にも)そんなことは言わせない。
見事だ思う。

353 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:32:14 ID:TkIlSdmV
アンソロジー編纂の実績で、幅広い読者量と本格の鬼ぶりを見せつけているからな。

354 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:42:59 ID:QRfSsE9O
>>352
何気に最近の著作を見ると「あれ?」って感じだよね。
つか、日常の謎のパイオニアであるから私シリーズも崇められてるけど
フラットな目線で後継の日常の謎派と比べてみると実はそんなに優れているわけではなかったり。

355 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:43:49 ID:Y/BX8g6V
いや「作家」「書き手」としての話ね。
カンに触ったなら謝る。
「業界人」として一流なのは352に書いたとおり。

356 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:44:58 ID:Y/BX8g6V
あ、すまない。
>>355>>353へのレスね。

357 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 11:48:20 ID:QRfSsE9O
しかし(6)を読んだが・・・
病気なのかな?なんか見てていたたまれない。
突っ込みところが多い、というか突っ込み所しかないぞ。

358 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 12:09:19 ID:cXNAlO0A
二階堂はいったい何をしたいんだろう・・・
もはや『作家』ですらなくなってる気がする。
本格の定義もいいけど、他の人に噛み付く暇があれば
実際に自分が作品書けばいいのに。
敵、増やしすぎ。おもしろいけど。

359 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 12:32:13 ID:BvIWDR9W
最終的に名前を挙げて叩いているのが、
影響力の少なそうな若手ばっかりだってのが禿人さんらしいね。
ここまで来たら自爆テロと変わらないんだから、がんがん大物にも噛み付いてよ。


360 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 12:41:12 ID:IScvbf4P
本格無理解者(笑)

361 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 12:47:23 ID:nWgpl3Bs
松本清張作品って浪花節小説だったのかw

362 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 12:48:35 ID:FyUlTw+w
>>352
あなた本格しか読まない人?

363 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 12:54:24 ID:PW8PUIQc
ネットのミステリ系ブログでことごとく二階堂がきち○い扱いされてる件
いままでは反論とかあったけど
今回は呆れられてる

364 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 13:02:41 ID:YZLhtFdb
あんまり盛り上がってるから、『X』未読だったけど、
買ってみようかという気になったよ。
批判している相手の売り上げを伸ばす結果になってるぞ。

365 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 13:09:42 ID:01tD9Jrn
>注2)〈ミステリマガジン〉6月号で私が書いた文章の中には、適正ではない表現や引用があった。4月号の杉江松恋氏の論考へ反論したものの一部分がそれで、
>そのことは、氏から氏のサイト日記で指摘を受けた。確かに一部分において不適切な箇所があり、私はただちに、氏にメールで謝罪した(「本格ミステリ大賞」選定中であったので、当サイト日記では扱わなかった)。
>また、近く〈ミステリマガジン〉12月号で書く予定なので、そこでも謝罪と訂正を行なうつもりである(誌上討論であるから)。

謝る時は、いつも電話かメールだな。
日記ではいさぎよいのにね〜

366 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 13:18:22 ID:COwmM0vN
笠井潔がDに入ってるが。笠井は「Xは程度の低い 本 格 」って言ってなかったか?

367 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 13:31:39 ID:Y93lr2df
>>235ですが、指摘されましたので以後名無しに戻ります。
>>335氏、空気読めなくて申し訳ない。

>>366
禿人が師匠筋の笠井を批判したら、今度こそ業界で孤立しちゃいますから。
必死になって、「X」を批判しながら笠井を意識し、敵に回さないようにしているのが分かります。
評論家でも大物は批判せず、若手を槍玉に上げている。
若手が、自分の本格推理論を解さず、逆の立場に回ったのがそんなに気に食わなかったんでしょうかね?
それにしても、笠井に対する露骨なえこ贔屓、業界の誰も指摘しないんでしょうか。

>「本格愛」を意識しない作家から生まれた優秀な「本格」が存在するのなら、ぜひとも実名を挙げてほしいところだ。
>少なくとも、私にはそんな本の心当たりはない
「本格愛」とやらを過剰に意識していらっしゃる禿人先生の著作の中に優秀な「本格」が存在するのか、
私にはそんな本の心当たりはないw

368 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 13:43:45 ID:HS1b51iZ
なんで、評論家に対する批判だけなんだろう?

369 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:10:00 ID:L9XUV0+9
我らが始祖ポーに「本格愛」はあったのだろうか…

370 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:18:20 ID:1WETcF4D
>>369
そんなもんあるはずないでしょ。
ドイルにも「本格愛」はないしね。

371 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:36:57 ID:RhPETE8G
小説家はぜんぶDグループなんだな
ここまで露骨な贔屓をしておいて説得力があるとでも思ってるのかこの池沼は

372 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:37:12 ID:L9XUV0+9
>>370
だよなぁ。
ジャンル成立以前にも「本格」の傑作はあったわけで、
そういう作品が「本格愛」じゃ説明がつかないw

373 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:43:55 ID:ACUzt6yE
二階堂の譬えで言うと笠井はチワワを見て
これは小さなドーベルマンだと言ってることになるんじゃないのか?
何故笠井を糾弾しない
笠井が怖いのか?

374 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:46:12 ID:Nc2ilVgZ
禿人はいつ臨場を読んだんだろう。
どうせ読むんだったら、本格ミステリ大賞投票日までに読めば良いのに。怠慢だな。

375 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 14:49:08 ID:RhPETE8G
これまでは怒る人がいても「困ったちゃん」ですんでたけど今回はほんとにやばいよ
作家を名指しで批判しなければ逃げられるって次元の話じゃない
負け惜しみでいろんな人を名指しで中傷する池沼ぶりを自分からアピールするような奴からは
まわりの人も離れていくだろう。そうさせないだけの作品の質も売れ行きもないんだからさ
そのうち原書房より下の三流出版社で安っぽいノベルスを書く人になるんじゃない?

376 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 15:16:21 ID:CgcXDO9B
>三流出版社で安っぽいノベルスを書く人

何故か不意に、
「『親指シフト・キーボード習得法』殺人事件」
「ドッキリ蘭子の猪苗代吸血温泉ツアー殺人事件」
などというタイトルが浮かんだ。

377 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 15:32:26 ID:/DuSEgIR
>376
>「『親指シフト・キーボード習得法』殺人事件」
>「ドッキリ蘭子の猪苗代吸血温泉ツアー殺人事件」

ヤバイ。
それ禿人先生の一番面白い本になっちまいそうだwww

378 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 15:42:34 ID:MSdAlZ24
二階堂は笠井が怖いのだろう。
笠井を怒らせたら二階堂は本当に追放されるでしょう。

379 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 15:47:06 ID:7FVw8fOd
まだ大森「磁」樹って書いてるし

380 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 16:45:07 ID:39Jd9qIy
>ポーから現代に至る本格(ミステリー全般も)の歴史に関する勉強不足。
>明治時代から現代に至る日本のミステリー文壇の推移に関する勉強不足。
>新本格ムーブメントの形成と本質に関する勉強不足。
>トリックを中心とする技術に関する勉強不足。
>ジャンル定義や小説形式に関する勉強不足。
>等々、ありとあらゆる点に勉強不足が見いだせる。

すごいなもう。全部自分のこと?????

381 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 16:53:37 ID:ZNiyhZMy
>>368
魔術王が評価されなかったのでキレてるのかも。>>335を見たらそう思えてきた

382 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 16:55:59 ID:ss4tr5Vq
>「人間ドラマに感動した」「純愛に泣いた」「今年の本格の収穫」
>「優れた本格」「現代の本格」などと、空疎な標語を使って、

これらの「空疎な標語」すら、一度も受けたことのない二階堂作品群w

まあ、二階堂が消えても痛くも痒くもないが、ここまで阿呆だと
なんだか物悲しい気分にすらなるな。

383 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 17:09:44 ID:39Jd9qIy
「厚さに比して空疎」なくせに何言ってやがるw

384 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 17:25:40 ID:ZpRtjo3P
関係者はもうそろそろ病院紹介したほうがいいんじゃない?

385 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 18:35:47 ID:YZLhtFdb
> 総括すれば、(新)本格推理の理解に絶対必要条件である
> 発展史観とそれに基づく現状認識の勉強不足ということになる。

あんなに杓子定規の定義に適うものしか認めないんだったら、
もう今後「発展史」はなくなっちゃうよ。

386 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 18:38:37 ID:30qwrg4Z
>>381
「魔術王」以前に、「人狼城の恐怖」が文春のランキングのトップ10から外れたことを、
「茶木則雄が票をいじったから」と騒ぎ立て、茶木を怒らせた。
どうも彼は自分の作品が認められないと、評論家に当たり散らすみたいだなw
彼の意識の中では、

本格の王道を行く(と禿人は認識)自分の小説が評価されない = 本格の何たるかを解さない、無知な本格無理解者(笑)の評論家が悪い

という方程式が出来上がっているらしい。
確かに「魔術王」より「X」が評価されたのが悔しかったのかもね。
東野圭吾本人も忘れた頃に問題を蒸し返して騒ぎ立てるとは、余程妬んでいるんだなw

387 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 18:59:18 ID:001ZYRaf
「本格愛」w
「ジャイアンツ愛」みたいだなwww

388 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:13:15 ID:vM9i+z7r
殊能先生もあきれてるぜ

>体調が悪いときはバカなことを考えるもので、
>「本格ミステリと変格ミステリがあるのだから、反核ミステリや品格ミステリもあっていいのではないか」
>と思った。残念ながら、フンカクという熟語はないらしい。あ、文学ミステリにすればいいのか。

>最近話題の脱格という言葉を聞くと、ついついラテン語の文法を思いだす(ラテン語の場合は奪格だが)。

389 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:23:43 ID:8eat20FK
>>352
どさくさにまぎれて中二病な発言は慎みください

390 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:26:34 ID:SNikM8Cu
さすがに(6)はヤバイと思う。
「X」に投票したかどうかだけで、《本格無理解者》などというレッテルを
貼るのはあまりにも乱暴だし、故意か偶然か批判しやすそうな人を選らんで
いる気もする。

何より主張のほとんどが単なる「思い込み(本格愛とかね)」で客観性や
説得力が感じられない。

今後、詳細な説明があるのかもしれないけれど、益々敵を作るだけのような
気がする。致命的な反発を買う前に誰か止めさせた方が良いと思う。

391 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:28:51 ID:001ZYRaf
どう見ても既に致命傷です
本格的にありがとうございました

392 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:33:45 ID:ss4tr5Vq
>>390
>今後、詳細な説明があるのかもしれないけれど
いや、都合の悪くなったところをその都度言い訳して、
どんどん論旨が(今以上に)破綻していくだろう。
そして山田語以上に意味不明なシロモノになり、
いきなり全文削除に至って終わり。と予想。

393 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:48:49 ID:8eat20FK
さて、法月が容疑者Xを本格として評価していないDグループに入ってるわけだが、
彼は「P≠NP問題の扱いに納得いかない」だけで、本格として評価しないとは言ってない
本格ミステリ大賞の選評でも「レベルの高い秀作ぞろいで選べない」というぐらいだから、
ちゃんと評価しているのだろう

394 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:55:37 ID:L9XUV0+9
【本格評論の終焉】が終わったら、ようやく沈静化するかなぁ…

395 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 19:56:56 ID:tlwB76Im
>>390
>致命的な反発を買う前に誰か止めさせた方が良いと思う。

そんな優しい知人がミステリ界にいたら、とっくの昔に止めていると思う。
二階堂が忠告を無視して突っ走ってるだけかもしれないが。

396 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 20:00:29 ID:vM9i+z7r
>>395
我孫子がやんわりと忠告してたけどな



しかし聞き入れずw

397 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 20:18:59 ID:001ZYRaf
とにかく名指しの若手(?)評論家たちカワイソス(´;ω;`)ブワッ

398 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 20:35:31 ID:fuHKRXD+
>>397
>とにかく名指しの若手(?)評論家たちカワイソス(´;ω;`)ブワッ

若手(?)評論家たちは
「あっ、俺の名前ある、しかもAグループww」
「いーなあお前エリートで。俺なんかBだぜw」
と、定期試験結果を見る大学生のように盛り上がってると思う

399 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 20:42:15 ID:JXKYNjU8
盛り上がってすらいないと思う
気違いは黙殺って感じで

400 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 20:55:24 ID:oSgQy5BC
つーかなんでAに入ってる片山や鷹城は名指しで批判されないんだ?


401 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 21:00:23 ID:xfbu+TWj
>しかし、三条件が揃うことを良質の本格推理作品の達成要件とした話の
一部分のみにあえて反論しても意味がないと思うし

 こいつ、論理のろの字も理解できない、赤子のような脳みその持ち主だな。
3条件のANDを否定するには、どれか一つでも反論できれば充分だ。

402 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 21:11:02 ID:vM9i+z7r
>>400
佳多山・鷹城は比較的大物(作家連中や巽を除けば、千街・佳多山はホープ)、このふたりで共著2冊出してる

以下eノベルスの乾の文章

「探偵小説研究会」に入会しませんか、というお誘いをいただいたのは、2000年の12月のことだった。
自分なんかが入ってしまってもいいのだろうか、と内心で思いつつ、「ええぜひお願いします入れてください精進しますから」と、
やや慌て口調にて即答したのは、それが自分にとって、この上なく魅力的なお誘いに思えたからである。
 だって有名人が大勢いるんだよ。まずはミステリ作家。笠井潔に、法月綸太郎に、小森健太朗がいる。
評論家では有名どころで、千街晶之、鷹城宏、佳多山大地がいる。おっと、
東京創元社の社長・戸川安宣も、会員なのか(と、とりあえずそのときの気持ちを正直に書きました。
だから敬称略だし、名前が挙がってない人はホントにスミマセン。ちなみに巽昌章さんは当時、
僕の中では、SF評論家の巽孝之さんと、区別がついてなかったです)。
とまあ、そんなミーハー気分で「入会させてください」と即答してしまったのであるが、
実は同時に、かなり腰が引けてもいた。逃げ腰というやつである。


403 :400:2006/09/13(水) 21:18:43 ID:oSgQy5BC
>>402
やっぱそこがポイントっぽいよなw なんか他に理由あるかと思ったけど
大地はともかく鷹城は『X』擁護の論も書いてるのに さすが禿人だw


404 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 21:24:36 ID:001ZYRaf
二階堂の正体は蝙蝠と蛞蝓

405 :名無しのオブ:2006/09/13(水) 23:05:58 ID:zS6/z9e0
なるほど


406 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:13:16 ID:KGj/1vK2
なあ、この人ってなんでこんなに頭悪いの?


407 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:15:10 ID:qbI0tEbC
生まれつき頭がわるい。


408 :名無しのオブ:2006/09/13(水) 23:27:40 ID:zS6/z9e0
>>404
なるほどー

409 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:50:31 ID:PW8PUIQc
二階堂には呆れるばかりだけど
ミステリ評論家にはまともなのいないのは事実
実作者の法月より優れてる奴がなかなか見つからない

これって恥ずかしいよ

410 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:54:34 ID:z0KoavOd
うーん、法月が優れた評論家だとは思わないなぁ。
巽なんか凄くまともだと思うけど。ちょっと融通は利かないが。


411 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 00:17:25 ID:IJxO/y0N
自演乙、信者乙覚悟でいう。
俺は二階堂の評論は嫌いだが、小説は好きなものもある。
蘭子シリーズは、江戸川乱歩や横溝正史を思い出してうれしかったし、
ボクちゃん探偵シリーズは、軽くてさくさくよめて面白い。
12月にもハヤカワミステリから評論を出すようだが
ハヤカワの人には二階堂に評論を依頼するより、小説を依頼してほしい。

しかし、容疑者Xを評論家が評価していることを非難しているが……
Xを本格ミステリとして評価しているのは、作家の中にも無視できない数いる。
本格ミステリベスト10の読者投票でも、二位に大差をつけて一位だった。
作家や読者はスルーして、評論家だけを非難するのは、おかしくはないか。
後で作家や読者も非難するのかもしれないし、すでにやっているのかもしれないが。

評論家たちの議論中心は巽の「本格ではないという二階堂の説に不備がある点」、笠井の「本格だが、難易度が低い」というのを受けて「難易度が高いか低いか」に移っている。
にもかかわらず「本格であるかどうか」のみにこだわっているようにみえる。

それから、二階堂だけにいえることではないが、自分と違う意見をみると
「相手が〜〜のようなことをいっているのは実は相手が不勉強だからだ、あるいはなにかしらの目的があるからだ」
と相手の中に悪い動機や不勉強などの原因を見出そうとする動きが顕著に見える。
自分の心の中などを勝手に想像されると、たいていの人はいやな気持ちになるだろう。
そうすると、相手は感情的になって反撃するか、逆に黙って立ち去るか…
いずれにしろ、議論は非生産的な方向に行ってしまうだろう。

とにかく、評論はやめて、小説を書いてほしい。
長文ですまなかった

412 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 00:20:19 ID:guRJ/lxA
本格ミステリ専門の評論家になって喰っていけるのかねえ。
みんなが読みたいのはミステリ小説であって、
よっぽどの愛好家じゃない限り、評論になんて興味ないだろうし。

413 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 00:26:11 ID:mmAoeLEz
皆食って行けてないよ。千街レベルで初めて何とかなる感じと思われ。
もっとも、千街も本格ばかり扱っているわけではないが。

414 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 01:03:01 ID:4zFHnQ+q
>>411みたいないい読者(信者とは言わない)がいるんだから、
禿人も日記に妄言を書き散らかすのはやめて、小説を書けばいいのに。
まだぎりぎりで引き返せる位置にいるはずなので、とても面白い 本 格 を書けば、再評価されると思う。

問題は、この先禿人が面白い小説を書くより、禿人が面白い言動を取る確率の方がよほど高いことだがww

415 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 01:25:29 ID:X1ogpV1Q
>>411
HMMのカー特集のときに禿人が書いたのが
増加博士シリーズの「最高にして最良の密室」
あまりのひどさに反吐が出そうになった

二度とHMMに禿人の小説は載せないで欲しい
くだらない"評論"も御免だが

416 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 03:39:16 ID:ZhGKSnOg
Aに属してるが名は挙げられてない鷹城さんの
x評その2が週間書評に上げられてるな。
半端じゃない長さだった。

二階堂さんはこれを読んだのかな?

417 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 03:44:39 ID:bCIi7jJt
>>416
そして週刊書評の鷹城の記事では、二階堂の名が一回も出ていないのであった……。

418 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 06:27:22 ID:NnPHMsHZ
>>417
特大先生カワイソス(´;ω;`)ブワッ

419 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 07:16:31 ID:kaXVd7Jg
要するにこういう状態だな
「二階堂は本格がなんたるかを理解していないが、自分では最高レベルで理解しているエリート(笑)だと思っている。
 故に、全ての反論を最初から見下したスタンスで眺めるので、反論を許す(笑)ことはありえず、自己の見解も修正することはない」
ああ、不毛だ・・・www


420 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 08:06:14 ID:xMiCloM6
今のままの二階堂が、本格の定義を評論家に認めさせても、
年間ランキングに作品が入ることはないし、評論でも黙殺なんだがなぁ。

421 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 08:39:07 ID:XqkgEM2/
>>419
確かに無毛だ

422 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 08:44:00 ID:XcxlCpuy
パイパン(;´Д`)ハァハァ

423 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 09:08:01 ID:LZMjiZYP
普通には全く知られていないような若手に対しては
散々名指しで暴言吐いてるけど、
二階堂の書いたアルテの解説とか酷かったよなー。
結局この人って、本 格 愛 に満ちた作家じゃなくて、
自 作 愛 に満ちてるだけ。

本格好きなのはその通りだろうけど、
「本格の擁護者である自分」に対するナルシーぶりが見えてかなり('A`)

424 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 09:20:00 ID:XqkgEM2/
特大先生の「本格評論の終焉」のルーツは山田悠介

425 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 09:24:00 ID:kcIBnp7b
終焉について分析するのは、それはそれでセラピーの一種なのかもしれないけど、
他にも治療の方法はあるんじゃないのかと、禿の主治医に問いたい。

426 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 10:00:26 ID:842qlQMF
>>423
禿人の本読んだんだけど、注釈の痛さで確信しました。

427 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 10:07:58 ID:6wrp4+kY
これは公魚以上に症状が酷いんじゃないか。
ここまで手の施しようがないと、後は、死(ry

428 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 11:59:55 ID:0OqOqSN+
    ☆ チン        ハヤクシロ〜
                     ハヤクシロ〜
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)< 掲示板の復活マダー?
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | 淡路たまねぎ   .|/

429 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 12:04:04 ID:4kn+KJ+P
>セラピーの一種
ワラタ。
このセラピーだと攻撃性がどんどん増していっちゃうよ。

430 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 17:52:18 ID:DYCFKATP
一昔前のノベルス裏表紙・作家近況報告風に。
「・・・二階堂氏は、人も知る『本格派』好み。今日も水村美苗『本格小説』をひも解く。
趣味は手塚治虫と、王道の『本格派』で、スキーも『本格派はだし』の腕前とか。
SFを書けば専門家からも『本格派』の折り紙つき。
そんな氏の最新作『湯けむりギャル探偵・蘭子の外道馬場温泉殺人旅行』は、
満を持して放った『本格(ry

431 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 19:02:48 ID:umN5H1eD
二階堂の悲惨な現況は、折原一のB級事件に材を求めた叙述系ミステリの好材料なのではないか
『倒錯の幻戯』『覆面評論家』『被告R』とかの正統派メタ・ミステリ(笑)キボンヌ(折原に)

432 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 19:44:50 ID:4kn+KJ+P
>>431
GJ!
『迷走者』『暴走者』とかもキボンヌ。

433 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 19:57:01 ID:umN5H1eD
帽子何書いてんだおいw

434 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 19:59:18 ID:w+pcoyDC
帽子・・・w

435 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 20:06:39 ID:umN5H1eD
九州の中心で愛を叫ぶけものさん(住人?)も矢鱈楽しそうだすぃw

436 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 20:53:34 ID:nq1MK+cn
千野のホムペ見れぬ・・・

437 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 21:09:21 ID:umN5H1eD
>>436
こっちで
ttp://d.hatena.ne.jp/chinobox/

438 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 21:18:42 ID:gSUv44Eo
あれほど多くの人が言っても『「X」はおれの定義に従えば本格じゃない。それを本格と言う評論家はばかだ、失格だ』という妄説を垂れ流している二階堂は狂っている。孤立してるぞ。
漏れは初期作品のファンだが(アマチュア臭くてよかった)今の状態は手負い猪だ。このままほっとくと草むらで息絶える。誰も手を出すな。
友人とかファンとかいないのか? 忠告してやれ。かなり壊れてきているぞ。これ以上進むと戻れないぞ。

439 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 22:11:32 ID:WAhN4so/
「本格ミステリ・ベスト10」1996〜2005の
20位内ランクイン作家別一覧(右の方)

ttp://www.harashobo.co.jp/mystery/allbest

440 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 22:16:52 ID:nq1MK+cn
>>437
ども、サンクスです。

441 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 22:50:11 ID:W+WBjQ/N
>>439
おまいら間違っても面白全部にアレに投票するなよw
面白ければ良いというものじゃないぞwww
後のことを考えろ、後始末のことを
考えて、絶対投票するな
頼むぞ!
ホントお願いしますよ、お願いします・・・

442 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 22:56:50 ID:sU6wcDl0
帽子ふざけすぎww

443 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 22:57:54 ID:c79Rc6w6
うむ、わかった。わかったから、安心しる

444 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:04:36 ID:XznIvfRv
>>441
いや川崎憲次郎の件もあるからなw

445 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:06:16 ID:W+WBjQ/N
>>444
そーなんですよ、川崎さんw

446 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:07:27 ID:QbuEWeVK
なんというか>>439を見ると、むしろ北森とか霞の方が本ミスじゃ低めな評価受けているのではと思った。
二階堂は増加博士なんて信用落とす作品も出していること考えればまだましな扱いだわ。

447 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:17:39 ID:1xTS30Nf
>>446
そりゃ二階堂には子分がいるけど北森は一匹狼。それだけの話だよ。
霞? いやそれは実力相応なんでねえの

448 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:24:43 ID:uFv1F71V
殊能センセーは凄いな

449 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:26:14 ID:QbuEWeVK
>>447
鯨でも4冊入ってたり北村なら朝霧なんぞでもベスト10入りしてんのとか見るとどうかと思うぜ

450 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:26:36 ID:DEa1Hr/+
>>447
霞は新刊が中々の佳作だよ。この人、変にバカミスやらない方がいい気が

451 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:31:35 ID:DEa1Hr/+
ていうか、>>739のベストオールの締め切りって来月3日かよ!
この機会に未読本に手を出すか

452 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:33:08 ID:FCRx0dR4
>>447
霞は結構いいぞ。バカミスのイメージあるからあんまし読まれて無いだけで。


453 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:40:52 ID:auJtgNKu
一番多くの作品を出してるのは芦辺さんの12冊かな。
東野さんは8冊。二階堂さんは4冊。

コンスタントンに書いてるんだなぁ。

454 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:47:05 ID:RYj9M0DZ
>>453
それでも、本格ミステリ文壇的な地位としては
二階堂>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>芦辺な事実
東野は「第三の波」の中では取るに足らないアウトサイダー扱いされてしまう事実

455 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:52:35 ID:RF2iC0vu
加賀美とかは事態の推移をどう見ているんだろうね。
ミステリに対する嗜好は禿に近いんだろうけど、掲示板の書き込み見る限りでは人格的には禿よりはるかにまともそうなので。

456 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 23:54:31 ID:d7UuhGu4
まぁ、このまま行けば、禿人の本格ミステリ文壇での地位もじきに崩れるだろう。
「X」問題での禿人の言動は明らかに狂気。有栖川有栖や巽昌章なんかは完全に見放しているし、
笠井だって使い物にならない二階堂をいずれは切るつもりかも知れない。

禿人、年貢の納め時だぞw

457 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 00:04:51 ID:l9S8UdQs
>>454
二階堂の声が大きいから、あなたがそう感じているだけでは?
芦辺は本ミス上位の常連だし、本ミス大賞候補にも2回なっている

458 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 00:12:13 ID:waXIYBIS
そういう『実力』は関係ないんだよ
パフォーマンスが派手なら文壇の地位もそこそこ上がる

459 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 00:20:13 ID:s9yK1L1L
本格村に文壇なんかねえよ。しかも禿人のパフォーマンスってマイナスにしか作用してないだろ。

460 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 00:22:37 ID:XFYkjW6L
「本格推理の終焉」
加筆されてないか? Aグループに鷹城宏、Bグループに巽昌章の名前があるが、前は無かったような…

禿はマジでここ見てるんじゃないかw
禿は新作も出さず、不発の爆弾投下を繰り返して、これからどうするつもりなんだろ。
講談社はこんなアフォの糞小説を出し続けるのだろうか。
この騒動で原書房は禿を切る公算が高いし、講談と光文(新・本格推理)くらいしか奴の本を出してくれなくなるのかな。
「X」問題で散々わめき散らし、権威(元々そんな大それたモンじゃないがw)と時間を失った禿が、
今年の本ミスベストにランクインすることは断じて無さそうだ。

461 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 00:23:12 ID:l9S8UdQs
>>459
>>458の頭の中にはあるんだろ
で、その文壇での二階堂黎人の地位が高いと

462 :400:2006/09/15(金) 00:55:15 ID:RVtkStmg
>>460
いや最初からあったよ

463 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 01:38:02 ID:8GtkULXf
>《C》であるが、探偵小説研究会に属していながら、
>これらの企画に投票を行なわないというのは、一種の怠慢に近い。

探偵小説研究会のメンバーも本業もってる人多いんだから、
年によっては読書量が少なくて投票を棄権せざるを得ない人もいる。

そもそも本格ミステリ作家クラブの運営委員やっていながら、
大賞候補作の『臨場』を故意に読まずに投票棄権した奴のセリフか?



464 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 01:47:33 ID:xpThPOnV
私のは、一種の怠慢ではなく、本格を愛する者としての意思表明である。

とか本人は思ってそうだな。

465 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 02:04:16 ID:BGwYt58Q
『x』って「普通の大福だと思って食べてみたら実はイチゴ大福で驚いたけど美味かった」みたいに、
普段ミステリの熱心な読者ではない人が読んで、殊の外驚いちゃったんじゃないかな。
「直木賞」っていうブランドを信用するような人にとっては衝撃だったのかも知れんが、
まあ別にいつもの東野作品だよね、って感じがしたけれど。

これに賞をあげるなら、今までに受賞してもいい作品も在ったと思うが、
世間の程度に合わせた事に対する合わせ技一本、ってとこか。
その世間の盛り上がりにミステリ界(?)まで乗っかっちゃった所が、
二階堂は気に喰わんかったと言うか、妬けたんじゃないの。
まあ文句言う暇があるんなら創作をした方が建設的だわな、作家なんだから。

前後関係をあまり把握しないまま、ちょっと書いてみました m(__)m

466 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 02:56:14 ID:xpThPOnV
受賞する前に、二階堂は批判を展開してたよ。
むしろそのおかげで受賞できたのかもしれない可能性も

467 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 10:01:56 ID:vNqLojE1
>>460
>禿はマジでここ見てるんじゃないかw

そりゃ見てるよ、ヤツは張りぼての敵を求めて三千里走るドンキホーテ
敵の存在が自己を正当化してくれる(批判するバカがいるのは私が正しいから、ってヤツ)
というエゴ妄想に生きる阿呆ほどたちの悪い阿呆はいないよな

468 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 10:22:52 ID:OG9DA0hw
論調が匿名掲示板の荒らしそのものだし、2chは好きそうだなぁ

469 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 10:55:38 ID:s9yK1L1L
本人としか思えない粘着が居座ったこともあったしなあ

470 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 13:43:03 ID:P8JsurdQ
見識
http://blog.taipeimonochrome.ddo.jp/wp/markyu/index.php?p=795#comments

471 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 16:19:28 ID:/ANcOJ+q
↑を読む限り、これ以上騒ぐと禿人は完全に追い出されそうだなw

472 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 16:36:56 ID:YxdvcdKh
それでも騒ぐよ、ヤツは
限度をわきまえてたら、そもそもこんなバカなことにはならんwww

473 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 17:30:25 ID:iQfhYUQ4
( ゚д゚) 創元で11月に出る『J・D・カー生誕100周年記念アンソロジー』で短編執筆かよ・・・。

474 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 17:52:47 ID:13+QqmnX
>>470で紹介されてる研究会の宣言を読んで、
「これだから奴らは分かってないんだ!」と、さらなる批判材料にしそう。

475 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:03:53 ID:ZyboRvIz
研究会サイト公式見解キタ
ttp://www.geocities.co.jp/tanteishosetu_kenkyukai/kaitou_01.htm

476 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:12:44 ID:Z2qsbM/f
>>475
あーあ、禿人に協力してもらわなくて結構ですから、って言われちゃった・・・。

477 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:12:49 ID:iQfhYUQ4
>>475
>質問(8)「回答によっては、本格系作家は『ベスト10』に協力できない」

なんで二階堂が「本格系作家」の統一意志代表みたいなツラさらしてんだ??
ほんっっっとこいつマジ(゚听)イラネ

478 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:15:23 ID:ApGgB4Sw
海原○山  何だこれは。おでんにチワワを入れるような店はおでん屋失格である!

店主    …それチクワですけど。
○山    純粋に言葉尻だけをとらえればそうかもしらんが、おでん愛のない者が入れた
      チクワはチワワも同然!

479 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:25:31 ID:iQfhYUQ4
そろそろお約束の葬送歌でも歌うか

もう♪おわりだね♪
キミが小さくみえる♪

480 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:43:10 ID:DAXpmDbm
>>478
笑った。最高。
本格派でない、二流のおでん屋にはチワワが入っているんだね。
今度から気を付けなきゃw

481 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 19:04:02 ID:HmOX1kyK
>>478
なんちゅう・・・なんちゅうレスをしてくれはるんや・・・

482 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 19:12:12 ID:xpThPOnV
これから出すミステリは、二階堂から批判をもらいたくないなら
「本格ではありません」と明記しておかないといけないね。
本ミスには投票しないでください、本格として評価しないでください、とアピール。

483 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 19:23:44 ID:586x1dLc
>>475
「賛同できないなら別に出て行ってもいいよ」
って言われてるな

これに対して
「自分達の趣旨に合わない人間を追い出すなど横暴云々」
とかいいそうw

484 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:08:31 ID:3aEusJJQ
>>464
思ってますよ、彼はw

>>477
禿人先生は、自分こそが日本のカーで、本格推理作家の総意の代弁者だと自認しているからだよ。
彼の意思が本格推理作家の総意にすり替えられちゃう。ただ、誰もがそのすり替えに気づいているwww
二階堂如きが協力しなくても探偵小説研究会はまったく困らないし、
禿の同志にされてる本格推理作家はいい迷惑。有栖川有栖や巽昌章なんかは、禿のことを苦々しく思っているんじゃないでしょうか。

>>483
禿の趣旨に合う奴なんて、笠井一派くらいなもんでしょ。
笠井、二階堂、小森、つずみ、加賀美あたりかな。

485 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:21:10 ID:uKTBi8Zg
>>484
いやまて、加賀美は知らんが、あとは合ってねぇだろw

486 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:22:40 ID:0QKNdeoA
そもそもつずみって誰やねん

487 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:31:35 ID:Ekfpu6RU
探偵小説研究会は勝てる勝負と見て打って出たな
二階堂は今頃都合の良い被害妄想爆裂中だろwww

488 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:33:59 ID:+8i+gTsw
>なお、今後メール、手紙等非公開の手段で当会に連絡された場合、その内容を公開することがあります。

ちょwwww、茶木の時みたいにメールで土下座して世間体を保つ工作が出来ないw

489 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:40:32 ID:Ekfpu6RU
>>488
ぶわっははははは(´д`)

490 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 20:46:19 ID:4+XMTyfT
創元から出るカー生誕百周年記念アンソロジー、面子がしょぼいな・・・

491 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 21:04:13 ID:s9yK1L1L
>「回答によっては、本格系作家は『ベスト10』に協力できない」についてですが、以上の回答にご納得いただけない
>作家、評論家、読者の方々がいらっしゃれば、二階堂様に限らず、それは致し方がないと申し上げざるをえません。

勝てる勝負と見たんだろうね。勝手に代表者づらしてる(ホントは孤立してる)二階堂が協力しなくなっても痛くも痒くもないといってるわけだ
研究会に問題なしとはしないが、二階堂に対してはこういう対処で十分だろうな

492 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 21:30:00 ID:KvKTgC82
今回の探偵小説研究会の回答はCRITICAがほとんどはけたってことかな?

493 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 21:39:34 ID:t/+uXyPp
>>488
うわあwwwちょwwほんとだ

494 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:01:50 ID:s9yK1L1L
表に出ないところでメールや手紙でコソコソやり取りするおまえのやりかたには乗らないぞってことだな
研究会もそのへんはよくわかってるってことさ

495 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:12:17 ID:zFr0bJJH
なんか今回の公式見解は
「二階堂を本格畑から完全に追い出そう

496 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:13:11 ID:eYFDehrZ
>>478

待て、美味しければ手が汚れるのもかまわずにハンバーガーのかぶりつき
後で八つ当たりする○山先生をネタに使われても。

497 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:13:47 ID:+8i+gTsw
今までのメールも全部公開しろやとも言ってるけど、これは禿人が拒否するだろうな。
禿人はどうするかなー。内心めちゃくちゃ焦ってると思うけどw

498 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:14:29 ID:zFr0bJJH
途中書き込み失礼

なんか今回の公式見解は
「二階堂を本格畑から完全に追い出そう!」って意思が感じられるな
笠井の見解は恐らく禿人否定だろうから、よりいっそう孤立化が進みそうだし

もう禿人は完全に終わりかも

499 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:17:17 ID:uTChjYNH
>>498
いくらなんでも追い出そうということはないでしょ
ネットで文句言われたからネットで返答しただけ、のように見えるけど?

500 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:22:10 ID:4+XMTyfT
なんというか、とりつくシマもない解答だな
はいはい、二階堂二階堂みたいな

501 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:23:24 ID:uTChjYNH
>>500
>はいはい、二階堂二階堂
ww職場で流行らせたい。めんどくさいときに
「はいはい、二階堂二階堂」

502 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:25:07 ID:+8i+gTsw
>【私のケンカ歴/半生の争い】
> 私は今、某週刊誌とケンカをしている。
>ミステリーのベスト10選びのアンケート方法がでたらめ極まるので抗議したことから派生した問題だが、
>正義はこちらにあり、勝利は目に見えているから、今回はそれを書かない。

先生は今もこんな気持ちなんでしょうね。

503 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:43:06 ID:KvKTgC82
>>496
だって本人がいってたじゃん

それに海原も初めは人格破綻者だったし
あとから人格者みたいに描かれてもなー、
ま、山岡も初めはそうとうな偏屈だったけどな
少年漫画で敵キャラが寝返ってイイコチャンになるぐらいがっかりだよ

504 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:47:10 ID:nM2wKPcP
そもそも笠井の言ってることと禿の言ってることは直交関係だ。
加賀美なんかも呆れて離れてゆくだろう。
次の日記でたぶん人格崩壊にいたると思う。

505 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 22:59:41 ID:p/MrvLK3
>>490
柄刀はかなり楽しみだけどな。小林、桜庭、鳥飼もどんな作品を書くのかも気になる
まあ、北山も入れてほしかったけどね

506 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 23:34:15 ID:/VFc6naW
特大先生はもともとかなりおかしかったが
最後にそっと背中を押して彼岸に飛翔させてあげたのは
CRITICAという一冊の同人誌だった

ひとりの作家の死に水を取った、呪われた同人誌ww

507 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 00:25:33 ID:8Wz4GcUH
♪パンパンパーン パ パーンパーンパーン
「バルス!」

「あ……ああああ……髪がぁーっ! 髪がぁぁぁぁーっ! グァドババァァァァァ!」

往生際の悪い禿人先生に、誰か滅びの呪文を唱えてあげて下さいw

508 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 00:43:17 ID:o50tJM0a
>>490
創元の「カー生誕百周年記念アンソロジー」は二階堂と加賀美にとって
致命的な結果になるような気がする。
本人らは、カーなら自分たちが一番!と思ってるかもしれないが、
芦辺拓、小林泰三、桜庭一樹、田中啓文、柄刀一、鳥飼否宇という顔ぶれ(未確認情報)
と劣化コピー二人組では作家としての腕前が違いすぎる。
たぶん悲惨なほどのレベル差になるよ。

509 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 00:50:49 ID:N0gCDnAC
>>508
禿はともかく、加賀美は本格推理の短編は良かったから今回が踏ん張りどころ
これが駄目だと・・・もうどうしようもない

510 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 00:56:35 ID:NnkdWfc+
「本格愛」と作品の出来に関係があるかどうかが問われるわけだな。

511 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 01:01:18 ID:U/Mrh4J6
加賀美の中篇『ジェフ・マールの追想』を「カー生誕百周年記念アンソロジー」に収録してほしい
『新・本格推理01』で禿人が絶賛してたのが忘れられないんだよw

512 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 03:15:41 ID:YAH059XR
本ミス作家クラブの公式見解は「9.11」付けか。

二階堂にとっての「9.11」・・・・・

513 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 03:22:51 ID:YAH059XR
日記の「終焉6」は9月13日付けだったけど、
今回の「公式見解」(9月11日付け)を読んでからの書き込みなのかな?
だったらもうどうしようもにですね。

514 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 03:36:57 ID:MhWyXy4L
それにしても毎度毎度勝てもしない喧嘩を売って
こやつには学習能力というものはないのか?

515 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 05:10:58 ID:eidf0rdu
ニカイドー先生は、もう、新しいジャンルを確立するしかないですよ。
本格とも変格とも異なる、新しいジャンル。
ニカイドー小説とでも名付けて、好きなようにしてくださいよ。


516 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 05:41:28 ID:YAH059XR
>>515
光文社の『新・本格推理』では好き勝手やってるけどね。
さすがに同じ編者で、しかも「こういう小説が本格だ」と
毎巻うるさく言ってるから、似たような作品が目立つようになってきた。

自分はある年に選ばれた投稿者が
「このアンソロジーに選ばれた者は等しく二階堂門下」とか寝言言っていたんで、
それ以来投稿やめた。

二階堂に限らず、ああいうのは3年くらいで選者変えるべきだと思う。


517 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 05:45:16 ID:3vH1QPmB
結構大変そうだからなり手がいないんじゃないか?<編者
二階堂は情熱はあるからな…

518 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 06:01:12 ID:YAH059XR
いまたまたまアヤツジの「ぼうぼう森燃えた」再読してたんだけど、
登場するキャラが「リンタロー」とか「タケマル」とかいるのね、
で、二階堂がモデルと思しい「レイト」というキャラは、

新参者で身体は小さいのに鼻っ柱だけは強い

とか書いてあって笑った。昔からああいう性格だったのかもね。

519 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 06:11:40 ID:83f3XDCj
>>518
それ、当時は笑って済ませられたんだろうけど
今じゃ洒落にならん気がするね。


520 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 06:17:46 ID:5DNYcEat
>>515
>ニカイドー小説
黎人特大説

521 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 07:24:50 ID:6gnW52Y8
私が思うにですよ、
今回の二階堂騒動は、島田荘司の言動を意識したものなんですよ。
以前日記の中で、島田荘司が本ミス宣言その他で波紋を呼んで物議を醸したのが実は島荘からすれば確信犯で、島田荘司先生は予言者だ!マンセー!…みたいなことを書いていましたよね。
破天荒な発言を繰り返すことで物議を呼んで、後から「あれは私があえて問題提起のためにやりました」なんて恰好つけるための暴走なんじゃないかな。
しかし、実が伴わなかったというお話。

522 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 09:09:53 ID:Sz42mEuF
>>521
文春事件などの前科があるので違うとおもいます。禿人にそこまでの知恵と自己抑制力はありません
小説家および評論家としての実が伴わなかったのはもちろんそのとおりですが

523 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 09:36:01 ID:qnhDyD1S
しつけのできていないガキが初めてキチンと怒られたときのようなそんな衝撃に
親指シフトタコのできた指をワナワナと震わせ、棒きれのように立ちつくす二階堂であった
(続く)


524 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 09:53:21 ID:JMc911nA
自分はこの論争で本格ミステリ史に残った!
名探偵論争の都筑道夫のように!

くらいのことは思ってるんだろうな〜

525 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 09:56:51 ID:qnhDyD1S
悪名は確かにハッキリクッキリ残った罠w

526 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 10:00:45 ID:4GfUKJu8
禿人が一番尊敬する島田荘司が一番嫌いな人種が禿人みたいな奴という哀しみ。

527 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 10:13:02 ID:Sz42mEuF
ほんとに尊敬してるかどうかも怪しいもんだが

528 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 11:31:20 ID:hCOLLLDd
尊敬というより盲信

529 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 12:07:14 ID:TpFEQ+ZL
だって、デビューさせてくれたんだもん。

530 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 12:41:39 ID:23jaXX29
正直言ってここまで好き勝手やってる禿人をしっかり排除できないのならば
ミステリ界は終わりだと思うよ。こういう失礼極まりない物言いにはちゃんとそれ相応の対応をしないと。
もともとなぁなぁ気味なんだから、こういう所で毅然とやらないとダメになる。
そんなんだから東野圭吾にも愛想尽かされるんじゃないの。

531 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 12:51:40 ID:27YBG//s
好き勝手やってる2ちゃんねらに言われたくないし、
作家のほとんどは好き勝手生きるような人たちでしょ

532 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 12:53:24 ID:OztDu0Di
>>530
探偵小説研究会の統一見解を要求した二階堂と同じメンタリティの人?

個々人の集まりがミステリ界という総体になっているだけであって、
別に全員右へならえで二階堂を「排除」する必要なんかどこにもない。

もちろん彼本人は今回の件で激しく世間を狭くしただろうが。

533 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 13:21:13 ID:TpFEQ+ZL
> もともとなぁなぁ気味なんだから、
> 毅然とやらないとダメになる。

というか、それこそ二階堂の主張だったわけで。

534 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 13:47:09 ID:ednpNg3A
なぁなぁがキモイと言ったのは千野帽子も同じなんだが

535 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 13:51:58 ID:O5KhGKTo
というか島田荘司氏の信者なのであれば、いっそ氏のように外国に住んで、
日本のミステリー界から少し距離を取った上で電波発言してくれればいいのに。

536 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 13:57:12 ID:l0o9W91h
創作の才に限界を感じた禿人は、本格界へ最後の貢献として、
「馴れ合いはよくない、仲間内でも駄目なことは毅然として批判する空気を作ろう」
と考えて己の身を犠牲にしたんだよ。
死の直前にわざと我が侭を言い散らした黒田如水と同じ心境なんだよ、きっと。

537 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 14:10:16 ID:ednpNg3A
「馴れ合ってるぼくら派」と言われてヒス起こした二階堂はその正反対だと思うがw
馴れ合いすらできずに追い出されただけだよ・・・


538 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 14:20:41 ID:EusQpACb
人柱二階堂乙w

539 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 15:11:23 ID:3WH2hrok
馴れ合いが嫌なら一匹狼でやっていけばいいのに

540 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 16:54:22 ID:eUUjRCpO
一匹狼の大群が襲ってきたら嫌だぞ

541 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 17:29:55 ID:JMc911nA
馴れ合い批判というか、ボクチンとも馴れ合ってくれよってことだしな

542 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 17:55:22 ID:3WH2hrok
1人でやっていく実力も度胸もないなら『無理解者』も受け入れなきゃ

レイトは一度冷静になるべき
本格家族から離れては生きていけないだろう
家出後3日で謝りながら帰宅する中学生になりかねないぞ
もちろん家族はおとなだから敷居をまたがせてくれるだろう
でも腹の中では
「困ったヤツだ(苦笑い)」
だぞ

543 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 18:10:55 ID:EusQpACb
レイトはオクバを見なら(ry

544 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 18:12:47 ID:JMc911nA
研究会の見解に対する発狂が今から楽しみだw

545 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 18:33:55 ID:qd5hwTAP
>>542
まさにそうなる予感

546 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 19:21:13 ID:ednpNg3A
>>544
あの見解は9.11に書かれている
禿人があれを読んでから例の「終焉」を更新した可能性もある
そうだとしたらすでに発狂は始まっている

547 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 20:14:39 ID:TpFEQ+ZL
9.11に書かれて、即座に送信されたのかどうかだね。
サイトに掲示されたのを最初に指摘したのは>>475だけど、
正確にはいつアップされたんだろう。

548 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 20:22:00 ID:ULwQCuuu
昨日の夕方ごろではないかな

549 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 20:25:49 ID:m7Rt8okn
geocitiesファイルの日付取得出来ないんだな

550 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 20:37:10 ID:5RpH3Y66
「回答」の日付9.11と「終焉6」の日付9.13だが、「回答」が書かれたのが9.11、
しかしそれが特大先生の目に触れたのがなんらかの事情で「終焉6」発表以後であったと推測する。
理由は、
1. いかに特大先生がアレでも、あの「回答」読後に
なにごともなかったように「終焉6」を書けるほどアレではないのでは?
(「終焉6」は「終焉5」のストレートな続きになっているから)
2. もし特大先生が「回答」を読んでいたら、それへの再反論
(誤読による見当違いないちゃもん)を怒りに任せて「終焉6」に書き込んだ筈。

551 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 20:37:27 ID:JMc911nA
俺のWWWCの更新は、17:08になってる

552 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 20:53:39 ID:JJ8V2ksD
終焉を書きつつ、メールで土下座&その土下座メールを公表しないように頼み込むという工作をやっていたと予想。

553 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 21:03:37 ID:Yh3WbIW/
世界最長の本格ミステリ小説『人狼城』に続き、
「本格評論の終焉」が世界最長の「本格ミステリ評論」論になる悪寒

554 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:05:45 ID:YAH059XR
ここまで啖呵きったなら、二階堂も本ミスとは決別するかもね。
ついて行くのは加賀美くらいかなー

555 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:14:18 ID:WKwaLzE4
二階堂さん、嫌いではないのですが、
「ジャーロ」最新号の「私の愛する本格ミステリ」ベスト3で、
「水晶のピラミッド」「夏と冬の奏鳴曲」「絡新婦の理」をあげて
交代要員として10×3作あげているのにびっくり。
その中に「歯と爪」が入っているんですけど、あれは「本格」なんですね。
「歯と爪」を本格とするなら、「X」はモロ本格のような…。

556 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:14:41 ID:ycfZAE52
>>554
そういうのって二階堂と加賀美の亀裂にもつながるんだよね。最初はなあなあでごまかすかもしれんけど。
どっちについていっても加賀美に明日があるとは思えないが。

557 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:16:47 ID:s3pf3/bT
>>554
決別といっても、もし特大先生がいい作品を書けば本ミスにはランクインする
決別といったところで、せいぜい「来年の予定」を書くのをやめるのと、
投票をやめるくらいしかないんじゃない?
あとはインタビューの要請があっても断るとかさ
つまりもともと「決別」できるほど作家は本ミスに深くかかわっていない

558 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:18:31 ID:s3pf3/bT
>>554
あ、「本ミス」というのが「ベスト10」じゃなくて「作家クラブ&大賞」という意味なら、
これはまた別の話だね

559 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:19:34 ID:EusQpACb
>>>555
「歯と爪」入ってんの!? んじゃ折原一とかもモロ本格じゃん(笑)
やっぱバ(ry

560 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:22:01 ID:ycfZAE52
>>557
にも拘わらず禿人は意に沿わない投票をした小説家を批判せずに「小説家は協力してやったのに」といって
「このままなら本格系作家は引き揚げる」とできもしない脅しをかけて鼻で笑われてろくに相手にもされなかった

561 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:26:03 ID:s3pf3/bT
>>560
極端な話、作家が誰一人投票せず評論家だけが投票することになっても、
投票母体が小さくなるというデメリットはあるが、
ベスト10のシステム自体は変わらない
鮎川賞出身てだけで阿呆みたいなコメントばかり書いてた石川真介みたいに
自分からやめたのか原書房&探小研から干されたのか知らんが
投票者から消えていった作家もいる

562 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:33:46 ID:Bo5BpHmL
「増加博士と目減卿」読んでみたいんだけど、おもしろい?

563 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:44:14 ID:M9JFZViC
>>562
本当に何もする事がなければ読んでも良いんじゃないか?

お前、そんなに暇じゃないだろ?時間は大切にな。


564 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 22:44:15 ID:XaqYT1Ux
>>561
禿人のなかでは小説家はえらくて評論家は寄生虫、自分をほめないやつらは本格を理解していない。
えらい小説家たちが引きあげたら困るだろうから脅しに使える、と勘違いしてるんだろう。
どっちにしても禿人は孤立してるバカだから号令をかけてもほかの小説家が引きあげることはないんだけどさ。
宣伝にもなるんだから禿人がどういおうと予定発表やインタビューをやめるわけがないよ。

565 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 23:05:14 ID:otupStEl
播磨灘みたいに二階堂部屋でも作ればいいよ。

566 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 23:09:57 ID:95ecLpzY
>>562
駄作揃いの二階堂作品群でもとびっきりの屑と言われている
ネタとして読むのには最適かも知れんw

567 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 23:16:26 ID:N0gCDnAC
>>439
今回の騒動で人狼城に投票する人間が減るだろうな。作品と人格は別とはいえ

568 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 23:21:31 ID:8Wz4GcUH
>>556
加賀美は短編はなかなか上手いが、長編がなぁ。
作風がカーのコピー、んでもって高評価しているのが禿人じゃねぇ…w
少なくとも禿人と縁を切って、カーのコピーじゃないオリジナルの長編で真の評価を問われるべきだな。

ま、禿が探小研、本ミスと決別するならば願ったり叶ったりじゃないか。元々、いない方が平和なんだから。
むしろ、縁を切ったら「そして誰もいなくなった」状態の禿が見たいよw

569 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 23:26:09 ID:YAH059XR
>>568
「短篇が上手い」というよりも、あの下手糞な文章だと
短篇が限界なんだと思う、読者の忍耐力が。

まさか短篇は長谷川順子執筆で、長篇が田辺執筆!?

570 :562:2006/09/17(日) 02:46:34 ID:IAyYkHRJ
>>563
>>566
ありがとう。ヒマな時にでも読んでみる。
いろいろなところのレビュー見ると、
東野の「名探偵の掟」みたいな感じとか書かれてたから…

571 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 03:13:29 ID:nE6X4TWZ
加賀美は嫌いでもないんだよな。監獄島はそれでも無駄に長すぎだが。
まぁ空気読む力はありそうだから、禿人と心中はしないだろ。

572 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 04:33:53 ID:EcTdNBIa
>>571
いや、いっそ心中したほうがいいと思う。
二階堂におべっか使いまくったり、彼の威を借りて駄作を垂れ流したりして
相当に白い目で見られてるから、二階堂離れしたとたん瞬殺されるのは確実。

573 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 04:58:47 ID:nE6X4TWZ
>>572
禿人掲示板とかでの言行はに見ていて恥ずかしかったな。
確かに二年に一度カッパから出るだけだから、禿人outなら道連れっぽいかも。

574 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 05:27:23 ID:6pROD45j
「本格の定義」がどうこうって言うから関心を持ったが、要約すると
『自分の作品を高く評価するはずの「本格ミステリ・ベスト10」が「X」を評価するもんで頭にきた。これまで味方と思っていた探偵小説研究会の奴らはアホだ。評論家を名乗る資格はない』が言いたかったことなんだねエ・・・
あまりにも矮小な話でいかにも零人という名がうなずける気がする。

575 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 07:36:46 ID:C8PVTaQ0
>小説家はえらくて評論家は寄生虫
残念ながら、そう思ってるアホ読者は多い。
また、明らかに寄生虫な評論家が数多く存在するのも事実。
これが自体をややこしくしている。

576 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 07:44:13 ID:C8PVTaQ0
すまん 自体→事態

577 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 10:15:54 ID:yr/9MsCB
ジャーロで「本格ミステリ」ベスト3の交代作に「殺戮にいたる病」が
あがっているんですが、これは本格?

578 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 10:20:51 ID:f3AjuqmP
298 名前:はじめまして名無しさん :2006/09/15(金) 23:22:38 ID:pNL/1NTp   
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" | 竹石圭佑 
   (⌒ヽ             |) (1986〜 愛知県名古屋市)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

       /;;;;;;;;;;;;`Y´;;;;;;;;\
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
      l;;;;;r'´ ̄ ̄~  ̄ ̄ヽ;;;;;!
       |;;;;;;|         |;;;;;|
       {;;;;r',;;'"゙`、  .,,;-ー、 ',:;}   植草一秀
      rゝl!. (●)│l (●), :l;jヽ 名古屋商科大学客員教授  
       〉),|   . ノ ヽ   :!ノ/   
        ゝ_.l   ゝ- '   ,jノ
        l、  ___,  /!  
         lヽ  ー‐'  ,/ ! 
          /!、`ー─‐'" /ヽ  

 竹石圭佑と植草一秀氏には多くの重大な「共通点」がある。
竹石圭佑は覗き&盗撮が趣味で高校時代にも最低2回は「覗き」「下着泥棒」で捕まっている。
顔の系統も同じで、かなりレベルの高い金魚面である。
竹石や植草氏は世の中の女性を「性欲処理の道具」としてしか見ていない。
犯罪・変態行為で互いにしのぎを削りあう両名。好敵手とも言える。
しかし、この二人の不自然なほどの重大な「共通点」から考察すると、竹石圭佑は植草一秀氏と血縁関係にあるとも考えられる。

579 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 11:07:13 ID:Jub+sOeR
>>555
『夏と冬の奏鳴曲』だって、本格と言えるか?

580 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 11:10:12 ID:bkBSWoYc
日記更新無いね

581 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 11:12:21 ID:0A9Fv2eP
余りのショックで自殺したんじゃないだろうな?

582 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 11:21:44 ID:53cQ+Nqh
結局、二階堂の定義を厳密に適用したら「本格作品」なんて
ほとんど無くなっちゃうんだよな。

これは当初から指摘されていたことなんだけれど、本人が語れば
語るほど、そのあたりの矛盾というかダブルスタンダードが覆い
隠せなくなってきている。

本人もいい加減気付いているんじゃないだろうか?
引っ込みがつかなくなったのと、それにかこつけて日頃の不満を
ぶちまけているというのが実態じゃないかな。

583 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 11:52:44 ID:fdPEgsUq
まったく気付いていないとは思わんがそこで収拾や謝罪ができる人間じゃないからなー
頭の悪さはもうみんな知ってるとして今はもう人間的な駄目さが露見しまくってる段階
小説家として力があればフォローの余地もあるが本業があれじゃ・・・

584 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 12:30:10 ID:2NBc5dWs
HMMにまた原稿書くみたいだから、それで今回みたいな電波垂れ流したら
それに対する誌面上の反論で集中砲火を浴びて本格的に処刑されるんじゃね
個人的には最後に東野本人に総括してもらいたいw

ところで乱歩賞のパーティーがあったみたいだけど例とはいったのかな?

585 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 12:33:12 ID:6pROD45j
恒星日記、行き詰ったみたいね。そろそろこのスレも使命を終えたな。

586 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 13:02:55 ID:3ik45cX9
乱歩賞も鮎川賞も本格ミステリ大賞もぜんぶ法事で欠席ですよ。
HMMにまた原稿書くんだったら使命はまだ終わってない。これからがクライマックスだな。

587 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 13:48:15 ID:lQxeNMCS
ジャーロ見てきた
なんでルブラン(813、奇岩城)が本格なんだ?
二階堂のアタマの中ではナニがドウ分類wwwされているんだ??

588 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 13:57:59 ID:nE6X4TWZ
俺様が好きなものが本格、とかなんじゃないかと思えてしまうな。

589 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 13:59:05 ID:3ik45cX9
>>588
それが正解。わかってないのは本人だけ。

590 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 14:00:11 ID:LR/2RK1A
X問題の最初から無茶苦茶だったなその辺は

591 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 14:03:28 ID:ObGjhZYZ
自作が認められないのと逆に評判がいいXへの嫉妬で
あんなの本格じゃない!やだやだ!ってとこから出発してるから
弁解すればするほど自説との齟齬でぐだぐだになってるな

592 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 15:52:33 ID:VU1lkt15
よしだまさしが、今回のことについて、日記に書いているね。

593 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 15:55:58 ID:QZ3RXAqp
>>592
読んだ。概ね同意。
「部外者なんですけど」とエクスキューズをつけるたのはカスだと思うが。

594 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 16:14:40 ID:HIus9piz
>>592
何をコアにするかってことだけでも紛糾するので、同意できない
SFでこれをやってもやはり揉めるだけのような気がする

595 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 16:21:33 ID:B408DB/C
そんな簡単に基準ができてたまるか
テストの採点じゃないんだから

596 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 16:24:49 ID:qlVxQw1B
日本SFは狭義にこだわった結果一時期絶滅状態になったからな
二階堂がやってることは本格ミステリを衰退させる。完全に孤立してるから無理だけど

597 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 16:31:45 ID:4fQ59wC0
>日本SFは狭義にこだわった結果一時期絶滅状態になったからな
そうだったのか?
ただ単に人気が無くなったのと若手が育ってこなかったせいだと思ってた

598 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 16:41:21 ID:DBS+VRMR
二階堂黎人の言動が一致していれば、まだ評価できるんだが。
ふだん声高に主張している二階堂自身の本格定義と、
『新・本格推理』での選考作品や、ジャーロでの好きな本格作品とが
見事に一致しない。

誰かが言っていたけど「俺が気に入った小説が本格だ」と言ってるとしか
思えない。加賀美スネ夫くん辺りが一言言ってあげればいいのに・・・

599 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:07:05 ID:fMt5akYg
二階堂が勝手に恥かくのはどうでもいいけど、こんなのが本格業界で
それなりの位置にあるのはやっぱり問題だよな。

外部の人が見たら、本格ってジャンル全体が
やたら低レベルに見えてしまう危険性がある。
こんなアホの戯言の羅列で「論争」なのかよ、って。

多少、本格に興味持ってる若い人間が見たってうんざりするだろう。
電波のおっさんに「勉強不足」とか連呼されそうでさ。

600 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:08:55 ID:wVSuCRm3
禿は自分の小説こそ王道を行く本格推理と思い込んでいるから、
自分の小説と同時期に出版されて、自分の小説よりも「本格」と名のつく言葉で絶賛された小説は絶対に褒めない。
「あんなの本格じゃない。何故なら、俺の本が同じ頃に出ているから、俺の本よりも本格推理として評価が高いわけがない」と盲信。
「X」問題も、本格ミステリ大賞で「魔術王事件」が候補にすらならず、
禿が崇拝するガチガチでコテコテの本格推理からは一線を画した東野圭吾の「X」が本格ミステリ大賞に選ばれたから、
「俺の小説よりも「X」の方が本格として評価が高いのはおかしい。何故なら俺の小説こそが本格推理の王道を行く作品だから。
 そのことが分からず、「X」を持て囃す評論家は無知の本格無理解者だ」
と、批判した。
結構方々から叩かれて、四面楚歌だな。恒星日誌が全然更新されないし、でっち上げの論理も尽きたか。


601 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:09:41 ID:8BYSHOL1
二階堂はCSの40時間まるごとスタートレック(エンタープライズ)を見るのに忙しいんだろw

602 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:11:15 ID:0PD6Sw6f
>>601
俺もそうだと思うw

603 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:17:31 ID:HIus9piz
>>601
特大先生のスタートレック好きを見る度、
「レーニンの癖に米帝フロンティア精神に洗脳されてるなw」と苦笑してしまう

604 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:35:54 ID:nzFLXHBU
>584
板よ、乱歩賞に。もう一人の禿に激しく話しかけてたよ。

605 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:38:37 ID:HIus9piz
乱歩賞には探小研の人もいたんじゃないの?

606 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 18:04:26 ID:6pROD45j
>>592
正論だが、「何を本格とするか」なんてアナログ的な拡がりを持っていて「定義」を議論しても収束しないだろう。
一人の人間の中でも時と場合によって変わるのは二階堂先生を見ればわかる話。
あえて言えば探偵小説研究会は入会希望者にオールタイムベスト100の好みの順位をつけさせ先生の順位との相関係数が90%以上だけ選べばいいんじゃね?

607 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 18:27:15 ID:HIus9piz
>>606
何で探小研が特大先生の顔色を窺わなければならないのだww

608 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 18:36:40 ID:WD4VELn5
しばらく前に掲示板が閉鎖されたけど、今度は恒星日誌も閉鎖されるかも。

609 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 18:44:03 ID:XqQXrcXw
>>608
その可能性はとても低い
すでにこっ恥ずかしい(笑)復活劇があったろ?

610 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 18:50:46 ID:+6hNS21q
いらない人。

611 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 21:35:13 ID:HIus9piz
>>575の言うアホ読者の典型
ttp://d.hatena.ne.jp/news23/20060915
評論家の作家批判を嫉妬としか解釈できないこの手の最底辺読者にすら
「ヲチ対象でしかありませんね」と書かれてしまう禿人先生も哀れ

612 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 22:40:12 ID:dfdm38Z+
>>611
おいおい、そこのサイトの書き手は最底辺読者じゃないだろう。
千野のいやらしい書き方の正体を嫉妬と看破し、
作家が個人的体験を特権化して何が悪いのかと指摘している。
きわめて真っ当。

ところで二階堂が第五回本格ミステリ大賞に投票しなかったのは
「臨場」以外に理由があったって本当?

613 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 22:49:34 ID:B0SXhglZ
>>611
いま読んだ。その手のアホ読者がたまにいて邪魔なのは同意だけど、この人はそんなに変なことは言ってないよ。
評論家一般がどうとかじゃなくて、千野個人がその程度の人間だと見抜いてるだけじゃないのかな。
URLはなんか嫌な感じだけどねー。筑紫みたいな売国サヨでなければいいんだが。

614 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 22:52:28 ID:9/21Fskm
前のスレでもあったが、ウヨサヨを持ち込む奴は何なんだ。関係ないだろ。

615 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:03:07 ID:S30BwS0R
おまいが嫌うのは勝手だが条件反射的に見た瞬間に拒否反応を示すのも短絡的じゃないか?
二階堂のペンネームの由来はレーニン、恒星日記でアメリカと自衛隊とNHKをムチャクチャな理屈で批判しまくった奴だぞ?
んで笠井は全共闘のやりくちをそのまま本格ミステリ界に持ち込んだ張本人
そのへんの知識があるほうが状況を把握しやすくなることは(おれもイヤだけど)あると認めざるを得ないんじゃないかな

616 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:05:03 ID:S30BwS0R
それともうひとつ、CRITICAで千街が笠井評論を「政治的なことを言いたいがために本格を利用してる」と看破してることも指摘しておくか

617 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:10:26 ID:OnNGqvNo
>二階堂のペンネームの由来はレーニン

ソースは?

618 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:13:06 ID:QZ3RXAqp
>>616
というか笠井は闘争の中でしか生きられないから、
ミステリ界に無理矢理それを持ち込んだ印象があるな。

619 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:24:03 ID:Usa+19hk
二階堂騒ぎで、このスレも変なのがだいぶ混じってきたな

620 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:38:53 ID:S30BwS0R
>>617
インタビューで仄めかしながら答えてるよ。ニューウェイヴだったか文春だったか。

>>618
活動家や主流文学の世界では(頭が足りないから)相手にされなくて本格ミステリ界にそれを持ち込んだだけなんだよね('A`)

>>619も状況をろくに知らずに反射してるだけっぽいけどさ、たとえばCRITICAでは千街がこう書いてる。
「笠井が主張するように、ナショナリストになるくらいならまだしもオタク部屋に籠もっている方がいい、外部に目を向けなくても
いいというのであれば、基本的にオタクなジャンルである本格のコアな読者にとって、ホームレスの存在に気を留めるかどうか
や、『容疑者Xの献身』とネオリベ社会の構造的類似といった問題など、視野に入らなくても何ら不思議はない」
「笠井はこの座談で、自衛隊を無条件に美化するような昨今の右傾化への危機感を表明し」
「笠井の場合、そういった政治的危機感を文芸批評とないまぜにする際に齟齬が生じているように感じられる。例えば、笠井が
評価するライトノベル出身作家・桜庭一樹が、『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』のラストで、ひきこもりの青年に自衛隊入隊
という選択をさせていることについては、どのように考えているのだろうか」

おれも本格ミステリにウヨサヨなんか混ぜたくないけどさ、笠井を混ぜて考えるんならそれを避けて通れなくなってるんだよ。
ウヨサヨを持ち込んだのは笠井。おれに文句を言われても知らんよ。

621 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:46:08 ID:MMzF0gAI
日記更新しないかな

622 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:48:31 ID:IwG+5Z8O
>>621
今二階堂は、想定外の裏工作不可の状況になってしまったので、全く途方に暮れいているのでむりぽw

623 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 00:00:58 ID:bkBSWoYc
今日何々した、とかも書いてくれんですね

624 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 00:04:19 ID:vPuELnQH
バカなことをわめいて相手にされてない二階堂より笠井のほうがずっと実害は大きいんだよ
小説家も読者も早くそのことに気付くべきなんだけどな

625 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 00:12:47 ID:rtcBN4+X
実害はどうかしらんが
ヲチして面白いのは圧倒的に二階堂なんだからしょうがあるめい

626 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 02:48:14 ID:YmoJXBcQ
笠井は基地外ぶりも含めて芸だしなぁ。

627 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 05:02:43 ID:kjCiuMPG
ブームに後乗りする人ほど偉そうだし政治的
新本格だけじゃないかもしれないが

628 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 06:42:27 ID:tbk2oeV+
>>612
>>作家が個人的体験を特権化して何が悪いのか
おいおいこれのどこが真っ当なんだ?
あんたも「小説家>評論家」があたりまえだと思ってるのか?やれやれ…

個人的体験の特権化は作家だろうが一般読者だろうが醜い。
帽子がイヤミで性格ブスなのは俺も認めるが、別に嫉妬は感じないぞ。
帽子は評論家斎藤美奈子も禿人と同じ理屈で揶揄しているしな。
あと柿沼瑛子も。あ、柿沼って小説も書いてるんだっけ。
でもまあ一般的には小説家とは見なされてない。
あんたみたいに「小説家>評論家」って考えてるやつらが多いから、
禿人みたいな勘違い作家が出てくるんじゃないの?

もっとも「小説家>評論家」って考えさせられる
金魚の糞みたいな評論家がやたら多いのも事実だけど。

629 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 07:42:02 ID:ZMYh+9Bw
冷静に恒星日記の再開を待った上で、本論の二階堂先生を論じようぜ。

630 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:01:32 ID:+Lwa9wKl
ぶっちゃけ二階堂の作品読んだことない漏れガイル。
論じるから二階堂先生が書いた質が高い本格ミステリのタイトルキボン。

631 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:08:43 ID:foycTN8C
恒星日誌更新しないね
スタートレックでそれどころじゃないのかな

>>630
名探偵の肖像以前の小説は全部読みました
個人的には人狼のメイントリックがいい意味でアホっぽくて好きだが
長すぎるので気楽にお薦めできません
吸血か聖アウスラ、短編ならロシアなんとか
(先生の本は全部ブクオフに売ったので表題がユリ迷宮かバラ迷宮か忘れました)
あと私の捜した少年、あたりが比較的(あくまで比較的)好印象ですが
文章が全部ひどいのでそれが耐えられなくて読むのやめた人が多いのは周知の通りです
以上あくまで私の主観なのでほかの人どうぞ

632 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:13:56 ID:k4CIRbxE
二階堂の中で比較的読めるのは初期の蘭子シリーズだと思うがここはあえて増加博士と目減卿を読んでいただきたい

633 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:16:05 ID:tbk2oeV+
>>632
「あえて」ってそれ大バクチww
>>630君の被害を一冊にとどめておいてやろうという、>>632氏の親心に全米が泣いた

634 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:36:26 ID:or14Vz0d
>>630
サトルシリーズの長編はやめておきなされ、年寄りの言うことをきいてくだされ

635 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 09:14:24 ID:ovApQnuJ
>>632
dieセンセイの実力最大出力発揮作だ罠
あの内輪臭はセンセイの現況に通じて興味不快w
文庫買って読み返してみるかwww

636 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 09:57:46 ID:ovApQnuJ
日記交信キタコレ

>『新・本格推理07』入選者でもある鏑木蓮氏とは、お祝いを述べた後に握手を交わしてきた。

これが書きたかったのであらうw

637 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 10:03:09 ID:ZMYh+9Bw
日曜日ごとに草野球を友達と楽しんでいたが、見ていた二軍崩れの男(火災)が
入り込んできてルールブックがどうとか、そんなこっちゃWBCに進めないぞ、
とか変なこと言い出すし、もう一人の男(レーニン)も根性がない、野球魂がな
いって飛び入りし(これが口ほどにもなく野球がどベタ)相手かまわず喧嘩うる
し・・しょせん草野球なんだからほっといてくれっていうの。

638 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:59:00 ID:0bzkWuWe
>>637
> 日曜日ごとに草野球を友達と楽しんでいたが、見ていた二軍崩れの男(火災)が
> 入り込んできてルールブックがどうとか、そんなこっちゃWBCに進めないぞ、
> とか変なこと言い出すし、もう一人の男(レーニン)も根性がない、野球魂がな
> いって飛び入りし(これが口ほどにもなく野球がどベタ)相手かまわず喧嘩うる
> し・・しょせん草野球なんだからほっといてくれっていうの。

火災は二軍崩れじゃないだろ
一軍で首位打者くらいの実績がある

639 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:05:39 ID:t/lNLvEa
いや、そもそも一軍・二軍という区分けがおかしい。
笠井は元は球技ですらないマラソンの一線級の選手であって、
マラソン引退したからといっていきなり野球やってるとこに口出し始めた、ってことじゃないの?

640 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:11:34 ID:almnsKZN
 更正日誌の右下の写真に写っているのは、逢坂剛氏ですか?
二階堂を批判した。

641 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:22:39 ID:3AbZ8mIA
恒星日誌で紹介している、昔のコミックの図版は著作権を無視しているような。

642 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:32:23 ID:+NvL9cjo
>>638
ないない。下位打線のレギュラーぐらいの実績じゃないの?
>>639のいう「マラソン」ってなに? 思想界では相手にされずSFでも代表作ひとつなかった人だよ?
笠井は自己宣伝に長けてるから実態以上にすごい人だと思わされてる人が多いだけじゃないか

643 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:32:44 ID:+bblIbf3
というか、肝心なことをちゃんと書けよなー。
みんな待ってるんだから。

644 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:38:09 ID:z1l6gHez
哲学者の密室はこのミスで3位になったな

645 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:39:11 ID:+NvL9cjo
乱歩賞作家と握手して写真まで撮ってきたおれは立派な小説家
おまえら無理解評論家がなにいおうと干すことなんてできねーよ、切られるのはお前らのほうだm9(^Д^)プギャーーーッ

といいつつ内心は((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

646 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:55:15 ID:T4aJGVo/
厚顔無恥なんだろな…

647 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 13:25:17 ID:69vrEVJy
本格無理解本格推理作家゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハハハノヽノヽノヽノ\ / \

648 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 13:27:55 ID:XIiznYta
>>642
バイバイ、エンジェルとサマーアポカリプスは傑作
人によって違うと思うけどアポカリプスは日本の本格の最高傑作の1つだと思うよ
機械仕掛けの夢は当時としてはいちおう画期的な作品。今は絶版だけどw

649 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 13:33:50 ID:69vrEVJy
>>648
その2冊はたしかに良い作品だ
だがしかし
薔薇の女以降の作品は貧弱なプロットを装飾過多で誤魔化したブヨブヨ作品群ではないか?

650 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 13:40:03 ID:cpX0kULQ
笠井の位置づけってどれくらいなんだろうなあ。
周りでそこそこ読書している人に聞いても、名前を知らなかったし。
宮部、恩田、京極あたりと比べると、やっぱりワンランク落ちるか。

651 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 13:48:12 ID:XIiznYta
>宮部、恩田、京極あたりと比べると、やっぱりワンランク落ちるか。

全然比較にならんだろう
というか、この宮部、恩田、京極という並び自体よく分からん

652 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:03:45 ID:tbk2oeV+
>>650
知名度を尺度にするなよ
知名度なら西村京太郎>有栖川有栖だし
直木賞作家というくくりをつけたら渡辺淳一>京極夏彦

653 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:09:46 ID:69vrEVJy
笠井はある意味日本のヴァン・ダイン

654 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:22:12 ID:KWcH2cXU
笠井潔スレになりました。

何だかんだ言っても、「オイディプス症候群」で本ミス大賞ですから。

大先生みたいなことを言って申し訳ないが、この作品と同時受賞が「GOTH」ってところが、本格にとって諸刃の剣なんだよなぁ。やっぱり正直なところ微妙な違和感があるのよね。
まぁ「壺中の天国」も少し違和感がなくはないけど。
この辺は理解してくれる人もいるでしょう?

多分大先生も少なからず同じような違和感があって、そこへ実作者ならではの嫉妬や不快感が混ざり、後から妄想に屁理屈をつけてグダグダになりながら絡んじゃったのが今回の敗因かと。

必要以上に本ミス大賞やランキングその他に権威付けしちゃっているのは大先生自身なんだよね。

もう黙って、地道に作家として自分の信じた道で頑張れ!って言いたい。

655 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:24:17 ID:tbk2oeV+
>>必要以上に本ミス大賞やランキングその他に権威付けしちゃっているのは大先生自身
ほんとだなー

656 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:26:32 ID:69vrEVJy
正に自縄自縛
正に自業自得

「本格推理に対する理解不足や的はずれな意見の方が目に付き、憐憫すら感じてしまいます」w

657 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:36:06 ID:u1D5v0Nm
>>654
二階堂が乙一を毛嫌いしてるのは、
「GOTH」の内容とか形式以前に、
乙一が大賞の最終候補になったことすら忘れて
選考日に遊びに出かけていたのが原因w

自分がほしくてたまらない本ミス大賞を歯牙にかけない乙一に嫉妬してるだけ。

658 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:44:16 ID:z1l6gHez
>>654
でも、ネットで選ぶ本ミス大賞じゃオイディプスは0票なんだよな
ttp://www2.odn.ne.jp/masamune-q/note/taisho03.html

659 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:52:53 ID:KWcH2cXU
確かに本格愛wという観点からしたら、乙一にはほとんどそんなものはないでしょうな。

しかし愛していればいいというものでもなくて。
幸せになるには相思相愛でないと。

例えるなら今の大先生はスト○カー的状態に近い。

「俺が一番お前を愛しているんだ!あいつらがお前のことをどれだけ知っているというんだ!俺はお前の身長体重スリーサイズから、赤血球白血球の数まで知っているんだぜっ!なのに何故…俺を愛してくれないんだぁっ!ゲドバ(ry」

これを言動に出すか出さないかでその人の品性が分かるような気がするんだけど…出しちゃったんだねぇ…。

660 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:02:43 ID:3bas4o+u
結論:二階堂はお下品w

661 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:07:54 ID:u/4V0rDF
↑まさに

人それぞれ好みのタイプや愛し方があるだろうに、それを認めたくなくて、
俺ルールに一元化しようとする傲慢な態度が許せない。

662 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:39:12 ID:0bzkWuWe
>>650
> 笠井の位置づけってどれくらいなんだろうなあ。
> 周りでそこそこ読書している人に聞いても、名前を知らなかったし。
> 宮部、恩田、京極あたりと比べると、やっぱりワンランク落ちるか。

笠井は普段ミステリ読まない層の評価が高い
ミステリは読まないけど矢吹シリーズは好きって文化人は多い

663 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:54:11 ID:KWcH2cXU
もはや「本格ヒステリー」といえよう。
…でもさ、恥をしのんで正直言うと、今の本格シーンにも大先生みたいな作風の人もいてほしいんだよね。
本当にどうしようもない増加博士みたいなのがメインの活動で、更に今回の発言、というならもう速やかにご退場願って構わないんだけど、それなりに固定ファンだっているはずだし。この人の長所となりうる部分は、よくも悪くも子供みたいな素直な「稚気」でしょう。
変な対抗意識とかって、素直な創作活動に絶対ノイズとして入ってくると思うんだよね。
何度も言われているけど、本当に無毛ならぬ不毛な騒動だなぁ、って思う。

664 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:58:04 ID:3bas4o+u
昔カッパブック出た笠井×島荘の対談本(ニホンジン論w)を読んだことがあるが、
笠井は自分の意見にケチwwwをつけられると、モーレツ(死語)な勢いで反論(というか反対意見を許さないな論調)していたっけ
せせこましいプライドの高さぶりは、二階堂と良い勝負なのではないか?

665 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:12:16 ID:yJ/IowE8
笠井を二階堂とおなじレベルで否定しようとしてる奴がいるんだなあ。
作品とは別のやり方で本格ミステリ界へ貢献したって考えれば、
九十年代前半が島田荘司、後半が笠井潔ってくらいなのに。

思想界ではうんぬんいう奴もいるけど、
「評論家」としてはそれなりではあるでしょ。
少し前も、福田、浅羽、北田あたりが昔の著作に言及してたし。

ミステリ評論ももちろん意味あるよ。ジャンルの外に回路を作ったわけだから。
東とか大塚が文学の観点から本格ミステリーを参照するとかな。
そういうのを無視して、「普通の読者には関係ない」とか言ってる奴らこそ、
二階堂と同じくらい偏狭で程度が低いんだと思うよ。

666 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:16:32 ID:u1D5v0Nm
>>663
ここで加賀美が裏切ればおもしろいんだけどな。
二階堂のポジション狙って。


667 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:18:46 ID:3bas4o+u
カガミの新刊のあとがきは、次作は出る保証がないように読めたなぁ
二階堂、得意の政治力(笑)でなんとか汁! でないと・・・

668 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:28:29 ID:sdQGABM0
二階堂と同じレベルってのはあまりに酷いけどさ、笠井が>>665がいうほど大した奴だとは思えんよ
福田たちの言及は「あいつまだいたの? 推理小説のこと書いてるんだ、ふーん」的ニュアンスでしかなかった
「評論家としてそれなり」「貢献」というのなら実績を挙げてくれないとね。テロルの現象学と大量死(笑)だけ?
ミステリー読者は思想界なんて知らないからよくわからんけど偉い人らしいって思い込まされてるだけでしょう

>東とか大塚が文学の観点から本格ミステリーを参照するとか
二人ともなにもわからずに権益にがっついてるだけ
流水以降をラノベにからめてメタを語りたいだけの東、ジャンル小説を解さない商売人大塚

669 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:30:53 ID:u1D5v0Nm
ま、論評という作業についてアカデミックな研鑽積んでる
千野帽子=岩松なんかは、笠井のこと内心で馬鹿にしてると思う。

670 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:32:20 ID:sdQGABM0
というか
>そういうのを無視して、「普通の読者には関係ない」とか言ってる奴らこそ、
>二階堂と同じくらい偏狭で程度が低いんだと思うよ。

最後の文章はヒステリーに近いな。笠井の盲信者はこれだから

671 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:35:06 ID:okYk1vif
禿人の「本格愛」がストーカー状態って意見には非常に納得
あまりに的確すぎてちょっと感動したよ

672 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:37:55 ID:+bblIbf3
>>669
それは絶対あるだろうね。
笠井の説なんか、アカデミックな方面から見たらトンデモ……。

673 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:44:51 ID:eHnA9wie
政治力のために探偵小説研究会をつくって素人同然のやつらをデビューさせる
子飼いの評論家たちに評論を批判される
もっと格下のライターを集めて限界小説研究会を作る
やめるとごねたくせに影響力を残すために探偵小説研究会には特別会員として未練がましく居座る

ミステリー評論家としての笠井の功績ってこれ?

674 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:57:18 ID:3bas4o+u
笠井と二階堂は
日本ミステリー界のためにワザと悪役を買って出てたんだよ
とかあとから平気で法螺吹きそうだな、特に二階堂はw


675 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 17:24:34 ID:yJ/IowE8
>>668
全く評価されてない、っていうから、書いてみただけでしょ。
柄谷に推薦帯もらったり、木田元と対談したりするんだから、
「それなり」で、誰も相手にしてないって事はない、っていうことだよ。

>>670
いきなり「盲信者」とか恥ずかしい決めつけすんなよ。気持ち悪い。
単に一本格ファンとして思ってるだけだろ。

>>673
エンタメ系ならともかく、文学系の評論家は業界政治なんて当たり前。
ずいぶんウブなんだね。政治云々とは別に、実際、
賞と研究会つくって、ジャンル外への回路も作ったんなら上出来ですよ。
現に笠井以外の奴はやらなかったんだから。

にしても、やたらレスがきてびっくりした。
そう必死に反論されても困るんでね。別に笠井の熱心なファンでもないし。
二階堂を馬鹿にしてるつもりで、同じレベルではしゃいでる馬鹿が
みっともないから、フラッと書いてみただけですよ。
このスレに居座るつもりはないので、あしからず。


676 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 17:31:56 ID:3bas4o+u
(ノ∀ヽ)イナイイナーイ (・∀・)ノ~ バイバーイ

677 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 17:33:26 ID:+bblIbf3
>>675
対談「してくれてる」のが木田元であって、
新田でも渡辺二郎でもないところが限界なのだよ。

678 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 19:15:52 ID:r85nWyhc
笠井は脱格を援護した所はまぁそれなりにマシな功績と認めていいのでは。
変な本格原理主義者から売れ線を守ったのはえらい。
それをどう評価するかは別としてね。

679 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 19:39:34 ID:7W3YKGTZ
本格評論の終焉七転びマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

680 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 20:09:55 ID:Lcv7oL31
>>677笠井の限界がどうとか、くだらないどうでもいいよ
まあそのなんだ
蒸し返すようだが>>675に概ねうなずくね
笠井がどうだこうだと今さらヒステリー気味に悪口言うのって
いまだに盲信してるのと似たり寄ったりにみっともなく思えるのな
なんか  自分で気付いてないだけの嫉妬の裏返し  みたいでさ
違うそんなんじゃない!ってんだったらそれはそれで結構なことだけどねw

681 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 20:13:51 ID:7W3YKGTZ
キタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%b2%a5%c9%a5%d0%a5%d0%a5%a1

682 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:03:47 ID:CWE2mAM0
本格哀戦士アムロレイト

683 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:33:31 ID:K+bceaah
>>680
そんな必死にならなくても、みんなある程度は笠井を評価してると思うよ

684 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:36:10 ID:CUzUC/Ou
>>683
まあ、だから迷惑でもあるんじゃないかね、巨大な不発弾って感じで

685 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:52:33 ID:7W3YKGTZ
まあ、笠井は二階堂とは比べものにならない踏んでは行けない地雷だ罠、自戒自戒(笑)
二階堂は自壊自壊w


686 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:00:17 ID:V72IUFrx
>ずいぶんウブなんだね
>二階堂を馬鹿にしてるつもりで、同じレベルではしゃいでる馬鹿がみっともないから、
>自分で気付いてないだけの嫉妬の裏返し

こいつら普通に痛いんだけど
政治がうぜえといってる相手には「ウブなんだね」と根拠もなく一方的に見下す。はいはいオトナなんですねーえらいですねー
自分の価値観にあわないものはぜんぶルサンチマン認定。はいはいそう言っとけば反論されにくいですよねー
笠井の自己宣伝じゃない真の功績とミステリー界に持ち込んだ害をちゃんと天秤に掛けて語らなきゃ意味ないだろうが

687 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:06:10 ID:lMy5anmP
>>686
とりあえず、あこがれて作家になっちゃった連中が沢山、一部デビュー前に読まなくて良かったって人がいることかね?

害なのか、功績なのかは知らんが

688 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:09:58 ID:u4UJhBVA
>>686
いい気になって人を見下しているつもりのバカは黙殺するがよろしいですよ

689 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:13:35 ID:u1DW+ti9
功罪はあるだろうね。おれは好意的にいって1:9ぐらいだとおもうが解釈は人それぞれでいいとおもう
でも絶対変だろっていう盲信者がたまにいるのはなんかきもちわるい
HMMで笠井マンセーしまくってた蔓葉ってほんとにきもちわるかったよ・・・文章もむっちゃくちゃヘタだった・・・

690 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:17:36 ID:kjCiuMPG
ジャンル(国)に貢献する政治家なら歓迎だけどね
口じゃジャンルの盛り上がりのためにとか言うが、やることは派閥政治
そのうち、ジャンルがすたれた責任を読者(国民)や評論家(マスコミ)の無知のせいにすると思う

691 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:18:15 ID:u4UJhBVA
笠井も二階堂も、まず自己の結論ありき、で、
勝手な結論に無理矢理辻褄を合わせようとするからボロボロ綻びるのだよな

692 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:25:12 ID:lMy5anmP
倒すべき巨悪だとしても、誰も打ち倒せないどころか、媚を売る若手が少なからずいるのは、害かな?

693 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:25:47 ID:u1DW+ti9
>>690
二階堂はともかく笠井は本格に愛なんて持ってないし貢献する気もない。政治のために思い入れがあるふりをしてるだけ
クリティカでは「政治を語るためにミステリーを利用している」と千街に見抜かれてるよ

694 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:33:35 ID:a4aFBpeo
倒すべき敵、なんて認識をする時点で笠井に絡め取られてるよ
ことを起こしてやり合うこと自体が目的なんだから


695 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:39:20 ID:grcIKYN5
つまり、相手にせずに、遠巻きして侮蔑するのが最善か?

まあ、正面からぶつかっても、大人気ない論法で言いくるめられ、ごまかされるのがオチだが

696 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:40:52 ID:wDdws3a6
まあ、取り巻き諸共相手にしない方がよろしいかと。

探偵小説研究会にも取り巻きじゃない人いるので、
取り巻き判定は慎重にやんないといかんかもですが。

697 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:41:22 ID:u4UJhBVA
>>695
結論でましたねwww

698 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:43:20 ID:tbk2oeV+
>>696
そうなんですよね
同じグループに所属してるからといって、つるんでるとは限らない

699 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:44:31 ID:K+bceaah
笠井が相手を罵倒するときは、赤軍のアジビラも真っ青だからな。
気が弱い相手だったら、萎縮して謝るしかないよ。

700 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:44:59 ID:grcIKYN5
>>697
途中の辻褄合わせが、結構簡単ですね

701 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:47:42 ID:u4UJhBVA
すっかりミステリー界の今後を憂うスレになりますたw
良いことかもwww

702 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:51:38 ID:u1DW+ti9
>>698
まあそうだよね
みんながつるんでるのなら笠井が研究会を辞めるなんて言い出すわけがないんだから

703 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:54:49 ID:ZPVBmHfa
>>702
あれは、大御所になったんじゃないんか?

口出しはするが、運営も責任もとらないという立場

704 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:56:38 ID:u1DW+ti9
>>703
そういう面もありそうだな…だとしたらタチ悪いなあw

705 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 00:11:52 ID:SpvDQjkn
>>703
>口出しはするが、運営も責任もとらないという立場

最低だw
…と笑いたいところだが、評論で小遣い稼ぐ人はみんなそうだな

706 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 00:48:32 ID:Uru5u6Sb
二階堂は、今スタートレック見てるの?
必死で電話や、信頼できそうな(勝手に公開しない)人にメールうちまくったり
してると思う

707 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 01:15:33 ID:GXoRXwdJ
今までトイレは乱歩賞には見向きもしなかったクセに、授賞式に顔を出したってか?
鏑木蓮氏と握手したんだって?
もうトイレよりも鏑木蓮の方が上になっちゃったってことね。
強いもんにすぐにゴマするトイレって図か?

マルチでスマソ

708 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 01:23:43 ID:rEX9A5Ha
>>707
マルチと分かっているなら自重しないと。

はしたない‥


709 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 06:57:45 ID:als+s6BR
10年前に島田が「本格ミステリ宣言」したときは、火災の反論は温かったもんなあ。

710 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 08:10:49 ID:PdPmb7Xc
 禿人: 私は本格ミステリー界において、お道化を演じてまいりました。

 本格ミステリーならぬ 「失格ミステリー宣言」

711 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 08:22:33 ID:/vQ7dVQv
>>710
「恥の多い作家人生を送ってきました」
「書いてすみません」

712 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 11:58:33 ID:V/zo5r9F
13日付のMORI LOGのラスト数行は、
やっぱり禿人の件も含めた記述なんだろうな。

713 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 12:37:30 ID:ys2zFVnl
日誌更新。

例の件にはまた触れず。

714 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 16:29:51 ID:Bgz0e09T
今頃禿人は探偵小説研究会のメンバーをスキー旅行に誘ってるだろう。
メールは晒されるから、電話で。

715 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 16:40:13 ID:iCI6i36U
>>712
なんて言ってるの?

716 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 18:14:07 ID:GmG3ucLt
なんだ、もう黙りか
二階堂君、ボクはキミにすっかり失望してしまったよ
はっはっは(笑)

717 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 18:44:33 ID:T2bWue5z
これで本当に沈黙したら凄いなw

718 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 18:54:19 ID:/vQ7dVQv
>>715
> 素晴らしい一流の作品というのは、まず最初に、「拘り」が目にとまる。
>凄い、ここまで拘るか、という鬼気としたものを感じることもある。
>ところが、しばらく近くに置いて、それを眺め、親しむようになると、
>そこに潜む本当に価値あるものとは、「拘り」を越えた、「自由さ」だと気づく。
>実は、作者は全然拘ってなどいない。
>もっと素直に発想された、「なにものでも良い」という「寛容さ」が見えてくる。
> 掴みどころがないものを、掴みたいから、ついつい手近なものに拘ってしまう。
>材料はこれだ、手法はこれだ、ジャンルはこれだ、などと拘ろうとするのは、溺れる者が掴む藁と同じ。
>そうしているうちは、やっぱり本ものは掴めない。
>なにかに拘っているうちは、まだ二流ということだろう。

719 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 19:35:09 ID:AJqc9i0q
めんどくせーから名指しはしないけど無視もできないって感じだね。

720 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 19:52:03 ID:/vQ7dVQv
「鬼気としたもの」ってのはちょっと変な日本語だね

721 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:01:25 ID:E+JYX4lZ
「透明人間アレフ」は羽澄不一の私立鉄道公安官シリーズ第一弾。
映画監督殺人事件の犯行現場に居合わせた、盲目の美少女探偵美里が快刀乱麻を断つ大活躍。
シューベルトの「未完成交響曲」に秘められた謎とは?
2004年度国内ミステリーの最高傑作。

722 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:09:23 ID:GmG3ucLt
新作短編「亡霊館の殺人」の出来は読まなくてもわかる(笑)
二階堂センセイがカガミ作品を読まなくてもわかるようにわかるのだ(笑)
「亡霊たちの真昼」と「死の館の謎」を足して割ったような、つまり
溺愛するカーの最晩年の自作焼き直し凡作群を足して割ったような
要するにそんな下らない駄作であろう
読まなくてもわかるのだ(笑)


723 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 20:31:39 ID:Uru5u6Sb
私も同じく読まなくても判る派なので、本格作品としてはまったく評価しません。

724 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:15:15 ID:H7cNWyht
まあ、いろいろ周辺に聞いた結果やばいとようやくわかって、このままほとぼりをさまそうというところ。それにしても根性のないやっちゃ。これが本格魂かい! 社会人としても情けないのひと言。
そろそろ終わりにしようぜ。

725 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:24:51 ID:ys2zFVnl
終わりにできますかねぇ。

【本格評論の終焉(6)】の結びの文。
> 評論家失格と言われても仕方がないこの致命的な欠陥については、
> 次回以降に詳しく論じる予定である。

早くしろよな。

726 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:43:20 ID:xa25EFwE
>>718
言いたいことの大枠はわかるし同意できるところもあるがジャンルの存在が進歩を促すこともあるしなあ
だったら流体力学や模型はどうなんだよと言いたくなる
けっきょく自分を棚に上げて見下しながらえらそうに断言する信者用のコメントにしか見えないね。いつものことだけどさ


727 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:51:37 ID:GmG3ucLt
大人気連載【本格評論の終焉(7)】マダー?( ・Д・)っ/凵⌒☆チンチンチンチンチンチンチンチン

728 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:00:36 ID:H7cNWyht
『J・D・カー生誕百周年記念オリジナル・アンソロジー』が出たら順位をつけようぜ。先生のはどのくらいに来るんだろ?

729 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:10:06 ID:maBG1oDM
>>728
面子を見ると、バカを筆頭につまんなそうで、読む気がしないんだけど(笑)

730 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:10:50 ID:xa25EFwE
自分のところの賞からデビューした禿人の本を1冊も出してないぐらいで、東京創元社は禿人をぜんぜん評価してない
カーがらみだから入れなきゃうるさいと判断しただけで、ほんとは禿人とカガミなんかに依頼したくはなかっただろう
つーか依頼しなければおもしろかったのにね。禿人のヒステリーが見られたのにw

731 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:22:53 ID:H7cNWyht
創元も温情的だね。

732 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:00:27 ID:GgM9HuZy
>>729
芦辺、小林、桜庭、田中、柄刀、鳥飼と二人除けば面白そうな面子じゃないか
誰がいれば良かったの?

733 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:09:18 ID:/vQ7dVQv
>>732
ベタだが我孫子、折原とか?

734 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:12:09 ID:hEKg2LuU
シュノー先生とかどうよ? 歴史趣味してもらって
新人では道尾秀介とか

735 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:29:18 ID:SpvDQjkn
>>732
二軍三軍ばっかりじゃん

736 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:38:45 ID:GgM9HuZy
>>733-734
今の我孫子と折原じゃな……道尾は悪くないけどカーに思い入れあるのかな?
殊能先生はそもそも新作(r

737 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:40:33 ID:wGWC74F9
柄刀一と鳥飼否宇辺りは発想も豊かなので面白そう。殊能さんはカーというよりアルテだからな。うーん、そうだなぁ…、意外性も欲しいし

柄刀一
鳥飼否宇
北山猛邦
藤木禀
谺健二
斎藤肇
神津慶次朗(こんな名前だっけ)
飛鳥部勝則(復帰)

こんな面子なら買うけどな。売れなさそうだけど。

738 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:45:06 ID:AZ19JSmv
藤木と神津は微妙、桜庭はありだと思う

739 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:48:53 ID:wGWC74F9
ほら、あんまりにも粒が揃いすぎてもつまらないじゃん。
少しぐらい「うわっ微妙…書けるのかな」っていうのがいた方がよくない?

ここで二階堂&加賀美ってのはやはりベタすぎるよ。

740 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:52:06 ID:d+r3QKSv
藤木、谺、斎藤、神津、飛鳥部はタダでもいらない。禿人やカガミと大して変わらない。

741 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 00:09:25 ID:s1l3uWJ5
天然カー倉知はいてもいいんじゃないのか?

742 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 00:22:38 ID:vR/mqKQI
年内に原稿仕上げられるのが絶対条件なんで対象外

743 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 00:52:37 ID:aQGR7NEA
谺はそろそろ新作読みたいよ。「赫い月照」で完全燃焼した感があるけど

744 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 01:02:53 ID:b1sNqIM8
カーのアンソロ、折原いねーのか。
黒星警部の新作よみてーぞ

745 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 01:44:23 ID:hFK1SI2A
HAGETO NIKAIDOU

746 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 02:52:51 ID:obX1dExK
桜庭ってどうなの?
この人ライノベ作家じゃなかったの?本格に転向したの?

747 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 03:07:30 ID:6sUQbDD3
きっと二階堂様の定義する「本格」を書き上げたにちがいない。

748 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 03:20:07 ID:QAon3Xer
>>743
谺の新作は確かに読みたい。
賛否あるが赫い月照は最高だった。

749 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 03:20:28 ID:5e+Cbrpj
桜庭はもともとカーマニア
ミステリフロンティアはアルレーを意識して書いたらしいが

750 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 03:57:24 ID:5e+Cbrpj
創元「少女には向かない職業」
早川「ブルースカイ」
角川「少女七竈と七人の可愛そうな大人」
富士見「桜庭一樹日記」「ゴシックS」「ゴシックS2」「ゴシック6」
エンターブレイン「荒野の恋2」

1年でこんだけ本出してる。禿人とは比較にもならない売れっ子だ

751 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 06:17:46 ID:4th9VUeG
禿人って本出してるの? あまり見たことないけど。

752 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 12:05:06 ID:meMZv4Fm
>>748
「赫い月照」の後に原書房から長編出したけど、あれ以降出てないね

>>751
今年は「聖域の殺戮者」(ギガンテス2作目!!)を出したよーな・・・w

753 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 12:06:08 ID:wFATmR4f
代表作は「Killer X」っていうんだよ。
容疑者Xより強いんだよ
殺人鬼Xだもん

754 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 12:37:29 ID:FfBaWemc
ギガンテスは面白いの? というか笑える?

755 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 12:39:24 ID:QMyxLdcD
>>752
>「赫い月照」の後に原書房から長編出したけど、あれ以降出てないね

本格ミステリ作家は、本格ファミリーとの交友が密じゃないとほぼ生き残れない
この人は普通の小説書くべき
脱ミステリしたら陰口叩かれると思うが、新しいファンがつくまでの我慢

756 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 13:37:19 ID:mxVeSv8P
>>754
そりゃもうゲドバ(ry

規模が大きめの書店だと、講談社のミステリーランドを本棚の一ヵ所に集約しているが、
禿のはあまり見かけないね。つまんないからかなw

東京創元がカー特集の執筆者に二階堂を加えたのは、トチ狂ったからだとしか思えない。
あんなのに原稿料が払われるのか?
まさか、「日本のカーこと、寛大なこの禿様が格安の原稿料で書いてやるから誌面割けゲドババア」とかねじ込んだのだろうか。
高圧的な態度に東京創元が断ったら、
「お願いします、書かせて下さい。「X」問題で早川と原から絶縁されて、お金に困っているんです。原稿料は半額くらいでいいですから」
とかメールで謝罪してたりしてwww

757 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 13:42:27 ID:fOkkop/l
[仕事の依頼について]を見る限りでは、
格安でも喜んで引き受けそうな仕事だから編集が依頼したんじゃないかな?<カー特集

758 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 16:00:46 ID:S1vj1wOP
ていうか、756は文面見ただけで、ゲドババ並の電波だし。ここで二階堂の
悪口言えば、難でも指示されるとでも思ったか?

759 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 16:29:41 ID:5e+Cbrpj
依頼しないとうるさいだろうと編集者が判断したから、が正解だとおもうけどな

760 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 17:22:00 ID:5e+Cbrpj
日記更新きた。今回も例のやつには言及せず
これは本格的に逃げたか?

761 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 17:28:35 ID:RvCoCzbx
間違いなく、ほとぼりが冷めるのを待っている。
が、簡単にほとぼりとやらは冷めないようになっていることを
二階堂は理解していない。

762 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 17:36:35 ID:PQwg9hsa
【本格評論の終焉】未完
二階堂先生の次回作にご期待下さい。

763 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 17:40:23 ID:sadC8KTc
未完の怠作キタ━━━( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━━━!!!!!

764 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 18:10:31 ID:/8M4LJex
研究会は例とに頼み込んで、今度のCRITICAに【本格評論の終焉】を永久保存版として
完全収録して欲しい。当然、研究会員の反論も含めてな。

765 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 18:14:13 ID:sadC8KTc
出るのが遅れてる巽の評論集には、是非是非例の二階堂への反論(笑)文を収録していただきたい!

766 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 18:17:39 ID:/8M4LJex
>>365
そーいうのこそ研究会にメールしないとw

767 :766:2006/09/20(水) 18:18:48 ID:/8M4LJex
ミスった>>765ね。いちおう

768 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 18:19:34 ID:S1vj1wOP
〉〉761
でも、現に、よしだまさしみたいに、二階堂の書いてることを真に受けて
しまう人間もいるんだから、時間が経てば、「論争」の内容とか経過を
知らずに、「二階堂がダメ評論家を批判した」という構図だけ信じてしまう
うっかり者が増えることもある悪寒

769 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 19:19:44 ID:sadC8KTc
>>766
ここに誰かはいるからw

770 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 19:21:22 ID:Sb7TtXyQ
ジャーロを今更ながら読んだ。
ひたすら好きな作品を並べてるだけで、
この人は企画の趣旨を理解してるのだろうか?と疑問に思った。

771 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 19:27:07 ID:sadC8KTc
>>770
「x」蒸し返し(笑)の最中にあって、あのセレクトを世間様に晒せる無神経なクソ度胸が二階堂センセイの餅味だぁw

772 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 20:36:16 ID:wFATmR4f
柄刀一
鳥飼否宇
谺健二
柳広司
東川篤哉
相原大輔
佳多山大地
三雲岳斗

なんてラインアップはどう?ねぇ

…は!話題はすでに変わっていた!

773 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 20:48:22 ID:+V7RFpbJ
>>772
>佳多山大地

なめてんのかおい。それか工作員か本人か?
クソみたいな小説を内輪(探小研)で編纂する「本格ミステリ06」に潜りこませただけじゃまだ足りないか?
つまんねえ自分語りと原稿の二重売りをさんざん叩かれたくせに全然懲りてない佳多山は探小研の最大のガンだろ

774 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 20:56:05 ID:0O5qssYq
>>773
「本格ミステリ0×」は探小研じゃなくて本格作家クラブ編では?

775 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 21:01:51 ID:wFATmR4f
>>773
ごめん 気に触ったなら謝るよ
そんなに深い意味なんかなかったから…
ただいろいろ波のあるアンソロジーの方が面白いかなーって
ほんと それだけなんだよ

776 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 21:09:05 ID:sadC8KTc
>>775
あんま気にすんな

777 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 21:16:16 ID:4th9VUeG
日記の更新から判断して先生は本当に事態を凍結しようと思い出したようです。
けっきょくオチはないのかい!というのが感想です。


778 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 21:20:22 ID:sadC8KTc
【本格評論の終焉】更新は前にも数日開いたことがあるから、おれはまだ微かに爆裂名燃料投下を待っているのだw

779 :773:2006/09/20(水) 21:22:52 ID:rZ4dy7BZ
>>775
すまん言いすぎた謝るごめん。佳多山ってほんとに嫌いなんだよ

>>774
解説は円堂、活動報告は乾、去年までは佳多山が選考にからんでた
あれは実質的には探小研の仕事なんだよね
あれが「2005年のベスト本格ミステリ」といわれたら胡散臭いと思わない?
同様に去年のベスト評論が小森の「「攻殻機動隊」とエラリイ・クイーン」ってなんなんだよと

780 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 21:24:19 ID:kaV3EEL5
>>779
知らなかったがそんなのがベスト評論って凄いなww
ミステリ界は結構内輪な業界だからなのか・・・

781 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 21:32:55 ID:kyLaxyFN
ミステリ界というより笠井の作った本格村が内輪。探偵小説研究会が暗躍してる。
一年間に発表された本格ミステリーのベスト13に佳多山の「この世でいちばん美しい水死人」
評論のベストワンに小森の「「攻殻機動隊」とエラリイ・クイーン」ってありえないだろ

782 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 22:09:02 ID:Y6XXJgEE
【終焉(7)】
最後になるが、ただただ、これだけは理科して欲しい。
僕の認めた本格、それのみが、本格の基準だという事実だていうことを。

783 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 22:15:17 ID:D7T/FLO5
去年のベスト評論は北村の「ニッポン硬貨〜」でしょ。(評論部門受賞)
小森の「「攻殻機動隊」とエラリイ・クイーン」はクイーンつながりで収録されただけのような…

784 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 22:15:19 ID:0O5qssYq
>>775>>779もちゃんと謝って偉いな
このスレッドは紳士的に行こう

785 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:44:23 ID:hFK1SI2A
スレの渦中の人が一番紳士的じゃないというこの現実

786 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:02:28 ID:Rn7if6qU
>>775>>779もさることながら、>>776のさりげなくも温かみある発言も
心を打つのでありました。2ちゃんねるの中にもこんなささやかなワンシーン。
>>784の言う通り、落ち着いて楽しく行こう。

>>785はまぁ確かにその通りか…。(@ω@;)

787 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:26:25 ID:xXbNMfR/
恒星日誌、ほんとにこのまま身辺雑記と仕事記録に戻ってしまうのだろうか
まだ「終焉(7)」を待ってる俺ガイル

788 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:39:37 ID:R6cfdwwX
こうしている間にも水面下では何がしかの交渉が行われたと見てもいいのでは

確かに何か爆弾を投下してくれるのも楽しみではあるけれど、
このままにしても結末をどう落とすか、推理作家の腕の見せ所

心のどこかで、大先生に更生してもらって普通のカルト作家に
なってほしいなんて期待をしてしまう俺バルログ

789 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:50:09 ID:xXbNMfR/
>>788
探小研の回答では
「読者の方々になるべく議論の経過を開示し、公平な読者の判断を仰ぐ関係上、
諾否の返事は日記、掲示板等、公開の手段で行ってください。
なお、今後メール、手紙等非公開の手段で当会に連絡された場合、
その内容を公開することがあります。」
とある。
少なくとも表向きには、探小研サイドとしては「水面下での交渉」を拒否するという宣言だね。

文春事件での茶木へのメールにせよ、本ミス大賞授賞式での東野との2ショット写真にせよ、
「水面下での交渉」を得意とする二階堂先生の動きはどうなる?

790 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:57:30 ID:N0T2TSfj
>佳多山の「この世でいちばん美しい水死人」
デビュー作としては中々頑張った作品だと思うんだがな。文章はどうにかしてほしいが

791 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:58:52 ID:UtaFKMaK
誰か間に入ってもらったとか

792 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 01:05:02 ID:2MJRQ+8b
 総括すれば、(新)本格推理の理解に絶対必要条件である発展史観とそれに基づく現状認識の勉強不足ということになる。
笠井潔氏の著わした探偵小説論を理解していなかった点も、それに起因する。評論家失格と言われても仕方がないこの致命的な欠陥については、
次回以降に詳しく論じる予定である。

>次回以降に詳しく論じる予定である。

いつまでもお待ちしていますよ。


793 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 02:10:10 ID:lNWNxP/n
サイトに掲載したのでは広く読者の目に触れることがないので、
次回以降HMMに寄稿する予定である
               ↓
残念ながら編集者から掲載不可の返答があった。
               ↓
これは雑誌に掲載されることを念頭に書いたものであるから、
サイトで公開することはできません。

こんな流れでどうですか、禿人先生。

794 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 02:24:06 ID:HkpP2c56
おい、そんなこと書いたら採用されちゃうじゃねーか。
オレはもっと【本格評論の終焉】が読みたいんだよ、いろんな意味でw


795 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 06:41:15 ID:xXbNMfR/
俺も読みたいよ、ある意味で

796 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 07:05:27 ID:3UPFx3ZU
「回答によっては、本格系作家は『ベスト10』に協力できない」という啖呵(笑)が公開された以上
今後の「協力」は「回答」に本格系作家はみんな(含む多重人格)納得したということになるからなぁw
たのしみだなぁ(棒読み)

797 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 08:47:38 ID:hVxNS0Vp
今まで相当水面下でゲスな要求してたんだろうし、
そのやりとりを公表しようと言われたから、対応に苦慮してるんだろうな〜。

798 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 10:28:31 ID:xXbNMfR/
>>797
だとすると、水面下だけじゃなくて恒星日誌8月30日の「終焉(3)」で
おおっぴらにそれを言い出したのって、自分の首を絞めてることになるね
意味不明の行動だけど、それだけCRITICAに激怒して何が何だかわからなくなったってことなのかな

799 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 10:56:41 ID:nRW7kbIx
千野のサイト見たら禿人が原書房に圧力かけたって書いてあったよw
現時点では「圧力」のところは「■■」になってるけど、グーグルのキャッシュで読める。

800 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 11:19:59 ID:hVxNS0Vp
しかしどんな圧力かけたんだろうね。
版権引き上げとか大仰なこと言ったんだろうかw

801 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 11:27:10 ID:xXbNMfR/
>>799
その「■■」は水面下ではなく8月30日の「終焉(3)」の
「このことにも関連して、私は、原書房並びに探偵小説研究会に以下のような質問状を出した。
本来なら、このことは探偵小説研究会の返事を待って読者に公開するつもりであったが、
すでに指摘した千野帽子=岩松正洋氏の首を傾げるような発言によって、その約束は無効になったと考える。」
を指すものかと思われる。

802 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 12:39:02 ID:Se0Uc6pU
対話をするつもりだったが腹立たしい発言をする者がいたので約束は反故にすることにした

北朝鮮みたいな論法だな

803 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 12:54:12 ID:wxMZHfN/
はてな回ってたら二階堂オチブログと化しているものを発見
ttp://d.hatena.ne.jp/k_tanabe2006/


804 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 13:04:48 ID:xXbNMfR/
>>803
その人の文章も「である」調が大袈裟で禿人っぽいね。
正論も書いてるけど。

805 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 13:52:06 ID:HGXbsfj9
>>803
なんか論調が、ひところミステリサイト観察スレで話題になってた
ヤツを思い出させた。名前忘れたけどw

806 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:03:42 ID:RFZniv1A
本格評論の終焉の7はまだかいな

807 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:06:01 ID:F2jq8ToE
>>803
『暗黒館』こそ本格で、『占星術』は非本格。そうですか。

808 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:19:06 ID:wxMZHfN/
つか赫い月照がワースト・ワンとか個人的にはあり得ない。
まぁそういう人がいるのは全然意外ではないけど。

809 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:19:23 ID:S8RQf0/W
本格観、色々なはずのに結局>>11なのか…

810 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:39:18 ID:RFZniv1A
そうだよ、色々なんだよ

811 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:50:07 ID:Se0Uc6pU
まあ>>803の人の本格観をヒステリックに否定すると禿人と同じになるわけで
人によって色々、でいいんだよ

812 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:59:18 ID:HkpP2c56
>>803
つうかこいつ(たぶん)根気じゃんw


813 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:06:24 ID:wxMZHfN/
ああ、デジャヴュを感じたのはそういうことか。
復活してたのかね?w

814 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:14:47 ID:RFZniv1A
たぶんじゃなく、実はその通りなんだよ。
俺は昔、何故か“根気”などと呼ばれていたなぁ。それで、それがどうかしたか?
俺は最近、ミステリを全然、読んでいないんだが、
二階堂の暴走が気になって仕方がないんで、“はてな”でまたシコシコ書き始めたんだが、
駄目か?何か困る事でもあるか?

815 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:26:52 ID:xXbNMfR/
>>814
誰も困らないので続けてください。

816 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:30:25 ID:2h8AtEKb
『今年になって1冊も本を読んでいない。』
そんなあなたに乾杯。

817 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:42:02 ID:wxMZHfN/
まさか本人が降臨してたとはねw


818 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:00:56 ID:RFZniv1A
こうなったら完全に開き直る事にする。俺は根気だ!
それで訂正と言うか、ちょっとした補足で、俺が思うに、
「赫い月照」はまぁ本格ミステリではあるんだろうが、非常に程度が低くて、
ド下手で、非常につまらない本格ミステリだね。
本当に、これにはむかついたよ。

「占星術殺人事件」は本格ミステリではないと感じたんだが、これはしょうがないだろ?
俺がそう感じたって、誰も困らんよなぁ?

819 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:09:30 ID:wxMZHfN/
なんも補足していないのは気のせいか。
ま、どちらにしろ君が何を好きで何を嫌いでも全く誰も困らないし咎めないから
スレ違いの話するなら巣にお帰り下さい。

820 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:13:42 ID:xXbNMfR/
さあ、気を取り直して参りましょう!

821 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:21:36 ID:RFZniv1A
君達がガタガタ書くからだろうが

822 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:31:48 ID:HGXbsfj9
>>812
そうそう、根気だ。
って思ったら本人もキテター(wwww

823 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:35:20 ID:TxJ2eLhK
ていうか今更第三者のヲチなんて貼らなくていいです

824 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:37:45 ID:xXbNMfR/
だから、気を取り直して参りましょう!!!!!

825 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 16:43:09 ID:tKNl+RtX
二階堂大先生の次の行動をマターリと待つさ

826 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 17:52:56 ID:7KjOE+3Z
【本格評論の終焉(7)】きてるな

827 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:03:29 ID:wxMZHfN/
>本論考はもう少し長く続く予定であったが、たぶん今回と次回で終わりとなるであろう。笠井潔氏の観測によっても、
>私の観測によっても、本格評論はすでに終焉したわけで、
>これ以上、本格系評論家の一部の言動を批評しても、それは死に馬に鍼をさす行為にすぎない。
>つまり、時間の無駄である。
ここまでやっておいて逃げを打つのか。こいつの屑ぶりは最早極まった感があるな。
自らの功績で本ミスを盛り上げたかのような文章もあるが、勘違いも甚だしい。
ま、唯一喜ばしいのは、二階堂(あるいはその一派)が本ミスから消えてなくなることだな。

ただ確かに本ミスの解説には酷いものもあるし、評論家の人々のスキルアップが必要だ、
という主張には賛成はするけどね。禿のどうしようもないアプローチが終わってるだけで。

828 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:08:07 ID:HGXbsfj9
>最後に、これまで私の呼びかけに応じて「本格ミステリ・ベスト10」に
>協力してくださった作家や評論家、ライター、ファンの皆さんに深く
>お礼を申し上げます。今まで、いろいろとありがとうございました。
>それから、私の推奨によって「本格ミステリ・ベスト10」を講読・
>愛読してくださった読者の皆さんにも、お礼を申し上げます。
>本当にありがとうございました。

なんだろうこれは。

829 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:10:45 ID:FCd3hwAN
>本論考はもう少し長く続く予定であったが、たぶん今回と次回で終わりとなるであろう。
やっぱり逃亡www 理由もそんなら最初から書くなよ! ってLVだし・・・・・・。

研究会が個人個人の責任という論調で逃げている、というのは、まあ、納得する部分もある。

「本格ミステリ・ベスト10」がガイド・ブックなら、禿人言うところの初心者のために、
あらすじ&経歴の紹介だけでも良いんじゃないの? 「本格」評論は別の場所でやるべき。

相変わらず本格系作家の代表ぶったり、自分が「本格ミステリベスト10」を広めてきたような事を言ってるが、
本当に、禿人にそんな力はあるのか?

830 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:16:19 ID:IL6lsvwt
>つまり、探偵小説研究会の方では、
>私を含めて本格系作家の協力はいっさい要らないと表明したのである

だから何で本格系作家の代表面してるんだろう?
「作家の何人かと(まあ、3〜4人でしょうか)」ってのは誰なんだろうなあ。
それにしても、懲りずに裏で手打ちする方法を探ってたことを、自ら堂々と白状するとはw

831 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:19:11 ID:6FJGExdV
>問題は、探偵小説研究会の回答の一部にある。
>一つには、私や作家や読者の最大関心事である、
>笠井潔氏の「本格ミステリ・ベスト10」への参加の有無についてが、
>明確に回答されていないことだ。

読者は別に笠井の動向何ぞ気にならんが・・・・


832 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:33:58 ID:UcOncTvs
上の方で誰かも言ってたが、ホント北朝鮮そっくりだな。
レーニンじゃなくてチュチェって名乗ったらいいのに。

833 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:40:27 ID:6FJGExdV
蔓葉信博ばかりが名指しで非難されているが、
あのイケメンに嫉妬しているのか?

834 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:41:49 ID:PFiCg/G8
>>827
 それは賛同するというより、別の(自分の)立場で批判するということだろう。
「2ちゃんねるにさえ私の賛同者は少なくない」とか書かれたりして。

835 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:41:59 ID:hC24fo9Y
変な釣りw

836 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:48:09 ID:6FJGExdV
北朝鮮と断絶してもなんの痛痒も感じない。
二階堂が本ミスベスト10から離れてもなんの痛痒も感じない。

「私の傑作本格○○が本ミス大賞の候補に選ばれないのは、
悪の探偵小説研究会が邪魔してるからだ! くそう!」

↑来年以降の二階堂のイイワケ。

837 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:50:49 ID:wxMZHfN/
>>834
確かにそうかも。


838 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:03:30 ID:RSioA5H8
平気で自壊自爆テロキタ━━⊂⌒~⊃。Д。)⊃━⊂⌒O。Д。)⊃━O(。Д。)O━⊂(。Д。O⌒⊃━⊂(。Д。⊂~⌒⊃━━!!

大人しくしてれば良いものを・・・ここまでバカだと罠www

>つまり、探偵小説研究会の方では、
>私を含めて本格系作家の協力はいっさい要らないと表明したのである

この辺は探偵会では裏工作(笑)というか、何人かの有力(笑)作家に承認済みじゃねえの?
その上での意志表明だろうよ、さすがに(ねえ?)

さあ、踏み絵だ踏み絵だ(棒読み)

839 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:07:54 ID:km1071Vj
> もう一つ。「『ベスト10』の投票は『本格』の
>尺度を適切に反映しているのか?」という質問と、
>「年々、『本格』の尺度が曖昧になっているのでは?」
>という質問の答は、探偵小説研究会によって明確に
>なされたであろうか。回答を見ると、
>「一般向けのアピール」をもって代えるということだが、
>読んでみても、どこにその答があるのか解らなかった。
> 唯一それらしき下りが、
>「探偵小説研究会では、回答を集約するなかから
>「本格」の尺度が炙り出されてくる。いかなるアンケート
>結果が出るにせよ、同じ形式で出し続け、批判や議論が
>起きることに意味がある。本格ミステリの輪郭を画して
>いくうえで重要であると考えています」
> というものだが、何とも曖昧模糊としている。
>何だか、自分たちの編集方針の責任を、アンケート
>回答者になすりつけようとしているとしか、私には
>思えなかった。

どうしろというのだろうか?
「本格」じゃない作品への投票は無効にすればいいの?
それとも「本格」のリストを作って「この中から
投票作を選んでくださいね」という形にすればいいの?

840 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:17:16 ID:wxMZHfN/
>>839
ボクの作品を高ランクにしなきゃヤダヤダ!って言ってるだけかと

841 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:20:07 ID:N0T2TSfj
>私にとっては、綾辻行人の「暗黒館の殺人」が本格ミステリの最高傑作


  
                      !? 
 
 
 
 
 


842 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:20:38 ID:OIA/86mJ
筆折っちゃうんじゃないのかな?

843 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:21:48 ID:RSioA5H8
>>842
思いっきり折ってくれて良いよw
二度と復元できないくらい折ってくれwww

844 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:30:51 ID:HGXbsfj9
ガチな読者投票で決められると自分の作品は
入ってこないので、自分の手心が加えられるような
システムにしてくれ、と言ってるのでは。

845 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:31:58 ID:N0T2TSfj
>>840
カーの復讐なんか悪くない出来で、本ミス20位以内にランクインは手堅いはずだが、
今回の件で投票を見送る人が出てくるだろう。オールタイムの人狼城も。
自ら順位を下げる特大先生に全米が泣いた

846 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:36:51 ID:QQQvRlH5
>つまり、探偵小説研究会の方では、
>私を含めて本格系作家の協力はいっさい要らないと表明したのである

対決の図式は禿人vs批評家(探小研)なはずなのに
勝手に他の人を含めたりするなよ。

847 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:37:56 ID:z3PkMGyv
自分で自分の首を絞めるマゾヒストなのか
究極の(しかも失敗した)ツンデレなのか。
どっちにせよ、作品で読者を楽しませられない分
他の方法で楽しませてくれようとする二階堂の
エンターティナーとしての在り方は評価する。

嘘だけど。

848 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:38:27 ID:RSioA5H8
>>846
またシュノー先生を驚かす気か、二階堂w

849 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:43:01 ID:uqHl9QRR
いやー期待を裏切らないなあ

850 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:16:16 ID:zdb8IGfe
今までのやりとりを公表したいという提案は華麗にスルーか

851 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:26:21 ID:IcBhdUjd
>>783 >>790
その程度のものを年間ベストアンソロジーに入れるなよ。探小研がコネで印税をわけあうための本だと言われてもしょうがないぞ

「最後に、これまで私の呼びかけに応じて「本格ミステリ・ベスト10」に協力してくださった作家や評論家、ライター、ファンの皆さんに深くお礼を申し上げます」
これは「スキーの際にはよろしく」ってやつと同じだよ。「私の呼びかけに応じて」ってのは勘違いも甚だしいけどな。
「探偵小説研究会の方では、私を含めて本格系作家の協力はいっさい要らないと表明したのである」と同じでね、
自分が代表者だと思い込んでる、あるいはそうアピールしたがってる言いぐさだ。とうに化けの皮ははがれてるんだが。

852 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:36:23 ID:tkEQYUn7
恒星日誌のミステリの新刊案内とか見てるとなんか泣けてくる。
黙々とミステリを愛し、黙々とミステリを書いてくれていればよかったのに。

853 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:36:52 ID:sK4rVWVK
>つまり、探偵小説研究会の方では、
>私を含めて本格系作家の協力はいっさい要らないと表明したのである

 どこをどう読んだら、このように解釈できるのか。全く理解できないよ。
探偵小説研究会の意図は、二階堂とは協力できなくとも構わないという
ことであって、別に本格系作家全員と協力したくないとは言ってないのだが。

854 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:37:21 ID:IcBhdUjd
本ミスを立ち上げた笠井氏と宣伝した自分は正しくて評論家(の一部)は無理解な悪という図式は絶対に動かないのな。
自分の本が褒めてもらえないから拗ねてるだけなのはみんなわかってるのに。
本ミスを政治につかおうとして「無理解者」をどんどん取り込んだ笠井にも責任の一端があると言わないのは、
格上の作家に逆らうのが怖いだけだって読者はみんなわかってるんだよ。

>>852
黙々とミステリを愛し、なにも書かずにいてくれれば一番よかった。

855 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:44:09 ID:IcBhdUjd
「2007年号に、笠井氏が参加するかしないか解らない、参加するもしないも笠井氏の勝手と、そう返答しているのである。
これが、どれほど曖昧かつ無責任なものであるかは言うまでもない」

あのさあ、これだったら探小研よりも先に笠井が「曖昧かつ無責任」と言わなきゃおかしいだろ。
笠井を批判すべきところでそれができないから理屈がぜんぜん通らなくなってるんだよ。
おまえの理屈を通したければ堂々と笠井を批判しろ。それができない弱虫だったら一人で泣いてろよ。

856 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:46:46 ID:UcOncTvs
何を言われても「つまり○○ということですね」って自分勝手な解釈に持ち込むやり方は菅直人と同じだな。

857 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:48:07 ID:RSioA5H8
これがプロの物書きの実力なんですね(棒読み)

858 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:50:33 ID:ClJz5poI
北朝鮮的だったり民主党的だったり、さすがにサヨはいうことが違うな
笠井も禿人より言い逃れがうまいだけで似たようなもんだが

859 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:51:50 ID:F2jq8ToE
> 注1:余談だが、時々、私に、「探偵小説研究会と仲良くしろ」とか
> 「よく話し合って揉め事を解決しろ」と助言してくる人がいる。
> ついでなので書いておくが、私は昨年来から三、四度、
> 探偵小説研究会に対して話し合いを行なおうと提案してきた。
> しかし、その度に、会員個々の考えがみな違うので会う必要はない
> というような返事によって、私の提案は拒否されてきたのである。

これは、研究会が作家の言うことに聞く耳を持っていない、ということではなく、
むしろ二階堂の方こそ「俺定義」以外には聞く耳を持たないから、話し合っても仕方がない、
ということだよなあ。二階堂はまた曲解してるけど。

860 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:56:11 ID:RSioA5H8
二階堂の駄文はとても読みにくいので、ここで丁寧に解読してくれているのはとても助かるなw

861 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:56:15 ID:ClJz5poI
>>859
バカに「おまえはバカだから相手にする価値もない」と言っても通じませんよ

862 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 20:58:20 ID:tkEQYUn7
>>854 >なにも書かずにいてくれれば一番よかった。
いや本人が自負してる4分の1くらいはミステリに貢献してきたと思うよw

>>855
笠井は探小研のバックボーンとまで持ち上げてるからね。
「社長はご立派です。ですが部下の方がダメですね。」
という理論にしたいようだけど、それも結局社長の監督責任問題のような気が。

863 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:01:49 ID:Yc79WxXJ
>私の呼びかけに応じて「本格ミステリ・ベスト10」に協力してくださった作家や評論家、ライター、ファンの皆さん
>私の推奨によって「本格ミステリ・ベスト10」を講読・愛読してくださった読者の皆さん
禿よ、お前の呼びかけと推奨で動いてくれるのなんて、お前の掲示板に張り付いてる金魚のウンコのちっちゃいのみたいな連中だろ?
そして禿よ、お前はプカプカ浮いてる金魚の死骸にくっついてるわりと大きめの金魚のウンコだ。
金魚の死骸は笠井だ。死骸にくっついていても仕方がないことをそろそろ理解しろ。

>探偵小説研究会を離れ、個人となった場合には優秀な人材もいるので、個々の事案においては別の話となる。
優秀な人材=禿の主張を認めるor禿の小説を高評価する=探小研にそんなトチ狂った奴はいない=禿は探小研と絶縁=文壇が禿と絶縁

>探偵小説研究会の方では、私を含めて本格系作家の協力はいっさい要らないと表明したのである
探小研がどう言ったのかは分からない。
ただ一つ言えることは、禿よ、お前は本格ミステリ界にも、地球にも不要な産廃だ。

864 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:07:17 ID:F2jq8ToE
> その回答が、先日、原書房を通じてようやくもたらされた。
> そして、それを読んだ結果として、
> 私個人が出した結論と立場をここに表明する。

なるほど。
そりゃ確かに、二階堂が「個人」で出した結論ということになるだろうな、結果的に。

> 探偵小説研究会を離れ、個人となった場合には優秀な人材もいるので、個々の事案においては別の話となる。

この文章は、「悪口言っちゃったけど、プライベートでスキーに誘ってフォローする予定です」
と翻訳できます。

865 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:09:01 ID:RSioA5H8
これで校正日記に業務連絡(爆笑)が掲載されていた理由がわかった!
本格系作家(笑)は全員校正日記を見ていると心の底から信じていたのだ!
そして全員自分の意見を指標にしていると思っているのだな

866 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:38:20 ID:bJ1H3LhE
他の作家がスキーを一緒に滑ってくれるのかが気になる

867 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:50:04 ID:iBADTF8T
冷凍の脳を知りませんか? 行方不明になりました
指名手配のモンタージュ ネット中に配るよ
今すぐ捜しに行かないと さぁ早く見つけないと
野望に飢えた野良犬 今夜吠えている

868 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:53:43 ID:S8RQf0/W
他の作家理不尽に騒動に巻き込みすぎ…

869 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:01:53 ID:BTyEMWOf
しかし、もうすぐ次スレか。
作家の活動が盛んだと、スレッドも盛り上がって消化が早いなぁ。

870 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:19:30 ID:hVxNS0Vp
> その回答が、先日、原書房を通じてようやくもたらされた。
> そして、それを読んだ結果として、
> 私個人が出した結論と立場をここに表明する。

論争の舞台が、ネットという公の場所だと、
この期に及んで認めたくないようだな、この禿は。

871 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:47:30 ID:/LAysbOv
ぎゃー

872 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:52:26 ID:qeGsJl3m
どうした!?

873 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:58:22 ID:UtaFKMaK
おいみんな!
>>871が人狼に襲われたぞ!!

874 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:00:42 ID:hVxNS0Vp
ゲド婆ぁ、ゲド婆ぁの仕業じゃ!

875 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:03:00 ID:8DzLVqVd
前スレでもかいたが、結局、禿人にとっては俺定義がすべてなんだよ

「テニスはスポーツじゃなくてゲーム」

とか言う人間だぜw

876 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:25:57 ID:xXbNMfR/
>>833
ミスマガ10月号でイケメン蔓葉とインテリ帽子にやられて、大先生悔しがってるんだよ

877 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:34:39 ID:UcOncTvs
>>868
いや、誰も巻き込めてないでしょ。「X」論争はもう終わったし(それにしても禿人はただのきっかけに過ぎなかったが)。
今起きてるのは騒動じゃなくて禿人というアホがとうとう完全にイカれて喚いてるだけ。狂人の吐く譫言に名前が出たってどうってことはない。

878 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:55:58 ID:fO9oJHSQ
カー・スレからコピペ

776 名前:名無しのオプ :2006/09/21(木) 21:39:42 ID:nk8qtG4e
東京創元社のカー生誕百周年アンソロジーの内容判明

 芦辺 拓「ジョン・ディクスン・カー氏、ギデオン・フェル博士に会う」
 柄刀 一「ジョン・D・カーの最終定理」
 加賀美雅之「幽霊列車の殺人」
 小林泰三「ロイス殺し」
 桜庭一樹「少年バンコラン! 夜歩く犬」
 田中啓文「忠臣蔵の密室」
 鳥飼否宇「幽霊トンネルの怪」
 二階堂黎人「亡霊館の殺人」

879 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:59:42 ID:4VIOYcra
田中wwww

880 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:01:48 ID:9SGORaeo
田中にはダジャレを期待したい。
加賀美は赤川次郎みたいな題だな。

881 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:33:18 ID:CDHSXv5M
二階堂一派にとって、赤川次郎みたい、は一番言われたくないことだろう

882 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:38:18 ID:9SGORaeo
あ、そうかも。俺はそれなりに赤川嫌いじゃない。
出来不出来が多そうなので、初期とノンシリーズをちょっと読んだだけだけど。
特大先生みたいな講釈垂れの教条主義本格が、
通勤電車で軽く読める、マーケットの違うそれなりに優秀な商品を軽蔑するのは筋違いだと思う。

883 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:52:39 ID:U6evKcJS
本格としても
赤川>>>レイト

三毛猫ホームズの推理は本格として優秀

884 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:03:57 ID:CDHSXv5M
文章 赤川>>>レイト
プロット 赤川>>>レイト
ユーモア 赤川>>>レイト
トリック 赤川?レイト

人気 赤川>>>>>>>>>>レイト

885 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:05:34 ID:hoG2kHDr
>>884
赤川にトリックだけ提供するブレーンになればいいのに

886 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:15:05 ID:iDXensfL
赤川の初期作品は神がかって面白いからな。禿人は例によって読みもせずに馬鹿にしてるだけだと思われる
禿人が一生かけても「死者の学園祭」「マリオネットの罠」「幽霊列車」「三毛猫ホームズの推理」クラスの作品なんて
絶対に絶対に絶対に書けるわけがない。つーか比較するだけ失礼だったな。

887 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:17:47 ID:xg8zCr1s
ん?実際に禿人が赤川次郎を批判したことってあったのか?

888 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:24:35 ID:b9D0Wq7L
「女子大生探偵が不自然に中年男とくっついたり・・・」とか
言ってたのは二階堂じゃなかったっけ。
てっきり幽霊列車シリーズのことだと思っていたが。
うる覚えなんで訂正ヨロ。

889 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:36:03 ID:mjvgyQVR
>>888
それが、美少女探偵と冴えないヤロー(近い未来に禿げるであろう学生)とつるみ、
警察のオジサマ方から可愛がられる、人に嫌われそうな性格の探偵を創造した作家の科白か?
共に人気作家の赤川次郎、東野圭吾に対して完全に嫉妬しているとしか思えない。

890 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 09:53:28 ID:Xhyz8bPf
本格愛が無いやつらが評価されてるのが嫌なんだろうなw

891 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 09:56:59 ID:CDHSXv5M
二階堂って今までは本格ベストに投票してたの?
もししてたら今までのベストが知りたい。
氏の定義する「本格」に選ばれた作品が。

892 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 11:01:43 ID:CDHSXv5M
ある友人はこの手の作品、たとえば島田荘司氏の諸作を読むと、「途中の幻想的な出来事のほうがずっとおもしろい。現実的な謎解きなどつけず、幻想的な出来事だけをもっと展開させたほうがいい」と必ず言う。
 わたしは一応、本格ミステリ作家クラブ会員であるから、「それじゃ本格ミステリにならないじゃないか」と反論するのだけれど、友人は「おもしろければ本格ミステリじゃなくてもいい」と再反論してくる。

893 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 11:39:33 ID:LPNYI5cm
○01ベスト
順位なしで芦辺拓『真説ルパン対ホームズ』、鯨統一郎『金閣寺に密室』、
北森鴻『凶笑面』、柄刀一『アリア系銀河鉄道』、愛川晶『根津愛(代理)探偵事務所』

その他として芦辺『和時計の館の殺人』『怪人対名探偵』、
麻耶雄嵩『木製の王子』、島田荘司『ロシア幽霊軍艦事件』、
折原一『倒錯の帰結』、二階堂黎人編『密室殺人大百科』
折原も入るんですかそうですか


894 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 11:40:14 ID:LPNYI5cm
○02
山田正紀『ミステリ・オペラ』、島田荘司『ロシア幽霊軍艦事件』、芦辺拓『時の密室』
高田祟史『QED 東照宮の怨』、霧舎巧『マリオネット園』

その他として島田荘司『ハリウッド・サーティフィケイト』、
笠井潔『天使は探偵』、鯨統一郎『九つの殺人メルヘン』、
芦辺『赤死病の館の殺人』、柴田よしき『淑女の休日』
「自分が参加していなければ、『新世紀犯罪博覧会』新世紀「謎」倶楽部に投票する」らしい


895 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 11:40:57 ID:LPNYI5cm
○03
笠井潔『オイディプス症候群』、山田正紀『僧正の積木唄』、島田荘司『魔人の遊戯』
芦辺拓『グラン・ギニョール城』、加賀美雅之『双月城の惨劇』

別格として西澤保彦『聯愁殺』、その他として高田祟史『QED 式の密室』、
歌野晶午『館という名の楽園で』、松尾由美『バルーン・タウンの手鞠唄』、
霞流一『首断ち六地蔵』、鳥飼否宇『昆虫探偵』、法月『法月綸太郎の功績』、
連城三紀彦『人間動物園』、飛鳥部勝則『バラバの方を』


896 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 11:41:42 ID:LPNYI5cm
○04
投票なし

○05
投票なし。ちなみにこの年、二階堂黎人『魔術王事件』14位
HPで挙げられていたものは谺健二『星の牢獄』、高田崇史『QED 龍馬暗殺』、
乾くるみ『イニシエーション・ラブ』、芦辺拓『紅楼夢の殺人』、加賀美雅之『監獄島』、綾辻行人『暗黒館の殺人』、小酒井不木『小酒井不木探偵小説選集』
乾も入るんですかそうですか

○06
投票なし

897 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 11:46:38 ID:LPNYI5cm
○98
山口雅也『続・日本殺人事件』、貫井徳郎『修羅の終わり』、北森鴻『狐罠』、
芦辺拓『地底獣国の殺人』、麻耶雄嵩『鴉』、折原一『冤罪者』

次点として愛川晶『鏡の中の他人』、柴田よしき『少女達がいた街』、
我孫子武丸『小説たけまる増刊号』
99と00が見当たらない…

898 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 12:21:55 ID:hENCWvB9
LPNYI5cm 乙

899 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 12:54:10 ID:lF5Uythx
投票対象となる作家が偏りすぎだな

900 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 13:26:10 ID:xdNiSR95
とうとうtaipeiに愛想を尽かされてしまったね。
数少ない二階堂作品を評価しているサイトだったのに。

901 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 14:29:28 ID:I/KAAFZ6
>>900
taipeiの、

>あ、申し遲れました。ボク、邪無です!

に死ぬるほど笑ったw

902 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 14:42:30 ID:hENCWvB9
taipeiさんはなんでアレクセイ=田中幸一みたいなやつの電波コメントにていねいに対応しているのだろう

903 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 15:25:19 ID:zqxcKHHk
ていねいだけど自分のラインを外さないところが、只者でないと思う。

904 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 15:44:56 ID:ChK8DfJU
次回で終焉が終わるのか

905 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 16:58:19 ID:Xhyz8bPf
>あ、申し遲れました。ボク、邪無です!

これ2ちゃんで流行りそうだなw

906 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 17:31:46 ID:PWF9P2uM
恒星日誌、長すぎて読む気になれない。言うだけ言っても反論する掲示板は
閉鎖しているんだから、いかにトイレが身勝手かが分かる。



907 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 17:52:05 ID:P99DvIJP
本格ミステリ作家クラブで、事務的な連絡で事務局にメールすると、トイレに届くようになってるんですが・・・・・・。
事故が起こりかねないんで、代えてもらえませんかねえ。個人情報にも関わるし。

といった要望をメールすることも出来ないわけで。

908 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:03:51 ID:xcCGBH/i
>>907
ええっ、そんなシステムになってんの?

909 :907:2006/09/22(金) 18:21:56 ID:P99DvIJP
>908
 メルアド変更届を出したら、トイレから返事がきてびっくりした。
『臨場』を読んでいないから、大賞の投票を辞退したことに対して
けっこう批判的な発言をしていたときだったので、なんか怖かった。
住所とか本名とか知られたわけだし。

910 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:22:43 ID:zQiWl8lR
軽い気持ちで麻薬に手を出したら、ずるずると深みにはまってしまい、取り返しがつかないほどの依存症になる。
麻薬に手を出す度に、頭がおかしくなっていく。

という姿を連想した。

911 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:28:57 ID:lMy6FjUj
3ナイ運動か、taipei氏はオトナだな
おれなんか今回の件でつい魔が差して(笑)
昔読んで激怒、速攻で処分した最凶本「増加博士と目減卿」をつい文庫で買い直してしまったぞw
ついでに書くと、二階堂は大半処分したが、
巻末インタビューが必読文献である(何の?)「猪苗代マジック」と、
「宇宙神の不思議」(文庫)がなんとなく(笑)本棚に残っているなwww

912 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:34:17 ID:lMy6FjUj
きたろー氏も3ないか・・・うーむ

913 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:49:20 ID:xcCGBH/i
>>909
それはつまり、禿人が事務局の枢要ポストにいるってことでしょ?
だから本格系作家の代表面をしてるわけか。
本格ミステリ作家クラブ、大丈夫なのか・・・。

914 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:49:50 ID:WrhjDheT
>氏の數々の電波的行動が本の賣上げの実績に基づいた政治的力を背景にしているのであれば(違う?)、
でも、これは絶対違うw
禿人に政治的力の背景なんてないでしょ。あったとしても、笠井・島田擦り寄って僅かな力を得ただけだよ。

915 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:52:55 ID:zqxcKHHk
>事務局にメールすると、トイレに届くようになってるんですが
天才バカボンに出てきた、玄関がトイレになっている家を思い出した。

916 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 19:03:16 ID:iqqiACPI
>>907
ttp://honkaku.com/meibo/meibo.html
によると少なくとも今は、二階堂は役員ではない。それでもまだ二階堂に届くのだろうか。
前は執行会議のメンバーだったようなので、それで事務局宛のメールを見れたのでは。


917 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 19:22:48 ID:9SGORaeo
このスレもたった18日で900番台か
探小研にはぜひ『2007本格ミステリ・ベスト10』の「本格Man of the Year」に
特大先生を取り上げてほしい

918 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 20:21:37 ID:SOIaHqVe
映画のラズベリー賞みたいなのを新たに創設して
何とか本人にはわからないようにして受賞させてやって欲しいw
上手くいけば電波もおさまって皆ハッピーだ

919 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 20:24:25 ID:lMy6FjUj
いや、電波は二階堂の本質なので本体からの分離・消滅は無理だろ


920 :907:2006/09/22(金) 21:03:45 ID:Y/4ERx6e
>916
 そうなのか。とにかくその後遣り取りしたことがなかったので。
 今は誰のサイトに飛ぶのかしら。
 なんか、直接事務局にくるメールにはスパムとか混ざっているので、トイレが一旦受けるとか
 そんな文言があったような気もするので、役員を退いたらもう関係ないかも知れないけど。


921 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 21:07:19 ID:iDXensfL
ことの本質はそんなとこにはないよ
ようするに本ミスも探小研も機能してないんだよ
ほとんどの会員は会員になってるだけでわざわざ労働しようとは思ってない
だから「困ったちゃん」でもやりたいと言えば実行委員的なものになれてしまうんだ

922 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 21:59:58 ID:9BeAMsIh
更正日記の(7)を読んだ。
『蔓葉信博氏だが、内容は『神様ゲーム』のあらすじと、麻耶雄嵩氏の過去の作品の紹介の羅列で終始している』と書いているが、先生の渾身の解説
「ローリング邸の殺人」と「停まった足音」についても同じことがいえる。
あらすじ以外には、前者は公知の引用で大水増し、後者は厚木淳解説の孫引きのみ。
我田引水口調の不快さをくわえるとほとんど無用の解説だ。
どっちも他の作品を読んでないからこれ以上書くことがないんだろうけどそれにしてもひどい。
先生の解説がひどい原因として探偵小説研究会の問題としてあげた以下の諸点がある。
『ミステリーが歴史的発展を遂げた、遂げつつあるという誤解、ミステリーの
技法の中心がトリックだという誤解、教養のなさ、現状認識の錯誤など・・・』(一部先生向けに表現を改訂)
他人を批判する前に鏡に映った自分をよく見ることだ。


923 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:02:19 ID:JIT1H4sn
>>922
>他人を批判する前に鏡に映った自分をよく見ることだ。
正視に耐えないんだよw
そりゃ耐えない罠www

924 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:25:34 ID:dD7I2Zm/
> 『神様ゲーム』は、本格であるのか本格でないのか、
> 児童文学として適当なのか適当でないのか等、様々な問題を含み、(以下略)

まさか児童文学についても、先に定義を明示しろってんじゃないだろうな。


925 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:41:16 ID:3f+y5teu
>>922
私は本格系作家であり、評論家でないので
解説の出来不出来は問題ないのである。


こんなかんじに思ってそう。

926 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:43:37 ID:iDXensfL
>>924
私は児童文学全集に入っているものを児童文学と定義している

これぐらいに思ってそう

927 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:44:05 ID:0vPNtZlr
二階堂のサイトで心待ちしてたチェスタトンの新刊出たのを知って
早速注文したけど翻訳つづみかよっ!!!
大丈夫かなあ

928 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:44:58 ID:iDXensfL
まあ読んでみ。びっくりして本を燃やしたくなるよ(・∀・)ニヤニヤ

929 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:51:53 ID:8CWktMlU
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

930 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:06:54 ID:vx6+TH1z
まぁ蔓葉というか、探偵小説研究会の中には「文章力を向上する努力を見せろ」と
言いたくなるのはいる。そして二階堂、お前もだ! お前は本気で向上心が足りない!
麻耶だって今も下手だが着実に改善されてきてる

931 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:48:17 ID:6JVtYh9Y
>>927
あるブログより:

>漏れ聞く噂によれば論創社のチェスタトン「マンアライヴ」の翻訳が凄いらしい。
>もう最初のページから凄さが炸裂していて、山田悠介を超えたという説も。
>早く自分の目で確認したいがなかなか都心の大書店に行く機会がない。


932 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:53:47 ID:8CWktMlU
>>931
ダサダサ二階堂以下の悪文キタ━━⊂⌒~⊃。Д。)⊃━⊂⌒O。Д。)⊃━O(。Д。)O━⊂(。Д。O⌒⊃━⊂(。Д。⊂~⌒⊃━━!!
楽しみにしてたのにぃ


933 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:56:40 ID:hoG2kHDr
>>931
その記述ぐぐってみたんだが、削除されてる?

934 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:02:14 ID:VSz9GeYw
つずみがクレームメール送ったんでないの?w

935 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:16:47 ID:lo34poHV
二階堂が何を書いても気にならないけど、翻訳がだめってのは勘弁してくれよ……
実害が半端じゃねー。デマだといいんだが。

936 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:18:00 ID:Hp3PfgM8
本当だ、ここで晒されたことに気付いて削除したのかなw

937 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 00:23:48 ID:U2uRQq8V
何があったか知らんが山田悠介を超えちゃいかんわなあ・・・
禿人さえあえて超えようとはしない一線だからな・・・

938 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:15:18 ID:oEy75Ima
探偵小説研究会の一部に文章力や知識がまったくないやつらがいるのは事実だよ
禿人の主張の中でこの部分だけは正しい

939 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:16:04 ID:3n/gNjXN
なんでこんなに親指シフトを愛好する者には
ちょっと変わった人が多いんだろう
激既出でしょうがここ見てorz
tp://www.so-net.ne.jp/e-novels/hyoron/syohyo/0.html

940 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:22:36 ID:ykrvUKuf
>>938
例えば?

941 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:35:36 ID:ntcbJYwS
チェスタトン「マンアライヴ」買う予定だけど、やっぱ翻訳者はつずみだったか……
どーせ解説は小森なんだろーし、何か癪に障るw

942 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:39:20 ID:zOGM9TxZ
千野帽子は下妻物語を本格として投票してるからなぁ

943 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:51:57 ID:oEy75Ima
>>940
小松史生子 文章が下手で原稿の間違い多し。ヒラリー・ウォーを「彼女」って書いたのもこいつだったか
つずみ綾 小森のペット。「マンアライヴ」の翻訳は驚愕の一言。あとがきも間違いだらけ。なぜ都筑と山風が?
柳川貴之 「葉桜」の解説は読むに耐えなかった

禿人もこのへんを叩けば良かったのにねー

944 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:56:58 ID:TMQqo8aK
>>942 かなり意図的というか挑発的な投票だな

945 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:04:27 ID:1rzz+YvV
>>943
つづみ綾はミスマガで禿人に賛同してなかったっけ

946 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:18:01 ID:oEy75Ima
>>945
あれは小森に追随したのが禿人に賛同したように見えただけだが、禿人はつづみを批判しにくいかもな
蔓葉を選んだのは一番若いからか、麻耶評の本格観に腹が立ったからか、書いてあることが理解できなかったからか

947 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 04:48:44 ID:AInh3VHB
なにー!
ミステリの評論を書こうという人間が、
ヒラリー・ウォーもまともに読んでないんか!!
だめじゃん。

948 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 05:11:05 ID:TMQqo8aK
>>946
>書いてあることが理解できなかったからか
それそれw

949 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 06:48:34 ID:jj8J4KBm
>>941
解説も、つずみ綾。最後に小森健太郎への謝辞が。
ちなみに翻訳の出来は、

仁賀克雄>googleの和文英訳>>>>>>>>>>>>>>>>つずみ
最早、珍本の世界。
逝っちゃってるよ。いや、逝っちゃってくれよ。どこにでも。


950 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 07:59:50 ID:qmk++HAc
>仁賀克雄>
あのフランス鍵よりも酷いのか……

951 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 09:39:46 ID:5LojkC7v
まあ、腎がはベテランだし英語も読めるからなw

952 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 10:09:45 ID:yhmbEwsq
英語が読めないでもチェスタトンを訳せるのですか(・△・?)w
本質直観(・△・?)www
二階堂人脈(笑)オソロシス(つд∩) キャー

953 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 11:06:44 ID:OGZzIbx/
禿人の本質誤観を探偵に装備すれば探偵小説形式の破壊に使えるな。

954 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 11:15:41 ID:Ik3AAW8a
↑破壊ではなく自壊では

ごめん、言ってみたかっただけ

955 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 11:23:51 ID:TMQqo8aK
>>953
>本質誤観
特大先生の本質を言い当てましたね

956 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 12:23:22 ID:0sWC0fV6
蔓葉信博と羽住典子も文章はへただね
HMMの蔓葉の笠井マンセー論もかなりの悪文だった

957 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 12:34:07 ID:17ldEJLq
8回きたよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

958 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 12:46:01 ID:kVDoKEPe
あのエネルギーは発電にでも使えないだろうか。

959 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 12:49:35 ID:0sWC0fV6
>私はこれを読んで、「いったい、彼は何を言ってんだ。自分で言ってることが解っているのか?」と、またまたあきれ果ててた。

 ( ゚∀゚)アハハ八ノヽノヽノ \ / \/ \

960 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 12:52:17 ID:0sWC0fV6
>『センヌンティウスの舟』『センヌンティウスの舟』

二度書いてるってことは間違えて覚えてるんだなw

961 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 13:08:43 ID:QtTsBaq8
>友人が間違いを犯すのを黙って見過ごすのはどうかと思う。
>海原に浮かぶ小船の底に仲間が穴をあけようとしている時、
>黙ってそれを見過ごして、他の者と一緒に沈没死してしまって良いのだろうか。

 ( ゚∀゚)アハハ八ノヽノヽノ \ / \/ \

962 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 13:37:06 ID:3Si1rKTt
>>958
死んで肥やしになるほうが世のためだと思う。

禿人の下衆な文章読むと吐き気がする。怖いもの見たさで読んでしまう自分が悪いんだけど。

963 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 13:38:58 ID:8Qs9yqqM
> 諸岡氏の無茶苦茶な発言ぶりには、何度も苦笑を通り越して哀れを感じたほどだ
>(ただし、彼は議論へ積極的に参加しているだけ、まだ他の者よりはましであろう。
> 正しく勉強するという姿勢を選べば、将来的には使える人材になるかもしれない)。

とんでもない「上から目線」だな。まさか自分の方こそ、
大多数の人から「苦笑を通り越して哀れを感じ」られてるとは、
思ってもいないんだろうな。
あと、評論家の「トレンド」として、

>(2)名探偵ものは嫌い。何故かというと、名探偵という装置を含む作品群には
> トリック指向型のものが多く、トリックに関する理解不足と勉強不足が顕著だから。

って、これこそまさに、自分の作品のこと言ってるよね。
「俺の作品の良さがわからないのは、評論家が悪いからだ」ってことだな。

964 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 13:41:29 ID:8ngbwqHW
みんなよく読めるなw 俺もう体が拒否して斜め読みもきついよ
こっちの頭まで悪くなりそう

965 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 14:11:02 ID:+/pOQv1W
注釈4で「セリヌンティウス」や「X」の犯人の動機を、
歪み、気持ち悪い、非常識、って批判してるが、
それって本格ミステリの本質には関係ないだろ?
「読者もまたそこに違和感を覚えずに安易に受け入れてしまう」って、
受け入れてるんだからいいじゃないか。批判するところか?
最後にこれこれこういう展開の方が感動を生み出すだろう、
って勝手にストーリーを作ってるのは失笑ものだな。

966 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 14:24:47 ID:TKemmKpM
>私はこれを読んで、「いったい、彼は何を言ってんだ。自分で言ってることが解っているのか?」と、またまたあきれ果ててた。
ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

>そして、何故、千野帽子=岩松正洋氏らがそのようなデタラメを書くかと言えば、自分たちが行なってきた排除的行為の責任を他人(=作家)に転嫁するためで
逆責任転嫁キタ━━(゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) (゚ロ゚;) ━━━ !!!


967 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 14:26:17 ID:kkvbvJa9
なんでこんな電波が今もミステリー界で大きな顔できてるのか理解に苦しむ

968 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 14:30:53 ID:TKemmKpM
今年は本格ミステリー史(笑)に「二階堂の(自壊の)年」と記銘されるなw
轢死に名を刻めて良かったじゃん、二階堂クンwww
゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハハハノヽノヽノヽノ\ / \

969 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 14:55:35 ID:jj8J4KBm
>難しい作品(奥泉光氏の『モーダルな現象』のように、読むのが難しい作品も含む)を回避する性質があるのだ。
 えっ。まさかこの作品の解説書いてるのが「千野帽子」と知っての発言ですか。

970 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 15:05:14 ID:TKemmKpM
>現状認識にも誤認が生じるわけで、平気で間違ったことを書きかねない。
m9(^Д^)プギャーーーッ
>デタラメを検証なしに書いている。
m9(^Д^)プギャーーーッ

971 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 15:12:54 ID:u9fvCTuH
>>969
>難しい作品(奥泉光氏の『モーダルな現象』のように、読むのが難しい作品も含む)を回避する性質があるのだ。
正しくは『モーダルな事象』だね。
禿人にとっては内容は勿論、タイトルすら読むのが難しいのかw 見下げたバカだな。

蔓葉や諸岡批判なんて、「これからの本格評論を担う探小研の若手が自分を評価せず、「X」擁護に回るのはおかしい」から
批判しているとしか思えない。

また、石持浅海作品の犯人の動機を「歪み、気持ち悪い」などと書いているが、テメー「新・本格推理」で賞賛してたじゃねーか。

>注3:このことに最初に気づいたのは小森健太朗氏だった。「チン・リーの復活」は、ポケミスの『名探偵登場4』で読むことができる。
そんなに身内を褒め称えたいの?

以上のことから導き出される結論 禿は本格推理作家としても、人間としてもオhル。

972 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 15:16:15 ID:TKemmKpM
>>971
コモリとしては迷惑だろうが、オレを誉めるな(笑)とも言えないだろうしなwww
日頃の行い(マトモな人間と付き合う)は大切ってことだ

973 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 15:39:01 ID:T6b5+ge9
バナールとごっちゃに覚えてるな禿げw

974 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 15:45:01 ID:/38IMA1V
自ら馬鹿を晒すのってそんなに気持ちいいことなのかなあ。
後悔オナニー乙だす>二回センセイ。

975 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:10:08 ID:m99nCa43
どーして新刊ウロボロスに我らが禿人先生が登場しないのですか!?

976 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:12:33 ID:QDa1cT7G
>京極夏彦氏の長編『狂骨の夢』のプロットが、T・S・ストリブリングの短編「チン・リーの復活」とまったく同じであることを知ると――それがまさに偶然であるが故に――いっそう、京極夏彦氏の本格センスの卓抜さに感じ入ることができる

鉄鼠の檻は自作のパクリで、こっちは偶然ですか
ほー

977 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:56:58 ID:XeiQsVYC
もう禿人には何言っても無駄っぽいな。そこまで相手に思わせるのも、ある種の才能か。

978 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:57:44 ID:7d9g9v3g
正直、更生日記は読むのが辛い。
何が言いたいのか、もうよく解らない。

979 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:17:22 ID:R2hU71s4
この好評連載の終了で、基地外の発狂が一段落すればいいが…

980 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:17:54 ID:kSMaU/Ps
更正日記を読んでもなおかつ、先生を擁護・支持・賞賛する人がいたら、その理由・根拠を遠慮なくカキコ願いたい。決して非難したりしないからぜひ。

981 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:24:38 ID:CAbcBKEW
角川文庫「宇宙神の不思議」解説って、ちょー訳で今話題の(笑)つずみ綾なのな
んで、末尾に

>なお、この解説は日本語入力に最適とされる親指シフトキーボードを用いて執筆された。

www


982 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:39:33 ID:TMQqo8aK
早くも次スレですかね

983 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:40:50 ID:ynql7kgV
>>981
>>939

次のスレタイは何がいい?

984 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:46:34 ID:CAbcBKEW
【本格評論の終焉】は外せないなぁ

985 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:49:25 ID:tHFJv/vC
【二階堂黎人の終焉(13)】

986 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:32:49 ID:qyV5Sap0
【さよなら】二階堂黎人PART13【二階堂先生】

987 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:48:03 ID:aRLVBvy9
次スレタイは>985さんの提案でいいと思うよ。

さてと、終焉(8)についてだが。

>本来なら、ある人物の死に関する疑惑が浮かんだ時点で、他殺についても
>検討すべきなのに、作者も登場人物も端からそれを無視してしまう。
>善良な動機を作者も登場人物も最初から認め、それを読者に押しつけて、
>読者もまたそこに違和感を覚えずに安易に受け入れてしまうことが多い。

 これのどこがいけないのか、分からないんだけど。
信じたくないことは意識の外に出てしまうという構図が、本格ミステリーに
取り入られてもいいじゃないか。
 第一、島田荘司の提唱する21世紀本格なんて、そういったことに
近いんじゃないのか?



988 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:50:32 ID:9Qz1Cdfy
終焉って、勝手に終わらせるなつーの!


989 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:50:34 ID:O9vgke4T
つまり
タランティーノの映画は元ネタ知ってた方がオモシレーんだよ!
満足に元ネタも観てねえやつは文句たれんな!

ってことですね。

へー

990 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:05:22 ID:qGDwqQU0
【自称本格系作家】二階堂黎人 part13

991 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:23:16 ID:NrDCE4Dv
二階堂黎人がこの先生きのこるには Part13

992 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:25:12 ID:jLkQ06ei
いや、逝き残らなくて良い訳でw

993 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:29:26 ID:aRLVBvy9
容疑者二階堂黎人の乱心 Part13

994 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:33:53 ID:qmk++HAc
浅海たんは容疑者X絶賛してたからな

995 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:35:12 ID:R2hU71s4
【終わり無き】二階堂黎人 Part13【本格評論の終焉】
はどう?

996 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:45:52 ID:wtKcStO/
永遠に

>最終回のつもりであったが、長くなったので、もう一度続く予定である。

だったら嫌だw

997 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:50:06 ID:jLkQ06ei
永遠の本格愛w

998 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:54:46 ID:Ik+oyVW3
【本格評論の終焉】二階堂黎人13【二階堂も終焉?】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1159008783/

999 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:55:35 ID:jLkQ06ei
超乙!

1000 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 19:56:06 ID:R2hU71s4
1000なら二階堂の主張が本格界の主流に

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

262 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)