2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【雷四郎・ちー子】西村寿行【出雲阿紫】

1 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 01:22:52 ID:sjWg6wp9
あんさんがた、新スレでございますよ

前スレはこちらに貼らせて頂きやす
【自然・動物】西村寿行【バイオレンス】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1121589025/

2 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 01:32:33 ID:VuwegvGP


3 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 03:12:52 ID:dTgM1yfr
記念麻紀子

4 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 20:26:33 ID:2zkvLcjF
ちー子って誰だっけ?

5 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 20:30:32 ID:l1iygSv2
地獄の犬

6 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 23:33:06 ID:sjWg6wp9
>>4
『地獄』に登場。寿行先生の愛犬。

7 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 00:00:02 ID:RfBHUi6q
新スレおめ。

8 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 00:47:12 ID:a3GkKey+
人妻

ジーパン


9 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 00:49:18 ID:QtoKsWR/
新スレおめでとう

10 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 01:36:39 ID:RfBHUi6q
ちー子って紀州犬だよね?

11 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 10:49:42 ID:ntpRKGMQ
バーボン
ピンガ
焼酎

12 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 18:26:18 ID:41wDksYm
西村寿行と北方謙三ってどっちがハードボイルド?

13 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 23:02:49 ID:/c/YISjY
比ぶるまでもなかろう

14 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 01:10:55 ID:jZoycvGX
はっきり言おう。>>12 は 釣りだ。

15 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 01:36:56 ID:xfZ02Q3E
かの村上春樹もH場面では読者に揺さぶりを掛けたい、と言っている。

その意味で、これほどの揺さぶり力を発揮する寿行はタダモノではないな

16 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 01:47:06 ID:rSConvB9
スゴイですよ

17 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 10:00:54 ID:2lc6Nof7
時代を変えたといってもいいよね。




揺さぶり力で。

18 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 11:04:19 ID:VcnHnEK+
>>10
そう、紀州犬。ちー子が交通事故で亡くなった時、寿行先生は
号泣した。

「西村にはちー子は自分のいのち以上だった」(『地獄』上巻)

『地獄』は「小説の中でちー子と再会したい」という先生の
熱い思いが溢れた作品である。

19 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 12:05:59 ID:B7W7M9RS
エロイのしか読んでないから知らない

20 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 14:23:33 ID:rSConvB9
    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)ノ >>19

21 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 05:53:00 ID:9UW/SgpL
男女を問わないモラリスト

22 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 12:56:05 ID:p106OQV9
30歳前後の美しい人妻の
乳と貌と尻

何度書いても飽きないな…

23 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 15:14:49 ID:OJuEAebw
この人、夫の目の前で強盗に尻から犯されて次第に反応する人妻ネタ多い夜ね

24 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 20:53:08 ID:hykeWJsO
そんなのあったか? >強盗

25 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 21:34:29 ID:OJuEAebw
短編モノに多い矢ね

26 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 12:16:13 ID:kEa3UGdZ
乳房が高く盛り上がっている。
若妻らしく、艶かしさが隠しきれない姿であった。

27 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 20:51:44 ID:aU7xZJnt
乳も豊かな女であった。
尻はみごとの一言に尽きる。
容貌がこれまた整っている。


28 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 21:57:49 ID:cm2K8lyH
ドラクエ3の俺のパーティ
勇者、男戦士、男魔法使い、男魔法使い。

29 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 22:18:20 ID:uw4JFQbe
30にはまだ間がありそうな女だった。
造作がくっきりしていて色が白く、瞳も大きい。
すらりと伸びたジーンズの脚、高い位置の尻も豊かだ。
薄手のTシャツには下着の線が浮かび上がり、胸の隆起が魅惑を湛えている。
…人妻なのか。
>>30の心は高鳴った。

30 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 00:30:36 ID:p6aG57Mg
(;゚∀゚)=3

31 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 00:35:30 ID:64JLsTQa
精液を汚いとは思わなかった。男根を汚いとは思わなかった
男は女を貫いて精液を注ぎ込むようにできている。


32 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 07:30:16 ID:zPFOTvtQ
「ここへ入れ」
礼子は素裸になって布団に入った。
男の毛深い体が覆い被さってきた。
右手は乳房を弄び、左手は股間を割って襞をなぞっている。
礼子は瞳を閉じた。心に蓋をすることだと思った。
「いい体だぜ…」
男はかすれた声で言った。乳房を揉んでいる。膣に指が入っている。
礼子は微かに己が反応し始めているのを感じた。
この男は夫を殺した。安高を痛めつけた。ゴロも狙っている。
男を憎む気持ちは強い。しかし体は別だった。男の執拗な愛撫に
じわじわと沸いてくる肉体のうずきを礼子は必死に抑えた。
男の唇が礼子の唇に押し付けられた。強引に舌が差し込まれ
礼子の舌をまさぐった。与えるしかなかった。男は強く吸った。
「たまらねえぜ」
吸いながらうめいた。乳房と膣と舌を自在になぶられている。
礼子は己の体を憎んだ。男を狂わせずにおかない肢体を憎んだ。
男の愛撫にどうしようもなく悦びを感じてしまう肉体を憎んだ。
「唾を、唾を出せ。たんと、出せ」
唇が合わさったまま男が言った。臭い涎が礼子の喉を伝った。
男は礼子が絞り出した唾液を音を立てて嚥下した。
「うめえ…うめえぜ」
目を細めて吸っている。礼子は舌の感覚がなくなっていた。
男の舌と一緒になった気がした。
乳をゆっくり揉み続けている。膣に入った指の動きは速かった。

33 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 17:42:41 ID:qyedUCka
↓以下エロ禁止

34 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 12:30:52 ID:62nf6t3k
肉しぃ で寿行コミュ作りました。
良かったらきてちょ

肉しぃ(招待無しで登録おK)
ttp://e-nixi.jp/login.html

コミュ

ttp://e-nixi.jp/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=1060

本家ミクシよりもタブーが少ないので、そういうのが好きな人どぞ^^



35 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 13:52:11 ID:L0aQQ7F9
編隊の集い....(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

36 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 21:00:47 ID:UUjm4rvT
↓以下エロ解禁

37 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 00:39:34 ID:zrDIyVjI
西村寿行を最初に手に取ったのってどういうシチュエーション?
ってなことを聞くのは、俺が寿行を読み始めたきっかけがどうしても思い出せないから。
たしか大学のときに実家に帰省するときに、
本屋で買った本が寿行だったことだけは覚えてるんだけど、
そのときはそこで終わってしまって、その後大学卒業寸前までずっと他の作家に傾倒してたんだよ。
でもいつの間にか、寿行を読みまくってた。
そのきっかけが何だったのかわからん。
なぜそしていつ寿行という作家を意識的に集中して読み始めたのかがどうしても思い出せない。
だからお前ら教えろお前らの体験をな。
俺がそれを思い出すきっかけをくれ。

38 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 00:53:54 ID:5hz768l0

ジーパン
人妻


39 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 21:14:31 ID:bkxjKPEg
俺は当時、化石の荒野のポスターにあった尻に魅入られてしまった。
そして角川文庫を手に…
あれは誰の尻だったんだろう

40 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 23:24:48 ID:cOYvbLkX
>37
中学の現代国語の教師が授業でエロ場面をカットしつつ「滅びの笛」を読んでいた

>39
あの尻は絵。浅野温子ではない。寿行ヒロイン尻を美しく具象化したもの

41 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 23:36:36 ID:jtpQzjTI
七十年代半ば、運動音痴だったワタシがカープの優勝・長嶋巨人の
前年最下位からのミラクル・上田阪急の強さ、あるいは猪木とルスカ・
アリの格闘技戦、具志堅の王座獲得、そしてなによりモントリオール
オリンピックによって、スポーツを観戦する喜びに目覚めました。

かくしてもともとマメな正確だったwワタシは、スポーツ新聞なる物の
収集を始めたのです。田舎の親戚のところに行ったら屋敷の隅にくくられ
ているバックナンバーを漁らせてもらったりもしていました。

さてそのうちに、新聞につき物のエロコーナーや巻末で、どうもよく
見かける作家の作品にたびたびショックを受けるようになります。
エロとかロマンスとかいう言葉ではどうにも割り切れないドロドロの
愛憎劇。あまりに痛い精神的・肉体的な暴力描写。子供wの夢を
ぶち壊す大人たちの相克。ガキと言えど当時はすでに佐藤まさあきも
池上遼一も跋扈していた時代です。バイオレンスによって研ぎ澄ま
された感覚が求める飢え、というものを理解できるようになる準備は
こちらの中にも整いつつありました。

42 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 23:37:56 ID:jtpQzjTI
そして親父が競馬目当てで買ってくる「東京スポーツ」で、その作家の
連載をじっくり眺められるようになったのです。敵の中にとらわれて
吐き気を感じるほどの暴力を受けているヒロインは、いままた最後の
頼みの恋人までもが全裸の自分のもとへ引き立てられてくる絶望を
味わいます。そして数ヵ月後の紙面には、そのヒロインが時代錯誤の
ハリツケ台に全裸で据えられているイラストが載っていました。

東京スポーツの粗い紙面では、その作家の名前は、作品タイトルよりも
巨大な筆致で大書されていました。

−「西村寿行の峠に棲む鬼」と。

43 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 01:31:24 ID:Ppevl/8B
昔読んだ問題小説のレズ短編の挿絵が中国版画だった…

44 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 09:54:10 ID:KdAqcpTJ
今も現役なんですか?

45 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 10:31:59 ID:zJswIkkA
>>41-42
凄い遭遇劇だな(w

46 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 19:49:39 ID:uznjIYwg
>40
うそっ?劇場CMで見た記憶があるぞ!?
我が恨み、現在完了…ってやつ。
あのシーンって、母親が、腹にいる主人公を堕ろすために冬の海に入る場面じゃなかったっけ?
何だか見たくなってきた

47 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 16:22:31 ID:A6yJ9yzA
ここんところ変態の集いが少ないな(w

48 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 17:07:22 ID:8pKdwWNB
http://blog.livedoor.jp/yabumoto_net/archives/50818567.html

寿行ヒロインなどというものはもう成立しない世の中である

49 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 23:04:19 ID:57F9Oj4L
すばらしい尻であった。


50 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 23:38:59 ID:BFYzSknL
48を読んで思ったんだが、
素朴な疑問かもしれないけど。
女の人が電車なんかで膝頭をそろえて座ってるけど
男が同じことしようと思ったら内股の筋肉が相当つかれるが
実は女もかなり疲れてるんじゃね?
俺なんかガニマタなせいかもしれないけど
椅子にすわってると無意識に股開いてるし。
常に閉じてなきゃいけない女は大変だよね。
余談だけど数年前のミュージックステーションで、モーニング娘の新メンバーになったばかりの子が
歌前のタモリとの座談中にふと大またを広げたんだが、そのときすかさず
となりの中堅メンバーがさりげなくその子の足を
閉じさせていたのを見たときに感動したのを今も鮮明に記憶している。
女が足を閉じるのは本能ではなくて教養だよ。
すげえよ芸能界。
乱れきってるように見えて、しっかり教養が生きてる。でもやっぱり乱れきってる。
なんつーか、そういうの全部含めて、凄いうつくしいよ。

51 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 01:24:12 ID:4jATuyko
どうでもいいが、本当に本人が書いているブログなのかしらんが、
相変わらずブログというものは、下らんことを本人の自己満足だけの
中身の無い情報垂れ流しツールだな。

52 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 04:47:50 ID:hbcKhQEg
梅川昭美

53 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 21:24:30 ID:KoyijIvX
もう一度
あの仰角、あの硬度、あの飛翔距離
炎のようなオナニーを
してみたい
頼むよ寿行先生

54 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 22:51:35 ID:uN1vJWGa
ただ、寿行先生作品は、描写自体はあまり詳細ではない。
設定があれだから、記憶に残ってしまうのだと思う。
描写はくわしくないですよ。


55 :54:2006/05/22(月) 23:34:29 ID:uN1vJWGa
エロシーンの描写はくわしくない、ということね。


56 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 23:43:59 ID:mEv6fD+i
>>53
βακα..._φ(゚∀゚ )アヒャ

>>54
具体的な描写ちうよりは、女の心理的な屈服のプロセスとか被虐感を受け入れる
過程が繰り返しネチネチネチネチ描写されていることが、男にとっての凌辱感を高めて
いるんだろうね。

57 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 09:54:35 ID:w5Kcgs+2
チネチネチネチネ

58 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 21:55:49 ID:uSrTejqK
56は良いこと言うなあ。
♀の心情描写が執拗なのが寿行テイストなんだよな

59 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 22:20:09 ID:kxyYcabX
俺は乳とか尻とか舌とかの単純なワードに興奮したな
「舌を吸う」ってはっきり上下感が出て巧い表現だと思う。

60 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 06:59:55 ID:hMarYYHG
>>59
尻から出し入れとかもな。
剣抜弩張、も寿行さんだっけか。

61 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 22:21:37 ID:oQeqSHFx
寿行の達意の性交描写を読んだ後では、
凡百のエロ小説作家たちの意匠を凝らした描写が、カス以下に思えてくる。

62 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 23:45:01 ID:eve7jXrA
この人の小説って映画でいうところの
世紀末アクションものに近い気がする

63 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 00:26:31 ID:NMnTOnG2
>>61
んだんだ

64 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 07:22:09 ID:nHAqx91A
ときどき男女の別を乗り越える正しき男根主義者
子供と年寄りと動物は襲わないが掘られる気持ちを描いたりもする

65 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 17:35:25 ID:kVjulcck
1993年、国連は「女性に対する暴力の撤廃に関する宣言」を採択し、「女性に対する
暴力とは、肉体的、精神的、性的、心理的な損害や苦痛を生じさせる性別に基づくあ
らゆる暴力行為」と定義しました。
暴力を、
(1)家庭内での暴力(近親姦、DV、結婚持参金に係わる暴力など)
(2)一般社会の中での暴力(人身売買、買売春、セクシュアル・ハ スメント、レイ
プ、痴漢、ストーカー行為、ポルノ、女性に有害な伝統的慣行など)
(3)国家による暴力(拘束中や武力紛争下での女性への暴力など)
の3つに分類し、その暴力を撤廃するために必要な措置を勧告して ます。

性暴力ということばは、ジェンダーに基づく暴力、男性から女性への暴力は性的なも
のになる傾向があるということを認めた用語とされています。性暴力は、男性に対す
る性の侵害も含まれますが、性に基づく差別の一形態であり、女性の能力の発揮を阻
害し、人間としての尊厳を侵害する力の行使です。主に女性に対して行使されている
のが現状です。

性暴力で最も多いレイプは、まったく見知らぬ第三者によるものばかりではなく、親
しい知人関係、親子、夫婦間でもひんぱんに起きています。またこれらは密室、プラ
イベートな空間で起こるため、被害が潜在化する傾向を持っています。レイプは、被
害女性に肉体的のみならず、精神的打撃を与えるものであり、重大な犯罪です。
しかも、被害女性が公的機関に相談をしたり、捜査機関に親告(レイプは親告罪)す
ることによって、二次的な苦痛(セカンド・レイプ)を受けてしまうことが多くあり
ます。メディアの報道による周囲の目や、当の加害男性よりも被害女性を非難する偏
見で傷つくことも少なくありません。そのために、司法制度の改善も求められていま
す。


66 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 22:46:21 ID:N6F0GI+3
人妻












ジーパン

67 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 23:56:44 ID:+thTcOOR
母子相姦も寿行が描くと美しい色彩を帯びる

…息子は母の中に帰ってきたのだ。(正確には憶えてない)

68 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 09:19:58 ID:UnxwhhA6
>>65
「監視してるぞ」って意味か?ブキミ〜

69 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 09:28:38 ID:2OiiWPz0
いきなりスレの盛り上がりに水を注された件

70 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 18:55:38 ID:2OiiWPz0

 「ダメ、ゼッタイ! 性 暴 力 !!」


71 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 22:18:11 ID:m3eklg/5
なんか、寒い書き込みが続いてますね。
たぶん女性かな。

72 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 23:56:58 ID:pCgUzz2K
どっかで耳にしたことにある、「ヴァンパイヤー戦争」の第一巻をブックオフで100円で買った。

なんかしらんが、寿行的世界観(?)と共通するところがあるような気がした。
この本が出た当時生まれても居なかったので、同時代的なことはわからんけどね。

73 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 13:21:29 ID:nHtkdxIH
おまいらが「尻」とか「ジーパン」とか書くからだろwwwwwwwwww

74 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 09:40:39 ID:D685fWiq
1993年、国連は「女性に対する暴力の撤廃に関する宣言」を採択し、「女性に対する
暴力とは、肉体的、精神的、性的、心理的な損害や苦痛を生じさせる性別に基づくあ
らゆる暴力行為」と定義しました。
暴力を、
(1)家庭内での暴力(近親姦、DV、結婚持参金に係わる暴力など)
(2)一般社会の中での暴力(人身売買、買売春、セクシュアル・ハ スメント、レイ
プ、痴漢、ストーカー行為、ポルノ、女性に有害な伝統的慣行など)
(3)国家による暴力(拘束中や武力紛争下での女性への暴力など)
の3つに分類し、その暴力を撤廃するために必要な措置を勧告して ます。

性暴力ということばは、ジェンダーに基づく暴力、男性から女性への暴力は性的なも
のになる傾向があるということを認めた用語とされています。性暴力は、男性に対す
る性の侵害も含まれますが、性に基づく差別の一形態であり、女性の能力の発揮を阻
害し、人間としての尊厳を侵害する力の行使です。主に女性に対して行使されている
のが現状です。

性暴力で最も多いレイプは、まったく見知らぬ第三者によるものばかりではなく、親
しい知人関係、親子、夫婦間でもひんぱんに起きています。またこれらは密室、プラ
イベートな空間で起こるため、被害が潜在化する傾向を持っています。レイプは、被
害女性に肉体的のみならず、精神的打撃を与えるものであり、重大な犯罪です。
しかも、被害女性が公的機関に相談をしたり、捜査機関に親告(レイプは親告罪)す
ることによって、二次的な苦痛(セカンド・レイプ)を受けてしまうことが多くあり
ます。メディアの報道による周囲の目や、当の加害男性よりも被害女性を非難する偏
見で傷つくことも少なくありません。そのために、司法制度の改善も求められていま
す。

75 :渚 水帆(作家):2006/06/01(木) 09:44:08 ID:ILOZa5FE
3893.夢見る冷蔵庫 返信 引用

名前:渚 水帆 日付:6月1日(木) 9時36分

ダ・ヴィンチに連載されていた岩井志麻子さんの著書「出口のない楽園」
短篇集の中の渚 水帆がモデルでは?と騒動になった「夢見る冷蔵庫」の
ラストに冷蔵庫に閉じ込められた野辺の白百合をこと渚のマミーです♪

年はとってますけど、綺麗でしょ!!?

↓画像は下
http://jpdo.com/a/cgi21/236/joyful.cgi




76 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 22:58:03 ID:3UWW1v5z
>67 
母子相姦なんて寿行作品にあったっけ?
まぁ、年頃の女が自分を犯した男に脅されて、「ぼうやさま!」とか叫びながら
少年と騎上位でファックしたのもあったぐらいだから、別にあっても不思議ではないが。

77 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 23:29:28 ID:61SdV4eM
全盛期を過ぎた頃の作品で(だんだんHに変態行為が混じるようになってきた)
確かにあったよ。それが主題ではなかったが

78 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 14:29:31 ID:2EAh6YTc
>>76
鉛の法廷

79 :名無しのオプ:2006/06/04(日) 00:41:14 ID:1cZ/fO3I
>>76
出た!
「ぼうやさま!」w

80 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 15:55:27 ID:s2iKonP/
少年様の男根様!

81 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 23:03:52 ID:ADvC6gFp
また変態大集合だな(w

82 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 23:14:13 ID:bJcRlv2t
「少年様の男根様」じゃなかったっけ?

83 :名無しのオプ:2006/06/06(火) 09:03:35 ID:oksS2bXA
福岡のKBCラジオのアナウンサーが
たまに旦那様男根様と生放送で口走ってた事を思いだす。
その日とけっこう仮面も好きみたいでした

84 :名無しのオプ:2006/06/06(火) 22:16:53 ID:T7f5x0ky
やっぱりスレタイが駄目だね。

85 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 00:14:46 ID:oWT38lPC
レグルス号絡みの作品のキャッチコピーあたりから取ればカコイイすれたいに
なっただろうに。

86 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 21:31:01 ID:kU9BwAhW
まだ、寒いレスが続いてますね。
たぶん女性かな。

87 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 00:10:58 ID:rWNelSNB
女性の感性ならもっと鋭いことを書くよ。

寿行文学もスレもわかってない連中だよ。

88 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 02:06:43 ID:2dkgcWRt
>>86
うっせーよハゲ。
手めーが盛りあげ屋がれ。

89 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 09:27:15 ID:0Fwy4C3n

盛 り 上 が っ て ま い り ま し た !

90 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 15:50:43 ID:xaQQ40Nh
昔同棲してた女が寿行読んでる途中に股間触ったらヌルヌルになってたな・・・。

91 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 23:25:57 ID:jO0hjhh0
杉宗はしきりに香江の身体を求めた。はげしすぎる肉欲だった。
夜に求め、朝に求め、昼間も抱いた

92 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 23:45:55 ID:qk/EXLoZ
一日中抱いていたい程のいい女は、現実にはなかなかいない

93 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 23:51:34 ID:xaQQ40Nh
>>92は目を閉じていた。
脳裡に醜老人の貌が懸かっている。
ひどい矮男(こおとこ)だ。
凹(くぼ)んだ眸が左右ちぐはぐについている。
その眸にはどんよりと澱んだ沼が浮かんでいる。
物がみえる眸にはみえない。
しかし、それだけに淵は底無しに深い気がする。
その眸が>>92をみている。
妖怪めと、>>92は胸中につぶやいた。

94 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 03:44:59 ID:co/JpRR8
最近ほんとたまたま「魔笛が聞こえる」って本を読んだんだけど、
最初の部分が恐ろしいくらい、秋田の小学生の殺人事件と似ててびびった。
分かる人いる?

95 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 12:12:18 ID:F65ah0ua
>>90
マジでか!

96 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 19:51:50 ID:Yj572E2T
叩かれて尻を差し出している屈辱が炎を呼びつつあった

97 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 20:48:07 ID:try+TY1w
俺が小4の時に父親の本棚にあった「鯱シリーズ」
を読み漁ったのが作者との出会いでした。

98 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 00:21:30 ID:/E29Mjpr
鯱シリーズってたしか超能力モノだよな。
読んだことないけどAKIRAとかと同じくらい面白いなら読んでみたいけど
実際どう?超能力がバンバン出てくる?

99 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 01:10:57 ID:iO25UNKY
しかし必ず出てくる白い尻(w

100 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 01:13:57 ID:OGcFUv4L
超能力といっても、主に思念で動物と交信するのが多かったと思う。
動物好きの西村さんならではだな。

101 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 01:55:20 ID:s/K1dwL2
そろそろ眠たいから節瘤だらけの松丸太でシコテから寝るか・・・。

102 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 20:52:07 ID:J/sBQnmd
>>101
いよっ、雷四郎!wwwwwwww

103 :名無しのオプ:2006/06/15(木) 21:20:31 ID:UUbwmEq4
「ダヴィンチコード」
字幕版は初めて見てきたよ。「とても英語慣れしているとは思えない酷い英語」
でしゃべっているオドレイ・トトゥ演じるヒロインの捜査官が、祖父を殺された
怒りをぶつけるシーン見てひさしぶりに麻紀子サマを思い出して(;´Д`)ハァハァ
してしまいました。
ではまた。

104 :名無しのオプ:2006/06/15(木) 22:22:05 ID:AzvsaBRw
俺はギター弾きまくりだけど寿行は好き。
この矛盾どうするべきか。

105 :名無しのオプ:2006/06/15(木) 23:03:36 ID:IZNDqzSS
そういや寿行作品には音楽的要素は何も無いな
歌手のことは「歌うたい」と呼んでバカにしているようだが

106 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 09:17:49 ID:LdJ+bphb
中郷がスペインだかの森の中で、酒喰らって節も歌詞もデタラメな軍歌をわめいてたくらいか

107 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 12:29:33 ID:7SuCd+BV
「鬼」の吟詠は?

108 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 22:40:50 ID:1eAsvG/2
万葉集語っちゃうからなあ。歌うより先に。

酒を飲んでもこぶしを回すより拳を振るってしまう奴らばかりなので。

109 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 03:32:02 ID:y5VjnzXy
レイプ輪姦白い尻

110 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 12:22:00 ID:HUiMJRht
『石塊のマチ』を読んだ。暗く重かった。

111 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 22:11:42 ID:gUTmdcO+
バーボソ 冒険 無頼者

112 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 09:24:05 ID:11LsDtsz
ヘリコ
D機関
焼酎

113 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 19:47:24 ID:3aRCLxjr
その展開やめれwwwwwwwwww

114 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 15:12:20 ID:eQxFSoxD
金髪 黒人 ニガーさま

115 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 19:54:53 ID:P41lNX/q
ああ、ジャップさまぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

116 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 23:12:54 ID:DA/1g0MI
エロネタではなく、きちんと寿行作品を語りましょう。

このひと、謀略機関をからめるのが多いですね。
襤褸の詩では、D機関、X機関、V局、などが登場。
詳しく内情を描いてはいないが、それなりに描き分けられている。

特にV局が出色ですね。
雪琴をリーダーとする6名の局員。
中部山岳地帯を舞台に活躍します。


春琴は村のたくましい若者たち数十人の共同妻になった。
春琴は四つんばいになっていた。
○根に入念にお仕えしたあと、石なみに硬いのが入ってきた。
あなた!と叫んだ。

突いて!突いて!突いて!
おとこ様!おとこ様!おとこ様!


117 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 23:30:09 ID:CNdeicrb
>>116
作品名はなに?

118 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 23:37:20 ID:pcOVMJfS
うはwwww
こんなスレあったんだwwww
今まさに読み返してるとこ。
伊造親分ワロス


119 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 23:43:32 ID:5uGx+PqG
>>116
ちょwwおまwwwwwwwww
そのクォリティてwwwwwww

120 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 23:48:33 ID:5Ya15/F2
>>116
>エロネタではなく、きちんと寿行作品を語りましょう。


>突いて!突いて!突いて!
>おとこ様!おとこ様!おとこ様




w

121 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 09:11:49 ID:jNXGNU+f
人妻 強盗 後背位

122 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 21:17:30 ID:ralwNeOH
男が背後に立った
ジーパンとパンティを引きずり下ろされた

123 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 16:00:36 ID:h11CSuFO
伊能 中郷 ムシンバズ

124 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 18:28:47 ID:3hqCq31D
俺のピクシーまじで竜王すら倒せる。

125 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 22:55:31 ID:EhsuDRao
仙波 時成 峰 タバコ 地図 船

126 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 00:42:08 ID:FRGtdsxg
人妻







ジーパン


127 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 01:21:11 ID:GuPoW56Z
>>123
名前並べてるだけじゃんwwww

128 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 09:35:34 ID:5IFflOwA
マリア スーザン ジュディ-紀魅

129 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 10:17:49 ID:7vOifhzW
ナイフで ダンコン 斬りつける

130 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 14:33:45 ID:Ehu3So15
ボトルを 食らって ふて寝する

131 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 21:06:47 ID:KfLhoWJo
寿行作品のヒロイン候補、続々決定!
http://www.tbs.co.jp/just/model/model4.html

132 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 22:44:14 ID:jwE5N6jJ
これまで映像で寿行ヒロインを演じた人たち

中野良子 1976映画『君よ憤怒の河を渡れ』
酒井和歌子 1978 映画『犬笛』
竹下景子  1978 映画『犬笛』
島田陽子(楊子) 1979 映画『黄金の犬』
浅野温子  1982 映画『化石の荒野』
かたせ梨乃 2001テレビ 『黄金の犬』

133 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 23:36:21 ID:/Lu/9X7s
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%AF%BF%E8%A1%8C

134 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 00:16:46 ID:BcmGWNi0
>>132
まぁ最近の若手タレントのガキやジャリ女優には無理だろうな
品が無いし


135 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 22:27:51 ID:zqTGlfN7
このスレ年代高杉(w

136 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 23:56:18 ID:74hdzX+e
股ぐらに 入れ墨彫られて 性奴隷

137 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 00:54:46 ID:tWah0El2
高年齢 変態度数も 桁外れ

138 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 01:10:17 ID:z6P+Ycv5
 でかちんで 裂ける思いに 喜び目覚め
 立て続け 見られ恥ずかし 絶頂に震え

139 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 01:11:39 ID:tWah0El2
ageないで 変態どもの 憩いの場

140 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 12:40:11 ID:F25Yai2Z
清楚ながら不倫してしまう人妻役に
松島奈々子を。

141 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 15:38:33 ID:B8SJDjs5
>>139
ワロッシュww

142 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 22:49:53 ID:jELKZjPQ
中野良子
>実をいうと中国の40歳以上の人で彼女を知らない人はいないそうである。
25年前に中国で公開された高倉健と共に出演した映画『君よ、憤怒の河を渉れ』
(中国名/『追捕』)のヒロインとして絶大な人気を誇っていたらしい。 翌日41歳
の顧先生にそのことを話すと実はその映画は中国で初めて公開された日本の映画
だそうで、当時まだ解禁されてなかった“キスシーン”が入っていて、映画館
ではそのキスシーンになると映写機の明かりが消されたんだそうな。

143 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 23:44:26 ID:v/UqJEY9
>>136=京子

144 :名無しのオプ:2006/06/25(日) 01:20:20 ID:WhAAkn9A
股ぐらに 大蛇が出てきて こんにちわ


145 :名無しのオプ:2006/06/25(日) 10:44:34 ID:454E1Yfy
弘兼憲史の『黄昏流星群』にも同じようなネタあったな
腰周りに蛇だったが

146 :名無しのオプ:2006/06/25(日) 15:45:34 ID:O4oFH/1T
>>67

そんな話あった??何て言う題名??

147 :名無しのオプ:2006/06/25(日) 15:46:25 ID:O4oFH/1T
あ、ごめん。スレよく読んだら出てた。
俺は死神が好きです。

148 :名無しのオプ:2006/06/25(日) 17:59:17 ID:X1wOyXM7
>>139
>ageないで 変態どもの 憩いの場

傑作!>>139に精巧奴隷1人くれてやって!!(w

149 :名無しのオプ:2006/06/25(日) 22:00:15 ID:8agxz0PO
山田優っていう奴エロい

150 :名無しのオプ:2006/06/26(月) 00:24:24 ID:siOgPjCx
>>149
ヤラレ女の役でよろ

151 :名無しのオプ:2006/06/26(月) 14:09:57 ID:7G1ZdgdT
エビチャンとか最近のセレブタレントには性の匂いがしないのは何故

152 :名無しのオプ:2006/06/26(月) 21:43:38 ID:McaeysoT
パンティーを履いてないから

153 :名無しのオプ:2006/06/26(月) 22:02:53 ID:tDJwbMp1
生活感がないから

154 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 01:34:40 ID:Ot0AMv3P
>>151
性の匂い以前に
品格が無い上、
中身空っぽ


155 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 05:31:09 ID:K7gm/DnJ
誘拐被害者の21歳は受講ヒロインとしてどう?
俺的には全然ダメなんだけど。


156 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 06:01:03 ID:vLEyHXwK
>>154
変態スレの住人のお前が品格を語るか

157 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 09:23:48 ID:yW9GdAqG
>>154
>>156



ww

158 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 19:11:43 ID:m3dWdPTQ
 田舎のビジネス旅館に滞在中である。客が残していったわずかの小説のなかに雷四郎が
でてくるのが残されていた。ひなびた宿で、読んでいる人の頭のなかにハードロマンの熱きうねりが
あったのだろう。胸を熱くし、股間も火照らせたに相違ない。
 しがない働き人の余興となったのであろう。こういう小説、ありだと思う。

159 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 20:50:01 ID:608FNVNQ
ハードロマンが熱くうねっている文章をうp

160 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 22:28:20 ID:G0RetjH7
誘拐被害者の21歳が成功奴隷にさ

161 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 22:59:12 ID:K7gm/DnJ
全裸で あおむけ 眸を閉じる

162 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 23:44:51 ID:eWQ0zHkF
ここだけの妄想・配役希望

土田明子先生/眞鍋かをり

キーワード・眼鏡美人

163 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 00:14:20 ID:+UuqUCLR
眞鍋かをり

品が無いから駄目w

164 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 14:25:01 ID:fxhkaskl
土田明子はむっちり系だな
被虐的なムッチリ美人
あと品格が必要
教授だし

165 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 19:26:26 ID:OoeH3OAl
 後ろ手に縛られていた。男たちは日本人ではないようであった。監禁されてずいぶんになる。
いまは部屋に、連中のなかのただひとりの日本人の男とふたりきりであった。
 「おめえの家、金持ちなんだってな。おめえも学生のくせに会社の役員やってるんだってな。」
 男が声をかけてきた。
 「うらやましいこったぜ、俺みたいな人間には。普段から食べてるものも違うんだろうな。」
 男はそう言いながらジーパンの尻を撫で回してきた。
 「いい匂いがするぜ、貴族の匂いってやつかよ。」男は彼女のジーンズの幅広のベルトをはずし、
 ジッパーをさげて開いた。花柄のパンティがあらわにされた。上着をたくしあげブラジャーをひきちぎり
 乳首を口に含み,歯で軽く噛んだりした。彼女は男の舌で乳首が勃起してくるのを感じていた。
  目を閉じ、耐えたが、体の反応を抑えれなかった。
 男はパンティを一気に剥ぎ取った、モデルやタレントとは違う手入れされてない茂みがあった。
 男の息遣いが荒くなっている。自身の衣服を脱ぎ捨てると彼女の脚を拡げさせ亀裂にあてがい、
 ゆっくりと侵入をしてきた。胸をもみしだいている。
 「お嬢さん、濡れてんじゃねえかよ。どうだ、俺の真珠は」
 体内で膨れあがって動くものに硬い異物の感触がある。ひとつだけではなかった。
粘膜のうえを動いている。意識がその感触で支配されはじめていた・・・

166 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 22:47:26 ID:qvmFt7kV
ageんなバカ、この変態!

167 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 23:12:42 ID:WAbkoiee
>165
スゲーw

168 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 11:30:35 ID:MqEyMyjd
>>165
娘さんのお母さんは整形外科医ですか

169 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 21:58:30 ID:EQ+sZGTd
まったく日本人はいつ頃から「成り上がり」「山だし」を「セレブ」と
言うようになったんだろう。
「プライド高い日本人はどんな小さなアパートもマンションと呼ぶ」
という故事を思い出す。

というわけで社長秘書にして一子相伝の継承者でありながら26まで
守り通した純潔を家族知人の敵にわざわざ捧げにやってきた絶世の
美女を我々は断固として(略

170 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 22:49:37 ID:vFvR2mzT
某公共放送局に入社したものの
私の好きな『馬鳴神』『魂魄さながら幽鬼なり』の映像化の企画を
まだ上司に言い出せずにいる

171 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 23:08:09 ID:UWABUSvo
寿行:これまで行動するときには後先を考えずにやってきた。臆病なままでは生きていけない
   からだ。ヤクザの事務所に単身で怒鳴り込んだこともある。足も震え、声も震えていた。
   しかし怒鳴り込んだ。(地獄)

172 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 01:31:08 ID:sBz/q0lW
断じて言おう、そして何度でも言おう

あんな品も知性も感じられない親子が寿行のヒロインたる訳がないと…


173 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 02:08:28 ID:Y3rqpD/Z
ヤラレ女の役なら桶

174 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 09:19:33 ID:vgnAapeg
目立ちたがり屋の成金馬鹿女がレイプされてもねえ・・・
もっとこう品格が必要だな

175 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 09:51:13 ID:ZahwcXIf
数合わせは必要でし?

>>174
ageんな。

176 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 14:54:57 ID:wo0TCSK0
 女子大生を拉致した一味のなかに大陸のかの国の工作員とつながりのあるものがいる。
公安がもたらした情報は戦慄すべきものであった。たしかに拉致の強引さ、大胆さにそう思わせるところがある。
  大陸の半島と日本は緊張状態にある。

 女子大生が捕らえられているマンションのドアのところで捜査員はもういちどオートマチック拳銃の弾をたしかめた。
 サイレンサーを装着している。むろん警察の正式拳銃ではなかった。かすかな音をたて開錠すると
捜査員二人は互いにうなづき、そして一気に突入した。
 居間を走りぬけ、奥の部屋へと踏み込んだ。光景が凍りついた。
 若い女は這わされていた。その尻を男が抱えている。ふたりとも全裸であった。
互いの生殖器は接合されていた。
 「な、なんだ、おまえらは」男が叫んだ。日本語だ、目指す男ではない。
 男の額に穴が穿たれるのと、発砲とが同時であった。男は絶命した。
 男が仰向けにたおれ、すぽんと間の抜けた音がして女の体から抜けた。
 「もう大丈夫だ」声をかけたが、女は驚愕に声もだせないでいる。
 「あ、あれ」捜査員が写真をとりだし見比べた。
 「あ、あ間違えた。この部屋じゃなかった。」
 放心しへたりこんでいる女をみおろして捜査員は途方にくれた。
 超法規的活動だ。おんなは殺さなくてはならなかった。
  目当ての男は不具にしても生け捕る。女子大生は死んでもかまわない。
 むしろそのほうが国民感情を喚起しやすくもなる。それが。最初からのシナリオであった。
 いずれにしても今度こそ生死をかけた突入をしなければならぬ。二人とも緊張の限界にある。
 女に拳銃をつきつけ、手錠をはめた。ふたりは女の面長な顔と写真とをくらべた。
  こちらのほうが数段によい、極上の女であった。
 ふたりはズボンを脱いだ。嵐の前の宴の始まりであった・・・

177 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:25:17 ID:8EksTG8I
20代後半→30代で寿行ヒロインが似合いそうな上品な女優

大河内奈々子
京野ことみ
国分佐智子
小雪
高岡早紀
田中美里
つぐみ
原紗知絵
三浦理恵子
椋木美羽
(五十音順)

・茶髪よりも黒髪が似合う
・瞳が大きく笑顔が素敵
・気品で知的であること
これらの条件を満たしている女優さんは、上記の十名の方かと
思う。グラビアアイドルには出せない品格を持っておられる。

178 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:28:37 ID:8EksTG8I
スマン、連投だ

原紗知絵→原沙知絵


179 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 00:10:47 ID:m4/JklS3
>>176
つ、続きを。。。

180 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 04:32:07 ID:wQ8gScGL
真性の変態どもの巣

181 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 20:32:02 ID:T2pjvRxf
ageんなバカ

182 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 00:19:19 ID:p/SCNxV2
「あ、あ間違えた。この部屋じゃなかった。」 が妙にリアルだな・・・。
実際には男の部屋だったらしいが。

183 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 14:29:15 ID:QWog2zNJ
おい変態どもいい加減にしろよ
エロ小説板に行けよ

184 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 17:31:58 ID:ileSeWZD
いいじゃん別にファンのスレッドなんだし。
ただ、こういう>>176余計な書き込みは不要だけど・・・。

185 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 19:54:17 ID:7IRypO9A
>>184
このスレの内容のどこが「ミステリー」なんだよ?

186 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 02:03:08 ID:FC60yqyT
ageんなバカ

187 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 14:41:18 ID:ovR4k/pX
レイプ輪姦

188 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 20:15:38 ID:xLbOXhd8
妙に熱く批判している奴がいるが、
気に入らなければ無視すればいいだけなんじゃ…?

189 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 21:23:38 ID:weTNReRv
寿行作品といえば、

孤立しながらも戦う男。
誇り高き孤高の老人。
凛とした女性。

古武術。

国際的な謀略機関。
海外からの密輸ルート(コリアンコネクションなど、実にタイムリーである)。

公安機関。
警察や政府内部の暗闘。

そして欠かせないのが、






豊かな乳。


190 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 23:17:28 ID:Zfq/eoR1
そして…










人妻

ジーパン


191 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 01:10:08 ID:YHkALLPx
バーボン
ハム
煙草

192 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 17:19:25 ID:INTmRSNb
ジョニ黒
真白い肌
ああと、声を発した

193 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:14:06 ID:P7aX07E1
バルビツール酸系
女さまのおしりさま
ヘリコ


194 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:26:43 ID:xCM7/SCn
誇り高き孤高の老人は本当に魅力的だよね。右川博士とか。
「講義に出ても機嫌が悪ければずっと黙っている」なんてホントかよw
他にこんなキャラ描ける作家っているかな?

凛とした知性的な女性が意志を失い、ああっ、となるのもまた(ry

195 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:39:08 ID:eKiA1WCw
おぬし
たわけたことを
わしの嫁にする

196 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 00:12:03 ID:mJDge/DL
さて、錫杖を振り回す練習でもするか

197 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 00:18:08 ID:Vs87whzK
おとこ様
男根様

198 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 00:25:59 ID:aIVMqgdG
ほら穴
乞食
裂け目

199 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 09:16:27 ID:hqeHULYO
異常性欲者の巣窟

200 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 09:40:18 ID:7jSlEkvp
ageんなバカ

201 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 21:31:28 ID:QkAzTqeG
犯罪者予備軍の集い

202 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 21:57:01 ID:1IT6AiLf
ここんとこ、押し入れの奥から漏れの秘蔵の寿行文庫を取り出して読んでいる。
久しぶりだがやはり面白い。
どれも奥付にそれぞれ10年前、20年前あたりの「読了」の書き込みがある。

10年ごとに寿行を読み返して過ぎていく漏れの人生・・・・

203 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 22:16:55 ID:QkAzTqeG
>>202
変態の人生ですね!

204 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 23:56:49 ID:69ppfjof
伊東美咲(広美役):子供たちを助けて!私の身体をあげるから、お願い!

205 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 02:13:04 ID:H2aOHoSM
>>204 はい、喜んで!


206 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 14:33:38 ID:OC4g4awT
この人の作品でお勧め三つくらい教えて。

207 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 15:35:01 ID:N8mU68sL
 汝、怒りもて報いよ  短気の弁護士の妻が邪教集団にさらわれる。寿行先生はヒロイン京子さんが憎いのか
            これでもかというくらいに執拗に辱めます。弁護士は怒り狂いますが、捕まって折檻攻めにあいます。

 牙城を撃て      暴力団の麻薬ルートを追う刑事。暴力団に捕らわれ報復を誓い、警察組織からもはずれ個人行動で
            追い詰めてゆきます。汝・・の前に書かれたので、ヒロイン純子さんへの陵辱は寿行先生、少し控えめです。
            極限まで使われているはずなのに、その描写はありません。
            サービス過剰でないぶん、無駄がないとでもいいましょうか

 峠の鬼        このスレでの人気作。棒術を使う闘うヒロインで、おびえっぱなしの人妻ではありません。
             ただし、僕個人は未読です。

208 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 16:01:44 ID:b7QHn4lp
黄金の犬だろ
これを3回読んでもいいぐらいだ

209 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 16:31:10 ID:hZ8PvCUR
「汝、怒りをもて報いよ」は、スポーツ新聞に連載されていたせいか
 サービス過剰だ、と解説にあったね。

210 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 18:41:39 ID:0d56/8n2
オレのお勧めは
1.「往きてまた還らず」
テロリスト系でいちばんおもろい。

2.「滅びの笛」&「滅びの宴」
最強パニック小説。

3.「峠に棲む鬼」
エロ系最強。

211 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 19:18:56 ID:RR4EGwer
>210
俺が書き込んだのかとびびったぞ(・w・)
じゃ傍流だけど好きな3本
1.梓弓執りて
2.垰
3.炎の大地
切ない読了感のせいか、何度も読み返してしまう。


212 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 20:16:26 ID:CSG26FRt
じゃあ、俺も好きな3本を

1.魔の牙
  滅びたはずの日本狼の群れが嵐の山荘を襲う、というシチュにまず震えた。
  エロなしでいいから映像化して欲しいと思った。
2.闇に潜みしは誰ぞ
  トレジャーハンティング+バイオレンスでコレを越えるものは無いだろう。
  読後のカタルシスはかなり高いと思う。
3.晩秋の陽の炎ゆ
  男色がこんなにエロいとは思わなかった、ヤバイ気分になる1本。
  今読むと、帰雲がツンデレで可愛らしい。
  

213 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 22:01:49 ID:8F7c5A4p
・捜神鬼
   中学・高校の国語の教科書に載せてしかるべき、心暖まる短編。
・症候群
   打って変わって衝撃的な作品。子供に読ませてはいけません。
・人間の十字路
   あっけなく殺されてしまう静岡の高校生が気の毒なので…。

214 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 22:12:27 ID:WmxSG5iE
ここの住人に比べていまさら書き込むほどの深さは俺にはないと知りつつ
やはりこの三作は名前を挙げないと今までの人生に嘘をついたことになる。

1.峠に棲む鬼     ガキだった俺には何もかも衝撃だった。
2.梓弓執りて     年をとってくるとこの作品がいちいち利いてくる…
3.闇に潜みしは誰ぞ  主人公達のバカさ加減はこの辺りが心地よい


215 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 22:38:27 ID:9leSDoFI
癌病船とか頽れた神々も捨てがたいけど
とりあえず、人妻の私が選んだ三作はこれ

・蒼茫の大地滅ぶ
・無頼船
・垰

鯱は完結しないんだろうな……

216 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 23:20:35 ID:K3EARD57
>>207

>このスレでの人気作
笑った。

217 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 23:41:42 ID:41neMUzy
↑世の中にこんなに変態が居るのかとしばしボーゼン(^_^;)

218 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 00:05:39 ID:IRWfcFpV
劇団ひとり(通りすがりの男役):さあ、ガキを助けてやったぜ。やらせてもらえるんだろうな!?
伊東美咲(広美役):(黙ってジーパンとTシャツ、パンティを脱ぎ地面に横たわり、澄んだ瞳を男に向ける)

219 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 00:18:21 ID:8BZ2qHIf
まだ出てない作品から選ぶか
『怒りの白き都』→刺激的な小説。女性の強さ・男の弱さを明示する
         ハードな作品。これはミステリーの部類にも入ると思う
『わらの街』→ヒロイン志津タンが素敵!
『襤褸の詩』→出雲阿紫と郁子のレズシーンに感動。萌えた。
       「性交曼荼羅」って、凄い章題だ。

       

220 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 03:48:09 ID:sxxTrN+j
俺はザ・死神が一番好きです。

221 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 07:29:54 ID:oVVPqwH3
>220
タイムリーだな、今読み返したところだよ。
去勢が多くてカクブル。人妻達の淫猥さが恐ろしい程際立つ作品でした。
鬼女系が好きなんで、自分は『われは幻に棲む』を推しますね

222 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 09:19:04 ID:LArdWCHG
(σ・∀・)σビバ変態!222ゲシト!!

223 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 13:34:50 ID:eB28DXxX
陽は陰翳してぞゆく
が挙がってないな

224 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 13:41:27 ID:eB28DXxX
ついでに三作選んでいこう

・血の翳り  犯罪素因が遺伝するというショッキングな内容。祖先へ遡る描写がいい。エロもいい。
・峠     文句なしの叙情性。寿行節が冴え渡っている。エロ少なめ。
・闇の法廷  要するに必殺仕置人なんだが、寿行の描く悪人は本当に容赦なく悪人。エロあり。

つーか他にも霖雨の時計台、滅びの宴、蒼茫の大地滅ぶ、君よ憤怒の河を渡れ、
去りなんいざ狂人の街を などなど名作多いんだよな。

225 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 13:51:30 ID:0IzH5+l3
炎の大地を挙げてる人がいるとは。
あなどり難い住人が多いな、ここ

226 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:09:01 ID:NaON9zpm
雷四郎シリーズもっと書いて欲しかったな

227 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 18:34:17 ID:oVQ8qRf8
秘書に背かれてやる気を失いアル中が悪化、がんになってフェードアウトしてるんだったけ?
最後に書籍化されたのは何になるんだろうか

228 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 20:50:24 ID:BBEDH0CV
秘所って真砂のことか?

229 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 00:34:19 ID:hoo+u/N8
何故最強の小説『地獄』が挙がらぬ?

230 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 00:41:01 ID:vgcTbzly
>>228
真砂てお前wwwwwwwwwww

231 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 11:14:14 ID:LZTJN0XJ
>>227
なんだったか、それを書いた自叙伝っぽいのを収めた短編集があったな。>秘書裏切り
読んで、「えっ?そんなことになってたの!」と驚いた

232 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 15:43:33 ID:LHZ4Feiu
秘書兼愛人に裏切られたらそりゃ凹む
秘書としては有能だったが愛人としてはもっと有能だった、とか書いてたな

233 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 22:50:49 ID:38g7CKYO
ヘリコ
クルーザー
軽機、、、じゃね?

234 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 01:28:28 ID:FPaqsr8A
寿行はついに雑種犬にまたがって戦う男が書けなかった

235 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 02:21:29 ID:/kWNLGyf
男色
狼犬
暴力団

236 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 14:50:14 ID:ZsBh61CL
爪切り
ロープ
山小屋
重水
眼鏡
ジーパン

237 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 16:05:50 ID:Q9HhdH+u
人妻



238 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 19:39:15 ID:yrHQxEFK
寿行イズム

理論的指導者になるのは女に多い。それも醜女と決まっていた。
醜い女は本能的に社会に不安を嗅ぎとる。
男を得られず、未来に夢を描けないことを悟る。
それだけ、理論的には先鋭になる。理論で武装する。
その武装で男たちを膝下に押さえようとする。
出発点と到達点が決まっているのだった。
(「鬼女哀し」より)

239 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 19:42:10 ID:yrHQxEFK
寿行イズムその2

女の性器といったが、女の性器は尊い。
乳房も尻も足も、女のすべてが、男には尊いのだ。
ただし、美しい女のな
美しい女でも例外はある。
精神がねじ曲がっている女の体は、男にはさほど尊くない。
ブス女も、同様だ。
(同じく「鬼女哀し」より)

240 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 19:43:39 ID:yrHQxEFK
すまん上げちゃった。

241 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 19:47:02 ID:rAAYS4PP
どんどん上げろよ

242 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 19:49:35 ID:85DdEb4T
>>238
ここ数年TVをあまり見てないから記憶が曖昧なんだが
それって、法政の講師だか教授だかの女の人のこと?
TVタックル?とかに出てた

243 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 21:03:40 ID:/kWNLGyf
田嶋とか特定のアレじゃねえだろ(w

244 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 21:15:26 ID:xX5rUPNB
>>242
鬼女哀しはルックスからいって永田洋子(連合赤軍)がモデルと思う。
大菩薩峠とか妙義山山岳ベースのリンチとかあさま山荘事件とか。

重信房子(日本赤軍)も指導者だったが、醜女でなない。結構凛
として美しい感じだった。こっちを題材にして1本書いてほしかった。

TVタックルは田嶋陽子。当時は有名じゃなかったし活動家でもない。

245 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 21:20:18 ID:etSOmDt5
重信房子の娘は寿行ヒロイン的美人

246 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 00:45:02 ID:ji66F8EN
年代高杉だオメーラw

247 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 15:24:15 ID:Nec1xvIs
変態高齢者スレ

248 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 22:31:35 ID:taqUSWNk
乗り遅れましたが、
・「魔の牙」
・「呑舟の魚」
・「風は凄愴」
高校生だった自分を打ちのめしてくれた寿行作品でした。

249 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 01:29:01 ID:C5bs/Bue
魔の牙 [少女向け:コミックセット] (新書)
渡辺ユウ・西村寿行

これ読んだ人いますか?

250 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 13:10:15 ID:7/mmVTGM
うお!そんなの出てんの!?読みてー

251 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 15:42:59 ID:b6Awp5AE
さきほど西村寿行原作のドラマ「清里高原神隠し」をみたんだが。UFOとか異星人とか超能力者とか出てきて面白かった。
原作も読みたくなったんだけど、検索だけじゃ情報があまり見つからない。
短編集にでも収録されてるのかな?原作のタイトルは『神さまの死骸』、出版社は分からない。
ストーリーはこういうの↓
ttp://www.tbs.co.jp/tbs-ch/lineup/d0626.html
何か知ってることがあったら教えてください。

252 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 18:56:05 ID:VuUQ3Ozq
久々に新しいネタだっ!(w

253 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 23:21:46 ID:V2gZczy6
>>251
人妻が宇宙人にレイプされるのか

254 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 00:16:13 ID:V0zQQjh3
神さまの死骸、は確か短編
251のストーリーは相当脚色している。ぜんぜん違う
UFOや異星人はおろか、人妻もジーパンも出てこない。
超能力者の小さい女の子がいろいろ奇跡を起こす、ってな話

255 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 01:37:53 ID:GY0gkIAz
(゚听)ナンダツマンネ

256 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 20:57:33 ID:dHorpM/z
無頼船の新刊まだ?

257 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 22:31:49 ID:1HpRvlOc
>>255
期待させてすみません(^^;
>>254
情報ありがとうございました。

原作にUFOや宇宙人がでないなら、諦めもつくw

258 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 23:03:11 ID:GY0gkIAz
射精(しゃせい)とは、男性器から精液を放出すること。通常は性的な刺激に対する反射として
起こる。ただし、睡眠中に自然に起きることもあり、そのような場合は夢精と呼ばれて区別される。
前立腺のマッサージによって起こったり、稀ではあるが前立腺の疾患が原因で引き起こされることも
ある。
射精の過程は大きく分けて二つの段階からなり、精液が尿道前立腺部に集められる過程
(エミッション)と、精液が尿道を経由して外尿道口から放出される過程(エジャキュレーション)
とに分けられる。通常射精と呼んでいるのは後者を指すものである。
性的な興奮が高まると、精巣上体(副睾丸)尾部に蓄えられていた精子は少量の分泌液とともに
精管の蠕動運動によって精管末端部にある精管膨大部まで順次運ばれ、精子はここで射精の瞬間まで
待機する。
性的な興奮が頂点に達する(オーガズム)と大脳から脊髄にある射精中枢に指令が送られ、膀胱
括約筋が固く収縮するとともに前立腺液が尿道前立腺部に排出され、精管膨大部に蓄えられていた
精子も射精管を通って尿道前立腺部に押し出される。この過程がエミッションである。このとき膀胱の
出口は固く閉じられているので精液が膀胱に逆流することはない。一方、尿道括約筋も固く収縮して
いるので精液は行き場を失い前立腺内で圧力が非常に高まる。これがいわゆる射精直前の感覚である。

259 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 22:51:20 ID:tIG4a2o8
( ゚д゚)......

260 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 07:19:17 ID:VQ4qMHrn
無法者の独立峠を読んでる。
これって、幽霊が書いてるみたいだ

261 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 00:34:12 ID:l4T43BLo
17 :名無しさん@恐縮です :2006/07/15(土) 18:43:03 ID:ezOIv8De0
>向井亜紀は若い頃Gパンばっか穿いてるからこうなる(不妊)んだよな。

本当か? (((( ;゚Д゚))))

262 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 10:32:02 ID:eR2s1VwK
杉本彩は今時では数少なくなった寿行作品ヒロインになれそうな女優だとオモタ。

263 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 12:27:26 ID:LmJqlTyO
>251
「扉のない闇」に初収
ハードカバー、文庫ともに新潮社。(たぶん、もう古本でしか手に入らない)
ノベルス版はなし。
他の短編集に再録されているかは不明。

寿行はかつては短編も上手い作家だった。
「神様の死骸」も好きだけど、同じ短編集の「扉の彼方へ」などホラーとしても秀逸。
「双頭の蛇」に収録されている「狂った夏」の復讐方法なんて、
あんな発想は普通の人からは出てこないよな〜。
生き物小道具に使うと、犬や狼であれ、虫であれ、寿行の右に出るものはいない。

264 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 12:32:22 ID:U8enaXXx
みんな見識が深いなw

265 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 13:27:35 ID:Ps1bVceg
>>262
好き者過ぎ
淫乱過ぎ
下品
知性感じられず

よって却下

266 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 16:40:44 ID:0IS4u6f7
ヤラレ女の役で(ry

267 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 17:47:56 ID:xdTrTNte
>>265
料理は上手いみたいだから
キッチンでバックで犯される役んなんか良いと思うんだが

268 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 21:12:56 ID:MwoBugmQ
ソニンえろい。
ついにお宝動画ゲット^^

269 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 22:56:25 ID:VP83bR2i
『闇に潜みしは誰ぞ』希望配役

仙波直之・・・海東健
土田明子・・・山口紗弥加
時成東洋・・・杉本哲太
広尾恵子・・・椋木美羽
北川志乃・・・山田優
夏森和子・・・真木よう子
広尾志郎・・・荒川良々
野中賢一・・・竹中直人
牛窪親司・・・池田鉄洋
高科呑舟・・・豊川悦司
明野三恵・・・菅野美穂
峰武久・・・・伊原剛志

270 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 01:12:12 ID:sNTXRZ6A
オメーラ年代高杉なんだよww

271 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 10:29:25 ID:YaKKq2RH
AMC CJ-5 萌え

272 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 12:15:19 ID:OXru9/2U
土田明子こそが、眼鏡かなんかで知的にメイクアップした
杉本彩でいいんじゃないか?

273 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 14:40:51 ID:B3C8R+W6
>>263
お〜!!ありがとう!
んじゃ、古本屋で探してみる

274 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 00:18:52 ID:v6kj+r4g
wikipedia見ると、徳田刑事物も結構映像化されてるんだね。
(西郷輝彦というイメージでは無いが…田村高広は良いかも知れない)

275 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 03:28:08 ID:/4SOXaj7
エロく無いけどパロマ事故って西村寿行の短編っぽい…
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152967905/325

276 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 07:26:40 ID:on9MtQRn
両親が復讐の鬼と化して権力と闘うのか!

277 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 08:41:55 ID:tIS80or5
当然妻は拉致されて輪姦される
裸で首に縄を巻かれて崖から落とされそうになる
妻は恐怖のあまり失禁
以降自分から白い尻を差し出すようになる
「ああ・・・ご主人様・・・」

278 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 08:42:13 ID:gD6hNltN
できれば母親は性交奴隷に(ry

279 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 12:39:51 ID:8kI8LVRn
20年くらい前、寿行全盛期の頃、ヤングアダルト向けのコミック誌(名前忘れた)で、
西村寿行のオリジナル原作で「修羅」という劇画があった。
マンガ家名は忘れたけど、田辺節雄(滅びの笛の人ね)とさいとうたかををたして2で割ったようなタッチだった。
主人公は赤ん坊の時に猿に拉致されて育てられ、その後人間界に戻って、坊さんに修羅という名前を与えられる野生児(というか超人)。
やがておきまりのように、陸幕だかCIA、KGBだかの暗闘に巻き込まれる。
子供の頃ターザンになりたかったという寿行本人の願望のあらわれか?
結構、むちゃくちゃな展開だけど、寿行テイストは満載だった(エロも)。
雑誌自体が創刊から1年くらいで休刊になってしまい、最後は悲しいくらい間に合わせなラストだった。
単行本化もされていない上に、雑誌自体がものすごくマイナーだったから、幻の作品となってしまうのであろうな〜。
書き込んでいて少し思い出してきた。確か出版社は光文社だったような・・・・

280 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 14:12:39 ID:GfNXjJ8v
>>279
詳しく
誰か

281 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 16:46:42 ID:RM54kSbU
>やがておきまりのように、陸幕だかCIA、KGBだかの暗闘に巻き込まれる。

この展開大好きw

282 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 17:52:05 ID:8kI8LVRn
すまん、279だが、一部記憶違い。
猿に拉致される×→猿に両親を殺され、愛犬とともに猿殺しにのめりこむ○
だったかも・・・・少年の頃、鎌を持って木の間を飛び交って猿を殺しまくっていた映像を思い出してきた。
赤ん坊のとき坊主に助けられ、修羅と名付けられた?(これも自信はないのだが)
なにせ20年も前なので、記憶が・・・・

283 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 19:42:36 ID:GfNXjJ8v
人妻は出るの?

284 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 23:22:58 ID:on9MtQRn
ジョージ秋山のアシュラみたいだなw

285 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 10:30:40 ID:ieuvzKUi
人妻は記憶にないが、山で助けた女性記者がいて、
その記者が握った秘密かなにかで、ヤクザや諜報機関に拉致られて凌辱されていた。
いつもの寿行節。

286 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 13:21:59 ID:ttu3zhn+
>握った秘密かなにかで、ヤクザや諜報機関に拉致られて凌辱されていた。

この展開大好きw

287 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 16:26:19 ID:oRT2mDjv
>>285
20年前に1年で休刊した光文社の雑誌か…
てか1年続いて単行本出ないのおかしくね?

288 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 23:20:04 ID:tHJemEnV
いや、大手出版社の雑誌に掲載されても単行本にならないコミックなんていくらでもあるよ。
一冊にまとまる分量があっても。

289 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 00:32:26 ID:kvD94wQr
>270
自分大学生ですけど何か。

290 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 01:28:44 ID:y3rZMfo1

893
諜報機関
巨大権力

に拉致られて陵辱…


峠の鬼も最後は、ついに国家と警察相手に逃避行だったからなw


291 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 12:33:05 ID:VTTab7pc
発見!
ttp://www.geocities.jp/mandanatsusin/nihon012fr.htm

ttp://www.interq.or.jp/blue/junya/appleparadise/html/mags/kobunsya/mag-jc81.html

どうやら創刊は1981年だったらしい。
漫画家は竹中友
雑誌自体は1985年休刊となっているから4年間は続いていた。これは完全に記憶違い。ただ、修羅の連載はやはり1年間くらいだったと思う。
慌ただしく終わったから、休刊と同時だったと勘違いしていたが、人気がなくて打ち切りになったのかも。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった寿行を切るとは、編集者も恐いもの知らずだな。
あるいは、寿行自身がマンガという媒体に飽きたのか。

292 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 19:18:42 ID:gtG0EODQ
ジャストマガジンか

293 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 21:12:36 ID:OnutJOc4
女捜査官
覚 悟
愉しむ

294 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 21:38:12 ID:Qytk6p7h
「黄金の犬」の連載ってアサヒ芸能だったっけ?

そういえば「黄金の犬」の漫画版はどこの連載だったんだろ?

295 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 21:42:11 ID:qhVYLtET
主人公「男性経験は?」
女捜査官「恋人がいましたから」

こういう役は田丸麻紀だな!

296 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 22:39:24 ID:lM0Jp100
☆勝気で知性的な寿行ヒロインが似合いそうな方々
田丸麻紀
戸田奈穂
佐藤藍子
原沙知絵
山口紗弥加

★勝気で厳しい女王様が似合いそうな方
釈由美子

◎おしとやかで優しい寿行ヒロインが似合いそうな方
伊東美咲


297 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 00:27:50 ID:MWPoQu7S
>>294
書き下ろしじゃないの?

298 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 03:30:47 ID:gwutMXrI
女捜査官
人売組織
アラブ人

299 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 03:39:40 ID:eqt4eX0m
アラブ人
性交奴隷
フェラチオ


300 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 08:12:11 ID:K5oH7lab
栄光の23get

301 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 08:30:47 ID:vyUc+ACW
逢魔麻紀子は26get

302 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 12:31:14 ID:B96JnGQ0
このスレでは逢魔麻紀子が人気だが、折れ的には白骨紅も捨てがたい。
「白骨紅の指は魔術を秘めている」・・・んだぜ。
箸やペンを操って容易に敵を倒し、
凌辱にあえば、その指を使っておとこの・・・ウww


303 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 13:24:10 ID:MWPoQu7S
>>291
今国会図書館で読んだけど、前編完となってたが再開したの?
まだCIAもKGBも出てないし女性記者も凌辱されてないw

304 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 14:17:39 ID:7VmxYrsU
ジーパンしゃぶしゃぶ行きたい

305 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 16:00:03 ID:B96JnGQ0
>>303
前編完? どいうことだろう? 
前・後編があったのかな?
なんせ、20年以上も前の記憶にたよっているだけなんで・・・・

ちなみに前編完ってどんなラストだった?
オレの覚えているラストシーンは荒野を駈け去っていく主人公の後ろ姿だった気が・・・・



306 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 16:25:08 ID:MWPoQu7S
>>305
何か新聞で慌ただしく山上連合捜査とか議事堂バックに国がどうたら
とかあって主人公が去って行く感じだった
1年半ぐらい先までチェックしたけどなかったからあれきりだろうね
とりあえず女性記者が大蛇に服引き裂かれるとこと
拉致られた地質学者が犯されかかるとこをコピって来た

307 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 18:24:15 ID:B96JnGQ0
>>306
そうか。すまん。どうやらオレの記憶違いらしいな。
その後の、怒濤のような寿行エロスにオレの脳の記憶中枢も破壊されかけているのかも知れん。

それにしても、東京人は羨ましい。
オレは地方人だから、国会図書館やマンガ図書館みたいに便利なものがないので、
読み直したくても読み直せんのだ。
こんなことなら立ち読みなどでお茶を濁さず、ちゃんと買い揃えておくんだった。
単行本にまとまるとばっかり思っていたからな

308 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 02:13:30 ID:8196S+G1
マリア
ツワンボ
ムシンバズ

309 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 18:36:35 ID:zqynwa+j
2人暮らし会社員母娘が不明、鍵かけた自宅に血痕
岩手県洋野町種市、会社員上野紀子さん(52)と二女で会社員友紀さん(25)が自宅に血痕を残したまま行方不明に
なっていることが23日分かり、同県警捜査1課と久慈署は2人が事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査を始めた。
調べによると、22日午後1時30分ごろ、上野さんの親類から、「(上野さんと)連絡が取れず、家に行っても出てこ
ない」と久慈署に届け出があった。
同署員が上野さん方に駆け付けたところ、2人の姿はなく、1階の和室に血痕があった。室内には血痕をふいたような跡
もあった。上野さんと友紀さんは20日から勤務先の会社を無断欠勤しているという。
上野さんは友紀さんと2人暮らし。自宅は2階建てで、鍵はすべて施錠されていたという。

310 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 21:54:31 ID:Nx1aVsok
不謹慎だが、寿行作品なら友紀さんの夫が全裸で縛られたまま発見されているはずだ

311 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 23:15:18 ID:YYZWREAA
「西村寿行の本を読んで、犯罪を犯した」なんて奴はいたのだろうか?

312 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 02:26:02 ID:pHWcb0sE
>>309
「渚」シリーズの主人公、海保職員関守の妻も由紀(ゆき)で同音じゃなw
小説では今頃工作員のアジトで屈強な男達に(ry

313 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 03:04:19 ID:x3GEc3EG
竹島将『灼熱の女獣』
大薮春彦『非情の女豹』

314 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 04:00:11 ID:oDtM3k1j
>>311

>>1-310 & >>312-313

315 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 12:33:38 ID:NyjEB5Zh
>>311
銀行立て籠もり犯の某梅川は大藪と寿行を読み比べ、犯罪には前者の方が参考になると
評価していたようだ。
彼は犯行前にパゾリーニの「ソドムの市」も鑑賞していた。

316 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 13:00:10 ID:zFqLBGg1
寿行の描く犯罪者は、激情にかられて後先考えず包丁持って暴れ回る直情径行型が多いからな。(テロリストや闇の組織は別ね)計画犯罪の参考にはしにくいんじゃないか。
そもそも寿行バイオレンス型の犯罪者は小説なんて読まんだろう。
ミステリーを読んで計画犯罪を犯すのなら、それはむしろ本格ミステリー系の方じゃないのか。


317 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 13:33:04 ID:0icAsBEi
>311
地下鉄 塩素?硫酸?ガス

318 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 18:53:35 ID:7t3k/Blw
>銀行立て籠もり犯の某梅川は大藪と寿行を読み比べ、
>犯罪には前者の方が参考になると評価していたようだ。
通な意見だな。


319 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 19:37:37 ID:p7tAwSBy
映画『Tatoo 刺青あり』で主人公竹田(宇崎竜童)が本屋で
店主に「西村寿行、どうでっか?」と勧められたら、「エロが
多いしなあ」と答えていた。

店主の役を演ずるのは、寿行先生の親友原田芳雄

320 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 21:18:45 ID:csA0zrt3
>>319
新聞社会部の書いた梅川のノンフィクションにも
その会話が載ってた・・・(「西村寿行はエロっぽくて好かん。」)

321 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 21:43:42 ID:vhJeC9sn
伊達邦彦には痺れた!

322 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 22:13:40 ID:uWRRz2sV
懸想していた近所の美人妻の下着泥をやったくらいか(10年くらい前。時効)

323 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 23:28:18 ID:zFqLBGg1
>>317
オウムの地下鉄サリン事件のシチュは確かに「去りなん、いざ狂人の国を」に酷似しているが、麻原やその側近が寿行を愛読していたという話は聞かない。

ちなみに「去りなん」で使われたガスは、チクロンB(青酸ガス)。


324 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 01:47:45 ID:fWLK1Bpn
おまいらホントに詳しいなwww

325 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 20:35:37 ID:q1Iq8uKb
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、「勝目梓」作品投票中。

締切りは、平成18年7月28日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


326 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 02:18:56 ID:gXXjNFfL
勝目梓か・・・
寿行と系統が似ているンで、以前何冊か手を出したことはあったが、はまれなかったな。
寿行を知ってしまっているとなんかもの足りない。
エロもバイオレンスも、なんか中途半端な感じを受けてしまった。
確かにエロいし、バイオレンスもあるんだが、寿行のように突き抜けたものがない。
勝目梓に限らず、他のエロス&バイオレンス系の作家たちと読み比べると、寿行はやはり誰にも似ていない[オンリ−ワン]なのだと感じるよ。
そのへんの独特さは大薮の作品群に似ているかも知れない。

327 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 09:57:08 ID:iG8dnqb+
何でも言い切ってしまうところが寿行の凄さwwwwwwwwwwww

328 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 23:55:04 ID:7KQoc223
『清作の妻』(1965、映画)で、
人妻かね(若尾文子)の後ろ姿を
見た男の言葉、
「いい尻、しとるのう」

寿行を思い出してしまった

329 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 00:15:59 ID:Ll/2G4Cx
ウィキペディアで寿行氏の項目を、当スレ常連のナカーマで編集せん?

330 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 00:28:17 ID:ZGZLhPvu
また変態どもが生き生きとするような企画をw

331 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 01:50:17 ID:b7WAQ8Ez
生き生きとしてまいりました!

332 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 12:43:15 ID:Z++T5qa7
西村寿行と大薮春彦の仲が悪かった話は、このスレの住人には既出?
某出版社のパーティーで担当編集者に紹介され、寿行の趣味がクレー射撃なのを知った大薮が、自分の趣味のビックゲームハンティングのことを話し、その頃には生き物の狩猟から足を洗っていた寿行が不快感を表明したようだ。
それで会話がエキサイトし、どちらの銃の腕前が上か勝負しろ…と大薮が怒り出したらしい。
編集者が仲裁に入らなければ、あわや殴り合いの大ゲンカになるところだったそうだ。
それが最初で最後の顔合わせだったと、大薮の追悼エッセイに寿行が書いていた。
あの時ケンカしていれば、もう少しお互いの事が分かりあえたのかも知れないと言ってた。

333 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 13:23:13 ID:VgrT6DgQ
(σ´D`)σ 333get♪

334 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 13:37:12 ID:fEauEFEn
>>332
全然知らなかった、サンクス

335 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 15:18:47 ID:Z++T5qa7
寿行と大薮って同郷だし、文壇での独特な立ち位置から、よくライバル視されてたんだけど、意外に接点が少なかったのはそういうわけらしいね。

336 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 15:20:37 ID:yJCNH4Fs
2人ともCJ-5に乗ってたのか?

337 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 15:47:35 ID:Z++T5qa7
>>336
大薮はジープというよりスポーツカー指向だろ。
メカニックバカだし、F-1舞台にしたアスファルトの虎っていう作品あるし。
なにより主人公がみんな、フェラーリとかポルシェとか乗ってる。

338 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 22:09:47 ID:wwh9mFs0
332
そのエッセイで寿行は大藪作品を評して「彼の作品は読者という的を撃っているようなものだった」
みたいなこと書いてなかった? 確かにそうだな、と納得した記憶がある。

339 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 22:43:37 ID:ZGZLhPvu
大藪作品の映画化は成功したと言えるの?


340 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 23:40:54 ID:/PdwnreC
映画化で成功した例を知らない

341 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 00:26:44 ID:99uyZmCK
ドストエフスキー>西村寿行>トルストイ>>>>>>>>>>>>>

>>>>>>>>>>>>>>>>村上春樹>>>大薮春彦>川上宗薫

342 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 01:07:25 ID:v2fADAmU
>>341










343 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 10:25:32 ID:7W3cuV2+
>>339
蘇る金狼とか野獣死すべしとか、松田優作主演のものが有名だけど、あれは作品に対する評価というよりは、やっぱ優作という稀代のカリスマ演技者に対する支持熱なんだろうな…

ただ映画化に関しては寿行も恵まれてはいないね。これまでに寿行作品の持つスケール感を上手く表現できている作品はないと思う。化石の荒野の逃亡シーンで潜水艦がヘリになってたのを見た時には… 0TL
当時の日本映画のあれが限界だったのかな…

344 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 10:35:48 ID:edCFo0dh
ふたりの映像化作品でいうと、
化石の荒野のポスターだけは大傑作だった。
あとは優作の野獣死すべしの前半部分だけ

345 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 11:30:40 ID:7W3cuV2+
>>344
化石の荒野の、我がうらみ現在完了っていうキャッチはおれも好きだった。
それと主題歌…リメンバー、愛は血を流す…とかいうやつ。誰が歌ってたかも覚えてないが、当時レコードを買って繰り返し聞いてた。


先日、日本沈没を見たんだけど、あの映像クォリティで是非、(宴シリーズ)や(蒼茫の大地、滅ぶ)を映像化してくれないものかな。(往きてまた還らずでもいい…)
バイオレンスやエロにリミッタ−がかかってしまうのは仕方がないとしても、今の日本の特撮技術を持ってすれば、寿行のパニック作品の持つ壮大なスケール感をかなりの部分表現できると思う。

346 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 12:13:13 ID:rugpeiaj
「峠に棲む鬼」の麻紀子のアクションも十分表現できるよな。

そして荒れる冬の海にドイツの原子力潜水艦がドーンと出現。

映像化、今の技術なら可能なんだがなあ。惜しむらくは役者が
いないというタマの問題か…

347 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 12:40:52 ID:7W3cuV2+
それとスポンサーね。寿行ブームが再燃して、どこかの映画会社が金を出す気になんないと…

348 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 14:26:35 ID:7W3cuV2+
ごめん間違い
345<宴シリーズ×→滅びシリーズ○
(滅びの笛・滅びの宴ですた)

349 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 16:37:27 ID:v2fADAmU
某国営放送のエンスー野郎に期待すっか。

350 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:22:13 ID:jigOEZft
パイパンはどの作品にある?

351 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 05:08:18 ID:XOIg5esh
韓国発祥のカルト集団「摂理」が日本国内でも大学生らを勧誘し、うち一部の女性が教祖から性的暴行を
受けるなどの被害に遭っているとして、被害者救済に取り組む渡辺博弁護士(第2東京弁護士会)らは
29日、東京都内で会見し、準強姦(ごうかん)などの容疑で教祖や教団幹部の刑事告訴を検討している
ことを明らかにした。

352 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 10:00:54 ID:4dF/vfln
わが国のアニメマニアによるセックス教団はその後どうなった?

353 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 11:33:13 ID:5+sBjQc+
「教祖さまのために神聖にしておかなければならない私のお尻を、お乳を、太ももをよくも今まで、
こんな男(夫)が!」
みたいな作品があったな

354 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 21:13:02 ID:TsbRWMkt
女ってバカだね

355 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 12:47:50 ID:Yg+8ZuKP
寿行って、セックス教団の話、多く書いているようで少ないね。
そのものズバリは「汝、怒りもて酬いよ」くらい。

「去りなん…」は、宗教でなくエロ犯罪者のコミューンの話だし、「鬼が哭く谷」とかも、犯罪者の村の話でしょ。
「妖獣の村」とかも奇祭とかはでてくるけど、村びとが皆エロ犯罪者だったっていう話。ザ・デスもその変型バージョンだし… ほとんどが村ぐるみ、コミューンぐるみなどで犯罪を犯す話。
セックス教団の事件が起きる度に皆が寿行を思い起こすのは、それだけ「汝、怒りもて酬いよ」のイメージがそれだけ強烈だったってことかな。
セックス教団の話でいえば、新堂冬樹の「カリスマ」とかの方が、よっぽどリアルだし、エグいんだけどね。

それにしても寿行って、泥ボー村とか村ぐるみで性交奴隷を飼うとか、好きだなあ



356 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 19:17:52 ID:jZrGNYgn
このスレの住人も性交奴隷好きの変態

357 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 20:29:07 ID:ZFC6HCuk
>>355
そのものズバリのセックス教団描写ではないけれども、
『黄金の犬』で秋沼が礼子に、自分の男根を拝む
ことを強制する場面には、カルト的なムードがあると
思う。

358 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 01:15:50 ID:QdOdxg2k
しかし、皆よく細かいシーン覚えてるなw


359 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 01:24:32 ID:xpMkRBYs
おまいらみんな変態だ(w
犯罪だけは起こすなよ

360 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 04:06:16 ID:kfDbWEvl
>>355
「鉛の法廷」もそうだよ。
もう、そのまんまとしか言えない創○学会と池○に闇の法廷が戦い挑む。

しかしこれのエロパートも凄い!
老子の孫が少年征服する所。

「思い切って勇気だすのよ。さ、お尻を舐めてごらん」
差し出したお尻に幹雄は文里さんと叫んで、しがみついた。



361 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 12:28:58 ID:WjyOL+8N
>>360
すまん、そうだっけ?
おれは「鉛の法廷」あまり評価してないんだ。後半の市街戦の部分で完全に破たんしてしまったなという印象しか残ってない。だから、好きな作品は何回も読み返すんだけど、これは1回読んだっきり。

前作の「闇の法廷」は凄かったんだけど。
発表当時、ミステリ界の重鎮・佐野洋が、辛口エッセイ「推理日誌」の中で、
「私設法廷とは、欧米にも類を見ないアイデアで、世界的なものになる可能性を秘めた作品」と絶賛し、もしシリーズ化したら自分ならあれもやりたい、これもやりたいと、いろいろな展開ができることに言及して、先にやられてしまって残念と悔しがっていた。
ところが、そんな名作に成り得た設定も、寿行は続編の「鉛の法廷」でめちゃくちゃにぶっこわしてしまう。
寿行らしいといえば寿行らしいけどね。

362 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 14:18:36 ID:84fIrixZ
しょうがないよ脳に動脈瘤があるんだからw

363 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 14:19:25 ID:HuPqsSCj
>>361
ほんと後半は「鯱」シリーズはいってきて、それこそ「ヘリコ」wとかなっちゃうし
前作で、女房に逃げられて犬轢殺したダンプ運転手w裁いてたのとは大違い

一般の世の中には通説というか俗説あるじゃないですか。
田舎ー善 都会ー悪 若者ー悪 老人ー善 貧乏人ー善 金持ちー悪
そんなものを徹底的にぶっ壊す、というか端から頭にない先生は本当に凄い。

自分の一番好きな短編(中篇かな)は「二万時間の男」
悲惨としか言いようのない境遇に生まれた兄弟(であって夫婦になるしかなかった)が、
怖ろしい殺人鬼と化していく、哀しい物語。
文章も簡潔でありながら宝石のように美しい、もちろんエロも強烈w



364 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 20:26:49 ID:WjyOL+8N
好きな短編か…
頭に浮かぶ作品が多すぎて1本にしぼれないよ。
…っていうか、初期から全盛期にかけての寿行は、長編もそうだけど、短編もほとんど、読んで外れたと感じた記憶がないんだ。

初期の動物小説は別格として、凄いと思うのは、「神の岬」や「狂った夏」「鬼が哭く谷」のような破滅的な物語。
読後感が良いわけでもないし、カタルシスなんてかけらもない、結末には戦慄すら感じる。それでも繰り返し読みたくなってしまう悪魔的な魅力がある。恐いもの見たさ…というのが近い表現かな。
それらの作品は寿行でなければ書けないし、仮に誰かが似たようなテーマを見つけて書いたとしても、寿行ほどに鬼気迫る内容にはならんだろうと思う。

あと、それとは違った系統の作品だけど「追いつめられて」には、泣いた。
「梓弓執りて」の長編化の元になった作品だけど、短編の方はシンプルなだけに泣かせ所もストレートにくる。長編の「癌病船」「垰」と並んでおれの寿行落涙小説の1本だ。(「梓弓」を否定しているわけではないよ、念のため)

近作の「碇の男」や「世にも不幸な男」とかの短編と読み比べると、その落差が本当に辛い……… orz

365 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 20:48:46 ID:qiF5Ttpn
法廷がシリーズ化されたら、鷹見玲子のH場面が出てきそう
…ぜひ読んでみたかった。

366 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 20:59:18 ID:5Z2AP7bo
やっぱりHシーンに行き着くのかよ!

367 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 21:46:32 ID:BlVc31Nk
あまり居ないとは思うが
掲示板で性交関係のレスしか書き込めない人というのも気の毒ではある
童貞じゃあるまいし…

368 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 00:36:35 ID:90wlcuIB
露悪趣味イクナイ(・A・)

369 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 12:20:25 ID:3lz/mBbT
>>365
鷹見玲子は何者にも犯されない正義の象徴として闇の法定に君臨しているんだから、その彼女がリョジョクされる展開になったら、その時点でこの物語は終わってしまったはず。
寿行小説とエロは切り離せないけど、どんなにハードでもそれはストーリーのために必要なエロであって、エロのためだけのエロじゃない。
(まあ、あのまま寿行が壊れていったら、いつか書きかねなかったことは確かだけど)

そんなにセックスが読みたければ、フランス書院でも読めば?
貴婦人がリョジョクされる話なんて腐るほどある。あらゆるエロが満載だから、もう寿行にくる必要なんてなくなるよ。


370 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 13:38:40 ID:TFYepaXN
>>369
お前はまだまだ青いな。何も分かっちゃいない(w

371 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 15:52:01 ID:3lz/mBbT
>>370
ティーンエイジャーの頃から寿行を読み続けて20数年のこのおれが、ちょっとだけ寿行エロを齧ったくらいのガキに青いとか言われちまった(藁

正直に言おう。おれは寿行が好きだ。
ただ、「お尻さま」はどうかと思う。
牙城を撃てでもヌいた。峠鬼でもヌいた。黄金の犬もヌキまくりだった。
あの頃は、お尻さまも男根さまも、いらっしゃらなかったんだよ。
寿行のキャラたちがお尻さまや男根さまをことばにし始めると、いつしか一切ヌけなくなった。アホらしくてな。

それでも寿行ファンであり続けるのは、エロをさっぴいても寿行文学に読む価値を見い出してきたからだ。
新作を読む度に裏切られ続けてきたのは、「往きてまた還らず」や「汝怒りもて報いよ」や「闇に潜みしは誰ぞ」や「回帰線に吠ゆ」や「垰」や「初期の鯱」や「めくらまし」までの雷四郎や…あまたの作品を最初に読んだときの感動を忘れられないからだ。
北上次郎のように三行半を渡せないだけだ。
寿行のよく使う〈妄執〉ってやつかもな。
そんなファンはおれ以外にも多いと思うぞ。

何がお尻さまか、何が男根さまか。おれはエロ描写を愛してるんじゃない。寿行作品を愛してるんだよ。それが例え世間で駄作呼ばわりされようとな。


大学に入りたての頃、国文学の講議で、講師が言っていた。
現代の日本文学で、出色の比喩表現を使う作家と言えば西村寿行がいる…と
普段、鴎外だ、漱石だ、といっている先生様がひとりだけ西村寿行の名を挙げたんだ。寿行を知って間もなかったおれは震えるほど感動した。
まだ、お尻さまも男根さまも、いらっしゃらなかった頃の話だけどな。


372 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 21:13:33 ID:bT2zlcaw
>>371
寿行は、なぜそうなってしまったんだろう?

373 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 21:49:28 ID:Ncnzw5e5
子供の頃、西村は生まれたばかりの仔牛を与えられて懸命に育てた。
遊ぶ暇があれば山に草刈りに出かけた。牛に青い草を喰べさせるためで
ある。
  その牛が大きくなった。
 母が牛を肉牛に売った。家が貧しいからどうにもならなかった。西村
は号(な)いた。号きわめいた。博労が牛を連れにきた。牛は曳かれて
出ながら懸命に手綱に抗して振り向いて、啼(な)いた。哀しげで大き
な眸だった。その眸に泪が溜まっていた。
 西村は牛小舎の柵にしがみついて泣いた。
(『地獄』「下巻」1982・徳間書店)
――――――――――――――――――――――――――――
この文章を読んで、俺も泣いた

374 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 22:05:57 ID:90wlcuIB
>>371
すまん、同年代だわwwwwwwwwwww

375 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 22:54:50 ID:m70w/wnH
「お尻さま」ってどの作品かな?
「あるじ様」「ダンコン様」は割とみたような気がするのだが。


376 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 23:13:09 ID:3lz/mBbT
>>374
おれも年甲斐もなくコーフンしてスレの空気を悪くしてしまった。スマン。
繰り返すけどおれは寿行エロを否定している訳じゃないんだ。
登場人物がお尻さまや男根さまを崇拝していようが、作品が面白ければおれ的には有りなんだ。
ただ、寿行のエロの面ばかりが強調されると、なんだか寿行が不等に扱われているようでたまらなかった。
ただ、エロだけが上滑りして壊れてしまっている作品もおれは大切に思ってるよ。
それは、おれが寿行フリークだからだ。
「幽鬼じみた中郷」も「アル中で伊能と掛け合い漫才ばっかりやっている中郷」も両方好きだからだ。
「助平だけどおふくろ思いのヤクザ雷四郎」も好きだし、「セックスと金もうけばかり考えている玄道聖人の雷四郎」も好きなんだ。
寿行エロの楽しみ方がひとそれぞれなのは分かってたつもりだったンだが…
本当スマン。


377 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 23:16:50 ID:3lz/mBbT
連続許せ
>>372
それは誰にもわからないと思う。ただ言えるのは、誰も、何者も、変っていく寿行を止められなかったってことだ。
以前、北上次郎がまだ寿行を支持していた頃、寿行は変り続けている作家であり、その変化こそがダイナミック寿行だという意味の事を言っていた。
ホントに寿行は変ってしまった。もう帰ってこれないくらい遠くに言っちゃった感じだ。
だからこそ、これから寿行を知る初心者には、せめて、作品を刊行された順に読んでもらって、寿行がどう壊れていったのかだけでも知ってほしい。
最初はどんな凄い作家だったのかを…最初の頃の作品を知っていてくれれば、おれのように息の長いファンになってもらえるかも知れない…そう思っていたんでエロばかりが強調されるのにうんざりしてたんだ。

>>375
腐るほどあるよ。男の方の定番セリフだ。

378 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 00:42:45 ID:VBivuwu6
>>376
中郷とか雷四郎とか、安全を約束された主人公が出て来てから面白くなくなったなあ。


379 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 01:06:43 ID:QLdYxgQv
俺は>>360 363なんだけど>>375>>355でしょ?
世代や寿行キャリア、バックグラウンドは近いと思うし、書かれる事に共感する点も多い。
しかし先生が時間の経過、キャリアを重ねて変化していったというのは間違いだと思う。
極初期(お尻さまのないw)や最後期(明らかな○け、セルフパロディ感じる)を除けば、
掲載された媒体などの違いで、作風の幅は広いが、基本スタイルは驚く程一貫していると、
自分は感じる。
それは作品リストを年代にそって見れば分かってもらえるのではないか?

ジャンルとしては上でも書いたように「鯱」シリーズとかがあんまり好きじゃない。
いくらなんでも安売り、ルーティンワークだよ
俺は魅力が小さく凝縮された宝石のような短編が好き。

しかし先生の女性に対する思いは、影響受けたと言うより、今や自分自身。
お尻を抱えて責めながら、そのあまりの美しさに「お尻さま!」と叫んでしまうw

380 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 01:48:05 ID:Jiu3BA1G
しょせんエロ作家
何を熱く語っているのかねえw

381 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 05:03:55 ID:9dSS1Byb
そこまでは思わんが371がキモいのは確か
何年読んでようが考え方は人それぞれなのに言い方が傲慢

382 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 05:34:00 ID:EsD+d+Tb
>>380が寂しくこの世を去って、僅かな記憶すら人々から消えた頃でも、
寿行を熱く語る男達はこの世に多いと思うよ

383 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 09:55:26 ID:f2Afdq15
371です。確かに傲慢でした。
お許し下さい。あるじさま。(藁

ところで、またこのスレの住人が喜びそうな事件が起きてしまったね。
嗚呼、まさに世の中に寿行エロスのネタは尽きまじ…


<大阪女性監禁>42歳男を逮捕 5カ月間、監禁・暴行容疑


犯人はこの女性にあるじさまと呼ばせていたそうだよ。


384 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 10:19:37 ID:0kxn1w4h
折れは後期の国際色豊かなハードな寿行が好き陀

385 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 19:58:36 ID:BjwV6pR8
そいつの家から大量の西村寿行本が見つかったとか見つからなかったとか

386 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 21:13:20 ID:WGO4gXip
いま福井晴敏のOP.ローズダストっての読んでんだけどさ。
自衛隊の特殊部隊みたいのがあって、その最終試験が、自分で育てた子犬を食うの。
このエピソードってさ、寿行にも確かあったよね。
どれだか忘れちゃったんだけど、初期の頃のだと思う。
これって、福井が寿行をパクったの?
それとも本当にそんな組織があって二人とも同じ組織をモデルにしたってこと?
誰か知ってますか?

387 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 21:53:47 ID:MaJ8ZqTK
同じ福井の「亡国のイージス」の記憶違いでないかい?

388 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 22:06:38 ID:Mziea/5X
つうかその程度のアイデア保護に値するのか?

389 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 02:47:20 ID:WGXaBI2P

男根

そして…

人妻
ジーパン


390 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 03:24:22 ID:QMWNZjpm
>383
かの事件では“ご主人様”ではなかったか?
あるじさま、という言葉には何気に寿行の古典的な教養が滲み出ていて
かえって逆効果、今となっては陳腐である。
ただ、“ご主人様”という言い方は小説としてはあまりにありふれていて
紋切り型に過ぎるという欠点がある

391 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 08:51:57 ID:6/XGOgd0
>387
ありがとう。でも、亡国のイージスではないです。なぜならオレ読んでないから。
それにかなり前の記憶だし・・・・
化石の荒野か荒涼山河風ありてか・・・特殊部隊が登場する話で隊員の非情性をやしなうために自分で育てた犬を殺して食わせるみたいな記述があった気が・・・・
ま、スルーするほどサラッとした記述でしたけど。
いい機会なんで旧作読み返してみます。

>388
別にアイデアの保護とかそんなんじゃないですけど、
記憶の片隅に気になっていて思い出したいんだけど思い出せない。人の名前とか・・・・こういうことありませんか?
ただそれだけの話なんで・・・・




392 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 11:52:43 ID:njHRUAoU
寿行作品に出てくる○○様
『闇に潜みしは誰ぞ』→ご主人様
『襤褸の詩』→お、と、こ、さ、ま    お尻さま

393 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 21:12:43 ID:94MMsjZh
あのー僕今まで西村トシユキって想ってたけど、西村ジュコウって読むんですかこれ


394 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 21:33:38 ID:njHRUAoU
ちなみに兄上は西村望(にしむら・ぼう本名のぞむ)氏です

395 :名無しのオプ:2006/08/06(日) 00:24:29 ID:961c3M2A
>394
本当ですか?

396 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 00:09:12 ID:MbF4lOBv
何を今さらw

397 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 10:12:46 ID:irI92U32
70S後半〜80Sに大ブレイクした作家だからブクオフなんかで知った若い読者は知らなくても不思議じゃない。
90Sに入ってからは出版点数も激減したし・・・昔はよく、カバーにJUKOってアルファベット読みが入ってたけどね。
ちなみにとしゆきは本名です。デビューしたての頃は、まだジュコーが定着していなくて、としゆきで紹介されることもあった。

それよりおれが意外だったのは、375のダンコンさまW
おれの場合は、昔からオトコネさまだったW
ダンコンの方が多数派なのかな



398 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 12:45:34 ID:Mbmc988/
アリの巣コロリってあるじゃん
蟻の行列にポンと置くと一瞬ビックリして列が乱れる
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る
そいつをマネして何匹も入る
毒とも知らずにツブツブを運び出す
一匹が一粒づつ
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい
一匹が一粒づつ丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ
せっせとせっせとせっせとせっせと
蟻さんって働き者だなと思う
俺も頑張らなきゃなと思う
次の日あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない
ほんとにいない
探してもいない
泣きたくなった


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください
信じるか信じないかはあなた次第です


399 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 15:23:00 ID:wNt3lB9D
何年か前、SPA!に出たときは仕事場に座っていると妄想でビンビン
勃ってくるとか言ってたけど、さすがにもう性欲は無いだろうな

400 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 17:57:59 ID:rGjURro2

1993年、国連は「女性に対する暴力の撤廃に関する宣言」を採択し、「女性に対する
暴力とは、肉体的、精神的、性的、心理的な損害や苦痛を生じさせる性別に基づくあ
らゆる暴力行為」と定義しました。
暴力を、
(1)家庭内での暴力(近親姦、DV、結婚持参金に係わる暴力など)
(2)一般社会の中での暴力(人身売買、買売春、セクシュアル・ハ スメント、レイ
プ、痴漢、ストーカー行為、ポルノ、女性に有害な伝統的慣行など)
(3)国家による暴力(拘束中や武力紛争下での女性への暴力など)
の3つに分類し、その暴力を撤廃するために必要な措置を勧告して ます。

性暴力ということばは、ジェンダーに基づく暴力、男性から女性への暴力は性的なも
のになる傾向があるということを認めた用語とされています。性暴力は、男性に対す
る性の侵害も含まれますが、性に基づく差別の一形態であり、女性の能力の発揮を阻
害し、人間としての尊厳を侵害する力の行使です。主に女性に対して行使されている
のが現状です。

性暴力で最も多いレイプは、まったく見知らぬ第三者によるものばかりではなく、親
しい知人関係、親子、夫婦間でもひんぱんに起きています。またこれらは密室、プラ
イベートな空間で起こるため、被害が潜在化する傾向を持っています。レイプは、被
害女性に肉体的のみならず、精神的打撃を与えるものであり、重大な犯罪です。
しかも、被害女性が公的機関に相談をしたり、捜査機関に親告(レイプは親告罪)す
ることによって、二次的な苦痛(セカンド・レイプ)を受けてしまうことが多くあり
ます。メディアの報道による周囲の目や、当の加害男性よりも被害女性を非難する偏
見で傷つくことも少なくありません。そのために、司法制度の改善も求められていま
す。

401 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 01:34:13 ID:R2YrxogW
先生!
レ○プの最中、女性が「もっと突いて、ああっ!」とかなってしまう某小説家の
作品のような場合はどうなるんでしょうか?

402 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 08:22:56 ID:7gtZ1g5+
コピペにいちいち反応する馬鹿は死ねばいいのにね

403 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 11:05:49 ID:uTROxAWC
コピペに反応する奴にいちいち
反応する馬鹿は死ねばいいのにね

404 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 12:05:21 ID:arzSayct
「このバカタレが!」
>>403はわめいた。
わめきながらサブマシンガンを薙いだ。
掃射音がやんだときには、>>402は動かなくなっていた。


405 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 16:27:20 ID:sDx66Aba
転載
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anime/1153026838/1

406 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 00:19:59 ID:t2VkZKQr
小説持参で風俗行って再現してもらうことって出来るのかな

407 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 10:08:27 ID:KXMxZi7x
「はい、気持ちいいですご主人様」とか言わせる気か

408 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 12:18:06 ID:qGb1Pgwu
>>406は、あてがわれた個室で娘を待っていた。
以前から楽しみにしていたソープであった。
この日のために、かねを溜めていた。
その手には西村寿行の小説がある。
この本に描かれているプレイをしてみたい--そう申し出た時、風俗嬢は怪訝な表情を浮かべた。
西村寿行という作家を知らなかったのだ。
>>406は説明した。その小説には美しい人妻の激しい凌辱が描かれている、と。
この話の人妻のように、縛って後ろから犯させていただきたい、と。
たっぷりと陵辱し、その後でぜひお仕えさせていただきたい、そう>>406は懇願した。
準備をしますから、ちょっと待っててね--そう言い残して個室を出ていった風俗嬢の笑顔が脳裡にある。
縛って器具を使う。何度も奉仕させる。その後で美しいお尻さまに仕えさせていただく。
>>406の脳裡は暗い情欲の炎で焼けただれていた。
そこまで考えて>>406は、ふと気配を感じた。

409 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 12:23:34 ID:qGb1Pgwu
振り向くとドアの前に男が立っていた。
痩せた男だった。暗い眸をしている。この眸を知っていると>>406は思った。
「お客様、ちょっと事務所の方までお越しいただけますでしょうか」
丁寧な言葉の中に、有無をいわさぬ威圧がこもっていた。
「ぼ、ぼ、ぼ、ぼ」
舌がもつれた。僕は客だぞ、と言おうとしたが言葉にならなかった。
「うちの娘に特殊なプレイをお求めのようですが、あいにくと当店はSMクラブではないので、ね」
男の声に嗤いがこもったが、その眸は依然暗く、笑いのかけらも浮かんではいなかった。
「そういうお客様は事務所の方で特別なおもてなしをして差し上げることが決まりになってましてね」
男の口ぶりに幽かな苛立ちのようなものがあらわれていた。
>>406は気がついた。
先ほど男から嗅ぎとった死臭は、自分のものであったのだ、と。
男の暗い双眸に、自分は啖らわれる運命にあったのだ。
>>406は失禁していた。

410 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 12:50:33 ID:yKBO8yK6
↑ぎゃはは、すげえオモシロイ。

411 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 19:22:27 ID:fYe4wsiz
久々のヒットだなw

412 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 22:50:47 ID:MErC5Ojl
乙!!

413 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 09:44:54 ID:B7hVtWrL
イイね、笑ったw。西村センセの頃は、「ソープ」は「トルコ風呂」だったよね。時代の流れを感じさせます。

414 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 12:32:32 ID:E2Vw4Jmt
そう、おれも寿行の文体を忠実に模倣しようと思ったらトルコのがいいかな、と思ったんだけど、トルコ風呂を知らない人もいるかと思い、ソープに改めました。
職場で他人の目を盗んで、慌ただしくカキコんだストーリーなんで、いま読み返してみると推敲が足りなかった部分がけっこうある。
406が風俗嬢のお尻を思い浮かべながら「ああ、お尻さま」と陶然と呟くシーンも入れたかったし、
406が「先ほど男から嗅ぎとった死臭」の、「先ほど嗅ぎとった」時の描写が抜けてました。
まあ、何はともあれ、おれ自身、仕事中カキコみながら何度も吹き出しそうになってかなりヤバかった。
こんなオモロイネタを提供してくれた406に感謝です。

415 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 13:20:05 ID:+qApJwcs
>>408-409
面白かったthx
「この日のために、かねを溜めていた」あたりからもうタマンネ

416 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 17:53:27 ID:3eTdZql/
『君よ憤怒の河を渉れ』って、ここのスレ住人的にはどうなの?

417 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 18:14:20 ID:hgXRo4T4
嫌いではないよ。
ただ、その後に寿行が量産したハードロマン群と比べてしまうと、やはり迫力不足は否めない。
エロもないしw
それまでの社会派推理から、冒険ロマンにシフトチェンジした最初の作品だから、寿行を語る上では重要な作品だと思ふ。
でもベストではない、といったところか。

418 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 22:25:27 ID:wnSUMzAl
超人的能力があるわけでない普通の人間の逃避行としては、メチャメチャ凄い迫力と思う。
特に精神病院脱走のところとか。

419 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 22:55:35 ID:6dC6yDP1
結構、古典の方へのコメントが多いん棚

420 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 00:19:11 ID:Bxq8aFvj
雷四郎って、一物を棒で叩いて鍛えた人だよね、懐かしいな・・・・
私もやってみようかとその時思ったものです。
それから十樹吾一の女狩り、やられたと思ったね。
あんな遊びが出来る人間になりたいものだ。(笑)

421 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 05:13:11 ID:8IBOySPz
>>420
一時期試してみましたが
腫れ上がってアッー!
…やっぱり私は凡人でした

422 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 07:06:28 ID:HhdGP972
男根を軽石とかで擦って硬くするっていう話の
元ネタはニューギニアかどっかの実在する未開民族の風習。
但し、あれで実際に女がアーッ、となるのかは甚だ疑問である

423 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 10:43:53 ID:SoIdog65
雷四郎といえば「昏き日輪」のジャングルのシーン。

「喋れ、喋るんだ、白川!」
「…何を喋ればいいんだ、雷四郎」

あのシーンには思わず目頭が熱くなってしまったものだ。
昔は友だち思いのいい奴だったのに、いつの間にやら巨大なティンポの玄道聖人w

424 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 10:53:53 ID:X3PVQo6S
中郷・伊能もそうだな。
「往きてまた還らず」のハード路線から、
後には国際的漫才コンビに。

425 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 18:32:28 ID:IgYi95fC
何にでも腹を立てる

426 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 21:03:39 ID:Bxq8aFvj
>一時期ためしてみたが腫れ上がってアー!
貴殿の前向きな姿勢は素晴らしい。

427 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 01:04:10 ID:b7cGXXGO
死神シリーズも3作目の「頻闇に命惑いぬ」までは何げにいいんだよ。
ストーリーに緊迫感がある。
問題は4作目から・・・伊造親分が登場してから、なんだかユーモア小説のようなニオイが漂いはじめた。
・・・でも、好きさ。伊造おやびんw


428 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 02:05:08 ID:i9VFYlsG
>>425

ケルナグール
カットナル


429 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 16:04:04 ID:sxdi3Ekb
>>425
中郷のことか?

430 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 11:01:30 ID:dcmJdhHE
たぶん、そうだろう。
最後の頃は伊能も完全に中郷化してしまっていたな。
アル中キャラがかぶりはじめていた。

431 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 19:34:25 ID:8EfxOzPD
「峠に棲む鬼」の真庭とかも熟成してくるとアル中キャラに
なっていくのかな。酒は好きみたいだし。

その手の風俗はかなりの割合で忠実に「テキスト」にのっとって
プレイしてくれるらしい。しかしさすがに後ろ手に手錠をかけて
鞭で打ったり胸を踏んだり口にボンドをつめたりしようとしたら、
>>409の運命が待っているでしょうなあ。

おとこ様男根様くらいは言ってくれるかもしれんが、若い子は
「男根さ…ブッ!」と噴出して笑い転げたりしかねないかも。
ガンダムの富野は小説で「逸物」を使っていた気が。

432 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 10:00:41 ID:hpwqY8SV
寿行キャラの運命

ハードロマンキャラ
    ↓
  アル中キャラ
    ↓
  エロキャラ

おおむね、このような変遷を辿っているような気がする。(あるいはエロとアル中が同時にくる)
これって寿行本人の嗜好の反映なんだろうなあ。

典型的なのが、仙石文蔵の十樹吾一化。
エロ狂いが深化して最終的に稚児趣味までいっちゃった。
最初の頃の美的感覚(?)で、加代の完璧な肉体にこだわってたのがウソみたいだ。
(加代も巻を追うごとに敵に凌辱されてボロボロになってっちゃったから、仙石文蔵の愛着も薄くなっちゃったのかも知れないが…そう思うと加代も哀れだ)

伊能と中郷はその点、アル中にはなったけど、エロ狂いにはならなかった(よね、確か)
ギリギリで寿行の理性が働いていたのかも。 

433 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 11:01:23 ID:5r3zrH9R
>>431
そりゃ拷問で、男なのに素っ裸にされ薄汚いデブのおっさんのアレを
しゃぶらされたり、ケツアナ犯されたりすりゃ アル中にもなる罠

434 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 12:01:50 ID:Vxd9s19z
>伊能と中郷はその点、アル中にはなったけど、エロ狂いにはならなかった

その頃には先生が年齢的に、下半身の話題にもう関心がなくなってきて
いたのがよかったのかも。
アルコールは死ぬまでお友達でいられるから。

435 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 15:28:21 ID:hpwqY8SV
>>434
言われてみれば確かにそうかも…
改めて調べてみると6作目の「涯の鷲」が1990年で、次作の「鷲」が1997年。なんと7年も開きがある。
その間、寿行は死神コンビから遠ざかっていたんだな。
その間も、鯱シリーズの方は比較的コンスタントに書き続けられていたから、仙石文蔵はあんなんなっちゃったんだなあ。
もし「涯の鷲」以降もコンスタントに書き続けられていたら、伊能や中郷も少年の尻をかかえて呻いたりしていたのかも…
ううっおぞましい。
7年を経て書かれた「鷲」があれだけ枯れてしまったのは、その7年の間に、腕骨折したり、癌に罹ったりして、寿行センセの死生観も変ってしまったからなんだろうな。

436 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 09:29:20 ID:F13GQx6n
何にでも腹を立てる

437 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 14:41:25 ID:ljGDtPpS
たわの3巻くれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

438 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 15:31:25 ID:hkDF3lPW
>>437
紊鬼大先達たるこの儂が、おぬしに道を示そう。


ブクオフで買うがよい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


439 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 20:48:09 ID:BedDfnwB
ブックオフでの寿行のスペースが年々減っている気が…

書店では既に西沢保彦とかいう人に場所を乗っ取られたし…

440 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 23:58:18 ID:z9b7vLac
それは少し寂しいけど
寿行の名作といわれる作品は残っていくような気がする。
寿行しか書けないような、情報量が多い作品は残るだろう

441 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 00:18:10 ID:XtmVEw6v
執筆中とかいう半生記まだかなぁ。
「犬族からの通信」と鯱シリーズの単行本未収録分も含めて、徳間書店辺りから出して欲しい。
俳優の原田芳雄氏は西村氏の親友だったそうだが、今も付き合いあるのかな?

442 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 21:47:27 ID:7AODEB7d
「ジョンベネが殺された!」っていう刑事ものジュコウ作品である?

443 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 23:28:23 ID:bNtFq5ve
「垰」三部作は後世に残すべき名作だと思う。
角川がもとの版元だけど、復刊する気がないなら、また文芸社あたりで復刊してくれないものか。

ところで、昨年末に出た文芸社版の「悪霊の棲む日々」で解説の山田正紀が
「あの西村寿行がわれわれのもとに戻ってくる。読者はただそれを待てばいい」的なことを言ってたんだけど、それがずっと気になってる。
もしかして、寿行が新作の書き下ろしを準備しているとか?
それなら嬉しいんだが…
それとも、ただのリップサービスだったのかな。

444 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 08:37:00 ID:IumqdPSi
「このバカタレめが!」
中郷はわめいた。
わめいておいて、十八番(おハコ)のサブマシンガンを掃射した。
>>442は悲鳴を放って逃げた。
「もう、おまえとは口をきいてやらん」
中郷は猛烈に肚を立てていた。
安直なゴシップの釣りネタは嫌いなのだ。ジョンベネちゃんだかションベンちゃんだか知らないが、毛唐かぶれのネタならなおのことだ。>>442の漫才は伊造親分以下であった。
「中郷、何をそう怒っておる。あんなバカは放っておけ」
あまりの短気さに伊能は呆れた。
「あんたは何にでも肚を立て過ぎる。そのうち脳の血管が破裂するぞ」
それだけではない。中郷はアルコールが切れかけているのだ。奇怪なアル中脳が幻覚を見はじめているに違いなかった。
「伊能」
「何だ」
「おれは、おまえとも金輪際、口をきかないことに決めた」

445 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 13:32:34 ID:Yex1DMvM
何にでも腹を立てる

446 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 19:20:22 ID:En3CWKsO
>>444 ウザ…

447 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 02:20:06 ID:7RDcDcFw
徳田左近 明鏡止水

448 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 09:52:39 ID:rzke4jHJ
昔ジープセンターに
表紙と同じナンバーのCJ-5が止めてあった
秋葉のw

449 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 12:25:23 ID:TfYwvrkc
>>448
垰が発表された当時、日本に数台しか入ってなかったって話だよね。
表紙にナンバーがわかるような出し方をするとしたら関係者以外考えられないから、
それって、先生のCJ-5だったのでは?!

>>446
別にいいじゃん。ファンのスレッドなんだからパロディやるヤツがいても・・・
気に入らなければスルーしろよ。むしろ、いちいち反応する方がウザイ

450 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 13:42:49 ID:Lp2czyIp
何にでも腹が立つ

451 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 13:54:44 ID:ccJqUeGK
静かに、しねえか

452 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 13:56:25 ID:ccJqUeGK


453 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 10:17:22 ID:f7RX4FA+
あ?

454 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 10:29:51 ID:4BBRo8Xk
朝っぱらからこんなスレ上げんな

455 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 12:39:29 ID:f7RX4FA+
トラップか…

もう、おまえとは口をきいてやらん

456 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 14:30:49 ID:ifAHqBZL
ところでさ、寿行の最高傑作って何だと思う?
『魔の牙』とか、『風は悽愴』あたりかね?

457 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 14:35:47 ID:U6Dwc7jz
最高傑作は「レイプ、レイプ、レイプ」だろ

458 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 15:48:46 ID:5nfe9A/4
フランス書院文庫乙

459 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 16:39:22 ID:D99QuD0d
黄金の犬

これのせいで一体何億匹の精子が無駄に散っていったか見当もつかん

460 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 19:34:47 ID:T38hGAtI
その意味でなら汝!とか牙城とか滅びではあるまいか

寿行本人による短編傑作選があったように思うが、まぁ予想通りの
選出であった

461 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 20:44:56 ID:pK0bWK6N
『魔物』や『海と女と少年』
みたいに母親や姉が目の前で犯されるという
シチュエーションの作品、他にないですか?
『死神』みたいなものでもいいです

462 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 21:38:35 ID:x5YR6Qz7
帰雲タソハァハァ

463 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 03:00:15 ID:xlyUq/Wb
>>461
お前異常な性癖の持ち主だな

464 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 08:55:58 ID:oi6QZu03
われは幻に棲む
弟が美人姉(芸能人)との性交を強要される。「姉も感じてくれているのが分かった」

465 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 14:59:20 ID:UPCa5vRa
ウィーンにもファンがいるのか

466 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 22:17:39 ID:1JNN+QXh
ゴールデン・イーグル最強すぎwwwwww

467 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 10:43:34 ID:dZKoJd1a
『虎落笛』で寿行先生、死刑廃止論について語っている

468 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 13:49:33 ID:atEp4+0Z
ほほう。

469 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 17:56:06 ID:3zjvdCgN
人妻の舌が吸いたいのですが

470 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 19:41:03 ID:atEp4+0Z
■━⊂( ・∀・) 彡 ボカッ☆`Д´)ノ>>469

471 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 20:51:50 ID:3zjvdCgN
痺れる程吸いたい
引き抜く勢いで吸いたい

472 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 01:26:06 ID:Sn0bO93Y
色白で細面で瞳が大きく
豊かな胸とすらりとした脚、尻が盛り上がっていて
27〜29歳の結婚2、3年目でまだ子供がいない人妻ならワカランでもない

473 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 23:52:08 ID:mhW3M5pm
こいつの全作品は(メール欄)のぱくり

474 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 04:29:09 ID:cIQhueTA
最近寿行にハマってる初心者です。
滅びの笛、滅びの宴、魔の牙、往きてまた還らず、を読みました。
いま赤い鯱を読んでいるのですが、ちょっとこれは荒唐無稽すぎて
キツいです。半分ほど読んだのですが全然しっくり来ません。
人気作のようですが…。読む順番を間違えたかな。

同時に幻戯も買ったのですが、これはシリーズの3本目だったんですね。
これは買う順番を間違えた…orz

475 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 13:22:35 ID:OUJpvFnc
ブクオフで買い揃えやがったな(w

476 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 02:55:01 ID:xz6L0PmO
今から寿行にはまれるなんて
あんたはなんて幸せなヤツだ!

雷四郎シリーズは5作あるが
前2作の日輪系はバイオレンス中心
後3作の幻戯系はエロ中心
全然傾向が違うから3作目からでも問題ないよ。

477 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 15:47:50 ID:CWJwl0U3
>>474
うらやまし〜
おれも今から寿行にハマりたいYO!

ただ「鯱」信奉者のおれとしては、鯱も懲りずにぜひ続きを読んでほしいな。
赤・黒・白・碧・緋までの色タイトル5作品は、おれ的には全て文句なしに面白い。
鯱は荒唐無稽ではあるけれど、できればちょい軽めのSFと考えてほしい。
そのなかでも特に「碧い鯱」は特にお薦め!
例によって、CIA、KGBの暗闘を軸に、死の風、改造人間、ブラボー、緑人間、バイキングの殺し屋兄弟と舞台装置がチョ〜贅沢!
仙石文蔵の思念も深化して、もろ寿行流SFバイオレンスといった感じ。
でも、「遺恨の鯱」以降は正直言って初心者には奨めません。鯱チームのキャラにハマった人だけついてくればいいと思う


478 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 19:02:22 ID:tZYfeg35
火村がこの先生のブジラの翳りも読んでないのかって
言ってたが、そんなに面白いの?

479 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 19:05:23 ID:PuuxTBUG
諜報機関が出てこないと面白くない

480 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 20:03:28 ID:CWJwl0U3
面白いというか、寿行にしてはかなり異色作。
主人公が、自分の血脈を辿る話。
現代のエピソードで江戸期の挿話を挟んでるんだけど、どちらかというとその江戸期の方がメイン。
これを書いた頃から、寿行の物語は過去を遡ることが多くなるから、ある種の実験的な試みだったのだと思う。
ちなみに、おれは好きです。


481 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 21:18:26 ID:T1RMyzbx
血の翳りは近親相姦の話が出てくるので(;´Д`)ハァハァできるぜ!

482 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 21:24:55 ID:DGb/J8QF
血の翳りは「社会契約」についての考え方にもの凄く感動した覚えがある
そんなものの見方もあったのか!ってちゅう房のときおもた


483 :474:2006/08/29(火) 22:30:06 ID:g2PYH82/
>>476
>>477
その幸せな境遇をじっくり噛み締めながら、狂瀾怒濤の勢いで
読もうと思います。ずっとエロ&バイオレンスなだけの作家だと
偏見を持っていたので、こんなに真っ当なエンターテインメント作家
だったとは…と目から鱗の日々です。

赤い鯱、設定だけ読むと凄く面白そうに感じるし、長いこと夢枕獏ファン
なので荒唐無稽な設定やキャラにハマるという感覚もわかるのですが…。

何故なんだろう、一人ひとりのキャラの描写が淡白な気がするんです。
あまり自分の中でキャラが立ってこないというか…。まあ読み終えて
いないうちからこういう事を書くのもあれなので、とりあえず最後まで
読んでみます。

484 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 22:45:57 ID:Y2KJRaFS
寂寞とした世界観がイーんだよ(w

485 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 00:26:27 ID:wLxjux+e
峰魔麻紀子の白い尻

486 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 05:51:18 ID:qrAU5hUv
「夜がまた来る」の夏川結衣さんとか原作ヒロインのイメージに近いんじゃないか。


487 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 09:41:20 ID:GnSbbcTH
あれはエロいなw

488 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 12:43:59 ID:siyq0xWa
このところ「垰」の話題が頻出してたので、あらためて三作読み返してみた。
やっぱり凄い。
個人的には「垰よ永遠に」の後半にもう少しボリュームが欲しかったところだけど、この圧倒的な物語性の前には、もうそんなの些末なことにすぎない。
そうそう、「垰よ永遠に」のラスト、今まですっかり忘れてたんだけど、こんなラストだったんだなぁ・・・と、あらためてしみじみと感動。
まさに寿行にしか書き得ない、切なさとやさしさの溢れるラストだ。(437さん、ごめんね)
癌病船といい、この頃の寿行の叙情性、まさに凄杉!


489 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 22:03:06 ID:ES+CKArc
ゴールデンで暴れまくるのがいいのに。無敵なのに

490 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 22:04:04 ID:ES+CKArc
おいおいアク禁でもこのスレだけは書き込めるのかえ

491 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 00:58:16 ID:8G6YkZAN
kakiko test

492 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 13:59:28 ID:A2w82kh2
>>474
>一人ひとりのキャラの描写が淡白

西村寿行は、もともとが物語重視の作家なので、あまりキャラクター造形を意識していない傾向にあるようです。
おそらく殆どのシリーズ物はシリーズ化を前提には書かれてはおらず、読者の反響がいいので続編を…という編集者の要請によって作られてきたのだと思います。
死神(鷲)シリーズや雷四郎シリーズは、その典型的な例。
「往きてまた還らず」はもともとシリーズを意図して書かれてはいないし、雷四郎も後の展開を意識したキャラ作りはされていない。

最初は乱暴者の一匹狼やくざだったが→ネパール山中で高僧どうしのサイキックバトルに立ち会ったのをきっかけに→自分も異能力を持ちたい→でも修行はいやだ→女好きなのでセックスの能力を磨こう→という短絡的な理由で仙道を学んでいく。
雷四郎物は作品を追うごとに指向や目的が変っていき、それによって作品のテイストも変っていきます。

で、「鯱」も同様。特に十樹吾一は、作品を追うごとに助平さに磨きをかけ、雷四郎と双璧をなすほどの、ユルいおバカキャラとして確立していく。そうして寿行キャラのなかでも屈指の人気キャラとして成長(?)していくのです。
他の三人もそれに引きずられるようにおバカになっていくのですが、それが寿行ファンにはカワイく感じられてくるのです。(これぞ寿行流キャラ萌えwww)

493 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 09:18:09 ID:Ep/g7DJu
伊能と中郷は

494 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 17:05:43 ID:DWnHPLwx
「往きてまた還らず」は当初、シリーズ化の意図はなく、伊能ひとりの物語として始まります。
姉を殺された捜査官の復讐譚は、それまで寿行が書いてきた多くの復讐譚となんら変らないはずでした。その構図を強引に壊してしまったのが中郷です。

中郷は伊能の上司の中郷警視正として登場します。
古い角川文庫版もしくはトクマ選集版をお持ちの方は見てもらえばわかりますが、どこにも「中郷広秋」の名はありません。姓と役職名だけです。
主人公の上司という役付きで、登場するのも伊能に比べれば、かなり遅め。この時点で中郷は、この物語だけのキャラクター(しかも傍役)だったことは明らかです。
初めて中郷広秋というフルネームが登場するのは、5年後(!)に書かれる「鷲の啼く北回帰線」(その後、シリーズ化されたことによる編集者の配慮からか、光文社文庫版、徳間文庫版などの新装版では、中郷「広秋」警視正に改訂されているようです)

本来なら傍役だったはずの中郷という荒くれ者は、主人公の伊能を食って暴れ回り、おそらくは作者の意図したところをも超えて、物語を自分のもとに引き寄せてしまいます。
いみじくも作中で伊能が(これは俺の事件だ)と言っているのに対し、中郷は(やつは俺の獲物だ)と応えているように。

その後の中郷と伊能がアルコールで壊れていくのは周知の事実だと思いますが、
これは作者のアルコール依存が深まったことだけではなく、最初に僧都保行という最強のテロリストと戦ってしまった二人の悲劇があるのかも知れません。
周囲の声に促されやっと重い腰をあげ、酒をかっ食らい、冗談を飛ばしあいながら、時には鼻唄まじりに撃破していく敵の数々は、僧都という強敵を知っている二人には、物足りない相手だったのだと思われます。


495 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 00:36:34 ID:XvDx5vTG
何にでも腹を立てる

496 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 05:12:17 ID:HfiMKqC4
セントバーナードに乗って戦ってくる

497 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 21:53:54 ID:XvDx5vTG
真白い尻があれば乗っかる

498 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 22:02:02 ID:TRlCSOIO
女を見れば裸身を思う。ただ社会常識があるので襲いかからないだけだ

499 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 01:59:00 ID:pwZ4ncAe
ポイントを外したレスが散見されるな〜と思ったら、
女が書き込んでいるのね・・・

500 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 02:31:27 ID:0tYbLz40
(σ・∀・)σ 500

501 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 09:49:02 ID:iwWii74v
初心者ですが、一番すごい性描写がある本はどれですか

502 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 12:00:38 ID:tPOnlQOb
80年前後の作品

503 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 12:02:46 ID:APIvNacm
>>501
個人的には『襤褸の詩』

504 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 20:24:27 ID:5D9FKy0C
>>503
春琴およびV局の美女たちのことですな。

>>501
自分が読んだなかで一番凄かったのは、「異常者」、特に第六章「女奴隷」ですかね。
特に180ページ。
1リットルほど抜けるかもしれん。
過去レスには「人間不信になった」というひとも。


505 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 21:29:02 ID:0tYbLz40
>1リットルほど抜けるかもしれん。

βακα..._φ(゚∀゚ )アヒャ

506 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:20:01 ID:APIvNacm
『襤褸の詩』は、阿紫・郁子、阿紫・李春琴のレズのラヴシーンにも萌え


507 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 02:47:26 ID:z3QFrCIA
>>501
宮田雷四郎シリーズと鯱シリーズがお薦め(o^-')b

508 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 10:06:05 ID:R+mrrrG6
ここの人たち性犯罪予備軍ですからまとめてタイーホしてもらえませんか?

509 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 06:01:44 ID:EDpanfRf
いや、その一線を越えるほどの元気はないと思われ。

510 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 12:20:04 ID:WuMPsEn5
むしろ性犯罪を文学的に昇華し、抑止しているのではないか?

511 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 12:39:49 ID:kyZP56pu
カタルシスの要素がなくて、興奮するだけの小説がエロ小説。
寿行は、牲描写による興奮はあるが、むしろ読後のカタルシスの方が大きい。
精神的には浄化されている。よって、ただのエロではない。

512 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 15:10:09 ID:kyZP56pu
牲描写→性描写

ごみん


513 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 17:09:05 ID:n52TFDoD
何か性犯罪が起きる度にここの住人じゃないかと勘ぐってしまう

514 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 23:53:32 ID:LskLU2gv
うまいこと言うもんだな>>511

515 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 01:36:28 ID:OemYdeWZ
>>511
魔の牙とか最後悲惨であまりスカッとしなかったなあ。
それから極悪老人の天下で終わる孤島を舞台にしたやつも。

516 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 13:00:15 ID:LtXCG4rY
それは例外はあるよ。あれだけ多種多様な話を書いているんだから。
でも寿行はあれだけ膨大な作品を書きながらも、バッドエンドは非常に少ない。
長編に限っていうと、ラストに悲惨な展開が待っているものは4〜5作しかなかったはず。
魔の牙のラストも、衝撃的ではあるけれど不快ではないし、
悪霊の棲む日々の極悪老人は、確かに不快な読後感は残るけど、あれってある種のホラーだから・・・・作者の狙いだと、そう考えればむしろ普通。
基本的には前向きの作家なのだ。
だから、犯罪者を描く時もあまり陰残さがない。
性をエンターティンメントとして捉えてるから、読者は惹かれるんでしょ。
世の中には寿行なんかよりはるかに陰残な性犯罪を描く小説が少なくない。
寿行読者だけが性犯罪予備軍呼ばわりされるのは心外だよなあ。

517 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 17:46:02 ID:a7Phlqut
寿行作品は、設定はけっこう凄いですが、詳細には描写していない。
性的側面を求めるひとには、物足りないだろう。


518 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 20:31:21 ID:wC9tm1FM
俺は結構
物足りるけどなぁ

519 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 22:08:59 ID:cB4VkMFl
その簡素さがいいというかね
擬音語とかセリフとかを羅列されるより興奮する

520 :517:2006/09/06(水) 22:38:05 ID:a7Phlqut
>>518>>519

そう、つまり自分で自由に脳内補完ができるわけです。



521 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 23:02:20 ID:9iTQvVK5
心理的に屈服する過程をネチネチ描くがな(w

522 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 23:10:46 ID:z9mLAG+j
尻から飽きるほど何度もやられます

523 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 09:45:15 ID:snK1BR7S
たぶん、みんな感じていることは同じなんだよ。
ただ寿行をエロ小説家という狭いジャンル枠で捉えることに抵抗があるだけだ。、
オレは、単におかずとしてエロを読みたい時は、綺羅光や結城彩雨を読む。
彼等こそ堂々とした、いわゆる本物のエロ小説家だ。(別にエロを卑下しているのではない)
寿行の場合は熟女専問でバリエーションに欠けるし、>>517の言うように描写も淡白だからエロとして読むには物足りなさはある。
オレが寿行に求めるものは、もっと別なものだ。
「虚空の舞い」の女たちが、脅迫者やストーカーの影に怯えて精神を崩壊させていく過程のような描写や展開に、想像力をかきたてられ脳を焼く。
直接的な表現や描写は弱いのだがゾクゾクするようなエロスを感じる。
テーマが卑俗であったとしても、そこには文学的な香りすら漂う。
そこにあるのはエロ小説というジャンルでは語りきれない、もっと別なものだ。


524 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 10:19:30 ID:9XF5EhSz
どれだけ綺麗事を並べ立ててもお前らが
西村寿行でオナニーしている事実は変わらない

525 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 11:23:14 ID:WWySE8rj
うん、してる
それが何?

というか俺は別に格調だの寂寥感だのと抗弁する気はない
俺にとって西村作品は最上のズリネタの一つ
濡れ場だけ拾ってまともに読んでない作品の方が多い
でもそのどこが悪いの?
開き直りと言われるかも知れんがいい加減うんざりするんだよ
馬鹿の一つ覚えみたいな煽りにはさ

526 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 12:31:20 ID:snK1BR7S
オレも寿行でオナニーしていないなんて言ってないぞ。
ただ、寿行がエロ小説家という狭いジャンル枠で語られるのがいやだと言っているだけだ。

男がオナニーすることが、それほど珍しいのか?
>>524はオナニーをしない人間なのか?
オナニー覚え立ての小学生じゃないんだから、ことさら他人のオナニーをあげつらうこともあるまいに。

オナニーを連呼して失礼しました。

527 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 12:32:19 ID:XDQuCvjE
綺羅光や結城彩雨とか他の文章では俺は抜けない
寿行だと抜ける。理由は分からないし分かりたくもない

528 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 13:05:45 ID:VcR1aTzo
>理由は分からないし分かりたくもない
意味不明だがワロタww

■━⊂( ^∀^) 彡 ボカッ☆`Д´)ノ←527

529 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 15:49:20 ID:snK1BR7S
>>527
別にええんでない?
納豆が好きなやつもいれば、嫌いなやつもいるってだけの話。
オレ523&526だけど、
スタンスこそ違え寿行ファンにかわりないなら、
妙なアンチに煽られるのと違って肚はたたないよ。

530 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 14:12:03 ID:ro3qRE8L
初めて寿行作品買いました。裏表紙のあらすじを読んで面白そうなのを5冊選びました。
「無頼船」、「妖しの花乱れにぞ」、「帰らざる復讐者」、「魔の牙」、「滅びらざる大河」
これから読みます。

531 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 15:26:55 ID:OMI7XsdG
>>530
寿行ビギナーには、なかなかいい選択だと思います。
ただ、「妖しの花乱れにぞ」は「峠に棲む鬼」の続編。
ストーリー的にも時系列的にも連続性がない別の話だが、登場人物のバックボーンとして前作があるので、できれば「峠に棲む鬼」を先に読むことをおすすめしたい。
(「峠鬼」はこのスレの人気作だしw)

532 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 16:39:47 ID:OMI7XsdG
>>530
ああっ!
しかも「妖しの花乱れにぞ」の前には、「花に三春の約あり」があったのを、ついうっかり忘れてた。
これは、ストーリーも登場人物も完全にかぶってるので、先に読まなければまずいよ!
ごめん。手後れでなければいいが・・・・


533 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 17:53:56 ID:2vJbAO82
手遅れ=オナニー済み

ところで襤褸の詩の抜きどころはどこ?

534 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 22:12:56 ID:7X9cr05F
>>533
>抜きどころはどこ?

「どこ」っちゅうかほとんど抜ける場面の連続だと思うが。

強いて一箇所に絞るなら、
やっぱり郁子と阿紫のレズシーンが一番強烈かな。



535 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 23:14:17 ID:hlF/RXGE
いや、ちびとのっぽ(ry

536 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 00:19:09 ID:HYylKkWb
李雪琴と十二人の若者

537 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 03:34:39 ID:w/93TnOe
いま初期作を中心に読み漁ってるんだけど、この人は
一体何冊書いてるの? 初期〜中期〜後期の区切りを
作品や年代でざっくり分けて教えて頂けるとありがたい。

538 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 06:56:43 ID:i9vymHow
初期から中期ぐらいまで分類した解説があった気がタイトルが思い出せない。
ウィキペディアでジャンル別に分類されているから検索してみるといい。

539 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 08:51:20 ID:w/93TnOe
ウィキ、ジャンル別の他に全リストをリリース順に並べてあったら
便利なのになあ…。「滅びの笛」の文庫解説に「風は悽愴」までの
全リストが載ってるので重宝してるが。

540 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 10:33:15 ID:ZyPPEMWu
>>537
短編集も含めると、たぶん200册前後は上梓していると思うが、正確に数えたことがないのでわからない。
>>538の言っているのは北上次郎「冒険小説の時代」だと思う。他にあれほど入れこんで寿行を評価していた文芸評論家を知らない。
ただ、その北上次郎も、後期の最初の頃に書かれた「まぼろしの獣」の書評で「もう私の好きだった西村寿行はどこにもいなくなってしまった」的発言を最後に、新作に一切コメントを寄せなくなってしまった。
一時期は、どこまでもついていくみたいなこと言ってたくせに冷たいもんだ…今でも、「風は悽愴」のような名作と言われる旧作には、ときどきコメントしているようだが…
「冒険小説の時代」(集英社)はもうとっくに絶版になっているので、読むとしたら古書店巡りをするしかないだろう。神田あたりならすぐ見つかる。

ちなみにウィキペディア
『黒猫の眸のほめき』双葉社 (1974年)
これ明らかに間違ってる。たぶん1984年が正解だ。誰か直してくれ


541 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:40:08 ID:0G/R26YF
>>540
有益情報ありがとう。あんた詳しいな!

でも「まぼろしの獣」って読んでないけど、実際
駄目になる転換期を象徴するような作品なの?


542 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 13:02:30 ID:5uUKMjy1
初期作品に傑作が多いのでしょうか?
初期というと80年代前半ぐらいまででしょうか?

543 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 14:21:02 ID:yS5DTlYE
70年代だけでも50作はあるもんなあ…。

544 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 19:49:06 ID:nBBv8f/c
>>536
>李雪琴と十二人の若者

きみはおれか?


545 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:57:39 ID:HYylKkWb
>>544
おお、同志よ

546 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:26:46 ID:ZyPPEMWu
>>541、542
「まぼろしの獣」は馬を題材にした小説だったが、オレも正直なところよく覚えていない。感銘が少なく読み返したくなることもなかった。
久々に書かれた本格動物小説だったから、北上次郎は相当期待が高かったらしい。
特に動物小説をひいきにしていたようだったから、70年代〜80年代初頭に書かれた動物小説の傑作群のレベルを期待した結果、OTL状態になってしまったンだと思うよ。
それ以前から、チラホラと寿行は変ってしまった発言を繰り返していたんだが、それが決定打になったようだな。

「まぼろしの獣」は1986年らしいが、オレが初めて寿行の作品に違和感を覚えたのは、1985年の「人類法廷」だった。導入部はいつもの寿行節で物凄く興奮したんだが、物語が結末に向かっていくに従って、徐々に熱さを失い失速していった。
アレ?と思った。その頃から乗れる小説と乗れない小説が、はっきり分かれ始めた。

70年代〜80年代中ばの寿行は、それはもう神憑かり的だった。月刊誌並みのペースで出る作品出る作品、すべて気が遠くなるくらい面白かった。(ファンのひいき目も多少はあるかも知れないが…)
1985年あたりが、作品の質が変った境目だと個人的には思っている。
しかし、後期の作品でも全てがダメな訳ではなく、時として光るものもあるし、何よりオレ自身が寿行節の虜になってたから、もうとことん寿行についていくことに決めたんだ。
ずいぶんと長く語ってしまったが、これも最近寿行を読み始めた人たちに、ぜひ長く寿行を読んで欲しいから。
すべてとは言わない。初期から中期にかけての作品群だけでも100册は超えると思う。その頃の作品だけでもぜひ、読んでくれ。面白さはオレが保証する。

547 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:39:01 ID:ZyPPEMWu
ところでウィキペディア
『ふたたび渚に』 光文社 (1985年)
これ明らかに間違ってる。初出は1981年頃のはずだぞ。
大体、シリーズ2作目の『ふたたび渚に』が、3作目の『沈黙の渚』より後とはどういうことだ。(3作目で死ぬ登場人物もいるというのに、ふつう間違えるか?)
誰か直してくれ

548 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:08:52 ID:DxKsKEz3
あんまり上げんな。荒らされるぞ。

549 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 02:27:10 ID:3+st0vBp
>>546
毎回sageずに長文を書き込んでるのはあんたかい?
あんたの文章、熱いぜ! 愛が伝わってくるぜ!
あんたの寿行ベスト10を是非教えて欲しい。
いやベスト20でもいいぞ。

550 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 06:48:23 ID:n8rZk6XK
>>546
>導入部はいつもの寿行節で物凄く興奮したんだが、
>物語が結末に向かっていくに従って、徐々に熱さを失い失速していった。
妄想を一貫させる構築力が、後期にはだんだん欠けて行ったという感じなんだよな。
モチベーションの問題なのか体力的なものかは知らんけども。

けど、2000年前後の最後期のいくつかの短編も捨てがたいものがある。
妄想と現実、近況と回顧が混然と一体化している境地。
宴の後とも言うべき枯淡の味わい。
ひょっとすると仙石文蔵の描く菊の花にそれは似ているかも知れない。

551 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 09:07:26 ID:6OLmAG9f
北上次郎は お行儀のいい枠に納まった小説よりも寿行の破天荒さに期待したんだろう。
海外の小説にもない独自性。文章で想像を喚起させる力が寿行はすぐれている。
 登場人物も社会の規範から外れたアウトローばかりで生命力がある。
 問題は寿行が破天荒からはちゃめちゃに失速していったことだね。
繰り返しの使い回しが多くなり・・目新しい展開がなくなり、なんだか似たような劇画的な復讐話ばかりに・・
 
 関係ないけど、昔、週刊誌で先生の娘さんの写真をみて、妙にどきどきしたな。
 編集者のやった何かのお祝いの会の写真だったが。

552 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 09:46:01 ID:9xEGqH0U
劇画的なのが持ち味だろ

553 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 12:28:56 ID:w48fFNOi
なんでこんなにスレが伸びてんだw

554 :544:2006/09/10(日) 21:51:27 ID:9HwyDD5e
すまん、ちょっと滑り込ませてくれ。
すぐ去るから。
>>536 >>545
>李雪琴と12人の若者たち

おれはそれを
金髪グラマー諜報部員(98-63-93 25歳)と21人の若者たち(16歳〜21歳)
に変換させて脳内上映している。

ではいままでのつづきをどうぞ。


555 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 22:39:21 ID:w48fFNOi

■━⊂( ^∀^) 彡 ボカッ☆`Д´)ノ←544=554


556 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:33:52 ID:PHxuwRk1
『襤褸の詩』が発表されたのは1983年か。
当時、浅野ゆう子に李雪琴を演じて欲しかった。

557 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 02:15:38 ID:3lbECxAs
もう本当にこのスレの連中の妄想はとどまるところを知らないですね。

558 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 10:56:48 ID:xOCLtb/T
社会的適応障害の方々書き込み乙!

559 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 22:13:27 ID:2SsRMpn+
>>549
サンキュ!いつも長文で恐縮してた。そういって貰えると嬉しい。
でも、ほんとに熱いのはオレの文章じゃなく、寿行作品だから。
努力してみたんだが、残念ながらベスト10は選べない。初期から中期にかけての作品はほとんど好きだ。好きすぎてとても順番つけられないw
パッと思い付くだけでも、『蒼茫の大地、滅ぶ』『滅びの笛&宴』『風は悽愴』
『荒ぶる魂』『牙城を撃て』『闇に潜みしは誰ぞ』『峠に棲む鬼』『魔の牙』
『呑舟の魚』『垰』『行きてまた還らず』『去りなん、いざ狂人の国を』
『化石の荒野』『白骨樹林』『われは幻に棲む』『昏き日輪』
『鯱シリーズ(緋の鯱まで)』『無頼船』『鬼』『狼のユーコン河』…
強いて言えばユーモア色の強いものや、徳田左近ものなどよりは、ハードバイオレンス系好きかも…強いて言えば、だけど…
『幻戯』『地獄』なんかも好きだし、徳田の中短編にも好きな作品は多い。
いまいちだと感じる後期の作品も、好きすぎて批判できないくらいだから…
なんか参考にならなくてスマンね。

560 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 22:53:11 ID:AVDE+b8H
各自エロのベスト10を発表しなさい

561 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 09:36:46 ID:wbukXLTW
まず>>560から.....ドゾ

562 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 21:44:29 ID:YnBHzKgb
1、往きてまた還らず
2、滅びの笛
3、闇に潜みしは誰ぞ
4、黄金の犬
5、峠に棲む鬼

563 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 22:16:14 ID:RooSafCr
>>551
先生の娘さんて美人なの?
亜子さんっていうんだよね、確か。
「鬼狂い」や「宴は終わりぬ」の装丁画を描いてた覚えがある。
担当編集者と結婚したって聞いたけど。
今では先生も、ふたり孫がいて、ふたりとも女の子だそうだが…


564 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 23:49:11 ID:ikx6kkAO
すぐに話題をエロに持っていこうとする奴がいるな

1.汝!(車中Hの場面
2.滅宴(暴漢と真弓
3.牙城(主人公の見てる前で
4.闇潜(河原Hの場面
5.わら(大使館でのH

565 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 00:02:34 ID:+zuYwSUs
>1.汝!(車中Hの場面
腰を浮かそうとしても司祭の

566 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 01:51:00 ID:2nlpoiW5
>>559
よくそんなにパッと思いつけるなw


567 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 01:58:18 ID:kOkTkgH2
1 汝!  蛇、かわいい女の子がバイトしているところでここを立ち読みする。
      ジーパンが裂けそうになった。
2 牙城  植毛玩具  女の子の顔を見ながら、立ち読み。全文暗記し言葉の使い方に感心
3 闇潜  野原で股裂き 立ち読みしてると勃ち読みとなった。女の子に勃ってるのがばれたかな
      とどきどき


568 :549:2006/09/13(水) 08:45:14 ID:uMRhnjFF
>>559
亀レスすまん。フェイバリット作品発表乙です。

>初期から中期にかけての作品はほとんど好きだ。

俺まさに今その辺を読んでいて、ほとんど外れが無いので
なるほどなと思った。月刊ペースでこのクオリティの維持は
凄いな。

さっき『犬笛』を読み終えた。凄く面白かったが、結局娘が
握っていた秘密って具体的に何だったんだろう? それの説明が
あって然るべきだとは思ったが…。


569 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 13:03:56 ID:ykdWSSZf
犯罪予備軍の方々書き込み乙!

570 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 15:17:06 ID:T1N5Vr8v
>>568
>結局娘が 握っていた秘密って具体的に何だったんだろう?

そういうことが寿行作品では、しばしば起こります。
読者を惹きつける導入部の謎として、何か影の存在や秘密のファイルが呈示されるのだが、最終的なタネ明かしでは、あまり重要視されていなかったり、ストーリー展開の途中でいつのまにか何処かへ消えてしまったり…
たぶん、謎解きをするところに作者の興味がないために、テーマが冒険やアクションの方に完全に移行してしまうのだと思う。
そのために、時には作品の前半と後半で、違ったテイストを持つ作品が生まれたりすることも…
それを物語の破たんととるか、ダイナミズムととるかは意見が別れるところだと思うが、オレはほとんど気にならない。
(後期作品があれほど劣化していってしまった一因には、この破たん傾向が極端に強くなっていったためもあると思っている。一概にそれだけとは言えないのだが…)


571 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 18:06:08 ID:Ohckn1Wl
>>570
そう言えば『闇に潜みしは誰ぞ』で明野三恵はどうなったんだろう?
牛窪一味を追う仙波・峰に厳しく尋問された後、出てこなくなった。

572 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 21:47:08 ID:f9brZG3X
闇に・・も、天然重水探しでひっぱってゆくが、最後はなんだかうっちゃられた気に
させられる。警察、大学職をなげうっての行動だから、予定調和好きの俺としてはそれに見合う
代償がないと報われてない気がしてしまう。
 敵の一味も社会に背を向けての行動に見合う結末がほしいような。

573 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 21:49:36 ID:T1N5Vr8v
>>571
ワキ役クラスだとそんな風に存在感がなくなってしまうキャラは、ごろごろいるよね。
なにせ、主人公クラスですら下手したら消えていってしまう。
剣持雅晴は『昏き日輪』では主人公の一角を張っていたのに、『幻想都市』では、まるで最初から存在していないかのような扱い。
最初に読んだ時、これはないんじゃないかと思ったよ。

574 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:59:08 ID:gZRzrKi6
滅びはどっちも最後は、キマッタ!
って感じの感動的な幕引きだな

575 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 00:00:02 ID:DET81rjK
その一方で『襤褸の詩』の牟田貴子の書き方は、「あっ!」
と思うものがあった。光文社文庫版では序盤貴子の性交シーンが
多数描写され、退場後、忘れた頃に333頁に彼女の名が出る。
うまいよ、西村先生。

576 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 01:12:52 ID:3xwXc50c
今やってる「うたわれるもの」というアニメのヒロインの一人、カルラが
ちょっと西村ワールドの住人っぽい。

滅んだ王国の王女で、奴隷として売買されていた
きょぬー
でかい首輪をはめている
男キャラが霞むほど強い
主人公を「あるじさま」と呼んでいる

なところが

577 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 02:26:29 ID:oHKYipFx
ほほう

578 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 03:26:04 ID:4gJqsWzw
いま『妄執果つるとき』を読み終えた。
ハラハラしながら面白く読めたけど、同時に
最高にイライラする小説だなこれ。安田最悪過ぎる。
小説でこんなに殺したいキャラに出会ったのは初めてだ。
カ、カタルシスが欲しいッ。

579 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 09:32:32 ID:jd9YXqB+
>>576
それ元々エロゲーだしw

580 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 12:26:41 ID:nXRVOPLc
>>578
カタルシスを求めるなら『去りなん、いざ狂人の国を』だぜ。
あのラストを読みたいがために、過去に何度読み返したことか…
ラストの数行なんて、暗記してしまって空で言えるくらいだ。
(鳴島、神谷、石舟のトリオは、ちょっと渋かった頃の死神コンビを彷佛とさせて、お気に入りのキャラなのだ)
おすすめするが、すでに読んでいたらごみん。


581 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 00:09:38 ID:q5sd0/Hu
エロは無いけど『妄執 は超名作だと思ふ
何を描こうとしたのか意図が明確で最後までブレていない
あの終わり方も、安田の描写もリアリティがある

582 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 13:22:19 ID:7hXDMzRN
全盛期の寿行は、よかれあしかれ自分の練り上げたテーマを最後まで貫き通すパワーがあった。
復讐は是。復讐のための凌辱も殺人も是。読者は、時には違和感を覚える展開があっても、そのパワーに惹きつけられ物語にひきずり込まれていったのだと思う。
『癌病船』あたりの作品にヒューマニズムを持ち込み始めた頃から、なんとなく、その姿勢がブレ始めた気がする。
『癌病船』は名作だと思うし、自分でも超好きなんだが、『癌病船応答セズ』ではそのヒューマニズムが空回りしている。
後期の鯱も死神も、敵を殲滅せずに見逃すことが多くなった。
『ザ・デス』のラストも初期の寿行だったらあの決着はなかったはずだ。もっと凄惨なラストを迎えていたはずだし、多くの読者はあのラストに物足りなさを感じているのではないか。そんなふうに感じるのはオレだけ?

583 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 01:27:29 ID:LgcMEsux
>>582 は 分かっている 椰子

584 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 11:23:44 ID:i3hph6as
「悪霊の棲む日々」面白いけん。

585 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 15:08:26 ID:EkeocdOt
われは、吊るすけん。

586 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 17:06:54 ID:wminmm+U
わしゃあ、『魔性島』がええのう。三村圭子タンに萌えたわい。

587 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 19:34:20 ID:dZrrd6eB
「あなたさま、お尻様、男根様!」



588 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 02:22:45 ID:IEKbJ1aV
>>586
なんで女は尻から貫かれるだけで隷従してしまうのか。教えろ。

589 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 14:28:09 ID:/Ek0XKKh
尻から貫かれた

何か大切なものを根こそぎ奪われた

もう奪った人の物になるしか生きていく資格が無い

あるじ様



590 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 16:15:29 ID:anWr/bF1
寿行ヒロインは感じ過ぎ。あれは嘘だとオモ
実際はあんな極限状況でアーッとかなるわけない
それとデカいと現実には痛いだけ

591 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 22:58:09 ID:IEKbJ1aV
>>589
(・∀・)イイ

592 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 01:31:05 ID:9Km0DtWD
>590 
私も、以前はそう思ってました。

593 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:14:26 ID:CWAVDxzY
>>590
感じ方にも個人差があるんダヨ

594 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 20:02:33 ID:gMov/nJ1
その「尻から」という表現、文中によく出るんだが、
それは
「後背位で膣から」
「肛門から」
両方解釈できるんだが、どっちなんだろう?


595 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 20:15:25 ID:ZAKckSuA
正直なところ無頼船のクルー達ならガンダムが相手でも勝てると思う。
ゼータくらいまでならマイトしこたま使えばなんとかなる気がする。

596 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 22:02:12 ID:QRSg/+vb
594
膣以外のときはきちんと断り書きがある

597 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 15:26:55 ID:otjpaj13
後門は痛いだけの描写が多い菜

598 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:16:41 ID:Ke/PX4Wt
前スレからコピベ IDの末尾の三字が偶然とはいえ象徴的

509 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 18:32:01 ID:py1OqSEx
原田:もうひとつ、西村さんの小説の中に出てくる人物のセックス、全部
   バックスタイルになってますね。あれは何か、無理してるんじゃな
   いかという感じがするんですけれども・・・(笑) 。
西村:いや、無理なんかしてませんよ(笑)。
原田:おかしいのはね、登場人物が新婚夫婦でも何でもみんな・・・・・
   そうしちゃうというのは頑固ですよね。
西村:うん、これだけは頑固でいこうと思って(笑)

『峠に棲む鬼』下巻(1980徳間文庫)344頁
対談「われら寡黙にして・・・・・」
西村寿行VS原田芳雄


599 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:38:34 ID:MKKco922
sex
ワロタw

600 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 22:44:26 ID:mWhgjLFC
前スレ>>509 は ネ申

601 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 00:32:55 ID:TtJvE5eN
『帰らざる復讐者』と『荒涼山河風ありて』を続けざまに読んだよ。
前者はちょっと冗長だったが、後者は夢中になって一気に読んだ。
終盤の報復っぷりが最高すぎ。女ドクター!

602 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 10:41:20 ID:8/tvkIYQ
寿行にハマり始めたばかりの頃、
あれは『往きてまた還らず』だったか、それとも『汝怒りもて酬いよ』だったか…角川の上下分冊の何故か上巻だけを買ってしまい、当然のごとく一気読み。
読み終えたのがよりにもよって深夜12時。もう近所の本屋はどこも営業していなくて、続きが読みたくて読みたくて、まんじりともせずに長い夜を明かした。
翌日、一睡もできないままに、開店と同時に近所の本屋に飛び込み、目的の下巻と、寿行の棚にあった未読の作品を山のように抱えてレジに急いだ。
寿行世界に耽溺できるのが楽しみで、嬉しくてたまらなかったのを覚えている。
あれほどキョーレツな読書体験は、後にも先にもあれっきりだなぁ…
>>601のような感想を読むとあの頃のことが思い出される。
もう、あんな幸せな読書体験は二度ないだろうと思うと、少し寂しいが…


603 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 11:08:16 ID:PsAUde4Z
新たな性犯罪者の誕生の瞬間を嬉しそうに書き込まれても…

604 :601:2006/09/20(水) 13:38:10 ID:/BgA/CZc
>>602
それは思春期の読書体験の特権だと思うけどね。
何も寿行に限った話じゃない。確かに俺は今、夢中に
なって寿行作品を読んでるが、やはり自分が十代の頃に
熱狂しながら読んだ他作家のベスト作品群と比べると、
正直だいぶ落ちる。


605 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 15:06:26 ID:VKSXdd9q

  ('A`('-`('д`('_` )
  ノ ノノ ノノ ノ) ノ|
  「「 「「  「「 「「

606 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 18:38:07 ID:8/tvkIYQ
思春期か…
遠い、あまりにも遠い言葉だ… 
ああ、二度とは戻らぬ十八の夜… (´д`)

607 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 23:49:10 ID:KcmGCvWj
寿行との出会いは十代だったなあ

608 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:31:38 ID:+T5wkDI0
そろそろ傑作ベスト10を決めようか

609 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:52:20 ID:in7eJype
『滅びの笛』
『魔の牙』
『蒼茫の大地、滅ぶ』
『往きてまた還らず』
『呑舟の魚』
『去りなん、いざ狂人の国を』
『白骨樹林』
『風は悽愴』
『垰』
『狼のユーコン河』
にそれぞれ一票。エロ少なめですまんね

610 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 00:52:00 ID:+EMgAR3V
そおゆうチョイスもアリ棚

611 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 08:48:43 ID:FdpydAgc
10位から書く。やはり1位はあの傑作だ。

10.『遥かなる海嘯』
9.『魔性島』
8.『晩秋の陽の炎ゆ』
7.『無頼船』
6.『わらの街』
5.『地獄』
4・『怒りの白き都』
3.『闇に潜みしは誰ぞ』
2.『襤褸の詩』
1.『黄金の犬』



612 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 13:10:48 ID:4x2kB5D2
1、『滅びの笛』
2、『峠に棲む鬼』
3、『往きてまた還らず』
4、『黄金の犬』
5、『悪霊の棲む日々』
6、『死神 ザ・デス』
7、『デビルズ・アイランド』
8、『闇に潜みしは誰ぞ』
9、『白骨樹林』
10、『魔の牙』

613 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:15:14 ID:LMANCtnL
流れをぶったぎって申し訳ないが、いま『牙城を撃て』を読み終えた。
全体の八割ぐらいを占めるんじゃないかと思われる虐待と陵辱が
延々と続くさまはなかなかキツいものがあったよ。

報復に辿り着くまでは、と頑張って読んでいたが、
最後の最後にまたしても純子がさらわれるに至っては、
「もういいよ!もう充分だよ!」と足をバタバタ。
残りこれしかページ数無いのに、どうやって報復を
成し遂げるつもりだ!?と心配になった。

最後はもっと報復シーンを延々と描いて欲しかった気もするが。
下巻の半分を報復にあててもいいぐらいだよ。

614 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:55:19 ID:YNeuTDD1
純子=村上祐子アナ

ウッ、

615 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:59:55 ID:pQEbKa+a
寿行傑作チャンピオンズカップは、サッカーブラジル代表並みに層が厚いなwww
『汝!怒りもて報いよ』も
『牙城を撃て』も
『われは幻に棲む』も
『梓弓執りて』も
『陽は陰翳してぞゆく』も
『幻戯』も『鬼』も…
みんな代表落ちかい?
みんなひとかどの奴らだぜ。誰か拾ってやってくれよん( ^ω^ )www

>>613
『牙城を撃て』は寿行作品中でも1、2を争う凌虐小説だからな。
残酷描写だけを取るなら他にもたくさん上があるが、あれだけ主人公とヒロインが虐待されまくりなのは寿行作品の中でも珍しい。
そういう意味では、寿行読者の試金石となる作品ともいえる。
『牙城を撃て』に抵抗がなければ、他の寿行作品は、まず抵抗無しに読めるだろう。
(ちなみにオレの初寿行作品でもある。それまで、端正なフーダニットのミステリーしか読んでこなかったオレの、物語に対する価値観を根底から破壊してくれた1冊だ。)

616 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:31:12 ID:NIvdyLER
76〜80年頃の寿行は神。
一生かかってもこの時期の寿行作品一作にすら及ぶものを書けない作家がほとんど。

617 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:25:51 ID:0wJmN3w1
>>615
陽は〜 はスレではあまり言及されないが
ヒロインにかなりハァハァしたなあw
凌辱されまくり男の言いなりだったのが
終盤ヤクザにアナル輪姦されたのがきっかけでブチキレて鬼と化し
たった一人でヤクザを皆殺しにするという超展開にビビった
一緒に捕われてた主役の男二人は出番がないどころか
呼び捨てで命令される始末
あれは抜ける

618 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:53:01 ID:0W3/nQj9
抜けるやつを教えてくれよ
友成先生も大石圭も見飽きた

619 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 23:59:30 ID:LFWI1O+q
このスレの方々は、どんな感じの彼女/奥さんをお持ちなのですかね。
四捨五入年齢40の方が多いようなのでちょっと気になりまして。

620 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 02:44:37 ID:ptgyte/A
怒りの白き都では結局最後まで主人公を応援してしまった。
なんとかなる絶対まだ逆転のチャンスはある、と思ってたのに残念。
でも、もしもう一回逆転があったら
作品としての価値はどう変わるかは知らんが
読者が感じるカタルシス的なものだけは最高になったろうな。

621 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 11:07:22 ID:Y0wPNNvQ
京子タン、ハアハア

622 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 11:59:48 ID:7PfYX28e
>>615
「峠」を越える程なのか?
楽しみだ今度読んでみよう

623 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 13:10:06 ID:fxGayMEE
京子=野村真季アナ

ウッ、

624 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 15:25:25 ID:UWygTVMp
 瀬川純子 = 山本梓 いや、年が一緒でしょ、

625 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 16:47:39 ID:Fstvxze/
純子さん お風呂にもはいれないで、やられまくりだからばばっちい。

 ほかの行儀のいい小説に比べ、ヤクザだったらあれくらいやるだろうなと納得した。


626 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 00:20:41 ID:Y9sM0A3Z
1993年、国連は「女性に対する暴力の撤廃に関する宣言」を採択し、「女性に対する
暴力とは、肉体的、精神的、性的、心理的な損害や苦痛を生じさせる性別に基づくあ
らゆる暴力行為」と定義しました。
暴力を、
(1)家庭内での暴力(近親姦、DV、結婚持参金に係わる暴力など)
(2)一般社会の中での暴力(人身売買、買売春、セクシュアル・ハ スメント、レイ
プ、痴漢、ストーカー行為、ポルノ、女性に有害な伝統的慣行など)
(3)国家による暴力(拘束中や武力紛争下での女性への暴力など)
の3つに分類し、その暴力を撤廃するために必要な措置を勧告して ます。

性暴力ということばは、ジェンダーに基づく暴力、男性から女性への暴力は性的なも
のになる傾向があるということを認めた用語とされています。性暴力は、男性に対す
る性の侵害も含まれますが、性に基づく差別の一形態であり、女性の能力の発揮を阻
害し、人間としての尊厳を侵害する力の行使です。主に女性に対して行使されている
のが現状です。

性暴力で最も多いレイプは、まったく見知らぬ第三者によるものばかりではなく、親
しい知人関係、親子、夫婦間でもひんぱんに起きています。またこれらは密室、プラ
イベートな空間で起こるため、被害が潜在化する傾向を持っています。レイプは、被
害女性に肉体的のみならず、精神的打撃を与えるものであり、重大な犯罪です。
しかも、被害女性が公的機関に相談をしたり、捜査機関に親告(レイプは親告罪)す
ることによって、二次的な苦痛(セカンド・レイプ)を受けてしまうことが多くあり
ます。メディアの報道による周囲の目や、当の加害男性よりも被害女性を非難する偏
見で傷つくことも少なくありません。そのために、司法制度の改善も求められていま
す。

627 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 15:34:52 ID:8pTguxmn
>>626=スレッドストッパー?

628 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 00:01:21 ID:bp0Muy01
スルーね

629 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:53:45 ID:9LqWNMfK
こんなに心を病んだ人たちが多いなんて驚きです!

630 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:42:08 ID:LwLII1jp
ああっ。>>629様のお尻様っ。

631 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:40:54 ID:O7WTzMfT
>>629は四つんばいで尻から貫かれていた。

もう従うしかないと思った。
>>629は、二度と日の目を見ることのない性の奴隷であることを
嫌というほど思い知った。


632 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:18:56 ID:6mNlEfga
予備軍の方々は小林薫判決にショックを受けたのか、カキコが減ったなw

633 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:26:12 ID:zWo+hm5q
>>632







634 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:16:28 ID:7TZMJWwb
寿行作品が読者の心の闇を増長し、性犯罪者を増加させるなどというたわごとには、もはや、まじめに反論することすらバカらしい。
70〜80年代の長きに渡って、長者番付の作家部門上位に君臨してきた西村寿行は、数えきれないベストセラーを創出してきた。当時、それだけ多くの日本国民が、寿行ハードロマンに「毒されて」きたという訳だ。
それら作品が本当に愛読者の人格に影響を与えるなら、世の中は40〜50代の犯罪者だらけになってなきゃならん道理だ。

人間は、動物と違ってフィクション(それがどんなに俗悪な物語であっても)を楽しむことができる知的想像力がある。それと同時にそれがフィクションであり、リアルではない、と判断できる理性も合わせ持つ。
もし、世間の言う「俗悪な」小説やマンガやゲーム等を外的刺激として受ける事によって、フィクションとリアルの境目が解らなくなってしまうような人間がいたとすれば、それはその人物の脳の基質自体に問題があるのであって、決してその媒体の責任ではない。
同じ刺激を与えた条件下で犯罪者となりうる人間となりえない人間がいる。それを分けるのは、外的刺激でも環境でもない。その人間が生まれながらに持つ資質だ。


635 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:38:59 ID:ccUhlsSY
寿行の描く犯罪者はローリーじゃないしそういう描写も無いから
(「魔の牙」に少し出てくるくらいか)小林薫判決はあんまり関係ないような気が

636 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:01:54 ID:Yk1xfaa7
スルーするだに。

637 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:27:27 ID:7TZMJWwb
>>635のいってることは寿行ファンだったら分かり切ってること。
それをアンチに向かって言ったところで、始まらないのは分かってるが…
どうせ寿行作品など知りもしないやからが、見当違いのカキコミして悦に入ってるだけだろうし…

ただ、『魔の牙』にロリがあるというのは、>>635の記憶違いだと思うが…
『魔の牙』の女性達は若くても女子大生だからロリとは言えないだろう。
『梓弓執りて』『垰』には女子高生ぐらいの娘は出てくるが、これもロリとは言えない。出雲阿紫も高校くらいの歳だったよな。
ロリがあるとすれば、唯一『濫觴の宴』だけ。ハンティング排斥運動の旗印になる盲目の少女が出てくる。(12歳くらいか)
反対勢力の連中に乱暴されるが、他の作品に見られるようなしつこい表現はない。むしろ少女を守って戦おうとする大人たちの姿が重点的に描かれている。
あらためて言っとくぞ。
西村寿行は、ロリは一切描かない。

638 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:37:29 ID:zWo+hm5q
出雲阿紫はどーなんだよ。
このボケナスッ!(w

639 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:52:33 ID:/C+uzdgD
動物や幼児が虐待されるというけしからんことが起こる現代社会。
どうしてこんなおかしな時代になった!?

現代日本人が寿行を読まないからだ!寿行を読めば、幼児や犬が
いかに可愛くて大事な存在かわかる筈だ。

640 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:06:12 ID:QpqtdcIQ
だいたい「若い女」の基準が「二十五、六」だからなあ。

女子大生の牧田良子と平岡里美なんて「女」のうちに入れて
もらえていなかったし、「梓弓」の郁子も、こんな子供が
女であるってことわ不思議がる描写で埋まっていて、尻が
肉感的になってきてやっと一人前、みたいな感じ。

八十年代後半は、世間の漫画的なキャラクター配置に乗って
みました、という感じで、寿行世界の女の子はあくまでも
保護の対象、という感じなのは歴然としてると思う。

641 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:07:06 ID:5k5tC+Bz
幼女や成人女性の人肉をむさぼり食べるエピソードがあったと思うけど、ああいう過激な描写が宮崎事件、
佐川事件等の引き金になったし、これからも類似の事件を誘発するのでしょうね。

642 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 02:02:38 ID:kcLprZGA
このスレでお勧めとして挙がっていた『峠に棲む鬼』
読んだ
展開がグダグダで自分には面白く感じなかった
エロが評価されたのでしょうか?
もっとスリルのある作品があれば教えて下さい
荒唐無稽な展開に終始するのも勘弁

643 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 05:06:16 ID:EAkT5LIX
>荒唐無稽な展開に終始するのも勘弁

たぶん寿行には向いてない


644 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 09:49:17 ID:djuQ0WXC
>>641は『わが魂久遠の闇へ』のことを言っているのか?
本当に作品を読んでるのか?
カバーに書かれた粗筋だけで内容を推測してるだろ。
あれは、現実におきた「アンデスの正餐」事件に触発されて、寿行が書いた作品だぞ。本末転倒だ。
当時は世界中に衝撃を与え、寿行以外の作家でも、モチーフにした小説が数多く発表されてる。
雪山に遭難して飢餓に追い詰められた絶望的状況の中で、人間がどこまでエゴイスティックに、残虐に、非人間的になるのかをテーマにしている。
佐川や宮崎の変態事件とは、そもそも構造が違うだろうが。

ところで、出雲阿紫はロリなのか?
俺はそう読んではいなかったが…

645 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 09:54:52 ID:X/ZntrCg
機関銃の乱射に立ち向かっての終幕にも耐えられなければダメw

646 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 10:34:44 ID:mTdF5BaR
>>644
アンデスの聖餐ね。
「わが魂、久遠の闇へ」って陰惨な人妻レイプが発端でしょ。
絶望的状況でなくても鬼畜になれる人間って。。なんか凄い。。。

647 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 10:35:48 ID:mTdF5BaR
>>644
アンデスの聖餐ね。
「わが魂、久遠の闇へ」って陰惨な人妻レイプが発端でしょ。
絶望的状況でなくても鬼畜になれる人間って。。なんか凄い。。。

648 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:20:31 ID:kcLprZGA
>643>645
そんな予感してました…残念です

649 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:21:07 ID:djuQ0WXC
>>646
>陰惨な人妻レイプが発端でしょ。
遭難→レイプの間違いだよな。確か



650 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:24:01 ID:9qKgMcsZ
女読者の立場から選んでみました

『往きてまた還らず』
『峠』
『濫觴の宴』
『滅びの笛』
『去りなんいざ狂人の国を』
『呑舟の魚』
『闇の法廷』
『虎落笛』
『監置零号』
『還らざる復讐者』

寿行の描く男は魅力的(※初期〜中期)

651 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 14:56:00 ID:/x9MeoU4
おお、何かタイムリーだ。昨夜『わが魂、久遠の闇へ』を
一気読みしたところ。きりのいいところで終わらせるつもりが、
最後まで止まらなかった。あの容赦の無い報復っぷりは最高だな。
このスレの住人で、俺が一番幸せ者。

652 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:36:33 ID:djuQ0WXC
>>642
確かにアクション系は、荒唐無稽でファンタシー色の強い物が多いけど、どうしても抵抗があるんなら、初期の動物小説、パニック小説あたりから読んでみてはどうか。
あるいは初期のころの短編集とか…
決してファンタシーに流れていないし、並みのミステリーなんかよりは、遥かにサスペンスフルだよ。
せっかく読む意思があるのなら、読まずに済ますのは勿体無い作品は多いから。

まあ、寿行を読み続ける限りは、いつかは荒唐無稽の壁にぶつかるんだけどね(藁


653 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:26:20 ID:mXpicf86
>>650
ちなみに一番魅力的だと思う男はどの作品の誰よ?

654 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:43:51 ID:2xfSjq+S
>女読者の立場から選んでみました
>女読者の立場から選んでみました
>女読者の立場から選んでみました
>女読者の立場から選んでみました
>女読者の立場から選んでみました


((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃モファ ヘファ

655 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:55:38 ID:qfaQf9So
>>654
控えろ!来てくれなくなったらどうする!



…ハァハァ

656 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:35:26 ID:2XefX5hI
650に君臨されるよろこびが、スレ住人にはあった。
脳裏に、うつくしい女にひれ伏す自身の姿がある。そのおののきが男たちを突き動かしていた。
男たちを支配するさだめを持って生まれた650であった。


657 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:49:31 ID:u6JeaJD9
アクションなら無頼船がいいよ。
乗組員達がムチャクチャ強い。たぶん寿行作品で最強だろう。

658 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:28:46 ID:q7C14pAv
中郷と伊能は

659 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:50:47 ID:JBlG0OCA
>>650は尻から貫かれていた。
ここに連れてこられて、もうどれくらいたつのだろう。
時間の感覚も尻の感覚も無くなっていた。


660 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:13:33 ID:8BHwXHgc
>>659
馬鹿タレ!折角カキコしてくれた女性読書に
失礼なこと書くな!

661 :660:2006/09/29(金) 00:22:14 ID:8BHwXHgc
女性読書→女性読者

662 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:30:16 ID:Fmx67RN9
>>649
変態社長がホテルかどこかで見初めた人妻をレイプ、その後遭難してムシャムシャ。

663 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 08:23:31 ID:vBkjBA/L
>>658
無頼船の方が遥かに強い。ヤクザすら壊滅するw

664 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 09:59:38 ID:3fp0XfBj
正直な意見として女性はジュコウをほとんど読まないんじゃないか。
女性がうっとりするような描写は皆無だし、話は長いし。
アニメのVCで有名な女性声優が『「魔の牙」を面白く読んでいます、ちょっとHなんですけどね。。。』と
ラジオで語っていたのだが、本人の周囲の女性は誰もジュコウを知らないとも言っていた。
これは1980年代のジュコウ全盛期の話です。ということで、十作も読んでいる女性のレスには驚いたのです。



665 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:09:48 ID:BcEhQ2J2
レグルス号クルーだろやっぱ

666 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:08:48 ID:xrxNC22A
誰か寿行の解説書いてた奴が女性に貸したところ「こんな女性を侮辱する作品は
許せない!」とか激怒されたそうな。でも「滅びの宴」の解説は女性だったな

667 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:25:53 ID:3pnDZu/8
死神コンビなら、アルカイダを壊滅させられるし、
鯱チームなら、アメリカを滅ぼせる…っていうか、世界を支配できる。
都合が悪くなれば、思念で過去に飛んで、歴史の中に隠れてしまえるし…

だが、それを考えると醜男はもっと凄い。
仙石文蔵は、自分と仲間たちしかタイムリープできないが、醜男は、十樹吾一を過去に送り込んだように、自分以外の他人も自在に過去へ飛ばせる。
う〜ん。醜男が最強ってか

>>664
『地獄』や『宴は終わりぬ』にちょっとそれらしい記述あったけど、80年代頃までは隠れジュコウ的な女性ファンは結構いたんじゃ?
死神や鯱の同人本も出回ってたくらいだし。
女性読者が一斉にひいていったのは、後期作品のセクス描写に歯止めがきかなくなってからだと思うよ。
(もっとも俺の周囲にも女性読者はいなかったが、声を大きくしてカミングアウトするよなことでもないし…)

668 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:44:16 ID:yQGf9WiR
『往きて〜』の頃の中郷がもっとも好きですね。
次に、同作品の僧都。
『峠』の秋葉文七も好きです。
「弱い父であることを、娘は望むまい」として戦いに赴く姿には痺れました。
雷四郎は正直、日輪の頃の方が…w

669 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:46:20 ID:yQGf9WiR
すいません、668は>>653へのレスでした。

670 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:16:10 ID:y2C7C1lx
女性の立場にたって言えば。匿名のここでならまだしも。
寿行ファンです、とカミングアウトするのは、とても危険な気がする。


671 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:12:07 ID:3pnDZu/8
寿行ファンの女性の読書ブログを読んだことあるけど、電車の中で広げるのは少し恥ずかしいとは書いてたな。
伊能・中郷は(渋い)、家族の復讐に立ち向かう男達は(熱い)…とこの辺は予想通りだったんだけど、セクスに関しては、あまりに現実離れしていて(笑っちゃう)のだそうだ。
女性蔑視だと怒り出す女性もいる一方で、その女性のように大らかに笑い飛ばす女性もいるのだと、その時はなんとなくホッとした。

672 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:11:04 ID:E+2g8Jaa
650です。

女性蔑視どころか、寿行は女をすごく美しい崇高なものとして
見ているような気がします。

『陽は陰翳してぞゆく』でも、和子を犯したヤクザが最期の瞬間に
和子の裸身を物凄く美しいものとして見て死んでいきますし、
他作品でも、女たちはどんなに凌辱されても汚れないというか、
犯されすぎて記憶を失ったり諦めたりすることはあっても、
どこまでも「美しいもの」として描かれますよね。
作中でも「汚辱を溜めない肌」等の表現が何度か出てきますし。

誇り高くて強いヒロインも多く、
メンタル面も男より強く描かれていることが多いと思います。

犯されて必ず感じるというシーンも、お約束というかファンタジーであって
目くじらを立てるようなことじゃないですよね…。
むしろ馴れてしまえば寿行世界の構築にとって
必要不可欠な要素に感じられますw

673 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:13:27 ID:E+2g8Jaa
補足。
でもそういうのは抜きにして、単に面白いから好きなんですけど>寿行作品

674 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:28:00 ID:vBkjBA/L
>>667
>死神コンビなら、アルカイダを壊滅させられるし、
>鯱チームなら、アメリカを滅ぼせる…っていうか、世界を支配できる。
>都合が悪くなれば、思念で過去に飛んで、歴史の中に隠れてしまえるし…

バロスwwwwwwwwww
最強厨キタwww俺と一緒に週間少年漫画板に帰ってこいwwwwww

675 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:27:26 ID:3pnDZu/8
>>672
そ、そこまで深くジュコーヒロインをくみ取っているとは!
あんたエライよ〜 

( ;∀;) カンドーシタナー

676 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:37:52 ID:UXF8ZZpU
>>672アンタよく読めているな。

>犯されて必ず感じるというシーンも、お約束というかファンタジーであって
>目くじらを立てるようなことじゃないですよね…。

間違いなくその通り。

677 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:12:08 ID:vEtFf+TC
ここまでもの分かりのいい女性読者て.....Σ(゚д゚lll)ハッ

678 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:36:02 ID:4uJ6Fsbf
たしか篠田節子が寿行作品に敬意を抱いてるとか。
このスレで読んだのかもしれぬ。

679 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:49:10 ID:LtvChLTX
見本に受講の短編を選んでいたな篠田

680 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:20:27 ID:ZuKpALOa
女性読者って...釣りか?(w

681 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:18:26 ID:AxDrqo/W
別にネット上でも寿行ファンの女って結構見かけるけどな

682 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:38:08 ID:vpW7xMA3
某猟奇サイトの管理人も女だが寿行ファンを公言してるな

全盛期の寿行があれほどの多作でロングセラーを数々出したことからみても
女性の支持もある程度あったろうさ
(段々ついていけなくなった読者も多いだろうが…)

683 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 13:59:08 ID:PhObWvQO
篠田は『滅びの笛』にリスペクトされて、デビュー作の『夏の変容』を書いたと自身でも言っている。
『捜神鬼』の中の数編にいたっては、「学校の教科書に採用されたり、海外に紹介されたりしても然るべき名作」とまで公言している。
ただ、その篠田にしても、後期作でもひときわエグい『異常者』は、もう評価してはいないだろう。
それでも篠田は、寿行そのものを否定はしないはずだ。作品の評価が割れるのは、作品そのものの質の問題であって、作家の名前に貼られたレッテルのせいではない。
『異常者』にはついていけない女性読者でも、感性に個人差はあると思うが、『滅びの笛』や『癌病船』や初期の珠玉の動物小説を否定するとは思えない。
寿行エロに拒否反応を示す女性読者が、最初に『咆哮は消えた』や『捜神鬼』に出会っていたら…その後の展開に苦笑しながらもついてくる女性もかなりいたのではないか?
ジェンダーの問題と一言で切り捨てられない深さが、寿行作品にあるのは確かだ。

684 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:02:33 ID:PhObWvQO
ごめん間違えた。恥
×『夏の変容』→○『夏の災厄』

685 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:43:48 ID:PhObWvQO
( _。д゜)アウアウアー 落ち着け俺!

篠田のデビューは『絹の変容』
『絹の変容』と『夏の災厄』を混同してしまっている俺がいる…orz

『絹の変容』は蚕、『夏の災厄』は蚊の媒介するウイルスを題材にしたバイオパニックで、両方とも寿行にリスペクトされている。
かえすがえす申し訳ない…

逝ってくる…

686 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:49:34 ID:qg3mALDQ
ここで一言。
うちは親父も俺も、そしてオカンも寿行読者だw

687 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:51:53 ID:qg3mALDQ
そしてオカンが受け付けなかったのは
「陽は陰影してぞゆく」と「症候群」と雷四郎シリーズのみだとも付け加えておこう。

688 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:16:04 ID:ZuKpALOa
>>686=687
両親の仲についてもうちとkwskwwwwwwww

689 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:43:24 ID:qg3mALDQ
いや、寿行プレイとかはしてないと思うぞ…

たぶん

690 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:49:16 ID:u3jgCr8F
そうですか。。。御家族で愛読者とは。
こんな映画思い出しました。。。
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B000067JWV

691 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:32:32 ID:/0BumJhZ
フィクションをフィクションとして楽しめるいい家族だ
家族で寿行を読んでるからといって
他人の親を変態扱いするような
現実と虚構の区別がつかない奴がなんでこの板にいるんだか…

692 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:50:36 ID:PhObWvQO
>>690
よくこんなん探してくるな。あんたよっぽど暇なのな。
あんた=641=646=670だろ。
同じタイプのアンチの臭いがするぜ。


693 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:24:59 ID:nfluJucU
俺は650は女性だと信じる
レスからほのかな女の色香を嗅いだ
そして間違いなく650はジーパンが似合う

694 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:09:43 ID:6jLYtRPZ
誰も突っ込まないが、>>683>>685
「リスペクトされて」は「インスパイアされて」の
間違いだと思われ。

695 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:19:41 ID:4I6lOLjl
>>687
陽は〜はラストの超展開が受け付けなかったのかな?

696 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:06:06 ID:45X6omsZ
おまいら妄想乙ww

697 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:56:56 ID:Q7Ppp3ED
『陽は〜』の展開は、後で書かれる『ザ・デス』のさきがけになってるね。
それまでは獲物だった女が、一転鬼女と化して男たちを啖う…

『ザ・デス』の方は途中から旦那が出てきて、敵方も身内が出てきて代理戦争の様相を帯びてきて、
なんとなく怒りのテーマがあやふやになってしまう所が、俺はあまり好きではないんだが、
『陽は〜』のラストの展開はそれまでの寿行になかった意外性の展開がすごく記憶に残った。
最後まで緊張感が途切れないのも◎

>>694
誰も突っ込まないのではなく、突っ込む必要を感じなかったものと思われ。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EA%A5%B9%A5%DA%A5%AF%A5%C8





698 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:24:06 ID:E2mORUdp
秘境冒険小説みたいなのある?

699 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:26:13 ID:VFNTtg5j
ない

700 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:31:20 ID:Cyuea068
寿行のひらがなの使い方が好きだ
「うつくしい」「かね」「こしらえる」などなど…
メシなんかは「作る」より確かに「こしらえる」の方がうまそうだ

701 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:35:04 ID:45X6omsZ
おののいていた。

702 :694:2006/10/01(日) 17:38:02 ID:Ff+ae2dL
>>697

>>683は「『滅びの笛』をリスペクトして」
>>685は「両方とも寿行をリスペクトして」

なら意味は通るが、あのままなら意味が逆になり、
寿行が篠田をパクった事になると思われ。


703 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:13:11 ID:OGUOe+60
ウイスキーの肴に、ハムエッグを大量にこしらえていた。

704 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:15:58 ID:OGUOe+60
>>682
その管理人、中学生の時に幼馴染みの男の子に本貸してくれって言われて
寿行を貸したっていう人?
本人は純粋に「面白いから」と渡したらしいが、年頃の少年は戸惑っただろうな…w

705 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:57:59 ID:L8lXKweX
>>698-699
アマゾンとか熱帯雨林がでてくる末期の作品はそんな感じだよ。


706 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:29:22 ID:Q7Ppp3ED
>>705
おお!俺の大好きな『碧い鯱』も言われてみればそんな感じだな。
他に密林が出てくるものと言うと『空蝉の街』や後期の無頼船やレグルス号のシリーズとかもあるな。

>>702
はい、はい、俺がてにおはを間違えたのね。
ごめんなさい。
でも文脈の前後から意味ぐらいとれるだろ。もともと、リスペクトもインスパイアも日本語じゃないんだしさ。
もう、つまんないから、この話はここまでにした方がいいと思われ。



707 :694:2006/10/01(日) 21:06:33 ID:C0nk+HlY
>>706
おいおい、「てにをは」レベルだったらおれもわざわざ
突っ込まないよ。そうじゃなくて単語の意味を間違って
理解してるようだから、指摘したまで。何も知らん初心者が
見たら誤解しかねない事を書いてたわけだから。他スレなら
スルーだが、ここは愛する寿行スレだからな。

そもそも素直に間違いを認めりや済む話なのに、
何を「でも文脈の前後から意味ぐらいとれるだろ」とか
逆ギレしてるんだよw

708 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:20:29 ID:FWzj0cO5
まあまあ、予備軍仲間で喧嘩なんかしないで。

709 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 06:14:04 ID:fyi19rAh
末期マニアいますか?

710 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:32:50 ID:Kwhgl3mK
末期はさすがにイタくて読めない作品が多いし

711 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:56:10 ID:onJ3p30C
>>707
そうか、すまん。
そういう意図があったとは知らず、俺がわるかった。
バカにしたようなレスをしたのは、あんたがこのところやたら覗きにくるアンチ野郎と勘違いしたからなんだ。
どうか許してくれ。


ところで、寿行のひらがなの使い方が好きだという話題があったが、俺はあの独特の漢字の選び方にも痺れるぞ。
「衂られた」とか「鏖殺」とか「啖う」とか…
他の作家はまず使わないような、趣のある漢字を好んで使う。
「血塗られた」よりも「衂られた」の方が、「皆殺し」よりも「鏖殺」の方が、造形的にも美しい。
そういう表現が、また寿行作品に深みをもたらしていると思う。

>>709
末期というのは表現が嫌なので最後期と訂正させてもらうが、正直なところあまり語りたくはない。「鷲」も「鯱」もあんなんなっちゃったし…
ただ、『牡牛の溪』は短編ながら昔の動物小説を彷佛とさせてくれるものがあったな。
特に村を襲撃する熊の描写なんかは、やはり寿行と思わせるものがあった。



712 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 13:30:35 ID:AeGxKUiH
宝探し小説みたいなのある?

713 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 15:10:42 ID:onJ3p30C
『闇に潜みしは誰ぞ』にトレジャーハンティングの要素はある。
最終的には変わっちゃうけど…

714 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 15:53:55 ID:yFW79qgY
>>703
徳田左近もそうだが、酒の肴に卵を食ってることが多い気がするな
真似してスクランブルエッグを大量にこしらえて肴にしたことがある

715 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 16:24:18 ID:YrmQHo1l
酒が飲めりゃ何でもいいのさw

716 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 19:15:23 ID:eECMU7mM
大藪春彦でさえ連ドラになったが寿行は無理か・・・
まあそれでこそ寿行だが

717 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 20:02:03 ID:z3uJEwcU
大藪と寿行は比較すること自体、寿行に失礼だとオモ

718 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 21:52:49 ID:onJ3p30C
古いが、以前連ドラにはなってる。
「犬笛」も「黄金の犬」も…
他にも「炎の犬」なんてのもあった。原作は短編の『緑の魔境(だっけ?)』。
確か、昔捨てた仔犬が富士の樹海で野犬の群れを率いているみたいな話。
主題歌は今や俺ら中年族のカラオケのスタンダードナンバーになっている、杉村尚美の「サンセットメモリー」。
寿行も連ドラの数だけでは大薮に負けていないのでは? 全部、犬絡みだけどねw
かつては、寿行の犬ドラマが、世間を席巻したこともあったんだよなぁ。

719 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 23:12:45 ID:UcXHQCYt
『黄金の犬』連ドラ版は予想されたことではあるが、
エロスは全くなし。

720 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 01:05:55 ID:8lepXjaJ
てつは本気になったら絶・天狼抜刀牙するよ

721 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 01:26:01 ID://FXUGJz
末期のスーパーエロに若

722 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 12:51:31 ID:S2GyaBz+
炎の犬をTV放映していた当時、まだティーンエイジャーだったけど、新刊で買ったハードカバーの黒い鯱を読んでた。
読みかけの黒い鯱を途中で閉じて、炎の犬に釘付けになってた記憶が蘇った。
振り返れば、寿行漬けだった日々ww

723 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 18:59:39 ID:tQdWIH1x
先生の76歳の誕生日まで、あと一ヶ月。
みんな、祝福メッセージ、考えといてくれよ。

724 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 22:05:23 ID:655qAmCp
炎の犬ってそうだったんだ( ゚д゚)!
あのドラマ好きだったんだよー。

このスレの印象で、なんとなく「峠に棲む鬼」を購入した。
よく確認しないで通販で買ったんだけど、えらく分厚いのな。

725 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 22:38:23 ID:iwrg33YV
JRの九州デスティネーションキャンペーンのポスターに出てる白い犬を見ると
寿行ぽいなと思う。でも松本清張を思い出すべきなんだろうな。

726 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 00:41:17 ID:RpeGNLb8
以前このスレで話題に上っていたTVアニメ「うたわれるもの」の最終2話を見た。
今風の絵柄の巨乳アニメキャラ(カルラ、だっけ)が寿行ヒロイン風に「あるじさま」と言ってるのが妙に新鮮だった。
あと、声を当てていた田中敦子(攻殻機動隊の少佐役とかで有名)は寿行ヒロインの声も十分演じられそうだと思ったw
ぜひ、ハードエロスOVAとして寿行作品の映像化を……。


727 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 01:27:40 ID:V1/8ijCD
予備軍の方々の守備範囲は女子アナから懐かしTV、お宅アニメまでと
幅広いですね、感心しますた。

728 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 01:41:39 ID:7XlSRzci
どうみてもただの変態の集まりです。
本当にありがとうございました。

729 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:37:20 ID:04l6qznu
せめてアンチも流れと空気読んで書き込めばいいのに

730 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:44:44 ID:ZRdn0iz6
>>724
炎の犬に感動したあなたには、寿行の『荒らぶる魂』をぜひおすすめ。
うるうるものの感動は、炎の犬に勝るとも劣りません。
原作短編も悪くはありませんが、なにせ短編ですから読後の充実感には欠けるかも…
他では、『犬笛』の鉄の主人を想う凛々しさも、炎の犬のリュウに負けてはいません。
そして、もし、あなたがエロに抵抗がない方でしたら、『黄金の犬』のゴロの健気さもおすすめしておきます。
とりあえず、手に入れた『峠に棲む鬼』をお読みいただいて、寿行のエロス作品と自分の相性をご判断いただきたい。エロさは、どちらもいい勝負です。
(ちなみに私は『峠に棲む鬼』よりも『黄金の犬』の方が好きですが…)


731 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 17:04:51 ID:VLVgsc4D
「旅券のない犬」もいいんだけど。

732 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 19:58:38 ID:pmVGlsYx
今『鬼が哭く谷』を読み終えた。最初短編集とは気付かず、
普通に長篇だと思って読んでいたので、次々に変わる舞台と
続々と登場するキャラクターに、うわーこの話はいったい
どうなるんだ!? と無駄にワクワクしてしまったよorz
まあどの話も面白かったが。結末のその後が気になる話
ばかりだね。

733 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 00:07:50 ID:vxBynneR
何で、峠に棲む鬼は、あんな続編なんて出したんだろう。

734 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 10:43:43 ID:JxcxfjSX
俺、個人的にはレグルス号のシリーズも嫌いじゃないんだが、確かに『峠に棲む鬼』の続編として読むと違和感はあるなぁ。
別に続編にする意味はないと思う。全然、別な話だし…
同じ変わり種の続編でも、雷四郎の幻戯シリーズは、寿行先生の創作意図が読み取れるけど、『花に三春の約あり』は、なんか無理矢理な感じはする。

編集者の要請だったのかも知れないね。
先生と担当編集者の結びつきはかなり濃かったらしいから、ぜひ続編をと頼まれれば、断れずにあんな形の続編を出すことになったかも…


735 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 14:10:56 ID:igZzC0Or
>『花に三春の約あり』
>『妖しの花乱れにぞ』

金ピカ80年代のあっけらかんとしたアクションノベルぽくていいじゃん。
寿行センセらしいハード感もあるし。

736 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 15:13:39 ID:JxcxfjSX
乗組員がみんな一騎当千の強兵ぞろいっていうのがいいね。
できれば、密林の戦いで命を落としていくメンバーのキャラを、もう少し書き込んで欲しかったところではあるが。

737 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 19:06:54 ID:59yEhkOE
渚シリーズはここではあまり語られないね

738 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 21:56:32 ID:+PDoVluj
シ毎イ呆マンセー!

>>736
>メンバーのキャラを、もう少し書き込んで欲しかった
そうすると物語のドライブ感が無くなるんだよ。きっと。

739 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:07:28 ID:vxBynneR
>>735
紀魅シリーズとしては、好きなんですが、麻紀子と真庭の扱いが・・・
いきなり杖術が達人でも、別に違和感ナインじゃないかと。
せめて親子丼でも

740 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 01:16:43 ID:ihiPXZxS
え?魔糸己鬼未

741 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 04:13:18 ID:Zj+z3uvO
テレ東で先週からやってる女暗殺拳シリーズは割といいね

742 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 06:13:47 ID:i5b08JP3
女の臀部にダイヤを埋め込んで密輸
なかなか凄い映画だったw

743 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 09:16:39 ID:nKPophtZ
『峠に棲む鬼』から『花に三春の約あり』までのミッシングリンクが気になるなあ。
麻紀子と秋葉達人はどんな出会い方をして、どういう状況で結ばれたんだろう。
その時、真庭はどうしていたのか。
何せ、暗殺船のキャプテンだから、きっとそこには壮絶なストーリーが隠されているはず。
ぜひ、読みたかった。


744 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 10:36:53 ID:Fddqt3Pa
そのミッシングリンクから、現代のイスラムテロに繋がるような新しいネタで新作を書いてほしいね。

745 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 18:51:42 ID:nKPophtZ
明鏡流杖術VS秋葉三尺杖なんてシーンもあったかも。
なんかホントに読みたくなってきたw

ところで「渚」は、シリーズでいうとどれが人気なんだろう。
おれのお気に入りは『ふたたび渚へ』。
『沈黙の渚』の非情感も捨てがたいけど、『ふたたび』で、歴史に秘められた謎を突き止めるために海外を飛び回るスケール感がいい。
それと、人間やめちゃう保守党幹事長!
人間羆がイイ!!!あの激狂いなケダモノ感ww
なんだよコイツwww

746 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 19:36:34 ID:c3rkWurm
渚は1〜2作目じゃないかな

私は「峠」があまりに神すぎたので続編は少し微妙だと思った
最初の峠があまりに完成度が高すぎたので…
でも当時の寿行さんの売れゆきからして、続編を望まれないわけにいかなかったのでしょうね

747 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 23:26:48 ID:7NRtcMsI
いやむしろ寿行がゴールデン・イーグルのかっこよさに飲まれたんだろ。
ゴールデン・イーグル最強すぎ。ガンダムで言えばストライクフリーダム。

748 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 01:03:47 ID:wSDb1Ou9
ある雑誌で、ゴールデン・イーグルに乗る寿行さんを特集した記事があった。
やっぱかっこええわ、ゴールデン・イーグル。

749 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 01:16:42 ID:MQLMu1K4
いやいやデビル工房がす

750 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 14:03:49 ID:wmSuShdf
>>743
え?麻紀子は真庭とハッピーエンドにならなかったの?

751 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 17:41:49 ID:2OZCRCLM
>>750
さては、読んでいないな。『花に三春の約あり』を。
読め!
さすれば、ここで問題とされている意味の全てがわかろう。

752 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 21:47:21 ID:wmSuShdf
グハッ アス ブックオフ イッテミヨ

753 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 22:16:46 ID:MQLMu1K4

 血染めの南洋に(ry


754 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 23:13:37 ID:HsXfuiTi
傑作と評判の洋画「変態村」は設定がちょっとジュコっていたが…

755 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 12:50:58 ID:YOD4XDXY
釣りかと思ってググってみたら、ほんとにあったのね。そんな映画。
でも、ストーリー読んだ限りでは、女はほとんど出てこないらしいじゃん。
ちょっと妖獣の村みたいの期待したんだが…
なんか、寿行というよりエロ抜きの友成純一ぽいんですけど(見てないからあくまで感じね…藁
それにしてもタイトルのネーミングのセンスね〜な〜。
配給会社に、寿行のタイトルセンスの爪の垢でも飲ませてやりたいよ(藁

ところで>>747は「垰」と「(峠)に棲む鬼」を勘違いしてるの?
それとも>>746が「(峠)に棲む鬼」と「垰」を間違えたの?
噛み合ってないみたいだけど…

756 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 20:57:24 ID:vVmQoCWZ
え?
>>746-747は普通に会話が成り立ってるように読めるんだが…

746の二行目以降は、745にレスしてはいないと思う

757 :755:2006/10/10(火) 10:52:49 ID:/lpdapev
>>746のあげた続編とは垰の話だったのでつね…
それまで峠に棲む鬼の続編の話題が上がっていたので、てっきり勘違いしました。失礼。

おれもティーンの頃、ゴールデンイーグルに痺れ、いつかはきっとゴールデンイーグルに乗って冒険の旅に!と思っていたなあ。
けど、現実は安い国産の乗用車に乗るしがないサラリーマン…このスレで生産中止されちゃった話も聞いたし、ますます高嶺の花になってしまいますた。


758 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 11:56:35 ID:XXnv6Kbf
今なら買えるだろ
燃費さえ気にしなければ...

759 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 14:10:14 ID:FLL+1iPd
孤北丸に憧れるよりは現実的だガンガレ

760 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 21:42:47 ID:/lpdapev
なるほど、それもそうすね

761 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 23:17:31 ID:LHm9/L45
孤北丸と言えばジェーン

762 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 00:50:09 ID:BeJKGmJV
http://www.rv-inn.com/news/20051003_2/index.html
これか。

763 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 22:04:32 ID:jgDNVdeQ
ゴールデンイーグルってつよい?

764 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 20:10:07 ID:21umaBFW
寿行様こそノーベル賞にふさわしい。

765 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 21:56:38 ID:nC3dtQBf
寿行がもし、人妻やパンティやX機関とかの路線に走らず、初期のモチーフを
発展させ自然との対話のみ描写していれば…  それでもノーベル賞は無理か。

766 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 02:23:26 ID:gdqL9oRe
ノーベル賞は、エンターティンメントとは関係ないし。
直木賞クラスはまず確実だったと思うが…

寿行の動物小説の完全なるパクリでフロック的に直木賞を受賞した志茂田影樹
あれが直木賞を取れて寿行が取れなかったことが、今でも不思議でならない。

767 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 14:49:53 ID:nX37pKQP
むしろ無冠である方が寿行にはふさわしい

768 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 16:27:51 ID:ZUiC2Uo7
むしろ西村寿行賞を設立するべきだ。

769 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 18:56:42 ID:gdqL9oRe
面白いな、それ。
大薮賞があるんだから、西村賞があってもいいよな。
ちなみに西村寿行の衣鉢を継ぐ後継者は、誰あたりになるんだろう。

オンリ−ワンの印象の強い作家だから、おれはちょっと思い浮かばないが…


770 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 20:55:46 ID:7JzT0YDx
流れぶった斬ってスマソけど
寿行ぽい漫画ってどんなのがあるかな
原作のやつはもう全部読んだぽいから
(修羅みたいなのがまだあるかな?)

ひとつ知ってるのは復讐の兇獣てやつ
貞淑で美人の妻をヤクザに拐われた頼りない男が
刑務所にぶち込まれたりしながら強くなっていく話
妻はヤクザの親分の好きだった女に似てたとかで犯されまくる
で最後は悲劇的結末を迎えるんだけど

他に知ってたら教えてください

771 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 23:19:49 ID:srtOO2wN
一人暮らしの女性を狙った連続強姦(ごうかん)事件で、大阪府警は13日、神戸市の無職女性(22)に
性的暴行を加え、現金を奪ったとして、大阪市浪速区の無職山元平和容疑者(42)=強盗強姦罪などで公
判中=を強盗強姦容疑などで再逮捕した。容疑を認めているという。
捜査1課の調べでは、山元容疑者は5月20日午前3時ごろ、神戸市中央区の女性のマンションに侵入し、
スタンガンで無抵抗にした上で粘着テープなどで約7時間拘束して性的暴行をした疑い。さらに、女性の
キャッシュカードで銀行から引き出すなどした現金計約217万円を奪った疑い。奪った金は大阪・ミナ
ミのラウンジで80万円以上使ったという。

772 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 00:00:01 ID:RrwuFb4Z
なぜこのスレにそれを貼るのか

773 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 01:51:22 ID:QLs8brCk
女性12人に性的暴行を加えるなどしたとして強姦(ごうかん)罪などに問われた東京都足立区六木4、
解体工、トムロット・デニス・ヘルナンデス被告(25)=フィリピン国籍=に、さいたま地裁は13
日、懲役27年(求刑・懲役30年)を言い渡した。中谷雄二郎裁判長は「動機に酌量の余地はない」
と指弾した。判決によると、ヘルナンデス被告は04年10月〜05年6月、埼玉県三郷市や東京都
葛飾区などで、帰宅途中の当時13〜18歳の女子中高生らにサバイバルナイフ(刃渡り10.5センチ)
を突き付け、性的暴行を加えるなどした。

774 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 21:32:19 ID:vk+I/Kt+
マンガはちょっと思いつかないが、昔の角川映画「野生の証明」は、今振り返るとかなり寿行テイストだったな。
原作は森村誠一の普通の社会派推理だったんだが、映画化に際して大幅にストーリーが改編され、設定の衣裳だけ借りた違う物語に。

寡黙で強靱な意志を持つ主人公とか、父親と娘の絆とか、町を陰で牛耳る巨悪の黒幕とか、暴れ回る暴走族とか、婦人記者のレイプ、殺人、自衛隊特殊部隊…と寿行テイストなキーワードが全編にちりばめられていた。
そして何よりも、肝心の物語の謎が、後半に展開する壮絶なアクションの布石に過ぎなくなってしまうあたりや、前半と後半のバランスが微妙にぎこちなかったり、ストーリーが恐ろしく破天荒になっていくあたりは、森村誠一というよりは、モロに寿行ハードロマン。

当時ブームにもなった超がつくような大作だから、30後半〜40歳代の人は結構見てると思うけど、若い寿行ファンだったら結構楽しめるかも。
ただし、エロはほとんどないよ。

775 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 22:12:18 ID:TXzeUZVC
>>774

そうかも。
主役は高倉健だし。


776 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 07:31:34 ID:tJDkW8ty
小池一夫原作の一連の漫画は多少似たとこあるかもしれない。
あと昔の雁屋哲(野望の王国)とか。

777 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 12:37:51 ID:oksSnBu/
今、かつての角川映画が再評価されているのかは知らんが、犬神家の一族のリメイクやら、時をかける少女のアニメ化やら、セーラー服と機関銃のドラマ化やら、なんか立て続けにきてる
何年か前には蘇る金狼が連ドラになったし…
この流れで、ぜひ化石の荒野もリメイクを… ムリか

778 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 21:44:47 ID:sCdjDL+1
『襤褸の詩』を原作に忠実に映像化して欲しい



779 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 22:50:37 ID:EbhQbk5P
>>778

ほう。
これのことかな。
東洋の武術で戦う巨乳美女。
男を蹴散らす美女軍団。

ちょっと濃い感じの李雪琴ですな。

ttp://www.youtube.com/watch?v=yFRbZ_P0BAs


780 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 12:27:50 ID:SjkAwSul
>>778
どう考えても映画は無理。
AVだったら可能か知れんが、低予算になっちゃうから、やっぱり忠実にというのは無理。
まあ、脳内映画でもって楽しむしかないでしょう。

781 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 21:16:52 ID:5G9IIu98
『襤褸の詩』   脳内希望配役

出雲阿紫/後藤真希
萩生郁子/伊東美咲

明霞/真木よう子 
鋭子/吉沢ひとみ    
牟田貴子/松雪泰子
百々木加寿子/山崎静代 
むらさき/小沢真珠
念刀自/篠原涼子

野沢三四郎/寺島進
小桜亀造/笹野高史
遠山高久/遠藤憲一
大岡仁平/池田鉄洋
吐月(ゴンベ)/原田龍二
ちび/石井正則

のっぽ/中井貴一

李雪琴/山口紗弥加
中津源吉/伊原剛志
  


782 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 00:41:06 ID:XBxKGbN2
「十四人の旅行者」かと思ったらスタローンの「デイライト」だった ('A`)

783 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 12:43:06 ID:ixtd3mRJ
遅ればせながら、つい先日、リア・ディゾンを知った。
完璧なフォルムのボディに、白人なのにどこか東洋的で清楚な顔立ち。
知的ですらある。
無頼船のジェーンはこの娘で決まりではないか!

784 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 22:15:58 ID:ckYHWTQ6
年齢的に厳しいが、キャメロン・ディアスにジェーン
を演じて欲しい

785 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 22:42:29 ID:2NwaXaCT
寿行ファンならこぞって藤田東吾を応援しよう!
ttp://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061017
ttp://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061018
ttp://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061019
ttp://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20061020

786 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 15:33:21 ID:k4WVUnMy
女性を車に押し込んでキャッシュカードを奪い、暗証番号を聞き出して金を奪ったとして、神奈川県警は21日、藤沢市打戻、無職山崎輝彦(32)、大和市福田、無職山中康実(33)、
藤沢市藤沢3丁目、自営業手伝い山下兼之(34)の3容疑者を強盗・逮捕監禁の疑いで逮捕した。
調べでは、3人は9月8日夜、海老名市内の路上で、帰宅中の女性(27)を車に押し込んでキャッシュカードを奪ったうえ、暗証番号を聞き出し、90万円を引き出した疑い。
神奈川県内の小田急線沿線で帰宅途中の女性が車に連れ込まれ、コンビニの現金自動出入機(ATM)から預金を引き出される強盗・逮捕監禁事件が昨年10月から15件相次いでおり、
関連を調べる。

787 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 12:45:07 ID:C20/oKjH
>>783
俺は今知った
乳首も見せてるしもう一押しでやってくれそうw

788 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 14:17:13 ID:ADsEBk2Y
「花に三春の約あり」のジョディもリア・ディゾンでキマリ!


789 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 20:52:12 ID:bWCL79vS
このスレ、常に板の上のほうにあるな
俺もageてるけど

790 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 01:31:38 ID:jZjbfgKc
紀魅は井川遥とか

791 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 11:19:10 ID:G5s2zKNC
**********************************************************
藤田社長からの続報
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_3c80.html
フェアではない
http://www.egawashoko.com/c006/000197.html
藤田社長からの公開メッセージ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/__399b.html
ライブドアとの関連も出るのかな安晋会は安心かい?
http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=31174&log=20061020
PodCast ストリーム・コラムの花道 [MP3]
『耐震偽装』で現政権を揺るがしかねない新事実が発覚!?他。
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/10/1018_1045.html

----------------------------------------------------------

こんな国など信じられるか!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_5af2.html
藤田社長からのメッセージ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_79e0.html
藤田社長からの追伸
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_0bdd.html
藤田社長からアパグループへ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/10/post_6de9.html

**********************************************************


792 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 15:16:55 ID:boSmYN9o
>>790
井川遥の紀魅は、ちょっと眼差しが柔らかすぎる気が。
紀魅は猫科の獣のイメージで、眼にもう少しシャープさが欲しい。
演技力は未知数だが、新人アイドルの海川ひとみなんかは、俺の中でビジュアル的にかなり近い。
ボディラインもまだちょっと若いが、2〜3年後にはイイ感じだとオモ

793 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 16:25:51 ID:S2SKOi/k
上に挙がっている女優やアイドルが、
「ああっ、あるじさま! あるじさまの男根さま!」
と悶えるのを想像すると勃起します。

寿行ヒロインを演じるのは
「ジーパンが似合う、肢体のうつくしい女」
でなければいけませんねw

794 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 17:13:42 ID:dfbx2cli
神乃毬絵とかいいかも

795 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 21:03:52 ID:OOhCFg5Q
793
漏れは近所のM氏の奥さんが(ry

796 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 01:36:20 ID:1wQI49mo
こうして本人の知らないところで予備軍の方々に狙われているのだね。

797 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 08:54:42 ID:U4VM9/Za
>>795
ぜひ寿行チックに強姦して、しだいに主従を逆転されてくださいw
「おまえ! そこに這いつくばりなさい!」
「はい! あるじさま!」

798 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 09:41:52 ID:yMfp2ms+
上げんなヴォケw

799 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 20:43:18 ID:U1jzm0Fo
予備軍が自分の殻を破って羽ばたくには…
飛蝗や鼠、革命や大火災、天変地異といった
寿行流カタストロフがないと無理

800 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 00:23:45 ID:fE+jMZNh
『無頼船』 希望配役

包木一膳/大和武士

高萩礼子/加藤夏希
北原多津/酒井法子

北原清吉/渡辺大
胴沢喜三郎/松村邦洋
中股権介/田中要次

竪野義男/的場浩司
松原夏子/鈴木砂羽

斯波源二郎/堤真一

ジェーン・ベルトルッチ/ナタリー・ポートマン

801 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 20:33:14 ID:tyId/hl7
荒川静香も寿行度が高いですな。
いまスケートに解説で出演しているが。


802 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 20:54:20 ID:RSiGNBBL
ナタリー・ポートマンなんてガリガリの痩せ馬じゃねーか
寿行度ゼロですよ

803 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:38:36 ID:oVGJX7C5
ユマ・サーマンは今年36歳か。彼女もやせてる女優だが、
何か寿行度を感じさせてくれる。

804 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 00:47:44 ID:iuncCpqv
>>801
ムチムチして(ry

805 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 01:17:19 ID:K6IWA19L
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161764754/

予備軍の方だろうか?
少し若い気もするが。

806 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 13:14:38 ID:FlnVvkV4
寿行テイストは全く無い事件じゃねぇか

807 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 00:52:01 ID:GdFgwu+w
7階から飛び降りた後に、警察の包囲網を突破して、
冤罪を晴らすべく巨大組織を壊滅させ、自分を裏切った
女性に対しても報復を果たし、そのまま行方不明になって
いたら少しは寿行テイストだったのにな。

808 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 12:23:36 ID:EikKOPNi
錯乱か覚悟の自殺か曖昧なまま、マンション屋上から飛び出すあたりが、「われは幻に棲む」のち一号とかぶったのかね?
事件前後の状況は全く違うし、同じなのは、ただ警官隊に追い詰められてマンションの屋上(「われは〜」では窓)から飛ぶというだけだが…
偶然、電線にひっかかっちゃって助かって、そのへんも格好わるいしね

もっとも、>805が「われは幻に棲む」を読んでいるとは思えないか…
ただストーカーという言葉だけに反応しているんだとしたら、寿行認識の浅さに笑っちゃうね。

809 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 22:17:20 ID:OR9j9W9B
男子大学生モノといえば『馬鳴神』ですね。(←しつこい)

あれで何度抜いたことか。。

810 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 23:26:19 ID:l8niBMXm
俺は無頼船だな。
なんせトンデモ超人の多い寿行作品のなかでもぶっちぎりの強さだからな。

811 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 00:12:13 ID:nzzBNApQ
厨房のころに「遺恨の鯱」を読んじまった俺が来ましたよ
あのころはエロイラノベ感覚だったな
赤にさかのぼった時に「なんじゃこのスパイものは」と思ったのが懐かしい
思わず全巻読み直しちゃったが確かにジジイはどんどん荒唐無稽になってくな

でもあの4人が好きな俺

812 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 02:14:17 ID:cGdLF91d
さすがに「あるじさまの男根さま!」てのは行き過ぎだよな
AVでもそんなセリフはいてるの見たことないぞw

813 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 08:15:58 ID:wfMgV827
「幻覚の鯱」の第3部、メフィスト誌に2〜3回分掲載されてたって聞いたけど、誰か読んだ人います?
続きが読めないのかと思うと、すごく気になる。

814 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 09:40:56 ID:g7Q756IU
>>812
だが(ry

815 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 21:08:28 ID:nzzBNApQ
>>812
そこにしびれる!あこがれるぅ!

816 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 23:16:01 ID:FY2+Omf0
>>812
それがいいww

817 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 23:48:47 ID:CooaPrc+
お尻様

818 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 20:35:56 ID:D0LxNeWU
ああ、貴婦人さまのお尻さま

819 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 20:46:15 ID:hEkL47RI
このスレの人達にもこういう措置が必要なのにね。日本にも導入されないかな。

>南部テネシー州当局は、過去にレイプなど重い性犯罪を犯した約2000人に対し、「ハロウィンのお菓子を与えてはいけない」
「子どもをひきつけるハロウィンの飾り付けをしてはならない」といった禁止事項を通知した。
米メディアによると、このほか、ニューヨーク、ウィスコンシン、バージニアなど少なくとも10州で同種の規制措置を導入する
など過去1、2年、こうした措置を取る傾向が広がっている。米国では性犯罪は常習性が高いとして前歴者の住所などを登録、
当局が監視を続けている州が多い。

820 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 21:31:47 ID:ZgwXBlz4

1993年、国連は「女性に対する暴力の撤廃に関する宣言」を採択し、「女性に対する
暴力とは、肉体的、精神的、性的、心理的な損害や苦痛を生じさせる性別に基づくあ
らゆる暴力行為」と定義しました。
暴力を、
(1)家庭内での暴力(近親姦、DV、結婚持参金に係わる暴力など)
(2)一般社会の中での暴力(人身売買、買売春、セクシュアル・ハ スメント、レイ
プ、痴漢、ストーカー行為、ポルノ、女性に有害な伝統的慣行など)
(3)国家による暴力(拘束中や武力紛争下での女性への暴力など)
の3つに分類し、その暴力を撤廃するために必要な措置を勧告して ます。

性暴力ということばは、ジェンダーに基づく暴力、男性から女性への暴力は性的なも
のになる傾向があるということを認めた用語とされています。性暴力は、男性に対す
る性の侵害も含まれますが、性に基づく差別の一形態であり、女性の能力の発揮を阻
害し、人間としての尊厳を侵害する力の行使です。主に女性に対して行使されている
のが現状です。

性暴力で最も多いレイプは、まったく見知らぬ第三者によるものばかりではなく、親
しい知人関係、親子、夫婦間でもひんぱんに起きています。またこれらは密室、プラ
イベートな空間で起こるため、被害が潜在化する傾向を持っています。レイプは、被
害女性に肉体的のみならず、精神的打撃を与えるものであり、重大な犯罪です。
しかも、被害女性が公的機関に相談をしたり、捜査機関に親告(レイプは親告罪)す
ることによって、二次的な苦痛(セカンド・レイプ)を受けてしまうことが多くあり
ます。メディアの報道による周囲の目や、当の加害男性よりも被害女性を非難する偏
見で傷つくことも少なくありません。そのために、司法制度の改善も求められていま
す。

821 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 00:09:48 ID:q4xdV59w
明日は寿行先生の誕生日

822 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 00:28:53 ID:LwmjAH8u
動脈瘤は(ry

823 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 00:33:57 ID:IhXW2o/y
>813
国会図書館に行けば、読めると思いますよ。

824 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 03:50:42 ID:Hb0UJ9io
>>821
誕生日だからと言って、嬉しくなって暴走しないでくださいね。

825 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 09:31:33 ID:D+7V/8Tp
>>823
サンキュー
でも俺、地方モンなんで、国会図書館に行くのはチト難しい… (´;ω;`)
やっぱ地道に古本でバックナンバー探すしかないようですね
重ね重ね恐縮なんですが、もし掲載されていた巻が何年の何号かわかれば、教えてもらえないでしょうか?
あるいは、ネットとかでそれを調べる方法があれば…

>>822
先生は喉頭癌だったのでは?
動脈瘤にもなってたんですか



826 :825:2006/11/02(木) 13:00:28 ID:D+7V/8Tp
825です
お騒がせいたしました。
自分でググってなんとか手がかりを見つけられました
2000年の1月号のようです
確か、2〜3回掲載されたように聞いていたのですが、PART3はそれ1回きりだったようです
ということは、ほとんど進展はないんだろうな
とりあえず、古書店とかをまわってみようと思います



827 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 17:00:36 ID:qEZFIsCd
はぴばすで>先生

828 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 21:55:56 ID:dq/pjvX4
ワンピースでニコ=ロビンが連行される所で、寿行な展開を妄想した。
「へ、どうせ殺す女だからな、いい身体してやがるぜ」
ニコ=ロビンは覚悟していた。女は捕らえられたら精液を注ぎ込まれるものだと。

829 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 22:28:25 ID:2KGhOCTK
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061031-00000116-mai-soci
シャレにならない予備軍

830 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 09:34:37 ID:LzDYtMmb
これも寿行テイストではないな。こういう事件の描写はしない
せいぜい作品中で「こういう事件があった」程度の扱いだろ

831 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 12:28:00 ID:Rrr5KroF
寿行作品で処女がやられちゃう描写があるのありませんか?
なんかいつも人妻とか恋人持ちなんで、出来ればすぐに
「あるじさま!」とか言わないやつがいいんですけど・・・w
なんか寿行ヒロインて某○リムゾンの「くやしい!」に
通じるものがあるように思いますw

832 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 12:55:49 ID:vRidVRig
829はたぶん寿行作品を読んでないから、勘違いもいいところなんだろうけど、こういうタイプの犯罪者は寿行作品では、制裁される側なんだよね
闇の法廷とかにさ
大体、寿行はエロの要素はあるけど、馳星周みたいなノワールじゃないから、主人公が犯罪者ということは、まずない
主人公が犯罪者に報復する話がほとんどだからね
ヘンな記事のリンク貼る前に、もうちょっと勉強してほしいね

>>831
寿行の性のテーマが凌辱を受ける側の精神的な葛藤だから、精神年齢が肉体にともなっていない処女とかの描写はほとんどないんじゃないかな
あったとしても、印象的ではないエピソードでさらっと流されてしまっていると思う
例えば「梓弓執りて」の郁子は処女だったけれど、喪失は幸せな和姦で、ヤクザの凌辱を受けるのは男を知った後、大体がそんな感じ…

それはそうと、寿行先生、76歳の誕生日おめでとうございます
今年こそ復活を期待しています
多くは望みません、破綻しちゃてても構わないから、せめて「幻覚の鯱」の完結を…
それと「犬族からの通信」再開を!
まだ多くの読者が先生の復活を待ってます!


833 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 14:22:51 ID:cQOXKeBe
西村寿行先生、76歳のお誕生日おめでとうございます。

834 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 18:40:27 ID:TLtnByZa
>>831
俺もクリムゾンの新刊がでたら必ず一回はオナニーしてるクチだが
はっきりいって何でもかんでも媚薬系アイテムで解決するのは良くないと思う。
最近なんかはとにかく「媚薬による通常ではありえない快感」を演出したいのか知らんが
せっかくのメインの絵にやたらめったら効果線をいれてるせいで台無しになってる気がする。
メインの絵の前のつなぎの絵でオナニーすることもできるけど、
せっかくならメインの絵でオナニーしたい。

835 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 21:47:58 ID:GYVLrS+Z
MXでやってるうたわれるものは今日があるじさま開眼の日ですた

つうかこの後フランダースてw

836 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 22:04:28 ID:qQ8b+yo8
寿行先生おめでとうございます。

一日千秋のおもいで復活されるのまっています。
それとも枯れちゃったんですか?
はやく先生さまの男根さまでお尻からいたしてください。


837 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 22:50:17 ID:Rrr5KroF
>>834
こだわってるんだなw
あれも寿行作品みたいにただひたすらやりまくって
堕ちるて風にすりゃいいのにね

838 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 23:49:16 ID:ayG+kv7Y
幻覚の鯱は「クリントン大統領」とかの時代だったなw
もう中断から十年くらい経ったのか…
小説はご無理なら、せめて「犬族からの通信」の再開を!

839 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 00:14:31 ID:/YnL4Xo3
>>834
>>837
クリムゾンとは?

840 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 00:24:05 ID:JdRHKYjk
!ビクッ!!

841 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 09:14:10 ID:LuuQx7tY
クリムゾンって俺も知らなかったんでググったんだが、これマンガの同人誌のレーベルかなんかなの?
寿行よりもオカズ度高いのですか?

842 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 09:27:56 ID:lnGfcuAf
ジャンプの有名なまんがのヒロインを片っ端から監禁陵辱することで有名な
同人誌の有名なレーベルです。
強気な女性キャラが魔法の媚薬とか塗られて犯されることにしだいに悦びを感じてゆく
クリムゾン作品におなじみの展開が、ちょっと寿行っぽいということですね。
絵がアニメ系なので、好き嫌いは分かれるでしょうね…
なんたって寿行スレ、年齢層はけっこう高そうだしw おれは20代後半。

843 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 12:22:21 ID:LuuQx7tY
なるほど納得。
俺は年齢高めな方wだけど、マンガも読むしアニメ絵とかには抵抗ないので、今度機会があったら見てみます。

844 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 15:44:16 ID:yM5L6uu/
『峠に棲む鬼』しか読んだことがないエロ目的の寿行初心者(エロは初心
者ではないです)ですけど、続編の『花に三春の約あり』『妖しの花
乱れにぞ』というのも同様にエロいんでしょうか?
だったら、買おうかなと思っているんですけど・・・
教えて下さい、エロぃヒト。。。

845 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 15:55:50 ID:ZNL/8xhy
エロイよ

846 :844:2006/11/04(土) 16:14:26 ID:yM5L6uu/
>845
ども。。。
ネットの古本屋で注文しちゃいますた♪

847 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 17:42:22 ID:JG456QCT
ずっと気になってるんだが、おしりさまとかって英語版だとどうなってるんだ?
キングオブアナルとかかな。

848 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:06:24 ID:yein8bVP
爆笑!
それ、肛門様w

"Oh! my butt!!"とでもなるんじゃないか。つうか英語版ってあるの?

849 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:57:47 ID:vaGKE7EH
>>844
目覚めてしまったようだなw

850 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 22:11:07 ID:I+qvwCnS
つうかエロのない作品を探すほうが難しいかもね
美人でスタイルよくて悪人に捕まっても何もされなかった
登場人物ていたっけ?w

851 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 22:14:23 ID:MNQvd6it
捕まってないが鷹見玲子

852 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 00:03:39 ID:/gdgC0XS
鷹見玲子を

853 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 01:54:18 ID:6TVbhu6c
さすがに玲子が「あるじさま!」とかやったら
あのシリーズが破綻しそうだなw

昔「わらの犬」て洋画があったけど
あれ結構寿行テイストだったような気がするな
タイトルもそれっぽいし

854 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 02:19:39 ID:TMZnliFe
わらの犬のレイプシーンはすごかった

855 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 02:23:49 ID:4BNntbKU
「ヒッチハイク」のが凄いよ
旦那の目の前で犯られて感じちゃうんだから

856 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 04:11:54 ID:SYkx1Z2I
いま『去りなんいざ狂人の国を』を読み終えた。
前半は『往きてまた還らず』を思わせるハードな展開で
こりゃ傑作、と興奮して読んでいたのだが、終盤で脱力。
あの終わらせ方はどうなのかなー。投げやりなものを感じて
ガッカリ。このスレでは評価が高いようだが…。

857 :856:2006/11/05(日) 07:02:34 ID:MvhHu+uT
上の書き込みをした後、『荒らぶる魂』を読み始めて、
気が付いたら最後まで読んでしまった…。もう朝だ。
これはかなりの傑作だなあ。過去スレも覗いたが、
あまり取り上げられてないのが意外。

これも『去りなん〜』と同じく、普通なら書くべき
ラストシーンを書いてないが、こちらの場合は
逆に書かれていない事で余韻が味わえるね。

858 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 08:32:03 ID:AxgqcTm+
>>853-855
なんと言うか。。。レイプシーンがある作品にとんでもなく詳しいね。
さすが、予備軍。

859 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 12:40:49 ID:R22C6ag6
>855
「ヒッチハイク」は人妻がも少し美人だったらなぁとオモ

860 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 13:57:19 ID:/gdgC0XS
鷹見玲子が

861 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 14:31:42 ID:jv80ml1x
希望配役

『タワよ永遠に』(タワ=土+上+下の字)

秋葉小菊/綾瀬はるか

竹倉志津子/細川直美
河合舞/喜多嶋舞

紫/宮地真緒
藍子/池上季実子

紊鬼/内田裕也
カヤ野辰郎/竹中直人

高泉博亮(蒼冽)/玉木宏
竹倉光正/池内万作
河合義明/浜田学
広田首相/石橋蓮司

長岳源二/ビートたけし

秋葉文七/泉谷しげる

862 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 14:56:26 ID:kv1mFiiN
『死神(ザ・デス)』の真澄を
三浦理恵子さんに演じて欲しい

863 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 15:25:25 ID:6TVbhu6c
>>858
うむ、今度からはあるじさまと呼ぶように

864 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 19:06:20 ID:lHZ6nNKe
「予備軍」とか定期的に書き込んでる奴って、最愛の妻を
寿行ファンの男に寝盗られでもしたのか? 陵辱された
恨みをここでシコシコ晴らしてるの?www

865 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 23:16:41 ID:6TVbhu6c
中郷広秋→阿部寛
伊能紀之→佐藤浩一
伊造の親分→加藤茶
吉良→稲垣吾郎

死神シリーズはこれで

866 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 23:44:18 ID:/gdgC0XS
鷹見玲子で

867 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 00:39:09 ID:mdfhua/j
5日放映の『功名が辻』で関ヶ原の合戦をやっていたので、
『闇に潜みしは誰ぞ』「真田秘紋」における日高老と
土田明子先生の会話を思い出したよ。

868 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 00:51:50 ID:SlUPV3Kx
天海裕紀なんて
に愛そうじゃん

869 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 07:23:55 ID:ms8zWvbr
>>865
役者の歳と,中郷と伊能の歳が逆じゃね?

870 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 09:56:29 ID:SlXOyyly
>>850
亀レスですまんが、犯されないヒロインには「修羅の峠」の越路津恵もいるぞ
鷹見玲子と違って、逢魔麻紀子タイプの戦うヒロインだが、最後まで操を守る
さすがに、このスレでは麻紀子人気にかなわないが、俺は好きな作品の一つ
麻紀子の杖術に対して、津恵はムチ使いといったところか
ちなみに、この作品で津恵のパートナー役の五堂平馬は、「滅びざる大河」に主役として登場

>>856
それは、ラストシーンをどう捉えるかによると思う
俺は「去りなん〜」のあのラストは、確かに寿行には珍しいが、その後の展開のイメージをかきたてられ、秀逸な終わらせ方だと思う
最後の石舟の台詞にしても、それまで辛酸を嘗めさせられてきた敵に対する怒りが爆発していて最高に爽快だった
お決まり通りの復讐完了じゃなく、ああいうカタチの終わらせ方もアリだなって思ったよ

871 :856:2006/11/06(月) 10:34:54 ID:GeKNPInE
>>870
う〜ん、そうかなあ。「去りなん〜」は報復をきっちり描ききるべき
タイプの作品だと思うんだけど。だってあの犯人達って、おそらく
寿行作品の中でもトップクラスの悪人じゃない? それをああ
締めるってのは軽すぎると思うが。前半の雰囲気と比較すると、
明らかに浮いてる。妙にユーモラスな空気が漂っちゃってるし。

犯人達の心の闇みたいなものも、もっと描いて欲しかったってのも
あるな。前半は最高なだけに、なんとも惜しい作品だ。

872 :870:2006/11/06(月) 12:46:56 ID:SlXOyyly
>>871
あのまま、いつものように報復を書き込んでいくと、巨大な敵に徹底的にコケにされまくった刑事達の、一発逆転の爽快感が薄れると思うんだよね
その後の展開は、語らずとも予想はつくし…
石舟は中郷に比べれば小粒だし、鳴島や神谷も伊能に比べればハードさが足りないことは確かだから、「往きてまた還らず」と比べてしまえば見劣りがするのは確かだが…
まあ、エンディングの捉え方は人それぞれあるからね

「荒ぶる魂」のエンディングに関する感想には、まさしく禿同! だよ


873 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 13:16:46 ID:wsTdtzWo
>>869
そいやそうだなw
じゃあ伊能は高橋克典あたりで・・・
(実際には同い歳だけど)

874 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 15:04:19 ID:Q9n52w3O
このスレはエロ漫画小説板の方に立ってた方がより相応しいのでは?
と思うのは漏れだけでしょうか・・・

875 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 17:49:49 ID:a9Qy5TvI
変態集団はミステリ板から出て行け!

876 :856:2006/11/06(月) 20:44:38 ID:fAwPJkFH
>>872
そうなると、なぜ「去りなん〜」に限ってああいうラストにしたのか
必然性が無いと思うんだよね。同時期の同傾向の作品では、敵が滅ぶ
さまをちゃんと書いてるわけだし。もしあれが効果的なラストだったら、
他の作品にもああいう結末がもっとあってもいいはず(短編にはよくあるが)。
「その後の展開は、語らずとも予想はつく」んだけど、それをきちんと
書いてこそエンターテインメントだと思うし。確かに数多い作品の中で、
ああいう終わらせ方が一つぐらいあってもいいのかもしれないけど、
それはファンならではのひいき目だよね。別にひいき目は悪くないけどさ。

あの犯人って思想犯でもなくヤクザでもなく闇の組織でもなく、元々は
一般人、ってとこに凄さがあると思うんだよね。その一般人が何故ああいう
大虐殺をしでかす心理に至ったか、その辺のところを例えば最後の対決で
解き明かす会話シーンとかが入ってれば、もっと重みが出たと思うんだが。
「狂人」で済ますんじゃなくてさ。そもそも寿行が悪いんじゃなくて
担当した編集者が悪いんだと思う。おれが編集者だったら、絶対そういう
指摘をするけどなー。なんかジャンプの打ち切りマンガの最終回によくある、
「オレたちの本当の冒険はこれからだ!」みたいな尻切れトンボ感があるん
だよな。しかもあれ、完全に逆転したわけじゃないもんね。あの後、島の
連中に逆襲に会う可能性も残されている。そこがいいのかな?長文スマソ。

877 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 22:28:46 ID:+MoxUQN7
変態集団はミステリ板から出て行け!

878 :872:2006/11/06(月) 22:53:23 ID:SlXOyyly
>>876のいうことも、まあ一理あるが

>なぜ「去りなん〜」に限ってああいうラストにしたのか必然性が無い

「去りなん〜」が連載されていた雑誌が、今は無き「GORO」だったというのが、もしかするとその答えかもな
寿行作品はほとんどが、現代や大衆やアサヒ芸能といったサラリーマン向けの週刊誌や、他には様々な文芸誌で連載され、それらのターゲットはある程度年齢のいった成人男性に据えられていたが、
「去りなん〜」が連載されていた「GORO」はアイドルグラビアが中心の、今でいうヤングアダルト的な雑誌だった
ターゲットの年齢層も、ハイティーンから20代と、やや若かったと考えられる
>>876のいうように作品のラストが軽く感じられるのは、その辺りが理由なのかも…
作品の完成度や重厚感より、昂揚感やスピード感を取ったとは考えられないか
といっても、完全に俺の推測に過ぎないが…

まあ、なんだかんだと理由をつけても、俺が「去りなん〜」のラストが好きなのはそのせいじゃないし、ファンのひいき目だといわれればそうとも言えるしw
ひいき目といわれれば、むしろちょっと誇りに…というと大袈裟かもしれんが、ちょっとくすぐったくすら思うよ
俺は寿行作品が好きだからそれでいいんだろう、とね
あばたもエクボでいいんだろうと…

879 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 23:57:27 ID:TcKLvezc
あのだれもが認める名作ゴールデンイーグルシリーズの最終回だって
あれほどに光り輝いていたゴールデンイーグルが最後にはでてこなくて、
かわりによくわからない超能力者が主導権握ってたよ。
ゴールデンイーグルほどの無敵の超ヒーローですらないがしろにする西村は
ようするにテーマのためなら主役すらひねり殺す。
と、一見するだけならそう思うが、違うね。

880 :856:2006/11/07(火) 00:34:07 ID:G7YkY8HF
>>878
昂揚感やスピード感かー。おれはむしろ射精寸前に止められた感じ、
昂揚感の途中だったからなあ。感じ方は人それぞれだね。
ヤングアダルト的な雑誌だから軽くっていうのはわかるが、そうなると
ますます編集者の責任って感じだなw ちょっとおれが買い被りすぎたの
かも。寿行ならもっと書けたはず!と。

ちなみに>>878は既にファンじゃなくて信者だよ(これ別に誉めてないぞw)

>>879
いやいや、テーマに対して軽すぎるラストだから違和感を覚えたわけで。

881 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 08:26:29 ID:7YGEEalj
>>877
まあまあ。
予備軍は生かさず殺さずといったスタンスで。

882 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 08:56:01 ID:1MHwkPtQ
去りなん〜 の「狂人ばら」の大量殺人は,エロアイランドを獲得する資金を得るための
手段に過ぎないわけで,それほど深い狂気とか闇を抱えた集団という設定じゃない。
大藪春彦ワールドの悪人達(モラルとか人情ゼロで,金のために撃ちまくり殺しまくる
人間像をデフォルトとし,その性格の背景は説明されない)に近い。

復讐譚(汝怒りもて,牙城,帰らざる,我が魂等々)では,悪の組織や権力の暴虐に遭った
被害者側の怒りを描くわけだから,復讐完遂まで描写されないとエンタテインメントには
ならないだろう。しかし去りなん〜では,攻撃側は警察官で,直接の被害を敵から受けた
わけじゃない(神谷が闇討ちされたことはあるが)し,形勢逆転たぶん勝負あったという
段階で,あとは読者の想像に委ねることで構わんように思う。
この作品での悪人側の人間像は上記の通りだし,すべての小説が人間を深く掘り下げて
描く必要もないだろう。

鷲ものでも,母なる鷲や果ての鷲では,中郷と伊能が敵組織の残党狩りにかかろうと
するところで終わってるしな。

883 :856:2006/11/07(火) 10:58:12 ID:G7YkY8HF
>>882
いや、正にあれだけの大量殺人をエロアイランドを獲得する
資金を得るための手段と平気で割り切れてしまう、そして
それは一応一般人、ってとこが肝だと思ってるからさ。
ある意味ヤクザや謎の闇組織より怖いわけじゃん。大袈裟に
言うと今の日本の世相にも繋がるような、鋭い発想だと
思うんだよね。先見の明というか。だからそこを掘り下げて
いれば、寿行ファンにだけ受ける一作品に留まらず、もっと
広く長い支持を得られた作品になる可能性もあったんじゃ
ないかと(サド・マゾの時点で無理かもしれんが)。

「すべての小説が人間を深く掘り下げて描く必要は無い」って
のは個人的には「人間を深く掘り下げて描かずして何が小説か!?」とは
思うがw、ここで文学論を戦わせても仕方ないので。ちなみに他の
寿行作品では特に気にならなかったけど。

他の復讐譚とは主人公の立場が違うって点はなるほどな、と思った。
ただそれがああいう結末でも構わない理由にはならないと思うが。

それにしても俺みたいな意見は少数派で、ほとんどの寿行ファンは
あの結末で良しとしてるのかなー。意外だ。ちょっと半年ROMって
出直してくるわ。

884 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 12:08:11 ID:83H7gSOZ
 法務省は7日、2006年版「犯罪白書」を公表した。


 今年の白書は、性犯罪者の再犯状況などについて初めて特集。性犯罪による受刑者の2割強が再犯者で、13歳未満の年少者を狙った
受刑者に限ると、再犯の割合はさらに高く、3人に1人だったことが分かった。

 この調査は、法務総合研究所が昨年6月現在、全国の刑事施設に、強姦(ごうかん)や強制わいせつの罪で服役中の性犯罪者を対象に
実施したもので、対象者1534人のうち22・4%に性犯罪の前科があった。

 中でも、13歳未満に対する性犯罪者の再犯傾向が強く、34・9%に性犯罪の前科があり、未成年時に性犯罪を犯して保護処分を受け
たことがある割合も13・3%で、全体の6・9%に比べて高かった。

 発生件数では、昨年1年間の強姦事件は2076件(前年比4・6%減)だったが、95年と比
べると1・4倍に増え、検挙率は24・5ポイント減の69・5%。強制わいせつ事件も8751
件(同4・7%減)だったが、95年からは2・4倍に増え、検挙率は45・3ポイント減の
43・4%と、最近10年で大幅に悪化していた。

 一方、昨年1年間の刑法犯は312万5216件(同8・8%減)で、3年連続して減少。
戦後最多だった02年と比べて15・3%減となった。刑法犯の検挙者は127万8479人
(同0・8%減)で、検挙率は48・2%(同3・5ポイント増)となった。

 また、詐欺については02年以降増加し、昨年は8万5596件(同3・1%増)で、
1960年以降では最多に。振り込め詐欺は2万1612件で、前年比15・8%減だったが、
法務総合研究所は「背景に、インターネット・オークションを悪用したネット詐欺などの増加が
あるようだ」と説明している。

885 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 14:18:27 ID:P55P7+8E
802 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:2006/11/05(日) 23:39:57 ID:js95J5b50
みんな揃って鍋パーティ
フグにあたって全員死亡

職業・殺し屋     完

808 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:2006/11/06(月) 10:27:23 ID:rvQB+gub0
>802
そして地獄で大冒険か…って西村寿行かよっ!

886 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 21:49:46 ID:X8poZfMN
>>883
過去スレから。↓こういう意見もある。


70 名前: 名無しのオプ 04/06/12 00:55 ID:C1fIQwMl
余分な単語をこそぎ落とした潔い、媚びない骨太な文体が好きです。

でも、この人、出だしノリノリで書き始めてるのに、明らかに終盤で書き飽きてきてる作品て多いよな。
エンターティメント系のだと特に。

幻戯とか頽れた神々とかはかっつり描き切っててたまらんかった。
操神鬼とか動物モノはいわずもがな。

いざ去りなん狂人の国はオチがな〜…鬼とかもそうか…

>69
俺もエロはなくてもよし派だけど、それでもやっぱ「男根さま」「少年さま」を聞かないと寿行読んだ気がしないのも確かだったり……


887 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 22:32:35 ID:Neuktuk4
「去りなん〜」はともかく、「鬼」を描き切ってないと感じる人もいるのか…
やはり、受け取り方は人それぞれなんだな

888 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 23:38:51 ID:L4KSVJht
(σ・∀・)σ 888

889 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 00:04:38 ID:c8d/N/4U
寿行作品は物語の途中で主題がどんっどん変わってゆくからな…
「襤褸の詩」とか、三回くらい別物の話になっているw

890 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 00:40:16 ID:tjhPeY+e
阿紫と郁子の同性愛→各国の諜報機関同士のバトル→盗人村の奔放な性





たしかにw

891 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 12:29:22 ID:Lkjj6dZS
乗り遅れたが「去りなん、いざ狂人の国を」は、やはりオレも充分落とし所を考えて書かれた作品と感じる。

途中で投げ出されたような作品はむしろ後期作に多い。
「無法者の独立峠」「悪霊刑事」「魔性の岩鷹」あたりは広げた風呂敷を畳むのが面倒になって途中で放り投げた感が。
(オレは後期批判者なので、後期ファンの人がいたら許されよ)

「風と雲の街」の脳嗅犬なんて、面白い素材で
使い方によっちゃ凄い作品になったと思うんだけど、
これもアイデアだけに終わっちゃった感じ。
山田正紀のSFばりに、凄い作品になるんじゃないかと読みはじめたんだが・・・・ OTL


892 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 15:06:57 ID:W6yCPe/v
あの「放り投げ感」が、いいんだよ(w

893 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 18:53:08 ID:tQJ8cKvd
希望配役

『風紋の街』
斧割糺/山本太郎
鉈割瓢/中村獅童

894 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 02:02:44 ID:/xATvIyb
「去りなん〜」は寿行が書き飽きてる説に一票。実際浅羽が死んで以降は蛇足だろあれ。

895 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 10:48:59 ID:m1/QL7rv
おれは後期の破綻したトリップ感も好きだけど、
小説としては前期のほうが素晴らしいのはわかる。
死神も鯱も、一作目と二作目以降は別物だもんなw

「去りなん〜」は「書き飽きた」わけではないが、
寿行さんの脳内で、物語の主題が途中で変わったんだと思うw
でもそれは、寿行作品に総じて言えることだしな。

896 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 12:30:38 ID:d0CtwhzA
>>893
ドーベルマンに尻を犯される山本太郎と中村獅童って、なんか妙にハマっててワラタw

897 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 12:54:31 ID:ikpIjQpv
鯱は思念で植物と会話くらいまではギリギリ許せたけど
動物としゃべったり瞬間移動したりしだしてからはもうダメ

898 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 12:59:35 ID:b6roTYBs
わろた。ドリトル先生かw
ほのぼの。。。

899 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 16:17:27 ID:K23DFl53
鉈割瓢「本家よ。」
斧割糺「なんだ、分家よ。」


900 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 18:21:51 ID:K23DFl53
鉈割瓢「腹が減ったな。」
斧割糺「......。」

901 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:20:19 ID:d0CtwhzA
>>897
オレはあの4人にはすべてを許せるww

902 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:09:41 ID:6b9l+QZC
リアル進行中の埼玉・警官郵便局強盗事件は何気に寿行テイスティ

903 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 23:08:28 ID:wvLZi6ie
>>899-900







904 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 00:33:29 ID:5QZov5jQ
鉈割「本家よ、又立ちそうだぜ」
斧割「分家も元気だな!
猿も勝てねえやな」
鉈割「立つのはそっちじゃなくて
次スレだよ」

905 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 03:06:02 ID:papnJy57
初書き込みです
ネタや荒らしぬきで・・本音です。
やっぱり2チャンネル凄いわ・・
こんなに熱く西村寿行先生を語っている場所があるとは思っても見ませんでした
マジ感激です。
ちなみに私が西村先生の作品で一番好きなのは虎落笛です。
そこですいませんエロ禁止かもしれませんが一言だけ言わせてください
「虎落笛」の絹江は最高の女性です!!
あの健気さと忠実さ最高の女性です
彼女が15歳で好色な商人の手篭めにされるシーンは
本当に興奮しました!!
椎葉と共にやられるシーンは最高のエロシーンです!!
(すいません、今まで誰かに言いたかったのですが私の周りには
せいぜい滅びの笛を読んだ者しかいなかったので
誰もわかってもらえず今まで語る機会がありませんでした。
やっと、言えました・・・)

906 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 04:31:54 ID:qERp2n2p
>>902
「十階のモスキート」でしょ。
ただ、この映画での風祭さんの役はまさにジュコウ路線と言える。

907 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 09:21:58 ID:54FRdnuo
 ナデナデ
( ^^)/(: ;)←>>905

908 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 16:50:41 ID:EQWCeGGs
俺、870です
>>905さんのように、ファンであれば、特に思い入れの強い寿行作品が最低でも1作はあることと思います
俺にとっては、「去りなん〜」がそんな作品の一つだったわけで…
ただ自分の好きな作品を擁護するつもりで返したレスが、何だか投げやり作品論争に火をつけてしまって、逆にビックリしてます
それでも、いろんな作品を好きな人がいて、その作品に対して批判をぶつけあうことは、楽しいことだと思いました
掲示板の本来の目的はそういうもんだし、荒らし連中の書き込む誹謗や、わけのわからない記事リンクやコピペなんかより楽しいことは確か…
寿行作品をただ誉めあうだけじゃなく批判があってもいい!
本当に寿行を好きな連中が集まってるんだから、逆にそうでなきゃおかしい!
…ということで、>>905さんも、忌憚のない意見をガンガン書き込んでやってください

それにしても「去りなん〜」がそんなに問題作だとは、ついこの間まで思ってもみなかったぞw


909 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 01:33:16 ID:K105ywNU
後期ファンの俺は

910 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 03:16:03 ID:Ay0wiv/o
予備軍の方々、次のスレタイどうする?


911 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 08:23:51 ID:1OS9szrE
>>908
俺は逆に「去りなん〜」があんな結末なのにそんなに人気作だとは、ついこの間まで思ってもみなかったw

912 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 09:13:46 ID:Y6tn9psm
「去りなん〜」は発表当時から話題作だったの?
おれは、サリン事件のときに「似ている」ということで「去りなん〜」が増刷されていて、
それで寿行さんの存在自体をはじめて知った人間です。

913 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 09:58:39 ID:QKXa2fHx
>>912
そうなの?
オレは、地下鉄に毒ガスまかれたニュース見た時に、「去りなん〜」を真似たどっかのバカがやりやがった・・・って最初に思った。
オウムって判明したのは、その後。
むしろ、あれだけそっくりなのにマスコミが寿行に飛びつかないなって、不思議に思ってたくらい。一応、話題にはなってたんだね。

発表当時に特に人気があったとか、そういうことは無いと思うが、当時の寿行はどんなタイプの小説でもコンスタントに売れてたはずだからね。
突出して売れた作品って、「犬笛」とか「黄金の犬」とか「化石の荒野」とか、映画化して話題になった作品くらいじゃないのかな。
それも、出版社がフェアとかやっちゃうと他の作品までみんな売れちゃうから、あまり目立たないんだよね。たぶん。

70〜80年代、10年間も長者番付の上位にいて、突出した代表作がない(・・・というか代表作といわれる作品がやたらに多い)のって、
逆に作品ひとつひとつのセールスがみんな凄いんだよ。
あんまり例えたくないけど、赤川次郎や西村京太郎みたいな。

914 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 13:15:54 ID:K105ywNU
最近はフェミがうるさくて本も売れやしねえ

915 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 14:13:03 ID:DPGKnv5i
長身の刑事www

916 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 02:47:17 ID:KsO6qc3B
>>910
【性犯罪予備軍】西村寿行【変態性欲者】

917 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 10:05:14 ID:DryBmQ0z
【アンチの馬鹿タレは】西村寿行5【無視せよ】

918 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 15:55:35 ID:+Tm0PT9v
オーソドックスにいくべきだろう

【お尻様】西村寿行5【男根様】

919 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 17:42:27 ID:fdcLA6uF
ここはカッコイイ系で
【人は化石の街に棲み】 西村寿行5 【愛の欠片をさがしている】

920 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 17:46:55 ID:TuJwyia8
【狼・犬】西村寿行5【蝗・蟹】
生き物系で。

921 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 19:40:45 ID:Jvgq+oSG
【血染めの南洋】西村寿行5【ハードロマンの熱きうねり】

922 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 21:17:06 ID:4l4C0C3L
【逃避行・追跡行】西村寿行5【血族・因習】

923 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 21:35:28 ID:d3Hrvo4r
【人妻・美人講師】西村寿行5【ジーパン・尻】

924 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 21:45:57 ID:PjJHDWy8
美人講師って誰だよw

925 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 22:18:44 ID:YfLA71sL
【ジュコー】西村寿行5【ダイナミック】 お尻もあるデヨ

926 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 22:26:53 ID:pvcw/3rs
【訪ねん、いざ●●●】西村寿行5【予備軍のスレを】

927 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 22:37:40 ID:Jvgq+oSG
おまいら、のってきたな(w

928 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 00:09:32 ID:D/IuAVLZ
>>924
美人講師と言えば、

土 田 明 子 先生

929 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 00:19:22 ID:/mfNKxWb
以前挙がった候補再び

【泣ける】西村寿行5【抜ける】

930 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 01:16:08 ID:m4THQiIG
そもそもミステリー板のままでいいのかね?
文学板とかどう?

931 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 01:22:44 ID:2WglhBh6
このまま行こうぜ、野郎共。

932 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 01:37:58 ID:/mfNKxWb
孤北丸出帆!

933 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 02:54:35 ID:ND0OeVS3
予備軍共、変態路線でGO!!

934 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 16:26:43 ID:K9ytUW4J
もうすぐ>>950だ......しかも次は5スレ目。信じられん(´д`;)

935 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 22:30:10 ID:J8bZ31bm
【頑固にいくぜ】西村寿行5【バックスタイル】

936 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 23:31:32 ID:qTE8+z+L
スパイラルシャドウってキャラが出てくるシリーズ教えてください。

937 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 06:48:06 ID:H+UpEFvl
【性犯罪撲滅へ】西村寿行5【ミーガン法を日本にも】


938 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 09:50:48 ID:V1dV1saN
>>937
何言ってんだおま

939 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 15:09:14 ID:rwmkRjM5
すいません>>938の兄貴!
>937はバカタレなんで、兄貴の性交用奴隷にしてやってください!


940 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 19:19:51 ID:9wifK7V1
【ウイスキー】西村寿行5【尻好きー】

941 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 21:21:22 ID:y8zjJJJi
盛り上がってまいりました!

942 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 21:41:17 ID:aZY1pZaF
【バカタレ】西村寿行5【おまえとはもう口をきかん】

943 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 21:42:23 ID:3RQU4yqD
【闇に潜みしは】西村寿行5【汝ら予備軍!】

944 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 22:01:04 ID:xL0QJBkW
【ちー子】西村寿行5【ち一号】

945 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 22:24:21 ID:9cSwXe9z
>>939
重衡?

946 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:07:03 ID:fwxa6dfQ
【伊東美咲】西村寿行5【井川遥】

947 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:34:45 ID:3RQU4yqD
美咲タンは腰周りの迫力が足りない
【水沢アキ】西村寿行5【渡辺良子】

948 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 00:10:10 ID:RDOareX6
【深田恭子】西村寿行5【後藤真希】

949 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 00:44:05 ID:4OQLGLOH
>>945
打てば響くレスやめれwwwwww

950 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 00:45:44 ID:4OQLGLOH
(σ・∀・)σ 950!


というわけで、次スレは折れが立てることになりました。
残りの50レスで希望するスレタイをよろしこ。

951 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 02:14:08 ID:cpmBB2PU
【人妻の】西村寿行5【尻】

952 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 09:29:10 ID:AallXNVr
>>951
菊地秀行と区別がつかんw

953 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 10:51:34 ID:eh++Y9M2
【槐帰雲】西村寿行5【白骨紅】

954 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 11:19:03 ID:DvKlyqLb
>>953
シブイ(*^ー゜)b

955 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 11:27:11 ID:m0Na5+Tq
【予備軍御用達】西村寿行5【逢魔親子丼】


956 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 15:14:02 ID:eh++Y9M2
>>952

ww

これでどうだっ!
【人妻専門の】西村寿行5【尻】

957 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 16:32:10 ID:SbFHnNFZ
エロ小説板に建ててね

958 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:12:51 ID:DvKlyqLb
マトモなスレタイにすれば大丈夫だろ?

959 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 20:47:47 ID:yae7Tbc/
【北守礼子】西村寿行・5ロ

960 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:02:42 ID:+CmwL/PO
H報堂勤務の自分も作ってみた。

【上野樹里】西村寿行【玉木宏】

961 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:18:58 ID:eh++Y9M2
↑意味わかんねぇよ
寿行と関係ねぇじゃんくだらなすぎ

こいつでどうだっ!
【テロリスト僧都】西村寿行5【エロリスト麻紀子】



962 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:32:51 ID:4OQLGLOH
まあまあ、H報堂勤務に敬意を表して意図を読み解くとしようや。

963 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:40:08 ID:4OQLGLOH
明らかに不適格な冗談系を除いて、整理してみた。

<マジ系>
【人は化石の街に棲み】 西村寿行5 【愛の欠片をさがしている】
【狼・犬】西村寿行5【蝗・蟹】
【血染めの南洋】西村寿行5【ハードロマンの熱きうねり】
【逃避行・追跡行】西村寿行5【血族・因習】
【槐帰雲】西村寿行5【白骨紅】

<シャレ系>
【バカタレ】西村寿行5【おまえとはもう口をきかん】
【闇に潜みしは】西村寿行5【汝ら予備軍!】
【予備軍御用達】西村寿行5【逢魔親子丼】
【テロリスト僧都】西村寿行5【エロリスト麻紀子】


あと、今思い付いたのがコレ(w

 【なぁ本家よ】西村寿行Part5【何だ分家よ】


964 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 22:15:42 ID:2wG8fZjd
【酒と泪と】西村寿行5【男とお尻】

965 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 22:41:48 ID:++aHcsbP
>【なぁ本家よ】西村寿行Part5【何だ分家よ】

実現は無理だろうが、麻紀子オタの漏れも笑った。これはいい。



966 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 22:47:23 ID:gxHyDp5x
【泣ける!】【抜ける!】がないぞ

967 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 23:04:44 ID:4OQLGLOH
【テロリスト僧都】西村寿行5【エロリスト麻紀子】を

【テロリスト僧都】西村寿行5【ヤラレスト麻紀子】に


するのはどうだろう?(w

968 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 23:23:05 ID:yae7Tbc/
【トラ河豚】西村寿行5【草原の牛】

969 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 01:11:30 ID:LVGwJoFj
>【なぁ本家よ】西村寿行Part5【何だ分家よ】



クソワロスwwwwww

970 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 01:49:36 ID:uclQBlun
【なぁ本家よ】西村寿行Part5【何だ分家よ】

いいなあこれw

971 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 08:29:35 ID:3sYYY+nd
全然よくないよ。悪いけど。

972 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 09:37:21 ID:51llHz0c
いろいろ意見はあるようだね。集約化は難しそう......

973 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 15:18:12 ID:eSMENTe1
>【槐帰雲】西村寿行5【白骨紅】
自分であげといて言うのもなんだがw
人物名だけ並べるのも芸がないか。
しかも、寿行ファンじゃなければ、二人ともヒロインだなんてわからないだろうし・・・っていうか、
寿行ファンじゃなければ、人名だってわかる人はまずいないなw
コアすぎてw

>【バカタレ】西村寿行5【おまえとはもう口をきかん】
>【なぁ本家よ】西村寿行Part5【何だ分家よ】
ユーモア系寿行の言い回しは好きなんだが、掲示板に並んだ時にどうかってのはあるね。
ま、わかりやすいっちゃあ、わかりやすいんだが・・・

>【闇に潜みしは】西村寿行5【汝ら予備軍!】
>【予備軍御用達】西村寿行5【逢魔親子丼】
スレタイ見る度にいちいち頭きそうだな。この(予備軍)。
例の予備軍先生の作かどうかは知らんけど・・・


974 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 16:37:34 ID:51llHz0c
考えても結局こんなのしか思いつかないなァ

 【バーボソで】西村寿行5【脳煮え煮え】

975 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 20:19:01 ID:IasCoUZM
【ほとんど絶版済み】西村寿行5【忘れ去られそうな作家】

976 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 20:27:30 ID:hebdqYKQ
968か969でいいような気がする

977 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 21:06:14 ID:LVGwJoFj
さっさと決めちまえ>>950

978 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 22:13:43 ID:9++aR3Ps
明日のNHKスタジオパークに、
寿行先生にバックスタイルを問うた
原田芳雄氏が出演

http://www.nhk.or.jp/park/yotei/index.html

979 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 22:39:46 ID:/RJphS29
【乾坤一擲】西村寿行5【ジーパン・尻】

980 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 23:32:03 ID:9++aR3Ps
【風は凄愴】西村寿行5【星が流れた】



981 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 23:44:33 ID:NBflduqC
【ちー子と】西村寿行5【地獄へ】

982 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 00:20:15 ID:2goD+ZwW
【真っ白い尻、豊かな尻】西村寿行5【尻尻尻尻、尻。ああ、お尻】(ネタ)

983 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 00:47:41 ID:G0RICah3
【拉致られたら必ず】西村寿行5【レイプ】

984 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 04:20:18 ID:PDOBY9SE
>>971
きもいなこいつ

985 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 09:13:31 ID:k+AIkLmm
もうシンプルに

「西村寿行Part5」

でいいだろ。サブタイとかいらん。

986 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:05:33 ID:lBwNQe54
新スレが立ったようだな

987 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 11:41:11 ID:oUO7Jlyx
適当に埋めるべ

988 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 13:29:53 ID:0R0+ppJX
よーしちょっと頭の悪そうなこと書いていいか?

あのさー滅び?の2作目の最後のほう、主役の女ともう1人が
食料のためにその辺の男どもにやらせるシーン。
で、その後一緒に行動してた男にも
「あなたもやってスッキリして守ってください」みたいなこと
言って、男はそれにうろたえたてシーンがあったんだけど、
その後どうしたかは書かれてなかったじゃん。
結局あの場面で男は2人とやったのかな?
実際にああいう状況があったとして、果たしてどうするのが
ベストだったのだろうかと、読み終えてからちょっと考えた。

989 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 16:29:20 ID:at1WPzRm
男としての、矜持があろう

990 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 21:52:09 ID:NvYZAM8S
『滅びの宴』 希望配役

広美/深田恭子

991 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 22:52:06 ID:AYqaR/uJ
988
「よろめいた。」と絶妙な書き方してるよねw
もしヤッていたんだとしたら、その前に彼が広美に対して欲情を覚えていた
とかの伏線/描写が必要だと思うが、そういう描写は一切無い。だから、ヤッ
てはいないとオモ。田辺節雄の漫画版でもヤッてなかった。彼(漫画版では少年ぽい)
は広美の頬を張り「服を着ろよ、行くぞ!」と言っただけ

992 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 01:27:39 ID:4WaSpPJG
>>990
あんな肥満ブサイクありえない

993 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 02:50:19 ID:wofk+dlz
【トラ河豚】は結構いいネタだとオモタw

994 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 14:26:04 ID:8Ddfa9nP
『魔性島』
配役希望
三村圭子/伊東美咲

995 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 15:43:23 ID:kM2Bp6pi
>911
自分はいたしてしまったと考える。
(一緒に行動してた男も)「したかった。昂りきっていた。」という描写があったはず。
よろめいたのは、連れた子供のために体を差し出そうとする広美に神々しさと欲情を同時に感じてしまったからではないかと。
「男なら、したいはずでしょう。射精すれば楽になるわ。だから、して。そしてわたしたちを守って」とか言われたら、正気ではいられないだろう。
どちらかといえば、田辺版の方がスッキリしていいけれども。


996 :995:2006/11/19(日) 15:45:13 ID:kM2Bp6pi
すまん>991だった…。

997 :988:2006/11/19(日) 16:47:54 ID:DIQwBaXl
なるほど。捉え方は色々みたいですね。
田辺版の男の行動。未読なのでどういう流れなのか分かりませんけど、
やるやらないは別にしてひっぱたくのはどうなのかなーて思います。
格好はいいですけど、なんか風俗嬢に説教するみたいな違和感が・・・。
それにしても広美のセリフ。何というか達観してて迫力ありますね。
やって一時的にでも安心させる優しさもアリなのかなーと、
ちょっと思いました。

998 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 17:26:06 ID:dc1rGqK1
そこまでしないと生きていけないという脅迫観念にとりつかれている
一種のヒステリー状態ととらえて目を覚まさせるためにビンタ、とか
好意的にとらえてみよう。

なんかジュコー世界の男の羞恥心が感じられていい蛇ナイカ。

999 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 18:16:44 ID:dFVK6ffD
美人妻で童貞喪失のチャンスが(殴

1000 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 18:22:04 ID:8Ddfa9nP
泣きたいほどの
お尻であった

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)