2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★面白い叙述トリック考えた2★

1 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 20:51:54 ID:kfnyGtPB
前スレ
★面白い叙述トリック考えた★
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1033625578/

自作以外はこちらへ
 ↓↓↓
2chで見つけた叙述トリック Part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1137139765/l50

2 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 20:54:24 ID:kfnyGtPB
一応こっちも貼っとく
2chで見つけた叙述トリック Part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1137157313/l50

3 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 22:04:12 ID:hXAq8En/
>>1

4 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 23:04:21 ID:VdxWxJ3D
★面白い叙述トリック考えた二★

本当に考えたんだ二!
でも忘れちゃっただけなんだ二。
べっ、別にあんたの叙述トリックの方が面白いからって
私のを書かないわけじゃないんだ二!!

静岡のミスヲタツンデレ



つていうスレ立てようかと思ってたけど
>>1

5 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 23:47:33 ID:kfnyGtPB
>>1









初めてスレ立てたのでネタ仕込む余裕が無かった。スマン。

6 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 00:03:54 ID:euPKhowr
>>5
それが面白いからよしとしようじゃないかw

7 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 00:04:57 ID:euPKhowr







誤爆スマソorz

8 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 21:23:33 ID:Vi/vJbj4
あのさ、作者の名前を探偵にするってあるじゃん?それを利用して探偵役をミスリードさせるってのはどうよ?

9 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 00:45:55 ID:rKFEkO1n
星降り山荘?

10 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 00:58:42 ID:U27+AyBS
>>4-7
この流れワラタwww

11 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 10:29:37 ID:CaPbxKJG
或る日、某直木賞作家のもとに、某「本格」ミステリ作家よりハガキが届いた。

「東×圭○さんへ。君こそが本格ミステリ作家のトップだ。僕はそうじゃない。
僕がバカだった。悪かったね。禿人」

このハガキを某評論家に見せたところ、評論家はニヤッと笑って、こう言った。
「東×さん、あなたはこのハガキの読み方を間違えている。これはアクセントを
変えて、こう読むんだ。・・・『東×圭○さんへ。君こそが本格ミステリ作家の
トップだ?僕はそうじゃない?僕がバカだった?悪かったね!!禿人』」

12 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 22:56:56 ID:4bX0noZX
age

13 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 23:15:30 ID:rKFEkO1n
>>12

叙述トリックじゃん。上がってない。

14 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 16:35:39 ID:LLnTikLC
満員電車という程では無いが、車内はそれに近い状態になっていた。
梅田ヒロミ(72歳)は一日中デパートを歩き回った疲れもあって、空いた座席を探したが見つからなかった。
しかし彼女は困る風もなく、ターゲットを定めると、いつもの作戦にでる事にした。

青井太郎(20歳)は夢中になって読んでいた雑誌から目をあげた。自分の前に誰かが来た気がしたからだ。
(うわ・・なんだよ、この婆さん)70過ぎぐらいの老婆が居た。
青井は車内にいるほかの座っている乗客たちを見回した。みなが彼から目をそらした。
梅田の心(早く立ちなさいよ、私に気がついてるくせに)
青井の心(う〜ん、どうなんだろ。やっぱこういうのってたたないといけないのかな。でも、たつと失礼って考え方もあるしな・・)
梅田の心(やっぱりだわ。私の事ちらちら見てる。もう。こんなチャンスあんまりないのよ、さっさとお立ち!)
青井の心(一種の社会奉仕なわけだし、たった方がいいのかな・・しかしたつと疲れるんだよな・・)
梅田の心(まさか、若いのに立つとしんどいとか思ってるんじゃないでしょうね。馬鹿じゃないの?話の次元が違うわ)
青井の心(色々考えたけど、たとう。それがベストなはず)
梅田は、ターゲットの青年の顔が一瞬恥ずかしそうになり、股間を激しく隆起させたのに驚いた。
そして、今まで彼の読んでいた本の雑誌名が『いつまでも女を捨てない熟女こそ美しい。熟女マニア本』だとわかり、
改めて自分の女装テクに惚れ込んだ。

15 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 17:54:01 ID:zkOcF3iM
>>14
3行目、地の文で「彼女」という言葉を使っているので、アンフェア。

よって叙述トリックは成立しません。
レベル低すぎ。初心的なミス。

16 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 18:08:49 ID:LLnTikLC
>15
投稿した後に気づいた。やっぱ見直した方がいいか・・・

17 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 20:27:40 ID:PhSmA4Iv
I can't speak English.

18 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 08:21:20 ID:Dk0HxEKs
老婆って書いてるのも直した方が良いね。
でもフェアに書いたら、慣れた人なら名前がヒロミの時点で性別錯誤って疑うよ。
あと、何が言いたいのか全然伝わらない。

19 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 10:48:13 ID:X/WyCOGZ
>>14の投稿者名を作中の登場人物にすれば
レスそのものを作中の人物の思考結果ということに出来るので「地の文のミス」にならないのでは。
ありがちだけどね。

20 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 22:53:29 ID:KLi+Z8P0
798 名前:スペースNo.な-74 投稿日:2006/01/29(日) 20:59:18
「おにいちゃんやめて! そんなとこ舐めちゃだめ!
そこはおしっこするところだよ、きたないよ!」







弟は泣きながら言ったが、ぼくは便器を舐め続けた


21 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 23:32:43 ID:UImC23ei
ここは自作スレです。

だがしかし、なぜ妹が弟に改変されているのだろう?

22 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 23:10:30 ID:KVEUiMVN
弟でうほっと見せかけて便器の方を舐めてたのか

23 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 04:19:19 ID:ntRUKjUa
23 名前:名無しのオプ 投稿日:2006/02/02(木) 04:19:18
「おにいちゃんやめて! そんなとこ舐めちゃだめ!
そこはおしっこするところだよ、きたないよ!」







妹は泣きながら言ったが、ぼくは自分のチンコを舐め続けた

24 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 04:25:12 ID:9mnRh7aW
>>23
体勢を詳しくww

25 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 16:08:08 ID:i8e+s06C
どのパターンにせよ妹カワイソス(´・ω・`)

26 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 17:09:32 ID:ZkTOA18/
前スレの佳作をコピペしよう。

27 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 01:26:27 ID:LNt6L8Y0
うなぎ屋にて

客  「このうなぎは養殖ですか?」
店主「いえ和食です」

28 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 21:59:00 ID:mLw22Vrp
高血圧症の治療の為、ダイエットを始めた。
減塩・高カリウム・有酸素運動・菜食。
とにかく血圧を下げると云われる野菜は積極的に摂るように努めた。
肉食を止め、飲酒も止めた。
毎日1時間以上歩いた。
降圧剤も飲んだし、漢方薬も服用した。
必死の努力の甲斐あって、今はマイナス20sもの減量に成功し、血圧も至適正常にまで下がった。
人間、必死になればなんとかなるもんだ。
みんなも頑張れば高血圧なんか克服できるよ!


2ちゃんにこう書き込んだあと俺は、本日2缶めのピースの缶を
不燃ゴミの袋に銜えタバコのままで捨てに立ち上がった。
乾いた咳をしながら。

29 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 00:29:53 ID:AVUm3Kqb
結核……

30 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 21:42:49 ID:o0/HY0AP
きらら携帯小説大賞に応募した方がいいよ。3万円もらえるよ。

31 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 09:10:51 ID:D7ZWn0zn
俺「なあ、お前好きな人はいるのか?」
妹「いるよー」
俺「え、だれだれ?」
妹「それはね…目の前にいまーす!」
俺「おいおい、からかうなって」
妹「からかってなんかいないよ!私真剣だよ!」
俺「え…」
妹「太ちゃんの事を考えると頭がいっぱいになっちゃって…
  私、太ちゃんとずっと一緒にいたい」
俺「でも、お前は行かなきゃいけないのに…」
妹「そんなのやだよ!太ちゃんと離れたくない!私、大陸になんて行きたくない!」
俺「妹子…」

32 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 10:15:46 ID:wJ15oqzE
↑ホモなのか? まさか女だって思ってんじゃねえだろうな、妹子。

33 :32:2006/02/11(土) 10:20:56 ID:wJ15oqzE
>>20>>21>>22>>23
全スレでオレが造った名叙述トリックを勝手に引用、改竄するんじゃねえ!
オリジナルはいがらしみきおだが・・・・・・

34 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 23:52:55 ID:rdZl2WvV
>>31
ワラタじゃないか!

35 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 00:16:18 ID:2rdyvQZV
>>33
オリジナルちゃうやん!

36 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 00:41:55 ID:AzN5vbDB
>>31
聖徳太子と小野妹子かw

37 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 03:14:34 ID:G16uCPG8
>>33
俺間違えて「喜国雅彦だっけ?」って聞いて訂正された覚えがあるけど、どう?


38 :32:2006/02/12(日) 07:45:31 ID:+hx5X0k7
↑そうそう。

39 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 14:44:37 ID:iniyCHfg
おまえ聖徳太子じゃねえな?

40 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 03:42:56 ID:z6F6yyOz
今年還暦を迎える父と妻を連れ、3人で温泉に行った。
ゆっくり露天風呂につかり、名物の鍋料理と地酒をたっぷり堪能し、
3人川の字になって布団へ。
夜半すぎ、私は目が覚めたので、もうひと風呂と思い、タオルを持って静かに外へ。

ゴソゴソ
「…何?」
「……」
「あなた?どうしたの?」
「……」
「え?お義父さん?どうしました?」
「お願いじゃぁ、ちょっとだけ、裸を見せてくれんかのぉ…」
「え?あの人は?」
「あいつなら風呂じゃよ。頼むから、ちょっとだけでも」
「駄目ですよ、お義父さん」
「お願いじゃぁ、去年バァさんに先立たれてからというもの、ワシは寂しくて寂しくて…」
「だって私は…」
「何も気にせんでええ、もちろん誰にも話さん。冥土の土産に頼む、一生のお願いじゃぁ」
「…少しだけですよ」
スルスル
「おお、これじゃあ。乳の垂れ具合といい、腹のシワといい、
身体中のアザ・シミ・吹き出物といい、やはり女の華は60歳じゃわい」

41 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 03:48:17 ID:evg2G6gk
>今年還暦を迎える父と妻

成るほど、設定による性別や人物誤認より、
こういう文の区切りによる意味の違いを使うほうが
叙述としては高度だと思っているよ。

あまり面白み華かったが

42 :40:2006/02/13(月) 03:55:37 ID:z6F6yyOz
>41
感想アリガd
こういうの初めて作ってみたけど、結構はまるかも。
次はもっとがんばります。

43 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 17:04:53 ID:eeDc2hx4
60才ならまだまだ現役じゃないの…?w
80ぐらいに設定すべきかと

44 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 22:43:53 ID:b0iE/SCV
現役だからいいんじゃないか

45 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 01:58:04 ID:xgyPXidL
妻(と父親)が60歳だったってだけで
それ以上の要素(年齢錯誤によって生じる人間関係の錯誤など)がないから
面白みがなく感じるんじゃないかな?

46 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 02:00:28 ID:uhuHq3k7
オヤジの再婚相手が俺より年下でした
それなんてエロゲ?

っていうコピペ思い出した

47 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 03:45:02 ID:YIkEWciK
このネタ既出かも知れないけど、俺の考えた叙述
----
唐突に友人が話し掛けてきた。
「お前さ、携帯持ってる?」
バッテリーでも切れたのだろうか、俺のを貸してやろうとしたとき話を続けた。
「いや、そうじゃなくて『携帯』で通じるのが変だなと思って。携帯電話じゃなくてひょっとしたら携帯ラジオかも知んないじゃん?」
「確かに変な略し方だけど…時代の流れだもん仕方無いよ。」
「そうなんだよ、goo辞書で”携帯”を引いたら”(2)携帯電話の略”って載ってんの。なんだか悲しくなったよ。」
----
ちなみに http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&mode=0&MT=%BD%F6%BD%D2&IE=euc

48 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 04:05:41 ID:VYzRenNC
叙述トリックではないな。
まぁ、叙述トリックを叙述と略すのも変だし
そこに引っ掛けた叙述トリックなのだろうがイマイチ。

49 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 22:01:03 ID:1xOo/6Yl
女の長電話は、話題が脈絡もなくポンポンと飛ぶという特徴がある。
これはその1例である。

A子「今シャワー浴びてるわ」
B子「ウチの旦那はどこで何をしてるやら…」
A子「ウフ。心配なんかしてないくせに」
B子「旦那のお母さんが病気なの」
A子「…お気の毒ね」
B子「そういえば、C子が子供産んだのよ、もう顔そっくりなの!」
A子「写真見たーい!」
B子「かと思えばD美は交通事故で車椅子…」
A子「神様…」
B子「女社長になってどんな感じ?」
A子「みんなナメすぎよ」
B子「あなたは昔から胸も大きかった」
A子「たいしたことないわよ」
B子「私だって昔は少しはモテたのにな」
A子「今もそうでしょ」
B子「あの頃は楽しかった…バカだったけど」
A子「いつ?」
B子「ダイエットも失敗したし」
A子「また?」
B子「整形でもしようかな」
A子「それはやりすぎ」
B子「…最近Hしても気持ちよくないし」
A子「無理もないわ」
B子「主人が浮気してるみたいなの」
A子「うん、どうしたの?」
B子「もしもし、私よ、B子」
A子「もしもし」


50 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 23:21:07 ID:cJcnHNJx
ごめん、ワケワカメ
不粋だがだれかkwsk

51 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 23:24:08 ID:VYzRenNC
>>50
叙述トリックではないけど
下から上に読むと普通に「話題が脈絡もなくポンポンと飛ぶ」会話でオチもある(一箇所入れ替えミスった?とこもあるみたいだけど)

52 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 01:32:39 ID:zULhHhFw
これがありならなんでもありだな。
会話成立してなくてOKなわけだし。
51がすぐにわかったって事は、これって元ネタ有るの?

53 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 01:43:29 ID:I51cbjYn
一部入れ替えミスを訂正すると

A子「今シャワー浴びてるわ」
B子「ウチの旦那はどこで何をしてるやら…」
A子「ウフ。心配なんかしてないくせに」
B子「旦那のお母さんが病気なの」
A子「…お気の毒ね」
B子「かと思えばD美は交通事故で車椅子…」
A子「写真見たーい!」
B子「そういえば、C子が子供産んだのよ、もう顔そっくりなの!」

このあたりは上手いと思うな。
どっちから読んでもそれなりに意味が通じる。

54 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 02:35:54 ID:K1tw3pVa
NECの上原多香子が出てるCMで探偵達が出てきますよね?《犯人はお前だ!》ってゆうやつ あのCMに出てくる名探偵の名前はなんですか?

55 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 07:48:22 ID:Bx9wNAcg
上から読むと唐突に話題が飛ぶもののAはBに妥当で謙虚な返事をしている。
下から読むと「親とそっくり→お気の毒」とか失礼だったり不謹慎な返事に変わる。
「きすうぐうすう」の縦読みを思い出したのでピンと来たけど。解説スマソ

56 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 02:11:43 ID:CoXaGssp
面白いけど、本当に字面でしか表現できないから小説には応用できそうにないな

57 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 11:42:51 ID:soD423Wx
>>49 
面白い!!こういうの大好きだ〜。


58 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 15:39:30 ID:Xbrd8y5o
   ピンポーン
チャイムが鳴った。
どうせ勧誘かセールスだろうから居留守を使おうかとも思ったが、
10分ほど前に彼女がデリバリーのピザを頼んでいたのを思い出した。
仕方なくサイドテーブルの灰皿で火をつけたばかりの煙草をもみ消し、
寝ている彼女を起こさないようにベッドを出る。
面倒なのでズボンだけをはき、上半身は裸のままマンションのドアを開けた。

立っていたのは灰色のスーツを着た50歳くらいの男だった。
スーツも靴も顔つきもかなりくたびれていたが、目つきだけが妙に鋭い。
俺はこの男が何者かを瞬時に悟り、そして自分がどういう言動を取るべきかを
猛スピードで考えていた。
「―――失礼、私は…」
「警察の方ですね、見ればわかります」
再び短い沈黙
「それで、ウチにはどういったご用件で?」
「ああ、まあ簡単にいえばパトロールです。
先週このマンションで空き巣があったのはご存知ですか?」
「ええ、妻から聞きました」
男はチラッと足元を見た。
玄関には俺の黒い革靴と彼女の白いスニーカーが仲良く並んでいた。

   (つづく)


59 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 15:40:11 ID:Xbrd8y5o
   (つづき)

「ところであなたは?」
「私?私はもちろんこの部屋の住人です」
「まあ普通に考えればそうでしょうね。しかし、疑うわけではないですが、
身分証明書のような物があれば…」
「な…なぜですか?」
「ご不快になられたらすいません。
私の調べたところによりますと、この部屋のご主人は長期出張中のはずです。
まああなたは空き巣には見えませんが、念のため…」
これが俺の唯一のカードだった。
「妻が浮気をしてるようだったので、ウソをついたんですよ。
だからこんな昼間に来て、わざわざチャイムを鳴らしたんです」
目の前が真っ暗になった。
「それでパトロールに来たのがなぜこういう状況になったんですかな?」
「その…こちらの奥さんがですね…ご主人が忙しいのを不満に思ってですね…」
「それでやってしまった、つまり悪いのは私だと?
とりあえずあなたの上司に連絡させてもらいます」
男はポケットから携帯電話を取り出した。
「ちょ…おま…参ったな…」
どうやら状況はかなり厳しいらしい。
俺は困ったふりをして手を腰にやり、警棒と拳銃のどちらを使うかを考えていた。


60 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 16:49:16 ID:dj2xa1xA
上半身裸なのに
>「警察の方ですね、見ればわかります」
とか
>10分ほど前に彼女がデリバリーのピザを頼んでいた
のに熟睡している女とか
色々納得しがたい点は多いけど良い感じ

61 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 17:43:31 ID:z114Ecww
ズボンのベルトに拳銃とか警棒
だから「見れば分かる」んだろ

そんなことよりこの男がvipperな件

62 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 01:36:55 ID:PVtW88Kh
よく分かんない

63 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 02:15:04 ID:5f4ZCNcX
ああなるほど。オーソドックスでいいな。

オチの
>これが俺の唯一のカードだった。
から先をもう一ひねりすれば
さらに別の状況にできないだろうか

64 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 04:38:17 ID:eVBXcH5U
おーい、ズボンのベルトに拳銃や警棒はぶら下がってないぞ!

65 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 09:40:22 ID:26izwJa3
昆虫学者が、バッタの実験をしている。
Aの箱には、ふつうのバッタを入れ、Bの箱には、後足をもぎ取った
バッタを入れてある。

Aの箱に向かって学者が叫んだ「跳べ!」
バッタはピョンピョン跳びはねている。
Bの箱に向かって学者が叫んだ「跳べ!」
バッタはモゾモゾと動くだけ。

結論「バッタの聴覚器官は後足にあることが判明した」

66 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 13:59:53 ID:XbNQpT4H
スレ違い

67 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 14:07:33 ID:1ytzlBNq
でもアメリカンジョークって少なからず叙述っぽいところがあるよね
「一方ロシアは鉛筆を使った」とかスゲェ叙述っぽくて好き

68 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 17:22:02 ID:j8S+V86l
ここは自作の叙述トリックを書く場であり>>65はコピペ

>>65-67の流れはそのことを踏まえた上での叙述トリック、と考えていいのかな?

69 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 04:07:18 ID:mn4VpD7O
イイヨイイヨー

70 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 18:30:26 ID:DY8cOXvv
次スレ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1141538427/

71 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 00:39:37 ID:TkGhq0FL
お前ってノリはパリパリ派?しっとり派?
…へぇー、しっとり派かぁ。
変わってんなぁ、たまにいるけど。
やっぱりパリパリの食感がいいだろ。
しっとりだと歯にまとわりつくのがうっとうしいんだよ。
今日はパリパリでいいか?台所にあるから取ってきて。
昨日のうちにテーブルに塗っといたから。

72 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 02:24:01 ID:GUTJRv8r
海苔と糊の錯誤か知らんけど
テーブルに塗るようなモノをどうやったら歯にまとわりつく状態に出来るんだ?

73 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 02:48:48 ID:TkGhq0FL
パリパリ→机に塗って乾かしたやつ
しっとり→スティック糊をまんま

消防の時にスティック糊かじるのが好きな奴がいたんだよ。
まぁ保守ageで適当に書いただけだから流してw

74 :アンフェアなのは誰か:2006/03/14(火) 23:48:19 ID:fH0mmRi7
アンフェアなのは誰か

75 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 02:16:55 ID:fuhDD4zS
詳しく

76 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 17:28:48 ID:KKQoiPsL
私は猫星人として、猫の素晴らしさをこの地球に説くためにおとずれ
いついかなるときも猫としての誇り、己が猫であるということを忘れず、
日々、猫という最高に最強、至高に究極の生命体を普及させることに尽力し、
いずれはこの星の先住民全員を猫なしでは生きられないほどの猫狂いになるよう
その命の炎の全てをこの活動のために捧げたいと思っているのだワン

77 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 00:21:58 ID:33DLwcNl
う〜ん いまいちだワン。

78 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 00:29:01 ID:Qsq4TVmH
我輩は猫である。わん。

79 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 06:45:24 ID:DOqQJl81
昼は処女の如く夜は娼婦の如しを理想の女だとというが、これはただのヤリマンだろが。
昼は娼婦の如く夜は処女の如しのほうがずっとそそる。
ツンデレともちょっと違う。

80 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 17:53:24 ID:eUsBq4Q0
2006/03/32(土)叙述の日age


81 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 08:16:45 ID:joL28BfK
徳川家秀だな、やっぱり。
俺が一番尊敬する想像上の人物は。

82 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 14:11:50 ID:H6s9c8Bu
「こんな難しい本を読んでたら、なんだか私、バカになったんじゃないかって思うわ」
「そんな言い方したら、元はバカじゃなかったって言ってるように聞こえるぜ」
「いやあねえ、そんな意地悪言わなくてもいいじゃないの」
「いやあ、ごめんごめん」
「ねえ、そんなことよりあなた・・・」
「ん、なんだい」
「うふふふふ」


「おい、さっきから一人で何を言ってるんだ? 
 気色悪いからやめてくれ」

83 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 15:25:05 ID:uz7yoIbm
「「こんな難しい本を読んでたら、なんだか私、バカになったんじゃないかって思うわ」
「そんな言い方したら、元はバカじゃなかったって言ってるように聞こえるぜ」
「いやあねえ、そんな意地悪言わなくてもいいじゃないの」
「いやあ、ごめんごめん」
「ねえ、そんなことよりあなた・・・」
「ん、なんだい」
「うふふふふ」」


「おい、さっきから一人で何を言ってるんだ? 
 気色悪いからやめてくれ」


こうじゃなきゃアンフェアじゃないか?

84 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 16:01:57 ID:dk0zgxM+
カギ括弧って発音してたんだよ。

85 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 20:47:27 ID:BtOv63On
俺が二十歳になるちょっと前のこと。
そのころの俺はまだ童貞だった。

友人にも相談したんだ。そしたら「抜いてもらってスッキリして来い。さっさと捨てちまえ!」だと。人の気持ちも知らないで・・・。
そんな簡単に捨てていいのか?もっと大事にするべきものではないのか?
散々悩んだ結果、俺は覚悟を決めた。

受付を済ますと狭い待合室に通された。
見渡すと40歳前後のおっさんが3人ほど。俺のような若い奴は一人もいなかった。
一人と目があってしまい、気まずく感じた俺はとりあえず置いてあった漫画を読んで順番が来るのを待つことにした。
緊張しているのを悟られてはいけない。

20分ほど待たされただろうか。ついに俺の順番が来た。
鼓動が一気に速くなる。扉の向こうは俺の知らない世界。震える手でドアを開け勇気を出して中に入った。
「それじゃ、そこに横になってね。」
俺は言われるままに従った。横になり天井を見つめていると様々な考えが浮かんでくる。
「あぁ、俺の身体はこれで傷物になっちまうんだな・・・。ごめんよ母ちゃん。きれいな身体で生んでもらったのに・・・」
考えれば考えるほど不安になっていった。やっぱり止めよう。しかしここまできてしまってはもう後戻りは出来ない。
でもどうしよう。俺の頭はパニック状態。もはや何がなんだかよくわからなくなっていた。
「初めてかな? 緊張しないでいいからね。」
それから何をされたのかはっきりとは覚えていない。しかし、その動きはさすがプロ!というものだった。
2〜30分はかかると思っていた俺の予想を裏切り、1分もしないうちに抜かれてしまった。こんな短時間で終わらせるとは・・・。

家に帰り冷静に考えると「こんなものか」というのが正直な気持ちだった。しかし、そこには心身ともにスッキリしている自分がいた。
体重はたったの数グラム軽くなっただけだというのに不思議なものである。
「これで俺も・・・。クククッ!」自然と笑いがこみ上げてきた。
ベランダに出て空を見上げるときれいな満月が浮かんでいる。
俺はその満月に向かって抜いたばかりの親不知を投げた。

長文スマソ


86 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 21:00:06 ID:SO4sY4ze
自然の逆襲 http://www.tokage-onna.com/

87 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 21:13:08 ID:uMswqySu
>85
最初の「童貞」はどう解釈すればいいの?


88 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 22:01:23 ID:qlVEc7Tu
あの、こーゆうの書いたの初めてなんでツッコミ所満載かも
しれませんが考えてみました・・・。

「おい、またあのババアがきよったぞ。」
「うわ、ホンマや。気色悪ぅー。基地外ー!」
なぜ、いつも私には罵声が浴びせられるのだろう…。女には心当たりが全くと言っていい
ほど無かった。
外見は見る人が見れば美人ともとれるといった別段変わった所も無い姿見である。
決して裕福では無いが生活に困るというわけでも無く服装も普通であった。
つまり、どこにでもいる普通の女というわけだ。
毎度の事なので多少慣れてしまってはいたが、やはり落ち込むもので
今日もまた暗い気分で家路についた。
「なんで、私がこんな目に合わなアカンのやろか…。」
女は決まった様に家につくなり1年前に他界した夫の遺影の前で啜り泣いた。
女は未亡人だった。


89 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 22:03:58 ID:eApIdVaV
意味不明

90 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 22:04:58 ID:qlVEc7Tu
一年前に夫、女、1歳にもならない息子を連れて電車に乗っていたのだが
その列車が脱線事故を起こした。
結果、夫は死去。女、息子共々一時期昏睡状態に陥ったのだが奇跡的に回復した。
「私が未亡人やからいうていじめられるんやろか…。」
実際、女への周囲の仕打ちは目に余るものがあった。近所から奇妙なモノを見るような目
で見られ
時には、目を向けるなり顔をしかめて立ち去られたり…。
こんな事もあった。
息子にご飯を食べさせてあげる時だ。
「そんな事までしてるの…!」
窓からおばさん二人が覗いてそう叫んだのだ。
自分の息子を可愛がってなにが悪い!
この子と二人でやっていくってきめたのだ!
女は泣き止んだ後、いかないと…と呟き立ち上がった。
女は買い物に出掛ける時も必ず息子を背負って出掛けていく。
今日もいつものように支度をして出掛けた。
もう既に死後1年は経ってるだろう赤ん坊を背中に背負い込んで。

「ほら出てきたわよ。」
「ほんと、赤ん坊背負ってるわ…。気の毒ね。夫と息子を一辺に失うなんて。頭もおかし
くなるわよ。」


91 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 22:10:22 ID:eApIdVaV
「あのひと赤ん坊の腐乱死体をいつも背負ってるわね」
なんて日常があるわけないだろ
一発で病院に入れられるわ

92 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 02:11:01 ID:m+1yPku2
全然駄目ですな。日常を描いているのに、100%ありえないんじゃ話しにならない。
赤ん坊の人形くらいならばいいけど。

93 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 02:24:13 ID:iofs4rxJ
全然ダメ、とは言わんけどもう少しやりようがあると思う
あと叙述トリックではないような
「キモがられるに足る理由があるんだろうなー」
ってのが前半部でも読み取れる
単純にオチを隠した小咄って感じだ

94 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 09:09:12 ID:jIlGWS1O
デカ長(以下デ)「今の話、どう思う?」
刑事(以下刑)「全然、信用出来ませんね。あいつが、女とホテルにいったのは間違いないんです。目撃者もいるし」
デ「じゃあ、なんだって、見え透いた嘘を?」
刑「あいつ養子ですからね、女房が恐いんですよ」
デ「けっ! カカア恐いからって、人一人が無実の罪で死刑になっても構わねえってのかよ」
刑「最低の野郎ですがね。証言を強要するわけにもいかないし」
デ「ふうっ…、仕方ねえな。でも、やっぱりあいつは許せない。全部女房にバラしてやろうぜ」
男「わ、わわわわわわ、何でも証言します! 女房にばらすのだけは勘弁してください!」

95 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 09:48:48 ID:6RyglXgO
>>85はいい出来だと思う

96 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 09:55:42 ID:bZpk5Soa
コピペスレでみた記憶が

97 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 12:15:25 ID:jIlGWS1O
>>85
 ヤンマガの猿ロックに同じネタが…

98 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 13:57:51 ID:6RyglXgO
;゚д゚) (゚д゚;(゚д゚ ; ナ、ナンダッテー!
コピペトリックだったのかー!

99 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 19:18:10 ID:x6aloNAE
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1118726378/844
dat落ちしたが、この辺?

100 :85:2006/04/08(土) 23:20:30 ID:gXRBHgyC
>>87
入れたほうが騙されるかな?と思って入れただけなんだけどいらなかったかな?

初めて作ったけどなかなかムズイね。
またじっくり考えてみます。
個人的には>>58-59が面白いと思った。


101 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 23:34:06 ID:yip+fEC1
>>100
それは騙されるっていうか、騙してるじゃんw
読む側の先入観を利用して、文章で嘘をつかずに騙すのが叙述トリック。

俺は、こんな事を人に話すのもどうかと思うのだが・・・経験がない。
友人たちも「抜いてもらって〜〜〜

みたいな感じにすると良いのでは(これもあんまり巧くないけどw)

102 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 00:13:45 ID:bmoIdzMI
> 763 名前: 水先案名無い人 投稿日: 2006/02/22(水) 17:31:08 ID:sn7+P9az0
> 今付き合ってる彼女、双子なんだけどさ
> 昨日帰りの駅で偶然彼女を見つけたから、驚かせてやろうと思って
> 後ろから、「俺だよ〜」ってふざけて乳もみしだいたら、全然知らない人だった

これと同じくらいにはありだと思った。

103 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 01:32:58 ID:vNkgtOT6
>>102
それは、短くてうまい。
ちょっと>100のはヘタ。童貞というのを最初に述べることを
必然と読者に思わせる文章が書けてないからね。
うまく繋げられたら、いい感じになっただろうけど。

104 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 01:44:21 ID:SBf3l0GO
>>102は別にうまくないだろ(w
ボケとしてどうかは別問題だが。

105 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 02:11:43 ID:bpghQnin
つーか親不知って一分で抜けるの?

106 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 03:12:39 ID:9Lhsn+yJ
>>100
レッドへリングなんてものもあるけど

読み終わってみて作為くささがが浮きあがってたら
叙述としては評価が下がる

かといってひっかけの部分を削ったら
ミスリードが十分できないので叙述としては不充分

それ以前の問題として、ひっかけの部分があっても
ミスリードしたい方向が自分の中で整理しきれてない

107 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 03:21:39 ID:LCJ/xy96
ある昼下がり。赤ちゃんはお昼寝している。
わたしはいつものように、その可愛い寝顔をのぞきこんだ。
ああ、わたしの赤ちゃん。ほんとに。なんて可愛いんでしょう。
この子を見ていると、天使の存在を信じてもいいって思えるわ。
つぶらな瞳はわたしに似たんだわ。もちろんいまは眠っているから、目は閉じているけど。
きりっと締まった意志が強そうな口元はパパに似たのね。
こんなことを言うと、口の悪い友人は親バカなんていうけど、でも、きっとこの子は将来
大物になると思うわ。末は博士か大臣か。ねえ、赤ちゃん。あなたは将来、なにになりま
すか?
そんなことを考えていたら、チャイムとともに、玄関のほうから、ごめんくださーいって
聞こえてきた。噂をすれば。口の悪い友人だ。このマンションのとなりの部屋の奥さん。
どうしよう。赤ちゃんは寝ているのに。目を離したくないわ。
「みどりちゃ〜ん。ちょっと赤ちゃんを見ていてくれない?」
わたしは、隣の部屋にいるだろう、赤ちゃんのお姉ちゃんに声をかけた。
「うーん。ちょっといまは忙しいからだめ」
お姉ちゃんも、ちょっと前までは、自分の弟の面倒をよく見てくれていた気がするのだけ
ど。最近は、自分の時間のほうが大事な年頃になったみたい。
ごめんくださーいって声がさっきより大きくなった。
仕方ないわ。わたしの可愛い赤ちゃん、名残惜しいけど、しばしのお別れよ。いい夢見て
てね。

108 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 03:23:05 ID:LCJ/xy96
となりの奥さんは、回覧版をもってきた。もともと年もわたしとそんなに変わらないので、
ちよっとした話題でよく話し込むのだ。
今日もそうだった。玄関口で他愛無い話に花を咲かせて、あら、とんだ長居になっちゃっ
ておいとましないと、ってとなりの奥さんが重い
腰を上げたときは、もう赤ちゃんの傍を離れてから、一時間が過ぎていた。
あらあらどうしましょう。ちゃんと良い子で寝ていてくれたかしら。
ふと悪い予感が頭をよぎった。
目を離している間に、もしもなにかあったら。
わたしは半ば駆け足で、赤ちゃんの寝ていた部屋に戻った。
頭を丸太ん棒で殴られたような衝撃が襲った。
いない。
さっきまで寝ていた布お団にいない。わたしの赤ちゃんが。
部屋を見回した。いない。
いろいろな悪い考えが頭を去来する。
そういえば、近くのマンションで、這い這い出来るようになったばっかりの乳児が、親の
目を盗んで、危うく窓の外のベランダを乗り越えそうになった騒ぎ
が先週あったばかり。もし落ちていたら六階の高さだ。間違いなく命はなかっただろう。
まして、この部屋は十二階なのだ。
それとももしかして、誘拐かしら。身の代金を狙って、赤ちゃんを・・・。
いや、わたしがずっと玄関にいたのだから、そんな人は入ってきたはずはない。
それはない。するといったい・・・。

109 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 03:24:42 ID:LCJ/xy96
「みどりちゃ〜ん。赤ちゃんが、赤ちゃんがいないのよ。知らない?」
「え〜、知らないけどぉ」
わたしは、わたしは、どうしよう?おろおろと気が動転して慌てるばかり。お仕事中の
パパに電話して相談しようかしら。
どうしよう、目を離したばかりに。
怖くて、窓を開け、バルコニーを見る勇気がない。
目の前が暗くなってきた。
わたしは、その場にうずくまって。何時の間にか涙がとめどなく頬を伝っている。
すると、トイレから水を流す音がした。
そして、足音が近づいてくる。
わたしは、涙を拭きながら、そちらを見た。
「あ、赤ちゃん」
わたしは深く、深く、安堵のため息をついた。
「あのさあ、いい加減俺もいい年なんだから、その呼び方はやめてくんない?」
「わかったわ、赤太郎」
「じゃあ、ちょっと出かけてくるから」
そういう声はわたしの頭の上から聞こえてくる。
赤太郎は、中学生のクセに、わたしよりはるかに背が高い。
振り返って見せた背中も逞しい。
可愛いわたしの赤ちゃん、やっぱりきっとあなたは将来大物になると思うわ。

長文すみませんでした。大したもんでもないのに。

110 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 03:37:32 ID:9Lhsn+yJ
叙述スレで最初から警戒して読むから
「赤ちゃん」が名前だろうなあと真っ先に思ったが

>這い這い出来るようになったばっかりの乳児が
ここが堅実でよかった。
あと、母親の過保護な様子がリズムを作ってて
文に勢いをつけてるのがうまい。

叙述トリックは言葉遊びの誤認はもちろん必要だが
文自体のリズムや勢いで読ませる力の方が実は重要なんだよね。

111 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 04:22:43 ID:vNkgtOT6
>>110
文章はうまい。それは認める。とてもいい感じに進んでいる。
でも、

>>這い這い出来るようになったばっかりの乳児が
>ここが堅実でよかった。

ここは堅実じゃねーだろ?アホみたいに心配性な母親という
パターンを演出しているのはわかるが、ハイハイできるように
なったばかりの乳児はベランダを乗り越えそうになったっつー事件は
ありえない。ハイハイできるようになったばかりの乳児は100%無理。
立ち上がるだけの力もないってーのに。1歳半程度の歩くようになった
幼児ならばありえるが。

一気に、気持ちが萎える部位だ。


112 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 04:40:36 ID:mBMcIjxS
センスが無いんだよね。
4コマまんがネタを長期連載で読まされてる気分。

113 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 12:09:42 ID:My81sAfW
しかしここに投稿するなかでは良い方だと思うよ
ちゃんと最後まで読む気になってたもの

114 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 15:16:04 ID:vNGGvIkA
“這い這い出来るようになった赤ちゃん”でなく“這い這い出来るようになった乳児”
ってしたのはフェアでいい感じだと思うけど。

115 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 21:22:30 ID:UDQak+4E
ここは、批評を読むのが面白い、良スレだと思う。

116 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 21:30:31 ID:cKf35HNH
被害者は鋭利な刃物で撲殺されました

117 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 22:31:55 ID:xLEMudqo
鋭利な刃物ってことはどうして判ったの?

118 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 22:35:31 ID:IPUrX81T
現場に残っていた

119 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 22:55:32 ID:NQMDrDpZ
ミステリとしてはトリックというより単なる謎。

120 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 23:32:23 ID:3zolCdiM
加害者も生剥の注連縄で刺殺されました
↑(漢字も空気も)読めないと云うミステリー

121 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 00:12:36 ID:vm2XfI6C
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader136142.gif
叙述を敢てアニメでやってみた。

122 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 00:19:36 ID:jGr2Y3Ve
>121
5回見たけどわからん

123 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 00:23:15 ID:1RbXGxo8
>>121
おもしろい!20回見たよ〜


124 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 01:59:16 ID:zZYy7z3B
わからんけどおもろい

漫画で吹き出しやワク線を武器にするみたいな事?>叙述アニメ

125 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 13:21:34 ID:Xcf8Shqf
倒叙アニメ(馬鹿詐欺語)では…

126 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 14:14:39 ID:RRAoYEp2
立ち位置入れ替わるからループ再生すると「かち」「まけ」が逆になるってこと?

127 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 00:24:29 ID:0HZWWeZG
「このグラビア、マジでくるよ。ちょっと見てみ?」
「おー、すげー。このポーズ新しーwww エロwww」




イエローキャブの楽屋にて。

128 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 00:48:54 ID:5V2LPQXq
とあるバーにて。

男「君は確かに美人だ。髪型だって洋服だって、いつも流行の最先端だ。」
女「私だって頑張ってるのよ。あなたに釣り合う女性になれるように。」
男「ああ、分かってる。」
女「じゃあ、どうしてダメなの?私のどこがいけないの?!」
男「君が悪いんじゃない。世の男性のほとんどは君みたいな女性が好きだろう。」
女「・・・・・・」
男「オレが変わってるんだよ。」
女「・・・どういうことよ。」
男「君みたいに着飾ったりしない・・・そう、ありのままが好きなんだ。」
女「そんなこと、どうにだってしてみせるわ!髪型だって服装だって、あなたの好きにするわよ!」
男「そうじゃないんだよ。君じゃ無理なんだ。分かってくれ。」
女「どうして?!どうして私じゃダメなのよ?!!」
男「・・・すまない。」
女「・・・ウゥッ・・・」

泣きながら走り去る女。

走り去る女の後姿に、一人呟く男。

男「すまない・・・。悪いのは俺なんだ・・・。」



3時間後



スナックよゐこにて。
男「好きだよママwwwwwうぇwwwww」
有野(の)ママ「よちよち。良い子でちゅねー」

129 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 01:22:32 ID:FjMesumA
>男「そうじゃないんだよ。君じゃ無理なんだ。分かってくれ。」
「そうじゃないんだ、ありのままがいいんだ」
のが、いいんじゃね。

だからってそんなに面白くなるわけでもないけど。

130 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 15:47:46 ID:rruTo2AS
叙述トリックではないのでは?

131 :89:2006/04/13(木) 18:40:38 ID:HCLuEerZ
指摘どうもでした。確かにリアリティが無ければ
フェアもアンフェアも無いですよね。


ガチャ
「はい。」
「あ、もしもし?困るんですよねぇ支払い期日はきちんと守ってもらわないと〜。」
「は?」
「いや、だから、お客さんうちのサイト利用したでしょ。サイト利用料の支払い期日過ぎ
てるんですわ。」
「そんなもの利用した覚えはないが。」
「ちょっとちょっと!散々遊び倒した後でそりゃないでしょー。」
「私には君の言ってる事がさっぱり分からんのだが。で、法外な請求をしてくるのか
い?」
「そんな!法外だなんて!うちほど良心的なとこありませんよ!利用した金額以上は請求
しません。36万円ですね。お支払いして頂けますよね。」
「ふん。36万か。そんな身に覚えのない金払えるわけないだろう。」
「お客さんえぇかげんしときや。こっちゃお前んとこの住所も勤め先も分かっとるんや
で。」
「払わないと決め込まれたら次は脅しか。悲しい程マニュアル通りだな。しかし、私の勤
め先を把握してるはずないんだがな。」
「そんな余裕こいとってもこっちゃ調べついとんねん!なんやったら今から家行ったって
もえぇねんぞ!」
「いや、そんな必要はない。」
「あ?」
「逆探知して今向かってる途中だ。だから言っただろう。お前が私の職業を把握してるは
ずはない。と」



132 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 20:24:28 ID:jAt4UYt1
面白いけど叙述ではないような..

133 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 22:22:20 ID:aRMdXepZ
>>131
『プリーズ合体超合チン』乙

134 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 22:24:53 ID:4QY+z48D
 全く妹萌えとかロリコンとか言ってる奴らはどういうつもりなんだろう。
気が知れない。
妹はたしかにかわいいがそれは肉親の情にすぎない。
おしめをしていた頃から知ってる女にどうやって発情するのか。馬鹿馬鹿しい。

 と、俺はいつも思っていた。

 しかし、ふとさっき思ったんだが、ある日ふたりきりの時突然妹が黙り込み、潤んだ目で俺を見つめたとしたら。
「どうしたんだ?」
「お兄ちゃん…あたし…」
「ん?」
「あたし、お兄ちゃんが好き」
「ああ、俺も好きさ」
「そうじゃないの!あたしお兄ちゃんに」
「?」
「お兄ちゃんにあげたいの!」
「な、何を言ってるんだ。ふざけるなよ」
「ふざけてなんかいない。あたし、真剣よ」
大粒の涙を浮かべ、体を寄せてくる。
ふくらみかけた胸を俺の体に押しつけながらかすれた声でささやいたとしたら。
「お兄ちゃんじゃなくちゃいやなの」

 そうなったときはたして俺は自制できるか。いや、全く自信がない。
そのことにいま気がついて呆然としてしまった。
これじゃ、キモいオタクたちまるっきりと同じじゃないか。
 まあ、俺に妹はいないんだが。

135 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 22:27:50 ID:THcEQIkp
アンフェアにも程がある

136 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 23:44:30 ID:2rzjE2zh
これコピペかコピペの改変だろ
この落ち方はたまに見るぞ

137 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 01:12:03 ID:QAPMUgz0
2chではウンザリする位よく見るな。
しかもこれはその中でも出来の悪い方だ。

138 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 01:22:16 ID:evEHVA8N
帰りは先生の車で送ってもらうことになった。
ママが助手席に座り、僕は後部座席の真ん中に座っていた。

「それで、先生。ウチの子は学校ではどうですか?」
「とても優秀で、明るくて、人気者ですよ。私の代わりに授業をやってほしいくらいです」
「オホホ、いいんですよ、本当のこと言ってもらって」
「本当ですよ。ただ…」
「何でしょう?」
「お母さんの仕事が忙しいことで、寂しさを感じてはいるようです。
本人も仕方ないのはわかっているんでしょうが」
車内が沈黙で満たされる。

「…ねえ先生、先生は再婚はなさらないんです?」
ママはいつも唐突だ。
「再婚ですか…あいにく仕事が忙しくて…」
「ママ、失礼だよ。そんなこと聞くの」
僕は後部座席から身を乗り出して言った。
「どうして?先生みたいな立派な方が独身でいるのはもったいないわ。
あなたは子供だからまだわからないのよ。聞いて、先生。この子ったら3年生までおねしょ…」
「わーっ!やめろよ!!」
これだからママと先生を会わせたくないんだよな。
(つづく)

139 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 01:23:11 ID:evEHVA8N
(つづき)
僕はなんとか話題を変えようと思って、思い切って言ってみた。
「ねえ、先生。モエちゃんってチューをするのが好きなんですか?」
「え?どうして?」
「モエちゃんが、僕とチューしたいって言うから…」
「それで、どうしたの?」ママが身を乗り出してきた。
「モエちゃんが僕のことを好きだから、チューしたいって言って、『どうしても?』って聞いたら『どうしても』って言うから…」
「したの?」
「……うん」
先生とママは顔を見合わせた。
「でも、それだけよね?」
ママが苦笑いを浮かべて聞いた。
「その後、モエちゃんが洋服を全部XXXして、『XXXXになりたい』って言って、
僕のXXXXをXでXXXだして、僕はいつもお風呂でXXでXXXXのより全然XXXXXX、
『モエちゃん!XXXX!』って言ったら、モエちゃんはいきなりXXXXをパクッてXXXX、
XXをゴクッてXXXXX、『これでXXXXになったね』って言ったんだ」
その後、車の中は再び沈黙に包まれた。

車を降りると、ママは何も言わずに家の中に入ってしまった。
「じゃ…じゃあ、次の検査はまた月曜です。薬を忘れずに飲んで下さい」
先生が運転席の窓を上げている間、僕は彼女の唇をじっと見つめていた。
「あ、先生、次の月曜は期末テストの打ち合わせがあるから無理です。
火曜にしてもらえます?あと、モエちゃんに宿題忘れないようにって」


140 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 01:41:09 ID:pdjDv0x2
????

141 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 10:11:25 ID:Q3/Wnwhz
僕→教師
先生→女医
モエ→「僕」の生徒、先生の娘

ということかな。

142 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 17:05:43 ID:77ObQqMj
>>131
オチは、「無職、ニート」かと予想してた。どっちにしろ、面白くないけど。

>>138
文章が下手だともったいない。誰しもが、ハタと膝を打つようなのを
書けそうだった。残念。

143 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 01:19:54 ID:l9wozFx9
「お次のお客様、大変お待たせ致しました、こちらへどうぞ。
本日は…カットとブリーチですね、ありがとうございます。
はい、失礼いたします。いやぁ、大分暖かくなりましたねぇ。
お花見は行かれたんですか?私もまだなんですよねぇ。
休みが会社勤めの人と合わないと、なかなかね。
それに私はやっぱり、花見より温泉にでも行く方がいいですね。
ほら、この仕事って立ちっぱなしじゃないですか、やっぱり腰に来るんですよね。
まあ職業病…」
「うるせー!とっとと本よこせ!!」

ttp://d.hatena.ne.jp/asin/B000ESSQWC
ttp://d.hatena.ne.jp/asin/4088740270

144 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 02:57:38 ID:V1ffI5Gv
>>143
客の目の前で書籍名を言うのは禁句。
本屋に行った事があれば解るっしょ。
ちなみに薬局でも薬名を言えない。

よって>>143はアンフェアに感じるかも。

145 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 03:19:06 ID:ETgnp9+s
>>144
そんなルールあるんだ。知らんよ、普通。
書籍は恥ずかしい本の場合があるから、アレなんだろうけど、
普通はそういった話は知らないと思う。あと、薬局では普通に薬名を
言われるけど、俺の周りの薬局って例外なのかな?

>>143
いい感じ。普通に騙された。

146 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 03:22:08 ID:vzcUGBY5
常識のレベルで考えて有り得ない対応されたらアンフェアだろう

147 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 04:22:22 ID:ZT4tRytW
「もう3日ごはん食べてないんだよね」
「はぁ?身体こわすぞ。ていうか死ぬぞ
仕方ない、金がないんだろ、貸してやるからちゃんと食えよ」
「あ、ああ?ありがとう」

「よう、ちゃんとごはん食ったか」
「いや」
「はぁ?お前俺が貸した金はどうしたんだよ!なんか他のことにつかっちまったのか?
お前何考えてるんだ。もう知らん勝手にしろ!絶交だ!」

僕はなぜこんな目にあうのかと悲しくなって、
家に帰って泣きながらパンをかじった。

148 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 19:48:13 ID:1tMuICaV
>>143>>145

149 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 21:32:42 ID:Un6ZrPgi
堂々とした自演だなーwwwwwwwww

150 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 00:09:40 ID:uZCdrLC2
143はキャラ設定に問題がある。
マニュアル化された若者風じゃなく、
商売っ気のない豪快なオヤジ風だったら、
もう少しフェアに感じたかもしれない。
書き込む前にもう少し考えようぜ、俺。orz

151 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 00:14:39 ID:zrI0bLN8
くりぃむしちゅーの番組であった叙述っぽいやつ

名前:ユミン

韓流ドラマでペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴンらと共演
ファンクラブ会員数は12万人
新ドラマ「アテンションプリーズ」に出演で検索回数急上昇

本名:苗木優子(日本人です)

152 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 21:37:41 ID:nFF1+dU9
最初にユーミン=荒井由美が思い浮かんだんでなんとも

153 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 18:08:12 ID:Whq/9UFm
巻きグソで思い出したんだけどさ

こないだ公園でクリーム食べたんだよ、暑かったから

乾燥防止クリームをさ

154 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 02:40:24 ID:auIcIAQP
標準語圏では通用しない。

155 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 00:51:12 ID:FrKrimMc
このまえAKIRAのDVD買ったんすよ。
いやー、やっぱスター!

156 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 01:24:36 ID:LyY4CQwN
イイネ!

157 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 02:48:29 ID:On0qUGyh
俺が乙女の柔肌を触ると
彼女は必ず幸せそうな笑みを浮かべる。
女のあらわになった綺麗な乳首を、俺はうまく甘噛みしてやる。
彼女は俺を愛しそうに見つめ抱きしめる。
みんな俺を抱きたがる。

俺、来月で1歳。

158 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 05:00:57 ID:GRvfqaPF
みんな俺を抱きたがる。

で止めてても良かったな

159 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 07:04:16 ID:luit0KW6
乙女がちょいとアンフェアか

160 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 11:34:03 ID:L02YiHgM
柔肌を触られる乙女と、乳をくれる女は別だからいいんじゃ

161 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 22:42:24 ID:jqWcWxkS
 昨日まで続いた取り調べは、早朝に始まり深夜まで続いた。その間、俺への質疑が永遠と続き、俺からの質問が許される雰囲気ではなかった。
だが捜査が一段落を迎え、俺への取り調べも今日で終わりとなり、最後に担当の刑事と少し話ができる時間ができたのだ。
「刑期はどのくらいになりそうですか?」
「短くて…三年ってとこだろうな」
ずっと気になっていたことだった。短くて三年というなら四、五年はかかるだろう。
「もし…正当防衛が立証されれば…」
「それについては今、二課が慎重に動いてる。」
間髪を容れずに刑事は答えた。
「正直、捜査本部の流れとしては正当防衛の立証を第一としている。」
ちらりと横を見た。
窓の外に垣間見るイチョウの木の葉が黄く染まっている。そのうちの淡く染まった一枚が風に揺られ、宙に舞い、視界から消えた。
「毎年、秋になると何故か胸騒ぎがするって人がいるんですよね。特にこうやって紅葉した広葉樹なんか見ると、これから起きることを自分に警告してるんじゃないかって。危険を示す信号なんじゃないかって。
実際、警告だったのかもしれませんね。」
自然と笑みが漏れた。
「大丈夫だ。被疑者死亡で終わる。正当防衛が立証するはずだ。」
「そう祈ってます。」
そう言って俺は時計を見た。
「もう時間だな。これから兄に会って来るんだろ?」
「はい。これから拘置所生活が始まりますから、その前に言葉を交わしたくて…」
「なら伝えておいてくれ。必ず正当防衛は立証されると。無実だと。」
「そのつもりです。今日まで事件に捜査協力できたことを誇りに思います。
これで少しでも兄の疑いが晴れ、兄の正当防衛が立証されるなら、弟として本望です。」

162 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 07:05:20 ID:qLzWtIl0
永遠と続く質疑が終わるという叙述

163 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 12:18:55 ID:7PVk0ljW
マルチです レス不要


164 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 15:30:12 ID:1FaE93MA
穏やかな光が春の訪れを告げていた。
『あんな事さえしなければ…。』
彼は、鉄格子のついた窓から流れ込む爽やかな風を感じながら、収容されて以来何度目になるかわからない溜め息をついた。
人を殺めた罰かもしれないとは言え、あの男は殺されても仕方ない外道だった。
しかも明らかに正当防衛であり、周りの反応も概ね同情的だったのだ。
それなのに、
「あの糞弁護士が…!」
クロになるとは。

流れる雲を見つめる。
あんな事さえしなければ、今も過ごしていたに違いないシャバを思う。
足音が近づき、彼の部屋の前で止まる。
あんな事さえしなければ。
「さあ、治療の時間だぞ。」



精神鑑定など、受けなければよかった。

165 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 05:28:39 ID:irRu143b
〜初体験〜
クラブに顔を出して遅くなった帰り道、誰もいない電車の中で私はついウトウトと眠ってしまっていた。
気がつくと、ふしくれだった手が私の胸の辺りを触っていた。私は恐怖を感じ、体を動かすこともできなかった。
その手は体中を撫で回してくる。叫びたくても声が出ない。
そして「一緒についてこい」という男の声に、私の本当の意思とは裏腹に、体はその言葉に従っていた。
誰もいない真っ暗な草むらまで連れてこられ、私はその場に押さえ込まれた。このまま襲われてしまう!もうダメだと思い、そのまま気を失った。

どれくらい経ったのだろう。私は目を覚ました。体は何ともない。気が付くと私の脇に一人の少年が座っていた。
彼の話を聞くと、彼が私を助けてくれたらしい。あいつは昔から悪さをするやつで、前から追いかけていたと言う。
私は彼にお礼を言ってその場を去った。
家に着いた時はもう朝だった。私は妻に今日あったことを話したが信じてはくれなかった。
まあ、仕方が無いだろう。私自身、あんな霊体験は初めてだった。

166 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 16:50:34 ID:9P9AUCCD
高校ではバレー部だったんだが
夜遅くまで練習して部室に戻ろうとしたら、俺しか居残ってなかったはずなのに
明かりがついてたからこっそり覗いたら、顧問の体育会系教師にマネージャーが下着姿でフェラしてた。
その時はとにかく驚いて制服に着替えることもできず立ち去り帰宅した。
家でどうしようかじっくり考え抜いて翌日マネージャーに
「昨日部室でやってたことを学校のみんなにバラされたくなければ俺にも同じことやれ」
と言ったらすぐにトイレ直行でフェラしてもらえた























だからお礼に俺もフェラしてやった。

167 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 17:03:34 ID:hMitOR6H
だからなにって

168 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 17:13:07 ID:I6OuP8g9
>>165
少年は鬼太郎か怪物くん?

169 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 17:24:50 ID:Rab9q1fd
>マネージャーが下着姿でフェラしてた
女のマネージャーと思わせて、男のマネージャーだったという事でしょ。
読んで、クスリと笑ったよ。

170 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 18:04:55 ID:GyWjR4F9
永遠とじゃねえ
延々と だ

171 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 19:20:22 ID:o5r4NqC8
町外れの4丁目の今は寂れた裏路地。
夜になれば人通りも絶えて、薄気味悪いところだ。
そしてお決まりのとおりそのへんには幽霊が出るという噂があった。
その話を聞いた俺は肝試しがてら、仲間たちと深夜にそこにいってみた。

深夜2時。人通りは完全に絶えて、街灯もない。
手持ちの懐中電灯だけが唯一の灯りだ。
周囲はもう人家もなく、ただ朽ちた廃屋があるばかり。
おそるおそる真っ暗闇の廃屋に侵入していく。
「ほんとにでるのかよー…?」
「まさか、あんなのただの噂だろ」
「ひっ、今何か足音が?」
「ただ床がきしんだだけだろ」


「なーんだ、ちょっとびびったけど何にもいないじゃん」
「所詮ただの噂だよ噂」
「まあ雰囲気だけはよかったよな、ははは」
結局何事も起こらず、無事に生還(?)。

ほかの仲間のところに戻って酒盛りしつつ武勇伝。
「でさー、こないだ4丁目の廃屋いったんだけど
噂と違ってなにもいなかったぜ、所詮子供だましだよな幽霊なんてなー」
「そうそう、科学的じゃないよねーははは」

「4丁目の廃屋って、もうずっと前に取り壊したはずだぞ?」

172 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 20:12:45 ID:9P9AUCCD
>>171
それは叙述トリックというより怪談だな。

173 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 22:02:45 ID:knaGeHEg
>>172
改行厨に言われたくないと
>>171が反論するに2000トリック

174 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 22:21:49 ID:irRu143b
昨日、知人である伊藤氏から相談を受けた。何でも、隣の家が夜中に謎の儀式を行なっているらしく、うるさくてよく眠れないらしい。
隣の家は古い洋館をあしらった造りとなっており、その集会所らしき大広間の際に伊藤氏の家はある。

私はその問題を解決するため、その家に潜入することにした。
裏門をくぐり抜け、台所らしき勝手口からそっと中に入る。どうやら気付かれてはいないらしい。
問題のその声が辺りに響く。複数の男女の快楽に満ちたあえぎ声と嗚咽混じりの絶叫が絶えず耳の中に入ってくる。なるほど、これでは伊藤氏もろくに眠れまい。
目的の部屋の前まで来た。そっとドアを開け、中をうかがう。気付かれてはいない。
私はその部屋に入り込み、ベッドの上でうなされている伊藤氏にそっと耳栓をしてやった。

175 : ◆j8lBotqTc. :2006/05/09(火) 22:26:34 ID:RmLWkxv7
 

176 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 22:27:14 ID:dSfmN65L
>>174
なかなかいいと思う

177 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 03:43:34 ID:8OtQQkdJ
>>174
ごめんなさい、本気でわからない。
誰か解説してください。


178 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 04:33:14 ID:yETDZXm7
何が分からないのか分からない。結末が分からないのか、それとも騙されずに読んで錯誤のきっかけが分からないのか。

どちらにせよ、キーポイントは「その家」。

179 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 10:47:27 ID:TPAeokbJ
>私はその問題を解決するため、その家に潜入することにした。

 ここで「伊藤氏の隣の家」って思い込んで読んで 
 最後で実は「伊藤氏の家」だったというオチ

ってだけでいいんだよね?


180 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 10:48:52 ID:sD5RKG+Y
なかなかいいけど、なぜかやられた感があんまりない。
落ちはいいと思うが、もう少し伏線みたいなのがあった方が良かったと思う。なんかオチが唐突。
「隣の家で儀式をしている」、「複数の男女の快楽に満ちたあえぎ声と嗚咽混じりの絶叫」、などと言っておきながら
結局は自分のうなされている声なわけで、少しアンフェアな感じがするし
主人公の「私」がどの時点で「真相」に気付いた、あるいははじめから知っていたのか? がはっきりしないのも気持ち悪い。
うなされるにしても事前にそれを匂わせる状況が、ちょっとした描写でいいので欲しい。

まあ、なんか遊びのショートショートにマジレススマンw

181 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 11:28:28 ID:TPAeokbJ
あれ、自分は「儀式めいたうるさい声」自体は実際に隣家から聞こえてきんだと思った。
>問題のその声が辺りに響く。
のも隣家からの声が聞こえてきてんだなって。

て思わないと意味通じないよね。

182 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 11:42:22 ID:rhiXkbTy
「問題を解決するため、その家に潜入することにした」
(お、どうやって謎の儀式を止めさせる気だ?)
「目的の部屋の前まで来た」
(ついに謎の儀式の全貌が明かされるか?)
「私はその部屋に入り込み」
(いよいよ対決だ!)
「ベッドの上でうなされている伊藤氏にそっと耳栓をしてやった」
(対症療法かよ!)

他人に耳栓つけられても気づかないのなら、よく寝ているんだと思うが

183 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 11:55:38 ID:4NzY4WPB
>>180
ゆとり教育のせいだ
気にするな

184 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 13:04:07 ID:sD5RKG+Y
すまん、俺ちゃんと理解してなかった
俺はこのトリック「隣の家に入ったと思ったら伊藤氏の家だった」というオチと同時に
「夜中の儀式は自分のうなされてる声で犯人は自分だった」っていう二重オチかと思ってたよorzすまねぇ・・・

結局落ちは「隣家に侵入したんじゃなく、伊藤氏の家だった」ってだけだったんだな・・・

別に伊藤氏の家だったからといって「だからなに?」っていうか驚きも何もない感じもするが、まあこれもゆとり教育の所為かw

185 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 13:16:37 ID:4NzY4WPB
叙述トリックスレで見るから「だからなに?」になるけど
普通に見たら肩透かし系のいいオチになってると思うよ

186 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 13:18:39 ID:bpUJmJja
伊藤くんが隣家からの変な声で毎夜熟睡できないってんで
ある夜おれは裏門から忍び込んで伊藤くんに耳栓してやった

みたいな

187 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 13:22:46 ID:sD5RKG+Y
>>185
うん。驚きを期待するといかんのだな。
オチとしてはよくまとまってるし、トリック云々じゃなくショートショートとしては結構よく出来てると思う。

188 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 13:49:55 ID:yETDZXm7
まあ、細かいこと言うと「際」だと内側になっちゃうから「傍」とか「近く」がいいかな。

189 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 22:47:00 ID:h64AHMfN
俺も「際」だけ気になる。
読み返してみると”その家”という言葉を使う直前はちゃんと伊藤さんの家を出してて上手いと思ったよ。

190 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 23:57:12 ID:Cee9ptlq
叙述トリックを落ちにしてるんじゃなく、
落ちのために軽い叙述トリックを利用したんだな。

191 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 00:54:34 ID:jryaBwpX
包丁を握り締めて、暗闇の中に一人、男が立っていた。
その男の前には、男女の死体が転がっていた。男には覚えがないらしい。
パトカーのサイレンの音が聞こえてくる。なんだこの三流小説のような展開は。馬鹿げている。
男は闇の中へと走り出していた。…何でこんなことになったんだろう。今夜は彼女と幸せな夜を楽しむはずだったのに。彼女は待ち合わせ場所に来なかった。そして…今は、こんな…
男は路地裏を走り続けている。この路地裏は見覚えがあるぞ。2年前、彼女と出会った場所だ。あの頃の彼女は素直で可愛かった。それが今では…何で今日彼女は…
感傷に浸る間もなく、男の前には黒服の男達が立ちはだかっていた。何だ?いきなりこいつらは。
男は目の前の謎の男達と後ろから聞こえるサイレンとに挟まれ、逃げ場を失ったようだった。…クライマックスってか。くそ。
するといきなり、黒服の男の一人が怪しげな呪文を唱え始めた。男は苦しみ出す。そして男は、蝿の王ベルゼブブへと変身したのである。
…何だ!?これは!?


私はこれ以上観る気がしなくなった。彼女に振られ、こんな映画で始発まで時間を潰さなくてはいけないなんて。私は悲しくなって、一人その映画館を後にした。

192 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 01:58:35 ID:Fuo1a2U6
ネタバレ前と後、どちらも叙述がすっきり読めて面白かったよ

193 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 08:43:31 ID:0ia5PxOl
うん、楽しめた上に、ゴッドサイダー思い出したよ

194 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 09:10:59 ID:BKNXtvR1
 その男がドアを開けて入ってきたとたんに
今までにこやかに談笑していた客たちは
一様に絶句した。
 その男は、黄金の男だった。
「あああああああ」
 マスターは悲鳴ともつかぬ声をあげた。
 男は苦笑しながら言った。
「たった今、肥溜めに落ちた」

195 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 22:14:42 ID:SKPioiFi
高速道路を北に向かって走っていた私は、トイレ行きたくなったので
サービスエリアに立ち寄りました。
手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から
「やあ、元気?」
と声がしたのです。
男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。
どうしていいかわからなかったので、ためらいがちに
「まあまあだよ」
と答えました。
すると隣人は
「そうか……それで、今何してるの?」
と言うのです。妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。
「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」
やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。
「おい、あとでかけ直すよ。隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」


196 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 22:29:49 ID:SKPioiFi
↑誤爆しますた。。。
2chでみつけたの方に改めて投下します。。。

197 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 00:03:09 ID:eYcnNEvQ
小学生ぐらいの時に読んだ「ルドルフとイッパイアッテナ」
っていう本が今考えるとかなり叙述だったんだけどだれか知らない?

198 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 01:59:47 ID:covDEQC7
知ってるけど、内容あんまり憶えてないなー
魚もらったり、字を教えてもらったりするところとかそんくらい。

199 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 10:02:30 ID:buxsXjh1
「痛いのは最初だけだから」と笑顔でアイツは言ったが、突き刺された後も痛いままだった。
体に異物が進入し、そして自分から大切なものが奪われていく喪失感。
何よりも痛みは意外と長く続く。

献血にいく人間が減るのもうなずける。

200 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 23:29:51 ID:eYcnNEvQ
>>198
ルドルフ(猫)助けられたた猫に名前聞くと「イッパイアッテナ」って答えるんだよ。
それでイッパイアッテナと仲良くなるんだけど、最後の方で
「おれの名前はいっぱいあってな。」
って言ったんだよと教えられるんだ。
ガキだったおれは衝撃でちびったね。

201 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 04:42:17 ID:8KFZeuCq
>>199
●事後血が滲むことも
●ベッドですることが多い
●エイズの危険が

なんてのもあるよな。

202 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 05:23:26 ID:s8tDLSDe
>>200
 この手の話って実話によくあるよね。
 ロシア人の客が「早く早く」と催促するのを
 レストランの意味と取り違えたとかさ。
 早く=ビストロ

203 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 06:10:57 ID:0LL5HgqW
カンガルー?

204 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 07:15:47 ID:s8tDLSDe
>>203
カンガルーは、J=クック(キャプテン=クック)の率いる探検隊が、
オーストラリアでカンガルーの名前を先住民に聞いたところ、
「カンガルー」と答えたため、その名前で呼ばれるようになった。
カンガルーとは、現地語で「私は知らない」を意味し、
J=クック達の誤解による命名という説が多い。
しかし、元々先住民がカンガルー類を指す言葉として使っており、
誤解ではなかったという説が現在では有力とされている。

と、語源由来のサイトにあった。

205 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 23:48:34 ID:zHbseiwd
アイアイとかもな。あんまり珍しい生き物だから見つけたとき案内の原住民が驚いたんだって。
その原住民たちは驚いたときに「あいあい〜!」って叫ぶらしい。

本当なのか・・・?

206 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 04:23:00 ID:+3Ztulpo
明治の初期、洋犬を「カメ」と言っていた。
毛唐がCOME ON! と呼ぶのを
名前だと勘違いしたため。

207 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 13:39:07 ID:W/GxHk0n
http://up.nm78.com/data/up078191.jpg

208 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 15:32:38 ID:wsvI5ZAI
なにこの超絶トリック

209 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 01:00:22 ID:0x/+EB+0
((( ;゜Д゜)))ガクブル

210 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 08:07:36 ID:ti5sT+SH
>>207
これ見たかったな。

211 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 21:51:27 ID:lWwaw6Yh
ぜんぜん

212 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 00:25:43 ID:mQ6zJLas
山田悠介さん大好きです!それまで小説なんか読まなかったのに「リアル鬼ごっこ」のおかげで本読むようになりました。
他にはDeep Loveとかは面白かったな。
私、すごい賞とかとるような作家さんとかって逆になにが面白いのかわからなくて読めないんですよね‥‥
最近の若者は本離れしてる、なんて言われてるけど、面白いって感じられるような本があれば読むのにーって、ちょっと頭にきちゃいます。
私が面白いって思うような小説家さんって、はじめはすっごいマニアックなんだもん。ちなみに私、山田先生のこともデビューした当初から知ってました。
ちなみに今、次にくる!‥‥と思っている小説は葵実織(あおい みおり)さんの「運命の人よ、どうか泣かないで」ですね。
ま、私がそう小説が有名になるのって、だいたい一年は先のことなんですけど(笑)

葵実織さんとやらを陥れようとしている人間がいるな

213 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 00:35:22 ID:L1ev4wCT
でも逆にちょっと読んでみたい衝動にはかられるよな。

214 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 01:42:31 ID:CB+gjJuv
山田悠介は駄目駄目

215 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 11:26:08 ID:mcD/LasN
>葵実織さんとやらを陥れようとしている人間がいるな
 と見せかけて、葵実織を売り込んでいるというトリック。

216 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 19:11:47 ID:SHIlFEOJ
山田とyoshi好きの子のオススメ作家として紹介されたところで
果たして売り込みになるだろうか。。。

217 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 22:41:45 ID:FrOP1h+x
一瞬山田スレかと思ったw

山田スレに叙述トリックあった

山田が超文学的な作家であることは
このスレの住人も信者も認めるところである



スレ違い申し訳!!

218 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 01:33:47 ID:Wq8aikih
日曜日のある家での出来事
「あなた、起きてよ、もう二時過ぎよ」「うるさいなぁ、日曜ぐらいゆっくり寝かせてくれよ」
「せっかくの休みなんだからタカシをどこか連れて行ってあげてくださいよ」
「パパーどこか行こうよ」
「タカシ、パパな、とても疲れてるんだ、だからまた今度な」
「え〜」
「あなた!!」
「何だよ!?」
「うぇ〜ん」




「盛り上がってるところ悪いんだけどみんなそろそろおやつの時間よ」
「は〜い」

219 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 05:32:34 ID:8w5S4UTE
くれよんしんちゃんでつか

220 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 00:29:25 ID:n1FfGEDK
ままごとか?とマジ聞きしてみる

221 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 08:07:25 ID:jdCIIxLF
「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲」で
無人となった街の酒場で、しんちゃんたちが大人の真似をするシーンがあった。
声優たちは全員大人だから、地でやったら、マンマ大人になってしまうところを
あくまでも、子供が大人の真似をしているという設定で演じて
なんともいえない面白さを醸し出していた。
スレ違い(でもない?)orz

222 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 11:00:31 ID:AVMg3MOE
「ベルセルク」というマンガで
妖精たちが大人の真似をするシーンがあった。
妖精たちは全員蜂だから、大人ごっこといいつつケツから針を出して
女のマンコに針を刺しまくって殺して
なんともいえなシュールさを醸し出していた。
スレ違い(でもない?)orz

223 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 08:11:04 ID:7o+Ikkg5
>>222
 つまんない。

224 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 15:16:28 ID:XovnlU7v
「どうやら、余計なことを知ってしまったようだな」
「なんすか? おれ、なんも知りませんよ」
「知らないなら知らないで、それでもいい。どのみちお前には死んでもらう」
「わ、わけ分かんないすよ。なんで、おれが殺されるんすか」
「分からなくていい。こうしたやり方で、わたしは生き残ってきたんだ」
「ちょ、ちょっと待って下さいよ。そんなのないすよ。おれ、今まで――」
「さようなら」
「わ、わぁー!」
「盛り上がってるところ悪いんだけどみんなそろそろおやつの時間よ」
「は〜い」


225 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 19:31:05 ID:BEiGu946
ダ・ヴィンチコードのネタバレは×

226 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 20:14:53 ID:7o+Ikkg5
>>225
 え? 224ってそうなの?

227 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 22:59:55 ID:9ik8L2ru
たしかに導入部をくだけた感じで書くと>>224になるなw
まぁネタバレってほどのもんでもないだろ

228 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 01:40:16 ID:HqAdnsAS
実は>225がダ・ヴィンチ・コードのネタバレという叙述

229 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 03:55:45 ID:nW4BQ8WI
たしかに>225はネタバレだな
ネタバレ禁止と思わせておいて
それ自体が実はネタバレ
良い叙述トリックだ

230 :224:2006/05/26(金) 06:51:00 ID:fIw2Lm6d
え? おれダ・ヴンチ・コード読んだけど。
こんな話だったw?

231 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 09:56:02 ID:4Ff/Hb9A
>>230
なわきゃないだろw

232 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 00:43:21 ID:AYrvW1sd
より正確には
ダ・ヴィンチ・コードのネタバレは




だな

233 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 08:38:16 ID:OyvXwEv5
なるほど砂時計か

234 :名無しのオプ:2006/05/28(日) 16:54:55 ID:V6LWmJXf
でも、それすら、どーでもいいところが
dコードの凄い(どーでもいい)ところ。

235 :sage:2006/05/29(月) 21:09:47 ID:I1hNlqOM
日曜日の朝、黒いリムジンで男が家にやって来て言ったんだ。
「あなたのお父様がお亡くなりになりました」って。
両親は俺が幼い頃に離婚し、以来俺はお袋とずっと一緒だった。
だから親父が死んで悲しいとかそんな気持ちはなかった。
男の話を聞くとどうやら親父の遺言で俺に跡を継いでほしいって事らしい。
とりあえず俺は親父の勤め先に連れて行ってもらうことにした。
そしたらなんと日本一有名なあのテーマパークだったよ。
役員フロアに通されて副社長からいろんな話を聞いたんだ。
とにかく親父は凄かったらしい。
副社長「ことは一刻を争うんだ、頼むよ」
俺「僕にできるかどうか分かりませんが、頑張ります」
そして俺は今あのネズミの着ぐるみの中です。

236 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 21:10:35 ID:I1hNlqOM
sage

237 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 21:12:03 ID:I1hNlqOM
ゴメン、sageれない。

238 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 23:02:23 ID:rp/upAlD
ワロタw

239 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 00:11:02 ID:7oPVW69F
>>235-237
トリビアなんだけど、
ネズミの中の人は女性だよ。
男は入れない。小柄でも。
女のネズミの中の人も女性。

240 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 00:32:27 ID:VkdZANth
中 の 人 な ど い な い

241 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 00:32:44 ID:BPrKgW6n
男だと、女が抱きついてきたりするのをイイことに
不埒なことをしでかすからか?

242 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 01:16:29 ID:4KXwdN3g
着ぐるみを銃で撃っても殺人罪にはならないのかな?

243 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 06:27:26 ID:7oPVW69F
>>240 スプーの中の人は化け物説
>>241 それもあるかも。いろいろ規定あり。
>>242 人でなしのプレイボーイを殺すと?

「この人でなし!あんたなんか死んじまえ」
「お前のツラ見てると死にたくもなるよ」
→話題をすり替えてるという叙述

244 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 10:20:04 ID:jrriA3i8
なんでこのスレのキーワード「伊藤」なの。

245 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 16:28:40 ID:mBGwCXpg
>>239
JRAのターフィー君の中の人は基本的に男らしい

246 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 12:14:57 ID:O4t0dbPc
確か昔、まんまちゃんとミニーちゃんが付き合ってるってさんまさんが言ってた

247 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 15:23:54 ID:MNOD/lfX
>>240
都市伝説だろうが、かつてTDLで餓鬼がしつこくプルートに付きまとっていたら蹴飛ばされて
親がクレームを入れたら「私どもの犬が大変な失礼をはたらき申し訳ありません」といった手紙が
正式な謝罪文書として届いたとか。

248 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 18:27:10 ID:K7DFumZW
そういうHPあったねどっかに

249 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 11:17:14 ID:yZ3NQQ/e
>>248
これですね。

http://www12.plala.or.jp/hippie/welcomefantasy.htm

250 :名無しのオプ:2006/06/04(日) 23:05:56 ID:sTi0KLVM
あたしが愛して愛してやまない人。それがランくん。
物心ついた頃から、結婚する相手として、ランくんしか考えていなかった気がする。
ランくんは、あたしのお姉ちゃんの子供なの。つまり、あたしの甥っ子ってことね。
だから、とても身近な人。気づけば、いつでも傍にいた。そんなランくん。
ランくんは、あたしのことどう思っているだろう?
でも、色々と問題っていうか気になることがあって、いまだなお、あたしのこの想
いを告白できないでいる・・・。
まず、年の差。あたしは、いま28歳。だから、ランくんとは、8歳離れているって
ことになるけど。
でも、8つくらい、愛があれば関係ないわよね。
それに、ランくんは、結婚するなら、絶対姉さん女房が良いとか言っているし。
姉さん女房は金のわらじを履いてでもとか言うじゃないかって。
それから。分かってるわよ。それが一番の問題だってことは。
実の甥とは結婚できないことくらい。分かってるのよ。
民法だか刑法だか知らないけど。法律で決まってるのよね。
なんでそんなコト、法律で決めるのよ。ってか、法律なんて関係ないわ。
そうよ。もう。あたしのこの想いを胸にしまい続けることはできない。
だから。あたし、ついに。ついに、ランくんに告白しちゃった。
「結婚して。ううん。法律で甥と結婚できないことは分かってる。でも、そんなコト
関係ない。籍を入れることができなくったっていい。ただ、ただ、あなたと一緒の
人生を歩いていきたいの」って。
あたし。涙が出てきちゃった。だって、ランくん、静かに首を横に振ったから。
「甥だからとか、確かに愛があるなら関係ないと思う。だけどね。僕はやっぱり結
婚するなら、姉さん女房が良いのさ。だって、君は僕より、8つも年下じゃないか」
そうなのよね。あたしとお姉ちゃんって、30歳近くも年が離れているから、こんな
ややこしい叔母・甥の関係ができちゃうのよね。

251 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 01:20:01 ID:AZqPI8eJ
>>250
漏れの親父は五人兄弟の末っ子で、一つ上の兄と15才も離れてる。
そして漏れは、結構遅くに生まれた。
だから漏れの従兄弟は、漏れより20以上離れている。
そして彼らの子供(漏れから見るとハトコ?)は、何と漏れより少し年上。

だからそんな叙述トリックは、漏れ様には通用せんぞ!?
どうだ、まいったか。

252 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 13:34:14 ID:SpO2JOZZ
まいったまいったこりゃかなわん

253 :名無しのオプ:2006/06/06(火) 02:59:17 ID:uAGV6uHX
>>250
細かいところだけど

>でも、8つくらい、愛があれば関係ないわよね。
>それに、ランくんは、結婚するなら、絶対姉さん女房が良いとか言っているし。

の「それに」が微妙にアンフェアだと思う。

254 :250:2006/06/06(火) 11:22:04 ID:GZ9cgJPD
>>251
まいりました。
あの有名な家族で例えるなら、ワカメちゃんよりイクラちゃんのほうが年上ってことで
すね。ちなみに、その関係は【いとこ違い】って言うそうで。タラちゃんとイクラちゃ
んの関係がハトコで。
>>253
だけど、まさにその「それに」こそが叙述トリックの部分で。
本当は、「年の差があること」に加えて「彼が年上を好むこと」が次の問題点であるこ
とを示すための「それに」であり。それは接続詞「それに」の間違った使用法ではない
と思います。
いかにも、年の差は関係ないことに話題が続いているように誤誘導できたら、叙述トリ
ックとして上手くいったかなってことで。

255 :名無しのオプ:2006/06/06(火) 18:07:10 ID:8DeBxv9F
>85の人の作品にインスパイアされました。

俺が二十歳になるちょっと前のこと。そのころの俺はまだ童貞だった。
友人にも相談したんだ。そしたら「抜いてもらってスッキリして来い。さっさと捨てちまえ!」だと。人の気持ちも知らないで・・・。
そんな簡単に捨てていいのか?もっと大事にするべきものではないのか?
散々悩んだ結果、俺は覚悟を決めた。
受付を済ますと狭い待合室に通された。
見渡すと40歳前後のおっさんが3人ほど。俺のような若い奴は一人もいなかった。
一人と目があってしまい、気まずく感じた俺はとりあえず置いてあった漫画を読んで順番が来るのを待つことにした。
緊張しているのを悟られてはいけない。
20分ほど待たされただろうか。ついに俺の順番が来た。 鼓動が一気に速くなる。扉の向こうは俺の知らない世界。震える手でドアを開け勇気を出して中に入った。
「それじゃ、そこに横になってね。」
俺は言われるままに従った。横になり天井を見つめていると様々な考えが浮かんでくる。
「あぁ、俺の身体はこれで傷物になっちまうんだな・・・。ごめんよ母ちゃん。きれいな身体で生んでもらったのに・・・」
考えれば考えるほど不安になっていった。やっぱり止めよう。しかしここまできてしまってはもう後戻りは出来ない。
でもどうしよう。俺の頭はパニック状態。もはや何がなんだかよくわからなくなっていた。
「緊張しないでいいからね。」
それから何をされたのかはっきりとは覚えていない。しかし、その動きはさすがプロ!というものだった。
2〜30分はかかると思っていた俺の予想を裏切り、1分もしないうちに抜かれてしまった。こんな短時間で終わらせるとは・・・。

家に帰り冷静に考えると「こんなものか」というのが正直な気持ちだった。しかし、そこには心身ともにスッキリしている自分がいた。
体重はたったの数十グラム軽くなっただけだというのに不思議なものである。
「これで俺も・・・。クククッ!」自然と笑いがこみ上げてきた。

ところが数日後、友人に話したら自分が取り返しのつかない誤解をしていたことに気がついた。
私は自分の逸物を手術でひっこ抜いてしまった。

パクリすんません。


256 :名無しのオプ:2006/06/06(火) 19:24:01 ID:8DeBxv9F
連投スマソ

記者「パブロフ先生の研究というのはどのようなものなのですか?」
博士「犬に餌をあげるときに必ずベルを鳴らすようにします。そしてこれを1ヶ月間続けます。すると・・・」
記者「すると?」
博士「まあ観ててください」
そういって博士は手元にあったベルを鳴らした。
記者は実験施設をのぞき込んだ。
そこには、








犬もいないのに、あわてて餌を準備しようとするパブロフ博士の姿があった。


257 :一応だけど253じゃない:2006/06/06(火) 23:08:27 ID:GZD3U3cu
>254
主人公の立場になって文を読むと、問題の箇所をどうやってプラスに受け取ってるのかが抜け落ちてるんだよね。
「それに」は順接だから、前の文がプラスの意味だったらプラスの文を続ける必要がある。
普通、年上の相手が「姉さん女房がいい」なんて主張してたら落ち込むじゃん? マイナスの条件なんだよ。

そこで、例えば『年の差があることそのものは大きな問題じゃない』、みたいな発言が一つ欲しい。
(つまり相手の意見を都合よく解釈してる、って感じの。)(無理あるか?)
その上で『むしろそのことより法律が問題だ』って発言を入れればフェアっぽい


こんなスレで、うるさいこといってゴメンよ。

258 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 13:55:04 ID:H4eswL6F
>>256
 反射運動ではないと思われ。

259 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 14:47:18 ID:YdmMY6fQ
>>258
最後にはスプーの絵を描いてしまった
アルツハイマーの画家と同じ。

260 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 18:14:18 ID:hKSnWYjE
>>258
立派な条件反射じゃね?

261 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 22:47:08 ID:ndjTeXxs
>>256はまあいいが>>255はどうか。ほんとにどうか。

262 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 23:28:47 ID:Y0OFJY0i
あげとこ

263 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 06:38:36 ID:eulSHJQg
連続強姦魔がレイプしまくるが捕まらない
捕まらない理由は実はレイプ魔が在日のお偉いさんだったってオチ

264 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 15:30:10 ID:jDt9WFH2
>>263
それは叙述じゃなくて、
歴史ミステリ(笑

265 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 02:37:16 ID:Yq6PCywA
んっ…た、たくさんはいってくるよぉ…
なか…で…ドクドクいってる…
…わたしのっ…い、いっぱいに…なっちゃったね…へへ…
え…まだおわりじゃないの?
あっ…だ、だめだよぉそんなとこさわっちゃ
そこおしたら、わたしとんでっちゃうんだからぁ
…っ! だ、だめっ、そ、そこは! あっ、いや、い…いくっ、
い…いっちゃう、いくっいくっ、いくぅぅぅ〜〜
す、すごいよぉっ、と、とびっぱなしで、も、もどってこれ…ないっ!
あっ、だ、だめ、だめ、わた、わたしっ、はじけ、はじけちゃうっ、はじけちゃうぅぅぅ〜〜!!!


てぽどんタン(*´Д`)ハァハァ

266 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 00:20:05 ID:5QvFr2DR
少し無理あるよ

267 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 00:59:10 ID:V8cBE6qc
うぃ〜、おじさん、酔っちゃったよ〜

やっぱバスで本読んじゃダメね。

268 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 20:56:01 ID:yNeHIvtS
保守

269 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 08:01:41 ID:DHeK7L67
決めた。山田恵介を殺そう。
そんなことしたら、おれはますます窮地に陥るだろうな。
だって、おれのアリバイを証明できるのは山田しかいないんだから。
でも、いいや。殺しちゃおう。
おいおい、本当にいいのか。いつも思いつきで先走って後悔してるくせに。
いいんだよ。面白けりゃ。
で、おれは、第三章を書き直して、山田恵介を事故死させた。
これでもう、主人公は風前の灯。
続きは来月の締め切りまでに考えリャいいんだ。

270 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 10:12:00 ID:J5UoumET
主人公を俺にして
作者を私とかにした方がいくない?

271 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 11:42:59 ID:gX/hSjlC
そうだね。物語の中の「おれ」と
小説を書いてる方の「おれ」がごっちゃになっちゃうな
出だしはいいと思ったんだが。

272 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 11:47:36 ID:J+tdEyUP
でも、このネタで叙述トリックのミステリ書くなら
当然、人称は両者とも「おれ」だよな。

273 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 13:20:54 ID:nGn1tJM0
>>255
逸物じゃなくって、おやしらずとかのが良かったと思う。

274 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:13:12 ID:njIYYlEn
ちょっと改変すればわざわざ作中の主人公を「おれ」として出さなくても叙述として成り立つんじゃね?
文才ないから俺にはムリだけど

275 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:18:06 ID:g7MdCQcz
これは最初から最後まで作者の独白なんじゃないの?

>だって、おれのアリバイを証明できるのは山田しかいないんだから。
は少しアンフェアだけど

276 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:31:46 ID:UsWjkOJP
自分もそう思た

決めた。山田恵介を殺そう。
そんなことしたら、「おれ」はますます窮地に陥るだろうな。
だって、「おれ」のアリバイを証明できるのは山田しかいないんだから。
でも、いいや。殺しちゃおう。
おいおい、本当にいいのか。いつも思いつきで先走って後悔してるくせに。
いいんだよ。面白けりゃ。
で、おれは、第三章を書き直して、山田恵介を事故死させた。
これでもう、主人公は風前の灯。
続きは来月の締め切りまでに考えリャいいんだ。


277 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 16:20:35 ID:0hsCwD3h
最後に有栖川有栖って書いとけばよくない?

278 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 17:56:25 ID:Q3x7F+wz
>>277
こんな感じ?

有栖は考えていた。
今、山田恵介を殺せば有栖はどうなるだろうかと。
山田が死ねば有栖はますます窮地に陥る。
有栖のアリバイを証明できる人間を、彼は山田一人しか作っていなかったからだ。
しかし、山田はいつか死ななければならない男である。
彼が決意と共にプロットを立て始めた時からの決定事項であるからだ。
まあいい。殺してしまおう。
有栖は決意した。
おいおい、本当にいいのか。いつも思いつきで先走って後悔してるくせに。
そんな声が聞こえたが無視した。
有栖はパソコンに向かい、原稿に新たなシーンを書き足した。

279 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 21:06:15 ID:DHeK7L67
オリジナルに比べて、どんどんつまらなくなっていくなあ。

280 :フニャコフニャオ:2006/07/07(金) 21:45:11 ID:WLYU+zDH
決めた。オシシ仮面を殺そう。
そんなことしたら、おれはますます窮地に陥るだろうな。
だって、ライオン仮面を助けられるのはオシシ仮面しかいないんだから。
でも、いいや。殺しちゃおう。
おいおい、本当にいいのか。いつも思いつきで先走って後悔してるくせに。
いいんだよ。面白けりゃ。
で、おれは、第三章を書き直して、オシシ仮面をくらやみ団に殺させた。
これでもはや、ライオン仮面はのがれることはできんぞ
続きは来月の締め切りまでに考えリャいいんだ。

281 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 21:51:01 ID:DHeK7L67
こんなこと想像もしたくなかったが、意外にこのスレ馬鹿の集まり

282 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 22:27:03 ID:5S/B3rva
理解能力の無い馬鹿が質問するから悪い

283 :269:2006/07/08(土) 09:35:52 ID:HTTz6TDe
 つい書き込んじまったが、このネタで長編執筆中。来春辺り刊行予定なので、忘れてください。

284 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 20:48:49 ID:SsHJnYde
小学生の頃、親友の菊池と一緒にタイムカプセルを埋めたんだ。
カプセルと言うのも恥ずかしい、ただのブリキ缶だったけど。
2人の宝物をありったけつめ込んだタイムカプセル。

あれから20年。
僕らのカプセルは未だに深い土の中だ。
だってあれを掘り出せば一緒に埋めた菊池の骨も出て来ちゃうからね。

285 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 00:47:12 ID:51AjPkSl
>>281
プロは理解力ない素人を相手にするのが常だよ。
「こいつらおれの作品を理解できない馬鹿ばっかり」ってのは素人だから吐ける言葉であるな。
プロが言ったらそいつはプロ失格ってだけ。
もっぱら馬鹿に自作の面白さを分からせるのがプロの技術だから。

286 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 10:54:14 ID:mid4f+iT
>>284
なるほど。
ちょっとドラマを感じさせる設定もいい。

287 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 11:18:45 ID:cPq7k1zy
15年前、親友の菊池と一緒にチンピラの佐藤を殺した。
中学生時代からぼくにつきまとって、遊ぶ金を脅し取っていたカスみたいな奴。
殺すことにはなんの良心の呵責もなかったよ。

それが――
時効寸前に、菊池の死体が見つかって総て露見しちまった。
佐藤の忠実なパシリだった菊池は、こんところでもお役に立ったってわけか。

284のネタを利用しました。

288 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 11:19:49 ID:cPq7k1zy

×佐藤の忠実なパシリだった菊池は、こんところでもお役に立ったってわけか。
○佐藤の忠実なパシリだった菊池は、こんなところでもお役に立ったってわけか。
orz

289 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 17:47:05 ID:v7g9dvc6
「一緒に」ネタが流行りそうだな

パンと一緒にごはんを食べた。
             クリリン

290 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 21:53:02 ID:QDts5WgW
『ごはん』次第ではグロ。

291 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 08:34:32 ID:+gHSgIh8
>『ごはん』次第ではグロ。
 なんでクリリンなのか考えたか?



292 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 12:20:27 ID:EBk5ipYk
「食べた」次第ではエロ。

293 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 12:53:21 ID:oQOSNupu
>>292
 クリリンがごはんを「食べる」?
 どっちにしろグロ。

294 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 08:42:32 ID:+0BtjHer
「パン」次第ではロリ

295 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 08:45:21 ID:kEyv78nR
これも叙述トリック?
http://www.metacafe.com/watch/109448/lynx_massage/

296 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 17:06:42 ID:MDMAq93B
違うと思う

297 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 23:49:27 ID:NjDK4K24
父「ここはどうじゃ?」
息子「そこは、それほどでも・・・ないみたいです・・・」
父「ならばこっちはどうじゃ?」
息子「あ・・・すこし・・感じるみたいです」
父「ほほう。じゃあさらにこっちの方を探ってみてはどうかな」
息子「あっ・・あっ・・父さんっ、感じるっ、感じますっ、はあ・・はあ・・」
父「それならば、ここで決まりじゃな、どうじゃ」
息子「ああっ・・父さんっ・・はあはあ、見てくださいっ、こんなにビンビンに立ってます。」















父「どうやら敵のアジトはここのようじゃな!乗り込むぞっ、鬼太郎!大丈夫か?」
息子「はあ、はあ、何のこれしき!いきましょう。父さん」


298 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 00:30:11 ID:A3wKJpDq
野沢雅子の声が聞こえるようだ

299 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 00:41:18 ID:wVb8xZqA
前聞いた話思い出したけど、エロげーとかの声優ってほとんどおばちゃんなんだよな。
で、チュッパチャプスとか使って頑張ってるらしい。
よく考えなくても、声優が可愛い必要はまったくなくて当たり前の話なんだけど、
ある意味叙述ですらないな。

300 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 01:27:55 ID:LESHfyHc
売れる前の若手がやってるって聞いたことあるが?


抜くために見てんだから、リアリティがあるのが一番いいんだよ。
セーラー服着てるのに、中身は本当はおばさんとか萎えるよな。
aV女優は年令にあったコスプレをしろってんだ。

301 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 02:00:08 ID:ZDPimOSR
婦人科の診察室。
何も覚えが無いのに胸に異常を感じる女性が来診。
もしかしたら乳腺か何かの異常により婦人病でないかと心配になっている。
医師は早速マンモグラフィをやってみるが異常なし。
念のため触診で彼女の乳を丁寧に揉み確認するがしこりも異常も無い事を確認。
考えられる事とは?不安げな彼女に医師は言った。
「夏は下着みたいなキャミ1枚で女性は寝てる人が多いでしょ?
巨乳のあなたは横乳がはみ出て先っちょが擦れるんです。」

302 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 06:29:05 ID:uXkukMBE
…また彼女に悪い事をしてしまった…
俺は後悔していた。
彼女の目を見るのは辛かった…

もう、何度目になるだろうか?

その店に入ったのは気紛れだった。
繁華街の奥まった場所にあるその店は、雰囲気からして俺のような年代の男が来る店ではないが、あからさまに好奇の目を向ける店員に不快感を覚えた。

客商売だろ、もっと気を遣えや!

言ってやりたい欲求を抑え俺は『彼女達』に不躾な眼差しを送る。
照明の中、笑顔のまま、さまざまに着飾る色とりどりの『彼女達』…。


目を奪われながらも、彼女に対しての罪悪感が過る

あぁ…君を忘れた訳ではないんだよ…

昨晩の彼女の罵る声が頭にこだました。


その中でも一層あどけない眼差しをしている…今日はあのこにしよう…
透き通るような肌と青い目光沢のある金色の髪が何よりも蠱惑的だ。
俺は店員にそのこを指し示した。





『彼女』が箱に詰められている間、俺は部屋に残してきた無数の『それ』と、
人形のように青白い顔をして動かなくなった妻の事を思っていた。

303 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 11:23:58 ID:vL8ltG6v
↑ワナビさんへ
考えてから書き始めよう。書き始めてから考えるな。

304 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 10:20:33 ID:btZnXijZ
虐めが出るとレスが止まる。

305 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 12:47:21 ID:wDUi3ZHH
いや、これはマジでつまんないだろ

306 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 17:37:16 ID:dId4T5+U
そもそも虐めてないし

307 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 00:08:44 ID:T2r8omDA
彼女との付き合いはもう1年になる。
かなりわがままな女だ。気に入らないことがあると、人目を気にせず泣く。
又、金食い虫でもある。この一年で彼女のために買った服は何着になるだろう。

だが、やはり俺は彼女を愛している。

1歳の誕生日おめでとう。

308 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 00:25:00 ID:BdhS3yMk
>>307
なごんだ(ノ´∀`*)

309 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 00:40:05 ID:3KYuUvWT
実は(メル欄)

310 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 00:53:21 ID:9Mw1fa5A
>>309
そういうことか!

311 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 00:54:34 ID:BdhS3yMk
子供でも犬でもなごむ訳だが

312 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 03:13:46 ID:fQg5SWVd
要するに雌犬ってことだな

313 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 08:54:54 ID:cYdbxCsx
子供と思わせて・・・実は309なら確かに叙述だな

314 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 10:49:59 ID:vWXkdBzw
>>307
これはいいのきたねー

315 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 14:07:23 ID:xfs/63t7
>>313
同意。女と思わせて実は子供なんだろ?と思ってるところに
「実はメル欄」と来たらやられた感がある。
だが、上のまんまだとメル欄だと分かる部分があんまりないから、納得もしにくいが。
「泣く」だけじゃ弱いしな。

316 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 14:43:49 ID:s6u9gcV7
泣くだとアンフェアじゃないか?
犬ならせめて鳴くだろ

317 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 16:05:19 ID:fQg5SWVd
>気に入らないことがあると、人目を気にせず泣く。
ここを
「しかし、抱いてやるとまた、いい声で鳴くのだ。」
とかにしておく。

318 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 16:11:10 ID:WGq831Nz
逃げ水に追いついた。
振り返って、閉じ込められた事を知る。

319 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 21:33:59 ID:TwWl2eZh
「泣く」だから人間だろ。
メル欄で犬といってるから、一歳の人間の女の子を雌犬として扱ってる鬼畜サドロリの話なんだろ。

320 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 22:22:51 ID:3KYuUvWT
実は(メル欄)

321 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 22:38:07 ID:sRTxL3Ze
むしろここの住人はネットカフェを渡り歩く一人の男の自作自演で成り立っている

322 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 22:38:44 ID:fQg5SWVd
実は(メル欄)

323 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 22:57:51 ID:sRTxL3Ze
>>322
かんけーねーwww

324 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 23:02:40 ID:MLWyc7mR
今思ったんだけど、(目欄)

325 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 23:06:12 ID:fQg5SWVd
要するにメ欄ってことだな。

326 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 23:11:38 ID:xfs/63t7
要するにメル欄ってことだな。

327 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 23:39:46 ID:s6u9gcV7
どうでもいいけど>>326はメル欄ろってことだな

328 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:15:32 ID:a4A2EgpF
二人が別れてから数年、偶然に男と女は再会した。
女『アナタと離れて分かったわ、私やっぱりアナタが好きなの。もう一度私とやり直して!』
すぐさま男は笑みを浮かべ首を横に振る
みるみる顔色を変える女『私の物にならないなら、いっそのこと』
望外な顔をする男
男の制止を振り切り、言うや否や走り出す女

次の日、男の部屋には、すでに物言わぬ物体となった男の姿があった。

329 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:20:25 ID:ximJxfSg
>>328
わかりにくいなー
オチが自然すぎて叙述に見えない

330 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:25:02 ID:a4A2EgpF
>>329
やっぱりか。 叙述トリックなのか迷ったんだけど一応投下したんだ。
この手のトリックって何に分類されるのかな?

331 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:30:04 ID:iA91CyJ0
>>328
ごめん、意味がわからないんだけど、一つだけ確認させて。
「望外」の意味はわかってる?

332 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:32:30 ID:a4A2EgpF
意外とか思っても見なかったとか予想の範囲外って意味だよね?
間違ってたら恥ずかし過ぎるね 俺

333 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:36:06 ID:bTHfc6Nc
辞書を常備せよ

ぼうがい ばうぐわい 0 【望外】 (名・形動)[文]ナリ
望んでいた以上にいい・こと(さま)。
「―の喜び」「―な成果を得る」

334 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:37:06 ID:SNCi0zmo
望外 ぼうがい ばうぐわい【望外】 (三省堂「大辞林 第二版」より)
(名・形動)[文]ナリ
望んでいた以上にいい・こと(さま)。
「―の喜び」「―な成果を得る」

335 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:39:04 ID:SNCi0zmo
というか意味がわからない。
俺が無知なのかも知れんが、どうにも文章が読みにくいし
そこから状況を想像しにくい。
そしてインド人だとなぜこれが叙述、てか自然な流れになるんだ?

336 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:40:45 ID:a4A2EgpF
うわぁ 恥ずかしい
否定的な言い回しには使えないんだね
望外→意外で脳内変換ヨロ

337 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 01:52:04 ID:a4A2EgpF
何度もごめんね
日本のYESは首を縦に振るけど、インドのYESは日本のNOと同じ様に首を横に振る
分かりにくい上に言葉の意味履き違えてすまん
スレ汚し申し訳ありませんでした

338 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 02:03:26 ID:SNCi0zmo
それは判るんだが

>『私の物にならないなら、いっそのこと』
>意外な顔をする男
>男の制止を振り切り、言うや否や走り出す女

「いっそのこと」と言っておきながら
男の制止を振り切って走り出す女のほうに叙述トリックがあるのかと思った。

339 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 02:20:47 ID:cMuC/oUi
>日本のYESは首を縦に振るけど、インドのYESは日本のNOと同じ様に首を横に振る
好きになるほど交際してるのに、なぜ誤解するんだろ
今まで女の前で首を振ったことが一度も無いのか

340 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 03:11:48 ID:8SeqCZys
つーか、別れてから数年後に偶然会ったかつての恋人にふられて殺す展開が不自然。

341 :ソープ嬢:2006/07/16(日) 15:14:01 ID:7DCzrmG1
「俺さ、職失って2chでぐちってたのね
 そしたら励ましのレスがいっぱいついて
 スレッドが1000まで行ったんだよ
 仕事紹介してくれるとかうちにこいとか凄かったよ
 2chはいいやつばかりだなあ」

342 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 02:06:43 ID:RCt5zJr1
楽しい思い出をありがとう。
学校が変わるのはさみしいけど、仕方ない。
心残りは、あの子。
できるなら、あの子の口から、もう一度あの言葉を聴きたかった。

あの子というのは、5年3組で同じクラスだった幸子ちゃんだ。
一言でいうと、天使みたいな子。
男子にもかなりの人気。
いっつもちょっかい出されては追いかけっこしてた。
ふくれた顔も、とってもキュートだったなあ。

でも、人気ならボクだって負けてなかった。
勉強はそこそこだけど、体育と休み時間は正にボクの独壇場。
鬼ごっこでは、鬼になったことがない。
ドッジボールでは、球を取られたこともない。
ボクの球はすごすぎるから、最近では、ボクがチームに入ると、みんなが「汚い」って怒るくらいだった。
手加減するのもダルいから、最近は審判をやることが多かったかな。
こんな調子だから、女子はボクが近づくたびにキャーキャー言ってた。
幸子ちゃんも、その中のひとりだった。

1週間前、ボクはあの子に告白した。
「好きだ。付き合おう。ボクら、きっとお似合いだよ。」
ちょっとキザだけど、偽らざる本心だ。
ボクは王子様、幸子ちゃんはお姫様。
これほどお似合いなカップルは他にはいない。
幸子ちゃんは、顔を青くしてうつむいた。
恥ずかしがるなよ。
「キミもボクのこと好きなんだろ?」幸子の顔を覗き込むボク。
「確かに好きだったけど・・・・。」
何で過去形?
「見損なったわ、このロリコン教師。」
絶望がボクの頭を殴ったその刹那、背中には感じたことのない快感の電撃が走った。

343 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 02:50:15 ID:Nw/qSRN3
教委に飛ばされたw

344 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 04:02:49 ID:W9D55snA
ワッショイ、ワッショイ! 夏は祭の季節だぜ!
さあ、みんな、祭だ、祭だ!
おらおら、そこの奴、引きこもってんじゃねえ、おまえも祭に繰り出せ、ワッショイ!
なにィ、引きこもりはおまえの方だって? 
ざけんじゃねえ、ワッショイ、ワッショイ!
ワッショイ、ワッショイ! 夏は祭の季節だぜ!

次はミス板だ、ワッショイ、ワッショイ!
夏は祭の季節だぜ!



345 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 17:16:46 ID:20DHbz+t
>>342
この「ボク」は教師だなってのは最初から読めてたから
またこの手か、なんて思ってたら
ロリコン→マゾの叙述だったとは。やられた

346 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 19:36:51 ID:10yC81rp
北朝鮮が日本に向けてミサイルを連射している
どうみても戦争をしたいとしか思えない
しかし今日も小泉は北朝鮮のコジキ船の着岸を許した

347 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 20:36:09 ID:+xHVK+9H
つまんね、巣に帰ってください

348 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 22:15:27 ID:UPMXkPRw
346に隠された高度の叙述トリックとは!?

349 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 00:42:06 ID:WwSGnOMv
>>348
今日子

350 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 02:34:24 ID:SPCe8ien
叙述っていうか流水?

351 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 23:15:45 ID:MxesTf0M
机の上に、花瓶が置かれている。
刺してあるのは菊だ。
僕はもう何も感じない。
どうせなら遺影も用意しろよ、と周囲の期待とはおそらく違うのことを考えていた。

南。
僕はもう限界だ。
きっともう、君でなければダメだ。
いつもいじめられている僕に、唯一優しくしてくれる君。
君でなければ僕を救えない。

花瓶を片付けてくれた南に声をかけ、放課後の体育館裏に呼び出した。
来てくれるかどうか心配だったけど、南はちゃんと来てくれた。僕の女神様。
「南さん、僕と君とは、結ばれることが前世から決まっているんだ。運命から逃げることは出来ないよ。僕と一緒になろう。」
僕は告白した。1週間の間、入念なリハーサルを繰り返した最高の演技で。
南さんはうつむいて言った。
「ごめんなさい・・・。」
んあr
こrだけ?
何故???
何故だ!!!
「そんなばかな!さあ、本当のことを言ってくれ!!ちゃんと僕のことを見て!!」
僕は南に無理やりに抱きつき、はあはあと荒い息を首すじにふきかけた。
「やめて!気持ち悪い!!!」
南は僕の手に爪をつきたてている。
まだ、まだだだだあだ。僕の運命の人、もももももっと素直になっttttて!!!
南の首筋に舌を這わせる。
その瞬間、股間に衝撃が走った。
うずくまる僕にツバを吐きかける南。
「もう二度と近づくなこの変態。」
ああああ。
南の憎しみに満ちた視線を受け止め、僕は人生最高のオーガスムに満足した。

352 :1/3:2006/07/27(木) 00:13:09 ID:GUug7e3E
佐藤さんの日記
今日はマイケル博士と会う約束で駅の方まで出かけた。
ついでに友人のハルミも。
マイケル博士と私たちは今まで文章での交流はあったが、実際に会うのは初めてだ。
聞くところによるとハムスターのような人だとか。小柄で元気がいい感じか?
少しの不安と多大な期待を胸に駅へ向かうが、途中ハルミの家による。
どうもハルミは遅刻癖があっていけない。
駅のよくわからないオブジェの前につき、事前に教えられた番号に電話する。
「今つきました」 数分やり取りをしてマイケル博士と対面。オブジェの反対側にいたらしい。
「はじめましてですね、今日はよろしくお願いします」
マイケル博士はとてもかわいらしい顔で、ひまわりみたいな笑顔の持ち主だった。
まるで女の子だ、というのが最初の印象(失礼)
同性じゃなければこの場で結婚を申し込んでいるところだろう。

とまあ、ここまで書いたが今日は飲みすぎで頭が痛いので明日に回すことにする。
ハルミと違って私は酒に弱いと改めて痛感した。

353 :2/3:2006/07/27(木) 00:13:42 ID:GUug7e3E
ハルミさんの日記
朝起きると佐藤が目の前にいた。マイケル博士と会う約束って今日だっけ?
そういうことは事前に行ってもらわないと困るんだよね、僕の場合。
毎日毎日遊んでデートして友達と会って酒飲んで、ついでに大学で研究して。
次の朝に何時に起きるべきかなんて知るはずがない。
だがまあ、それはいい。マイケル博士と出会った感動を残さねば。

マイケル博士はウワサどおりに小さくて、元気のいい人だった。
寒い地域で生まれ寡黙に育ってきた僕と佐藤はその笑顔に圧倒されていた。
まずはマイケル博士の希望で東京案内。その後居酒屋へ。
その居酒屋がすごかった。マイケル博士、大暴走だ。
日記には本来、午後の喫茶店での高尚な話の数々を記載する予定だったが
急遽予定を変更することにする。
(マイケル博士の「カルビの正統な食べ方に関する考察」だけは近いうちにまとめるつもりだ)


354 :3/3 長い上に区切り間違えた・・・:2006/07/27(木) 00:14:20 ID:GUug7e3E
まず佐藤がダウンした。まあ、こいつは放置でいい。
以下マイケル博士の今日の戦果。
ビール>ウォッカ>ウォッカ>ウォッカ>ウォッカ>・・・以下ウォッカ。
ウォッカ何杯飲んでんねん(関西弁) 私はピーチウーロンばかりだった。
そしてマイケル博士、喰う。刺身は大根まで綺麗に。そして飲む。むしろ呑まれ・・・?
今日で一番饒舌なマイケル博士だが話す内容が壊れている。シモネタ満載のマイケル博士。
今までのマイケル博士像が盛大に壊れていく。親父ギャグも連発。むしろ親父。
赤ら顔で「HAHAHA」とか笑いながら初体験がどうのとか・・・・! 答えられるか!
他にも隣のテーブルの背広の兄さんにからんだり、店の中で大声でラブマシーンを歌ったり。

当分マイケル博士と話す時のネタには困らなそうである。


次の日
マイケル博士さんの日記
久しぶりにmixi日記書きます♪
きのぅ、佐藤さんとハルミさんと初めてオフ会しちゃった☆
お二人ともすっごく美人で、びっくりしちゃぃましたょぅ。(タジタジ
二人ともタイプは若干素直クールって感じ?(爆
佐藤さんが普段しっかりしてるのに酔ったときすっごく可愛いの〜(>0<)ノ
ハルミさんはちょっと遊んでそうだけどカッコイイ〜。オトナノオンナっすね・・・w
今度会ったとき、どちらかに告白しちゃぅかも(*ノノ

でもゎたし、夜に飲みすぎちゃって大失態(><。。
飲みすぎて、すっごくすっごく失礼なことを・・・・。
嫌わなぃでね〜!>お二人 今度会ったとき目をそらさなぃでね〜>お二人
さて、明日も早いので短ぃけどもぅ寝ちゃぅね。ぉやすみなさぃ〜ノシ

355 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 00:16:15 ID:EUA31FGi
これのどこが叙述トリックなの?

356 :性別錯誤:2006/07/27(木) 00:18:34 ID:GUug7e3E
目欄狙ってみたんだけど、つらいかな

357 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 00:19:05 ID:GUug7e3E
ぬあ・・・・いや、ホントスイマセン

358 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 00:32:09 ID:eRx19WGM
妹が布団に入ってきたとこまで読んだ

359 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 01:37:36 ID:ecmabwAG
性別錯誤するのはいいが何のために性別錯誤させてるのかわかんないな

360 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 05:22:51 ID:4KX110lB
どう錯誤したら良いのかもわからない。
佐藤さんの日記なんて男が書いてるとして読んだら物凄く気持ち悪いよ。

361 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 05:27:06 ID:bU2AOkfn
微妙にアンフェアじゃね?

つーかつまんない

362 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 16:57:00 ID:9BNS67pU
茶柱が立った。
世間では茶柱が立つと良い事があるなんていうけど、私はすっかり信じられなくなった。
むしろ茶柱と聞いただけでむっとする。
もちろん茶葉には何の罪も無い。
「おい、お前、口にタラコがついてるぞ!」
こいつの親は何でこんな鬱陶しいを名前をつけたんだろ。

363 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 17:32:23 ID:16uZAdob
>>362
わからないんだが・・・


364 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 17:50:54 ID:9BNS67pU
ありゃダメか。
茶柱という名前の子が居た、という設定だったのだ。

365 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 18:19:12 ID:tf2aHWQo
ならばちゃんとそう書いてくれなきゃ

366 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 18:49:40 ID:m2mQ5qqN
書いてると思うが?

367 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:00:37 ID:zoKEiTxe
意味が分からんが不思議空間に連れて行かれた気がした
まず登場人物が何人いて、どういう状況にあるのかがわからん・・

368 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:04:14 ID:ex+tk9ae
なんで茶柱くんが立つと機嫌が悪くなるのかわからない
なんでタラコなのかもわからない
というか必然性がない

369 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:18:06 ID:9BNS67pU
改変

茶柱が立った。
世間では茶柱が立つと良い事があるなんていうけど、私はすっかり信じられなくなった。
むしろ茶柱と聞いただけでむっとする。
もちろん茶葉には何の罪も無い。

と、つかつかと後ろから足音が近づいてくる。
油断した、と思う間もなく、視界の端からにゅっと手が伸びて唇をつままれた。
「おい、お前、口にタラコがついてるぞ!」
まったく年頃の女子つかまえて毎度毎度どういう絡み方なんだこのタコスケ!
こいつの親は何でこんな鬱陶しいを名前をつけたんだろ。

だめかな?

370 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:21:06 ID:ex+tk9ae
茶柱の年齢がわからなくなった

てっきり赤ん坊だと思ってたよ、茶柱

371 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:27:18 ID:BEQF4AVG
まず最初にさ、夕食が終わったことにするんだよ。
そうすると茶柱の話にも意味が出てくるから。
語り手は茶柱には関心がない、目にすることが出来なくてもかまわないくらいに思ってる。
語り手のほかはみんな家族なの。
で、隣に座っていた男の子がほっぺをぎゅーっとやるワケよ。
そこでムカーッと来て親の茶葉の方を見て思うわけ、こいつどういうつもりで・・・と。
>こいつの親は何でこんな鬱陶しいを名前をつけたんだろ。
ここは「親は自分の名前がああだからって子供にまで・・・」くらいでやめといた方が良いかもね。
「むっとする」とか「鬱陶しい」とかは、話の流れを阻害してる感じがするよ。


372 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:34:23 ID:9BNS67pU
>>370
>>371
ご意見ありがとうございます
そんなこと考えてもいなかった
頭ン中のシュチュではクラスメイトのつもりだったのです
茶葉は純粋におちゃっぱのつもりだった

373 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:50:58 ID:9BNS67pU
7がつ10日はれ
クラスに女の子がてん校してきました。
名まえは、みらいちゃんといいます。
ながのからきたそうです。
とってもおとなしくて、はずかしいのかなとおもいました。
はやくなかよくなりたいです。

7がつ17日はれ
みらいちゃんは、うみをみたことがないそうです。
ぼくは、見せてあげたいとおもいました。
きょうから、けいかくをたてます。

7がつ24日くもり
きょう、みらいちゃんにうみを見せました。
みらいちゃんは、ないてしまいました。
先せいにおこられました。
なんでだろうとおもいました。
いたかったから、と中でしょうどくしたから、うまくうみがでなかったからかな。

374 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:51:34 ID:BmQ6HSj8
語り手の必然性と伏線がないからだめです。最低一つは伏線をはりましょう
家族がみんな女性に見えるのに男児用のおもちゃが置いてあって、それが「茶柱」のものだったとかさ

375 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:52:48 ID:9BNS67pU
あ、ひどいなこれ。。。。
すみません。

376 :375:2006/07/29(土) 23:54:08 ID:9BNS67pU
>>375は、>>373を指して書いたレスです。
>>374
そうですね。>>373もそうだわ。。

377 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 00:25:02 ID:T78O7gmY
一人称が誰なのか分かり辛いな。

378 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 05:02:54 ID:69LxKfT+
「産み」のほがおもしろいとオモタ

379 :576:2006/07/31(月) 05:23:31 ID:69LxKfT+
うまくうみがでなかった→うまくうめなかった

これだけで20レベルアップ

380 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 11:42:35 ID:A4LpLWQT
7がつ10日はれ
クラスに女の子がてん校してきました。
名まえは、みらいちゃんといいます。
ながのからきたそうです。
とってもおとなしくて、はずかしいのかなとおもいました。
はやくなかよくなりたいです。

7がつ17日はれ
みらいちゃんは、うみをみたことがないそうです。
わたしは、見せてあげたいとおもいました。
きょうから、けいかくをたてます。

10がつ17日あめ
うみがみせられそうです。
びっくりさせるために、ちょくぜんまでひみつです。
でも、せいこうするか心ぱいです。
ちょっとおなかがいたいです。

3がつ24日くもり
きょう、みらいちゃんにうみを見せました。
みらいちゃんは、ないてしまいました。
先せいにおこられました。
なんでだろうとおもいました。
いたかったから、と中でおなかをきったから、うまくうめなかったからかな。

381 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 12:26:01 ID:7vukP4u6
>>380
それは書きすぎ


7がつ10日はれ
クラスに女の子がてん校してきました。
名まえは、みらいちゃんといいます。
ながのからきたそうです。
とってもおとなしくて、はずかしいのかなとおもいました。
はやくなかよくなりたいです。

7がつ17日はれ
みらいちゃんは、うみをみたことがないそうです。
はずかしそうにいっていました。
ぼくは、見せてあげたいとおもいました。

7がつ24日くもり
きょう、みらいちゃんにうみを見せました。
みらいちゃんは、ないてしまいました。
先せいにおこられました。
なんでだろうとおもいました。
いたかったから、と中でしょうどくしたから、うまくうめなかったからかな。

382 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 12:33:52 ID:A4LpLWQT
>>381
そうか
何産んだんだwてなるわけか

383 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 12:45:30 ID:E5Q4kqAn
ひとのパクっといて自画自賛するのもはずかしいが
↓の部分は明示しないほうが効果的

ぼくが男か女か
小学生か高校生か
24日は一週間後か一年後か
何をうんだか

384 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 12:49:00 ID:E5Q4kqAn
>>383=>>381
スマソ

385 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 20:05:04 ID:ejdGuChy
だじゃれかよ・・

386 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 00:58:44 ID:eEbpwhjX
>>381ってなんなの?馬鹿?

387 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 08:42:20 ID:fuNc1k8/
海→産みじゃなくて
海→膿の叙述トリックなんだろ?

388 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 22:26:15 ID:WRJKQQ4c
「今日は危険日なの、アレつけてね。」
僕のジーンズを脱がしながら、彼女が言う。
「え、俺たまたま無いんだけど。」
「はあ?」
言う間も彼女の手は止まらない。
するりとトランクスの中に入り、僕の股間を弄る。
「ひとつもないの?」
彼女が驚きの声を上げる。
「ああひとつもない。だから生でいいだろ?」
トランクスを下げた彼女は言った。
「いいわよ。これなら子どもはできない。」

389 :立腹:2006/08/05(土) 03:37:26 ID:cTHvI4Sj
何故最近の若者は礼節がないのだろう
いや若く見えるが実は年配者なのかもしれない。
一日中あちこちウロウロしていると、必ず目につくしイライラするから身体に悪い。
「お前さ、礼ぐらい言ったらどうなの?」
「お前からは何も貰ってはいないだろ」
「俺じゃなくて皆さんから大切な知識を頂戴しただろう」
「関係ないのにお前ガタガタうるさいんだよ」
いつもの事だが、本当につまらないしくだらないと思う。
そいつの人間性の問題だし俺が外野から口を挟む事ではない。
解ってはいても許せないのが俺の性分なのだ。
我慢してはいるが、怒りが沸点に達すると口からつい出そうになる言葉がある。
結局それを言ってしまうのが俺の悪いクセだ。
「死ね!氏ねじゃなくてお前は死ね!!」

あぁもうやだ。
明日こそ初心者質問スレをウロウロするのはやめにしようと思う。

390 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 03:38:00 ID:nFf6QOtZ
オヤジギャグですらない

391 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 11:04:22 ID:V7mdivwC
レイプは犯罪?中出しは悪魔の所業?
ふん、ばかばかしいwww
俺は神なのだーーwwwwww中出ししまくりだぜwwwwうひゃひゃひゃひゃwwww
今日もあいつをレイプしに行くぜーwwwwwww
いつも必死に抵抗するが俺はやめないのだwwwwwぐへへへへへwww
今日も中出ししまくったぜwwww
あいつもそろそろ悔しいが感じちゃっているだろうなあ(しみじみ)

やがてあいつから子供が生まれたwwwwwww
俺がレイプして中出ししまくったせいデスカ?www
俺はそいつらにカインとアベルと名づけたwwwwwww

392 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 16:02:11 ID:EHL5KHTW
スーパーとかで、母親とはぐれて一人で歩いてる幼女いますよね?
夏なんか薄着だからもう、変質者誘ってるみたいなもんですよ
人見知りしない子なら、お菓子あげるよとか言えば
簡単について来るんですよ、これが
それで、人気のないところに行って、
ズボンから熱くなったチ○コ出して見せるわけです
最初は抵抗ある子もいるけど、大丈夫大丈夫とかって言ってれば、
たいがいの子は興味持ってチ○コさわってみたりするんですよね
幼女が小さな指で皮をむいて、どす黒く尖った先っぽを口にふくみます
汚れを知らない無垢な幼女が、小さな舌でチ○コ唾液まみれにして、
可愛い顔して、一心不乱にチ○コなめまくるんです
ちっちゃくてもやっぱり女ですね。なめたがるのは女の本能なんでしょうね

ttp://sygg.web.infoseek.co.jp/img/baka/060214/060214-001.jpg

393 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 13:52:41 ID:V8F7Ob3b
今日は敬老の日。
和夫は、自分の祖母に会いに行くことにした。
「じゃあ、おばあちゃんに会いに行ってくるよ。」
「大丈夫?富士ばあちゃんの家、結構遠いよ?」
「大丈夫大丈夫。もう子供じゃない。」
そういって和夫は駅まで出かけた。

和夫は現在、高校三年生。
テストの点も悪く、友達との仲も良いほうではなかった。
そんな彼の一番好きなのがおばあちゃんだった。

駅に着いた。
和夫は、電車を待つ。
もうすぐおばあちゃんに会える。
和夫はワクワクしてきた。

「まもなく、一番線に電車が参ります。」
アナウンスと共に、立派な電車がホームに到着した。

和夫は、おばあちゃんの元へたどり着いた。
「タエばあちゃん・・・。」

白い絨毯が自分を迎えてくれるようだった。

394 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 14:02:19 ID:J0Zg0xAb
>>393
全くわからん

395 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 14:10:57 ID:k1ARCVZU
当たり前だが、祖母は母方のと父方の二人がいて
「おばあちゃんに会ってくる」という和夫のセリフに
とうぜん存命中の富士ばあちゃんに会うんだろう
と親?は解釈した
しかし和夫はもう鬼籍に入ったタエおばあちゃんに会うため自殺した

ということだろ
着眼点は悪くないが下手糞すぎる

396 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 14:11:42 ID:W7y/ZTSz
>>394
メ欄だと思うけど。

397 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 14:13:04 ID:J0Zg0xAb
>>395
いやそれはわかってるんだけどさ
わからん
だって
「大丈夫?富士ばあちゃんの家、結構遠いよ?」
このセリフ誰が言ってんだよ
白い絨毯て何よ?

398 :397:2006/08/09(水) 14:15:28 ID:J0Zg0xAb
>>395
ごめ
わかってなかったw

>存命中の〜

納得

死んだ描写がもちっとほしかったな

399 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 14:15:46 ID:diRiGD3H
>「大丈夫?富士ばあちゃんの家、結構遠いよ?」
>このセリフ誰が言ってんだよ
そりゃ母親か姉か妹か、おねーさんぶってるけどドジっ子な年上幼馴染みのどれかだろ。

400 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 16:12:06 ID:S/nJRq4y
富士ばあちゃん
タエばあちゃん

401 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 18:13:01 ID:sInyOSiO
富士タエさん

402 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 22:33:28 ID:Gg8iECEy
既に富士ばあちゃんが亡くなってたら
「じゃあ、おばあちゃんに会いに行ってくるよ。」と言って
「大丈夫?富士ばあちゃんの家、結構遠いよ?」 普通にこう返ってくるわけ無いだろ

403 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 01:01:32 ID:nR8A9+nX
>「大丈夫?富士ばあちゃんの家、結構遠いよ?」
に対して
>「大丈夫大丈夫。もう子供じゃない。」
こう答えてるわけだから、
発作的な自殺または事故かと思うが、
そういう描写はないね。

まあ死んだ人と生きてる人という着眼点はいいと思う。


404 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 01:06:43 ID:hBwCq3vi
一番問題なのはタエばあちゃんが死んでなくてもお話が成り立っちゃうこと

405 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 01:36:25 ID:r+r6XsCj
(死んだ人に)会いに行く→後追い自殺ってのはちょくちょく見るような

406 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 05:55:32 ID:jg5MVR1x
>>404
それだと不自然になっちゃうなあ

407 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 19:32:35 ID:2O8lI5is
>>406
どこが?
不自然じゃないじゃん

408 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 11:54:31 ID:RFvCuiBj
息子がばあさんに会いに行くといってる

母ちゃんは生きてる方のばあさんに会いにいくと思った

息子が電車に飛び込んで死んだほうのばあさんに会った

こういうことでしょ?
なんで議論してるのか解らない

409 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 12:08:08 ID:ECVfQib0
>>408
すべては夏の暑さのせいなんだ。

410 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 12:11:37 ID:HTgWHieN
まあ、みんな話は理解できるけど、和夫が自殺するような動機らしい動機がないから
読み終わってもイマイチすっきりしないんじゃないか?
おばあちゃんが好きだったということと、勉強できず友達とも仲良く出来ないってことだけで死ぬもんなのかと。

411 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 12:59:48 ID:AJGlJ8fU
自殺する動機は書かない方が、サイコっぽくて好きだけどなぁ

412 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 13:43:32 ID:kanWnZRF
>おばあちゃんが好きだったということと、勉強できず友達とも仲良く出来ないってことだけで
ショートショートの伏線としては十分な動機だと思うぞ。

413 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 13:52:34 ID:HTgWHieN
>ショートショートの伏線としては十分な動機だと思うぞ
ショートショートは分かりやすい設定の方がいいと思うが?
短い分細かい説明が出来ないんだから、あいまいな要素はミスディレクトするおばあちゃんの部分だけにしておいて、あとの状況は
シンプルにすべきだろうし?
「テストの点も悪く、友達との仲も良いほうではなかった」
なんて描くより、普通に「苛められてた」でいいと思うなぁ

それにしても今日はやけに擁護する奴が多いなww


414 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 16:35:18 ID:8YlzQ4eR
これだけ議論されるってことは、
けっこ良作なんだと思う。


415 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 19:33:03 ID:o+o74bOo
>>410
動機がどうとかじゃないってば

タエばあちゃんが死んでたって記述全くないでしょ?
全編読んでも匂わせてすらない
叙述に慣れすぎてるから「タエ婆ちゃん死んでた」という結論が出るけどさ

普通に読めばタエ婆ちゃんちに行ったんだな、で終わっても良い文章ジャン


416 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 20:09:09 ID:jEneymsf
ちょっと待てよ、もしかしたらタエおばあちゃんってのは電車のことじゃないか?


417 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 20:20:17 ID:kanWnZRF
>>415
>全編読んでも匂わせてすらない
   。 。
  / /
( Д )

418 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 21:51:56 ID:yTcecVR7
さらわれた
たすけて

419 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:00:47 ID:hogKGP1z
皿割れた
ぼすけて

420 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:01:13 ID:AN47kSn9
ぼすけて?

421 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:09:36 ID:zLo8SFOX
ボス助けて
略してぼすけて

422 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:10:36 ID:zLo8SFOX
俺のIDがFOX

423 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:57:13 ID:G9+GD8cr
ひとけのない森の入り口に女の子と男の子がいました。
女の子「ねえねえ、はやくしようよ。」
男の子「するって何を?」
女の子「『せ』がつく事に決まってるじゃない!」
男の子「せ がつくこと?」
女の子「そーよ、せ! せからはじまる4文字! 道具だって持ってきたでしょ」
男の子「そっか、 はやくしよ☆」
女の子と男の子は森の奥に消えてゆきました。

そして2人は汗まみれになりながら、
女の子「やだ、もっと下よ〜」
男の子「うんごめん」
男の子「はー、はー、ここか!」
女の子「だめっ! も〜へたくそ!」

ーーー数分後ーーーー
男の子「ここだ! 入った!」


女の子「あーん! やっと捕まえたわね。」

せみとりは楽しいなあ

424 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 23:47:09 ID:BqYoGvcG
>>423
なぜ「『せ』がつくこと」などという、もって回った言い方をする必要があったのか?
その合理的説明がなければ、トリックのためのトリックになってしまう。
応募者は次回作執筆の際、こころしてもらいたい。

425 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 00:08:47 ID:C9EeHAHr
あえて理由付けするなら
自分の林で蝉取りされるのを嫌うおっさんが近くにいた
とかかなぁ?

んで、おっさんの前から気まずそうにこそこそ立ち去る描写を入れて
オチを「うちの林でせみとりするなといっとろーがー!!」みたいな台詞にするのはどうかね

426 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 06:51:49 ID:qYsO42MG
>421
マサルさん?

427 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 18:23:53 ID:8XxmbKU4
>>423
あと、女の子のセリフに「キャッ!顔にかかっちゃった!」とか
入れるのはどう?
むろん、セミのオシッコがかかったのだが。

428 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 18:34:53 ID:mvmwXqhO
じゃあ、女の子のセリフに「にが〜い」とか 入れるのはどう?
むろん、セミのことだが。


429 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 20:28:28 ID:fCntWCaT
>>415
>普通に読めばタエ婆ちゃんちに行ったんだな、で終わっても良い文章ジャン
   。 。
  / /
( Д )

430 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 20:46:52 ID:XxzEwwS1
♀「ねえねえ、はやくしよ」
♂「うん、行こう」
♀「でも本当に大丈夫?初めてなんだけど、セ……」
♂「ほら、こっち!ばれないように!」
♀「あんっ!あせんないでよぉ。あーなんかドキドキしてきた」
♂「道具もあるから心配ないよ。…ボクにまかせて」
………………

♂「はぁっはぁっ、あれ?うまくいかないなぁ?それっ!」
♀「あぁん、もっと下だよ……」
♂「そうなの?茂みでよく見えないから」
♀「もぉ、この体勢つかれるよぉ」
♂「足広げすぎだって!……おっ、竿の真ん中を持てばいいのか!……よし、入った!」

431 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 21:05:33 ID:XxzEwwS1
♀「いたぁいっ!興奮しすぎっ!」
♂「ごめん、あっ血が出てきた」
♀「いいから、ねぇ、そっと動かして。そっと……あっ、中で動いてるのがわかるね」
♂「うん、ゆっくりだね。……もうはなさないぞ。こらっ足を絡めちゃ取れなくなっちゃう。あ、駄目だ出ちゃうよ」
♀「やー、早く中に……」
♂「はぁ……二人とも汗でベタベタになっちゃったね」
♀「きゃ、なにこれぇ顔にかかったぁ〜」
♂「おしっこだよ、それ」
♀「あ〜んなんでそんなのがでてくるのよ〜」


432 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 21:08:38 ID:gNn46XB0
♂「ああ、疲れた」
♀「またセックルしようね〜」

433 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 21:16:51 ID:XxzEwwS1
♂「セミの習性だからね、しょうがないよ」
♀「そうなの?ま、いいや、楽しかったから」
♂「逃げられそうになったけど、ちゃんと取れてよかったね」
♀「網を早く動かしすぎなのよ!それより……」
♂「あ!さっきは突き飛ばしちゃってごめん!夢中になっちゃって……」
♀「ふんっ!膝にかさぶたができちゃったのよ!……女の子を傷つけた責任とりなさいよね」
♂「セミ取りに行ったら、セキニンも取らなきゃいけなくなっちゃった!」
♀「ちゃんちゃん♪」


434 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 21:18:44 ID:XxzEwwS1
>>430、431、433

長いよ







すまん

435 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 23:57:32 ID:iLwtQ7ap
改変だから落ちはわかっているわけで、
妙にタイミングのいい>>432にワラタw

いや、改変のできもいいと思うよ

436 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 17:42:32 ID:c6pZXr8F
俺はその日、初体験のためにホテルに来た。
相手は、20歳前後。俺と相性は良さそうだ。
「落ち着くことが大切なんですよね。」
相手は言った。



現場に着いた。棒を握った。額からは汗。
「落ち着いてくださいね。」
しかし、どうにもならない。
俺は今、とても興奮しているんだ。
俺は穴に入れた。
そして、最高の喜びと快感を味わった。
相手は言った。



「またやろうな。俺も楽しかったぜ。」



キャディさんも愛想よかったし、
俺もまたやろうと心に決めた。

437 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 17:45:24 ID:uDGOPdn8
>>436
やりたいことはわかったけど下手すぎ

438 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 17:53:10 ID:GQFUi/GC
タマとか棒状のものを使う遊びやスポーツだったら
なんでもアリだな

439 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 17:54:17 ID:HEAa23zB
二重オチにしようとした心意気だけは認める

440 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 18:10:22 ID:aMut4f6T
>>439
確かに。

441 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 23:32:58 ID:aLimKw+p
俺は金物屋で刺身包丁を買った。息子を殺すためだ。
息子が明日退院して家に帰ってくる。
話を聞いた会社の若手社員が
「息子さん、退院なさるんですって?おめでとうございます!」
なんてからかう。ただ事情を知らないだけかも知れないが。
自分の息子を殺したいほど憎むなんて、俺の人生も哀れだ。
妻の美佐江が生きていれば。美佐江なら俺のこの衝動も止めてくれるだろう。
美佐江が死んでもう4年も経つのか。まるで昨日の事のようだ。
息子が入院した1ヶ月後に妻が死んだ。

俺は明日息子を殺る。

あいつが少年院から出てきたと同時に。俺から美佐江を奪ったあいつを。。

442 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 23:54:30 ID:0JigULUX
>>441
少年院は「入所・出所」じゃね?
あと
>美佐江なら俺のこの衝動も止めてくれるだろう。
は、美佐江が生きていたら衝動が起こる原因がないわけでパラドックス。

443 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 00:00:13 ID:aMut4f6T
>>442
それはいいんでねーの?

444 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 00:05:51 ID:YPODTtd4
息子が美佐江を殺ったの?

445 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 00:22:33 ID:1/Cj0MSN
入院後に死んだわけだから
近親レイープ→タイーホ→自殺
って感じじゃね?

446 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 01:58:56 ID:Z+lDpoxk
どこらへんが叙述ですか?

447 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 02:19:33 ID:vgiXA1D/
致命傷を負わせてひと月生きたのでは?

448 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 02:23:19 ID:vgiXA1D/
今、聞いてる爆笑問題のラジオで投稿されたネタ

大田「俺は髪を切らないのさ
   なんでかって?
   髪は女の命って言うだろ」

田中「俺って女かよ」


ごめん、書くほどのことでもなかったな

449 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 08:12:25 ID:Rs+GDx2D
私は来る日も来る日も、毎日その汚らわしい男に乗られた。
乗りながら私の両手を握り締め、下半身を使って私の大事な部分を
かき回す。暗い場所で、無理やり私の目を開かせる事もあった。
男が私から離れる時は必ず足に鍵をつけられた。
ある時などは、男が夜道で私に乗っている時、私たちの行為をアピール
するかのように、私に声を出させた。


450 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 08:55:37 ID:YPODTtd4
男はバッタのような顔をしていた。
どうやらその顔で悪を退治するとかほざいてるらしい。


451 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 09:05:12 ID:EBBzoHou
>>442
退院でオケ

452 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 09:06:27 ID:guGmp2bC
7がつ10日はれ
クラスに女の子がてん校してきました。
名まえは、みらいちゃんといいます。
ながのからきたそうです。
とってもおとなしくて、はずかしいのかなとおもいました。
はやくなかよくなりたいです。

7がつ17日はれ
みらいちゃんは、うみをみたことがないそうです。
ぼくは、見せてあげたいとおもいました。
きょうから、けいかくをたてます。

7がつ24日くもり
きょう、みらいちゃんにうみを見せました。
みらいちゃんは、ないてしまいました。
先せいにおこられました。
なんでだろうとおもいました。

腐海には防毒マスクなしに行ってはいけないそうです。

453 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 09:08:40 ID:EBBzoHou
>>441
“びっくりさせどころ”を誤ってるような気がする。
練り直しを。

454 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 09:12:33 ID:nxYkjy8i
448
田中のツッコミ間違えてないか?

455 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 11:57:51 ID:5ChbuFxj
>>452
「てん校」「名まえ」「ながの」レベルの主人公が、
いきなり「腐海」って難解な漢字を使うという叙述トリック?

456 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 12:52:02 ID:o3Muhrjy
>>449-450
どこが叙述で?

457 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 13:00:03 ID:02cFYVAb
>>449は変質者の被害者と思わせて実は自転車の嘆き
>>450おかしな変装をした異常な人と思わせて仮面ライダー
だよね?

458 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 17:27:18 ID:4Nph5swO
友人からミステリーの本が送られてきた。
彼女とは、私がアメリカ留学中に知り合い、そのころよく作家になるのが夢だと語っていたが
本当になれるとは思わなかった。
日本に戻って20年。日常英会話もおぼつかなくなった私は、英和辞典片手にその本を読んでみた。
心に傷を持った孤独な若い男女が、互いに励ましあい、時に傷つけあいながら
成長していくといった感じのラブストーリーだった。
読み終わり、その本を送ってきた友人に電話をした。
友人のタカシの話によると彼女はもう40過ぎになるが元気で、
先日ようやく結婚したらしい。

ミス テリーが、ミセスになるわけか。おめでとう。

459 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 18:56:18 ID:o3Muhrjy
>>458
今はもう結婚してるからミセス、してないからミスって使いわけないけどな。

460 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 21:49:35 ID:YPODTtd4
>>457
すまん、俺は、>>449を最初見た時バイクのことだと思いこんで
>>450を勝手に付け加えただけなんだ、すまない。
暇だったんだ…

461 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 22:03:43 ID:qHdT1f48
テリーって女の名前にも使うの?

462 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 22:33:51 ID:Lx5GsiXD
>>461

>Ter・ry[名]
> 1 男子の名:Terrenceの別称.
> 2 女子の名:Theresaの別称.

日本人には馴染みがないように感じるけど
間違いではないらしい

463 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 00:04:02 ID:LlNKg4lE
>>458
>先日ようやく結婚したらしい。

だと1行目がややアンフェアになる(本を書いた時点ではミステリーだったかも知れんが)ので
「この度結婚するらしい」のほうがいいんじゃね?

464 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 12:35:14 ID:I1/9znqs
>>463
ミス テリーの本を読んでる間に結婚したんじゃね?

465 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 01:49:02 ID:TDsJuRZu
友人に電話するまでは結婚してること知らなかったんだからいいんじゃないの

466 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 19:32:31 ID:+kPt17Ts
6年前の夏だったかな、初めて出会ったのは。
今頃どこで何をしているんだろう。
彼女は、気付かぬうちに、私の前から消えてしまっていた。

思いもよらない再会。

久し振りに目にした彼女は、すっかりくたびれて
若々しかった当時の面影は失せていた。
皺だらけのその姿……

家路を急ぐ人々でごった返す駅に着く。

「きっとまた会えるさ」

私はそう心の中で呟きながら
狭い投入口へ彼女を滑らせた。

467 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 20:51:50 ID:jXHWdEXW
券売機で2千円札使える駅あるのけ?

468 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 21:02:05 ID:wBIxF1cY
皺だらけの二千円札てのも珍しいな(元々珍しいが)

469 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 23:04:38 ID:kK73mWjs
これは最後に二千円札と思わせて実はそうではないというトリック

だったら怖い

470 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 23:40:45 ID:3lb/Bwff
>>469
怖い想像させるなよ

471 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 08:50:45 ID:FBcfenM3
>>469
え?違うのか?

472 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 15:06:17 ID:XRLhiSKb
環境問題に取り組んでる、
駅にある生ゴミシュレッダーに投入><

>「きっとまた会えるさ」
再生紙かなんかになって再会><

473 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 23:16:49 ID:IuR5AkuJ
今日彼から結婚の申し込みを受けた。
でも私は断るつもりだ。私のことを本当に大事にしてくれている彼だけど、ひとつだけ許せないことがあるのだ。
彼は私と付き合い始めてからほんの2年程度で、60キロだった体重が100キロ近くになってしまったのだ。
太っている男ほど醜いものはない。自分自身の管理が出来てない証拠だ。
そんな人と一緒になっても、将来苦労するのは目に見えている。
私は正直にその事を彼に告げ、結婚の申し出を断った。すると彼は情けない表情で言った。

『そんな!僕ほど君を愛せる男はいないよ!
僕ほどのデブ専は他にはいないよ。ねえ、頼むから考え直しておくれよ。』

ふん。さよなら。私はしつこい男はキライだ。


474 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 00:06:22 ID:yDX9PHNp
>>473
わー。突っ込み所満載だぁ

475 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 00:19:07 ID:sWvTu7d9
すみません。これは、「相手が太っているから断ったくせに、実は自分も太っていた」という点が「叙述トリック」なのでしょうか?

476 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 00:58:17 ID:Dqlwd9zY
>>473
叙述かどうかはさておき、どうでもいい話。
デブ専にデブは少ない希ガス。どっちかって言えば、痩せてる人が多いような。
いや、途中で太ったから……?

叙述トリックかどうかと問われれば、違うと思う。


477 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 01:13:03 ID:Cwav+CPm
叙述ではなく落とし?

478 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 01:16:08 ID:uZ4WiqU6
473のネタ改変に挑戦


今日彼から結婚の申し込みを受けた。
でも私は断るつもりだ。私のことを本当に大事にしてくれている彼だけど、ひとつだけ許せないことがあるのだ。
彼が私と付き合い始めてからほんの2年程度で、60キロだった体重が150キロ超になってしまったのだ。自分自身の管理が出来てない証拠だ。そんな人と一緒になっても、将来苦労するのは目に見えている。

私は正直にその事を彼に告げ、結婚の申し出を断った。彼は情けない表情で『頼むから考え直しておくれよ。仕事もまあ順調だし、君が望むものなら何でも手に入れられるよう努力するから』 なんて言ってたけど、もううんざり。

ふん、自分の欠点さえわかってないのね。だから自己管理出来てないって言うのよ。あなたのそういう鈍感さが本当にイヤ。良く言えば大らかな性格? 冗談じゃないわ。
こないだなんてまたガラス戸開けっ放し。鍵をかけておくこともしないのは大らかなんじゃなくてボケてるって言うの。危機管理意識が低いのにも程があるわ。

それにね、正直言うと、もう全種類食べつくして飽きちゃったってのもあるんだ。あなたのケーキちょっと甘さが後に残るから。もう少し控えめなのが好みなのよ。

さよなら。私はしつこい男はキライだ。

479 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 10:54:04 ID:Dqlwd9zY
>>478
スマソ 本気で意味がわからぬ……私、バカ?orz

480 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 11:00:14 ID:bxQ50wNd
彼が太ったと思わせて、実は自分が太っていたというオチだろ。
面白くはないけど元のに比べたらちゃんと叙述にはなってる。

481 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 12:40:43 ID:uZ4WiqU6
彼はケーキ屋で彼女が陳列ケースを開けて勝手に食ってたのを黙認していて
(=望むものなら何でも手に入れられるよう努力/ガラス戸が開いている)、
そのせいで太ったということを彼のせいにしている(=自分の商品の管理が出来ていない)
という話にしたかったんですが、最初はもっと露骨に描写していた部分を
これじゃちょっとあからさま過ぎると思って削ったらわかりにくくなってしまいました。
なかなか難しいですね。

482 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 20:13:43 ID:aLyR/WAP
このスレのやつらは脳内補完しすぎ
絶対そう読めないのに

483 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 20:58:44 ID:GGqDh/0T
私最近ノイローゼ気味なのです。
原因は、今、窓の外から私の部屋を覗いているあの男。
得に危害を加えてくるわけじゃないんだけど、なにか嫌な視線を感じるとあの男が
じっとこっちを見ている。
先月の梅雨の大雨の夜に 家に帰る途中に、あの男が私の前にいきなり現れて、、、
それから毎晩私につきまとい、、、、おとといなんか部屋の中にまで!
はあ、、、、

警察になんか相談できないし。。

先日悩みを打ち明けた友達に紹介されて行った霊媒師は
「それはあなたの彼氏の生霊です」なんてほざくし。

嘘よ!そんなの。あたし彼氏いないし。


それに、あいつはもう死んでるんだし。


あの夜、雨で視界が悪かったせいで、私、あの男をひき殺したのです。

484 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 21:02:38 ID:zhpjJbUM
うわぁ……ひでぇ

485 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 22:21:47 ID:nRcNvM4e
ちょっと待てよ、一見叙述のじょの字もないが
あの男というのもひき殺した人物というのも霊媒師というトリックじゃないのか

486 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 00:29:31 ID:mcKn9SaA
私の彼はバイト先の先輩なんだけど、ハッキリ言ってデブだ。
見ていて気持ち悪くなるくらいの大食漢で、おまけに超のつく早食いだ。
いつもそのことでケンカになる。先日も…。

「人の話聞いてるの?全然痩せないじゃない」
「聞いてるよ。エビフライ定食、ライス大盛りで」
「夏になったらダイエットするとか言ってたくせに」
「だからしてるよ。あー腹減った。あ、ライスお代わりね」
「お酒も減らしてね。あと油もの」
「わかってるって。えーと、生の大ジョッキとソーセージ盛り合わせ」
「甘い物は絶対駄目よ」
「もちろんだよ。プリンアラモードと抹茶アイスね」
「じゃあどうして痩せないのよ!はいエビ定あがり」
「ライス大盛りって言っただろ!…いらっしゃいませ!何名様ですか?」

487 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 00:35:41 ID:imdNTaOx
くすっと笑った

488 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 01:04:31 ID:P1kjKId1
板尾いつじは定食屋でエビフライ定食を頼んで、エビフライを残したらしい

489 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 01:37:54 ID:ZLz41b8U
女が厨房でデブ男が接客なのか。嫌な店だな。

490 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 01:40:21 ID:y1RzrD6V
バイトじゃなくて定職屋の夫婦とかにしとけば違和感なかったな
ヨメのほうをデブにして

491 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 06:50:51 ID:eE95AmxS
いいね、これ。

492 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 23:56:15 ID:X+Y4gbw1
>>486
面白い

>>490
1行目が
私の夫は定食屋やってるんだけど
になったらわかりやすすぎ



493 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 00:03:36 ID:fGts/h0+
>>492
別に定食屋って書かなきゃいいじゃん

>>486だってファミレスだとか書いてたらわかりやすすぎだろ

494 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 00:06:36 ID:6Ros0Mo1
バイト先の先輩、だからイイんだ

495 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 01:50:11 ID:gNF5pYmS
490に従うとこうなる。とても読後感の悪い話になる。


俺の嫁は同じ職場で働いているが、ハッキリ言ってデブだ。
見ていて気持ち悪くなるくらいの大食いで、おまけに超のつく早食いだ。
いつもそのことでケンカになる。先日も…。

「人の話聞いてるのか?全然痩せないじゃないかよ」
「聞いてるわよ。えっと、エビフライ定食、ライス大盛りで」
「夏になったらダイエットするとか言ってたくせに」
「だからしてるってば。あーお腹すいた。あ、ライスお代わりね」
「アルコールも減らせって。あと油もの」
「わかってるって。えーと、生の大ジョッキとソーセージ盛り合わせ」
「甘い物も絶対駄目だからな」
「うん、もちろん。プリンアラモードと抹茶アイスね」
「じゃあどうして痩せないんだよ!…エビ定あがり」
「ライス大盛りって言ったでしょ!…いらっしゃいませ!何名様ですか?」

496 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 13:18:06 ID:KQe5qBhY
みんなが楽しそうにあの人の周りを回ってるの見て、いいなぁって思ってた。
ここはとても寒くて、でも私はこんなだし、でも…さびしくて。
いつのまにか、こっそり私も回ってた。みんなみたいにうまくいかなかったけど。

見つかっちゃった時は少し恥ずかしかった。でも、うれしかった…
みんなが私に気づいてくれた。ここは寒いけど…もう寒くなかった。
私はもう、一人じゃないんだって。そう思えた。
でも…やっぱりいけない事だった。みんな今まで騙してゴメンね。やっぱり私には資格がなかった。

今まで私を仲間にしてくれて、ありがとう。
みんなにたくさんのあったかい思い出をもらったから、私はそれで十分です。

どうか、私が勝手に回ることをゆるしてください。
うまく回れるように、今も頑張っています。
そうしたら、もしかしたら、また…
それは絶対にない。頭ではわかってる。でも、そうせずにはいられない私を、どうかゆるしてください。

497 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 13:44:14 ID:cdBMg0aO
どういうこと?

498 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 14:12:09 ID:fK4Fm7sN
冥王星のことかな?

499 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 14:27:25 ID:BmjO7pDm
あの人って誰よ?

500 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 14:29:12 ID:usn5SPPx
太陽さん

501 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 14:49:06 ID:cdBMg0aO
なるほど。
面白い。でも叙述じゃない気がする

502 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 16:58:25 ID:nBpEvnB5
>>500
だったら「人」って書いたらアンフェア。
「あの方」ぐらいで誤魔化さないと。

503 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 17:03:32 ID:HIBxTg7Y
擬人法は叙述トリックの手法だから良いんじゃね?

504 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 18:04:04 ID:fK4Fm7sN
「みんな今まで騙してゴメン」ってのはおかしいかもね。
何か詐称してたわけじゃないし。地球人の都合で分類が変更されただけだから。
でも話のスケールが大きくて良いですな。

505 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 18:20:25 ID:9ZWlk32q
コピペはこっちに貼れよ

2chで見つけた叙述トリック Part5
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1152915039/

506 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 18:23:01 ID:cdBMg0aO
これコピペなの?

507 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 19:01:01 ID:9ZWlk32q
SF板やクラシック板にイッパーイあるよ

ホルスト:組曲「惑星」
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1156422911/20

冥王星(笑)
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1156426846/21

◆ニュース速報@SF/FT/HR板 Part22◆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1155519419/481

508 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 16:40:30 ID:SZryokw8
息詰まる食卓
妻「ねえ、あなた。あの子のことなんだけど……」
夫「やめてくれよ飯時にその話は」
妻「自分の息子の話でしょ?……あなたがしっかりしてないからあの子……あんなことに」
夫「おい、そうやって人に責任を転嫁するのはやめてくれないか?……宗教のことは、
あいつ自身の問題だろ」
妻「……ごめんなさい。」
夫「しかし……そうも言ってられないよな。一旦ハマると抜け出せないって聞いたことが
あるし。親として一度……」
妻「でも、宗教の問題って、ほら……デリケートなところがあるじゃない?」
夫「頭ごなしに言っても逆効果、か」
妻「私たちに出来ることは……あの子が自分から辞めてくれるのを待つだけだと思うのよ。
ほら、今テレビとかでも結構問題になってるでしょ。だからあの子もそのうち、『このままじゃ
ダメだ』、って思うようになるわよ」
夫「だが、一度三人で話すのも必要かも知れないな……おーい、いつまでも部屋に引き
籠もってないで飯の時くらい降りてきたらどーだー?……聞こえないのかー?むーねーのーりー!」

509 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 16:41:53 ID:LXiJejB0
ん?

510 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 16:50:46 ID:FxRR/XJg
ああ、なるほど…
でも「あの子」って違和感を感じるな…

511 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 16:53:30 ID:LXiJejB0
まじで分らない

512 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 17:07:45 ID:VFalemwt
むねのりって川崎と柳生しか知らんわ

513 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 17:10:56 ID:VFalemwt
あーわかったっぽい

514 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 19:51:57 ID:r5yStuvM
>>508
叙述とは言い難いし、そもそも面白くないのが致命的。
努力は認めるが。

515 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 20:46:53 ID:qzxKrV7D
あー
シュウキョウではなくムネノリなのね
ふーん

516 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 21:08:00 ID:1Jpf/Zcv

ありがとう、オマエのおかげでやっと分かった。

517 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 21:20:59 ID:p/7kXlhA
そんな名前つけられりゃニートにもなるよ。

518 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 22:54:58 ID:l064yLaJ
>>508
名前で落とすネタは嫌いじゃないので笑えた。
ただ、肝心のオチの部分がわかりづらいのが惜しい。
「むーねーのーりー!」の前に「宗教ー!」とでも書いておけば良かったかも。

519 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 00:09:11 ID:xx1AYUAQ
ムネノリくんは個食でみんなと一緒に飯が食えないのかな?

520 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 00:56:00 ID:KM3qsR92
第6代 鍋島宗教(むねのり) 1718-80(享保3〜安永9). (高伝寺蔵).
5代宗茂の長男 で、1738年(元文3)家督を相続、本藩第6代藩主となる。

521 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 09:37:49 ID:ZyIo7ZRC
最初から
しゅうきょう と読まず、むねのり と読んでしまい
叙述も糞もなかった俺は負け組?

522 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 10:43:05 ID:cXlQf120
ニートを「辞める」って適切なんか?
職業じゃあるまいし

523 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 10:45:11 ID:NYLC4XmJ
このコピペではニートじゃなくて引きこもりだろう。
でも辞めるは変だな。無変換ならOKか。

524 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 17:53:45 ID:T7M+3nA6
おれの息子はいつもタートルネックなんだ
まあ引きこもりだからトイレに行くくらいしかしない
しかしそうは言ってもやっぱり不潔だし困ったもんだよね
つ上野クリニック

525 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 19:18:48 ID:dLJk7nxH
13文字目でわかった

526 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 19:23:08 ID:O0bbZ3OI
分かったか分からなかったよりも、
面白かったか面白くなかったか書いてやれよ
俺は面白くなかった

527 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 19:26:05 ID:dLJk7nxH
面白くなかった

528 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 23:41:23 ID:0+gRDr7D
面白くない。かわいそう。

529 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 00:36:20 ID:/y8fQMbn
あの広告は見た目のインパクトだけを重視していると思っていたのだが
タートルがネックということにもかかっていたのかと今さらながら気づいた。

530 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 00:50:35 ID:hs1B6Vcr
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

531 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 09:18:09 ID:cY8ZxxiY
久々にくだらねぇ流れで吹いたw

532 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 12:30:26 ID:XdFmlbTU
                  , -=ミ;彡⌒`丶、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               l::::::rィノツノtゝミン、ノノン、:::::::l
               !:::::: '"^'"`~`  ヾ( l::::::ノ
               ',::::j ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' 〈::::::j
       ,-'"ヽ   fヾ}, ィ赱、 i i r赱ミ  l:イ
      /   i、  lと',  `"" ,l l `""  ,リぅ!   _/\/\/\/|_
      { ノ   "'ゝヽ-ヘ  ,ィ''。_。ヽ、  /_ン'   \          /
      /       "' ゝ' il´トェェェイ`li  ,'     < ニャーン!! >
      /          l、.!l |,r-r-| l! /!     /          \
     i            l ヽ. `ニニ´ ノ l       ̄|/\/\/\/ ̄
    /               `' ― '´   }
    i'    /、                 ,i
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

    /'''7'''7     /'''7       / ̄ ̄ ̄/    / ̄ ̄ ̄ /
    / /i  |      / /      .. ̄ .フ ./.    / ./二/ /  . . ____
  _ノ / i  i__ . ノ /__,l ̄i   __/  (___   /__,--,  /    /____/
 /__,/  ゝ、__| /___,、__i  /___,.ノゝ_/    /___ノ


533 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 12:51:06 ID:MV56aqmA
私は人間です。誰が何と言おうとも人間です。
しかし、こんな僕も人間じゃなく、チンパンジーなるときが
あります。それはいつでしょう?
正解は人間の呼び方がチンパンジーに変わった時です。
そう正に人間。
(「にんげん」だけに「ちんぱんじー」。(笑

534 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 12:57:28 ID:RqmfPzGF
は?

535 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 16:44:13 ID:0OD4cMCO
これもトリックがない類のただの釣り?

536 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 17:23:34 ID:6a1mM3dk
たぶん日本語が達者でない所が何かの叙述になってる気がする

537 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 17:31:57 ID:q4Smkgjm
>誰が何と言おうとも人間です。

いきなり矛盾の種を書いてるな

538 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 16:17:01 ID:SQIKl8ef
スレタイが
面白い叙述トリック考えた

プレッシャー感じて投稿出来ない
もし面白くなかったら、って

539 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 17:32:10 ID:Jhfbm/Bj
>>538
書いた本人すら自信がないならば間違いなく面白くないからやめとけ
せめて自分では面白いと思えるレベルじゃないと

540 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 17:33:36 ID:RALYYxzE
>>299
ワンピースのウソップ
VIPER-GTSの少年
↑↑もしかして同じ声優?


541 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 18:50:23 ID:H0Ooc5+w
>>538
こんなとこでプレッシャー感じるようなティキンハートなら
ここらへんで克服した方が後々の為だぞ

542 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 19:21:03 ID:RoVK174B
別に面白く無くてもよくない?


543 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 19:25:34 ID:WPZY3hS7
>>539が言うように自分で面白いと思うならどんどん投下していいと思うよ。

544 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 01:25:10 ID:oGMqRiGY
>>540
そうだよ。

545 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 21:31:35 ID:5Dcm932U
みんなが楽しそうに回ってるの見て、いいなぁって思ってた。
ここはとても寒くて、でも私はこんなだし、でも…さびしくて。
思わず、こっそり私も回ってた。

見つかっちゃった時は少し恥ずかしかった。でも、うれしかった…
みんなが私に気づいてくれた。ここは寒いけど…もう寒くなかった。
私はもう、一人じゃないんだって。そう思えた。
でも…やっぱりいけない事だった。みんな今まで騙してゴメンね。やっぱり私には資格がなかった。

今まで私を仲間に入れてくれて、ありがとう。
みんなにたくさんのあったかい思い出をもらったから、私はそれで十分です。

どうか、みんなを怖がらせてしまう私をゆるしてください。
今度は、なるべく気付かれないように回れるように、一人で練習しています。
そうしたら、もしかしたら、また…
そんな機会は滅多にない。頭ではわかってる。でも、そうせずにはいられない私を、どうかゆるしてください。









つ スクウェア
http://hamq.jp/dlyB-sub.cfm?i=hirotonakaji&pn=2&d=20050115&sta=111
最中に矛盾に気付いてしまった場合

546 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 08:13:17 ID:0YUF26WK
>>545
なんかどっかで見た文章だけど
答えがわかって読むとそこはかとなく萌える感じがする

547 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 16:39:09 ID:tNrnFO15
2chで見付けたじゃないし、自分で考えたわけじゃないけど。
どこにかいていいかわからなかったんで、お邪魔します。


私は旅行が好きである。
全く違う文化や風土に、自分の価値観がゆさぶられるのは、とても刺激的だと思う。
特に目的は作らずに、気分次第で進む先を変える。
偶然に立ち寄る町の角っこでボンヤリとその土地の生活を眺めるだけでいいのだ。
予定表と荷物ぎっちりの名所巡りなんて無意味な疲労と記念写真が残るだけだ。
かく言う私は旅以上に家が好きである。
故にあまり外に出ないし、旅もしない。

冨樫義博

548 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 17:45:29 ID:liElbtst
冨樫か。

549 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 18:22:52 ID:MeHiXcDO
旅が好きと言っておいて「旅以上に家が好き」というのは単に話題が変わっただけだな。
「旅先で一番気に入ったのは自分家」みたいに、自宅に行くのは旅行じゃねえだろ!と
突っ込めるような書き方だと叙述っぽくなる。

550 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 19:30:55 ID:xR4vg0m+
>>549
ポイントずれてんのがネタなのか、天然なのか

551 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 20:10:31 ID:n/4cqqwT
健史はゆっくりと吐き出した紫煙がスローモーションのように
ブラックライトで浮かび上がる天井の模様に立ち昇っていくのを眺めていた。
隣では麻希子が毛布から顔を半分覗かせて同じく天井を見ている。

麻希子「初めてこういうホテル来たけど…あまりドキドキしなかったな…」
健史「俺も初めてだ。家じゃお袋もいるしできないからな。」
麻希子「ホテルの人も大変だね、汚れたシーツとかさ…」
健史「…もうそろそろいくか?」
麻希子「そうだね、裕也くんと亜紀ちゃんに会うのも久しぶりだな。」
健史「ラブホテルから直行してきたなんて言えねーよな。」
麻希子「いいじゃん、仲いいねぇーって冷やかされてもさ。」
健史「ハハハそうだな…」

時間が止まったように見つめあう二人。
健史は先刻までむさぼるように求めた麻希子の唇にそっと
かすかに触れるだけの、その日一番永いキスをした。


552 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 20:16:19 ID:n/4cqqwT
>>551続き


今日の午前 ○○区のホテルの一室で男女の遺体が発見されました。
調べによると死亡していたのは××健史さん(40)と妻の麻希子さん(38)
とみられ、遺書のようなメモが見つかっていることから
警察では心中とみt(ry

なお××さん夫妻は先月に自宅を火災で焼失しており、健史さんの母親の実家に
身を寄せていましたが、この火災で長男裕也くん(5)と亜紀ちゃん(3)を亡くしており
子供たちへの後追い自殺である可能性が高いと思われ………


553 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 21:23:33 ID:+TXQV/11
>>551-552
いいんじゃね?
自殺するほど思い詰めた人間に貪るような性欲があるのかという疑問はあるが。

554 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 22:23:27 ID:GsmJsL1Z
そこしか泊まるところがなかったんじゃない?

555 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 22:31:34 ID:suREzjYq
ラブホテルから直行した、とかいう親に
仲いいねぇ、なんて返す5歳児と3歳児はすげぇイヤだ

556 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 00:31:55 ID:Dqp4o4bE
>>552
面白かったよ。
どうでもいいけど、奥さん結構高齢出産ですな。
なんか意図があってなのかな。

557 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 07:43:36 ID:CjK563EX
>>556
うむ…これは深い背景を読み取れるね…高齢出産で授かった子供たちか。
ストーリーは物悲しいが構成としては面白いからスレタイにも合ってる。

558 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 16:50:18 ID:WRyQIrXm
>>552
このネタ短編書けるんじゃない?と思た
面白かったよ。


559 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 11:06:51 ID:yqlto1wm
入院中、体を拭きに来た看護実習生に、ちょっと溜まってきたから抜いてくれるか、
みたいな事言ったら、いいですよとカーテンを閉めてしごいてくれた。 腰の手術をして、
背中には痛み止めの管が通っていたが無事発射。
看護の仕事にこんな項目あるの?って聞いたら、患者さんの痛み、苦しみを和らげるのが、
俺たちの仕事です、って言ったんだ。

560 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 11:36:43 ID:qA0KKYID
つまんねーこと言ってないで、
お前もその看護実習生をシゴいて男にしてやんな。

561 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 17:10:13 ID:azYIQVJ6
俺女は萌えるわぁ(;´Д`)

562 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 20:10:02 ID:rOS/2hvY
読み手の性癖によってはまったく叙述ではないキガス

563 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 06:27:30 ID:d7C22WZY
タカシはひどく散らかっている部屋のなかへ、友人と恋人のナオを招き入れた。
「泥棒に入られた後みたい、こんな部屋じゃ絶対眠れないね」と
からかった友人だったが、タカシたちを残して、ひとりソファで眠ってしまった。タカシがナオに、
すごく溜まってるからアレやってくれないか、と言うと、ナオは「いいよ」と答えてやってあげた。
ナオはみるからにすごく上手で、タカシの肩に溜まった疲れとコリはきれいにほぐれたようだった。
ふと思い出したようにナオが言った。
「そういえば、僕とタカシが付き合いだしたきっかけはマッサージだったよね」
すると、眠っていたはずの友人が起きており驚いたようすで訊いてきた。
「えっ?! 君たち付き合ってるの?」

タカシが事情を説明すると、友人は困惑を隠し切れないようだった。
「まさか君たちが恋人同士で、しかも、しかも──ナオが女の子だったなんて……」
「言ってなかったか? 『ボクっ娘』萌え〜 (*´Д`)ハァハァ」
「──そんな……わたし、ナオのことが……ナオのことが……」
友人は消え入るような声で何か言ったが、ベッドの下に身を潜めている俺には
彼女の言葉の続きは聞き取れなかった。                       .

564 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 10:25:59 ID:BDKhxceu
溜まっている云々は余計。
男女の倒述は予想が付くが・・・
ナオが男でもいいのでは?

565 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 10:48:19 ID:/AzMfwcp
>>564
いや、単に全部入りの叙述パロディじゃん

566 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 12:42:51 ID:h0LE81zy
>>563
文章が下手

567 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 13:04:44 ID:+vmAjOA0
たんにつまらん

568 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 14:20:20 ID:9UzPTk8Z
文章が下手だからよく意味が分からん

569 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 19:16:14 ID:/JFk/3ph
時間の無駄

570 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 21:39:45 ID:168GA3p1
 電車のドアが開き、俺は渋々席を立った。クソッ、もう少しで前に座ってた爆睡中の女子高生のスカートの中が見えたのに・・・。
あと一駅乗り過ごしたかったが、女房から「今日は寄り道せずにちゃんと帰ってきてよ」って釘刺されたからな。
少し早足で改札を出ると、俺は素早く目だけで廻りを見回した。ホッ、クソオヤジはいないな。あのハゲ駅で俺を見つけると
「どうかね。ちょっと一杯」と誘ってくるからな。、嫌々俺が付き合ってるのも知らないくせに、夜中まで引っ張り回されて、
あとで女房にチクチク言われるのは俺だっての。女房も女房だ。面倒なことは母親任せで、自分はショッピングだ、
お稽古事だって遊んで廻って、そのくせ俺が飲んで遅く帰れば玄関で鬼の様に立ちはだかってやがる。
どうせ口じゃ負けるから、その時は口で謝って腹の中じゃ舌出してるけどな。
そんな俺を、義弟は「姉さんに頭が上がらないんだね」なんてコキやがる。こいつ、いっそ殺してやろうか。
すると、横から義妹が「ううん、義兄さんは優しいんだよねー」と庇う。でもな、外面がいいお前のお義兄さんは、
いつも短いスカートからこれ見よがしに覗くお前のパンツを脱がしてやりたいと思ってる男なんだよ。
 門を入った途端、顔スレスレを一瞬白いモノが通り過ぎた。思わず「わああっ」と仰け反ったが、
見るとウチの飼い猫だった。思わずムカついて蹴り上げたら、「ギャアアッ」と一目散に逃げ出して行った。
ザマァ見ろ。叫び声を聞いて女房が玄関から出てきた。
「なあに?今の変な声?」「い、いや、何でもないよ」
「そう・・・。あっ、それよりお待ちかねよ。パパからのプレゼントは何かなぁって。タラちゃーん。パパ帰ってきたわよー」
しまった!誕生日プレゼント買うの忘れてた!


571 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 21:44:13 ID:em7bEshI

・・・なんか悲しくなりますた('A`)

572 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 21:55:44 ID:6dvbNXIp
>>570
東野圭吾の短編思い出したw

573 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 23:38:38 ID:rNRYLmO2
なかなかいいな、綾辻の短編思い出した

574 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 05:12:55 ID:QHh+1Mys
「私ね・・・情けない男って大嫌いなの!今日も仕事場で腹がたつことがあってね・・・!」

まったく・・・。少しでもアルコールが入ると、いつもいつも独自の男性観を熱く語りだす。
今日は僕の誕生日。一緒に暮らしているマンションで、ささやかなお祝いをしているというのに。
これがなければ、プレゼントも用意してくれるし、手料理は旨いしで文句なしなのだが・・・。

「最近、多いでしょ?自分じゃ何もできないで、他人に頼ってばっかりで・・・。
きっと甘やかされてばかりだったから、、世間の厳しさって物を知らないのよ。
そのくせ、プライドだけは一人前・・・見ていてイライラするのよね・・・!」

愚痴が入るのもいつものことだ、と諦めて、僕は「そうだね」「うんうん」と相槌を打ち続ける。

「・・・でも、あなたはぜんぜん違うわ!そこらの男とは比べ物にならない!
頼りがいがあって、逞しくて、優しくて・・・あなた以上の人はいないわ・・・」

アルコールが回ってきたようだ。誉められると僕だって悪い気はしないが、
これ以上お酒をすすめると、後が大変だ。彼女は明日も早くから仕事なのだ。

「もうお酒はこれくらいにしておきなよ。体を労わらなきゃ。もう若くないんだよ、ママ」

575 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 12:31:18 ID:YsyX5Mp2
>>570
悲しい……
全国のパパが泣くよ、これはw
>>572と同じく、東野の短編思い出した。
「鬱積電車」+「動物家族」、かな?

>>574
騙された! 私は好きだな、これ。
でも、随分と親バカなお母様だねw

576 :572:2006/09/09(土) 13:05:51 ID:kR1xabhC
>>575
間違えた、綾辻の「伊園家崩壊」だった
短編だと、東野と綾辻がゴッチャになるorz

577 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 13:39:23 ID:g8Rq+AXb
>伊園家崩壊
関係ないが、あの短編クソ杉

578 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 15:59:44 ID:JKfBRzPT
>>574
ママンも息子も100回死んで来いw

579 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:00:47 ID:Ec1tCf2B
実はバーのママと客という二重オチ

580 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 22:02:36 ID:pPZmbpr4
>>579
そっちが最初に思った方だ

581 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 23:05:05 ID:nMmmdv2I
最初から、彼女とかじゃなくて母と子供って思って読んでた。

だから
最後まで読んでも、どこが叙述か分からなかった。

だから最終的に>>579の例だと思った。

582 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 00:28:54 ID:UnaikBcZ
へー   すっごーい

583 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 00:40:54 ID:+ZVeBbwy
私も考えてみました。。。
ちょっと長いので、ブログの記事にしたのでもしよかったら読んでください!
http://blog.livedoor.jp/peacheek/archives/50106483.html

題名は「ある日曜の風景」です!

584 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 00:48:41 ID:lRzUW+qj
ヒントばらまきすぎだろ

585 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 00:56:37 ID:oq60uOIS
上手いけど、叙述だと構えて読んだらすぐにオチが分ったぞ

586 :583:2006/09/10(日) 00:57:09 ID:+ZVeBbwy
感想ありがとうございます!
そっかー。すぐ分かっちゃいますか?

587 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 00:57:46 ID:WM1imuoK
>>583の意味が、本気でわからない件
あれ、どういう意味?


588 :583:2006/09/10(日) 00:59:28 ID:+ZVeBbwy
えっと、メル欄
ということなのです。

589 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:04:38 ID:oq60uOIS
逆に言えば、知らせずに読ませれば引っ掛かる人が多いかも
それと、餌は「ご飯」でいいんじゃないの

590 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:04:56 ID:XUVo2ETs
最初からネコのつもりで読んでたんだが、なんだと思わせようとしてたんだ?

591 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:12:32 ID:lRzUW+qj
>>590
お前は普通の小説読めるのか?www

592 :583:2006/09/10(日) 01:12:42 ID:+ZVeBbwy
>>590さん
ワイルドな男の人風に見えませんでした・・・?
けっこう難しいものですね。
感想ありがとうございましたー。
また出直してきます!

593 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:16:20 ID:oq60uOIS
いや普通に読めば、「慶介さんなの?」の段階ではネコとは思わんだろw
>>590は単なる難癖に思える

594 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:17:09 ID:XUVo2ETs
>>591
いや叙述だって宣言されてたようなもんだから身構えたせいもあるだろうけど
「俺」の外見とか人格が形成される以前にばあさんにヒント言わせたらダメだろ

どうせならこのヒント全部レッドヘリングにして最後ホームレスでした
とかのほうがナンボかマシ

595 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:19:57 ID:lRzUW+qj
あぁ、婆さんのところで気付いたってことね。



596 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:53:49 ID:OK9IU5Js
殺菌消毒剤で少し違和感あって考えてしまう
すると婆さんの台詞で気付くという
俺の場合

597 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:59:48 ID:DhTJj4Fp
でも、わかるような記述が少ないと、騙されたときもそれほど感動しない、というか「ふーん」で終わってしまう。
そのバランスが難しい

598 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 02:02:47 ID:ku0ZOKpo
無駄に長い

599 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 02:20:29 ID:xPE/zuZy
「これ、恋人のカオリ」を思い出したな。

600 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 19:20:20 ID:4ahYfOQO
同窓会で大量殺人が起こる
唯一の生き残りは喉を切られ、生と死の狭間をさ迷っていた
そして奇跡的に意識を取り戻すが、声が出ないので犯人の名前を言えない
かろうじて動く手でパソコンを操作させるが
「犯人はd」と打ったところで息絶える
警察たちは必死に「d」の行方を追う
Dのつく名前を必死に追うが見つからない

−−−−この先解答編−−−−

犯人の名前はDではなかった
小学生の時、金ちゃんの仮装大賞に参加するが入賞ならず、
泣きだしたために同情票で入賞した同級生がいた
彼は「同情票」とあだ名され、暗い少年時代を過ごす
やがて同情票のあだ名は高校で洗練され、「D(ディー)」となっていたのだ

〜劇終〜

601 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 21:18:25 ID:wURAnqMx
恋人のカオリって何?

602 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 22:38:40 ID:tl1MdexN
コピペ。ぐぐれ

603 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 22:45:18 ID:1Z0CXYJ+
「学校に遅刻したんだけど、先生にお尻をさわらせたら見逃してくれたよ。
 みんなも試してみたら?」
そんな話を聞いたので、私も真似をしてみた。
「バカヤロウ!」ビンタされた。
チッ!何だよ。
遅刻見逃してやろうと思ったのに。

604 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:16:20 ID:+ZVeBbwy
>>603
すごくおもしろいです!うまいと思いました!


605 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:56:38 ID:bFoF/8ZW
…え?

606 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 13:24:19 ID:wfMLftk3
外から帰ると、部屋に見知らぬおばさんが座っていた。
「あ、あの、どなたですか?」おばさんは僕の問いには答えず、立ち上がるといきなり服を脱ぎだした。
「ええっ!」僕は目を背けた。「目を逸らさないでちゃんと見て!」僕はおずおずと顔を上げた。
おばさんは全裸で立っていた。おばさんの体は、お世辞にもスマートとは言えず、胸は小さくお腹がポコンと出て、
まるで幼児のような体だった。ただ肌だけはシミも無くスベスベしていた。
「ずっと、ずっと欲しかったの」おばさんはヒシと抱きついてきた。
僕は振りほどこうとしたが、おばさんはなおも力一杯に抱きしめる。「ちょっと待って!ああっ」僕は床に押し倒された。
「ううん、待たない・・・」おばさんは器用にベルトをはずし、あっという間にズボンとパンツをずり下ろした。
「本当はこういうこと私にしてもらいたかったんでしょ?」おばさんは僕のを口に咥え吸いだした。
「うああっ、だめだよ、そんな事しちゃ」「嘘・・・こんなになってるのに・・・」おばさんはそのまま僕のを自分にあてがった。
何の抵抗も無く僕は熱く潤ったおばさんの中に入った。「んふっつ気持ちいい・・・」おばさんの尻はパンパン音を立てながら
僕の腰を激しく打ちつける。「ねえ、チュウしてチュウ」おばさんの唇が僕の口にむしゃぶりつく。
その途端「あっ、あっ、イク、イッちゃうー。オウッ、オウッ、パパパパーン」と奇声を発しておばさんは絶頂に達していった。




607 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 13:25:13 ID:wfMLftk3
>>606(続き)
 ノックもせずにいきなり若い男が入ってきた。
「いやーお疲れさん。お客さんすっごく喜んでたよ。またお願いしますって、ルンルンで。あのおばさんきっと常連になるよ。
はい、これ」男は僕に封筒を手渡した。「どうも。ああ、それから今度からは先に客を部屋に入れないでくれるかな。
最初本当にウチに来た客かと思って戸惑ったよ。『お客さん』だと解ってからはリクエスト通り『乱暴』されたけど」
「ああゴメン、ゴメン。その件は謝るよ。どうしても先に待つのがいいって食い下がられてさー。
その分イロつけてるから勘弁してよ。最近の客はリクエストが中々多様でね。
なのにアンタみたいなのは少ないんだよ。また、頼むね。んじゃ」
男は部屋を出て行きかけたが、ふと振り返り僕の腰を指差して「労りなよ」と下卑た笑いを残して出ていった。

封筒の中の紙幣を確認した僕はヨッコラショと椅子に腰掛けた。確かに男の言うとおり腰を労ってやらなきゃな。
窓の外はすっかり秋の気配が深まっていた。公園では子供達がサッカーボールを追っかけている。
ああ、明日は土曜日だったな。臨時収入も入ったし、ゲームソフトを買って孫に持って行ってやろう。
嫁からは、孫に甘いってまた睨まれるかもしれんが。
僕は渋茶を啜りながら、ふとさっきのおばさんのことを考えていた。あの歳でもファザコンの人っているんだな・・・

608 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 13:46:31 ID:fIbkow9c
帰宅途中のOLが何者かにレイプされて妊娠して自殺する
自殺したOLは実はオカマで男なのに妊娠してしまったので
ショックで自殺してしまったのだ

609 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 14:08:06 ID:Llh2Ilzh
深夜の公園。頭を鈍器で殴られ意識が朦朧としている俺の目の前で、女と男がもみ合っている。
「ちょっとやめ・・・・!!」
「はははは!!ほら!!抵抗するな!!」
「正人!助けて!!」
頭部にダメージをおった今の俺では、助けることはできそうにない。すまない。
「動くな!!」
急に静かになる。その理由は手に握られたナイフだろう。どんな屈強な人間でも、刃物を出されれば押し黙る。
「やめて!!」
ビリビリ・・・ビリビリ・・・・。
脅しに使ったナイフを、服を裂くのに使い始めたのが功を奏したようだ。
「わかった・・・もう抵抗しないから・・・その代わり頼みを聞いて?」
「いってみろ」
「つけてよ・・・・ゴム」
「・・・・・・抵抗しないか?」
「うん・・・」
「よし・・・じゃあ・・・・・・ゴムなしでやってやる!ぎゃはははは!!!」
「酷い!!」
服を破り終えると、男と女は一つになった。いや、無理やり一つにされたといったほうがいいか。
「気持ちいいんだろ?え?」
「はぁはぁ・・・・・気持ちよくなんか・・・・」
「ホラホラ!!正直にいえ!!」
「あ・・・・ああ・・・・・気持ちいい・・・・です・・・」
「何がどうだから気持ちいいんだ?いえよ!!」
「いえません・・・そんな・・・・」
「言わないとほらほらほら!!!」
腰をふる勢いが増す。
「あんあんあん!!わかりました!!いいます!!」
「早く!!」
「美佐子さんのあそこが、僕のチンコを包んでとても気持ちいいです!!」
「そうだろう?へへ!お前のも気持ちがいいよ!正人のよりずっといい!!」



610 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 18:07:29 ID:zIY5WZTt
正直、エロネタは面白くない。

611 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 18:28:29 ID:fcU4jrLh
>>606-607
上手いなぁ
見事に騙されたよw

612 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 19:11:48 ID:WLAITbhQ
真夜中。とある公園にて。

男A「なんだよ、こんな夜中に呼び出して。」
男B「お前に聞きたいことがある。単刀直入に聞く。お前、ゆう子と寝たんだってな!」
男A「・・・・・・・・知っていたのか?」
男B「やっぱり本当だったのか!お前…俺がずっとゆう子の事本気で好きだって知っていただろう!」
男A「・・・・・・・・・・・・」
男B「ゆう子は…わがままで女王様気取りで何考えてっか解んないところもあるけどよ…
  俺は本気で好きだったんだよ!それを知っててお前・・・・!」
男A「ハッ!何言ってやがる!告白もできねえでいつまでもグジグジしてっから
  好きな女が他の男に抱かれちまうんだよっ!ゆう子って呼びすててその上女王様気取りだぁ?
  お前それ本人を目の前にして言えるのかよ!目も合わせられないくせによ!」
男B「このやろう・・・・殺してやる・・・・」
男A「なんだよそのナイフは・・・・やれるもんならやってみろ!ああ!」
男B「死ねっ!マサルッ!!」

その時、公園に走ってくる女の姿が!

女「やめなさいあなた達!何をやっているの!!」
男A「女王様!」
男B「女王様!」

コリン星の、とある公園であった。


613 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 19:13:55 ID:K7XlPOBU
↑死ね

614 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 19:30:43 ID:l/A1ifXP
>>606-609
俺からするとこっちよりマシだな。
>>612

615 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 19:32:34 ID:l/A1ifXP
>>609の方がマシってことね

616 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 21:12:26 ID:DB+7Advi
>>614
比較する対象がおかしいだろ?
>>606-609のエロネタと>>612のネタは別物じゃね?


617 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 22:56:07 ID:ANhmE2C+
「いーい、ケンちゃん。今日は寒いから、暖かくして寝るのよ?」
「はーい」と、ケンちゃんは元気よく返事した。
「おやすみ、カオルさん!」
満面の笑みで言うケンちゃん。私の笑顔で返す。
「うん。おやすみ、ケンちゃん」
彼には、必ずケンちゃんと呼び掛けないと怒られてしまう。ケンちゃんのこと、ケンちゃんって呼んでよ、と。

そのうち、眠れないとぐずりだしたので、私はあまり上手とは言えない子守歌を歌った。
ふと気付くと、ケンちゃんの反応がない。
「……ケンちゃん? 寝ちゃったの?」
返事がない。寝てしまったようだ。
私はホッと一息つくと、ゆっくり静かに部屋を後にした。
廊下でユミさんと擦れ違う。「マサルさんは寝ました?」と聞く。
ユミさんは苦笑いで返した。
私はドアを開けた。そこはロッカールーム。
今日もいちにち、疲れたなぁ……まぁ、仕方ないのかもしれないけど。
着替え終わった私は、その建物を後にした。
「サクラ老人ホーム」と、入口のプレートには書いてあった。
――明日の買い出し当番は私か。
自転車が必要かもしれない、と帰り道で考えた。
認知症で幼児退行したケンちゃんたちと遊ぶ、玩具も買い出しに行かねばならないから。

618 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 23:09:03 ID:zIY5WZTt

惜しい、早いうちにネタが分かってしまった。

619 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 14:15:51 ID:INkbAnOl
  ライブが開くまであと5分。俺は控え室の椅子に座り、心地よい緊張に包まれていた。
背筋を伸ばし、足を揃えて両手は膝の上に。これが俺流のコンセントレーションの高め方だ。
神経は研ぎ澄まされ、しかし頭は他人の様にクールに。うん、悪くない。俺は、これから俺の中の
最高のパフォーマンスを引き出せることを確信した。
  このハコのキャパは80。小さいハコだが伝説の始まりとしては、この場所こそが相応しい。
スタッフの合図で俺はゆっくりと目を開け立ち上がった。ガードマン達を従え、ステージへと続く狭い廊下を進む。
  ステージに足を踏み入れた途端、異様な熱気がハコを覆った。無理も無い。今日のこのライブはマスコミで
大々的に報じられ、ここにいる客の何百倍もの人間が会場の周りを取り巻いているはずだ。髪の毛の先以下に
凝縮された膨大なエネルギーが一気に解き放たれる時、それは信じられないスピードで宇宙全体に拡がる・・・。
俺が名付けたツアータイトル「ビッグバンツアー」の意味もそこにある。ここは今、ビッグバンの瞬間なのだ。
  客の中には、この瞬間をせめて絵にしてでも残したい男、最前列の真ん中には俺の全てを目に焼き付けようと、
瞬きも忘れて俺を見つめている女。オッケイ、ベイビー!今日はお前のためにこのライブをやるぜ。
ほら、もっとリラックスして楽しみな。俺は女にウインクを飛ばした。
  お前らは幸せだぜ。この先、一生伝説のライブの目撃者として自慢できるんだからな。この「地方」のハコから、
皇居の傍の、あの「最高」のステージまで、俺は一気に突っ走るぜぇ!!

 「はい、こちら○○地方裁判所前です。連続毒物散布殺傷事件の初公判が、つい先ほど始まりました。
この裁判は、死者112名重傷者五千名を越えるという、日本の犯罪史上類を見ない未曾有の凶悪犯罪の初公判として
日本中の注目を集め・・・」

さぁ、行くぜ!行くぜぇー!ミュージックキャモーーーン!!



620 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 15:47:21 ID:Nsg6xv2q
>>619
笑っちゃったじゃマイカ

621 :617:2006/09/12(火) 17:20:50 ID:NedMpFlf
>>618
うー、バレバレかぁ……
やっぱ難しいね、叙述トリックって。勉強になったよ。

>>619
……その毒物って、まさかサリ(ry
くそぅ、騙された! しかも笑えた。

622 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 21:04:40 ID:/eR9F5ay
>>619
完全にやられた。

623 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 21:32:18 ID:3PErbiw0
せめて絵にしてもで分ったw

624 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 21:32:42 ID:KIhKraAb
うまいが、絵にしてでも残したい男、あたりで気付くな

625 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 00:08:21 ID:/eR9F5ay
A国・国王 「そういえば来月、B国との定例共同軍事演習があったな」
家臣1 「はい。12日から一週間ほどです。今回はB王様が見学されるそうです」
家臣2    (お、おい……、そんなこと言ったら……)
A王    「そうか。報告書を読むだけでは分からぬ部分もがあるしな。今回はわしも、覗いてみるか」
家臣2 (あーあ……)
家臣1   「はい」
家臣2 (いや、だから、面倒だろ……。お前の仕事だってさー。だいたい12日って日曜だし。休日出勤ってよー)
A王    「だが最近、少し太ってしまってな。外交用の軍服も久しぶりだし、着られるかのー」
家臣2    (着られるも何も、無理無理、とにかく無理だから。やめようよ。つうか服の前に直すとこあるだろ。か……み……)
家臣1   「でしたら、こちらをお召しなられては如何でしょう」
家臣2    (てめッー! 殺すぞ!)
A王    「おーどれどれ。なかなか良いデザインではないか。以前のは少し寂しい感じがし
      たが、これは良い。少し出たお腹も誤魔化せそうだ。ワハハハッー」
家臣1   「デザインだけではありません。表地のウールはもちろん、裏地のシルク、ボタン、
      全てにこだわりました」
家臣2    (そういうことかよ、ゴマすりやろうッ! まじヌっコロス!!!!)
A王     「そうか、そうか! 来月が楽しみだ!」

                  演習一時間前

家臣2   「王様、家臣1から頼まれ、持ってきました」
A王    「何だね」
家臣2   「B王様への友好の証としてのプレゼントだそうです。中身は私も具体的には知りませんが、王様の
      軍服と一緒の素材で作った服のようでございます」
A王    「家臣1のことだ。心配は要るまい。ご苦労だった」


626 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 00:11:08 ID:TXM6WL5o
                  演習終了

B王    「A国の行進はいつ見ても素晴らしい」
A王    「いえいえ、とんでもない」
プレゼント箱を持ち、そっと近寄り耳打ちする家臣2  『そろそろ、お渡しした方が』
A王    「これは、私の今着てる軍服を作った家臣が、製作したものです。よろしければどうぞ」
B王    「おー、それは素晴らしい。先ほどから演習以上に気になっていたんですよ。軍服なのに
      不思議と堅苦しさを感じない。それでいて威厳がある。本当にありがたい」

                  数日後

      『A国B国和平決裂。裸の王様、ついに隣国を巻き込む!!』

627 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 01:53:43 ID:okZMfNB3
tumarann

628 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 04:45:41 ID:E3tG9I6W
ちょっともってまわりすぎたかも名

629 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 08:15:56 ID:uoxq13Pp
隣国ってこと?

630 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 08:31:24 ID:nBYBnlLd
もう少しスッキリさせれば名

631 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 21:19:48 ID:51U0gs+W
B国の王をB王様とは言わないでしょ

632 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 22:23:24 ID:yZQmxNUh
叙述ではないが

この前走っているトラックに書いてあった

輸 運 ー ロ ワ ス

をワロスー運輸と脳内変換してしまった俺は重症だと思った。

633 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 22:29:15 ID:ydGPUxFX
>>632
自分もそう見えた……orz
そういう自分に、笑っておいたよ。

634 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:07:59 ID:CCflEIJD
俺にも見えたよ、ワロス運輸・・・('A`)

635 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 12:54:44 ID:PutufeeW
(うっかり父さん その1)
妻と息子を連れて、旅行に行った。
広い温泉、旨い食事に私達は大変満足した。
飲み足りなかった私は、妻と息子を先に寝せ
独り近くのスナックでひとときを過ごした。
部屋に帰った後、私は妻に挑んだ。
久々だったので、妻も私も大層燃えた。
「昨日はよかったわ」妻が満足げに言った。
おいおい、子供の前だぞ。
「あなた飲むと鼾が酷いから、あの子と部屋代わったの。
おかげでグッスリ。よかったわ」
へっ・・・!? 恥ずかしげな眼差しで、息子が私を見ていた。
こりゃ父さん、一本抜かれたな。




636 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 12:55:24 ID:PutufeeW
(うっかり父さん その2)
同僚と飲んだ晩、初めてゲイバーに行った。
同僚に付いたシルビアちゃんはいい子だったが、
私に付いたジュディーちゃんは愛想が悪く、
目を合わせようともしない。
「君!いくら気に入らない客だからといって
最低限の接客ぐらいしたまえ!」
ジュディーちゃんは、私をキッと睨んだ。
娘だった…。
「この辺じゃ、ここが一番時給がいいのよ!」
そうか、そんなにいいのか・・・。
今日の支払い大丈夫かな・・・。


637 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:43:41 ID:Znr/qypE
ネタはアレだが「間」でクスリとさせるな

最近過疎気味なので、ageておこう

638 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:44:26 ID:Znr/qypE
ageてなかった

639 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:00:20 ID:Hf7++A8G
>>636
ゲイバーなのに、女の子(娘)が接客に付くの?

640 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:32:16 ID:JcmKrarZ
多分作者は中学生くらいなのであまりそのへんは突っ込まないで

641 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 02:36:03 ID:l1oN1TEt
こんちわ(´・ω・`)

昨日凄く面白い顔した人がいたから晒すよ
場所は某デパートの中にある美容室の窓ガラス越しに居たやつだ
そいつは俺がそいつの方に向いた時にはそいつはもう既に俺の方をじっと見ていたんだよ

服装は、上はどこで買ったかわからないDUNLOPのTシャツ、しかしよく見るとDUNLOPUと書かれている
恐らくDUNLOPのパチものだ(ダンロップのパチものが存在していることに驚いた
下は恐らくデニムなのだろうが、表裏逆に穿いてたためこれ以上はもう俺の口からは言えない
とにかくマヌケこの上ない存在だ

顔もよく見るとそいつは致命的に面白い顔してるもんでしばらく目合わせて馬鹿にするように見てたのよ
そしたらさ、そいつも俺と同じように馬鹿にするような目でじー、っと見てくるのよ
俺はその瞬間、血管が切れそうなほどムカついたのよ

だからゆっくり威圧をかけるようにそいつのいる窓ガラスに近寄ったのよ
すると今度はそいつも同じような感じで近づいてくる
俺はハァ・・・?と思った、お前なめてんのかと

これ以上の醜い顔が存在するとは思えない史上最強を思わせる顔つきで自分の行動を真似してくる、しかも上手い
今まで感じた事もないような屈辱感が湧き上がってきた
俺は思わず窓ガラスを全力で殴った、割れた

そしたらそいつは居なくなってたんだよ、恐らくヤツは俺の恐怖に怯え凄い速さで逃げて行ったのだろう、仕方がなかった
そう、俺は喧嘩して勝ったのだ
間も無くすると後ろから青い服を着た人達が俺を羽交い絞めにしてきた

俺は何とも言えないアウトロー感に浸り、快感すら感じた
すると青い服の人達は「君は頭がおかしいのか・・・?!」と言ってきた

後から聞いて知ったのだが窓ガラス越しの男は、どうやら窓ガラスに映り込んでいた俺だったようだ・・・(´・ω・`)

642 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 02:42:02 ID:dYQIsmRS
Tシャツを裏表逆に着てたんですね

643 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 05:38:15 ID:H3dSQHDY
>>641
>窓ガラス越し の時点でネタが割れました。
あと自分の顔に気付かないのはやはり不自然。


644 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 05:59:51 ID:H3dSQHDY
>>641
>そいつのいる窓ガラス
これは意図した伏線かもしれないけど、
「そいつが見える窓」とかぼかしてもいいかも。

「真似」「同じ」「醜い」を強調し過ぎるので、
たぶん自分というオチだろうなと思う。


645 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 06:36:24 ID:H3dSQHDY
わたしが生まれてすぐに、家族とは離れ離れになった。
まだ幼い子供が、精神を孤独に蝕まれていくのはたやすいこと。
きっとあなたには、監獄のような所で青春を送った経験などないだろう。

そんな生きるだけで精一杯の日々に、あるとき転機が舞い降りる。
友達が出来たのだ。わたしが地上で唯一、心を許せる存在。
でも、悲しいことに、決定的に違う世界に属していた。

見詰め合うだけで、触れ合うことさえ許されない。
それに友達は声が失われていた。でも、信じている。
この星の下では抱擁できなくても、あと少しで…。

――二人の少女が見下ろしていた。
「鏡を見る仕草が可愛いね」
「でしょう? お気に入りなの。このハムスター」



646 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 06:39:35 ID:H3dSQHDY
>>645
少し大袈裟で馬鹿馬鹿しいけど、このシチュなら
(鏡自体が生まれて始めてだし)自分と
気付けなくても仕様がないかなと。

今までに無いトリックを考えるスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1158570707/
あとついでにこのスレもよろしく。宣伝スマソ。


647 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 10:11:17 ID:Bim6AiTv
「ここのパスタおいしかったぁ。それとケーキも。幸せ・・・」
ああ、確かにおいしかったよ。でも君の幸せってパスタとケーキ程度かい?
僕は食後のコーヒーを飲みながら、彼女の話を聞いていた。あいにくのどしゃ降りで、
いつもは混み合うこの店も、今日は僕と彼女を含め数人程度の客しかいなかった。
「そのあとね、ゼミの先生何と言ったと思う?『ゲッツ!』だって。私絶句したわ」
その話もう三度目だよ。しかも、なんで君は初めて話すように新鮮なの?感心するよ。
「ねぇ、聞いてるの?来月の旅行の話なんだけど」
ああ、聞いてるよ。どうして女の子って、こうポンポン話が飛ぶんだろ。脈絡が有りそうで
全然繋がんないしさ。きっと頭の中の引き出しの配置が、男とは違うんだろな。
「今日はあなたに振られて、私はここで独りぼっちの食事会だったけど、次は必ず付き合ってね。
じゃあねユミ、明日また学校で」通話を終え、彼女は携帯を切った。
席を立ち、彼女は化粧室に向かった。通路を挟んで彼女の真後ろの席に座っていた僕は、
心の中で三つ数えてから、後を追った。

「えっ?」化粧室の前で、僕に呼び止められ彼女は振り向いた。その揺れるフワッとした髪、クリッとした大きな瞳、形の良い唇。それらがもうすぐ僕だけのものになる・・・。
「あのー、どこかで逢ったことありました・・・?」
僕が黙ったままなので、彼女は怪訝な顔で尋ねた。でも僕には、話す必要は無かった。
だって僕は、これまでずっと君と「話」をしてきたから・・・。
僕はポケットに突っ込んでいたナイフをギュッと握り締めた。


648 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 10:36:47 ID:0D8Ru0RI
いつも電話をしているのか?>彼女

649 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 11:03:21 ID:TkFG4pdb
トリックでも何でもなくないか?

650 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 12:22:02 ID:3tQGgBjt
友達「俺一晩で100万かせいだよ!」
俺「おおマジで?」
友達「欲しかったものいっぱい手にはいったよ」
俺「どうしてそんなに稼げたん?」
友達「カジノで連射パッドしかけて寝てただけで起きたら増えてたwww」


651 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 14:21:26 ID:5JzAan+M
>>646
人間やチンパンジー以外は鏡を理解できません。
猫の前に鏡置くとおもしろいよ。

652 :645:2006/09/21(木) 19:09:35 ID:H3dSQHDY
>>651
鏡を理解できてないように書いたつもりですけど…

653 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:10:31 ID:H3dSQHDY
「今日はみんなにお弁当作ったんだから〜!」
ヒロミはニコニコした表情でテキパキ弁当を手渡す。
が、受け取ろうとした部長のオレの手を素通りして山口にパス。
当然だが、部員たちはみんな、オレに目を合わせようとはしない。
こういうとき、ヒロミは笑顔の下で、死んでも許さないと思ってる。
「あ、もったいなーい。野良猫にやっちゃうなんて」
「いいの、豚肉だから」
あの肉はカズコのだろうな。
「…それにしても、行方不明の部長が心配ですね」


654 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:17:24 ID:H3dSQHDY
>>20
このコピペで、なぜ便器を舐めるかと言えば、
弟が放尿した後というのが自然な行動かな。
そう考えると、多重オチで意外と深いネタかも。


655 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 19:49:56 ID:4fwikjNK
>>652
「決定的に違う世界に属していた」ってのは
鏡の特性を理解していると取られても仕方ないかもね。

656 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:07:48 ID:H3dSQHDY
>>655
なるほど、書きすぎかも。鏡の性質に気付かない、
という方向で意外性を出すのにも、不適切ですしね。


657 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:38:23 ID:u2t9gaPb
>>653
さっぱりわからん。
オレは死んでるのか?
だとしたら、こういうときってどういうとき?

658 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:43:57 ID:H3dSQHDY
>>657
書き手の意図では、死んでますね。状況は目欄。


659 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:58:07 ID:u2t9gaPb
それはわかったのだが、ヒロミはどういうときに何を死んでも許さないと思っているのかが分かんない。

660 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:04:28 ID:u2t9gaPb
もしかしてヒロミは部員皆殺しをやろうとしてるの?

661 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:07:13 ID:TkFG4pdb
まさか、死んだ人間=オレとヒロミを混同したわけじゃないだろうな。

662 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:07:55 ID:u2t9gaPb
ヒロミがオレを殺したんじゃないの?

663 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:32:34 ID:SrZddXxg
カズコも殺されてて料理されてんの?

664 :645:2006/09/21(木) 22:44:10 ID:H3dSQHDY
推測の余地は残したいのですが、説明不足でしたか。
ネタバレになりますが、ヒロミが「オレ=部長」と
「カズコ」を殺したのが真相。動機は目欄。


665 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:47:12 ID:u2t9gaPb
オレは自分が死んだことに気づいているのかと659の解説もお願い

666 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:50:44 ID:SrZddXxg
推測の余地とか以前に説明と描写が不足しすぎててただの意味不明な文になってる

667 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:52:59 ID:TkFG4pdb
「こういうとき」が浮気を指しているのかもしれないが、
既に殺した後なら「ああいうとき」が適切。
「こういうとき」だと、弁当を渡したりしているとき、になるね。

668 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 22:53:03 ID:GQ5wAB0y
オチがあやふやなのも痛いな。
>>645叙述のオチはそのものズバリでいいと思うよ。

669 :668:2006/09/21(木) 22:54:25 ID:GQ5wAB0y
アンカー間違えた
>>645でなく>>653


670 :645:2006/09/21(木) 22:58:20 ID:H3dSQHDY
>>659
許さないのは浮気。
>>660
NO
>>661
オレとヒロミの混同・錯誤はなし。
>>662
YES
>>663
YES
>>665
YES 「当然だが」で気付いている。受け取る手は反射的に出た。


671 :645:2006/09/21(木) 23:03:21 ID:H3dSQHDY
>>666
そうですね、説明不足かも。短いのに複雑だし。
>>667
>「こういうとき」
ニコニコしているとき、です。
オレはニコニコ怒っていると知っています。
>>668>>669
「オレは死んでいた」みたいなことですか。

ちなみに、「手を素通り」が伏線。
映像化するとバレますけどね。


672 :645:2006/09/21(木) 23:10:33 ID:H3dSQHDY
>>653
>「あ、もったいなーい。野良猫にやっちゃうなんて」
ちなみに、なぜ野良猫にやるかというと、「オレ」の分が余っているから。
ヒロミはあくまでも「オレ」の失踪は知らないことになっており、
「オレ」の分だけ弁当を作らないわけにはいかない。
またカズコは泥棒猫なので、猫のものは猫にという皮肉。


673 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:13:11 ID:TkFG4pdb
>>672
「…それにしても、行方不明の部長が心配ですね」

とあり、他の部員が知っているのだから、

>ヒロミはあくまでも「オレ」の失踪は知らないことになっており、

は、無理が無いかね。

674 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:15:08 ID:TkFG4pdb
というか、野良猫にあげたのは、ヒロミは人肉だと知っているからだと思っていたが、違うのか。

675 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:18:14 ID:u2t9gaPb
猫にあげたのは自分(ヒロミ)の分の肉だと思ってた。
人肉食うなよ。

676 :645:2006/09/21(木) 23:20:17 ID:H3dSQHDY
>>673
んー「行方不明」というのは、警察が学校にドカドカ
来たわけじゃなくて、伝聞で連絡が取れないらしい、
という程度なので、今日ひょっこり来るかもしれない、
その余地を作るための微妙なものですね。

また部員は部員で、部長=オレと違って、
「(笑顔の下では不安なんだろうなあ)」
と思っていて、部長の帰りを信じて弁当を作る
ヒロミの健気さを感じてます。要するに両者の
気まずさの質が違っているわけですね。


677 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:21:41 ID:TkFG4pdb
>>676
細かい突っ込みばかりで申し訳ないが、
>部長の帰りを信じて弁当を作る
という事は、失踪の件は知っている事にならないかい?

678 :645:2006/09/21(木) 23:22:16 ID:H3dSQHDY
>>674
>ヒロミは人肉だと知っている
YES ヒロミはカズコの肉を食べたくなかった。
>>675
>猫にあげたのは自分(ヒロミ)の分の肉
NO 「オレ」の分はしっかり食べた。


679 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:22:42 ID:SrZddXxg
もういいよ
結局ツッコミどころしかない失敗作
練り直して出直せ

680 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:22:57 ID:dYQIsmRS
                   、、、 , , _
     ,. -┬i^i、._     ィ`,、,、,、,、,.、'、
.   /    | | .|=ゞ=、 __l/\ v~/!|
   l.    l l l \\{f‖ミゞ, ,ィ≪:lf^i      もういい・・・!
 /ヽ.   ノ「,ト、「.lヘ‐iヾ|rー~r〉〉,こlレ'
/    `ヽ//| ト、ヽlイ| |/|{王王王王}ト、
|      レニ| lニゝ冫! l!L_, , ,ー, , , ,_」シ’、    もう・・・
ヽ    __|ーL|┴^ーヽ>'^ヾ二三シ´\\
 ,ゝ,/  .}二二二二二二二二二lヽ.  ヽ \   休めっ・・・!
l/ |ト、./´\             ||. レ'´ ̄`ヽ
  || !    、\            ||. /      :|
  || |.l l゙!.|i |ヽ)          |l/       /  休めっ・・・!
  || `ヘ)U'J           /-─   ,イ.|
  ||     _           /-─   / ヽ|   ID:H3dSQHDY・・・!
  ||  r‐-゙=っ`ヽ,.--r-─ ''"´ ̄`ヽ   /   }
  ||. {三二    | │          /   /
  ||.  ヾ=--一'`ーゝ        _,. く   ノ|

681 :645:2006/09/21(木) 23:24:59 ID:H3dSQHDY
>>677
「オレ」が欠席して、どうも連絡が取れないらしい、
という情報はヒロミと部員が共有しています。
その上で、「今日あたりひょっこり帰ってくる」ことを
(本当は絶対ないと知っているのに)信じて弁当を作った。
部員はたぶん今日も部長が来ないからムダだと思うんだけど、
ヒロミがオレを好きなことは薄々知ってるので、不審には思わない。


682 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:25:16 ID:TkFG4pdb
>>678

>>猫にあげたのは自分(ヒロミ)の分の肉
>NO 「オレ」の分はしっかり食べた。

オレの分はしっかり食べたのなら、猫にあげたのは誰の分だ?ヒロミの分じゃないのか?

683 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:26:00 ID:u2t9gaPb
>>678
ちょっとまた意味がわからん。
結局ヒロミはその弁当の肉を食ったのか食っていないのか?

684 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:26:19 ID:TkFG4pdb
>>681
だから、それだと
>ヒロミはあくまでも「オレ」の失踪は知らないことになっており、
と矛盾しないか?と言っているんだけど。

685 :645:2006/09/21(木) 23:28:09 ID:H3dSQHDY
>>679>>680
まあ人それぞれの読みが見れて面白かったですけどね。このスレを見てると
「サザエさん」のやつとか、固有名を出して誰でも分かるやつが受けますね。


686 :645:2006/09/21(木) 23:31:12 ID:H3dSQHDY
>>682>>683
正確には「『オレ』の肉を使ったヒロミの分」でした。
猫にあげたのは「カズコの肉を使った『オレ』の分」。
>>684
欠席=行方不明=失踪
これも正確には、「ヒロミは部員と同じ失踪の情報は知っているが、
その失踪が殺人によるもので、帰還はありえないことは知らない
ことになっている」というものでした。説明がややこしい。


687 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:32:54 ID:u2t9gaPb
サザエさんが受けるのは予備知識があって文中にそれを説明しなくていいからだと思う。
だから完全創作の場合は本文に状況説明を入れなくてはならず難しくなる。

688 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:38:24 ID:TkFG4pdb
>>686
説明がややこしいと言っているけど、
細かい部分を後付けで説明してるから自分で分からなくなっているんでしょ?

>正確には「『オレ』の肉を使ったヒロミの分」でした。
>猫にあげたのは「カズコの肉を使った『オレ』の分」。
つまり、ヒロミは「オレの人肉」を食べたかったという事か?


>欠席=行方不明=失踪
>これも正確には、「ヒロミは部員と同じ失踪の情報は知っているが、
>その失踪が殺人によるもので、帰還はありえないことは知らない
>ことになっている」
失踪の情報を知っているなら、「ヒロミはあくまでも「オレ」の失踪は知らないことになっており、」は、
どう説明するのかね。


これ以上恥を晒したく無いなら、ROMって居たほうがいいよ。

689 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:38:49 ID:u2t9gaPb
ついでになんでヒロミは部員に人肉食わせようと思ったの?
これで部員皆殺し説を思いついたのだが。

690 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:39:59 ID:TkFG4pdb
>>689
部員の分は普通の肉なんじゃねーの?
説明不足過ぎで何とも言えないけど。

691 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:41:03 ID:u2t9gaPb
>>690
オレの分の弁当には人肉が使われているので、その可能性は低い

692 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:43:54 ID:TkFG4pdb
>>691
「オレの分の弁当」は、結局誰も食べる事が無いのでカズコの肉を使い、
ヒロミの分の弁当は、ヒロミ自身が「オレの肉」を食べたいのでそれを使ったのかなと思ったけど。

というか、「オレの肉」は自宅で食べれば良いのだから、自分の分だけを持ってくる意味が無いから、
>>691の言うとおりかな。

693 :645:2006/09/21(木) 23:44:43 ID:H3dSQHDY
>>687
そうですね。説明を省略できるのが強みです。

>>688
>ヒロミは「オレの人肉」を食べたかったという事か?
食べるために殺したのではないけれど、
殺した後で情が湧いてただ捨てるのは忍びなくなった。
>「ヒロミはあくまでも「オレ」の失踪は知らないことになっており、」
「ヒロミはあくまでも「オレ」が帰還不能なことは知らないことになっており、」
とすべきでした。後付けはないですよ。

>>689
死体を処理しきれないという問題もあって、皆に食わせました。
二人で120kgだとすれば、現実には焼け石に水でしょうけどね。


694 :645:2006/09/21(木) 23:46:47 ID:H3dSQHDY
>>690
NO
>>691
YES
>>692
YES ちなみにヒロミは自宅でも食ってます。


695 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:55:52 ID:TkFG4pdb
ID:H3dSQHDYは、他スレでは他人のトリックの穴を見つけられるのに、
何故に自分自身の穴を見つけられないのだろうか。

696 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:58:49 ID:GQ5wAB0y
>>695
あっちのスレでも自作は穴まみれじゃんか?

697 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 23:59:52 ID:TkFG4pdb
>>696
まぁ、建てたのがID:H3dSQHDYだしね。

698 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 01:03:48 ID:CMJG8Jne
なぜあの話でこんなに引っ張ったのか不思議だな。
後付けサクサクがすげぇ

699 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 09:11:07 ID:yjyGtoqk
「はーい皆さん、今から宿題を見ますので、机の上にノートを広げて下さい。
そう、昨日何をしたか書いてくることでしたね。」
生徒たちは「ハーイ」と返事の後、各々ノートを広げた。
ホント素直な生徒たち。他のクラスでは問題行動のある生徒もいるけど、私のクラス
ではそんな生徒はいなかった。
“りさ   きのう、わたしはおすしをたべました。とてもおいしかったです”
「まぁ、とてもキレイな字だわ。私もお寿司大好きよ」
“ゆりあ  わたしはたんぼにいって、いぬかりをしました”
「あなたもよく書けてるわ。でも『いぬかり』じゃなく『いねかり』よ。犬を狩ったら
日本から犬がいなくなっちゃう」
私の冗談に生徒たちはドッと笑う。最近はこういう冗談も言えるようになった。教師として
少しは余裕が出てきたかな。
“けんと  ぼくは、ろっぽんぎひるずにいきました。とてもきれいで、ここにすみたいと
おもいました”
「へぇ、六本木ヒルズに行ったのね。私も住んでみたいわ。きちんと書けてるし、たくさん書いたのね。偉いわ」
と褒めると、私の顔をジッと見てニコッと笑う。
その笑顔に、私はドギマギした。やだ、私ったら意識してる。でも教師が生徒にこんな感情を持つのはいけないことよね、
わきまえなきゃ。
「えっ、次のページもあるの。凄いわねー。見せて」
“ぼくは、せんせいのことがだいすきです。ぼくのおよめさんになってください”
心臓が高鳴った。えっ、プロポーズ?どうしよう。私まだ教師になったばかりだし、それに年の差だってあるわ・・・。
少し考えた後、私は返事をした。
「ええ、私あなたと結婚するわ」生徒たちが一斉に立ち上がって祝福の拍手をしてくれた。

― 次の日曜日 ―
「お父さん、紹介するわね。彼、ケント・フレデリック。フレデリック財閥の御曹司で、
日本での拠点を作るためにマーケティングをしながら、私の勤める日本語学校で勉強もしているの。
年齢は私より12歳上。彼、卒業したら私と結婚したいって。結婚したら、オフィスが入る
六本木ヒルズに住むことになるわ」
彼は、私の一番好きな笑顔で横に座っている。


700 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 10:17:10 ID:9WJvEl4A
叙述としてはよく出来てるけど、むかつくシチュエーションだなw

701 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 12:03:45 ID:OosZ+5hv
登場人物Aの視点での叙述と、Bの視点での叙述が交互に書かれ、
両者の間には相違矛盾がある、だんだんその矛盾が大きくなり、
辻褄が合わなくなったところで、あっと驚くどんでん返しが。。。

702 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 13:09:33 ID:LOYqliBa
>>701
アンジャッシュのネタみたいだな。
それはそうと叙述でだんだん矛盾が大きくなってたらどんでん返しで驚かないだろうに・・・。
そこにさらにどんでん返し入れるなら別だけど。

703 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 16:45:26 ID:IIeSKKEm
>>699
これ自分で考えたの?
だったら良く出来てるよ。

704 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 16:50:52 ID:F+UbhzsE
叙述っていうかコントだな>>699

705 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 17:51:57 ID:bNeXnJMq
叙述というかショートショート

706 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:00:17 ID:HW57PmHh
じゃあ叙述って何?

707 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:02:09 ID:1M7nY5wO
ミスリードもうまいし流れも無理が無いしオチもあるしで、うまいと思う

708 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:04:26 ID:nwziTzDO
ドクのパクリ

709 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 18:56:31 ID:cMqFu2N9
叙述「トリック」というよりは、星新一を甘く煮しめたという感じのガ多いな。

710 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:12:50 ID:UDCDw4jw
数レス程度で叙述トリック作るのは無理だろ

711 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 23:55:52 ID:Wg1VRulr
無理ではないだろ
叙述トリック作品が凄いと言われている所以は
長々と描写しているのに矛盾や破綻なく、その事実(叙述トリックであること)を悟らせない
というところが評価されてのことなんだから、
むしろある程度短いほうが叙述トリックは作りやすい

712 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:34:50 ID:wQHRdMxj
>>699はここ最近では一番のレベルだと思うけどね。

713 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:39:31 ID:BR3irZ4o
>>699
良い

714 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:42:16 ID:2zQMDWyD
やけにスレが伸びてると思ったら香ばしいお方が降臨されてたのかw

>>696
あっちのスレってどこの事?
がぜん興味が湧いてきた

715 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 01:53:04 ID:yXY+BXqb
>>699はよくできているな
何より面白い

716 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 02:30:55 ID:XHGW8yEE
>>714
>>646で自身で宣伝してるよ。ここの>>1だ。
なんか今叩かれ中

717 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:19:21 ID:fGbYDM0+
なんか>>699本人が降臨してる予感。
>>699は「謎」があって、それを解決する「トリック」があるわけでもないし、
いわば言葉のアヤみたいなもので、ショートショートという指摘は合ってると思う。

718 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:39:31 ID:+xxyafgI
          /⌒  ー、\ 
        /( ●)  (●)\    どうでもいいよ   
.       /::::::⌒(__人__)⌒::::::\.     
  cー、  |     |r┬-/ '      | ,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、 
<<</ヽ                     /\>>> 

719 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 03:48:20 ID:fGbYDM0+
あと、必要な情報(登場人物の年齢、ケントの他の人との会話)を
書いてないというのもアンフェア。
そこに引っ掛けがあるから書けないというのはわかるけど。
まあ、男だと思わせて女だったというネタもあるからその辺は大目に見るとしても、
やっぱショートショート。

720 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 05:12:52 ID:ny/X9d0z
う〜ん。
たしかに>>699をふくらませて短編にしようとしても、
ケントのことを、地の文でも会話文でも、
「けんと」とも「ケント」とも表現できない。そこがネタだから書きようがない。
それが致命的弱点だな。日記ノートという形でそれを回避したアイディアは
苦心の思いつきだと思うけど、しょせんそのワンアイディアのみ。

721 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 09:52:57 ID:MCKP4Dt6
>>699
グッジョブ。
問題行動のある生徒云々の描写が効いてるね。
寿司や稲刈りの伏線もよかった。

722 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 10:33:23 ID:a6ettaun
>>720
・主人公その他のいかにも日本風な名前をカタカナ表記にしてミスリードする
・もっと日本人にもありそうな外国人名にする
でいいじゃん

723 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 10:52:42 ID:rLPMHjHf
日本語学校の描写が厳しいから短い部分だけで終わらせといた方が吉だと思う・・・。

724 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 10:55:15 ID:ggvAQtAl
日本人と外国人の両方にありそうな名前というと

譲二
理沙
有紗
椎名
三都洲
呂比須
江戸川
河南

とかかね

725 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 11:28:07 ID:ny/X9d0z
俺、ちょっと勘違いしてたかな。
日記ノートの記述それ自体がトリックの要のつもりなのかな。作者は。
俺は話全体として捉えて難点を挙げちゃったけど。
そうならたしかに叙述そのものが「引っ掛け」にはなってるけど。

あと、オチの部分が説明的すぎるね。
もっとさりげない描写で、ケントの正体が分かる、とした方がいいなあ。
そうすれば、「考えオチ」の話としてもっと良くできていたろう。

726 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 13:05:44 ID:pdOtQ9eP
なるほど〜 >>699がショートショートだと言われる訳が何となく解った。
読み手にオチがわかった後に「やられた感」を感じさせる為には
オチ前の記述にちゃんとトリックを仕込まなきゃいけないのか〜
ハードル高ぇ〜w 最近のでは>>619みたいなのかな?

727 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:06:05 ID:tWtB6JnP
>>724の後半は突っ込まれたがってると思うのだがスルーしちゃうの?

728 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 16:13:05 ID:A0oSKsWy
>725
>日記ノートの記述それ自体がトリックの要のつもりなのかな。作者は。
>そうならたしかに叙述そのものが「引っ掛け」にはなってるけど。
そもそも叙述トリックとはそういうものなのでは?

729 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:15:47 ID:47+R+/eH
第二次世界大戦中の核兵器を巡るミステリと思わせておいて
実は大八次世界大戦くらいの未来で
広島に核が落ちるクライマックスと思わせておいて
地球が大爆発を起こす

730 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:33:58 ID:fGbYDM0+
男女の恋愛かと思わせといて実はホモだった。
まあショートショートくらいにしかならないでしょうが。

731 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:52:16 ID:rLPMHjHf
なんか微妙にあっちのスレみたいな流れになってないか?
設定だけよりも作品として張って欲しいのだが・・・。

732 :初挑戦:2006/09/23(土) 20:04:36 ID:VYUsRHRn
明日の日曜、2ヶ月ぶりにアユミとデートすることになった。
ここのところ2人とも忙しくてデートなんてする余裕なんてなかったけど、
なんとかスケジュールの都合が付いたのだ。
アユミのほうから「今度はいつもと違ったデートにしようよ」って提案があったので
朝7時に名古屋駅で待ち合わせることにした。
いつもなら土曜に俺の車で迎えに行ってそのまま1泊2日が定番なのだが、
今回は1日しか空いてないので、喫茶店でのモーニングから1日一緒にいるつもりらしい。
(早起きしなきゃならないから、早めに寝よう)
俺はビールを飲んで、さっさと床に着いた。

携帯電話の着信音がけたたましく鳴り響き、俺は目を覚ました。
アユミからだ。眠い目をこすって出る。
昨晩のビールが残ってるのか、頭ははっきりしないままだ。
「……あ、おはよう」
「ちょっと、何時だと思ってるの? 今どこにいるのよ!」
何ともヒステリックなモーニングコールだ。
「あぁ、うん。何時?」
時計は今通話に使っている携帯電話しか持っていないのでわからないが、
外が明るいから朝なのは間違いないだろう……と、窓の外の景色を見て、俺は愕然とした。ここは……どこだ?
「もう7時半よ? 聞いてるの?」
アユミの金切り声をよそに、少し頭痛の残る頭をフル回転させて、状況を把握しようと試みる。
10時半にビールを買って、すぐに飲んだところまでは覚えているのだが……
「ちょっと待って、今答えるから……あ!?」

俺の目に飛び込んできたのは「静岡」の2文字。
「ごめん、ちょっと乗り過ごした。今、静岡駅。すぐ引き返すから」
アユミのブーイングが聞こえる前に、俺は電話を切り、急いで夜行列車「富士」を降りた。
たまにはお前も広島に来いっつーの。俺にばっかり長距離移動させやがって。

733 :初挑戦:2006/09/23(土) 20:05:50 ID:VYUsRHRn
補足
・夜行列車「富士」は22時37分広島発、5時19分名古屋着、7時30分静岡着。

叙述として弱いところ
・遠距離恋愛のデートで朝7時集合ってのが非現実的。
・普通の部屋なら携帯電話以外にも1個くらい時計がある。
・普段車移動なら電車で見る景色がわからなくて当たり前。
・そもそも叙述になっているかどうか怪しい。
(「普通のカップルの男がデートに寝過ごした、と思わせて実は遠距離」のつもり)

734 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 20:20:45 ID:7PTFkKFI
発想悪くないと思うんだけど・・・
名古屋で待ち合わせでよかったんじゃない?駅要らない。

>いつもなら土曜に俺の車で迎えに行ってそのまま1泊2日が定番なのだが、
>今回は1日しか空いてないので、喫茶店でのモーニングから1日一緒にいるつもりらしい。
>(早起きしなきゃならないから、早めに寝よう
この辺も要らないかな。

735 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:29:30 ID:ZD23muCU
まぁ、名古屋と喫茶店のモーニングは切っても切れない仲と言うし良いんじゃね?w

736 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 22:08:55 ID:VYUsRHRn
>>734
「名古屋で待ち合わせ」だと他から来たのがバレバレにならないっすかね。
あと「名古屋駅」にすることで夜行使ったことのヒントにしたつもりです。
あとモーニング云々は名古屋の朝の一般的な風景と聞いたので
早朝に待ち合わせる理由としてくっつけました。


つーか「窓の外の景色を見て」のところのほうが不要に思えてきた。
書き始めは「寝た場所と起きた場所が違う」のがメインのつもりだったから
路線変えた時点で削ればよかったな。

737 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 22:28:09 ID:5tNnoT3U
愛知県民の俺からすると
名古屋集合には何の違和感もない

738 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 22:56:10 ID:rLPMHjHf
同じく愛知県民だが日曜の朝7時にデートの待ち合わせはさすがに違和感がある。
平日と違って日曜の朝はまじで人が少ない。仕事の人除けば朝からポートメッセのイベントに並びに行くとか万博の時くらいだと思う。
駅近くだとモーニングも地下の鎌倉書房前の喫茶店が一番早く開くくらいで他はほとんど8時〜ほとんどシャッター下りてるし、6時からやってるトコは駅から多少遠い。

739 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 06:57:53 ID:Mpxp8F//
名駅(メイエキ)で待ち合わせねっていわない?

740 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 09:35:02 ID:3YX3w5d0
みんな知っていると思うけど、あえて書き込むと、
ハル・ベリーとハル・イチバンって、兄妹なんだって。

あと、これは逆に意外な事実なんだけど、
舘ひろしと猫ひろしは血のつながりないみたい。

741 :732:2006/09/24(日) 14:37:43 ID:Do9CBa+q
>>737-739
実は名古屋行ったことないんであまり詳しいこと知らなかったから
現地民の意見は参考になります。ありがとう。
「モーニングはだいたい8時以降」「現地民は名駅と呼ぶ」
この2点を取り入れて改訂版作ってみます。

742 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:10:53 ID:+d2m/jnt
>>732
別にこの作品自体そんな大した出来じゃないからこだわらなくていいかと。
叙述は読者に錯誤させた内容が解明される事で風景が一変するものでなきゃ。
いまのままだと読者からすると、遠距離だったとしてだから何?で終わってしまう。

あと名古屋駅は地の文で出て来ているだけなので名駅にする必要はないんじゃない。

743 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:52:31 ID:Do9CBa+q
>>742
改訂版作るのは自分が納得したいからなんで。
(試しに書いてみたけどまだ納得できない)
別に需要もないだろうし、ここには貼らないつもりです。

あと、叙述ってそこまで大層なものでもないと思うんですけど。
読者を騙せればトリック成立で、「だから何?」は
ストーリーなり作者の筆力の問題じゃないんですかね。
いやまぁ個人的な思い込みだけど。

そんな引っ張る話題でもないからこのネタはここまでってことでいいっすか?

744 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 01:10:12 ID:Q0cRQbxN
最後にいっこだけ
名古屋駅の周りの住所は「名駅」
ネタに組み込めるようならどうぞ。

745 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 06:32:30 ID:i50vDrQV
>740
>舘ひろしと猫ひろしは血のつながりないみたい
 当たり前だろw
 山本紘子が「ネコ」で、安藤浩子が「タチ」なんだから。

746 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 08:56:01 ID:trcNXalI
面白いと思って書いてるんなら、死んだほうがいいよ。

747 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 10:33:33 ID:Z+yzB0iX
ネコ紘子(ひろし)とタチ浩子(ひろし)のレズなんだろ。
面白いじゃん。

748 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 10:43:15 ID:MBMsgo/2
舘と猫と書いてしまっている時点で

749 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:37:44 ID:N2OtAQWT
▼▲このスレ利用上の注意▼▲

・sage/ageは個人の自由 必死sage厨は逝ってよし
・新スレを立てたい人は自分の立てたいときに勝手に立てよう。
・次スレのタイトルにはNowいサブタイをつけること。
・新スレのテンプレ・タイトルが従来と逸脱した場合や
予告なしのフライングが発生した場合は地道に保全し続けよう。
・ここ以外の叙述関連スレは立てまくって、レスしまくろう。
・他の板にも叙述スレをどんどん乱立させて叙述の凄さ偉大さを思い知らせてやろう。
・馴れ合い・雑談、チャットOK
・AA荒らしにはAAで対抗。
※前スレを使い切らなくても次スレ使用可能
○煽り・妄想レスはどんどん相手をして泣くまで叩こう。
○コテハンはスルー
○他トリックとの優劣を比較して、叙述が最強であることを証明しよう!
○実況OK。
○無駄なことでもなんでもいいからカキコしまくってスレをどんどん伸ばし
  叙述スレを2chナンバーワンにしようぜい。


白髪の叙述

750 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:15:12 ID:C2oh9zOJ
>>131を改変してみた。

ガチャ
「はい?」
「困るんですよねぇ支払い期日はきちんと守ってもらわないと〜。」
「は?」
「いや、だから、おたく、うちのサイト利用したでしょ。
 サイト利用料の支払い期日過ぎてるんですわ。」
「私には君の言ってる事がさっぱり分からんのだが。
 で、法外な請求をしてくるのかい?」
「36万円ですね。お支払いして頂けますよね。」
「ふん。36万か。そんな身に覚えのない金払えるわけないだろう。」
「おまぁ、えぇかげんしときや。
 こっちゃお前んとこの住所も勤め先も分かっとるんやで。」
「寄るな臭い。」

751 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:25:23 ID:cxtGgjWT
改悪

752 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:34:31 ID:Qoj1rOYI
>>750
えぇーー!なんだこりゃ
もしかしたら何か隠された意味でもあるかもしれないから
一応解説してみてくれ

753 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:48:03 ID:C2oh9zOJ
「ガチャ」は電話ではなく、玄関を開けた音なんです。
まったく、つくづく申し訳ない。


754 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:44:00 ID:Qoj1rOYI
>>753
あぁ、わからなかったよ。
オチのセリフがちょっとわかりづらいかも

755 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:05:43 ID:qnine2Br
「寄るな、あんたの口臭い」は、どうだろ?

756 :750:2006/09/29(金) 20:22:45 ID:MD1lutqD
>>754
わかりにくかったですか、ごめんなさい、
加減が難しいですね・・。
>>755
おお、なんだかまずい料理が、いきなりおいしくなったみたい。
あなたたちに相談してから
書き込みをすればよかった、と思う・・。

757 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:40:24 ID:Res+eWD2
同じ職場の隣の人に電話かけたのかと思った

758 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:22:50 ID:QHKYWVNv
商用でアラスカに行った。
着いて早々、のどが渇いた私は「あそこで一杯引っかけていこうぜ」と
目の前にあった「Bear」という看板を指さした。
同僚はなぜか首をかしげつつも私の後につづいてカウンターに座った。

「ビア、ツー、プリーズ」

私は、ヒアリングは出来るものの話すほうは全く自信がない。
カタコト以下の英語だったが、クマのようなひげを生やしたバーテンは
ニッコリ微笑んで、良く冷えたビールを2つ出してくれた。

美味い! 私はのどを鳴らして一気に半分ほど空けた。
しかし同僚は、相変わらず首をひねってビールをすすっている。
その表情があまりにも妙だったので私は同僚に尋ねてみた。

「どうした? ビールが口に合わないのか?」
「いや、そうじゃないんだけど・・・」
「さっきから態度がおかしいじゃないか」
「うーん・・・、そうかな・・・」
「なんだよ、はっきり言えよ」

すると同僚はバーテンに話しかけた。

「あのう・・・、ここはビア・バーですよね?」
「そうだよ、若いの」
「そして、あなたは人間ですよね?」
「もちろんだとも」
「それじゃ、なぜ看板にベアと書いてあるんですか?」
「三行目でオチが分かった、などとほざく奴らを騙すためさ」

759 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:46:58 ID:qyqJCv8W
最後まで読んでオチてないとわかった

760 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:52:50 ID:lXaT2DEp
>>753
最初から玄関を開けた音だと思って読んでたよ…
うまいこと騙せないもんだな

761 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 07:09:04 ID:trTRToBW
そもそも最近の受話器なんか重くないからカチャと言う音が精精だろ

762 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:59:27 ID:cNvEIAG2
「そうなのよー、その後みんなで遊びに行った時、彼あたしにだけ妙に優しかったのね、
視線も合ったりするし。こりゃ、久々キターーなんて期待したの・・・ヤバッ、このポテチ旨い」

暑い・・・しかも真っ暗だ・・・、一体、今どの辺りなんだ?おい、押すなよ、息苦しいだろっ!              
●●
「それでさコクる前に少しでもスマートになろうって、ダイエット頑張ったのよ、
もうありえないくらい。んで、メールでコクったの。なのに全然返信が来ないじゃない。
我慢できずに彼に直接聞いたのよ。彼何て言ったと思う?」
       
何てことだ、行き止まりじゃないか・・・俺達は道を間違えたのか?・・・
だから、押すなって言ってるだろ!
●●●
「彼ね、『あぁ、あれお前だったの。迷惑メールかと思ってソッコー消したよ』だって。
ふっざけてるでしょー。お前は何様かっつーの。もうねダイエットやめ、馬鹿みたい、
あたし太って死ぬんだ。それで今、自棄食い中なんだけど・・・ちょ、ちょっと待って!
すぐ戻るから、電話切らないでね!」

な、何だ、この地響きは?おい!あそこに明かりが見えるぞ!うぁ、押すな・・・
押さないで・・・うあぁぁぁーー
●●● ●
「へへーお待たせ。ダイエットの後急に自棄食いしたから、ここんとこ調子悪くってさー。
今日は来るかなって思ったけど・・・ううん、頭だけ・・・ゴメン、ゴメン、リアル過ぎた?
もう便秘も彼も思わせぶりなんだから、あたしって不幸よねー」

クッソーー今度は大洪水かよぉぉーーー!!


763 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 11:25:03 ID:wYVWAtTu
叙述ですらないだろ。そもそも人間外視点て抽象的すぎておもしろみがないというか。
なんらかの会話が成立してるようにするならともかくなぁ・・・。
あと何か下品。

764 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 13:00:20 ID:yqm7gNFw
>>758
やられた

765 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:04:47 ID:0eE5bVhh
>>699
遅レスですまんが、「生徒」って時点で小学校でないことがわかる

766 :盗作:2006/09/30(土) 14:12:30 ID:ALl6Vl6Y
160キロの剛腕投手(体重)

767 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:36:24 ID:S33zasQ/
>>758
そんなところに罠を張ってるとは思わなかったので騙された
ちゃんと3行目にしてるのが芸が微妙に細かいな

768 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:39:35 ID:qewFBqGG
>>766
それ、伊集院のラジオで「まつざか、160`に挑戦」という回があって、
松阪牛の体重を量るコーナがあった。

769 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:42:48 ID:GmAeqMSI
>>758
3行目で分かったクマー

770 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:21:00 ID:yqm7gNFw
>>765
別に小学校だって生徒って言うんでない?

それより>>762の意味が分からないんだ。

771 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:23:03 ID:qewFBqGG
小学生は「児童」
常識だと思っていた。

772 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:23:34 ID:wT1lQNfy
食ったポテチや出したゲロが体の中を通りながら喋ってんだよ。

773 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:03:57 ID:yqm7gNFw
>>771
そういやそうだね。
悪かった

774 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:52:45 ID:ua0/D1Bu
>>773
いや
問題は小学生を児童と呼ぶかどうかではなく、小学生は生徒とは呼ばないかどうかなので
771は何の説明にもなってない


>せいと 1 【生徒】

>(1)学校や塾などで教えを受ける者。←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←
>(2)特に小学校の児童や大学の学生に対し、中学校・高等学校で教育を受ける者。

よって、765は結局間違い

775 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:51:04 ID:qewFBqGG
>>774
学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、就学前教育を受けている者のすべてを幼児(ようじ)、
初等教育を受けている者の全てを児童(じどう)と呼ぶ。中等教育を受けている者については生徒(せいと)と呼ぶ。
高等教育を受けている者については、大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校に在学する者を学生と呼び、
専修学校や各種学校に在学する者を生徒と呼ぶ。

776 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:54:56 ID:qyqJCv8W
フェアにするために児童ではなく生徒と書いたんだろうけど
そこが引っ掛かってオチが読めたというのだから、別に>>765は間違いじゃない

777 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:10:10 ID:vSI9V7Iv
> 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、
> 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、
> 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、
> 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、

知るかそんなもん

778 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:23:10 ID:TviZTJGr
まぁ、仮に「生徒」と書いておいて「実は小学生でした」なんて落ちがあったとしたら、
「法律では、生徒は中高生と専修学校や各種学校に在学する者だけだから間違いだよ」となってアウトって事かね。

779 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:41:50 ID:TZjXbafz
一々そこまで考えて叙述作んねーよ

780 :774:2006/10/01(日) 00:41:53 ID:VuAHF/H5
一応言っとくが777は俺じゃないぞ

>>775
なるほど、了解した

781 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:16:05 ID:iid2KZPB
実際に小学校の先生は会話するとき、「うちのクラスの児童が・・・」って言い方するの?
地の文が先生の一人称だから、「生徒」でも自然に感じて騙されてしまった。


782 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:19:53 ID:SFAnHsm/
場面によるが、基本的に教師なんかは意識してそう言う。

783 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:01:52 ID:PijOjjy8
ちいさい子はPupil, Studentはもっと学習したい年齢。

784 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:15:38 ID:uFig3fD+
>>782
そうなんだ、徹底してるんだねー。
レスd!

785 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:06:48 ID:msEn2VYB
無粋と知りつつ「生徒」抜きでやってみた。ラストの「生徒」はあえて残しました。

「はーい皆さん、今から宿題を見ますので、机の上にノートを広げて下さい。
そう、昨日何をしたか書いてくることでしたね。」
私がそう言うと、みんな「ハーイ」と返事の後、各々ノートを広げた。
ホントみんな素直で助かるわ。他のクラスでは問題行動に悩まされている同僚もいるけど、
私のクラスではそういいことは無かった。
“りさ   きのう、わたしはおすしをたべました。とてもおいしかったです”
「まぁ、とてもキレイな字だわ。私もお寿司大好きよ」
“ゆりあ  わたしはたんぼにいって、いぬかりをしました”
「あなたもよく書けてるわ。でも『いぬかり』じゃなく『いねかり』よ。犬を狩ったら
日本から犬がいなくなっちゃう」
私の冗談にクラス全員がドッと笑う。最近はこういう冗談も言えるようになった。教師として
少しは余裕が出てきたかな。
“けんと  ぼくは、ろっぽんぎひるずにいきました。とてもきれいで、ここにすみたいと
おもいました”
「へぇ、六本木ヒルズに行ったのね。私も住んでみたいわ。きちんと書けてるし、たくさん書いたのね。偉いわ」
と褒めると、私の顔をジッと見てニコッと笑う。
その笑顔に、私はドギマギした。やだ、私ったら意識してる。でも教師がこういう感情を持つのはいけないことよね、
わきまえなきゃ。
「えっ、次のページもあるの。凄いわねー。見せて」
“ぼくは、せんせいのことがだいすきです。ぼくのおよめさんになってください”
心臓が高鳴った。えっ、プロポーズ?どうしよう。私まだ教師になったばかりだし、それに年の差だってあるわ・・・。
少し考えた後、私は返事をした。
「ええ、私あなたと結婚するわ」生徒たちが一斉に立ち上がって祝福の拍手をしてくれた。
(後略)


786 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:26:05 ID:TviZTJGr
「生徒たち」を「クラスのみんな」に変えたらいいんでないかね。

787 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:05:33 ID:wzl07j6+
オチ直前なんで、あえて残した方がいいかな・・・と。

それと五行目間違えてました。
>私のクラスではそういいことは無かった ×
私のクラスではそういうことは無かった ○



788 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:30:30 ID:/WS07tnf
>>787
前半の生徒の部分じゃない?

789 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 02:26:24 ID:l4oFcV3k
眠れないので私もやってみた。
こんな感じ?自然になったかな・・・

「はーい皆さん、今から宿題を見ますので、机の上にノートを広げて下さい。
そう、昨日何をしたか書いてくることでしたね。」
そう言うと、教室に「ハーイ」と返事がこだまし、みんなノートを広げた。
ホント素直で助かるわ。他のクラスでは問題行動に悩まされている同僚もいるけど、
私のクラスではそういいことは無かった。
“りさ   きのう、わたしはおすしをたべました。とてもおいしかったです”
「まぁ、とてもキレイな字だわ。私もお寿司大好きよ」
“ゆりあ  わたしはたんぼにいって、いぬかりをしました”
「あなたもよく書けてるわ。でも『いぬかり』じゃなく『いねかり』よ。犬を狩ったら
日本から犬がいなくなっちゃう」
私の冗談にクラス全員がドッと笑う。最近はこういう冗談も言えるようになった。教師として
少しは余裕が出てきたかな。
“けんと  ぼくは、ろっぽんぎひるずにいきました。とてもきれいで、ここにすみたいと
おもいました”
「へぇ、六本木ヒルズに行ったのね。私も住んでみたいわ。きちんと書けてるし、たくさん書いたのね。偉いわ」
と褒めると、私の顔をジッと見てニコッと笑う。
その笑顔に、私はドギマギした。やだ、私ったら意識してる。でも教師がこういう感情を持つのはいけないことよね、
わきまえなきゃ。
「えっ、次のページもあるの。凄いわねー。見せて」
“ぼくは、せんせいのことがだいすきです。ぼくのおよめさんになってください”
心臓が高鳴った。えっ、プロポーズ?どうしよう。私まだ教師になったばかりだし、それに年の差だってあるわ・・・。
少し考えた後、私は返事をした。
「ええ、私あなたと結婚するわ」クラスの生徒たちが一斉に立ち上がって祝福の拍手をしてくれた。
(後略)

790 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 21:39:29 ID:tpgdUQYE
日本語学校

791 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 17:44:52 ID:hZRLmCxR
あまり関係ないけど学校教育法とやらはインターナショナルスクールにも適用されるの?

何だかどんどん改悪されているんで見てて切なくなってきた。
>>765みたいな無粋なツッコミ対策の逃げ道として使えないかと思ったんだが。

792 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 19:18:04 ID:mgUsDHPU
そもそも>>765は勝手に舞台が小学校(ではない)と言い切っているが、
>>699の文章は必ずしも小学校と誤認する必要はないのではなかろうか?

793 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 19:22:09 ID:VEBZCmo8
いつまでやってんの?

794 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 19:32:32 ID:Z46Hc0eP
まあ幼稚園かもしれん罠。
でも本当に改悪だらけでうけた。

795 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 00:01:41 ID:iMHGc6lB
まあ御曹司ならまず家庭教師だろうけどな。

796 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 00:20:02 ID:+fPg+fld
アメリカ人に童貞は居ない。

797 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 09:19:16 ID:F1Xx621r
>>796
安田一平みたい奴かもしれんぞ

798 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 09:21:32 ID:F1Xx621r
あ、間違えた。>>797>>795へのレスだ

799 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:11:11 ID:/59O+H+0
私は昨日スカイプで安田一平という名前が表示されている人に初めて電話をかけた

私「はじめまして、安田さんですか?」
安田「・・・・・・・・・・」
私「安田さん?聞こえませんか?」
安田「・・・・・・・・・・」
私「もしも〜し?安田さ〜ん??」
安田「Pardon? I can't speak japanese」
私「欧米か!!」


800 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:17:04 ID:/59O+H+0
みんな〜俺ので>>800回笑ってくれよ〜

801 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:18:32 ID:Fzr2uQ7+
「はーい皆さん、今から宿題を見ますので、机の上にノートを広げて下さい。
そう、昨日何をしたか書いてくることでしたね。」
生徒たちは「ハーイ」と返事の後、各々ノートを広げた。
ホント素直な生徒たち。他のクラスでは問題行動のある生徒もいるけど、私のクラスではそんな生徒はいなかった。
“りさ   きのう、わたしはおすしをたべました。とてもおいしかったです”
「まぁ、とてもキレイな字だわ。私もお寿司大好きよ」
“ゆりあ  わたしはたんぼにいって、いぬかりをしました”
「あなたもよく書けてるわ。でも『いぬかり』じゃなく『いねかり』よ。犬を狩ったら日本から犬がいなくなっちゃう」
私の冗談に生徒たちはドッと笑う。最近はこういう冗談も言えるようになった。教師として少しは余裕が出てきたかな。
“けんと  ぼくは、ろっぽんぎひるずにいきました。とてもきれいで、ここにすみたいとおもいました”
「へぇ、六本木ヒルズに行ったのね。私も住んでみたいわ。きちんと書けてるし、たくさん書いたのね。偉いわ」
と褒めると、私の顔をジッと見てニコッと笑う。
その笑顔に、私はドギマギした。やだ、私ったら意識してる。でも教師が生徒にこんな感情を持つのはいけないことよね、
わきまえなきゃ。
「えっ、次のページもあるの。凄いわねー。見せて」
“ぼくは、せんせいのことがだいすきです。ぼくとけっこんしてください”
心臓が高鳴った。えっ、プロポーズ?どうしよう。私まだ教師になったばかりだし、それに年の差だってあるわ・・・。
少し考えた後、私は返事をした。
「ええ、私あなたと結婚するわ」生徒たちが一斉に立ち上がって祝福の拍手をしてくれた。

― 次の日曜日 ―
「お父さん、お母さん、紹介するわね。彼、ケント・フレデリック。フレデリック財閥の御曹司で、
日本での拠点を作るためにマーケティングをしながら、私の勤める日本語学校で勉強もしているの。
年齢は私より12歳上。彼、卒業したら私と結婚したいって。結婚したら、オフィスが入る
六本木ヒルズに住むことになるわ」

母は答えた。絶叫した。
「あんたたち男同士でしょ!!」
その瞬間、私の尻がきゅっと締まった。

802 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:32:24 ID:80LWucPa
もう、いいよ・・・勘弁して

803 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:42:23 ID:TY1TZW2F
この流れでまた改稿投下+散々嫌われてきたウホッな展開

これほどの空気の読めなさは異常極まる

804 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 13:22:10 ID:KPV3azTx
俺は無抵抗で棒立ちになった中国女にとび蹴りを食らわせた。
そしてよろめいた中国女にアッパーを食らわせた。
何度も、何度も・・・
女のアゴにアッパーを食らわせた。
それを後ろでみていた女がニヤリと笑って言った。

「お兄ちゃん、まだジャンプ大キックアッパー昇竜拳できるようにならないの?」


805 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 14:04:11 ID:To1hxeYF
一行目で分かった。ノリが……

806 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 16:48:06 ID:Bekz6/xy

俺は、椅子の背にもたれかかって、ため息をついた。
狭苦しい部屋。 コンクリートの壁。 粗末なテーブル。
やれやれ、いやな仕事だ。

俺は、精一杯やさしい声で言った。
「おまえ、腹減っただろ」
「・・・・・」
「食えよ。 ほら、カツ丼だ。 うまいぞ」
「・・・・・」

この調子だ。 さっきから、ひと言も口をきかない。
まったく、強情にもほどがある。

「何とか言ったらどうだ」
「・・・・・」

俺は、椅子から立ち上がって、窓の外を眺めた。
やさしい夕焼け空。 そして、寒々しい鉄格子。

(続く)

807 :(続き):2006/10/04(水) 16:48:57 ID:Bekz6/xy

「おまえ、おっかさん、いるんだろ」
「・・・・・」
「心配かけるなよ」
「・・・死にました」
「そうか・・・ おとっつぁんは」
「・・・いません」

俺は、同情に流されそうになる自分を、必死で押しとどめた。
そして、わざと厳しい口調で、こう言った。
「悪いことをしたって、自分でもわかってるんだろ」
「・・・・・」
「不法侵入ってやつだ。 勝手に塀をのりこえて・・・」
「見たかったんです」
「えっ」
「狼を・・・ 強い狼を!」

その時、電話が鳴った。

「はい、こちら上野動物園。 えっ、孤児院・・・
 ええ、たしかに今、こちらの事務所で保護しています。
 いいえ。 警察に通報するつもりはありません」

俺は受話器を置いて、窓の外を見た。 狼の泣くのが聞こえる。



808 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 18:56:32 ID:578HOqyH
孤児院に激藁


809 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 19:24:39 ID:rV70McF3
柵を乗り越えても不法侵入にはならない気が

810 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 19:49:24 ID:d2CM9Tcl
どこがどう叙述なのかサッパリわからんのだが

811 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 20:51:07 ID:citjAAXq
>>799はダメですか?
>>796-798が伏線だったんだけど、ていうか救済してやったんだけど

812 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 20:54:39 ID:DbDMQ5eZ
>>811
>>796-798が巻き沿いにされてかわいそう

813 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 22:42:56 ID:wZB9YAm9
>>804
ケツ落としアッパー昇竜拳とかめくりアッパー昇竜拳じゃね?

814 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 23:18:15 ID:GCgexJD/
初代ストUかね?だとしたら結構難しいな・・。

815 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 23:51:32 ID:V44hX7wc
我輩は猫である
名前はひろしである

816 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 05:29:10 ID:mULZTNVZ
 僕は裸で家を飛び出した。その後を追って、親も家を飛び出してくる。
 後ろを振り返ると、親が僕に着せるための服を手に持っているのが見えた。
 服を着たくない僕は、それを振り切るようにスピードを上げ、親から逃げていく。
 距離が随分開いたところで、親が何か大声で叫んでいるのが聞こえた。
 しかし、なんて言っているかはわからなかった。おそらく「服を着なさい、戻ってきなさい」という意味合いの言葉だろう。
 全力疾走で距離を引き離し、親は追いかけるのを諦めたのか、足を徐々に緩めていった。
 僕は通路の角を曲がり、スピードを緩め、一息ついた。
 そこで友人にばったり出くわした。
「やぁ、奇遇だね」友人が言う。「どうしたんだそんなに慌てて」
 僕は息を整えながら答える。
「親がまた、新しく買ってきた趣味の悪い服を着せようとするんだ」
「それで、裸で逃げてきたってわけか」
 友人は、同情するかのような表情をする。
「君は服を着るのは嫌じゃないの?」僕はそう友人に尋ねる。「そんな動きにくそうな服、僕は絶対に嫌だな」
 友人は苦笑して答える。
「まぁ、やっぱりなんていうか……、人間のエゴってやつなんだろうな」
「まったく、困ったもんだよね」
 僕も、彼の諦観したかのような言葉に同情する。
 友人の首輪から伸びる紐を握っている、飼い犬に対して服を着せニコニコと喜ぶ人間を見て、僕は吐き気がした。

817 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 08:17:41 ID:YEbwAOFO
このスレの性格上、どうしても読み手は疑ってかかるから、
騙すのって中々大変だよね。しかも一つ前のレスが微妙にネタバレしてるし



818 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 10:21:54 ID:s+OCTXBO
>>816の語り手の「親」は服を手に持って走れるのか?

819 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 11:24:24 ID:GQ7F+DWM
>>818
普通に「パパにお散歩連れて行ってもらいなちゃ〜い」とか言ってる家は結構ある。
服と一緒で擬人化の延長。

820 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 12:00:03 ID:R3Jwuja2
朝の散歩が私の趣味だ。この時間が私自身に還れる唯一の時間だからだ。
これまで判で押したように仕事場へ通ってきた。それもいつの間にか二十年余に。
私の仕事に賛辞を送る人もいる。しかし疲れた。昔の仲間は次々と辞めていき、
今では私が一番の古株になってしまった。
一時は、自分は後ろに引き、若い人間を前に出そうとしたこともあった。
しかし若い奴は、自分の興味がある時は頑張るが、飽きたらほっぽりだし、
あげく後始末は私の役目だ。それならばと私が前に出て頑張った結果空回りすると、
冷ややかな視線で私を見る。
客の応対も苦手だ。最初の頃は色んな客の声が聞けて楽しみだったが、
最近は話も噛みあわず間も持たないので、同じ話を繰り返したり、粗品でお茶を濁すことも・・・。
今は応対の時間も減らしてもらった。
殊更に自分の仕事を誇る人がいるが、私は自分の仕事を振り返るのは好きではない。
出来るなら趣味の世界に没頭していたい。やはり私は壊れる寸前なのかもしれない。
前から女子高生が連れ立って歩いて来るのに気付いた。私は彼女らを見ないようにしていたが、
すれ違いざまに彼女らの一人が私に気付いて、指を指して狂ったように笑い出した。
これだから子供、特に女子高生は苦手だ。

「ギャハハハーー超タモリィーーウケルゥーー」
はぁ、明日こそプロデューサーに降板を申し込もう・・・。


821 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 14:56:28 ID:s+OCTXBO
>>819
友達の飼い主は「飼い主」「人間」と認識している語り手が、自分の
飼い主は「親」と認識しているのはおかしいだろ。

「そう呼ばせているだけ」なら、それと分らせる伏線を張らなければ
アンフェアじゃないか?

822 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 15:01:08 ID:kVpY7QZJ
>>820
トリックが全くないような

823 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 16:24:12 ID:6KFZsgz1
>>821
アンフェアどころか、即オチが分かるような話だな。

824 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 18:38:43 ID:8KdVjMpO
このスレじゃなくても一行目でわかるよな。

825 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 19:34:20 ID:sKTMlQA0
「裸」と「服を手に持って」の部分を冒頭ではなく
友人との会話で段々解るようにすれば、結構騙せなくない?




826 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 19:49:08 ID:I7l4B7xY
騙せなくない?
って騙すのが目的だろ。騙せなくしてどうする。

827 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 19:52:04 ID:sKTMlQA0
悪かったです。騙せませんか?

828 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 20:00:46 ID:u9UKuDQc
ゆとり教育・・・

829 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 20:16:41 ID:nC3j36DX
もっと具体的な方がよくないか?あと「友人」じゃなく「友達」の方がフェアじゃないか?こんな感じかな。

ヨシコさんは最近この家に嫁いできたばかりの後妻だ。
飲んだくれ親父のヒロシが行きつけのパブで口説いたらしい。
いくら、かぁさんが死んだからってこんな女を嫁にするなんて禿げてるよ!!
おまけにこの女、香水の匂いはぷんぷんさせるわ、変なセンスの服着せようとするわで、たまったもんじゃない。
おまけに豊満な胸を押し付けてすりすりしてくる。
「毛がボサボサしてて素敵〜」だってさ。
ぼくはこのボロ小屋に5年も住んでるんだぞ!!馴れ馴れしくするなよ!!
ぼくはある日、我慢できなくなってついに家を飛び出したんだ。

家を出たらたまたま友達に会った。
「へぇお前家出たんだ・・・。どうすんのこれから?」
「住み込みの仕事でも探すわ。5年前に引っ越してきてから部屋なくてさぁ。ほらあんな狭い家。親父が60にもなってパブのばぁさんと再婚しやがったし・・・。しかもその女ひっついてくんの。マジきめぇ」

830 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 21:50:47 ID:feaWOF5l
「禿げてるよ」って、どっかの地方の言い回しなの?
それと肝心のオチが無い


831 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 22:22:16 ID:Ld4CDLeV
>>820にしろ>>829にしろ、叙述がどうこう以前の問題じゃなかろうか

832 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:26:45 ID:mULZTNVZ
勉強になった
あと地の文のアタマを一マス空けて書いてて、
空気読めてなくて恥をかいた

833 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:46:54 ID:4kcHlEZU
女の長電話は、話題が脈絡もなくポンポンと飛ぶという特徴がある。
これはその1例である。

A子「今シャワー浴びてるわ」
B子「ウチの旦那はどこで何をしてるやら…」
A子「ウフ。心配なんかしてないくせに」
B子「旦那のお母さんが病気なの」
A子「…お気の毒ね」
B子「かと思えばD美は交通事故で車椅子…」
A子「写真見たーい!」
B子「そういえば、C子が子供産んだのよ、もう顔そっくりなの!」
A子「神様…」
B子「女社長になってどんな感じ?」
A子「みんなナメすぎよ」
B子「あなたは昔から胸も大きかった」
A子「たいしたことないわよ」
B子「私だって昔は少しはモテたのにな」
A子「今もそうでしょ」
B子「あの頃は楽しかった…バカだったけど」
A子「いつ?」
B子「ダイエットも失敗したし」
A子「また?」
B子「整形でもしようかな」
A子「それはやりすぎ」
B子「…最近Hしても気持ちよくないし」
A子「無理もないわ」
B子「主人が浮気してるみたいなの」
A子「うん、どうしたの?」
B子「もしもし、私よ、B子」
A子「もしもし」


834 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:54:34 ID:2xvm3rG+
電話じゃなくてチャットのログなら良かったのに

835 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:56:22 ID:UyT9uvUo
自作じゃない上に見つけたスレで既出だし

836 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:58:11 ID:6YZEu9/o
自作できないなら黙ってROMってりゃいいのにな。

837 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 09:59:31 ID:g9ZfvJl1
6行目と8行目が間違ってる

838 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 19:16:39 ID:QaSafZcM
>>837
見つけたスレでも言われてたが
これであってる

839 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 19:22:44 ID:khMoJtrN
男の目の前に、女の死体が転がっている。
どうやら若い妊婦のようだ。
男はご機嫌な様子で、
女の腹を割きお目当ての中身を取出した。
湯に浸した後、男はその一部を喰らった。

「うん、やはり生が一番だな。イクラは」
次に、男は若い男の死体から精巣を切り取り(ry



840 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 19:51:45 ID:bmHESSU/
>>833
下から上へ

841 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 20:06:53 ID:K7HzxKFW
>>839
あれは受精前の卵だから「妊婦」は違うと思う

>>840
>>835-836

842 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 21:35:56 ID:khMoJtrN
男の目の前に、女の死体が転がっている。
どうやら若い妊婦のようだ。
男はご機嫌な様子で、
女の腹を割きお目当ての中身を取出した。
男は本当の鬼畜だった。男はあてがった。

「うん、やはり生が一番だな。胎児姦は」
次に、男は若い男の死体から精巣を切り取り(ry



843 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 21:47:34 ID:EYqtn4fR
面白いのか
そうか

844 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 23:48:07 ID:5A+E9G50
>>842
おまえ大丈夫か?


845 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:00:35 ID:c30tg4E1
>833
久々に覗いたらびっくりした。これ、俺が>49で書いたやつじゃないか。
なんか自分の過去の恥を晒されてるようで恥ずかしい…。
ちなみに5、6回投稿してる。(最近では>486とか)
もっといいの思いつけるよう精進します。


846 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:31:11 ID:ZCJOKFAb
自慢乙

847 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:32:04 ID:Iurdldcv

ひねくれ者乙

848 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 10:50:48 ID:FvXym0jJ
やっぱり、6行目と8行目が入れ替わってたんだな。
違和感あるのに自分の解釈がおかしいのかと悩んでしまった。

849 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 11:49:37 ID:HdCUD8WP
昨日のことなんだけど、友達に風変わりな依頼をされたんだ。
「俺の代わりに、ある所である男とある物の交換をして欲しいんだ。俺、この通り今骨折して動けないだろう。な、頼むよ」
友達は、俺に何と2万円も握らせた。俺は、喜んで引き受けた。
指定の場所は、ショッピングセンターのエスカレータ横の椅子。友達からは分厚い封筒を預かったが、どうも札束みたいだ。厚さから察すると百万位か?
指定の時間きっかりに胡散臭そうな男が来て、俺は、札束入りの封筒と奴が渡す黒い封筒を交換した。
友達のところに戻り黒い封筒を渡すと、友達は封筒の口を乱暴に破り、中の紙切れを取り出した。そして、パソコンに何やら入力していた。
「なぁ、何だったんだよ。教えてくれよ」
「バイト代の中には、何も聞かないっていう意味も入ってるんだよ。今日はありがとう。助かったよ」
俺は追い出される様に部屋を出た。
実を言うと俺は、こっそり黒い封筒の尻を器用に開けて、中を見ていたんだ。
中には、紙切れがたった一枚。こう書いてあった。

両さんに言う「少―し希望 弥勒に地代」

何のことだかサッパリ解らん。これが叙述じゃないってことは十分承知だけど、
ここの住人なら解るだろう?一体何なのか、教えてくれよ。


850 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 12:36:15 ID:nmthSUOX
「これが叙述じゃないってことは十分承知だけど」
と言いつつ叙述スレに書いている事自体が、既に叙述だな。

851 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 15:40:56 ID:yQP1V5iU
事実(答え)ははっきり分からないが、推理(想像)しろってのなら蜘蛛に貼ったらどうかね?
50円玉みたいなもんで楽しめるかも知れない。

852 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 21:51:57 ID:XPRWzMfM
こういうのって、まともに考えるだけアホらしいから無視しようぜ

853 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 18:30:50 ID:A1qLZlDB
一応ギコ蜘蛛に貼ってきたけど
こんなまずそうな餌誰もくわなかったよ

854 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 18:56:04 ID:DBicbbdm
バイト代の中には、ネットに書き込まないっていう意味も入ってるんだよ。

855 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 22:27:06 ID:ruopLsaP
こんな会社に入ったのが間違いだった…。横のデスクで、妙なアクセントの方言で騒ぐ同僚のたちを横目に、私は一人溜め息をついた。
都内で育った私は、この秋に結婚して夫の実家のある〇〇県に移り住んだ。前の職場は辞めて近場の会社に転職したのだが、そこの同僚達の下品で幼稚な雰囲気に私は辟易していた。
今も、前の職場の同僚は都心の洗練されたオフィスで颯爽と仕事をこなしている。そんな想像に私は日々苛立ちを募らせていた。
だから、その時聞こえてきた同僚達の会話は私の許容範囲を越えていた。
a「俺はポロリが出るテレビ番組好きだったな」
b「俺も好きだったよ。昔は良い番組多かったよな。まぁでも、急に女の子がジャンプしたりして、今考えるとわけわからないけどなw」
a「それがいいんだろw あー、何で今あーいう面白い番組やらないんだろうな。俺絶対見るのに」
b「馬鹿だな。お前はいい年してポロリなんて見たいのか?ww」

気付くと私は彼らに食ってかかっていた。
「あなた達最低!知らないでしょうけど、そういうのセクハラって言うのよ!田舎は下品で遅れてるわ!」
彼等は私の剣幕に押されながらも、そりゃピッコロも可愛いけど…などと言い訳がましく呟いていた

856 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:31:39 ID:oToUuT2Q
「下品で幼稚」の「下品」が微妙だな。
ポロリ以外にもあるかね。

ポロリという単語が以前から同僚が使っていて、
この時我慢出来なくなって食って掛かっていったのなら、
以前の会話から判断出来ているのは普通。

もし、この時以外は本当に下品な会話をしていたのなら、叙述トリックとは言えない。

857 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 23:52:09 ID:rZvWPJWs
じゃじゃ丸、ピッコロ、ポロリ?

858 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 00:09:25 ID:2ti5DncT
そう。ゴメン。ダジャレです

859 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 00:54:40 ID:ips5GKkb
女のジャンプって
ピッコロのど〜んってやつ?

860 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 01:08:16 ID:vL4aG9zr
>>855
素直に笑えたw
年代的なものもあるから難しいね

861 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 02:18:25 ID:ONQXCb4C
ブー、フー、ウーは、三匹の子豚です・・・・・

862 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 02:30:40 ID:nd3XCRlc
社長「おまえ2ちゃんねるって知ってるか?」
俺「知りませんよ、そんなアングラサイト」
社長「そうか・・・実は2ちゃんねるに我が社の悪口書いているやつがいてな・・・うちの社員がやってるんじゃないかと」
俺「そうなんですか!」
社長「なにも悪い事なんてしてないんだけどなあー」
俺「そうですよね」
社長「そうだ、池田大作先生の新刊が出ている。我が社の出資者だ。なんさつか買ってきてくれ!」
俺「わかりました!」

863 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 08:05:16 ID:2ti5DncT
ドンピョンよ

864 :765:2006/10/09(月) 12:38:25 ID:JIfDlQSM
またまた遅レスですみませんが、最初に「生徒」を指摘した765です。
おいらとしては、「生徒」が伏線になっていて、すばらしいってつもりで書いたんだけど、
別の意味で、なんかすごい論争になっちゃったみたいで、初めに書いてくれた699さんごめんなさい。

865 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 13:07:51 ID:/n2eNTd8
案外699は生徒と児童の区別を特に考えずに書いてたりして

866 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 13:44:35 ID:1iyIfdwE
>>855
ヤバ、ナツカシス
確か「にこにこプン」だよね。
そのキャラが出て来る教育ビデオ(算数とか英語とか、1〜3歳児向け)のが家にあったから……
リアル「にこにこプン」世代として、ニヤリと笑えました。
ありがとう!

867 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 14:01:08 ID:ips5GKkb
>>866
リアルにこにこぷん世代なんて言うから
リアルぽんきっきを思い出して噴いた
謝罪と賠償を要求するニダ

868 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 15:23:52 ID:wButXsSW
神は自らの住む世界を創造し、そこに住む数多の民も創造なされた。
神は世界を三つの素晴らしきものに分け、民もそれにあわせて三つに分けられた。
神はその素晴らしきもの等にそれぞれ違う価値観を与えた。
どれも素晴らしい価値観だが、どれもほかの二つと共存できない価値観だった。
お互いがお互いにとって必要であるのに、ひとつが栄えれば残りは同時に存在できないのだ。
神はみずからの姿を変え、三つの素晴らしきものを存分に楽しんだ。
民はひとつの素晴らしきものしか知ることができなかった。
ほかの素晴らしきものに行くと生きれなかったのだ。

実り多き秋、厳しく美しい冬が過ぎた。生命力豊かな夏になった。
夏の民が草原に集まって結婚式を開いている。
全員が禿げているか、短髪である。

869 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 13:37:33 ID:bxOkhdJW
ホモ同士の結婚式ってことかな?
だとしたら、男、女、ホモ、レズと四つになるしな・・・
本人解説ヨロ



870 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 14:55:47 ID:3WZoVpoP
三つのもの=民族や文化では無く、実は季節。
民はひとつの季節しか生きられないため、髪が伸びきる暇も無い。という事なんですが。
今改めて見て場違いだったかなーっと思ってますorz

871 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 16:15:15 ID:bxOkhdJW
こういうレス見て作者は、ほくそえんでるんだぜ

872 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 16:57:02 ID:GGzoEMPi
>>869
男女、男男、女女の三つでいいんじゃね?

873 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 18:15:28 ID:YVKwRadM
最初に言っておくが、妹は犬や猫では無い
じゃあ本筋スタート

妹がレイプされた
信じられないことだが、白昼堂々、繁華街のど真ん中でレイプされた
妹はやめて!助けて!と叫んだが汚らしい野良犬のような男にレイプされ続けた
誰も助けてはくれず、写メを撮りながらあざ笑う女子高生に怒りを覚えた
膣内にドピュドピュと中出しされ、絶望した
「ほらw犬がセックスしてたよw写メ撮っちゃったw」
「うわ^^;そんな恥ずかしい写真よくとれるね^^;」
そんな声が聞こえる
妹は犬じゃない!犬じゃない!

874 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 18:24:31 ID:9uBQMO7H
妹は犬か猫以外の動物

875 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 18:35:30 ID:Lxan7p0X
色々ひでぇな
語り部である兄ないしは姉は何者よ?

876 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 18:53:57 ID:/EyRTk39
ここんとこ叙述のカケラも感じられないネタが多いな
俺が言うのもなんだけど

877 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 19:08:55 ID:FIWUq4hI
残り130切ったし、その一作だけでスレが埋まるようなのをキボン


878 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 21:18:23 ID:KBQ0UnpN
「ねえ、いいでしょう、パパ」
「だめだ。この間のことを忘れたか」
「ええー」
「かわいがったのは少しの間で、飽きたらろくに世話もせずにほったらかし。私たちがどんなに大変な思いをして、世話をして、貰い手を捜したか」
「だってー、あの子あんまりかわいくなかったんだもん」
「なに!いったい生命というものをどう考えているんだ」
「今度はちゃんと面倒見るから、約束する。だからいいでしょう?」
「だめだ、きちんと始末しなさい」
「ええー」
「お前は自分の言うことを聞く小さな生き物がほしいだけだ。責任を持って面倒を見れるわけがない」
娘は頬を膨らませて、私を睨んだ。
こうなると、もう誰の言うことも聞かない。
「やだ、絶対に生むから」
私は暗然とした気持ちで、性懲りもなく父無し子をを身ごもったバカ娘を睨みつけた。

879 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 21:24:58 ID:FIWUq4hI
ドキュメントだな


880 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 21:27:17 ID:cCUKTqcL
馬鹿娘だな……('A`)

881 :名無しのオプ:2006/10/10(火) 22:11:08 ID:kjK6KLNT
ショートショートは飽きたから、早く叙述物を頼む。

882 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 02:45:12 ID:G/m0cAxJ
ねぇ、ちょっと聞いて!うちの息子ったら、彼女が出来たらしいの!!
だから早く連れてくるように言ったのよ。そしたら、駄目だ!次元が違うから無理なんだ!! だって!

今時に身分違いの恋なんて、そんなこともあるのねぇ。
いつでも家にいるのに何処で知り合ったのかしら……

883 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 13:54:58 ID:msv6/grO
面白いよ。折角だからもっと話広げてくれればよかった


884 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 14:22:31 ID:Jo1N1vWB
wwwムカついたから爆弾しかけたwwww

1 名前:名無しさん 投稿日:2006/10/11(水)
会社首になったから爆弾しかけたwww

2 名前:名無しさん 投稿日:2006/10/11(水)
うはww

3 名前:名無しさん 投稿日:2006/10/11(水)
ターイホwwww

4 名前:名無しさん 投稿日:2006/10/11(水)
マジだwww銀河系爆発したwwww地球人全滅ワロスwww

5 名前:名無しさん 投稿日:2006/10/11(水)
>>1おまえサタンだろwwww

885 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 17:19:52 ID:G/m0cAxJ
>>883
本当は父親との会話だったんけどね
余計なものを削ぎ落としたつもりだったんだけど……
だれかもっと面白くしておくれ

886 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 19:57:06 ID:SWWS8xDY
じゃぁ別パターンで展開してみるかい?


友人が僕に手をかけ、校門の方を指さした。
「お〜い、コーイチくーん。一緒に帰ろうよ」
「おいおい、香織さんまた来てるよ。仲良くて羨ましいねぇ。ミス○○(この高校の名前)だろ。卒業しても近くにいるってのはいいね」
「茶化すなよ。アレで一緒の時は結構色々うるさいんだぜ」
それと友人にはいってないが、今日は母に彼女を紹介する日なのだ。彼女は非常に優しくて、真面目でいい娘だ。
ずいぶん嬉しそうだが、しかし、喜んでくれるだろうか?

帰宅後、母を僕の部屋に招き入る。
電源を入れ、セーブデータを読み込んだ。
なんてことだ。
モニターの中の彼女が裸で「中だし」か「ぶっかけ」を迫っていた。
昨日はちゃんと告白直前でセーブしたのに・・・。
はっ親父だ。親父が勝手に上書きセーブしたんだ。
これだから古いエロゲユーザーって奴は・・。
その夜、僕と親父は母・香織にこっぴどくしぼられた。

887 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 21:51:22 ID:GQMufXJ+
却下

888 :882の元はこんな感じ:2006/10/11(水) 23:26:11 ID:G/m0cAxJ
母:あなた!聞いて!あの子に彼女ができたのよ♪
父:ほう、あいつもとうとう……
母:でもね、なんか身分違いの恋みたいで教えてくれないのよ
父:ほう、今時にそんなことがあるのか……
母:ええ、なんか「次元が違うから連れてこられない」って
父:ほう、今時はそんなこともあるのか……あいつもとうとう……

889 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 23:39:19 ID:G/m0cAxJ
こりゃ小咄だな。スレ違いすまんね

890 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 14:21:07 ID:kvlfwNtQ
「裕美さん、僕と付き合ってください!お願いします」
またか・・・この人もしつこいな。嫌いじゃないけど、彼氏となると、ちょっと・・・。
「あの、この前も言ったけど、今、私は誰とも付き合うつもりはないんです」
「そんなこと言わないで、僕、裕美さんの為に何でもしますから」
「だったらもう私に構わないで下さい!」
こういう時は、きっぱり断った方がこの人の為に良いんだわ。私は自分に言い聞かせた。

あーあ、またフラれたよ。やっぱ諦めた方がいいのかな。
「おい、どうしたんだ?浮かない顔して」家の手前で親父に声をかけられた。
「別に・・・って言うか、ねぇ親父はさ、昔モテてた?」
「何だよ、急に。まぁ、こう言っちゃナンだが・・・かなりな」
「ホントかよ!どうやって告白とかしてたの?」
「告白・・・、告白はしたこと無いな。全部向こうからだったから」
「マジ!? ねぇ、教えてくれよ、どうやったらモテるんだよ」

「裕美、電話よー」母の声がした。きっとあの人からだわ。胸が弾んだ。
「もしもしお待たせ。今度の日曜日は時間作れるみたい?」
「それが・・・まずくなった・・・。その、今まで通りにはいかなくなったんだ。
ほら・・・君も俺みたいなのじゃなくて、若い男の方が良い・・・」
「もう、いい!」私は乱暴に電話を切った。
「裕美、どうしたの?ケンカでもしたの」聞き耳を立てていた母が、台所から出てきた。
「何でもない。私夕ご飯食べないから・・・」母には絶対に言えない。彼が妻子持ちだなんて。

よーし、今度こそ彼女を振り向かせるぞ。親父の言ったとおりやれば、成功間違いなしだ。
へへ・・・彼女と付き合えたら、まず遊園地行って、ファミレス行って、公園行って、
そして、そこで・・・チューみたいな・・・って気が早いかな。やるぞー
(続く)


891 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 14:23:05 ID:kvlfwNtQ
(続き)
「裕美さん、これが最後です。お願いします、付き合って下さい」
「ちょっと、やめて下さい、人が見てるから・・・お願いだから・・・もう、
解りました、解ったから、あなたと付き合いますから、とにかく土下座はやめて!」
まったく・・・私は呆れたが、その一方でこの人でもいいかなと思い始めていた。
私のことだけを見ていてくれるし、何より私は不倫に疲れていた。
「ほ、本当ですか?感激です。夢見たいだなぁ・・・ハハハ」彼は無邪気に喜んでいた。

「親父!親父の言った通り、『お嬢さん、俺に惚れなきゃ損するぜ』って言ったら、
彼女に『バカじゃない、二度と近寄らないで』って言われたじゃないか。
嘘ばっかり言いやがって!」
帰ってくるのを待って、玄関先で親父に文句を言った。
「そ、そうか?あれで必ずオチるはずなんだがな・・・わ、解った、もう一つのとっておきの
方法があるんだ。それを教えるから」
「え、そんなのがあんの?だったら、それを先に教えてくれよー。親父も人が悪いなー。
ヨシ、今度こそ頑張るぞー。ああ、急に腹が減ってきた。母さん、メシまだー?」
母が出てきて、親父に問い質した。
「あなた、まさか変なこと、この子に教えてないでしょうね」変なこと?何だ?
「な、何言ってるんだよ。俺は息子の為を・・・大丈夫だって、裕美・・・」
相談する相手間違ったか?


892 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 15:41:18 ID:RCqchMJS
付き合って2ヶ月のあいつに「今日親いないから」って家に呼ばれた。
まだ交わりをかわしてなかった俺は今日がその日だと思った。
あいつの家のあるマンションに着いて、大事なものを用意していないのに気付いた。
運よくマンションの一階に薬局が入ってた。
店主がおっさんだったので気楽にゴムを買えた。
レジでそのおっさんがニヤニヤしながら「兄ちゃん、いまからか?」と聞いてきた。
俺もにやつきながら「今日初H」と答えた。
おっさんは「がんばれよ」とか言って送り出してくれた。
あいつの家に着くなり「ごめんもうすぐ親が帰ってくる」と言われた。
今日はダメか・・と思ったが「とりあえず挨拶だけしていって」ということだったのであいつの親の帰宅を待った。
5分ほどであいつの父親が帰ってきた。
下の薬局のおやじだった。
「おーいひろしー!いま帰ったぞー!」

893 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 00:40:57 ID:6q/kRhrx
雅子が真夜中に目を覚ましたとき、隣では5歳の息子が小さな寝息をたてていた。
しかし、その向こうに夫の姿はなかった。またあの女のところに行ったのだろう。
前はなにかしら言い訳をしたが、最近はそれすらもなくなった。
いつからか、夫は不能に陥ると、それを雅子のせいにし、罵倒した。
その度に離婚を考えたが、息子のことを考え思いとどまった。
雅子は小さくため息をつき、隣で眠る小さな命をじっと見つめた。
(大丈夫、この子のためならどんなことでも我慢できる。どんなことでも…)


同時刻、雅子の夫――稔は歓喜し、激しく腰を振っていた。
彼のペニスは数時間前の悲惨な状況とは別人のような硬さを保っていた。
(やっぱりいつもと同じだ!悪いのはアイツだ!俺には問題ないんだ!
アイツがつまらないことばかり言うから……!)
クライマックスが近づくと、稔は腰の動きを一段と激しくし、
絶叫とも咆哮ともいえるような叫び声をあげて、長い射精をした。


「ママ、泣いてるの?」
気がつくと、自然に涙がこぼれていた。息子がじっと目を覗き込んでいる。
「ううん、泣いてなんかいないわ」
「……ボクが悪い子だから?」
「あなたはちっとも悪い子じゃないわ。ちょっと目にゴミがはいっただけ」
「ホント?悪い子じゃない?」
「もちろんよ。さっ、もう雅子さんの所へお戻り」
「うん、わかったよ。ママ、今日もすっごく気持ち良かったよ」
蒲生稔は静かにドアを閉め、階段を上っていった。

894 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 00:44:26 ID:qIHGWaYh
>>893
アレを読んだ後だから、すぐに解ってしまった。

895 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 10:04:13 ID:bQv05WHd
>>892
ワロスwwwww

896 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 11:21:10 ID:6NHBq07m
>>890-891
構成は面白いが、いかんせんオチが弱い
息子が落語のよたろうみたいだ

>>892
もう、ホモネタは飽き飽きだだし初めからオチは読めてるのだが
「おやじ」で笑わせる。ラスト2行は入れ替えた方がいいかな?と思った

>>893
確かに既視感があるが、読んで苦にならない文章だった

以上エラそうにすいません



897 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 14:25:12 ID:/n6HeH0O
>>892は秀逸なコンドームコピペをホモネタに改悪しただけだから。

>>894は一瞬「へっ?」とわからなかった。うまいね。

898 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 14:49:10 ID:atQCt3TX
>>897
これが分からないで、このスレにいるアンタは相当偉大だ。これからも汚れずにいて欲しい。
しかし、連続で同じ流れってのもなぁ・・・。

899 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 17:44:01 ID:Y4fzaz5F
>>890-891>>893も分からん俺は死んだほうがいいか・・・
逆から嫁ってこと?

900 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 18:01:29 ID:HJHbfgC7
>>898
最上級の楽しみをこんなところで消費してしまったかわいそうなやつだとしか思えない

901 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 18:41:00 ID:b9nVP5+H
>>899
>>890-891は過去(親父)と現在(息子)を交互に書いてる……のかねぇ。
だとすると「俺に惚れなきゃ損するぜ」が意味不明になるんだが。
親父が見栄はって嘘ついたということか?

>>893は「あの女」=稔の母親

902 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 18:53:30 ID:Y4fzaz5F
>>901
dクス
そういうことかorz

903 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 22:31:24 ID:Pwh6adNs
ある有名小説の重大なネタばれじゃないだろうか

904 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 23:29:16 ID:dlE+N02j
倒錯のロンドで初めてこの人の作品を読んだ。
ここまで続きが気になってグイグイ引き込まれる小説ってのは久々かも。
ただ最後のオチと、複雑に絡んだ兼ね合いは面白かったんだけどアクが強すぎる気がする。
この人の叙述物で、気が狂ってるのをメイントリックにせずに、最後はスッキリと出来る小説とかある?

905 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 23:30:19 ID:dlE+N02j
誤爆\(^o^)/

906 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 04:33:02 ID:juBphom/
>>904-905
なんという叙述トリック
このトリックは間違いなく流行る

907 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 16:57:18 ID:w6luAddV
>897なんだけどさ、叙述物とかあんまり読んだ事ないのよ。
なんだけど、好きな事は好きなんだよね。

で、その最上級の楽しみだったはずの元ネタの小説の題名って何?
最上級とか言われたら、ちょっと読んでみたい。

908 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 18:00:05 ID:GPjTMqN4
>>907
叙述物を、予め叙述物と知って読むとは、これまた叙述的な行為ですね。
他の人へのネタバレとか考えないのかね。捨てアド晒せ。

909 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 18:16:33 ID:2Blisnj9
とりあえず「蒲生稔」でぐぐってみればいいと思う。
ただ、好き嫌いがハッキリ別れる作品だから、過大な期待は禁物。

910 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 19:30:10 ID:0jw9lWsU
犯人=大学教授の父親
息子が大学に通ってると誤認させる叙述
母親=ばあさん
ラストは父親がばあさんを殺して死体を死姦する
そんな物語を思いついた

911 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 21:10:41 ID:3RHIseYb
>>910
どうした我孫子

912 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 02:40:49 ID:1IFaFS8y
>>910
おいおいおいw

913 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 06:12:32 ID:nIdOay0L
母親「稔さん、学校に行く時間ですよ」
息子「いやだ、いやだ、もう学校なんて行きたくないよ!」
母親「行かないわけにはいかないでしょう」
息子「だってみんなが僕のこといじめるんだ」
母親「でもあなたが行かないとみんな困るのよ」
息子「お母さんは僕がどんなにつらい目にあってるか知らないからそんなこといえるんだ。絶対に行かないからね」
母親「でも稔さん、あなた校長なのよ…」

914 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 06:13:54 ID:nIdOay0L
↑目欄はこれを絵でやってたから神

915 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 07:55:42 ID:e4n8E7cn
ショートショートの広場でも同ネタあった希ガス。

916 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 08:09:20 ID:3AyW2YnS
ネットゲーム上で同ネタの会話を繰り広げたこともある。
「あー期末テストうぜー」
「学生さんなんだ」
「いや、問題出す方」
いつも厨発言繰り返してる方が教師だとは思いませんでしたよ。

917 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 10:40:39 ID:JDjcSZ/N
>>913は、となりのやまだくん でも出てるな。

918 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 12:54:34 ID:8nn6zO+n
稔さんシリーズでも始まったのか?

919 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 18:34:33 ID:nIdOay0L
「高校のときの体操服普段着に使ってるって普通だよね」
「…、ジャージってこと?」
「ううん、ブルマ」
「普通と違うな。女子から盗んだやつか?」

920 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 19:27:57 ID:7lYRM8Ya
「俺たちもうそろそろ30だけど、高校のときの体操服は普通にまだ使えるよな」
「…、ジャージってこと?」
「ううん、ブルマ」
「ああ、普通に使えるな。女子から盗んだやつだろ?」

921 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 02:41:03 ID:RlMIYkWQ
使っちゃうわけか

922 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 09:49:59 ID:BO4IPSA4
使い方にも色々あるしさ…

923 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 22:54:27 ID:RMCqpz+t
人間になった翌日、私は妻とともに散歩に出かけた。
まだ冬だというのに木は青々としている。
若者の表情は希望と活気に満ち、世代間で支えあう喜びにあふれている

「老後の心配で商売ができる時代は終わったのだな」
昨日までとある保険会社に勤めていた斎藤さんが、微妙な表情で私たち夫婦に言った。
「ええ、これからは国が老後を支える時代なんですよ」
普段は滅多に話に加わらない妻の靖子が、斎藤さんの肩に手を置いて優しく言った。
「人という字を御覧なさい。二本の線がお互いを支え合っているじゃないですか」
通りがかりの髪の長い中年男がそう言って微笑んだ。

ロックンローラーは長年積み立ててきた外貨積み立てを解約して、国民年金の未納分を納めた
「外貨資産はもう不要だ。これからは日本政府を信頼しよう」
未納分を収めた江角マキコの表情で男は言った。

青空のなかををツバメが横切っていった。


924 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 02:26:33 ID:gcLXt8im
下から読むの?

925 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 14:11:51 ID:X5IjKtbC
今市分からん

926 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 14:25:20 ID:2R3pLhoa
ぼくの親は中が悪い
きょうもふたりで喧嘩している
うわきしただのしてねーだのいつもの喧嘩だ
だから今日、ぼくは思い切っていってやったんだ

「そんなことよりセックスしなよセックス!!!!!!夫婦なんだから!”!!!」

両親はポカーンとした顔でこっちをみたが
すぐににやりと笑ってこういった

「やっとお父さんとおじさんを夫婦と認めたな!」

927 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 14:36:03 ID:tReI7DRs
もう次スレから「ホモネタ禁止」ってテンプレに入れないか?

928 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 21:08:15 ID:QZF4OZ9K
「うーん、気持いいー」あたしは、潮の香りを胸いっぱいに吸い込んだ。
この島の真ん中にある立派な建物で、今あたしと彼は二人っきり。彼に無理させちゃったかな。
「おい、こっち来いよ」彼はあたしをそっと後ろから抱き寄せた。あたしも彼に身を任せる。
「お前の体、今どうなってる?」彼は耳元で囁いた。
もう彼ったら、すぐそういうこと言うんだから…。
いつもだったら恥ずかしくて何も言えなくなるけど、今日はあたしも大胆になっていた。
「あなたと一緒よ。でも…あなたの体に有って、あたしに無いものがある…かな」
わぁ、言っちゃった。あたしは、自分の言葉で真っ赤になってしまった。
「よし、じゃ俺の有るもので、お前の無いものを塞いじゃおう」
彼はあたしを抱えあげようとしたけど、あたしは彼の腕の中をすり抜けた。
いつも意地悪されてるから今日は焦らしちゃえ。あたしは部屋の真ん中にある
大きな柱の陰に隠れた。彼も追ってきて、二人で柱の周りをグルグルとかけっこ。
すると彼は突然反対方向に回りだして、私は正面から彼に抱き締められた。
「ほら捕まえた。お前ってホント可愛い女だな」
「ずるーい。でもあなたも最高の彼だわ」そのまま私達は…・
〜ザザーン(波の音)〜
「何か今日お前すごく感じてたな。俺も結構興奮したから、間違いなく命中したな。
八つ子位できるかもな」
「馬鹿ね、そんなに出来たらあたし壊れちゃう」
でも、彼にそう言われると、本当に八つ子が生まれそうな気がしてきた。幸福感の中で、
あたしはこの先ずーっと未来の人達にまで、私達は幸せでーすって宣言したくなりました。
ねっ、あたしの大、大、だーい好きな、彼、イ・ザ・ナ・ギ!

<新刊のお知らせ>
皇孫誕生記念「超意訳(チョイヤク)古事記」 定価 皇紀2,666円(税込) 天照出版




929 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 21:12:40 ID:iu5LDRQg
>>928
マジで読みたいw

930 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 21:31:13 ID:Vb+8F2r+
>>927
なりなりてなりあわないトコでバレるけどおもろいw

931 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 01:19:13 ID:Ahu2+DjY
日本語でおk

932 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 02:34:20 ID:qyioMx5Z
おもろい

933 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 09:43:42 ID:RyZIcMII
この後、イザナミノミコトはマ○コが焼け爛れて死んで、イザナギの所為とはいえ、
黄泉の国の女王みたいになって1日千人殺すという恐ろしい女になると思うと切ない


934 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 09:50:27 ID:3E+AxIM+
カルト創価、犬作信者乙。

935 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 18:30:58 ID:WEsnuerP
学生寮の食堂に入ったおれはテーブルを見て思った
「おお、今日はトンカツかぁ〜大好物や!うぴぴぴぴ」
適量のトンカツソースをかけて必死にかぶりつく
あれ?あれれ?これ違うんとちゃう?ああ、こ、こりは!
そう、大好物のトンカツではなく大嫌いなコロッケだったんぼです
三郎ちゃんは何度も首を振って否定しようとした
3枚のTシャツの中からおじさんが出てくると言った
「食べれ食べれ食べれ!いっぺんに食べりゃあ!」
それからおれはソースをたっぷりかけて食べた
まるでソースでコロッケの味を消さんが如く
目がチカチカし始めた
眼の前に赤い風景が広がった
口の中に血の味が広がっていく
三郎ちゃんはもう息をしていなかった
支配者としての苦悩かもしれない悲しみかもしれない
「500食限定だけど食べれてよかったけん」
色々な情景が思い出される
とんこつラーメンは本当に美味かった

936 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 19:14:18 ID:gZtbKBh8
>>928
鯨統一郎『千年紀末古事記伝ONOGORO』を思い出しました。

937 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 22:23:26 ID:h8o7WW6F
>>935
俺九州人だけど、そういう九州弁の使い方が一番腹立つ

938 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 22:26:34 ID:7Ke3M05d
>>935
小学生からコツコツやり直せ

939 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 02:22:45 ID:+guBcZ2T
なんかもう普通につまらない文章ですな

940 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 17:30:48 ID:oXPq4vhx

おっ、久々レスがついてるな。最近ホモネタとか、
さっぱり訳が解らんのばっかりだからな。
そういうのじゃなくても何行目かでオチが解るしな。

90:★面白い叙述トリック考えた2★ (940)
クリックしてみた。

騙された…



941 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 18:42:08 ID:jLSiiRQI
>>940
面白い。だが誰かが同時に書き込んでたらどうするきだ

942 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 02:32:18 ID:K2pCBy/v
>>937
もっとほかに突っ込むとことあるだろw


どうしてこんなに可愛いのかよー♪
孫という名の宝物♪


ソフトバンク社歌「孫(そん)」

943 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 00:37:36 ID:mESjpkoe
>>942
ソフトバンク使ってるオイラが来ますた。
不覚にも吹き出し、夜食のから揚げが……

ガビーーーーーン!(゚o。)

944 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 11:37:28 ID:sjLyX6c2
「おまえにチンポ入れちゃうぞー」
「イヤーンヤメテー」
「グッヘッヘ」
「アッー!」
「どうだ気持ちいいか」
「悔しいけど感じちゃうー」
「俺も感じちゃうー次はおまえのチンポを俺のケツの穴に入れてー」

945 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 12:15:13 ID:tOTqb2YJ
このスレ、次スレあるかな…

946 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 19:13:02 ID:BAq8osjo
突然女房から連絡が入ったので、俺は慌てた。
「ん、何だよ急に。えっ、今何してるかって?だからぁ昨日出掛ける前に言っただろ。
時代劇の撮影だよ」
女房は時折、不意に俺に連絡を入れてくる。俺は手に持ったブランデーグラスを
急いでテーブルに戻した。
「今スタジオで相手役のエリカとリハーサルの真っ最中だよ。現代劇と違って、
時代劇は立ち居振る舞いとか難しいからリハも念入りなんだよね。
俺、時代劇初めてだしさ」
ベッドの上では、艶かしいネグリジェを着たエリカが起き上がって
気だるそうに髪をかきあげている。
「何、浮気が心配?もう、何言ってんだよ。新婚三ヶ月で浮気する男なんかいないよ。
えっ、じゃあ一年経ったら浮気するのかって?揚げ足取るなよ。そういうことじゃないから」
エリカは意地悪そうな笑みを浮かべると、何を思ったのかネグリジェのボタンを外し、
陶器の様な真っ白い豊かな胸をはだけてわざと俺に見せつけた。俺は目を逸らした。
「と、とにかく、俺はお前一筋なんだから。安心してくれよ。なっ、もういいだろう、
リハ再開するから。うんうん、また連絡するよ。じゃあな」
俺は、深く息を吐いた。まったく女房の心配性には呆れるよ。俺ほど女房のことを
愛している男はいないのに。俺はエリカに向き直った。
「エリカ!お前なぁ、俺が女房と話している時に胸とか見せるなよ。
もし”ビジフォン”だったら俺は即離婚だよ」
俺は耳の中から”耳フォン”を外しながら、エリカに文句を言った。

「ちょっとしたジョークよ。大体リハ中に耳フォン付けたままのあなたが悪いわ。
女優はね、役に入ると相手役に本気で感情移入するんだから、奥さんとの
痴話喧嘩なんか目の前で見せられたら白けるわ」
エリカの言うことは全くの正論だ。俺に反論の余地は無かった。
「悪かったよ。もう電源切ったから。監督、スタッフのみんなもすいませんでした。
気を取り直してリハお願いします」
俺はセリフの確認のために台本に目を通した。
台本の表紙には「時代劇『平成太平記』2206年12月公開」と書かれている。


947 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 22:26:21 ID:RZG5ozWD
ヤンキースの松井秀喜選手の大ファンだったので思い余った母が連絡を取ったようだ。
なんと松井選手が僕のところに来てくれたのだ。
「やあ、稔君。手術を受ける決心がつかないそうじゃないか。お母さんも心配なさってるよ」
「でも、手術なんて…。怖いよ」
「何事も思い切ってチャレンジさ。勇気を出して」
「そんな。簡単に」
「よし、約束しよう。僕が明日ホームランを打ったら君も手術を受ける、これでどうだい」
「え、でも…」
「いくら僕だって狙ってホームランを打つのは難しいよ。でもきっと打って見せる。大切なのはチャレンジ精神さ」

そして、次の日の試合最終回に松井選手がサヨナラホームランを打った。ホームに向かう松井選手の顔がアップになったとき、
「さあ、稔君。次は君の番だ」という声が聞こえたような気がした。僕も母もテレビの前で泣いていた。

僕は手術を受けた。成功だった。僕はとうとう包茎から脱却できたのだ。
松井選手、勇気をありがとう。




948 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 23:14:46 ID:gAUnpZT9
>>947
伊集院のラジオで良く出てくるネタだよな。

949 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 00:38:07 ID:VixrG+Zc
>>947
叙述になってない

950 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 11:07:48 ID:QRsSRvci
>>946
面白いと思うけど、引っ張りすぎじゃない?

>>947
「脱却」にワロタ



951 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 07:35:35 ID:+xlxBSep
川島里沙が死んだ。自殺だった。
遺書は無かったため、原因ははっきりしないが、生徒によるいじめか、教師によるいじめか、担任に問題があるのか・・・。
マスコミはこの事件を大きく報道し、PTAは情報の開示を求め、連日学校に押し寄せた。
中でも川島の親は娘の事件を調べるのに精力的だった。

俺のクラスの川島の席には花が供えられている。
事件のショックで何人かは欠席してるが、それでも授業は執り行われる。担任の山口が、HRを始める。
「事件について情報を集めたいと職員会議で決定した。今日はそのことについて話したい」
俺は山口があまり好きではない。神経質そうな眼鏡が特に苛立ちを感じさせる。
「彼女の・・川島君の事について、何か知ってる者はいないか?」
川島は女子ともうまくいってたし、男子に対しても、普通に接していたはずだ。
「はい」田中がすかさず手を挙げた。
「何だ?田中君。何か知っているのか?」
山口は女子でも、男でも君づけをする。そんな所も俺は嫌いだった。ソリが合わないのだ。
「俺、川島が小川に泣かされてるのを見たぜ」
田中が俺の名前を言った。ばれてたんだ・・・。
「何?本当か・・・。小川君・・。後で職員室で話そう・・」
山口は田中が年上を呼び捨てにしたことをとがめず、俺の方に向かって言った。

「なんて事だ・・。副担任のくせにそんな・・・」
職員室で俺の話を聞いた山口が嘆く。決して俺の責任ではないはずだ。
「仕方なかったんです。だってそうでしょ教師と生徒の恋愛なんて・・・許される者じゃない。年の差だって28と15ですよ。離れすぎです」
俺は川島に告白され・・・そして・・・振った。
「しかし、振るなら振るで言い様はあったんじゃないか?」
「だからといって振ったら、自殺するなんて全く思ってないですよ」
この事が公表されたら、事件は俺が行く学校の先でついて回ってしまうだろう。
「とはいえ、向こうの親御さんもうるさ型だからなぁ・・」
俺は疲れを感じ、頭を抱える山口を放って、帰路についた。

電気店を通り過ぎるとき、ちょうど夕方のニュースが流れた。
「○×中学校の3年生副担任・川島里沙さんの自殺した事件で学校側は今日も情報を開示しませんでした・・・」
いつもと同じ顔写真が映し出されていた・・。

952 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 07:57:03 ID:PaHHCVk4
>>951
良いね。このスレ向きでw

953 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 09:29:07 ID:+PEOeTQG
>>951
これはいいね
叙述トリックと知ってても楽しめる

一応突っ込むところがあるとすると
>許される者じゃない
の所かな

954 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 09:36:40 ID:Vh8tTDwl
>>951
第2段落で「俺」は生徒じゃないのかな、と勘ぐって読んでいったら
本当にその展開で「ありゃ?」って思ってたら、最後の最後で
またひっくり返された。GJ。

955 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 13:30:00 ID:9RC+ZByc
すまんが最初でわかったよ。
まあこういうスレだから仕方ないけど。

956 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 14:06:28 ID:HB8886lD
この作品の肝は、中盤で「俺」の位置を変えようと
してる所だと思うのだが。
だから最初で解ったというのは野暮だと思うよ

957 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 14:18:42 ID:HB8886lD
それにしても俺のIDいいなぁ

958 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 14:50:30 ID:+PEOeTQG
惚れるぜ

959 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 15:30:53 ID:hVE7ukJ8
とても秀逸な内容で感心したんだけど、

「俺のクラスの川島の席には花が供えられている。」

この一文ってありえなくない?副担の席なんてないよね。


960 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 17:40:08 ID:n7uzktsN
副担は小川

961 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 17:56:25 ID:4ATvMCXC
>>960
そんな餌で俺様がクマー

962 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 18:34:09 ID:AwvJTZiF
その客が入って来たのは朝方だった。
こんな時間にやって来るのは決まって酔っ払いか仕事帰りのホストだ。
つまり私と同じ、くだらない人間だ。
私は手早く仕事を終えた。
男は悲鳴を上げるほど喜んだようだ。
私は手早く部屋を片付け、男から金を受け取り「さようなら」と言った。
そして冷たくなった女の上に重ねた。

ふと鏡を見ると、醜い清掃係の老婆が映っていた。

963 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 19:23:29 ID:feN+D/L6








「粗忽 私 私 祖父」
ワケがわからん


964 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 00:52:44 ID:iSOGKxAY
>>951
すんなり騙された。よくこういうの作れるなぁ・・・。

敢えて、敢えていうなら、再読して>>959と同じところに引っかかったけど。
でも上手いよ。


965 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 13:15:30 ID:YZ/JNhhx
>>959
申し訳ない。自分は中学時代副担任というものを経験したことが無く、母の手伝いで中学校に入った時に、教室の前に先生の机が二個並んでたからてっきり存在するものと思ってた・・。
その文の一行下を開けて「俺のクラスの」という部分を削れば職員室にある席と教室の席をごまかせると思って一つよろすく・・・。

966 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 13:29:16 ID:j/niTfLZ
細かい所に指摘があるのは良作の証拠だよ
>>699の時も「生徒たち」で盛り上がったじゃん
残り少ないこのスレが最後で引き締まった感がするよ
次作もヨロ

967 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 13:52:05 ID:BmWfImrH
次スレに向けてテンプレ案とかある?

968 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 16:18:49 ID:KFxfNENh
・衣は氷水でよく冷やす
・油は菜種油やオリーブ油を使うとカラリと仕上がる

969 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 17:23:22 ID:lcjfkqWk
ワタシはいつもの場所でならんでいた
それがワタシの仕事なのだから仕方がない
やがて男が札びらをきって値段を聞いてきた
今夜ワタシはこの男に買われてしまうのだろうと思うとすこし欝になる
やがてワタシはうすぐらく汚い部屋に連れていかれた
部屋の中には汚いエロ本や汁が残ったままのカップ麺が置かれている
男はもう我慢できないといった顔つきでワタシの服を強引に脱がし
「さっさと湯につかれよ」とワタシを湯に入れた
やがて宴が始まった
「チュパッチュパッ」「ああーいいー」「グチュグチュッ」「うめえなおめー」
男は獣のように叫びながらワタシを陵辱し続けた
「ああーッやっぱラーメンは日清に限るな!」

970 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 17:59:13 ID:zGK1yBgi
それは天ぷらだ!



…これでいいか?

971 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 18:58:25 ID:eYzWgw8R
>>969
韓国のCMであったじゃん

972 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 20:53:34 ID:KFxfNENh
>>970
違う
フライだ!
と突っ込め

973 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:25:42 ID:lcjfkqWk
>>971
俺韓国人じゃないので^^;

974 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:27:47 ID:ZbKTBP9e
>>973
韓国人じゃないなら、韓国のCMをパクってもOKなのか。

ぱくり民族のCMをぱくるとは、底辺中の底辺な奴だな。

975 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:29:45 ID:U1qrIeaY
このスレらしからぬ流れだな。
これも叙述か?何かオチがあるのか?

976 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:41:20 ID:U1qrIeaY
あ、わかった!「底辺だー」か

977 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:55:46 ID:KFxfNENh
>>976
その字をそこべと読む俺はどうしたらいい?
教えてくれ976

978 :流れも読まずに初投稿:2006/10/28(土) 22:22:31 ID:Uop8AFH9
叙述かどうかといわれると自信はないですが。


吾輩は猫である。名前はまだない。
どこで生まれたのかとんと見当がつかぬ。
物心ついたときには一匹で今の飼い主と暮らしていたから、親が健在なのかも兄弟姉妹がいるのかもわからぬ。
それが寂しくないと言えば嘘になる。が、どちらにせよ親とはいつか別れるものだし、いるかどうかもわからぬ兄弟たちのことを心配しても仕方がない。
吾輩自身は割と幸せに暮らしているのだから、冷たいようでもそれ以上を望むのは贅沢というものであろう。
まったくもってすべて飼い主のおかげである。
ちゃんとした食事と柔らかな寝床、トイレこそ厳しくしつけられたものの、砂はいつでも新品同様。
爪を研ぐのは指定の板など、生活のルールさえわきまえていれば必要以上の干渉もない。
ありがたい話だ。なんというか、たった一つの欠点を除けば最高の飼い主といってもいい。
たった一つの欠点……それを思うと吾輩、ちょっと気が滅入る。吾輩もその欠点の被害者なのだからして。
溜息をつきつつ、吾輩は自らの寝床たるキャットハウスにかけられた表札を見た。ふう、まったくもって、ネーミングセンスだけは何とかならなかったものであろうか。
「Madanai'sはうす」
……吾輩は猫である。名前は――


どっちかというと、どんでん返しかなあ?

979 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 22:27:10 ID:MgTmD7i7
はいはいイッパイアッテナ

980 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 23:26:37 ID:lXUb05Mz
>>978
おもしろかったよ

981 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 09:42:12 ID:EM4ZGpDZ
もう少しで終わるね…シミジミ
思えば500越えた辺りからペースが
早かったな

982 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 10:09:50 ID:qtuO9BKf
もう少しで終わるね…シジミ
思えば500越えた辺りからペスーが
早かったな

983 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 12:50:21 ID:BvXOFUO5
もう少しで終わるね…シミジミ
思えば500話越えた辺りからペースが
早かったな


ワンピース




嘘だよーん




299 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)