2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中井英夫「虚無への供物」第三の薔薇園

1 :名無しのオプ:04/06/19 21:37 ID:Tkle4sNh
ここは中井英夫氏の大作「虚無への供物」を中心とした話題を扱うスレッドです。
中井氏の他の作品についても存分にお話しください。

前スレ
「虚無への供物 part2 /中井英夫」
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1053672930/l50

過去スレ
「虚無への供物」
http://book.2ch.net/mystery/kako/961/961518662.html

作品リスト
homepage3.nifty.com/DS_page/nakai/slist.htm


2 :名無しのオプ:04/06/19 21:40 ID:Tkle4sNh
三大奇書、または黒い水脈
「ドグラ・マグラ」
「黒死館殺人事件」
「虚無への供物」

戦後の三大名作(昭和五十年代以前)
「獄門島」
「刺青殺人事件」
「虚無への供物」


3 :名無しのオプ:04/06/19 21:40 ID:Tkle4sNh
どのへんがアンチミステリか良くわかんないんですけど。

part1
187 :名無しのオプ :2001/06/10(日) 13:41
現実の世の中を見まわしてみれば、推理小説よりもホラー小説よりも
もっと巧妙で奇怪で恐ろしい出来事がたくさん発生している
そのことをこの作品で強調した中井英夫は結局、以降推理小説は書かなかったとか。

一般に探偵小説推理小説と言うものは作者のトリックに驚き、遊ぶものに過ぎない。
中井英夫は前半部分を、そういった過去のミステリのエッセンスを
極端に圧縮した結晶体として描き、ミステリの衣を着させ、
最後でそれらの一切(推理合戦とか)を否定・超越するための
つばさを読者に与えたのではないでしょうか?


4 :名無しのオプ:04/06/19 21:41 ID:Tkle4sNh
part1
214 :名無しのオプ :2001/07/12(木) 22:46
笠井潔は「物語のウロボロス」で「虚無への供物」を取り上げて、最後に明らかに
なる犯人が犯人であるという証拠はない、と書いている。
この人物が犯人なのかそうでないのか、曖昧としているからアンチ・ミステリー
なのだと。
でも、誰もそこまで深読みしてないみたいだね。
講談社文庫の巻末の著者年譜の昭和五十九年には、「幻想文学」9号に載った
笠井の文章に励まされたと書いてあるが、それがこれ。

215 :密室博士 :2001/07/12(木) 23:16
>214
そうね。あの人が犯人でないとすれば、結局全部事故死になって、それはそれで
つじつまがあうんだよな。
しかしそのような「犯人のいないミステリ」はまったくの虚無になってしまう、
(=無意味な大量死を是認することになってしまう)から、
せめて登場人物の一人に「自白」させて、せめてもの「虚無への供物」としてるんだよな。



5 :名無しのオプ:04/06/19 21:43 ID:Tkle4sNh
「アンチ・ミステリー」とは何か
―― 定義の問題
田中幸一
homepage2.nifty.com/aleksey/LIBRA/anti_mystery.html



6 :名無しのオプ:04/06/19 21:47 ID:Tkle4sNh
■幻想的掲示板より■

「中井英夫シンポジウム」のご案内 / 新青年研究会
■2004年6月26日(土) 18:00〜21:00
■豊島区立勤労福祉会館 第4・第5会議室(池袋消防署隣り・池袋駅西口徒歩7分)
■パネラー:黒瀬珂瀾/村上裕徳/川崎賢子(順不同・演題未定)
*入場無料。皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。
http://members.at.infoseek.co.jp/sinseinen8/topr.htm


7 :名無しのオプ:04/06/19 21:50 ID:Tkle4sNh
782 :名無しのオプ :04/04/23 22:21
 タイトル:『凶鳥の黒影 中井英夫へのオマージュ』(仮)
 発売日 :2004年8月or9月
 装幀者 :間村俊一
 装画  :建石修志
 本体予価:2300円前後

【予定執筆者――短篇】
赤江瀑・有栖川有栖・菊地秀行・北森鴻・倉阪鬼一郎・竹本健治・嶽本野ばら・津原泰水・皆川博子・森真沙子・山田正紀・中井英夫/短篇再録『黄泉戸喫』

【予定執筆者――エッセイ】
恩田陸・笠井潔・北村薫・長野まゆみ・三浦しをん

【監修】
本多正一

(ソース:津原掲示板)

8 :名無しのオプ:04/06/19 22:13 ID:3bbq/3NC
鞭をふるう与太者の存在に心が震えるのは私だけだらうか?

9 :名無しのオプ:04/06/19 22:37 ID:uvoIPecx
やはり「とらんぷ譚」だな。

10 :名無しのオプ:04/06/19 22:45 ID:LgkDmr5j
中井英夫ってホモだったんだよね。
生涯結婚せず、美青年の召使い?を置いていたそうで。

11 :名無しのオプ:04/06/19 22:52 ID:LgkDmr5j
「とらんぷ譚」では「悪夢の骨牌」がいいね。
藍沢柚香タン(;´Д`)ハァハァ
「人形たちの夜」も好き。

12 :名無しのオプ:04/06/19 23:19 ID:Tkle4sNh
>10
それは事実と違いすぎる。生きている人もいるのだから失礼だぞ。
www.asahi-net.or.jp/~hc2s-ozw/asak_12a.html


13 :名無しのオプ:04/06/19 23:28 ID:LgkDmr5j
でも、創元ライブラリー「とらんぷ譚」の巻末付録エッセーで、
石川順一という人が、中井英夫の家を訪ねたら、半裸の若い男が出てきて
度肝を抜かれたというようなことを書いてるよ。
男色モチーフの作品も多いし。


14 :名無しのオプ:04/06/20 09:25 ID:874eo+dp
ホモというよりゲイ ゲイというより男色
・・・・と呼ぶべし
今どきそんなもんで騒ぐなよ箱入り娘じゃあるまいし々

15 :名無しのオプ:04/06/20 11:27 ID:xhYDQUc1
虚無への供物で一番好きな台詞が
おキミちゃんの「いけませんわ、同性愛は不潔ですもの」
な俺は間違ってますか?

16 :名無しのオプ:04/06/20 14:40 ID:WyS12Ic2
中井んトコによくたむろってた奴らは、
ホモをネタにしていたような気がしないでもない。

17 :名無しのオプ:04/06/21 13:43 ID:Sry366H/
新装版『虚無への供物』書評/穂村弘
http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=6062


18 :名無しのオプ:04/06/21 15:17 ID:k+Pf5rXF
前スレで話題になった穂村氏の文章、ネット上で無料で読めますか、
そりゃ、よかった。

19 :名無しのオプ:04/06/23 01:07 ID:ruE8Dq9S
 思春期の人間は皆、この世ではない別の世界への入り口を探すものだと思っ
ていた。そして、必ず一度は『虚無への供物』に辿(たど)り着くと。迷宮的
なミステリーの形式をとりつつ、ここではないどこかを夢みる者のバイブルの
ような本書には、反・世界への入り口が至る所に鏤(ちりば)められている。
逆さまにはめた時計、青い薔薇(ばら)、同性愛、旧仮名遣い、数え年……。

 だが、今回久し振りに読み返して、その内容が意外なほど戦後の現実に結び
ついていることに驚いた。

 <いまの時代では、とにかく、ぼくたちは何かに変わりつつあるのかも知れ
ないね。人間じゃない何ものかに。一部分ずつ犯罪者の要素を持った生物とい
うか……><この一九五四年から五五年にかけて、責任ある大人だった日本人
なら全部犯人の資格がある筈(はず)だから>

 全編を通じて、日本の戦後という時間に対する呪詛(じゅそ)に充(み)ち
ている。目をこすって見直せば、前述の反・世界への入り口とは、どれも「デ
ジタルな時間、新仮名遣い、異性愛」など近代から戦後に至る流れの中で確立
されたルールのシンプルな裏返しにも思えてくる。『虚無への供物』とは反・
戦後の書でもあった。

 戦後の社会システムやその土台にある近代的規範の耐用期限が切れそうな今、
本書の反・世界性が生々しい存在感をもって立ち上がってくるようだ。



20 :名無しのオプ:04/06/23 03:12 ID:ogP6NJ36
なるほど面白いですね。コピペおつかれさま。
>>11が孤独なようだけど、私も柚香、好きだな。
「ちょっとしたトリックで、周りに群がる男たちを片輪にし火傷をさせ、
いともやすやすと廃人にする才能は生得のもので」って、
もうたまりません。

21 :名無しのオプ:04/06/23 19:55 ID:jFq9Zbvi
虚無への供物にしろ他の作品にしろ、
ちょっとした言葉や仕草がたまらなく思える時があるね。

22 :名無しのオプ:04/06/23 22:54 ID:u/3vcVQc
前スレの埋めがおもしろい!

23 :名無しのオプ:04/06/25 00:37 ID:UZ+9NExw
虚無への「くもつ」なの、「くぶつ」なの?
教えてエロい人。

24 :名無しのオプ:04/06/25 00:44 ID:WujHIqAU
くもつ

25 :名無しのオプ:04/06/25 00:54 ID:OlKEoUgB
ふぅ、読了。

死ぬまでにしたい500のことリストの1つにチェックが入った満足感はあるけど、
この小説をもう未読作品として読むことができないのは些か残念。

26 :名無しのオプ:04/06/25 07:45 ID:IXzNKGLq
>25
3年か5年おきに読むと未読気分味わえる作品だと
思ってるなり、自分。

27 :名無しのオプ:04/06/25 08:06 ID:ztPqOnaM
>>25
今度は、12月10日に読み始めるといいかもしれない。
「非誕生日」にはあの告発を読んでみたり。

28 :名無しのオプ:04/06/26 08:52 ID:3Xhq09re

「中井英夫シンポジウム」のご案内 / 新青年研究会
■2004年6月26日(土) 18:00〜21:00
■豊島区立勤労福祉会館 第4・第5会議室(池袋消防署隣り・池袋駅西口徒歩7分)
■パネラー:黒瀬珂瀾/村上裕徳/川崎賢子(順不同・演題未定)
*入場無料。皆様お誘い合わせの上ご参加下さい。
http://members.at.infoseek.co.jp/sinseinen8/topr.htm

今日だね

29 :名無しのオプ:04/06/26 10:36 ID:sOKVqRyJ
■パネラー及び演題:(順不同)
 黒瀬珂瀾 「中井英夫と現代短歌 前衛短歌は誰のものだ?」
 村上裕徳 「編集者時代の中井英夫と短歌界・俳句界」
 川崎賢子 「中井英夫──研究の課題と問題提起」



30 :名無しのオプ:04/06/28 22:46 ID:AazSGyUO
どうでもいいけど誕生日があのひとと同じなんだよ
今年はたまたま友達が「非誕生日会」の日に祝ってくれたから
なんか嬉しくてソワソワしてしまった

31 :名無しのオプ:04/06/29 08:50 ID:QFur0tXt
「おいおい、非誕生日だよ、告発大会だよ。夜の蓑虫と聖不動経と鉄格子だよ」
と思っていたかもしれない>>30の姿が……

いいなあ、あの人と同じ誕生日。


32 :名無しのオプ:04/06/29 15:33 ID:2LiKCb9U
なぜ、あの人はあの人と呼ばれるのだろう。
いや、それよりも、藍ちゃんと一緒にあの人の風呂を覗きたい。

33 :名無しのオプ:04/06/29 22:41 ID:07gzvCHa
シンポジウムのレポート。短歌の話が主だったのか。
ttp://homepage3.nifty.com/DS_page/dokusho/0406.htm#26

34 :名無しのオプ:04/06/30 19:26 ID:VyuUdxVY
「青いバラ」の開発に成功 サントリー
 サントリーは6月30日、世界で初めて青いバラの開発に成功した、と発表した。不可能の代名詞とされてきたBlue Rose。“青っぽい”バラはあったが、これはバイオテクノロジーでバラ自身が青色色素を作り出すことに成功。不可能を可能にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040630-00000007-zdn_n-sci

35 :名無しのオプ:04/06/30 20:14 ID:PZu7GJ34
34>>
私もそれコピペしに来たのに・・・
ばかー(っДT)

36 :名無しのオプ:04/06/30 23:31 ID:RUbag5pC
報道ステーションで青いバラとやらをみましたが、
それほど青くなかったですねぇ。
あれでも画期的なの?

37 :名無しのオプ:04/06/30 23:40 ID:VyuUdxVY
>>35
それはどうも。
これがそれ↓
http://www.suntory.co.jp/news/2004/8826.html

38 :名無しのオプ:04/07/01 05:30 ID:Wjr8enLp
去年も青い薔薇出来ターってこのスレで話題になってたが、
結局青認定されなかったよな。今回も無かったことになりそうだ。
テレビで見た感じじゃ、紫の薔薇だった。

39 :名無しのオプ:04/07/01 07:34 ID:6/FYQLpF
青い薔薇は咲かないからこそ美しい。

40 :名無しのオプ:04/07/01 11:36 ID:bP2QQxyq
いいんだよ、蒼司が青薔薇なんだから。
幻の薔薇、幻の人。

41 :名無しのオプ:04/07/01 18:49 ID:qyoW+YvH
薔薇人ですが、何か?

42 :鬼村庄造:04/07/01 19:18 ID:0XiubEQL
とうとう逢いましたね

43 :名無しのオプ:04/07/01 21:26 ID:MNBhzS10
↑コワ

44 :名無しのオプ:04/07/02 19:24 ID:Y9fqWuk/
蒼薔薇様のやけっぱちな態度に萌え

45 :名無しのオプ:04/07/02 19:42 ID:rVdhs2CF
僕も蒼薔薇様に告発されたいです

46 :名無しのオプ:04/07/02 20:39 ID:9S6FR0gN
牟礼田は蒼薔薇様ハァハァだったようだけど、アリョーシャもそうだったのか?
初めて知り合った時の甘美な誘惑にも似た思い云々とあったし。

凄い吸引力だな、蒼薔薇様。

47 :名無しのオプ:04/07/02 21:03 ID:ejAM/GPW
アレか?やっぱ蒼薔薇様からロザr(ry

48 :名無しのオプ:04/07/02 21:09 ID:kVYo8N4x
アリョーシャの方が学年が上なんだが

49 :名無しのオプ:04/07/03 12:51 ID:HRcwQS/e
>>48
なんと。アリョーシャってレギュラーの中じゃ藍ちゃんの次に若いイメージだったのに。
こんな感じで

群>久>アリョ>藍

50 :名無しのオプ:04/07/03 16:05 ID:8D6raXRE
年齢は、多分

牟礼>久生>アリョー>蒼司>紅司>藍ちゃん

だと思う。手元にないので確認できないけど、
確か久生はアリョーシャより一つ二つ年上だという記述があったような気が。

51 :名無しのオプ:04/07/04 00:22 ID:3WrIEp0b
作者がお姉さん子だったからアリョーシャもそうなのかな。年上の女性にいいように振り回されているけどそれに慣れてもいるみたい。

52 :名無しのオプ:04/07/04 00:54 ID:4MHi/nE6
中井氏の習作「水少年」や「足の裏を舐める男」が読んでみたいと思うのは自分だけ?

53 :名無しのオプ:04/07/04 09:35 ID:G/Z0dQnk
さっきサンデーモーニングで青薔薇ニュースやってた。
みんなの言う通り、紫だった。
それだけ。

54 :名無しのオプ:04/07/04 11:03 ID:TU8NjAzd
蒼薔薇様とアリョーシャ、学年は違うけど年齢は一緒、というのは有り得る?

55 :名無しのオプ:04/07/06 02:50 ID:HcDr/fvN
おまいら、戦後の傑作を論じるのに「学年」とか言ってんなよ。
いや面白いからいいけどw

56 :名無しのオプ:04/07/06 21:00 ID:PBwDRou+
そりゃあネタにするだろうさ。学年でもなんでも

57 :名無しのオプ:04/07/07 01:47 ID:b6Fg9uex
新装版買ったどー
文字も大きいし今度こそ読破できるかも

58 :名無しのオプ:04/07/07 16:47 ID:9AYjMxxC
未読の人は、人生においてこの作品を読むという楽しみが残ってるわけだから、
羨ましいね。
俺も始めて読んだ時、感動のあまり、それを吹聴したい一方、逆に、
かえって、この作品を誰にも紹介したくないって気持ちになったほどだよ。

59 :名無しのオプ:04/07/07 20:31 ID:+gu1h6DB
>>55の1行目の意味が、私にはさっぱりわからないのだが、
>>56氏はどういう意味だと解したのですか?

60 :名無しのオプ:04/07/08 11:23 ID:CatptqGt
いま、虚無への供物を読み終わったけど、正直どこら辺が面白いのかよくわからなかった。
アンチミステリーという言葉も、なんかよくわからない。
久生の密室トリックは、ミステリ史上例がないと前置きしたいたわりに、(メール欄)だったし。
どうしてここまで受けているのか、ミステリー史にくわしい人に、ちょっと解説してもらいたいぐらい。

61 :名無しのオプ:04/07/08 20:40 ID:t24aJBRQ
>60
>3-4


62 :名無しのオプ:04/07/09 12:00 ID:seYk/RHZ
>>52
未発表の草稿やら日記やら、実はまだまだあるらしいぞ。
がんがれどっかの出版社。そして漏れたち。

63 :名無しのオプ:04/07/09 12:54 ID:p2rdgssp
いわゆる新本格隆盛以降に初めて読んだ奴は不幸としかいいようがないな。
こんなところで愚痴たれたい気持はわからないでもないけど。
(と、釣られてみる)

64 :名無しのオプ:04/07/09 13:16 ID:sIwb0+xj
暑い。

それにしても、虚無は夏が似合わないな。
喪服の季が限界だな。

65 :名無しのオプ:04/07/09 18:40 ID:FM/2kcjC
でも「華麗なるフィナーレ」は7/12ですよ。

66 :名無しのオプ:04/07/09 22:24 ID:+sIfaurI
喪服よりベルベットジャケットだよ

67 :名無しのオプ:04/07/10 15:02 ID:TY6oudhb
>63
新本格にハマってから読んだけど、虚無は十分に楽しめたよ。
虚無は「ミステリ」という狭い枠にとらわれない作品だから。

68 :名無しのオプ:04/07/10 15:25 ID:VAOON6Ro
失笑を禁じえない

69 :名無しのオプ:04/07/10 18:57 ID:zP+ayhkB
略して失禁

70 :名無しのオプ:04/07/13 00:18 ID:/9ny1FU5
>67
いわゆるミステリ(アンチ−?)というジャンルにとらわれて読んでしまうとつまらないんでしょうね。
全く同意です。

71 :名無しのオプ:04/07/13 06:56 ID:eOxNQLki
>64
夏といったら「黒塚」を想い出す。あと「見知らぬ旗」も。

72 :名無しのオプ:04/07/13 14:43 ID:C1kXDh4v
きらめく太陽と広がる青空、真綿を思わせる入道雲の下で微笑む蒼司。

何だか想像できないな。

73 :名無しのオプ:04/07/14 00:52 ID:tlEg9uYo
>72
いや、むしろそんな蒼司を想像したいよ・・・。

74 :名無しのオプ:04/07/14 01:42 ID:ufi6gp08
煌めく太陽と入道雲の下、海辺で六尺一丁の青薔薇様(;´Д`)ハァハァ

75 :名無しのオプ:04/07/14 07:14 ID:wTpV3klh
非常に派手なアロハシャツを着込んで麦藁帽子をかぶり、
こんがり日焼けして笑っている蒼薔薇様を思い浮かべてしまった。

76 :名無しのオプ:04/07/15 02:44 ID:5voNeIF5
さきほど『虚無への供物』読了。
顔文字で表すなら、( ´,_ゝ`)フーンってところかな。
三大奇書とかいわれるゆえんもわからないし。『ドグラ・マグラ』はわかるけど。
とにかく、「ふつう」だな、と。
期待して読んじゃったからなのかもしれないけど、別にどうということは。
しんどかったな、と。ながいな、と。胃がもたれるな、と。

77 :名無しのオプ:04/07/15 14:18 ID:StWM97aP
>>75
後ろの砂浜で藍ちゃんが寝転んだ紅司を埋めているのだ

78 :名無しのオプ:04/07/15 15:55 ID:+OtWC5m9
>藍ちゃんが寝転んだ紅司を埋めている→藍ちゃんが寝転んだ紅司を掘っている

79 :名無しのオプ:04/07/16 18:18 ID:3Nki4Zpd
海なら藍ちゃんと行くのが楽しそうだな
蒼司は山とか湖畔のイメージ

80 :名無しのオプ:04/07/16 20:56 ID:fLed0a9S
どこへ行っても麻雀。

81 :名無しのオプ:04/07/17 13:44 ID:8EuM4Fwp
>76
たしかに「奇書」というイメージではないわな。


82 :名無しのオプ:04/07/17 15:28 ID:+Tk6v37t
基本的には純文学だろ、この作品は。

83 :名無しのオプ:04/07/17 22:41 ID:8EuM4Fwp
たしかにテーマは哲学的だけど、
純文学的なテーマの扱いはしていない。
ミステリ仕立てで楽しませながら、
テーマは異様な深みをもち、
しかもミステリーというジャンルへの批評もやっている。
最高の知的エンターテイメントだ!

84 :名無しのオプ:04/07/18 00:13 ID:x8kzE4uy
読んでて「マリア様がみてる」を思い出した

85 :名無しのオプ:04/07/18 09:03 ID:cTrTDThr
紅司が死んだところまで読んだが挫折しそうだ。つまらん。
この先面白くなるのかな?

86 :名無しのオプ:04/07/18 22:17 ID:juHIX/N+
そこまで読んでつまらんのなら、
この先読んでもつまらんよ。

87 :名無しのオプ:04/07/18 23:13 ID:1OLeAOt0
最初はちょっと取っ付きづらいのはたしかかも。
俺も、中学生の頃初めて読んで、最初のゲイバーの場面から
なかなか先に読み進めなかったことがある。独特の文体が馴染めなくて。
でも何年か後にそこを突破できると、後は最後まで一気に読めたから。
今はつまらないと思っても、そのうち面白いと思う時がくるかもしれない。


88 :名無しのオプ:04/07/19 16:18 ID:SjGcL2mn
青薔薇様って呼び方キモオモロイ

89 :名無しのオプ:04/07/22 13:10 ID:jlXT+crf
コウノスゲンジの死が(メル)ならば、何故内側から(メル)をかけ、
這いずって(メル)を開ける必要があったのか教えて下さい。
おながいします。

90 :名無しのオプ:04/07/22 19:38 ID:VrFrFANR
便乗質問。
俺もあのあたりがサッパリ分からない。
メール欄が玄次の部屋に侵入し晧吉の声色を使った理由は何なのか?
それともそれはすべて推理ごっこの世界?

91 :名無しのオプ:04/07/22 22:26 ID:ULZCAtjG
読み終わった〜…なんか疲れた…。
このまま『ドグラ・マグラ』に突入します。
さー気合入れてこー。

92 :名無しのオプ:04/07/23 18:25 ID:ghMaH+Au
91
まさに死ぬほど疲れるラインナップだががんばれー。

93 :名無しのオプ:04/07/24 11:32 ID:V2kXlJEx
>91
9月に『凶鳥の黒影ー中井英夫へ捧げるオマージュ』(河出書房新社)も出るでよ。

94 :名無しのオプ:04/07/27 21:59 ID:+HbztG/E
中井英夫全集 とらんぷたそを購入しますた。
ついでに死霊2巻も一緒にかったら
3000円の出費に。高いなあ・・・(;´Д`)

95 :名無しのオプ:04/07/27 22:58 ID:YrhAo8QD
虚無への供物ってキャラ萌え小説なの?

96 :名無しのオプ:04/07/28 02:22 ID:ogNlHBir
キャラ萌えっていうよりも、人物描写がとにかくうまい。
どの登場人物もそれぞれ魅力的だ。推理小説だが悪人といえる
人物も出てこない。中井英夫作品はすべてそうだね。

97 :名無しのオプ:04/07/28 02:48 ID:iLd/d1XN
>推理小説だが悪人といえる人物も出てこない。

出てきてんじゃん、いっぱい(笑)
最大の悪人が誰かという大ネタもあるし。

というのは半分冗談だが、
悪人らしい悪人を描くより難しいよな、こういうの。

98 :名無しのオプ:04/07/28 22:07 ID:24O+vUsZ
オニクという植物があるというトリビアで解説してた、
科博の植物学の先生が八田(はった)さんという名だった。

ちと驚いた。

99 :名無しのオプ:04/07/29 20:17 ID:mvnoFKem
超頂点(スーパーウルトラクライマックス)age

100 :100げと:04/07/29 20:25 ID:WcJRyWC4
100万本の青い薔薇をー♪
あなたにあなたにあなたにageるー♪

101 :名無しのオプ:04/07/30 07:05 ID:o8b0IlLn
最近、竹本氏の匣の中の失楽を読んだのですが、虚無の方が色んな意味で惹かれます。
お洒落度が違うというか…。
人物造形はもちろんのこと、あらゆる細かい点においてこだわりが感じられて、まさにワンダランドを創りあげていると思いました。
あの終わり方もなんとも言えない感じで。
改めて中井氏を尊敬です。
(くれぐれも、竹本氏への批判ではないのです。)

102 :名無しのオプ:04/08/01 15:53 ID:8e9A8LPa
>>101
竹本に対する批判にしか見えないぞ(w

もう一回自分の文章読み返してみろ。



103 :名無しのオプ:04/08/01 16:29 ID:ysVvCLop
>>102
竹本も悪くないけど、
中井英夫はさらに上、もう別格の存在、
と言っているように私には読めたけど。

104 :名無しのオプ:04/08/01 18:34 ID:YToao+aQ
「匣の中の失楽」なんて中坊の作文じゃん。
比べる方が間違い。

105 :名無しのオプ:04/08/01 20:38 ID:+e45p/6e
と田中幸一も言っています。

106 :名無しのオプ:04/08/01 21:09 ID:goQr+zer
>>104
あの作品はそこを愛でるの

107 :名無しのオプ:04/08/01 22:32 ID:qSg8bV/l
上巻読了。

カルい。いい意味で文体がラノベっぽいね。
風景描写多目の視覚的小説という印象。
少なくとも埴谷よりは読みやすい。

話もとっつきやすいし、これは楽しめるかな、と。
下巻買ってきます。

108 :名無しのオプ:04/08/01 22:38 ID:SmotF6pM
ラノベとは何だ! これはヘノベなのに!

109 :名無しのオプ:04/08/02 00:37 ID:bVWEiLr0
テーマは重く、文章は平易。小説の理想形。

110 :101:04/08/02 07:57 ID:pfsnV9f6
102さん。すいません。103さんの仰るとおりの意味で書いたつもりなのですが、書き方がよくなかったですね。
3大奇書に続く奇書みたいなこと言われたりしてたので、かなり期待して読んだのです。

乾くるみの匣の中でも読んで逝ってきます。


111 :名無しのオプ:04/08/02 23:23 ID:8gOsR7Pm
中井の文章は本当にいいよ。
詩的でさえある。

112 :102:04/08/03 00:25 ID:XdFreHDr
>>110
いや、そんな低姿勢で謝られると、こっちも困るというか……
何か、遠回しなアンチ竹本のような気がして、思わず、な。

正直、すまんかった。

ただ、乾くるみの匣の中は読まない方が……いや、
人それぞれだけれども。

中井の文章が最高、という意見はまったく同意。
以前、どっかの板で、中井の文章は分かりづらくて
下手だ、という意見を聞いて、愕然としたが。

113 :110:04/08/03 05:02 ID:vJxd2HUO
>112 竹本氏の作品はまだ「匣の中の失楽」しか読んだことないので、正直どんな傾向の方なのかわからないのです。

一体、中井氏の文章のどこが分かりづらいのでしょうね。
お洒落すぎてついていけないとか…。
「トランプ譚」とかお気に入りになってしまう話が必ず1つはあると思うのですが。

乾くるみはびみょーなのですか?
Jの神話は読んだのですが…。

114 :名無しのオプ:04/08/03 05:41 ID:biGwvR+x
そういえば、嶽本野ばら氏は「とらんぷ譚」を絶賛しているけど、
「虚無への供物」についてはどう考えているのだろう。

115 :名無しのオプ:04/08/03 07:07 ID:yi5I3nOM
中2の夏、従兄が
「これを最後まで読めたら、大抵の文章は大丈夫だと思うから」
と黒死館を貸してくれたのを思い出した。

116 :名無しのオプ:04/08/03 11:47 ID:2h80tO93
>>113
早々に結論を出してしまうのは危険だ、という事でしょう。
竹本健治ならホラー系がいいと思います。

117 :名無しのオプ:04/08/03 16:41 ID:flpAbN0H
竹本はヲタ臭がプンプン。
それが好きな人にはいいのかもしれないが。
スレ違いでした。

118 :名無しのオプ:04/08/03 18:35 ID:s3u4RvXC
「天帝に捧げる貢ぎ物」繋がり

119 :名無しのオプ:04/08/03 20:56 ID:fxw/+Mxj
>>115
その後チャカポコも読んだか?

120 :名無しのオプ:04/08/03 21:54 ID:fmHn5Ull
黒死館は読みにくいこと自体が自爆的叙述トリックだからな。

121 :115:04/08/04 07:25 ID:iwS7wo/Z
>>119-120
読んだ。どちらも読み終えた時、疲れたなと思ったのを覚えている。
けれども、その疲れ方が違うんだよなあ、黒死館とドグラ・マグラ。

122 :名無しのオプ:04/08/07 01:42 ID:2uW5sBrK
なんか前スレでもあった気がするけど、こんなコト
ほざいているヤツがいるんだな。単なる本オタならともかく、
作家だぞ、こいつ……↓
ttp://www.asahi-net.or.jp/~WL5K-KRD/SOUKO/NOVEL/9703.htm#KYOMU

慌てて竹本の匣失の書評見たら、やっぱりこいつ、アンチ・ミステリ
が分かってない……。

それを理解した上でやっぱり嫌い、と言うならまだしも、
これじゃただ馬鹿を露呈してるだけだよなぁ。

123 :名無しのオプ:04/08/07 13:52 ID:42E5fnIm
>>122
いや、その批評でいってることは全部当たってるよ。的を射ている。
だからこそ、その点を傑作と取るか駄作ととるかは読み手の主観の問題。

124 :名無しのオプ:04/08/07 14:06 ID:42E5fnIm
補足しておくと、自分は「虚無〜」は傑作だと思ったが、
それでも、作品全体に漂う嫌みな感じは気になった。
読者を高見から見下しているような感じというか。


125 :名無しのオプ:04/08/07 14:46 ID:Vgxh6zt9
同じ餌で何度も釣ろうとするのは止めてくれ。

126 :名無しのオプ:04/08/07 15:28 ID:NK2CW21t
9月 ミステリチャンネル
   CS初登場「薔薇の殺意〜虚無への供物」
  (中井英夫原作、深津絵里、仲村トオル 他出演)放送開始。


127 :名無しのオプ:04/08/07 18:25 ID:oyLrhKWs
中井英夫ほど文章のうまい作家は稀だと私は思うけどね。
しかし、人によっては、その「うまさ」
(上手すぎるというか、凝りすぎるというか)に違和感を
覚える人がいるのも確かだろうな、とも思う。
とくに年齢が若いほど、そう感じる人の割合が多いのではないだろうか。
どうもそういう気がするのだけど、いかがかな。

128 :名無しのオプ:04/08/07 20:02 ID:2uW5sBrK
嫌みな要素は全てラストへの伏線、ってことを
分かってて言っているのかと小一時間。

129 :名無しのオプ:04/08/07 20:05 ID:ck08jTjo
>嫌みな要素は全てラストへの伏線
それは説明が聞きたいね。

130 :名無しのオプ:04/08/07 20:24 ID:42E5fnIm
>>128
あの、ラストこそが一番嫌みに感じたけどね。
犯人というか告発者に、お前何様?って感じたよ。

131 :名無しのオプ:04/08/07 21:53 ID:5z3v+bgi
http://roo.to/2chplus/
審判買収の決定的瞬間!!

132 :名無しのオプ:04/08/08 02:15 ID:Mu57R+hA
乱歩を読んで気色が悪いから傑作だとは認めない、
と言ってるみたいなレスが多いな。

133 :名無しのオプ:04/08/08 18:46 ID:EAGCgyu+
夏だからお子様レスが多いのは仕方がない

134 :名無しのオプ:04/08/08 20:58 ID:MJRQZWO1
>>126
なぜ深津絵里の名が最初に、とどうてもいいようなことを気にしてしまった。
亜利夫がいないのが駄目だったな、このドラマ。
仲村トオルは結構好きだが、蒼司というのは少し違う気がしたし。
蒼司が好きなので不満を感じたのかもしれないけれど。

135 :名無しのオプ:04/08/09 09:06 ID:wisa5nre
>>134
仲村トオルはむしろ亜利夫っぽいかもね。
蒼司と藍ちゃんは誰が演じてもどこかから不満が出そう。

久生に振り回され罵られ、ぶつぶつ言いながらも事件に関わっていく亜利夫がいいのに
削っちゃったなんてねえ。惜しいことだと思う。

136 :名無しのオプ:04/08/11 14:22 ID:Hvz2qeKA
凶鳥の黒影――中井英夫へ捧げるオマージュ
L'ombre noire d'un oiseau sinistre
 ―― Hommage a HIDEO NAKAI

【序文】
 鶴見俊輔:序文「中井英夫のこと」

【短篇】
 赤江瀑「歌のわかれ」、有栖川有栖「彼方にて」、北森鴻「銀河・1984」、倉阪鬼一郎「黒月物語」
 竹本健治「黒の検閲」、獄本野ばら「流薔園の手品師」、津原泰水「ピカルディの薔薇」、皆川博子「影を買う店」
 森真沙子「墓地見晴亭」、中井英夫「黄泉戸喫」

【エッセイ】
 恩田陸「邂逅について」、笠井潔 「中井さんと遇うまで」、菊池秀行「彼は怒っているだろうか」
 北村薫「彗星との邂逅」、長野まゆみ「蛻のから」、三浦しをん「残酷な力に抗うために」、山田正紀「『虚無への供物』への供物」

【あとがきにかえて:短篇】
 本多正一「壁画と旅する男」

【年譜】


137 :名無しのオプ:04/08/11 15:01 ID:jWLsh9ss
>>136
>獄本野ばら
キモオヤジイラネ

138 :名無しのオプ:04/08/13 11:46 ID:tYcdD45B
新装版で初めて読んだのですが、
牟礼田という人はなぜあんなことをしたんでしょう?

139 :名無しのオプ:04/08/13 11:55 ID:3djM/tHG
>>138
昔からお気に入りだった綺麗なお人形さん。
それまでは鑑賞の対象だったその人形が、
どうやら自分の手で動かせそうだと思ったらその誘惑には勝てず……

一面的な見方かなあ。

140 :名無しのオプ:04/08/13 13:18 ID:hanfl4r1
>>138
してない、と思います(笑)。額面どおり読めば「してる」ようにも読めますが。
笠井潔が詳細に論じていますが、読み手にかかる問題でしょう。だから「アンチ・ミステリー、反推理小説」なのではないでしょうか。

141 :名無しのオプ:04/08/16 23:15 ID:tB2m2/YL
読み終わったー!
ドグマグを読み終わったときも感じたんだが、面白いというよりは、興味深いってかんじですた
二回目ドグマグを読んだときは素直に楽しかったので、虚無への供物も同じように一年後に再読するかな

ああー疲れた

142 :名無しのオプ:04/08/17 22:45 ID:8CXd1tIf
おつかれ。再読のときは初読のときと感想違ってくるのでお楽しみに。

143 :名無しのオプ:04/08/21 13:48 ID:6zzMNdi7
虚無で3大奇書とりあえず全部読んだ。
黒死館やドグラマグラに比べたらあんまり奇書っぽくないような気がするが、
全然読めてなかったてことか?
おもしろかったから良いけど。

144 :名無しのオプ:04/08/22 09:06 ID:h6pe7Vme
>143
そっすね。『黒死館』『ドグマグ』は奇書ってのにふさわしいけど、『虚無』はオーソドックスなミステリみたいにも読めますもんね。
たぶん三作をアンチミステリーとかでくくるからそんないい方になるんでしょうけどねー。
『虚無』=奇書はヘンだと思います。

145 :名無しのオプ:04/08/23 18:48 ID:/qxsN12v
ヘンとか言われてもな。今の時代でも奇書か、と言われれば
違うとは思うが。

146 :名無しのオプ:04/08/23 22:33 ID:6Sn5Yhis
ちとスレ違いになるけど、
虚無が奇書にふさわしくないとすれば(これは俺も賛成)、
黒死館・ドグマグに匹敵しうる奇書って何がある?

147 :144:04/08/24 08:28 ID:w8yPXaAh
>146
『家畜人ヤプー』は?

148 :名無しのオプ:04/08/25 00:52 ID:AI0QaZFO
できればミステリで。ヤプー未読なんだけど。
「死霊」も・・ミステリではないか。

149 :ぐりぐり ◆GBFSCDdEgA :04/08/25 16:14 ID:SKMNDggM
今、二回目読んでるんですが、笠井カバちゃんの評論って
カバちゃんのどの本で読めますか?


150 :ぐりぐり ◆GBFSCDdEgA :04/08/25 16:21 ID:SKMNDggM
「物語のウロボロス」でしたね。失礼。

151 :名無しのオプ:04/08/29 07:33 ID:HoBhVHk7
難しそうだなあと思って長年敬遠してきた「虚無への供物」ですが、
新装版を借りることができたので読みました。
とても面白くて、またあの告発に唸らされ、もっと早く読めばよかったとつくづく思いました。

ところで、私は麻雀には疎いのですが、牟礼田の言う
「ずば抜けた格段の業師」というのは誰なんでしょう?藤木田さんか蒼司?

152 :名無しのオプ:04/08/29 19:01 ID:1JM3BdMQ
>>151
それは何頁に出てくる言葉ですかな?
いまちょっとめくったけど、見つからないので。

153 :名無しのオプ:04/08/29 19:25 ID:c3VP2ZTE
>>152
講談社文庫だと298〜299頁に「ずば抜けて達者な、格段の業師」とある。
29ギニョール風の死という節。
文脈から考えて、藤木田老のことを指しているのと思われる。

154 :名無しのオプ:04/08/29 23:29 ID:jsbXdeb5
>>153
最後まで読めば誰だか分かりますよ。

155 :名無しのオプ:04/08/30 00:39 ID:/sBcQC/B
その場面だけ読めば、明らかに……。
だけど、
物語全体にまで押し広げて考えれば……
ということですか。


156 :名無しのオプ:04/08/30 01:12 ID:yznD5CrC
ま、それ言っちゃ詰まんないよ。
ってか読み終わるまで変な先入観は入れず、
裏も読もうとせず、作者が思うがままに読むのが良いのではないかな。

157 :名無しのオプ:04/08/30 01:30 ID:WgauSzzf
というか、この作品に最終的な解決は求めない方がいいよ。
最後の真犯人?の告白もまた妄想だったという可能性が高いから。
だからこそ、アンチミステリーと言われる。

158 :名無しのオプ:04/08/30 10:52 ID:biV/pUFk
>156
読者じゃなくて作者?

>157
妄想じゃなくて(メル欄1)だろ、(メル欄2)による。
それについては、彼じゃなくてアレが言及してる。

159 :名無しのオプ:04/08/30 16:23 ID:7vosV7iK
あの人は彼でその人はアレ呼ばわりかいw

160 :名無しのオプ:04/08/31 00:24 ID:oNcILE9B
ラストで青薔薇様の口調がそれまでの好青年風から一変して
俺様調になっちゃうのってたしかに演技してるみたいだよね。

161 :名無しのオプ:04/08/31 02:20 ID:GFt6F2Ue
>160
アレこそ黒鳥の飛び立つ音。と俺は思っている。

162 :名無しのオプ:04/09/02 08:07 ID:DmJPg5yi
紅司と二人だけの時なんかは「僕」ではなく「俺」だろうなとずっと思っていた。

163 :名無しのオプ:04/09/02 16:28 ID:CoydxV8J
種村さんが無くなったそうだ。
中井や澁澤の事聞いておけばよかったと
今更ながら後悔。

164 :名無しのオプ:04/09/02 16:56 ID:DmJPg5yi
>>163
ニュー速+にスレが立っているね。今は下の方のようだけれど。
「謎のカスパール・ハウザー」が好きだった。寂しいし、それに何より惜しいと思う。

165 :名無しのオプ:04/09/02 22:22 ID:3C/Rwr/o
浅間山噴火も中井氏とちょっと関係あるね。

166 :名無しのオプ:04/09/03 07:22 ID:fw861zMe
amazonにて「凶鳥の黒影 中井英夫へ捧げるオマージュ」発見

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309016650/qid=1094163668/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7549518-8729915

167 :名無しのオプ:04/09/03 09:42 ID:6Kce/GND
>>166
やっぱり本当に出るのだな。これは買いかな?
田舎住まいの悲しさで、書店で見つけるのに苦労しそう。

168 :名無しのオプ:04/09/04 20:38 ID:8R0UlrVq
装幀はカコイい!

169 :名無しのオプ:04/09/04 21:37 ID:JUGjXQqf
確かに装丁はいいねえ。しかし問題は中身だ。

170 :名無しのオプ:04/09/04 22:38 ID:NZRJTewE
また建石かって感じ>装丁
たまには別人使え。

でも、これで中井の性嗜好が明かされるのかな。
まあ、期待しない方がいいか。

171 :名無しのオプ:04/09/05 00:19 ID:s9toRhf0
オマージュだから中井英夫は関係ないだろう。
性嗜好とかそういう卑しい読みはやめた方がよい。お前さんの卑しい貧しい読書傾向が丸わかりだぞ。

172 :名無しのオプ:04/09/05 01:15 ID:l17YnIeJ
そうか・・・
オマージュって要するにマンセー本だから、研究本と違って
作家のいろいろな面の分析をするわけじゃないんだもんね。
間違った期待を抱いていたようだ。

173 :名無しのオプ:04/09/05 03:57 ID:Wq/igAb6
ミステリチャンネルでNHKのドラマ1話目見ました。本はまだ読んでません。
久生は若かりし頃の浅丘ルリ子が演じたらイイ感じだったんじゃないかなぁなんて思いました。
過去スレ読んだ印象だと仲村トオルも違う気がします。深みがない。
ここはドラマ見てない方の方が多いみたいなので、こういう意見はスレ違いかな…
本、読んでみようと思います。図書館にあるといいな。

174 :名無しのオプ:04/09/05 08:56 ID:s9toRhf0
170=172?
下品な憶測はみっともない。己の性嗜好に自信がないのか?
またオマージュは単純な盲目的崇拝に限らない。中井やミステリばかり読んでるからそうなるのか?

175 :名無しのオプ:04/09/05 14:56 ID:aKIz3isn
>>174
下品な憶測はみっともないよ。

176 :名無しのオプ:04/09/05 23:11 ID:2YqWr0tV
>>174
嗜好じゃなくて指向を使わないか?

177 :名無しのオプ:04/09/05 23:52 ID:a3IvTdLe
すごいのキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

178 :名無しのオプ:04/09/06 01:02 ID:wBeofhTU
>>175
自分の書き込みも一度見てみな。
>>176
辞書買いな。

179 :名無しのオプ:04/09/06 02:31 ID:/Fl0ifwf
読み終わったよー。
おもしろかったよ。
文章も推理小説っぽくなくて、純文学的とか哲学的っぽい。
そういうのあんま読んだことないリア工のイメージだけど。
みんなで推理合戦を何回かやるけど、それが崩されたりして振り回されるのが面白かった。

奇書だと感じないのは、蒼薔薇様の動機とか、考えてることがなんとなく理解できるからじゃないかな。
なんか今の世の中っぽい。
昔じゃ、なんだコレだったんじゃないの?そんなことないか。


そしてタイトルがカッコイイ!!

180 :名無しのオプ:04/09/07 00:32 ID:6oYEsg/z
宝石の話も好きだよミステリじゃないけどね
この人の所為で薔薇と宝石が好きになってしまった
マダム趣味だと思われてる

181 :名無しのオプ:04/09/07 00:33 ID:6oYEsg/z
スマソあげてしまった

182 :名無しのオプ:04/09/09 19:22 ID:fIwrCaf+
不思議な国のアリスを読んでみたんだが
すごいなこれ、奇書だよ狂ってる、有名すぎて読んでもないのに
読んだ気になってたけど、実際読んでみるとなかなか面白かった。

183 :名無しのオプ:04/09/10 17:56:40 ID:ha/Q7fxZ
凶鳥の黒影購入Age

184 :名無しのオプ:04/09/10 18:40:21 ID:mlY+LnZZ
>>183
はやー。どこで買ったの?装幀と中身どう?

185 :名無しのオプ:04/09/10 20:55:52 ID:uCBrmgbD
>184
買ったのは神保町の書泉グランデだよ
装丁カコイイ。かって大和書房で出た「黒鳥の囁き」を彷彿とさせるなり。
中身は今のところ有栖川と倉阪と津原読んだだけだが、みんな異様な気合を入れて書いてるねえ。
中井の存在の大きさを再確認したよ。
特に津原「ピカルディの薔薇」は力作なり。

186 :名無しのオプ:04/09/10 21:34:41 ID:rIBFacvq
でも高すぎるよ。たかがマンセー本のために2400円も払いたくない。

187 :名無しのオプ:04/09/10 21:52:35 ID:I5ASVAXX
>>185
オマージュベスト投票ができるねえ。

188 :名無しのオプ:04/09/10 23:32:21 ID:TDPlGYzp
>>186
買わなきゃいいよ。

189 :名無しのオプ:04/09/10 23:32:39 ID:NO05s/S3
幻想文学の別冊の中井英夫スペシャルTとUをすでに
持ってるからなぁ。笠井や竹本は自分のミステリー作品の中でも
中井に触れてるからもう書くネタないんじゃないかな。
幻想文学系以外の人の寄稿が面白いかどうかだけどどうなんだろ..



190 :名無しのオプ:04/09/10 23:59:24 ID:rIBFacvq
図書館に入ったら読んでみることにするよ。

191 :名無しのオプ:04/09/11 01:54:28 ID:mcFbteHo
『凶鳥の黒影』ひじょうにキレイな美しい本です。
本としての完成度異様に高い。(中身はシラネ)
本屋で見かけてドキッとしました。ゼータク過ぎるつくりなり。

192 :名無しのオプ:04/09/11 02:28:28 ID:7YXvnvbo
中井英夫と男色というテーマで誰か論評して欲しいが、タブーなのかな。
三島由紀夫と同じで、関係者が生きているうちは触れちゃいけないのかな?

193 :名無しのオプ:04/09/11 02:29:49 ID:mcFbteHo
中井英夫の若いころの写真が入っててビクリ!
年譜も細かい!!

194 :名無しのオプ:04/09/11 02:33:25 ID:mcFbteHo
>>192
そんなんいっぱい書いてんじゃん。
創元『虚無』の相澤啓三の解説なんてすっげえのあるし、『夕映少年』の川崎賢子や高原英理も。
本買うのが惜しくて、読んでねえんだな。ケチ臭!

195 :名無しのオプ:04/09/11 02:39:49 ID:7YXvnvbo
>>194
ありがとう。
読んでみる。

196 :名無しのオプ:04/09/11 05:57:35 ID:4QuchvIe
でも中井英夫自身は自分が男色家であることを否定していたような気が。

澁澤から酒席で「でも中井さんはどんでんだろ」と言われて否定したと、何かのエッセイで書いていたと思う。

197 :名無しのオプ:04/09/11 08:09:29 ID:mcFbteHo
>>196
おめえも全然読んでねえな。澁澤集成に寄せた中井のエッセイのことだろが、再読しろ。
『虚無』とか『とらんぷ』しか読まずに他のエッセイや日記、全然目を通してないだろ。
アフォか。創元の全集すべて目を通してみろよ。つまらぬ書き込み止めろ!

198 :名無しのオプ:04/09/11 13:55:14 ID:7YXvnvbo
>>194
読んでみた。(立ち読みだけど)
文学的には論じてあったが、中井の人生としての男色についてが知りたかった。
学生時代のこととか、実際にゲイバーに通ったり、そういう体験があったのかとか、
三島との交流のこととか、
生涯結婚せず、若い男と同居していたエピソードとか、そういう生々しい部分の話。

199 :名無しのオプ:04/09/11 14:37:32 ID:7SWBfpN/
>>198
全集全巻揃えて日記、エッセイ熟読すべし。
中井英夫は三島や乱歩と違って、日本では生前から同性愛を公にしていた数少ない真摯な文学生活を生きた作家。
てめえの興味本位のエサになるようなことは公には書いてないだろうが。
おめえは作家の性生活が知りたくて本読んでるのか? 異性愛者に対してもそう思うか?
偏見丸出しの読書は自分の卑しさ、貧しさを露呈するのみ。猛省すべし。

200 :名無しのオプ:04/09/11 15:10:18 ID:Qp39i2Iw
↑こういうのを老害といいます。新しい読者を離れさせるだけの百害あって一利なしの存在。

201 :名無しのオプ:04/09/11 15:23:45 ID:7SWBfpN/
んなことで自分の「読書生活」を選択するような「読者」はその程度の読者なり。
笑止千万。

202 :201:04/09/11 15:34:05 ID:7SWBfpN/
それから当方24歳ですがふつうに中井文学を愛読してる者です。老害ねえ?

203 :名無しのオプ:04/09/11 15:37:08 ID:7YXvnvbo
閑話休題。
「光のアダム」「蒼白者の行進」って後味悪いね。(後者は未完だけど)
読んでて鬱になる。

204 :名無しのオプ:04/09/11 16:09:22 ID:mO+AjOBZ
>>199
>中井英夫は三島や乱歩と違って、日本では生前から同性愛を公にしていた数少ない真摯な文学生活を生きた作家

三島が生前から同性愛を公にしていなかったと思っているのか? おまえ「仮面の告白」すら読んだことないだろう。
三島は文壇デビュー当時から同性愛を公にしていた数少ない真摯な文学生活を生きた作家。三島全集すら通読していない素人が
知ったかぶりの文学談義をしても聞かされるほうは鼻白むだけだぞ。それもよりによって三島と終生親交を結んだ中井英夫のスレで
ゴタクを並べるとはどういうことだ。

半可通がつまらん書き込みで中井スレを汚すんじゃない。もう来るな!

205 :名無しのオプ:04/09/11 16:18:27 ID:mO+AjOBZ
さらに正確に言えば

>中井英夫は三島や乱歩と違って、日本では生前から同性愛を公にしていた

これも間違い。乱歩も生前から自分の同性愛を公にしており、随筆にも書いたことがある。

不勉強で知ったかぶりで恥さらしな>>199が乱歩全集も通読していないことは火を見るより明らかだね。お前もうこれ以上
恥をかきたくなければ二度とこのスレに来ない方がいい(´,_ゝ`)プッ

206 :名無しのオプ:04/09/11 16:41:40 ID:MqMbZz3V
「公」の捉えかたですね。
乱歩も三島も妻帯しています。

207 :名無しのオプ:04/09/11 16:49:11 ID:7YXvnvbo
話を蒸し返したくはないが、昔は男色家でも妻帯するのが普通だった。
世間体等のために。
今は変わってきているようだが。
その点、独身を貫いた中井は進んでいたといえよう。

208 :名無しのオプ:04/09/11 16:56:13 ID:Qp39i2Iw
>7SWBfpN/
24だったか、これは失礼。
考えてみれば「文学」と気負って「その程度」やら「猛省すべし」など他人を見下した発言が平気で出来るあたりはいかにも若者か。お詫びしよう。
で、>204-205氏の発言はスルー?

209 :名無しのオプ:04/09/11 17:22:05 ID:p2RAdB/A
>203
正直、俺は「蒼白者の行進」は虚無よりすごいものを感じる部分があった。
未刊なのがホンキで残念。

210 :名無しのオプ:04/09/11 21:57:56 ID:y4aLNzwl
三島も乱歩も妻帯していたことがその文学成果に影響があったことは間違いない。
同様の意味で中井英夫にも実生活からの影響は確実にあった。
おそらく中井の文学に、三島にも乱歩にもないある種の凄絶さがあるのはそのためだろう。
公私の使い分けをしなかったということだ。逆にいえばそのため通俗性が薄い。
三島も乱歩も「大人」としての使い分けができたわけだ。三島は破綻したが。


211 :名無しのオプ:04/09/12 04:36:28 ID:dKfhB5Pt
>>209
未刊でなく未完ね。

212 :名無しのオプ:04/09/12 06:24:39 ID:WV4kFrTO
『蒼白者の行進』は未完なので評価がむずかしい。
あのテンションでストーリーが破綻なく進めば、長篇ベタの中井の評価を覆すことが出来たろう。
しかし「あとがき」での未完のママ提出の言い訳はやや苦しく、著者自身、その後の展開ががむずかしいという判断であったろう。
『虚無』に関しては乱歩賞以後も加筆しているわけだから。


213 :名無しのオプ:04/09/12 08:12:21 ID:3pait3QK
なんか書斎っぽい書き込みが多いなー

214 :名無しのオプ:04/09/12 08:46:17 ID:WV4kFrTO
>>192
中井の同性愛についてなら創元全集『虚無への供物』でアイちゃんのモデル、相澤啓三氏がたいへんな「解説」を書いている。
是非購読され精読されんことを。こんな解説を掲載した本多正一と創元編集部に敬意を表する。

215 :名無しのオプ:04/09/12 13:21:05 ID:alEYFNC6
もう売ってるのか、『凶鳥の黒影』。
近所の本屋には置いてない……くそ、田舎はこういう時に切ない

216 :名無しのオプ:04/09/12 13:57:10 ID:y4Yi8Ss3
アマゾンで買うべし

217 :名無しのオプ:04/09/12 18:26:04 ID:fxhssz1R
『凶鳥の黒影』今買ってきた
どんなかな?これから読むぞー

218 :名無しのオプ:04/09/12 22:02:52 ID:VbzkoRTx
凶鳥の黒影、池袋リブロ、ジュンクで結構いい扱いだった。
今日の朝日で津原泰水が中井英夫についてしゃべってるね。

219 :名無しのオプ:04/09/12 22:31:06 ID:VbzkoRTx
>>204、205
お前さんも若いのだろう。
妻帯し子供をもうけるということは生の総体がまるで違って見えてくるということなのだ。
精進すればいずれわかるときがくるかもしれん。無理かもしれん。
本だけ読んでいろいろわかった気になるなよ。

220 :名無しのオプ:04/09/12 23:19:44 ID:EgtC/p2p
>>219
負け惜しみ乙

221 :名無しのオプ:04/09/13 00:14:06 ID:LFcfKLwu
つーんでもないのだよ。ふふふ。

222 :名無しのオプ:04/09/13 00:22:38 ID:LFcfKLwu
あ、ちなみに206、210は204、205への返事ね。
妄想で「ゴタク」を並べないほうがよい。220は同一人物か?


223 :名無しのオプ:04/09/13 00:31:38 ID:24Uc5Z9a
まがとり読んだ。赤江、皆川は別格として、
嶽本のと津原のがヨカタ。

224 :名無しのオプ:04/09/13 06:25:43 ID:FbvrGcQE
CSのミステリチャンネルで再放送中の「薔薇の殺意」を見てるんですが質問です。
紅司は原作でもお尻丸出しで死ぬんでしょうか?
2話まで終了しましたが、まだ紅司しか死んでいません。今後何人くらい死にますか?

225 :名無しのオプ:04/09/13 06:52:54 ID:EPHeittE
>>199

>中井英夫は三島や乱歩と違って、日本では生前から同性愛を公にしていた数少ない真摯な文学生活を生きた作家

と書いているので「公にしていた」の意味するところは明白。

「公の捉え方が」どうのこうの、「公私の使い分けが」どうのこうの、あげくのはてに「生の総体が」どうのこうのというのは屁理屈の言い逃れにしか過ぎないよ。
叩き潰されてもなおジタバタもがきつづけるゴキブリの如き往生際の悪さ。本当に恥ずかしい奴だ。


226 :名無しのオプ:04/09/13 07:12:06 ID:t9r/pWsy
>>224
死にますよ、紅司以外にも。
尻丸出しかどうかについては、この機会に原作を読んでみてはどうだい。

227 :名無しのオプ:04/09/13 08:22:28 ID:LFcfKLwu
おそらく225も210の結論には同意するであろう。

228 :名無しのオプ:04/09/13 14:33:01 ID:+qbSrJ9B
いい加減帰れよ書斎
名無しになってもバレバレなんだよ

229 :名無しのオプ:04/09/13 17:25:11 ID:UFGetrwc
今更だろうが。
終盤の、あの人のあれが某の脚本による芝居だとすると、
あの人はメール欄とは会ったこともない、ということになる?
某が彼の旦那という可能性はあるんだろうか。

些細なことだろうが気になってしまった。

230 :名無しのオプ:04/09/14 13:46:36 ID:XqmWc1/U
>>90
今更だけどメ欄見て!

231 :名無しのオプ:04/09/14 13:53:21 ID:XqmWc1/U
>>229
私が最初に犯人と思った人物(第一候補と第二候補)>メ欄

それでは(あなたのメ欄に)声色を使わせたのは誰なのだろう?
なんか、こんがらがって判らなくなってきた。

232 :名無しのオプ:04/09/14 14:45:33 ID:AIEDxQXo
>>231
昼休みに「凶鳥の黒影」を買ったのでざっと読んでみた。
その中で、長野まゆみもあの人について
「『すべてを演じてみせた』とも考えられる」
と書いていた。

だとしたら、だ。
あの声色は声色などではなく、紛れもなくあの人の声だった……
というのはおかしいか。声色ってのは、(メール欄)のことだよね?

>>229
あの人が演じたのであっても、多分、あの人が旦那なんじゃないか、
と根拠もなく思う。


233 :232:04/09/14 14:47:06 ID:AIEDxQXo
それとも、声色というのは、(メール欄)?

234 :名無しのオプ:04/09/14 15:04:11 ID:XqmWc1/U
>>233
イエス イエース

235 :名無しのオプ:04/09/14 15:18:31 ID:UomW/v1F
>>232-233
彼が演じたのだとしたら、どちらの場合も
「真似されたとされる人物及び彼自身の声」
だろうとずっと思ってました

236 :名無しのオプ:04/09/14 15:29:55 ID:fNLu3b9J
「凶鳥の黒影」、ちょっと高いが中井ファンならずとも幻想ミステリ読者は買って損はない。
創元の文庫全集に少し出せばいいだけだもの。皆川、赤江両大家+豪華メンバーで読みごたえ充分。

237 :名無しのオプ:04/09/14 16:37:49 ID:/Z7LT6NZ
人気投票もはじまっとるがな
http://joker.adam.ne.jp/toranpu/votec/votec.cgi

238 :名無しのオプ:04/09/17 06:15:01 ID:+ym9IOVg
公式サイトだって。
ttp://www.tsuhara.net/nakai/

239 :名無しのオプ:04/09/17 10:35:29 ID:Ef+hrrTR
なんだ、虚無ってそんなにややこしい話だったのか…。

240 :名無しのオプ:04/09/17 11:21:58 ID:k7zwy4qB
北軽井沢にあった流薔園。。。どのあたりだったのかな?
現在はどうなっているの?

241 :名無しのオプ:04/09/17 11:25:44 ID:N6n2DGXU
今、虚無への供物を何ヶ月か越しで読み掛け。読了率7割くらい。でも、既に細かい内容は忘れてる気が…(笑)
黒死館も以前読んだけど、それはもう今やどんな話だったかも(笑)

…でもドグラマグラの内容は今でも比較的覚えてるな−。



…スレ違いだったかな?

242 :名無しのオプ:04/09/17 22:16:05 ID:mkEJ4W3D
今日誕生日なんだな。竹本健治も。

243 :名無しのオプ:04/09/18 05:02:56 ID:nm1S8dUz
竹本健治や赤江瀑って中井英夫に掘られていたのか

244 :名無しのオプ:04/09/18 09:32:23 ID:ivqNTabG
ttp://www.asahi.com/top/update/photonews/0917/OSK200409160056.html
ハァハァ

245 :名無しのオプ:04/09/18 12:57:58 ID:HhM29NRd
このページ笑っちゃうくらい間違いだらけ。
ttp://www.bekkoame.ne.jp/~agatha/Jkyomuhe.html

ttp://www.bekkoame.ne.jp/~agatha/

推理小説の読了後のあらすじと感想をまとめてあるんだけど、
この人 すごい量の本を読んでるわりに内容を全然理解してない。

ただの読了マニアですka?


246 :名無しのオプ:04/09/18 14:10:56 ID:MenrRJXN
>>>245
これはこれで、また別の話と考えれば面白そうではある。

247 :名無しのオプ:04/09/18 14:40:56 ID:HhM29NRd
>>246
別の話になるほど面白い間違いじゃない。
でも246さんのポジティブさは好き。

自分が虚無への供物が好きで何回も読んでるだけに
流し読みしただけで批判めいた書き方に腹がたったんです。

まあ受け付けられない人も多いのはわかるんだけど、
せめてまともに読んでから書いてほしかったなー

248 :名無しのオプ:04/09/18 16:45:17 ID:BvdQpZ7q
>>245
>蒼司と紅司兄妹

笑ってしまった。

249 :名無しのオプ:04/09/18 16:57:52 ID:MenrRJXN
虚無への供物     中井英男←

よく考えたら一番の突っ込みどころはここ(矢印)だった。

250 :名無しのオプ:04/09/18 19:05:39 ID:ozNkKeVC
ぱらぱらとページ読んでみたけど、誤字脱字大杉。


文字に対する意識の低い奴の書く批評なんか、あてにならん。


俺も人のこと言えんが。

251 :名無しのオプ:04/09/18 21:46:42 ID:h46ZCl+d
下のほうに ご意見をおよせください とありますよw
「蒼司と紅司は兄妹ではありません。中井英男ではありません。」とか書き込みしたらどうなる?
てかここのスレも覗いてたりして。。書き込みもしてるかも〜
きゃーーーーー

あ〜でもほんとたくさん読んでる人だね。
「新車の中の女」まだ途中だったワ、読まなくちゃ。


252 :名無しのオプ:04/09/18 21:54:21 ID:BvdQpZ7q
どこをどう読んだら、藍ちゃんがアラビクで働いていることになるのやら。
おキミちゃんと混同したのかな?

253 :名無しのオプ:04/09/19 16:02:22 ID:VA2DY1K0
>>252
ドラマ版で藍司役を演じた遠藤雅が映画「二十歳の微熱」の
ゲイボーイ役で有名な人だったから勘違いしたのでは?

>>253
んなこたぁない

254 :名無しのオプ:04/09/19 18:21:19 ID:z1gEMQKq
一人ツッコミ?

255 :名無しのオプ:04/09/21 16:29:24 ID:FuO4J3by
253 :名無しのオプ :04/09/19 16:02:22 ID:VA2DY1K0
>>252
ドラマ版で藍司役を演じた遠藤雅が映画「二十歳の微熱」の
ゲイボーイ役で有名な人だったから勘違いしたのでは?

>>253
んなこたぁない


256 :名無しのオプ:04/09/21 17:06:06 ID:4C6VbXQR
254 名前:名無しのオプ :04/09/19 18:21:19 ID:z1gEMQKq
二人ツッコミ?

257 :名無しのオプ:04/09/25 15:26:50 ID:ZDoQSH9b
個人的には藤木田老はおヒョイさんかな。
八田さんは坂東英二。
紅司は切込隊長。


258 :名無しのオプ:04/09/25 15:41:34 ID:+Y/B/aqX
ttp://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20040922i512.htm

259 :名無しのオプ:04/09/26 00:28:49 ID:Ld/wBhv4
坂東英字なるほどいい配役だとオモ

260 :名無しのオプ:04/09/27 10:49:34 ID:G0jOZMyL
昨日、洞爺丸事故から五十年だったんだね。
慰霊碑の前で慰霊祭が行われたとか。
中井氏が存命だったら、どんな思いでその日を迎えたんだろう。

261 :名無しのオプ:04/09/27 12:38:09 ID:MS9SPoZw
>中井氏が存命だったら、どんな思いでその日を迎えたんだろう。

洞爺丸そのものよりも、いまだにこの種の「くだらない」事故が絶えないことに
ヤレヤレという感じだろうな。

262 :名無しのオプ:04/09/29 21:47:30 ID:3uXyKo07
本放送当時は見逃したので、ミステリチャンネルでドラマ版虚無を見たんだが……
見たのは今日の第5話だけなんだけど、これはもう別の話だね、今更の感想だが。
亜利夫はいないし、久生は蒼司に惚れてるのか?

氷沼邸の雰囲気はよかったと思うが。

263 :名無しのオプ:04/09/29 21:58:45 ID:FqQjvHMK
>>262
見てしまったのですね、あれを

264 :名無しのオプ:04/09/30 13:19:51 ID:Xy8fF5T9
>>262-263
あんなん蒼兄さんじゃないやい
いや、仲村トオルそのものは好きなんだけどな

265 :名無しのオプ:04/09/30 14:03:45 ID:WXAtSCx/
>>264
そうお(洒落)? 蒼司はまだマシ。藍ちゃんがなあ…。もっとダメダメなのは牟礼田。がっくし。

266 :名無しのオプ:04/09/30 15:12:58 ID:LIa2hdl6
仲村トオルはあれで顔が普通サイズだったら、俺としては蒼司でOK。
そう言いつつ、亜利夫っぽい気もする。

そもそも全6話というのは無理があったのかも。
あの告発も重さが損なわれた気がする。

267 :名無しのオプ:04/09/30 15:44:52 ID:WXAtSCx/
いま『砂の器』とか『人間の証明』『白い巨塔』なんて復古ドラマブームだから『虚無への供物』もやらないかな〜。
文庫新装版も出たし、『凶鳥の黒影』も出たんだし。

268 :名無しのオプ:04/10/01 17:10:23 ID:7CJJV43+
もういちどドラマ化されるなら、またNHKがいいかなと思う。
今度こそじっくりと話数をかけてやって欲しい。

深津絵里と仲村トオルのあれは、
「薔薇の殺意」という名の「原案・虚無への供物」のドラマだという印象を受けた記憶がある。

269 :名無しのオプ:04/10/01 17:48:50 ID:vVcCwq4u
「虚無への供物」みたいな動きの少ない話をそのままドラマ化しても
どのみち成功するのは難しいと思う。

270 :名無しのオプ:04/10/01 23:16:02 ID:QuU00aM3
朝の連続テレビ小説にして欲しいな〜。ダメ?

271 :名無しのオプ:04/10/01 23:26:40 ID:iJfJPgo1
こないだテレビで糞つまんねー「日本の怖い話」とかやってたんだけどさ。

どうせなら、とらんぷタンやってくれないか?

272 :名無しのオプ:04/10/02 01:44:17 ID:rBdoN9Iu
とらんぷは邪眼(幻想〜のラスト)が一番怖かった。
てかあれが俺の中で一番怖い小説。
作者の正気を疑いながらも、読まされてしまう。
ホラーの大傑作だと思う。

273 :名無しのオプ:04/10/02 21:08:20 ID:udy/cAk7
>>272
とらんぷ譚は時間を置いて読み返すと、面白い作品が違ってきてグー

274 :272:04/10/03 23:03:29 ID:YaOWBzIl
>271
やっぱりそうなる?
最初は「幻想〜」が好きだったけど、徐々に好きなのが変わった。
前はあんまりすきじゃなかった「悪夢〜」も好きになったし、
「真珠母」も意外と面白いと思えるようになった。
どれも質が高くて味わい深いから、安心して浮気(?)ができるのかな。

275 :名無しのオプ:04/10/04 23:51:17 ID:+1qeAMyt
虚無のドラマは当時周りでは大不評だった。
奈々が徹マンに参加するし、終わったあと(朝)ぐったりしてるし、
それを「がんばりましたね」とかいってねぎらう蒼司なんてなんてなんて…。
仲村トオルは外見からして蒼司じゃないと思ったし、深みもないし。
外見なら田辺誠一がいいような気もする。
奈々はナマイキな感じでおっちょこちょいで、今なら松嶋菜々子?
藍ちゃんは今ならウォーターボーイズの市原なんとかくん?

276 :名無しのオプ:04/10/05 07:23:07 ID:IxgZhxQ5
蒼司は線が細くて(実際に華奢で)色白じゃないと、などと拘ってしまう。
今ドラマ化したら、藍ちゃんはジャニーズになりそうな気がして、そうなったら嫌だなあ、と。

277 :名無しのオプ:04/10/05 08:17:13 ID:mcepLdCJ
おキミちゃんもジャニタレになってしまうかもしれませんね。
この作品にはジャニーズは使ってほしくないですよね。

ところで、牟礼田さんって事件の間中何を思っていたんでしょう?
かの人のために懸命だったのかな。

278 :名無しのオプ:04/10/05 20:10:14 ID:LMKvpHao
蒼薔薇様の配役は難しいな

279 :名無しのオプ:04/10/06 07:51:56 ID:+Wl63fCa
配役で難しいのは、やはり蒼薔薇様だな。藍ちゃんもか。

>>277
牟礼田は何を考えて蒼薔薇様を連れて行ったんだろう。
久生の言うように、「このまま日本にいるよりは」
という気持ちだったんだろうが、妙に勘繰ってしまう。
うちの兄貴なんぞは「囲うためだろ」と言ったりした。

280 :名無しのオプ:04/10/06 11:36:32 ID:IRNRlrrf
青薔薇様・・・沢村一樹
紅司・・・オダギリジョー
藍ちゃん・・・ウェンツ瑛士
牟礼田・・・北村一輝
久生・・・中谷美紀

とりあえず顔だけこだわってみました

281 :名無しのオプ:04/10/06 16:14:58 ID:p75vaEbC
アリョーシャは?
藤木田老は?
浩吉は?
爺やは?

282 :名無しのオプ:04/10/06 17:15:16 ID:AwqHGKow
沢村一樹の蒼司だと、年齢的に厳しいような気もするな。
再び映像化されることがあったら、今度こそ亜利夫を登場させて欲しいよ。

283 :名無しのオプ:04/10/06 22:05:21 ID:6S4/bUc3
>>272
確かに怖いですよね。
私はチッペンデールの寝台が一番好きかな。
なんかたまんなくエロティック。
この人は文章と文章の隙間から香りを放つ事が出来る稀有な作家。
たった一行であっという間に流薔園に引きずり込まれてしまう。。。

284 :名無しのオプ:04/10/07 04:00:12 ID:5M8k9/Vr
全然だめ

285 :名無しのオプ:04/10/09 08:54:38 ID:NFNnmccH
文庫全集『黒鳥譚』の解説を書いた小笠原賢二氏が亡くなりました。いい解説だった。

286 :名無しのオプ:04/10/09 18:18:28 ID:kL0LfWZn
虚無って初版刊行の時、新聞広告に三島由紀夫の推薦文も載っていたんだよね。
これって、今でいえば、村上春樹が推薦文書くみたいなものじゃないのか?もし、
春樹が推薦文書けば、それなりに売れると思うけど、虚無って三島の推薦文が
ついても全く売れなかった。40年前と今じゃ感覚違うのかな?

287 :名無しのオプ:04/10/09 22:37:39 ID:YqSfeRkr
>>286
三島≒村上だと?どっちも嫌いだが、とりあえず藻前は氏ね。

288 :名無しのオプ:04/10/09 22:53:35 ID:kFEgiY+X
>>286
村上は今は落ち目だし、そもそも有名作家がちょっとだけ推薦文書いた程度で
売れるほど甘いもんじゃないと思う。

289 :名無しのオプ:04/10/10 01:38:34 ID:5JRoeD3d
どうなることかと傍観してたがまっとうなレスがついてよかった

290 :名無しのオプ:04/10/10 20:50:22 ID:W3wqpiJX
中井英夫さんのご母堂は、よほど完璧な女性だったんでしょうね。

あ、あと好きな女性として「安達瞳子さん」の名をあげているのを
どこかで読んだ気がします。

291 :名無しのオプ:04/10/12 07:25:10 ID:THD7LmTQ
今読んでます。
藍ちゃん萌え。超萌え。男だけど。
ラノベの源流なんすかね。

292 :名無しのオプ:04/10/12 21:52:10 ID:AcNDOcYK
冒頭の、おキミちゃんの性別で混乱させられたっけ。

ドラマの話題が出ていたので質問。
当時見逃したんだけど、ちゃんとおキミちゃんがいてアラビクのサロメで開幕したのか?

293 :名無しのオプ:04/10/12 23:07:36 ID:NMYu/JHe
>292
ちゃんとアラビクで開幕したけど、ゲイバーというのはかなりぼかしてあり、
サロメもなく、妖しげな客が笑いさざめいているクラブで、たしか久生が
歌っていた…。
おキミちゃんなんて影も形もないですよ。アリョーシャもいないってのに。
紅司を哭きの竜が、藍ちゃんを二十歳の微熱の袴田じゃないほうがやっているのは
ご愛嬌か。
ビデオ貸してあげたいよ。

294 :名無しのオプ:04/10/12 23:24:06 ID:NMYu/JHe
追記。
アラビクには女性の客もいた。…ような記憶が。

295 :名無しのオプ:04/10/13 07:14:40 ID:wSzzYD9z
おキミちゃんのいないアラビクなんてアラビクじゃないよな。
あの「サロメの夜」、カーテンが開いておキミちゃんが踊る場面から始まるのが良いのに。

296 :名無しのオプ:04/10/14 18:53:57 ID:aduprMqo
>286
虚無は初版7000部で再版なし。
推理小説のブームがちょうど去ったときだからマアそんなものかとw

297 :名無しのオプ:04/10/15 01:08:41 ID:vMfCfcyF
>296
7000部ってソースある? 気になるなあ。

298 :名無しのオプ:04/10/15 07:04:45 ID:BR2h5lqz
中井英夫自身が「中井英夫スペシャル2」のインタビュでしゃべってる。

299 :名無しのオプ:04/10/17 08:41:20 ID:LT5bgysi
売れなかったのは値段のせいでもあった。当時の1800円って、そうおいそれと出せる金額じゃないだろ。

http://www1.odn.ne.jp/~aac65140/books/kyomu_ku.htm


300 :名無しのオプ:04/10/17 08:59:50 ID:HvLnU9e4
>299
いや、1800円てのは三一の『中井英夫作品集』のこと。これは5刷まで出てる。
初版塔晶夫版は490円。


301 :名無しのオプ:04/10/17 09:05:28 ID:LT5bgysi
たった18分でここまで詳しいレスがつくとは。脱帽だ。

302 :名無しのオプ:04/10/17 10:16:32 ID:+d+nKFl7
昭和39年当時の490円は、今だと2500〜3000円ぐらいの価値だよ。

303 :名無しのオプ:04/10/17 10:30:58 ID:LT5bgysi
やっぱり安くはないね

304 :名無しのオプ:04/10/17 11:04:15 ID:HvLnU9e4
「新刊展望」11月号は読みどころ満載 !
巻頭が『凶鳥の黒影』発売記念で皆川博子と津原泰水による中井英夫話を中心にした対談。
津原さんが皆川さんの肩を抱いたツーショット写真がいい味出している。
http://d.hatena.ne.jp/mmmichy/20041017


305 :名無しのオプ:04/10/18 21:47:36 ID:DD4ncXYm
流れがいい感じになってきたんでAgeさせてくれw
ところで新装版見たけどいまだに例の数式が直っとらんねえ・・・やでやで

306 :もしや、あれか!?(笑):04/10/22 15:04:24 ID:e7gkz4+A
> 『虚無への供物』刊行40周年の今年、著者と物語にゆかりの深い12月
>10日にすべりこみセーフとなる11月27日発売の『小説推理』誌で、
>「中井英夫/虚無への供物スペシャル」が実現することになりました。
> 今回の特集の眼目は、これまで表立って取り沙汰されることのなかった
>『虚無』誕生の原風景に迫ること――と申せば、一部で「もしや、あれか!?
」と色めきたつ向きもあることでしょう(笑)。近日中に詳細をお知らせ
できると思いますので、刮目してお待ちあれ!
http://blog.bk1.jp/genyo/


307 :名無しのオプ:04/10/22 15:53:26 ID:aetaETVA
あれ?

308 :名無しのオプ:04/10/22 16:40:26 ID:99jYrh3t
アドニス…?

309 :いよいよか…!!:04/10/22 18:07:21 ID:4j0aRpUt
いよいよか…。
http://homepage2.nifty.com/teiyu/journal/mura_0402.html

310 :いよいよか…!!:04/10/22 18:10:59 ID:4j0aRpUt
いよいよか…。
http://homepage2.nifty.com/teiyu/journal/mura_0402.html

311 :名無しのオプ:04/10/22 18:26:35 ID:oz/tLh7N
アドニスってホモ雑誌?

312 :名無しのオプ:04/10/23 14:30:01 ID:UO+pb0gz
藤間百合夫萌え

313 :名無しのオプ:04/10/25 00:00:41 ID:pNQeoF7P
おい藻前ら!
中井英夫先生の「二葉亭四迷伝」を入手するチャンスですよ!w
ttp://www.kinokuniya.co.jp/nb/bw/select0113.htm

314 :名無しのオプ:04/10/25 00:09:28 ID:DU7N1xnW
どうでもいいけど何だ?この価格は

315 :名無しのオプ:04/10/25 23:57:50 ID:uiy22i7N
どうでもいいが漏れは今日中井の父ちゃんの本を買ってしまった。

316 :名無しのオプ:04/10/26 23:36:49 ID:k+YeTiAg
>313
何も知らずに、思わず買おうとしてしまった・・。
ぐぐってよかった。

>315
猛之進の本なんて今、売ってるの?

317 :名無しのオプ:04/10/27 00:04:02 ID:sPOBXpbZ
>316
もちろん古本。「東亜の植物」
1500円でつた。
中井英夫の「二葉亭四迷伝」よりちょっと高かったな。さすが父ちゃん(笑)

318 :名無しのオプ:04/10/27 00:05:45 ID:vYkh5VBd
というか、ヲタコレクターウザイよ。

319 :名無しのオプ:04/10/27 00:10:47 ID:Ye9XaxvB
「二葉亭四迷伝」を入手しないうちはコレクターなんてとても名乗れんよw

320 :名無しのオプ:04/10/27 00:42:56 ID:LDlIllyy
中井英夫って、絶版多い割には収集しやすい。
ヤフオクだと、1000円〜2000円程度で、落札できるし。
気軽に集められて、装丁も内容も良いので、いろいろ楽しめる。

321 :名無しのオプ:04/10/27 00:54:25 ID:vYkh5VBd
コレクターの心理は分らん
1000円〜2000円程度なら、
創元の全集じゃダメなのか。

322 :名無しのオプ:04/10/27 09:37:59 ID:dDY/Pt6T
あの大判の詩集が欲しいけど高いねえ

323 :名無しのオプ:04/10/27 12:03:50 ID:E0OY46NG
塔晶夫の初版本が欲しいよー。いくら?

324 :名無しのオプ:04/10/27 13:21:55 ID:XotI2k6y
おまいら、それより「二葉亭四迷伝」をさっさと書いたまい!(笑)
たったの1200円ぢゃないか!!!

325 :ああヤパーリ!:04/10/28 20:30:23 ID:mxfhtXBc
おいおまいら! 古本なんて漁ってる場合じゃねえ!

>◆特集〈幻想と怪奇〉への誘い9(『小説推理』2005年1月号)
>秘稿解禁!――『虚無への供物』の原風景を探る

>*アンチ・ミステリーの最高峰として、今なお熱烈な愛読者を有する中井英夫の
>傑作長篇『虚無への供物』には、知られざるプロトタイプが存在した。伝説の
>同性愛文芸誌『アドニス』に発表されたホモセクシュアル・ヴァージョンである。
>『虚無』刊行40周年を期して、その全貌を明らかにするとともに、戦後幻想
>文学史の秘園に迫る!

http://blog.bk1.jp/genyo/

326 :名無しのオプ:04/10/28 21:29:00 ID:VDrodSaR
>アドニス版「虚無への供物」
平凡社の「地下本の世界 発禁本2」で見たことがある。冒頭部のみだけれど。

327 :名無しのオプ:04/10/29 10:21:23 ID:U/yprYaO
冒頭部というと、おキミちゃんがサロメ踊りだけじゃなくて、本番ショウを
やっているとか?

328 :名無しのオプ:04/10/29 12:06:29 ID:mpRofozR
すくなくともちんちん(あれば)は露出してるだろうな

329 :名無しのオプ:04/10/29 13:09:16 ID:7p1wxBRK
ちんちん露出程度じゃ腐女子の皆さんは全然満足せんぞ!!!
すくなくとも藍ちゃんとの絡みきぼんぬ。

330 :名無しのオプ:04/10/29 13:21:35 ID:E5NOcIHM
亜利夫・藍ちゃん・お黄身ちゃんの3連結きぼん
つーか、乱肛パーティーでよろしく

331 :藤木田:04/10/29 14:23:14 ID:k3Lp97vC
ミィを忘れてもらっちゃ困るね、おキミちゃん

332 :326:04/10/29 14:27:57 ID:2z724m8r
冒頭部だから、これからサロメを踊りますよというところ。ポロリもなし。

333 :名無しのオプ:04/10/29 17:23:03 ID:90w2FpPZ
なーんだつまらん

334 :名無しのオプ:04/10/30 22:08:10 ID:6C/0VepC
中井さんの日記によると、おキミちゃんは当初「ヒロちゃん」という名前だったけど、
アドニス版のも「ヒロちゃん」なんだよね、確か。

335 :名無しのオプ:04/10/31 08:27:31 ID:qkdHUqDD
ヒロちゃんというと、2ちゃんんのひろゆきみたいだねw

336 :名無しのオプ:04/10/31 10:34:08 ID:C4VHPH2I
「小説推理」に広告が出てるね。「秘稿解禁!!」だってさ。

337 :名無しのオプ:04/10/31 10:45:43 ID:QLvOWyI4
秘肛解禁!!

338 :名無しのオプ:04/10/31 10:48:27 ID:qMo0xJCq
さわりはここで読める
http://d.hatena.ne.jp/puhipuhi/

339 :名無しのオプ:04/10/31 15:35:06 ID:9gjE7/eG
この世にありえぬ青い菊…門

340 :名無しのオプ:04/10/31 17:52:47 ID:cxoid607
>>338
こんな「あの人」なんて……orz

341 :名無しのオプ:04/10/31 18:40:47 ID:YDqngJgS
>>338
これって前後の脈絡は分らないけどセックスシーンなの。
単に抱きあってる場面じゃないの?
で、この態度も蒼司の演技というか伏線みたいなもので。

342 :名無しのオプ:04/10/31 19:57:32 ID:2Y0LDUKR
>>341
亜利夫は蒼司の顔までは見えないんだよね、頭を抱え込んでるから。
蒼司は亜利夫の胸の轟きを知っていて、冷たくほくそ笑んでいたと感じる。

343 :名無しのオプ:04/10/31 21:07:14 ID:ythDKqkR
亜利夫「蒼司タンハァハァ」
蒼司「……(藁)」

344 :名無しのオプ:04/11/01 08:52:20 ID:aNGegOoJ
>>341-343
ウホッ、いい蒼薔薇様

345 :名無しのオプ:04/11/01 11:48:24 ID:SYDQbLAI
あ。そう。

346 :名無しのオプ:04/11/01 13:25:06 ID:L76Mm2b8
亜。×蒼。

347 :340:04/11/01 14:22:29 ID:9d3zGAkF
>>341-343
ああ、なるほど。それなら良いな。

348 :名無しのオプ:04/11/01 14:54:28 ID:A4d+22AX
自らの肉体を餌にして完全犯罪を企む蒼司タンハァハァw
腐女子的には文句があるようだが…↓
ttp://keshiki.rdy.jp/blog/

349 :名無しのオプ:04/11/03 16:44:58 ID:hygUpYNr
久々に来て、まず>>338で驚いた。これが噂に聞くあれかと。
だがしかし、>>341-343を見るとまた
「ああ、なるほど、そうかも。いや、それがいい」と思ってしまう。
そういう蒼司であってくれという俺の願望かね。

350 :藤木田:04/11/03 18:39:06 ID:eoOV7oJ+
ま、「小説推理」の次号で真相はあきらかになるじゃろうて。
ミイの名推理を楽しみに待っといてもらおうかの。

351 :名無しのオプ:04/11/03 22:42:58 ID:SbcQUB9v
http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2004/10/post_97.html
によると、「小説推理」に載るのは序章だけらし。
真相が明らかになるのは無理と思われ

352 :名無しのオプ:04/11/06 21:46:34 ID:QQeRd+rS
まあでも、楽しみではあるね。

353 :名無しのオプ:04/11/06 23:14:38 ID:2MM4iIfg
26に手に入りそうか27じゃないと無理かで予約する本屋が変わるのだが…。
正直毎日悩んでいる…orz



354 :橙二郎:04/11/07 11:24:35 ID:K0qtyjOV
君、両方予約して一軒はバックれたらどうだね?

355 :名無しのオプ:04/11/07 13:47:33 ID:HFvTlK8b
それ、やったことある。
電話で本屋からメチャクチャいやみ言われた。

356 :橙二郎:04/11/07 14:53:47 ID:zm+QO+Fe
なら、二冊買いたまえ。10年後にヤフオクに出せばさぞ儲かるのではないかね?

357 :名無しのオプ:04/11/07 15:14:01 ID:zm+QO+Fe
アレクセイこと田中幸一も注目しとるぞ

ttp://8010.teacup.com/aleksey/bbs

358 :353:04/11/07 18:43:12 ID:SOjhKGyt
そうか…イヤミ言われるのは嫌だな。参考になる意見ありがとう。
小説推理なんて私が頼まぬ限り入らなそうな本屋だしな。
356までの流れを読んで2冊…2冊買うよ!貧乏だけど!
背中をどーんと押してくれてありがとう。
1冊は棺に入れて焼いて貰う用で、もう1冊はある友人が死んだら棺にそっと
入れることにする。嫌がるだろうが…orz

359 :名無しのオプ:04/11/08 09:21:38 ID:Ee2OLuwF
10年以上積読だった「虚無」をとうとう読みました。
長いこと発酵させちゃって、期待が高まりすぎたかなぁ、
というのが第一の感想。
こんなもんだったか、って。
でも、あの時代にこれをやったのって、
やっぱすごい衝撃だったんだろうなぁ。

バイブルにまではなりませんでしたけど、面白かったです。


360 :名無しのオプ:04/11/08 11:22:25 ID:/qyiGrJC
>>359
乙!

361 :名無しのオプ:04/11/08 14:20:38 ID:q4TsBh5N
>>359
「虚無」の場合、時代云々はさほど関係ないように思う。
ちなみに俺は、初読→こんなもんか→ブランク→再読→バイブル化だったよ。
俺が「初読→こんなもんか」だったのは、予備知識もなく、求めていたものがズレていたからだろう。

362 :名無しのオプ:04/11/08 14:49:29 ID:z6ZpSg7Y
そうだよな。大抵のやつって、初読の感想は「こんなもんか」じゃない?
漏れも再読してからハマッたクチだし。
初めは「推理合戦うぜえ」とか思ってたけど
あれさえも伏線だとは思わなかった。再読すべし。

363 :名無しのオプ:04/11/08 17:33:42 ID:hVA0VJlL
バスの中で中井英夫全集を読みほろっと泣いてしまい、たった今家に到着した
ところです。恥ずかすい。

364 :名無しのオプ:04/11/08 20:07:57 ID:46qvimu8
何で泣いたの?

365 :名無しのオプ:04/11/08 21:07:31 ID:Cs1xp1Nd
中井英夫で泣ける話というのは興味があるな。
ぼくも何で泣いたか聞きたい>>363

366 :名無しのオプ:04/11/08 21:26:12 ID:Kl0+zXtx
>>363
たぶん創元全集第一巻のアイちゃん(相澤啓三)の告発だ!!
スゴカッタもんねえ…。

367 :名無しのオプ:04/11/08 21:50:35 ID:4lXsP9eG
創元のは、相澤氏のあの告発のために買ったっけ……

368 :359:04/11/08 22:24:42 ID:SQHgcm/a
>>361-362
そうですか。再読に面白みがあるのですね。
再読してみます。ありがとう。


369 :名無しのオプ:04/11/08 22:25:40 ID:QiKTgQRy
俺はめる欄の告発で泣ける。

370 :名無しのオプ:04/11/08 22:57:18 ID:QiKTgQRy
つうか普通にB公との話は泣けるだろ。

371 :名無しのオプ:04/11/08 23:00:32 ID:5wiqGUSI
月蝕領崩壊は確かに泣けるな。
爺いが二人、熱烈に抱擁してる姿を想像さえしなければw

372 :363:04/11/08 23:39:46 ID:hVA0VJlL
363です。
な〜んだ、とかえ〜っ、て言われてしまいそうで申し訳ないのですが、
恥ずかしながら報告させて頂くと「月蝕領崩壊」で。ハナミズモデチャッタ。
「夕映え少年」再読でも泣いてしまいそうな予感がします。
あと「黒衣の短歌史」でも少し泣きました。
相ちゃんの告発は本屋の中だったので、ぐっと我慢して泣きませんでした。
あれは最後に買ってひっそり泣く予定です…。

373 :名無しのオプ:04/11/09 01:41:08 ID:n6+0xjvq
このスレ見て久々に相澤氏の解説を読む。
何回読んでもズシリと来るなあ。

374 :名無しのオプ:04/11/10 00:28:42 ID:oIGqbmLM
>373
中井氏が死んだあとではどこまでが本当か分からんけどね。

375 :名無しのオプ:04/11/10 02:40:15 ID:JmUqne4y
>374
それはちとイヤシイ読み方ではない?
相澤氏の文章、文体にみなぎる誠実さはゆるぎのないものだと思うけど。

376 :名無しのオプ:04/11/10 09:25:06 ID:E16VVoMD
虚無の〜で配管も調べもしないで
「ガスはシャンデリアからでてたのよ!間違いない」と適当な
ことを言っているので「チャラチャラ着飾ってねーで屋根裏
でも床下でも潜れる格好して確認してから喋らんかい!」と思わず
むかついてしまった。



377 :名無しのオプ:04/11/10 10:09:43 ID:iRFLKQQt
>>376
マアマア、久生はある意味ボケ役だから大目に見てやってくれw

378 :名無しのオプ:04/11/10 12:21:27 ID:JmUqne4y
>>376
そ、あのボケぶりが小説全体の結構としては大切なのよ。

379 :名無しのオプ:04/11/10 13:55:19 ID:Shhi5H7W
間の抜けてない久生なんて久生じゃない。

380 :名無しのオプ:04/11/10 15:13:33 ID:E16VVoMD
だよな〜だって犯人をかばうために結婚休暇は口実だったんでそ?
やっぱ結婚延期ねって言われて、「よろしくてよ オホホ」なんて
ノンキなねーちゃん過ぎるぜ!


381 :名無しのオプ:04/11/10 16:54:52 ID:0OR+5qVr
最初の頃は本当に久生がウザくってウザくって、
「アリョーシャ。この生意気な女を犯して黙らせろや!」とか思って読んでたけど、
あれは中井英夫の壮大な釣りだったんだな。凄杉。

382 :名無しのオプ:04/11/11 02:21:31 ID:TGwoRqtg
今、NHKラジオ深夜便で「ルナ・ロッサ」が流れてる。
元の曲はイタリアの曲だそうで、思ったよりシャンソンぽくない。
でも、いい曲だね。

383 :名無しのオプ:04/11/11 15:30:18 ID:0Tx7Sqm8
深津ちゃんボケ久生超萌

384 :名無しのオプ:04/11/11 15:44:16 ID:mEf+dT2M
わしゃあルナちゃんの方に萌えるのお。
久生×ルナちゃんの百合コンビでひとつよろしく。

385 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/13 23:42:37 ID:0DlSTmvj
久々にとらんぷ譚を読む。
うーん。
ホントに凄い作家だぜ中井の父ちゃんはよう!!


386 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/13 23:44:12 ID:bvp3Q4y9
久生って女ってよりオカマって感じがする。
好奇心が強いとこ、でしゃばりなとこ、思い込みが激しいこと、平気で人を傷つけるとこ、など
ウザイオカマそのものだ。

387 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 10:57:51 ID:Qfv5SsVO
中井英夫って昔はまじめなサラリーマン風なのに、ジーサンに
なるにしたがって美しくなっていくのが不思議
虚無への〜の下巻の見開き写真なんか思わずドキッとする。


388 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 12:05:53 ID:nJLLoOcc
君、それはカメラマンの腕がいいせいじゃよ

389 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/16 10:56:45 ID:q9tBjBXY
それは絶対ある!愛情のこもった視線の先にいることは確かで
またカメラマンより先に死んでしまうことも確かで
そんなことを考えると悲しくなるけど、残された写真は美しい


390 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/22 10:48:52 ID:oFGvXbr3
いよいよ今週発売AGE

391 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/23 10:14:00 ID:GGyRQJ9M
平凡社ライブラリーの中城ふみ子歌集に中井英夫との往復書簡が入ってる。

392 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 13:29:27 ID:MCVZoBDL
「虚無への供物」未読だったので本屋に行ったら
帯に「読みやすく字を大きくして復刊」と書いてあった。
なにやら不安にかられ、ページを繰ると
確かに文庫にしては文字が大きかった。

小さい文字でぎっしり詰まったページが大好きなので
・・・復刊ではない版を探します。
ということで、まだ未読。
どの出版社からのが良いのかわからん状態で探し中。

393 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 14:56:44 ID:z0HKwUSA
 やっぱ東京創元社の文庫版『中井英夫全集』第一巻『虚無への供物』でしょう。
解題、解説、ともに充実。

394 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 16:11:13 ID:kIa2M/Ta
東京創元社版はマニアっていうかオタク向けだな。
字がデカイ新装版の方が目が疲れなくて読みやすいよ。

395 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 17:45:43 ID:50m2i3/Y
字が大きいほうが読みやすくていいじゃねえーか
何気取ってんだよ、馬鹿らしい。
何が「なにやら不安にかられ」だよ、ボケ。

396 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 17:48:40 ID:pV9IOfr7
香ばしや

ああ香ばしや 

香ばしや

397 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 20:14:42 ID:IIDApeyb
俺も活字はある程度みっしり詰まってたほうがいいな。
フォントがでかくて行間スカスカだとなんか気が抜ける。

398 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 20:25:03 ID:hBZOQgGe
>>395
絵本でも読んでれば?

399 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 20:39:48 ID:g/ARCWZp
>>397
同意。
自分的には活字が詰まってたほうが、すっと言葉の世界に入り込める。

400 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 20:47:23 ID:kIa2M/Ta
活字とか文字組にこだわる人って、
旧かな正字で活版印刷の本こそ最高とか言い出しそう。

401 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 20:52:00 ID:fi38M2fQ
>400
それを言うなら草書体の木版でしょう

402 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 21:16:02 ID:50m2i3/Y
えーと、何匹釣れたかな?

403 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 21:48:41 ID:GvFtPUoQ
この作品、純粋にミステリとして見ると評価が低いなあ。
犯人(実行犯ね)が意外でないし、
密室トリックもつまらない。
動機も合理的でないと・・・
良いところなしだな。

404 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 21:50:47 ID:frWeVvPB
純粋にミステリとして読むなよ

405 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 22:08:42 ID:nUthiLza
また釣りですか

406 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 23:02:37 ID:g/ARCWZp
>>400
そこまでは思わない。少なくとも自分は。
399にも書いたけど、文字がぎっしり並んでる方が、読むことに集中しやすいというだけ。

407 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 00:40:10 ID:atKexoXQ
なんかすっごい感想見つけちった…。

>中井英夫【虚無への供物】読了。700ページも読ませておいて「何だこの有様は!」といった感想。
>結末が凄いと大体どこのブックレビューにも書いてあったのでどんなもんかと思ってたら何の事はない「犯人は皆さんの刺激を求めるその下衆な好奇心なのです」とこちらに矛先を向けてくる何とも失礼なもの。
>頼むから今読んでも面白いかどうかで評価してくれ。マジで。
http://d.hatena.ne.jp/gomora/20041120


408 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 01:02:21 ID:147wpZJh
俺も最初読んだ時の感想は酷いものだったな。
でも再読してみて、タイトルの意味に気付いて唖然とした。

409 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 02:07:16 ID:HjHHDhJq
それにしてもミステリほど先駆者が報われないものはないやね。

410 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 07:19:41 ID:HWIyK1Y4
なんかロボットアニメの勇者特急マイトガインの結末を思い出した。
確か敵組織の正体と目的とは「三次元人」がマイトガインの世界(つまりそのアニメ番組の世界)で意図的に争いを起こし
三次元の世界(つまり敵組織の世界)でマイトガインのおもちゃを売りアニメを放送して利益を得るためとかいう真相だった。

411 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 22:20:55 ID:RpNbdkkb
いよいよ明日発売!!

412 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 22:24:37 ID:dS7xUuEL
ドラクエ8のことかうわなにをするnだやmr

413 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 01:14:30 ID:m+ORuBfv
クラニーも嬉しそうに引用してる(笑)
http://www4.diary.ne.jp/user/442488/

414 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 02:04:22 ID:8DyfnVuN
>>413
藍司は右手で柔く揉み立てながら、堅く張り切った「男根」を巧みに「指」であやしてゐる。
上反りの、熟し切つた二十六才の男の「玉茎」。黒々と光沢のいい「繁み」の中に今それはてらてらと輝いて・・・

伏字をと推理してみる。


415 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 02:05:11 ID:8DyfnVuN

伏字を「」と推理してみる。

でした

416 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 08:08:08 ID:YJHjMmzg
もっと変態スカトロプレイきぼんぬ

藍司は右手で柔く揉み立てながら、堅く張り切った「疣痔」を巧みに「舌」であやしてゐる。
上反りの、熟し切つた二十六才の男の「雲古」。黒々と光沢のいい「頭髪」の中に今それはてらてらと輝いて・・・

417 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 12:34:02 ID:6ICCrBAN
bk1で販売開始だ!

418 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 13:06:38 ID:n8QQ3Ckk
読んだけどどってこたないな。いまのやおいなんかと比べると。
別に秘稿ってほどのもんじゃないな。

419 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 13:36:30 ID:8DyfnVuN
読んだ。確かに期待ほどエロってわけでもなかった。
俺の>>414の推理は外れてしまったが・・・。
紅司のSM相手として玄次が出てくるのには驚き。

420 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 14:04:31 ID:izlQiNhV
猿股のところで笑ってしまった <玄次

おめー不良のくせにそんなもん穿いてんじゃねーよw

421 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 14:29:49 ID:izlQiNhV
挿絵がオシャレすぎる。
ここは一発石原豪人でコテコテに決めてほすかった。

422 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 22:31:02 ID:qcJrEGGC
ま、中井がちんちん好きなのはよーく分かった

423 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 00:08:15 ID:W/2Enoip
小説推理の話が続く中すいませんが、
今日のバイオリンドラマを見て、オダギリジョーの蒼司もいいかもとか
思ってしまったが、どうだろう。

424 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 01:20:37 ID:lceOaE9g
>>421
石原豪人氏はとっくに鬼籍ですよ。

425 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 09:23:25 ID:F7u+idsX
>420
時代が違うからしょうがない。もう50年も前の話しだ。オメーなんか生まれてもねえだろう。

426 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 10:24:20 ID:PeTaOsLz
ところで「小説推理」初めて買ったが、あの超下らないマンガはなんとかならんか。

427 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 13:27:12 ID:4ak41Zic
>>425
それもそうだ。
玄次なんか今生きてたら70過ぎだもんな

428 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 13:28:55 ID:PjDTGoW3
>>427
ワロタ

429 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 14:26:08 ID:s3Nrecox
中井英夫も生きてたら82歳だ!ひえ〜。

430 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/29 05:39:30 ID:yDkUot0/
宇野亜喜良の絵、よかった。建石修志よりオシャレでセンスがある。

431 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/29 10:38:35 ID:VmLJ65kN
序章だけじゃなくて第一章も読みたかったな。
つまらんエッセイ載せる紙幅があったらもっと本文の分量増やせばよかったのにw


432 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/29 11:24:41 ID:gso0VuJd
たしかに。本多正一のはサスガというべきだったが、齋藤愼爾のはイマイチ。
続編を期待したい。「小説推理」さん、どうぞよろしく!

433 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/29 11:30:37 ID:+NfwR8Ss
アレクセイ田中幸一の感想も聞きたいが、なんか掲示板でも無視しとるねw

434 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 14:14:39 ID:+sgiKWHR
12月10日が近付いてきましたね。

435 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 21:10:00 ID:V/JLborW
「小説推理」やっと買えた。
そこそこ大きな本屋でもおいていないところが多かった。

436 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 12:42:09 ID:v38yTrsK
すんまそんが中井さんの命日ていつでしたっけ?
あと菩提寺はになんて寺?

437 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 13:32:26 ID:+BeG5kLi
ぐぐれ

438 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 13:48:30 ID:v38yTrsK
今出先でケータイなんす
山口市に来てるんです

439 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 14:07:40 ID:QbZeNmtE
正福寺。
山口市駅通り2-1-15 tel:083-922-5758
山口駅から裁判所を越えてちょっと行ったところにある。
おそらくここでいいと思う。

440 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 14:54:16 ID:v38yTrsK
>>439
神。ありがとうありがとうありがとう。
墓前から記念カキコでした。

441 :439:04/12/05 23:15:21 ID:iaGcMUWa
あ、ちゃんと行けたんだね。よかった。
さすがの中井英夫も、
まさか墓前から2ちゃんに連絡されるとは、幻視しえなかっただろうw

442 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 23:31:32 ID:Cy4Cd3Mg
 中井英夫ってちゃんと墓立てたのか、しかも寺に。ちょっと萎え。
なんか遺骨は愛する人がいつまでも持ってるか、散骨かなんかしそうな
イメージだったけど。

443 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/06 01:10:34 ID:MEJgTYrZ
東京のどこかに埋めて欲しいとかって文章なかった?
 話はかわるが中城ふみことの往復書簡読了。凄いなこの人達。

444 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/06 01:36:47 ID:7BoJG3KM
>>442
何年前だろう、私は下谷の法昌寺に行って中井の墓を探したことがあります。
しかし見つからなかった。その時には供養塔も無かったし。
そこに住職らしき人が現れて、私に声をかけてくれたんです。説明すると、
「確かに中井さんの葬儀は当寺で行いました。遺骨もお預かりしていたのですが、
中井さんの著作権を持つ者が、遺骨を持っていって山口市の中井家の墓に移したのです。
山口の寺の名前?わかりませんね」と言われました。その経緯が不本意な様子でした。
その後、幸いにも山口の正福寺に行く機会があったのです。
墓所の区画整理をしたばかりだったらしくて、なんだか身動きもできないくらい
窮屈な一角を探し回って、目立たない古びて摩滅した背の低い墓石をようやく見つけました。
そう、墓場の中で何の標識もなく、むしろ縮こまっているように思える墓石でした。
暖かくはなかったです。
横の履歴を示す碑銘ですが、英夫が最新で、著作で見た姉や兄の名も見えます。



445 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/06 01:52:39 ID:qA+L7WHN
墓碑にはピーマン云々はやはりないのか・・

446 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 02:05:01 ID:w8n/WZlQ
羽根木に二坪だけ土地買ってくれ。俺、山口の墓なんかには絶対入りたくないから、羽根木に記念碑建ててくれ。田中中井って横に並べて彫って。これは遺言だ。

447 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 13:51:09 ID:uQgZBrJP
つきみ野に住んでて悪かったな!

448 :440:04/12/07 21:49:20 ID:f6QUUNbz
>>439
改めてありがとうございました。所用で近くまで行く機会のついでに急な思い立ちで行動し
たので、下調べもしてなくて…助かりました。
しかし本当に寂しい墓でした。ごちゃごちゃ乱立する墓石の中でも、ひときわ小さくて磨り減
った陵でした。
周囲の墓には、古い新しいはあっても大抵「しきび」が備えてありましたが、中井家の墓に
はしきびも線香の跡もなし。長らく誰もお参りしていない様子でした。雨水がたまったまま
の花入れに、黄薔薇を放り込みました━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━━ !!! 
寺の正面には巨大な槙があって、いわれを書いた大きな看板があり、中井猛之進博士の
遺業に言及してました。しかし英夫についての看板だの案内だのは皆無、マジで誰も気に
かけてない様子。死後は単なる田舎旧家の末弟に戻ってしまったような。
本人も不本意だったらしい墓に入って、しかも訪れる者も無しとは哀れ過ぎませんか。墓参
に立ち寄る人が増えたらいいなと心から思います。山口駅から近いし境内に駐車スペース
もあります。命日は10日ですね。

449 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 23:13:28 ID:/5hxhOD/
>448
自分で墓建ててやれよ。

450 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 23:41:43 ID:8sdfRJkt
449
つまらんこと言う椰子ハケン

451 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 23:48:10 ID:ynTdbeu0
マザコンでシスコンだったようだから、それはそれでありだと思う。
黄薔薇GJ>448

452 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/08 03:51:40 ID:gqfbgggQ
ンなもん死んじまったらどこ入ってても同じだろ。
>>448は霊魂の存在でも信じてるのか?

453 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/08 22:48:04 ID:W1XDvxMt
>>452
とりあえず靖国の英霊に謝っとけよ。



454 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/10 15:29:47 ID:XXcbHurV
――その人々に

455 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/10 16:28:50 ID:99bpq7lT
今頃アラビクでは、忘年パーティの支度に余念がないのだろうな。

456 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/10 18:24:46 ID:Px2LjUun
記念日カキコ

457 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/10 19:33:28 ID:vC4nrsfH
おれは今日全裸で過ごすゼ!
ぜったい、見てくれよな!

458 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/11 00:41:10 ID:lQcQxnL2
と藤木田老が言ってますた。

459 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/11 00:53:14 ID:U12eqNEs
本多さんじゃないのか

460 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/11 16:20:55 ID:URm6Q0JS
中さんもやりそうだな

461 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/11 19:37:38 ID:nVnGyWcZ
田中幸一だと思うよ。

462 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/11 20:03:36 ID:BVx4iH4P
面白い?

463 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 01:24:23 ID:tMA59Owu
おもしろいと言えば、(あえて)虚無以外の中井英夫作品で、
おもしろいのは何ですか? おまえらのオススメを教えてください。




・・無理矢理つなげてみた。

464 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 11:38:34 ID:6owovf0b
とらんぷタン

465 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 13:59:09 ID:576syBHd
炎色反応

466 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 17:38:23 ID:exsXXMFM
黒塚

467 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 17:44:03 ID:F4vGIwZS
「光のアダム」はつまらんかった。つか嫌い。

468 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 18:22:41 ID:Q1m4L3ik
ラストは驚愕したがな

469 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 23:40:42 ID:3XaZrKcp
>463
中井英夫・中城ふみ子往復書簡

470 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 00:51:28 ID:DIQmuqkk
全裸

471 :名無しのオプ:04/12/18 13:14:24 ID:CAHdFgHj
彗星との日々

472 :名無しのオプ:04/12/20 01:56:49 ID:YPNSnckq
往復書簡はおもしろいってか、中井で一番泣ける作品かも。
セカチュー読んで泣いてる奴らに読ませてやりたいよ。




柴崎コウが推薦文書かねぇかな。


473 :名無しのオプ:04/12/20 09:12:50 ID:3yC08bMT
見知らぬ旗

ミステリじゃなけど、すんごく好き。

474 :名無しのオプ:04/12/22 21:11:33 ID:S9xrwQ0S
こういうのって必ずマイナー作品合戦になるのな

475 :名無しのオプ:04/12/22 22:31:53 ID:G4N3PEs8
まあ中井の作品は漏れなくいいってことだあね。

476 :名無しのオプ:04/12/23 02:13:41 ID:8i8NSsBG
虚無への供物読んだが何が面白いのかわかんなかった。
駄目なのかな俺。
ミステリ好き自負してたんだがな

477 :名無しのオプ:04/12/23 02:47:40 ID:knvN3XYF
ここ10年くらいのミステリ好きがあれ読んで失望するのは無理ないな。
まああとはどこまで深読みできるかだけど、深読みできれば偉いってもん
でもないし。

竹本や麻耶もいずれそう言われる時代が来るんだろうなあ。
つか前者は既に言われてるか。

478 :名無しのオプ:04/12/23 03:52:00 ID:FLQJ8Vw0
ageて書いてるあたり明らかに釣りなんだろうけど、
世評が高いのに反発したくなる気持ちも分かる。
実は俺も良さがよくわからん。読んでる最中は
それなりに面白かったが読み終わってハァ?
消去法でいけば最初のうちに犯人の目星は付いちゃうし。
凄いミステリーとかを期待して読むようなもんじゃないと思うね。

479 :名無しのオプ:04/12/23 08:15:52 ID:dJQZwj9i
何年かしたあと、何かの拍子にパラッとめくって
そのめくったページを読むと割といいんだよ。

一気読みより、一日2,3行。しかも順序無視。これ最強。

 

480 :名無しのオプ:04/12/23 09:13:26 ID:Dg6CMP+3
>479
あー、俺もそんな感じの読み方だわ

481 :名無しのオプ:04/12/23 15:32:04 ID:DRfvlSqb
俺も。
っていうか、アレを再び全編通して読むのは中々骨が折れる。

482 :名無しのオプ:04/12/29 08:53:04 ID:0fVg6jLM
保守

483 :名無しのオプ:05/01/05 20:00:51 ID:Hj0lHLME
保守

484 :名無しのオプ:05/01/06 22:39:47 ID:n2t/EoQo
色気むせかえるような作風なのに女ッ気が皆無だ。
本物の人が書くと違うな。
蒼薔薇様もいいがやはり藍ちゃんだろう。

485 :名無しのオプ:05/01/11 10:21:59 ID:5SBCFo2u
祝! 
相澤啓三氏の『マンゴー幻想』が高見順賞を受賞

486 :名無しのオプ:05/01/16 21:50:53 ID:ivYFf5Oz
北の零年って映画に「堀誠太郎」はでてきますか?
ヒヌマ兄弟の祖父で中井英夫の祖父の。

487 :名無しのオプ:05/01/18 11:47:22 ID:1NJEdWo4
何回も読み返しているけど、ゾクゾクするのは話が一転して動坂のアパート
が出てくる場面だね。ああいう転調の仕方があるから話が単調にならないわけだ。
八田さんは(大阪弁がしゃべれるという前提で)故神田隆はどうでしょう。
葦原エイリョウサンはnhk・fmでシャンソン番組をやっていたなあ。

488 :名無しのオプ:05/01/24 10:08:47 ID:ylgi5JQP
フランス帰りの名探偵ルレタビーユならぬムレタビンユウ…
連続殺人を阻止できんのにどこが名探偵なんじゃ〜!
新潟のオヤジがミイとかユウとか言わねーよと突っ込みたくなってしまふ




489 :名無しのオプ:05/01/24 12:53:14 ID:EHHIBHo/
>新潟のオヤジがミイ

当時人気があった「おそ松くん」に出てきたイヤミのまねじゃないの?

490 :名無しのオプ:05/01/24 20:25:51 ID:ZpOiXEe4
>>489
それって過去スレにもあったけど
中井英夫は赤塚漫画とか読んでたのかね

491 :名無しのオプ:05/01/24 23:34:08 ID:hFoPmi8+
へえ〜、虚無の当時からおそ松くんって既にあったんだ〜。
へぇ〜、へぇ〜、へぇ〜・・・

492 :名無しのオプ:05/01/24 23:36:26 ID:PHMRIHMF
一人称ミイって言う嫌みな言い方って戦前からあったらしい。
いわゆるモボあたりが使ったのが起源だとか。

493 :名無しのオプ:05/01/25 12:59:55 ID:6Ch6w5Z/
ふぅ〜ん 新潟のオヤジがモボを気取ってミイとか言っているのは
なんだかカワユイね アイちゃんにオキミちゃんとできてんの?と
聞かれて イヤ齢だからそんなことは・・・ と口ごもるとこもナカナカ
これが開き直って「新潟からわざわざ来てんだから当然だっぺ!」
などと言っちゃイヤだ!


494 :名無しのオプ:05/01/25 22:22:55 ID:vwjYwiPW
一 氷沼
二 藤木田
三 光田
四 
五 
六 牟礼田
七 奈々村
八 八田

十 塔晶夫

虚無の登場人物は,ひいふうみ,なんだって(既出?)。
十がいないから筆名を塔にしたとのこと。残りは?

495 :名無しのオプ:05/01/25 22:30:36 ID:GFp/Tw9n
鴻巣玄次は?

496 :名無しのオプ:05/01/25 22:49:56 ID:vwjYwiPW
>>495
あ,鴻巣 こうのす だから,ココノツの9ですかね。
あとは,4と5ですなー。

497 :名無しのオプ:05/01/25 23:07:22 ID:vtWo2Rtw
ミイっていう一人称を使う嫌味なやつらが本当にいたから
イヤミというキャラができたんじゃないかー。

498 :名無しのオプ:05/01/25 23:22:08 ID:OsE/Y04J
四 吉村夫妻(緑司)
五 伊豆金造

499 :名無しのオプ:05/01/25 23:33:02 ID:vwjYwiPW
>>498
おおナイス!どこ読んでたんだろう自分。

ちなみに123ネタは,1992年刊行の『月光』9月号のインタビューで
語られてるです。古書で手に入れたんだけど,ページのの間に,新聞
の訃報記事の切抜きが挟まってて切なかった。

500 :名無しのオプ:05/01/26 18:19:27 ID:PjyQAY6N
ある写真集の題名が「虚無への供物」
ステキな響き〜 と感じて14年後、このスレで分かりました。
創元ライブラリ版で読。

渋澤龍彦が好きな時に読めば楽しかっただろうなぁ(今は嫌いという訳ではない)。
軽くて読みやすい サクサクー。その割に2日かかった。
「、」読点が多い。ワープロもない時代なのにおかしい。
あそこまで長くする意味あるのか?
久生がうるさい。正義感ぶってるのも嫌。
婚約してても当時としたら行き遅れの部類に入るよ。
精神病患者への見方が良くない。当時はそんなものか。
私の好みじゃないからこう思うのでしょうね。

黄司の生年は昭和9年11月ですよね?
あとになって昭和11年生まれみたいな事を言ってるから。
明日から講談社文庫版です。そのあと黒死館!

501 :名無しのオプ:05/01/27 00:10:36 ID:8/m8psrf
禍鳥を買いにいったら、hんださんが目立つところに置き直してた。
こっちも感慨深くなって、サインもらうの忘れた。

502 :名無しのオプ:05/01/27 09:04:19 ID:HSqawRcw
彗星との日々を買ってサインしてもらおうと思ったけど
血を吐いたらしい中井のページを開いて指に力がはいらず
置いて帰ってしまった あぁぁ 

503 :名無しのオプ:05/01/27 12:07:42 ID:MSSv4lJb
月蝕領映画館はいったいいつ出るんだろう。

504 :名無しのオプ:05/01/27 21:59:02 ID:WMn/gcSd
>>489
イヤミのモデルって
「坊ちゃん」に出てきたキザな教頭なのでは?

505 :名無しのオプ:05/01/28 02:49:30 ID:0AQ1Khj9
今年ってもしかすると13回忌?

506 :名無しのオプ:05/01/29 00:02:11 ID:268Gp+su
500です。
黄司の誕生日分かりました。

507 :名無しのオプ:05/01/31 23:28:04 ID:zErXHHV4
虚無への供物再読中です。
12月10日に生まれた漏れならば、
ワンダランドにたどりつく可能性を秘めているの思うのです。



508 :名無しのオプ:05/02/01 09:48:46 ID:uHlGGq1B
>507
そうなの?

509 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/02 18:20:34 ID:87i4LKzB
斉藤慎治と車谷長吉って和解したのね。「新潮」に車谷が謝罪文載せてた。

510 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 16:13:37 ID:S7fHIb4Z
ちぇっつまらん

511 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 20:22:43 ID:eAO33Jxb
斎藤慎爾だな

512 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 00:51:35 ID:7fdLjhFK
中井英夫が解説を書いている『寺山修司青春歌集』(角川文庫)
の新版が出たね。

513 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 20:21:55 ID:rImSwrI6
家から近いことだし、散歩がてら出かけてみたらひょっとして
神経質そうに眼鏡をかけた虫太郎に会えるかもしれない。といって
会って何を話したらいいか自信はないけども、小栗の持っていた
ブラックホールの裂け目に吸い込まれるとすれば、それはそれでおもしろい。
せっかく小栗のために開かれた1930年代の後半を踏みにじった
軍国主義の野暮な輩も、たぶんその中にいることだろうから。

514 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 15:00:29 ID:mrXUbqoN
2ちゃんねるに書き込む文章とは思えぬ微分積分
虫太郎のいるかもしらん家の近所ってどの辺?

515 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 15:40:28 ID:Ka/Q1Jlm
>>514
中井の書いた小栗全集の解説でしょ。

516 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 08:53:14 ID:bN0AN3e9
>514
三軒茶屋のへんでしょ。

517 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 13:50:03 ID:BW9pjrU4
>>515
そうだよなー やっぱし
>>516
そうですか どうも


518 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 20:41:08 ID:WbzvCoBn
今夜も寒いですね。煮葡萄酒でも一杯やりませんか。

519 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/12 23:25:45 ID:Qul7VAQ7
何度読んでも、久生にむかつく

520 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 00:17:34 ID:S4HpxnlY
脳内で深津絵里が定着したのでそれほどムカつかない

521 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 12:40:07 ID:cvblk4G2
当時あのキャスティングには
ムカつくというか泣きそうになったのだが・・

522 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 13:01:50 ID:cnOw08eZ
誰がやってもムカつくんだから深津ちゃんあたりでちょうどいいだろ。

523 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 14:05:01 ID:sGkZAkNc
おまいら、ほんとにトニー谷を知らんのか?>イヤミのモデル
http://www.dcn.ne.jp/~mcworld/comic/tony/tony.html

524 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 16:05:02 ID:UGv9CoGp
知ってるのって40代より上か、せいぜい30代かね。<トニー谷
知らないって人でも、ギャグや歌は聞いたことあるんじゃないか。
昔映画見まくったよ。ビデオでだが。


525 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 18:29:59 ID:I2USdT5s
そろばんを楽器にしてザンスザンスとか歌う人かな?
しかしトニー谷がゲイバーに居たら営業妨害だよなぁ
だってそっちのほうが面白そうだ

526 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/14 22:31:49 ID:9p2Pz/dz
>523
愛児誘拐事件が作中に出てくる

527 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 17:37:46 ID:p4tlYkn+
久生にむかつくって、どうして?
登場人物の中では藍ちゃんと、それから久生がオレいちばん好きさ。

528 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 18:15:40 ID:d0AywXLa
中井作品に出てくる女は嫌な奴ばかりだね。
男色家の中井のシニカルな女性観が現われている。

529 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 19:38:29 ID:SCObaLyC
>>527
(将来の)身内に連続殺人事件があって何人も死んでるってのに
「物見高い御見物衆」としての不謹慎さを一番発揮してるキャラだから<久生

530 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 00:16:17 ID:gYhWOo6f
>529
久生のそれが(メル欄)たる所だろう。
逆にいえば久生こそが虚無を(メル欄)たらしめている最重要人物。
そう思えば、さほどムカつかないのでは?

531 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 00:35:15 ID:XxiyT4/5
本当は目欄なのに、
>連続殺人事件があって何人も死んでる
ことにして喜んでたわけだからむかつく。
しかもそれを小説に書きたいなどと無反省なことを言ってるから
なおさらむかつく。>久生

532 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 00:52:37 ID:pO/LsY4q
あんな女が近くにいたら、むかつく。

533 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 01:03:02 ID:X2kTwQ07
自分に「アリョーシャ」なんてあだ名付けられたら、むかつく。

534 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 01:41:45 ID:QMSebtyV
久生って容姿に関する描写が一切無いから、たぶんブスデブなんだと思う。

535 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 18:11:39 ID:7AHYOQGm
>>530
「ムカつくキャラ」として作者が書いてるんだから、それに対してムカつくのが
作者の意図通りの正しい読み方なのでは?

536 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 19:16:09 ID:7fC6jrqj
いやそれは正しく踊らされてるだけだ。

537 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 22:35:53 ID:58pr8ZSK
まあ藍ちゃんは天使なわけだが

538 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 14:44:09 ID:jko4uHgC
あんな感覚の鈍い女はいない。女に鈍感でいて欲しい
という中井の願望だと思う。

539 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 15:15:39 ID:IIXw/sqJ
ホモに走った藍ちゃんをけなげに慕い続けるルナちゃん萌え。

540 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 22:38:54 ID:WygzYZTh
私も久生はあんまり好きくない。でもちょっとさびた声って
いいなと思う。

やっぱどこかの坂の上の与太者。


541 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/23 20:42:26 ID:kKmgVGob
2000年の東京創元社版の虚無への供物は、函入りですか?
函なかったら買わない

542 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/23 22:42:44 ID:ZpsV4Vxo
函はない。
建石たんの装丁もお粗末。
むりやり2月29日のアンバースデイ会わせようとした拙速感溢れた本なので、
よほどのマニア以外は買う価値なし

543 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/24 00:03:59 ID:y8E+cD0h
100冊限定のは箱なかったっけ?

544 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/24 23:18:53 ID:f559L7gP
限定本は豪華函あり。
http://www43.tok2.com/home/aki0518/nakai/nakaigentei/nakaigenteikyomu.html
ただ、建石のいいのは「とらんぷ譚」や「蒼白者の行進」のころ。
近年は過去の遺産で仕事もらってるとしか思えん。

545 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 02:38:08 ID:EG8rWwNN
建石氏は日本暗号協会発行の「黄金虫」のイラストも描いてた

546 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 02:42:04 ID:jMezytIT
税込み68250円なんて誰が買うのやら・・・

547 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 03:12:07 ID:EG8rWwNN
>>546
俺買ったよ。30万の「貼雑年譜」も買いましたから。

548 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 03:28:19 ID:75ZUGloZ
それはまた、豪儀ですね。

549 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 13:03:49 ID:TT/qmZAC
日本暗号協会ってそういやあったなあ。いまどうなってるんだろ。とっくに解散したか。

550 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/26 10:28:57 ID:vyi7ct8y
休会中。ネットで活動を再会しようとしてるみたい。
秘文字が会設立の発端なんだな。
田中敏郎もかかわってるし、建石が表紙かいてるしで、
中井英夫とも関連がなくはないのか。

ttp://homepage2.nifty.com/htsuda/ango.html

551 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 14:58:33 ID:73uGangv
爺やの名前って作中に出てきたっけ?思い出せないよ


552 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 17:36:42 ID:wBvesE1h
>>551

吟作さん

553 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 18:06:37 ID:73uGangv
ぎんさく?初めて聞く名前だ。
3回も読んだのに全く覚えてなかった。教えてくれてありがとね

554 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/10 11:32:54 ID:/Y57OyU0
久生が「確か爺やさんは、吟作とかいったわね」と言ってるね。

555 :吾輩は名無しである:05/03/13 22:15:49 ID:YePrDHFl
poi

556 :名無しのオプ:05/03/17 22:43:30 ID:NRyC7NQN
NHKのドラマってDVD化しないのかな
衛星放送は入るつもりないから、また再放送されることがあっても見れないや
地上波でもやることあるんだろうか

557 :名無しのオプ:05/03/18 00:31:25 ID:ubkakUD7
ん?再放送なんてしたの?

558 :名無しのオプ:05/03/18 01:37:40 ID:aZ+J3UDk
>557
再放送は去年の話さ、紛らわしくてスマソ
もしも再放送(ただの希望)することがあっても見れないなとふと今頃思って

559 :名無しのオプ:05/03/18 02:18:09 ID:ubkakUD7
去年したんだ。知らなかった。

560 :名無しのオプ:05/03/18 02:42:02 ID:NZEKogNO
NHKごと公開買ってしまえば思うがままだ

561 :名無しのオプ:05/03/18 07:11:20 ID:vN2gbafT
スカパーのミステリチャンネルでもつい最近やってたぞ

562 :名無しのオプ:05/03/18 14:01:25 ID:/JIvAU3u
12/31にやってましたね。一挙放映。

563 :名無しのオプ:05/03/18 14:34:23 ID:2QEvagPV
大晦日の再放送の前にも一度やってたな、ミステリチャンネル

564 :名無しのオプ:05/03/18 23:11:38 ID:XIDIUylQ
>560
名案だと思うので任せた、地上波での放送かDVD化楽しみにしてるよ

然し去年はやたらと再放送やってたな、好評だったのか

所で虚無への供物で本検索すると椿/昇って人の本が出てくるけど関係ある?
持ってる人いたら内容キボン


565 :名無しのオプ:05/03/19 09:03:59 ID:oWgwoBN9
>564

昔、買ったことがあるけどとちゅうまで読んで挫折。

内容は全然覚えていない。ゴメン。
関係は多分ないと思うけど漏れの読解力不足かもしれない。
コメントのしようがない。

外見というか、フンイキは「かちくじんやぷー」に
似ているような印象を受けたけど、
ヤプーも読んだわけじゃないので、間違っているかも。

読破した!という情報は漏れも聞きたい。
漏れの印象では黒死館のほうがまだ読みやすかったような…。

566 :名無しのオプ:05/03/19 09:59:45 ID:5Dne5Kca
アレは中井英夫とも『虚無への供物』ともなんの関係もないクソ本なり。
勝手にタイトルを使ってるだけ。

567 :名無しのオプ:05/03/19 20:58:25 ID:Txdb80lp
昔、NHKの「埴谷雄高・死霊の世界」って5巻組のビデオを通販で買ったら、
しょっちゅうビデオ・DVDのDMが送られてくる。
かなり色んな作品が売られてるから「虚無」もそのうちDVD化されるんでない?

568 :名無しのオプ:05/03/19 23:55:25 ID:/yf4l0nr
レスサンクス>>565-567

>564>566
小説だったのか
てっきり虚無〜をイメージしたアート写真集か何かかと思ってた
黒死館より読み難い本が90年代に出たってある意味奇跡だ
大分酷いみたいだが、そんな内容で中井氏の関係者から苦情は出なかったのか…

>567
凄いの買ったな、ググってみたけどNHKのビデオって結構高いんだな
これじゃ虚無がDVDになっても厳しいかも…まあレンタルがあるさ
それにしてもこんなに色々DVD化してるなら、
その売り上げで受信料の不足分をまかうわっやめろなにすあjgldfk;えう

569 :568:05/03/19 23:58:18 ID:/yf4l0nr
ただいま
自分にレスってた
564じゃなく565へ

570 :名無しのオプ:05/03/20 00:57:09 ID:NpW8WrmT
虚無、映画にするひとはいないのだろーか。
あるいは翻訳とか。

571 :名無しのオプ:05/03/20 11:14:24 ID:6PO3F/+s
TVでトータルで10時間くらい?
2時間くらいでまとめようとすると、あっちこっちから文句が出るだろうなあ。

572 :名無しのオプ:05/03/20 23:53:57 ID:AiA1/bDf
デランジェってヴィジュアル系の元祖みたいなバンドの写真集も、
「虚無への供物」ってタイトルだな。
やっぱり関係ないけど。

椿昇の虚無も持ってるけど、まあ奇書は奇書っぽい。読んでないけど(汗)。

573 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 11:55:35 ID:Y6HE3BLn
「供物」ってなんて読むの?
くぶつ?きょうぶつ?
変換できないんですが。

574 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 13:12:59 ID:1s991CW4
くもつ。

575 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 13:22:53 ID:1s991CW4
つうか、その程度の国語力で虚無がまともに読めるのか?

576 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 13:32:13 ID:QcLIira9
ネタだろう。
最近のインプッドメソッドには必ず再変換機能(仮名に戻す)がついてるはずだから。
少なくともMac標準の「ことえり」でも俺が愛用してる「EGBRIDGE」でもその機能はある。

577 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 15:52:51 ID:mS4Zrd90
けっこう読書家の友人が
はっきり「きょうぶつ」と発音していた。
しかもこの作品への悪口だった。
あまりビックリしすぎてその場ではつっこめなかった。

578 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 18:33:03 ID:/HnbGk27
ネタになってないなw

579 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 18:41:03 ID:QcLIira9
576だけど「ことえり」にはその機能なかったわ。
でもまあ、漢和辞典調べれば分かるがな。

580 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 21:57:24 ID:7uoCnTv9
森博司は読めなかったってどっかで書いてたぞ

581 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 22:08:38 ID:SaAYkh3X
最近の子は普通に読めないのかな。
読めりゃ偉いってもんでもないけどさ。

582 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 22:46:14 ID:o8DWGybV
逆に何故最初から普通に読めてしまうのかと考えると
供養という言葉を先に知ってたからかなぁと思う。

携帯供養とかピアス供養とか年中行事にすりゃいんだよ。
神社本庁主導かなんかでw

583 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:48:30 ID:WUO/Xpnr
そのうち「薔薇」なんて字も読めない奴が出てくるんだろうな

584 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 04:45:52 ID:Pqfpkw7d
供物を読めない子の家はきっと葬式とかまだしたことないんだろうと思う

585 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 12:41:03 ID:X4n0QRaH
毎年のお墓参りとか法事とかで
ふつうに「おくもつ」という言葉を聞いて育ったので
読めない人がいることが驚きだった。

「きょうぶつ」という日本語は聞いたことないので
どこから来たのかちょっと興味あり。
なんか法律用語みたい。



586 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 20:27:16 ID:nkTRp4Ts
普通に仏教用語だろ。漢音で無く呉音で読むんだから。

587 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 21:27:21 ID:KU1AK4bd
>583
どっちかっていうと薔薇の方が難しいだろと言ってみたい

588 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 12:56:48 ID:sO/cFTog
読めても書けない、それが「薔薇」さ

589 :名無しのオプ:皇紀2665/04/01(金) 00:14:41 ID:EfzqAP+1
蒼薔薇様誕生日月あげ

590 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 03:09:26 ID:kY1VEsEP
>588
だから薔薇族は廃刊したのかw

591 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 08:14:20 ID:1buaOq/A
蒼薔薇様も生きていれば70代か

592 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 10:46:23 ID:vWmgzn4a
>590
「薔薇族」は復刊決定したよ。

593 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 10:57:13 ID:ZSZG4AiO
薔薇族、復刊しております。

594 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 13:10:07 ID:ROSXzxty
>592-593
中井スレに相応しいケコーンだな

595 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 16:57:54 ID:5/i9HNBh
>>594
レスの間が10分以上も空いてちゃケコーンとは言わん

596 :名無しのオプ:2005/04/04(月) 01:13:45 ID:pkmgRrAS
>591蒼薔薇様は永遠の26才(だっけ?)だい!ヽ(`Д´)ノ
それにしても薔薇族に詳しいなモマイら
復刊記念に薔薇族で緑川版の虚無〜を全編掲載してはくれないだろうか
もしそんなことになったら情報おくれよ

597 :名無しのオプ:2005/04/04(月) 01:20:47 ID:fqC57xNx
東京創元社で企画進行中らし <緑川版の虚無〜全編掲載

598 :名無しのオプ:2005/04/05(火) 23:41:20 ID:z37l9f1v
>597
まじっすか、情報ありがとー
楽しみだあ


599 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 13:02:17 ID:RL2cOS/l
「TH叢書」”昭和幻影絵巻”ってので「アドニス」版「虚無」論が出てるね。
たいした内容じゃないけど。

600 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 19:45:54 ID:hlYsSDfJ
そして600はゲットされり。

601 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 22:22:36 ID:rKWLKVie
「虚無」最高やー。
4章以後なんか面白すぎてページをめくる手が止まらなかった。
これこそ最高の推理小説なり(反推理小説か?)。

602 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 23:06:09 ID:IElXur8+
これ読んでみようと思って本屋で講談社文庫の新装版開いたら
字がでか過ぎて読む気が萎えた。
どっかで昔の版探して再チャレンジします。
あの安いハウツー本レベルの級数は何のつもりなんすかね。

603 ::2005/04/07(木) 23:35:34 ID:XrERlwpU
創元にもありますよ。高いけどね。

604 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 09:20:56 ID:vskY/42Y
創元のは「解説」だけでも買う価値あり。

605 :602:2005/04/08(金) 23:20:58 ID:QRimTW7I
わざわざありがとう。>603,604
仕事一段落したら探しに行って来ます。

606 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 23:36:43 ID:T3CrVxCq
字が大きすぎて読む気がなえたという人も珍しいな

607 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 10:40:51 ID:T5f1aKpd
>>604
相澤氏の解説を読みたくて買ったよ

608 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 10:41:19 ID:L3/YCoF5
>>606
既読のせいかもしれないが、俺も同感だ。
童話の体裁だあの時の大きさ。

609 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 13:15:56 ID:KvlCzrTR
たぶん高年齢者向けの字の大きさなんでしょう。早川でもクリスティーだし直ししてるみたいなもんか?

610 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 14:41:01 ID:zpbX1NLd
>>606
過去にもこの話題あったが全然珍しくないよ。

611 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 19:56:55 ID:6m3WiWu5
字がでかいと一定時間の間に
ページをめくらなきゃいけない回数が増える。
それが嫌なんだわさ〜

612 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 21:58:11 ID:v9ZJwgzR
くだらね

613 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 00:01:18 ID:20ki6cE6
雰囲気でしょ。文字が大きいと児童書かラノベ読んでるみたい。

614 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 00:54:42 ID:KiWwY0W0
俺はガキのころ本の虫で、小さい活字の文庫本(主にミステリー・SF)を
読みまくっていたせいで、超近眼になってしまい、今では、裸眼ではよほど
近づけないと普通の活字さえ判別できない弱視レベル。
だから字が大きくなることは嬉しい。

615 ::2005/04/11(月) 02:16:04 ID:Al5F16Xr
スレ違いの流れに乗ってみると
字が大きくなるくらいはいいが、値段が上がるのはやや困る。
さらにぜんぜん関係ないが、ノベルスみたいに二段組なのが嫌いだ。

616 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 03:07:40 ID:/0l5jfUo
素朴な疑問なんだけど字がちっちゃいのが好きな人は文庫になるまで待つのか?
漏れはハードカバーが好きだから文庫の形が嫌だよ、でもハードカバー高い
ヤフオクで中井英夫直筆葉書売ってるね、直筆とはいえ葉書一枚五千円か

617 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 17:14:46 ID:Xoa2Bq/V
2000年の塔晶夫復刻本も読みやすかったナ。
装幀、イマイチだったけど。

618 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 02:33:13 ID:dLQ3ZoN2
「彗星との日々」って手にはいる?

619 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 19:13:47 ID:e1yp21vj
あたぼうよ

620 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 09:47:24 ID:DJXibwwe
山田正紀の「ミステリ・オペラ」ってどうなの? どうも、自称代表作、
らしいんだけど・・・。なかなか、読み出せないんで。


621 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 09:48:00 ID:DJXibwwe
山田正紀の「ミステリ・オペラ」ってどうなの? どうも、自称代表作、
らしいんだけど・・・。なかなか、読み出せないんで。


622 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 11:09:02 ID:/u2Xa5HD
悪くないけど、少なくとも「虚無」とは全く別物。
虚無のテイストを期待したら裏切られることは確実。

623 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 14:00:20 ID:s9OGbSDk
作中に虚無への供物という言葉は出てくるが読み込みが浅いと思った。

624 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 22:11:58 ID:YBLduHGm
むしろ若い頃のSF作品群の方が中井ファンには馴染みやすいかも<山田作品

625 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 00:58:45 ID:5pa6sLZQ
        。 ◇◎。o.:O☆οo.   
       。:゜ ◎::O☆λλ*。∂:o゜                   
       /。○。 ∂(☆.☆)O◇。☆
     /  ◎| ̄ ̄ ̄ ̄ ゚̄ ̄ ̄ ̄|:◎:
    /    ☆。| 非誕生日あげ  |☆
  ▼      。○..io.。◇.:☆____| 。.:
∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.

626 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 00:59:33 ID:5pa6sLZQ
あげわすれた

627 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 08:24:12 ID:vZ3B3kkN
山田をなぜ出したかっていうと、ミステリオペラ三部作の最後に
中井をモデルにした人物を出すとか、いってるからさ。。。
(でも、すでに前例ありまくりなのに、新味をだせるのでしょうか?
 予告までしちゃって・・・・?)


628 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 10:52:50 ID:vZ3B3kkN
ちなみに、漏れが好きな山田作品は「凶鳥」「女囮捜査官3 聴覚」だな。


629 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 10:55:52 ID:vZ3B3kkN
ところで、ほとんど関係ないと思うけど、あのジャプリソの小説を
映画化した「ロング・エンゲージメント」をこの前観たが、傑作だった。
戦争映画として、ピカイチだ。


630 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 11:03:54 ID:vZ3B3kkN
ジャプリソの原作のほうは読みかけだが、たぶん、いや絶対に
映画のほうが勝った! あの映像の力には勝てない・・・


631 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 12:45:59 ID:UvAy37uj
映画としては傑作だが、ミステリ映画としては駄作

632 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 18:43:04 ID:B9CGWtbS
永岡書店から『ミステリー・名著のあらすじ』(コスモ文庫)
という本が出ていて、「虚無への供物」も取り上げられているのだけど、
ちょっと首をかしげた。
ネタバレになるのでここでは詳しく書けないけど、
そういう説を唱える人もいるよ、という程度のものを、
あらすじとして書いているんだよ。


633 :名無しのオプ:2005/04/20(水) 10:42:19 ID:SGqH0eAA
「凶鳥の黒影」がでましたが、あの本の感想はいかがでしょう?


634 :名無しのオプ:2005/04/20(水) 15:48:07 ID:HOzqoniY
過去レスを見れ。

635 :名無しのオプ:2005/04/20(水) 23:40:32 ID:0bv/pOHf
ぐぐれ

636 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 09:57:22 ID:GAhbg8Pc
>>634
だって、めんどくさいんだもの。レス番号で教えて、ね?


637 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 12:49:32 ID:KpNOB9SD
>>636
2ちゃんなんか見てないで勉強してろ、低能。

638 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 17:05:03 ID:PLc90cz/
人にものを尋ねるのは、
自分でとことん調べてからにしないといけないよ。

639 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 23:52:58 ID:igkg3IUf
ほれ。
http://homepage3.nifty.com/DS_page/nakai/magatori.htm

640 :名無しのオプ:2005/04/25(月) 17:39:32 ID:spp5gkiv
低脳さらしあげ

641 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 06:20:15 ID:dRcXPBXK
>>636は論外だが、それを批判するレスも、
その言葉使いの醜さ、情けなさは如何ばかりであろう。
このスレは一行でも腐っていてはならない
のである。


642 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 09:05:10 ID:g/PTxg27
自演

643 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 18:18:57 ID:noj81ZE3
馬鹿者、
だって、めんどくさいんだもの。レス番号で教えて、ね?
などという幼児みたいなふやけた文章書く奴と一緒にしないでくれ。


644 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 19:38:45 ID:ojBKyq53
w

645 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 22:00:31 ID:jEbCXxHR
V

646 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 23:06:58 ID:8yYGZ2D8
無意味な死、大量死か。いろいろと考えさせられる小説だよな。
とくに昨日みたいな事故があった後では。

647 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 23:12:18 ID:DZKI2kqB
助けに手間取っているうちに助かったかも知れない人もばたばた死んでる
みたいな話聞くと本当に無意味な死だと思う。
救助してる人もやりきれないだろうな。

648 :名無しのオプ:2005/04/27(水) 01:28:42 ID:MbYeqyKl
それが現実

649 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 01:39:47 ID:LTSARyw8
やっぱりあの電車事故とかぶって考えちゃうよな…
本当にやりきれない…

650 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 02:11:02 ID:OUCrBaBN
これでまた、「悲しい事件を教訓に」とか「尊い犠牲の上に」
とかなんとかごちゃごちゃ言って安全対策を講じるんだろうが、
1 0 0 人 殺 し て か ら 安全対策なんか考えてるんじゃねーよ。
クソ会社が。

651 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 03:05:16 ID:a+J5/mRm
ドグラマグラ読んでなかったのに…
なんでこの人ネタバレするんだよ…。

652 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 04:37:32 ID:hsD+KJaK
ネタバレなんかあったか。
ドグマグは大概のことじゃネタバレにはならんが。

653 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 12:59:46 ID:lgL+n5gL
この人って中井英夫のことか?
ネタバレなんてあったっけ?

654 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 13:01:58 ID:CMgjiBuY
>>652
確かに、ネタバレされてどうこういう話じゃない罠

655 :名無しのオプ:2005/05/04(水) 01:05:44 ID:QWd3xgEG
推理小説の構造とか、読書について、とかだったら、ある意味、「ネタばれ」と言えなくもないが。

656 :名無しのオプ:2005/05/04(水) 01:18:56 ID:Tnf7XfHN

                  ,... -::─::- ....、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
          L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
           ` ┬'Y7ヽ ` Y ;ヘヽ  | r L...._
               ,..:lヽヽじl    ヾじリ    ',ノ::::::::`ヽ、
           ,/:::::::`l `´ r    ̄   /´:::::::::::_;<ヾ
             ´'ーァへ、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´        今日は眠らせないよ…
            ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    |    http://www.freepe.com/ii.cgi?kitanocunika
             / _L.__/__   V- 、     !         ココにまとめといたから全部みてね
          ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ / |
           l           `ヽ、  ,/  |
            ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィ<     l
               /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /
            / ハ__/     /     l  '、 !
             ,' l. l/ `ヽ、_/     l.  l'′
           l  |,/     ,イ       |  l
          l,/{   /! l      |  /
           / <ヽ` ーチニ′ |     ,ノ! /
          /   `′/−'´  |─− ´ 〃
       {     /ヾ     !    /
        ` − ´   ヽ _ ,ノ__ - ´




657 :名無しのオプ:2005/05/07(土) 20:31:15 ID:VsBBNbDI
流薔園変幻や月蝕領崩壊は、Bを悲劇の主人公にする事で、
断罪されるかにみえるAすらも悲劇の主人公のように思わせる、
壮大な筆者の言い訳と自己弁護の記録である。あれを読んで涙するやつは痴愚そのものだ。
元になっている実在のAは、その崩壊に至るまでに、思う存分好き勝手に行き甘えつくし、
時には自宅のパーティにおいて青年を公開レイプするなどしていた鬼畜であり、
BはそのAに唯々諾々と従っていた奴隷であり、2人とも漸く罰が当たっただけの事である。

つまり、流薔園変幻や月蝕領崩壊などの後期日記群は、浅ましい悲劇的な人生の最後を記したものではなく
漸く受けるべき断罪を尽く受けて醜く右往左往するAとBをせせら笑う一種の爽快な喜劇譚である。
更にAは月蝕領崩壊でBがいなくなれば終わりだと言いつつも、その死後、更に助手と言う名の
新しい生贄を手に入れて、最後まで醜く自分の欲望にしがみついたままの、極悪人であった。



658 :名無しのオプ:2005/05/07(土) 22:43:22 ID:3aylp3UK
まあ、そうかもね。結構ひどい目にあったひと多いみたいだから。


659 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 07:18:01 ID:bkEm3aMX
創元版の相澤氏の解説を思い浮かべずにいられない

660 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 18:25:14 ID:NaPR3Wdr
657って、中井英夫になにかされたのかね。(^^)なんか貧しい皮相的な読み方だ。
相澤氏は中井英夫の葬儀委員長も努めてるし、立派な追悼(創元解説)を書いてる。
作家、人間の「愛」がわからん哀れな読者だー。

661 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 18:40:15 ID:Qng/rE8b
笠井潔「天啓の器」って読んだ方いますか?
どうでしたか?

662 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 19:36:37 ID:13MGWequ
>>660
ま、もし、本当に公開レイプされたとして、お前はそんな事いえるのかw
相澤の方がおかしいだけ、という気もする。虚無が傑作だからといって
作家自身をべた褒めするのもどうかと思うが。

作家、人間の愛なんて簡単に口にしてる時点で(以下略)。

663 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 00:16:44 ID:asO3Zo3F
ぷっ

664 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 07:48:53 ID:MedL9x48
>>657みたいな論評もありだと思うけどな、安易に貧相だと決め付ける方がなんというか視野狭すぎ。
どこまでを背景として考えるかによって、作品がどんな存在かは変わるしねえ。

665 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 08:19:07 ID:TxaAXccg
公開レイプって、どんなの? 


666 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 22:36:30 ID:iKVS4lsT
何だ、答えられないのか。ガセネタか。

667 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 22:59:39 ID:1PpoAzOL
実際の中井がどんなヤツであれ、月蝕領崩壊を657のように読むのは、読書能力に問題があると思うけどね。

668 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 23:13:28 ID:xE61PeCN
というか、Aは中井の英さんで、Bは田中貞夫さんでしょ?

669 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 13:54:27 ID:RBFwnNeu
>相澤の方がおかしいだけ
その「おかしい」ヤツの追悼にたよってるくせにyo ww
>安易に貧相だと決め付ける方がなんというか視野狭すぎ。
なんか貧しい皮相的な読み方 w(以下略)。


670 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 20:04:58 ID:zefLQDMR
ともかく、中井が特異な人物で、そこに魅せられた人もいるが、
普通の人から見れば嫌な奴であったことは事実らしい。

671 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 02:57:21 ID:QZPw3qBo
657はじぶんの「読み」がないのがいちばんまずい。
相澤がどんなきもちであの文章をかいたかへの洞察がない。
そこ(相澤のきもち)に立脚した貧しい文章をかいてるくせに、相澤を「おかしい」と決めつけてる。
「虚無が傑作だからといって 」というしかくなし。
「虚無」において、もっとも批判されているのは身勝手な読者。

672 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 09:53:03 ID:JE9DpvWV
ふーん。お前ら必死だな。>>657ってそんな批判される意見かな? そしてそれに賛同するのはダメなのか?
そして相澤を擁護の論拠にするのも……相澤は愛憎いりまじって結局袂を分けた人であるっぽいが、
例えば中井に直接被害を受けた、か、親しい人が人生狂わされたとしたらあんな意見になるかも。
擁護する方もなんていうか必死で擁護してないか? 中井信者の人なのかな。

月蝕領はノンフィクションをフィクション化させる為に色んな事実を取捨選択したってのは当たってるんじゃないの?
それについて、ある意味、都合良いといわれてしまう部分はあるかもしれん。
現実の中井を知っているだけに現実の中井から月蝕のAはイコールであり、
そう思ってしまえば知っている人にとってはもっと書くべき事実があるのかもしれない。

月蝕領は日記風小説として読むべきシロモノでドキュメンタリーとして読んじゃいけないんだよね。
それは中井が好きなだけで特に本人を知らなければすんなり暗黙の了解となるかもしれないが、
色々知っている人にとってはそうではない。月蝕を呼んでみる景色が違う。まあ、そういう人もいると言う事でしょう。
だから、>>667みたいに「読み方が違う」っていう指摘はなんというかそもそも読書というものについて
いきなり強制的な制約をかけている気がするな。>>657もある一面から見た評価と言う事で新鮮な意見だと思う。
後期中井文学とその中井自身ってなんていうか暗に批判はされるけど表だって批判はされない事が多いしね。

ついでに言えば創元の月蝕の解説は、作風が激変して幻想小説がかけず日記文学となってしまった点を
出来るだけ何とか不公平の無い視点から月蝕を書く作家としての中井を擁護しようとしている。
結局の所、擁護しようとしている、結局、それは擁護になってしまうという1点において
月蝕領崩壊と中井英夫がなにものかという事を暗示している気がするが。まあ、長文スマソ。

673 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 22:40:37 ID:b4cwCwgT
さみしいのお。あれが「新鮮な意見」なのかい。

674 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 02:46:26 ID:hJxxX7/l
中井ファンは生暖かく煽るのがコツですw

675 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 12:36:05 ID:tnDMZTHx
http://homepage2.nifty.com/aleksey/LIBRA/nakai_gessyoku.html

676 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 20:45:24 ID:J+Yq11ot
>『月蝕領崩壊』でのBの死がこれよりもずっと重苦しいのは、この後のAの悲惨な晩年を知っているからだ。
読者としても愛する作家のここまでの心情吐露は読んでいて辛いものがある。
>だが、これもAという作家の真実の姿に違いない。
>敢えて辛い厳しい時期の日記を公開するのは、自分への厳罰や愛する人への挽歌のためである。
>それが誰にでも起こりかかりかねないことであるゆえに感情移入は容易い。
>しかもAが中井英夫であるがために、その私小説は世界の不条理さを記録する幻想文学となった。
http://homepage3.nifty.com/DS_page/nakai/gesshoku.htm


677 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 13:56:06 ID:aTsc1ZKG
中井英夫を語っているサイトはその二つ以外にはないのか?

678 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 22:11:01 ID:eWFHKqsR
月蝕の評価は中井自身をどう評価するかにかかってると思うが。

679 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 00:52:42 ID:2IOa+Xsp
作家本人の評価なんかに意味はない

680 ::2005/05/18(水) 06:12:05 ID:zt8q3tWh
>>679
同意

681 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 07:20:04 ID:sDhuiZO3
読者には二通りあるんだよ。
作品のファンと、作品も含めて作家そのもののファンと。
前者を批評的に読める人、とすれば、後者は信者とも言えよう。

682 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 20:45:46 ID:jgfgAg+x
話題変えちゃいますが、虚無3年ぶり4読目終了〜
第4次虚無ブーム到来中!
このイキオイで東京へ虚無ゆかりの地を訪ねる旅でもしやうかと
思っとります。
目白周辺、五色不動は行くとして、あと虚無ファン必見といえば
どこでしょう…関西在住で東京は過去に2回しか行ったことないうえに
方向音痴なものでなにかと心許ないんですが


683 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 20:58:36 ID:sDhuiZO3
浅草のゲイバー

684 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 21:17:56 ID:xbitar5V
池袋の氷沼邸界隈

685 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 21:20:17 ID:xbitar5V
あ、書いてあったか。(池袋≒目白)
ごめん・・・orz

686 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 21:38:43 ID:so+1WLg+
有楽町のガード下のボディビルジム

687 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 21:59:09 ID:jgfgAg+x
藤間百合夫こと三島由紀夫が通った所ですか…
…いまもあるんかしら?

688 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 23:21:05 ID:9UlNhgGd
市谷の総司令部跡

689 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 23:44:18 ID:l6SvJryH
鴻巣玄次関係のところは押さえといた方がいい。
ある意味この作品の白眉とも言える部分だから。

690 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 20:31:18 ID:oxuqn50s
黒馬荘やね?南千住も?

691 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 22:18:10 ID:3qiN0FIj
つか東京の人間でも行かないようなところばっかだなw

692 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 00:48:49 ID:vImO23gV
ノックスの陸橋殺人事件を読み終わったのですが、
やっぱりこの小説の影響下で書かれたのかな。


693 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 01:34:03 ID:R0FWlKcy
いや。
それは虚無じゃなくてトーマの心臓だよ

694 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 19:10:01 ID:YiUqxdSK
なんか佐高信が「私の100冊」みたいな本(講談社文庫の新刊)で
黒衣の短歌史を挙げてるよ

695 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 23:09:00 ID:W519uXdH
サイコドクターが自転車で五色不動を回っている。たのしそーだな。

696 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 12:05:46 ID:QUuqMaNX
「虚無への供物」読んだ!
おもしろかった。途中なんとなくオチがわかったのは、
知らず知らずのウチに、いろんなところで情報を拾ってたからなのかしら…。
面白いだけでなく色々考えさせられたし。うむ。
ほんと、読書って楽しい。

697 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 20:20:17 ID:cdkD5Jij
>>694
急に安っぽくなった気がする。

698 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 23:56:43 ID:ag5F4qLb





699 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 10:38:36 ID:lnett4NI
『中井英夫戦中日記 彼方より完全版』が6月22日に発刊予定です!!
「衝撃の未刊行部分を多数収録」とのこと。
平成の世に中井英夫の戦争への呪詛はどう響くのでしょうか。
http://www.kawade.co.jp/bookdata/bookdata.asp?ISBN=4309017150

700 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 10:46:59 ID:urb+DZsw
でも正直言えば、今読んで面白い作品じゃないだろ虚無って。

701 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 12:32:06 ID:E2kFCZYs
また釣りでつか

702 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 10:18:02 ID:aqM9ZGdu
日記が出ることなっても盛り上がらないのか…
日記まで読むファンは少ないのか?

703 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 00:57:15 ID:4VSefHOY
よーし! 盛り上がろう。
えええーー!! 衝撃の未刊行部分っってえええええーーーー!!
_| ̄|○

704 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 05:02:46 ID:od02LVaf
くじけるな703! えええええーーーー!!

いや、楽しみだよ? うん。
中井ファンてあまり2ちゃんに寄り付かないだけなのでは。

705 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 23:46:52 ID:KR3K//zM
そもそもネットにファンがいないのでは。まともに語っているところを>>675-676以外に見たことがない。

706 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 00:21:58 ID:f0fdRJ/F
>705
釣りかと思うようなネット世間の狭さだな。もっぺん検索しなおしてみれー

707 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 05:11:45 ID:5G1GjTcb
あるなら純粋に知りたいのだが

708 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 09:59:40 ID:hgDrJr+6
『彼方より 完全版』続報装幀:間村俊一(中井英夫の若かりし頃の写真)
序文:鶴見俊輔 解説:川崎賢子 解題:本多正一とのことです。

709 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 07:45:55 ID:4IbrfTi2
塚本邦雄も亡くなったんですね

710 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 20:17:30 ID:ps48HEop
>709
今朝、新聞見て思わず「おぅ!?」って
言っちゃったよ。初めて写真見たけど、もっとでッぷりした
人かと思ってた。なんか、八田皓吉のイメージがあって…

711 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 23:12:55 ID:8l1Knmh4
>>709さん
塚本邦雄さんの『十二神将変』は、文体・作風・ストーリーと
どれを取っても、『虚無への供物』を彷彿とさせますね。
香水に詳しいことといい、中井英夫と対で思い浮かべてしまう
歌人でした。
合掌。

712 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 08:02:40 ID:CNELir7+
すいませんが、ヒントください。

ミステリーというジャンルが、
 動機があり、犯罪があり、犯人があり
 作家と登場人物は読者にヒントを与え真実へと導く
のに対して、虚無への供物という作品は
 動機は無く、犯罪は無く、犯人は無く
 作家と登場人物は読者の目を眩ませて、それらがあったように思わせる
のか、それとも
 動機があり、犯罪があり、犯人があり
 作家と登場人物は読者の目を眩ませて真実を闇へ葬る
なのでしょうか?

713 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 17:44:19 ID:Kw+8vSu1
>動機は無く、犯罪は無く、犯人は無く
>動機があり、犯罪があり、犯人があり

どの事件に対して、というのがあると思うけど。
第一の殺人に関しては、(める欄)があるだろ?

まあ「読者がどう解釈するか」ってのが、
アンチ・ミステリたる由縁でもあると思うが。

714 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 17:45:50 ID:Kw+8vSu1
あれ、める欄がうまくいかなかった。
もっかい。

715 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 19:55:19 ID:sDXS2/fd
> なんか、八田皓吉のイメージがあって

案外そうかも。近江の関西弁だしね。
三島由紀夫も誰かのモデルかも。若いころの三島=藍ちゃんとか。

716 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 22:03:47 ID:kucv7pb1
>715
三島由紀夫は藤間百合夫って中井英夫自身が書いてるじゃん。

717 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 02:04:24 ID:VjkZ4s6d
この作品は、鴻巣玄次のエピソードを書くために書かれた作品だと思う。

718 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 07:14:41 ID:Yzn/WagC
>715
八田皓吉のイメージもなにも、塚本が関西弁監修したって
あとがき(三一版作品ノオト)に書いてあるだろうに(´Д`)

モデルといえば、中井猛之進はそのままとしてw
紅司=赤江瀑
藍司=相澤啓三
藤間百合夫=三島
浜中?二=嶋中鵬二
牟礼田敏雄=中井敏雄(中井家長男)
とあるけど、他はどうなんだろう。

719 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 11:55:13 ID:J746LbzI
「中井英夫スペシャル2」に
「氷沼蒼司のモデルとなった東大生A氏」の写真が載ってたな

720 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 13:08:21 ID:AKoHTm4D
一番有名なのは、

奈々村久生=尾崎左永子。

721 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 14:01:42 ID:slY7J2Np
>712
前者、後者いずれともとれるが
前者ならばmail欄になる所がミソ……かな?

722 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 18:37:30 ID:x4s1RgBD
>712
読者の数だけ答えがある…って結論になりそうだけど、
実際どれくらいのパターンがあるか、一度
とことんまで語り尽くしたいなあ。
久生たちの推理合戦みたいに。
残念ながら私の周囲にはつきあってくれる人はいない…

723 :712:2005/06/17(金) 18:52:40 ID:hVXkjwXX
>>713,721
お返事どうもありがとうございます。
やはり、それぞれに解釈があるんでしょうか。
どうもぼくは、数学的というか幾何学的というのか、答はただ一つであるのが好みなもので・・・

またお尋ねしたいのですが、
 無いものを有るように思いこむ = 虚無からの供物
なのではないでしょうか?
なんでもない薔薇を、まだ誰の目にも触れたことのない新種の薔薇だと思い込むのは「虚無からの供物」なのではないかと思うのですが・・・

724 :712:2005/06/17(金) 18:57:49 ID:hVXkjwXX
>722
再読み込みしてなかったです。お返事ありがとう。
自分も疑問点とか思い違いとか全部スッキリさせたいのですが
ここではあまり詳しく書き込んじゃダメなんですよね?

725 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 20:34:18 ID:N6wshy80
この作品が翻訳されて欧米で高い評価を受けてるという話も聞かないね。
アンチミステリうんぬんというのは結局日本でしか問題にされないのか。
推理小説ってジャンル自体その国々での独自性が強いということか。

726 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 21:22:18 ID:tCHwxkcb
そこまで深読みするような問題では無いと思うが

727 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 21:43:16 ID:xIjUsT1d
>モデルといえば、
>紅司=赤江瀑
これって何かソースあるの?

728 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 22:46:42 ID:aJp7uKSC
「中井英夫戦中日記」!!
http://www.kawade.co.jp/bookdata/bookdata.asp?ISBN=4309017150

729 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 01:09:09 ID:mreyRFZC
>>727
角川文庫「ニジンスキーの手」の巻末解説(中井英夫)にはあるね

730 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 02:35:27 ID:AMroZGkZ
読み始めて久生のバカっぷり・生意気さにムカついて、
こういうキャラは絶対殺されるだろうと期待して読み進めたけど、
最後まで死ななかったので余計ムカついた。

731 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 06:58:33 ID:UI0dRH5e
>730
はは、フシギな感想だ。いまのわかいヤツってそう読むのか。_| ̄|○

732 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 08:57:40 ID:5OXG/Pw9
>いまのわかいヤツって

ひと括りにされるのは迷惑

733 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 20:49:30 ID:+r2YodZg
>>731
おれも久生が殺されればいい、と思いながら読んだよ。

734 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 23:11:36 ID:NEipy4Li
むちゃくちゃなことをいうなぁ……。

735 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 23:54:20 ID:OD7dKCpf
>728
戦中日記の表紙カッコイイ!!

736 :名無しのオプ:2005/06/23(木) 20:46:31 ID:Xt5xOC4l
戦中日記、もう売ってる?
凶鳥のぞけば、久々のハードカバーだからなぁ。
中井本は装丁がよいのが多いから、期待大。

737 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 02:03:08 ID:Clv1GA70
新宿紀伊国屋にあった〜!
五階の歴史新刊コーナーだったよ。
スッゴイきれいな本!!シアワセ!!

738 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 18:38:50 ID:USa55VPQ
いやあ、何か月か前にも、久生は腹立つ、という書き込みが続いて、
私も意外の感を覚えたな。
三島は、藍ちゃんと久生がオレいちばん好きさと言っているし、
最近の『凶鳥の黒影』でも久生が大好きと書いている人がいた。
久生という最愛の作家の名前を与えていることなどから考えると、
中井英夫自身は、ほほえましい人物として描いていると思うのだけど、
どうかな?

739 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 20:01:39 ID:BuQt97jL
久生は男色家の中井ならではの視点でシニカルに描いた女性キャラだと思う。
悪夢の骨牌の柚香も同じ系統。

740 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 00:02:14 ID:7IKG9lmx
久生は英夫でしょう。んなこともわからんのか?
松山巌も指摘してるが、調子っぱずれでおっちょこちょいだけど、まっすぐな正義感がいいのよ。
だからあの小説は救いがあるんです。


741 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 02:16:35 ID:PEk+hLas
>んなこともわからんのか?
なんて、えらそうな言い方をしちゃあいけませんや。
言われてみれば、ヒデオとヒサオ、
一字違いなんだねえ。

742 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 11:36:50 ID:4/KGB2q/
久生ってうざいキャラだが、
結局最後は人間信頼や愛情を、裏切られたり捨てられ的な、
登場人物で一番不幸な感じする。
気丈にプライドも高く生きていきそうだけど。

743 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 20:37:25 ID:k8zE6o0b
なるほど、久生については、人によってずいぶん好き嫌いがあるようだけど、
それには性別や年齢による傾向があるのだろうか?

もう一つ、『虚無への供物』の文章が読みにくいという人がときどきいて、
私などは、えっ、この一度読み始めたが最後、やめられない止まらない、
名調子の(ときに調子がよすぎるぐらいの)文章が読みにくいとは一体どういうことだ
と思ってしまうのだけど、
これも年齢による感覚の違いがあるのかもしれないなあ。

744 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 21:48:29 ID:PWmlmstj
現在40歳で、虚無は高校生の頃に始めて読んだ。
その時から、久生はでしゃばりで生意気な女、という印象があった。
今で言う所の腐女子に近いかも。

745 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 23:08:52 ID:KDE2XPED
>>743
自分は読みにくかったくちです。
「だ」と「です」が混同された会話文とか、気になるもので。
あとはトッパーとか、自分の聴きなれない古い言葉がちょくちょく出てくるのも
テンポを下げる要因になったのかも。
古いものでも夢野久作、横溝正史などは読みやすかったんですが。

746 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 23:12:29 ID:tju6+eCz
>743
美文だと思うし、好きだけれども読みやすいとは思わなかったな

747 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 00:14:30 ID:MapyTKSW
学生時代に初めて読んだ時は、ただもう雰囲気が良くて、
ミステリや鉱物や薔薇や色彩や不動明王や
諸々の自分好みのものが総出演で、
こんな素晴らしい小説はないとワクワク何度も読んでた。
耽美で幻想的な部分を好んだから、
時折入る現実社会の話は目障りだったんだが、
年を経た今は、様々な事件のニュースを見る毎に、
あの人の言葉が思い出されて、また違う感慨を持つようになった。


748 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 00:34:26 ID:BgGJD6dU
中井英夫戦中日記、すばらしいです! もしやすると「虚無への供物」よりいいかも。
http://d.hatena.ne.jp/puhipuhi/20050628

749 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 11:55:31 ID:UCGSaujX
久生って男だと思ってたよ、途中まで(恥
あああ、ゲイボーイっての?女装した人みたいなね。


750 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 13:41:02 ID:pykTG6pY
ttp://www.geocities.jp/clamp0x
遊びに行ってあげて(全集)

東京創元社の全集を買おうか悩んでます
11巻(確か)が薄いのに1900円!? と驚いたものです
マハーバータラ8巻みたい(ちくま)
とらんぷ譚(講談社文庫)は一冊欠けてるし

本について語ってくれる人の話しは楽しみです
横溝正史の角川文庫(新しい奴、背表紙が黒)で番号が20から30に一気に飛んでたけど何故だろう・・・

751 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 23:36:03 ID:FamyiEPz
>>749
ほほほほ、あなたたち、もう初釜はお済み?

752 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 23:39:54 ID:R+mpC5C0
なにやら意味深ですな

753 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 02:10:58 ID:o0e6iBlJ
初釜といえば、お花婆の役は誰がいいかな?
おキミは金子なんとか、紅司は塚本なんとか、
藍司は山下なんとか???
う〜んどれも適役いないなあ、特にダイヤモンドとその彼氏。

754 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 23:59:03 ID:Z3EZqZXa
「虚無」男性登場人物のほとんどは初釜を済ませてると思うのは
漏れの妄想にすぎないのか・・・

755 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 01:00:56 ID:C6rZP0nv
みんなやっぱゲイくさい、、、というか、
ガラスの向こう側で話してる人達、的な感じする。

756 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 03:36:34 ID:JauRBTL5
日記買ったか?

757 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 07:46:49 ID:oSgF3RnR
人の日記読むなんて悪趣味

758 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 10:43:32 ID:Wsus9YJM
>>757
マイクロニガワロス

759 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 11:11:18 ID:YEj1tQSl
虚無は当然の如く好きだけど、見知らぬ旗に何故か強く惹かれる自分がいる。

760 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 14:52:26 ID:ZbFTycR7
日記に真実の心情が書かれてるなんて思ってる人は脳がファンタジー

761 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 17:28:30 ID:1+WKDtjw
>>760
貧困な書き込みだ。自分で読んで恥ずかしくないか???

762 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 01:08:01 ID:3WT2vm2E
読了しマスタ
なぜか僕の頭の中では久生が天海祐希なんですが

763 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 23:31:10 ID:z8lRQZLf
あああ、似合ってるかも。

764 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 00:18:45 ID:FKt/grZa
「この文庫がすごい!」で「虚無への供物」の新装版がランクイン!
なんと五位! やっぱ根強い人気がある(玄人には)。

765 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 00:58:32 ID:+c57qzC8
キャラの立ち方といい、ちょっともったいぶった耽美な(且つ読みやすい)文章といい、
ライトノベル上がりの現代の読者にはちょうどいいのかも知れん。

766 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 01:00:06 ID:+c57qzC8
あと、ストーリーテリングの上手さもね。

767 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 09:42:04 ID:pOZBfAT4
あと、腐女子テイストもね。

768 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 22:08:53 ID:9bkdbhnd
>>765
恋愛小説部門でも挙げてるひといたね・

769 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 22:40:46 ID:QWrOwaC2
誰と誰の恋愛のことだろう。
あの人達かな。

770 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 23:25:04 ID:bGaFz5Od
講談社文庫の新装版は、背表紙の陳腐な紹介文がイヤだなぁ。
「薀蓄も披露」ってw

以前の一冊本の紹介文がよかったなぁ。
「漆黒の翼に読者を乗せ、めくるめく反世界へと飛翔する」

771 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 01:33:49 ID:ntvYo8eo
創元のほうがかっこいい。

772 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 23:08:23 ID:6FYTdeC4
でも、この人生きてたら、
あざとい作り物世界ばかりが幅を利かす今のミステリー界の現状を、
苦々しく思ったろうな。
それなりにリアリストだから。

773 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 23:36:15 ID:WHMpoePp
そうね、お眼鏡にかなう作家なんて澁澤龍彦ぐらいまでじゃない。
K井とかT本なんか、慕ってくれるからホメタってところだろうな。

774 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 00:16:54 ID:KXY9pWg6
んなことないよ!2人とも昔は美青年だったんだYO!

775 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 00:21:13 ID:/Hqdao1Q
カヴァたんなんかお尻撫で撫でされちゃったもんね

776 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 01:59:52 ID:+33xaPTk
でも温帯もほめてなかったっけっか?

777 :773:2005/07/08(金) 02:52:22 ID:+s/52iTw
>>774,775
アホか。小説の話だろ!!

778 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 07:58:48 ID:iO25Y8w7
マジレスすると、中井が「バイバイ・エンジェル」を誉めたときには
カヴァたんと面識はなかった(「ラ・バテエ」を見れ)
だから、慕ってくれるからホメタということはない。
そもそも「バイバイ・エンジェル」発表当時のカヴァたんが
中井の名を知ってたかどうかさえ疑わしい。

779 :773:2005/07/08(金) 08:32:03 ID:+s/52iTw
>>778
> そもそも「バイバイ・エンジェル」発表当時のカヴァたんが
> 中井の名を知ってたかどうかさえ疑わしい。

火災のエッセーすこしぐらい嫁。


780 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 08:51:26 ID:C3Pz7POf
そんなもん読む気になれんよ君

781 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 17:57:30 ID:w2Ug97oz
幻影城とか読んだことないだろ?おまいら

782 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 23:59:24 ID:O+Xl+aPC
幻影城に河馬って書いてたっけ?
それにそもそも、中井がカバに言及したのって処女作だけだろ?
二作目以降は読んでさえいないんじゃない?

783 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 00:10:25 ID:yt10to9j
いや少なくとも黒死館殺人事件の解説でサマーアポカリプスには言及してる

784 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 07:33:25 ID:itQrCBLE
そしたら三作目以降は読んでないとか。
大藪は全部読んだんだってねw

785 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 08:09:30 ID:PiAruouV
「哲学社の巳室」は自分に捧げられてるから読んでるはず。
どこかのアンケートにそうこたえてる。

786 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:08:45 ID:ftvlf/sP
笠井側としてはは、
『模倣における逸脱』収録の
「二人の中井英夫」(彩流社版 191ページ)で
哲学者の密室を
「中井さんには、なんとか読んで貰えたらしいが、感想は聞いていない」
とあるぞ。

787 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:40:42 ID:x5T517td
>>786
火災オタクか? どうせ火災なんて対した昨夏ではない。
仲居のアンケート解凍もお世辞臭プンプン。
中井英夫「いわゆる密室ものを世界史の中にまで拡げた画期的な作品」
(「傑作ミステリーベスト10」文春文庫2001年5月)

788 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:56:11 ID:hPEajgHa
↑全然説得力のない文字使いだな

789 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 02:18:05 ID:vwRjjq+u
というか2chでもそんな誤変換は認められない

790 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 07:06:42 ID:IaJw8kgI
>>788>>789
同一? 「。」つけろ。

791 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 09:31:16 ID:s70KDgz+
火災だの昨夏だの書いてるバカが「。」つけろかよw

792 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 15:20:24 ID:IaJw8kgI
>>788>>789>>791
火災ファンのレベルだなw

793 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 18:57:46 ID:4CKCgg9k
今日はアレですね、紅司さんの誕生日だね。
そして“華麗なフィナーレ”からちょうど50年じゃあないですか
ってんでなんとなく紅い薔薇など飾ってみました。

794 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 22:30:25 ID:5/T+vrr0
787必死だなw

795 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 19:35:43 ID:bl3dfC+H
>>793
進士さんを想像してしまった。


796 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 12:09:40 ID:E1/NzcXr
進士さん
誰???

797 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 17:46:43 ID:94JrLePy
戦中日記、花王かどうか迷う…

798 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 17:50:40 ID:rRIKggDn
すでに買ってしまった身としては…。とりあえず、山田風太郎の日記と読み比べておりました。

799 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 20:33:35 ID:uR87a6LS
>>796
第二小隊の進士さん

800 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 23:35:27 ID:a3lhRTI3
上の方で笠井の話題が出ていたのでちょっとエピソードを。

笠井がスキーをはじめたのは晩年の中井英夫の姿を見たから。
弟子の手を借りないと自宅の階段を上ることすらできない姿を
見て作家の不健康について考えさせられたのがきっかけなんだと。

801 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 23:36:28 ID:a3lhRTI3
あ、階段を上がれないのは太ったからです。書き忘れた。

802 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 23:38:37 ID:eIJzpFGZ
中井の晩年って別に太っちゃいなかったろ?
心臓に故障があったからじゃなかったかな?
今の火災の方がよっぽどデブだぜw

803 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 23:57:47 ID:v82jWru6
太った中井英夫って・・・想像つかんw

804 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 23:59:56 ID:a3lhRTI3
晩年はお酒の飲みすぎと運動不足でおでぶちゃんだったそうですよ。

805 :名無しのオプ:2005/08/18(木) 10:04:34 ID:3jwWDJV3
ウソでー!
本多正一の中井英夫写真集『彗星との日々 中井英夫との四年半』見てみれ。
中井の最晩年を撮った写真集だけどガリガリだよ!

806 :名無しのオプ:2005/08/18(木) 14:05:26 ID:+Ns0iDZG
俺もデブ中井の写真は見たことないw ネタと思われ。

>弟子の手を借りないと自宅の階段を上ることすらできない

あっちのほうは老いてますます盛んだったらすいが。
ちなみに「弟子」じゃなくて「助手」だと思われ。

807 :名無しのオプ:2005/08/18(木) 22:17:56 ID:OjYV0KrQ
どうみてもでぶになったのは笠井としか考えられん

808 :名無しのオプ:2005/08/19(金) 04:33:02 ID:pF+ad1R4
笠井はデブ
これは確定ですよ

809 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 23:16:38 ID:CdlQIxMg
>>800
実在エピソードが多分に含まれてはいるが基本的にはフィクションであるウロボロスの基礎論での
記述の他に、それを裏付けるソースってあったっけ?基礎論では肥満が原因って記述は無かったと
記憶してるんで、別ソースなら失礼。

810 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 23:20:22 ID:nKCwMsEX
ウロボロスを信じてはいかん

811 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 02:48:21 ID:/UqRacwA
人大杉解けたので記念パピコ

肥満の真偽の程は判らないけど中井氏は美的感覚が厳しそうなので、
もし仮に太ってしまっていたとしても写真なんか撮らせなそうな気もする

812 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 09:40:00 ID:T/HPXx8j
>811
専ブラ使え

813 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 11:06:22 ID:LZReZ0BI
夏休みが終わるからな。
夏厨はここ2,3日が勝負だなw

814 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 23:06:07 ID:kic8rees
811ではないが、専ブラの使い方がわからなくて2週間は待ったな・・・。

「虚無・・・」ってアンチ同性愛小説でもあるかな?アドニス版の面影を残しながら
完全に否定している。蒼司は「ゲイの趣味は無い」と断言してるし、アイちゃんには
ルナちゃんがいるし、おキミちゃんがメル欄なのはやり過ぎだ。

アドニス版読んだけど、蒼司の描写には作者の愛を感じたな〜。他のキャラと比べて
ひいきというか、作者に大事にされていると感じた。できればアドニス版も完成
させて欲しかったな。

815 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 23:42:24 ID:twm6aByw
>>814
アンチ同性愛小説? そうかな?
ふふふふ、それは早とちりというものだ。
ムレタがいるじゃないか。
ムレタ×掃除こそ、「虚無」の隠れたテーマなのだよ。


816 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 00:30:23 ID:aKNQeBgg
なんかわいてきたな

817 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 02:33:39 ID:D5cpXrRg
一週間書き込みが止まってる(ミス板内の他の行きつけスレも書き込みが妙に少ない)
と思ったら人大杉のせいだったのか。この板の住人は専ブラ利用率が低いんだな。

818 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 02:40:56 ID:nSRe49vA
専ブラを使ったら負けだと思ってる。

819 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 02:46:59 ID:EVuGSPuJ
>814
同性愛を扱う小説になにかと風当たりがきつい世相に対する
アンチテーゼはあるんじゃないかな。
もしもこの作品が21世紀に刊行されていたらむしろ
アドニス版も売れ売れに売れたんじゃなかろうか。女性読者に。

820 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 03:11:29 ID:4HA4neAD
>>819
その場合表紙がアレな感じになってるだろうなぁ

821 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 03:47:19 ID:bJXVa1MM
>>818
専用ブラウザーを使うとサーバー負担がへるんだよ。

822 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 09:01:49 ID:CxcGtjV7
専プラを使う覚悟の無い冷やかしは夏休みはレスするな
ということを言いたいんだろうな、運営側は。

823 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 14:20:42 ID:CLAoHE9A
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h28601862

824 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 15:06:45 ID:UvSdJDnB
肥満でなかったことが証明された

825 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 15:10:29 ID:WF0qqRzW
こんな餓鬼のような身体の老人のセックスの相手を勤めてたって、
よほど愛がなければできない行為だね。。。

826 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 21:45:49 ID:ZclpI5Se
>815
ああ、ムレタが蒼司へ向けた感情は妖しいな。やっぱり同性愛小説ってことか。

>819
そうであってほしいな。「同性愛はよくないよ。」という事がメッセージのひとつだと
いうのは寂しすぎる。
でもアドニス版の蒼司は男っぽさが全然ないな。かよわすぎて・・・。
男性的な、完成版の蒼司の方が色っぽく感じる。

827 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 18:40:32 ID:bibW6HwC
床屋に行ったのに風呂場で剃刀もってたから(メル欄)
じゃね? って考えてそれが本編で推理されてなくて
激怒した独りよがりな厨は俺だけ?




828 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 21:35:24 ID:uGMhJ5j2
紅司のキャラって、なんとなくつかめないな。
不良っぽいイメージがあるけど、「ダチだよ。」という台詞は紅司らしくないらしいし。


829 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 19:33:14 ID:K0STwu+u
>828
紅ちゃんは不良じゃあない、不良ぶるのが好きなんだ。
と、私は思っている。
その実体はマザコンのミステリおたく…ってとこ…?
キチガイお茶会でアリョーシャをからかうだけのために、
わざと時計を6時で止める芸の細かい人だと思っている。


830 :名無しのオプ:2005/09/06(火) 20:24:48 ID:ApxYmAbB
>829
不良ぶるのが好きな、本当は純粋なミステリおたく青年、か。
母親思い、兄貴思いだったな・・・。
蒼司が「お前、とこやに行かないとな。」と紅司に言うシーン、なんとなく好きだ。
ミステリマニアぶりを披露する次男、やんわりたしなめる長男、からかう従弟・・・。
お茶会の場面はちょっと『若草物語』っぽくて好きだ。
谷崎の『細雪』で文章の書き方を参考にしたらしいけど、『細雪』のようなホームドラマ
っぽい中井英夫作品も読みたかった。


831 :名無しのオプ:2005/09/06(火) 20:42:11 ID:W4mLruaO
根拠はないんだけども、人となりは
母親っ子の紅司は父親似
父親っ子の蒼司は母親似

というイメージがある。
母親の性格描写まではなかったけど、何だかそんな気がしてしまう。

832 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 20:29:33 ID:wXkvjgXf
蒼司が父親を「パパ」と言ってたのにはちょっと驚いた・・・。
親父にベタベタだったのかね。

>831 なんとなくいいな、それ。

833 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 22:06:24 ID:h/2iavYU
>蒼司が父親を「パパ」と言ってたのにはちょっと驚いた・・・。
>親父にベタベタだったのかね。

それは現代の発想

834 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 10:53:26 ID:uhoq9hS2
>>830
紫司郎夫妻も菫三郎夫妻も生きていて、
宝石店の経営も順調で、蒼司の論文も世に出て。

そんな、傍目からすれば
「すべてが上手くいっている」氷沼家の内実の物語とか。

835 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 18:56:39 ID:IhC8xMNP
中井は父性的なものは嫌いだったのだろうな。
ホモ=マザコン説というわけじゃないが、
鴻巣玄次のエピソードを読むとそんな気がする。

836 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 19:49:29 ID:4OoNEJY8
父親を敬遠していて、母親とお姉さんに懐いていたとか。
ちなみに自分は同性愛=マザコン説を支持している。

鴻巣のエピソードは力が入っていたな。叫びのようなものを感じた。

837 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 19:54:47 ID:uhoq9hS2
久生と亜利夫は「姉と、姉に振り回される弟」な感じもした。

838 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 20:10:29 ID:4OoNEJY8
>834
若くして世界に認められた数学者の長男、ミステリマニアの間でカルトな人気を持つ次男、
可愛いガールフレンドのいる東大生の従弟。
宝石店の経営も順調で、氷沼家は幸福の絶頂にいた。
しかしある日、原爆で死んだはずの「黄司」だと名乗る青年が現れて・・・。

こんな感じか。
物語の舞台を北海道開拓時代に移して・・・というのもいいな。

クラーク博士もアレだったときいたんだが、ホントなのかね?




839 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 20:23:08 ID:xX33ixPG
虚無の読者は女が多いのか

840 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 01:43:30 ID:3mmvuVPS
BL好きには受けそうだ

841 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 18:18:38 ID:9yq3ybBQ
>839
多いと思うよ。女に受ける作品だと思う。

>840
「虚無」は本編自体特殊な雰囲気あるからね。



842 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 03:13:21 ID:gcCWfMF1
『中井英夫戦中日記』、昨日の朝日の書評よかった。

843 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 03:29:20 ID:pbI0NzOR
こんな時代だからこそ読む価値のある本かもしれないな

844 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 18:05:23 ID:tXHCYPbU
「青い薔薇」公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050908-00000056-kyodo-soci

薔薇の写真はこれ
http://ca.c.yimg.jp/news/1126146103/img.news.yahoo.co.jp/images/20050908/kyodo/20050908-00000056-
kyodo-soci-thum-000.jpg

845 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 18:06:04 ID:tXHCYPbU
あ、リンク貼るの失敗した
すまん

846 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 19:54:55 ID:+Q2IP4m+
>>844
『青い薔薇ができた!』って、ニュースは、昔からあって、
『違うやん!青くないやん!』っておもってたもんだけど、
これは、まあいいほうの出来かなあ・・・
(紫っぽいけれども)

847 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 21:57:57 ID:R5R4BpKq
いやあやっぱりこれは青じゃねえだろう。

848 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 22:14:33 ID:4JcQUEQH
青紫

849 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 22:46:28 ID:cgN/Sxmn
どうしても紫だね・・・。

850 :名無しのオプ:2005/09/18(日) 03:39:41 ID:Bx+bCkj7
昨日は優れた幻想小説家であり、反推理小説『虚無への供物』を生み出した中井英夫の誕生日である。
もし生きていたとしたら、今日で83歳。中井だったら、今の世の中を見てどのような幻想を紡ぎ出しただろう。
http://d.hatena.ne.jp/tsuruba/20050917


851 :名無しのオプ:2005/09/18(日) 10:18:13 ID:rjwnb27k
尼崎の事故といい、今度の新政権といい、解決の目処の立たない拉致問題といい、
絶望の極みかもな。

852 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 00:52:48 ID:0H9saRk5
今頃になってアドニス版を読みはじめているんだが
亜利夫のイメージが…あのぬーぼーとした兄ちゃんが…
お茶会の意味合いとか全然変わって来るよなこれ

853 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 22:40:59 ID:xIzIXxNc
>852
キャラの変わり様に驚くよな。(アドニス版の方が先なんだが)

「手袋の誘惑」の人にも驚いた。あんたもか!と。
登場人物は全員ゲイという設定だったのだろうか。

854 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 02:30:26 ID:Am9wx/dS
日記読み始めたけど、何か凄いなこれ

855 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 08:58:27 ID:299vtG5W
>>854
http://book.asahi.com/review/TKY200509130292.html
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20050801bk03.htm

856 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 00:53:26 ID:4lqX1s1h
リンクだけ貼るんじゃなくて何かコメントくらいしろよ

857 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 02:06:40 ID:LD00xrVv
貼るくらいしか能が無いんだろ

858 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 19:45:28 ID:GtsjK/Br
氷沼家が実在するとしたらどのあたりにあるんだろうな
詳しい人には自明の理かもしれんけどいまいち位置が掴めない
目白通りよりも北で山手線よりも東で明治通りよりも西でいいのかな

859 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 20:25:10 ID:1L4OmTec
このへんだよね多分
ttp://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.43.9.259&el=139.42.46.046&la=1&fi=1&sc=4

860 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 20:38:12 ID:GtsjK/Br
>859
おお、めちゃくちゃ分かりやすいや。ありがとう。
たまに用事ででかけるあたりだったとは。
あのあたり道がめちゃくちゃ入り組んでて迷いやすいよな。
そしてちょっと驚くような凝った造りのお屋敷が多い。

861 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 22:56:35 ID:nkhReXuy
うわあー、アドニス版って雑誌掲載だったのか…
単行本だと思ってずっと探してた。阿呆らしい。
過去ログちゃんと読んでなかったのが悔やまれる。

蒼白者の行進でも読んで気分を落ち着かせるか…。

862 :名無しのオプ:2005/09/22(木) 00:22:08 ID:lwP+/2Zn
>>860
>道がめちゃくちゃ入り組んでて迷いやすい
>ちょっと驚くような凝った造りのお屋敷が多い

確かにこの二点がポイントですねあの辺は。


863 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 02:34:28 ID:CNbGLTPu
>861
「中井英夫作品補遺集」みたいのが創元から出るはずで、
そこにアドニス版も収録されるらしいから、それまで気長に待て。

864 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 02:41:07 ID:F/eoNk8J
雑誌は保管してる図書館に行けば読めるよ

865 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 15:51:02 ID:wUJQBJae
>>863
おお…俺待つよ!
全編の収録を希望…。

>>864
そっか!図書館行ってちょっと読んで来る。
ほんで後は補遺集を待つ事にするよ。

2人ともありがとう!
あと蒼白者おもすれー。

866 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 02:20:38 ID:fGEHzqda
雑誌掲載のアドニス版読み終わった。
なんかもうこの調子だと、まだ出て来ない牟礼田もどきも
爺やも全員そっちなんじゃないかと思えて来た。
しかしポルノのはずなのに文章は格調高かった…。

867 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 21:55:56 ID:BY7nLqR0
「とらんぷ譚」(ちくま文庫)を購入するべきか迷ってます。
短編集でしょうが、読み応え、ありますか?

私は本格物よりもストーリテラーが好みです。

868 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 22:14:39 ID:v9408qu0
>>867
必読
個人的には虚無より完成度は上だと思ってる。

っていうかちくま文庫ででてたっけ
創元じゃなくて

869 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 00:13:40 ID:FV4jv3Ld
最近出たんですよ。ちくまの『とらんぷ譚』。

870 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 23:50:00 ID:AP/QP+oQ
ちくまのサイトみたけど何処にもそんな情報ないぞ?

871 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 02:18:16 ID:poA4Vcm6
「とらんぷ」を読んでいたときは至福だったな。
出るんだったら再読したいな。

872 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 07:47:50 ID:R/sjsEw2
新風社文庫というところから出ている
「激動昭和史 現場検証」
という文庫本に紫雲丸の事故も取り上げられていて、
「虚無」作中で藍ちゃんが言及した写真が載っていた。
何かしら慄然とした気持ちになった。

ちなみに洞爺丸転覆も取り上げられている。
(「虚無」への言及なし。「飢餓海峡」について言及されている)

873 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 14:13:56 ID:zc55/Luq
>>867
ちくまからは出てないよ。
>>868の言ってる様に、創元と間違えたのでは?

874 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 16:15:46 ID:AsT6zfny
『中井英夫戦中日記』&『澁澤龍彦との日々』刊行記念トークショー
《昭和を貫いたダンディズムの光芒ー中井英夫と澁澤龍彦ー》

“昭和”も遠くなった21世紀。だが、いまだに多くの読者を獲得し続けている二人の作家がいる。・・・
中井英夫と澁澤龍彦。・・・彼らの時代を超えた幻想と耽美の魅力に迫る!!
日時:10月18日(火曜日)午後7時〜9時30分(予定)
会場:東京神田古書会館地下ホール
定員:80名 (要整理券・この欄の下記をご参照ください)
入場無料

http://underg.cocolog-nifty.com/tikasitu/


875 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 19:09:34 ID:lJQU5dg9
見つからないから図書館で全集の馬鹿でかいやつ借りてきた>虚無への供物

876 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 21:02:24 ID:2tmR9mmx
飢餓海峡と虚無って、飢餓海峡が先?

877 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 22:34:38 ID:EUaq6Yxn
飢餓海峡 初出は

1962年1月〜12月 「週刊朝日」

だって。

878 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 02:14:14 ID:zcx2TMVC
>>874

行って来た。中井英夫についての話はちょっと散漫だったかなー。
渋沢夫人の旦那の話は一貫して旦那の話で面白かったけど。

今まで話の中というか文章上でしか知らなかった人たちを
生で見てしまった衝撃って言うのはあった。

でもまあ、帰りにちょっと贅沢していいもん食いたくなる気分だたよ。
時間なくて閉店間際の吉野家入ったけど。

879 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 11:55:29 ID:9twWe0pA
>>878
自分も行って来た
十時ジャストに電話かけはじめて繋がったのが30分後…1時間で定員うまったらしい。
「武満徹が装丁をやったのは生涯、虚無への供物だけ」という齊藤氏のことばにゾクゾクしたり

本多正一さんメインのトークショーを是非やってほしい

880 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 19:27:29 ID:hfYLM8Z8
中井英夫トークはいまひとつだったなー。
組み合わせがイマイチ。
展示物はスゴイものが見られてよかったけど。

881 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 00:16:26 ID:/zE0BC0q
>878
龍子さんの時は東さんが聞き役に徹してくれたからまとまりがあったよね。
中井英夫トークももっと役割分担がはっきりしてればもっと深い話が聞けたとおもう。

それにしても東さんは司会業でも食っていけるのではないかと思うくらい聞き上手だったw


882 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 00:25:28 ID:qxD/ROPa
>>879
本多氏の写真展もよかった。

883 :878:2005/10/20(木) 21:56:20 ID:lnQ+pEgg
>>881
東さんはうまかったね!聞き役に徹しつつもときどき場を和ませたりとか。

最後の質問コーナーで俺も勇気を出して挙手すればよかったかな…
なんていま思ってる。でも多分会場の皆さんに失笑されてた。

884 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 10:26:35 ID:fu+xSo8s
中井英夫や澁澤絡みでのこういったイベント、ときどきやってほしいな。
直筆の手紙とか見られて感動しました。『虚無への供物』の芳名帳すごかった。

885 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 01:47:53 ID:e+Z/zEnZ
>>882
埴谷雄高の写真、ヨカタ。

886 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 11:46:29 ID:Vhwdwewu
すいません『虚無への供物』って なんて読むんですか?

887 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 12:07:05 ID:e+Z/zEnZ
>>886
初心者の方ですか?「きょむへのくもつ」と読みます。
中井英夫という作家の小説で、講談社文庫と創元ライブラリから文庫本が出てますよ。

888 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 17:17:37 ID:Vhwdwewu
>>887
ありがとうございます。『くぶつ』か『そなえもの』か悩んでました。

889 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 18:53:59 ID:qGerKhKp
くものじゃなかったのか・・・

890 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 20:47:14 ID:WdjN4MvX
↑ちょっと笑った

891 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 21:55:03 ID:KTBjjGkg
ゆとり教育の影響がこんなところにまで ┐( ̄д ̄)┌

892 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 22:33:17 ID:WfujDokR
虚無への供物、がもう正しく読めないんだ...昭和も遠くなりにけり。

893 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 00:00:14 ID:nUN7TnLW
いや、読もうという気持ちがあるだけ嬉しいじゃない。
みんな最初はそれでいいと思うんだよ。少しづつ勉強して新しい世界が開けてゆくものだから。
読んでみて面白かったら感想書いてみてね。

894 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 07:09:07 ID:LUbn2qr3
供物が読めなくて、あの小説の面白さがわかるとは思えんな。

895 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 11:40:20 ID:jlDQ1Izg
この質問、過去に数回出てるな

896 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 12:39:18 ID:0Pqsmf27
まあ漢字が読める読めないで必死にならんでも

897 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 18:41:24 ID:6dWSojTN
トークショーのとき、相澤啓三の手紙について質問した濃ゆいウザファンがいたな。
齋藤氏も本多氏も困ってたが。

898 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:10:59 ID:O0RG5Dwe
>897
性別と年齢と外見についてくあしく

899 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:49:29 ID:H7RMf7Tj
>>897
あれ、どういう意味だったの?なんかタブーぽかった。藍ちゃんのモデルだよね。

900 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:52:01 ID:npOAGp9q
>>897
いた。齋藤氏と相澤氏を勘違いしたらしいけど
勘違いしてたってことは、あれを本人に聞いてたつもりだったのか…。
藍ちゃん泣いちゃうよ。

>>898
それはまた、お目もじの際に…

901 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:56:02 ID:H7RMf7Tj
>>900
>お目もじの際に
って、どこでお目もじするっていうのさ。ARBVIQで、とか言わないでね。

902 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:56:34 ID:jJRQxvKx
>>900
えっ!アレ、齊藤氏を相澤氏と勘違いしての発言だったの!?どっひゃー
質問者がテンパリ気味で何言ってるかよく聞き取れなかったんだ


903 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 23:17:36 ID:npOAGp9q
>>901
じゃあ流薔園しかないな

>>902
席が後ろの方だったから齋藤氏と本多氏が
「ほら、あの手紙の」
「ぼく分からないから本多さん言ってよ!」
とか話してるのも聞こえたよ。
質問者の人「すいません間違えました!」
って最後必死で弁解してた。

904 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 23:30:45 ID:bg26j2BW
>私がかつて中井さん宛ての私信でシェイクスピアの悲劇『マクベス』を援用したのは「おめもじの折、つぶさに・・・」と云いたいためだったが、それは作中の「ハムレットの死」を賞味したという挨拶であることはいうまでもない。(創元版『虚無への供物』解説/相澤啓三)

 ここのところを聞きたかったようだけど、質問者が意味不明で尋ねてたみたい。
 齋藤氏を相澤氏と勘違いしてたようだった。

905 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 01:37:52 ID:TahPmxGa
中井ファンってちゃねらー多いの?80人限定トークショーに行った人たちってみんなちゃねらー?多すぎ。www

906 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 01:52:21 ID:B4l4qsH7
著者はまだ生きてるの?

907 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 02:04:28 ID:eM48jwBe
澁澤スレも賑わってるyo。このスレと重なってるのかな。
中井トークは齋藤が60年代政治ボケで支離滅裂だった。
ちーとも『戦中日記』の話題になりやしなかった。川崎が気の毒。

908 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 03:27:33 ID:c6s1UjDH
↑傍から読んでるとあんたのレスの方が支離滅裂

909 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 22:09:56 ID:TahPmxGa
中井英夫じゃなくて塔晶夫の名のままにすればよかったのに、って斎藤さんがずーーっと言ってたのが可笑しかった。

910 :宣伝:2005/10/26(水) 08:22:06 ID:/fwZwIDg
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119880962/l50
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、中井英夫作品投票中。
締め切りは、平成17年10月28日(金)〜12:00まで。
一人一票で、よろしくご参加を!!!

911 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 00:55:14 ID:H1NClTfh
今日発売の週刊文春に中井英夫の名がタイトルに!
なになに?と思ったら立花隆による「戦中日記 彼方より」のブックレビュー。
これが、結構、強烈。何が凄いかは立ち読みしてみ。146ページだよ。

912 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 21:21:35 ID:08JvssFS
立花隆は「血と薔薇」編集部でバイトしていた人だから。
文春の読書日記は何気に幻想文学周辺の本をよく取り上げてるよ。


913 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 00:31:32 ID:rUtuj1hP
>>911
読んだけど、いまさらあんなことに驚かれてもねえ・・・
立花氏「黒鳥館戦後日記」は読んでないんだろうか?

914 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 15:41:15 ID:5ShD+OER
いやあ、
私もけっこうな中井ファンのつもりだけど、
あの引用文の連続にはちょっとぎょっとさせられたけどね。
それに、そもそも
立花氏は、週刊文春の読者を対象に書いているのであって、
中井マニアのために書いているんじゃないんだし。

915 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 18:33:38 ID:UL+RRaOH
まあ確かに週刊文春の読者と中井英夫のファンとは微妙に相いれない罠

916 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 00:06:13 ID:fRTHZh1q
中井さんの昔の写真、スキニーでかっこいい。

917 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 09:07:02 ID:a0NZGJTs
>906

俺の隣でお休みになっています。

918 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 00:23:54 ID:Cw9gb/B9
B公さんですか?

919 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 23:55:14 ID:cWK4wv1O
今日新聞で、三島の別名義の作品の生原稿が
中井英夫の遺品から見つかったとか書いてあって
うおお、となったよ。

920 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 01:01:47 ID:/HNm5FQ8
げ、その記事よく読まなかったがそうだったのか

921 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 02:16:27 ID:uG9zN+bF
 作家三島由紀夫(一九二五〜七○年)が十代で書いた短編小説五編をはじめ、後年の書簡五十四通、創作ノート十六点など大量の未発表資料が、新潮社から刊行中の全集で初めて公表されることが三日までに分かった。
 芸術家の内面を掘り下げた短編などに確かな描写力が読み取れ、「早熟の天才」の形成期を具体的に物語る貴重な資料だ。

 また、同性愛や切腹を描き、六○年に別名で同人誌に発表された小説「愛の処刑」の三島の自筆原稿が見つかり、初めて三島作と確定された。

 いずれも十二月刊の「決定版 三島由紀夫全集」の補巻に収録される。

 小説や書簡は、三島由紀夫文学館(山梨県山中湖村)所蔵の遺品を数年がかりで整理していた研究者や全集の編集者が発見したり、関係者から寄せられたりした。

 初公表の短編のうち最も古い作品は、学習院中等科一年(三七〜三八年)で書いた「我はいは蟻である」で、働きアリがえさの運び方を教わる物語。
中等科四年で書いた「神官」は、祖母の伯父をモデルにその晩年を描き、同時期の「冬山」は、画家の内面を繊細な言葉遣いで掘り下げている。


922 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 02:17:18 ID:uG9zN+bF

 「愛の処刑」は、三島と親交のあった作家で編集者の故中井英夫の関係者から、ノートに書かれた自筆原稿が編集部に寄せられた。
 中学の男性教師が愛する男子生徒の前で切腹する内容で、三島が書いたのではないかと推測されていた。今回、三島作と断定されたことで、二・二六事件をモチーフにした小説「憂国」(六一年)や七○年の自決をめぐる研究が進むとみられる。

 初公表の書簡には「憂国」のモデルとなった将校の自殺現場に駆けつけた軍医に、詳細な様子を尋ねたものなどがある。

 同全集は、全四十二巻と補巻に、三島自身が主演した映画「憂国」のDVDを別巻として来春完結する。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200511040042.html


923 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 08:10:27 ID:npaGXy8Z
うおおおおお。

924 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 10:08:39 ID:WJPNU0Bu
中井さんとこにあったってのは、あの二人の付き合いを考えると納得がいくな。

925 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 13:39:13 ID:Q3gq4Mb/
>「愛の処刑」は、三島と親交のあった作家で編集者の故中井英夫の関係者から、ノートに書かれた自筆原稿が編集部に寄せられた。

本多氏だろうか?

926 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 11:48:09 ID:mGGNhVXL
中井さんの薔薇たちは、今どこにあるの?引越しの時に植え変えたのかな?
中井さんがあんなに愛した薔薇たちの行方が知りたい。

927 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 00:37:11 ID:ILfIvEUx
>926
なんかいいこというなあ、おまい。

928 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 17:25:32 ID:f+drIB75
遅ればせながら今読み終わった。
既に他のアンチ・ミステリとされるものを読んでいたからか、新本格の潮流がこういったものを肯定しているからなのか
衝撃の読書、とはいかなかったのが残念。解説など世相を考慮に入れれば、なるほど中井英夫がこれを書いた価値は理解はできる。
強烈に匂う混沌とする東京の香りを始めとする文章の上手さは堪能したし、ラストの語りかけは唸ったんだけども
そこまで祀り上げられる程のものかな?とも同時に思ってしまった事は事実。
釈然としない思いを抱えたまま、ネットの書評を漁ってみたりしたんだけど無条件な肯定が多くてやや閉口してしまった。

929 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 19:13:06 ID:f+drIB75
でもこれは再読すべきだな、ということは強く感じた。
無人島に持っていく本を一冊選べ、と言われたらこれを選ぶかもしれないなぁ。

930 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 00:44:53 ID:jmTO6Pwv
いわゆる新本格系の作家といっしょにしてるあたりで、お里が知れる。
再読してもダメだろうw

931 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 02:05:38 ID:Un5cVgJX
持ち上げた新本格系の作家が悪いのか、それを宣伝に利用した出版業界が悪いのか。
あるいはリアルで読んだ読者が悪いのか。
いづれにせよ、最大の被害者は今の若い読者かな。
ちょっと虚無のモチーフに通じるところがあって寒気がする。

932 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 02:46:11 ID:jmTO6Pwv
こいつか。バカ丸出しの自閉的オナニー文章。ホントに穀潰し日記。
http://d.hatena.ne.jp/architect/20051118

933 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 04:12:43 ID:74H1+7j6
>>928
自分も似たような意見。
雰囲気はわかるんだけども、結末に至る過程がテンションあがらないんだよな、読んでて。
どういう風に読めばおもしろくなるか教えてほしい。

934 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 08:42:55 ID:rAuw0VOT
>>932
もうずっとこのスレ見てるけどさ、そうやって影で晒すのってそろそろやめない?
俺も虚無はバイブルだと思ってるけど、>>930-931みたく特権意識丸出しで批判してみたり
>>932みたくコメント欄ある所を晒して影で笑ったり、正直見てて気分は良くないよ。
むしろそうやって「分かってる自分たちこそ高尚だ」と言ってる方が虚無のモチーフに通じる所があると思うけど。
そもそも、なんで>>932はバカ丸出しと言うならコメント欄で直接文句をつけないの?

935 :大丈夫?:2005/11/19(土) 11:32:43 ID:WG+hm6nQ

 バイブル

とか

 特権意識丸出し

とか

 分かってる自分たちこそ高尚だ

936 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 12:40:15 ID:cWBhak1L
>>934
部分的に同意。晒してくさす傾向は昔からこのスレにあるけど、下らないからやめて欲しいな。
自ら程度の低さを露呈することもあるまい。馬鹿だな、と黙って思っていれば済む話だ。
ただ高尚云々は見当違い。晒して喜んでるお馬鹿さんの程度が低いだけで、我々は単純に虚無の良さを共有したいだけなんだからね。
ま、こんな話は下らないからさっさと元の流れに戻そうや。

937 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 13:56:37 ID:cDjQakct
>>934
>>>930-931みたく特権意識丸出しで批判してみたり

現状の無批判な中井持ち上げ体質を批判している931のどこが特権意識丸出しなんだ?
中井が理解できない以前の問題じゃない?キミ。

938 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 14:49:54 ID:jmTO6Pwv
中井英夫戦中日記 彼方より 完全版 [著]中井英夫 [編]本多正一
[掲載]「朝日新聞」2005年09月11日[評者]中条省平
 中井英夫の『虚無への供物』はいまや、「新本格」なる推理小説流派のバイブルだが、中井の小説の本質は、全能者の権力を手にした錯覚をもって嬉々(きき)として死の遊戯に耽(ふけ)るポーの末裔(まつえい)たちの対極にある。
 人をあやめることへのおぞましい戦慄(せんりつ)こそが、この小説の根底にあるモチーフだからだ。
 そのルーツを探るためにはぜひとも本書を読まねばならぬ。二十代初めの中井は陸軍参謀本部で情報教育係を務めながら、この激烈な反戦の、いや戦争憎悪の日記を記していた。
 国家という愚劣な抽象観念のもとに滅びゆく日本人への呪詛(じゅそ)と、その日本人にほかならぬ自分への苛立(いらだ)ちが、この日記を染めあげている。
 日本人が一丸となって戦争に突入したという神話を真っ向から否定する貴重な歴史文献であるとともに、これまでの版から削除されていた母の死の前後のほとんど錯乱に近い記述を復刻した完全版ゆえ、中井英夫の人間性を知るのに不可欠の書物にもなっている。




939 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 01:50:16 ID:LTDum5o+
なんかみんな黙っちゃったネ。
『虚無への供物』をミステリーだと思って読んでるからおかしなことになるんだな。
“アンチ”ミステリーだってこと忘れないで再読してご覧。無人島ででもいいよw

940 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 09:11:10 ID:6vIHU9hm
この作品、後味はすごく悪いよね。
全てが解決したカタルシスみたいなものはまったくない。

941 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 09:15:03 ID:S+98Ue2m
まぁそれがアンチミステリたる所以だからなぁ。
しかしシャンソンの衒学は30代の俺からすればちょっと退屈だったかも。

942 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 09:47:12 ID:iS5Js6hs
>>940
ミステリおたく? カタルシスを求めること自体が病気なんだけど。


943 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 18:21:03 ID:ufFouXWQ
>>942
>カタルシスを求めること自体が病気なんだけど。

それは言い杉

944 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 18:32:24 ID:QAQ7SV56
なんでこのスレは断言する奴が多いんだw
人それぞれに楽しめばいいじゃないか。
許容範囲を狭めるのは良くないぞ

945 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 18:56:46 ID:FUKBl15b
>>941
あ〜、たしかに、シャンソンって、ほんとにすたれちゃったよねえ。
越路吹雪や蘆原英了先生など、リアルタイムで知っている人間の方が
『虚無』の読者のなかでも、もう少数派かもしれないね。
仕方ないなあ。

946 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 20:45:54 ID:ufFouXWQ
衒学というのものは興味が無いと元々退屈なもの
黒死館でさんざん免疫ができたw

947 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 10:02:30 ID:9RId6nsO
デタ━━━゚(∀)゚━━━!!
文春新書『回想 回転扉の三島由紀夫』
三島の「愛の処刑」執筆の経緯が赤裸々に!!
キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

948 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:18:02 ID:ai94MAmq
俺新本格から入ったクチだけど虚無は純粋にすげーと思うよ。
描写が美しいし逆にミステリとして読んだからこそ読了後の後味の悪さに堪らなく興奮した。
中井が綾辻に言った言葉だったか「この世の憎悪を全て一身に背負うミステリを書いて下さい」
ってのも虚無を読んだ後なら深く頷ける。

949 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:35:20 ID:dByP6fu9
文章というか文体というか凄いよね。
最近で言うと誰かなあ、この手の文章書ける人って。

950 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 01:00:29 ID:VGm4S81l
>>948
>「この世の憎悪を全て一身に背負うミステリを書いて下さい」
「世界の悪意を」じゃなかったっけ?

951 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 01:43:04 ID:FtVdV//1
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20040908bf01.htm

デビュー間もないころ、『虚無への供物』で知られる戦後「本格」の重鎮、
中井英夫氏に、「世界の悪意を一身に背負ったような探偵小説を書きなさい」と
激励された。


虚無のすごさは、綿密な複線と華麗な文体の中を用いて、
ミステリーの中でのどんでん返しを生み出すんじゃなくて、
ミステリー自体をひっくり返しちゃう所にあると思う。
それがアンチ・ミステリーたる由縁。

952 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 01:44:58 ID:VGm4S81l
 でもそろそろ命日だね。12月10日。

953 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 06:46:04 ID:WvIkvYTi
『虚無への供物』ネタの「やおい本」ってみたことある?
新本格は結構ネタにされることもあるらしいんだけど『虚無〜』は聞かない。
プロトタイプのホモ小説バージョンが公表されたので今さらって気もするけど。

954 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 10:03:21 ID:VGm4S81l
>>949
文体、文章だけならかなう作家いないんじゃないか? 
ただ後期になると独特の私小説的世界、自閉した世界へのいってしまうのが鬱陶しいが。

955 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 14:35:36 ID:ZxlXb087
>>951
しかしあーやは世界の悪意を背負う小説は書いてないよなぁ…
ちゃんとミステリしてるよね。

956 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 16:08:43 ID:g5+M1x9O
竹本なんかは割とそれに近いものは書いているけどな。

957 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 17:53:39 ID:OHuhGRtp
>952
12/10に虚無への供物を読むのを毎年の行事にしてる奴挙手

958 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 21:16:46 ID:3bMhCVlb
『虚無への供物』の中国語訳、ありました。
台湾のサイトみたい。「序章」だけだけど。
http://windmail.virtualave.net/create/nakai_hideo.htm

959 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 21:26:13 ID:C0u1kYCB
>>957
ノシ

960 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 22:38:07 ID:/FqbnxtN
>>957
は〜い!!

961 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 03:54:54 ID:XshDr/7i
>>957
問題はその日までに今読んでる鉄鼠の檻を読了できるかどうかだ

962 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 20:24:13 ID:zEJS41mP
『アリス狩り』と『公園にて』って
なんか関係あるの?

963 :名無しのオプ:2005/12/01(木) 21:39:55 ID:F2teJdxS
ところで次スレは?

964 :名無しのオプ:2005/12/01(木) 22:03:58 ID:K0y4Obrn
昭和40年代の後半、まだ高校生だったが、NHKFMで蘆原英了さんの
シャンソンの番組があってね、自分はジャズが好きだったので、たまに聴く
程度だったが、上品な話し方だったよ。NHKテレビでも見たことがある。

965 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 00:20:13 ID:K0GKRJUg
>>957
正月には久生十蘭の『魔都』も読むけどな

966 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 11:20:56 ID:RJcb8Khc
魔都はすげい傑作だよな
三大奇書と比べると知名度がないのが残念

967 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 23:08:40 ID:L95rh5jz
>926

私の隣で愛らしく眠りについているよ。
寝返りすると全身疵だらけになるのが難だが(嗤)

968 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 23:15:26 ID:xsMScbP3
社会思想社の教養文庫を読んでいた者にとっては、
久生十蘭、夢野久作、小栗虫太郎の3つの名前は
いつもワンセットだった(少なくとも私はそう)。


969 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 00:20:06 ID:tpHgVpIH
>>968
あとは香山滋、牧逸馬、橘外男だったか。巻末の広告によく載ってたよな。
山風、日影丈吉、……あと誰かいたような気もするが思い出せん。
小栗の『黒死館』のマニアックすぎる注釈が思い出深い。社会思想社がらみ
では中井(+日影、泡坂)の『秘文字』があったっけか。

社会思想社が倒産したのは、俺にはけっこう痛かった。教養文庫はなかなか
ユニークなラインナップだったんだが。(でも一番有名なのは「ゲームブック」
かな)

970 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 08:35:45 ID:7zSlMxhZ
ゲームブックはたまにやると面白いね。

サイコロつかうのめんどくさいので
怪物には全て勝ったことにして
話進めていくんだけど
油断してるとあっという間に死んで完結。



971 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 08:49:46 ID:NAF7f7YI
久生十蘭は『黄金遁走曲』というのを以前読んだことがあるが、
えらく取っつきづらい文体だなあと思った。内容ももう忘れてしまったよ。

972 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 14:53:39 ID:SxAtrJSP
今年って十三回忌じゃない? もしかすると。

973 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 23:12:27 ID:YmcVOj74
薔薇の殺意のハッシュください。

974 :名無しのオプ:2005/12/09(金) 22:17:23 ID:eFftyhrG
>>968
同意。
俺の中では御三家のイメージがあるな。
黒死館はボロボロになるまで読み込んだもんだ……

975 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 11:11:11 ID:ofNlLgV3
さー読み返すかー

976 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 16:30:56 ID:rUmq9mWD
 昔、神楽坂の書店で「虚無」の新刊の文庫本を見つけたとき、胸が高鳴った。傑作との
評価があったが単行本はとんでもない高値で入手できなかった。購入して帰る途中で
作者のあとがき読んだがそれだけでも夢中になってしまった。帰宅するやいなや徹夜
で読み続けた。まるで夢幻の境地の中で万華鏡を見ているような気持ちがした。
 世界のミステリーでこんなのはない。日本の特定のミステリーは文学性の高さでは比類が
ないと思う。

977 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 19:35:52 ID:RjrR38+2
新スレを――その人々に

『虚無への供物』中井英夫 第四次元の断面
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1134210858/

978 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 02:26:49 ID:TdjmasxL
おれ的面白かった本ベストスリーでつ

虚無への供物
ポーの一族
百億の昼と千億の夜

夜が白々と明けるまで読んだのはこの三冊くらい。

979 : 【豚】 【1469円】 :2006/01/01(日) 19:55:08 ID:hgfkjbCW
あけおめ

980 : 【吉】 【408円】 :2006/01/01(日) 19:56:12 ID:hgfkjbCW
『虚無への供物』中井英夫 第四次元の断面
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1134210858/

981 : 【中吉】 【617円】 :2006/01/01(日) 19:57:19 ID:hgfkjbCW
『虚無への供物』中井英夫 第四次元の断面
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1134210858/

195 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)