2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ラノベに文学性は必要か2

1 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 21:29:17 ID:IbI7tpSi
語れ。

2 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 22:55:02 ID:Y+5E1wuH
「面白けりゃなんでもいい」っていうのは真理なんだよな。

「苺ましまろ」や「よつばと」の面白さと
「ガンスリンガーガール」の面白さが全然違うように
面白さにもいろんな方向性があって、出版社や編集者はその「面白さ」を売り物にする商売なわけで。

まあ少しは社会的意義をプライドの一部に据えて、薬にも毒にもならない
ただ単に消費者に刹那的な楽しさを供給し、消費されるだけの作品を世に送り出すのを躊躇うような編集者もいるんだろうが。

3 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 23:13:24 ID:6TH40Qnf
死ね

4 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 23:42:37 ID:XhYRVrP0
ラノベに媚を売る文学
文学にすり寄ってスノッブ気取りのラノベ

どっちもうざいので必要なし。

5 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 00:01:14 ID:uBxZ684T
ラノベ:ジャンクフード
純文学:スルメ

100円バーガーよく食います

6 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 01:07:38 ID:ereXJ4QR
>>4
ラノベに擦り寄る文学なんてあるのか?

7 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 02:46:47 ID:yDMoC3gp
前スレ

ラノベに文学性は必要か
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1126588621

8 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 09:59:03 ID:6DWv0Z7l
文学性は特にいらないとは思うけど学がない文章ってのは稚拙なんだよね
最近の新人はそんな感じ

9 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 13:31:02 ID:60QtsCHB
出来もしない「難しそうな言葉」を使ってるのも、分かるヤツからすると頭悪そうにしか見えないよな。
使い方を間違えていたり、場合よっては意味さえも間違えていたり。
具体例が浮かばないんだが「凄く近いニュアンスなんだけど、そういう文脈ではまず使わない」って言葉あるよな。

10 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 18:26:55 ID:SwQghuOY
須らくこれを殲滅する

の事ですね。

11 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 18:38:40 ID:m9xIXmiZ
>>6
西尾維新やら佐藤友哉やら舞城王太郎
殊更「新しい文学」ともてはやしてる「純文学」畑の人はたくさんいる。
大塚英志がそういう連中に苦言を呈していた。

12 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 18:54:00 ID:ereXJ4QR
ああファウスト系か
舞城以外はゴミか一発芸だろ
評価してる奴の程度が知れるってだけの話

13 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 19:00:00 ID:ElU2ymmg
>>6
村上龍とか、金原ひとみ、世界の中心書いた人、博士書いた人、とか、
あの辺はむっちゃ擦り寄ってる。

と、読んでて感じないなら、もったいない本の読み方してるなぁーと思う。

14 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 19:30:32 ID:AOdPB21N
やっぱり文学といえば那須きのこでしょう

15 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 22:23:26 ID:nUZaQUqI
>>4
気取る奴はいないだろう・・・常識的に考えて・・・

土か煙か〜って面白いよな?少なくともラノベだけしか
読まない人にボロクソまで貶される本ではないよな・・・縁切るか・・・

16 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 00:27:37 ID:fhbht/JU
そろそろさ、議論も一巡したことだから、
具体的に作品名を挙げて、
「これこれの作品のこれこれのところは文学的ではないか?」
と論じてみるのはどうか?

それぞれが前提にしている「文学像」があまりにばらばらだから、
抽象議論をいくら重ねてもすれ違いのまま永劫ループするばかり。

叩き台があれば、その要不要も語りやすいように思うが。


17 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 00:44:30 ID:joQc1hJ2
じゃあ新井素子先生の「星へ行く船」の文学ぽいところ。

少女の成長を描いてる。
神との対話。
因果論VS運命論VS現象論の対立を描いてる
「素子一人称」とも言うべき、新たな文体文技の創造。

何故芥川賞が与えられなかったのかとても不思議な気がするほど
純文学として成立してる。

18 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 00:52:28 ID:PCXp2WDg
ラノベ板住人に建設的な議論ができるわけないだろ。

19 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 00:55:17 ID:QuGIuyw4
それは「いつか猫になる日まで 」じゃない?

20 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 00:56:21 ID:yUPiGSoW
それを言うなら2ch住人だろ

21 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 01:24:05 ID:dmOJaVE8
age

22 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 01:36:49 ID:s/82UHQ+
>>17
へぇ、本屋で見かけたらチェキしてみようか。と思ってぐぐってみたよ
…25年前かよ!こりゃそうそう簡単には見つらなさそうだ
芥川賞はいらないっしょ、アレは所詮"賞ビジネス"だし


自分が挙げるとしたら…TOKYO WARかな
・戦争と平和、現実としての正義と不正義
・"日本人"としての戦争の捉え方
・現代の日本と、その法の元での"戦時下"とは
・時とともに変わるもの、変わらないもの


ラストの柘植と南雲の、無駄をそぎ落としたやり取りは
読めば読むほど深みを増していくと思うよ

23 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 01:49:52 ID:6McmsvsP
よほどチープなものでなければ、どの作品にもテーマ性はあるわけで、穿って見ればそこにいくらでも文学性なんて見出せると思うが。
ただ、そのテーマがありふれて陳腐すぎるから評価されないだけだろうな。少年とか少女とか戦争とか平和とか神とか人間とか。
そういうのをぐつぐつと煮詰めてしまえば今言われてるセカイ系になるわけで。結局何が言いたいかって言うとセカイ系万歳!!
例えばハルヒだって一巻だけ読めばすげーいい作品だと思うよ。舞城が評価されてこの作品評価されないのはのいぢ絵のせいだろうな。けっ。

24 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 01:57:49 ID:joQc1hJ2
>>19
10云年ぶりにチェックしてみた。
おっしゃるとおりだ。ごめん。

>>23
火浦は、エンターテイメントの巨匠だが文学性は劣る。

文学性が劣っても、面白くて買う価値があるんだけどね。
純文学ってのは、普遍的な物事言を普遍的なはずなのに
何故か新たに提示するから純文学なんであって、
使い古されたテーマーを使い古されたままに描いてると
純文学的創作性を評価するわけには行かなくなる。

25 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 03:38:52 ID:inb8hY8G
相対的評価を下すだけのはずだった思想的機構が、
いつしか「一般人に分からないものを評価する」という行為による権威の強化に取って代わられ、
それによって発生した有象無象の自称評論家達がいつしか中核を成すようになっていき、
果てには思想的機構そのものが形骸化して、閉鎖的環境による風通しの悪さで中がどんどん腐っていく。

そんなところか。

26 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 03:54:08 ID:joQc1hJ2
>>25
それは、15年〜5年前の感じかな?
ライトノベルが売れまくり、純文学がまったく売れなくなった、

5年位前から純文学も変わりつつあると思うよ。
未だに影を引きずってるけどね。

ライトノベルが逆に、「閉鎖的環境による風通しの悪さの中でどんどん腐っていく。」
世界に突入し始めてると思う。

27 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 03:57:20 ID:UDWDTK8D
「文学性が必要か」とか言われてもねえ。
まず、ラノベに必要としてるような奴ってどこにいるの?って話だろ。
「必要」というより、読者が「欲しい」と思ってるかどうか。

個人的には全然いらないんだけどw
ただ、ラノベのジャンル自体が活性化して、いろんな作家や作品が出て来る、
ということなら、「文学性」もあって良いと思うけど。

でも、今のラノベの中で「文学性」のある作品って、あんの?



28 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 04:09:14 ID:inb8hY8G
ライトノベルを「漫画絵によって表紙を飾られた本」とするならそれこそ色んな所で出ているし、
「その特有の文体」とするならばそれこそ色んな所で出ている。
「レーベルによって固定」でも、まぁ真面目に探せばあるんじゃないですか。といった感じだな。

29 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 11:07:01 ID:+9KoqeDY
舞城が三島賞獲って阿部和重が中原昌也が芥川賞を賑わしても
ラノベ板住人が挙げる「純文学」の例は夏目「こころ」とか村上春樹で止まってる件

30 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 11:13:08 ID:jlsu2AZf
古典文学の名作なら読むけどさ、最近の読む時間があったら漫画かラノベ読むよ

31 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 13:42:51 ID:cHan12j0
ラノベ板でなにを言っているんだろう

32 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 16:02:50 ID:FhvgFtyy
評判のいいラノベなら読むけどさ、新刊のラノベ読む時間があったら漫画か普通の小説読むよ

33 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 21:16:09 ID:XEpkZYH9
自分で目利きも出来ないのか。

34 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 21:35:33 ID:1UX4Q2aE
本の目利きって絵画とか陶器とかと違って、殆どニュータイプの世界だぞ。
「あと5m先に面白い本がある!」とかでないと意味が無い。

35 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 21:46:08 ID:joQc1hJ2
>>34
だよね。読み終わってから、詰まらなかったと言っても、
後のフェステバルだもんな。

36 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 22:09:35 ID:XEpkZYH9
経験を積めばゴーストがささやくようになる。

37 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 22:30:35 ID:jlsu2AZf
30冊も踏めば護身完成
タイトルとイラストだけで大体回避できる

38 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 22:40:01 ID:1UX4Q2aE
そして、みなEGコンバットを手に取らなかった……

うん、あれはニュータイプの時期じゃないと手に取れない。

39 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 22:48:22 ID:XEpkZYH9
よしみるは有名人だし、ファンも多かったけどな。メタルスレイダーグローリーとか。五霊闘士オーキ伝はちょっと微妙だった。

40 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 23:00:25 ID:joQc1hJ2
>>37
30冊も読めば、詰まらない本を手に取ることは無くなるかもしれない。

ぬがぁああああああああああああああああああああああああああああああ。

面白い本をスルーしてしまうのが。

いやぁああああああああああああああああああああああああああああああ。

41 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 23:03:02 ID:jlsu2AZf
>>40
「読む」のではない「踏む」のだ
単につまらない話は「読む」
偽装された本は「踏む」

42 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 23:05:35 ID:XEpkZYH9
>>40
50万円分くらい自分の好みで選んで本を買って読めばそこそこ目利きが出来るようになる。
さらにその先になると、マンネリを脱するためにあえてありえない選択で読むようになるけど。

43 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/11(土) 23:08:20 ID:1UX4Q2aE
まあ、あれだな、わりと厳しいな、目利き。

44 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/12(日) 01:01:11 ID:NZCN+0oL
だって読んだ後に目利きって意味無いじゃん
地雷はそのまま踏んじゃうじゃん
ダメじゃん

45 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/12(日) 01:13:36 ID:NJpC6TOo
これは地雷と目利きした上で、確認のために読む
そして、思った通り地雷だったとほくそ笑む
何か悲しい

46 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/12(日) 01:47:58 ID:1+JdCow3
それもまた一興

47 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/14(火) 01:09:43 ID:xJUCCHQo
速読法を身につければ解決

48 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/15(水) 23:20:22 ID:ee+Zv+dd
出版されたのが不思議なほどの地雷(消極的ではなく積極的に詰まらない)は、やはり踏んでおくのが我々の宇宙に対する敬意。

49 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/22(水) 01:25:34 ID:kMYUsShK
もはや宗教とも言える>48の地雷観に感動を覚えた

50 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 12:42:31 ID:Fr5AhCei
「読み物(大衆小説)と文学は違う。この二つがどう違うか。
 それはこの世界に生きる各個人がそれぞれ考えて、
 自分なりの答えを見つけなければならない」

                  坂口安吾


51 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 17:09:41 ID:dzttqzIC
こういうのってまずラノベの定義がはっきりしないとどうにもならんよな。

52 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 02:27:13 ID:CEsDfO6b
これが一般人の反応。まあそうだろうと思うね。
ttp://www.webdokusho.com/shinkan/backnumber/index.html

53 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 02:29:45 ID:CEsDfO6b
って、リンク間違えた
ttp://www.webdokusho.com/shinkan/0503/b_6.htm

54 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 18:52:27 ID:GtZ9rSZn
ラノベって一般には浸透してない
オタクが増えただけ

55 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 19:21:09 ID:Yesz/t31
なんで文学性が必要か否かを語るスレで一般人の反応について気にしなきゃいけないんだか

56 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 00:02:35 ID:zHY0NRGQ
ライトノベルの文学性について
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1156521794/

流れの違いが面白いな

57 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 12:16:17 ID:T1VC4d63
大学の課題の本が全然書いてある文の意味がよく分からないうえ読むのが苦痛なのでライトノベル読み始めました
果たして文章能力がつくのかどうか
歴史小説の方がよかったかな…

58 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 16:26:16 ID:DerGIKWw
>大学の課題の本が全然書いてある文の意味がよく分からないうえ読むのが苦痛なのでライトノベル読み始めました
意味がわからない

59 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 02:49:21 ID:YQCqzqGs
大学の課題の本が何かが分からないと
課題の本が「撲殺天使ドクロちゃん」なら 頑張ってライトノベル読みなさい
課題の本が「激突カンフーファイター」なら あきらめなさい
課題の本が「東京忍者総集編」なら 他の大学に入りなさい

60 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 02:52:49 ID:vQsx+uaI
おそらく大学から課題として出された書籍(あるいは課題をまとめた本)の内容が難解で、
それを完遂する事が非常に難しいので、現実逃避としてライトノベルを読み出した。

という事じゃないか?

61 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 08:31:50 ID:laZdYGz+
いや、課題の本は労働市場がどうこうとかの小難しい経済系ので、読んでて頭痛くなるんだ
だからラノベで楽しみながら文章読解力をつけようかな〜と
分かりにくい文でごめん

62 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 09:58:35 ID:Rg+ojCBH
ラノベ程度で読解力なんてつかん
ついても小学生レベルだろ

63 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 12:53:08 ID:s5GHICAm
とりあえず、センター国語で小説と小論文を落とさずに点数取れる程度にはなるから、
高校生レベルであると思う。

64 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 13:00:32 ID:q32Ldr5Q
>>61
そりゃただの現実逃避だ。部屋が汚いと勉強に集中できないとか言って、結局掃除しかしないのと同じ。
観念して課題やれ。分からないなら何度でも読み直せ

65 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 16:26:53 ID:fEAqI9xv
じゃあ勉強じゃなくて趣味目的に読むよ
すまんかった

66 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 20:23:06 ID:5hHKAbcT
勉強でなく趣味を選ぶ姿に後光が見えるw

67 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/04(木) 18:54:56 ID:U30vVW4Q
国書刊行会がラノベを出したらラノベもブンガクでいいよ

68 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 17:44:25 ID:KLd/masA
ライトノベルで文学的なものを書こうとすると、その時点でライトノベルではなくなると思う。

69 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 17:49:57 ID:1S28hPEL
全然ライトなかんじじゃなくなる

70 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 17:52:19 ID:xbs5D15j
いわゆるライトのベル的な文体で文学的なもの書いてるやつはいるけどな。

71 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 17:53:09 ID:a08BVkUy
主題の差じゃないか?
ラノベは主題が『ライト』だろ。行ってジブリレベルだったり。


72 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 17:54:51 ID:Sazw5alE
現代に於ける「文学」ではなく、将来「文学」として意味を持つライトノベルってのはありえない話ではないけどね。
まあ可能性の話だが。

73 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 19:34:05 ID:KLd/masA
いいとこだけほかのジャンルにとられて、ラノベは衰退するんじゃないの?
逆もあるだろうけれど。

74 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 20:00:36 ID:a08BVkUy
実際、カウントダウンに入ってるんじゃないか?
この一過性の熱病がいつ冷めるかっていう………


75 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 04:27:11 ID:zBHg1haO
ライトノベルのライトって、軽いって意味じゃなくて娯楽って意味じゃなかったか。

それと今、ライトノベルが注目されている理由って、
他のものが軒並み衰退する中で「ライトノベル」と括られたものだけが一定基準を保ってるんだろ?
良いところだけ持って行かれるというよりも、出版全体がライトノベルに取って代わられるんじゃないか。

これまで書籍として出版されていたもののほとんどは、今ではインターネットで代用可能となっている。
指南書の類は別としても、思想表現や社会批判の類はわざわざ書籍にする必要性さえない。
特に今は不特定多数の意見を直接目にすることが出来るから、意識の変化はネットを見ていれば分かる。
結果として物語小説だけが淘汰の末に残されたんだろ。漫画と同じく書籍として「買う価値のあるもの」として。
そしてライトノベルは「理解しやすい」事を念頭に置いてるから、より広い範囲の人間が受け入れやすい。

という風に解いていけば、ライトノベルが人気になる理由は、ある意味で歴史上の必然かもしれんね。

76 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 17:32:45 ID:OiZR/5rE
>>53
見て、割と普通に評価されてるじゃんと思った。
ミナミノが中途半端なのは事実だし。

表紙がどうとか挿絵がどうとか言ってるのは、考慮に値しないよな。

>>75
>それと今、ライトノベルが注目されている理由って、

活字本で他に売れてる「ジャンル」がないから。
他にあるのは突発的なベストセラーと細木数子だ。
どうしようもない。


77 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 18:23:17 ID:W3ucsRRj
つっても薄利多売商法だしなあ。300万部超とかいってもシリーズ累計だし。
ハードカバーがコンスタントに50万とか売れる宮部みゆきや東野圭吾などと
ハルヒやシャナの作者のどっちが儲けてるかっつったら前者のが儲けてると思う。

78 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 18:41:20 ID:EjsA91Qs
所謂「大物作家」以外の作家の本がどれだけ売れてるかを考えての発言だよな?

79 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 18:42:51 ID:EjsA91Qs
あと、儲かってるのは作者じゃなく出版社な

80 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 18:54:11 ID:MOtEGNPg
>>53
浅井博美は表紙と挿絵で評価しているただの馬鹿。評価者としては最低レベル。
北嶋美由紀は作品の評価をしてるので信用できる。
久保田泉はとりあえず作品としての評価をしているが、挿絵云々の評価は不要だろうと思う。
林あゆ美は評価すらしてない。却下。
手島洋はこの中では一番まともに評価をしている。
山田絵里も評価はしてない。却下。
吉田崇の評価もまともだが、最初の部分は不要かなと思う。

まぁ俺の評価だったら現時点でCが良いとこだと思う。
今後の展開に期待と言うレベルだろうなぁ・・・

81 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 20:52:16 ID:W3ucsRRj
>>78
食えてるのが一部なのは一般文芸もラノベも同じこと

82 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 01:18:51 ID:bidkY3Pu
他メディア展開による余録率はラノベの方が高い気がする。
他は一部ヒットメーカーに集中しすぎのような。

83 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 22:01:35 ID:rU6K8V3C
ラノベはステロタイプなキャラクター性が確立されてる時点で
文学にならない気がする。
始めから手の内明かしてるようなもんだわ。
作者が属性でのキャラ作りを意識してるし
読み手が、ゼロから人物像を自由に模索することができん。
ご丁寧にイラスト化までされてっから尚更。
ラノベはそれを前提の上で書かれてる文学とは何か別の文芸分野。


84 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 22:19:50 ID:TGWcwFMt
>ラノベは文学とは何か別の文芸分野
ラノベはエンターテイメント・娯楽小説・大衆文芸だろ、常識的に考えて
何を言ってるんだこいつは

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)