2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

妖魔夜行&百鬼夜翔【第弐拾死夜】

1 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/09(土) 14:57:43 ID:Eeavqnli
小説とリプレイ。物語としての「妖魔夜行」&「百鬼夜翔」について懐古するスレです。

前スレ
妖魔夜行&百鬼夜翔【第弐拾参夜】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1131366094/

<関連スレ>
ゲームとしての「妖魔夜行」&「百鬼夜翔」について語るスレはこちら。
またーりとGURPSガープス全般の話 第30版
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1155352602/

創作小説・なりきりチャット・お絵描きから、データ整理にマイキャラ自慢まで何でもありの解放区。
過去ログの倉庫もあります。
バロウズ系列スーリエ・ルージュ・JBBS分館
http://jbbs.shitaraba.com/movie/2029/ryuryubekde.html

一応関連シリーズ?
リボーン・リバース 第一夜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1130499764/l50

2 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/09(土) 14:58:44 ID:Eeavqnli
<過去スレ>
第一夜 http://natto.2ch.net/magazin/kako/969/969222301.html
第二夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1011/10116/1011601775.html
第三夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1026/10260/1026089490.html
第死夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1036/10361/1036167510.html
第伍夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1041/10416/1041612501.html
第六夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1043/10437/1043763663.html
第七夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1044/10448/1044884401.html
第八夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1046/10461/1046107175.html
第九夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1047/10474/1047483592.html
第十夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1048/10487/1048772513.html
第十一夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1049/10499/1049994273.html

3 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/09(土) 15:00:40 ID:Eeavqnli
第十二夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1051/10510/1051030480.html
第十三夜 http://book.2ch.net/magazin/kako/1052/10529/1052914584.html
第十死夜 http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1056474325/
第十五夜 http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1058963941/
第十六夜 http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1060524029/
第十七夜 http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1065716604/
第十八夜 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1076121906/
第十九夜 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1087211311/
第二十夜 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1097601097/
第二十一夜 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1110070483/
第二十二夜 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1117108202/

4 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/09(土) 17:17:45 ID:WPA2GwG9
>>1
一応、乙
と言っておく。

5 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/09(土) 21:00:04 ID:qJtaSRs6
いや、>>1乙だよ

6 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/09(土) 21:50:18 ID:T4PiJkBR
つらら女って、マイナーだけどかなり強そうじゃないか?
「雪女にしようと思ったけど刺しに増強して攻撃に特化しよう」とか
かなりマンチに組んだイメージ。

火間虫入道は・・・・どんな能力持ってるんだろう?

7 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 01:09:09 ID:BehzVjo8
>>6
俺は逆に熟練プレイヤーのこだわりを感じるぜ
真のマンチならそのまま雪女にして”範囲の吹雪とつららを使い分けられます^^”ってやる

8 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 01:23:18 ID:9G1tWyBS
>>7
いや、範囲への冷気攻撃は当たり前のように取ってると見た。
その上で実体(氷)を刺しに増強。きっと扇形とかピンポイント攻撃とか付いてるぜ。

9 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 01:24:58 ID:BehzVjo8
>>8
つららかつ範囲の発想は無かったわ

霧散モード(群れの召還扱い)なんてのはどうだい?

10 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 01:29:54 ID:MnHulG0b
>1さん乙です。

昔、イロモノ雪女をやってみたくて
・氷の剣(妖術)と氷の鎧(防護点)で接近戦で戦う肉弾派雪女
・爆発する冷気攻撃でビジュアルが、投じた氷の花が破裂して花弁が舞う
ってのを作ったな。

11 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 02:34:27 ID:nY6/On+V
格ゲーX-MENのパロディで、雪女に
アイスビームとアイスアバランチを妖術に持たせた。アホだったな。(アホなのは今もだが)

そして、もう>>1にキルロイがいないことに気づいて寂しくなった。でも乙!

12 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 02:38:52 ID:9G1tWyBS
おなじ雪女系妖怪って言っても、ずいぶんいろいろバリエーションがあるもんだな。
雪女系限定オンセでもやりたい気分だ。
俺は魔神プロケルで参戦するぜ!

【そしてボスに冷気反射を持たせる鬼のようなマスター】

13 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 04:15:28 ID:4xcuYJUX
>>1乙
火間虫入道の漏れが来ましたよ
あの占い、入力項目が多すぎて途中で面倒くさくなっ……
だから火間虫入道なのか!!!

14 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 08:29:31 ID:t4GDLpSX
持ちキャラ、戦隊ものに出てくる戦闘員妖怪(組織離反して善玉に)って感じで作ったら
予想以上に強くなって困った。

ZAKOビーム(7D)、ZAKOソード(体力25の切り)、ZAKO空間(人払い)…


やはり600CPで作ったのが問題だったか。

15 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 08:33:44 ID:G3RSyi8u
裏切った怪人ならともかく、戦闘員なら200もあれば十分過ぎるのでは。

というか卓上板向けの話題では?

16 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 11:29:45 ID:Me02Wc/X
  /。⌒。ヽ  >>11
--m ∪ m-- 呼んだ?

17 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 11:46:48 ID:NoeLMaYs
>>14
600cpは雑魚じゃない。それじゃただの接近戦仕様の格闘妖怪だよ。

18 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 12:11:14 ID:JHDe4H7D
もっとこう、雑魚っぽい能力にCPを使ったらどうだろう。
奇声を上げて一般人をびびらせるとか、死んだふりができるとか。

19 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 13:12:53 ID:9G1tWyBS
全妖力に「妖怪には無効」の限定つければ立派に雑魚になるぞ(しまった役に立たない)

20 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 19:06:24 ID:WnPIIoip
14と17見てアレを思い出した。ほら、スカルライd(ry

21 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 21:30:02 ID:MM6rUQ1e
戦隊物の雑魚といえばやはり

上司に対する社交系技能、
メカの整備の補助のための技能、
強奪物資の運搬のための技能、
土木作業の技能、
一般人拉致とその面倒を見る技能…etc.
あらゆる雑用をこなす使いっ走りで無ければな。
器用貧乏であるほど、その悲哀が増すのだよ。

22 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 22:36:26 ID:MnHulG0b
余分な命を1年分51個持つとか。

23 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/10(日) 23:16:17 ID:S1WRNpOh
本来なら卓ゲーのGURPSスレに書きこむのが正しいんだろうけど、
このゲームに出てくるMr.スイーツが妖怪にしか思えん。

ttp://jp.shockwave.com/games/puzzle/actionpuzzle/mrsweets/play.html

アヤしすぎるぜ、Mr.スイーツ

24 :14:2006/09/11(月) 09:24:39 ID:dhqFwR8h
いや、そのセッションでのプレイヤーキャラ使用CPが600だったんで。
まあ友人達も「そのスペックはもう怪人だと思う」とか言ってた。
しかも味方が眠ったり気絶したりしてボス妖怪にトドメさしたのが俺という最悪の展開。

25 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/11(月) 19:44:39 ID:M2FY3ZGS
上で言われてるが、即蘇生と命を取っておくのも手だったと思うな。
後は人払いとか、どっからともなく現れるための能力とか、同スペックのしもべとか。
……つーか、やっぱ戦闘員は単独で動くもんじゃないよな。

ところで、地元の妖怪談とかってあったか?
ウチの地元はあまり聞かなかったんだが。

26 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/11(月) 21:43:35 ID:mbd0PxMb
近くに神社があれば、そこにちなんだ昔話があると思うよ。
境内に掲示してある場合も多いんじゃね?

27 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/11(月) 22:25:13 ID:jeymuLx2
>地元の妖怪談
それなりに古い土地だと、詳しく調べれば結構あったりする。
一市町村でも数十とかある事も珍しくはない。

28 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/11(月) 23:22:06 ID:eGuZfMJT
まあ町史村史を紐解けば、何かあるだろう。
別に有名なものじゃなくても、神武天皇や日本武尊が立ち寄っただとか、中央から追われた何とかさんが和歌を作っただとか。
そんなのでも十分ネタになると思う。
北海道などならそれこそアイヌがあるし、沖縄ならシーサー怪獣でも作ればいいし。

29 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/11(月) 23:41:34 ID:6Y1lMV1n
そりゃ北海道とか沖縄なら、地元妖怪ネタに困る事はないだろ。
トップクラスにネタに溢れた地域を例に挙げても、殆どの地域はもっと微妙なネタしか持ってないと思う。

30 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 00:02:05 ID:ywMtLral
子供向けの「○○県の民話・伝説」なんかは結構参考になるよ。
あと市の広報やミニコミ誌の連載記事でも地域の昔話を扱ってたりするね。

31 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 00:15:43 ID:A27wbKzG
実家の町では近くの山を巨人が作ったっていう話とかあったよ。

鏡稲荷とかってのもあったなァ。友人がネタにしてた。

32 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 00:29:09 ID:Ktkpuxt4
地元の妖怪作るために図書館に行って調べたなあ。
一つ目小僧や橋姫みたいなありふれた妖怪でも、
なじみの土地での逸話というバックボーンがあるだけで、とたんに愛着が増した。

33 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 00:50:36 ID:xrQRoQiY
都落ちしたどっかの貴族が、うちの町の川の柳の木に船を止めて神社を立てた。
その神社はやがて村の氏神に。たったそれだけのことだったんだが、
貴族によって祭られた柳の木の精で一時期貴族に片思いして荒れ狂ったがやがて鎮まったツンデレ巫女なんてのを考え出した。
正直祟られやしないかとちょっと思ったが。

34 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 11:42:11 ID:4E/lYI9y
よく考えりゃ、SNEのお膝元も民話の宝庫なんだよな。
なんでもない神社でも、馬頭観音のエピみたいに、上手く捻ればいいのかな。

35 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 17:37:29 ID:WwOKYImm
地元の妖怪話を改ざんしてローカルヒーローを作るのが流行ってたりする。
主題歌は水木一郎

36 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 19:46:59 ID:ZOh4DOAJ
>29
北海道で“限定された地元゛の妖怪のネタを聞こうとしても、明治以降のネタしかわからないんじゃないのか?

37 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 20:40:18 ID:ztcEFScN
>>36
明治以降のネタだったとしても、それでなんか問題でもあるのか?
動物のカムイでもコロポックルでもパウチでもクッシーでもネタはいくらでもあるだろ。

38 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 21:29:18 ID:0oqZwxq2
「まあまあ、仲良くいきましょうよ。さあ、皆さんお茶が入りましたよ」

店の主人は、笑顔を少しも崩すことなく熱いほうじ茶を差し出した。
――たしかにここで言い合ってもしょうがない。第三者の仲裁を受けて
落ち着きを取り戻し、そう感じた住人たちは、照れを隠すかのように
皆湯のみに手を伸ばす。

しかし、それが致死性の毒を盛られたものだということに気づいたときには、
すでに全員の意識が遠のき始めていた…。

39 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 22:39:40 ID:ko2o6RVw
地元妖怪か…逆に全国共通のをローカライズてのもアリかな。
北野と大宰府が雌雄を決する為に全国の道真が2つに割れるスーパー天神大戦
影で共倒れを狙う防府天神とか。

40 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/12(火) 23:57:49 ID:Ktkpuxt4
小田原は二宮尊徳の生地であり、それ故、全国の動く二宮金二郎像たちは
年一度小田原に集まり、戦って戦って戦い抜いてナンバーワンを決める
「尊徳ファイト」ってシナリオはどうだ。

妖魔仲間で小田原に行ったとき、そんなバカ話で盛り上がったの>>39見て思い出した。

41 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 00:18:08 ID:FjMRUb0Q
>37
明治以降≒入植した非アイヌ人=アイヌ系妖怪を知らない=折角の土着妖怪が伝わってない
という問題が発生する。
北海道に限らず、「古くからの住民」がいないと土着の妖怪が伝わらんのでな。
だだ、外来の妖怪が土地に合わせて面白い変化をする場合もある。
例:ハワイの日本人移民の持ちこんだ妖で、白人ののっぺらぼうやグリーンレディと呼ばれる元河童とか。

42 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 00:23:45 ID:kYsH/nus
あー、太宰府生まれなのに天満宮やら遠の朝廷絡みのネタやら使ったことなかったな
・・・。

43 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 00:28:27 ID:176vYP6n
>>41
だから、誰にとって何がどういう問題になるかはっきりさせてから書き込んでくれ。
土着の妖怪の伝承が失われて惜しいと言うのならわかるが、それは北海道に限った事じゃないし
それでも日本の大抵の地域よりネタが多い事に変わりはないのは事実だ。

44 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 02:00:37 ID:FjMRUb0Q
何故そんなに攻撃的なのだ?
もちっと落ち着け。

45 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 02:10:47 ID:176vYP6n
>>44
どうして落ち着きをなくしてる事にしたいのかさっぱりわからないが、
別になにも攻撃してないだろ?
ただ、相手の言いたい事の趣旨がまったく分からないってだけだ。

46 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 10:36:37 ID:xKres54A
攻撃的なのはむしろ>>41では?

47 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 18:30:54 ID:5TZbQYWH
俺は岐阜の生まれだが、地元の妖怪と言って思い浮かぶのは
口裂け女だな。あの都市伝説が最初に流行ったのは岐阜だと
とある本に書いてあった。

岐阜から全国に通用した妖怪が生まれてたわけだが、
県民として嬉しいかというと微妙だったりする。

48 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 20:03:09 ID:kbTablCa
・・・
あ、ほら、岐阜から全国に通用した妖怪なら他にもいるじゃない。
魔王信長とか。

49 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/13(水) 21:17:02 ID:/vujd00Y
>>47
岐阜なら関が原の亡霊とかの逸話は無いの?

50 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 02:48:49 ID:x8UIsWHx
帰雲城のあった岐阜県には
妖怪『黄金伝説』が潜んでいるとみた!

51 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 03:04:14 ID:x8UIsWHx
あと両面宿儺とか猿ぼぼとかオヤシロサマなんかも
岐阜の最北だからって飛騨を無視するでねぇ!

52 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 09:22:29 ID:MU9H13ZP
昔、近所にあるダイエーの駐車場にテケテケが出るって話なら聞いたことあるな。
なぜか「パタパタ」って言われてたが。

それ聞いたとき「じゃあノコノコやメットもいるのかよ」って思わず言ってしまった消防の頃。

53 :47:2006/09/14(木) 10:09:28 ID:lD66FgrJ
俺が住んでるところはどちらかといえば都市部だから
昔からの妖怪の伝承とかは聞かないんだな。>>51のような
飛騨とか揖斐とかそのあたりならあるかもしれないが。

ただ、家の近所に火祭りで有名な手力雄神社があるくらいだ。

54 :47:2006/09/14(木) 10:36:01 ID:lD66FgrJ
思い出したが、笠松にある俺の職場の近くに
金精大明神がある。

そこの説明書き読んだら、「潰そうとしたら祟りがあった」
と書いてあったから迷わず参拝した。一応、女運に恵まれるよう祈った。


55 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 12:49:36 ID:+7BGB/BC
>>54
金精大明神ってあれじゃん。男性器の神様。

セッションには出せない神様だな。

56 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 16:45:41 ID:MU9H13ZP
別に『こういう姿をしているよ』ってイラストに描きでもしないかぎり大丈夫じゃね?

57 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 23:16:54 ID:gpvj7mpS
外見の印象:ごりっぱ

58 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 23:22:25 ID:g2bwj2nq
それだったら馬車引かないと。


59 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/14(木) 23:45:56 ID:l3unOsrg
>>57見て思い出した。
人間に対する態度:でかい
と書いてあった高校の後輩のPCのキャラクターシート

60 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/15(金) 11:10:56 ID:WCWJFX0/
素敵な後輩だ。

61 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/16(土) 02:06:51 ID:ox3+BM3w
>>53
手力雄って、マザコンでDVな弟の気を静めるためにその弟との間に8人も子供を作ったのに
結局言うことを聞いてもらえず切れて引きこもったツンデレな女神を
岩戸の中から引きずり出したあの神かい?

62 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/16(土) 04:40:51 ID:yHmBIaaq
そりゃツンデレ間違いぢゃ。元々は温厚で、切れた原因は弟の悪さで死者が
出たのがキッカケ。寝床にクソ撒き散らされても怒らなかったからどっちかっつ〜と
天然さんかオットリのんきなおねーさんタイプかと。
 むしろツンデレなのはそんなイヤがらせを続けた弟の方ぢゃ?

63 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/16(土) 08:29:28 ID:tcN0UrAD
切れても爆発するんじゃなく、拗ねて引きこもるっつー辺り実に良いよな。
日本神話の神様は大好きだ。

64 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/16(土) 08:59:01 ID:4yBkR8GS
切れて日に千人の命を奪うようなのもいるけどね

65 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/16(土) 18:42:07 ID:712CbCNm
>>61
そうだよ。手力雄はそういう役割をした神様だよ。

66 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/17(日) 01:46:32 ID:Y+O9QnXe
姉弟相姦ハァハァ
でも作るにしても8人は産みすぎだな。

67 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/17(日) 02:47:56 ID:0Bfe4F3D
イザナミの呪いはいよいよ勢いを増してるな

68 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/17(日) 11:13:29 ID:xxrQEqlp
一瞬メガテンスレかと思った

69 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/17(日) 18:53:02 ID:1UKzcTSR
ワタシハ 老害トモノ コンゴトモ ヨロシク・・・

↑やったことないけどこんな台詞があるゲームだっけ?

70 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/17(日) 21:03:18 ID:ZvG3W5Y2
オレサマ オマエ マルカジリ

71 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/17(日) 21:36:39 ID:IlLfn2sA
アクマをころしてへいきなの?

72 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/18(月) 01:45:19 ID:h8Qonjzd
>>62
なんだかんだで弟を暖かく迎えてるし、何されても抑えてるし。
まあその子孫には冷たかったが。
しかし、神話の神クラスだとさすがに妖魔キャラにはしづらいな。
設定上、いまだに神社も数多くあればそれなりの信仰も集めている八百万の神は
他国の同業者とちがって力もまだあるだろうし。

73 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/18(月) 14:03:19 ID:EgW6lXL5
>>72
でもリプレイ集「戦慄のチェスゲーム」の「武神夜行」に出てきた
タケミナカタはそれほど強力とも思えなかった。
他の八百万の神もあんな感じの強さだと思う。

74 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/18(月) 14:23:10 ID:+JBJFR+H
建御名方神はかなりヘタレのような気がするが

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%82%BF

75 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/18(月) 21:26:10 ID:MSy8/Uxm
>>73
どうも復活分たまったらそれ以上力を蓄えずに
即喧嘩売っては潰されてるみたいだからなぁ

76 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/18(月) 21:46:52 ID:ebpaq6pJ
新宿地下街では強かったんだがなあ。

77 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/19(火) 09:36:50 ID:igeSFQwq
>>64
過剰な人口増加で国が崩壊するのを防ぐためあえて汚れ役になったんだよ
黄泉の国での一件も、旦那さんに
死んだ自分のことを綺麗さっぱり忘れて新しい人生を歩んでほしいから
あんな演技して未練を断ち切らせようとしたんだよ
つまり最強のツンデレなんだよイザナミは

78 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/19(火) 11:24:38 ID:TgcualL8
何でもかんでもツンデレで片付けるのはどうかと思うんだ。

79 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/19(火) 12:48:36 ID:5vPKe6+0
私の体は汚されちゃったから、だっけ。
なんか性的暴力を受けてしまって離婚を選んでしまう奥さんのような言い草だ。
>>73
あれは神話の神様というよりもそれを騙っただけの漫画の妖怪というイメージがある。
きっと諏訪の方では国津神きっての武神建御名方命が控えてるんだよ、きっと。

まあそれを言うならスサノオとか、ものすごい数の亜種が存在しそうだ。

80 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/19(火) 23:27:59 ID:ngV9XpQK
ちょいと質問だけど、PC妖怪ってのにはどんなのがいた?
ちなみに自分のところだと
刀、狼男、幽霊、プラのロボ、悪魔っ娘、吸血鬼、悪魔、ポルターガイスト、
過去の有名人、下がり、針女子、鴉天狗、大蛇、犬神、TVのキャラクター、
精霊、半魚人、自動車、神(精霊系)、狐、鏡、
こうして見ると、どれもかなり定番な気がする。

81 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 00:46:36 ID:FppmfhPr
インターネットが普及した今なら有名AAも妖怪になりうる。

82 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 02:20:22 ID:gzpxBYtP
色々いるだろうな。
最近なら、かえって古典的な妖怪あたりが多いのかもしれない。
誰かセッションをやっていればの話だが。

83 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 09:15:05 ID:vD90keob
(゜凵K)<どうも、AAから生まれた妖怪ッス

84 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 18:38:54 ID:Ar1hyB2e
>>79
いや、作中(リプレイ)ではっきりとスサノオの息子さんだと
出雲大社の注連縄のおばさんも言っている。ただ、漫画の影響で
変質したとは言っていたが。人の想いで妖怪が(強弱も)変質する
世界だからああいうタケミナカタもありだと思う。

85 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 20:00:05 ID:Ar1hyB2e
でも、タケミカヅチは蘇ってくると何度も再戦しても
その度に勝ってるということだから、タケミナカタよりは強い。

たぶんタケミナカタは八百万の神々の中でも弱い部類なのかも。
「タケミカヅチに負けた」というイメージがさらに弱くしてるのかもしれないが。

86 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 22:54:42 ID:/hVRkcp+
>>84
>いや、作中(リプレイ)ではっきりとスサノオの息子さんだと
>出雲大社の注連縄のおばさんも言っている。
少し訂正
おばさんとこの旦那さん(大国主)の息子だからスサノオから見たら子孫にして孫(変な表現…)のはず。

87 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 23:00:53 ID:/hVRkcp+
蛇足
複数の方面から複数のタケミナカタが生まれたら
みんなに我が息子よって言うのかな
同じ神社から神話からと御神体からと2人生まれたりしたらどうなるんだろう

お地蔵様なんかはえらいことになりそうだが。(東日本の人にはそうでも無い?)

88 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 23:36:37 ID:gzpxBYtP
そもそも親父さんの大国主にしても、元々は三輪山の大物主と同体、さらに少彦名命とも同体ってことで
いろいろごっちゃになってるからな。
まして三輪山の大物主の神体は、大国主の先祖須佐乃男が倒したはずの大蛇だし。
しかし漫画程度で変質するなんて情けないな。

89 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/20(水) 23:42:40 ID:/hVRkcp+
>>88
なにをおっしゃる
手塚神をしてアレは真似できないと言わしめたわけだし。

90 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/21(木) 02:15:42 ID:VuGut53E
>>86
一応出雲大社にはスサノオの祠もあったりする。本殿の裏手で、かなり小さいがそれなりに品格のある建物だ。
どっちかって言うと出雲にあるスサノオの神社というと、彼が新婚生活を送った八重垣神社だろうな。
あっちはあっちで妖魔世界だと本当に縁結びのご利益がありそうだ。

91 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/21(木) 14:29:31 ID:WH9Soxb5
>>80
自分が作ったのでも良いんだろうか?
高校の頃、TRPGサークル入ってて、毎月妖魔卓を立てていたのだが
妖魔はキャラ作成時間かかるので、持ち込み可、
無い人はこちらで用意してあるキャラを選んでもらうと言う事で、
50体ぐらいキャラ作った。

むしろあんま参考にならないだろうか

92 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/21(木) 17:51:52 ID:gAp2v59H
ガープスの、しかも350/600CPで50以上もキャラシー作るなんておぬしも暇よのう。

93 :84:2006/09/21(木) 18:49:11 ID:OnQSyx+S
>>86
すまん、読み直したらスサノオではなく大国主と書かれてた。
俺の記憶違い&勘違いだった。謹んでお詫びする。ごめん。

94 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/21(木) 19:59:12 ID:sAzylNFl
>80
 鳥取だと…
・化け犬(人間に変身しない)
・スライム(生活を最低ランクにして、攻撃力最高)
・ホモの妖精騎士
・躁鬱の吸血鬼
・ハイランダー(戦闘マニア)
・魔術師(防御力最強)
・雪女の男版(貧弱)
 う〜ん、こんな所か。
 

95 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/21(木) 23:41:43 ID:l/OPNIcw
>92
妖魔でなら、未完成・重複(同キャラの作りなおし)含めると軽く百鬼夜行が出来ますが、何か?

96 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 02:16:39 ID:eWY5iaNr
>>80
>>91>>95に負けじと、地元組から県内、県外各地のネットワークから
悪の妖怪軍団まで作ったり考えたり。(典型的設定病です)
とりあえず、実際に使った今昔PC・NPCを。仲間が使ったのも勝手に引用。

古典組:火車(燃える猫+燃える車のしもべ付。表の姿は宅配業者とトラック)、
栄螺鬼(固くて水陸両用。要はゴッグ)、百々目鬼(スリ)、釜鳴(オカマ)、ミズチ(特になし)
海外組:グルマルキン(西欧化け猫)、スフィンクスの亜種(頭脳系)
半オリジナル組:大工箱の付喪神(釘とか金槌とか発射)、バックベアードの混じり血(目ビーム)、
生き人形、化け烏、人骨妖怪、妖怪城(ネットワークの拠点にして責任者)
完全オリジナル組:古代南米の元病魔、子供の頃憧れた理想の大人(要はヒーロー妖怪)、
幻の財宝(宝箱の妖怪。幻術系)、首なしの花嫁(オリジナル都市伝説の産物。人払い系)

…改めて見返すと変なのばっかりで落ち着かない。
ちなみに地元(埼玉)に因んだの全然いません。

97 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 12:49:46 ID:cZvzp88D
じゃあ俺は身内のセッションで出てきたボス妖怪を紹介しようか。

巨大ミミズ:土壌汚染への不安や、バイオハザード等のゲームやマンガに影響された人々の過剰な解釈から生まれた。
      どちらかというと下水ワニに近い。
排気ガス工場:一種の隠れ里。工場長が本体。
      大気汚染への不安や、大気汚染を人為的に行っている組織があると語る陰謀論者たちの妄想が具現化。
殺人鬼ホームレス:見た目とかはデビルサマナーに出てきた屍鬼・ラスタマンをそのまま引用。
        ホームレス狩りへの怒りや死んだホームレスの怨念が…という感じ。
海難法師:これも元ネタの伝説そのまんま引用。

98 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 14:59:48 ID:f9izCe7/
じゃあ俺も身内のセッションでの変り種を紹介するか。
ソードワールドRPGとのクロスオーバー。

あらすじ
ローズクルセイダーのF男爵が作り出したわずかな想いからでも妖怪を生み出す
機械によって「魔法戦士リウイ」のフォルテスがこの世に実体化した。
フォルテスはF男爵の全面支援のもと、世界征服のために魔力の塔の建設を始めた。
PCたちがフォルテスの野望を打ち砕くというもの。

99 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 15:00:37 ID:f9izCe7/
>>98の続き
ちなみにキャンペーン・シナリオでフォルテス及びその部下として
生み出されたフォルテス四天王と戦った。四天王の面子は以下の通り、

・スネイル(出典・「混沌の大地」)
妖怪としての姿は小説での手足が獣化したあの姿。ただのパワーバカみたいで
強くはなかった。

・マッディ・マティス(出典・名探偵デュダ「失われた狂気を求めて」)
洗脳セミナーを開いてた。精神操作系の妖術をやたら使ってきて
そこそこ苦戦した。

・メゾニム・サレッツォ(出典・短編「冒険の夜に翔べ」)
ガープス・マジックの魔法ルールが使われていて、ガープスの魔法で
ソードワールドの魔法を再現してた(無理なこじつけっぽいのもあったが)
小説通りに使い魔に赤いカラス妖怪を連れてた。
同じオーファンの魔術師ということもあってかフォルテスに熱狂してた。

・シャドーニードル・レアン(出典・第一部リプレイ)
原作通り「毒無効」だった。毒の一撃がかなり強力だった。
原作通り、根からの悪党ではないので途中で改心してくれた。

フォルテスは、メゾニム同様にガープス・マジックの魔法を
ソードワールドの魔法だと言って使ってきた。

ちなみにこのキャラたちはGMに聞いてみたら、SWに関わった作家(水野、清松、高井、友野、山本)のキャラを
一人ずつ選んだんだとか。

100 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 16:20:48 ID:Fr+FxVqh
ぼくの作った最強キャラはどうでもいいよ。
長文書くな。ウザいから。

101 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 16:29:35 ID:0XdsrgVs
まあ、あんまりズバッと言うのもなんだけど、熱が入るようなら
卓上ゲーム板に行ったほうがいいんじゃないかな、とは思うね

102 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 16:47:35 ID:f9izCe7/
>>101
卓上ゲーム板の方のスレは消滅してるよ。
検索しても出てこないし。

それにちょうど流れがそうなってたから便乗してみただけ。
それに、ここまでの流れだって小説とはほぼ関係ない
話題が中心だよ。はっきり言うが小説に関する話題がないよ。
あったとしてもまた百鬼の愚痴になるのは勘弁だ。

103 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 16:48:59 ID:Fr+FxVqh
下らん言い訳乙。

104 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 17:27:11 ID:Kh70H/42
だが実際に小説についてほとんど語られてないのは事実だな。
かと言って数スレ前から続く、霧三部作の反省&愚痴吐き大会をするのは不毛だ。

よし、とりあえず建設的にこれまでの妖魔と百鬼で好きだった話について
語ってみるとするか。俺は「さようなら地獄博士」が好き。
ちゃんとホラーな話だったし、赤マントのキャラが良かった。

105 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 17:54:55 ID:d2mfuI9v
「好きだった話」というのも語り尽くした話題なんだよな。
それを踏まえて前向きに生きるにはやはり二次創作しかないのだろうか?

106 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 18:05:29 ID:U1MRZymH
>102
GURPSは総合スレがあるのですが。

107 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 18:12:46 ID:Kh70H/42
>>106
たぶん>>102はかつて存在したガープス百鬼夜翔スレの事を言ってたのかも。
まあ、そそっかしい奴なんだろうなあ。

108 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/22(金) 19:12:07 ID:3mebv2Tz
つーか卓ゲのスレでだってそんな厨セッション語られても「ああ、そう」としか言えないのですが。

109 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/23(土) 00:09:35 ID:o4LbUTYL
二次創作かあ
ネタだけは山ほどあったんだが、結局書かぬまま時が過ぎちまったな……

110 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/23(土) 00:30:32 ID:F7lmswpH
ここに書かなくていいからね。念のため。

111 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/23(土) 01:12:15 ID:OtuVOCWR
あー、やっぱりこの手の話はプチ荒れるか。参加した者として、すまん。

112 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/23(土) 19:47:06 ID:v08qWUL3
>109
解放区へどうぞ。

113 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/24(日) 18:01:48 ID:XrWGQrdx
開放区が栄えるくらいならねえ〜

114 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/25(月) 01:14:26 ID:w2p1eNtt
それなりに人が来る場所で、牽引力となる強力な作品があれば、また栄えるかもしれんが……

115 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/28(木) 16:19:48 ID:LtTwmSb9
>110
お前はこのスレの繁栄を否定したな?

116 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/28(木) 21:31:13 ID:AR1C47pd
巡回してたブックオフの文庫コーナーに妖魔が大量追加
ずっと探してた蜘蛛女も追加されてて、ようやく入手できたー

誰か売りに来たんだろうけど、あんたの蜘蛛女は俺が引き継いだぜ!

117 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/28(木) 22:22:12 ID:K9QPja+7
>>116
おめ
本当に欲しい人の手に入ってよかったな。売主も喜んでいるだろうよ。

しかし、ラノベの回転率がこんなに早くなるとは思わなかったな。
ロードス島くらいしかなかった頃にラノベにハマって以来、買っていないが
「カズマ」とか「ルナ・ヴァルガー」とか、やたら巻末の広告に載ってた作品、
今はなかなか手に入らんのだろうなー。

118 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/28(木) 22:36:23 ID:LtTwmSb9
微妙なラインナップだな。
カズマ ⇒ 未完
ロードス ⇒ 一応完結、続編はあるがペースがめっきり落ちてる
ルナ・ヴァルガー ⇒ これが序章でネオ・ヴァルガー本編のつもりだったのに、よくある二世モノで失速。

あと、89年にあった、ガラスのリンゴの上にカズマ・ロードス2巻・ルナが乗ってる広告を思い出した。

119 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/29(金) 18:11:39 ID:iMInW7WX
>>118
あらら、やっぱ3点セットだったんだw
ワタナベなんとか氏の、ちょっとエロい女の子のイラストが表紙のやつとかなー。
当時読んでたもので、今でも続いてるのって、フォーチュンとスレイヤーズがあるが、
途中がスゲーすっ飛んでるから、今さら読む気もしないぜ

しかしカズマが未完だったとは。
あれだけプッシュされてたんだから、出してもらえないってこともなかろうし、作者次第か。

120 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/29(金) 18:45:34 ID:4QBVbTrR
>119
 作者はエロだかホモ小説に走って、出なくなったと聞いた。>カズマ

121 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/29(金) 23:13:06 ID:PmQgRkZJ
スレイヤーズすぺしゃるは未だに読んでるなあ。
文体はラノベの祖というかスッカリ古くなった感だが、
あの毎回毎回の馬鹿馬鹿しい(褒め言葉)アイディアには脱帽する。

122 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 00:08:32 ID:k6soyL1q
>119
それは「魔群惑星」か、「聖刻の書」(ワースとは無関係)シリーズだな。
思えば、この作品の絵師である真鍋譲治が我がオタライフの重大な切っ掛けであった。
89年当時、本屋で立ち読みした「キャラバンキッド」に魅せられ、真鍋譲治のファンになった。
すぐにドラゴンブックスに挟まれた広告から「天の神々達」を知り、コンプを読む様になりった。
思えばこれがオタ系マンガを爆発的に読む様になったきっかけだ。
そして勿論、聖刻の書や魔群惑星に行きつき、それからラノベにも手を伸ばした。
発見当時、聖刻の1巻と一緒に中の絵でルナ・ヴァルガーを買ったのは内緒だ(w
当時GBファンでもあったので、ロードス・SNEに行きつき、やがてはそれが妖魔に続いたわけだ。
すまん、ただの老害の独り言だ。
ところで英スティーブがD&D並にうるさかったら、魔群惑星にも土下座衛門が出てたかもな。

>カズマ
スレならあるぞ。
藤本ひとみ&王領寺静 統一スレッド24
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1156846975/l50

123 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 00:50:43 ID:dAzA9eMz
>>122
そんなに語ってくれるとはw

124 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 00:59:04 ID:W9dhVQpA
>>120
元々そっち系の人だった希ガス。
とりあえずカズマが出なくなったのは、あのままカズマを活躍させた場合
作者が共和政ローマより大好きな帝政ローマの時代に移らなくなってしまうからではあるまいか。

125 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 01:25:01 ID:qk1eVA+G
作者って藤本ひとみじゃなかったっけ?
うちの大学の「漫画史」って講義でマンガについて語ってたな。
マンガとジェンダーとか何とか。

126 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 01:30:18 ID:k6soyL1q
>125
講師「以上にて、本日の講義を終わりにします。何か質問は?」
学生「異次元戦士カズマの「剣奴王ウォーズ」の続きは出ないんですか?」

127 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 02:08:01 ID:qk1eVA+G
>>126
講師「その質問は王領寺静先生にしてください」

128 :イラストに騙された名無しさん:2006/09/30(土) 08:10:46 ID:QXUrhiEf
漏れも魔群惑星でハマったクチだけど、あの後、ライトノベル=10代専用小説
ってジャンル分けされた時には激しく違和感あったなぁ。
…リーンの翼も読破してたから。

129 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 00:42:58 ID:xf2Oebqq
ラノベが十代専用?
きっと「大きいお友達」という概念の無い方なんでしょうね。

130 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 01:10:14 ID:LdR0IhKN
それがなぁ。例の運動靴文庫が小説文庫の棚に見当たらなかったから
店員に聞いてみたら
「(考え中)…あぁ、ライトノベルの。それなら上のフロアですよ(苦笑)」

 やたら生ぬるい笑顔と対応にその時は違和感あったんだが…
行ってみて分かった。十代向けの漫画コーナーと一緒くたに扱われてたよ。
ディスプレイもティーンズ向けの飾りつけだったしな。

大きいお友達に入ってた漏れはかなり場違いに思われたんだろう。
ライトノベルって呼び方が広がりつつあるのもその時初めて知ったよ。
 ヴァルガーとかカズマとかリーンとかはなかったがそれ系色々知ってる身としては
苦笑するしかなかったな。

>126
え〜とあくまで噂だが「気分堂」「紀文堂…?」とかゆー古本屋で続編を見たって聞いたぞ。

131 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 01:32:25 ID:xf2Oebqq
>130
オレなんか、「ザ・スニーカー」を店員に聞いたら、運動系の雑誌コーナーに連れていかれたぜ。

132 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 01:52:12 ID:lB5mmLMy
少女小説と一緒の棚だったりもしたな。笑えた。

133 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 02:11:24 ID:sGF7c3EF

他に富士見書房出版だからって倉田 悠子(著 系の小説の棚が隣り合ったりな。
表紙絵だけでまとめたんだろうけど、いいのか?とオモタよ。当時。
深夜番組でとりあげられる前だったし。把握できなくても無理はないのだが。




134 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 08:36:04 ID:qrqTeIOp
妖魔夜行はどの棚にありますか?

135 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 08:59:24 ID:jomeq+rZ
まあ昔は魔法騎士レイアースが少年漫画の棚にあったり
ファミコン通信がエロ本コーナーに置かれたりしてたことがあったしな

136 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/01(日) 10:22:18 ID:qRwk1QFV
ドラゴンマガジンが模型雑誌と同じ棚に並んでいたり
ロードス島戦記コンパニオンが実用書の棚に並んでいたりしてたな。

ファンタジア文庫を平積みで置いてくれてる本屋なんか神扱いだった。
あと、TRPGのルルブを置いてくれてる店もな。

137 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/02(月) 13:59:47 ID:K+L1TYeM
むしろ昔の文庫全盛時代の方が普通にルールブック売ってたじゃない。

138 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/02(月) 17:28:09 ID:JxKAW5ms
>>137
そうだよね。ボックスゲームは地方だと入手が難しかったけど。
本になって入手が難しかったのって、最初のT&Tぐらいじゃない?
それ以後は結構広く置かれるようになったと思う。

139 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/02(月) 17:39:46 ID:WnsNvHMY
スニーカー・G文庫の頃は全盛だったな。妖魔も・・・

140 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/02(月) 19:57:16 ID:WkC92LUW
あの頃はコストパフォーマンスが良かった。
百鬼ルルブは高くてなあ。

141 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/04(水) 21:51:31 ID:PG7XP5/b
高い割には使いづらい

142 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/05(木) 08:59:31 ID:rdJQsftM
あんなに厚いのに索引無いしな。

143 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/05(木) 16:19:09 ID:vQbvqzG1
妖力・妖術が2箇所ずつに分かれているのも参照しづらいし。

144 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/05(木) 21:31:05 ID:1XUwFVtd
それでも一冊にまとまっている。
首っ引きで沢山妖怪作ったよ。


145 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/06(金) 00:24:35 ID:caAGsoLg
妖魔の頃は百鬼夜行作ったけど、百鬼になったらなんかあんまり……
ゲームやらなくなった・旧ルールに愛着がある、といったところが原因だろうな。

146 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/07(土) 11:50:00 ID:eVN3VqO8
サプリが一切でなかった・リプで我慢しろといった風な感じも百鬼に悪影響したんじゃね?

ぶっちゃけ、ルルブをもっと薄くして2980円ぐらいにし、その後追加の妖術や妖力、NPCを紹介する
サプリを1980円程度で出すという流れだったらもっと売れてたと思うね。

147 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/07(土) 17:33:26 ID:mz0ay8zE
妖魔時代みたいな何冊も持ち歩くのは勘弁してくれ
ルルブは百鬼の方が良いよ。
背景世界は妖魔がはるかに魅力あるけど

148 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/07(土) 19:05:08 ID:PIVzecWx
>>146
俺もそう思う。
あと、やたら分量の多い種々雑多な選択ルールも基本と別売りでよかった。

ルールは百鬼のほうが良いのは確かだけど、ルルブとしてはとてもそうは言えない。
一つの本だってのに、基本の妖術・妖力と上級が別の箇所に分かれてるあの構成は最悪。
しかも、只でさえ検索しにくいこんな構成なのに索引もないし。

世界観に関しては・・・・妖魔をそのまま使ってるから特に意識したことなかったな。
特にどの辺が悪くなったんだろう?

149 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/07(土) 20:08:29 ID:PoYbEFQN
>148
個人的には、ハンターが設定されて「人間VS妖怪」の構図が前面に出てきちゃったところかな。
「人の社会に紛れてても、妖怪は人とは一線隔てたところで生きてます」という
妖魔の世界観が好きだったからどうも馴染めなかった。

150 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/07(土) 21:48:29 ID:PIVzecWx
あー、それはあるな。
妖魔の企画時に「単純な妖怪ハンターものにはしたくない」って捨てた部分なのに
山本いなくなった途端に拾ってどうするよと。
当初のコンセプトどこ行ったんだ。

百鬼の小説は少ししか読んでないけど、このスレ見てると妖怪ハンターのキャラ自体には
割と好意的みたいなんで、結構みんな受け入れてるのかと思ってた。

151 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/07(土) 23:41:49 ID:qzl9w9T+
>>150
ハンターの設定自体はともかく、劇中の描写が下手すぎたって事が大きいと思う。

152 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/08(日) 00:11:14 ID:BYbI90X0
「妖怪と人が一線隔てたところで生きている」
という設定があるからこそ"人"がリアルな人である事ができ、
特に詳しい描写が無くても人々を鮮明に想像できたんだ。
これが「人間VS妖怪」ものだと"人間"といっても、
妖怪に対抗する超自然なの能力を持った存在で、
リアルな人とは別物となり、それなりの描写力が必要となる。

ありきたりな設定で無いという以外にも、
親しみのある設定にすることで作家陣の筆力へのハードルを下げる
という実際的なメリットがあった。

153 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/08(日) 02:08:37 ID:fKR+qe6X
人間との付き合い方に制限がかかりかねないハンターの存在って厄介な設定だと思う。
ハンターがいるって知ってる妖怪は能天気に「善良」でいられるかな、とかさ。

>152
その「一線」がなくなって妖怪でも人でもないどっちつかずになっちゃったのが、
百鬼小説版の面々なんだろうな。
妖魔の面々は妖怪としての自覚がしっかりしてたと思う。


154 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/08(日) 03:05:02 ID:Li+N0bYC
主人公が分かりやすく「最初は妖怪を否定する人間の坊や」
だったことも問題だったんだろうけど。
どうしても人間の視点から見てしまうので、仲間の異質さが際立たない。
特に初期のヨウダイは、異質な部分を否定しきってただけに。

155 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/08(日) 18:50:47 ID:/g+Qfeb2
>150
妖怪ハンターを導入したがったのは社長らしいな。
なんせ諸星大二郎の大ファンだからな。
でも稗田礼二郎は探索者であっても狩人じゃないんだけどな。

156 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/09(月) 01:23:35 ID:4TV6e0qw
ハンターの設定そのものは面白いんだが、
ほぼ例外なく困ったちゃんか基地外になってしまうのがなんとも。

157 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 08:59:38 ID:cResK/DF
そんな中、黒井が登場すると妖魔分が戻ってきたような気になってたナー

158 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 10:34:30 ID:/qm7lHIt
つまり、渋い親父成分が足りないわけか?
マスターとか、やたさんとか、有月の旦那とか、教授とか。

159 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 10:54:19 ID:cResK/DF
レギュラー層が内面も外面も若いんで
妖怪という異質な存在というよりも、特別な生まれの能力者みたいになっちゃってるのがマズイ
主に活躍するのが10〜20代という「よくあるラノベ」としか言いようがない

妖魔はみんなキャラが立ってたが
百鬼はどいつもこいつも同じ顔で同じような思考

160 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 15:31:53 ID:Ur9bx6cg
過去スレでも何度も言われてたが、ほとんど知名度のない海外妖怪かマイナー妖怪、
オリジナル妖怪のオンパレードだったしな。
地獄博士やこつりこつりの爺さんのような達観しつつもやっぱり化け物、という感じがなかった。
人助けのためとはいえ、あっさり人二人攫って人形にするという発想は、人間には出来ないし。

161 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 17:46:48 ID:Q4R70S6e
若い妖怪の社会教育の場というスーリエルージュの設定だと
メジャーな妖怪(すなわち年ふる妖怪)を出しづらいんだよね。

162 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 20:00:53 ID:p/EiKvkh
つまり設定の時点で既に敗北してると

163 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/10(火) 20:44:58 ID:WCaHzPHU
今まで忘れてたけど黄昏の壁と黎明の扉だっけ?
壁の隙間からちらっと見えたり壁越しにコンニチワしたり
その程度の接触でよかったのになあ。

164 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/11(水) 03:12:16 ID:MurqXUM8
聞いてるだけで面白そうじゃないな。
てか妖怪ハンターって、人間のくせに超常能力持ってるの?
それともよくある、妖怪を狩れるのは妖怪だけってパターン?

165 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/11(水) 15:11:58 ID:+oCtzXtj
妖力と妖術だけ持ち自我はまだ持たない半妖怪「妖具」一つを持ち
妖怪に立ち向かうそれが妖怪ハンターだ!!

166 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/11(水) 17:56:40 ID:NH2+iZh6
ひねくれた復讐心を持つハンターだけなのが一番まずい点
俺は金でのみ動くぜ!とか、悪の妖怪は許さないぞ!みたいなのが一人もいない

167 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/11(水) 17:57:38 ID:EHC0dgqj
俺たちの武器は二つだ!
妖具と知恵と勇気だ!!

168 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/11(水) 18:08:07 ID:fKocp5Ta
スペイン宗教裁判乙

169 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/11(水) 20:39:10 ID:2HhhoKLN
楽しいからハンターやっているやつがいなくて不満だ。
快楽殺人者みたいな素敵ハンターがいてもいいのに。

170 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/12(木) 01:04:10 ID:qGZlqgaP
>>161
先生役で出せばいいのにね。オーナーは教育者のかけらもないしな。

171 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/12(木) 03:19:49 ID:OhATkwoz
やたさんと濡れ女がミレニアムに出てこなかったのが許せん。どこまで新婚旅行行ってんだよ。

172 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/12(木) 09:19:31 ID:fAogAoJ7
ミレニアムなら下巻にちょっと出たじゃないか。

173 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/12(木) 11:41:45 ID:NFvsBxyY
ちょっとどころじゃないぞ。
縁の下の力持ち的に重大な任務をこなしてたじゃないか。

174 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/12(木) 13:37:19 ID:EPecQJu8
>>171
ヨーロッパ

175 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/13(金) 18:19:33 ID:fuLs/PB7
>>171
上巻だけ読んで辞めてたのか?
それともかなり飛ばし読みしたのか?
ちゃんと登場してたよ。

176 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/13(金) 19:00:08 ID:6DXzQ22H
実は百鬼にも出てくるんだが。なんかなあ・・・。

177 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/13(金) 19:12:32 ID:fuLs/PB7
>>176
あれは作品自体を記憶から消したい黒歴史の中での登場だったからな。
俺はミレニアムの時には出番が少ないキャラがいて不満に思ったことがあったが、
百期のあの作品の場合は、妖魔キャラは逆に出てきてほしくなかった。
出番があったことで思い出が汚されてとても嫌な感じがした。特に流あたり。

178 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/13(金) 21:37:33 ID:f2pegLlh
霧は1部だけ読んで2〜3部の内容を知らない俺はある意味勝ち組
でも石動が死ぬとこは読んでおきたい気もする

179 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/14(土) 16:01:21 ID:sACANLy2
ベタすぎるほどかっこいい王道パターンの流れで死んだよ

180 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/14(土) 18:08:24 ID:8BDTu4Qa
ベタすぎる台詞はよかった。

181 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/14(土) 18:13:21 ID:sACANLy2
そうそう
あそこは変にセリフをひねると逆に萎えるからベタで大正解だったよな

友野が百鬼で唯一残した正の遺産かもしれん

182 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/16(月) 03:32:21 ID:QPmUxr1w
百鬼はキャラも背景もストーリーもどれをとっても共感できんかったね

183 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/16(月) 18:19:12 ID:SQHSMSnd
>>178
そこを読むには他も読まねばなるまい。
いい話と想像するにとめておく事を勧めるよ。

184 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/17(火) 17:40:44 ID:HAX+y9yY
>>178
勇気を出して読むんだ。後で入手できなくなってから後悔するぞ。

185 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/17(火) 20:38:52 ID:8SxxhkIm
つルゥの死に様

186 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/17(火) 22:59:16 ID:o7zZLW4q
思い出させるナ。
……ホント何考えて書いてたんだかなぁ。

187 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 00:22:26 ID:GZi+Djxj
死が唐突なのは構わない。
が、「自らの死の訪れをどう受けとめるか」をちゃんとして欲しかった。
それこそ、自分を刺した子供に向かって微笑み、教え諭すとか。

188 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 02:22:23 ID:eyJHKDZ+
死に様に関しても、何か常人と違う異質さがほしかったな。
こういっちゃなんだが、ワヤンはタフな人間の死に様としては格好いいが
妖怪としてはちょっと。

189 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 17:01:37 ID:cKeWBkXD
>>187
ほんと、ただ殺したいから殺したみたいな
キャラへの愛着が感じられない殺し方だったな。

ほんとに友野はどうしてしまったんだろう。

190 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 17:06:19 ID:cKeWBkXD
>>178
とりあえず読むならブックオフあたりで購入することをお勧めする。
そのシーン以外は金を出してまで読む必要は無いので節約したほうがいい。

191 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 21:09:06 ID:7P3aHf+O
死に様としては、うさぎの穴崩壊に巻き込まれたピアノのほうが印象的だったりするんだが。

192 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 23:02:14 ID:gEaAz9XP
>>186-189
あれ友野自身がSNEのHPで「別に意味の無い死に方です」って言ってたもんな。
そんなどうでも良い理由で殺すのはよほどキャラに思い入れがないんだろうな。

193 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/18(水) 23:30:40 ID:GZi+Djxj
死の「訪れ」に意味がなかろうが、死に逝く本人がその死を「どう受けとめるか」が問題だと思う。
最後の瞬間に、ただのガキとしか見えない態度じゃあな。

194 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/19(木) 18:50:53 ID:IGDfRlKz
>>192
あれか、「一人くらい無意味に殺してみたかった」と

195 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/19(木) 20:08:33 ID:z3CaiMOr
麦と律子だけでもややこしいヨーダイの女性関係を
これ以上こじらせないように殺したんじゃないかと。

ワヤンの死には意味はあったろうが、ルゥの死はホントに無意味だもんな。
大騒動巻き起こしたひかりはのーのーと生きてるのにルゥは犬死に。
正直者は馬鹿を見るという教訓かよと。

196 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 11:08:41 ID:M0ic7v5/
百鬼夜翔の矛盾点

・「人間になれないのではない、ならないのだ」と言っていたジェラルドが
どんな窮地に陥っても人間変身しなかった(ヨーダイがデロに捕らえられたときとか)
・バグの被害に釣り鐘の犠牲者が入っていない
・死人帰りの話のとき、それなりに防護点あるはずの桐子が
地面に散らばってるガラス片などを踏んで足を傷つけている
・チャイカの必殺技の威力が異常すぎ

197 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 12:28:27 ID:Lh5J6up9
そんな細かいところにしか穴が無かったとでも?

198 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 13:22:54 ID:NoffW4qz
茶以下はフィギャー好きの山本のご贔屓キャラだ。
まさか面と向かって山本先輩に
「一発屋のフィギュア妖怪の分際で厨くさい設定を作るな。ぽっと出なんだしもっとおとなしいのにしろよ。」
なんて百鬼の作者連中に言えるわけもない。

199 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 15:38:07 ID:eBihv1iH
が、百鬼としちゃいいできの作品だぞ。

200 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 18:01:43 ID:yTXIKtyw
やっぱりチャイカの設定が厨臭くてどうにも

201 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 18:44:38 ID:E788W0j9
>>198
まあ、番外編のような感じだったし、
SNEを離れた山本は外から来たゲスト扱いで
百鬼に参加する機会がほぼ皆無に近かったし、
一発ネタで書いたんだと思う。

そういえばあの巻は高井信も登板してた。
なんだかゲスト作家を隔離してたような気がしないでもないな。
「旧時代の遺物はおとなしくしとけ」という友野の無言のメッセージを感じた。

202 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 21:32:48 ID:qBecN5ET
SNEが輝いていたのはルナル・妖魔まで
もはや消し炭

203 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/20(金) 22:36:17 ID:/l+Uv0gE
>>198
データ的に見ると、それほど異常でないかもしれない。
「四十万に許可を取らないと使えない」「専門の武装が必要」「一日一回」
程度の限定は確実についてるだろうし。
実際、CPも597しかない。

ちなみに、話自体は大好き。
「妖怪」のネタ(何のために生きるかとか)を、一番まっとうに扱ってるし。

204 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/21(土) 03:57:12 ID:HoUikm/G
チャイカの必殺技の威力ってどんなんだっけ?
限定がバリバリついてそうだってのは感じたけど、そこまで異常な威力って印象はなかったような。

205 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/21(土) 09:40:21 ID:7yqGJuJ2
>>204
あれは[異空間通路]じゃないかって過去スレでいってた。 神父の奥の手も「自分の体に扉」の限定かけたそれで。

206 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/21(土) 12:42:18 ID:ZO9EdcVc
異空間通路は固定されている物には無力だが
チャイカのはあらゆる物を問答無用で切断できるからな

207 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/21(土) 12:54:33 ID:CEvWJh6k
むしろチャイカの場合、自分と嫁をモデルにしたのがまるわかりの主人公と嫁がなあ。

208 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/21(土) 19:26:29 ID:Tlh3QAfp
あと、黙ってりゃいいのに、キャラ名があずまんが大王ネタだってばらすところとか。

209 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/22(日) 10:38:41 ID:ut0SvJgX
>>208
まあ、作品にネタを仕込むのはヲタ系作家のさがみたいなもんだしな。
友野も「影と幻の宴」で同じことしてたし、あれの登場人物たちの名前は
その筋では有名な映画関係者の名前を使ってると昔のリーダーズサーカスで公表してたし。

210 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/22(日) 15:50:31 ID:7AcqZ3cU
やっぱりどこかでばらさないと誰も気づいてくれないとか

211 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/22(日) 17:22:05 ID:ut0SvJgX
>>210
気がつく奴は気がつくが、気がつかない奴は気がつかない。
だけど知ったときには「そうだったんだ」と感心したりできる。
だからこそリーダーズ・サーカスみたいな作品の裏話のコーナーというものがある。
>>208のやつも山本のホームページの作品の裏話のページに書いてある。

212 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/22(日) 17:31:12 ID:ut0SvJgX
おっとすまん。うっかりsageを忘れてた。

213 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/23(月) 14:49:04 ID:1/xV3yU1
>>205
ああ、異空間通路って考え方があったか。それならあの問答無用っぷりも分かるな。

214 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 09:56:25 ID:fqpqbM6U
つーかあまりにも無茶苦茶すぎる能力だから、霧三部作で
別次元に放逐する能力(異空間通路)に変更された。
元々の設定では宇宙の法則を逆転させるとか何とかで無に返す→復活できないって感じだった。

ルール的には異空間通路に、復活できない、L×メートル先まで飛んでいく、
許可もらわないと使用不可、必要器官(武装)を破壊されると使えない、疲労消費、一日一回、余分の時間等々…

増強と限定が最低でもこれぐらいは必要だと思う。
しかも他にもいろいろ妖力妖術持ってるし、とても600CPでまかなえるもんじゃないと思ったよ。
どう考えても1000CP以上ある大妖怪の能力だろ。こんな異常な増強してない神父やオーナーでさえ1000いってないのに。

215 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 10:14:08 ID:j3NHsGw/
>>214
>元々の設定では宇宙の法則を逆転させるとか何とかで無に返す→復活できないって感じだった。

それはチャイカの漫画での設定でルール的には別次元に放逐する能力(異空間通路)なんだろう。
生まれの設定と実際の妖術は別物と考えたほうがいい。
あと、チャイカは体力とか防護点がめちゃくちゃ低いらしいからそっちでバランスをとってると思う。

216 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 10:18:12 ID:Vqmc3Wfa
>>214
ほとんどの攻撃妖術に-75%の限定かけたらなんとか収まるんじゃない?
雷蔵とかも無理やり500CPに収めるために、マンチな限定かけてCP消費減らしてるし。

217 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 10:21:49 ID:j3NHsGw/
そもそも巻末の妖怪データのCP計算も
山本かSNEのスタッフが実際にやったんだろうし、
それで600CPで収まってるんだからいいと思うが。

218 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 10:26:30 ID:fqpqbM6U
>>215
それだとあの殺人ダッチワイフが蘇ってしまう。

つーか、チャイカやチャイカの作者が勝手に言ってるんならともかく
あの話の中でそう書かれてるからなあ>無に返す
まあどっちにせよ今となってはただの異空間通路だから問題ないけど。

>>216
500CPどころか450CPだよあの雷神風神兄妹は。
ちなみにオーナーが900CPで早坂神父が850CPだったはず。

219 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 10:29:58 ID:fqpqbM6U
>>217
いいとか悪いとかじゃなく、どうやって無理やり600CPに収めたのか気になる。

別にチャイカに限ったことじゃないが他の脇役のキャラシートとか激しく見たい。
HP上で公開してくれないかなー

220 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/24(火) 10:52:00 ID:Vqmc3Wfa
>>218
すまん、エラッタ出て直したとき書き間違ってた

>>219
だよな。 チャイカとか石動のキャラシーは一度見てみたい。
ナギの妖力に案の定「庇う」があったのは笑った。 あれないと洋大は一撃食らったら死ぬもんな。

221 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/26(木) 13:55:42 ID:QdRqOO/w
友野は巻末のアレで十分だと思ってそうだよな>キャラシート
あんな不完全な、しかも後からころころCP数が変更されるようなデータいらんよ

222 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/27(金) 09:55:42 ID:k1ErFpVb
>>219
>HP上で公開してくれないかなー

たぶんやらないだろう。妖魔・百鬼はSNE的にはもう過去のことだろうし。
百鬼の後継シリーズと言われたリボリバもコケたし、そのリボリバの前の
百鬼にまたスポットライトが当たることはもうないだろう。

223 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/27(金) 10:42:35 ID:HN8YN5Lc
>222
ほら、日本でも二千年前の蓮の花が咲いたし、
卓ゲでも火吹き山とかバルサスの例もあるわけだし、
まったく望みがないわけじゃない。

224 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/27(金) 17:55:03 ID:epksW91L
百鬼は霧で世界設定自体壊したし、復活しないだろう。
リバイバルするなら時計を巻き戻して妖魔夜行。
いっそのこと舞台は大正時代なんていいんじゃない?

225 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/27(金) 21:00:33 ID:cO6zOIw6
>224
それなんて葛葉ライドウ対超力兵団?

226 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/27(金) 21:50:29 ID:g3WMzbha
モコイさんハァハァ
そういやデビルサマナーは日本が舞台なだけに妖怪いっぱい出てくるな
序盤のボスに文ちゃんとか

227 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/27(金) 22:46:30 ID:O62yYTGa
>フグルマ
アギ系で思うさま燃やしちゃってごめんなさい。

しかし初代デビルサマナーの変態的マップを攻略情報無しで抜けた人間はどのくらいいるのだろう。

228 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 00:25:56 ID:ZM+86G8X
文ちゃんといえば、ゲゲゲの鬼太郎の正体は貝というやつもいたね。

229 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 02:21:50 ID:fxzdksAu
>>224
大正時代の幻想小説作家率いる妖怪ネットワークというのも面白そうだ。
ネットワークなんて言葉、当時はないだろうから名前も気になるし。講や組ってあたりだろうか。
戦前だと日本古来の妖怪ももっと出てくるだろうし、横浜あたりは異国情緒にあふれた妖怪がいそうだし
色々面白そうだな。

230 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 12:14:46 ID:6VQCmQLp
さすがのグループSNEも作中に妖怪チンポは出せまい!
ジェット噴射で飛ばせまい!!

231 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 16:50:12 ID:6A15r7q+
>>227
ノシ

232 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 21:18:43 ID:EY+v+QwZ
大正妖魔だとうさぎの穴の古参メンバーにも会えそうだね。
キャンペーンで戦う相手はやはり魔人加藤さんとその式神あたりかな。

233 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 21:33:34 ID:25Vp8YoT
大正時代にいなかったのって、蔦也と流くらいか?
かなたはいたよな。

234 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/28(土) 23:31:08 ID:q22hujyi
>>232
厳密に考えると、大正時代に加藤さんは生まれてないと思うんだがw

235 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/29(日) 00:09:20 ID:01KZsqig
>234
小説版帝都物語なら無問題。

236 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/29(日) 09:19:49 ID:IfxTIgV8
舞台としては、終戦から復興したちょっと後ってのも面白そうだな
1950〜1970年代とか

うさぎの穴マスターと親しい刑事さんの話だと、大阪万博のとき奇怪な事件があったらしいし

237 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/29(日) 10:37:03 ID:58tdyfxS
月の石から魔界のメッセージを受け取って……

238 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/30(月) 17:33:30 ID:5kjf05+Y
>>237
それでセラムンのコスプレをして痴漢を働いたのか!?

239 :イラストに騙された名無しさん:2006/10/30(月) 22:02:11 ID:QbQ5xB4B
ムー全盛の頃は、その手の妖怪や隠れ里が大発生したんだろうな。
思い出すな、騎士デュランシェリオン。

240 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/01(水) 11:24:10 ID:Jn5pBzkX
>>233
大樹もいない。あとお化けワーゲンとうわべりもいないな。
逆に今はいないけど当時はメンバーだったから黒焔はいるな。

241 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/01(水) 11:52:16 ID:Nj28ViMC
お、大樹ってそんなに若い妖怪なんだ?
算盤坊主ってくらいだから算盤が主流だった江戸時代とかその辺から
いるもんだとばかり思ってたよ

242 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/01(水) 11:56:19 ID:7piDsdh4
明治・大正・昭和になってもやっぱりソロバンが主流だったんじゃないかな?
電卓ってかなり後にならないと普及しなかったと思う。

243 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/01(水) 13:04:35 ID:Jn5pBzkX
>>241
大樹は昔は山奥で人を脅かしてたらしい。
平成になって人間の夫婦と出会って養子になり
街に出てきてうさぎの穴に加わった。

だから、大樹はうさぎの穴では新参者の方というわけ。

244 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/01(水) 13:41:53 ID:Nj28ViMC
>>243
ああ、そうか、読み違えてた。了解了解

245 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/01(水) 16:41:31 ID:q/vveJfw
>>242
まあ、電卓なんて愉快な代物ができたのはここ30年の間、
普及したのは20年の間。
現在70以上の人の中には、会社の経理でそろばん弾いてたおかげで
今でもちょっとした暗算ならさらっとできるという人もいるし。

246 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/02(木) 09:07:27 ID:lCajTYeM
かなたは妖魔の時点で50年ぐらいしか生きていないから昭和の世代だな、大正には生まれてないはず
聖良も毛羽毛現一族で一番若い(2、30歳程度)はずだからいないかもな

247 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/02(木) 23:07:45 ID:QB6lW7+2
>大正には生まれてないはず
残念、関東大震災時の朝鮮人虐殺を目撃しております。
参考「悪夢ふたたび」

248 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/04(土) 09:03:05 ID:yF3oiWPH
>>247
あれって父親からの伝聞なんじゃないの。
かなた自身は目撃してないようなニュアンスだったと思うが。

249 :246:2006/11/05(日) 09:39:06 ID:Z3nCyrHg
今手元にある妖魔時代の小説やルルブなどで調べた。

かなたは戦前生まれと書かれてある。つまりそういう書き方からして1900年代前半の生まれっぽい。
具体的な年代はよくわかんね。
大樹は妖魔の時点で、江戸時代の生まれだが
養父と出会ったのは十年前と明記されていたので一番の新顔かもしれん。

250 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/07(火) 15:33:33 ID:u0utVsRf
大正時代にいるメンバーといえば井の頭公園の赤舌もそうだな。
あと教授もいそうな気はする。

251 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/08(水) 13:56:07 ID:9mAmogQs
赤舌ってウサ穴メンバーなの?

252 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/08(水) 17:53:53 ID:nL2rTNI3
大正時代か・・・
当時の黒焔がどうだったかも気になる。

それはそうと、黒焔もあの話も好きだけど、若干うなずきがたいところがある。
年齢からすると数百年生きてそうだし、だったら50年経ったら
世界が激変してても「間違っている」と感じることはないだろう。
1864年と1914年を比較したら、50年で世界が変わることぐらいわかりそうなのに。
妖怪なら、なおさらのこと。

そこらへん、どうなんでしょうか。

253 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 01:25:58 ID:x9bHSvsk
妖怪だからこそ譲れない一線があるし、
認められるものと認められないものへの反応が極端なんじゃね?

254 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 02:28:46 ID:Bw1AgZTK
>>252
彼は雷獣だから、純粋に日本生まれの妖怪ではない可能性もあるんだっけ。
日本生まれでなければ、かえってより日本文化や日本古来の文物に愛着を覚えることもあるかもしれない。
(自分が日本に元々根ざした存在ではないというコンプレックスの裏返しによって)
彼にとって、日本というものは戦前の景色であり文化であり人々なんだろう。
それを破壊したアメリカも、文化的な侵略を受け入れた現代日本も敵視するに足る異国でしかない。

あと、戦前にもコンクリート建築はあったし、英語教育もあれば洋服を着る人も多かったが
戦前と戦後では文化の面で大きく違うというのはよく言われること。
たとえば、洋服の色合いや服選びひとつとっても、戦前のほうがバリエーションも豊かで色彩感覚も高かった。

255 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 09:19:36 ID:6Le3gXsA
まあ俺たちが妖怪だったとして、やっと復活したら北朝鮮にこの国が支配されてましたってのは嫌だろw

>>251
赤舌はどこのネットワークにも所属してない。
教授はなんか微妙なんだよなー、最初からそのあだ名だったら
ネットワーク入りしたのも最近だと思うんだが。江戸時代とかに教授なんて単語はないし。
まあ生まれたのはそれぐらい前かもしれないけど。

256 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 13:35:58 ID:oXQvGx6x
昔から物を教える仕事に就いてて「先生」と呼ばれ、時代とともに
大学で教鞭をとることになったから「じゃあこれからは教授だね」
なんて流れになったとか

その辺は想像するしかないからホント謎だよね

257 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 15:40:13 ID:zwllWbZc
師匠→先生→教授?

258 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 16:14:38 ID:Bw1AgZTK
お師さんでひとつ。

259 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 18:20:21 ID:M56/w39+
定年になったらどうすんだろう。

260 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 18:56:58 ID:6Le3gXsA
闇より帰り来て…だったか、あれによると未亜子が初めてうさぎの穴に来たときには教授もういたようだ
あと八環や霧香も
うわばみはなんか最近までずっと島にいたっぽいな

261 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 19:31:25 ID:Bw1AgZTK
>>259
地獄博士と同じように、顔も名前も社会的立場も変えてやり直すか、
あるいは名誉教授や非常勤講師なら退官後も残れるんじゃ?

262 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/09(木) 23:55:06 ID:ll6Ztgw2
>名誉教授や非常勤講師
それでも所詮は一時凌ぎ。
不老不死である以上、いずれは生活圏や名前や戸籍などを変えなければならない。

263 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 18:22:11 ID:p0HOkr48
学問の分野や研究内容は変えようがないと思うんだよね。
だけどどの分野も割と業界は狭いと思うので、名前変えても研究職続けると
不都合が多かろう。

264 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/10(金) 18:38:48 ID:4kL3YJOf
>>252
うさぎの穴のマスターたちみたいに戦後から現代までの50年を過ごしてきて
時代の移り変わりを体験したなら考えも変わるだろうけど、黒焔の場合は、
目が覚めたらすべてが変わっていたわけだから納得できるものではないと思う。

265 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/12(日) 21:40:43 ID:xT/1hDX+
浜松の妖怪ネットワーク:うなぎの穴

266 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/12(日) 22:08:33 ID:JEbTes9k
精力つきそうだなぁ。

267 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/13(月) 19:24:43 ID:wBc1OuPX
いやいやいや、オーナーがうなぎでうなぎ食ったら出入り禁止かも知れん

268 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/13(月) 19:40:55 ID:RBAY6FD5
いやいや、鰻妖怪でも案外「元気がない? じゃあ僕の身をお食べよ」という蒲焼妖怪かもしれない。

269 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/14(火) 04:43:23 ID:yE5TUt4k
オランダ妻の夢を見る電気ウナギかもしれん

270 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/14(火) 09:42:30 ID:ySgTJUPu
枕葉や二枚舌みたいな妖怪のみで構成されているというネットワーク

さぎの穴

271 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/14(火) 10:46:18 ID:OAuCr+Nw
穴があったら御用ですがな

272 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/14(火) 22:41:12 ID:6QMtQGEk
確かに。

273 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/15(水) 18:44:17 ID:h0JsF9h8
>>268 それなんてアンパンマン?www
>>265->>271までの流れにワロタwwww

274 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/16(木) 09:26:57 ID:0WcuiDWl
>>267
きっとオーナーは稚魚と成魚の二つの顔を持っていて
妖怪時はウナギパイの姿になるんだな

275 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/17(金) 02:07:23 ID:qizitrVY
なあ、誰かWikiの「妖魔夜行」の項の加筆修正をせんか?

276 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/17(金) 21:05:05 ID:uLGHly0K
言い出しっぺの(ry

277 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/18(土) 02:32:32 ID:8Ws+ukWZ
>>264
戦前の日本に心酔してたわけだしな。
今更だが、バイトのあんちゃんをあっさり殺すあたり、人外っぽさが出ていてよかったよ。

278 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 09:37:51 ID:WOS5Un96
百鬼ルルブによれば、幻覚や幻触の妖術で相手に与えるダメージの感覚は
以前に自分が体験したものでなければならない、と書いてあるんだが

ということは朧孝太郎は
ターミネーターにどつかれたり、ミレニアムファルコン号の一撃を食らったことがあるのかw

279 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 09:51:47 ID:nDxPdGS6
>>278
似たような体験はしたことがあるのかもよ。
ロボット系の妖怪にどつかれたとか、妖科学で作られた宇宙船の兵器で攻撃されたとか。

それかもしかするとあの世界だから、映画を観た人々の気持ちから生まれた
妖怪ターミネーターや妖怪ハンソロとかが出現したことがあるのかも。

280 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 10:39:17 ID:WOS5Un96
妖怪ターミネーターは不利な精神的特徴に
『妄想/自分は未来から来たロボット』とか持ってそうだな

妖怪ハンソロはやっぱ冷気系が弱点かな、あと『しもべ/妖怪ミレニアムファルコン号』も

281 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 11:43:34 ID:oy+CnHNj
>>278
妖魔のほうのルルブにはそんな記述無いから無問題w

282 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 12:04:16 ID:WOS5Un96
>>281
そうなんだよな。
なんで友野は百鬼に移行したときあんな変な縛りを入れたのかわけがわからん。
元々そんなに使い勝手のいい妖術でもないのにさ。

283 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 15:21:32 ID:1d3/hpYN
>>282
たぶん「ショックで気が狂うくらいの痛み」とか
そうした痛みを再現できないようにしたとかそんなようなものかな。

284 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 18:18:06 ID:1d3/hpYN
>>279
>映画を観た人々の気持ちから生まれた
妖怪ターミネーターや妖怪ハンソロ

ブルース・ソーも生まれるくらいだし、いてもおかしくないな。
漫画から生まれたウィルや(付喪神だが)チャイカや、小説から生まれたF男爵やデロもいるくらいだし。

285 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/23(木) 19:23:35 ID:Ph4JM2Cu
ただ、至極あっさりと妖怪が生まれるようになった百鬼世界と異なり
妖魔世界はあっさり漫画から生まれるということはあまりないんじゃなかったっけ?
ウィルにしても「絶対に負けない戦士」という雛形があって
それがたまたま日本ではその特性をよく表現したウィルの形になって出たものだろうし。
デロなんかは、地底人への恐怖が根元にあるだろうし。

286 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/24(金) 10:00:34 ID:/vlnZY63
霧三部作であっさり生まれる原因(神の残滓)が滅んだから
また妖魔のころに戻ったけどな

287 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/24(金) 18:44:03 ID:TV93HOUS
霧三部作の世界観を導入しちまうとそもそも話が続けられないがな。

288 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/24(金) 21:11:58 ID:Xp/Ooqlx
滅びきったわけでもなかろう?

289 :287:2006/11/25(土) 00:22:19 ID:mRNiw+/p
……個人的にはいっそ滅びきってしまって欲しかった、アレなら。

290 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 09:35:23 ID:8B0cCx8t
>>289
妖魔シリーズの良かった所をすべて捨て去ったラストだったからな。
友野は中心作家でありながら妖魔がなんで受けたのか理解してなかったと思う。

読者は別に派手な能力者バトルを望んでいたわけではない。
日常の裏で展開される裏の世界の住人たちの物語というのが良かったのに
その日常を破壊されてはどうしようもない。表が無くなったら裏の意味が無い。

291 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 09:47:49 ID:8B0cCx8t
>>285
デロは元となった小説の作者が雑誌に実話として掲載したため
真に受けて存在を信じた読者の想いから生まれたらしい。
小説を実話だと信じれば生まれるらしい。シャーロック・ホームズとかもそうだし。

あと何か強い想いが創作上のキャラの姿で実体化するというのもあるようだしな。
ウィルもそうだし、「自然を守りたい」という気持ちから生まれたターザンや
科学にまつわる誤解から生まれたフランケンシュタイン博士もこれだろうな。

292 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 11:37:40 ID:w2+2azwd
F博士の場合は、人間の知恵(科学)で神の領域へ達しようとすることへの
理想と傲慢という想いがごっちゃになって生まれたんだろうな。
だから復活するたび人間に対する態度が獲物だったり中立だったりころころ変わると。


あと百鬼ってなんで若い妖怪のほうが人間にメンタリティ近いのだろうか。逆だろ。
大樹も人形使いの黒い箱で「〜生まれたての妖怪にしては人間臭すぎる〜」って言ってるのに。

293 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 12:23:14 ID:8B0cCx8t
>>292
>あと百鬼ってなんで若い妖怪のほうが人間にメンタリティ近いのだろうか。

バロウズで人間社会のことを学んだからだろう。生まれたての若い妖怪を教育してたみたいだし。

294 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 12:44:11 ID:w2+2azwd
そういう知識じゃなくてもっと根底に流れる精神のことだよ。

なんていうか、麦や雷蔵とかってさ、人間と変わらない思考じゃね?
妖怪ならではの異質さがまるでないんだよ。

295 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 13:10:40 ID:8B0cCx8t
>>294
人生経験の差じゃないかな。それに二人は人間たちの中で育ったようなもんだし。
雷蔵も麦も若いし、人間のことは周りの人間たちしか知らない。
もっと年を経てる妖怪なら人間と妖怪の違いを体験してきてるから妖怪としての考え方もできるということだ。

296 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 15:14:33 ID:Q6K44Wc8
なんか違う気がするなぁ。
人間との違いというが、根本的に精神のメカニズムに差があるんじゃね?
説明不能の強迫行動や執念や誓いなんかも豊富だし。

人間と接するということは、妖怪にとっては異文化コミュニケーションだと思う。
本来自分のあるがままに存在するものだろうよ。
人間社会に慣れてることと人間っぽいのとは全然別のことだろうに、そこがごっちゃになってる気がする。

297 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 15:57:48 ID:cLb2XwX/
>>295
経験の少ない妖怪の方が本来あるべき思考や存在に近い分、
もっと人間とは異質の雰囲気を出すと思うんだけどね、俺は

まあ、妖魔のラストで世界がごちゃごちゃになった影響で妖怪の
考え方や在り方にも大きな幅ができたとも考えられるが…
人間に味方するバロウズもそういう教育してるだろうからね

298 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 16:29:01 ID:R9Xps2SY
雷蔵や麦は人間の中で育ったようなもんだから
人間としての思考が育ったんだろう。風花は違ってたからなあ。

考えてみれば百鬼の若い妖怪って先祖がえりだったり
人間に育てられたりとかで人間に近い暮らしをしてた。
だから考え方とかが人間寄りだったり近かったりしたんだろう。
それに生まれによる強迫観念とかも少なかったからすんなり溶け込めたんだろうな。

299 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 17:17:09 ID:cLb2XwX/
でもせっかくの妖怪っていう特徴を、人間に近づけて薄めちゃダメだよね
いや、今更言っても仕方ないのはわかってるんだけどね…とものんめぇぇ

300 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 18:07:31 ID:UkkGNFPf
単に作者の力量の問題
二十年前のSFにおける「タコの形してる宇宙人も考える事はアメリカ人と一緒」と同じ

301 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 22:25:43 ID:Yzt34245
妖魔ルールブックの冒頭の高速女は、「人とは異なるメンタリティーの若い妖怪」として
分かりやすいキャラクターだったよね。

百鬼は「人間と妖怪のボーダーレス化」がテーマだったのかもしれないけど、
事件が起こる前からたいして溝も感じられない描写だったな。

302 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/25(土) 23:30:29 ID:7XpiyZHg
言われてみりゃそうだな。
百鬼の連中は妖怪というよりも「生まれつきスーパーパワーを持っている人間」のような感じを受ける。
妖怪の苦悩ってよりも、異能力者の苦悩に見えるんだよね。

303 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/26(日) 00:48:11 ID:G0ti1XVV
愛想が良くなきゃいけない客商売してるというのもあるんだろうが
どこか、人間との間に引いた一線というものがない気がするんだよなあ。
元が人間生まれならともかく、妖怪として生まれ育ったはずの麦なんて
描写だけを見ればただの火を噴く料理人だし。

304 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/26(日) 08:20:43 ID:LRdMg8tN
だから霧三部作で人間と妖怪の対立と共存を描かれても
どうにも「なんでとってつけたように戦争してんの?」としか思えなかったのかな。

305 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/26(日) 10:21:28 ID:CbqQh88H
>>302
それ良くわかるわ
X-MENだったもんな

306 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/26(日) 12:02:23 ID:JNXu14VG
百鬼に限ったことじゃないが最近のラノベはリプレイ読んでるみたいだ

バスタードやハーメルンみたくギャグとシリアスが一致してればいいけど
なんかどっちつかずでグダグダ

307 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/26(日) 14:01:18 ID:GEfDdGit
まーかなりどーでも良いが、バスタードは絵がエロいだけで
話としてはこれ以上無いくらいにグダグダ。

308 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/26(日) 19:40:36 ID:xSWc2tI5
>>301
>百鬼は「人間と妖怪のボーダーレス化」がテーマだったのかもしれないけど、
>事件が起こる前からたいして溝も感じられない描写だったな。

そこらへん明らかに作家の力量不足、というかテーマに対する取り組み方が半端だったんだろうな。
妖魔の頃はそんなたいそうなシリーズテーマは無く、その作品によってテーマがあるって感じだった。
だけど、執筆陣が真剣に取り組んでいたようには思えないし、結局まとめも中途半端な感じだった。

とりあえず百鬼で反面教師的に得た教訓としては、小説を書く際に自分で扱いきれないようなテーマは
最初から扱ってはいけないということだ。まとめきれずに中途半端で終わってしまう。

309 :308:2006/11/26(日) 19:43:54 ID:xSWc2tI5
訂正。
だけど、執筆陣が真剣に取り組んでいたようには思えないし、
           ↓
だけど、百鬼ではそのシリーズテーマに執筆陣が真剣に取り組んでいたようには思えないし、

310 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/27(月) 00:30:45 ID:h2by2vrk
>>307
グダグダになったのは後からだ。
少なくとも四天王とやりあってた頃はエロいとか濃ゆいとかパクリすぎだと文句を言うヤツはいても
話自体に文句を言うヤツはほとんどいなかった。
天使だの悪魔だのが出てきてからはもーグダグダの極致だったがなw

…あれ、どっかでそんな話を読んだような気が…。

311 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/27(月) 00:35:43 ID:P299EQ6y
あれは要するにアラレちゃんなんだよ、という解説を聞いて納得した覚えがある>バスタード

312 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/27(月) 02:01:01 ID:W3nSpwmI
生まれたての妖怪→ロボット
年を経た妖怪→人間に近づいたロボット

妖怪の精神っていうとこんな感じのイメージだなぁ。

313 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/27(月) 09:20:06 ID:/zajBc3b
百鬼というシリーズ自体がそもそも霧三部作への前フリ、もとい
ナイトフォッグを倒すという巨大なキャンペーンにすぎなかったのがヒドい

妖魔で、神や天使が出てくるのが唐突すぎって意見もあったが
だからといってザ・ビーストがラスボスってのもそれはそれで萎えるし、やっぱ最後の敵は
多少脈絡がないほうがいいんだろな

FF6でケフカがラスボスだったときの感じに近い
ラスボス戦闘の音楽が名曲だっただけになおさら

314 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/27(月) 17:11:33 ID:zt5Y3miv
>>312
生まれたての妖怪の条理が通らない部分というのは、やはり
人間の倫理から少し外れているほうが「らしい」んだよな。
妖魔るるぶの高速女にしても、人命や周囲の迷惑のことは何も考えてないし
こつりこつりの爺さんにしても本質的には人間の命なんてどうでもいい。
そういう部分が妖怪の異質さを際立たせていたように思うけど。
麦にしても、雷蔵兄弟にしても、ワヤンにしても、なんだか必要以上に人間に肩入れしているのがどうもなあ。

315 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/27(月) 17:37:11 ID:YuroZ2Xv
アトムがロボットより人間に肩入れしてるみたいなもんだろ

316 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 00:44:57 ID:IjRtWawe
>>315
となると妖怪はロボット並に人間に都合のいい存在ということになってしまうわけで。

317 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 12:10:18 ID:AOwRbNox
だって妖怪は人間の願望が生んだモノだしなあ
そうならないほうが不思議だろ

318 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 12:20:01 ID:8E8aAtGl
人間の想い≠人間の願望

319 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 13:08:20 ID:s+XZSR3l
>>317
生憎、恐怖から生まれるほうが多いのですよ。
「(ほんとはいて欲しくないけど)こんな恐ろしいのがおらたつの命を狙ってたりすんべかな」
でほんとにやってくる。

320 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 13:26:33 ID:AOwRbNox
でもなあ、それもとどのつまりは戒めとか願望じゃね?
夜更かしする子はベッドの下の夜魔に食われるよ、とか、夜は外に出たり山に行ったり
危険な場所に行くとモノノケに会うとか。
口さけ女や人面犬みたく、こういうのがいたら怖いけど面白そうとか。

ザ・ビーストも人間のマゾヒズムの実体化みたいな面もあるみたいだし。

321 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 14:23:49 ID:IjRtWawe
戒めと願望が何故に同列に扱われてるのか分からん。

322 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 16:43:38 ID:s+XZSR3l
戒めっつーのも願望の一種じゃないのかなあ。
○○しちゃいけない→破った場合××がやってくる。
つまり、それを信じる人間にとっては、襲ってくる××ってのはいてほしいを通り越して
「出てきて当たり前」に近い存在だ。
まして、科学的素養のない往古の人間にしてみれば。

323 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/28(火) 18:41:18 ID:wa8X7vx8
願望だの戒めだのそんなのは問題じゃない
個人や集団の持つ思いの強さが重要だって作中でも言われてるだろうに

いてほしくなくても、怖い怖いと本気で思ってれば現れるかもしれないのが妖怪

324 :イラストに騙された名無しさん:2006/11/30(木) 13:41:18 ID:mLti/gIc
怖いって思いとはうらはらに、いたら面白そうって好奇心もあるだろうな
恐怖系妖怪の代表格ともいえるスプラッター殺人鬼でさえ
「人々の猟奇事件への暗い期待」から生まれたらしいし

325 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 06:58:05 ID:vN9kCwv9
百鬼というシリーズがグダグダに終わったのも、読者の暗い期待が原因だった

326 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 10:14:34 ID:+CEu8r8t
むしろリボリバだろ>読者の暗い期待

327 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 11:01:56 ID:OOnEpetW
>>325
いや、友野をはじめとする執筆陣の才能が吸能鬼に吸われたからだろう。


*吸能鬼については妖魔百物語を参照

328 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 13:15:06 ID:OOnEpetW
>>324
爆弾妖怪ボマーことマーべリックも「派手な爆発への期待」から生まれたらしいしな。
高速蘇生の妖力持ってたのも何度でも派手な爆発(自爆含む)が楽しめるという意味も含まれてたんだろうし。

329 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 13:55:53 ID:+CEu8r8t
改心して花火職人にでもなればいいのに。

330 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 15:59:46 ID:d3tmZ1av
>>329
一応、ハリウッドの特殊効果マンという正業をやってた。
でも基本は爆弾魔なので犯罪者だがな。

331 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 16:04:20 ID:d3tmZ1av
>>323
典型的だったのは棒の手紙の「棒」だったな。

332 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 16:08:30 ID:XepnVkCy
>329
なにその「東京爆発娘」

333 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 16:16:01 ID:+CEu8r8t
>>331
エロ抜きの山本作品という珍しい一作だよな

334 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 16:23:45 ID:d3tmZ1av
>>333
エロ抜きの山本作品っていったらこれのほかにも
地獄博士の話やプラモデルの話とかもあるぞ。
あと黒焔の話や超能力の話も一応そうだな。

エロをいれるかどうかは題材によるんだろうな。

335 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 17:15:15 ID:XepnVkCy
エロの定義にもよるな。
裸体やそれに近い姿か、それとも性交や擬似性交か。
具体的な場面が必要か、それとも簡単な言及でいいのか。

336 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/01(金) 22:43:36 ID:IBDL+m5q
ワーゲンの話に出てきた小人も恐怖を糧にした妖怪だよね
意識的に忘れようとしてた母親一人の強い恐怖で復活、バラバラ殺人

337 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/02(土) 09:22:35 ID:78RQHSHq
というか、
妖怪が人間の都合の良いものになるのが当たり前って・・・・
妖魔夜行読む限りじゃあそんな感想出るはずがないと思うんだけど、
百鬼夜翔読むとそんな感じになってしまうのかね?

338 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/02(土) 19:45:18 ID:xa+je+WQ
妖魔夜行までしか読んだことないのですが
百鬼夜翔なる続編があると耳にしてこのスレへやってまいりました。

しかしなんか評判悪いですね……。読むべき? 読まざるべき?

339 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/02(土) 21:29:08 ID:Yiyi0lmc
バカップルと律子のウザさに耐えられるならたぶん読んでも大丈夫
完結編の霧三部作はいろんな意味で落胆するから読むなら覚悟を決めてね

340 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 01:15:39 ID:SHUbQuY9
読む価値のある話がないではない。

341 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 11:35:37 ID:j7q9tI1D
霧三部作に限っては死んでもおすすめ出来んがなw

アレに読む価値を見出せと言うのは無理難題もいいとこだ。

342 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 18:29:50 ID:XOQWp/ec
棒の手紙は、字の汚い奴がいなければ生まれなかったんだろうな

343 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 19:11:40 ID:1CUspXeB
>>342
ただの不幸の手紙だと「不幸」という漠然としたものだから
何がくるのかイメージしにくいけど「棒」というイメージの形を
与えられたから生まれたんだろうねえ。

344 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 19:14:22 ID:1CUspXeB
>>338
とりあえず良くて短編集「暁に散る翼」までだよ。
それ以降はどんどん悪くなっていくからよしたほうがいい。

俺は「暁に散る翼」で百鬼夜翔シリーズは完結したと
思うことにしてる。

345 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 21:01:51 ID:D8uYXLx7
>341
あるじゃないか。
百鬼シリーズへのトドメとしてのマイナスの価値が。

346 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 21:37:32 ID:RU8haOtc
ストーリーをしっかりと完結させるという形ではなく、
作品の価値を全くのゼロにしてしまうという形でシリーズをしめっくくってくれた、
意義深い作品でしたね。

347 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/03(日) 22:27:00 ID:qRqV6zNh
ミレニアムは小説だけだと唐突だが、同人含めた卓上ゲームからだと流れあるんだよな。
小説出る前に大きいサークルで黙示録戦争ネタで遊び、同人サプリも出していたんだ。
当然、SNEにも送って、SNE連中も遊んで採用したんだろうな。
当時は、こんなメガ転ごときネタで、日常があるからこそ良いヨウマの世界をSNEが壊すわけないだろ、
とSNEを信じていた時期が自分にもあったけど・・・。


348 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 00:49:14 ID:R+udo6+K
>>347
黙示録じゃないけど、世界滅ぶ系のネタは友野のリプレイでも一応あったな。
あれも妖怪の存在が人間たちにばれて、妖怪ハンターなるものが現れるという筋書きだった。

349 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 02:26:47 ID:cveGUkU+
>>337
「人間に都合のよい」というのが、必ずしも「人間にとって味方になる」という意味とは思えないような。
「地蔵に笠をかぶせてやったんだから宝物が来るはず」というのも
「あれだけ恨みを持って死んだ奴だからきっと化けて出るだろう」というのも
プラスとマイナスの差こそあれ、思った奴にとって都合のいい話じゃないか?

350 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 10:26:03 ID:M2QN77wt
>>347
ミレニアム自体はシリーズ当初から山本が構想してたネタだと言ってたよ。
でもその時期に黙示録ネタを投稿したとういうのなら執筆のひと押しになったのかもしれないな。

でもミレニアムの企画は当初、長編だけでなく各作者による短編とキャンペーンリプレイをやって大々的にやる構想だったのが
スケジュールの都合で結局は実現できなかった。これらが実現してたら唐突ではなく納得できる妖魔のラストだったんだがな。

351 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 15:56:30 ID:dq6LgfSI
>ミレニアムの企画は当初、長編だけでなく各作者による短編とキャンペーンリプレイをやって大々的にやる構想だった
百鬼がまさにそれをやって大コケしましたな

352 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 16:07:32 ID:M2QN77wt
>>351
妖魔だったらその構想が実現していたら良かった。
だが百鬼は元のストーリーがそもそもだめだったから
大コケしたんだよ。本当に妖魔で実現していれば良かった。
本当に残念だ。百鬼の執筆陣の力量の無さが悔やまれる。

353 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 16:29:07 ID:dq6LgfSI
山本が去り、本来サブでこそ本領を発揮する友野がメインに据えられた時点でヤバいと思った
一巻はまさに糞からの招待だった、でも惰性で全巻買った(リプも含め)

先月、ついに売ることにした
最後にもう一度全巻読み返したが、心の琴線にまったく触れてこなかったのでブクオフへい

354 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 16:53:28 ID:iBrU8lZ9
>>353
俺も惰性で買ってたが「霧」のラストを読んですぐ全巻売る決意をしたよ。
売ったことでいくらかクソシリーズにつぎ込んだ金の一部が戻ってきたけど、
大半の金と読むのに費やした時間を失ったことを痛感したよ。残ったのは
SNEへの失望と怒りだけだった。

355 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/04(月) 16:55:49 ID:iBrU8lZ9
>>350
紀文堂にでもないかね。構想どおりに完結した妖魔夜行。
まあ、紀文堂自体が無くなっているんだけども。

356 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 04:35:21 ID:vyxkjoh/
対比がうまくいかなかったんだよな。
人間の正負とアイデンティティ
人間と妖怪の間のキャラの正負とアイデンティティの揺らぎ
妖怪の正負とアイデンティティ

グダグタになったのは線引きがキチンと出来てなかったから。

神仏として産まれた風神雷神のアイデンティティからして、真っ白って不思議。

357 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 04:53:53 ID:TZ8rnMPo
妖怪のメンタリティが人間と変わらないか一定のパターン繰り返す機械、ってのはずっと感じてた
善にせよ悪にせよ、みんな人間を意識しまくってて化け物っぽさが全然無いんだよ
そうじゃない奴は一つの行動しかしないし

358 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 06:38:29 ID:AbCXT1XX
>>352
どっちにしろ妖魔の設定がぶちこわしになることは確定してたわけで、
構想が実現しても・・・という気がするけどな。
日常に潜んでる怪異って設定の話を閉じるのに、日常ひっくり返してどうするのと。

359 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 17:16:24 ID:mmCOxwNr
ミレニアムだけど、神と妖怪の戦いは以前にも何度かあったんだよね?
それでも妖怪の世界はひっそりこっそり続いてきた。
2000年の神対妖怪の戦いが終わっても、人間と妖怪の関わり方にまでは影響は及ばず
妖魔夜行の世界はもうちょっとだけ続くんじゃよ、的な終わり方もありえたんじゃないかな?

360 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 18:33:56 ID:VQBVyDFI
>>359
と言うかね。ミレニアムは「百鬼夜翔」という企画が先にあって
それに合わせて書かれたものだから、妖魔の設定をぶち壊すことが
前提で書かれた作品なんだよな。

妖魔最後の短編集「穢された翼」の巻末座談会を読めば分かるけど
安田社長からして妖魔の世界観を変える気まんまんだったもの。
設定をリニューアルして新規読者を呼び込む算段だったらしいが、
結果はごらんの通りの惨敗だ。かえって古参読者が離れるという
笑えない結果だ。

なんで妖魔夜行に人気が出たのか安田社長も理解してなかったんだろうな。

361 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 19:12:58 ID:VQBVyDFI
>>358

>>360を踏まえて俺は構想が実現していた方がはるかに良かったと思うよ。
百鬼という駄作シリーズが来るのなら妖魔は大々的に展開して有終の美を飾ってほしかったよ。

まあ、これも百鬼が黒歴史にならずきちんと完結していれば、思うこともなかったことだが。

362 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/05(火) 21:45:43 ID:g24W3aFu
SNEが版上げで成功したのはSW完全版だけ!
と釣って見る

363 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/06(水) 10:31:51 ID:zwMmkd0o
ゲヘナアナスタシスもそう捨てたものではない
……具体的にはサンプル神語とサンプル獣甲

364 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/06(水) 22:32:10 ID:TF0snc1X
>>360
妖魔のままのまあまあ(といっても爆発的というほどではない)人気をじわじわ食い潰すよりは
新しい企画で新しく売り上げるチャンスを狙ったんだろう。

残念なことに見事なまでに当てが外れたがね。どのみち、どこかで既存の世界を壊す必要はあったと思うよ。

365 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/06(水) 23:00:00 ID:V5CZMkli
メインだった作家達がSNE捨てて出て行った時点で妖魔続けてても先は見えてたと思う。
まあ、残ったメンバーの中から友野を百鬼のリーダーに選んだのが致命傷だった事は間違いない。
せめてお目付け役というか彼に意見できるブレーキ役を付けとくべきだったんじゃない?

366 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/06(水) 23:34:40 ID:nE+L05ny
妖魔のメインゆーたら、清松、友野、山本でしょ?
2/3が残ってるじゃん。

367 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 00:00:39 ID:yXclmZyd
きよまーはSWだから違う。

368 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 10:52:46 ID:rKW17dTh
山本メインで友野がサブ、清松はその他大勢のトップって感じ?
清松の次は柘植かな。あとはみんなボチボチ。

369 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 11:49:48 ID:OLGFTqTI
>>365
友野にお目付け役が必要だったというのは同意。
友野は我が強いから抑えてくれる人は必要だったと思う。
百鬼ではシリーズの作品の流れを強引にひとつにして
自分の作品に繋げてたからな。

結局、友野はシェアードワールド小説は建前だけで
百鬼夜翔というシリーズそのものを自分の作品にしようとしてたように思う。

370 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 12:15:01 ID:OLGFTqTI
それに今のSNEで友野に意見できるのなんて安田社長ぐらいだし。
先輩に当たる創設メンバーのほとんどは独立したり業界から消えたりしたから
名実ともに友野がリーダーみたいなものだからなあ。本当にSNEも人材が少なくなったものだよ。

371 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 14:31:17 ID:kLXZWOjj
>>369
ただ、フォーセリアに対する水野のように「これは俺の作った俺の世界なんだから
他の連中の設定やキャラクターなんてこの美しい世界に入れるものか」という我欲的なものというよりは
単純に友野の場合、こういうやり方しかできないような印象があるんだよなあ。

372 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 16:13:57 ID:OLGFTqTI
>>371
リボーン・リバースとかそうだったな。
百鬼でやったことをなぜまた繰り返すのかって思ったよ。

373 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 20:58:19 ID:PCwFzN9Z
>370
>今のSNEで友野に意見できるのなんて安田社長ぐらいだし
創立メンバーのみゆきタンを忘れないでやってください。

央華、ルナル、ドラゴンマーク、友野は一人で多くのRPG世界を作ってきた。
が、どれも尻すぼみな感じだ。
つーかさー、卓の数だけストーリーのあるRPGなら、SWみたいにシェアードワールドにしちまったらよくねーか?
世界のメインのストーリは友野が担当して、それ以外の部分を他の作家が書くとか。
ちょうで、SWの水野みたいな感じで。

374 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/07(木) 22:02:03 ID:kLXZWOjj
>>373
371の言い直しになるかもしれないが
友野の場合、頭の中に無数のオリジナル・パクリを含めたアイデアをぶち込んだ世界があって
そういう発想力には優れているが、
いざそれをうまく組み合わせて文章なり世界なりを作ろうとすると筆力がおっつかなくなる口なんじゃないかねえ。
シェアードワールドにしようとしても癖が強すぎる&主要な事件から細かい事件まで
こと細かく友野が作っちゃうものだから、他の作家が手を出せない、とか。

375 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/08(金) 00:25:55 ID:APQaV1sx
パクリはファイブリアみたいなギャグならOKだけど、央華の王蟲暴走みたいに真面目なのでモロパクリは正直やめて欲しかった。

376 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/08(金) 05:59:36 ID:aCc4eC9R
わかるなぁ、それ。
舞台用意するまではいい仕事するのに、
エピソード作ろうとすると他からの引用が濃く出すぎるんだよな。

377 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/08(金) 09:57:55 ID:dB3JGpVG
やはり山本が抜けたのが一番痛かった
それによって補助に回ってた友野が全部やらなきゃいけなくなって暴走したって感じだ

378 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 09:11:02 ID:3xUxKUP0
>>377
山本の作品は読者によって評価がはっきりわかれるけど
シリーズ運営に関しては必要な人だったというのは認める。

妖魔をゆるやかな繋がりのオムニバス形式にしたのは山本だし、
その理由は各作者の個性を生かした作品を書けるようにするためだと言うし。
友野と違ってシェアードワールドノベルというものをちゃんと理解してたと思う。

379 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 09:26:37 ID:3xUxKUP0
>>378の続き
でも、山本は1998年頃にすでにSNEを辞めて部外者になったから
新シリーズになったらメインから遠ざかることは確定してたがな。

SNEの看板作品のメインをいつまでも部外者にやらせるわけには
いかなかっただろうし。でも妖魔のゆるやかなオムニバス形式は残してほしかった。

380 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 15:37:33 ID:fNg9r3r/
ソードワールドのメインは水野なんだけどな。

381 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 15:58:01 ID:ieUVEmE6
>>380
しかし読者にとってはもはや黒歴史になりつつあるな、キウイとか…

382 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 20:26:49 ID:at53FyPV
>>380
水野さんは無理に他の作者たちのとつぢつま合わせようとか、
それぞれの流れをくみ上げて、一つのストーリーに纏め上げようとか、
そんなこと最初から考えていないのでその点は問題ないですよ。
邪魔なものは最初から無視します。

383 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 21:11:12 ID:fNg9r3r/
水野「ファイアウェポンを手にかけたら、手に火傷するのは当然じゃないですか」
清松「……(ボクの苦労が)」

384 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/09(土) 23:09:13 ID:at53FyPV
友野さんだったら、プリシスの話を書くときは、
無理にでもアーヴェルたちを登場させたかな?
水野さんは「考えたこともねぇ」って感じだったが。

スレ違いスマヌ。

385 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/10(日) 03:36:39 ID:WiAL4+Dk
山本は、「みんなで作った世界」なので、同僚作家からどっかの厨の作った設定まで
ごちゃごちゃ盛り込んで当たり前、そういう雑多な雰囲気を理解していた。

水野は、「自分で作った世界」に関しては、自分以外のクリエイターを認めない。
なぜなら、自分が一から十まで目を通した設定あってこそ、美しいと感じる。

友野は、そもそも自分の作った設定が特殊すぎて、他の人間が入り込めない。

386 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/12(火) 09:49:36 ID:B3326R/k
水野は忘却が美徳だと考えているフシがあるなw

387 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/12(火) 13:53:23 ID:6RGkKvo4
× 忘却
○ 俺的にカッコイイ設定への突然の変更

388 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/12(火) 19:12:53 ID:ckchdCVw
水野と言えば思い出すのは短編集「悪魔がささやく」のあとがき。
なんだか神戸のネットワーク単独の話を書くつもりだったらしく
次は「うさぎの穴」の面々に負けないくらいの個性を描くとかなんとか言ってた。

だけど次は無かった。暴走しそうだったので抜けてもらったのか
はたまた次を書くこと自体を忘却したのかは不明だ。

389 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/12(火) 19:40:04 ID:+Zdlzj7D
>>388
ああ、ありましたねそんな話、
他の話とリンクしているようなつくりだったけど、
よく読むと時期がずれていて、リンクしていなかったような覚えがある。

忘却か?

390 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/12(火) 20:06:10 ID:ckchdCVw
>>389
水野絡みの作品ではよくあることだ。

391 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/12(火) 21:43:33 ID:SBtrvtmr
ふと思い出したんだが、震災起きたのって妖魔やってる頃じゃなかったっけ。

392 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 01:03:31 ID:VmTR4Q+e
>>391
そだよ。コンプRPG連載当時は震災が起きてなかったんで
水野も今後は神戸を舞台にして、神戸ネットワークの話を書くつもりだったが
震災の所為で神戸を舞台にして話を書く事自体が不可能になってぽしゃった。

水野を擁護するわけじゃないが、別に抜けてもらったわけでも書く事を忘れたわけでもないぞw

393 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 14:32:38 ID:ihqp7Mea
「悪魔がささやく」にはたしか妖刀の話もあったな。
あれって文庫未収録の続編があったと聞いてるけど
幻の巻にも収録されなかったな。

作者の都合か何かだったのかな。そういや白井英も
めっきり見なくなったけどもう小説家辞めたのかな。

394 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 17:13:43 ID:/h1SaQvZ
水野の妖魔夜行って、「身飾り」だっけ?
割と楽しそうな雰囲気で、好きだったんだけど。あれ。

今は某果実のせいでさんざんに言われてるけど、昔は結構いいのを書いてた。
羽根頭とか。SWだけど。

395 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 17:23:27 ID:ihqp7Mea
>>394
そうだよ。「身飾り」が水野の妖魔夜行の作品。

396 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 20:42:07 ID:4bISVEnV
羽根頭の水野は良い水野

ロードスのイメージもあるからだけど、ファンタジーを書かせたら
いい仕事するんだよねぇ。キウイと新ロードスでその評価も見事に
覆ってしまったが…

397 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 20:57:04 ID:5okp3mY9
>>396
新ロードスとリウイを一緒にして欲しくない読者もいます。

398 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/13(水) 22:45:30 ID:s87gACZi
>羽根頭の水野は良い水野
パーンの母親の事を考えると、むしろ「鳥頭の水野」

399 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/14(木) 11:43:55 ID:6eUAFMdm
>>389
時期がずれてるというか、あえてぼかしてるんだろ
具体的に詳しく書くと整合性とか考えないといけないからちとめんどいし、ガチガチにつながってるのも
山本の提言した「ゆるやかなつながり」に反するしな

女郎蜘蛛の湧VS冷凍ミイラの話でイツマデが
「青山墓地で召集があってうんぬん…」ってのも、同時期に悪夢ふたたび…の話が進行してたのは確定なのに
ほのめかす程度にどとめておいてあるしな

>>393
お前わかってて聞いてるだろw

400 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/14(木) 19:18:35 ID:RKBaLj70
>>399
いや、ぼかしてあるというよりも、明らかに時期がずれてしまっていて、
明白にリンクしていなかった。少なくとも直接的にはね。

401 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/16(土) 12:46:18 ID:2CcAM6oo
俺は時期がリンクしてるかどうかより、
妖刀の話で大樹が流に敬語で話してるのが違和感あった。
他の話では普段の会話はため口で立場も同等な感じだし。

俺はとりあえずあれは出会って間もなくのことで
つき合っていくうちにだんだん大樹が厚かましくなったんだと
脳内補完してる。

402 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/16(土) 14:32:54 ID:XU7JmlPw
>>401
単に作家の間で設定の共有がされてなかったか、あるいは
流と大樹がタメ口で話すほど仲がいいってことを忘れてたんだろうな

俺もあそこはすごい違和感があって嫌だわ

403 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/16(土) 16:24:26 ID:rO3zbraa
まあ、高井作品の異様なまでの違和感に比べれば些細なことかと。

404 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/16(土) 16:55:27 ID:eIU/kupZ
わーい、変なおじさんだ。つついちゃえ。
(バカはトラウマを刺激しようとした)

405 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/16(土) 20:49:54 ID:8PiaM4EI
大勢の作家たちが書いていれば多少は違和感あってもしゃーない

うさぎの穴のマスターも、ときどき霧香とかに敬語だったりタメだったり
紳士的なしゃべりだったりジジ臭いしゃべりだったりするしな

406 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/16(土) 21:13:03 ID:NyG/Kzbi
流のキャラが変わりまくりなのに比べればちっさい、ちっさいい

407 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/17(日) 22:08:53 ID:ScbLvwUR
よその掲示板で『百鬼、ドラマ化』というのを見て、
一瞬だけ夢を見てしまった。
次の瞬間には「違う…少女漫画の方だ…」と我に返ってしまったが。

408 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/17(日) 22:34:07 ID:poa3ldTV
百鬼夜行抄?

409 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/18(月) 13:36:02 ID:0VuLqaw7
>>404
でもその作品ではヨーダイや寺尾さんのキャラは比較的崩れてなかった。
ジェラルドはキャラそのままだったし。
(というかジェラルドだけはなぜかどの作品でもキャラは崩れてない)

キャピキャピ洋大も妖術によるもので正気じゃなかったわけだし。

410 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/18(月) 14:43:18 ID:0VuLqaw7
このスレ↓で文子ちゃんが復活してた。

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164989094/1-100

411 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/20(水) 11:09:29 ID:jJky+PAA
一時的な復活ぽいけどなw

412 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/21(木) 23:38:11 ID:b+I5D/IZ
>>410のスレで文ちゃんやってる人

文章にしたときの文ちゃんの滑稽さが改めて感じられて面白いけど
妖魔知ってるのを前提にした内容のレスはやめたほうがよくね?

413 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/22(金) 18:50:48 ID:VeAxM4gx
>>410
妖怪の名前をひとつずつあげていくスレかと思ったが
寒いなりきりが常駐して会話するだけのスレと化してるな

414 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/23(土) 09:38:03 ID:OcoQHf9p
>>410
魔霧のコメント、実際そのとおりだから笑うに笑えんな。

415 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/23(土) 13:28:50 ID:4kOweTQe
かえって笑えたよ。
乾いた笑いそのものだが。

416 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/25(月) 06:56:54 ID:0pKidF0q
百鬼の舞台にもなった氷川丸が今日で閉館、解体へ。

417 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/25(月) 09:13:55 ID:Uwfv2nhB
間接的にダイダラボッチが関与

418 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/26(火) 18:16:38 ID:IjSptYCj
>>414
まあ俺は、友野が「蒼ざめた森の怒り」を「これまでで一番出来の良い百鬼」だと
言い切ったところで、百鬼および友野の作家としての才能は終わったと思ったがな。

あれを「一番出来のいい」と言うことは妖魔での作品の出来を否定するようなもんだ。
案の定、「霧」でシリーズに止めを刺しやがったし。

419 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/26(火) 18:21:57 ID:5qHR9Oaq
>>418
友野の小説家としての才能が既に枯渇したうえ、リーダーとしての適正も皆無なのはみんな分かってる事さ。
気付いてないのは本人だけ。

420 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/26(火) 19:14:58 ID:7iIpU2bP
来年のガープス展開で新人がファンタジーものを
やる事からして、ここらが引き際と悟ったのかも。
やっぱり新しい風は大事だよな。

421 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 03:39:51 ID:j6pW/PbJ
>>417
随分丁寧なダイダラボッチだな。

422 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 12:49:58 ID:nIIofi+J
>>420
SNEには「監修で飯を食えれば一人前」という言葉があってな

423 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 16:42:54 ID:fXudTf9W
スレタイに死ってついてることだし、ここいらで
もう妖魔・百鬼スレの歴史に幕を下ろすか

424 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 17:01:38 ID:5bUzIUs8
>>423
本来なら百鬼終了の時点で幕を閉じてもよかったけど
結局、スレはここまで続いてしまったな。

たしかにスレを続けても出るのは百鬼と友野への愚痴ばかり。
「霧」の後に出ると言われた外伝集も一向に出ないから、
このスレを最後に辞めたほうが本当にいいのかもしれないな。

425 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 17:28:35 ID:5bUzIUs8
そういやいつぞやのリーダーズサーカスで友野が、
外伝集で文子ちゃんを復活させようと考えていると言ってたが
結局、実現しなかったな。

まあ、俺は外伝集は出なくてよかったと思ってるがな。
たぶん友野のことだ。文子ちゃんを狂った妖怪として
復活させようと考えたに違いない。リーダーズサーカスでも
なんか含みのある言い方だったし。かつての文子ちゃんファンとして
外伝集が出なくて本当に良かったと思ってるよ。

426 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 17:41:17 ID:fXudTf9W
もう外伝は出ないの決定?
それとも友野がスルーしてるだけ?

427 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/27(水) 17:51:07 ID:5bUzIUs8
>>426
出ないでしょ。
一年以上放置されてる上に後継企画とされたリボリバも打ち切られた今、
出る可能性はきわめてゼロに近い。

外伝集で一篇書く予定だった山本も何も言わないしな。
おそらく外伝集は紀文堂の棚に置かれてると思うよ。

428 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/28(木) 16:06:00 ID:KErbh5AS
その外伝集、煎餅か何かに書かれてるんだろうか

429 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/28(木) 19:33:54 ID:QjePQorJ
そういえば、妖怪が復活するときに性格変わるのもありうるよね?
某F博士は人間に対する態度から変わるし、輝乃介も丸くなったし。

復活した文ちゃんがアウトドア派で饒舌だったりしたら・・・

430 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/28(木) 19:51:40 ID:9bu6u9do
そしてそれを書くのが友野だったら……

431 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/29(金) 01:11:23 ID:v8xonqSM
いくら復活すれば性格も変わる可能性もあるとはいえ
根本が文車妖紀である以上、そこまで真逆な性格にはならんと思うんだが。

…と書いたところで恐ろしい考えが浮かんでしまった。
復活したらラノベ厨になった文ちゃんっていうのが…。
某ハルヒのごとく傍若無人で唯我独尊で自己中心なツンデレ文ちゃんとかだったらどうするよ…。

432 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/29(金) 02:12:08 ID:xVcHUvGR
>>431
すべての本を愛する以上、これまでも十分ラノベについて知識があったんじゃないかな。


433 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/29(金) 09:42:37 ID:ubahObqS
>>429
F男爵の場合は、いろんな作品があるからじゃね?
それこそキチガイだったり、冷酷な天才だったり、ありがちなマッドサイエンティストだったり
ギャグっぽい変な科学者だったり……

434 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/29(金) 11:55:29 ID:ATIEB2PI
フランス書院の文庫に特に深い造詣を持っている文ちゃん

435 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/29(金) 16:00:14 ID:ULwMmHia
文ちゃん>この間、宮崎で見たよ、紀文堂が移動図書館になってた

436 :イラストに騙された名無しさん:2006/12/30(土) 16:57:52 ID:bW7test2
文車妖妃という本来のイメージにより近い感じだな>移動図書館

437 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/01(月) 08:43:47 ID:WaZfEUHu
ハンドル握ると性格変わる文ちゃん萌え

438 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/02(火) 15:14:16 ID:YpunGU0K
そんなこち亀の白バイ隊員みたいな文タン嫌だ

439 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/03(水) 18:14:05 ID:w0oMoVe2
既にキーボードを前にすると豹変するから誤差の範囲。

440 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/03(水) 18:34:04 ID:7ghq1qEz
>437
ハンドルネームになると豹変します。

441 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/04(木) 06:24:14 ID:dPsNmfe1
>>440
うまいえ

442 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/04(木) 10:58:41 ID:uC+fB5NF
コミケでやおい本売ってる文ちゃん(マヤとかなたが売り子)
サークル名はクリス・ザ・カー(妖車つながりで)

443 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/04(木) 14:29:04 ID:YZFU41S4
文ちゃんは同人誌とかやおいとか好きそうだな。

444 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/04(木) 20:25:32 ID:abr9TRjB
活字で表現されていれば、18禁SMロリグロヤオイに獣姦なんでもOKだが
絵とか動画になるとキスシーンでも赤面して見れなくなる文ちゃん

【なにその萌え設定】

445 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/05(金) 07:15:45 ID:6wmksHTa
あれだ、あやかしびと外伝のF枝Aやか嬢の如くアグレッシブ化するとか。
元々、パソコン通信上ではアレな喋り方してたしさぁ。


………すまない。言ってて、自分でも現実でもそんな振る舞いする文ちゃんは嫌だと思った。

>キウイ
表紙に巨神○ーグ風味がいた時には驚いたなあ。

446 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/05(金) 12:46:57 ID:SMGy9bu+
それを操縦する娘っ子がどう見ても
ナコ○ルだかリム○ルだったのには吹いた

447 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/05(金) 13:55:41 ID:q+hhLucw
ついにスパロボ進出でもやるつもりかね、スイフリーは。

448 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/05(金) 14:40:55 ID:S/aLwn9V
何の流れでキウイの話になったんだ?

449 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/05(金) 22:58:48 ID:JpFom1FY
妖魔、か。何もかもが懐かしい…

450 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/06(土) 12:58:59 ID:XrCE0bwJ
はいはい妖怪戦艦ヤマト乙





…CP一万超えてそうだw

451 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/07(日) 22:18:32 ID:f7k1nSOj
妖魔夜行人気投票をやれば誰が一番かね?
俺は文ちゃんが好きだが、やはりかなたとか上位か?

452 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/07(日) 22:32:37 ID:Qe9qmX9z
どうかなぁ。俺はその二人、嫌いじゃないけど好きでもないし。

どーせネタもないんだし、ここでやろうか?
このスレが埋まるほど住人もいるわけじゃないだろうから。
一人だけ上げるのもなんなんで、ベスト3な。
キャラは妖魔百鬼のリプおよび小説に一度でも登場していれば、男女人妖問わずで。

言いだしっぺの俺から。
1、八環
2、湧
3、ジョニー

453 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 00:39:26 ID:Fu+4snDA
妖魔キャラだと、渋いオヤジ系が好みだね。
百鬼にゃいなかったタイプだからだろうけど。

454 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 12:01:09 ID:+Tw6E9YY
1文ちゃん
2ひかりちゃん
3律子ちゃん


455 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 12:49:15 ID:U3kiOI+n
こつりこつりの爺さんと地獄博士だけは譲れない。

456 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 16:58:58 ID:6D7YdI2z
妖魔


妖怪サラリーマン



百鬼

シイ
石動
ナギ

457 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 18:30:45 ID:OiJVtQK/
じゃあ俺も。

妖魔

黒焔

ボブ・マーべリック(ボマー)

百鬼
(妖魔のころより成長した)湧
チャイカ
名護大輔(アカマター)

どちらかというと脇役、悪役好きです。

458 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 18:45:49 ID:aFGhCX1W
妖魔

霧香
うわべり
文ちゃん

百鬼はシラネ

459 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/08(月) 19:28:31 ID:y0mU95Yq
妖魔

やたさん
輝之介
霧香さん

百鬼

ヨーダイ
ジョニー
チャイカ

460 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 00:27:38 ID:1y+bsSq2
妖魔

八環
地獄博士
未亜子

百鬼

ないって書きたいけど、一応

ひかり
チャイカ
雷蔵


461 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 00:37:57 ID:saUiIadd
チャイカ人気あるなー


…つーかSNEを離れた人のキャラが一番人気な百鬼って…

462 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 11:08:39 ID:MzpLvu90
>>461
クソだった百鬼の本筋のストーリーと関係ない
番外編だったからこそ輝けたと思う>チャイカ

ちなみに俺は

妖魔

ビーストヘッドの大堂寺社長
地獄博士
「あおぞら模型」店主

百鬼

ジェラルド
チャイカ
ジョニー

463 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 16:18:00 ID:zlfQu/Ow
>>462
大堂寺社長、俺も好きだったよ
「東京クライシス」のブリッジのみの出番だったけど
悪は悪なりにプライドがあり悪なりに苦悩してるとこが良かった

ただ、「霧」で殺されたのがなんとも惜しい。
でも高速蘇生もあることだし、いずれ復活して
あの黒歴史ワールドを支配してくれることを望むよ。

464 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 16:41:28 ID:saUiIadd
しかし東京クライシスでの揉めっぷり(ある意味一人芝居?)を見てると
七体に分裂したくなる気持ちもわかる

きっと複数の頭(×6)って設定が
妖力じゃなくて、弱点の一種のほうだったんだろうね

465 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 17:33:20 ID:xWAqi4tT
妖魔:
黒焔(やっぱり鉄板)
マーベリック(ネタキャラっぷりが好印象)
地獄博士(いい感じに人外っぽい)

百鬼:
黒井(数少ない大人キャラ)
チャイカ(大人じゃないけど、いいキャラ)
ジョニー(リプレイと小説版でキャラが違うのに違和感なし)

こんな感じでしょうか。
ちなみに、ワーストのほうも書いてみます。

妖魔:
迷宮の化身(精神病なめてんのか?)

百鬼:
律子(何この真性電波?)


466 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 18:16:04 ID:zlfQu/Ow
>>465
律子か・・・・。俺は嫌いじゃない。むしろ同情する。
作者の都合であんな真性電波になってしまったんだから
彼女は友野の被害者だよ。百鬼である意味で一番哀れなキャラだ。

467 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 23:17:14 ID:TTCr+N02
>>466に同意ー
妖怪を受け入れない=悪。的な処理されてたしな。
百鬼は変に妖怪と人間の確執をイジったせいで嫌な感じだった。

468 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/09(火) 23:34:17 ID:U8YJnY8T
妖魔だと、
・黒焔(筋目の通った感じで)
・うさぎの穴マスター(同上)
・鬼の格闘家(個人的に好き)

百鬼
・ガキ(黒焔の腕のおかげ)
・かなた(マスターのおかげ)
・ジェラルド(横浜っぽさがでてて)

ワーストは妖魔で最終巻に出てきた糞ヤンキーと悪魔、あとアヒャった摩耶、理由はどれも下品だから。
百鬼はオーナー、ルウ、ひかり、後もろもろ。理由はガキだから。

469 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 00:00:33 ID:2Lq64L1E
記念に参加しとこ。
妖魔
1.ウィル 2.教授 3.黒焔

百鬼
1.ジョニー 2.ワヤン 3.清姫

百鬼ワースト
1.オーナー  2.ルウ 

470 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 01:54:41 ID:GvSJrJ2B
記念参加

ワースト
・百鬼

471 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 07:09:37 ID:aYLI/RcF
>>468
刀の妖怪さんは?

472 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 18:23:32 ID:up0g8zo+
>>471
ナギのことか。なんかあいつも律子とセットにされて
悪役にされてしまった哀れな奴だと思うよ。

ストーリー的にナギこそ成長させるべきキャラなのに
むしろ退化してキャラとして終わったって感じだ。

473 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 22:14:12 ID:tA5LtZQ7
え?マサムネだカムラマサだかの人は?

474 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/10(水) 22:19:12 ID:38Tom77m
中の人が黒歴史と化してしまったからなあ…>村正

126 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)