2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ 30枚

1 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 07:59:42
調べても分からん奴はなんでも書いとけ!
知ってたら即、答えるし、知らんかったらスルー。
教えて君と教えたいちゃん以外は逝ってヨシ!

【鉄の掟】
一、煽られても泣かない。
一、出された質問は残さず答える。
一、カルシウムはきちんと摂る。

・マターリ、ヤサシミ、マジレス ヽ( ´ー`)ノ
・荒らしは触れず、煽らず、冷静な対処を。無視・放置が基本です。

■質問者へ
・質問は、具体的に分かり易く、を心掛けて下さい。
・なかなか回答がこない場合は「>>2」のように質問を書いた場所の
 左側の番号を半角で書き込んで回答を催促してみましょう。
・解決したらお礼を言いましょう。無駄なレスを防ぐと共に、人としての礼儀でもあります。
・マルチポスト(複数のスレに同じ質問)は禁止です。
・アンケートと質問の区別もできない奴は帰れ。

前スレ
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1161863191/
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1166084977/

2 :UIX18 ◆18UIXh6ASw :2007/01/03(水) 09:39:46
2げt

3 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 12:25:58
z−

4 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 15:16:48
俺も気になるので回答希望

>997 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2007/01/02(火) 14:47:12
>漫画は縦書きだよ。
>なぜ縦書きなのか、考えてみれ。
>そしたら縦書きというものが理解できるから。
>
>つか、「慣れ」だけですますアホは氏ねよ。
>
>1000 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2007/01/02(火) 15:36:08
>>>997
>>なぜ縦書きなのか、考えてみれ。
>
>何で? スヌーピーは横書きだぞ? 次スレで理由よろ

5 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:19:17
スヌーピーはどこの国の漫画だよ。

ページを開いたとき、基本的に目の位置が、右上隅に来るのが日本の漫画の基本だろ。
もしくは、コマの右上に。んで、吹き出しも、だいたいその辺にあるだろ。
そこから、目が素直に台詞の文字を追えるようになってんだよ。

右側上隅に言葉の頭がある以上、左から右へ向かって読む横書きは、
あり得ない選択だろ。

6 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:29:03
>>5
それは漫画読まない人の発想だな。
年寄りというか漫画読みなれてない人は漫画読むのにやたら時間かかって読みにくいって言うけど
パッと視覚的に捉えてないからだろう。
普通は自然に身につくと思うけど、でも理屈的に速読みたいなの勉強すると、やはり逆から目線をなぞると書いてある。
つまり字を順番に追ってはいけない。目線を斜めに送ったり(文字通り斜め読み)、順番どおりに目線を置かない方が
脳は視覚的に周辺視野も含めて認識するので早く読める。

7 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:36:47
(>6のつづき)
だからいちいち文字を順番に目で追ってる人は漫画読むのに疲れるだろう。
逆に噴出し以外の擬音は左から右に横書き(台詞とは逆)で書いてあること多いから、
そこは絵と同じ感覚でパッと認識してるはず。

文字だけの場合も、視野の使い方として、横書きの方が速読しやすい。
横に書いてあるのを一行づつ横に読んだり、縦に書いてあるのを一行づつ縦に読むのではなく、
逆に横で書いてあれば縦に視線を動かし、縦に書いてあれば横に視線を動かすとき、
縦書きより横書きの方が、スキャンする幅が短い。ページの縦横比の問題ね。

8 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:37:29
マンションにある外付けの螺旋階段を囲む棒は、なんて言うの?

9 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:43:24
横書き文化の方が文字情報を吸収する速度が速いという利点がある。
だから縦書き文化の日本は石頭なイメージがある。実際に脳の使い方に影響してるだろうし
そこを馴れの問題と言うと、馴れの問題でしかないと反論あったと思うけど、縦書きを横に読む馴れなら問題ない。
問題なのは縦書きを縦に読む馴れが付いちゃうのが問題なわけ。
もし横書き文化なら、紙の縦横比が速度に有利なので、自然に速読を見に付けていく。意識せずにね。

2ちゃんの横書きの中で縦書きを見つけたとき、よく見つけたなではなく、当たり前のこと。横で書いてあったら
縦に視線を動かすものなんだよ。

10 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:47:34
でも>>9の書き込みは読みにくいだろ? それは改行するタイミングが遅いから
狭い画面で見てれば圧縮されるだろうけど、広い画面で横書きの行が長いと
縦に視線を動かすリズムが壊れる。幅の問題。

11 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:49:14
細いのが手摺子
要所にある太いのが親柱

だと思う。

12 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 17:03:20
>>8
ここへ行け
図入りで説明しとる
ttp://www.recpas.or.jp/jigyo/report_web/html_0022/hon022_031.htm

13 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 17:26:20
>6
横書きが読み易いのは短文の場合だけで、一定以上の長さになると読みにくいことは自分で書いたレスを読めば解るだろ。脳内常識を定説のように語るなよ。


横書きが読み易いのは
短文の場合だけで、
一定以上の長さになると
読みにくいことは
自分で書いたレスを読めば解るだろ。
脳内常識を定説のように語るなよ。

14 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 18:31:22
質問です

大沢たかおや仲村トオルのような目を表現したいのですが、
「腫れぼったい切れ長の目」でいいのでしょうか
他に何か上手い言い回しがあったら教えてください

15 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 18:38:30
画像貼ってくれ
その二人の顔知らない

16 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 18:48:24
http://dir.yahoo.co.jp/talent/5/m95-0107.html
大沢たかお

http://dir.yahoo.co.jp/talent/21/m93-2392.html
仲村トオル

こんな感じです

17 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:27:22
大沢たかおと仲村トオルの顔を知らんってどんだけ世間知らずなんだよww

18 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:30:36
よく見ると彼は大沢たかおの様な目をしている。

19 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:35:20
整形に失敗したのか、あるいは眠いのか彼の上目蓋は重たそうに垂れ下がっているのだが、どうやら仕様のようだ。


20 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:40:01
仲村トオルさん、そんな目で見つめられると、すごく気持ち悪いです。


21 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:54:44
>>17
ここまでの阿呆が創作文芸板にいるとは……
こいつはスポーツ紙しか読めないタイプだな。芸スポ+にでも帰れば?

22 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 21:00:23
>>6
おまえは言語感覚が鈍っているな。
漫画を読み慣れていない、漫画を知らない年寄りはおまえの方かもしれない。
ま、そのへんは夏目漱石の孫が書いた本かなんかを読め。
なぜ漫画が右から左なのかもわかるから。

で、本題。
横書きが読みやすいのは、人間の目が上下より左右に視野が広いためだ。
だがその視野は、感覚的な認識のためのもの。
簡単にいうと、物があるかないか、のな。

でも、おまえのいうように、視点を動かすというのを考慮すれば、
左右にリズムをうつより、上下にうつ縦書きの方が、
「浸透」という意味では優れている気がするな。どうだ? その感覚がわからんか?
縦書きの文章は脳に深く染み入る、ってことだよ。
だから文学はこれからも縦書きであり続けるだろう。ま、文学が廃れなければの話だが。

>横書き文化の方が文字情報を吸収する速度が速いという利点がある。
>だから縦書き文化の日本は石頭なイメージがある。

まったくのデタラメ。きちがいの発想だな。文字情報を見ても内容は読み取れないだろう。
そんなものは利点でもなんでもない。石頭はおまえのほうじゃねえかよ。

横書き、縦書きの文化の併存するこの国の民は総じて器用で頭がいいよ。
インターネットによる文化の植民地化が進んでいるという話を聞くが、
横書きバンゼーを謳う無知なヤロウがとうとう2ちゃんねるにもやってきたって感じか。

23 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 21:07:45
>なぜ漫画が右から左なのかもわかるから。
ここで説明すればてっとりばやい
てか無駄な争いが減る

24 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 21:21:48
横書き崇拝者は、昔風に右から左に横書きする文字も読み易いと感じるのか?
そんなわけはないだろ。


25 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 21:26:50
>>23
めんどいんだよな。
夏目の孫が語っていたが、右から左の流れは未来への時間の進行方向だとかあるんだよ。
そんなものをここで、誰だかわからない俺が書いたとしても信憑性はないだろw

そういった意見を取り入れたかどうか詳細は知れないが、
日本の漫画をそのままの形、つまり右から左から読ませる形で、
海外でも出版する動きが始まっているらしい。
今までは正反対にコピーして強引に左から右になるように改ざんされてたからな。

欧米に憧れるのも誰もが通る流行病でしかたないことだが、
自国の文化にもっと誇りを持てといいたいね。

26 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 22:30:44
ナニ言ってんだこいつ。言語障害かよ。

27 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 22:51:22
>>21
前スレでパンツスタイルが下着スタイルだと思ってた人かな?
だとしたら今回も分が悪そうですよ。
彼らの認知度はAランク、もしくはB+ってところだと思う
このスレはアンケート禁止だけど、もし気になるならよそで聞いてみ

28 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 22:54:57
普通知らない。
知っている奴はどんだけミーハーなんだよ。
そんなどうでもいいこと知るぐらいなら本の一冊でも読め。な?

29 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 22:55:50
苦笑

30 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 23:03:27
ー セ ン マ き 書 横

31 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 23:21:08
扼死と絞死の違いについて教えてください

32 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 23:26:57
>>31
扼死でググッたらこんなん見つかった。
ttp://homepage3.nifty.com/sabapyon/syopon/syopon33.html
手などで絞めるのが扼死で、ロープやコードなどで絞めるのが絞死だとか何とか。

33 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 00:03:49
>>27
さすがに芸人の名前が一般知識だと思ってる白痴はこういう板来ない方がいいんじゃない?

34 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:08:22
>30
うわぁ、読みづらいw

35 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:31:52
質問してもいいですか?

36 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:32:29
どうぞ

37 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:33:04
ありがとうございました。

38 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:34:33
美しい流れだ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:35:06
そうか?

40 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:37:26
>>33
著名人も全く知らない世間ズレで、面白い小説が書けるとも思えないと思うけど……。



41 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:42:11
お前ら、小説書くときなに広げてる?俺は、ワードで書いた設定。二話目移降の場合は、前の話も。

42 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:43:03

は?

43 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:44:15
いや、はじゃなくて

44 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:45:14
日本語書けないなら英語でもいいよ>>41

45 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:46:22
あなた達、小説が書く時何が開けているか?私、wordの書いた設定。2回は目がかすんで下がる場所、前の話。

46 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:48:19
なぜ、ワード?

47 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:48:57
別に、ノートでもいいけど。
俺はワードに書いた。それだけのこと

48 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:49:56
エキサイト翻訳かい?

>41の意味解るが


49 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:50:05
ワードってのが気になる。

50 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:50:48
ワードを使うってことはかなりやり手だと思うが。

51 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:52:50
俺もワード使うけどそんなに疑問かい

52 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:53:54
たぶん>41の質問の趣旨は、
パソコンで小説を書くとき、みなさんはどんなソフトを走らせ、デスクトップには、
どんな書類を開いて作業してますか、ってことだと思う。
ちなみに私はワードを使っており、第2章を書くときは、第1章も見ながら書いておりますよ。
 
ってことじゃないかなー。憶測だけど。間違ってた?


53 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:54:10
ワード、変換が不思議な他は特に問題ないソフトだと思う

54 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:54:26
人物の性格を一言で表す言葉を一覧で見られるサイトか本を教えてください。
やさしい、怒りっぽい、穏やか等から始まって、もっと難しい知らない表現のわかるような。

55 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:55:17
ワードは便利だよ。
ま、別に一太郎でもいいけど。そういうことだろ?言いたいのは。

56 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:57:46
>>52そのとおり

57 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:58:54
>>54
つ【WIKIPEDIA】←便利

58 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:01:04
形容詞で表現するのは手抜きだと思う
ずるがしこい、美しい、気高いなど書く輩は多いが、イメージわかない
おまいの本の主要キャラはみんな「美しい」のかとあきれる
具体的なエピソードや行動意志からずるがしこさや気高さを喚起させるべきだ
栗本薫みたいになってはいけない

59 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:01:09
>54
バカ、無知、阿呆、愚か者、恥知らず、たわけ、愚人、愚物、痴れ者、痴人、白痴、まぬけ、抜け作、底抜け、
空け者、昼行灯、頓痴気、鈍物、鈍才、駑馬、衆愚、盆暗、おたんこなす

60 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:02:45
いえ、言葉が足りませんでした。
小説内で使うのではなく、あらすじやプロットを書くときに人物を簡潔に表現したかっただけです。

61 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:05:56
いえ、足りないのは知能でした。

62 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:09:27
典型的なアホだな。
骨組みとなる部分でそんな安易な人物設定をしたら小説本文でガタガタになるぞ。

63 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:12:18
そもそも一言で言い表せるようなキャラクターじゃ、誰も面白いと思わんぞ

64 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:12:44
俺はプロットすら書いてませんが何か?

65 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:14:05
別に。
おまえはプロットを書いていない自分に酔っているだけの馬鹿だろ。
とりあえず賞でもとってから書き込めや。カスが。

66 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:14:38
俺は小説すら書いていませんが何か?

67 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:15:34
別に。
そんなのこの板じゃ珍しくもない。
本当に小説を書いている人間なんか2%ぐらいだろ。

68 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:15:48
>>65
別によってません。馬鹿でもないです。カスでもないです。賞もないです。しょうもないですね(しょうがないですね)

69 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:17:16
×書いていません
◎書けません

日本語は正しく。

70 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:25:50
人が増えると冬厨が戻ってくるのは、シムシティみたいだなw

71 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:27:14
違うね。このスレには回答者として白痴的な厨房がずっと常駐している。
冬厨ではない。

72 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 02:31:11
>71
一行目は「ある程度は」という但し書き付きで同意するが
二行目は目が曇っているか真実から目をそらしているかだ

最近マヌケな質問が増えた

73 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 03:03:22
創作についての質問なんて100パーセントマヌケなものだ。
マヌケが増えたのでなく、質問者が増えただけだ。

74 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 03:55:20
> 創作についての質問なんて100パーセントマヌケなものだ

何故断言するかな
その極論は無理あり過ぎるだろ
その後の展開にも
民度の低いやり取りが目に付くのは事実で
人はそれを冬厨と呼んだ


75 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 04:16:12
いや、創作についての質問ほどマヌケなものはない。
創作に関する質問はすべてマヌケ。
創作上の質問は、自分の作品に聞くしかない。
また、高度な内容の質問なんて構造上絶対にあり得ない。
最初から質問してくるのはマヌケであり、冬休みにはマヌケが増えるだけだ。

76 :75:2007/01/04(木) 04:25:00
わかりにくかったな。

>最初から質問してくるのはマヌケであり、冬休みにはマヌケが増えるだけだ。

創作について質問してくるのはもともとマヌケな人間であり、(後略)
という意味。

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 04:38:51
このスレ、昔はこんな有り様じゃなかったのにな
一人病人が棲み付いてから酷いな

78 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 04:42:44
だよな。あいつ自演までするしな。なにより質問者が気の毒だ。
が、創作板の質問者なんて幼稚園児みたいな奴等ばかりだから見捨てることにした。

79 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 05:14:40
なるほど、回答する方に基地外が1匹紛れ込んでるってことか。
おかしいと思ってた。

80 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 05:25:50
ここまで挑発して引っ掛からないって事は、奴はリアル厨なんだろうね。
今ごろは母方の実家にでも行っているんだろうw

81 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 06:42:58
>>77-80
つーか、これが自演っぽいんだよなぁ。
こういう口調の奴、昔はいなかったからな。

82 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 06:46:22
「だったのにな」→「だよな」→「なるほど」→「だろうね」

一時間の間に……
自演としかry

83 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 08:55:47
昔は、とか言うが、張本人の俺は2004年末からこの板にいて顰蹙を買い捲っている。

84 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:30:20
子供向けの小説は逆に難しい、と言われたのですが
具体的にどんな難しさがあるのですか?

85 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:31:39
訂正
子供向けの小説を書くことは逆に難しい、で

86 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:49:40
知識をひけらかすように難しい言葉を使うことが通用しにくい
つまり、出来るだけ平易な言葉で表現していかなきゃならないから
常に「言い換え」が要求されるから、普通の大人向け小説の書き方に慣れてたらキツいかもしれない

あと、奴らの辞書に「集中力」の文字は無いしねぇ……

87 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:50:49
なにが逆なのですか?

88 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:57:08
子供向けであるにもかかわらず、大人向けの小説よりも書くことが難しい
という意味です。>>87


89 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:59:44
>>86
句読点をなぜ打たない?
3点リーダーは正しく使っているのに。

90 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:01:15
児童文学は競争率も高く難易度が高いのは常識。
だから「逆に」という表現はおかしい。
そういう口癖は修正したほうがいい。恥をかくぞ。

91 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:03:07
>>89
空気嫁

92 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:06:41
おまえは国語の教科書をまず読むべきだな。

93 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:18:50
アウトラインプロセッサってこの板的にはアウト?

94 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:20:21
普通使わん。

95 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:26:11
なぜ?

96 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 11:41:38
アウトラインプロセッサがこの板でアウトだろうとなかろうと、
>>93がそれを使うも使わないも自由。

97 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 11:56:06
というか今初めてその名を知ったのでググッてみたが
なかなか便利そうだな。アウトラインプロセッサー。

98 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 11:57:55
アウトラインプロセッサは、好きだ。
おれは200文字くらいの文を一塊にし、それに20字以内の見出しをつけ次に進む。
ブロック単位で作業するのが好きなんだ。全体を見渡せる感じがして安心する。

99 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 11:59:49
>>97
それはない。
アウトラインプロセッサを聞いたこともないなんてことはありえない。

100 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 12:27:43
>>99
どこのルールだよw

101 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 12:49:05
まったくだ。そんなマイナーソフトを常識扱いされてもねぇ。

102 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 12:50:09
このスレのルール
・どマイナーな芸人は知らなければならない。
・アウトラインプロセッサーを知っていてはならない。


103 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 12:57:39
三人称で自由間接話法を上手く使った名作というか
名文を教えてください。参考にしたいんでおながいしやす。

104 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 13:13:20
不便だよ、アウトライン。

いくつか手を出したけど、結局みんな使わなくなった。
ワープロでもエディターでも、別ファイルに要点まとめたのを裏に隠して
その都度見れば十分だもん。

105 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 14:12:03
>>103
イリヤの空、UFOの夏


106 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 14:38:47
「アウトラインプロセッサ」って、そんな特別なものじゃないよ。
「ワープロ」や「エディタ」と同じ普通名詞だろ?(ちがうかもしれない)
少なくともマイナーな芸人の名前と比較するようなものじゃないと思うんだが。
階層表示は、まあまあ便利だ。

107 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 14:40:26
キャラ設定残せるからストーリーエディタは使ってるな

108 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 14:45:13
>105
ありがとう、でもラノベ以外も聞きたいかな!

109 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 15:10:45
キャラ設定なんてキャラごとの章をノートにでも描いてりゃええやん
ソフトが良かったらいい小説が出来るわけでもなし。
ついでにいえば、素人の時点で混乱するぐらいの長編小説を描く必要もない。
まずは100ページかそれ以下の短編か中編で入賞してから考えろと
そもそも昔の作家はそんなもの使わずに名作を残してるんだしと

110 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 15:19:25
なんでそんなにプロセッサ嫌いなんだいw

111 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 15:57:08
書けない奴ほどわけのわからんツールに頼ろうとする。

112 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:06:31
「新書」の厳密な定義ってあるのですか?
サイズの違いというのが一般的みたいですけど・・・

113 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:12:09
定義もなにも、新書ってのは岩波新書とか朝日新書とか
そういうシリーズだから。そこに含まれれば新書。
ちなみに、そうじゃないのが単行本。

114 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:15:15
それだとたとえば岩波新書から単行本が出るとかそういうことはありえないと?

115 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:27:31
創作文芸板は小説やシナリオを書く人だけ?
たとえば普通の文書の書き方や言葉の疑問とかはどこの板にいけばいいのですか?

116 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:41:22
>>114
教えを請う立場で何食って掛かってんのお前?
40版ソフトカバーの判型かその変形を新書と言うんだから通常ありえないに決まってるだろ。
文庫版でない文庫というのはありえるが、新書判でない新書は定義上ありえない。
もしあるとしたら素性の良くない出版社が意図的に狙って名づけるぐらいしか考えられず、
岩波からはありえないと言える。

117 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:42:08
まあ、なんだ。煮干とか食いたまえ。

118 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:42:25
メンヘラ板じゃないかな

119 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:53:11
>>118>>115へのレスね

120 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:54:47
>>118
おまえメンヘラ板がなんの板なのかすら知らねえのかwwwww

121 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 16:59:32
>>116
いいえ。
回答者は奴隷です。
答えさせて、語らせて、優越感を味わわせているのだから感謝しなさい。

122 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:08:02
まあ、もともと教師というのは奴隷階級にやらせていたからな。
あながち間違いではない。

123 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:12:36
>>115
言葉の疑問→国立国語研究所に電話で質問
普通の文書はマナー関連を扱う板があったらそこで。
ないなら図書館行ったり、本を買ったりして調べればいいと思う。

124 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:14:20
>>122
へえ、そうなんだ。

125 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:17:40
>>120 ちょっとズレてない?>>118は明らかにネタ(冗談)でしょ。

126 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:18:39
ここ質問スレ。

127 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:26:36
世間の人の言うことと精神科の先生の言うことどちらを信じればいいのか
教えてください

128 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:40:08
何この電波。

129 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:53:54
周囲の人間には、ちょっと人間不信みたいに扱われるけど、
先生にしてみれば全然病気と呼べる程度ではない、ということです。

130 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:01:42
医者が言うならそうなんじゃね?

131 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:15:34
医者は一軒で済ますなとも言うがな

132 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:42:51
結局さ、何が気に食わなくて粘着するのかね?
ぐぐれとか言われたのがそんなに頭に来るもんかね。

133 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 19:05:09
ちゃうよ。
粘着はちゃんと反応がありそうなスレに飛来してくるだけさ。
反応がなければ他にいくよ。
このスレは粘着が棲みつきやすいよっ!

134 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 19:22:41
方言使ってまで粘着してら

135 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 19:29:41
↑人聞きの悪いこというなボケ。おまえ嫌われ者だろ。みんな知ってるよ。晒しあげ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 19:57:22
>>12
亀レスですまん。アリガトウ。でも僕が知りたいのは10階建てマンションの外にある螺旋階段。落下防止のために踏み板を円筒形に囲んだ長〜い棒の名前なんだよ…。
ちなみに手摺はべつにある<>>11



137 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 21:39:21
>>136
デジカメで撮影して晒したらわかりやすいんじゃね?

138 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 22:21:50
>>136
 檻 とでも表現すればいいじゃない
建築探偵やるわけじゃあるまい?

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 22:43:44
落下防止用の鉄格子、でいいんじゃね

専門的な名称があるのかも知れんが、それ使っても一般には通じないと思うぞ

140 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 00:46:01
娯楽性(面白さ)以外に意味があった作品。
古今東西問わず、何がそれに該当しますか?
この作品が出てきたから、こういう影響が世間に起こって、後の俺たちは
こういう恩恵を受けているのだと。そういうの。

141 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 00:57:55
いくらなんでもそんな1スレ使っても論じきれないような質問は断る

142 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 01:15:59
映画化されていない有名な本だな。
娯楽性のない本は映画化されない。
よって、それでも耳にする本は「該当」するだろう。

143 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 01:46:13
フジのヤンシナは、二次選考の結果発表から、サイトに
掲載をされるのか?

144 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 06:01:09
「自由間接」って何? 本気で知らない

145 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 06:17:41
>>144
間接自由話法?

植草はパンツ見たいと思って、エスカレーターに乗った直後、手鏡を取り出した。

パンツが見たい…。女子高生の純白のパンツを…。見たい…俺はパンツが見たいんだ…。エスカレーターに乗った直後、植草は手鏡を取り出した。

三人称で書くときに、その人物の心情を、まるで一人称で書いているかのように書くこと。

146 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 06:19:25
間違えた。
× 間接自由話法
○ 自由間接話法

147 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 06:52:09
それって神視点と関係あるの?酷評スレで関連づけて言われてたけど

148 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 07:42:15
こんなもんが文学になんの影響があるのですか?
ボクは最後まで見ませんでした。

フセイン ノーカット版
http://www.mocovideo.jp/movie_detail.php?KEY=hpy_8iCqnK0




149 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 08:30:05
視点でスレ立ってるけど小説の読み込みが足りないだけだろ。
そんなものは理屈理論じゃなくて体で覚える言語みたいなものだからな。


150 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 08:56:37
昔の人間:多読・多作の感覚重視で理論嫌い
今の人間:分析・構成の理論重視で感覚嫌い

151 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:27:39
だけど作家って名前が売れるとすぐに能書き垂れるようになるよねw

152 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:31:51
作家が垂れた能書きを買ってまで読む人が居るのは
「彼が『売り物になるレベルのものを実際に書けるからだ」ということを
みんな認識すべきだと思います。

客観的な根拠がない能書きはただの雑音にすぎません。
そうですよね?みなさん。

153 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:32:14
素朴な疑問。
理論に基づいた多読多作じゃだめなのだろうか。ボソ。

154 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:33:56
とにかく書け、とにかく読め

こういう「とにかく系」って頭悪すぎて吐き気する。

155 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:35:55
たとえば視点について意識をもって読まなければ何百冊読んだって
気づかない人は気づかないんじゃない?
先に、視点とはこれこれこういうものだ、と知ったうえで読むならいいけど。
だからどっちがいいかなんて決めるのはナンセンス。これからは融合の時代だろ。

156 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:39:07
だから、仮にまったく何も知らない人が本を何百冊も読んで
「物語には視点というものがある!」と気づけたら、そりゃそれですごいことだと思うけどね。

157 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 09:49:05
>>153
ダメなことなどなにもないだろうな
色々やってる奴がみな成功するわけではないが
成功する奴は色々やっている奴だけだ

158 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 11:59:01
とにかく書け、とにかく読め

こういう「とにかく系」って頭悪すぎて吐き気する。

下手すぎて相手にされず「とにかく読め」と注意されてきた超初心者だと思われ。


1、超初心者は理屈より、まず読め。
2、初心者は独学より、まず学べ。
3、自分で考えろ。

以上

159 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:16:59
とにかく、必死


160 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:21:15
とにかく、みじめ

161 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:21:34
とにかく、お食べ

162 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:23:01
とにかく、諦めろ

163 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:30:40
とにかく、耳を貸すな

164 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:32:05
時期によっては能書き垂れるより「とにかく書く」「とにかく読む」ことが必要なんだよ。

165 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 12:53:19
まあ月姫とひぐらしだけやって小説書き出した高校生の文章なんかひどいもんだからな

166 :144じゃないけど:2007/01/05(金) 13:01:50
>>145
植草はエスカレーターに乗った。俺は彼女のパンツが見たい。そう強く思った植草は手鏡を取り出した
↑こんなようなもの?或いは
植草はエスカレーターに乗り、俺は彼女のパンツが見たい。そう強く思った植草は手鏡を取り出した。
ってのでもいいの?意味通じるかなぁ。
それより、何故に例が植草w

167 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:09:52
>植草はエスカレーターに乗り、俺は彼女のパンツが見たい。そう強く思った植草は手鏡を取り出した。
これをまともな文章のつもりで書いてしまうお前は小学校の国語からやり直すべきだ。

168 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:10:59
>>167
いやいや、まともだとは俺も思っていない。けど、これって読者に意味が通じるのか?と迷ったので聞いてみただけ。
どちらにせよこれを使うつもりはないので。

169 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:26:29
とにかく○○ってのは説明がメンドイからテキトーにはぐらかしているだけだから。
そんなムキにならんでもいいよ。

170 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:30:32
>>169
あ、はい、すいません。

171 :170=166:2007/01/05(金) 13:31:06
>>169
あ、俺じゃなかったのか。すまん。間違えた。

172 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:31:22
うむ、よいよい。

173 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:32:52
>とにかく○○ってのは説明がメンドイからテキトーにはぐらかしているだけだから。

そんなんでハウツー本書いて金もらえるならいいな。

174 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:39:25
慣れの要素を考慮しない奴は脳内だろ。
ワナビですら無い。

175 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:42:32
ワナビ

ってなに?

176 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:43:20
WANABEとも書く。

古くはネイティブアメリカンになりたがったアメリカ人達をさす言葉でもあったが、現代の日本では作家志望のことを意味する。

あまり良い言葉ではないので、他人にワナビワナビ言ってはいけない。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EF%A5%CA%A5%D3

177 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:43:50
ワナビってなに?

178 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:44:46
最近、脳内町3丁目のマンスリーマンションに引っ越してきました。
ここなら静かで執筆もはかどる気がするんです。

179 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:45:33
だから、ナニー!

180 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:46:22
>>177
輪奈天鵞絨のこと

181 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:48:10
もっとわからん。

182 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:49:11
>>176で分かるだろ

183 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:49:34
高級感に溢れる落ち着いた色合い。柔らかな手触りと保温性に優れたビロードは私にもぴったりだわ。
ありがとう>180


184 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:52:03
Wannabe
http://www.youtube.com/watch?v=lUkcWXu0GjU

185 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:55:19
want to be  〜 Wannabe 〜 ワナビー で FA?

186 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:55:49
輪奈ビロード知らんてことはありえないね

187 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:02:40
>>169は通信教育で空手3段とるタイプなんだよ。
許してやれって。

188 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:08:53
意味はわかったがそういう言葉(ワナビ)って
どこで覚えるのさ?そっちのほうが興味ある。辞書にも載っていないのに。

189 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:21:40
表に出ろ
人の集まるところへ行け

そんだけ

190 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:22:40
つまり
人が集まるところに、言葉は生まれてくる
そういうこと

191 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:34:46
ワナビとバカにされる⇒意味がわからないので調べる⇒覚える

これの繰り返し。
つまり>>174もワナビなのさ。

192 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:37:00
わけわかめ

193 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:38:49
ワナビとバカにされる⇒意味がわからないので調べる⇒輪奈びろーどが出てくる⇒思わず買ってしまう

194 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:50:07
>>193
ワナビとバカにされる⇒意味がわからないので調べる⇒輪奈びろーどが出てくる⇒思わず買ってしまう⇒つまらないので捨てる
の間違えだろ?

195 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:54:48
ワナビとバカにされる⇒意味がわからないので調べる⇒輪奈びろーどが出てくる⇒思わず買ってしまう⇒ワナビとバカにされる⇒ワナビを買ったと反論する⇒新宿2丁目常連が擁護を始める

196 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 14:58:46
わけわかめ

197 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:33:21
ワナビ=輪奈びろうど=絶品

という理解でよろしいか

198 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:41:47
厨はスルーしろよ。君が相手にするから住み着いたじゃないか。



199 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:42:20
スルーじゃ何も解決しないぜ?


200 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:53:55
いた? ばん?
どっちですか。

201 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:57:34
そういえば「創文板」を「そうぶん・ばん」と読んでいたが、
「つくりふみ・いた」と読む人がいたとしても不思議ではないなー

202 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:03:43
普通の人は「ばん」とよぶけど2ちゃん的には「いた」が正解。
以前指摘されて気づいた。

203 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:07:26
たとえばこんなかんじ
ttp://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%B5%AD%B9%E6%A1%A6%BF%F4%BB%FA%A1%E4#i9

●板【まるいた】[名]

204 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:09:51
それはない。
ふつう「ばん」だろ。「けいじ ば ん 」なんだから。

205 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:10:49
そうさくぶんげいばん

と読んでいますが何か?

206 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:11:53
がいしゅつだけど、
2chは、ふいんきが違うんじゃね?

207 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:11:57
俺は「いた」としか読まねえ。

208 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:12:34
俺もそうさくぶんげいばんと言っているけど

209 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:12:54
俺もそういえば突っ込まれたことがある。
「○○いた」だよって。

210 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:13:25
● 板(いた)

モー板・オカ板など、2ちゃんねるに無数にあるジャンルごとに区分けされた領域のことです。
「バン」と読まないようにしましょう。まして「批判要望版の〜〜」などと変換ミスするのは2重に恥ずかしいです。

http://webmania.jp/~niwatori/1.html

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:13:31
略す時は「いた」
正式名称の時は「ばん」

だが読みやすさ優先でごろごろ変わる
ま、ネットスラングやね

212 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:13:38
じゃあ、「板の問題」は「ばんのもんだい」と読んでるわけ?

213 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:14:12
いた い奴というツッコミはなかった?

214 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:15:31
じゃあ、そうさくぶんげいいた、って言うのか!?
めっちゃゴロが悪いが

215 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:16:28
そうぶんいた、でFAだ。

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:16:34
慣れの問題

217 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:18:44
なんだったっけな。
たしか「○○板」の中で雑談スレッドを立てるときに
ローマ字で「○○BAN」て書いたんよ。

そしたら
「イタだよ?」
「イタだろ?」
>>1乙。でもイタなの」
とレスが殺到。

あれにはびっくりしたw

218 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:19:01
まあ、普通に「いた」だな。
2chで煽られたくなかったら「いた」と読んどけ。

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:19:57
俺はオカルト版って誤変換して笑われた。

220 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:21:47
ついでに聞きたいんだが「池沼」はどっちなんだ?
「いけぬま」と読むのか「ちしょう」なのか。

221 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:22:45
ちしょう
「知的障害」だしな

222 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:23:20
だが2ちゃん的には「いけぬま」と読みそうな気もする

223 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:24:59
知障(知的障害者)という意味で「ちしょう」が正解。
ただ、最近は「いけぬま」でも通じる。痴障なんて書く奴もいるな。

224 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:25:42
池沼聡さんっていう人は実在ましすか?

225 :池沼:2007/01/05(金) 16:32:26
呼んだ?

226 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:34:53
重箱読み(じゅうばこよみ)なんて、もう関係ないね。orz

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:50:24
リノリウムというと普通に小説で見かけますが、
リシン仕上げ、打ちっ放し、プラスターあたりは通じますか?

228 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:52:06
コンクリート打ちっ放し、くらいが限度だろ。

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:58:24
打ちっ放しの部屋 とか普通に出てくるが。
むしりリノリウムなんて知らん。

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:58:39
打ちっ放しはゴルフにもある。

231 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:00:03
打ちっ放しは普通に使うし、部屋の雰囲気も一発でわかるからいいけど
他のはどうよ?わからんだろ普通に。

232 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:14:32
先入観無しで読むとすると
「コンクリート打ちっ放し」が一番分かり易いですね

233 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:18:18
「コンクリート打ちっ放し」だと馬から落馬みたいに聞こえるのは俺だけか

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:26:48
誰も知らない夜明けが明けたときで始まる小説を書いているのですが
明けるが重複していると怒られるのが先でしょうか? ジャスラックに怒られるのが先でしょうか?

235 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:31:26
「打ちっ放し」だけだとイメージが弱い気がするね。
「コンクリート」という言葉のフォローが必要だと思うよ。

236 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:40:00
ファンタジー系小説で「くわばらくわばら……」と書いたところ
「その世界には日本があるのか?」と突っ込まれました。
そんなことまで気にしないとダメなのでしょうか。

237 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:49:13
ゲームのドラクエ2でベホマという呪文の説明に「インドで〜」というようなことが書いてあって
当時ゲーム内にインドが出てくると思ったという話が実際にあるから、まあ注意しとくが吉かと。

238 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:50:39
ギャグ系ならいいと思うけど、マジのファンタジーなら気を使うべきじゃない?
「くわばら」には宗教的な香りがあるし、決して「そんなこと」で済むような
問題じゃないと思うよ。

239 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 17:56:17
>>236
そういうのをどこまで気にするかは人それぞれだから、
多くの人が気にするだろうなと思ったところだけ直せばいいと思う。

240 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:01:14
突っ込み自体が単なるケチ付けなのか、それとも適正な指摘なのか、まずそれを見分けると良いんじゃね?
日本的なファンタジーなら気にしなくても良いと思うが、西洋風のファンタジーなら違和感はあるかも。

241 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:04:00
「くわばら」は宗教というか
鬼が我が娘の婿を雲の上に迎えてもてなしている時に
婿になる男がうかれて雲から転落して桑の木に引っかかり助かった事から
「くわばら」が使われるようになったと、まんが日本昔ばなしでやっていたけど
どちらにしても日本色が濃いから
外国の色が濃いファンタジーで「くわばら」は浮くかもしれないね

242 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:11:20
プロットは出来たのに、三話目まで書いて、そこからプロットに書いてないシーン(日常生活シーンや戦闘シーン)
まで来て筆が止まりました……。
単純にストーリーが思いつかないんですが、どうしたらいいんでしょうか?

243 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:11:47
ちなみに、「くわばら、くわばら」ってのは災害(もとは雷)避けのまじないらしい。
ググルと一発で出るけど、由来自体に菅原道真が関わってるそうな。

244 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:11:57
別の作品のプロット考える

245 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:13:10
このスレに移動する。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1113733900/

246 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:23:17
くわばらと言うと太宰府を思い出すな。
神仏系だろ?

247 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:34:32
>>242
それってプロットできてないんじゃね?
ストーリーが思いつかない、ってことは、物語に必要なイヴェントが何かわかっていない、ということだな。
まずは物語の最終地点から逆算して考えてみるといいよ。
何をどうすれば、次のことが起こり、次に起こったことをどうすれば、さらに次のイヴェントに進むのか、
そうやって常に一歩先を意識しながらじゃないと確実に詰まる。

248 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:40:14
意外に使ってしまいがちだけど「あこぎな商売」も注意ね。
地名から来ているから。でも知らない人のほうが多いだろうね。

249 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 18:56:22
その場面を入れる必要がないように本文を修正するか、
入れても齟齬が起きないようにプロットに修正を加えるか。

次の地点は無理でも、その次の地点には矛盾なく
たどり着けそうなら、プロット一部修正しなよ。

そのシーンを入れることで全然物語が変わっちゃうなら、
そのシーンの頭から潰して書きなおしなよ。

250 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:05:59
どうでもいいけど「齟齬」ってやたら目にするようになったのはやっぱハルヒ?

251 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:06:23
語源言い出したら多くの言葉がギリシャ神話とかだろう

252 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:08:14
ギリシア神話が語源の言葉って、たとえば何だ?


253 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:10:31
アキレス腱

254 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:20:05
日本語と思って使ってると古代ユダヤの言葉あるな
古代の京都を作ったのが秦氏っていう渡来人だから
太秦(ウズマサ)とか弓月の民とか

255 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:22:22
こらこらw

256 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:28:06
ハルヒ観た事ねぇや。読んだ事もねぇや。
『齟齬』とか、使うんだ。。。

しばらく封印する。

257 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:34:41
ばりばりハルヒででまくる言葉だからなw
気にするなら使わんほうがいいよ。マジで知らなかったのならな。

258 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:36:39
質問だが、ミステリって容疑者何人ぐらい出したらいいの?
100人超とかのトンでも設定で描いてもいい?

259 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:38:04
マジしらんかった。
迷惑な作品なんだな。でまくり、使いまくりか。

それって、ある意味言葉狩りだ。

260 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:40:33
>>258
上手に書ける自信があるなら、むしろやって歴史に名を残せ。

261 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:44:34
なんで「他の作品で出まくりだから封印する」とか言い出すんだw

262 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:51:52
他人と同じことをしたくないから

263 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:52:37
主体性のない奴なんじゃね?

264 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:16:43
没個性の普通の人間は個性に憧れて普通でない人間になるうとするが
それ自体が普通であると気付いて大抵はやめる


常に普通でない人間だった自分にしてみれば普通じゃなくなりたいなんて羨ましい

265 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:18:32
>>261
「他の作品ででまくりだから」じゃなくて「やたらと目にするようになったから」
ありふれた言葉になっちゃったっていうんなら、新鮮味ないじゃん。
っていうか自分の作品を読ませてるとき、その言葉をきっかけに全然別の事を
連想されたら、ぶち壊しもいいところじゃん。

266 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:25:53
>>265
元々ありふれた言葉だっつの。

267 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:31:01
なあ、そろそろ「永遠」って言葉使ってもいいよな?

268 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:32:22
>>266
いや〜
君にとってありふれていても、見た人はほぼ全員「こいつハルヒ厨ww」って思うことうけあい。

269 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:32:26
>>266

ありふれてるかどうかじゃなくて、色がついたかつかないか。だ。
けど、別にいいよ。議論するつもりはない。おれの内面だけの話だ。
他人にどうしろと強要してるわけじゃない。ほっといてくれ。

270 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:34:04
「セルフ言葉狩り」という新たな造語を思いつきました。

271 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:35:08
>>268
ほぼ全員読んでるほど大ヒットしてんのかソレwwwwww

やっべ、俺時代に取り残されてるwww

272 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:35:27
そんなに自己中で大多数に認められる作品が作れるのだろうかと不安

273 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:36:41
ヲタクのみ
ワロス

274 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:37:27
まあハルヒ厨にはよくある妄想ですよ

275 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:37:28
ちなみに上に出ている「リノリウム」だってほぼ100%「こいつkanonやってるww」と思われるので注意な。

276 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:38:09
>>256
ていうかおまえハルヒ読んでんだろ。ばればれなんだよ。
かっこつけんなって。

277 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:38:35
リノリウムの床だろ?
文学の世界では一般的だよ
普通の本を読めボケ

278 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:39:29
必死w

279 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:40:47
はぁ?
一度死んでこいや

280 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:40:57
リノリウムでKanonはありえないだろ。
鯛焼きや牛丼でKanonならまだありえるが……



281 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:41:04
まあ、俺も↑でリノリウムとか言い出した奴は、ああこいつエロゲオタだなって思ったからな。
それを知らないで使っている一般の作家さんははた迷惑ですな。

282 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:41:32
>>275
いやだなそんなの。
せめて「こいつぜってー化学の教科書読んでるwwwww」とかにしてくれ。

283 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:42:17
牛丼はキン肉マンだろ……
常識的に考えて……

284 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:42:46
ぐぐればわかるがKanonからリノリウムを知った人は多い。

285 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:43:59
まあ確かに、俺は今初めて「リノリウム」という物質(物質?)の存在を知ったが。

286 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:45:42
描写不足なんじゃね?
おまいの書くもんは

287 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:46:38
>>286
誰のどのレスを読んでどのようにそういう推測をしたのですかあなたは。

288 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:46:56
齟齬が生じる はほんとハルヒで連発されているからな。
しかも人気キャラのセリフだからぐぐってみるとBlogとかで使っている奴多いぜ?
ホントに知らなかったなら災難だな。

289 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:48:45
試しにぐぐってやったが堅い文章ばかりヒットしますが。
あまり適当なことを書かないように。

290 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:49:31
>>287
すぐ上のレスの、初めてリノリウムを知ったってやつ
舞台をイメージさせようとしたら、
たくさん言葉を知ってないとねダメダメ

291 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:50:30
それって言っちゃ悪いが逆に描写力ないと思う。
描写できないから既成の言葉に頼るんだろ?

292 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:50:38
じゃあしょうがないな。
カノンとハルヒ買ってきて勉強しろ>>285

293 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:54:28
>>291
名詞はいいんだよ
名詞につく既成の修飾語に気をつけような

君のその生半可な知識はよくないね

294 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:54:37
畢竟 って見るとああこいつ宮沢賢治好きだなと思うし。

295 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:55:13
それはない

296 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:57:17
>>293
オリジナルの修飾語を生み出さねばなりませんか先生。

297 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:57:45
かしら って見ると藤子不二雄のファンだなって思うし。

298 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:58:20
のびたのソレって昔から違和感あったけどなぁ

299 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:59:03
「汚名挽回!」「それを言うなら汚名返上でしょ」の一連の流れを見るたびに
あーガノタだなあと思うくらい許してもらえるだろうか。

300 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:59:09
>>293
センセイ、ぜひご指導願います。

301 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:59:16
Kanonのどこにリノリウムが出てきたんだ?

302 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:00:11
金糸雀だと思った俺は人形オタかしら〜

303 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:00:53
金糸雀 ってみるとああこいつ川端康成好きなんだなって思うし。

304 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:05:31
>>300
先生は逝かれました
先生の今際の言葉を書きませう
「目に見える物には名前がある。名前がなかったら、おまえが名をつけよ」

305 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:07:05
>>304
そんなっ!?
>>291はそもそも『知識』じゃないですよ先生!!」って突っ込もうと思ってたボクの立場は!!?

306 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 22:12:40
いつからここは雑談スレになったんだ。

307 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 22:25:35
それは質問か?

308 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 22:32:06
昔の漫画とか小説では男でも「かしら」という言葉を使うことが多い。
それは女性言葉ではなく、「〜ではないかしらん」
(〜なんじゃないのか知らん)(〜ではないのか?)という意味合いの言葉だから。

自分は現二十歳だが、自分が小学生ぐらいの頃の漫画では、
すでにそういう「〜かしら」という言葉を男性キャラが使うのはあまり見なかった。
ここで質問ですが今現在男性キャラに「〜ではないかしら(ん)」という台詞を使わせたら
今時の子供たちが理解してくれますか?
「なんで男なのにカマ言葉使ってんの?」とか小学生に思われないかしらん。

309 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 22:41:56
方言と思われるな。
〜かもしれない。

310 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 22:52:57
>>308
舞台が昭和以前なら問題ないと思う。

311 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 23:09:43
現代を舞台で描きたいんです!無理かしらん

312 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 23:20:55
>>311
何年か前、名前なんだったか、中年の女性コラムニスト(TV評論など)が雑誌の連載で
かしらんかしらんと10回くらい書いててかなりキモかった

313 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 01:07:00
>>311
無理ではないが、若者に使わせるのはよした方がいい。

314 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 09:54:31
ネタ帳としてPCのメモ帳でガンガンtxtファイルを作っていたのですが
どうにも増えすぎて管理できなくなりました。
ファイル名から中身が想像できなくなり、いちいち開いて確認するのが
時間の無駄だと思うようになりました。
普段あまりツールを使わないのですが、何かそういうネタ管理に役立つソフトはないでしょうか。

315 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 09:58:29
選択肢
@グーグルデスクトップ
AOneNote

316 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 10:04:06
紙媒体が最強。これ定説。

317 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 10:33:16
>>314
フォルダって知ってる?
あとは、「超整理法」の応用でもしながら、無用なファイルはどんどん
別の場所にまとめて、追い込んでしまえ。




でもさ。

ネタ帖って、見返す?
俺も一応はつけてるけど、ま〜ず見ないよ。
お話なら、いちいち過去の自分の記憶漁らなくても、
新しく考えた方が早いし新鮮。

318 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 10:37:20
一つのファイルにまとめてしまえばいい

319 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 10:59:26
よく恥ずかしげもなく超整理法とか名前出せるな。
すごいわ。

320 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 11:02:26
質問です。
小説で使いたいのですが、市役所や公民館のような、公共施設の設計図などは一般人でも見ることができますか?
見るとしたら、どこでどのような手順で見ることができるのでしょうか?

321 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 11:05:22
まず、見たい施設に電話をかけて問い合わせます。
以上。

322 :320:2007/01/06(土) 11:11:35
設計図みるのは簡単なんですね(^ω^)
ありがとう〜

323 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 11:12:55
公共施設なら情報公開の手続きさえちゃんとできれば問題ない。

324 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 11:14:03
ちなみにまんま「情報公開の手続き」だからそのままぐぐるがよし。

325 :320:2007/01/06(土) 11:17:35
ぐぐってみます(^^)

326 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 19:25:54
作家になれるかどうかというのは、単純に才能の問題ですか?
それとも、なれない人間が絶対に気づかないような何かがあるのでしょうか?

327 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 19:41:23
この板に作家は少ないだろうからなあ

328 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 20:20:18
そりゃそうだ。
だからこの板の連中のやってること・言ってることの反対が作家への近道かもしれんね。

329 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 20:22:04
>>326
実際作家になれるような人は「誰にでもできること」と本気で思っているかもしれませんし
なれなかった人の多くは「どれだけ努力してもムリだったんだ」と思い込んでいる可能性があります。

つまりどちらに聞いても「その人の主観」以上の答えは返ってこないでしょうね。

330 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 20:24:31
作家になることは簡単だけど、作家であり続けることは難しいと多くの作家が言ってますね。
言い得て妙な、言葉だと思います。

331 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 20:30:44
興味深いな。
詳しく。

332 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:07:54
他のスレで相談させていただいていたのですが、
なぜかそのスレに書き込みが出来なくなってしまったので、
こちらで相談させてください。
私は5年前の恩師に年賀状を出したいと思い自分なりに書いてみました。
以下の文です。修正すべきところがあったらアドバイス下さい。
前提として、
・私は今までその先生に年賀状を出した事がありません。
・私は中学時代、精神科に入院するような生徒でした。
長文なので、何度かにわけてレスします。よろしくお願いします!

新年明けましておめでとうございます。
私は平成○年度××中学校卒業生です。2年2組、3年2組の2年間を担任していただきました。
毎年毎年先生にお礼の手紙を出したいと思いながらも、気恥ずかしく出し渋っていたのですが、
今年は成人するという節目にあたるので、思い切ってこのような形で出させていただきました。
月日の流れというのは本当に早いものですね。ついこの間まで中学に通っていたのに、もうあと3ヶ月で大人の仲間入りです。
中学時代は本当にお世話になりました。どのような生徒よりも扱いにくい生徒だった事と思います。
厄介事を起こす度に相当な迷惑をかけていたはずなのに、先生は嫌な顔一つされず、温かく見守って下さいました。
また、非情な態度を取ったり数々の心配をかける私を真正面から受け止めて下さった先生の広いお心を本当に尊敬しています。
精神的に堕落した私が学校へ行くという行為だけは怠る事がなかったのも、いつも気にかけて下さる先生がいらっしゃったからです。
本当にありがとうございました。
中学2年生に進級し初めての朝礼で先生が私の担任になる事を知ったとき、 思わず一人大声で「やったあ!」と叫んでしまった事を、
今でも良い思い出として鮮明に覚えています(笑)昔も今もずっと大好きです☆

333 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:09:34
中学時代、クラス皆で取り組んだ合唱・運動会の応援等、始めは“やりたい子だけやれば良いのに”などと思っていたものが、
皆の気持ちが鼓動し合って徐々に良いものになっていく感動を今でも忘れません。
思春期の反抗的で投げやりな気持ちの中に“やればできるんだ”という信念を思い起こしてくれたのも、それらの経験でした。
今だからこそ言えるのかもしれませんが、××中3年2組、そして先生が私の一番の宝物です。
今冬は比較的暖かい日が続いておりますが、お身体にはくれぐれもお気をつけ 下さい。
先生は一昨年愛知万博でブースを出されたと聞きました。その時その事を知っていたら迷わず会いに行ったのに、と思い残念です。
またいつかお会いできる日を楽しみにしております。

>>添削してくださる方へ。
文法的なミスは見逃してくださると幸いです。

334 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 21:14:21
拙いからこそ伝わる文章というのもあるんだから(特に手紙の場合)、そのまま送り玉江。

335 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:16:54
>>334
目上の方に手紙を書いた事がないので、朝からずっと推敲し続けています。。
何かアドバイスをいただけたら光栄です!

336 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 21:20:14
>>335
ダメだ。
そんな大切な手紙の文章に
赤の他人である俺の指摘内容など一文字たりと混ぜるわけにはいかない。

337 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 21:20:30
有名な、野口英世の母の手紙をコピペしておきますよ。
これを添削しては味がなくなるし感動もない。
そもまま送り玉江。

 おまイの。しせ(出世)にわ。みなたまけ(驚ろき)ました。
 わたくしもよろこんでをりまする。
 なかた(中田)のかんのんさまに。さまにねん(毎年)。
 よこもり(夜篭り)を。いたしました。
 べん京なぼでも(勉強いくらしても)。きりかない。
 いぼし。ほわ(烏帽子=近所の地名 には)こまりおりますか。
 おまいか。きたならば。もしわけ(申し訳)かてきましよ。
 はるになるト。みなほかいド(北海道)に。
 いてしまいます。わたしも。こころぼそくありまする。
 ドか(どうか)はやく。きてくだされ。


338 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:23:31
>>336
そうですか。。了解しました。
妻子のいらっしゃる先生に「大好きです☆」という表現を使うのがまずいかどうかだけ、
アドバイスいただけませんか・・・?

339 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:24:46
>>337
そう言われてみればそうですね。。了解しました。
ただ>>388 さんへのレスに書かせていただいた相談だけ乗っていただければ幸いです。

340 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 21:24:52
「大好きです☆」は入れなきゃ駄目でしょ。
ここが一番大事な部分。

341 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 21:25:41
>>339
ああもう心配なら封筒に入れて送れ!!
ラブレターぽくない奴に入れてな!!!!!!

342 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:26:21
>>340
異性として“好き”なのだと受け取られませんよね?
安心しました!

343 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 21:27:57
>>341
心配しすぎですよね、、すみません。。

344 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 22:04:29
先生に手紙の人
次ぎスレで回答があったぞ

345 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 22:06:36
>>341
なんかかわいいねこの人w

346 :アドバイスお願いします。:2007/01/06(土) 22:12:33
>>344
了解です!ありがとうございます。
重複になってしまった事をお詫びします。。

347 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 00:42:46
とりあえず読んでおけっていう文章読本は?
2〜3冊に絞って。

348 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 06:42:09
三田まさひろ、三島由紀夫

349 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 11:30:25
山崎豊子先生みたいな社会派小説を題材に書いてみたいんですが
山崎豊子先生はじめそういう小説を書くためにはやはり取材をしているんでしょうか?
実際に医者をテーマにするなら医者に取材をするべきでしょうか?
図書館などで医者について調べるだけでも十分書けるのか不安で…

350 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 11:46:58
取材を「するべきか」とは、義務感があるということですね。
ご自身で「書いてみたいんです」と言うからには、やりたいようにやるのが道理です。
「図書館などで医者について調べるだけでも十分書けるのか」
これはあなたの技量次第。あなた以外の人間が判断することではありません。
「不安で…」
もし、質問の本意がその不安感を拭うためであるのなら、ここで質問するより
話し合える友人を持った方が良いのではないですか。

351 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 12:52:20
無名の素人を取材させてくれるとこなんかないよ

352 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 13:56:27
どうしても社会派小説書きたいならならまず熟知してる自分の仕事を題材にするのが普通。
これに関しては、ニート&ひきこもり&学生さんは手を出しちゃいけない分野。
たとえ書いても社会を知らないとろくなものにはならない。

353 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:01:08
山崎豊子先生はどうかいてるんだろ

354 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:02:42
五割強ってパーセントに直すと58%か52%どっちですか?

355 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:03:21
>>350
ほとんどがニートのひきこもりなんだから
友人なんて耳の痛い単語を使うのはやめろよ

356 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:07:13
主に社会派小説書いてる作家を5人あげれる読書家いる?

357 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:07:46
質問です!![話す]って動詞だと送り仮名いるけど名詞の[話]って送り仮名いらないんですよね??なんか2chでよく[話し]とか見るし、この前NHKの字幕に[話しをずっとしていなかった](某バラバラ殺人ニュース)とか見て不安になったんですが。。

358 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:26:27
お前らアフォ?
山崎豊子は元毎日新聞大阪本社の記者だよ。取材はお手の物なの。


359 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:29:13
>>356
読書家じゃないからわからん
山崎豊子くらいしか知らない

360 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 14:46:45
質問です。
「羽織る」って送り仮名、あってますか? ワードで打ったら赤線入ってしまいました。国語辞典には載っていましたが……

361 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 16:26:48
>>359
おれもわからん

362 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 16:34:51
国語辞典よりワードを信じるのかよ!

363 :湯豆腐:2007/01/07(日) 16:46:04
>>359
松本清張 
宮部みゆき
横山秀夫
東野圭吾?
ミステリー作家ばかりしかわからないお

364 :湯豆腐:2007/01/07(日) 16:50:34
>>354
52%

365 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 16:53:38
>>353
山崎豊子は大阪出身で、まず新聞記者を10年ほどやってから、
浪速商人の人間関係のドロドロを如実に描く作品でまず注目を浴びた。
その後に徹底取材された社会派小説の一人者と目されるようになったんだが、
代表作の白い巨塔の世界のバックボーンも浪速商人の暗躍なんだな。

>>356
社会派の代表といったら松本清張だが彼も新聞記者出身だな。
まあ記者じゃなくても、社会派作家はデビュー前にしていた仕事で
それなりの地位にまで上り詰めてる人が多い。
例外はやる気のないホテルマンだった森村誠一だが・・・
彼もデビュー直後はホテル描写の克明な推理作家の1人に過ぎなかった。

366 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 16:54:28
>>363

宮部みゆき
東野圭吾





え?

367 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 16:55:42
森村誠一の2時間サスペンスっていつも同じ雰囲気だよな

368 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:09:22
>>360
「羽織る」=はお・る(動詞)
「羽織」=はおり(名詞)

羽織を羽織るんだよ。


369 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:09:46
社会派って一体なんだ?
爆笑問題が社会派漫才、松本清張が社会派推理小説作家、山崎豊子が社会派小説作家
とか言われてるけどよくわからん
爆笑問題と山崎豊子好きだから二つの共通してるところをあげると
時事ネタ、少し批判する
とかなんだが、まじで社会派の意味教えてくれ

370 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:16:09
何を言っているのだ。

社会派と呼ばれる人々がいる。
彼らのやっていることが社会派。

コレに尽きるのだが。

371 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:30:38
>>369
現代社会の矛盾を克明に描くことで読者に問題提起する、
というのは「レ・ミゼラブル」などにも見られる古くからの文学のテーマのひとつだが、
これを出版社が宣伝のためにカテゴリー分けしたのが社会派小説。
こうなったのは近来の日本文学がこの方面をあまり重視してなかったせいでもある。

もとが宣伝目的だから定義もあいまいだし、厳密に決める必要もない。

ただ、社会派小説は基本的に現実に対する問題提起がテーマなので、
結末でその問題が解決されて読者に適度なカタルシスを与える、
というエンターテイメントの常套手法とは無縁でなければならないだろうな。
カタルシスを与えてしまっては読者は問題解決に向けて考えるのをやめてしまう。

372 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:30:44
彼らがやってることってなんだ?

373 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:52:11
>>368
ご説明ありがとうございます! よくわかりました。
やっぱり国語辞典を信じます。ごめんよ、ワードのイルカ君。

374 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 18:09:41
信じるとか信じないとか、もうホントにどうかしてるよ。

375 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 18:24:38
あの、原稿送る時の略歴って、どの程度まで書けばよいのでしょうか?

376 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 18:26:00
>>365
松本清張は記者ではなく図版だと聞いた気が

377 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 18:48:32
>>375
適当で良いはず。

378 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 19:09:02
[質問]
説明のための図は、規定枚数に含まれるのでしょうか?
あと皆さん、どういう方法で図を描いてます?
俺はドローイングとかできないしなあ…。

379 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 19:30:31
>>371
その説明だったら、「最後で何となく問題が解決するor解決の方向に向かい
何となくハッピーエンドになって読者にカタルシスを与えたらエンターテインメント」
「最後で問題が解決しきらないで、これからも現代に残っていく課題であることを示したら
社会派」
みたいに聞こえるがこれでおk?

だって漫画でも小説でも、何らかの問題提起を起こさないで
ストーリーを作ってる作品の方が少なくないか?
いじめとか、昔から数限りなくあるテーマじゃん。
なのに同じ題材を使っても社会派と呼ばれるものと呼ばれないものがあるって
どういうこと?

380 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 19:45:47
>>378
ミステリ以外で図を入れてはならないんじゃないか?

381 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 20:42:16
結局さ、書ける奴と書けない奴の違いってなんなのさ?
賞とかそういう関係なく。一本も書けないで終わる奴だっているだろ。
俺みたいに。

382 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 20:56:40
>>357
送り仮名がなくても問題ない。

>>378
枚数には含まれないだろうけど、
それをいれたせいで落ちたとしても文句は言えないぞ。
どうしても必要だというなら止めはしないが。

383 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:06:27
小説初心者ですが、書いていく順番は
掌編⇒短編⇒中編⇒長編 でしょうか。
いきなり長編とか書く自信がありません。

384 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:11:25
>>383
掌編を書くつもりで始めるとよいでしょう。
初心者の場合、たいていそれが短編から長編になります。

385 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:13:20
向き不向きがあるから一概に言えない。
俺なんか100以下だとまず書けない。

386 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:13:25
便乗するが、その小説の種類って長さの違いだけじゃないんじゃないか?
掌編が長くなればそのまま短編や中編になるのかい。
漫画に例えるなら、月刊誌連載と週刊誌連載の漫画みたいな違いってないのかな。

387 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:14:30
>>382
ちょっと待て
名詞「はなし」の送り仮名はない方が本則だろ?
NHKが送っている以上、送る立場もあるということか?
詳しく頼む。

388 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:15:31
単純に長さの違いだけではなく、根本的に構成(プロット)からして違ってくると思う。
人によっては、短く完結させる中編や短編が苦手というのもあるだろう。

389 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:16:57
短編・掌編で読める作品は難しいんじゃないかい。

390 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:20:03
まあとりあえず書いてみたら?
微に入り細を穿つ描写で長く書き連ねていくのが好きなら長編向き。
はしょって書き飛ばしていくのが好きなら短編向き。


391 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:22:54
掌編でしっかりした作品て何がある?
川端康成のあれ以外に。

392 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:23:42
>>391
モーパッサン
オー・ヘンリー
サキ

393 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:23:59
☆新一だってしっかりした作品ではあるだろう

394 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:31:25
そういう意味じゃなくて、星新一は短編じゃないのか。
>>392
そのへんも俺的には短編の部類だと思っていたが、掌編なのか?

395 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:34:36
サキだったら十分短い(へんな言葉だな)から掌編でいいんじゃない?

396 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:34:55
ショートショートが短編なら掌編の定義って何だ。


397 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:35:01
>>394
一部をを除けば俺的は掌編だな。
短編は枠が広いし。
100枚以下、短編みたいな。

398 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:36:07
掌編はページにして2〜3ページのものだと思っていた。

399 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:36:37
☆新一は、一作が1Pの半分てな作品集いっぱい出してんじゃん
あれで掌編じゃなかったら吃驚するわ

400 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:37:23
江坂遊なんかどうだろう。

401 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:38:07
>>399
煽るわけじゃないか、その星マークはやめてくれないか?
なんだか侮辱されている気がして気分悪い。

402 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:38:55
1pの半分??
そんなものあるんか?

403 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:40:30
エヌ氏は激怒した。

404 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:42:42
ショートショート=掌編 ということになってるよ。

405 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:45:23
掌編ハウハーという哲学者もいるな。
どんだけ短い理論なんだw

406 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:45:56
俺は古い人間だからかもしれんが

ショートショート:ヒネリやオチのある短いストーリー。一発ネタ。
掌編:他愛無い日常の一場面を切り取ったもの

こういうイメージがある。まあ、いいけど。

407 :399:2007/01/07(日) 21:46:51
>>401
すまん。変換で一番最初に出てきたのと、上で393が使ってるからついw
今度から気をつけるよ

408 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:49:11
うちの手元にあったカタカナ語辞書では
ショート・ショート
《文》意外な結末で締めくくるきわめて短い小説
と書いてあるから、内容的には掌編とイコールとは限らないのかも。
長さとしては同じだろうね。

409 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 21:51:57
>>406
おれもそんな感じ。
ショートショートでオチがなかったら激怒せねばならんだろ、人間なら。

410 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 22:33:35
>>357
「話」と「話し」について
http://www.sawayaka-life.com/hanashi.html

411 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 22:43:59
NHKが間違えたのか。落ちたなあ。
喫茶店をキッチャテンと読むなど、世間の常識から外れても歴史的に正しい言葉遣いをするのがNHKなんだが。


412 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 08:52:51
それってむしろ世間の常識から外れている言葉自体が間違ってるんじゃね?

413 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 16:06:19
質問です
「知らせ」と「報せ」の違いについてなんですが
国語辞典を見たら「しらせ」は「知らせ」しか載ってなくて
「しらせる」は「知らせる」と「報せる」両方表記されてました。
名詞の「しらせ」に「報せ」を使ってはまずいんでしょうか…

414 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 16:08:48
>>413
どっちも載ってるよ。
ttp://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%9B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=09382800

広辞苑にも知らせ・報せの両方が載ってるから、辞書の違いですよ。

415 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 16:12:18
いえ、でもわたしの辞書には載っていないんです。
本当に正しいのか不安です…

416 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 16:14:51
ありがとうございました。

417 :413:2007/01/08(月) 16:17:58
>>414
そうですか、私の持ってる辞書が古かったんですね
本当に助かりました、ありがとうございました。
ちなみに>>415さんは私ではありませんよ

418 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 18:44:01
変な質問ですが、普段なにげなく使っている言葉が突然奇妙な音のつながりに
聞こえてしまうことってないですか?まるで外国の言葉のように思えてしまう。
今わたしは、「キコエル」がどうにも日本語だとおもえない響きに感じてしまうのです。
キコエルキコエル
助けて

419 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 18:47:14
医者に行けば万事解決。

420 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 18:54:46
>>418
キコエルはキルケゴールのシニフィアンです。
よく気付きましたね。


421 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:02:43
方言に慣れてるからじゃね
発音が悪いんでしょ

422 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:24:03
音のゲシュタルト崩壊はありえないからネタは終了。

423 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:36:37
ゲシュタルト崩壊は知らないけど、特定の音が、
いきなり気になり出すことってあると思う。
最近ぼくは「〜だしね」って言い方がものすごーく気になる。
「〜ってほどもないしね」とか、
「〜ということもあるしね」とか、
もおー「しね」って書くなー! って感じ

424 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:41:10
きもい

425 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:42:24
なんか、専門用語があるんじゃないか?

426 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:43:38
一番最初/一番最後
これが馬から落馬だと言われたのですが、普通に使ってません?
最初/最後
だけだとなんだか弱弱しいと思うのですが、正しくはどうなんでしょうか。

427 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:51:42
医者に行けば万事解決。

428 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:54:08
>>426
意味不明

429 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:58:20
意味不明 とか
医者に行けば万事解決 とか
きもい とか
同じ人がレスしているんですか?

430 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:59:01
>>429 そのとおり!

431 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:59:58
>>430
なるほど。ありがとうございました。

432 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 20:07:50
>>426

「一番最初」「重ねことば」でぐぐったら、
……「一番最初」は重言。「最」自体が一番の意……と出ていた。使わぬが吉。だけど、
「一番最初」 の検索結果 約 1,960,000 件もあって、
ほどんどの人は気にしてない様子もあった。

433 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 20:31:40
そりゃそうだ。
言葉の意味にはいくつかあるもんでし。
「一番」を「ためしに」の意味で使っていたら重言じゃねーでしょ。

434 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 20:45:58
OK. そういう理解でGo.


435 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 20:54:09
>「一番」を「ためしに」の意味で

意味がわからない。

436 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 20:54:39
ごめんわかった。
辞書引いた。

437 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 20:58:19
「一番最初」の「一番」を「ためしに」という意味で使っている人はいないだろう。


438 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:03:17
やはり、重複による強調表現か?
「一番最初」

439 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:03:53
豚切スマソ

中世の軍隊ものの話を書こうとしてるんですが、話し言葉がよく分かりません…

皆様どうやって書いてますか?

440 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:06:13
それは日本語で?

441 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:06:23
「まず最初に」の「まず」は「とりあえず」という意味で逃げれるが、
「一番最初」は言い逃れしにくいな。

442 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:07:15
「一番初め」ならいいのだろうか?
気になってきた。

443 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:09:34
〉440
日本語です(´・ω・`)

444 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:11:11
時代物を書くんなら、時代物をたくさん読めばいいんじゃね?

445 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:11:56
水戸黄門観るとかな。

446 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:20:53
横山光輝を読むといい。

447 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 21:26:58
るろうに剣心も捨てがたい。

448 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 00:04:27
るろうに剣心は中世じゃないだろう。
それに「中世の軍隊もの」という言い方は到底和モノと思えないんだが


449 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 00:05:46
なにマジレスしてんだこのドテカボチャはw

450 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 01:29:58
うわ、本物の気違いにレスされたorz

451 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 09:10:28
世界の神話がよくわかる本のおすすめを教えてください。
あまり専門的でなくてもいいのでお願いします。
本として手元におきたいので、ぐぐれはなしで。

452 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:00:38
「世界の神々」がよくわかる本
ワクワクするほど面白い世界の神話

453 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:22:09
ありがとうございます。
でも世界の神々だとヒットが多くてどの本だかよくわからないので・・・

454 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:24:01
あ、自己解決というかカンチガイ。
『「世界の神々」がよくわかる本 』という本でしたね。すみません。

455 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:24:28
新人賞に送った作品を見返してたら
主人公の名前間違えてたんですが
(他の登場人物のものと重複、ただし苗字は大丈夫で名前が出るのは作中二回だけ)
これって致命傷ですか?相当に凹んでます

456 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:32:27
それによって物語が混乱するなら致命的。


457 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:35:05
かなり混乱する・・・・・・
しかも他にも三箇所不自然な文もみつかった
もう駄目っぽい

458 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:35:45
ありがとうございました


459 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:45:41
Wikiで調べていたら
「貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)は折口学の用語の一。」とあるのですが、他にその「折口学」の用語があるのですか?

460 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 13:53:29
冬休みが終わった途端この静けさ。

461 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 15:04:36
>>459
なんといっても初期の民俗学は柳田学+折口学だったので、折口が提唱した用語は多いですよ。
広く使われるようになったワードとしてはマレビト、依代、常世など。
折口独特のワードとしては古代、万葉人など。

462 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 17:15:03
>>460
スレ内容見れば判るだろ…

463 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 18:40:09
「最強の格闘家の中の一人」とか
「最も優秀な選手の中の一人」という表現を耳にしますが
これは日本語としておかしくないですか?

464 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 18:45:47
それ既出だろ。
いいかげんにせえよ。

465 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 18:47:25
>>463
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1110637742/851-859

466 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 18:49:36
>>464申し訳ない
>>465ありがとうございます

467 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 23:30:52
>>455
マイナスにはなるかもしれんが致命的というほどではないと思う。
その程度ならおそらく誤字脱字の範疇だろうから、
それだけが原因で落とされるなんてことはないから安心していい。
もし短編だとしたら致命的かもしれんが。

468 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 23:39:43
>>465
これって結局英語はどんなニュアンスで使ってるんだ?
英語も「最強クラスのうちの1」ってことなの?

469 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 00:14:16
海外小説を手がけている翻訳家は英語力が必要ですが、本人には小説書ける能力ありますか?

前に海外小説は神視点だとあったので、それは直訳めいたことするとそうなるのか
それとも英語力があるけど本人は小説書く能力なくて視点固定を知らないとかありますか?

470 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 00:30:22
翻訳を読めば日本語能力も怪しいことが多いと気づくだろう

471 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 00:43:12
変な翻訳をする翻訳家もいれば、まともな翻訳をする翻訳家もいる。
だから一概には言えないんじゃないかと。

472 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 06:40:34
>>326
才能や努力や意欲以外にも何かありそうに思えてならない。
このスレの質問者が俺にそう思わせるだけかもしれないけれどね。

473 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 09:28:32
作家に限らず、ある何かになれない人々の言う「才能云々」は逃げ口上だと思う。
いや、思うだけなんだけど。
その言葉の裏には「才能さえあれば『自動的に』なれる」という考えが見え隠れしている気がするのは俺だけか。
俺は、才能というものは結果以前には存在していないのではないかとも思う。なんとなく。
才能があるから作家になれた。ではなく、作家になれたから才能があったのではないか。

もう寝る。

474 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 12:54:56
出版社側と作家志望側の温度差があるのかもしれない。
いまどき純粋に文学を目指す者は稀有だろうが、自らが商品であることを自覚できない者は多数かも知れぬ。

475 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 13:07:58
翻訳の巧さは日本語能力だけの問題じゃないぞ。
それに加えてその言語の周辺知識量も重要だ。
他言語−日本語が一対一で対応するわけでなく、
その国の風習・文化、または学術用語や専門知識等、
翻訳家に要求されるモノは多い。

と海外の翻訳者が書いた本にあった。

476 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 13:13:19
ごめん。
通訳者だった。

477 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 13:35:11
作家って免許制じゃないから「作家やってます」って自分から言い出せばその日から作家だ。

478 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 13:41:29
自費出版以外に本を出してないと「自称」がつくけどね。
「自称作家」がタクシーの代金を払わないという新聞記事があったよ。

479 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 13:43:43
やはり商業出版されてないと作家とは認められんよね。
まあ、才能以外に必要なものっていったら書き続ける根性と
あきらめの悪さだろうね。

480 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 16:43:08
つまらん質問なんだけどさ
>>357を読んでみて、「そういえば自分も不安なんだよな」と思いながら
>>410を読み「なるほどな」と改めて納得したこの板の住人どれくらいいる?
まあ挙手しづらいとは思うけど。

常識的に考えて、義務教育を含め日本語を長年操ってきたなら当然
「昔話をした」と「昔話した」の使い分けくらい、普通に出来ると思うんだが。
2chでよく見かける「話しをした」の表記になんの違和感も持たないレベルで
小説書いての奴がいるんだろうなと思うと、なんだか気の毒になるしゾッとする。

481 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 16:46:21
読み違いを引き起こすほどに同じ単語を連発するのもどうかなと思う。

482 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 16:52:01
荒らしと祭りは2chの華って言うじゃないか。
これに「祭りじゃなくて祭だろ」というのは正しいか?
ねらーが露店出してイベント主催してるのか?

話と話しもまた若干の違いを含み、無意識下に使い分けがなされているのではないか。
話をした、と言えば例えば父と子の真剣な対話が想起されるのに対し、
話しをした、と言えば発話した直後には忘れているような雑談が思われる。

483 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 16:56:26
上のレスを熟読し、改めて襟をただし、真摯な気持ちからこう言うのだが、










どっちでもいい!

484 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 16:59:29
名詞は送り仮名なしって、何十年前のセンスしてんだよ
名詞の「話」=内容が重要
名詞の「話し」=会話するという動作が重要
これぐらいの常識も知らないのか
時代小説でも書いてろ

485 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:01:38
「話」と「話し」の間違いくらい日常的なことだし、
仮にそれが公募の原稿であっても、マイナス点にはほとんどならないだろう。
っていうか、よく書けているお話なら編集者の方が脳内校正しながら読んでくれるはず、
と思うおれは甘いですか?

486 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:01:39
すまんがな、話し・話は誤変換のレベルだ。
無理やりややこしくしないでいいから。

487 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:03:57
誤変換だと思っていない奴もいるってことだろ。

488 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:04:55
>>483
友達から話しを聞いた…と書くタイプだろ?
きっとそうだ。いや、絶対にそうだ。

489 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:08:29
そんなくだらないこと考えてる暇があったら話しの内容に凝れよ、お前ら文法学者か。

490 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:08:49
だから変換のミスだろ?
たとえば紙に手書きするときに「話し」と書くわけじゃないだろに

491 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:10:21
○ 語り × 語
○ 喋り × 喋
○ 話し ○ 話

話だけは「し」がなくても許容ってこと。
次の質問どうぞ。

492 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:11:55
>>490
っていうかみんな話しって書きますけど・・・・
おじさんいくつ?

493 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:12:58
みんな(笑)

494 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:15:08
ワロスw

495 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:15:50
もう開いとけよ。
ひらがなにすれば問題ない。

496 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:15:55
下らない事ですが、ちょっと疑問に思いますので質問。
最近テレビで『猪突猛進』って言葉を褒め言葉の様に使ってるような気がしますが
あれって褒め言葉なんでしょうか?違いますよね?

497 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:17:26
「話し」にこだわるより自分の話しにこだわれば?
そんなことこだわっても清水義範以外は小説書けないと思いますけど?

498 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:17:50
>>492
490じゃないけど本気?
話しをした って周りのみんなが書いてるの?
マジでどれくらいの偏差値の学校ですか?

499 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:19:32
今年、亥年だからじゃね?

500 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:19:49
干支が猪の年は特別なんじゃね?>『猪突猛進』

501 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:20:28
なるほど、考えることは一緒と

502 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:20:57
「気持ち」と「気持」
どっち使う?
中途半端に昔の人は「気持」と書いてね?

503 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:21:44
>>498
っていうか偏差値58の公立ですけど・・・・
ら抜き言葉狩りに情熱燃やしちゃうタイプですか

504 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:22:34
ほめ言葉はほめるときに使うが
ほめ言葉で無いならほめるときにもほめないときにも使う

505 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:23:17
504は素晴らしい感性の持ち主ですねw
尊敬しますww

506 :496:2007/01/10(水) 17:26:17
やっぱり亥年だからって理由ダケなんですね。
情けは人の〜張りに、言葉の認識が変わってきてるのかと思いましたので。
ありがとうございました。

507 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:28:52
>>502
一応「気持ち」と書くよ。

>>503
情熱は燃やさないけど馬鹿っぽくて気持ちはあまり良くないやね。
この板でも「ら抜き」ってのは敬遠されてるみたいだし。

508 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:38:20
>>502
気持←昭和20年代に小学生だった人達くらいじゃないか?
関係ないけど「達」と「たち」の違いもあるし、日本語って面倒くさいよな

509 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:56:11
そのうち
話←せいぜい平成ヒトケタに小学生だった人達までじゃないか?
と言われる時代が来るのかも分からんね。

510 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 18:23:22
>>503
偏差値なんて言葉をだす子供を相手にしないほうがいい

ところで>>505>>504を煽ってるのだろうがそんな変なこと書いてるか?

511 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 18:30:10
>>510
嘲笑して煽りを入れたの492が先なんだけどな。
492がラノベ読者の子供だってのは分かるから俺はスルーしたがな。

512 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 18:46:59
経歴に関する質問です。
応募する賞は初なんですけど、他の賞で二次通過したのは書かんでも良かですか?
むしろ書くとマイナスだったりしますか?

513 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 19:18:41
>>510
褒め言葉をけなす時に使ってるじゃん。

514 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 19:47:52
>>513
褒め言葉じゃないからそれ以外にも使えるんだろ?

515 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 19:49:12
うるせぇ黙れ低能。

516 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 20:02:47
日本語レベルの低い輩が小説を書き始めて苦悩している。
それでいいだろ。はい話はおしまい。

517 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 20:07:09
勝手に仕切る奴ってなんなの?
おしまい、じゃねーよ。仕切りたいならコテでもつけろ。

518 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 20:25:46
>>511
あんまりラノベを馬鹿にすんなw
さすがにそれぐらいの校正は入る。

519 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 20:42:33
>>517
仕切りたかねえよ。
お前こそなんなの?
ここは質問スレだろ?
みんなに迷惑だからおしまいにしただけ。
ただそれだけのことに噛みつくな。

520 :ばれんマン ◆vCcNZB/mhk :2007/01/10(水) 20:58:15
よし、今北産業廃棄物。今夜は私が仕切ろう。

521 :ばれんマン ◆vCcNZB/mhk :2007/01/10(水) 21:07:53
と、思ったらもう騒ぎは収まっているのか?間が悪いな。
ちなみに、おれが言おうとしてたのは「ばれん」じゃなくて
「ばらん」だな。あの弁当に入っている緑色の薄いプラスチック。
「ばらん」と「仕切り」をかけてみたんだが。ちょっと間違えた。
「ばれん」は木版画とかでインクをのせるときに使う竹皮のアレじゃないか。


522 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 21:30:02
>>512
書いてマイナスになる事はまずない。
二次通過くらいだと、プラスになる事もほとんどないと思う。
書くのが恥ずかしいような賞だと思ったら、書かなくてもいい。

523 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 21:31:37
>>519
真性?

524 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 21:55:14
なぁ、疑問って解消するものだっけ解決するものだっけ
地味に迷ってる


525 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 22:00:39
かいけつ
もつれていた物事にけりをつけたり、問題に結論を出したりすること。また、その物事や問題が片付くこと。
「円満に―する」「―策」

かいしょう
それまであった関係・状態などをなくすること。
「婚約を―する」「派閥の―につとめる」「ストレス―」

526 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 22:02:38
>>525
サンクス

527 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 22:38:14
>>522
どうもありがとう

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)