2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

童話書いたよ 3枚目

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 21:41:56
立てました。
情報交換、励まし合いなどにご活用ください。

※前スレ
(2)童話書くのどうですか
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1108503902/
(1)童話書くのはどうですか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1062995256/

※関連スレ
児童文学を書こう!
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1074745397/l50


2 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 21:42:54
前前スレに貼ってあった公募のURLです。
締め切り日や募集要項は前回と違っている可能性もあるので、各自確認してください。

アンデルセンのメルヘン大賞(アンデルセングループ/〜20枚)
http://www.andersen-group.jp/mlhn/

小さな童話大賞(毎日新聞社/〜10枚/3月31日)
http://www.mainichi.co.jp/info/douwa/

講談社児童文学新人賞(400字詰め原稿用紙60〜300枚)
http://shop.kodansha.jp/bc/ehon/

動物児童文学賞(400字詰原稿用紙40〜60枚)
http://www.dogsports.co.jp/pepaiken/jidou0401.htm

学研「読み特賞」作品募集(4/30400字詰め原稿用紙 部門によりいろいろ)
http://compe.japandesign.ne.jp/ap/01/lite/gakken11/

ちゅうでん児童文学賞
http://www.chuden-edu.or.jp/oubo/oubo4/index.html

「おひさま大賞」(小学館「おひさま」/〜6枚/5月15日)
http://www.ohisama.shogakukan.co.jp/taisho/index.html


3 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 21:43:47
JOMO童話賞 童話の花束(JOMO/〜5枚/5月31日)
http://www.j-energy.co.jp/hanataba/

ミツバチの童話と絵本のコンクール(山田養蜂場/〜20枚/6月30日)
http://www.3838.com/profile/information/dohwasakuhin/contest6.html

北日本児童文学賞(北日本新聞社/〜30枚/6月30日)
http://www.kitanippon.co.jp/pub/hensyu/bungaku/juvenile/index.html

ミセス大賞小さな童話部門(文化出版局・雑誌『ミセス』/1200〜2000字/6月末日)
http://books.bunka.ac.jp/mrsprize/boshu_1.html

小川未明文学賞
http://www.city.joetsu.niigata.jp/contents/history/mimei/index.html

家の光童話賞(家の光協会/〜5枚/7月末日)
http://www.ienohikari.or.jp

ほのぼの童話館創作童話(ほのぼのレイク/1600〜2000字/8月20日)
http://www.gecfjapan.com/phil/hono.html

新美南吉童話賞 一般の部(半田市、新美南吉記念館/〜7枚/9月4日)
http://www.nankichi.gr.jp/douwasho_boshu/boshu.htm


4 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 21:46:03

愛と夢の童話コンテスト(アイエヌジー生命/5〜10枚/9月15日)
http://www.ing-life.co.jp/news/news_dowa.html

福島正実記念SF童話賞(岩崎書店/40〜50枚/9月末日)
http://www.iwasakishoten.co.jp/sf/sf.html

ジュニア冒険小説大賞(岩崎書店/150〜200枚/6月末日)
http://www.iwasakishoten.co.jp/sf/jr.html

ニッサン童話と絵本のグランプリ(日産/5〜10枚/10月15日)
http://www.nissan-global.com/JP/PHILANTHROPY/FAIRY/

グリム童話賞(グリムの里イシバシ/〜10枚/11月4日)
http://www.town-ishibashi.org/oshirase/grimdouwashou.htm






5 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 21:47:27
新スレ立てました。

童話書いたよ 3枚目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1163076116/


名前は1つめのを使いましたが、冊よりは枚のほうが、
書いてるっぽいので、3枚目にしました。

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 22:53:59
乙です

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 23:04:44
>>1
乙乙

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 23:50:02
>>1
テンプレも見やすいよ

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/10(金) 11:50:09
乙です。


10 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 01:07:41


11 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 08:28:31
新スレ乙。

書く前には読め、というのは、とても大切なことだと思うのですが
みなさんは、
これがわたしにとって、
書く手本、というか、目標、または乗り越えるべき対象、またはこれで童話に目覚めた、
というべき本または作家はありますか?

わたしは立原えりかさん安房直子さん、瀬尾七重さんで童話に目覚めました。
(講談社の文庫でした)。
いまの目標は天澤退二郎さんです。


聞いた話では、しばらくはhoshuしておかないと、落ちてしまうそうなので保守。
のついでに、話題でも提供しようかと。


12 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 11:16:20
新美南吉、そろそろ公式発表ですね。
今年はどんな作品がえらばれたのかな。
早く読んでみたい。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 12:47:36
>>11
童話ではないですが、小学館の少年少女名作全集が読書の原点です。


14 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 14:29:32
公募ガイド12月号の特集
「これを読めば童話・児童文学が見えてくる!」
まぁ息抜きにでもひとつ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 13:25:24

988 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2006/11/12(日) 00:31:44
スレも終わりになって重要な相談がw。

★5枚童話の基本。

会話をする人物は2人。
バックグラウンドに出てくる人物は0〜1人(できれば0)。

人物に過去は無い(回想しない。もちろんトラウマもない)。
人物は自分について悩まない。

エピソードは1つ。現在目の前にある事件だけでおしまいにする。

あまり不思議な人物・生物は出さない。

人物の説明からはじめない。セリフまたは行動ではじめる。

人物の名前は短くする。

行の途中(10文字くらい)で、段落が終わるときは、削って、1行分節約する。

一人称だろうが、三人称だろうが、主人公の自称・他称はなるべく減らす。
(ぼくは〜〜した。○○は〜〜しました。主語の部分は削れる)。

自然描写は最小限。5枚なら3行程度でいいよ。
それより動き。それよりセリフ。

こんな感じかな。
3枚童話で練習すると、5枚を広く感じられるよ。

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/15(水) 22:51:58
世界仰天で、外人の29歳の女性が自信作の小説を書き上げたが
素人ということもあり出版社に持込してもまったく相手にされず。

年齢的にももう29の高齢じゃ相手にされないとのことで
自分を14歳の男の子と偽り、自伝小説として発表したら(作家に送ったら)
たちまちベストセラーになった。というのをやってたのだが。

29で年なのかね?作家って何歳でもデビューできるもんかと思ってた。。。
そして年齢は決してハンデにならないもんかと思っていたよ。。。orz

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/15(水) 23:55:22
えぇ!!!私はもう28歳ですorz
でも、ある程度年を取らないと
深みのある作品は書けないと思うけどなぁ・・

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 08:31:12
年齢の違いよりも、フィクションとノンフィクションの違いのが大きいんじゃない?

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 16:40:06
年齢はジャンルと送る賞による。
童話は問題ないんじゃないか?

ラノベは若くないと最終まで残らないとか言われてるし。
後、有名なのは、文藝は十代に賞を取らせたくて必死とかさw

やっぱり若いに越したことはないね

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 18:04:09
>>19
ラノベでも例外はあるよ。
富士見ミステリーの時海結衣は40台デビューだし、
電撃の田村登正は50台終盤でデビューだし。

文藝は若者狙いだけども、ものすごいの送れば、それを覆せるかと。

童話に関していえば、年齢はむしろ上のほうが多いよね。
ただここ数年の傾向としては30台後半〜40台前半の女性が多い。


21 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/17(金) 00:03:21
よかった。30代半ば。
児童文学「バッテリー」のあさのさんは37がデビューらしい。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/18(土) 22:15:11
トーベヤンソンも童話作家としてのデビューは30歳
それまではヘルシンキの売れない画家


23 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/23(木) 08:38:41
ようやくほのぼの童話の受賞者が公表されましたね(HPで)。
例の営業停止の件で延期されたのでしょうか。


24 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/23(木) 18:17:45
灰谷健次郎さんがお亡くなりになられますた。合掌。(ー人ー)

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/24(金) 20:51:25
灰谷健次郎さんに合掌

>ようやくほのぼの童話の受賞者が公表されましたね(HPで)。
個人的な見解だが、ほのぼのはJOMOやニッサンや毎日小さな童話とは違い、本来の童話の意味を踏まえた選ばれ方をしていたようだから、なくなるんだとしたら残念だな。

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/25(土) 15:32:55
新美、発表されてるね。
応募総数1714編(一般998編)だって。

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/25(土) 18:07:51
新美受賞者のみなさん、おめでとうございます。

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/26(日) 00:07:24
JOMOのHP、今年の受賞作品が載っていますね。


29 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 19:18:37
家の光サイト移転していますね、結果そろそろでしょうか。

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 14:16:41
プロなどに添削してもらったことがある方に質問です。
「そんなアドバイス受け入れたらこの作品が変になる」
と思ったことありませんか?
先日返ってきたアドバイスを見て、書き直すべきなのか迷っています。
何かそのアドバイス通りに作り変えると、
その作品がグレードダウンしたように思えるのです。

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 23:58:23
>>30
もしどうしても納得いかなければ、それは無視しましょう。
作品はあなたのものです。
プロにもピンキリありますし、
プロが必ずしも「編集者の目」を持ってるとも限らない。
さらにいえば、古い目しか持ってないかもしれないしね。

素人さんの意見、とくに子どもの意見聞いた方がいいよ。
「どっかわからないところあった?」
「どっかたいくつなところあった?」
「こんな終わり方でいいと思う?」
など。


32 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 01:39:43
ニッサンの結果はいつごろわかるのでしょうか・・。

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 03:54:18
わたしもニッサン知りたいです。
入賞してたら年内に連絡来るものなんですか?


34 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 05:51:08
ニッサンの結果は、そろそろ個人的に入賞者に電話がいくころですよ。
一昨年入賞した人は、早くて12月の始めにはきていたそうですし、
昨年入賞した方は17日ころに電話が来たと言ってました。
わたしが入賞したときは12月24日に電話をもらいましたが、
そのころは締め切りもいまより半月遅くて10月31日でした。
ですから、今は締め切りが早まっている分、早いのではないかと。

35 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 06:31:30
年末は、とてもオソロシイ童話を一本書こうかな。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 18:13:30
ニッサンは、佳作は十一月に連絡をもらえます。上位の賞は十二月らしいよ。

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 03:27:29
そうなのですか・・・もうあきらめた方がいいかなあ。

今年から書き始めた者ですが、3つ程応募してみましたが
さっぱりです・・。
でも何年も続けて応募されてる方もいらっしゃるんですよね。
あきらめないで頑張らないとなあ。

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 15:30:44
下選が歴代受賞者だったよな。>受賞者
悪いが偏りが気になるんでニッサンはしばらく応募してない。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:11:45
ミツバチの豪華参加賞キタ

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:12:39
きたねw

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 02:22:09
童話は、「白いカラスの物語」を構想しているのだけどね
白いカラスが、少女や風や老いた犬と会話しながら、何かを考えていく物語だ。
少女との会話で生きるという事を考え
老いた犬との会話で幸福を考え
風との会話で自分というものを考える
こんな具合に答えは合えて出さないで読者に結論を考えてもらう童話を構想しているよ
これは自作のCGと一緒にネットで公開する予定だけど、なかなか進まないな。

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 02:51:02
自費出版で有名ないくつかの会社。
けっこう童話や絵本の賞を設けてますよね。
自費出版については評判良くないけど、
大賞を取れればお金もかからず出版できるんだから
そういうところにも挑戦しようと思ってるんですが・・・
当然、共同出版とかほのめかされても断るつもりで。
他の方はどう思いますか?

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 08:56:07
私はやめた方がいいと思います。
といっても挑戦したことがないので実際自分が経験したわけでは
ありませんが。
新聞の投書で、自費出版の本が本屋の「ご自由におとりください」のところに
積まれていて、しかも誰も手に取った形跡すらない、やはり自費出版は
そんなものなのか・・・というのを読んだことがあります。


44 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 09:36:45
B社は知りませんが、P舎は落選作のネタを他社に流してプロに提供していた
という噂があったようですが、どうなんでしょうね。


45 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 10:06:48
いかにもありそうな話ですがデマでしょうな。
彼らは原稿など読んでないので。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 12:46:28
>>43
同人誌とかやっていればわかるけど
無料だったらかえって取る人はいないものだよ
無料で配っているものは誰だってその程度の価値としか見ないからね
小額でもお金を頂いて販売した方が取る人が多い

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 13:16:03
>42
 仮にキミに実力があって
 自費出版系(新○舎なんかは特に有名)で大賞を取り
 出版されたとしても、ほぼ100パーセント次には続かないよ。
 というのも、新○舎などで本を出すことは
(それが自費であろうと賞を取って、であろうと)
 汚点にはなっても勲章にはならんのだよ。
 ほかのまっとうな出版社の編集者に、
「新○舎で賞を取って本をだしました!」
といっても、「ああ、あそこ?ふーん」
ってなかんじで、馬鹿にはされても、間違っても目をつけてくれる、
なんてことはありえない。
編集者本人が言ってたので、間違いないっす。
業界ではすごい評判悪いからね@共同出版系の出版社。
 

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 19:15:27
>44
ワタシも完全にデマだと思います。
だいたいナゼ、P舎で落選したようなクソネタを
わざわざプロが使って作品にしなきゃならんのだ?
プロは素人からネタなんか流してもらわなくとも
書きたいネタが山ほどあるんだよ。
それに仮にスランプに陥っているプロだったとしても
P舎で落選したクソネタよりは
はるかにマシなネタで作品を書くだろう。


49 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 21:02:45
>>48
そのアイデアが面白けりゃ、プロはそれなりの料理の腕で原石を磨きだすんじゃないかな。
デマかどうかは別として。

>>42
今は、大抵の出版社で自費出版がある。児童書のサイトを見てごらんよ。
お金があって一冊でも出したいという人なら、わざわざ自費出版系の会社を選ばなくてもってことで。

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 21:40:01
>49
プロとしてのプライドがある人なら
少なくともそんなプライドのないことはしないね。
ちょっとプロを馬鹿にしてんじゃない?




51 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 23:05:32
でもさ、こういう考え方もできるよね。

その落選ネタを、編集者がプロの人に「こういう感じのものを書いてほしい」って言って提供する。
で、プロの人はそれをヒントに書き始める……。

プロにだって、ピンからキリまでいるだろうし。
ヒントとしてネタを提供されたら、のせられるかもしれないしね。

ジャンルは違うけど、某少女漫画誌では、投稿作品の落選したネタをもとに、新人漫画家に描かせているそうですよ。
実際に自分のいとこが投稿してて、何度かアイディアを盗用されたっていってた。
(何しろ、彼女は絵があまりうまくなかったから、上位には入賞できなかった)
まあ、裏ではいろいろあるんじゃないの?


52 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 23:09:29
ワープロで体裁整えてPDF化すれば、それなりの見栄えになりますよ。


53 :42:2006/12/12(火) 01:08:23
たくさんレス、ありがとうございます。
自分でも調べてみたのですが、やっぱりなんか怪しそう。
という事で、やめることにしました。
大賞を取って、その後が続いてる人も聞かないですし・・・。
出版だけ出来ても仕方ないですよね。
色々な情報、とても参考になりました。
ありがとうございます!

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 01:54:28
>>53
心霊探偵の人はどうだろう。
読んだことないからわからないけど、一応シリーズ化はしてるよね。

>>51
それはもしかしてH社?
違ったら濡れ衣で申し訳ない

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 12:09:30
>54
≫それはもしかしてH社?
あたり!


56 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 13:42:36
>>51
>実際に自分のいとこが投稿してて、何度かアイディアを盗用されたっていってた。

そう思い込んだ落選者が恨みを込めて流している話題ですよ、盗用疑惑っていうのは。
盗用があるかないかと言われればどちらとも断言できないし、実際あるかもしれないのだが、
「ネタを盗用されたと言ってる人がいるんだから実際にある!」という主張は愚かすぎる。

つか、共同出版系は作家育てる気がないんだから、ネタ提供するお抱えの先生もいないでしょ。
かえって安全じゃね?

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 17:26:59
なんかテレビとかのドラマの見すぎだと思うんだけれど
実際問題、編集者が作家に「こういうネタを元にかいてください」
なんて生意気なこと言い出さないって。
現実的に考えてもみなよ。作家に対して失礼でしょう。
作家のほうから編集者へ「こういう話を書きたいと思うんだけれど
どうかな?」
という相談はいくらでもしますよ。
でもね、編集者のほうから「こんなネタで・・・」なんていわれても
自分が書きたいものと一致しなければ絶対に書かないよ。
それにネタの横流し、なんて、ドラマの中じゃあるかもしれないけれど
実際には99%そんなこと起こらない。
しかもP舎でボツった面白くもないネタなんて
拾う編集者がどこにいるのよ?
そもそも自分がプロだったとして、そんな相談持ちかけられても
書かないって思わない?
想像力働かしてよ、もっとさ。

って、もうこの話題、どうでもいいけど。



58 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 17:29:29
57だけど、これは児童文学界の話ね。
漫画や小説は知らないよ。


59 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 19:49:37
とにかく、きちんとした原稿料をもらって、作品を世に発表するっていう、ホンモノの童話作家、
児童文学者になりたかったら、自費出版系の出版社の餌食にならないことですね。

自分でお金を払って、本を出したって、作家だなんていえないです。
作家は仕事で書くんだから、本を出してお金をもらう方ですもん。



60 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 20:41:39
>>57
「こうネタを元に・・・」
というのではないけど、
「こういうテーマで」とか
「こういう路線で」などの注文はあるよ。
学研読み特とかこども新聞とかだと、
主人公とか年齢とかジャンルとかのしばりが多い。

場合によっては(三流の無署名童話みたいなやつ。商品宣伝用とか)、
「こういうキャラで、こういうふうな感じで終わるものを」って求められることはある。

ただ、そういう売文タイプではない作家は、
そもそもそういう仕事を受けないけども。

SF作家さんなんかはそういうの多かったんでは。
(星さんとか筒井さんとかのエッセイ見てるとそう思う)。


61 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 22:49:56
そもそも論点がずれてきちゃってるけれど、
元々はP舎でボツになった原稿ネタを横流ししている、という話題だったよね。

それに関して、そんなP舎でボツになったようなネタを
プロの作家に持っていく編集者はいない、ということがいいたかったんだ。

>こういうテーマで」とか
>「こういう路線で」などの注文はあるよ。

もちろんそういうオファーは当然あるよ。
でもそれと上記のようなことは全然意味合いが違うでしょう。

元々作家という人種は「我」が強いタイプが多いんだから
具体的に「こういうことを書いてみては?」などと
他人のネタを持っていっても、それに乗って喜ぶ作家なんていないというか、
自分で自分の作品のネタも考えられないようじゃ、
それは3流作家だよ。

でも漫画業界とかは締め切りとかが差し迫っているから
編集者がネタの相談に乗ることもあるのかも知れないね。
児童文学や絵本作家は、編集者からネタをもらうなんてことはしない。
自分で書きたいことが山ほどあるんだから、
むしろ自分から、作品をどんどん書いて担当の編集者に持っていくものだよ。

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 20:19:58
Pのネタ流しの話、プロ作家スレで見たことあるような気がする。
流し先はS社だったかな。
元は他人のネタだったってことを知らないまま、作家が担当に勧められて
書いたとか何とかってことじゃなかったっけ?
44さんもそれを見たのかな?
まあ、それも事実かどうかわからないけど、「文章にはなってないけど
ネタはいい」っていうのがあれば、そういうことも起こりうるのかあ。
どっちにしてもスレ違いになってきてるし、もうどうでもいいな。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 02:58:31
うん、もうどうでもいい。P舎のことはほかの面で色々知っているし、
たしかにあそこの内情はひどい。
しかし、そういうことが事実あったとしてもそれはすごくまれなことで、
まともな出版社でがんばっているほとんどの作家も編集者も
自分の仕事に誇りを持ってやってるよ。
中には人のネタをパクったり、利用して一発当てよう、
なんて考えている人間だっていないとはいえないが、
ワタシの知る限りでは、少なくともまともな出版社に
かかわっている作家や編集者は、そんなプライドのないせこい仕事の仕方は
していないし、第一そんな素人のネタからの宝探しなんかしている暇ないよ、
忙しいもん、編集者も作家も。
そんな暇があったら自分で書きたいものを書いたほうが楽しい。
書きたいものがあるから作家になるんでしょう。
それがないならプロなんかになれるか。

少数派の、ごく一部の人がやっている(かもしれない)ことを
ここで取り上げて話してもあまり意味はないんじゃないか。
ただ現実の世界では、世間で思われているほどそんなことは
本当に起こってないしやっていない。
ここでこんなことをいってもどうせ信じてもらえないだろうし
叩かれるだけだからいいたくもないけれど
この業界に10年以上かかわってきて、
著作も大手の出版社で二桁以上出してきて
実際に体験してきていることだから、自分の体験を書いているまでのこと。
ワタシの周りではそんな話聞かないし、そんなプライドのない仕事をしている
業界仲間もいないってこと。
信じなくてもういいけどさ。
もうココにもこないし。
みんな、がんばれ。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 07:14:43
>63さん
そうですね。
わたしは信じますよ。
実際にごく少数の人がやっているかもしれない(やっていないかもしれない)ことをあげつらって話しても意味のないこと。
それよりも、わたしたちは精一杯書いて、表現することですよね。
その上で、自費出版で満足するならそれもいいし。
ちゃんとプロとしての道を選ぶのも自分次第ですしね。

それから37さん
今頃ですが。
今年から書き始めて、3カ所に投稿されたとおっしゃいましたが、まだまだ道は長いですよ。
いきなり受賞する人もたまにはいますが、大抵は5〜6年かかりますから。
それまでに、あきらめるのもがんばるのも自分次第。
一番のライバルは自分自身です。
ここで、匿名のおつきあいも悪くはないですが、童話関係のHPをもっていらっしゃる方はたくさんいますから、
検索していろんなところを訪問するといいですよ。
わたしがしっている限りでも、少なくとも、ここよりも生の声が聞けるし、いろんな情報がえられます。

65 :名無し物書き推敲中:2006/12/14(木) 08:20:03
ニッサンに出した人いますか?もう連絡来た人いませんか

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 20:27:05
ニッサン、連絡来た人いないんですかね・・・。
わたしも気になります。

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 02:55:46
本気で童話作家になること決心しました。
みなさんは日々どれくらい書いてますか?

コンテストにに投稿してる時に書くくらい?
それとも毎日何かしらやってますか?
講座や通信教育などもやってます?
(私は昔やってたけど今はなにもやってません)

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 08:36:35
毎日書いてますよ。
言葉を磨く訓練もしてます。
(作家辻邦生さんのいう
 「ピアニストがピアノを弾くように言葉を操れる」ようにするという訓練です)。
書けない日もありますが、必ず時間をとって、原稿用紙に向かいます。
(掌編、またはそのほかの長さの作品の出だしは、手書きしてます)。

わたしも決心してがんばっておりますが、道は長いです。


69 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 19:01:33
毎日書くというのは、今想像している話を
毎日少しずつ書いていってるんですか?

それともただ書く練習として、その日にあった出来事を書きたりしてるの?
(毎日想像して、書けるものなのかと思いまして)

70 :68:2006/12/23(土) 09:20:57
辻さんはいろんなことを書けと言ってましたが、
わたしがやってるのは、
書こうとしている物語には直接出てこない場面を書いています。

人物たちに厚みをつけるために
(つまり本文でのリアリティを増すために)
場面だけを書きます。

たとえば、家族で食卓を囲む場面や(登場人物が学生なら)登下校の場面。
お父さんが出るなら彼の出勤場面とか会社でのこととか、夫婦の会話とか。
日常的な場面が多いです。
物語には出てこない部分ですが、
単純に「この人はこういう性格」と決めるよりも
こうすることで本文を書くときに、ありありと人物像が浮かんできます。

同時に文章の練習にもなりますよ。


71 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/24(日) 00:11:25
>>70
詳しくありがとう!
まるで普通の小説の勉強みたいですね。
私も頑張ってやってみます。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 05:56:24
童話を書いてる人達の掲示板があるのですが、
そこで、「P舎から出版します!賞に落選したけど、出版社の人の目にとまって・・」
という書き込みが。
他の人たちも、知らない人ばかりなのか、
「おめでとう!」「すごいですね!」の書き込みが・・。

指摘しようかとも思うのですが、出版するという人は、
もうプロになったかという勢いで「やっとスタートラインに立ちました」
と、意気揚揚としているから書き込みにくい・・。
けど、他の犠牲者が増える前に知らせるべきなのかも、とか迷ってます。

こういうのを見ると、このスレで情報を知ってて良かったと思いますね・・。



73 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 21:56:07
まとめとかあればコピペで「一応注意して」と言えるけどなぁ

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/27(水) 14:28:04
>>72
このスレに案内してやればいいじゃないか



75 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/27(水) 17:50:36
>>72
ついでに、これも教えてあげよう
【文芸社】協力出版・共同出版を語る 17【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1165767759/

76 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 18:56:54
応募規定で、1000字以内とか2000字以内というのを見かけるのですが、
これって、純粋に文字数なんですかね?
それとも、ページ換算(1000字=400字詰め2枚半)なんですかね?

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 18:59:36
……字って文字が文字以外の何にみえるのか

78 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/01(月) 20:47:17
普通文字数は行間の空白も含まれるよ

79 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/02(火) 06:32:10
今年から募集をやめた「ほのぼの童話賞」は、以前「原稿用紙5枚もしくは2000字以内」という規定の時があった。
ちょっとみると普通のことのようだったけど、実際には文字数だけをつめて2000字で書いて、改めて改行したりして、
文章の体裁をととのえると、5枚以上になった。(最高7枚くらいになる)
この2000字というのはネット応募に関してだったけど、原稿用紙との差が気になって、ネット仲間と話したことがあった。
仲間内の一人がほのぼの事務局に聞いたが、規定の通りの解釈でいいようなことをいわれたという。
でも、やっぱり5枚と7枚じゃあ、不公平ではないかと、いろいろいったけど。
結局、事務局のほうも、いざ入賞作品を冊子にするときに、ページ数があわなくなったりしたのか、
ネット応募は2年くらいでやめてしまった。

文章は、見た目の読みやすさの体裁も必要だから、原稿用紙の枚数で考えた方がいい。


80 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 19:49:43
原稿用紙で考えると中途半端になることもあるよ。
絵本やエッセイなんかで1500字とか2500字をよく見かけるし。

81 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 23:19:12
アンデルセン間に合わず……><

82 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:37:36
アンデルセン、忘れてたな

83 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 17:02:47
>>76
不安ならTELして聞きなよ
間違いなく親切に教えてくれるし確実だぞ
俺はそーしてる

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)