2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

SF祭・後夜祭

1 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:41:20
合評でもしようか。

2 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:42:54
投稿された作品は以下の14本です。

少し不思議なメール
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060707212906&log=&page=&action=html2
深夜の高速、通り過ぎた景色。行く先を求めて車を走らせる主人公に、一通のメールが届く。

閉ざされたやさしさ
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060708002141&log=&page=&action=html2
付き合っているのに片思い。複雑な二人の選ぶ結末は…最後の一行がじんわり怖い。

教会
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060708185952&log=&page=&action=html2
小さな海辺の教会。満月の夜。睦まじく暮らす夫婦のもとへ、旅人が訪れる。

退屈の分け前
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060708080218&log=&page=&action=html2
現場事務所で働く麻雀好きな男。雀荘で友人を待っている彼に、老人が語り始めた話は――。

アンビエント
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060708213711&log=&page=&action=html2
中学三年生の大前田凛。彼女はある朝、普段と違う自分に気が付く。それから起こった出来事は……。


3 :無志望 ◆RelMnLZ5Ac :2006/07/16(日) 22:42:58
あhじょあほhとはおg

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 22:43:20
2ゲト

5 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:43:36
ドラゴンの生き血
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060709120051&log=&page=&action=html2

青い悪戯。―これがわたしの生きる道、とどのつまりは自分探しの旅―
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060709132509&log=&page=&action=html2

祈り
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060709164815&log=&page=&action=html2

ジョージオーウェルに敬意を込めて
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060709175257&log=&page=&action=html2

戦え! 超機動部隊パワードシニア
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060709182723&log=&page=&action=html2

6 : ◆lemonYgsCs :2006/07/16(日) 22:43:53
乙であります

7 :無志望 ◆RelMnLZ5Ac :2006/07/16(日) 22:44:28
お前らさあ、
リンク張り終わるのを待てば?



8 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 22:44:33
orz

9 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:45:08
試着室
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060712044703&log=&page=&action=html2
同僚の和歌子と麗香。二人はデパートのバーゲンに行き、麗香は店員に勧めらるまま試着室に入る。


http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060712212618&log=&page=&action=html2
砂漠を歩き続ける俺。奪われた研究成果と、諦め。意識から遊離した陰茎。これは幻覚? それとも――。

落下する影
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060712235050&log=&page=&action=html2
仮想都市、ネオレアリスモ。ゲーム内での謎の存在、ジョーカー。団地で営業をする主人公はその気配を感じるが。

タコ星人(?)、ハート直撃!?
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/kyousaku/mini.cgi?key=20060713023924&log=&page=&action=html2
宇宙人に憧れる中学生、鈴本なゆ。ある朝、教室に入ろうとすると「UFOを見た」というクラスメイトの声が聞こえる。

10 : ◆lemonYgsCs :2006/07/16(日) 22:49:18
●rz

全然見てなかった

11 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:50:13
読者投票順位
1位 少し不思議なメール 50点
   ドラゴンの生き血  50点(22:00時点?)
3位 青い悪戯。―これがわたしの生きる道、とどのつまりは自分探しの旅― 40点
   閉ざされた優しさ  40点
5位 試着室 20点
   日向水 20点
   アンビエント 20点
   タコ星人(?)、ハート直撃!? 20点(参考作?)
8位 落下する影 10点
   蟲  10点
   雨の記憶 10点
   戦え! 超機動部隊パワードシニア 10点

参考作扱い? 退屈の分け前

以上です。

12 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:51:39
すみません。
5位に「教会」が抜けてました。
作者さん、許してください。

13 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 22:57:46
てなわけで、「教会」の話でもしましょうか。
この作品は、読み手次第ではとても痛々しい作品だと思います。
旅人が見たものは幻覚だったのでしょうか。
救いを受けたはずなのに、ベッドに寝ていたはずなのに、本当は救いなんかどこにもなく、
空腹で浜辺で眠っている。
そんな風に受け止めたら痛々しいなあと。
もちろん、童話として、旅人がもてなしを受けたけれど、
それはなぜか忘れさせられている話という筋通りに受け取るのも
十分にアリでしょうけど。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 22:58:48
頑張って盛り上げろ焚き火。

15 :kitty guy:2006/07/16(日) 23:00:22
焚き火さん、スレ立てどーもですー。
 ごめんねー。前スレ読んでたら疲れちゃった……。

16 :無志望 ◆RelMnLZ5Ac :2006/07/16(日) 23:00:32
おれは

がんばって燃え上がれ焚き火

の方がいいなあ・・


17 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:02:46
これは祭りへのスタンスとしての考えですけど、
今回のテーマ・すこしふしぎだったわけだよね。
そこで今回、ぼくもちょこちょこ感想を書いたけれど、「ふしぎ」もしくは「不思議」を
使った作品には点を入れなかった。
「教会」も旅人が「不思議」な夢を見る。
ここで作者がこの単語を使って、不思議さを出すのは卑怯だと思いました。
ふしぎ祭りだからこそ、不思議という単語を使わずにふしぎを書いてほしかったです。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 23:04:38
焚き火は何を書いたの?

19 :無志望 ◆RelMnLZ5Ac :2006/07/16(日) 23:04:43
なるほど。不思議ちゃんって不思議とか自分で言わないもんね。

20 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:05:07
「教会」についてはこんなところですかな。
何か意見のある方はいらっしゃいますか?
なければ次にすすみましょうか。
作者、出て来い!

21 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:06:03
>>18
閉ざされたやさしさ

22 :kitty guy:2006/07/16(日) 23:08:26
>>17
あはははは。確かに、そーいう見方はあるか。kitty的に雰囲気一番好きだったけどな。
 んでも、本当に盛り上げようとしてくれてるとこゴメンだけど……、寝ます。おやすみなさい。ノシ

23 : ◆CHANCE1/yQ :2006/07/16(日) 23:08:30
仕事帰り
協会、雨、日向作者ですw
今回はマイナスつかなかっただけでもよかった。

24 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/16(日) 23:11:09
日向水、良かった。ってかこわかった。

25 : ◆CHANCE1/yQ :2006/07/16(日) 23:11:34
>焚き火さん
帰って気力あれば合評参加します。
すみません

26 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:14:13
作者投票結果
1位 ドラゴンの生き血 5点
   少し不思議なメール 5点
3位 青い悪戯 3点
   落下する影 3点
5位 教会 2点
   祈り 2点
   戦え! 超機動部隊パワードシニア 2点
8位 退屈の分け前 1点
   タコ星人(?)、ハート直撃!? 1点 

今回は二作品の優勝ですが、二作品とも読者と作者両方の二冠です。
次は菊花賞を狙ってほしいですね。

27 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/07/16(日) 23:16:49
>>17
>ここで作者がこの単語を使って、不思議さを出すのは卑怯だと思いました。

卑怯なほど効果的なら、むしろ使うべきでは?


28 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 23:16:50
菊花賞受けたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

29 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:19:08
>>22
雰囲気も、なんか遠藤周作の小説にたまに挟み込まれている聖書みたいな童話、
「白い人、黄色い人」の神様がパンみたいに人を焼く話とか、
「真昼の悪魔」の神父の話みたいな雰囲気でぼくはだめでした。
このごろ、自宅にエホバの証人が小冊子をおいていったせいかもしれませんが。

「ジョージオーウェルに敬意を込めて」は現在のゴミ処理業者を主人公にしても
話ができるところがぼく的に減点でした。
現代の小説で書けば、おもしろい題材と思いますよ。

30 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:22:01
>>27
効果的ではないよ。
少なくとも意思は伝わるけど、薄っぺらな教師の朝の会レベル。
「先生は君たちに絶望した」と言って、ショックを伝える教師はダメでしょ。

掲示板だから言葉をあまり選べずに文字を打ち込んでいるので「卑怯」とかそういう
単語の誤用は許してください。


31 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:31:07
「日向水」は雰囲気を作ろうとするあまり、変に違和感がありました。
おそらく江戸時代ぐらいの話でしょうが、あまりにも主人公が最近の
キチガイママなんですよね。
江戸も現代も女の心は変わらないのを描くには、SS程度の長さじゃ
短すぎたのもちょっと苦しいと思いました。
書きたいことはよくわかるんですが。

「雨の記憶」も納得がいかない設定だけが気がかりでうまく物語に
のめりこめませんでした。
昇君が焼却炉に消える必要性、昇君をどうして誰も何年も探さないのか。

二作とも文章はうまく書けていたのですが、そのあたりでひっかかりました。
文章は良かったです。
「 クラスメイトたちはみんな帰ってしまい、二人だけ残された教室で、私はモップを持ちながらつまらなそうにしていた。机の上に座って、足をぶらぶらさせながら、けだるそうに髪をいじっていると、自然とため息がでた。」
なんてなかなか書けないですよ。

32 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/16(日) 23:48:42
>>31
そうかな。オレも当初「日向水」にはもうちょっと長く書いてもと感想しようと思ったんだけど、
長く書く必要ないとも思ったけどな。
ラストシーンのインパクトを活かすなら、ダラダラ書かず、あれぐらいのほうが良いのかもしれないと思ったな。
あれ以上書くとなると、物語を必要とするんじゃないだろうか。

33 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:51:25
本当にみんなこの祭りに興味がないんだねえ。
レスがちっともつかないや。
愚痴はともかく「雨の記憶」の話をしましょうか。
明日になれば作者さんが見てくれて、「焚き火、勝手なことを言いやがって。
殺してやる」と恨んでくれるかもしれません。

この作品は惜しいです。惜しすぎます。
ただ、「日向水」が圧倒的に書き足りないのと違って、「雨の記憶」は
書かなくていいものを書いて、書くべきものが省かれていると思います。
それは冒頭からです。
喫茶店のシーン。いらないでしょ。ラストに主人公が喫茶店にいる、つまり、
小説の時間を回想から現在へ戻す場所としての設定でしょうが、
あまり意味がないと思います。
それは次の机の回想もそうです。
雨の不愉快さと机から小学校時代を表現しているのでしょうが、
文章が「誰もが一度はかいだことがあるであろう、あの記憶の奥にべったりと染みついている酸っぱい匂い。」
といった感じのくどさがあって、読み手に体力を強います。
いきなりそよ子の手紙から始まってもよかったのではと思いました。
手紙を読むのが喫茶店にしても、あそこまでものの描写はしないでいいでしょうし。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 23:51:49
アゲ ノシ

35 : ◆CHANCE1/yQ :2006/07/16(日) 23:52:00
個人的に一番力いれていたのは雨です。
なにしろ推敲してないため設定崩壊と構成破綻のオンパレードになってしまいました。
書き切らなければだめですね。

36 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:52:16
次に、それから回想のシーンになりますが、ここは逆に描写が薄いです。
十年以上も前のことだから、主人公は細かいことまで覚えていないというかもしれませんが、
小説の核ですから、細かいところまで伝えてほしかった。
クライマックスの焼却炉の場面なんか、少なくとも焼却炉の臭いを書くだけでもイメージが、
具体的になるでしょう。
机の臭いはあれだけ書いているんですから。

そよ子を共犯にしたのは、そよ子が和歌子の言うことをなんでも聞く子分
だったからでしょうか。
そこのところも書いてほしかったと思います。

たとえば、普通ならばそよ子は家に帰り、怖くなって親に告白するかも
しれません。
それをそよ子がしなかったのは、和歌子に嫌われたくなかったからだと
いうのは小学生らしい通る理由のような気もします。
ただ、そこを書かれてないと、読者に「なんでそよ子は誰にも言わなかったんだろう」
と矛盾点を与えることになり、「つっこみどころのある作品」とレッテルを貼られかねません。
こういうところも丁寧に書いてほしかったと感じました。


37 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 23:54:06
今夜は焚き火の一人語りになりそう?

38 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:54:25
>>32
そうかもしれませんね。
SSとして完成しているかもしれません。
でも、それならばなぜに江戸時代? みたいな疑問が出ちゃいました。
あくまでも、ぼくの狭い見解ですから、おそらくこの感想は間違いでしょうが。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 23:55:23
あげ

40 : ◆CHANCE1/yQ :2006/07/16(日) 23:55:49
雨は最初の喫茶店のシーンくらい全体書き込むつもりでいたのですが間に合いませんでした。

41 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/16(日) 23:57:04
>>37
2ちゃんでこんなにひとりで語るの、はじめてだよー。
こわいよー。
明日にはぼくも、嫌われコテの仲間入りかなー。
明日は海の日だけど、ぼくは昔、海を見に行こうと言って競艇に女を誘ったことがあります。

42 :◆RelMnLZ5Ac :2006/07/17(月) 00:01:08
凶悪名無しが何を言うか・・


43 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:01:45
海の日記念だ。
わたしのかつての海祭り参加作品
http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/gendai/mini.cgi?key=20060717000004&log=&page=&action=html2
天ぷら油を火にかけて、一泊二日の旅に出るような気分で読んでください。

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:01:56
酷いなー >焚き火

もう日付変わったよ。
とりあえず自分はヲチだけど、こうも盛り上がらないとつまらんね。

45 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:03:08
>>40
喫茶店のシーンにこだわりがあったんですね。

46 :-3SINpz9:2006/07/17(月) 00:05:43
>45
こだわりというか最初はあのペースで書き進んでいくつもりだったんです。

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:06:24
>>46
アッー!

48 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 00:07:28
>>47
アッー!って誰だっけ。パペ彦だっけか。

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:07:49
>43
とりあえず読んだ。
いつも思うけど、トイレネタ多いな。

50 : ◆CHANCE1/yQ :2006/07/17(月) 00:08:02
トリップミスるほど頭疲れてます。
焚き火さん耳が痛い感想ですがありがたいです。

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:08:33
そろそろ作者のおでまし?

52 :◆RelMnLZ5Ac :2006/07/17(月) 00:08:36
すかとろは勘弁。

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:09:26
焚き火はどれ書いたの?

54 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:09:27
>>46
大丈夫?

話は戻って、つまり喫茶店で和歌子がそよ子を待ちながら、昇のことを思い出す
という感じですか?
うー、それはそれでつらいですね。
会話文(単純な「  」のことです)が少ないと、事件がうまく運べないんじゃないかと
思います。


55 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:10:45
>>53
反撃が怖いから言いたくない



というかさっきも言ったよ。
「閉ざされたやさしさ」

56 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:11:14
鳥を臨時的に変えています。感じです。


57 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:14:21
>54
トリックや事件も書いていて面白かったですけれど
実は心理サスペンス?のようなものを目指していたんです。

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:15:39
ヲチは落ちます。











面白くないなー

59 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:16:06
>>50
自分のことを棚に上げて、勝手なことを言ってすみませんでした。
題材がいいんで、削除して百枚にして新人賞という手もあるくらいの潜在的な
高さを感じました。
たとえば、昇の性格の暗い理由として、昇の両親は父も母も暴力をふるい、昇に
ごはんも食べさせずに、夫婦でパチンコに行くような親で、それが原因で昇が
消えても気づかなかったとか、そういういまふうのエピソードをふたつみっつ作って、
百枚にすれば、もしかしたら素晴らしい小説になる可能性があると思います。

>>56
なにを書いたんですか?
興味のある作品は?
レッツ合評!

60 :◆RelMnLZ5Ac :2006/07/17(月) 00:16:48
この人大丈夫か・・



61 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:18:39
>>60
わたしのことかいな?

62 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:20:46
あ! 大丈夫やないや。
>>50>>56が同一人物だと気づいてない。
だめだこりゃ。

63 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/07/17(月) 00:21:41
俺も>>32のサルと同意見なんだよなー。
確かにそっから先の物語、おそらく有りがちな刃物沙汰になっていくと思われるが、
それでももう少し読みたい気分にはさせられた。
おそらくそれに近い構想は作者には有ったんじゃないかな。
その設定が江戸辺りだったのは、単に作者が古典風の世情とか浮世とかを書きたかっただけじゃないの。
で俺が良いと思ったのは、この部分。
> 弥一は家をでると、庭先の椿を妙にもっていくために少しつんだ。妙によく似合う、美しい赤椿の花である。
これはお洒落だと思った。女の為に花を摘む、うわー古典に出てくる遊び人の雰囲気が凄く出ているなーと思った。
とにかく古典風な妙な味があると思った。

64 :◆RelMnLZ5Ac :2006/07/17(月) 00:23:43
古典を読めばいいじゃん。

65 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/07/17(月) 00:26:55
面倒臭いじゃん。

66 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:27:21
>>63
庭先の花を女に持っていく。
そういう時代背景を読めるか読めないかで、読者の力量が出ますね。
ぼくは銀座の花屋みたいに、飲み屋付近には花があるものと勝手に思っているから、
貧乏くさいことをするなと安易に読み過ごしてました。
駄目なやうです。

67 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:27:58
>>63
時代物にかぶれていて書きたいなあと思っていたんです。
確かに今時の昼ドラと同じようなストーリーですね。
赤色は今回の作品たちにはわざと多く使っています。

68 :◆RelMnLZ5Ac :2006/07/17(月) 00:28:47
ああ、シックスセンスね。


69 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:32:04
腐って公募とかだしてるの?


70 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:34:22
>69
きららメールに一回出しただけ。
最終止まりだった。
日向もきらら用に書いていて、結局送らずにいたやつが原型。

71 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:40:09
そしてだれもいなくなった。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:41:01
ガイルガイル

73 :焚き火 ◆N4yYguEUWw :2006/07/17(月) 00:45:50
いることはいるけど、寝ようかなあとも思ってます。


74 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:49:04
>72
ソニックブー(ry

次があれば余裕もって祭り作仕上げよう。

75 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:50:41
>73
自分も同じく

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 00:53:43
期間中なんの脈略もなくエルに呼び掛けたり、持ち上げれ名無しがいたから怪しいと思っていたが、
やっぱり自演だったな。エル自演虫。
またミクシで自作ばらして馴れ合い点もらったのか?


77 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/07/17(月) 00:54:08
「試着室」と「雨の記憶」の女の名が同じ和歌子だったのは偶然の一致なのかな?
「試着室」はもう削除されているが。

78 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/17(月) 00:55:25
>77
まったくの偶然w


79 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/07/17(月) 00:57:22
>>78
そんなことってあるんだねー、不思議。これぞ不思議W
ちなみに僕が高校の頃に付き合っていた子も和歌子だったんだよ。それで気付いたんだよー。

80 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 00:58:43
>>76
だから君、アリスレでも言われてるとおり医師に看てもらえって。

81 :湯豆腐:2006/07/17(月) 01:12:59
ドラゴンの合評いつやる?
てか作者は?

82 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 01:30:01
まだ終わったらいかんのじゃないですか?
結局参加者は何名?
作者Aさんもコテトリ付きで「どうじゃー」って出てきてもいいんじゃないかな。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 01:30:27
>>80
サルもミクシィにいるのか?なんて名前?
あのことは下手に庇わない方がいい。やっていけないことはやっていけないこととして認めないから、
エルはいつまでも叩かれるんだ。
非は非で認めるのが仲間なんじゃね?

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 01:32:12
サルはミクシしてないみたいだから知らないんだろ。
知らないなら無条件に擁護しておけばいいんだよ。
かえってエルに迷惑かけてるとどうして気付けないのかね。

85 :湯豆腐:2006/07/17(月) 01:34:01
>82
だね。
何にせよ各作者さん集まってほすい。

86 :湯豆腐:2006/07/17(月) 01:36:36
ミクシィってそんな話題になるほど面白いもんなのかな

87 :湯豆腐:2006/07/17(月) 01:37:21
紹介がどうたらとは聞いたことあるけれど

88 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 01:38:50
ミクシィ、やってないっす。
エルがなんぞアコギなことをしたのでしょうか?
しかし、エルはここの本質と違うことしてるようには見えない。
本気でイイモノ書いたろうと思ってるのではないでしょか。

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 01:41:53
ここに馴染んだ俺には、紹介がいるというシステム自体受け付けないから興味ないな。
ただそういうとこで喧嘩すると長くシコるんだろうな。お互いの一挙一動見えるわけでしょ。

90 :湯豆腐:2006/07/17(月) 01:43:59
仲間内でダレがダレの日記読んでいないとかわかると聞いてモニョった

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 01:44:03
>>89
わざわざ突っ込むなよお前は。エルは何度も謝ったんだからもういいんだよ。
わざとじゃないなら、ぶり返して墓穴掘ってやるな。

92 :二つ名は「やわらか肉の錬金術師」 ◆TJ9qoWuqvA :2006/07/17(月) 01:45:01
「祈り」作者です。
ミクシィとか出てますが、2cnSNSの方で今回の祭りを宣伝したりしてました。
今回、祭りテーマの募集の時に,S(すこし)F(ふしぎ)祭りと提案しておきながら、
モチベーションがあがらずに、あまり不思議でない作品の投稿になってしまいました。

93 :湯豆腐:2006/07/17(月) 01:50:43
名前がイイ
祈りはきらら向きという感想があったけれど、きららに送ってみてもいいと思う。

94 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 02:08:09
>>92
祈りというものに否定的な感じで読み終えていいんだよね。
祈ることだけでは解消できないんだよ、現実ってのは、みたいな。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 02:08:46
サル?もう逃げたのか?
エルだけでなく今回76もBEに自作こっそり他スレでばらしてるからな、
気にすることないってエルに伝えてやれよw

96 :エル ◆5qSAvJsZh6 :2006/07/17(月) 02:12:44
この件で長くやりとりしても仕方ないんで一回だけレスします。
祭りの方針に背くような事は絶対にやってません。作品本位で勝負してますよ。
あの、ミクシイで作品ばらしたっていう最初の情報が根本的に間違ってます。
しかも、リアルの友達にバレるの嫌だからエルっていうHNもあっちじゃ一度
たりとも使ってません。だからもし仮にバラしていようとも、どの作品がエル
の物かなんて分かりっこないです。あと、ミクシイでトラブルなんて起こして
ませんよ。

皆さん、合評中に横レスしてスイマセンでした。

97 :二つ名は「やわらか肉の錬金術師」 ◆TJ9qoWuqvA :2006/07/17(月) 02:14:15
>93
あれって、携帯から送らないとだめなの?

>94
そうですね。祈って解決するならいくらでも祈りますからね。
祈ったところで何も解決しないまま歳を重ねた主人公なんだけども、
あんたも昔は祈ってたのかよ?みたいな。

98 :湯豆腐:2006/07/17(月) 02:29:48
>97
パソは無理

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:04:51
>>96
祭に参加してること書いて、
自分の作品が何位かを期間中逐一日記に書き込んだら、エルという名前使ってなくてもばれるよ。

まるで点数くれと言わんばかりに自作を応援したのは良くなかった。それさえ認めないならもう知らない。


100 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:07:51
祭の中間報告みたいなことしてたんじゃなければokと思うが。
名前は違っててもあれがエルだと皆知ってるじゃん。検索で出るんだから。アリコテ達とマイミクつながってるし。

101 :ドーベルマシン ◆/58MpLl8gc :2006/07/17(月) 03:08:52
結局作者は全部わかったんか?
落下する影がエルか?

102 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:09:00
>>95
違うだろ。BEが感想欄で76予想したのがハズレたんじゃん。
それを76が事前に指摘しただけだろ。
よく知らんくせに情報操作すんなよ。

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:09:47
2ちゃん創作仲間とマイミクつながってますが、名前は別名なので問題ないです。



別ハンで自演しても問題ないです。


104 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:11:32
よくわからんがつまりあれか?
ミクシってマネーロンダリングみたいな感じなのか?
ここの悪事もミクシで洗える?

105 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:13:54
ってかさ、後夜祭で何やりたいの?
作者さん降臨して自作語ってくれなきゃ。
>>104
お前誰だよ。

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:13:56
期間中は自作をばらしても、それが自作でないとばらしても、ばれるのでは?
特に本数少なくて仲間内同士ならなおさら。

107 :ドーベルマシン ◆/58MpLl8gc :2006/07/17(月) 03:16:14
俺が降臨しとるだろうが
何を隠そう不思議メールは俺だ

108 :104 :2006/07/17(月) 03:17:08
サル、おまえこそ誰だよ!俺は質問しただけだろが。おまえに。
おまえがどこまでもエルの疑惑をひたすら握りつぶそうとするなら、
俺も徹底究明する。誰か俺をミクシに招待しろ

109 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:17:10
うおおおおお、これまた分からなんだあああああ。

110 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:18:51
>>108
ここミクシィじゃないぜ。
エルの疑惑?どうでもいいだろうよ。君、なんか被害こうむったのかい。

111 : :2006/07/17(月) 03:19:48
確かに日記に祭の順位を中間報告してたのはまずかったけど、
俺が見たところ「あああれがエルか」ってわかるくらいで、
点数くれと頼んだりはしてなかったよ。もういいじゃん。サルも冷静になりなよ。

112 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:20:12
>>107
ってことはドーベルさん、どんちょめに継いで2連覇か。

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:20:51
サルがついに開き直りましたwwwww

114 :ドーベルマシン ◆/58MpLl8gc :2006/07/17(月) 03:23:16
嘘ですごめんなさい
参加してないです
読むのも半分くらいしか読んでないです

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:24:18
エルって誰じゃアホー
お前のせいで俺のささやかな楽しみが壊れた
まじ許さん
覚えとけよワレ

116 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:24:47
>>113
はあ?
お前、何か文句あるなら、ここじゃ迷惑だから桃色スレに来いよ。
雑魚名無しが。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:26:56
サルに言われちゃった

118 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/07/17(月) 03:27:47
サルが言っちゃった

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 03:28:33
俺からも頼むから煽らないでやれサル
エルは今別件も抱えてて善意もきっと大迷惑。


>>115
おまえは深夜スレに帰れ。あれはエルを恨むのは筋違い。半分はお前らのせいだ。

120 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/17(月) 08:01:34
お疲れ様でした。
結局優勝者はどなたなんでしょうか。
私は結果よりも今回の作品を書いたことそのものに意義があったと思います。
みなさんは、私の作品をつまらない、下手だと馬鹿になさるかもしれませんが、
私はこれまでになくがんばって真面目に書きました。
それは、私個人の苦しみの中から生まれたものだから。

121 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/17(月) 08:06:44
何か悲しい

僕の人生は何も変わっていない……

変えたい

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 11:18:24
優勝者は読者賞、作者賞共に
少し不思議なメールと、 ドラゴンの生き血の作者
ドラゴンって作者A?
少し不思議なメールって誰?

123 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/17(月) 16:14:52
そうですか、とうとう優勝を手に入れたのですね。
読んでくださったみなさん、ありがとうございましt。


124 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 16:28:16
作品の解説してくれ

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 16:39:38
作者Aオメwww
ちなみに森栖はどうなったんだ?

126 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/17(月) 17:25:49
次の祭りでも優勝を狙いますよ。
今度はもっと文学的なものを目指そうと思っています。

127 :(・}゚):2006/07/17(月) 17:31:29
作者Aってジャンルで言うとどんなジャンルを狙ってるのかな。
僕が思うには恋愛小説なんかが似合うんじゃないかと思うんだけど。

128 : ◆NEGI2J35rE :2006/07/17(月) 17:48:02
>>83
僕もミクシーやってるけど、作品ばらまいたとこなんか見てねーよww
しかも名前はエル、じゃないし。
非は非で認める? 何にもしてねーだろがクソ

フグタマスオといいクソ名無しといい、カスばっかだな

129 : ◆NEGI2J35rE :2006/07/17(月) 17:51:01
フグタマスオオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア

130 :(・}゚):2006/07/17(月) 17:53:43
ネギ、もしかしてキレてる?

131 : ◆NEGI2J35rE :2006/07/17(月) 17:55:34
>>130
ああ。
フグタマスオにクソ七誌が我慢できない。
SF祭りと関係ないので堕ちます。


132 :(・}゚):2006/07/17(月) 18:03:39
作者Aはデリケートで潔癖、女性的なにおいのする人だから恋愛小説が似合うんじゃないかと思った。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 18:17:35
何やるにしても、もっと時間を掛けて書かないと
アリとかに適当に書いて投稿してるようじゃ駄目だろ
優勝したのに、これ以上なにを目指すんだ?
次は公募に出せよ

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 18:22:07
フグタはレスからしてデブオタヒッキー確定だなwww

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 19:22:53
>>133
他人のことは放っておくのが吉。
何が幸せかは当人にしか分からないから。
アリや板での実力者や人気者に甘んじてるのもひとつの生き方ではないか。
自演もいいし、おふざけもいい。当人が好きでやってることならば。
それが嫌な人間は、そういう相手と二度と関わらなければいいだけの話。

136 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/17(月) 19:50:06
>>132
神経症的で中性的であることは確かだと自分でも思います。
今回は病的なところをなるべく覆い隠し、
読者と作者の関係をなるだけ正常に近づけようと試みたのですが。




137 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/17(月) 19:52:43
>>133
私にとって公募は高い位置にある飛び込み台なのです。
アリはもっと低いところにあります。
そこで練習している、度胸をつけているという感じでしょうか。
ごはんもだいたいアリと同じ位置です。
作家でごはんからはプロも出たとかで箔がついているみたいなところありますが、
私はアリで自分の持ち味を出したいと思っています。
早稲田だから必ずしも小説家になれるというわけではないのと同じで、
小さいサイトでも自分に合っていればいいかと。

138 :幼女たんと森栖:2006/07/17(月) 19:55:04
どりゃ!傑作の作者の登場だぜ!!!!!!

139 :幼女たんと森栖:2006/07/17(月) 21:50:16
age

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 22:10:59
高い位置からの飛び込みに練習いるのか?
いるのかもしれんが、もういっそ飛び込んじゃえよ!そして一遍、氏んでみる…

そんくらいだよ、最近のAは。見ちゃ折れんわ。はよう飛び込め!

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 23:16:01
ぐだぐだうっせ馬鹿が。
エルやら76やらに難癖つけて貶めるために、あなたが使ってる時間は長すぎだ。
毎日を最高にするのだ(ヒル)。なぜベストを尽くさないのか(上田ww)。

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 23:17:05


143 :北京 ◆mgv.U.ZFE. :2006/07/19(水) 00:01:33
少し不思議なメール
閉ざされたやさしさ:焚き火
教会・雨の記憶・日向水:CHANCE
退屈の分け前
アンビエント
ドラゴンの生き血
青い悪戯
祈り
ジョージオーウェルに敬意を込めて
戦え! 超機動部隊パワードシニア
試着室

落下する影
タコ星人(?)、ハート直撃!?




144 :北京 ◆mgv.U.ZFE. :2006/07/19(水) 00:02:23
こうか?
けっこう削除されてるのか?
ログ読んでもよくわからない
他はモリス、KITTY、作者A、エル?
自己申告で埋めてくれよ。
これから読むから。


145 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/19(水) 00:21:28
退屈と、アンビエントの2作が76
虫3つ がエル

ドラゴンが作者A
青いが森栖

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/19(水) 21:40:53
>>145
さんきゅう
KITTYがなに出したか気になるな
なんか俺ひとりで後夜祭

147 :退屈:2006/07/20(木) 06:00:33
「退屈」は名無し作です。
次の祭も参加しようと思っているけど、
なんだか盛り上がっていないね。

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 07:31:55
>>147
感想書いた?
参加者より感想数少ない作品があるのは酷い

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 07:36:21
作品が酷いってことじゃなく
参加者の、何でも他人任せの姿勢が酷いという意味でね
幹事すら全く動かなかったのは痛かった

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 07:36:39
ヒント:複数出し
漢字最悪

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 08:22:08
感じはマジで最低最悪だった

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 10:07:42
雨の記憶だけど、主役の女二人はレズ?

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 11:33:54
だろうな。
漢字はレズだし。
ユリ板見てるって自分で書いてたよ。

154 :感じ ◆/80rAShZIQ :2006/07/20(木) 12:32:52
>152
そんなつもりはないけど。
それはそれでつじつま合うし、そうすれば話が広がるなあとか思った。

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:03:15
  

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:09:35
じゃあ百合祭りやるか。

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:11:53
レズ・百合板でやってください。
キショイです

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:16:06
801がよくて百合はダメとは人権侵害だな。

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:17:19

ヨーダ嫌いだし

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:17:33
801もキショイです><

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:19:45
801も百合もいりません。
お帰りくださいさようなら。

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:21:51
百合はいるぞ

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 13:23:48
痛い百合信者がいますね><

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 15:04:53
801でも何でも面白ければ良いと思う俺ガイル


165 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 23:31:35
ソフト百合で

166 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:00:58
ハード百合で

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:07:09
せむし

168 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:09:13
けむし

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:11:33
ヨーダ

170 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:12:44
ルイーダ

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:15:38
 
 
 
 
 
 



 
 
||||||||||||||||||||||||||壁|||||||||||||||||||||||

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:16:42












173 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:22:02
>171
ジェネレーションギャップ?

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:25:53












175 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:27:23














176 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:29:01
幹事乙でした。
自演と言われるかもだが、
幹事本人がわかればいい。


177 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:29:43















178 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:30:39
















179 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:31:55
ハリーポッターと創作文芸板の囚人

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:32:57






















181 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:34:42

















182 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:36:15
ハリーポッターと秘密のHi

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:37:37
























184 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:38:35



















185 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:39:36
>176
参加者だったなら貴重な作品を感想あまりつかなくしてしまって申し訳ない。
期間の変更もすみませんでした。

186 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:40:58




















187 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:52:29
続けろ

188 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 00:54:21
ガンダムHiデスティニー

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:55:12
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

190 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 01:00:08
残飯ノート(前編)

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 01:03:35
じじいを呼ぶな

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 01:11:29





















193 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 01:17:02
>187
ネタがつきたので続けられません。

194 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 01:18:16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 01:24:50
続けろレスにマジレスしてるやつはじめてみたw

196 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 01:30:21
こっそり自作の言い訳でもするか。
教会意味ワカンネって言われてるけど確かにそうで、あれは旅人が「化かされた」ってこと。
教会で毒を抜かれたということ。

197 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 01:42:44
日向水は時代物書きたいっていう気持ちからだった。
書いていて楽しかったからその後の続きを同じリズムで書こうと思う。

198 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 01:51:40
雨は散々いろんなこといってもらえたし言ったからいいや。

次の祭は当分先かな。

199 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 02:08:43
SFといえば、読書に目覚めたきっかけは星新一だった。
小学四年の国語の教科書にSSがのっていてそれがすごく面白かった。
面倒くさくて分厚い本は読み切れなくても、SSなら最後まで読めるだろうなと思って買ったんだよな。

200 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 02:12:02
200

201 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 02:23:55
この板にいてふと思うこと

作家目指している人たちは、どのあたりで折り合いをつけるのだろう。人それぞれ基準のようなものを考えているのかな。

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 02:25:44


















203 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 02:26:21
ぶっちゃけ余命半年を既に四ヶ月過ぎてるから作家目指してない

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 02:28:27
寝るわ
腐は叩きにめげずにがんがってくれ
んじゃ

205 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 02:32:37
あと二ヶ月でできることはあるぞ!

206 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 02:34:36




























207 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/21(金) 03:08:23
怪談祭りとか夏らしくていいと思う

208 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 05:37:21
>>207
夏はやっぱり怪談かな。
怪談祭に一票。

209 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 07:43:54

















210 ::2006/07/21(金) 15:16:17
怪談で思い出したけど、小泉八雲の小説って普通に本屋とかで文庫本買えるのかな。
教科書のイメージしかないんだけど。

211 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 15:22:24
>>210
アマゾンなら「 小泉八雲集 新潮文庫版」は1円で売っている。
別途送料がいるけどね。
それと、青空文庫に3編ほど収録されている。

212 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 17:28:46
ずっとスレにいる暇が有ったら簡素返しでもしろよ。
無責任なやつだな。

213 :戦え! 少し不思議なkitty guy:2006/07/22(土) 17:04:26
 感想に向け、再読中……。
って言うか、もう次の祭の話ってあんまりだよ。(;∀;)

214 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 17:20:46
kitty guy氏、次の祭の幹事やってチョ。

215 :kitty guy:2006/07/22(土) 17:30:18
>214
今回かんそー、少なかったから嫌。(嘘。w
 つか、やるなら少し本格的に計画して……、とか思ったり。

216 :kitty guy:2006/07/22(土) 17:53:09
うぁ。一遍に2スレッド完全停止……。^_^;
 さーてどうしよう。ここに書いたものか、全感想した方がいいのだろうか。
アリスレに76さんと森栖さんいたみたいなんだけど、何もいうコトないのかなぁ。

217 :kitty guy:2006/07/22(土) 18:22:09
 少なかった、ってのは不遜か……? ^_^;

昔さ、ハンドル出して怒られるかしれないけど、しゃらさんだか、クラムさんだか、似た状態だったのを見てた憶えがある。
「漏れ、一人で何作だよっ!」とか言いながらすっげー書きまくってるの。(w いや、笑っちゃ悪いか。

 あん時に、もっとフォローしとけばよかったのかなぁー、とか今回は思ったね。マジ。(w
まぁどーでもいいか。

218 :幼女狩人:2006/07/22(土) 18:25:15
どりゃ!

219 :kitty guy:2006/07/22(土) 18:27:50
 わたこさんが「どうして書くのか」とか言ってたけど、本当にそうだよね。
それから、やっぱり昔、ラリーさんって人が「作者当てとかしろよっ!」って切れてたのも実は見てた。^_^;

 不思議だよな。
自分だけは巻き込まれないようにしようと思って距離を取ってたんだけど、今は自分がバカみたいに書いてる。

未だに理解できないんだけど、猫くんさんって人がいて、あの頃は一番目立ってた。
 何か色々あって見かけなくなったけど、板に一番貢献してた人の内の一人だと思う。

 書き込んで、何か得があるのかって考えると、本当に不思議だ。
こうして書いてても、一体何人居るのか判らないし、何の意味があるのかって訊かれると答えられない。


220 :kitty guy:2006/07/22(土) 18:29:30
>>218
おっ。来たねー? (・∀・)v
 森栖さんは、しゃらさんかクラムさんってご存知ッスか? それとも、実は当時からいる人?

221 :幼女狩人:2006/07/22(土) 18:31:07
しらねぇな。

222 :kitty guy:2006/07/22(土) 18:34:56
お。よーやくレスくれたな?(w

昔さ、そーいう固定ハンドルさん、二人が居たんですよ。殆ど話した憶えないけど。
 アリで森栖さんのを初めて読んだ時、この人とあの二人のどっちかが話したら面白いだろうなぁー、ってずっと思ってた。

223 :幼女狩人:2006/07/22(土) 18:42:50
居たみてぇだな。作品見つからんが。

224 :kitty guy:2006/07/22(土) 18:49:28
ハケーン。(・∀・)⊃http://ana.vis.ne.jp/ali/antho_past.cgi?action=article&key=20030923000069&keyword=聖書
 まぁ、取り合えず読め。(偉そうだったらゴメン)

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 18:54:47
昔も「作者あてとかしろよ」ってキレることあったんだな。ウケた。
今も昔もかわらずか。

226 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/22(土) 18:58:57
>kitty
今回感想少ないね。今回の祭りでは幹事が何から何まで決めるというより、あくまで幹事は代表としての名前だけで
参加者や板の住人たちが祭りの流れを作っていくというイメージだった。
でもやっぱりこの板の祭りは前々からのように幹事がドンと前に出て仕切るべきかも。
誰かがやるじゃ、結局何も進まないなあと。

227 :kitty guy:2006/07/22(土) 19:05:00
いらっしゃーい♪

>>225
ありましたよー? もう凄いのなんのって。(ww
でも、それも見てて楽しかった……、かな? ^_^; 
でもでもだから、新しい人は気にせずドンドン書け、と。kittyはいつでも引っ込むぞ、と。

>>226
なんとなく、当時の人と見たっ。(w
考えてみればさ、今までにない媒体で、誰もやった事のないことをやってる。
今は動画もあるし、人も増えている“みたい”だから、上手くいかないのも当たり前って気もする。
なんかいい方法ないかなぁ……。


228 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 19:07:27
>>226
――って、ありゃ。よく見れば幹事さんか。
 同時にスレで話すのは、初めまして……、かな? m(..)m 昔から居ました? もしかして。

229 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/22(土) 19:13:52
VIPみたいなみんなで作っていく祭りをしてみたい。
自分はこの板にきて二年半くらいだった気がする。

230 :kitty guy:2006/07/22(土) 19:15:34
森栖さん、読んでくれてますかー? …んと、

いっぱいハケーン。(w 過去だったから見つからなかったんだね。
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho_past.cgi?action=article&key=20030923000070

クラムさんとしゃらさん、どっちがどっちだったか忘れちゃったんだよねー。^_^; どっちかがどっちかだと思うんだけど。

ま、あんまり人居ないみたいだし、好き勝手言いまくっちゃえ。(w
2,3年前に神祭りってのがあってね、上のは両方その時のなんだ。

ちなみになんとっ、当時のわたこさんのデビュー作がこれ。↓
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho_past.cgi?action=article&key=20030919000050

ロマさんのも杉井さんのも、虹パパさんのもラリーさんのもあるね。(w
考えてみたら、すげぇや。(www

この辺り、かなりえっちいのもあるぞ。^_^;

231 :幼女狩人:2006/07/22(土) 19:16:27
なんか純文臭がきついな。

232 :幼女狩人:2006/07/22(土) 19:21:23
ロマって奴もこの祭りには作品投稿してるんだったよな。

233 :kitty guy:2006/07/22(土) 19:26:25
>>229
ありゃ。じゃぁ、勘違いか。m(..)m kittyはここ以外殆ど行かないッス。
なんか、今回イマイチ盛り上げて上げられなくてごめんね? VIPの祭ってどんな感じ?

>>231
なんか、マジちょと嬉しいッス。読んでくれるだけでも。
 森栖さんはドーベルさんともレスが似てるけど、違うよね……? ^_^;
この辺も絡めて、色々語れたら、とかも思ってたりしました。実は。 後は、話題にならなかったヤツね。

ほんと、猫くんさんはいいコテさんだったですよ。こーいうの一番詳しいんだろうけど、未だに粘着されてるしね。(w
一人で喋ってると、やっぱサダメなのかなー。(w 焚き火さんも怖がるわけだよ。^_^;

234 :kitty guy:2006/07/22(土) 19:30:55
>>232
あ、うんうん。
多分、これッスね♪ 待ってましたとばかりにっ。
\(・∀・)⊃http://ana.vis.ne.jp/ali/antho_past.cgi?action=article&key=20030921000060
kittyも読んでて、当時、「うげー、なんだこいつー」とか思った。(w

さ〜ぁ、そろそろ「宣伝乙」とか言われちゃうかな? ^_^;

235 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 19:43:40
>kitty
ひっぱたくわよ!

236 :kitty guy:2006/07/22(土) 19:51:05
>>235
テラ懐かしすー。(www ……って、どなた様? ^_^;

ちょと、書くペース速かったかな? 昔の知らなくて、不愉快な人いたらゴメンナサイです。m(..)m
森栖さんとか、幹事さんは怖かった時とかってありますか?
kittyは今、暴走中でっす。(w


237 :kitty guy:2006/07/22(土) 19:56:54
うりゃうりゃっ。実はこんなのも用意してたぜっ。(w

少し不思議なメール・ジョージオーウェルに敬意を込めて・戦え! 超機動部隊パワードシニア  :kitty
閉ざされたやさしさ                                                 :焚き火
教会・雨の記憶・日向水                                              :CHANCE 未
退屈の分け前                                                    :名無し
アンビエント                                                      :76 未
ドラゴンの生き血                                                   :A 未
青い悪戯                                                        :森栖
祈り                                                           :錬金術師
試着室                  作者さん、名乗り出てくださいっ。お願いっ。
蟲                                                            :エル
落下する影                                                      :lemon 未
タコ星人(?)、ハート直撃!?   作者さん、名乗り出てくださいっ。お願いっ。

ちなみに、未、は作者投票なしね。

238 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 20:02:47
kittyと幹事はだいぶ昔からいたんですね。
自分も同じ頃にいたかも。
ただ、こなかった期間が長いから実質いたのは一年くらいだけど。

239 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:03:48
まーいーや。 語りまくるか。(w 
 本当にkittyが書かない理由ってのはさー、実はみんな知り合いだったりとかkittyが自分で住所とかまで晒しちゃったり
とかしててさ、板の外で書きまくってるkittyを大笑いしてるって脳内世界が未だに時々元気になるからなんだよな。(w

でもまぁ、他人の作品語る文には大丈夫だろう、と。

で、一番居そうな、森栖さん。少女小説ってジャンルはすっげー昔読んだ事があって、今は全く覚えてない。
 前述のどっちかのコテさんと残酷描写への拘り、って点では共通点がある。
しゃらさんかクラムさんの場合、残酷行為に関わる精神的な描写、みたいのに重点を置いてて、
森栖さんのは残酷なのにどこかコミカル。内面は全く描かれてない感じがするから、そこが不思議なんだよね。

 うーん……、単品で語るって祭の意図からは外れるかもしれないんだけど、続けていいかな?

するーでもいいや。書きまくるぞ。(w

240 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 20:07:45
作者投票してなかったけど、パワードシニアが面白かった。
自分はもともとエンタメ志向なんで、好みの作品だった。
すごく笑わせてもらいました。

241 :幼女たんと森栖:2006/07/22(土) 20:09:30
>>少し不思議なメール・ジョージオーウェルに敬意を込めて・戦え! 超機動部隊パワードシニア
この三作キティだったのか。パワードシニアはなんとなくそうかとは思ったが・・・・・。

242 :幼女たんと森栖:2006/07/22(土) 20:11:55
>>実はみんな知り合いだったりとか・・・・・・
んな妄想俺もあるな〜。


243 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:12:19
>>238
おっ、いらっしゃーい。
当時、何か書いてました? コテさんなのかな?

ちなみに、何かあったらガン*2語っちゃってくらはい。kittyは大人しくするです。

不思議なのは(w)森須さんの文章ってどっかで見た憶えがあること。
 出版された物を読んだからかも(忘れた)しれないけど、情感を敢えて排して残酷描写をしてる感じがあるんだよね。
三人称的に加害者にも被害者にも読者を投影させず、非現実的ともいえる行為を淡々(でもないか。)と、転がすように書いている感じがする。
 うーん、なんて言うのかな。
エロスは感じない。残忍さもあまり感じない。だけど、それを第三者的に見させてしまうような書き方をしていて、
その辺りが実は凄いてくにしゃんなんじゃないかなー、とか。

244 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:15:26
>>240
>>241
うぃっすー♪
そしたら、自作語ってもいいカナ? (・∀・)

>>242
あるでしょ? あるでしょっっっーーーー?
それでさ、メルとか廻って笑われてるの。こええよーーーー。((((T-T))))
だからレスがないともうっ。かjdかjg@あkじゃ@p(ww

ただ、誰かに違うって言ってもらった気もぼんやり、あったりなかったり。^_^;

245 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 20:16:45
作者投票

1位 ドラゴンの生き血
2位 青いいたずら
3位 不思議なメール

246 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 20:17:53
>>243
当時自分が書いたものを見てきたけど、下手すぎて笑えました。
ちょっとだけコテやってた。
ラリーとか懐かしいなあ。
いま何やってるんだろう。

どんどん語ってください。
何かあれば勝手に語ります。

247 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 20:19:13
さげてもうた。

>>244
自作語ってくだされ

248 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 20:25:27
よしゃっ。賑やかになってきたぞー♪(w

>>245
おっ。お久ー。つか、自分の入れんなっっ。(ww
Aさんのも語りますよー?

>>246
うーん、なんだろ? 宣伝しとくですよ。チャンスですよ。(w 
kittyのは「でたらめな診察室」でしたっ。(w
ラリーさんは何か雑誌に連載始めたって(板の)噂だけどなぁ。

あ、……で、今回のkitty作は、以前の知ってる人には判らないようにしようと思ってたです。
だからある意味、ジョージオーウェルはダミー。
シニアは、美香QNさん(だっけ?)って人の文体と、がんばさんの板キャラを少し参考にして拝借したりしなかったり…。^_^;
 これ、すっげー書いてて楽しかったんだよねー。もう、こんなの超久しぶり。それではしゃいでた。(w


249 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 20:27:07

「百本目の蝋燭が消えたとき......何かが起こる!?
全ては霊の仕業?それとも......あなたはこの恐怖に耐えられますか?」


あなたの胸にひっそりと眠る、忘れられない記憶、不思議な体験。
今宵、あなたも語ってみませんか?
百話目を語るのはあなたかもしれません。

2006年7月22日(土)23:00〜 『百物語』 オカルト板にて開催

詳しくはhttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153371115/にて

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 20:28:11
>>248
美香をシニア扱いするのかw
kitty、チャレンジャーよのぉ

251 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:33:02
>>247
うっしゃー。(w いらっしゃーい。名無しさん♪

 で、上にも書きましたが、本当に楽しかった。
kittyの頭の中の人(笑)が、最近ネタ切れになりかけてまして、文体の試行錯誤も詰まり気味で、今回は自分的に新境地。
 いや、もっと凄い人居るし、大した事ないってのもあるんだろーけど。^_^;
ただ、頭の中の人を細かな要素に分けてシャッフルするってのをやってみて、それがシニアは上手くいった。
 ネタ自体は実在のパワードスーツを見た瞬間から書きたいと思っていて、筒井さんって作家さんの短編のオマージュと、
他にアニメとか漫画とか混ぜてみたわけッスね♪
 この内容でシリアスやるとどーしようもなく暗くなるから、とにかく冒頭で主人公で驚かせようと思って、
ふざけて書いてたら、「あ。この文体面白いや。」って言う……。^_^;
 書き終わると、「なんだ、文体なんてもう幾らでも増やせるじゃん」とか。いや、調子に乗りすぎか。(w

面白かったと思うんだけどなぁ。これ、kitty的には。

252 :幼女狩人:2006/07/22(土) 20:33:55
美香とか言う奴あんなに戯曲ばっかり読んで良く飽きねぇなと思うぜwwwwwwwwwwwwww

253 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:41:36
>>249
いや、このタイミングでそれはないって〜。(T-T)
>>250
いや、シニア扱いって言うか、語り口をお借りしたって言うか…。^_^;
 てか、話した事ないし。その人の祭のも、読んでるうちに楽しくなったからそれもあるかなぁー。

で、まぁ、メールはいいよね? たくさん語ってもらったし。
オーウェルは、最近見ないけど、小さんとか気に入ってくれるかなぁ? って感じッスね。今見ると書き込みが足りないけど。

えと、森須さんの話に戻ると、心理描写がないのはどうしてか、と。
私はそっちに偏りがちなんだけど、森須さんのは独白がジョークなのかな、ってくらいあっさりしてる。
 〜と思った。
とかって、おいそんな悠長な状況じゃないだろ、みたいな。(w だから残酷描写への緩衝材になってるように思うんだけど、
それを重ねられると行為だけが浮き出してくる。
 ……うーん、どっかで似たような評も見た気がするなぁ。
しゃらさん、クラムさんは何してるんだろう。

254 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:51:20
>>252
ふぇ? 森須さん知り合いッスか? 
戯曲の人なんだ……?

 まぁ、いいや。
Aさんのは、自分を棚に上げて言うケド最初はふざけてるのかと思ったなぁ。
 森須さんも解らないけど、この人もやっぱり解らない。
lemonさんは推理系っぽい人かなぁー、って感じだけど、やっぱり解らない。

 でも実はkitty、見ててかなーり胸中穏やかじゃなかったッスよー?
自演とか言われてて、冒頭がアレで、メールと最後まで競ってるんですから。(w
 読み直してみると、やっぱり書ける人で本当にファンも居るのかな、って思うんだけど、でも粗もある。
構成とか、どこまで本気なのかさっぱり判らない。
 ただ、無駄に力をいれずに、ネット向きにあれくらいの長さで書くならああいうのもありなのかな? って感じもする。


255 :kitty guy:2006/07/22(土) 20:57:12
 まぁ、判らない解らないつっても、どーいう人なのかと、どーいう作品どーいうつもりで書いてるのかって、
混ざってたりもするんですが。

 感想にもあったけど、ネーミングとか舞台設定とか、“有り得ない”と思う。m(..)m
だけど、もしかしてわざと70年代、80年代のアニメ調にして、何かの意図を潜ませたのかな……? とか。
 前に話しましたけど、この辺とか構造主義的に行くとどーなるんでしょ?
>lemonさん。

256 :kitty guy:2006/07/22(土) 21:13:53
……む? 
 なんだこの妙な既視感は。
前にも似た事があったような気が……。

257 :幼女狩人:2006/07/22(土) 21:19:23
おどりゃ!

258 : ◆/80rAShZIQ :2006/07/22(土) 21:20:35
>249
見てきた
百物語始まる前からもう500レスいってるw

259 :kitty guy:2006/07/22(土) 21:36:12
>>257
森須さんよーぅ、アリの過去作はどーだったい。

>>258
あ、あんたって人は…。盛り上げる気ないどころか……、^_^;


260 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 21:41:09
ごめw
なんか近所から祭りみたいな音が聞こえてきて
気になってましたw

>>255
ドラゴンの話ですか?
自分は舞台設定自体にそれほど意味は感じなかったんですが。
ポイントは老人の語りじゃないでしょうか。
隠されていた真実が明かされることで、象徴的な出来事に
個人的な歴史が加わり、話が重層化する。
神話や伝説という反証不能で観念的なものが主観的な昔話へと引き下げられる。
ある人物を神格化する過程の逆をいくように、視点が変ることで
物語が必ずしも客観的事象ではなく、そこに関わる主体の手により加工される
ということを言いたかったのではないでしょうか。

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 21:41:27
ほんとに腐はカスだな。

262 :kitty guy:2006/07/22(土) 21:55:21
>>260
幹事さんと同じ人か?
 いや、ええと、そうすると観念論であって物語はなんでも良かったって話になっちゃいません?



263 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 21:59:49
何か質問ございますか

264 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:02:26
ドラゴンは映画っぽい感じにしようと思って

265 :kitty guy:2006/07/22(土) 22:10:34
>>261
止めてください。それでなくても、人、少ないんですから。(T_T)

>>263
あ、ども。えーと、あの作品はどう解釈したらいいのかなぁ、とか。

266 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:15:28
>>265
映画と漫画の中間くらいに考えてもらえればと思います。
映画にもメッセージはありますよね。


267 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 22:19:56
>>262
自分は幹事じゃないですけんw

観念的で反証不能といったのは、たとえば幽霊がいるかどうかみたいなことです。
本人達があったといえばあったのだし、それがなかったという人にはなかった。
それが個人の昔話として語られることで、少なくともひとつの記憶としては確かになる。
話が引き下げられることで、伝説という仕掛けは陳腐なものになる
つまり、伝説を伝説として語る側は空虚なものとなるので
実際は誰が訪ねて行こうが、どういう設定だろうがそこはあまり問題では
ないかもしれませんね。
というか、作者がいるならそちらが正解ですけんw

268 :幼女狩人:2006/07/22(土) 22:21:12
どりゃ!!!!!

269 :kitty guy:2006/07/22(土) 22:25:10
うーん。lemonさんのレスについてはどうでしょう? Aさん。メッセージ性とともに語って頂けると…。
 あと、人間不信なので暗い話になるって言ってたのも少し気になってたり、とか。

>>268
いや、たまには何かまともに語ってくださいよ…。^_^;

270 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:26:14
>>267
構造というのは、作者が気づかない点をも説明するのですから、
どうぞ説明なさってください。
私もよく分かりません。
ただ、自分で書いてて楽しいと思えればいいと思うんです。
話にひたれれば。それが私の書き方です。

271 :幼女狩人:2006/07/22(土) 22:28:30
んそうだな〜。

272 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:31:16
>>269
暗い話といえば暗い話ですよね。
木村は小泉という友を失い、戦争のPTSDに苦しんでるっぽいですからね。
で、私は何について語ればよいのでしょうか?

273 :kitty guy:2006/07/22(土) 22:37:00
>>271
とりあえず、森須さんは私のレス、ほとんど意にかけて頂いてないような。^_^;

>>272
 成る程……。PTSDですか。そうするとドラゴンは小泉さんやAさんを中傷した名無しさん達?(とか悪意そのもの?)
lemonさんの言う観念的なものが日常性を帯びてくるという点、メッセージ性なんかはどうでしょう。

274 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:42:09
最近のお笑いって何か、はやった芸風をもろまねしてるんだね。


275 :幼女狩人:2006/07/22(土) 22:43:09
しょうもない笑いは見るかちねぇな。

276 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:46:25
>>273
うーん、小泉は確かにモデルとしてあの小泉がいたことはあるでしょうねえ。
ドラゴンは名無しではないです。
ドラゴンは、見せ場です。
ストーリーの中核です。
話そのものです。何かの比喩ではありません。構造的に比喩なのかもしれませんが。
でもキャラとの関係でいけば、
人生そのもの、といいましょうか。
何か得たいの知れない、不安、とか抑圧とか、何か巨大なものです。
アリという小さな世界の問題ではありません。

277 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:50:42
何かアドリブでやってんの?って感じのネタなんだけど・・・

278 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:52:51
何か、時間帯・・・まあ11時近いしねえ。
カルトな感じになってきたな。

279 :幼女たん:2006/07/22(土) 22:54:25
まぁ変な小説書く奴多いからなwwwwwwwwwwwww

280 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 22:57:21
あ、277と278はテレビ番組についての発言です。
私の方もアドリブっぽいところあるんですけど……w

281 :kitty guy:2006/07/22(土) 22:58:30
>277、278
エンタ…、ですか?

ええと、抑圧、であるとか漠然とした不安が伝説化されていて、老人の語りによって日常に降りてくる、と。
 そうなると、それを共有していた小泉さんとAさんの人生観、みたいな解釈もできるでしょうか。
そうなると冒頭のマスメディアも――、ええと…、^_^;

282 :kitty guy:2006/07/22(土) 23:01:04
そーいえば、不思議って言うと、ヒロインの名前が被ってたってのもあるみたいだけど、
「青い〜」と「〜シニア」の 『えんやこらえーじゃないか』 シニアとドラゴンの主役も名前同じですね…。

 いや、話逸れちゃうけどさ。

283 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 23:01:50
>>281
いや……あの……書いてる時はそこまで考えていませんでした。
一応プロットのメモ書きを公開します。

樹陰で同じことを何度も繰り返している老人がいる。
「ドラゴンの、感触は、人間のどの女の柔肌よりもなめらかで、その見た目醜さとはうらはらに、手触りは天の衣のようであった」
「馬鹿じゃないの、ドラゴンなんているわけないのに」

30年前、テラ皇帝は不老不死の薬を求めていた。
 そのために、100万人の地球人を駆り出して、惑星アリンコに兵を送った。
 ドラゴンの血を飲めば、1000年生きられるという。
 
 駆り出された兵の中にエーがいた。エーは大学生活に挫折し、志願したのである。
「何か見つけられると思ってさ」

 ドラゴンの子供たちが襲ってくる。
 人々は死んでいく。
 血の海の中で、一人の傷病兵と出会う。小泉という。
 小泉は作家になるためのねた探しにこの行に参加した。

284 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 23:05:12
百  物  語 
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153371115/


1 :本当にあった怖い名無し :2006/07/22(土) 22:25:09 ID:6HwOaAIQO
このスレは実体験・聞いた話などを百物語にして語っていくスレです。
 
○語り手は名前欄にHNを入れてください。(名前欄に半角の#いれて名前入れる)
○語り手はすぐに話を投下せず、まずは「次、書きます」と書き込んでください。(重複を避けるためです)
その後、案内人の指示をお待ちください。
○語り手は名前欄・レスに(現在のページ→)1/2(←総ページ数)を入れて下さい。
【重要】長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
(携帯の人もできる範囲で配慮をお願いします)


285 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/22(土) 23:08:12
おやすみ

286 :kitty guy:2006/07/22(土) 23:11:45
うっわー。もうぐっだぐだ。^_^;; kittyの力不足だろうか。(哀

…もう、やめたほうがいいかなぁ。
みんなで百物語、行きます…?(w

287 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 23:19:37
そんなにグダグダではないと思いますよ。
観念的というのでちょっと話がそれちゃったので、少し補足します。
たとえば、自分は修学旅行で長崎に行って被爆者の人から話を聞くまで、
原爆というのはどこか遠い国の出来事みたいに感じていたんですね。
本や映像を見ることでイメージを作ることはできても、経験的レベルでは
視覚刺激を言葉というイメージで記憶処理した、というのと変らない。
ひどく個人的な体験なんです。
だけど、ここで実際にそれを経験として話す他者と出会うことで意味が変ってくる。
それは経験として自分が引き受けることはできなくても、
出来事があった、という話を聞いた(経験が)あった、という補完的な体験がができる。
物語が、自分と対等だと感じられる話者によって引き下げられることで、
経験レベルの意味を持つようになる。
そのためソースをたどらなくても、関係性のなかでは確定的な出来事になる。
なぜ都市伝説が流行るのかというのには、同じような仕組みが働いていると思うんですが、
とにかく、観念的なもの(「ある」だけで成立する)ではなく
具体的なもの(「ある」ことが「あった」として確認される)こそ
経験レベルとして語られる対象となり得る、ということです。

288 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 23:29:00
>>287
>それは経験として自分が引き受けることはできなくても、
>出来事があった、という話を聞いた(経験が)あった、という補完的な体験がができる。

経験として引き受けることができなくても〜
という話を聞いた体験があった、というだけで経験の補完的な体験ができる

とすべきですね。いや、これでもかなりわかりにくい文章ですが。すいません。

あと、自分が書いているような構造の分析、というよりなんちゃって分析ですが、
これは物語の意味を文脈から読み解いていくという思考ではなく、既定の枠組みに
物語をぶちこんで語るという作業ですから、ここはどう書くべきかなどの
小説作法には参考にならないと思われます。うむ

289 :kitty guy:2006/07/22(土) 23:32:26
>>287
ありがとう。(;-;)
 Aさん自身の体験に対するkittyの認識もそうかもしれないし、
以前に固定ハンドルの人達が愚痴っているのを見ていたのも同じかなぁ…。
 Aさんと話した感じだと、ドラゴンはビッグマザー(古いか?)であるとか、創作行為そのものみたいにも思えますね。

とりあえず、Aさんありがとう。おやすみなさい…。

 ええと、何話しましょう。

290 : ◆lemonYgsCs :2006/07/22(土) 23:35:20
いえいえ

kittyは何か公募に出してるんですか?

291 :kitty guy:2006/07/22(土) 23:41:09
Σ(・Д・)ビクッ

公募、…ガクガクブルブル。

292 :kitty guy:2006/07/22(土) 23:45:45
 は、話って作品とか祭とかだよぅ…。
lemonさんもネットじゃ意味ないとか、所詮2chとか言うのかよぅ。
 うわーん、出版社怖いよぅ。公募怖いよぅ…。(T-T)

ごめん、ちょと休憩。語っててくださいませ。

293 : ◆lemonYgsCs :2006/07/23(日) 00:14:43
別に強制するつもりはないです。
自分は出そう出そうと思っているけど、なかなか出せてないのです。
出す人がたくさんいれば、刺激になるかなと思って。
そんな身勝手な意見。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1148925321/

ここで色んな公募があげられてます。
あまり人はいないですが

ちょっとスレ違いですね…

294 :kitty guy:2006/07/23(日) 00:43:53
例えば、ハイパーリンクでYoutubeの様な動画サイトに任意で接続し、テキスト中から直接商品が購入できるようにする。
動画は現在、iモードなどでもアップ可能なので、編集をする人間が居れば地元の商店街や大道芸人といった、
本来ならば媒体に成立し得ないものでも広告として成立し得る。
・屋台で愚痴るサラリーマンをweb中継、広告主はおでん屋、小説の舞台は屋台村。
・ストリートパフォーマーのドキュメンタリー(予定)小説を公募し、優秀作は漫画、アニメ等とメディアミックスして展開、
前述の動画サイト等を使って大道芸人サイトを立ち上げ、その中から小説に見合った芸人を募集する。
可能であればサイトで人気投票などを行い、サイトではイベントなどに出張、斡旋をする。
・同様の手法で、路上ミュージシャン、ポエトリーリーディング、漫画読み屋、演劇等も宣伝が可能ではないだろうか。
大凡、考え得る限りの表現者がほぼ無償で自前の放送局を持つ感覚である。
・ある一定のレベル(投票、収益、話題性など)を越えた作品は、優勝で配信、既存局などに回す事もできる。
また、会員制にすれば多少の収益は見込めるだろうし、人気投票に投げ銭のようなシステムでQ2回線を使って、
1ポイント10円等で投票する。これは某局のアイドル育成系番組、旅費を寄付で賄う番組等の成功から見ても、
ある程度の成功は見込めるだろう。要は、アーティストそのものを買う訳だ。
・料理、調髪、等もアートとして捉えれば配信可能である。これはドラマとタイアップし、現実に商品が存在する点に於、
より現実的な商品たりえる。


295 :kitty guy:2006/07/23(日) 00:55:10
一般的に、上記のような企画をwebで述べると必ず来る反論として、
・収益が見込めない
・情報そのものの取捨選択を誰がするのか
があるが、これはキャスティングという職種を成立させればよい。
ブログやメルマ等で趣味の合う、信頼の置ける情報発信者の推薦であれば、そこからランキングをつくる方法もあるだろう。

 結局、配信ビジネスで最も問題となるのは既得権を持つ既存のメディアとその周辺であり、一種の抵抗勢力といえよう。
インフラ整備や技術開発費の投資の回収困難を理由に、日本の音楽配信は大きく遅れをとっている現状が、現在私の懸念する部分である。

 私が『祭り』に期待するのは2chの集客力、広報力もさることながら、こうしたニッチな市場を世界規模で発進できる可能性を期待するからである。
伝統工芸、ジャパニメーション、ゲーム、観光資源、etc、それらの状況、製作過程に至るまで、成人の殆どが携帯端末を持つこの国では、
webで繋がるあらゆる地域に配信可能なのである。

 何ゆえ、このような有益且つ高効率なシステムが批判され、利用を躊躇われねばならないのだろうか?

私が恐怖するのは、そうした不自然な現状への疑問もある。

296 :kitty guy:2006/07/23(日) 00:58:19
ごめーん。書いててわけわかめ。おやしみー。ノシ

297 : ◆lemonYgsCs :2006/07/23(日) 01:33:57
うーん、難しいですね。
ネットで話題になってるといっても、実際にはそれが報道されて本当に話題になる場合も多いですよね。
2ちゃんねるは何よりメディアがブームと煽ることでブームが生まれる
という欺瞞に敏感であったと思うのですが、そのへんの批判が緩くなっているのは
2ちゃんねる自体が一つのメディアだという意識が共有されてしまったためだと思うのです。
既存のメディアはインフラだけでなく、職業倫理を持った人材や固定的な資金収入があるため
それでしか果たせない役割も多いです。
たとえば、最近ではyoutubeで極楽加藤の謝罪動画が削除されたけど、これは著作権を持った
日テレが対応したからで、いまは画質の荒さから見逃されているだけで動画にはすべて著作権がある。
自分は無報酬で集めただけの人間が、商業ベースの継続的な事務をこなせるかということには懐疑的ですね。
それより、ネットには世に意見を示すようなアジテーションを期待します。
たとえば大規模オフで退屈な日常に祝祭の場を作る、社会的不正義に対抗して不買運動を起こすなど。
公正公平というありもしない看板を掲げるメディアを脅かすオブザーバーとして、
常に市民の味方であるべきだと思うのですが、どうでしょう。

298 : ◆lemonYgsCs :2006/07/23(日) 01:40:48
書いていてよくわかんないや。
結局は使う側の意識がどのように形成されるか
というのが大きいからなあ。うややむ

なんか暇だ。
本でも読もうかな。

299 : ◆lemonYgsCs :2006/07/23(日) 01:56:18
なんだろう…
トラウマを持つ主人公の話って多いですよね。
何か過去にひどいことがあって、その記憶のせいで人格が変ってというタイプの話。
実は落下する影の主人公もそうなんです。
物語の表には出していませんが(というのも出来事より主人公の意識が表なので)
主人公(さとる)には、子供の頃にたかし君という年上の友達がいて、
たかし君が猫を殺したという過去があります。そして、ひどい夢にうなされた。
それが母に諭された記憶と、母を絶対的な存在とみなす無意識、さらには
子供を嫌ういまの自分という風に結びつくんですが、そんな裏話はどうでもいいです。
所詮、自分のなかの枠組みで確定した読み方に過ぎないですから。
むしろ考えたいのは、自分がどういう意図でこれを書いたのか、です。
それは、トラウマが何らかの経験(誰かからの助言など)で解決される筋が多いことに対する疑問です。
トラウマは事前決定的な意味づけで回避できるものなのかと。
たとえばトラウマの対象となっている人物からの謝罪、あるいはそのときの状況を許容できるように
再解釈する、そうやって癒すものばかりではないと思うのです。
猫殺しなんて、大人になってみればしょうもないことだけど、そのときのトラウマが
状況と切り離されたところから、現在に影響を与える。
はっきりとトラウマと意識できるような重大事ではなく、何度も何度も思い出されるなかで捏造された記憶。
そうして些細なことだと見過ごされ、歪められた末にトラウマ化した記憶こそ解決されるべきものではないか。
ゆえに傷口に入り込んだ細菌より、絶えず傷口がひっかかれることのほうを問題視する。
トラウマが悲しみという感情を見せるための演出であり、解決のために舞台が用意される。
それを見て観客が共感を抱くような劇場があってもいいでしょう。
でも、悲しみを悲しみとして引き受け、現在の立場からではなくそのときの生の感情と向き合う。
どうなるかわからないが、どうなっても少なくともいまの自分にはつながっている、
と確信できるような積み重ねられた現実が、最後にはトラウマを打ち砕く。
つまり、結論ありきではなく、当時自分がどうあったかを考えてみる。
そういう話も大事なんだよ、となんとなくそんなことを思うのでした。

300 : ◆lemonYgsCs :2006/07/23(日) 02:05:16
上のような長文レスって誰か読んでる人いるのかな…
自分だったら飛ばすもんな。
まあでも、ストレス発散で書いてるから誰も読んでなくていいや。

あと、ミラとかその他のコテがまだ見ているのかが気になる。
でも寝よう
うぇぁ

301 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/23(日) 08:13:17
構造って面白いですね。
作者、つまり私自身の無意識の世界が垣間見えてくるようで。

自分もプロットを見なおしてみました。
おおむね作品はプロットにそっているかなと。

自分なりに分析


302 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/23(日) 08:25:49
>樹陰で同じことを何度も繰り返している老人がいる。
>「ドラゴンの、感触は、人間のどの女の柔肌よりもなめらかで、その見た目醜さとはうらはらに、手触りは天の衣のようであった」
>「馬鹿じゃないの、ドラゴンなんているわけないのに」

@この老人は、木村、つまり作者Aの投影ですから、
作者Aが自分の半生への苦い反省を語ることを代わりにさせているのでしょう。
ここで、露骨に自分の失敗談を書くわけにいかないので、
その失敗談の比喩として、同志の死を持ち出しています。
「小泉はもういない」→友人を失った悲しみ→(連想変換)自分の人生のチャンスを失った悲しみ
小泉には恋愛感情はなかったけれども、彼との離別は、その形式において私の片思いとい失恋だらけの長い人生を連想させた
我々は他人同士であったが、言葉を通してある種の連帯感が生まれた
A「馬鹿じゃないの、ドラゴンなんているわけないのに」
これは、私のもう一つの人格の声でしょう、きっと
これは、こう言っているかもしれません。
「馬鹿じゃないの、ドラマのような恋愛なんて現実にあるわけないのに」
飛躍しすぎでしょうか?
しかし、私はちょうど、この作品を書いている時、激しい片思いと妄想に苦しんでいました。
ドラゴン→かなわない敵→かなわない恋
では、小泉は何故それに立ち向かい、死んだのか?
ここで、作中の小泉が私自身の投影にもなるわけです。
小泉=私の同志=私の精神の一部=一部において私自身
小泉は去った、小泉は私の中で無に還った、何が残ったのか、
空虚な想い、この空虚な思いが私の精神における死を象徴しています。
小泉が消え、私は発狂しました。実際に発狂はしていないものの、
アリでの作者Aという存在のバランスが崩れたことを意味しているのでしょう。




303 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/23(日) 08:30:47
>「馬鹿じゃないの、ドラゴンなんているわけないのに」
この声の持ち主は、作中で新聞記者のアリーナになるわけですが、
彼女はドラゴンを信じてはいるものの、世の中に対して虚無と皮肉に満ちた
価値観を抱いています。
だらだらと長い会話が続いていますが、
彼女が語りたいのは、自分の理想と現実の世の中の乖離に対する諦め、苛立ちです。
前半部は彼女が中心に動いていて、彼女の目を通して世界が描かれます。
それが木村にバトンタッチして、彼女の存在は消えます。
現実の世界に対する批評から、木村個人の内面へと話が展開します。
客観的な批評から、主観的な自己洞察へ。


304 :作者A ◆GmgU93SCyE :2006/07/23(日) 08:41:09
木村は世界そのものがどうこうと批評しません。
ただ、自分自身に対していらだっているのです。
恋人を恐れていますが、直接非難しません、ただ、そこから逃げたのです。
彼は外の世界と向き合っているのでなく、自分と向き合うタイプです。
何かよくないことが起これば、自分に問題があると考えます。
そのため、自分から志願して惑星エメラルダへ飛びました。

ちょうど、私はこれを書いている時、
自分の環境を変えなければ、と強く思っていました。
それが、作中の木村の行動に投影されたのでしょう。

そして、環境を変えることは生易しいことではない。
本当に、死ぬ気にならなければ、と思っていました。

その困難さが、ドラゴンに象徴されたのだと思います。

この試みは、生命を賭す価値がある、と私は考えていました。
その思いが、作中の小泉の戦いと死に表現されたのでしょう。
一方、木村は洞窟の陰で何もできなかった。
それは、今の作者の状況を表しているのでしょう。

また、一方で、コテ小泉が板を去るという行動を実際に行ったこととも関係あるかもしれません。
自分は、ただそれを見ているだけ、何もできないという。

とにかく、自分が現実の世界で非常に困難な課題に直面していて、
それがドラゴンに投影されたことはあると思います。
しかしながら、ドラゴンの詳細は書かれておらず、
むしろ個人の内面について書かれたところが多い点からも、
その課題が、本質が自分でもつかみ取れない、何か漠然としたなぞに包まれていることが理解できます。
友人にもカウンセラーにも話せない悩みなので……。

305 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 11:24:57
ドラゴンの生き血、何であんなに点数低いんだろう。
他の作品と比べたら、相対的に250点くらいあっていいはずだけどね。

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 13:15:13
30点が妥当な線だと思うよ。

307 :kitty guy:2006/07/24(月) 07:17:40
首いてぇっ! 目も疲れたっ。眠いっ。もー途中で放り込むっ。
落下する影の解説どーしたっ。

>>305
なんだよーパワードシニアはその25分の1ってかっ。

308 :kitty guy:2006/07/24(月) 12:21:22
 遅くなりやしたー。一応全部感想したッス。(疲
なんか酷い文章になっちゃってますが、一応。もしまだ何かあったらここに書いといてくれたらレス入れると思います。
 それと、試着室の人は残念です。遅かったこっちが悪いんですけど、再投稿とか…、ないかな? 感想しますよ。

 仕事、不定期なんで一日おきとかに覗くよーな感じッスー。ああ、誰も聞いてねーか。(w
みんなありがとねー。じゃーねー。

309 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/24(月) 12:23:17
>>308


310 : ◆lemonYgsCs :2006/07/29(土) 00:45:08
いまさらだけど解説書いてみました。
遅くなってごめんなさい>kitty

みんな夏休みかなあ…
うへぇ

311 : ◆lemonYgsCs :2006/07/29(土) 00:48:47
あげてもうたorz

作者Aの考えに思うこともあるけどそれもついでに書こうかな。
でも、しょうもないことしか書けそうにないからやめるか。

あれだなぁ
作者Aは哲学に詳しそうだから、色々聞いてみたいなあ。

312 :エル ◆5qSAvJsZh6 :2006/07/29(土) 00:50:05
●○創作文芸板競作 灼熱の『夏』祭り!!○●

スレ: http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1154086078/l50

プロでもなんでもいい。俺に勝てる自信のあるやつかかってこいや!!!!!!!!


313 : ◆lemonYgsCs :2006/07/29(土) 01:50:21
せっかくなので自分が上で書いている構造というものについて、思うところを書いてみたいと思い
ます。自分が考える構造というのは、物語を象徴するもう一つの物語が存在する、ということでは
なくて、構造を用いる意味自体に焦点を当てることです。その構造が作り出したものではなく、な
ぜそうあらねばならぬのか、ということを考えることが、構造そのものだと思っているのですが、
これを頑張って説明していきます。

構造的な物語はテキスト読みを回避するために、作者がある程度意図的に筋をぶっ壊してますよね。
これを手順通りに修復していく、つまりメタ的俯瞰によって意味に置き換える行為を使えば、その
ままハイラルキーができあがるだと思うのです。ここでは、読者側(あるいは観客側)にダイレク
トな指示命題が到達する前に、マニュアルだけを論者が(これが一読者ということもあるかもしれ
ませんが)種明かししてくれる。このやり方だと、少なくとも観る側に最終的な解釈の可能性が残
されている、と思うことができる。
しかし、物語を内包するコンテクスト(大きな物語)が喪失した現代にあっては、物語の部分ない
し全体要素であるはずのメタが、物語を素通りして理解されるようになっている。物語が用意され
ていなくても、物語が何であるかを読めるということです。これはコンテクストが指示命題を最初
から指示していたという仕掛けが絡んでいるからなのですが、構造的な物語が意味を伝えることが
難しくなってどうなったかというと、自然科学や社会科学の分野で数学的証明を与えられた理論を
参考にして、事前決定論的にアーキテクチャーを再構築するようになった。あたかも恋愛シミュレ
ーションゲームにおいて、データベース化された萌え要素を腑分けされたキャラクターが主流にな
っているように。(続く)

314 : ◆lemonYgsCs :2006/07/29(土) 01:53:33
(上からの続き)
つまりコンテクストの喪失以前は、意味をたどるという作業に意味があったのが、いまはその意図
が無視されて、いかに○○的であるかということに解釈のテーマが移ってきている。作者ばかりで
はなく、読み手の意識も範疇外にして作品が勝手に成立しているかのように思われている。物語に
先行して、物語となる前のマグマみたいなものをどんどん決められた枠組みにぶちこんでいる。デ
ータベース化が最大限まで進めば、極端な話、何を書くかよりもいかに反応を引き出すかのほうに
主題が移るわけです。作者が何を意図していようとも、また読者がどう読もうとも、決められた方
向性を変えることができない。商業性が重視された段階で、どんなインディーズのアーティストも
CDの売り上げで語られることに似てますね。この流れには売る側のみならず、買う側の意識も反
映されています。大きな物語が失われたために、物語を読んで物語に抱いた意味を相互に確認して、
共感ベースを作り上げることがなくなり、細密に分類されたデータベースに導かれ個体化した(他
者と共感しようのない)嗜好を、繰り返し何度も消費するようになる。ネット上で映画や音楽の趣
味がいかに語られようと、それは独善的な独り言に過ぎません。

自分は常々、先行的に枠組みを決めてしまう読み方に疑問を持っています。しかし、実際どういう
ものか、はっきりとその全貌をつかみきれていないうちに、そんなことを考えても物語を語る技術
あるいは内容を面白くすることには無意味だと断定してしまうのも拙速です。むしろ自分のなかで
意味を考えるために、問題に正面からぶつかるべきではないでしょうか。そのため下手は下手なり
に、自分流の構造的な読みを何度も試みています。確定的な裏読みを連発しておいて、そのくせ技
術的なものではないといっているのは、そういう意味です。

315 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/29(土) 01:59:00
支援あげ

316 : ◆lemonYgsCs :2006/07/29(土) 02:08:24
テレビ観ながらとはいえ、一時間もかかったよ。うへぇ
その割りに、この程度の文章って…orz

ちょっとだけ補足します。
>>313の上から8行目〜
>ここでは、読者側(あるいは観客側)にダイレクトな指示命題が到達する前に、
>マニュアルだけを論者が(これが一読者ということもあるかもしれませんが)種明かししてくれる。

ここはデータベースについて下に書いてあることと比較して、違いがわかりにくいですよね。
マニュアルというのは、基本的に誰にでもわかるように書かれています。
反面、実は誰にとってもわかりにくいという部分が含まれています。
ゆえにマニュアルを提示されただけの段階では、どのように解釈するかについて
最終的な判断は読者(観客)側に残されている。
一方、データベース化が進めば、個人の嗜好にほとんど合ったものが用意されるようになります。
(個人が選択しているように見えて、実は選択させられているのです)
自分のお気に入りは街角で偶然見つけるもの(一回性)ではなく、
ネットで簡単に手に入るもの(再現性)になります。
そして反復性になれた人間達は、反復性のあるものを好むようになる。
ゆえにますますデータベース化を望むようになるわけです。
構造的な読みにも実は同じようなトリックが仕掛けられています。
その現状を打破すべく、あえて構造を意識しぶつかっていこうというのが、自分のテーマなのです。

317 : ◆lemonYgsCs :2006/07/29(土) 02:17:19
よく知らないですけど、小説「ニューロマンサー」なんかで出てくるんですよね。
ジャックインという言葉。意識の没入。
インターネットが一般家庭に普及し始めた当初は、本当の意味でコネクト(接続)していました。
しかし、常時接続が当たり前になり距離と時間という障害が取っ払われて、
いつでも好きなときに好きなものを見ることができる今のような状態は、
ジャックイン(意識の没入)というほうが適当だと思います。
ここらへんもデータベース化に絡んでいますね。参考までに。

ていうか、誰も見ていないと思ってました。
このスレ廃墟になっているのでは、と。いまさらですが…

>>312
祭りですか。楽しそうですね。
自分は呼ばれていないかもしれませんが、時間があれば勝手に参加したいと思います。

>>315
支援ありがとうございます。

318 :エル ◆5qSAvJsZh6 :2006/07/29(土) 10:16:11
>>317
lemonさんもぜひ祭りにご参加ください。おながいします^^
僕の脳回路がついていききれないのですがlemonさんのレス、
ROMしてます。

319 :kitty guy:2006/07/30(日) 13:28:58
lemonさん、全部読んでますよ。今(つーか常にか? w)、頭かなりぐちゃぐちゃなんで、ゆっくり書きたいと思います。
 色々、本当に面白いです。m(..)m

320 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/31(月) 01:06:50
あのね、作品で語れば良いんだよ。
そして一人でもいいから、レモンちゃんの試みに気付いて貰いなさい。
それと、横文字を安易に多用せずに苦労してでも日本語化したほうがいいよ。
英語特有の――訳語にはない――雰囲気を伝えたいのなら、納得のいくまで修飾しなさいな。

321 :kitty guy:2006/07/31(月) 16:11:04
>>320
 kitty宛てかとオモター。(w いや、儂も結構カタカナ好きなんじゃよ。^_^;
以前、“文章の舌触り”みたいな部分で意図的に多用してた時期があったッス。でも尤もな部分はあるカナ?
 私もレスより作品に考察みたいのを込めた方がいいのかなぁ。でも、誰も読んでくれなさそうな気が……。(w
lemonさんはどう思う? 少し、辺レスしようと思ってたけど理解して纏めるのに時間がかかりそうでぃす。
 kitty的には勉強になるし、ここで少しやってるのも楽しそうだったんだけどなぁ。

322 :320:2006/07/31(月) 17:48:44
>>321
具体例を示して欲しいって思いがある。
祭の自作品を自分で解体しながら、書いていた段階での目的と意図した構造、それによって得られると予想した機能を解説して欲しい。
ついでに客観とまではいかなくとも、多少の反論も予想しないと、机上の空論にしかならないしね。
祭スレだからこそ、祭作を絡めた創作の話にしないともったいないよ。

323 :kitty guy:2006/08/02(水) 14:23:46
>>322 いや、ちょっと待って……。^_^;
lemonさんは自作を語っててくれたんだよね? kittyはそれをφ(..)メモメモ しつつ、返事しようと思ってたッス。
 私は今回、自作では構造主義とか意識してないので、解説(私のですよね?)とか言われても……。
えと、lemonさんの話は続けさせて貰うとして、320さんは私のになんか引っ掛かる点があったらご指摘願いますです。

324 :kitty guy:2006/08/02(水) 15:40:45
 さて、……えと、書く傍から自分のレスも忘れていっている今日この頃。(w
構造主義云々をサラッと流すと、前スレ800番台をlemonさんは言い換えてくれてるって感じで大体おっけーかな?
 メタのメタではない、と言いながら私は『落下する影』で暗示されるキャラクターの意味に拘ってしまったわけですが、
作者さんは構造自体の持つ意味を言及したい、と。それが意識の流れに繋がる訳ですね。
 コンテクストの喪失と、データの積み重ね、階層構造による解析は、それがネットに構築される順序と、小説としてのテキスト構築が逆になっている点が興味深いと思います。
それを踏まえて、データベース化、ポストモダンそのものの行き着く先として今度はネットに於ける意味の喪失がある、と。

 そんな感じで宜しいんでしょーか? 

なんか一寸、これだけで脳が疲れてしまって辺レス待ち落ちしたりする。^_^;
 お嫌でなければのんびりいきましょー。

325 : ◆lemonYgsCs :2006/08/03(木) 23:58:25
うーむ…
話が分散していますね。ちょっと整理します。
まず>>320であげられた意見に答え、実際自分がどのように書いて、またどのように書くべきだったかをまとめます。

では最初に、作者の考えが物語の作品中のみで語られればいいのかという点。
「物語は物語の内容として読む価値を持つべき」ということですね。
まさにその通りです。
どんな考えでも、それが人に伝わらないと意味がないですし、作者はできるだけ多くの人に読まれるように工夫する必要がある。
「難しいことを簡単に、簡単なことをわかりやすく、わかりやすいことを面白く」書くといった井上ひさしの言葉が
胸にしみます。これに関しては反省するばかりです。
物語に対する作者の姿勢まで感じ取れる作品が書ければベストなんですが、それがなかなか未熟な作者では
ままならないために、こうして長々と説明するはめに陥っています。すみません。
次に、カタカタ用語の使用に関してですが、こちらは少し難しい問題です。
というのは、カタカナ用語をそのまま使用することには、余計な説明を省略するだけではなく、
言葉を定義する段階で生まれた意味を引用できるという利点があるからです。
たとえばシニフィアン、シニフィエという言葉を使う場合、説明したい内容によっては
シニフィアン=音声、シニフィエ=意味内容と置き換えてもいいと思うのです。
ただ、シニフィアンという言葉が発生した文脈自体を補助概念として使う場合、シニフィアン以外の言葉を当てるのは
ほとんど不可能です。
ちょうど上でやった構造の説明ではコンテクスト(=文脈)という言葉を使ってますが、このコンテクストにも
大雑把にいえば「ある状況における共通前提」という含みがあります。
詳細な意味を伝えるとき、使われている言葉を定義づけし直すのは大変です。
すべて引用元と第一資料を書くことで言葉を変えることも可能ですが、そうすると無駄に文章が長くなってしまいます。
というか、自分にはそれほどの力がありません。
そのため、特に説明することなくカタカナ用語を使っています。
逆に日本語が適当なときには、そちらを使おうと考えています。

326 : ◆lemonYgsCs :2006/08/04(金) 00:00:47
それでは実際自分がどうすべきだったかの話に移りたいと思いますが、これも少しまとめます。
作品を書くときの大雑把な流れは、
@何を書くか(問題設定)
Aどのように考えるか(態度決定)
B実際にどのように書くか(方法論)
になると思うんですが、自分のレスを振り返ってみるとBに関してはほとんど触れていません。
前スレ800番で書いたことはAで、このスレで書いているのが@やAについてですが
肝心の@で話がどんどん膨らんだたために、物語のほうが置き去りになってしまいました。
自分が簡素欄に書いているのは、ただの書かれたものに対する内容説明(結果論)ですから、
書く段階でどのような方法が取れたのかに関しては全く触れていないに等しいのです。
なので作品にひきつけて、@から順に自己分析を試みたいと思います。
そもそもデータベース化などというのは、作品には出てこないところで意識していたものです。
作品で問題としたかったのは、何度か繰り返される問い「君は誰?」ということについてです。
「君は誰?」という当たり前の問いは、歴史的に見れば様々な作品でライトモチーフとなっていると思います。
ただ社会が成長段階から成熟した段階に移行して、この問いは極めて個人的なものに変質しました。
「私は〈わたし〉というほどに私であるのか?」という寺山修司的問いは、まさに個人化が進む近代化社会が
生んだ問いだといえます。
社会がシステム化され、自分を位置づける社会的な関係性が薄れれば、当然自分という意識も希薄になります。
ネットに依存して家から一歩も出ずに生きている人間にとっては、他者は特定の他者でなくてもいいわけです。
個人化した人間が存在という基盤を奪われるのは、あまりにも自分が他者であるからだと考えます。
すべての人間がシステムを動かすための歯車でしかなくなれば、自分もまた自分にとって他者となります。
システムを動かすのは〈置き換え不可能な自分〉ではなく〈置き換え可能な他者〉であり、個人はどこまでも
欲望に従順であることが求められるのです。
@の問題設定で、このように個人化した社会を取り上げたのです。(続く)

327 : ◆lemonYgsCs :2006/08/04(金) 00:03:54
(上からの続き)
そしてA、どのように考えたかということですが、ここが自分でも曖昧だった思います。
しっかりと考えてから、書き始めるべきだったの思うのですが、一応説明します。
欲望さえも社会によって作られ、存在という基盤を奪われた個人。
自分だと思っている自分という存在は確かめる術がない。
しかし、いまの自分があるということは過去にも自分があったということであり、意識を除いた
自分があったという歴史そのものが自分を形作っているわけです。
意識で存在の価値を意識することはできないように、意識はそれ単独であるわけではなく歴史とともにあります。
これはBにつながる話ですが、普段は背景になっている意識を前景化することで何かを意味しようとしたわけではなく
意識が自存しているかのようにみえる(文章において意識が簡単に処理されている)構造を問い直すことで、
作品に出てくる自分という存在を問い直す構造につなげようと考えました。
ただ、やっぱりわからないですね。
この作品からそのような意味を読み取ることは不可能だと思います。自分で書いておいて何ですが。(続く)

328 : ◆lemonYgsCs :2006/08/04(金) 00:06:30
(上からの続き)
最後にBの方法論について、他に書き方がなかったかどうか少し触れます。
冷静になって読者の視線で考えれば、話の展開として納得できないところがいくつもあります。
すぐ目につくところでは、主人公(さとる)が途中で武田という名前になっているところです。
これは「千と千尋の神隠し」のように、存在が存在していないことを名前を奪われたことで表象しようと
したのですが、実に身勝手で安易な方法だったと思います。
実際、読者の読み方を混乱させたはずです。かなり反省すべき点です。
全体的に説明不足な点をフォローするやり方として、漫画「ローゼンメイデン」の〈nのフィールド〉のように
説明役をつけて平行世界をたどらせる、作品でいうと猫殺しの場面や仕事で失敗する記憶を旅する形式にしておいて、
本題である存在の問いかけの構造を維持するような方法もあったかもしれません。
一つひとつ見ていけばきりがないけど、書きたいことに固執して読みやすくする工夫が足りませんでした。
それはいまこのレスでもそうなんですが。
なるべく問題点を絞ってきっちり考えてから書く、その他の点は読みやすさを心がける。
これが自分で考える今後の課題ですね。
以上です。

329 : ◆lemonYgsCs :2006/08/04(金) 00:11:36
長くなりましたが、自作を振り返るのはこれでやめます。
ここで書いた自分のレス又は作品について個別に質問があれば、それについて答えます。
とりあえず、スレが埋まるまで確認だけは怠らないようにしたいと思います。

>>318
夏祭りは作品が書ければ参加します。

>>324
辺レスとは興味深いですね。
個人的には、パワードシニアについて文体が決まった過程を詳しく聞いてみたいのですが、
そのへんはkittyに任せます。
自分はかなりゆっくりレスするほうなので、よろしくお願いします。

330 :kitty guy:2006/08/05(土) 14:18:39
 ありゃ。やめちゃうんですか…。^_^;
もうなんか、次も始まってますしアレなんですが……。じゃ、まぁひっそりいきますね。

 パワードシニアは >>251 前後で言ってますが、そんなに複雑な過程ってワケでもないんッスよね。
kittyは元々アニメとかゲーム大好きなんで、そういうノリをリアリティ持たせてカコヨク書きたいってのが強いんです。
 以前に小さんだったかな? 誰かと板で話して、筑波大学の介護スーツを描いたら面白そうだなってのが始めにありました。
ただ、題材としては超古典ですし、ハインラインでしたっけ? 二番、三番煎じは否めないし、真剣に描くのは照れる。
 それで、老人Zってアニメがありまして、その話を誰かと昔にしてた時、そう言えば筒井康隆の短編に似たような話があったな、とか。
……で、
 ヒューマンな老人ドラマの要素をSFに絡めて書くなら、少しは読んでくれる人が居るかな? ってなワケで。

決していい加減に書いてるんじゃないんですが、いわゆる“ベタ”な題材なんでまともな文体は避けようと思ったんですね。

331 :kitty guy:2006/08/05(土) 14:38:19
 ――で、
まぁ粗筋っぽくふざけて書いてたら、これでもいいか、って。(w
 あ、手抜きじゃないんですよ? 以前に無差別祭りっていうのがアリの穴でありまして、
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20050621000070&keyword=
 こういう作品がありました。心理的には、この作品の後押しが大きかったんですね。ええ。

 リアルで出版するとどういう反応があるかはまるで知らないですけど、ネットに投稿する時の精神的な障壁って、
否定的なレスとか無反応のダメージが大きいと思うんです。
 kittyはネットに来る前から予測はしてたんですけど、最近は正直、投稿どころか書く前から批判イメージが頭の中で渦巻いてまして……^_^;
2chの場合特に、明るいノリを続けてると大抵叩かれちゃうんですけど、こういう作品を書ける強さとか、
がんばさん(最近来なくなっちゃったみたいですけど)みたいなノリも、まぁ、ありだろう、と。

 で、とにかく軽く読めて、最初は笑って貰おうって狙いでああいう冒頭になりました。
あれでも少し、引っ張り過ぎみたいで反省してるんですけど、ね。

332 :kitty guy:2006/08/05(土) 14:57:42
 それから、書き進めてる内に介護スーツの説明を入れなきゃいけないと思ったんですけど、文体が硬過ぎるとやっぱり突っ込みが怖い。
筑波大のスーツが発表される前後に、恋人(脳内。w)と『実際に作るならどうすれば良いか』みたいな技術論をした事がありまして、
 それによると問題は、
・フィードバックの負荷に人体が損傷を受けないか、
・筋電位の取得と機械的反応のタイムラグをどう埋めるか、
 の二点だと返された記憶があります。
実際にどう処理しているかは知らないですし、その時に先読みがどうのって会話した憶えもあるんですが、
kitty的に一番難しいと思ったのは、犯罪防止だったんですね。

 まぁとにかく、軍事には絶対に流用されてはならない、と。
ですから、戦争物だとかアクション物をリアルに書くのにも抵抗がある。
 現実にも介護で利用されてるわけですから、そういう意味でもこの設定にある程度の正当性(っていうと語弊ある?)はあった訳です。
それから最後に、これは本当は物凄く暗い話だ、というのもあります。
 作中で権蔵さんが飲み屋で少し語っていますが、高齢化だとか人間の尊厳みたいなものを考えると、
本当にこうまでして人間は生き続けねばならないのか、みたいな技術論へのアンチテーゼもアプローチとしてありえる訳です。
(いや、それもありがちとかいわないで、ネ。)


333 :kitty guy:2006/08/05(土) 15:20:27
 ちょーっと長くなり過ぎたかなぁ……。^_^;

まぁそんなワケでして、kitty的にはこの作品、自分の中ですごくお気に入りの部類に入ります。
 「老兵は死なず!」なんて言いながら、ボロボロの老人が若者に闘う姿を見せつける、ってのも考えてはいました。
60,70のお年寄り達が、不抜けた若者に生き様を示す訳です。骨折したり流血したりしながらも、スーツをショートさせつつ火花散らしてね。
 機動隊とか自衛隊だって、多分本当にこうなったら発砲もするでしょう。嫌な話ですが、怪我人だって出ます。

 ですが、もうそういう時代ではないのではないか……、と。
強引にポストモダンに繋げてみますと、情報化が社会的に“力”への欲求を無意味化させているのかもしれない、なんて風にも思えます。
 そもそも、若い世代もそれを見て黙っていていいのか、なんて考えるとやっぱりこの物語は構成自体に疑問もあります。
この板では杉井さんなんかが言いそうですが、高度情報化の現代では、実際に武力行為に出るよりも事前にメディア戦略を制した方が勝つと考えてよいでしょう。
 しかし、ネットではその戦略さえも消費され、類型化され、データになり、結局は“富”の分配へ意識が流れてしまう。
ある意味で、そうした行動を起こす事自体への疑問がニートだとも言えますが、現実での我々は立ち止まる訳には行かない。

 ええと、まぁ、そんなワケであのラストはああしよう、と決めてあったんです。
(ごめん。まだもーちょい、続けちゃう。w)


334 :kitty guy:2006/08/05(土) 15:33:49
 今になってみると、やっぱり公募してみても良かったかなー? とか少し思ったりもします。(いや、罵倒されそうですが。畏。
スーツを着込むシーンだとか、戦いのシーンなんかも書き甲斐がありそうですし、脱いだ時のギャップなんかを考えれば典型的なヒーロー物にもできそうです。
 趙くん(超計算って読めるんだよ? w) のハッキングもありますし、高齢化に学園紛争、盛りだくさんです。(w
一番格好良く書けそうなのは、遊んでいる若者を見るシニア達の無言の『語り』でしょうね。説教をするでもなく――、みたいな。

 ただ、描けるかなぁー。私の筆力で……。^_^;

取り敢えず、シニアはこんなトコでぃす。
 暇で読んでくれてた人居たら、どうもです。m(..)m

えーと、話はとびますが、上のほうでAさんにビッグマザーとか言ってるのはグレートマザーかもしれません。(恥
 あの人、キャラだと思うんだけどなぁ……。ほんとに謎な板だ。

ま、いっか。取り敢えず皆様ありがとうございましたー♪ では。ノシ

335 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/14(月) 20:45:45
505 :fusianasan ◆skip69/qP6 :2006/08/14(月) 08:31:59
さようなら2チャンンル。こんなことやってちゃだめだ。アリスレ。祭りには出すよ。お願いします。このレスが俺のここでの最後だ。ちくしょう。こんなことやってちゃだめだ。無料サイトでも持とう。そこで書き捨てよう。

336 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 21:19:54
残飯の書き込みに関係なくバシバシ書いていく
最高だね
残飯の劣等感はすべて知っている
ボタンを押すだけで残飯サンバが始める
最高だね、関口君
 

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)