2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【氷点・道ありき】三浦綾子【感動は永遠に】

1 :無名草子さん:2006/08/05(土) 18:02:54
ご好評につき、パート2です。
クリスチャンの人もノンクリの人も三浦綾子をシミジミ語って下さい。


2 :無名草子さん:2006/08/05(土) 19:51:53
>>1
乙カレーション
スレタイいいね。

3 :無名草子さん:2006/08/05(土) 19:52:47
荒らしは華麗にヌルーしましょう。

前スレ
三浦綾子
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1056670132/


4 :無名草子さん:2006/08/05(土) 19:52:48
3はとった!

5 :無名草子さん:2006/08/05(土) 20:01:20
>>4


6 :無名草子さん:2006/08/05(土) 23:33:32
ベルスレやバキスレじゃあるまいし、スレ立て早すぎるんだよコノアフォが

スレタイに塩狩峠って入れなかったことだけは評価してやるがな

7 :無名草子さん:2006/08/07(月) 00:38:40
高校の時に羊が丘を読んで、電車の中で涙出たのを思い出した。
「愛するとは、許すということ」って今でも自分の中で残ってるなぁ……

8 :無名草子さん:2006/08/07(月) 12:27:52
ひつじが丘いいよね。
報われない奈緒実が可愛そうだけど・・・。
好きな人に読ませたい1冊のひとつ。

9 :無名草子さん:2006/08/09(水) 10:16:19
読 ま せ た い じゃなくて、読んでもらいたい、でしょ。


10 :無名草子さん:2006/08/09(水) 11:09:36
>>8
彼女にひつじが丘薦めるのは諸刃の剣だぞ。
俺なんて一緒に感動共有したいと思って薦めたのに
「あんたの浮気許して欲しいだけでしょ?」
って読み終わった彼女に詰問されたもんw

11 :無名草子さん:2006/08/09(水) 12:01:08
>>10
そんな娘とは別れたほうがしあわせだな

12 :無名草子さん:2006/08/09(水) 12:40:02
>>11
うん。その件で彼女に幻滅しそのまま終焉だよ。
まぁそれこそ俺には彼女を「ゆるす」ほどの優しさはなかったってことなのかな?

13 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:36:16
>>12
んにゃ、君は正しいことをしたよ。
価値観の違いっておとろしいよ。


14 :無名草子さん:2006/08/09(水) 23:42:52
>>13
だね。
当時はそんな考えの人もいるのか、って驚いたけど
最近ひつじが丘を読んで純粋に感動する人の方が、稀なんじゃないのか
って思うようになってきた。特に最近の若い子はね。
恋愛に対する感覚が変わってきてるよね。

15 :無名草子さん:2006/08/10(木) 08:44:55
スレ違いで申し訳ないのだが、C.S.ルイスの著書「悪魔の手紙」で、
最近の悪魔の偉大な功績は、人間の結婚の価値観を変えた事だって
書いてあったな。
浅はかな恋だの愛だのを大切にして、それで結婚を決めてしまう。
そういう価値観が悪魔的なものだという記述に驚いたけど、妙に納得もした。
身近な離婚カプールを思い浮かべると、この説を裏付けてるよ。

三浦作品を通して、普遍的な愛とは、決して恋愛の愛ではないと思った。


16 :無名草子さん:2006/08/10(木) 16:17:27
おお、ルイス好きいた!「悪魔の手紙」はちょいと鬱になるけど、ぐさりとくるとこがある。
「ナルニア」の最終巻の小人は印象的だが・・・スレ違いスマソ。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119912603/←ココ?

17 :無名草子さん:2006/08/10(木) 16:21:58
>>16
こんなスレがあったのか!サンクス。


18 :無名草子さん:2006/08/11(金) 07:28:19
前スレ一気に埋まったね。


19 :無名草子さん:2006/08/11(金) 17:48:07
今日だけだぞ!前スレの保存↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1056670132/l50

20 :前スレ貼り付けできるかな?:2006/08/12(土) 09:28:19
保存できたけど
ここに貼り付けてもいいの?

21 :無名草子さん:2006/08/12(土) 21:54:22
アド街みたよ

22 :無名草子さん:2006/08/12(土) 22:16:59
>>21
どこだった?うちテレ等系列見られないんで

23 :無名草子さん:2006/08/12(土) 22:55:24
アド街ちらっとだったけど光世さんが見れてよかった。
今度ドラマでやるしまたテレビで綾子さんについてやることあるかもね。

24 :無名草子さん:2006/08/13(日) 07:41:22
知らなかった。
事前にここで教えてくれれば見たのに・・・_| ̄|○

25 :無名草子さん:2006/08/13(日) 11:25:07
>>24
そんながっかりするほどのものじゃなかったから大丈夫。
>>23
今回のドラマは原作に忠実みたいだし番宣がてら三浦さんの特集番組とかやってくれないかね。

26 :無名草子さん:2006/08/13(日) 23:28:18
5年ぶり位で三浦綾子読んだ。(銃口)
最後の作品との事で作風変わってるのかなって思ったんですが、
さしたる読解力も要せずに面白かったです。
道ありき、ひつじ、泥流、続泥流、塩狩、天北、氷点、続氷点、千妻、ガラシャ
は昔読んで普通に楽しめました。
またまとめて買ってこようと思うのですが、
上記以外で次に読むお勧めありますか?
こち亀に出てた帰りこぬ風は読もうと思います。


27 :無名草子さん:2006/08/14(月) 16:23:52
積木?

28 :無名草子さん:2006/08/15(火) 09:11:11
60歳になった陽子もでるみたいだね。ドラマ。

29 :無名草子さん:2006/08/15(火) 09:30:19
幻滅

30 :無名草子さん:2006/08/15(火) 11:13:05

ここでラストを勝手に変えてみる。

「次第に冷たくなっていく陽子の手を握りながら、啓造には最早なすすべがなかった。
ガラス戸ががたがたと鳴った。気がつくと、林が風に鳴っている。
辰子が再びつぶやいた。『また嵐になるのかもしれないねぇ』」


妄想スマソ

31 :無名草子さん:2006/08/15(火) 12:52:10
>>28
もうくだらんことはやめて欲しい。
それに役名辻口陽子って60歳でも独身なのか?

32 :無名草子さん:2006/08/16(水) 00:36:44
タイタニック形式みたいに、回想からはじめるのは辞めてほしい。

33 :無名草子さん:2006/08/16(水) 07:55:15
腐った脚本家ばかりだからな。
三浦綾子さんとも交流のあった山田洋次監督で
映画化して欲しい。


34 :無名草子さん:2006/08/16(水) 09:17:42
結論、「氷点」のドラマ版は、以降終わっているのばかり。

35 :無名草子さん:2006/08/16(水) 11:31:43
たまにはひつじが丘のドラマ化を。

36 :無名草子さん:2006/08/16(水) 12:36:55
60歳の陽子はやっはり北原と一緒なのだろうか。

37 :無名草子さん:2006/08/16(水) 15:12:25
ついに偽者まで現れる片岡数吉

38 :無名草子さん:2006/08/17(木) 03:59:44
山田洋次監督、、ソレダ!!

「銃口」を重厚に映画化するのは・・・無理か?
「海嶺」なら海外ウケもいいか?・・・渋いか。

39 :無名草子さん:2006/08/17(木) 11:04:46
>>35
ひつじが丘はちょっと・・くさすぎて今の若者には絶対受け入れられないと思うw

40 :無名草子さん:2006/08/17(木) 15:16:11
短編集をドラマ化してほしいな。
良い作品が結構多いよね。
今の時代だからこそ、救いようのないラストで問いかけて星井。

41 :無名草子さん:2006/08/17(木) 19:25:49
「銃口」は、かつてNHKが畠中洋主演で放映した。
自分が読んだ批評には、あまりにも内容が暗すぎて、
正直制作側が、どういう意図でこのドラマを作ったのかわからないという
ものがあったのを覚えてる。
確かに「なぜここまでするのだ?」という救いようのないような
後味の悪い暗澹たる思いが残ったものだが・・・。



42 :無名草子さん:2006/08/19(土) 18:46:09
「銃口」もまたいつかドラマ作ってほしい

43 :無名草子さん:2006/08/19(土) 22:32:30
塩狩峠読みました、とても考えさせられる作品で
読み始めたら止まらなくなり一気に全部よんでしまいました。
主人公にとても感銘を受けました。

44 :無名草子さん:2006/08/20(日) 19:28:58
三浦綾子の作品で子供を書いてるところが好き。

「水なき雲」の始めの子供たち(学校ごっこカワイイ〜)、
エッセイの中で教師時代の生徒達との思い出。
一日の授業が終わって、ひとりひとり頭をなでて帰してあげたこと、
「(当時の経済的な理由で)この中で何人中学校に入れるか分からない」と
生徒たちと一緒に声をあげて泣いたこと、etc…
今、こんな先生何人いるんだろね。

作家でなければあなたに教師を続けてほしかった。

45 :無名草子さん:2006/08/20(日) 19:42:52
「氷点」で、恵子の夫が実は妻の不倫と妊娠を知ってたと啓造に告白した手紙の
ところで泣けてしまった。
そういう理由で妻の不倫を赦せるというのはちょっと無理があるのでは?とも
感じたが、よくよく想像してみたら、いや、やっぱりそういう心境もありだろうと。

中絶のことにもエッセイで触れているけど、小さな命に対する慈しみというか、
やっぱこの人は愛情深い人だと思った。

46 :無名草子さん:2006/08/20(日) 19:45:16
↑ああ「続・氷点」のまちがい。訂正

47 :無名草子さん:2006/08/20(日) 19:58:37
ところで「水なき雲」のもとになったの実話って本当ですか。
ソースは何なんだろう。気になる


48 :無名草子さん:2006/08/20(日) 21:22:48
あー、この人のエッセイで読んだ気がする。
息子を東大に行かせるために缶詰状態にして、性処理もお母さんがしてたってやつ。
で、自殺しちゃったんだっけ・・・?息子さん。
それが元ネタだったような・・・?違うかな。


49 :無名草子さん:2006/08/20(日) 22:13:09
>>44
俺は「積木の箱」の和夫が好き。
やることやセリフが可愛すぎる。
今2歳の息子が和夫君状態なので、親としては満足している。
このまま育ってくれるといいんだがなぁ。


50 :無名草子さん:2006/08/21(月) 11:24:26
あの時代の子どもと今の時代の子どもは、感覚が違うからな。

これらの本読んで教師を志しても・・・てオモタ。

51 :無名草子さん:2006/08/21(月) 13:47:27
>>48
その元ネタはどこから来たんだろう。
作者のいた教会か何かからかな。

52 :無名草子さん:2006/08/21(月) 18:23:26
自分のことをガリレオ・ガリレイに例える片岡数吉

反日反安倍親韓親中エセ人権屋キチガイサイト
蝿ある第一位
Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/

次点
喜八ログ
http://kihachin.net/klog/
↑のなかでも炎上しまくったのはココかな
http://kihachin.net/klog/archives/2006/03/yasudabengoshi.html

おまけのお花畑w 在日腐女子のタワゴト
エイッ?! かんしゃく爆発
http://izanagi.iza.ne.jp/blog/

53 :無名草子さん:2006/08/22(火) 13:50:42
片岡ヲタがウザイ・・・・・・


54 :無名草子さん:2006/08/23(水) 21:16:48
今「塩狩峠」を読んでいるのだけど、信夫の年齢が冒頭では十歳だったはずが、途中から何やら変わっている・・・?
なんで?
まさか著者がこんな間違いはしないよね?

55 :無名草子さん:2006/08/23(水) 23:03:19
成長記だからかな?最期はおじさんだけど・・・

56 :無名草子さん:2006/08/24(木) 06:00:19
地元では一人もいなかった俺の名字が三浦さんの作品で出てきた
なんか嬉しかった
作品も感動しました

57 :無名草子さん:2006/08/24(木) 21:40:16
塩狩峠、高校の時に父に薦められて読みました。
部屋で泣きながら読んでいると、「良い話だろう…。」父が言ったのを覚えています。
高校卒業して、間なしに父は亡くなったのですが、父にもらった塩狩峠、今、娘が読んでいます。

三浦さんの作品を読むと、心が洗われます。
父が生きていたら、感想を言い合えるのに…。

58 :無名草子さん:2006/08/24(木) 23:41:53

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!




59 :無名草子さん:2006/08/25(金) 18:08:41
>>57
親にすすめられて読む本が心に残るとは珍しいですね。自分は拒絶しちゃう。
高校で愛読書なに?って司書にきかれ「三浦綾子」って答えたら、「しぶいなぁ」だって。。。
ブックオフで文庫買いまくってます。

60 :無名草子さん:2006/08/25(金) 22:23:42
>>59>>57です。そうですね。
今、気付きました。思春期で父親を嫌っていたのに…。

何故なんだろう。


61 :無名草子さん:2006/08/25(金) 23:12:44
ええ話や・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

62 :無名草子さん:2006/09/01(金) 18:41:15
三浦綾子から村上春樹に移転しそう、俺。

63 :無名草子さん:2006/09/02(土) 14:23:35
歴代の夏枝、陽子

       【夏枝】    【陽子】
初代 (1966) 新珠三千代  内藤洋子
2代目(1966) 若尾文子    安田道代
3代目(1971) 小山明子    西山恵子
4代目(1971) 南田洋子    島田陽子
5代目(1981) 野際陽子    高原陽子
6代目(1981) 三田佳子    紺野美沙子
7代目(1989) いしだあゆみ 万里洋子
8代目(2001) 浅野ゆう子   末永遥    


64 :無名草子さん:2006/09/02(土) 23:00:24
すげー。
こんなに映像化されてるんだ。

山田洋次監督で、映画化されないかな〜。
他の作品でもいいから。

65 :無名草子さん:2006/09/02(土) 23:33:38
前スレにも書いた気がするけど、やっぱスタジオジブリで映画化して欲しいな。
夏枝のキャラはナウシカの「私の夫となるものは、更におぞましいものを〜」の女で。
ポスターその1は、まだ明けきれぬ旭川の早朝、雪に足を取られながらもけなげに牛乳配達をする陽子。
ポスターその2は、学芸会で一人だけ違う服で踊る陽子。
ポスターその3は、一面真っ白の雪、手前にカラスの死体、そこから足跡が後姿の陽子に続いている。

66 :無名草子さん:2006/09/03(日) 00:33:28
村井ウゼエww

67 :無名草子さん:2006/09/03(日) 20:31:32
銃口が観たい。

68 :無名草子さん:2006/09/04(月) 08:41:10
>>65
「奥さん!」「だめ、主人が帰る時間だわ!」
まで読んだ。


69 :無名草子さん:2006/09/06(水) 17:29:54
ジブリで監督は細田がいいな。あの人の作品は傑作。

70 :無名草子さん:2006/09/07(木) 00:25:10
>>69
「僕はかまいません!あ愛してるんです!!!」
「ひろしさん・・・・・。」
まで読んだ。


71 :無名草子さん:2006/09/07(木) 00:42:10

一人だけ親王誕生を祝わない片岡数吉


72 :無名草子さん:2006/09/07(木) 13:02:16
ーー本人後輪中! 盗作同士の激バトル?!

賞金500万円詐欺盗作佐藤亜紀(盗作本バルタザールの遍歴)を
田口ランディが叩きつぶしてる…w


【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原一   

73 :無名草子さん:2006/09/08(金) 09:38:22
天北原野読みました。氷点、ひつじが丘、塩狩峠、泥流地帯、天北原野・・どの作品でも善人に限って
一生懸命生きてる人に限って報われていませんよね。
人はみんな誰かの罪を背負って、生きている。そして生きている限り、原罪がある限り、善人悪人限らずみんな必ず他人を傷つけてて
知らぬ間に自分の罪を背負わしている。だからみんな平等なんだと三浦さんは言いたいのでしょうが・・。
でも善人に限ってなぜ神は重い十字架を背負わせるのか。分かったような気がしつついま一つ釈然としません。

74 :無名草子さん:2006/09/09(土) 12:00:32
道ありき…、初めて読んでます。
涙ボロボロ。

75 :無名草子さん:2006/09/10(日) 00:57:46
↑ほかの三浦作品は、どんなの読んだ?

76 :無名草子さん:2006/09/10(日) 04:10:43
>>75 >>74です。
塩狩峠・氷点・細川ガラシャ夫人・銃口・泥流地帯・母・ちいろば先生、かな…今、この土の器をも を読んでます。
内容を忘れてるのもあるので、読み返したいと思うし、他のもたくさん読みたいです。
>>75さんは?

77 :無名草子さん:2006/09/10(日) 09:38:11
片岡、場の空気が読めない奴とは思ってたが
これほどまでとは・・・。
若い女性に、ちょっかい出して楽しいのだろうが、
勘違いもはなはだしい投稿は、セクハラにも等しいし、
哀れなオヤジのいやらしさ、見苦しさを感じる。
おそらく、ここを見てるだろうけどな。

78 :無名草子さん:2006/09/10(日) 17:11:09
積み木の箱を読む時、いつも主人公の悠二の顔は桜井和寿で久代の顔は松島奈々子なんだが
皆は読む時イメージする顔ってある?

79 :無名草子さん:2006/09/11(月) 00:08:29
>>77
宗教板にでもスレ立てたら?
>>78
漠然としか浮かべないなぁ。浮かばないんじゃなくて、
あえて実在の人物に当てはめないようにしてる。

80 :無名草子さん:2006/09/11(月) 00:50:03
>>77
宗教板にでもスレ立てたら?だが、
「三浦綾子」スレなら立てなくていい。ここも過疎ってるしね。
「片岡」スレも個人名なんで、、、なんともいえません。

今日は9・11。

81 :無名草子さん:2006/09/11(月) 10:07:22
ようするに「アンチ片岡うざいから他所へ行けここは三浦綾子スレだ」って事でしょ。
過去に何度か繰り返されたやり取り。


82 :無名草子さん:2006/09/12(火) 18:05:17
「百万人の福音」最新号を読んだが、漫画の前川正にすごい違和感が
ありますわい。

83 :無名草子さん:2006/09/13(水) 04:12:05
スレ違い、お許し下さい。
キリスト教にも、いろいろ宗派(?)があるようなのですが、三浦さん御夫妻の宗派はどれになるのか、御存知の方、教えて下さい。

84 :無名草子さん:2006/09/13(水) 05:36:26
>>83
たぶん福音派。

85 :無名草子さん:2006/09/13(水) 05:53:53
>>83
プロテスタント。(具体的には日本基督教団の旭川六条教会)

「プロテスタント」と一口に言っても
ルーテル派・改革/長老派・バプテスト派・メソジスト派・会衆/組合派‥と
いろいろ。
ちなみに日本基督教団は、日本におけるプロテスタントの集合体のようなもの。
「日本キリスト教団」となっていても、実際には上記のように宗派はばらばらなので
ご注意を。

旭川六条教会が、プロテスタントの何派に属するのかまでは
私はちょっとわかりません。

86 :無名草子さん:2006/09/13(水) 08:01:26
>>84さん>>85さん>>83です。ありがとうございます。
本当に色々あるんですね。
三浦さんの本を読んでいたら、教会に行ってみたいと思うようになったのですが、どこを頼りにしたら良いのか分からなかったのです。
本当にありがとう。感謝です。

87 :無名草子さん:2006/09/13(水) 12:06:59
よいところに出会えるといいですね。
↓ご参考にどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/yagitani/kurihon/kurihon18.htm 

88 :無名草子さん:2006/09/13(水) 13:03:12
>>87さん、御親切に本当にありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
嬉しいです…(涙)

89 :無名草子さん:2006/09/13(水) 14:11:20
>>87
初心者にそれはちょっと・・・・・w

キリスト教会は大きく分けると二つです。
カトリックとプロテスタント。
プロテスタントの教会には○○派というように枝分かれはありますが、
教理的に大きな違いはありません。
むしろ、保守派とリベラル派の違いを知っておいたほうがいいですよ。
福音派は保守派です。聖書を神の言葉として解釈します。
リベラル派は、様々な可能性から聖書を解釈。
マリアの処女懐妊、キリストの様々な奇跡をも否定する教えもあるので
気をつけてください。
残念ながら怪しげな教会も多いので、よく調べてから行くとよいですよ。
個人的には、日本基督教団に所属している所をオススメします。


90 :無名草子さん:2006/09/13(水) 16:34:10
天性のストーリーテラーだね、三浦綾子は。
それに比べて競艇ババアで政財界のパトロンの曽野綾子は最低っ!

91 :85=87:2006/09/13(水) 19:39:46
>>86
初心者の方だからこそ、紛らわしいところには行ってほしくないと
思いまして。すみません。
>>83=88さん、よい教会にめぐり合えますように。

私自身はカトリックですが、三浦綾子氏好きでよく読んでいます。
(専攻がキリスト教文化比較だったもので^^;)

92 :無名草子さん:2006/09/13(水) 20:07:56
>>89さん、>>91さんお心遣いありがとうございます。

私の知り合いにもクリスチャン(…の証人)の方がいます。しかし、なかなか理解できなくて…。それが三浦綾子さんの作品では、素直に理解できるのです。

皆さん、本当にありがとうございます。

近い内に、皆さんの書いて下さった事を参考にして、教会を訪ねてみたいと思います。

93 :無名草子さん:2006/09/13(水) 20:11:19
>>90
不思議なことに同じクリスチャンの仲間でも曽野綾子のファンは誰もいない
んですよね。
この女の胡散臭さを本能的に嗅ぎ取っているとしか思えないんですよ。

94 :無名草子さん:2006/09/13(水) 23:07:12
>>92
ちょwwwwwwwwwwww
エホバの証人はキリスト教じゃないっすよ。
キリストは神ではないと言い切っていますし、
救われるためにはエホバの証人の幹部の命令を聞かねばならないという
新興宗教です。
あなたのキリスト教の知識と信仰がしっかりするまでは、
友人には知らせないほうが懸命です。
ちなみに、モルモン教もキリスト教ではありません。
参考にどうぞ。
ttp://oono.kyokai.org/isik_2.htm

95 :無名草子さん:2006/09/13(水) 23:18:10
俺も、曽野綾子はダメだ・・・・。
読んでいて嫌悪感を感じ、ゴミ箱に捨ててしまった。
俺の人生で、ゴミ箱行きとなったのは後にも先にも曽野さんだけだ。
上から見下げてるというか、世間知らずの苦労知らずなんだな、て思った。
三浦綾子が、病気ばかりの自分の事を「神様は私を贔屓している」って
意味が、このとき分かった。
曽野綾子は世俗的な幸せは知っているが、神の恩寵は知らないのではないかな・・・。


96 :95:2006/09/13(水) 23:19:33
>病気ばかりの自分の事を「神様は私を贔屓している」って意味が、このとき分かった。
訂正↓
病気ばかりの自分の事を「神様は私を贔屓している」って言ってた意味が、このとき分かった。

97 :無名草子さん:2006/09/14(木) 00:09:52
>>94
俺はクリスチャンになってからエホ証=新興宗教って知ったよ。
それを知るちょっと前まで、毎週おばさん二人組が訪ねてきて「ものみの塔」諸々を
置いていった。
親がプロテスタントの教会に通ってるっていっても、親から聞いた聖書の話
(キリストが罪を負ってくれたetc)をしても、笑顔で聞いてたのにな。
ネットで調べてみて、それがエホ証のマニュアル化された反応だって知った。
信者の人たちも熱心に信じてるわけで、今は気の毒だな〜って思うんだけど、
知った時は裏切られたような気持ちになったよ。プライベートな相談までしてたのに。
でも、色んな会に誘われだした頃に引越し&親の教会に通いだしたので、
ラッキーだったんだな、俺。
スレ違いごめんね。


98 :無名草子さん:2006/09/14(木) 00:39:56
「道ありき」「塩狩峠」「氷点」etc,を読んで感動しつつも、
清らかすぎて…と思う抵抗感もある。
ご本人(と、そのご主人)が、類稀に“善いひと”すぎて、
余計そう思うのかもしれないけど。

99 :無名草子さん:2006/09/14(木) 05:21:36
>>94さん>>92です。
ありがとうございます。エホバの証人さんに「キリスト教ですか?」と聞いた時、「そうです。」と、言われてたんですが、違うんですね。
信仰しているのに、????という言動があったりして、腑に落ちない事が多々ありました。
新興宗教だったんですね。すっきりしました。でも、すっかり信じ込んでいる知り合い…、綾子さんの本を読んで目を覚ましてほしい。
本当にありがとうございました。

>>97さん、私も同じ経験をしています。

私もここの皆さんに教えて頂いて、本当に良かったです。感謝です。

100 :99追伸:2006/09/14(木) 05:47:02
私はエホバの証人さんから、太い聖書を頂きました。
本物だと信じてました。
>>94さん、本当に本当にありがとうございました。


101 :無名草子さん:2006/09/14(木) 08:40:22
エホ証の怖いところは、色んな質問に対してマニュアル化された
答えが用意してあり、一般信者はそれを暗記しています。
クリスチャンでもよほど知識の深い人でなければ、論破される事があります。
彼らはエホ証以外のキリスト教は悪魔の教えを信じていると教育されているので、
論破したり勧誘することを善意だと思っています。一生懸命家を回っている姿は
気の毒ですらあります。
ちなみに、エホ証の人が「三浦綾子はプロテスタント、マザー・テレサは
カトリック。二人とも今ごろ地獄にいるわよ」という内容を語るのを聞いた事があります。

三浦綾子さんがなにかの著書に「キリストは救い主ですかと質問して、そうですという
答えが返ってくれば、その教会は信頼してもよい」ということを書かれていましたが、
最近は曖昧に答えたり、平気で嘘をつく宗教団体が多いので気をつけてください。

102 :無名草子さん:2006/09/14(木) 08:49:25
うちの父は牧師ですがエホバの証人やモルモンの勧誘が来たらあしらわずに議論してます
いろんな質問をして、挙句の果てには真理を、聖書を捻じ曲げちゃいかんよと説き伏せ?たりしてる始末・・・
逆に相手は帰りたくなってる様子が多々見られるww

103 :無名草子さん:2006/09/14(木) 09:15:16
細川ガラシャ夫人、面白かった。
前半は歴史小説として夢中になって、後半のガラシャが
信仰を持ち始めてからも、ガラシャがどんどん魅力的になっていき
面白かった。スゴイ人だな〜。
ラスト、ガラシャが死の瞬間に見た光景で一気に泣けた。


104 :無名草子さん:2006/09/14(木) 10:59:19
>>101さん>>102さん、ありがとうございます。
知り合いは私が三浦さんの本の話をしたら、読みたいと言っていましたが、たぶん、エホバの教えに反していると言うでしょうね。

私は、三浦さんの作品に出会え、皆さんに出会え、良かったです。 感謝

105 :無名草子さん:2006/09/14(木) 13:07:25
ガラシャ夫人、面白かったけど
初之介が不憫だった。


106 :無名草子さん:2006/09/14(木) 18:24:56
俺18ですが、ガラシヤは最近村上春樹にはまってしまい、上巻でほったらかしたままorz

教会へ行く前にとりあえず本屋さんにある聖書(新約から?)を読破してみては?
今旧約を読んでますが、ダビデの浮気や部下の反乱なんかのヒューマンドラマにはびっくり^^;

107 :無名草子さん:2006/09/14(木) 22:55:13
聖書をそのまま読むのはオススメできません。
時代背景など、結構勉強しながら読まないと誤解が多いんです。
旧約にいたっては8千年前(だったかな?)に書かれているしね。
あと、訳が不充分だったり、意味が違ってしまったりで、これまた
ヘブル語やギリシャ語の知識を必要とする所もあるんですよ。

あと、ここに書くべきではないかもしれませんが、聖書は神の霊感を受けて
書かれています。信仰を持ったときに与えられる聖霊に満たされて初めて
本当の力を発揮できる書物でもあります。

聖書は教会へいってから、少しづつ読んだほうがいいですよ。
教理を分かりやすく解いた本も色々あるのでそちらからのほうがいいと思います。


108 :無名草子さん:2006/09/14(木) 23:24:06
>>107
 敷居高くしてどうすんだよ。そんなこと言わないで、適当な
 入門書を紹介しろよ。お前の書き方、人を見下しているように見えるよ。
 お前こそ、聖書を読み直せよ。

109 :無名草子さん:2006/09/14(木) 23:37:15
敷居を高くするも何も、聖書を補助知識なしで読むのは危険ですらありますよ。
キリスト教嫌いにる原因になることも多々ありますし。
私がオススメなのはキリスト教書店でしか取り扱ってないのであえて書かなかったのですが、
せっかくですから2,3紹介します。
三浦綾子スレってことでw「新・旧約聖書入門」なんかは読みやすくていいですね。
私が好きなシリーズでたいていの図書館でも借りられるのは内村鑑三著「聖書注講解」。
ですが、いかんせん文章が古くて読みづらさはあります。
あとは、私の大好きなC.S.ルイスもオススメですが、こちらは少し教理を学んでからのほうが
いいと思いますよ。

長文、スレ違い、見下しているように見えた書き方など、お詫びします。

110 :無名草子さん:2006/09/15(金) 00:55:13
氷点、拘置所の中にあったんだって。
犯罪者でも涙ボロボロ流して泣いていたそうだ。
出てきてすぐに続が読みたくて、本屋へ行ったらしい。
そんな人達でさえ、家族への気持ちなど反省したり後悔したりするそうです。
私は読んだことは無いのですが、
氷点を読んでみたくなりました。

111 :無名草子さん:2006/09/15(金) 01:34:45
氷点全部読んだあとに思うことは人が変わるというのは途轍もなく難しいということ。
陽子は自分の傲慢さにラストでやっと気付くし
夏枝も恵造もいろいろあっても最初の頃とそこまで変化は無いし
自分を顧みた時にも変わるのは難しいって辛くなる

112 :無名草子さん:2006/09/15(金) 10:13:42
>>110
三浦さん御夫妻も囚人に伝道していてようだし、
服役中に信仰を持つ人も結構いるらしいね。
ノンクリスチャンの被害者はどんな気持ちなんだろう・・・・。


113 :無名草子さん:2006/09/15(金) 17:15:06
>>106->>109聖書の事、色々ありがとうごさいます。
エホバの商人さんから頂いた聖書を、啓発本代わりに読んだ事がありました。

三浦さんの書かれた物から、また読んでみます。

今、綾子さん御夫妻のCDを聴いています。
浄化されている気がします。

114 :無名草子さん:2006/09/15(金) 22:25:34
エホバかモルモンか忘れたけど、どっちかの教えで献血・輸血が禁止という教えがあって、
子供が輸血すれば助かったのに信徒も家族も誰も助けなかったから死んでしまったという
話を聞いたことがあるます・・・恐ろしや

115 :無名草子さん:2006/09/15(金) 23:24:06
>>112
犯罪を犯す人は小学校すら行ってなかった人が多い。
家庭に恵まれていなく字でさえも小学生の低学年程度の人もいる。
実際に「私」という漢字を書けない人、名前を書けない人を知っている。
そんな人が初めて本を読んでボロボロと泣くというのは
何も気付かない感じないより善いことだと思う。
被害者の方も可哀想だけど、加害者もまた可哀想に思う。
一冊の本が初めてその人に感情を教えてくれたというのは
素晴らしい事だと思います。

116 :無名草子さん:2006/09/15(金) 23:46:41
「塩狩峠」も良いけど「夕あり朝あり」もとても感動しました。
ノンフィクションで人物を綺麗に書きすぎるところがあるのが難だけど…
五十嵐健治さん、本を読んだだけで恋をしてしまいそうなほどステキな方です

117 :無名草子さん:2006/09/16(土) 00:38:11
故三浦綾子さんのスレがあるんだな。最初によむのはどれがいいです?ちなみに高校がミッションだったのでキリスト教の知識はあります。信仰も少し。

118 :無名草子さん:2006/09/16(土) 00:42:58
>>117
塩狩峠

119 :117:2006/09/16(土) 00:46:44
さっそくのレスさんくす。んじゃあさって本屋でみてきます。

120 :無名草子さん:2006/09/16(土) 04:54:17
>>87さん 奨めて下さった日本基督教団の教会、調べたら近くに二軒もありました。

今、『ちいろば先生物語』を読んでいますが、保郎が若き日、京都の教会で日曜学校を開き、神様について子どもたちに語るシーンがありますね。
私にも非常に解りやすかったです。
まだまだこれからこれからですね。

121 :無名草子さん:2006/09/16(土) 06:57:51
出ている限りの文庫本、全部買いたいのだけど・・・。
全部で何冊の作品があるのですか?エッセイは抜きで。

122 :無名草子さん:2006/09/16(土) 09:17:23
>>113
エホバの聖書は改竄されてるので捨てちゃってもいいですよ。
エホバ以外では使えません。
>>120
実は俺が信仰をもったきっかけになったのも「ちいろば先生物語」。
榎本牧師の著書も感動した。
>>121
ttp://www.eolas.co.jp/hokkaido/hyouten/
↑参考になるかな?

123 :無名草子さん:2006/09/17(日) 23:17:23
聖書は新共同訳でいいんじゃね。これなら大き目の普通の本屋にあると思う。

初めて読む三浦綾子は「氷点」! これっきゃない?ドラマももうすぐ放送。

124 :無名草子さん:2006/09/18(月) 02:08:45
前の氷点は陽子と夏枝のキャストに納得行かなかったなー
今回は見る気が起こるキャスト。

125 :無名草子さん:2006/09/18(月) 11:44:12
確かに塩狩峠は少し宗教色が強いからね。初めはやっぱり氷点か道ありきから
入るのがいいと思う。
陽子って確か眉濃かったんだよね。石原さとみはなかなか合ってると思うよ。

126 :無名草子さん:2006/09/18(月) 20:09:04
またドラマ化するのかよ、って思う人も多いと思うけどそれによって俺みたいな
今まで三浦綾子さんを知らなかった若い世代の人が彼女の作品に目を向けるようになるんだよね。
三浦さんの作品は心に染み渡る素晴らしいものが多いし、時代を超えていつまでも読み継がれるべきもの。
そういう意味で度々リメイクドラマ化するのはいいことだと思うよ。

127 :無名草子さん:2006/09/18(月) 22:47:15
>>111
陽子は自分の傲慢さにラストでやっと気付くし


あれ、気付いたのかなぁ。最後の最後で、
もっと、傲慢になった気がするけど。

128 :無名草子さん:2006/09/18(月) 22:55:59
今頃来ましたが>>1さん乙
スレタイが素晴らしくて感動しました。


129 :無名草子さん:2006/09/19(火) 17:52:04
今日の読売新聞に麻原の四女の事が載ってたけど、
まさにリアル氷点だな。もっとも現実は小説のようにはいかないと思うけど。

130 :無名草子さん:2006/09/19(火) 22:20:17
読んでて、辛かった。

131 :無名草子さん:2006/09/20(水) 00:13:57
ファンの集うここで辛口言うのはなんだけど

「道ありき」「塩狩峠」「氷点」に、
人が絶賛するほどには正直言ってあまり感動しなかった…
こんなものかな、と。
三浦さんの人格がすばらしいことはもちろん知ってるし、影響力もあるのはわかるけど、
読み手側と三浦さんの感性がマッチすること(例を挙げるとクリスチャンとしての視点)と、
文学的にどうかというのは別なような気がした。
エッセイストとしては一流なんだろうけど…
「千利休とその妻たち」「細川ガラシャ夫人」も、これが例えば有吉佐和子とかだったら
もう少しドラマティックに描写したかもしれないと、正直思う。

132 :無名草子さん:2006/09/20(水) 06:49:39
今さらながら氷点と続氷点、読みました。なんつうか、いろいろ考えさせられた。
北原も気の毒だが、それ以上に徹が可哀想過ぎる・・・。徹の気持ちを考えると
胸が張り裂けそうです。

133 :無名草子さん:2006/09/20(水) 09:45:17
>>131
人それぞれ感性は違いますしね。
私も読んでいて、「ここはノンクリスチャンが読んだらどう感じるんだろう?」
と考えることはあります。この文章は文学的に必要ないのでは?とか。
具体的に例をあげると、ガラシャ夫人のラストシーンにキリストが出てきますが、
クリスチャンにとしては鳥肌が立つくらい感動するのです。なにせいずれ自分にも
起こる出来事ですし、クリスチャンはイエス・キリストを自分の命よりも愛していますので。
でも、一般的には、あのシーンで西洋のイメージが定着している(実際には同じ
アジア民族ですが)イエス・キリストが出てくるのは文学的でないかもしれません。


134 :131:2006/09/20(水) 18:01:59
>>133
あの…私、クリスチャンですがw

ガラシャのラスト、別の意味で物足りませんでした。
文化背景としてのキリスト教の世界を書く場合の描写力と言いますか、
そういう部分が正直ちょっと弱い気がします。
三浦さんの場合、どうしても自分の信仰と聖書のみの世界になってしまうから、
歴史モノはそこが惜しいですね。

短編集「病めるときも」などは、とても素晴らしいと思いました。
辛口、失礼しました。

135 :無名草子さん:2006/09/20(水) 18:54:26
 エッセイは重複が多いから、何冊も読む必要はないと思います。

小説「あのポプラの上が空」の大元は河合隼雄の本の一節という
ことだったが、「うちには宗教がない」という言葉を三浦自身が
深めていないように思った。あれを言いたいだけの作品に思える。

>>131
 「道ありき」「氷点」に関しては、同感。絶賛するほどかな〜と
 正直思った。初めて小説を書いたにしてはよくできていると思う。
 しかし、絶賛というほどかは疑問ですよ。

136 :無名草子さん:2006/09/20(水) 23:10:20
俺は絶賛する。
「道ありき」を読んで自分の人生を振り返って反省できたし、
人を評価する基準が変わった。惚れる女のタイプまで変わったw
「氷点」ものめりこんで読んだよ。4冊という長編にしては最後まで一気に
読ませる力があった。ラストが虚しかったけど、三浦綾子が語りたい愛は
感情ではなく意志としての愛なんだって事が伝わってきて良かった。
啓造と陽子がクリスチャンになる未来をほのめかしているあたりも良かった。

131さんが言うように、文学的には100点満点ではないと思うけど、
人の人生や価値観を変える力があると思う。

137 :無名草子さん:2006/09/21(木) 00:26:32
三浦綾子の小説そのものが
実質上牧師さんのお説教のようなもの

138 :無名草子さん:2006/09/21(木) 00:34:14
三浦綾子さんの場合は文学は平均的な実力でずば抜けてるわけではないですが、感動の伝え方はとても上手だと思います。
少しオーバーに人物を良い人に書きすぎなところが気にはなりますが・・・
自分の悪を棚に上げて押し付けがましいというクリスチャンのイメージを覆す書き方をしてくれるところも良いです。
たぶんそれは三浦さん自身がそういうお方だから自然に小説にも滲み出てるんだろうけど(実際は棚に上げるクリスチャンが多いですが)

139 :無名草子さん:2006/09/21(木) 01:14:56
全員が全員100点満点の文学はありえないよ

でも>>136が言ったみたいに人の人生や価値観を変える
本に出会えるって言うのはすばらしいとおもう

140 :無名草子さん:2006/09/21(木) 09:17:15
登場人物や話のテーマがかぶるの多いと思ってたんだけど、
一つのテーマ(人間の罪深さ)を信念を持って書き続けてる人だったのね。納得。

三浦綾子の小説やエッセイによって、キリスト教のイメージは大幅に変わった。
日本人のキリスト教やクリスチャンのイメージはかなり間違えていると思う。
俺の中では、
三浦綾子>>>>>遠藤周作>>>>>>>>>>>>>>曽野綾子
てかんじ。曽野綾子いらないかも。


141 :無名草子さん:2006/09/21(木) 17:32:27
>三浦綾子の小説やエッセイによって、キリスト教のイメージは大幅に変わった。

そうかなぁ?最近『疾走』を読んで、そこがどうも(汗

142 :無名草子さん:2006/09/21(木) 20:41:19
「自我の構図」は文学的にできてるほうだとオモタ。

143 :無名草子さん:2006/09/21(木) 21:22:12
キリスト教については、土井健司『キリスト教を問いなおす』ちくま新書
がオススメ。イメージよりも、どういうものかを知った方がいいぞ。

 三浦綾子は、エッセイなどでの登場人物を美化しすぎなのが気になる。
>>135だが、『氷点』は4冊で一気に読ませるところと、いろいろな人間
模様を原罪というテーマと絡ませているところは上手いと思う。しかし、
人生観変わるところまでは行かなかったな。まあ、これは人それぞれだと
思うんで、人生観変わったという人を否定する気はない。

144 :無名草子さん:2006/09/21(木) 22:52:00
>>141
『失踪』は重松さんの作品?ノンクリスチャンからの視点だね。三浦さんと違うのは当たり前。

ただ本当にクリスチャンが聖書の言う通りに善良的に生きているかって言ったら大抵そうじゃないと思いますよ
毎週日曜に礼拝行って決まった日にちに集会行って、っていうだけの人が多い。
困ってる人や貧しい人を助けてるクリスチャンって本当に少ない。そこが残念

145 :無名草子さん:2006/09/22(金) 23:59:31
>>144
俺の周りのクリスチャンは信じられないくらい善良な人もいれば、
ビックリしちゃう人もいるw
最近まで誤解してたのは、クリスチャン=善人でなければいけないって事。
宗教って、修行して自分を磨いて悟りを開いていくのが目標みたいな
思い込みがあった。
でもキリスト教って違うんだね。


146 :無名草子さん:2006/09/23(土) 00:04:47
三浦綾子の本で知ったんだけど、
罪深い女の人を偉い人が非難していたら、キリストが
「罪を犯したことのない人がこの女の人を責めなさい」みたいなことを言った
あたり、なんか胸にズシンときた。人を見下したり責めたりしちゃう時、
このエピソードが必ず浮かんで、すごく気まずい。

あと、医者は病人を治すために来たっていう話が心に残った。
キリストは罪人のために地上に来たんだな。罪人って、俺の事じゃん・・て。



147 :無名草子さん:2006/09/23(土) 09:27:39
義人一人だになし

148 :無名草子さん:2006/09/23(土) 13:31:31
>>147
 ローマ書だね。

149 :無名草子さん:2006/09/23(土) 22:45:44
>>147
「原罪」だの「愛するとはゆるすこと」だの「汝の敵を愛せよ」など色々と難しいけど
結局すべてはその一言に集約されるんだよね。
人間に他の人間を責める権利などないしみんな神に対して許しをこわなきゃいけない存在。

150 :無名草子さん:2006/09/23(土) 23:06:45
でも悪いことは悪い、良いことは良い、と判断できなきゃね
それを人に伝えるのも大事

151 :無名草子さん:2006/09/24(日) 00:09:13
ここ、いっそのこと「信仰を語りたい人のスレ」にしたら?w

152 :無名草子さん:2006/09/24(日) 08:24:12
三浦綾子自体が伝道のために執筆していたので、
この流れはどうしようもないよ。
三浦綾子の著書に信仰入門や聖書入門も多く出てるし、
スレ違いとは思えない。

三浦文学が好きだったり興味のある人って、キリスト教にも
関心のある人が多いから、俺はこの流れ賛成派。



153 :無名草子さん:2006/09/24(日) 11:18:45
三浦さんの作品とキリスト教は切っても切り離せない関係だから致し方ないよね。
実際>>249だって三浦さんが作品内で度々述べていることだし。
ただ実際俺も人間みんな罪を犯す素質を持っていたとしても実際にそれをやっちゃうかやらないかで
大きな違いがあると思うんだけどなぁ。

154 :無名草子さん:2006/09/24(日) 11:20:21
堀の外

155 :無名草子さん:2006/09/24(日) 18:22:27
>>153
 パウロの書簡を読んでから言ってくれ。キリスト教と切り離せないとか
 言うんなら。
  人を殺さざるを得ない状況・心境に追い込まれても、自分が死ぬ方を
 選べるのか、ちみは。

156 :無名草子さん:2006/09/26(火) 11:48:09
>>155
俺153じゃないけど、死ぬほうを選べるな。
あと、パウロの書簡ってたくさんあるけど、全部ひっくるめて指してるのでしょうか?
人はみな罪人=罪を犯しても良い という理屈じゃないのは分かってますよね?

157 :無名草子さん:2006/09/26(火) 11:54:07
注文していた「イエス・キリストの生涯」が届いた!
もともと絵画に興味のある俺は期待大だったのだが、
大好きなミケランジェロの最後の審判が残念なことになっている。
肝心のキリストが綴じ込みのギリギリにいるので見づらいんだよね。
あと、少々高くなってもいいから、もう少し大きいサイズだったらよかったのに。
内容的には、聖書の解説も載っていて、44点もの聖画がカラーで
鑑賞できて、満足です。


158 :無名草子さん:2006/09/26(火) 22:24:52
↑文庫でみつけたけど、ちっこい。
「プサン 児童虐殺」はショックだった。。。。

159 :無名草子さん:2006/09/26(火) 23:50:29
ミケランジェロ「最後の審判」のキリストのイケメンっぷりが大好き。
ttp://www.salvastyle.com/menu_renaissance/michelangelo_universale.html


160 :無名草子さん:2006/10/02(月) 13:27:28
やはり、エホバの知人には三浦さんの純粋さが伝わらなかったです。

161 :無名草子さん:2006/10/02(月) 15:38:32
エホバからみたら、三浦綾子は悪魔の手先のような存在らしいからね。
読むこと自体禁止されてる場合もあるそうだ。


162 :無名草子さん:2006/10/02(月) 16:38:43
このスレ凄い。盗作で賞金500万円泥棒だと!佐藤亜紀って奴
    盗作本「バルタザールの遍歴」

ここ。こいつら三浦さんの爪の垢でも飲めばいい
 ↓        
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪中! 盗作同士が激バトル?!

163 :無名草子さん:2006/10/05(木) 00:17:46
キリスト教掲示板でも煙たがられてる片岡
http://6202.teacup.com/remnant/bbs

>三浦綾子愛読者HPでの質問に対するあなたの数多くの真摯な回答、
>この掲示板での投稿を見て、ふと数吉さんは本当に寂しいのだなあと感じました。
>数吉さんの寂しさは、主の恩恵によらなければ癒されないものなのでしょうね。
>確かにエクレシアの恩恵の中で神を賛美し聖書を読む時は、
>1人で聖書を読む時とは、まったく違いますからね。
>数吉兄弟に憐れみを賜り寂しさを解決できますように。
>主の、み名により祈ります。アーメン

164 :無名草子さん:2006/10/06(金) 18:34:08
自分のことは棚に上げて滝川市などを批判する片岡
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/e/c853214d40f0946b349e60dcc6b78690

165 :無名草子さん:2006/10/08(日) 18:41:51
クリスチャンの対話スレを、片岡ネタで釣るのはやめよう。

166 :無名草子さん:2006/10/09(月) 10:37:42
>>165
>クリスチャンの対話スレ

あほか。ここは一般書籍板。クリスチャンの対話がしたけりゃ宗教板に池

167 :無名草子さん:2006/10/10(火) 09:46:06
とにもかくにも片岡ヲタはよそへ行ってください。


168 :無名草子さん:2006/10/11(水) 17:42:12
クリスチャンは自殺禁止の筈だが、’塩狩峠’の主人公の行動は自殺ではないのだろうか?

169 :無名草子さん:2006/10/11(水) 18:50:23
>>168
自分の体で列車を止めたかっただけであり、
自殺するつもりは無かった

とでも解釈しとけば委員で内科医?

170 :無名草子さん:2006/10/11(水) 18:55:07
医院で内海?

171 :無名草子さん:2006/10/11(水) 21:27:36
今日10時からのNHK「そのとき歴史は動いた」で
ガラシャ夫人やるね。

172 :無名草子さん:2006/10/13(金) 00:20:10
↑見忘れたorz

173 :無名草子さん:2006/10/13(金) 15:26:26
>>168
長野政雄さんの死に関して、当時は自殺説、過失説、犠牲説(小説塩狩峠はコレ)がありました。
ほいでもって、三浦綾子は過去の文献や当時を知る人や目撃者の証言を取材し、
覚悟の上の死であったと確信を得て小説にしたそうな。


174 :無名草子さん:2006/10/14(土) 19:12:01
普段の行動が立派だったからそうなったんでしょうね。
普段いい加減な人が同じ行動を取っても馬鹿だと言われるだけかもしれない。

175 :無名草子さん:2006/10/17(火) 08:50:06
三浦綾子文学記念館てどうですか?
子連れで行っても楽しめますか?
子供預けてのんびり行きたいけど、不可能だ。
旭山動物園のほうがいいって、ダダこねるかな・・・・。


176 :無名草子さん:2006/10/17(火) 23:31:59
子連れで三浦綾子ツアーは、んんん。。。
ドラマを子どもに見せて、ちょっとは興味を持たせてから、真冬の旭山にいくといいのでは?

177 :無名草子さん:2006/10/18(水) 00:44:36
たとえ保護者がいても、未就学児童の場合は記念館に入れるべきではないと思ふ
キャーキャー騒がれたり泣かれたりすると、周りの人に迷惑。

178 :175:2006/10/18(水) 22:47:04
レスどうも。
おとなしめの小学生なんだけど、
やっぱり退屈しちゃいますよね。
中学生くらいになって、子供が三浦文学にふれはじめた頃
一緒に行くことにします。


179 :176:2006/10/19(木) 00:11:16
とりあえず、小学生のお子様に、11/25*26の連続ドラマを見せてからですね。
主演は、長澤まさみだったような・・・

180 :無名草子さん:2006/10/19(木) 00:21:02
>>179
何のドラマ?

181 :無名草子さん:2006/10/19(木) 17:06:26


テレビ朝日|氷点

フレーム対応のブラウザでご覧ください。

www.tv-asahi.co.jp/hyoten/

182 :無名草子さん:2006/10/19(木) 20:33:47
>>179
石原さとみね。
ってかドラマ板の氷点スレちらっと覗いてみたけど小説の内容について
けっこう真剣に語り合われてた。陽子が何で北原を選んだのか分かんないとか言ってる奴、見てみる価値あるよ。

183 :ばってん:2006/10/19(木) 21:19:38
萎えるスレタイだな 感動を押し売りしているみたいで三浦が安っぽくなる

184 :無名草子さん:2006/10/20(金) 16:20:45
ああ、これか。初めてみた。


【クリスチャン】氷点5年ぶりリメイク【石原さとみ】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1143093150/

185 :無名草子さん:2006/10/20(金) 18:19:08
ドラマ板から出張。
実はドラマでは晩年も設定されてて北原と陽子(苗字は北原じゃなく辻口のまま)はいるんだけど徹はいないんです。
それでドラマ板ではラストどうなるのか、ってことで色々と推理してるんですが原作ファンのみなさんはどういうラストを望みます?

186 :無名草子さん:2006/10/21(土) 00:49:04
>>185
1・駅のホームから線路に落ちた酔っ払いを
 チョンと協力して引き上げようとしたが、間に合わず轢死

2・紋別でまたしても流氷が真紅に燃える幻覚を見て
 そのまま海に入って溺死

3・実は片足の無い北原の収入の少なさに愛想をつかして早々に離婚しており、
 金持ちの村井と再婚して悠々自適の晩年を送っていた

187 :無名草子さん:2006/10/21(土) 06:51:00
>>140
>曽野綾子いらないかも
激しく同意!政財界のパトロンなんかイラネ!

188 :無名草子さん:2006/10/21(土) 20:02:17
本来文学とは文体の優劣によって評価されるべきではあるが、三浦綾子の作品の場合は
主人公の高潔性であるとか、作者の人間性によって、更に評価を高めている。
一方では作品云々よりも作者の人間性によって評価を落とす者もいる。

189 :無名草子さん:2006/10/21(土) 21:48:46
CS系のテレ朝チャンネルで11月1日から初代のドラマ版「氷点」(新珠三千代、内藤洋子)
を放送するようですよ。ビデオは絶版になったと思うし、レンタルでも置いているところ
が少なくなったからまだ見ていない人はチャンスかなと。原作の時代の雰囲気が一番出て
いるのがこの初代ドラマと若尾文子&安田道代の映画版だと言われている。
役者のレベルも高かったしね。

190 :無名草子さん:2006/10/22(日) 15:35:34
>>189
地上派ではやってくれないのか・・
2年くらい前から三浦綾子さんの本を読むようになった俺にとっては
今度の氷点が初めてのドラマ化だ。
出来がよければいいね。噂では2000年版はめちゃめちゃだったらしいし。

191 :無名草子さん:2006/10/22(日) 16:05:54
手紙→なんとメール

192 :無名草子さん:2006/10/22(日) 16:23:23
>>190
映画版はDVD化されて大抵の大きなレンタル店には置いてありますよ。
映画版の若尾文子の演技は一見の価値有り。怖いくらい。

193 :190:2006/10/22(日) 17:29:41
>>191
しかも鎌倉が舞台だったって聞いた気が・・
メールってなんのこと?まさか陽子の遺書がメールだったの?

>>192
じゃあ今度借りてきます。若尾文子って夏枝役?

194 :無名草子さん:2006/10/22(日) 17:50:47
>>193
もち夏枝役。ちなみに陽子やってた安田道代は当時の大映のホープとしてデビュー
した直後で初々しくて良かった。今でも大楠道代さんとして現役だけど。北原やって
た津川雅彦が今度のリメイク版ドラマでは老年の北原やるんだっけ(笑)。

195 :キリスト教撲滅委員会:2006/10/24(火) 10:41:34
この人の自伝をよんだが
自分に酔ってるかのような文体が嫌い
「氷点」は途中まで読んでアホらしくなってやめた
宅間と結婚するような女って三浦綾子なんか好きなんだろうな

196 :無名草子さん:2006/10/24(火) 15:22:46
>おもろいスレ見た。本人後輪中!
>盗作で賞泥棒中年女・佐藤亜紀てのが(盗作本バルタザールの遍歴)
>田口ランディに叩きのめされ狂いまわって「うんこ」と自称してるw

>,ここ ↓
>【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原一  盗作同士激バトル?!w


197 :無名草子さん:2006/10/24(火) 15:39:13
>>195
コテみてワラタw

氷点のリメイクって、無理して現代風にするのはなんでだろう?
中途半端な時代に書かれたからかな?
なんにせよ、三浦綾子が伝えたかったテーマを、きちんと描いてほしいな。


198 :無名草子さん:2006/10/24(火) 16:41:03
テレビ誌見たけど今度のドラマは時代設定そのままだし原罪、ゆるしというものについて
視聴者に訴えかける作品になってるみたい。
ただ、陽子と徹のキスシーンあるみたい・・。純潔な2人はどこへ?

199 :無名草子さん:2006/10/25(水) 06:45:29
 氷点HP見たけど原作には出てこない達哉の恋人が新たに設定される代わりに
三井恵子の夫である三井弥吉は出てこないようだ「続・氷点」のテーマである
罪のゆるしにこの人の存在は必要不可欠なはずなのに?
 三井弥吉の告白は陽子が罪のゆるしを理解する重要なきっかけの一つになったのに
その告白を映像化するのは困難と判断したから?

200 :無名草子さん:2006/10/25(水) 22:28:05
前にも話題になったけど、
山田洋次監督に映画化して欲しい・・・。
氷点じゃなくてもいいからさ。
一応、三浦綾子と親交があったわけだし、
実現しないかな〜。


201 :無名草子さん:2006/10/26(木) 20:16:40
山田洋次監督にカンペ活動なんかしたらできるかも・・・
ファンレター一枚でも試してみようかな。

202 :無名草子さん:2006/10/31(火) 02:16:19
http://www.christiantoday.co.jp/news.htm?id=1055&code=cul

こんな講演あったなんて・・・

203 :無名草子さん:2006/10/31(火) 09:39:53
光代さんの自伝、
三浦綾子ファンとしては、やっぱ読んでおくべきかな?


204 :無名草子さん:2006/11/01(水) 00:25:31
光代さんの自伝は、綾子さんの自己自伝のみで十分であると思うけど・・・

205 :無名草子さん:2006/11/01(水) 20:53:28
聖書からのエピソードをもとにした作品が多いんですか?
三浦綾子を読んだことの無い牧師さんに、あらすじを話したら、
「あー、それって聖書にも似たような話しあるよ」って教えてくれた。

206 :無名草子さん:2006/11/01(水) 23:45:17
そでもないよ。

最近旧約聖書読んでんだけど、実は結構面白いw
バビロン移住あたりは世界史と絡むし。

207 :無名草子さん:2006/11/06(月) 02:16:59
過疎ってきたね。
ドラマの話題もドラマ版にとられちゃったし。。。

208 :無名草子さん:2006/11/07(火) 00:27:12
保守レスでス。
CSのテレ朝チャンネルで初代ドラマの氷点の放送をやっているが、以前借りたビデオ
より画質がかなり良くなっているね。デジタルリマスタリングやったのかマスターテープ
引っ張り出したのか(その両方か)。頭から続けて見ると、あのドラマ版は本当に
原作に忠実でついはまってしまう。最初のドラマでこのレベル逝っているなら
リメイクする意味あるのかな、とも思うが。

209 :無名草子さん:2006/11/07(火) 00:36:34
過疎ってきたら片岡ネタw
以下、キリスト教掲示板より引用

-------------------------------------------------------------

片岡さまは、共産主義を弁護するために聖句を引用されたみたいですが、
その箇所は社会平等を訴えているのではなく、愛を説明しているのです。
神の前に人は皆平等と社会的に平等とは微妙に違うことを認識しましょう。
そして、神を自我により歪曲して解釈せず、素直に受け入れましょう。

210 :無名草子さん:2006/11/07(火) 14:04:08
>>208
自分もCSで初代氷点毎回見ているが、確かに新珠三千代の夏枝は寸分の狂いも
無いほど完璧に合っている、三浦綾子が氷点を書いた時夏枝は新珠三千代を
モデルにして書いたとしか思えないほど容姿も演技も申し分無いが夫のは啓造は
個人的には原作のイメージより老けすぎの様に思われる堅物なイメージは芦田伸介
でも十分に表現出来ていると思われるが、内藤洋子の陽子はどうなのだろう
内藤の台詞読みはかなり棒読みと聞いたが、村井ももっと悪人顔の方がいいと
思う村井に関しては今回の北村一輝は一番原作にあっていると自分は思う。



211 :無名草子さん:2006/11/07(火) 18:34:22
確かドラマ板ではキャスト発表前から村井役は北村一輝がいい、って声がちらほら出てたよ。
だからほんとに北村と発表された時はびっくりしたw
石原の陽子は‥どうなんだろうね?

212 :無名草子さん:2006/11/07(火) 20:42:17
>>210
なんかエッセイで「いつのまにか新珠美千代をモデルにして書いていたのかと思うほど、役がぴったりだった(?」
みたいなこと書いてなかったケ?違ったかな。夢?

213 :無名草子さん:2006/11/08(水) 01:40:23
>>210
内藤洋子の台詞読みが棒読み気味だったことは確かだが、慣れるとああいうしゃべり
方なんだと納得してしまうから不思議。あの人、お医者さんのお嬢さんだったそうで、
その点では雰囲気はそのものズバリだったと思うよ。ただ、最後の自殺を図るシーンでの
遺書の一部を朗読するところは棒読みなところが弱点だったな。そこは映画の
安田道代の方が感情がこもっていて良かったように思う。

214 :無名草子さん:2006/11/09(木) 00:54:36
石原さとみは創価学会員なのに(´・ω・`)

215 :無名草子さん:2006/11/09(木) 01:00:34
>>214
でも三浦さんの親って天理教なんじゃなかったっけ・・?
信教の自由でしょ。三浦さんは層化の人が自分の作品のドラマ出るくらいで
ねちねち言うような心の狭い人ではないと思うよ。

216 :無名草子さん:2006/11/09(木) 01:28:58
だけど綾子さんは何かの本で
「層化は暴力的な人が多いように思う」って言ってたから
好意的には思ってないはず。

217 :無名草子さん:2006/11/09(木) 13:02:02
草加煎餅の身にもなってくれ!


218 :無名草子さん:2006/11/09(木) 17:56:12
わが埼玉名物、草加せんべいは旨い!

片岡ネタや創価ネタは、荒れそうだから控えたほうが。。

219 :無名草子さん:2006/11/10(金) 08:32:01
三浦綾子らくがき帳で叩かれ
(最近は片岡離れが進み2・3人しか来てない。以前は盛況だったのに・・・・)
http://6202.teacup.com/remnant/bbs
キリスト教掲示板で叩かれ
http://6202.teacup.com/remnant/bbs
しまいにゃ自分のブログでも叩かれる片岡数吉
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/

220 :無名草子さん:2006/11/11(土) 19:41:30
氷点のラストで、陽子が殺人犯の娘でないことがわかるんだけど、
どこか逃げているような気がする。
犯人の子供じゃないオチにした理由は?
このような疑問は以前にもあった?


221 :無名草子さん:2006/11/11(土) 19:48:06
>>犯人の子供じゃないオチにした理由は?
知るかよw
あんたバカじゃないの

222 :無名草子さん:2006/11/12(日) 01:41:47
>>220
疑問というか、殺人犯の娘のままでもよかったのではないかという意見は前スレであった。

223 :無名草子さん:2006/11/12(日) 06:07:22
一番罪から遠そうな陽子が原罪に目覚める、というのがポイントなので、
殺人犯の娘じゃ本当にある意味罪を背負ってるから駄目なんだとおも。

224 :無名草子さん:2006/11/12(日) 10:03:03
真相を確かめに北原が札幌へ飛び出して、一人陽子が取り残される、という
展開がないと自殺できないヨ。帰ってきた北原が本当の真相を明かす、という
次の展開がないと不自然だし。ストーリー的には仕方ない罠。後味はあまり
よくないけど。

225 :無名草子さん:2006/11/14(火) 01:51:37

コメントをブログに 投稿者:片岡数吉 投稿日:11月14日(火)01時39分53秒
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/

ブログで一人で何人もの人からいろいろと言われています。
どなたか入って、発言して下さいませんか、お願いします。
一対何人かで、疲れ果てそうですので、お願いします、穏やかに発言下さい。
私についての諭しでも構いません。どうかお願いします。疲れて倒れそうですので。


226 :無名草子さん:2006/11/14(火) 14:31:20
↑自分のブログなら、いくらでもコメントは削除できますし、
それでもダメなら、コメントがかけないよう設定すればいいと思うのですが。。。

227 :無名草子さん:2006/11/14(火) 21:00:44
やめちまえよ、くだらねえ

228 :無名草子さん:2006/11/16(木) 23:02:49
三浦綾子読書会の会員の方っていますか?
年会費三千円はらって入会する価値はありますか?
忙しくてイベントは参加できないけど、
講演会のテープはちょっと聞いてみたい。
あと、会報って三浦ファンなら楽しめますか?



229 :無名草子さん:2006/11/19(日) 00:12:44
スマステで三浦綾子特集しないんだね。するかと思ってた。

230 :無名草子さん:2006/11/19(日) 09:03:17
氷点せっかくドラマ化するのにテレ朝は三浦さんのことなんてほとんど取り上げず
ただ茶髪で全然陽子のイメージと違う石原がバラエティで騒いでるだけ。
雰囲気ぶち壊しでがっかりだ。

231 :無名草子さん:2006/11/19(日) 13:23:27
学生ですがひつじが丘を読みました。クリスチャンじゃないけど感動した…。
人を愛すること(=許すこと)って難しいんだなぁとしみじみ。
あのあと竹山・京子・奈緒実たちは幸せになったのかな?
そして唯一愛子の罪が語られていないので、あの偉い耕介を許した愛子はネ申かとw

232 :無名草子さん:2006/11/19(日) 23:49:04
氷点の続きが続・氷点?最後、陽子が山で凍死自殺すんのってどっちだっけ?

233 :無名草子さん:2006/11/20(月) 10:42:55
今日CM見たけど幼少時の陽子はちびまる子ちゃん役だった子が演じるみたいだね。
あの子演技上手いし表情がかわいらしいから楽しみ(´∀`)

234 :無名草子さん:2006/11/21(火) 13:21:16
でもあの子、完全にお笑い系の顔だよね。


235 :無名草子さん:2006/11/21(火) 23:18:32

凄いブログ見ますた。
http://myhome.cururu.jp/ell/blog

236 :無名草子さん:2006/11/23(木) 07:01:01
ドラマが近いからか氷点の話が出ている中豚義理してしまいますが…。

先日、母と北海道旅行した際、記念館に寄りました。
その日、富良野にも向かいました。

「『泥流地帯』の主人公たちは、この富良野の町の灯りを
 どういう思いで見てるだろうねぇ」
としみじみ言った母。
ちょっと泣きそうになった。

237 :無名草子さん:2006/11/24(金) 10:55:00
テレ朝「氷点」好きやね〜
石原さとみはいいとしても、あの母親が飯島直子ってどうよ。飯島直子は嫌いじゃないけどさ。
夏川結衣あたりの方がハマリ役だと思うが・・・意外性狙ったのかな?

5,6年前に連ドラでやってたときも見たはずなんだけど全く記憶に残っていない(笑)

238 :無名草子さん:2006/11/24(金) 11:41:22
三浦さんの 母すごいよかった。泣いた

239 :無名草子さん:2006/11/24(金) 22:13:19
>>236
そうだねぇ(´・ω・`)シミジミ
想像したら胸が込み上げてきた(´;ω;`)ブワッ


240 :無名草子さん:2006/11/25(土) 15:27:27
今日は氷点放映日ですよ。


241 :無名草子さん:2006/11/25(土) 17:54:41
何を書き殴ろうが倭国日本人として生れまれた原罪は久遠永劫に消えない。
オイラ日本人だが日本人であることが死ぬほど恥ずかしい。


242 :無名草子さん:2006/11/25(土) 23:19:41
↑原罪の意味がとりちがってる・・



243 :無名草子さん:2006/11/25(土) 23:27:22
>>241
「大地の子」読んどけ。


244 :無名草子さん:2006/11/25(土) 23:44:17
>>241
片岡数吉先生のブログでも読め。心が洗われるぞ
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/


なにしろ南京大虐殺や従軍慰安婦や強制連行を肯定しておきながら
「僕は反日ですか?」などとのたまうキチガイ先生だから、君にはぴったりだよ。

245 :無名草子さん:2006/11/26(日) 00:34:49
1966年が初回か。
なんとなく記憶にある。
「白馬のルンナ」「真冬の帰り道」は何年だった?ググってみるか。

246 :無名草子さん:2006/11/26(日) 19:52:09
キリスト教ラジオ放送FEBC www.febcjp.com
の「わたしの出会ったこの一冊」という番組で、三浦綾子の
本が紹介されます。12月20日に『道ありき』、12月27日に
『天の梯子』です。 この番組は、牧師が自分の信仰生活において
強い影響を及ぼした本を紹介しています。紹介される本には小説
だけでなく、学術書や祈祷書もあります。気楽にどうぞ。

247 :無名草子さん:2006/11/26(日) 23:06:28
ドラマ「氷点」を見ました。昨日は見逃しました。
原作知らないと、見ている人は筋を追えないのではないかと思いました。
達哉は、DQNな感じがしたけれど、原作のように陽子の拉致するまで
やってもらいたかった。
 監督は、北原と結婚したという解釈というか願望なんでしょうね。

248 :無名草子さん:2006/11/26(日) 23:17:21
氷点は上巻で挫折したので続きが観れて良かった。
こんな感じだったのね。
やっぱり三浦綾子さんのテーマはスバラシイ。
終わってスッキリじゃなく、終わった後も読んだ人に「お前はどうなんだ」と同じテーマをそのまま突きつける。

249 :無名草子さん:2006/11/26(日) 23:28:24
原罪ってどういう意味ですか?辞書の意味じゃなくてね

250 :無名草子さん:2006/11/26(日) 23:32:43
>>249
ウンコした時、物凄く快便でペーパーで拭いても何もついてなくて、
ケツの穴が綺麗な状態でウンコできたと思うでしょ
でもじっくり見ればケツの穴にはウンコの欠片がこびりついていて、
綺麗なままウンコをするなんて無理って事。

251 :無名草子さん:2006/11/27(月) 09:56:57
>>249
原罪とはもともとは、人間が神の律法を破った行為。
具体的に言うと、アダムとエバが神との約束を破り、善悪の知識の実を
食べたこと。それによって罪と死とが世界に入り込んだ。

この罪の性質は人類全てが持っている。
三浦綾子は、どんな人間でも罪があることを書きたかったんだと思う。
読者、視聴者も罪人ですよ!目をそらさないで!て。

で、続氷点はでその罪を「許す」ということをテーマに書かれてるので、
氷点しか知らない人は、「続」も読むべきですわ!

252 :無名草子さん:2006/11/27(月) 10:03:52
自らの罪に苦しんだ啓造が、最終的にキリスト教にたどりついたり、
陽子も聖書を読み始めていたりするあたり、
罪の許しはキリストの十字架にあるっていうのを
ほのめかしているのかな?


253 :無名草子さん:2006/11/27(月) 14:41:52
>>252
 著者はキリスト者ですし、原罪というテーマを扱っているから、
 暗示しているととれなくもないですね。ただ、キリスト教の要素を
 前面には出していないので、許しはキリストの十字架にあり、と
 言いたかったのかどうかはわかりません。

254 :無名草子さん:2006/11/27(月) 15:30:09
原罪とかくだらねえなあ
してもない罪を背負わされるなんて思考回路じゃ人生楽しめないぜ

255 :無名草子さん:2006/11/27(月) 18:28:14
ほいでも、あきらかに楽しいだけじゃすまされなさそうだよな〜。
世の中そんなに単純じゃないよね、やっぱり。
罪を犯していない人なんていないだろうし、
確かに、色々と考えさせられるよ、氷点。


256 :無名草子さん:2006/11/27(月) 23:38:49
まあね


257 :無名草子さん:2006/11/27(月) 23:51:07
ドラマ氷点を見て、久しぶりに氷点読み返しています。
氷点もいいけど、教師時代から光世さんとの結婚あたりまででも十分ドラマのよう。
しばらく、三浦綾子世界にひたります。

258 :無名草子さん:2006/11/28(火) 12:29:23
続編読んでいるけど少し物足りない。
主人公にとっての危機的状況は終わって続編は後片付けのような気がする。


259 :無名草子さん:2006/11/28(火) 14:31:54
テレビドラマを見たけど、どろどろしすぎ。

260 :無名草子さん:2006/11/29(水) 09:11:57
>>258
ストーリーそのものを楽しむよりも、
「許す」というテーマについて、
自分なりに考えながら読んだら
深かったよ。

まあ、確かに本編のほうが面白かったけど。

261 :無名草子さん:2006/11/29(水) 09:30:08
日韓併合後、在日朝鮮人は厳しい身分差別から逃れるため、
自らの意思で朝鮮半島を脱出して日本に渡ってきました。
日本がポツダム宣言を受け入れると在日たちは「戦勝国民」であると主張し、
「朝鮮進駐軍」を名乗り、各地で暴れ始めました。
日本の男たちは戦場に駆り出され、残っていたのは女、子供、老人ばかり。
朝鮮人たちはやりたい放題で、駅前の一等地は朝鮮人に占領されました。
もちろん、そこに住んでいた日本人女性は容赦なく強姦され追放されたのです。

当然、日本人は在日を強く憎むようになりました。
そのため、在日朝鮮人たちは日本名を名乗るようになりました。
朝鮮名を名乗ることは自分が犯罪者だと宣言しているようなものだからです。

朝鮮人たちは共産主義者と組み、マスコミを使って歴史の捏造を始めました。
「強制連行されて来た」「土地を奪われて仕方なく来た」等々。
そして強姦犯罪を謝罪せず、土地を占拠し続けながら、
「俺たちは何も悪いことをしていないのに差別される」
「不当な差別を受けている」
「謂れなき差別を受けている」等と宣伝しました。
朝鮮進駐軍を知らない世代の日本人は在日に対して罪悪感を持つようになりました。

在日たちは占領した一等地で事業を始めました。 それが「パチンコ」です。
今でもパチンコ業者の8割は在日です。 パチンコは30兆円産業。何と自動車産業よりも規模が大きいのです。
パチンコ業界は脱税と、北朝鮮への送金で知られます。
「日本のパチンコがある限り、我が国は安泰だ(金正日)」 日本の政治家にもパチンコの金が流れています。
だから「パチンコ、パチスロはギャンブルではない」等という馬鹿げた論理がまかり通っているのです。

祖母や曾祖母が朝鮮人に強姦された場所でパチンコやスロットを楽しんだり、
朝鮮の民族料理である焼肉を食べる・・・
これは「日本人」以前に「人間として」恥ずべき行為ではないでしょうか。

262 :無名草子さん:2006/11/29(水) 10:16:46
コピペにマジレスでかっこ悪いけど、
戦争ってそういうものなんだよ。
どちらかが負ければ略奪、強姦は当たり前。
犠牲になるのはいつも弱者。政府は自分の身を守るために
同胞ですら見捨てる・・・・・。
山崎豊子の「大地の子」を読み終えたばかりの俺は、
レスせずにはいられなかった・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


263 :無名草子さん:2006/11/29(水) 21:31:24
三浦綾子に関係ないけど、
内戦を描く傑作「トゥモロー・ワールド」は傑作だった。
でもこうかくと、東宝の工作員だと思われそうなんで、
三浦綾子「銃口」を、より薦めるべ。

264 :無名草子さん:2006/12/01(金) 13:00:05
ドラマに影響されて、さっきアマゾンで氷点と続氷点を
注文した。早く来ないかなぁ〜楽しみ!


265 :無名草子さん:2006/12/01(金) 15:17:18
氷点は妹ヲタにも人気あるのかな?
近親相姦(・A・)イクナイ!!

266 :無名草子さん:2006/12/01(金) 15:36:13
ビデオにとった氷点みたけど・・・暗かったなぁ。


267 :無名草子さん:2006/12/01(金) 18:50:33
オトコには人気がないよ

268 :無名草子さん:2006/12/01(金) 19:25:42
そんなこともない。

269 :無名草子さん:2006/12/02(土) 12:58:05
たまに小説でその当時の主婦たちが好んでそうな、内容だったりするよな。
実際に女性自身?とかそういう主婦系雑誌にも連載してたんでしょ?

270 :無名草子さん:2006/12/02(土) 23:21:52
主婦の友ね。

271 :無名草子さん:2006/12/04(月) 16:27:17
「塩狩峠」の映画、昔見たけどすごくよかった。
DVD出てるらしいけど、レンタルできるところないかな?


272 :無名草子さん:2006/12/05(火) 23:13:31
age

273 :無名草子さん:2006/12/05(火) 23:32:46
お近くのレンタル店は回られたのかな?
たまに教会所蔵の視聴覚資料を貸し出してる教会もあるので
あたってみるとか・・・(ちょっと勇気がいりますね)。
図書館でも視聴覚資料って扱ってるので、
お住まいの市町村、あるいは近郊の図書館に訪ねてみてはいかがですか?
ネット検索できる図書館もたくさんありますよ。


274 :無名草子さん:2006/12/06(水) 08:50:16
今ひつじが丘読んでる(´∀`)

275 :無名草子さん:2006/12/06(水) 15:41:30
氷点の核は
「原罪」 人は誰でも生まれたままで放置すると、獣になる。
人の罪を許せない人は 自分の罪に気づかない人。

主人公の陽子は、自分の取り巻きの人々には「良い子」で「寛大な心」を
示しているが、自分の実の母が罪の許しを願っても最後まで許せなかった。
ここに人間の「罪」がある。
誰でもどんな善人でも「罪」を持っている。事を「善人」ほど気づかない。

276 :無名草子さん:2006/12/06(水) 20:10:29
ラストシーンの竹下景子が何十年も経っているのに実母を許せない
ところが最大のポイント。
人間はそれほど強く清楚ではない。
許せない自分を、神にゆだねることにより解放される。(宗教上放映されていない)

イエスキリストがゴルゴダの丘で十字架で張り付けになった時
最後までキリストを信じたのは、確か向かって左に張り付けられた強盗であり
最後の晩餐に出てくる12弟子ではなかった。
処刑の寸前に悔い改めた泥棒と、「氷点」の陽子とは 全く非対照的である。
この事実が理解出来る方は、砕かれた魂の持ち主と思われよ。

277 :無名草子さん:2006/12/06(水) 20:29:40
今日は休日、妻が録画して有った「氷点」を見た。
朝から見たので どうも昼飯食わずに見ていたらしい。(ボケか?)
でも 久しぶりに 良い作品を 見た。
原本も家内が買ってあるので読んでみよう。
あの医院長婦人の飯島と 内の家内 精神的に よく似てる。
婚姻後35年過ぎようと しているが。腹の探りあい?
人間 誰でも 基本的なことは大体同じなんですよ。

278 :271:2006/12/06(水) 22:37:32
>>273
サンクス
今のところ見当たらないけど。
もう少し探してみます。

279 :無名草子さん:2006/12/06(水) 22:43:46








280 :無名草子さん:2006/12/07(木) 02:03:09
氷点をいまさっき読み終えた。
そんな私の感想。

「ちょwwww 夏枝、空気読めwwww」

281 :無名草子さん:2006/12/07(木) 02:10:08
というのは冗談としても、犯罪者の娘ということのみで、
ここまで複数の人間が欺き・欺かれる関係を描いたのは
みごとだった。



282 :無名草子さん:2006/12/07(木) 23:17:34
医者ではなく、貧乏人の娘として育ち、
勉強もさせてもらえず、友人もいなければ、
「犯罪者の娘」と知ったとたん、すさんだ道を選んでたのでは・・・
なんて思う自分はひねくれてる?

283 :無名草子さん:2006/12/08(金) 15:45:14
氷点の原罪の意味
「人は生まれながらに罪を負い」の部分がわからない。
陽子は最初は「殺人犯の娘」、
実際は「不義の子」というわかり易い設定だけど、
世の中みんなが殺人犯や不義の間に出来た子ではないから、
「生まれながらに罪を負う」というのは当て嵌まらないのではないかと…

284 :無名草子さん:2006/12/08(金) 20:36:33
存在自体が罪。
誰かを犠牲にして、自分らも誰かの犠牲になりながら生きてる。

285 :284:2006/12/08(金) 20:50:44
そして自分が善人だと思ってる人ほど自覚が無い。

286 :無名草子さん:2006/12/08(金) 21:34:49
>>285
いるいる。ものすごく迷惑だよね。

287 :無名草子さん:2006/12/08(金) 22:28:35
石原さとみ主演の『氷点』のDVD-BOXが来年2月に発売です。

というか買う人おるんか?

288 :無名草子さん:2006/12/09(土) 03:02:59
結末変えるなら

289 :無名草子さん:2006/12/09(土) 11:51:31
>>283
旧約聖書の創世記読むと理解できるよ。だからと言ってそういう知識が必要な
小説とは思えないがw。
>>287
2006年版DVDにするなら1989年版とかをむしろしてほしい、と思うのは漏れ一人かな。

290 :無名草子さん:2006/12/09(土) 18:50:14
>>289
おれは「原罪が理解できない」というのには同意。
母親の妊娠・出産の苦痛、それをサポートしてた父親の苦痛に対する罪?ならわかるが、
なんでアダムとイブの罪を背負わないといけないの?
よその国はしらんけど、日本では賞罰は一代限りだ。

291 :無名草子さん:2006/12/10(日) 15:14:14
>>283
旧約聖書の創世記読むと理解できるよ

やめたほうが良い。生み疲れるだけ。理解も難しく 迷路に入る。
まずは、新約の山上の垂訓から始める。まあ時間が有れば新約最初から。

クリスチャンの私でも新約は何回も読んだが旧約聖書全部読んでいません。
原罪とか理解は後から分かる。
単に信ぜよ。

292 :無名草子さん:2006/12/11(月) 00:37:27
ていうかさ、ノンクリスチャンに聖書を読めば・・・ていうのもどうかと。
まず、結構いい値段するし、新約聖書なら無料で手に入るけど、手間がかかるし・・・。

んで、原罪について解説してるサイト探したけどいいところなかった。
聖書を学ぶと、人類が罪を負ったのであって、他人事じゃないし
自分の中にもアダムとエバの性質がたくさん受け継がれてるのが分かる。
でも、「氷点」の原罪について考えると、必ずしも聖書の説明は要らないと思う。
三浦綾子は、「原罪」についてあえて宗教色を強めずに書いているようにも思える。

293 :無名草子さん:2006/12/11(月) 00:58:42
創世記と陽子の遺書で「原罪」ってものを
俺なりに納得したのだが。どうだろう。

創世記の知識
アダムとエバによって罪が入った。俺たち人類は、神から離れることによって
共通の罪深い性質を持っている。それを許してもらう必要がある。

陽子の遺書
>法にふれる罪こそ犯しませんでしたが、考えてみますと、
>父が殺人を犯したということは、私にもその可能性があることなのでした。

>一途に精いっぱい生きて来た陽子の心にも、氷点があったのだということを。

>私の血の中を流れる罪を、ハッキリと「許す」と言ってくれる権威あるものが欲しいのです。


294 :無名草子さん:2006/12/11(月) 01:05:58
>>292
漏れもクリスチャンじゃないが一種の歴史書として面白いと思うけど。
聖書はネットでタダで読めるよ、新訳は全部、旧約も大部分。
アダムとエヴァのお話よりむしろカインとアベルのお話ならより分かりやすい
かもしれない、この場合。

295 :無名草子さん:2006/12/11(月) 01:10:03
新訳じゃなくてもち新約。スマソ

296 :無名草子さん:2006/12/11(月) 14:42:28
いずれにしても先祖の罪だ

297 :無名草子さん:2006/12/11(月) 18:23:47
人を殺す可能性があるというだけで罪というのは、
アバウトすぎてよくわからないんだよなぁ。

身も蓋もないことを言ってしまうと、法律的にいえば陽子は
殺人罪の未遂罪はおろか予備罪ですらないわけで。
法律と宗教との関係は難しいや。

298 :無名草子さん:2006/12/11(月) 19:35:55
>>294
聖書は解説書と一緒じゃないと誤解が生じやすい。
原語以外で訳が完璧な聖書ってないしね。
まあ、歴史書として読んでるようなので問題はないけど、
豆知識として書いてみた。
>>297
もう一度陽子の遺書読んでみたら?
かなり深いというか、三浦綾子さんが氷点で書きたかったことを
凝縮してると思う。

299 :無名草子さん:2006/12/11(月) 22:55:43
僕は解説書ないほうが逆によかったけどなぁ〜
好きな海外作家(+ロック歌手)がクリスチャンだったから、聖書はよみつづけてる。

300 :片岡数吉:2006/12/11(月) 23:47:56
反日アカ左翼教師の僕が300ゲト

301 :無名草子さん:2006/12/12(火) 21:35:35
>>294
>>298
聖書は科学や歴史の教科書ではない。
しかし当時のユダヤ人の考え方が窺える。

>>297
2001ではピアノリサイタルに行ったとき、
階段から陽子ちゃんを突き落としたよ。
原作ではどうなのかは知らんがなwwwww

302 :無名草子さん:2006/12/12(火) 23:36:00
ピアノリサイタル!?

303 :無名草子さん:2006/12/13(水) 08:55:13
>>299
>海外作家(+ロック歌手)
誰?気になる(´・ω・`)


304 :無名草子さん:2006/12/13(水) 10:42:57
陽子の遺書
>法にふれる罪こそ犯しませんでしたが、考えてみますと、
>父が殺人を犯したということは、私にもその可能性があることなのでした。

宗教的な小説だというのを知らない人が、この部分を読むと危険だ。
その通りに解釈する危険があるから。

普通のメロドラマにする時は、カットすべきだと思う。


305 :無名草子さん:2006/12/13(水) 11:59:44
>>302
ピアノのコンサートだよ。バイトしたカネで両親にチケットをプレゼント。
(実際は途中で戸田恵子の店のバイトをやめたけど、バイト代かわりにもらった)
そのコンサートのあとに浅野ゆう子が末永を突き落とす。
咄嗟に吉田A作が助けて、末永はほぼ無傷、吉田は入院。

>>304
もう少し「父がキリシタン」というのを強調すべきだよな。
母息子娘はキリスタンではないけど、ミッション系の学校とか。


306 :無名草子さん:2006/12/14(木) 03:45:40
今日「氷点」を読み終えました
で、質問があるんですが
最後、陽子が薬を飲むときは川のそばだったと思うんですが
家族の発見はベッドの上みたいになってるんですけど
どーいう事なんでしょう?

307 :無名草子さん:2006/12/14(木) 08:59:13
>>306
【啓造があわてて陽子の部屋にかけていった。陽子が部屋で死んでいると思った。】
のあたりからそう感じたのでしょうか?
しかし次のページで、
【家に運び込んでからも、陽子は蒼白な顔で昏睡をつづけている。】
とあります。


308 :無名草子さん:2006/12/14(木) 09:17:59
話しぶった切り&スレ違いで悪いんだが、ノンクリスチャンで聖書を歴史書として読む人って不思議だ。
炎の柱が石に文字を刻んだり、天使が現れて喋ったり、歴史上そういうことがあったことを
認めてるのかな?自分なりにこれは事実、これは作り話て勝手に解釈してるのかな?


309 :無名草子さん:2006/12/14(木) 11:43:08
>>308
古事記や日本書紀のような感覚だろw
ハッタリを咥えつつ歴史的事実を自分達に有利な解釈をつけ・・・


310 :無名草子さん:2006/12/14(木) 12:34:05
>>308
「一種の歴史書」と書き込んだんだけどね。一種の、が付くということは歴史書そのもの
ではない、という含意なんだが。ま、2チャンの掲示板は斜め読みするもんだから
無理もないが。
書き込みついでに、旧約の世界は最近考古学での発掘が進んで、従来架空の話しだと思われて
いた遺跡が相次ぎ見つかっているようだよ。だから一種の歴史書なわけ。

311 :無名草子さん:2006/12/14(木) 21:16:42
お〜、すごい。
かっこいい。

312 :無名草子さん:2006/12/14(木) 21:36:08
>>303
いやいや・・恥ずかしいんですが、海外作家はおなじみのトールキン教授。
歌手はU2のBONO。

313 :無名草子さん:2006/12/15(金) 00:28:30
>>311
すっげーワロタ。

314 :無名草子さん:2006/12/15(金) 00:31:18
>>312
あ、俺と趣味一緒だw

315 :306:2006/12/15(金) 04:12:34
>>307
少し納得できました
ありがとうございます

316 :無名草子さん:2006/12/18(月) 01:31:48
またしても一人二役を演じて自分を擁護する片岡数吉
彼のブログ
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/

↑の中のコメント欄。
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/cmt/bbc651da00c7c00a57350f45d0aaa1b5

317 :無名草子さん:2006/12/18(月) 18:12:58
もう、個人のブログなんだからいいんじゃないの。
公共の掲示板ってわけじゃないし・・

318 :無名草子さん:2006/12/19(火) 11:31:22
陽子には殺人者の血は流れていなかったから、
めでたしめでたし!となってるけど、
それならそれで「血はつながってなくても親子」
というのを否定することになるから
陽子と夏枝の関係も否定することになるのでは?

319 :無名草子さん:2006/12/20(水) 23:16:30
北海道旭川の記念文学館に行かれた方はいますか?

320 :無名草子さん:2006/12/23(土) 17:22:53
いなそうですな。

321 :無名草子さん:2006/12/27(水) 05:06:23
>>319
いますよ〜ノシ

322 :無名草子さん:2006/12/28(木) 11:46:48
ドラマ終わったとたんに書き込み減ったもんなぁ。
そういう自分も、三浦綾子作品は本棚にしまいっきり。。

323 :無名草子さん:2007/01/02(火) 19:59:20
キリスト教掲示板からアク禁くらったうえ
自分のブログにも居場所を失いつつある片岡数吉
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/

324 :無名草子さん:2007/01/02(火) 20:25:04
20代の頃は、三浦綾子も素直に読めて感動したんだけどねえ・・・。
30半ばになった今、三浦綾子を読むと、
説教臭さやわざとらしさが鼻についてしまう。

325 :無名草子さん:2007/01/03(水) 02:32:50
昨夜、教育TVで「あの人に会いたい」というのをやっていた。
母親のリクで録画していたが、三浦綾子がでてるよ〜。
生の声に、泣きそうになった自分がいて、さらに、感銘を受けている母に
熱く三浦綾子を語る自分が居ましたよ。
録画しててよかったよ…。

326 :無名草子さん:2007/01/05(金) 18:46:00
なんで氷点ばっかドラマ化されるのかな?
塩狩峠はわざとらしいとしてひつじが丘とか天北原野とかなかなか面白くなりそうだよね。

327 :無名草子さん:2007/01/06(土) 10:44:54
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/cmt/5ac697b65f49106ba1449d7aef1bca93

コメント

真実の片岡数吉先生の姿  (彼の投稿文より、)

2007-01-06 09:00:26

これが、真実の片岡数吉氏のありのままの姿です。

彼が最近、投稿したキリスト系掲示板より、
彼の投稿文をそのまま紹介します。(いっさい、加工してません)

題目:生徒や他の教員から疎まれる

名前:片 投稿日: 2006/12/20(水) 09:44:15

私は57歳の英語の教師をやっています。しかし学校では生徒達に
「老いぼれうぜー」、「とっとと事故で失せろ!」と陰口をたたかれています。
そして他の教員達からも「いつあの人やめるんやろ」と言われます。
自分の無能さには合いそうをつかしていますが、
これらの陰口に怒りを覚えカルトや異端に興味をもちました。
でも友人に「それは悪魔からくるものだからいけないよ」、
「生きるのに苦しみ、死ぬ」と叱責され、教会を紹介されました。
私に陰口を言うすべての生徒と教師を許すべきでしょうか?

名前:片 投稿日: 2006/12/23(土) 10:13:48
昨日も生徒達に陰口いわれました。
「老いぼれキモイ」、「糞時代遅れ英語教師、病気か事故で死んじまえ!」と。
カルトの黒魔術かなんかで、いためつけてやりたい気分です。
でも必死に耐えています。許す心がなかなかおきません。

328 :無名草子さん:2007/01/06(土) 19:42:07
泥流地帯は泣きました

329 :無名草子さん:2007/01/06(土) 20:59:52
ドラマ化するなら「果て遠き丘」ですな。
ラブホを見て「わぁ、可愛いお城ね(はぁと)」が是非見てみたい。

330 :無名草子さん:2007/01/06(土) 21:32:24
俺は塩狩峠や泥流地帯はあんま感動しなかった。いかにも泣いて下さい、
て感じがしちゃってね。冷めた人間なのかな。
ひつじが丘や続氷点みたいな報われない恋愛系の方が泣けた。

331 :無名草子さん:2007/01/06(土) 22:59:01
>>330
もう少し年をとってから読みなおしてみて下さい。


332 :無名草子さん:2007/01/07(日) 00:35:07
http://blog.goo.ne.jp/jsssmylrd/

最近ちょっと知恵がついたせいか、
コメントを削除してみたり、コメントするのにログインさせる方法を取り入れた片岡

反日左翼売国奴のブログってどこもこんなんだよな。聞く耳もたないと。
コイツが綾子さんのファンかと思うと反吐が出る。

333 :無名草子さん:2007/01/07(日) 01:15:39
売国奴w

334 :無名草子さん:2007/01/07(日) 08:57:42
椎名林檎のオススメだってよ 塩狩峠

335 :無名草子さん:2007/01/07(日) 11:43:45
以外

336 :無名草子さん:2007/01/07(日) 19:12:09
塩狩峠はクリスチャンのオナニー本
自己満足にひたすら浸る。

あと俺みたいなオサーンにとっては、やたら
「若いって、すばらしい」
みたいな語句が何度も出てくるのが気に入らん。

337 :無名草子さん:2007/01/07(日) 19:45:37
>>336
 オナニー本というのには同意しかねるが、「若いって、すばらしい」
 という語句の連発がうざいのは同意だ。おいらは若い方だけれど、
 三浦綾子の無自覚なマンセーには辟易する。

338 :無名草子さん:2007/01/08(月) 00:53:54
>>323 = >>327 = >>332 = >>336 = >>337

「石橋は叩くだけで渡らない、渡ったことないし、 渡る奴はバカだと思う」
のが信条の君が、全ての他人に嫉妬する気持ちは分かる。

けど、人にかまってほしいんだったら
人の批評をする前に 自分という個性を作らなきゃだめよ。

君、「反面教師」は枚挙に暇がないけど、
君自信は自分の中に制約作りまくってる面白くもなんともない人間なわけでしょ。

なんか毒まけば回りが寄ってくるなんて考えはやめてね、
少しは外に出てみなさい。
いやだというんなら別にかまわないけど、ここにはこないでね。

339 :無名草子さん:2007/01/08(月) 00:55:21
http://www.p-jinriki.com/riki/talentpage/mitsuura.html

340 :無名草子さん:2007/01/08(月) 02:07:01
>>338
片岡乙

341 :無名草子さん:2007/01/08(月) 11:10:28
塩狩峠は
"義人一人だになし"
とかいう言葉以外全然印象に残らなかった。

342 :無名草子さん:2007/01/08(月) 12:28:45
片岡は確かにウザいんだが、
このウザいのバカにして楽しんでる寄生虫も相当なモンだよ。

343 :無名草子さん:2007/01/10(水) 18:37:05

こいつらは聞いていて反吐が出る!
反吐が出るのは、おまえら寄生虫だろが!
>323 >327 >332



344 :無名草子さん:2007/01/10(水) 18:42:15
>327
おまえらは間違ってもキリストと呼ぶなよ!
このクソガキがよ!!!


89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)