2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

倉橋由美子 その2

1 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:39:00
ある日あなたは、もう次スレを立てる決心はついたかとたずねた。

前スレ
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1035440175/

2 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:39:51
著書(ウィキペディアより)
『パルタイ』(文藝春秋新社/1960年8月)※明治大学学長賞、女流文学賞受賞、芥川賞候補
『婚約』(新潮社/1961年2月)
『人間のない神』(角川書店/1961年4月)
『暗い旅』(東都書房/1961年10月)
『聖少女』(新潮社/1965年9月)
『妖女のように』(冬樹社/1966年1月)
『蠍たち』(徳間書店/1968年10月)
『スミヤキストQの冒険』(講談社/1969年4月)
『暗い旅』(学芸書林/1969年12月)
『ヴァージニア』(新潮社/1970年3月)
『わたしのなかのかれへ』(講談社/1970年3月)※エッセイ
『悪い夏』(角川文庫/1970年5月)※文庫オリジナル
『人間のない神』(徳間書店/1971年3月)
『夢の浮橋』(中央公論社/1971年5月)※桂子さんの物語 4部作
『反悲劇』(河出書房新社/1971年6月)
『迷路の旅人』(講談社/1972年5月)※エッセイ
『アイオワ 静かなる日々』(新人物往来社/1973年11月)※写真集・写/熊谷冨裕
『迷宮』(文藝春秋/1977年4月)
『夢のなかの街』(新潮社文庫/1977年4月)※文庫オリジナル編集
『磁石のない旅』(講談社/1979年2月)※エッセイ

3 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:40:27
城の中の城』(新潮社/1980年11月)※桂子さんの物語 4部作
『大人のための残酷童話』(新潮社/1984年4月)
『倉橋由美子の怪奇掌編』(潮出版社/1985年2月)
『シュンポシオン』(福武書店/1985年11月)※桂子さんの物語 4部作
『最後から二番目の毒想』(講談社/1986年4月)※エッセイ
『アマノン国往還記』(新潮社/1986年8月)※泉鏡花文学賞受賞
『ポポイ』(福武書店/1987年9月)※桂子さんシリーズ
『交歓』(新潮社/1989年7月)※桂子さんの物語 4部作
『夢の通ひ路』(講談社/1989年11月)※桂子さんシリーズ
『幻想絵画館』(文藝春秋/1991年9月)※桂子さんシリーズ
『夢幻の宴』(講談社/1996年2月)※エッセイ+小説2篇
『毒薬としての文学 倉橋由美子エッセイ選』(講談社文芸文庫/1999年7月)※エッセイ・文庫オリジナル編集
『あたりまえのこと』(朝日新聞社/2001年11月)※評論集
『よもつひらさか往還』(講談社/2002年3月)※桂子さんシリーズ
『パルタイ・紅葉狩り 倉橋由美子短篇小説集』(講談社文芸文庫/2002年11月)※文庫オリジナル編集
『老人のための残酷童話』(講談社/2003年10月)
『偏愛文学館』(講談社/2005年7月)※文芸評論
『大人のための怪奇掌篇』(宝島社/2006年2月)※倉橋由美子の怪奇掌編からタイトルを変更

全集
『倉橋由美子全作品』(全8巻)(新潮社/1975年−1976年)

4 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:41:09
訳書(ウィキペディアより)
『ぼくを探しに』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1977年)
『歩道の終るところ』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1979年)
『嵐が丘にかえる 第1部』(作 A・レストレンジ 三笠書房/1980年)
『嵐が丘にかえる 第2部』(作 A・レストレンジ 三笠書房/1980年)
『続 ぼくを探しに ビッグ・オ−との出会い』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1982年)
『屋根裏の明かり』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1984年)
『クリスマス・ラブ 七つの物語』(レオ・ブスカーリア/文 トム・ニューサム/絵 JICC出版局/1989年)
『サンタクロースがやってきた』(グランマ・モーゼズ/絵 クレメント・C・ムーア/文 JICC出版局/1992年)
『イクトミと大岩 アメリカ・インディアンの民話〈1〉』(作 ポ−ル・ゴブル JICC出版局/1993年)
『イクトミと木いちご アメリカ・インディアンの民話〈2〉』(作 ポ−ル・ゴブル JICC出版局/1993年)
『オオカミと羊』(作 アンドレ・ダ−ハン JICC出版局/1993年)
『イクトミとおどるカモ アメリカ・インディアンの民話〈3〉』(作 ポ−ル・ゴブル JICC出版局1/994年)
『レオンのぼうし』(作 ピエ−ル・プラット JICC出版局/1994年)
『イクトミとしゃれこうべ アメリカ・インディアンの民話〈4〉』(作 ポ−ル・ゴブル 宝島社/1995年)
『ラブレター 返事のこない60通の手紙』(作 ジル・トル−マン/文 倉橋由美子・古屋美登里 共訳 宝島社/1995年)
『クロウチ−フ アメリカ・インディアンの民話〈5〉』(作 ポ−ル・ゴブル 宝島社 1995年)
『愛の殺人 オットー・ペンズラー・編』(『そのために女は殺される』作 シェル・シルヴァスタイン・倉橋由美子ほか訳 ハヤカワ・ミステリ文庫/1997年)
『人間になりかけたライオン』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/1997/年)
『天に落ちる』(作 シェル・シルヴァスタイン 講談社/2001年)
『新訳 星の王子さま』(作 アントア−ヌ・ド・サン・テグジュペリ 宝島社/2005年)

5 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:30:39
ABUCHI

6 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:33:41
復刊

7 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 20:02:32
おぉ、今頃2スレ目が。
何か復刊決まったの?

8 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 21:08:36
「パルタイ「貝の中」を読んだ

左翼活動を醒めた眼で見てる女のナルシズムという感じだけど、
なかなか読んで心地よかった

9 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 21:25:43
「あたりまえのこと」が「あたりまへのこと」でないのは納得ゆかぬ。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)