2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【やっぱり】福田和也を語るスレ3【イケメン】

1 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 00:54:45
最近テレビにも進出して、お茶の間の奥様をヌレヌレにさせている、
慶応ボーイのイケメン文芸批評家、福田和也について語りましょう。

前ズレ
【イケメン】福田和也について語るスレ【批評家】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1138371234/l50
【じつは】福田和也に点数をつけるスレ【0点】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1148098337/



2 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 00:59:28
福田和也イケメン。

3 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 08:22:43
衝撃の真実


イケメンいじめられっ子だったことを告白していた福田さんだったが

なんと実際はイケメンいじめっ子であったことが前スレで明かにされた

4 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 08:34:58
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『イジメられっこだったと思っていた人間が
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        実はイジメっこだった』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

5 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 13:53:03
福田信者脂肪

6 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 22:40:00
福田和也氏の名宰相の条件(祥伝社、1600円+税)は、必読だ。
サッチャーは労働党だし、浜口雄幸は、日銀出身だそうだ。
さらに、イギリスでは、第1次世界大戦までは、
貴族院出身者しか首相になれなかったらしい。
ウォルポールも大ピットも草葉の陰で泣いているだろう。
福田がこんないい加減なやつだとは知らなかった。
校正者も校正者だ。

『日本人であるということ』ハルキ文庫、もすごいよ。
オスマントルコはモロッコを占領したし、
スペインにも攻め込んだんだそうだw
レコンキスタでイベリア半島から追い払われたムスリムは
たった200年、この半島を占領していただけなんだそうだw
アルハンブラ宮殿はマドリッドにあって、モスクなんだそうだw
その他いろいろ。
世界史の教科書すら読んでないらしい。
こんな奴が大学教師だなんて信じられん。

フランス語もしゃべれません



7 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 22:41:36
『福田和也と“魔の思想”』中川八洋

ついでに、この『国家と戦争』を例として、和也の、他の、抱腹絶倒の
愉快なトンデモ発言をいくつか拾っておこう。

      「〔フランス革命での〕『サンキュロット』というのはズボンを履
       かないということなんです」(注1)

私は最初、和也が読者を笑わせるためジョークを飛ばしていると、思った。
和也は、慶応大学のフランス文科卒である。 修士号ももらっている。
ドイツ語が全くできないのにハイデガーを原書で読んだと自慢し吹聴してい
たのは知っていたが、 フランス語もできないなどと、誰が想像しようか。
「サンキュロット」とは、キュロット(半ズボン)を履く貴族や上流階級の 人々
でなく、”長ズボンを穿く”下層階級の人々、という意味で、フランス語を知ら
ない中学生でも知っている。 中学二年生のとき歴史の授業で習うからである。
和也は、きっと中学にもいかなかったのだろう。



8 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 22:42:37
山本七平賞の受賞作品となった『地ひらく』も、無教養と歴史の捏造の
宝庫である。山本七平賞は、いつの間にか”無教養”と”歴史の捏造”の
作品が絶対的な受賞基準になっている。その審査委員には、京都大学
法学部の目立つような劣等性で”京都大学の恥さらし”ともいわれる、
外交史の知見がこれまた中学生以下の、中西輝政がいる(注2)。
教養人であった山本七平が墓の中から怒っている声が聞こえてくる。
「ベルサイユ条約の孤児であったソビエトと、……」(注3)
歴史教養ゼロの和也は、「ソビエト(ソ連)」と「ドイツ」の区別もできない。
いや、ベルサイユ条約すら、全く知らないのだろう。ベルサイユ条約は
ドイツを対象としたもので、ソ連は関係がない。和也の常識は、小学校
五年生に及ばない。
(注2)中西輝政のような、高飛車な嘘つきは、学者の世界にそうざらには
いない。中西輝政「中国には<歴史>で勝負せよ」『諸君!』2005年7月号の、
旧敵国条項についてのところを紹介しよう。「一般には、<旧敵国>とは日本
やドイツを指すと思われがちだが、これは歴史を知らない明白な誤解だ。
…・・・日本だけを標的とするものだ」(31頁)。
国連憲章第53条第1項後段と第107条が定める「敵国」とは、「第二次大戦中
にいずれかの連合国の敵国であった国」を指し、具体的には日本、ドイツ、
イタリア、フィンランド、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーの7ヶ国である。
しかし、国際法が皆目理解できない、おそらく条文も読む能力もない中西輝
政は、「日本だけの1ヶ国」との珍説を恥じることもなく開陳する。
(注3)「地ひらく」『諸君』1999年9月号、230頁。単行本化の時、この部分は
削除している

9 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 22:43:28
代ゼミ最新偏差値(AERA/06.2.13号)

1.早稲田法66.3
2.慶応法66.2
3.早稲田政経65.6
4.上智法65.2
5.中央法65.0
6.慶応経済64.4
7.同志社法64.2
8.立命館国際関係63.3
9.立教法62.9
10.立命館法62.8
11.明治法62.0
12.学習院法61.6
13.慶応総合政策61.4
14.関西学院法60.7
15.法政法60.6
16.早稲田スポーツ
17.青山学院法59.8
18.関西法59.5
19.慶応環境情報59.4 ←おいおいmarc以下ってwwwwwww



福田先生もSFCも凋落がとまりません



10 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 22:46:21
若島正(京大教授)は語る
「数学から文学にかわって驚いたのは、周りの人間の頭が悪いことだった。
数学をやっていたときはみんなが天才に見えたし、事実本当に凄いやつもいた。
でも、文学研究ではついぞ、そういうやつにお目にかからない」

日本一頭のいい文学者の名言ですby乱視読者の新冒険



11 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 23:01:48
2001年12月10日 TrackBack
昔の雑誌を読み返していたら、懐かしい話題を見つけた。
若い部員は知らないと思うので紹介する。
将棋世界昭和63年4月号の付録に「タイムトライアル112」というのがあった。
プロ棋士達がどれだけの時間で解けたかが載っていた。
初級編(3手・5手詰)40題で、谷川4分21秒 森内4分26秒 村山4分39秒 
羽生4分40秒 佐藤4分59秒 田中5分28秒 浦野5分48秒 清水女流7分55秒 
塚田8分35秒 沼15分20秒 山田女流22分52秒という結果だそうである。
これを見た岡田敏氏(あぶり出しで有名な詰将棋作家で全日本詰将棋連盟会長)
が挑戦したところ8分34秒だったという。ところが、
とてつも無く凄い人が居た。そう、あの若島正氏(詰将棋の神様のような人)
である。何と!2分29秒!!1問あたり約3.7秒である。頁をめくる時間を考えたら
3秒くらいで解いている計算になる。ちなみに今の若島氏は詰チェスに転向し、
日本人初のインターナショナルマスターとなっている。
「詰将棋でやりたい事が無くなった」のが転向の理由とか



12 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 23:03:05
若島正
1952年京都市生まれ。英米文学者、翻訳家、アンソロジスト。
現在、京都大学大学院文学研究科教授。2004年に『乱視読者の英米短篇講義』で第
55回読売文学賞随筆・紀行賞を受賞。『乱視読者の帰還』で第2回本格ミステリー
大賞受賞。元数学者(数学基礎論専攻)元アマ将棋日本一
指将棋、詰将棋やチェスプロブレムでも有名で、指将棋では赤旗名人戦優勝、詰将
棋では看寿賞7回受賞、チェスプロブレムでは国際チェス連盟(FIDE)から解答競
技インターナショナル・マスターなどの実績がある。





13 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 00:01:13
福田の本性が明らかになってしまいましたw

14 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 02:06:27
ひとつ聞きたいんだけど、
ここに中川八洋の「福田和也と魔の思想」のコピペしてる人は、
この本の論旨に賛成なのかな?
俺の感想としては、あんなにイタい本を読んだのは久しぶりって感じがしたもんで。
ポストモダンがアナーキスト?そんなこと多少思想に興味のある者なら誰でも知ってるって。
福田がポストモダン?そりゃあ今時ポストモダンの影響を受けずに思想をやっている人なんて、
アンタくらいのもんだよと言いたくなるね。
つーか、中川の方が左翼なんじゃないかとすら思った。発想法がね。

15 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 05:54:00
ていうか「ポストモダン」って何?
そんな不明確な概念を、定義を曖昧にしたまま語られてもなーって感じ。

16 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 07:42:42
>>14

誇張されてるけど
あたってるところはあるな

17 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 12:54:05
読んだ時点でイタイ
俺は2ページでやめたw

18 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 13:37:48
福田も嫌いだけど中川はそれ以上にひどいね。

>>つーか、中川の方が左翼なんじゃないかとすら思った。発想法がね。

それは左翼に失礼です


19 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 14:13:35
俺は楽しく最後まで読んだw

20 :名無し募集中。。。:2006/12/10(日) 16:40:51
中川って人結構口悪くないかい??

21 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 19:23:21
>>20
口も悪いけど、頭はもっと悪い。

22 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 20:58:10
いきなり長文失礼します。
前スレで私が「SPA!]の対談や「とりあえずブスコバン!]の話を持ち出したのは
抽象論や一般論には興味がないからなんだけど、まさにそういう「理屈こねるばっかり」
の方向に行っちゃったな・・・。
この際、具体的にしか答えようのない質問して、福田やその信者の程度の低さを分らせ
たろうか。私が単なる好き嫌いでものを言ってるのではない事も。

福田和也はある著書の中で「日本は島国であるから、燃料がほとんど減らない高速増殖炉
は是非とも必要だ」といった意味の事をいっている。一見もっともらしい意見にきこえる
が、こういった問題に口を出していい程の人間なら、すぐに疑問点が三つも四つも浮かぶ
筈だ。福田信者はそれが分るか?それともこんな子供だましを真に受けてしまう程度の人
間なのか、君たちは?おこんないから正直に言ってみな。

ヒント:今どき原子力工学科なぞに入りたがる学生なぞいないから、どこの大学でもそん
なものは自然消滅しつつある、というのは知ってるね?電力会社なども優れた人材は天然
ガスの方へ廻していて、原子力発電なんぞに人や手間やお金は廻せない、だから毎年大事
故や大不祥事が起きるのだ、というのも知ってるね?つまり・・・

おっと、自分で答えを言うとこだった。福田信者も、何でも言い返す事ばかり考えてないで
こうした疑問に真面目に答えてくれ給えよ、福田和也が好きだの嫌いだの言うだけの問題
じゃないのは分るだろ?(・・・ま、無理かも知らんが。)

23 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 21:10:57
>>22
別に俺は福田信者ではないのだが、
文芸批評家とは思えぬ端正なマスクの持ち主であるので、気になる存在ではある。
で、あなたの質問だけど、
福田の本業は文芸批評家なので、そういう発言にはあまり関心がないね。
高速増殖炉はたしかに必要なのかもしれんが、あなたの言うとおり危険が大きいと
いうのもうなずけるし、
将来的には事情が変わるかもしれないとも思うしね。
別にどうでもいいんじゃない。
福田は最近そのイケメンぶりをテレビ局に見出されてコメンテーターらしきこともしているみたいだが、
別にその発言をどうこうとは思わないしね。(見たこともないし)


24 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 22:09:01
いま和也がテレビに出てるぞ。
やっぱイケメンだなあ。

25 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 06:36:26
「とりあえずブスコパン」のブログの記述を読むと、
福田が、漫画「20世紀少年」に出てくる太った双子のいじめっ子にそっくりに思えてくる。

26 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 16:15:59
文藝春秋今月号
▼20世紀小説ベスト10冊(福田和也)

27 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 16:21:56
>>26
なにがランクインされてるの?

神保町のキッチン南海のカツカレーは福田も好き うまい

28 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 02:11:34
食べてるのは、カズ、福田カズ。

29 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 03:29:50
痩せてるのは、カズ、福田カズ。

30 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 04:34:48
>>22
何度もいうようだけどさ、あなたの自分本位の幼稚なクイズ形式に、
どうしてつき合わなきゃいけないの?
マジで頭だいじょうぶ? ほとんど偏執狂じゃん。
自分より明らかに劣る人間にわけのわからんクイズ出されて、
だれも答える気にはならんだろ。
それにあなたのいうことは論ずるに値しないぞ?
まずは事実関係に関する数値やソースを提示しなければ始まらない。
単なる個人的なでっちあげなのは明らかで、酔っ払いがクダまいてるのと一緒じゃん。

特別にレクチュアしてやるけどね、テクノロジーの発達に倫理で抗えないのは、
もはや自明なんだよ。この点に関してはたいていの知識人はすでに意見が一致している。
吉本隆明にしても浅田彰にしても柄谷行人にしても、皆そういう立場なんだよね。
にもかかわらず、一部の病気エコロジストとあなただけが、
いまだにヒステリックに「高速増殖炉反対!」を唱えてる。自分も恩恵を受けてるくせに。
それって「交通事故が多いから車は廃止にして徒歩で暮らしましょう」
とほざいてるにすぎない。要するに無理なんだよ。いまさら逆戻りできない。
あなたが個人的に原発をなくしたきゃ、とっととなくせばいいの話でしょう。
だれも止めてねえよ。でもこれから高速増殖炉はガンガン増えるんじゃないの?
これが現実だよ。どんどん増えるよw

31 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 16:48:32
福田ももう公正さもかなぐりすてはじめたね
新潮では荒川洋二にけなされ、群像侃侃諤諤で「何もない」といわれた
保坂を必死でほめてるし
週刊新潮では川上弘美の「真鶴」が村上春樹への応答などといって
春樹をむりやり持ち上げる
なにをあせってるの?君は


32 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 16:53:12
その凡人ぶりもかわいらしい

33 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 17:02:33
福田に公正さなんて最初からないだろw

34 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 17:20:05
公正さだってよwww
あまえた連中だよ、つくづく

35 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 18:20:28
某ブログより

福田和也『わが戦前』
基本的に右派系の雑誌に書く人なので、まともに読んだことがなく、いつも多少は期待して読むのだが、今月はあの保坂和志を誉めているっていうだけで落胆させる。
保坂がむかし同じ会社にいた作家のことをけなしていたとか、そういうどうでも良い内輪話だけ面白く読む。それって誰なんだろう?

保坂和志の評論
いつもどおりツマラナイ。この人の小説も(確か)ダラダラしていて辟易したが、評論もとにかくダラダラしている。ダラダラだらだらしている。何が言いたいのかさっぱり分からないし、分かろうとも思わない。例えば、小谷野敦なんかの評論とは対極にある文体。
ほんとうに無駄なので早く連載を止めて欲しいと切に願う。

36 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 18:31:21
文芸春秋
20世紀小説ベスト20ですか
福田がかいてるけど、若島正読んだなってばれてますよ
1位のヘンリー・ジェイムズ「鳩の翼」訳したのは若島の師青木 次生(乱視読者の新冒険に登場)

文中に名前のでてくるトルストイは乱視読者の新冒険の第1章のテーマ
グレアム・グリーンは乱視読者の新冒険で2つのエッセイが載っている
ジョイスは乱視読者の新冒険のあちこちに出てくる
ディケンズは若島がもっとも愛する作家の一人

37 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 18:33:44
>>36
関係妄想におちいってますよぉ。
ダイジョウブですかぁw

38 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 18:50:39
いや当然読んでるだろうね
新潮新人賞で一緒に選考委員やってる浅田彰が選評で名前を出してたし
ちなみに東大院生で若島の研究会にきてる人だった
坪内とのSPAでの最近の話題もトルストイが実は面白いって話題だったが
トルストイ再発見の文章を若島はたくさん書いている
その坪内は文春で若島訳の「ロリータ」をとりあげ「桁違いの実力者」といい
「乱視読者の新冒険」所収の「電子テキストとロリータ」という論文に触れてる
から当然読んでいる


39 :巨匠石原延啓先生の靴磨き専門福田豚饅頭:2006/12/12(火) 18:57:53
石原慎太郎東京都知事と三男・石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、
水谷建設元会長と料亭で会合をもっていた、500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html
552 :今週の4大週刊誌が一切、石原慎太郎都知事疑惑に触れない異常 :2006/12/12
慎太郎、こいずみ、あべ、昭一、etc 統一教会、稲川会、日本会議、靖国神社,,etc
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121124.html
挨拶に行くと、慎太郎はキッとなって、「あんたねえ、いま僕が壇の上で言った話、
聞いてなかったのか。日本郵船、日本郵船っていつまでいってるんだい」と声を荒らげた。
 そして支店長の名刺を見て、「この会社は何だい」と尋ねた。
支店長が、「荷役会社です」と答えると、慎太郎は「それならそれで、人足会社っていぇばいいじやないか。
ここに来てまで日本郵船をひけらかすなよ」と、相手のとどめを刺すようなことをいった。
 誰ひとりいい気持ちにさせない非寛容さと毒気ある物言いは、
慎太郎のふだん見せるマチズモな言動とは裏腹の狭量さと、裕次郎への稚気といってもいい劣等感とは全然別種の、日本郵船に対する根深いコンプレックスが両々顔を覗かせている。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


40 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 19:51:26
福田なんて若島以下だな

41 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 20:18:34
本屋に福田の昔の本なくないか?

42 :22:2006/12/12(火) 20:29:05
>>30
前段について:「答える気にならん」なら、無理にとは言わんさ。正直始めから2ちゃんねるに、私の疑問にまともに答えられるような
人間が来てるとはあまり思ってないし。強いて言うなら、私は「僕は高速増殖炉や核融合炉の実用化をいつか必ずやり遂げるんだ、なん
てヘンな希望に燃えてる理系の学生」なんてものが居るか?と訊いてるんだから、はい/いいえで答えたら良いじゃないか。調べたらす
ぐ分るんだから。
後半について:テクノロジーの発達がいけない、なんて誰が言ったんだい?私も電気の恩恵は受けてるし、有難いと思うが、なぜそれが
(何一つ良いところのない)原子力によって供給されねばならんのか、と言ってるだけだ。君は世界的な原子力発電の現状について何も
知らないんだろ?違うとは言わせないぜ。君のレスのどこをどう見ても、そういう勉強をした形跡は無いからな。(ムダな勉強はしてる
ようだが。)
大体何だ、「吉本も浅田も誰もみんなそう言ってんだぞ、そんな事言ってんのお前だけだぞ」って。だから何?君小学生か?「高速増殖
炉の恩恵」?一体誰が実用化してない(その見込みもない)ものの恩恵を受けているのだ、それで食ってる人間以外に?「増えるんじゃ
ないの?」って何だそりゃ?無責任な推測しといて、次の行ではいきなり「ガンガン増える」と現実になったように断言、って君は人を
愚弄するか。

結論:ハハ、やっぱり福田擁護派からも、アンチ福田派からも、まともなレスは返って来そうもないな、こりゃ。ゴメン私が悪かった。
つい本気を出してしまった。2ちゃんねるでは場違いでした。お互い面倒だから、もう私の発言はスルーして下さい。

追伸:君、「レクチャー」って・・・(苦笑)。


43 :22:2006/12/12(火) 20:33:07
アレ、何かへんな行替えになってるな。ごめん、慣れてないもんで。

44 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 22:47:25
つうかこいつ何で日野啓三の夢の島22点なんだよ 爆
マジでバカなんじゃねーの おまえがただ読めてねえだけだよタコがむしろ豚が

俺も知人に夢の島貸したら「ぜんぜん良くない」とかいいやがって そいつそんなこと言うくせに中身全然読めてねえんだもん
びっくりしたぜ ちゃんと読んでから批判しやがれ まあ表面だけページめくってるバカどもには日野さんの思想が解るはずも無いが。
つまり日野さんは天才過ぎるからごく一部の選民しかその作品の素晴らしさを
理解できないんだね。平野君も日野さんを「大家」と言ってたし解る人は解ってくれるんだけれど。
如何せんただ冊数だけこなしているだけの自称読書家は大概バカだね
大事なのは読書の質だよ 外面的な文章の美しさじゃないんだよ
平野君も言うようにね。1000冊速読するより1冊じっくり精読したほうが何千倍も価値あるよ。
バカはバカすぎるから自分がバカなのに気付かずに他人を見下してるけど一番バカなのは明らかにお前だよってね
それはその知人のことだけど


45 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 23:42:01
「夢の島」は普通に酷いだろ。
お前がよめてねーだけじゃん?

46 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 23:51:47
釣りではないかと

47 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 00:22:58
春樹よりは面白いな

48 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 08:31:49
春樹はなんとなくわかるけど、気持ち悪くて読めない。

49 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 11:40:26
>>45
酷いんならどこがどう酷いのか具体的に言って欲しいんだよ
その知人も「酷い」とかいうくせに中身について話そうとしたら
何にも解ってないのに、なんとなく「酷い」つってんだもん
酷いのはお前だって思ったよ つーかそいつまじバカすぎんのに自分頭いいとか思ってんのがむかつくんだよ
これ釣りとかじゃなくて吐き出し文だからご了承を

50 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 11:53:23
じゃあさあ、とりあえず「夢の島」の良いところを書いてみなよ
釣りじゃないなら、ちゃんと列挙できるよな?

51 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 13:21:09
萩原健太を尊敬してるというけど
そんなに萩原ってすごいの?

やっぱニューヨークドールズ
福田ファンならドールズすきだよな
もってないならCD買おう!

52 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 14:02:28
>>51
いや、福田のファンならやっぱデッド・ケネディーズだろw

ところでこのスレで全く福田と関係が無い若島の
コピペ張りまくってる奴がいるが、コレ、豊崎スレで大暴れしてた
若島信者と同一人物だな。コイツ妄想がひどくて、
池上冬樹の書評は大森望(なぜかコイツは大森にも
こだわっている。若島の弟子だと誤解しているようだ)
のパクリだとか言ってたんだが、>>36を見ると病は
ますます進行していることがわかる……


53 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 14:20:20
・建築会社に勤めて戦後ニューヨークを夢見て東京を作ってきた主人公の東京に対する価値観、見方と、生まれたときに既に大都会東京が出来上がってしまっていた少年の東京に対する見方(ニヒリズム)の差異を描いている点。
・自分の内面に於ける廃墟、そして埋立地と、外界即ち東京に於けるそれをピタリとシンクロさせている点。謂わば相互メタファー。自分の内面は自分の外の世界の投影であり、自分の外の世界は自分の内面の投影である。
・東京の中心で抑圧された自我をその外即ち埋立地で解放する少年少女たちの心理、そしてそれを引き起こしてしまったのは自分たち東京を作ってきた大人たちだと気付く主人公の心理。
・都市は即ち自然であり、自然は即ち都市であるという相互認識的表現。片方だけなら成し得る作家はいても、相互から成し得る作家は日野氏以外にいないと巽孝之氏はいう。
・意識の転換、モノも人間と同じく生きている、そして生が終わってから出ないと本当の意味では何も語れない。
・反転する都市。即ち意識の反転。などなど

54 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 14:56:26
「夢の島」は読んだことないんだけど、>>53をちらっと見ただけで読む気なくした。
内面と外の世界が投影しあってるとか聞いただけでも最悪だね。

別に福田をかばってるわけじゃないよ。福田も糞だから。

55 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 19:21:18
>>53
陳腐すぎwwww

56 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 20:25:07
評論家のむかつくところは自分が作家の上に立ってる気になっていること
そいつ自体はたいしたこと無いのにいったい何を論じられる
たまには自分で作品書いてみろ 俺が評価してやるから

57 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 20:43:14
>>56
>自分が作家の上に立ってる気になっていること

何をいきりたってるのかしらんが、
福田に関しては確信犯だからなぁ。

58 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:28:39
>>56 なっとく。
>>57 福田の書いてる本読んだことないけど、柄谷とのお話会は楽しい。福田が話展開しないと、柄谷が語れない。
とこれまでは思ってたけど、最近は福田の話も時代情況が明瞭なように知れておもしろいとおもいまぴた

59 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 22:58:33
福田は小説よりも評論の方が偉いと考えてるんだから
>>56みたいなアホな批判はなんの意味もないよ

60 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 02:01:10
まあ問題は、特に最近福田が糞みたいな評論しか書いてないことだな。

61 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 12:40:47
あそこまでダサイとは聞いてないぞ

62 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 18:24:26
福田よ平野啓一郎におびえてるな
彼が着々と前に進み
君の足場を根こそぎ打ち砕くことになる
おびえて眠れないか?

63 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 18:36:48
すごい想像力ですねw

64 :22:2006/12/14(木) 20:32:22
>>30
君が「何度も言うようだけど」と書いた意味が分らなかったんだけど、前スレ
見たら分った。あのねえ、レス955は私じゃないからね。誰かけしからん奴が22
をコピーして前スレに貼り付けたんだよ。従って、955以下の流れについては私
の感知するところではアリマセン。(こんな事はどうでもいいようなもんだが、
自分の預かり知らぬ処で、「お前は既に論破した相手」などと意味不明な言いが
かりを付けられるのはちと不愉快なんでね。)
ところで、ついでだから言っとくけど、君は、若い頃の私に似たニオイがするな。
某二流大学の教員が「二流大学の学生は、三流大学の学生よりよほど始末に悪い、
自分が結構頭がいいつもりでいるから」、と言ってるのと似たような意味でね。
衷心から申し上げるが、莫迦をこじらせるような二流文学、二流思想家の本など
読むのは止めときな。日本文学なら王朝和歌でも読みなよ。故百目鬼恭三郎が「
私は日本近代文学の研究くらいバカバカしいものはない、と思っている」と言っ
た意味が、分った時にはもう遅いよ、多分。私みたいに(苦笑)。
・・・また要らん事かいてしまった。これも笑って聞き流してくれたまへ。

65 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 21:07:48
2行にまとめろカス。
なにいきりたってマジレスしてんだこいつ?

66 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 21:29:54
すみません、読めないから短く説明して下さいだろ。

67 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 21:38:02
なんか殺伐としてきたから、とんかつの話でもしようぜ

68 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 15:20:56
バルザックは福田が言うほど大したことない

69 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 17:18:48
また今週の週刊新潮もひどいですな
糸山が出てきたのが今年の事件らしい
「文学賞メッタ斬りリターンズ」でもその紋切り型が批判されている糸山を
擁護するかのように
そして理由は「性的な関係を描かない」からすごいんだそうな
もうでたらめもいいかげんにしなきゃね
何をやってもほめるってね
それに豪傑だそうな
文学と関係ないし、しれてるし

何をあせってるんだ?

70 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 22:06:10
あれ、糸山の事はツボと一緒にSPAで貶してたよな

71 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 22:33:30
何しろ精神年齢が嘘ツキの餓鬼と一緒だからな

72 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 04:19:58
>>64
なんか知らんが、君ってヒライケンジ並みのギャクマシーンだね。
これからもちょくちょく僕たちを楽しませてね。
とりあえずは、王朝和歌でも詠んでみるよ。島崎和歌子によろしくね。

73 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 14:30:33
つーか、安倍政権のチンカスぶりがひどいわけだが
ずいぶんヨイショしてた福田先生は何かフォローしてるの?

74 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 15:49:43
あれだけ批判してたワイドショーにでるとわね

75 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 23:45:12
ここまで無責任な評論家とかありえない

76 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 00:03:42
無責任は芸風だからなあ
今更批判されても・・・。

77 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 00:04:11
イケメンだからしょうがないだろう

78 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 23:03:50
仲畑貴志さんがNHK教育の番組に出とるね。
山頭火を語るシリーズ。

福田もオヅラのワイドショーに出るくらいならこのテのカルチャー系に
出てなんか喋れよ。

79 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 23:17:59
あえて逆の内容を語る事を怖れない芸風?
そりゃ無敵だわ…

80 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 23:57:02
今週のSPAでほんとマニアックな芸人のことも知っててワロタw

81 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 00:31:40
ピーズも好きなんだろこのおっさん。
名前が出てきたとき嬉しかった
守備範囲の広さは文芸評論家の中でトップだろうな。

82 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 00:37:10
先輩後輩の関係で小泉ほめてただけの過激派おじさんだろ?
少なくとも逝け面ではないな。
本も詰まらない。も少し真面目に書け。

83 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 01:18:53
イケメンだよー。超タイプ。あの早口の喋り聞くと濡れちゃう。

84 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 01:33:07
福田のこと??

福田が小泉誉めてるの見たことねえけど、人違いじゃないの。
誉めてるどころか終始一貫痛烈に批判してたじゃん。

85 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 04:52:01
福田が気持ち悪いぐらい持ち上げていたのは石原慎太郎だろ。
「月刊石原慎太郎」なる雑誌まで福田が編集して。
もっとも馬鹿にしていた小泉が次々と政敵を蹴散らして長期政権を築き、
石原も親バカを見抜かれていいようにあしらわれ続けていた現実に、
政権末期の頃は「小泉は運がいいから」みたいなボヤキ節ばっかりだったが。

86 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 14:59:21
石原は障子(=日本文化)をチンポで破いた男だぞ。
そんな人間に投票する都民は完全に判断力を失ってると思った。
宮崎駿の『千と千尋の神隠し』で、大飯を食らうだけで、思考力を失った豚が出てきたが、あれは何か。

87 :22:2006/12/20(水) 21:50:59
>>72
何か知らんが、君慌ててるね。ヒライケンジって誰?「ギャク」マシーンて何?
王朝和歌を「詠む」?君何時から平安貴族になったんだい?「島崎和歌子によろ
しく」?何を?
君もしかして・・・テレビばっか見てるバカ?


88 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 22:11:29
こいつ口だけじゃん。

89 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 23:54:59
福田ドンくさ杉だよ福田

90 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 17:44:38
ライトノベル>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>現在日本文学

91 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 20:05:13
>>87
君はとてつもない馬鹿だなwww
ヒライケンジを知らなくて、よく生きていられるなあw ジョンレノソのことだよ。
「ギャクマシーン」は逆マシーンのことだろうが。
貴族の俺が王朝和歌を「詠」んで何が悪いか。
島崎和歌子を知らないの?君は永遠にTBSには出れないよw
あげくの果てに「バカ」だと?バカっていうもんがバカだ!

ということで、あわれにもみじめにも俺の冷静な論理によって木っ端微塵に君は粉砕されてしまったわけだが、
まだ恥を忍んで何かいうことある?


92 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 22:34:03
え、面白くないよ?

93 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 00:07:00
そう?俺は大笑いしたけど

94 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2006/12/22(金) 02:22:58
俺は福田は嫌いじゃないよ。ただ、「作家の値打ち」に関しては批判せざるを得ない。
八割本音で二割程は建前、という印象を受けたがいかがなものか。

95 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 06:58:27
「作家の値打ち」は中身はともかく、インパクトは大きく、何人かの作家
評論家には影響は大きく、良くも悪くも意味があったわけだ
しかしその後の仕事振りをみると、あれが頂点だった
というか、あれが福田だということが見えてきたね
もう可能性はないかもしれない
あの本に福田という存在のすべてを刻印して消えた
ということかもね
今のままだと

96 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 08:21:12
やっぱりテレビに出ると月並みなことしかいえないね、デブ

97 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 09:31:06
とくダネ出てるの知らなくていきなりコメントぬかれたのみてビックリした
金のために出てるのか?

98 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2006/12/22(金) 12:29:57
ほとんどの作家は目にも留めてない様子だったがな・・・
確かに評論家やその他一般の読者にはかなり叩かれてたな。
作家を点数で評価するという、一見ドアホウな行為も、彼の意図することの半分は分かるから、さして批判はしないが、内容が悪いな。何故読者や一部の作家に媚びるんだろうと思ったよ。
やるなら徹底的にやれよ、とな。
本来なら作家の値打ち2でも出したいところなんだろうが(まあ、売れたようだからね)、無理だろうな。

99 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 13:00:06
海外作家版がでるって話もあったのにどうなったんだ?

100 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 15:00:36
相変わらず福田の本は売れないな

101 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 15:18:15
でも作家を点数で評価するというのも二番煎じ、三番煎じだけどな

102 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 15:31:21
>>101
他に誰がいるの?

103 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 16:34:35
大森望「現代SF1500冊」乱闘編・回天編の2冊を読むと
点数制は20年ぐらい前から大森はやってるな

104 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 16:39:05
たぶん最近の福田の仕事を見ていると、山口昌男のような線を狙ってるんだと思う
「挫折の昭和史」の解説が福田だったけど、ああいう歴史もの、調べ物をして
歴史を書くというパターンね

山口も結局あの歴史物しか残らないだろうし、一番読まれている
福田はうまくいくかな?

105 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 18:28:23
広く浅く
パンク以降の音楽についてはボロボロ
本当に好きな人から見れば噴飯ものの知ったかぶり評論をかましている
他の分野に関しても同じような感じなんだろうね
別に知ったかぶりしなくてもいいのに
知らなくたって恥じゃあない
恥ずかしいのは虚勢をはることなのにさ


106 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 18:30:06
>>102
さかのぼれば大西巨人なんかもやってるらしい。
あと渡部・糸圭も文芸時評で点数で評価してた。

107 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 18:31:54
>>101の指摘って何か意味あるの?

108 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 18:34:46
福田の批評って何か意味あるの?

109 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 18:37:49
意味内

110 :22:2006/12/22(金) 18:49:12
>>88
この人自分で何いってるか分かってんのかな。正面切って何も言えないからって
くやしまぎれに「こいつは口が達者なだけだ」って君ねえ・・・(呆)
福田擁護派のショクン、君たち「ブスコバン!」の一件以来、言う事がどうも何
だか、あー「電車の中で見かけた明らかにちょっとアレな感じな人」みたいにな
ってるぜ。気は確かかい?
私は具体的に福田和也のダメな処を次々指摘してるんだから、君たちも具体的に
福田の良いところをどしどし挙げてくれ。何かあんだろ、頼まれもせんのに福田
を必死にかばってんだから。話続かねーな、これじゃ。



111 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 18:53:48
福田って何で太ってるの?

112 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 19:00:19

     ,, -‐''" ̄ ̄`゙ ヽ、
   /          \,        ,芸術が点数で
  /             i, 計れるか、
 ノ         ___ノ
(____,,--‐‐'''"⌒:::::l.川, ばーか!
  . |(●),   、(●)、.:|川
  |   ,,ノ(n__n )ヽ、,, .:::|リリ, 河豚田数屋は    
.   |  mj |=| !rm  .:::|(((, 典型的な「眼低手低」の俗物
. 彡\〈__ノニ!、__〉:::/    >>,  落第点だよ、
   /ノ  |‐--|  !´\,  ばーか!




113 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2006/12/22(金) 19:20:46
>>99
海外物は出ないだろう。と言うより出せないだろうな。
二番煎じ、三番煎じはともかくとしても、福田の批評眼は、まあまあ信頼できると思っていただけに残念だったな。
福田とは直接話したことないけど、話せば多分認めるだろうな。
「色々あるからね」ぐらいのことは言いそうだ。
或は、開き直るかのどちらかだな。
まだ、若いから見限ってはいないけどな。

114 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 19:22:24
お前は何様なんだ?

115 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 19:35:51
文学くずれ様です

116 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 20:03:20
>>110
「ブスコバン!」の一件って何?kwsk

117 :87:2006/12/22(金) 20:22:34
>>91
何言ってんだ、コイツは?
余裕カマして見せようとして、逆に馬脚を現わしてしまい、慌てて冗談て事にしてゴマ化そうと
してる男・・・何だか、中学生が犬のウンコ踏んじゃって、あわてて「わ、わざとだよ、冗談で
わざとやったんだよ」って友達に言い張ってる、ってな感じですな、アーハハハ・・・って笑え
ねーよ、こんなの。
コイツも言う事がうわずり気味でどうもアレな感じだなあ。誰か心ある福田信者、止めてやれよ。

118 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2006/12/22(金) 22:17:10
>>114
こういう場合、どうすればいいんだ?
無視するべきなのか?
議論ならしてやっても良いが時間の無駄のような気もしてきた。
俺?オマエよりは多分少しだけ出来る。

119 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 22:21:45
福田はたけしの二番煎じ

120 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 22:33:26
テレビのコメンテーターなんて馬鹿なことやめろよ。
駄文書くより儲かるんだろうけど。
ますます自分を平凡化させるだけだぞ。

121 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 22:51:29
>>117
完全に論破されているにもかかわらず、何でそんなにムキになってるんだwww
だったら反論でもしてみなよ。何もできないだろう。
へらず口を叩くことは誰でも出来る。お前本当にクルクルパーだな。
おつかれちゃんwww


122 :113:2006/12/22(金) 23:57:12
話せば多分認める
まだ、若いから見限ってはいない
などあまりにもお前が上からの物言いなんで
きになったから指摘しただけだ。気に障ったなら申し訳ないが
他の人間の迷惑になるんでスルーしてくれ。

123 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2006/12/23(土) 00:12:32
そうか。
まあ、他のところでも書いたが、認めている、或はかつて認めていた作家に対してしか言及(批判)しない主義なんで、悪しからず。
俺も言い過ぎて悪かったな。
では。

124 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 00:21:39
うるせーよ、はげ

125 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2006/12/23(土) 00:29:16
しかし、文学板がここまでレベルが低いとはな。
何だオマエは?自分のハゲにコンプレックスでも持っているのか?
そろそろ、俺も2ちゃんを見限るぞ。

126 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 00:36:33
頼むから見限ってくださいw

127 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 01:04:00
>>125
このスレは、文学板というよりも、芸能関係やモデル関係、イケメン関係のスレと言った方がいいので、
文学的な知見を求めるのは、ちょっとピントがずれてると思うよ。


128 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 01:15:01
また一人まともそうなのが消えたか。
そうしてどんどんレベルが下がっていく・・・

129 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 01:46:42
>>127
さったあとにワンワンワンワン吠える子犬ちゃんwww

130 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 02:06:05
東大京大出身の作家スレを見る限り、第三マスターとやらは東大の理系出だそうだ。
ホントかどうかはわからんがなwww

131 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 04:33:42
文学自体がレベル低い

132 :117:2006/12/23(土) 06:57:03
>>121
論破論破ってうるさいこった。こいつ本気で言ってんのかな。それとも私を釣ろう、煽ろうとして
るのか。
前者なら:ハイハイ君の脳内では私を完全撃破した事になってるわけね。良かったね、ボク。でも
気持悪いから君とはこれで最後ね。
後者なら:128氏も言ってるように、スレの品位が下がるからやめな、そういうの。でもまあ、他人
の愚行を見物するのは楽しいから、誰かほかの人に相手してもらいなよ。私はもういいや。
マジレス(?)するなら:「完全に論破された」誰が?「ムキになってる」君がだろ、誰が見てもな。
「反論」?タハゴトしか言ってない人間に反論しろって言われてもなあ(笑)。「へらず口を...]
あっそう。それで? 今時「クルクルパー」って・・・懐かしいね、君いくつ?「おつかれちゃん」て
のは私も聞いた事があるな。君ホントテレビ好きやね。TV板に行っちゃっていいよ。

ではどれでもお好きなのをどうぞ。

133 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 07:16:45
いや、だからこの人の照準は竹村健一、栗本慎一郎のポストなんだってば。
イケメンだけに今後はTVに活躍のシーンを移していき、国民的な保守系評論家
になることが、この人にとってのアンガージュメントなんだって。
これマジ話だそうだぞ。

134 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 07:34:23
もうイケ免とかいうつまんない話やめろ

135 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 08:07:45
ただのテレビ芸者に成り下がったか。

136 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 12:10:22
竹村健一目指してるって頷けるわ。
要するに金目当てね。
往年の貴族よろしく甘美な生活をおくるってことかい。
とんでもないコスプレ野郎だな。


137 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 14:40:58
sarasi

138 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 20:28:16
テレビ芸者になりたいのなら
宮崎哲哉は目の上のタンコブだろうな

139 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 20:36:57
福田ぐらいきもい奴も珍しい。

140 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 21:09:27
結局テレビに負けた福田

141 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 23:50:40
あれだけ嫌ってたワイドショーに出るとは
もう期待出来ないなこの人

142 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 03:51:04
今週の週刊新潮の連載では上杉隆の新著を紹介する形で「全てのマスコミは小泉に翻弄された」
とか言っているが、当の福田本人も翻弄された一人だろうに。
小泉政権時代に書かれた福田の小泉評で瞠目すべきものは、
ごく初期の段階で小泉の強運ぶりに気付いていた点ぐらいだな。
「小泉『公務員総理』の教養調査」なんて評論、今読んだら失笑ものだ。
あんな公務員いるか、馬鹿w

143 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 07:01:23
平野啓一郎を怖れている福田君のスレですね

144 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 10:04:57
平野って信者がアホだから、馬鹿にされるんだろうな

145 :113:2006/12/24(日) 12:30:55
春樹さん、好きになってもいいですか。
なにこのタイトル

146 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 20:32:53
福田の顔になぜモザイクがかからないのか

147 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 12:23:56
福田センセイのとくダネ出演って毎週? 何曜日なの?

148 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 14:54:14
金曜日

149 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 17:05:07
BSフジなら毎週

150 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 12:55:48
文章では悪ぶってテレビではキョドる福田

151 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 21:14:17
すごく小心な人なんだろうなと思う

152 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 00:04:17
小心だから悪ぶるんだろうな。あ、慎太郎と同じだな。

153 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 00:15:59
イケメンだから悪ぶるんだよ。


154 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 20:33:37
揚げましておめでとう。

155 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 12:51:26
本物見たとき身なりはとてもいい服きてたよ。カッコいいとえないこともなかった。
福田さんの仕事とあわせて考えればね。

156 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 15:22:17
――文芸評論家・慶大助教授の福田和也氏は、満州事変はよかったが、支那事変
(日中戦争)は「卑怯」で「恥ずべき」ものだった、「支那事変抜きの大東亜戦争」はありえた、
そして大東亜戦争は「民族の誇り」だと言っています。

小林―もうムチャラクチャラだよねー。あまりにもデブりすぎて脳の血管を肉が圧迫して
しまってるんじゃないの(笑)ってくらいの異常性だよね。


――ところが福田和也氏は「十五年戦争というのは大うそ」と言い、満州事変の後四年間、
安定した秩序があったと言うのです。

小林―要するに、支那事変だけを満州事変からも大東亜戦争からも切り離したいわけよね。
わしは『国家と戦争』(飛鳥新社)の座談で福田和也と話してみて、こいつは徹底的に、全然、
まるで、一切、ことごとく、歴史を知らないってことがはっきりわかったよ。
完全に間違った知識の上に立って、平気で「支那事変は恥ずべき戦い」とか言ってる。
そして満州事変をやった石原莞爾だけが立派だったなんていう自分のヘンテコリンな偏愛を
正当化させるために、後の全部をウソの知識で固めていくんだよね。
福田和也の言う知識ってウソだらけで、全部間違ってたからな。

157 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 15:23:33
――福田氏は、支那事変は首都・南京さえ落とせばそこで講和だという意識があった」と反論
すると、「首都に行ったら戦争は終わるなんていう常識はないですよ。それなら、なぜナポレオン
はロシアに行って負けたんですか」と答えています。

小林―ナポレオンはモスクワを陥落させたけど、その当時のロシアの首都は、モスクワじゃなくて
ペテルブルクだよ。ペ・テ・ル・ブ・ル・ク。モスクワに遷都されたのはロシア革命の後!ほらね、
こんな知識が間違ってる。
しかも、「首都落とせば講和が当時の常識だった」とわしは言ったんであって、「首都を落としても
終わらなかった戦争が歴史上あったかどうか」という議論なんかしてないの!
論点ずらしてごまかそうとした上に、知識が中学生レベルで間違ってるんだから。

『「個と公」論』小林よしのり
-----------------------------------------------------
小林よしのりにも馬鹿にされてたんだね…

158 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 20:27:06
今月のサーカスの対談読んだんだが、
この人、親は無理して働いてまで子供を学校なんかいかせなくていいって言ってたけど
この人自身はかなりのボンボンで、院まで行かせて貰ったうえにコネで親の会社はいったんでしょ?
貧乏人の現実を知らないのに発言が無責任すぎ。

159 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 20:41:57
それがっかずっやのっいいとっこっろ♪

160 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 09:42:35
お前世の中全員が大学行ったり院行ったりする必要あるかっつーの
貧乏は15で丁稚奉公すりゃ職人になれるじゃん
院卒→フリーターと中卒→職人どっちがいいんだよ

161 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 12:45:00
職人はつらいぜ

162 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:10:39
職人→人間国宝というチャンス

163 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 17:45:35
とんかつ屋は儲からなさそう

164 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 19:08:43
>>156
でも実際の『国家と戦争』での小林よしのりは、
西部・佐伯・イケメンに負けじと物知り顔な話をするたびに周りからつっこまれてて、
萎縮したのかあとの方はたまに発言しても日和見なのばっかだからなw

よくもまあ人のこと言えたもんだと思う。

165 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 20:31:28
まだ福田なんて読んでる奴居たのかw

166 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 00:54:02
>>164
悔しかったからあとで調べたんだろな
その対談の時にいえばいいのに

167 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 11:19:25
もうこの人は駄目だと烙印を押されてしまったようですね
慶應からは卒業生が多いのにろくに作家が出てこない
福田先生も困っています
それで早稲田の作家をせっせと押しています


168 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 17:42:10
然し小林よしのりの知識はとてつもない物があるね。
ペテルブルクが首都だったとは。


169 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 02:29:34
>>113
国内版は、イケメンの嗜好以上にヤツの文壇渡世を考慮にいれないといけなかったから、
海外版こそを俺は期待してたんだが…
『悪の読書術』で、スコット・トゥローとか誉めてたけど、
たぶんポシャった海外版の残滓なんだろうな。

>>145
月刊・福田和也が途切れたんで、なんか凄いのが来るのかと思ったら…orz
任侠か春樹の映画からとってきてるのかもしれんが、酷すぎる。

>>168
中学は言い過ぎにしても、高校で習うけどな。
まあ、その脇の甘さがイケメン。

170 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 07:21:32
>>113>>145>>164>>169

171 :164=169:2007/01/08(月) 16:50:33
>>113>>145>>164>>169
イヴは一日腰を振ってた。ごめん。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)