2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

###ミシェル・ウェルベック###

1 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 19:44:53
素粒子読んだ。
これから人恋しくなる季節にぴったり。
(つД‘)

2 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 19:51:06
なんでこう思いつきで糞スレたてる人いるのかな?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

3 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 20:20:54
いや、いいよ、最高だ。
『素粒子』の中年オナニー男の気持ちよくわかる、俺もそうだから。

4 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 20:30:24
俺も「素粒子」読みました。性的コンプレックスに振り回される兄が切な過ぎる…。
読み終えた後、暫く厭世的な気分に取り憑かれてました。

5 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 21:08:54
「素粒子」いいよねー。このひとの「闘争領域の拡大」はおもしろいの?

6 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:02:06
法解釈は文学と何が違うのか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1153428108/

7 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:27:04
>>5
俺も未読です。
「素粒子」が素晴らし過ぎたから、期待外れを恐れて手が出せない(苦笑。

8 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:48:24
>>5
>「闘争領域の拡大」

ププッ

9 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:49:36
まぁなんだな。
オマエらも、くわえタバコで爆竹の火薬ほぐして
指にケガするブタ一郎を見習わなくては。

10 :吾輩は名無しである:2006/11/14(火) 12:22:11
ある意味小谷野敦に通じるモノがあるな…

11 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 22:54:51
もっと語り合おう


12 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 23:06:22
素粒子映画化されたとか。エロ描写生々しそう。観たいような観たくないような。
>>1はもう消えたのかな……。

13 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 11:48:50
プラットホームも良かったな(・Д・)
先進国の人間の孤独を描いてて


14 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 12:53:33
「プラットフォーム」に至ると、「素粒子」とか
過去の作品の焼き増しみたいでつまらなかったな。

15 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 21:24:13
では、素粒子以外は読まないでもいいってこと?

16 :吾輩は名無しである:2006/11/17(金) 12:57:39
著者近影みると結構イケメン
女にもてないタイプには見えないんだけど…

17 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 03:03:06
イケメンなの? わーい読み返そう

18 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 09:14:00
素粒子っていう小説が、希望のない話にもかかわらず、
ひんやりした美しさを放っているのは、
訳者の野崎歓の功績もあると思う。

19 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 10:45:52
白人負け犬を描いて成功しましたね。
負け犬を題材にして作者は勝ち馬になるという典型的な例ですね。

20 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 11:03:43
この人は本のグローバル市場を意識してると思う。
特に非白人国の市場。
それで、白人男性をあえて貶めて、非白人の共感を求める。
「闘争領域の拡大」はその典型。

21 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 12:28:46
そーか?
素粒子の中でもブラジルなんてくだらない国、みたいな箇所があったし、
第三次形而上革命(だったっけ?)もたしかアフリカはおいてきぼり。
"第三次"自体がキリスト教を第一次とした言葉のはずだし。
それとも西洋中心主義を誇張して描いてるのか?

22 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 23:41:01
いまこそ読もう
ウェル・ベック
筑摩書房

23 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 12:31:38
プラットフォームはリアルで似たような事件が起きたんでしょ?

24 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 07:08:04
ヒルベルト空間だの量子学だのなんだの、
物理を無視してきた俺にはさっぱりの語句が
『素粒子』にはちりばめられていて、
これらの語が出てくるたび我が過去の怠惰に
悔恨の念を抱かずにはいられなくなる。
それがこの小説の登場人物に対して共感を覚えさせ
(みんなそれぞれ消したい過去を背負ってるから)、
小説内で揶揄されてる「感情移入した読み方」無しには
この小説を読み進められなくなっちまう。辛いところだ。


ところで理系の人がこの小説を読んだら
おそらく面白さの度合いが20%増しになる
と思われるのだが(先に挙げた科学的タームの頻発による)、
どうだろう?そんなことないのかな?

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)