2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最後まで読めなかった本

1 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 12:11:54
理由は様々あるでしょうが、その如何に関わらず読了できなかった本をあげていくスレ。

ちなみに、自分は

安部公房『箱男』 ←ワールドについていけなかった。
            より分かり易い『砂の女』読了で、ワールド慣れ?近々再開予定あり。
三島由紀夫『音楽』←つまんない。三島は名作も多いけど駄作も多い。
             ただ、全部読んでないのにつまんないとは失礼なので暇になったら再開。
大岡昇平『野火』←精神的にとても疲れていた時期に読んだので、いろんな意味できつかった。
            読み続けることが出来なかった。なにかトラウマのようなものがあり、再開予定なし。

ちなみに好きな本は
三島由紀夫『金閣寺』 『宴のあと』 大江健三郎『万延元年のフットボール』
谷崎潤一郎『痴人の愛』  カフカ『変身』 など

分かり易い展開のものが好きなようです。

2 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 12:14:52
ダンテ『神曲』 
こんなもん読めるか

3 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 12:36:09
>>2
>こんなもん読めるか

なるほど、わかりやすい理由で。
大学の般教でところどころ読まざるを得ませんでしたが、
アレを娯楽で読める人は、素晴らしく観念的な人でしょうね。

子供のころは、途中で止むのをやめる本なんてないと思ってたなあ。
大人になって、時間との折り合いをつけるのが難しくなってきたもの理由のひとつかも。
雑事に追われてひとつの本に対して集中力が続かないというか…。言い訳ですけどね。

4 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 15:41:20
新曲たのしめない人は板リア語を音頭苦すれば、RYTHEMの巣薔薇しさに気ヅク(羽豆)

5 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 15:46:51
>>4
いや、イタリア人も読めるかって言ってたよ。







たぶん

6 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 16:06:12
>>1
大岡昇平の野比はわかります

人肉食いの話ですからねえ、戦時中の。
カニバリズムの話を読むのはつらいでしょ? 
しかも、あれ、相当暗い小説ですよ。キリスト教てきな

7 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 16:08:33
わたしは、大江健三郎。文体と難解さで。

こんなもん読めるか

という感じです。

8 :吾輩は名無しである :2006/09/13(水) 16:25:05
ヘロドトス「歴史」
大学生の頃ですが、無理でした。

佐藤愛子「血族」
だらだらと長すぎ。サトーハチローオタじゃないと無理。

9 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 16:26:37
解説凡よんでも
読む価値あるよ

源泉だお(●^o^●)

10 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 16:29:01
インディビジュアルプロジェクション 阿部和重

ライフルやなんやらの用語プラス文体がかたすぎて、途中で放棄

11 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 16:30:14
阿部が読めないのは重症だな
しかもそれかなり短いよな

12 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 16:41:30
阿部で読めなかったのはシンセミアくらいだな。上巻だけ家にある。

13 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 22:47:00
文章の難易度や長短に関わらず、
なぜか頭に入ってこないことってありますよね。
目がすべるというか。

14 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 22:52:01
>>13 それは生理中とか、霊がついているとか、警察が心配で
仕方がないとか、隣の部屋で人妻がバイブを使っているのが聞こえてくるとか、
そういうことだからというわけでもなく、あるね。

15 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 23:11:01
ユリシーズ

16 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 23:24:18
カンバセーションなんとか。保坂の。
悔しいからまた再挑戦する。

17 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 23:32:10
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』
ハードカバー2冊目の途中で断念。
あまりにも退屈で退屈で…(泣)
後にも先にも、唯一、読了できなかった作品です。

18 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 00:31:48
ピンチョン 重力の虹 p10でギブ

19 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 00:37:55
>>17 3巻になったら急激に面白くなるからばんばれ!

>>18
ピソチョソは「スロー・ラーナー」と「兄弟ナンバー45の叫び」

以外は全部挫折しました。

20 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 01:06:20
聖ジュネ
読みました

21 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 01:21:50
>>19
>>17です。
そういうことならば、もう一度最初から読み直してみます。

22 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 01:23:49
どん底の人々
重いし偏りがあってつまんない

23 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 01:31:22
ゾラ

24 :19:2006/09/14(木) 01:37:56
>>21
ねじ巻きは当初は2巻で終わるはずで、実際に2巻でいったん終わったんですが、
あとにあって村上も「やっぱあれじゃあダメだろう」と3巻をつけくわえたのです。

その3巻の「つけくわえ方」が尋常じゃないです。すごいですよ。

25 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 02:01:10
>>24
17=21です。
レスありがとうございます。
そのような経緯は初耳です。
これは、必読ですね。ただ、発売と同時に買った3巻が何処にあるのかがわかりません…orz
確か、背表紙というか全体が青色でしたよね。
何処にあるんだろう…わざわざ文庫を買うのも勿体ないし…

26 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 05:26:54
『蒲団』(もしかしたら『田舎教師』だったかも)、リア厨の頃に読みかけ挫折。
ろくに覚えちゃいないが、『新生』なんかは読了できたのに。
つーか、昔は平気で日に三冊とか読めたんだけどなあ。

27 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 08:18:05
>>15


わたしも同じくユリシーズ

途中まではすごくおもしろかったんだけど、
最後まではついていけませんでした。

28 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 20:53:52
失われた時を求めて

長いよ…

29 :吾輩は名無しである:2006/09/15(金) 21:21:04
>>2
ギュスターヴ・ドレの版画つきのやつで読んだのですが、
もちろん日本語しか読んでないけど、原語で読めればよいが、
娯楽で読むような代物ではない>>3のいうように。
あの世の世界の話、よくわからない。

30 :吾輩は名無しである:2006/09/15(金) 21:23:58
全部

31 :ペンギン ◆od0qY8Ss/. :2006/09/15(金) 21:24:49
小林秀雄訳の薄いランボオの本。
ここまで酷い文章を書き残せるのはある種の才能の最悪の結果だと思うな。

32 :吾輩は名無しである:2006/09/15(金) 22:46:44
文章になってない↑

才能ナシ!

33 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 00:17:50
大菩薩峠

34 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 15:37:28
サルトルの嘔吐がまだあがってないとは

35 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 16:25:28
源氏物語

36 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2006/09/16(土) 16:27:16
路面電車

37 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 17:35:02
大江健三郎「同時代ゲーム」
初期作から順を追って読み始めてここでつまずいた。
意味が分からず数ページで読む気が失せたよ。
これって面白いの?

38 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 17:50:45
>>37 面白いよ。がんばれ。
わけのわからんキャラが一杯出てくるが。

ラストの数ページ、きれいだぞー。


39 :吾輩は名無しである :2006/09/16(土) 18:34:33
誰も読まないような本を書いてる作家って、
自分の仕事に誇りを持てるのかな?

40 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 23:22:03
「白鯨」
捕鯨に関するウンチクに興味が持てず。

41 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 08:52:17
三島由紀夫の『金閣寺』以外の作品。
『潮騒』も『仮面の告白』も『愛の渇き』もダメ。
よほど文章が生理的に合わないんだと思ってあきらめてるよ。

42 :吾輩は名無しである:2006/09/18(月) 01:25:31
>>41
「愛の渇き」は三島作品の中で一番好き。(少数派だと思うが)

壇一雄の「火宅の人」を一年くらい放置していたことがあった。無理やり最後まで目を通したが、面白さがわからなかった。



43 :吾輩は名無しである:2006/09/18(月) 06:40:15
檀一雄なら『夕日と拳銃』が面白い。

44 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 02:28:52
聖書

45 :無名草子さん:2006/09/19(火) 05:54:30
三島由紀夫も太宰治も人格障害者だからな。

46 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 06:01:29
>>36
クロード・シモンおもしろいよ。
最後まで読め。

47 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 08:14:46
フィネガンズ ウェイク
て普通読めないものだよね
あれを読み通したらスゴイ

48 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 08:43:30
失われた時を求めて
もな。

49 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 20:28:18
大江健三郎「取り替え子」 
何がいいたいのかわからず、小説としても体をなしてない気がして。

三島由紀夫の「豊饒の海」も「暁の寺」が退屈でほとんどすっ飛ばした。
ここがよければ素晴らしい作品になってたろうに。

50 :吾輩は名無しである:2006/09/20(水) 14:00:24
>>42
吉田健一が唯一評価している三島作品らしい。
新潮文庫版の解説も吉田。

51 :吾輩は名無しである :2006/09/26(火) 23:30:47
「蝿の王」残り70頁から進まない
なんとなく読みにくい小説だった
蝿王こそノーベル賞作家ゴールディングの代表作と言うが
蝿王よりも濃い小説はいくらでもある

52 :吾輩は名無しである:2006/09/26(火) 23:35:30
「罪と罰」

俺は犯罪者に容赦のない人間だから
ああいうのを読んでるとイライラしてくる。
それで途中で投げてしまった。

53 :吾輩は名無しである:2006/09/26(火) 23:57:58
ははは

54 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 00:31:17
重力の虹ってどうやって読むの・・・・
ヴァインランドとスローラーナーは読めたが。

55 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 03:40:02
     \__/ _`'_
\,. -‐''´::::::::`´:::::::::::::`丶、
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\―-----             /
 :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ                 /
.::: ...::::::::::..........        ...  ヽ                    , ′
:::/:,イ:::l:::::l::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::::. ::::ヘ                 /
:f:/ |:::ハ:::ハ:::ト、:\::::::::::::::::::::::::::::::::::l、 _       _ /
_リ__|:f |:| |:| ヽ::l、::::\::::::::::::::::::::::::!`丶、 ̄ ̄ ̄
::l ̄ヽ リ ,リ==ト\::::|:/__::::::::::::::::l   ヽ
lハ下!`     、_   ヽリ'r、l::::::::::::::::!   l
:::l `¨´,    {トッ}`)'   ノ ,!::::::::::::::::|    !
::::\      =A= ,r一'´::::::|:::|、:::::!、    l
::::::::::\ 丶    ,.イ:::::/::::,|:/ヽ:! ヽ:| ヽ   !
イ_ノ_,>r一 ' ´ |;/l/ '  ヾ、リ      l
´ __   ⌒ハ       |         \_   !
'´ ヾ--‐'´__     ヽ__          ̄ ̄
   \ ̄  ヽ  '⌒`ー>`ヽ
    \      /    ヽ
   _  ゝ'⌒ヽ'´      ヽ
ヽ/  `メ、   } ̄`ヽ    __ヽ
::f   /, / ̄i´ヽ   ヽ_,. '´ l ノ
::!   // /::::::::l   ヽj   ヽ   !
:j  '´ /::::::__:::\     ヽ  !
‐----'´‐''´‐---:::`ー--r一 l
`!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l
. !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|      !
丿:::::::::::::::::::::::::::::::::/ !     !

56 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 06:30:09
丸山健二『争いの樹の下で』

ナルシストですよこいつ

57 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 00:12:39
松たか子はリア王3ページ目までですってよ。

58 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 10:16:51
「日蝕」に決まってんじゃん


59 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 11:04:14
花村萬月
ゲルマン民族の夜想曲

短篇なら秀逸だが、王国以降が明らかに邪魔。汚物に付き合い切れずに放り投げ。つか金返せ。

60 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 11:18:04
最近の作家すべて

61 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 12:07:02
>>60
何年前までならOK?

62 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 13:37:38
「リアル鬼ゴッコ」
途中ダルくなってラストらへん読んで壁に投げつけた

63 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 15:51:43
「ハリー・ポッターと賢者の石」

とてもむずかしくて、ながいし、
さいごまでよめなかた。

64 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 16:07:14
>>63
読まなくて正解だよ。

65 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 17:54:03
>>61
40年前

66 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 20:26:59
なーんか「桜の園・三人姉妹」(チェホフ、新潮文庫)が読みきれない。
もう一回チャレンジする予定だけれども。

67 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 23:46:55
デカメロン
大江健三郎の「死者の奢り・飼育」

68 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 15:43:11
クロード・シモンは俺には無理でつ
10Pくらいで挫折した初めての作品
まあ俺の我慢が足りないんだろうけど
そういえば昔ヌーボーっていうチョコのお菓子があったよなあとなんとなく思い出した

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)