2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現代小説は公共益を持つか

1 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 00:18:31
その存在を信じる人がいれば、その公益性を定義してくれい。

ついでに、それに対して意識的な書き手も教えて欲しいです。

2 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 00:26:04
このスレ主ってサヨっぽいな

3 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 00:27:10
女じゃなくて男だよ

4 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 00:31:13
>>1
今時、文学を「公共圏」なんて言ってるのは大塚英志

5 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 01:01:34
大江、丸谷でいいんじゃない?

6 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 04:31:17
お前らまだ文学なんて信じてんのか

7 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 05:52:06
例えば、国立大文学部教員の給料は税金から成り立ってる。
公立図書館にも、純文学作品は、娯楽文学よりは高い優先順位で
蔵書される。ここにも税金が。

芥川賞の選考委員へのギャラも、全額とはいわんけど
たぶん文化庁あたりから少しは金が出てるんじゃ?
文化振興費とかなんとかいう名目で。
だから、純文学は公共財なんだけど
それに値する現代小説があるかっていうと、どうかね。

8 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 08:03:02
べつにいいんじゃね?

9 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 15:09:34
「経済的合理性にとって無用なものをわれわれは持っている」という
社会の自己イメージはまさに社会的に有用なんじゃないの?

10 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 18:04:32
今まで程には、文学に税金が使われなくなるのか
それとも、現状維持以上のものになるのか。

11 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 18:25:04
お金じゃなく、内容や形式のほうはどうよ。
例えば、物語によって、読み手にあるロールモデルを提示してるとか。
でも、それって小説じゃなくてもできるよな。

映画や漫画のほうがずっととっつきやすいし。

文字にしかできないことってなんだろ。

12 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 18:38:31
言語にしか出来ないことは色々あると思う
ただ小説という形式はそろそろ溶解させても良い時期なんじゃないだろうか

13 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 18:41:59
考え直したら>>12は自分の考えとズレるので忘れて頂戴

14 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 20:22:29
まあ、映画(TVドラマも含む)にしたって小説原作でやっていくしかないし
漫画はむしろ映画にしにくい

なんのかんの小説は残ると思うよ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)